GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





Boeing 747 Vol.1 Part.8 Name:Takafumi HIROE Date:2015/06/10(Wed) 06:41 No.14597   
BigMacさんがPart.5 No.14547でN637US "City of Tokyo"を紹介される際にコメントされてますが、
実は私も↓のN674USの"City of Shanghai"に撮影から10年後に気づきました(笑)

この日(2005年10月23日)はGemini Air CargoのMD-11F N705GCの撮影目的で成田に遠征。
データを調べてみたら、朝06:30頃〜夕方16:50頃まで撮影してました。
今回の主役も含め、この日に撮影したコマを機種別にカウントしたところ、
 B747      65機
 B777      30機
 A330       9機
 B767       8機
 DC-10/MD-11 8機
 以下、A340(6機), B737(1機), B757(1機), A300(1機)

A滑走路中心の動きのため偏りがありますが、B747系はまだダントツで国際線機材のトップでした。
特に北米からの到着のピークとなる午後の時間帯、14:35〜14:57にはB747が9機連続で到着。
しかしこれ以降はB777系等が増え、B747系が減少していきました。
この日から10年後の今、大変貌ぶりを確かめに行かねばなりませんネ(笑)

(B747-451 N674US (30269/1232) "City of Shanghai", Northwest Airlines, 2005年10月23日, 成田空港R/W34L着陸)

Re: Boeing 747 Vol.1 Part.8 Name:T.H Date:2015/06/10(Wed) 07:15 No.14598
昨日に続いてノースウエスト機です、ちょうど広江さん↑もノースですネ。

’08年7月 AMC チャーターで横田基地に飛来したB747-251B。フォロミートラックの先導でSPOTへと向かうシーンです。
皆さんからもNWAは多数投稿があり、私も成田では数多く撮影しており、デジ画像を10枚以上デスクトップに準備しておきましたが、パンナムSPを出だしに貼ってしまい、成田での画像はもう少し先までお預けデス。
撮影地別、あと2〜3カ所はネタが有りますが、そろそろ息切れかなぁ〜

YOKOTA AB  24 JUL 2008  B747-251B  N624US  Northwest Airlines


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.8 Name:高木 Date:2015/06/10(Wed) 07:36 No.14600
おはようございます。
ポーラーカーゴ(N806FT)です。1999年11月26日です。成田1タミ送迎デッキから。
データを見ると、当日はサウジカーゴ目的で展開したようです。
確か木曜日のみで、確実に来るかもわからないMD11Fでした。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.8 Name:geta-o Date:2015/06/10(Wed) 07:38 No.14601
広江さん、皆さんおはようございます。
厚木はカラッポ、外は梅雨空ということで写真の整理(消すこと)で毎日の暇つぶしをしています。
今日は皆さんと同じNWA。NWAの最終塗装かな。
2006/1/22 関東地方に降った前日の大雪によるレフ写真を撮りに成田に行きました。雲が多く中々晴れませんでしたが昼ころには晴れ間も多くなりいい写真を多数撮ることができました。
手前の木には少し雪が残っています。
B747-451(N670US 24225/804)


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.8 Name:にがうり Date:2015/06/10(Wed) 09:25 No.14602
私の写真で広江さんをモヤモヤさせてすみませんでした。私は着陸なら1機を斜め手前、横、後追いの3枚は撮るようにしてレジNo.確認をしてますが、どうしても私好みアングルの投稿が多くなったのがモヤモヤさせました。(笑)さて、このN670USの元はNWA機体でNWAカラーはNo.14454 航空反省官さん、No.14591 高木さん,No.14601 geta-oさんで既出ですが、合併後のDALカラーです。
B747-451,N670US(24225/804) 2015/5/30 成田


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.8 Name:A-330 Date:2015/06/10(Wed) 10:31 No.14603
広江さん、皆さんおはようございます。

機体全体がジュラ肌でキラキラ光るフラタイジャンボは晴天順光撮影の好条件では特に撮影意欲をかきたたせられました。
機首に書かれている"HENRY L HEGUY"はフラタイ社のお偉い人の名前のようです。

B747 N816FT "HENRY L HEGUY" Flying Tiger Line 1989年横田


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.8 Name:toksans Date:2015/06/10(Wed) 10:56 No.14604
広江さん、皆さんお早うございます。

以前誰かが紹介されていましたが、LAXの南側の高台にあるClutter’s Parkから撮ったNorthwestの747-451 N669US、2005年11月24日の撮影です。上りが低かったため背景がごちゃごちゃしてしまいました。この公園、と言ってもImperial Ave.と言う通りの脇に作られた見晴らし台ですが、LAXに着いたときやLAXから移動するときにいつも立ち寄って中の様子を見ることにしています。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.8 Name:KNOB Date:2015/06/10(Wed) 10:58 No.14605
広江さん、みなさん、こんにちは。
私の場合は成田・羽田に出かけずに米軍基地での撮影がメインですので撮れる航空会社や機種は限られてしまいます。
同じような画になっても仕方ないかと思いますので、着陸を後ろから撮ったアトラス・エアーのN429MCを。
この機材は、2008年の4月に登録される前は全日空でJA8095として飛んでいたようです。ボーイングで貨物輸送機として改造されてBCF(Boeing Converted Freighter)の文字が機材名称に追加されるようになりました。

(Boeing 747-481(BCF) N429MC (24833/812), Atlas Air, 2011年11月4日 横田基地)

>広江さん
No.14580のユナイテッドCharterはネットを調べる限りあの塗装の機体はN194UAのみなのかもしれませんが、皆さんのフォローをお願いしたいと思います。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.8 Name:ET Date:2015/06/10(Wed) 11:54 No.14606
広江さん、皆さん、こんにちは。
この写真初めは邪魔物が多くバランスも悪いので全く投稿の対象外でしたが改めてレジを確認したところ未出のNWの機体でした。2008年9月28日成田のT1展望デッキで撮ったB747-222B (SF) (N646NW, 23737/675)です。この機体は当初UAの旅客用(N152UA)でしたがNWに移りN646NWとなりカーゴに改造され、デルタ航空を経てカリッタ・エアの N794CKとなったようです。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.8 Name:Cranberry 01 Date:2015/06/10(Wed) 14:11 No.14607
広江さん、皆さん、こんにちは。
航空会社の塗装は(livery,機体のカラーリング、)は創立25年とか50年とかの節目や、M&A、新空港開港などにあわせて変更されますが、同時に機内も食器を含む機内サービス備品まで全て一新されます。
1990年頃だったと思いますが、ある時期Navy Blue/GreyとRedの組み合わせがHigh Gradeの配色と言われて人気がありました。(客室乗務員の制服も黒や紺が流行となりました。)UAとほぼ同時期にBAも塗装/機内備品も一新していますが、似たような色の組み合わせでした。真偽の程は判りませんが、同じデザイナーかデザイン会社だったと噂されていました。Hyatt Hotelsも同じ様な色あわせに変わっています。NWは赤が多いですが、同じ様な色を使用しています。
軍艦色を含めて好き嫌いもあるようですが、私個人は嫌いではありません。

B747-422 N188UA LAX 1998年。LAXは海に近いため、気象条件によってはこの画像の様に翼面にVaporが発生します。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.8 Name:PAPPY Date:2015/06/10(Wed) 16:47 No.14608
広江さん、皆さんこんにちは。
レジつぶし画像しか有りませんが1973年5月11日旧羽田空港での PAN AM B747-121 (19659/49) N755PA "Clipper Sovereign of the Seas"です。
後方には懐かしいBOACのVC-10が写ってます。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.8 Name:ITAZUKE-1 Date:2015/06/10(Wed) 16:47 No.14609
広江さん 皆さん こんにちは
2013年8月3日 岩国R/W02に降りたエバ−グリ−ンのB747-4H6(BDSF) N493EVです。
旧サウジ&大韓航空のハイブリッド機の見た後の純正エバグリ−ン これもうれしかったです。  部隊の移動に巡り合いたいと岩国へ出かけていましたが ほとんど外れました(涙!) しかしながら普段見れないエバグリ−ン等のチヤ−タ−機が見れる良い機会でもありました。 


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.8 Name:航空反省官 Date:2015/06/10(Wed) 18:17 No.14610
広江さん、皆さん今日は。未出だと思いますが、成田のRWY16(現在はRWY16R)から離陸するUPSのN683UPです。撮影は1996年頃で、外でも撮っていたという証のために投稿します。この会社の正式なCall sign(Telephony designatorと呼ばれ、国際民間航空機構/International Civil Aviation Organization/ICAOによって規定されます)は何と「UPSCO(アップスコ)」だったのです。ただし、パイロットがこれを使ってATCを呼んできたことはないし、管制側も使ったという話しを聞いたことがありません。現在では「U-P-S」が正式なものとなっていますが、多分しっくり来ないので変更されたのではないかと推測します。ちょっと脱線しますが、U. S. Navyの「CONVOY」もICAOに登録され、承認されたTelephony designatorであり全世界で通用するものです。

Boeing 747-100 N683UP 1996


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.8 Name:空と鉄と Date:2015/06/10(Wed) 18:25 No.14611
1992年5月27日 横田のAMCターミナル前のスポットに駐機しているタワーエアのB747-124 N602FF(cn19734/58)です。
ポジでも撮影していたはずなのですが見つからないためモノクロで。
塗装が変更されて、カラーリングは白ベースにタイトルとお腹の黒く見える部分がダークブルー、グレーに見える"A"の文字とストライプがオレンジです。

照明があるとは言え、ここは民間空港などに比べて暗いため三脚&長時間露出必至でした。
現在ではこの場所で夜景撮影はほぼ不可能で日中でさえすぐに基地警察か日本の警察が飛んできて移動させられてしまいます。
911以降横田での撮影は制約が多くなりました。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.8 Name:Seagull Date:2015/06/10(Wed) 19:07 No.14612
広江さん 皆さん、こんにちは。
2011年3月17日 岩国基地R/W02を離陸するAtlas AirのB747-341(F)/N355MC
B誘導路、民間空港への誘導路も工事中です。
2001年から岩国基地にB4が飛来始めましたがAMCチャーター機は、7社飛来していたようです。
[Polar Air][Atlas Air][Evergreen International Air][World Air][Southern Air][National Air][Kalitta Air]


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.8 Name:N.SUZUKI Date:2015/06/10(Wed) 20:59 No.14613
広江さん 皆さんこんばんは。
B747-100 N601US (19778 / 27) 撮影は1971年ごろの羽田デッキ、後方にBOAC,PAA NWの3機の747が見えます。
この機体は、1970年 NWに最初にデリバリーされた機体であったため、1999年リタイアーした後は、ワシントンDCのスミソニアン博物館に寄贈され、機首部分だけが屋内展示されており、YOU TUBEでもその模様を見ることができます。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.8 Name:tu_ka Date:2015/06/10(Wed) 21:32 No.14614
広江さん 皆さんこんばんは。
2009年10月11日 成田のR/W34Lにアプローチ中の、United B747-422 N116UA(c/n 26908/1193)です。
画像では分かりづらいのですが、機種のところにニックネーム"Bob Sampson"が書かれています。No.1ドアの前、白い線のように見えるヤツがそれです。"Bob Sampson"さんがどういう方で、何の由来でこの機体のニックネームになったかはわかりません。なお、現在の"United-Continental color"にリペイントされた後は、書かれていないようです。
 


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.8 Name:つばどん Date:2015/06/10(Wed) 22:53 No.14615
広江さん、皆さんこんばんは。

1993年7月27日 横田のイーストパラレルをR/W-18へ向けタキシングする、NORTHWESTの B747-227B N634US 。
珍しくショートレンズで撮っていました(笑)
なぜイーストパラレルを転がってきたのか、今となっては記憶の彼方です(笑)


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.8 Name:Gulf4 Date:2015/06/10(Wed) 23:05 No.14616
1978年1月8日から翌年7月31日まで、短期間だけPan Amで貨物機として使われたB747-123F(N903PA/20100/46)。
愛称は「Clipper Express」と記入してあります。
フライングタイガーからのリース機で、銀色の地肌を残して、一部だけ白く塗った妙なカラーリングですね。
良く見るとフライングタイガーの帯を消した跡も見えます。1978年4月、羽田で撮ったはずです。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.8 Name:D-men Date:2015/06/11(Thu) 00:55 No.14617
2014年8月17日、雨上がりの嘉手納のR/W23Rに着陸するAtlas Air B747-446 (N465MC(cn 24784/798))です。
元は日本航空でJA8077として運用されていた機材のようです。機体製造番号から追いかけると、かつて日本で活躍していた機体が今も各国で運用されており、調べていると楽しいですね。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.8 Name:うみ太郎 Date:2015/06/11(Thu) 01:01 No.14618
今回はサザンエアの最近のフルカラーです。
前にコメントしました横田基地ランウェイ36への着陸で富士山を入れてみました。もう少し富士山と近ければよいのですが。会社が休みで冬の早朝で富士山がきれいに見える条件がそろわないといけないので撮るチャンスが少ないのが厳しいところです。

つばどんさん
CPエアの747は少なくとも2回は見てます。当時は今みたいに情報無いのでダイバードだったのか定かではありませんね。

2012年2月3日 AM7:22 Southern Air 747-2B5F N704SA


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.8 Name:Takafumi HIROE Date:2015/06/11(Thu) 07:28 No.14619
>T.Hさん
フォロミートラック先導でタキシングするシーンは、見かけてるようで私は撮影画像がありません。
このような様々な場所で撮られた画像の紹介、これまでのBBS IIの話題では味わえなかった楽しさ、
あらためて民間機撮影の楽しさを再認識することとなった今回の話題展開です。
本当は斜め左上のノースウエストの矢印が欲しいところでしたネ(笑)

>高木さん
1999年当時のPolar Air Cargoのタイトルは現在と書体が異なるのですネ。
ところで、No.14596の高木さんへのレスはご覧になってますか?。
前スレNo.14591紹介の機首アップの雰囲気あるショットのシチュエーションが見えず質問してます。
このNo.14600投稿は、コメントを事前準備したうえでの投稿と思いスルーは致し方ないとしても、
該当記事No.14591に『追記』と明記して、コメントを追加していただければ私もクリアーになります。
できる限りその投稿内の画像とコメントを見て話題が完結するようお願いいたします。

>geta-oさん
2006年1月の大雪は21日だったかな???、成田に行かれたのは翌々日の23日。
交通に支障を来たすことはなかったと思いますが、滑走路脇の草地には残雪が残っているはず、
と期待されたうえでの成田行きだったようですね。
午前中の雲の多さは想定外としても、午後からは晴れて紹介のようなショットが得られたようですね。

>にがうりさん
2000年代以降限定で絞り込んで、同じ機体のNWの旧塗装&新塗装、そして合併吸収後のDLカラー。
旅客型に限定してN661US以降に絞り込んだ16機 × 3 = 48通り。
私は既にNW旧塗装を12機も取りこぼしてます(笑)
NW消滅後の今となっては16機のDLカラーを撮り溜める目標のみ(笑)。10機は押さえたので、あと6機。

>A-330さん
コダクローム系のポジはギラギラ光るジュラ地の発色が苦手のようです。
好天下の当時の航空自衛隊機の撮影コマのスキャン&加工には苦労してます。
HENRY L HEGUYについて調べてみました。
ベトナム戦争時に馴染み深かったSWロゴのSeaboard World Airlinesのナビゲーター。
Flying Tigersに合併吸収後に副社長になり、最初に受領したB747フレイターが紹介のN816FT。
その受領&命名式典に奥様(元SWのフライトアテンダント)と二人で出席する姿がネットで見つかります。

>toksansさん
よく分らないのですが、ひょっとして嘉手納基地の当時の“サンパウロの丘”のようなものかな。
背景のゴチャゴチャ感は確かに否とする気持ちは私でも分りますが、
今となっては、このようなショットとして残せたのは、貴重なお宝になるでしょう。
Gallery化のページで“LAX”でキーワード検索すれば答えはすぐ出ます。
Gulf4さんNo.14525、geta-oさんNo.14496、Cranberry01さんNo.14584の3コマ紹介されてます。
toksansさん紹介画像と似たアングルはCranberry01さんNo.14584ですね。

>KNOBさん
皆さん個々の撮影スタイルの中で得られたショットを拝見するのも楽しみの一つです。
コメントされてますので、私も紹介の24833/812について調べてみました。
JA8095 (24833/812)は1990年9月13日初飛行後、ANAでの登録期間は1990年10月10〜2008年2月28日。
Atlas AirのN429MCの登録2008年4月11日、その後、B747-481(BCF)に改造されたようですね。
ANAのJA8095を調べてみたら、2008年1月25日に羽田で撮影してました。
Vol.5まで覚えていたら、24833/812に並べるショットを紹介したいと思います。
あれっ?これと似たことを前にもコメントしましたが、C/No.とLine No.の組み合わせを忘れました(^_^;

>ETさん
私はNWがDLに合併吸収されて消滅後、DLカラーに変更となった旅客型は何機か撮影してますが、
紹介のN646NWもDLカラーとなって成田等に飛来しているのでしょうか・・・。
そういわれれば、私の撮影コマの中に元NWフレイターのDLカラーが一コマも無いことに気づきました。

>Cranberry01さん
私たちは外見からヒコーキを捉えることが多いのでコメントされている内面は分らないことが多いです。
Cranberry01さんならではの観点と解説には、運用内側も分ることができ勉強になります。
LAXと成田が似た地形と気象条件となるかは私は分りませんが、
成田空港での早朝の到着機を、音がすれど姿見えずの状態を何度も体験してます(笑)
一番被害の多かったのはVol.4に登場予定のカンタス航空のB747です。
早い時は6時オープン直後、遅れても06:30頃には到着ですからねぇ〜。

>PAPPYさん
そろそろ厳しくなってきたようですね。無理せず、お付き合い下さい。
背景には何も建造物等が見えない、右端はBOACのVC-10、左端はDC-8かな???。
1973年5月当時の懐かしい光景ですネ。

>ITAZUKE-1さん
やっぱり、まずは純正エバグリ−ンでしょう〜(笑)
緑を基調としたこの塗装デザインは美しいですよね。大好きなだけに、ハイブリッドはねぇ〜(笑)
紹介の2013年8月3日は、米海兵隊予備役VMFA-112の岩国到着日ですね。
ひょっとして、FA-18A++ 10機の到着はR/W02降りだったのでしょうか・・・。
お疲れさまでしたm(_ _)m

>航空反省官さん
皆さんからも紹介されてますが、成田でUPSのB747の運航がされていた頃のショットは憧れです(笑)
現在のRWY16R離陸とのことですが、カーゴ機としては低い方の離陸の印象を受けます。
「UPSCO(アップスコ)」は知りませんでしたが、航空反省官さんでさえ聞いた事のないので、
もちろんB747運航ではありませんが、私も聞いたことがありません(笑)
「U-P-S」は聞きなれてますが、ICAOに変更届け&承認されてるのでしょうかね。
これに関連してくるのが、実際の声とATCコンピュータ管理上の相違。
もし使用されていたとしても、私たち素人には「UPSCO」は理解不能です(笑)

>空と鉄とさん
Tower Air B747の横田へのチャーター便は把握していたものの、撮りに行かなかった悔しい思い出です。
紹介のショットはターミナル前に置かれてる姿ですか。
日中は仕事?、それとも夜便?、銀塩時代の苦労されて得たショットは良いお宝画像となりましたね。
私は1990年代後半から横田基地のフェンス沿いでの撮影は行わなくなりました。
ということもあり現在の厳しい警備状況下で制約を受けたことは、その時期以降はありませんが、
皆さんにとっては、色々な制約下での撮影が難儀することとなったようですね。

>Seagullさん
写り込む工事関係者と機体との近さ等々、迫力満点の格好いいですねぇ〜。
これまでの岩国基地で得られたショットとは一味も二味も違う素晴らしいショットです。
2001年から飛来し始めたAMCチャーター B747の7社は、どれも私には魅力的です。
重量制限(?)で厚木基地へはB747が離着陸できないだけに、なおさらです。
もちろん岩国ならではの米海兵隊機も魅力的です。

>N.SUZUKIさん
19778/27のNW在籍期間は1970年4月30日〜2000年9月7日と記述されたサイトを見つけました。
ただ実際の運用は、2000年9月7日より前に終えていたのかもしれませんね。
まあおよそ30年間現役だったことは間違いなさそうです。
ラストフライトは2000年9月25日、保存のためのMaxton Airport (MXE/KMXE)までのフライト。
その後、エンジン等を外した姿が2003年頃まで確認され、
そして機首部分だけが、スミソニアン博物館に運搬されたようです。
その展示されている機首部分の画像は見つけました。面白そうです。

>tu_kaさん
私の調べた限りでの概略は・・・、
Bob SampsonはUAの副社長。
幼児期に筋ジストロフィーと診断されて車椅子生活を送るようになりました。
UAの副社長時代は米大統領管轄の障害者支援委員会にも名を連ねてました。
2006年12月6日に81歳で亡くなられた後、彼の名前にちなんでN116UAをBob Sampsonと命名。
こんなところです。

>つばどんさん
B747が横田基地のイーストパラレルをタキシングするとは、その近さ&大きさで迫力満点。
当然、この紹介画像は標準レンズでの撮影でしょうね。
ひょっとして銀塩当時の標準50mmレンズで撮影しても、真横は機体全景が納まらないのかな。
転がった理由は覚えてらっしゃらないようですが、貴重な記録として残りましたね。

>Gulf4さん
紹介のN903PA (20101/57)は、1976年当時のFlying TigersのN801FTがPAPPYさんから紹介されてます。
N903PAは短期間PAN AMで運用された珍しい機体ようですが他のCARGO機も気になります。
私は1機(N535PA)だけPAN AM Cargoを撮りましたが、当時は珍しさ云々については全くの無知(笑)
今後に皆さんからPAN AM Cargoが続くことを期待しているところです。

>D-menさん
スコール明けの沖縄らしい空模様の中の良い雰囲気のショットですネ。
私も沖縄で何度スコールに遭ったことか・・・(笑)
この機体B747-446 (24784/798)、カスタマーコードが“46”ですものね。すく気づきました。
JAレジは覚えてないので調べたらコメントされているJA8077、ハイ、撮ってますよ〜。
日本の航空会社はVol.5まで当分先ですが、これまでにも話題になったので準備しておかねば(笑)

>うみ太郎さん
富士山からみの着陸ショットは、撮影者も含む様々な条件下で得られるショットでしょうね。
その中で得られた紹介画像は素晴らしいショットと言えると思います。
横田基地早朝の離着陸は私は何度か体験してますが、いつもハラハラドキドキです(笑)
北風RWY36運用で、北から来てRWY18で降りられたこともしばしば体験してます。
とにかく、横田基地に不慣れな私にとっては、とても恐い基地です(笑)





Boeing 747 Vol.1 Part.7 Name:Takafumi HIROE Date:2015/06/09(Tue) 06:03 No.14573   
1976年7月25日の羽田での撮影カットの紹介に戻ります。しつこくてスミマセンm(_ _)m

この日は光線状態が厳しいですが、某社屋上からの撮影でスタート。
当時は受付で住所氏名を記入し本人確認のうえ屋上に上がれることのできた良き時代でした。
チャーター機 = 横田 の先入観念のある私には、羽田で見るFlying Tigersには違和感アリでした。
しかし普通に考えれば、国際空港の貨物ターミナルへの乗り入れですよね(笑)
こんなことも分らず、物珍しさでシャッターを押しまくった(?)一日だったようです。

(B747-123(F) N802FT (20323/115), Flying Tiger Line, 1976年7月25日, 羽田空港)

Re: Boeing 747 Vol.1 Part.7 Name:geta-o Date:2015/06/09(Tue) 08:24 No.14576
広江さん、皆さんおはようございます。
だんだんネタもマイナーになってきましたが今日はアメリカンが成田に乗り入れを始めたころに使用していたSP。アメリカンはTWAより2機(N601AA,N602AA)のSPを購入し長距離国際線に使用しました。
B747SP-31(N601AA 21962/439) 1988/1/17 成田


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.7 Name:A-330 Date:2015/06/09(Tue) 09:35 No.14577
広江さん、皆さんおはようございます。

キーワード横田+富士山ネタにこだわっていたら、皆さんから横田にて紹介されたレジと重なり始め残弾が…(笑)
紹介はなかなか撮らせてもらえなかったシーンです。
横田午前中に石播側道路から撮影された方はご存知のように、"WELCOME TO JAPAN"と書かれたターミナルビルと富士山を入れると駐機ジャンボは斜め後姿となります。機体の姿勢が変わるのをひたすら待つ続ける時の心境は、刻々と悪くなる光線状態と陽炎の影響が気がかりでした。
この時はラッキーなことに望んでいた構図をベスト条件で撮影できて嬉しかったです。

B747 N811FT Flying Tiger Line 1984年〜89年 横田


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.7 Name:toksans Date:2015/06/09(Tue) 09:47 No.14578
広江さん、皆さんお早うございます。

一周遅れの話題になってしまいましたが、Northwestの747に描かれていた文字は私の撮った範囲で次のようでした。
N670US The Alliance Spirit
N671US City of Detroit ---> 中國之友
N672US Spirit of Asia
N673US City of Tokyo
N674US City of Shanghai
N675US Spirit of Northwest People
Northwestは就航都市の名前を機体に描くのを習慣としていたようで同社のA319 N301NBには“City of Duluth”の文字が描かれていました。ただSouthwestやAmerica Westのように就航州の州旗をモチーフにした特別塗装を施すほどには熱心ではなかったようです。
“中國之友”になる前の“City of Detroit”を描いた744-451 N671US、2000年3月18日、成田での撮影です。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.7 Name:N.SUZUKI Date:2015/06/09(Tue) 13:21 No.14579
広江さん 皆さんおはようございます。
B747-200F(SCD) N619US(21328 / 308)1977年NWに引き渡され、成田では良く見られた機体で、撮影は2000年ごろの成田です。その後、2010年ごろKalitta Airに売却、N719CKとしても、よく見られました。
 No14542で、“にがうり”さん が紹介しているのと同じ機体ですが、左側面の200F型Side Cargo Door付きであるのがよく分かります。
 NWは、米国の大手エアラインでも太平洋路線が主体で便数も多かったことから、日本でも、もっとなじみが深かったと思います。塗装も何度か変わりましたが、カーゴ機のこの塗装はセンスもよく私は好きでした。ワーストエアラインと言われているようですが、典型的なアメリカ流の合理的なところがあり、747-400の原型機(N401PW−N661US)は現在のUAを含め、最後まで運用していた(赤字でなく)等は、日本のエアラインも見習うところはあると思います。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.7 Name:KNOB Date:2015/06/09(Tue) 14:36 No.14580
広江さん、皆さんこんにちは。
前回に引き続き嘉手納で撮影した747です。
旅客機材でユナイテッド航空のCharter便??と疑問に思い調べてみたところ、アトラスなどと同じように
主に米軍関係へのチャーターフライトを行っている機材の様です。
1996年にUnitedに登録され『旧ユナイテッド塗装』を施された後、2011年4月から12月末まではアトラスへリース。
派手な『アトラスカラー』で運用されていたようですが、リースバックされた後はこの塗装になりチャーター業務に従事している様です。
(B747-422 N194UA (26892/1088), United Airlines, 2015年5月14日, 嘉手納基地)

>広江さん
ナショナルエアのカラーリングは秀逸ですね。他の皆様からのご紹介を待ってます^^


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.7 Name:ET Date:2015/06/09(Tue) 14:38 No.14581
広江さん、皆さん、こんにちは。
また2012年5月9日香港国際空港でのショットで、R/W25Rに降りるアトラス航空のB747-47UF/SCD(N475MC, cn29252/1165)です。少々逆光気味になっています。この機体の履歴を調べるとアトラスに出たり入ったりしてようです(1998年Atlas→2002年TNT→2002年Atlas→2003年 Global Supply Systems→2011年Atlas)。

>広江さん、
展望デッキは1つでターミナル2の屋上にあり2本の滑走路に挟まれたような感じですので両方を注意している必要があります。27のエンドからは少し離れています。海や対岸が背景となるRW25Rは2時以降逆光になっていきます。変わっていなければ平日の入場は12時からなので順光で撮れる時間が限られてしまいます。
>Cranberry 01さん、
No.14556は絵のような画像ですね。水の状態が不思議です。
>Gulf4さん、
一緒に行った友人がその後行ったら対岸は霞んで殆ど見えなかったそうです。私の場合ビギナーズラックだったのかもしれませんね。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.7 Name:航空反省官 Date:2015/06/09(Tue) 15:05 No.14582
広江さん、皆さん今日は。成田のSpot 202(手前)と203(奥)に駐機するEVERGREENの747、N478EV/SRとN473EV/-100です。タワーのキャットウォークから、1995年の撮影だと思います。この当時、同社は主にJALの貨物便としてJALの Call signで運航されていました。タワーからA RWY方向(西側)を順光で撮影できるのは10時ぐらいまでで、主に8時に始まる朝の勤務開始直後または夜勤終了直後に撮影していました。当時の成田は滑走路一本の運用で出発機が飛び始めるのは10時頃、それまでは時々到着機がある程度でした。交替してしばらくはお茶を飲みながら談笑し、もうすぐ始まる喧噪に備える準備期間のようなものでした。現在は朝から忙しそうで、古き良き時代というところでしょうか。
Boeing 747SR and -100 N478EV/N473EV 1995


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.7 Name:Cranberry 01 Date:2015/06/09(Tue) 15:18 No.14584
広江さん、皆さん、こんにちは。
アメリカ籍のB747は、定期旅客運送会社よりも、チャーター会社のほうが多かった様ですね。
日本以外の国ではB747の使用は国際線が主でしたので、当然と言えば当然でした。
1970,1980年代にアメリカに行かれていた方は良くご存知だと思いますが、当時はアメリカの航空会社の国内線ではHub & Spokeと言う運航方式が主流で、その為に機材はDC-9やB737が主力でした。(各航空会社は2,3の拠点となるハブ空港を整備して、各地から中型機でハブ空港に集めると言うやり方。これを自転車の車輪にたとえHub & Spokeと呼ばれました。)主要空港以外ではB747を見る事は余りありませんでした。
LAX,JFK,ORDの様な大きな空港でも、アメリカ籍のB747は主にPA,TW,AA,UA,NWで、外国航空会社の機体のほうが多かったような。
という訳で、ネタも少なく、残りは同じ会社ばかりになってきました。

B747-200の様ですが、レジが読めません。 LAX 1998年


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.7 Name:PAPPY Date:2015/06/09(Tue) 16:35 No.14585
広江さん、皆さんこんにちは。
1976年月日不明、旧羽田空港のBランに着陸してきた Flying Tiger Line B747-123 (20101/57) N801FT です。
羽田でのフラタイは違和感大でした、後方に東京タワーが見えますがまだ都心方面は高層ビルが少ないですね。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.7 Name:Seagull Date:2015/06/09(Tue) 18:23 No.14586
広江さん、皆さん、こんにちは。
すでに皆様から既出されています。
2002年6月29日 岩国基地R/W20離陸のEvergreen International AirlinesのB747SR-46(F)/N478EV。
>広江さん
 銀塩時代にも存在していたR/W02干潟からの撮影(前にも話題にしました)
 潮の干満が大きい瀬戸内海、大潮の干潮時の午後を狙って潮干狩りに混ざって干潟からR/W02下りを狙います(約2時間滞在)。成果はイマイチ、機材を気にしながら潮風と立位状態で疲れる撮影ポイントでした。そして大事な「大潮の干潮の午後」が撮影に必要な条件でした。現在は干潮でも船の航行が出来るように航路が敷設され干潟に立入が出来なくなりました。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.7 Name:T.H Date:2015/06/09(Tue) 19:41 No.14587
皆さんが 各地で各年代に撮ったジャンボを こうして並べて見ると、愉しいデスね〜

本日は目先を変えて セントレア開港前に名古屋空港の国際線送迎デッキでいいのかな?高い所の金網に囲まれた見晴らしの良い所から撮ったノースウエストのB747-451です。
この年5月 すでに最初のデジ一眼 EOS-1D Mark II を購入済みでしたが、まだポジも併用。この日のDataがほとんど何処へ行ったか判らない状態でして、ポジも撮っておいて大正解!
成田では見慣れたノースウエストのジャンボも、住宅が直ぐそこまで迫っている名古屋で見ると、より機体が大きく感じられるような・・・また違った趣きでした。
ここまでPart.1からずっと 違う撮影地で撮った北米ジャンボで投稿してきました。あと数回行けるかなぁ〜?

> Gulf 4 さん
何文田の丘、入れ違いで近い日にちに行っていたようですね。それにしても崖をよじ登ったなんてぇ、一刻も早く撮影場所にたどり着きたい気持ちが伝わって来るようです。私は別の日にチェッカーボードを目指して坂道を移動中に紹介のUPSオリンピックSPを見逃してしまい、それっきり撮れずじいまいでしたぁ(泣)

>Cranberry 01 さん
ハイ、背景や撮影場所の違いで 味わいが変わるので 色んな所へ出かけて撮影するのも また愉しいものですね。

NAGOYA INTL R/W34  14 OCT 2004  B747-451  N675NW  Northwest Airlines Spirit of the Northwest People 


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.7 Name:ITAZUKE-1 Date:2015/06/09(Tue) 20:41 No.14588
広江さん みなさん こんばんは
2013年7月9日 岩国R/W20に入る エバグリ−ンのB747-4B5BCF N779BAです。
塗装からわかるようにもとは大韓航空機です。 
次は退役したANAのポケモンをエバグリ−ンが購入して 貨物機に改装して ポケモン塗装のまま岩国に飛んで来て! と夢をみていましたが 2013年12月 エバグリ−ンは倒産?したようで夢と消えました。 
  


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.7 Name:Gulf4 Date:2015/06/09(Tue) 20:53 No.14590
会社は違うのに同じカラーリングの機体が、747だけで少なくとも三社はあるのは許せませんね(笑)。
Kalitta Airのタイトルは入っていますが、他社でもお馴染みDHLのカラーリングになっています。
2012年2月23日、香港の07Lに着陸するKalitta AirのB747-4H6(BCF)(N740CK/製造番号24405/745)。
日本で使っていた機体が多い会社ですが、これは珍しくマレーシア航空で使っていた機体です。



Re: Boeing 747 Vol.1 Part.7 Name:高木 Date:2015/06/09(Tue) 21:29 No.14591
広江さん、皆さん。こんばんは。
今夜のデータは、毎年暮れになると出没するフィンランド航空のサンタ塗装が目的で成田に展開しました。
NW B747-400(N670US) 1999年12月26日 成田空港です。
tokusans様の情報があり、当該機のレジが判明しました。ありがとうございました。
「追記」
申し訳ありませんでした。広江さんの意図することが理解できませんでした。
着陸後だったと思います。(定かではありませんが)成田1タミ送迎デッキから撮影、当時のNW機には、皆さんご承知のように、東京、デトロイト、上海等と書いてあったのでアップで撮りました。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.7 Name:にがうり Date:2015/06/09(Tue) 21:52 No.14592
広江さん、皆さん、こんばんは。今までを見るとデルタ航空機が意外に少ないようです。デルタはアメリカでは歴史も古いエアラインでノースウエスト合併でさらに大会社になり、またスカイチーム・リーダーなのに日本のエアラインは加入してないこともあって馴染みがないのでしょうか?
B747-451,N664US(23819/721)2015/5/30 成田


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.7 Name:うみ太郎 Date:2015/06/09(Tue) 22:15 No.14593
ワールドが倒産し機材の一部がサザンエアに移動していました。
ここでもワールドのタイトルとマークを消しただけで飛んでました。サザンもハイブリッドの宝庫ですね。

2012年8月12日 Southern Air B747-412 N743WA


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.7 Name:つばどん Date:2015/06/10(Wed) 00:01 No.14594
広江さん、皆さんこんばんは。

>広江さん
No.14545 CP Air C-FCRDの機種に書かれているのは、"Empress of Australia" です。
この時(No.14545)の横田への飛来はダイバートと言われればそうかもしれない・・・程度の記憶でして・・・すみません(-_-;)
ただ何回か飛来したと思いますし、うみ太郎さんもそう言っておられるので(笑)

この機体は間違いなくしばらくの間頻繁に飛来していました(笑)
1980年7月25日、わき上がった雲をバックに横田のR/W-18へ着陸する B747-211B Wardair Canada C-GXRD 。
胴体に H.A."Doc”Oaks と書かれていますが、意味は??


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.7 Name:D-men Date:2015/06/10(Wed) 00:27 No.14595
成田のR/W16Rを離陸するデルタのB747-451(N672US)。2014年9月23日撮影。
747の離陸はどのアングルもかっこいいですが、個人的には主翼がシナりを見せる少し送り気味のこのアングルが好きです。 デルタの747も日本便から撤退?と耳に挟んだような気もしますが、実際はどうなのでしょうか…。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.7 Name:Takafumi HIROE Date:2015/06/10(Wed) 06:37 No.14596
>geta-oさん
堂々としたメジャーな話題、それも私の大好きなB747SP。ありがとうございます。
銀ピカAAに太めのB747SPはちょっと滑稽です(笑)。銀ピカにはスマートな機体がお似合いです。
しかしAAの長距離国際線で運航されていた頃の紹介の太めのB747SPは撮りたかったですねぇ〜。

>A-330さん
うみ太郎さんがPart.2 No.14487でFedExのFlying Tigersの消し跡が残るN640FEを紹介されてますが、
その際に『元N811FT』とコメントされてます。つまりN640FEはA-330さん紹介の後の姿です。
ということもあり、スミマセンが、度々お伝えしてます。
番号(レジ)が同じでも撮影日や撮影場所、そして撮影者が異なれば結果も異なると思います。
ましてや、このような例もあります。
A-330さんの想いを伝える話題で構わないのです。
常に機体番号(レジ)にこだわられるのはA-330さんのお人柄ですネ(笑)。ある意味、感謝です。
まあ全く同じアングルがありましたら、それは控えていただいた方が良いかもしれませんが(笑)

>toksansさん
NW機の機首に書かれていた都市名の整理&紹介、ありがとうございます。
“中國之友”とは、彼らも精一杯頑張って書いたのでしょうネ(笑)
紹介の塗装の時に書かれていたようで、その後の銀塗装“nwa”には書かれなくなったようですね。
私が成田に通い始めた2004年は、既にNW機の大半は銀塗装“nwa”に変更されてました。
toksansさんの撮影のように2000年代初頭までが撮影チャンスだったのでしょうね。
皆さんから紹介される他の画像からも、少なくとも5年早く民間機撮影に目覚めておけばよかったです(笑)

>N.SUZUKIさん
今回の話題では、比較的送り気味の後ろ姿を多く紹介されてるような気がしますが、
低い離陸のアングルでは、紹介のような姿も格好イイですネ。
気づいてみれば、私も成田で低い離陸のB747の紹介のようなコマがありました。
日米の航空会社の基本的な経営理念を私は全く知らないのですが、一長一短はあるはずですよね。
学ぶべきところは学び、悪い点は参考として大事にする、でしょうか。スミマセン素人で

>KNOBさん
まず最初に私は画像に目が行ってしまうのですが、UNITEDでAtlas Airの塗装デザイン???でした。
コメントで納得、事前に調べていただきありがとうございます。
アトラスからリースバックされた後の4年間も紹介の姿であることもさることながら、
機首にわざわざ“CHARTER”と書くのも珍しいですよね。
この機体だけなのか他にも存在するのか、今後の皆さんの話題や補足に期待したいです。

>ETさん
香港国際空港ターミナルと得られるショットの紹介、ありがとうございます。
少し距離があるようですが、ものぐさな私としては、なかなか撮りやすいかもしれません(笑)
アングルや光線状態はともかく、香港国際空港ならではの運航会社もあると思いますので、
景色や海を見て(笑)紹介のようなショットが得られるのは、なかなか楽しそうです。

>航空反省官さん
またなんと新鮮に映る素晴らしいショットの紹介、航空反省官さんならではですね。
タワーと被写体の写るエリアとの位置関係が正確には理解できませんが、
狭いスペースに効率よく駐機する様子がよく分るショットです。
当時のEvergreenはJALの貨物便として運航されていたのですね。
画像とコメントから当時の状況が分ります。

>Cranberry01さん
ベトナム戦争や湾岸戦争などでチャーター会社が潤った時期があるのは確かなことかもしれません。
特にベトナム戦争時は雨後の竹の子のようにチャーター会社ができた印象を受けます。
しかし軍に頼っていると、平和になった時に経営の方針転換を迫られたこともあり、
航空会社の合併吸収で淘汰されていくことにもなったのではないでしょうか。
まあ撮る側にはチャーター会社あるいはチャーター便は楽しい事は間違いないでしょう。

>PAPPYさん
1976年というと私は横浜からフネを降りて虎ノ門界わいに出没してました。
当時出入りしていた、森ビル、霞ヶ関ビル、大手町の高層ビル等が紹介画像でもチラホラ見えます。
まあそんなことで、この頃一時的に浜松町から一本で行ける羽田が近い存在になったわけです(笑)
私のNo.14573紹介N802FTと撮影時期が近いせいか、機首に“FREIGHT MASTER”の文字が確認できますネ。

>Seagullさん
銀塩時代に撮ることのできたショット、大型機ゆえかもしれませんが格好イイですねぇ〜。
しかしそのためには大変な労力を必要としたのが察することができます。
今は浚渫され航路となったため干潟に立ち入ることができなくなったのは、
撮影ポイントの少ない岩国だけに、残念ですね。

>T.Hさん
撮影地別のストーリー展開で進められてたのですか・・・。気づかず申し訳ありません。
名古屋空港でのB-747の姿は今までに紹介されてきた画像とは一味違いますね。
まあ一言で『日本らしい』ということでしょうか(笑)
2004年のデジ元年、予約して9月に手に入れたボディのトラブル多発には泣かされました。
結局3台を交換したものの一向にトラブルは解消せず、私もEOS-1D Mark IIユーザーとなりましたが、
私の手持ちレンズとの相性が良くなく、2年余りで再びAPS-Cボディに戻りました(笑)

>ITAZUKE-1さん
またまたEvergreenとは言えない機体の紹介にビックリ!(笑)
この類はITAZUKE-1さんとの相性が最高に良いのかなぁ〜(笑)
私が撮ったのはD-menさんNo.14505紹介Southern AirのB747-2B5F N708SA (24196/720)ぐらいかな。
コメントで初めて知り調べたのですが、Evergreenは倒産寸前のようですね。
ポケモン塗装のEvergreenは私も見たいなぁ〜。あっ!、飛来地は横田もリクエスト(笑)

>Gulf4さん
これもまた一瞬、どこの航空会社なのか分りませんでした。
Gulf4さんには許せない塗装のようですが、DHLのStar Alliance版と捉えたら駄目なのですか?(笑)
でもねぇ〜・・・、DHLはDHL、KalittaはKalitta、PolarはPolarですよねぇ〜。
紹介のN740CKはPAPPYさんがNo.14457で紹介されてますが、やはり純正Kalitta Airがイイですネ(笑)

>高木さん
フィンランド航空のサンタ塗装目当てで私も成田に遠征してます。
ところでスミマセンが、この紹介画像は何処からどのように撮ったのでしょう・・・。
着陸後?、離陸前?、どうもよく分りません。
Part.5 No.14532、無事、画像が差し替えられましたね。お手数かけました、ありがとうございます。
業務連絡です。申し訳ありませんが、メールを送って下さい。

>にがうりさん
NWを吸収合併するまでのDLの成田便は、確かかなり少なかったはずです。
北米からのB747と言われればNWが圧倒的に多かったですからネ。
ですので、少なくとも成田で撮影されたDLとNWのB747の紹介数には差があるでしょう。
その日本だけから見た状況下なので、DLがNWを合併吸収したと聞きビックリしたのです。
さて、にがうりさんの成田R/W16R着陸のショットの数点を拝見し気づいたのですが、
レンズ選択と立ち居地が、どうも合ってないような気がしてなりません。
アングルが良いとか悪いとかではなく、切るなら切る、切らないなら切らない、
これを決めずに自然に切れた結果となったような気がしてならないのです。
その結果、垂直尾翼の隠れたアングルが多いのが私は中途半端と感じモヤモヤしてしまいます(笑)
CVW-5機のR/W19離陸で、Modexだけが見えて垂直尾翼が主翼で全く隠れたアングルを量産し、
コレが#100です、コレが#200です・・・と言われてもねぇ〜(笑)
余計な一言でしたネ。申し訳ありませんm(_ _)m

>うみ太郎さん
ハイブリッドの宝庫と捉えるかハイブリッドの巣窟と捉えるか私的には微妙(笑)
なんせ、Southern AirのN708SAが良い意味ではなく強烈な印象として残ってしまいましたから(笑)
ハイブリッドは多くの標準塗装の中の一点としてこそ価値があるので、
これだけ多彩な組み合わせで出回ってしまうと、貴重さも薄れてしまい宝庫に入りきれません(笑)
スミマセン、皆様の話題に水をさしてm(_ _)m

>つばどんさん
Wardair Canadaも横田に飛来していたのですネ、初めて知りました。
先のCP AirのDC-8のようにカナダの航空会社も米軍のチャーター便を運航していたようですね。
夏のモクモク雲をバックに降りてくる姿はイイですねぇ〜。
しかし朝からこれだけのモクモク雲が出たら、午後の天気がどうなったのかが心配です(^_^;

>D-menさん
B747やA340の長距離便の離陸は主翼がしなるところがイイですよねぇ〜。
B787が登場してからは私は成田に行ってないので分りませんが、B777の離陸は物足りなかったですよね。
しかしA340の便が減ってしまいガッカリしていたところ、更にデルタB747の日本撤退の噂アリですか。
デルタのB747が成田から居なくなったら、B747便は激減しますよね。
もうB747の時代は終わり?、B747-8がどこまで伸びるかがポイントですね。





Boeing 747 Vol.1 Part.6 Name:Takafumi HIROE Date:2015/06/08(Mon) 07:02 No.14550   
今日はイレギュラーなフラタイ機の話題です。

1988年3月19日、横田基地R/W36離陸のFlying Tiger LineのB747。
T.Hさんの話題に便乗しました(笑)
石播側のフェンス沿いに立てた180cm脚立に乗り、300mm + 1.4X、あるいは500mmでの撮影だと思います。
軍用機ファイター系を撮るスタイル。真横は機首アップ、送って↓のアングル。
意識もせず単に遊び感覚で撮ったと思いますが、今見返すと、なかなか良いではないですか(笑)

イレギュラーというのは、この話題ではありません(笑)
レジ“EI-BPH”の件です。

レバノンに本社を置くMiddle East Airlines (MEA)から1985年9月に購入? or リース?。
↓の撮影直後の1988年5月にFlying TigersのレジN890FTを取得してます。
撮影時にちょっとだけ疑問を持ちましたが何も調べずポジ箱で眠ること27年間(笑)
あっ、1回だけ10年ほど前に今は閉鎖されたBBS 0に登場したかもしれません。
しかし今回の話題がなければ、まだまだ眠り続けたことでしょう(笑)

(B747-133 EI-BPH (20013/104), Flying Tiger Line, 1988年3月19日, 横田基地)

Re: Boeing 747 Vol.1 Part.6 Name:T.H Date:2015/06/08(Mon) 07:18 No.14551
'98年は1月のマイアミに続いて 5月には 民航だけの撮影で香港へ遠征。「香港カーブ」のニックネームで知られた啓徳空港へのファイナルまでひねり込んでの着陸を撮りに 滑り込みで行ってみました。5泊6日で KRを35本撮ってます。他にネガカラー13本、白黒も10本くらいは撮ったでしょう。
このカットはバスで移動して、最後は急な階段を自力で昇って汗だくに成り 辿り着いた『何文田の丘』頂上から香港カーブを捻って降りて行く機体が見降ろしで撮れる絶景ポイント。500mmでジャンボの真横が8分目程度。600mmがあればちょうどいい大きさだったようです。丘には夕方1時間半の滞在でしたがCX、SQ、NW、UPS、BAのジャンボを撮る事が出来て 大汗をかいた甲斐があったというものです。

啓徳空港 R/W13  12 MAY 1998 B747-123(SF) N676UP United Parcel  Service


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.6 Name:geta-o Date:2015/06/08(Mon) 07:41 No.14552
広江さん、皆さんおはようございます。
>広江さん、みなさんごめんなさい
#14531のCENTURION CAEGOのB4 レジが抜けていました。レジはN902ARです。追記しました。

私もUPSですが少し色物
2002年ソルトレークシティーで開催する冬季オリンピックに合わせて特別塗装をしたUPSのB747-212B(SF)( N521UP 21944/510)
1999/2/23 NRT 前年に長野五輪が終わったばかりなのになんと気の早いことかと思いました。
この塗装はB6(N320UP)にも見ることができました。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.6 Name:A-330 Date:2015/06/08(Mon) 09:55 No.14553
広江さん、皆さんおはようございます。

広江さんからスレッド紹介されました、イレギュラーなフラタイ機の話題に便乗です。
レバノンに本社を置くMiddle East Airlines (MEA)から1985年9月に購入? or リース?され1988年5月にFlying TigersのレジN890FTを取得した(コピペですみません)機体がフラタイ標準塗装を施される前の同機です。
この時すでに前輪カバーには890の文字が入っています。塗装が違う+富士山ということで再登場させていただきました。

B747 EI-BPH Flying Tiger Line 1986年2月横田


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.6 Name:ET Date:2015/06/08(Mon) 09:59 No.14554
広江さん、皆さん、おはようございます。
予定を変更して私もUPSの機体で。2012年5月9日香港国際空港の展望台から撮ったUPSのB747-44AF/SCD (N574UP, cn35663/1403)です。R/W25の時は原則としてカーゴは陸側の25Lに降りることになっているらしいですが結構25Rからも着陸していました。今後この日に撮った写真何枚かを予定しています。利用はしたものの啓徳空港時代行こうと思いながら外から撮る機会を逃してしまいました。この日はツアーの自由行動の時間を利用して初めて展望台に登りました。チェクラップコク空港も撮影場所は色々あるようなので今後も行ってみようと思っています。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.6 Name:N.SUZUKI Date:2015/06/08(Mon) 10:25 No.14555
広江さん皆さんおはようございます。
B747SP N529PA(21992/447)撮影は1986年成田です。
 この機体は、1980年製造後N606BNとして83年9月までブラニフで運用していましたが、パンナムが自社オーダー機10機に加え、最後に購入した機体でN529PA として86年2月、太平洋線撤退時まで使用していました。
その後は、UAに売却、成田路線もUA便となりましたが、この機体は最も製造が新しく、パンナム使用期間も2年余と短かったため、UAの全面塗装でなく、パンナム時代の帯を残したハイブリッド塗装で飛んでいました。また、UA売却時に、レジはN150UAとして登録されましたが、手続きは未だで、旧レジで飛んでいました。
なお、パンナムがオーダーしたB747SPは計10機N530PA〜N540PA(N535PAの747-200Cを除き)でLN265〜373の間ですが、この機体は最も古いレジNoでも、製造はLN447と最も新しい機体です。
また、前回紹介したN533PAは、パンナムに最初にデリバリーされた機体で最も古く、各種記録飛行に使われていたこと、パンナム最後の標準塗装である、帯なしデカ文字への変更も最初に行われましたが、747SPのみ、全機86年2月に売却されたこともあり747SPは、1機のみの塗装で終わりました。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.6 Name:Cranberry 01 Date:2015/06/08(Mon) 13:25 No.14556
広江さん、皆さん、こんにちは。
>広江さん、意識せずに撮ると、良いのが撮れる・・・。私も何度も経験がありますよ。
>T.Hさん、ETさん、見慣れぬ景色を背景にすると、見慣れた飛行機でも新鮮に写りますね。
私もHNLですが、見慣れぬ位置での撮影です。
HNL APのReef Runway(8R/26L)に向かうNWのB747。このRWYは元々、HNL市街地の騒音軽減とSpace Shuttleの緊急用着陸地との目的で珊瑚礁を潰して造られました。最小限の埋め立てで出島の様になっています。
B747 N608US 1998年。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.6 Name:にがうり Date:2015/06/08(Mon) 17:29 No.14558
まだ出てないようなのでNWAカーゴ機N632NWを投稿します。皆さんのNWA機のカラーリングを見るとアメリカでも変化の多い方のエアラインだと判ります。この撮影日は他にも多数の海外機を撮ったので、これからのヨーロッパ機体でも投稿したいと思います。
B747-251B(SF),N632NW(23112/595) 2008/6/13 成田


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.6 Name:PAPPY Date:2015/06/08(Mon) 17:38 No.14559
広江さん、皆さんこんにちは。
学生の頃はよく羽田へ行ってましたがジャンボが主流になった頃が就職と重なりあまり羽田へは行けなくなり、そうこうしている内に国際線は成田空港へ移転してしまいました。
1973年5月11日旧羽田空港のフィンガーデッキにランプインする NWA B747-251B (20359/163) N614US です。
いろいろあだ名が有るようですがセンスのない塗装でしたね。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.6 Name:空と鉄と Date:2015/06/08(Mon) 17:44 No.14560
自分からもイレギュラーフラタイの一機を。
撮影は1987年4月14日の横田R/W36へ着陸するB-747-287B LV-MLO(cn21725/349)で、AEROLINERRS ALGENTINASからのリースと思われ、元々の塗装にFLING TIGERSのタイトルが入っています。
検索してみたところ1989年にはジュラ地の完全な腹巻きフラタイ塗装になっているものの90年にはリースが終わって元通りのアルゼンチン航空の塗装に戻っているようです。
すいません、リース期間はわかりませんでした。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.6 Name:KNOB Date:2015/06/08(Mon) 17:45 No.14561
広江さん、みなさん ご無沙汰しております。
皆さんの747の画像、圧巻です。やっぱりこの機体は優美ですね〜。
さて、私も先日嘉手納基地で747の離陸を撮影しましたのでご紹介します。
ナショナル・エア・カーゴのN952CAです。
行先は韓国の米軍基地でしたので相当高い上りが予想できましたが、この会社の機体は上りが高くあって欲しいんです^^;
お腹の塗装が『飛行機は見上げるもの』という初心を再認識させられます。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.6 Name:Seagull Date:2015/06/08(Mon) 18:14 No.14562
広江さん、皆さん、こんにちは。
2013年2月2日 岩国基地に着陸(R/W02)するAtlas Air のB747-47UF/N497MC
後方には、シードロームが写り込んでいます。(トリミング無し画像)
>広江さん
 大型機R/W20の離陸と↓の着陸は、今も撮影が可能です(デジ換算800mm)。
 さて、混乱する回答となりますが新滑走路運用になってからR/W20側からの撮影は100〜400mmズームレンズ1本で撮影ができる環境となっています、以前にくらべ撮りやすくなっています。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.6 Name:高木 Date:2015/06/08(Mon) 20:52 No.14564
広江さん、皆さん。こんばんは。
20012年7月26日 Polar Cargo B747-400F(N416MC)
当日はエーデルが目的で成田に朝早くから展開しました。
ポーラーカーゴは、博物館駐車場から撮影しました・
 


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.6 Name:ITAZUKE-1 Date:2015/06/08(Mon) 21:16 No.14565
広江さん 皆さん こんばんは ご無沙汰しております 数ありませんがちょっとだけお邪魔します。
2013年2月20日 岩国へ降りてきた EvagreenのB747-412F-SCD N491EVです。
エバグリ−ンのB747の中に元サウジ塗装がいるのは知っていましたが、目の前に現れるとは うれしさいっぱい
長いレンズのまま撮り続け 全体の入った横の画像がないという失敗付きでした。
 


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.6 Name:Gulf4 Date:2015/06/08(Mon) 21:23 No.14566
No.14552でgeta-oさんが紹介した機体を反対側から撮ったショットです。1998年5月、香港啓徳空港で撮った
UPSのボーイング747-212(F)(N521UP/製造番号21944/510)。 これは「素直な」着陸のパターンでした。
>THさん
同じ時期に啓徳空港に行った様ですが、「何文田の丘」に行った時、行き方が分からず崖をよじ登りました。
そして着いてから良く見たら階段があって、しかも道もあったので驚きました(笑)。
>ETさん
香港の新空港の展望デッキにも何度か行きましたが、対岸の景色が紹介画像の様に見えたことがありません。
>広江さん
アメリカン航空の話題になりますが、先月行った時は「銀色」の777はすべて「灰色」に変わっていましたよ。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.6 Name:BigMac Date:2015/06/08(Mon) 21:27 No.14567
今日も成田に着陸するノースウエストのB747です。
成田の着陸で「ゲジ」で機体を重ねるのも好きですが、エンドから長玉で送りを撮るのもお気に入りです。
夏の夕方、陽炎が無くなる17時過ぎの撮影です。この時間離陸するB747も多く、いつも悩む所です。
この機体、先日紹介した「CITY OF Tokyo」のN673USでした。

B747-451 N673US 2007年8月15日  成田空港


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.6 Name:うみ太郎 Date:2015/06/08(Mon) 23:12 No.14569
広江さんがNo.14530で昔のワールドを貼られましたので、倒産前の最後の姿の747を貼ります。
冬の早朝の横田は富士山がきれいに見えます。A-330さんより富士山入りの画像を紹介して頂いてますが、ランウェイ18側のエンドでは絡め易いのですが、36側では国有地が立ち入り禁止になってからはポイントがあまりありません。そんな36側の着陸で富士山を入れるのですが、着陸の高度が高くて富士山がうまく絡めない時に奥多摩の山をバックに狙います。そんな画像です。(富士山入りは近い内に貼らして頂きます)

2012年2月3日 AM7:24 World Airways B747-412 N742WA


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.6 Name:tu_ka Date:2015/06/08(Mon) 23:27 No.14570
広江さん 皆さんこんばんは。
1990年台後半になっても、UAにはアッパーデッキの窓が3つのタイプの機体が現役でした。これらの機体は、UA生え抜きではなく元アメリカンのB747-123で、太平洋路線の増強と-400導入までのつなぎとして購入したらしいです。(N153UA〜N157UAの5機)
写真は、成田のR/W16にアプローチするN155UA(c/n20104/69)で、1998年3月8日の撮影です。この機体は、No.14525でGulf4さんご紹介の元アメリカンN9665です。他のレジも撮影しているのですが、同じ機体の紹介の方が、「広江さんのお好み」かと思い、この機体にしました。(笑)


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.6 Name:D-men Date:2015/06/08(Mon) 23:48 No.14571
サザンエア B747-412(BDSF) N400SA (cn 27068/1000)です。現在のサザンエアのフルカラーの塗装になります。
機体番号から追いかけると、2011年前後までシンガポール航空で9V-SMUとして運用されていた機体のようで、その後カーゴに改造され、サザンエアで運航を始めたようです。2014年8月15日、嘉手納で撮影。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.6 Name:Takafumi HIROE Date:2015/06/09(Tue) 06:00 No.14572
>T.Hさん
啓徳空港へ行ったことのない私でさえ知る「香港カーブ」、
今では動画サイトでも着陸の様子を見ることのできる便利な時代になりました。
ただ実際には何も知らない私ですので、レンズ選択等の撮影条件初めて知りました。
デジカメでの撮影が最適かもしれませんが、惜しいかな1998年閉港となってしまいましたね。
紹介のショットは、その閉港直前での遠征で得られたのですね。
Tomcat命から民航だけの撮影で飛び回るT.Hさんには本当に恐れ入りましたm(_ _)m

>geta-oさん
度々コメントしているように、私にはUPSは憧れの存在です。
こうも続けてUPSが紹介されると憧れから悔しさに転じ、さらに・・・(笑)
やはり私が成田に通い始めたのは、数年遅かったと実感させられる画像の紹介です。
この2002年ソルトレークシティー冬季オリンピック向けの特別塗装はイイですね。
コレもラッピングなのかは分りませんが、どうもここ最近の特別塗装には何か寂しさを感じます。
No.14531のレジ、訂正しました。ありがとうございます。

>A-330さん
同じEI-BPHでも、A-300さん紹介の時期の方がイイですねぇ〜。
胴体はMEAの帯、垂直尾翼もFlying Tigersが斜めに大書き、コレは本当に期間限定ですね。
これまでハイブリッド塗装に文句を言っていた私ですが、これは格好イイです(笑)
雪景色と真っ白な富士山、最高のシチュエーションですが、機体はもうちょい上でしたね。
しかし的確にこの撮影ポイントを選ばれたA-330さんには本当に脱帽ですm(_ _)m
追伸です。
私のNo.14550紹介にも前脚カバーに“890”が書かれていることを再確認しました。

>ETさん
ETさんまでUPSの追い討ちを・・・(笑)
私は旧も現在も香港国際空港には行ったことがありませんが、共に面白い絵が得られるのですネ。
ターミナルは2本の滑走路の間にあり、それぞれ展望デッキがあるのでしょうか。
陸側の滑走路07R/25Lはターミナルからだと良い光線状態を得る時間が限られるのかな。
逆に海側の07L/25Rは季節にもよりますが、ターミナルからほぼ終日順光となるのでしょうか。
この空港の撮影ポイントは、時々BBS Iに登場される香港の方が詳しいかもしれません。
今度行かれる機会がありましたら、事前にコンタクトしてみては如何でしょうか。

>N.SUZUKIさん
詳しい解説、ありがとうございます。
画像を拝見して何か変だなぁ〜と思ったら、胴体の帯はPAの青帯ですね。
T.Hさんからもコメントをいただいてますが、当時からハイブリッドが存在していたと分りました。
この機体(21992/447)のブラニフ時代のN606BNを見てみたいものです。

>Cranberry01さん
Cranberry01さん紹介画像も、何やら変わった雰囲気の景色のショットで新鮮に映ります。
モノクロ写真で古いレシプロ機ならば、ベトナムの地のような雰囲気さえあります。
HNLのReef Runwayは珊瑚礁を潰して(埋め立て?)作られたのですか。
今なら環境問題等々で一悶着おきそうですネ。
海から近そうなので暴風雨の時は運用制限があるのでは?と心配にもなります。

>にがうりさん
NWだけを取り上げた話題、もしくはNWだけを編集したGallery化もほしいところです。
しかしNWだけというわけにもいかず、UAは?、PAは?、DLは?、等々とキリがありません。
現状のレジ順とLine No.順で手一杯です。

>PAPPYさん
私はあまり羽田の展望デッキで撮ったことがないのですが、紹介のようなアングルが撮れたのですね。
1960年代にDC-8等を撮った私の画像と比べても、撮影のシチュエーションが分りません。
比較的低い位置からB747の迫力ある紹介ショットは、一度は撮ってみたかったです。

>空と鉄とさん
これはまた一瞬ではFlying Tigersとは分らない塗装ですねぇ〜。
LV-MLOの元の航空会社を調べましたが、確かにタイトルのみを書き換えたような雰囲気ですね。
聞き慣れない&見慣れない塗装がミソ、このような貴重な姿が横田に飛来していたとは驚きました。
的を得た『腹巻きフラタイ』、横田の皆さんはニックネームを考えるのが本当に上手いですね(笑)

>KNOBさん
なかなか紹介されないので皆さん見合ってるのかと思いましたが、ようやくNational Air Cargoの登場です。
この塗装デザインは綺麗ですよねぇ〜。私も物珍しさで横田飛来時に撮りに行きました。
撮影は着陸でしたので、お腹に書かれるタイトルは後に知りました。
高い離陸が良いのか低い離陸が良いのか意見の分かれるところでしょうねぇ〜。
私は、やはり低い離陸を規模得ですが、一度はお腹を撮りたいものです(笑)

>Seagullさん
紹介の撮影場所から得られるショットは、今までは絶対に見ることができなかったでしょうね。
800mmというのは銀塩換算ですよね?。あまり無理せず撮れるのが驚きです。
しかし距離が離れれば離れるほど、空気中のヘイズ&陽炎との闘いとなるでしょうね。
銀塩時代は妥協点を見出して被写体に近づくのがセオリーでしたが、
2004年デジ元年以降は、そのようなことを気にしなくなってしまいましたね。

>高木さん
紹介のDHL塗装のPolar Air Cargoも私が成田遠征から遠のいた後に現れた機体だと思います。
カーゴ機大好き人間の私(笑)ですので、この存在はとても気になってます。
ところでこのDHL塗装、以前はAir HongKongのA-300が運航してましたが、それとは別便でしょうか。
そもそも、N416MCの所有者はDHL?、Polar Air Cargo?、疑問が尽きません(笑)

>ITAZUKE-1さん
サウジアラビア航空のタイトルが無いだけの姿ですが、これはもうEvergreenとは言えませんねぇ〜(笑)。
ネットでもサウジアラビア航空で紹介している方もいらっしゃるぐらいですから(笑)
機体の形ではなく塗装としてゲテモノの部類に入りそうですよ(笑)
結局、最終的にはEvergreenの塗装に変更されたのですよね。
この超ハイブリッド塗装(笑)は、どのくらいの期間確認されたのでしょう。

>Gulf4さん
香港啓徳空港へのアプローチは、パイロット次第でコースが微妙に異なるようですね。
冬季オリンピック特別塗装機をgeta-oさんが『なんと気の早いことか』と撮影したのは1999年2月、
ところがGulf4さんの撮影は、それより更に早い1998年5月。
長野冬季オリンピックが終って約3ヶ月後には姿を現したということは、
この塗装が約4年間も撮影チャンスがあったということにもなりますよね。

>BigMacさん
時々、さくらの山公園で三脚に超望遠レンズで撮影している方を見かけますが、
想像では、R/Wに乗るシーン、または、タッチダウンの瞬間でも撮ってるのかなぁ〜と思ってました。
まさか、その中にBigMacさんが居たとは・・・(笑)
離陸・着陸・そして紹介のようなショット、これらを気分を変えて撮るのが良いでしょうね。
まあ私だったら、離陸90%、着陸5%、紹介のようなショット5%の割合かな(笑)

>うみ太郎さん
冬の早朝らしい景色、素晴らしいですネ。大型機ゆえ撮影可能なショットでしょうかね。
少ないトラフィックの中で撮影場所を探し出したうみ太郎の努力には頭が下がる想いです。
成田や羽田で民間機撮影に目覚めた私は、ごく自然の流れで横田にチャーター機も撮り始めました。
2008年頃、真っ白い機体DC-10?MD-11?に“WORLD”(Oは地球)を撮影したとき、
もちろん皆さんは『World』とは言ってましたが、私の撮ったNo.14530とは別会社だと思ってました(笑)
合併吸収の淘汰の激しい中、よく生き残っていたものと後に感心することとなりました。

>tu_kaさん
はい、お好みですヨ(笑)
まあ紹介は同一機云々より、1998年でこの古い機体が太平洋路線で飛んでいたことに驚きです。
その理由はtu_kaさんからコメントされているので納得はできました。
-400の導入開始時期を把握してませんが、このつなぎ役は何年頃まで撮ることができたのでしょう。

>D-menさん
私がまず最初に撮りたかった純正Southern Air、やはりコレです。
ところが私が最初に撮ったSouthern AirがPART.3 No.14505紹介N708SAとはねぇ〜(笑)
皆さんでも、私の気持ちは理解していただけるでしょう。
このことがトラウマ的になって、それ以来、ハイブリッドが嫌いになりました(笑)
紹介は1000号機ということで、引渡し時に何かイベントでも行われたのかな・・・。
あとで、ちょっと探してみます。





Boeing 747 Vol.1 Part.5 Name:Takafumi HIROE Date:2015/06/07(Sun) 08:39 No.14530   
次々と紹介される北米の航空会社ですが、World Airwaysも初の紹介になります。
Continental Airlines同様、金と赤を使用した綺麗なデザインです。
横田基地R/W36エンド東側の国有地。おそらく標準レンズでの撮影。
この日(1982年5月5日)は何を目当てに横田に行ったのかな・・・。
記録ノートによると、VC-135B(62-4126)、WC-135B(61-2666)、44TFS/ZZのF-15D 1機、25TFS/OSのA-10A 2機、
そしてTransAmericaのDC-8と、今回の主役B747は↓のN747WRとノースウエストのN623USを撮影してます。
あっ、T-39A、C-9A、C-130E、C-141Bもたくさん撮ってます(笑)

ところで↓のN747WRは、Part.4冒頭No.14510紹介PAN AM Caego N535PAと同じ機体(20651/209)。
両機が同じ機体だったとは、この話題のために画像を準備しデータを整理して判明。
私はPAN AM CaegoもWorld Airwaysも、1機づつしか撮影していません。
にも関わらず同じ機体だったとは驚き。←コレで驚くのは番号屋の私だけかな(笑)

(B747-273C N747WR (20651/209), World Airways, 1982年5月5日, 横田基地)

Re: Boeing 747 Vol.1 Part.5 Name:geta-o Date:2015/06/07(Sun) 09:32 No.14531
広江さん、皆さんおはようございます。
>広江さん
すいませんミスです
正しくはHNL ホノルルです。修正しました。

>うみ太郎さん
すいませんでした。C/Nを見たら同じでしたね。ただこの塗装機は成田にちょくちょく来ていたのか写真はかなりありました。

今日は今年のハイライト。3月頃アメリカの西海岸港湾ストの影響で一日10便を超す臨時カーゴ便が飛来した中の1機
CENTURION CARGOのB747-428ERSCD N902AR (32870/1344)
2015/3/12 NRT
CENTURION CARGOは2001年に運航を始めたマイアミにを本拠地とする会社でB4 MD11等を運航しています。
写真のB4は型式からもわかるように元AFが使用した機体でレジはF-GIUDでした。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.5 Name:高木 Date:2015/06/07(Sun) 09:45 No.14532
広江さん、皆さん。おはようございます。
申し訳ありません。ノースウェスト航空カーゴにはもう1種類の塗装機がありました。
ポジを見ると、JALのディズニーシー塗装機が目的で展開しました。
ご教授ありがとうございました。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.5 Name:N.SUZUKI Date:2015/06/07(Sun) 09:53 No.14533
広江さん 皆さんおはようございます。
パンナム続けます。
B747SP N533PA (21025/273)“Clipper Young America” No14472で geta-oさんが紹介したボーイング塗装のデモ機、No14475でETさんが78年羽田で撮られている“Clipper New Horizons”と同じ機体ですが、撮影は85年ごろの成田空港で、塗装はパンナム最後の標準塗装となった、帯のないデカ文字です。
パンナムは、86年パンナムのお株であった長距離路線の太平洋路線から撤退し、路線権とともに、この長距離専用ともいえる747SP 11機のすべてを含めUA売却、その後は大西洋路線を主体に、パンナムが消滅する91年まで運行していました。この機体も、86.年2月からはUAレジのN143UAに変わりました。
 なお、この機体は、1976.3.5にパンナムへデリバリー(“Clipper Liberty Bell”)され、その直後、76.5.1から3日にかけ、世界一周飛行(JFK- -デリー-羽田−JFK)を39時間25分で行い、FAI記録として、従来フライングタイガーが707で持っていた記録を16時間も縮めました。このときの乗客は98名で、ファーストクラスの料金は、2.900ドルだったそうです。
 また、ETさんがNo14475de紹介していますが、翌年の1977.年にもPANAM50周年記念飛行として、SFOから両極を回るパッセンジャーフライト(Flight50)を行い話題になった機体でもあって、パンナム絶頂期の象徴的な機体でもありました。




Re: Boeing 747 Vol.1 Part.5 Name:T.H Date:2015/06/07(Sun) 10:24 No.14534
もう1枚エアカナダのクラッシックジャンボを続けます。離陸滑走中から後追いでやっと浮かんだ姿。これはZoomで撮っていました(笑)

'98年1月 人生で最も沢山民航を撮影した1週間です。FUJI PROVIA 100 F を200本渡されて1週間で全部撮って来い!とのミッション。
頑張ったんですが、170本位しか撮れませんでしたけど、フィルム時代に現像代・フィルムの残数を全く気にせず 気持ちよくシャッターを押しまくった日々。
普段なら撮らなかったアングル、時間帯、朝・夕焼けに絡む飛行機等々 愉しく貴重な体験と成りました。

今後のVol.2 以降でもこの時にマイアミで撮ったジャンボで 投稿のバリエーションが増やせます。

> 広江 さん
アメリカの民間航空会社でも吸収合併等の後、塗装がそのままでロゴだけ変更や 塗装が中途半端なままでの運行(ハイブリッド)はしばしば有ったと思います。
1例では アメリカン航空の傘下にあった RENO AIR が吸収合併された時、妙な塗装のMD-80シリーズに随分乗った想い出がありますが、ほとんど撮っていないのが、今と成っては悔やまれます。
↑のWorld ジャンボ同日同様のカットを標準レンズで撮っています。私は白黒でしたが。この日は広江さんが原付で横田へ来ていたのをよ〜く覚えています。16号沿いを転がったA-10を撮影後、それまでと違うエンジン配置を目の当たりにして「俵ダ!」と言ってましたよネ(笑)


MIAMI INTL ( KMIA ) R/W27L  JAN 1998  B747-133 C-FTOD  AIR CANADA


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.5 Name:Night owl Date:2015/06/07(Sun) 10:38 No.14535
広江さん、皆さんこんにちは。トランスアメリカのB747-200(N741TV)@横田、'84年9月15日です。当時のトランスアメリカの飛来はDC-8が多く、B747はそれほど来なかったような印象があります。普段は見慣れない航空会社が米軍チャーターで飛んでくるのも、横田の魅力のひとつですね。

Re: Boeing 747 Vol.1 Part.5 Name:Cranberry 01 Date:2015/06/07(Sun) 12:46 No.14536
広江さん、皆さん、こんにちは。
>広江さんのナンバー追求の執念には脱帽です。(笑)
#14519のCOAを再度スキャンしてみたら車輪カバーの数字が読めました。N26861でした。お手数をかけました。
>N.SUZUKIさん、私のSPのについて記述に少々誤解があるようです。SPは仰るように最高の性能である事に疑問の余地はありませんし、私も好きなB-747の型です。貨物の搭載量が限られる云々は、端的にJALがSPを採用しなかった一つの理由を書いたものです。

今日はNorthwest Airlinesです。
ジャンボになって、NWは成田に乗り入れる機材が一番多い外国Airlineでした。まさかその会社の名称が消えてしまうなんて誰が想像したでしょう?
ある時期NRTの駐機場はNW,QF,JLと尾翼の赤が異常に多い時期がありました。

ETさんから、”ザリガニ”と呼ばれていたと紹介されていましたが、世界中のAirline乗務員の間でも各社のcodeや塗装などからニックネームや揶揄する呼び方やがありました。NWAの場合は"Mosquito"でした。雲霞のごとく沢山いて、尾翼が真っ赤なのが、まるで血を吸った蚊の様だという揶揄でした。
さらに、もう消滅した会社なので躊躇無く書けますが、NWAは業界一破綻/再生が多かった会社で、評判も芳しくない事も多く、アメリカ人には"North Worst Airlines"なんて呼ばれていました。

でもジャンボに罪はありません。(笑)B-747-251B N623US 1989年。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.5 Name:A-330 Date:2015/06/07(Sun) 14:32 No.14537
広江さん、皆さんこんにちは。

>広江さん
富士山は雪をいただいている姿が一番ですが、視界の良い早朝なら雪があろうがなかろうが「富士山」を強く意識して撮影していました。当時マニアの方とご一緒に撮った記憶は数えるほどで、多くは独りぼっち(独り占め?)でした(笑)。

富士山シリーズきょうは雪のない富士山を背景に。
石播道路フェンス越しから撮影したR/W36着陸ランウェイ上のジャンボです。

B747 N742TV Transamerica 1984〜87年頃 横田


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.5 Name:PAPPY Date:2015/06/07(Sun) 17:12 No.14538
広江さん、皆さんこんにちは。
1974年6月5日旧羽田空港Bランに着陸した CP Air B747-217B (20802/226) C-FCRB (Empress of Canada) です。
広江さんのC-FCRAを見るまで全くカラーリングを覚えていませんでした、やはり民間機はカラーですね。
台湾へはここ何回か・・・撮影目的で行っていて、広江さんのご質問には答えにくい環境ですが、マニアの方は厚木とは比較にはなりませんが結構多いです。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.5 Name:ET Date:2015/06/07(Sun) 19:16 No.14539
広江さん、皆さん、こんばんは。
>広江さん、N663USの件、納得しました。
今日はまた好きなSPですがUA塗装で。1986年10月10日成田空港でのB747SP-21 (N146UA, cn21547/325)ですが既にT.H.さん(No.14494)が出されたN537PAと同じ機体です。この年の3月にUAの機体になったようです。パンナム時代1978年6月就航時”Clipper High Flyer”, 1980年からは”Clipper Washington”でした。
写真左の垂直尾翼にJA8160と書かれた機体はカーゴエリアの日航B747-221F/SCD です。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.5 Name:tu_ka Date:2015/06/07(Sun) 19:28 No.14540
広江さん 皆さんこんばんは。
No.14532で高木さんご紹介と同機体、NW CARGO(N643NW,B747-249F,22245/458)です。2005/08/06、成田のR/W16Rでの撮影です。さて、この機体、タイトルの"Investing in Pacific Trade"(太平洋貿易への投資とでも訳するのでしょうか)は、共通ですが、ポートサイドとスターボードでデザインが異なっています。

高木さん撮影のポートサイドは、北米7都市名(Anchorage,Chicago,Detroit,Los Angeles,New York,San Francisico,Seattle)+「北米大陸」中心の地球が、今回ご紹介のスターボードは、アジア9都市名(Bankok,Guam,Hong Kong,Manila,Osaka,Shanghai,Singapore,Taipei,Tokyo)と「アジア」中心の地球がデザインされています。なお、地球+NORTHWESTタイトルデザインのN645NW,N646NWも、両サイドで地球のデザインが異なっていますので、写真をお持ちの方は、確認してみてください。

No.14528のBigMaCさんへのレスで、民間機撮影の「モヤモヤ」を書いておられた広江さん、これで多少は晴れたでしょうか?それとも・・・???
以外と凝ったデザインです。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.5 Name:航空反省官 Date:2015/06/07(Sun) 20:57 No.14541
広江さん、皆さん今晩は。ちょっと褪色していますが、那覇空港外周道路から撮影したFEDEXのN814FTで、FLYING TIGERSの名残を留めています。この機体は1979年9月に新規登録され、現在でもMK AirlinesでG-MKFAとして運用されている超高齢機で、まさに「クラシックジャンボ」です。
T.H.さんがNo.14534で「クラシックジャンボ」と書かれていましたが、この言葉を最初に目にしたのは2000年頃のAviation Week & Space Technology誌だったと記憶しています。それまでは単に「747」と言えば在来型(Conventional)を意味し、-400はそのように断っていました。21世紀に入るとClassicの数が減り-400が大勢を占めるようになったため、単に「747」と言うと「-400」を意味するようになりました。この頃からアメリカ人パイロットからは “I fly 747 Classic”という表現を良く聞くようになりました。当然ですが “I fly Jumbo/Boeing 747”は-400を意味します。

>広江さん
現在のパイロットと管制官に不足しているのはコミュニケーション(意思疎通)能力のように思います。「一言足らなかった」、「ちょっと気が利かなかった」ために発生した不具合が多数報告されています。今回の那覇の件も管制官側が未然に防ぐことができた事例とも言えます。
DESERT STORM Iの機首アップ、スキャンして近日中に投稿する予定です。

Boeing 747-200(Classic), Mar. 1989 at ROAH


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.5 Name:にがうり Date:2015/06/07(Sun) 21:07 No.14542
NWAは今や過去の会社ですが、かつては日本がNWA海外の最大ベースで整備体制は充実してましたね。ただしNo.14536 Cranberry 01さんが書いてるようにエアラインとしてはアメリカでもストの多い会社で大昔は羽田に乗員ストで長期間にわたりNWA数機がグランドしたままでした。おかげでNWA日本人社員は仕事がなく給料未払い裁判沙汰になりました。当時の空港雀たちは「ノースト・ウエスト」にならないとねと話していたとか?(笑)世界一周の優等生だったPAAも、業界の暴れん坊NWAもなく時代は変わりましたね〜。
B747F-251(SCD),N619US(21321/308) 2008/6/13 成田


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.5 Name:Gulf4 Date:2015/06/07(Sun) 21:37 No.14543
現在はB767で乗り入れていますが、UPSも最初の頃はB747が姿を見せていました。
まだ出ていない登録記号で、B747-121(SF)(N682UP/製造番号20349)。
1995年5月20日、成田に着陸するところです。
>広江さん
アメリカン航空の新しい塗装は、噂では787導入のためグレー基調になっています。
確かに複合材を多く使う787では「銀色の地肌」にはなりませんね。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.5 Name:Seagull Date:2015/06/07(Sun) 22:06 No.14544
2010年8月28日 岩国基地を離陸するSouthern AirのB747-243B(F)/N795SA
新滑走路が運用開始(2010月5月下旬)されても大型機は、門前川湾岸道路(R/W01側)から狙うことが出来ます。
建物等が写り込み、私的には好きな画像です。
そう言えば最近、あまり行かなくなった撮影ポイントとなっています・・・。
>広江さん
 かたくなに500mmレンズ撮影は、土地柄、人柄、少し有りますが、真相はズームレンズを持参して無いのが正解でしょうか、ここ2、3年は、二刀流派です(^^;


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.5 Name:つばどん Date:2015/06/07(Sun) 22:08 No.14545
広江さん、皆さんこんばんは。

横田のR/W-18へ着陸する、B747-217B CP Air C-FCRD 。
1980年6月8日の撮影で、この頃だったかはっきり覚えていませんが、CP Airも米軍チャーター便で横田へたびたび来ていたと思います。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.5 Name:うみ太郎 Date:2015/06/07(Sun) 22:56 No.14546
前回のNo.14527に貼ったのと同じ機体でサウジアラビア航空のハイブリッドです。

広江さん
残念ですがプリントの裏に日付がありません。原版も見つからず前後のプリントから1993年10月と思われます。 サウジアラビア航空からタイトルを変えて尾翼のマークを消し、この後に尾翼の緑も消したと思われます。この辺りの塗装の変更が判らず記録の大切さを痛感しました。現在はデジタルなので日付が簡単に記録出来るので助かりますね。

つばどんさん
CPエアを自分もDC8と747を何回か撮ってますね。


1993年10月 横田基地 Evergreen International Airlines B747-273C N482EV


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.5 Name:BigMac Date:2015/06/08(Mon) 01:07 No.14547
成田に着陸するノースウエストのB747です。
今週末成田で撮ったポジをチェックしました。2007年にデジ化する前、数回成田に行ってますが、2004年4月の初回は約12本撮ってました。
その後回数を重ねるたびに、節約モードに成り8本程度に減ってました。今はフイルムに換算したら軽く20本越えです。
この機体は機首横に「CITY OF Tokyo」と書いてあります。何時もの事ですがポジを見直すと色々と発見がありますね。
特に成田は全てが新鮮で、細かい所に気が付かず撮っていたので、良いきっかけになりました。Tu_kaさんコメントの地球の違いはポジを見てもまったく気が付きませんでした。
たぶん今回の企画が無かったら一生気が付かなかったかも知れません。ありがとうございました。

B747-451 N673US 2005年1月18日  成田空港


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.5 Name:D-men Date:2015/06/08(Mon) 01:34 No.14548
今回もBBS2のために新しいネタを仕入れてきました。笑
約14時間前に撮影した嘉手納のR/W05Rを離陸するKalitta AirのBoeing 747-481F/SCD(N403KZ)、2015年6月7日撮影。撮影してレジが?と思い調べると、元ニッポンカーゴのJA03KZのようです。早朝に飛来して4時間ほどのステイで離陸していきました。深夜に飛来したのか、N402KZも駐機していましたが、滞在中には上がりませんでした。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.5 Name:Takafumi HIROE Date:2015/06/08(Mon) 06:58 No.14549
>geta-oさん
アメリカ西海岸港湾ストライキの影響によるカーゴ機飛来については私の耳にも入ってました。
成田通い全盛期の私でしたら、間違いなく成田まで出かけていたことでしょう(笑)
どうもこの頃エンジンがかからなくて困ってます。
しかし紹介の見たこともないCENTURION CARGOを見て、復帰に向けた気持ちが少しアップしました。
ただ数年のブランクが開いたので周囲の様子も変わり迷ってしまう心配があります。

>高木さん
紹介のショットはターミナル屋上からの撮影でしょうか。
私はR/W16Lの午後の時間帯の離陸を撮るために一度だけターミナル屋上に行ったことがありますが、
人が多いのと勝手が分らないので、やはりその後は外周からの撮影となってます。
レジはN643NWですね。画像を差し替えて下さい。
胴体に書かれるのは都市名と“Investing in Pacific Trade”の文字ですよね。
これは、どのような意味で書かれてるのでしょうか?。
さて申し訳ありませんが、機材データはコメント内にも記述していただけるようお願いいたします。
画像だけですと、キーワード検索やレス&Gallery化時のコピペが行えません。

>N.SUZUKIさん
PAN AMのタイトルが大書きされたデザインは、やはりその時代の洗練された雰囲気を感じます。
好みの分かれるところでしょうけど、撮る側には「撮り溜めて記録する」楽しみの一つですネ。
PAN AMの絶頂期は1970年代でしょうか。
経営危機によりあらゆる手段を講じたものの、紹介のB747SPの撮影チャンスも末期ですかね。

>T.Hさん
アメリカの民間航空会社吸収合併後の中途半端な塗装は当時からありましたか。
ということはチャーター会社云々ということではなく、それだけアメリカでは吸収合併が多く、
外見を気にしない彼らの国民性ともマッチして自然発生していたと捉えるのが正しそうですネ。
GW中で道路も横田周辺の駐車事情等を考えて原付で行きましたが、やはり原付は駄目です(笑)
当時は家には原付しかなかったのですよ。帰路は原付を捨てて電車で帰ろうかと思いましたヨ(笑)
しかし『俵』発言も含め、いつもながらT.Hさんの記憶力は人並みはずれてますね。脱帽です。
私が忘れっぽい、との反論もありそうですが(笑)

>Night owlさん
トランスアメリカといわれれば私はDC-8しか思い浮かびません。今回の主役B747も飛来していたのですネ。
しかしNight owlさんの記憶&感覚的には、B747の飛来回数は多くなかったとのこと。
撮りたかったけど撮れなかった・・・と私が悔やんでも仕方ないと安心しました(笑)
横田基地の魅力は、おっしゃるように民航の米軍チャーター便飛来も一つ。
撮りに行かねばと思ってるうちに、経営破綻で別会社の運航に変わったこともしばしば。
厚木が忙しい&横田は遠い、私の永遠の課題でした。

>Cranberry01さん
No.14510とNo.14530は私の執念で撮った2コマですかネ(笑)
No.14519は私が末尾“1”ではない、と言った“1”でしたか(笑)。しかし判明して良かったです。
おそらくNWが私との遭遇回数が一番多い航空会社だと思います。
ですので、成田で撮影していても感動や感激もなく、淡々と撮り溜めていました。
そのNWがまさか消滅するとは私も予想だにしてませんでした。
先々何が起きるかわからないので常にその時その時を大事にせねばと改めて痛感しました。
『North Worst Airlines』、彼らも旨いことを言いますネ(笑)

>A-330さん
No.14529のレスで、フッと思ったのですが、やはりそのとおりだったようですね。
一年365日、A-330さんが富士山を意識し撮影されていることがよく分りました。
私はたまに思いついて、というより、通り道などのついでに行動することがありましたが、
それで得たものは思い入れのあるA-330さんの得られたショットの比ではありません。
まあ当然ですネ。
Transamericaの白い機体が浮き出る富士山と背景、最高ですネ。

>PAPPYさん
BBS IIのこれまでの話題から、PAPPYさんが1960年代〜1970年代に羽田に通われていたようなので、
CP Airも撮られたるだろうなぁ〜とは想像してました。
カラーリングは私も頭の中の記憶にはありません。ポジで撮影していたことが幸いしてます。
うっかり忘れてました。私の紹介したC-FCRAは機首に"Empress of Japan"と書かれてます。
C-FCRAは日本の皇后陛下、C-FCRBはエリザベス2世(イギリスと兼任)を表してるのでしょうか。
下記との時期の前後関係が分りません。何か分ったら教えて下さい。
 C-FCRA "Empress of Asia"
 C-FCRB "Empress of Canada"
 C-FCRD "Empress of Australia"
 C-FCRE "Empress of Italy"

>ETさん
PAからUAに売却されたB747SPも是非拝見したいと期待してました。ありがとうございます。
1986年に路線・機材共PAからUAに譲渡された直後の撮影ですので、
おそらくコレも目当ての一つでETさんは成田に遠征されたのでしょうか。
1986年は厚木のCVW-5がF-4S/A-7E部隊からFA-18A部隊に交代した年のため、
私は、なかなか厚木を離れられませんでした。残念無念。
左端に写る垂直尾翼にJA8160が大書きされたJAL機が気になります(^_^;

>tu_kaさん
お気遣い、ありがとうございます。探究心に知識がついて来ることのできない私ですので(笑)
詳細なコメント、ありがとうございます。早速、自分の手持ちの画像をチェックしたみました。
北米7都市名&北米大陸、アジア9都市名&アジア〜ヨーロッパ大陸、初めて気づきました(^_^;
文字はありませんが、N644NW〜N644NWの左右の地球もN643NW同様に異なってるのですネ。
しかしその後、銀塗装の機体で機首に“nwa cargo”と書かれる姿に変わってしまいましたね。
これでモヤモヤは晴れましたm(_ _)m

>航空反省官さん
Night owlさんがPart.2 No.14479で紹介された1984年撮影N814FTのその後の姿ですね。
Gallery化では非公式的(?)な名称は私には難しいこともあり省略してますが、
紹介の胴体後部のカーゴドアを表記するなら『B747-245F/SCD』なのかな???。
私には、やはり難しいです(^_^;
クラシックジャンボと呼ばれるようになった経緯と時期、大変に興味深いです。
もっと数が減ってくると、日本人なら『レジェンド・ジャンボ』と呼びそうです(笑)

>にがうりさん
私はPAやNWとはヒコーキ撮影以外では全くの疎遠です(笑)
ニュース記事等にも目を通してないので、詳しいことも分りません。
本場では『North Worst Airlines』、日本人の間では『ノースト・ウエスト』ですか(笑)
紹介のN619USを撮影された日は、何かお目当てでもあったのかな?。

>Gulf4さん
はい、私が遅咲き(笑)で成田に通い始めた時には、UPSはB767で運航されてました。
確か関西方面だったかな?にUPSのB747が飛来があると、羨ましく思ったものです。
このUPSのB747 1機のために遠征するのはリスクも高いしコストも高い(笑)
ということで、私は未だにUPSのB747とは遭遇できてません。
AAのB787、ネットで画像を確認しました。胴体は確かに薄いグレーで塗られてますね。
胴体後部から垂直尾翼にかけての国旗をアレンジしたようなデザインは派手ですが、
その部分を隠すと、軍用機っぽいです(笑)

>Seagullさん
岩国基地の離陸としては、私たちには大変に珍しいショットに感じます。
地名ではピン!と来ないのですが、大型機ならR/W20の離陸撮影が可能ということでしょうか?。
ただ、最近は行かなくなったということは、何か事情がありそうなので、私の疑問はスルーして下さい(笑)
岩国基地での撮影活動は、500mmが標準レンズといっても過言ではないですよね。
なるほど、ズームレンズをお持ちでないと・・・。
着陸300mm、離陸500mm、と二つの標準レンズが必要な厚木とは異なると改めて認識しました。

>つばどんさん
横田にCP Air・・・、そのキーワードで、私の頭の中で何かが閃きました(笑)
チャーター便として飛来したCP AirはDC-8ではないでしょうか?。
B747は成田からのダイバートだったような???。
私は横田でCP Airを撮ってませんが、当時聞いて残っているかすかな記憶ですが。
とコメントを書いたら、下で証言者が現れました(笑)
ところで、紹介のC-FCRDの機首に書かれてるのは"Empress of Australia"でしょうか?。

>うみ太郎さん
1994年2月撮影No.14527と、今回の1993年10月頃撮影と比べると垂直尾翼の色の差が一目瞭然。
今回の垂直尾翼の色が元のサウジアラビア航空の色、これがいつも悩む色の表現ですネ(笑)
各基地に集うマニアの個性の違いが、このところ、だいぶ分ってきました。
日付を重んじるか否か、記録を重んじるか否か、様々な意見があるのは仕方ないことです。
誰もが記録するのが当然のような厚木マニアの環境下で私は育ちましたから、自然に身についてました(笑)

>BigMacさん
初めて成田に行かれ消費したポジは12本ですか。
どうも私も最近のデジ感覚で麻痺してますが、12x36 = 432コマ、う〜ん・・・コレは多いでしょう(笑)
私が初めて成田に行ったのは同じ時期なんですネ、2004年2月です。
しかし猛烈な西風でまるで砂嵐、昼前には早々に撤収したので、消費したのはポジ2本だけでした。
まあこの悔しさ&私の性格から、その後の成田通いは年何十回になりました(笑)
そこで色々撮りましたが、NW機の機首に書かれる文字は私も今回初めて知りました(笑)
成田に限らず、1970年代の羽田で撮影したポジからも新発見続出です(笑)

>D-menさん
レジの末尾の“KZ”に?と反応しましたが、やはり元NCA機のJA03KZですか。
馴染み深い会社&機体ですが、B747-8導入でKalitta等に手放したのですかね。
超ホットな画像の紹介、ありがとうございます。
今回の話題はVol.1〜Vol.5まで、まだまだ先は長いので、私も何かを仕入れに行くかな(笑)





Boeing 747 Vol.1 Part.4 Name:Takafumi HIROE Date:2015/06/06(Sat) 06:45 No.14510   
PAN AMに戻りますが、これまでとは一転した天気の悪さです。

紹介はPAN AM CargoのB747-273C N535PA (20651/209)。
カスタマーコードがPAN AMではない“73”なので疑問に思い調べたところWorld Airways向けの機体でした。
1974年から1979年までの5年間、PAN AMで運用し、再びWorld Airwaysに戻ってます。

ところで↓のショットは、たぶん使用滑走路R/W34Rからの離陸なのかな?。
この頃になると、R/W34離陸撮影という目的を持って羽田に通い始めてますが、
民間機撮影に目覚めたのか、離陸撮影に目覚めたのか、どちらなのかは私本人も分りません(笑)

ただ確実に言えることは、現在は民間機の離陸撮影が大好きです(笑)

(B747-273C N535PA (20651/209) "Clipper Mercury", PAN AM Cargo, 1978年1月8日, 羽田R/W34着陸)

これでPAN AMの747-100, 747SP, Cargo(747-200C)の三種類を紹介しましたので、次からは別の話題に転じます。

Re: Boeing 747 Vol.1 Part.4 Name:T.H Date:2015/06/06(Sat) 07:46 No.14511
'93年2月2週間アメリカ西海岸へ出かけ 前半は観光、後半に飛行機撮影をしたツアーの折り返し辺りで ラスベガスのマッキャランで1日半 珍しく民間機を撮影した時に撮れたエアカナダのジャンボです。No.14487での うみ太郎さん のコメントに通じるかと思いますが、民航を撮る事に本格的に目覚めておらず、軍用機撮影スタイルのままで レンズの選択をしていたようです。民航撮影の基本と思われる「真横でレジが読める」カットには全く拘らず、よりカッコいいアングル狙いで撮っていますネ(苦笑)冬場は、ほぼ1日順光のR/W25を離陸するジャンボなら300mmでも真横があるれそうな距離なのにFD500mmで撮っており、今なら1台に300mm、もう1台に500mmの二刀流で撮るシチュエーションかな(笑)

>広江 さん
やはり 昔も今も 離陸 デスよね〜〜!

McCARRAN INTL ( KLAS ) R/W25  14 FEB 1993  B747-133 C-FTOC  AIR CANADA


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.4 Name:geta-o Date:2015/06/06(Sat) 08:28 No.14512
広江さん、皆さんおはようございます。
>うみ太郎さん
フェデックスの紫塗装B4は写真のN631FE以外に成田でN806FTを1989/9/9に撮影していますので1機のみではなかったと思います。

今日はUAの初代塗装機
B747-122 N4716U(19877/99)1975/3/14 HNL


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.4 Name:航空反省官 Date:2015/06/06(Sat) 08:45 No.14513
広江さん、みなさんおはようございます。最近注目を集めている那覇タワーから撮影した湾岸戦争のスペシャルマーキングDESERT STORM I、RWY18へ着陸後のスポットへのタクシングです。この当時成田−那覇−台北間にNWAの定期便が運航され、このマーキングは計三回撮ることができました。

那覇は忙しい空港で空自の戦闘機とともにエキサイティングな仕事を3年半楽しむことができました。その後勤務した成田も繁忙な空港でしたが那覇とは仕事と忙しさの質が違っていました。前者は30分ぐらいしゃべりっぱなし、その後潮が引くよう何にも無くなる、後者は捌いても、捌いても次から次へと押し寄せてくるという状況で、勤務後の疲れ方も質が違っていました。ただし、後輩の話によると現在の成田はそれほど忙しくはないとのことです。反面、那覇は以前よりも混雑が増して、これが今回の重大インシデントに繋がったのかもしれません。
N625US/DESRT STROM I, May 1991 at ROAH


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.4 Name:toksans Date:2015/06/06(Sat) 09:05 No.14515
広江さん、皆さんお早うございます。

#14498で紹介したC-FGHZは吸収されたAir Canadaでも使用されていました。2003年8月3日成田での撮影で、機首のチーム・カナダのマークは残されていました。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.4 Name:A-330 Date:2015/06/06(Sat) 10:50 No.14516
広江さん、皆さんこんにちは。

昨日に続いて撮影ポイントTWR裏フェンス越しに撮影した離陸風景です。
R/W36で、早くもローテーション開始によりノーズギアが浮いています。

B747 N628US Northwest Airlines 1987年横田


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.4 Name:高木 Date:2015/06/06(Sat) 11:15 No.14517
今までに、ノースウェスト航空カーゴで投稿されていない機体です。
もう1種類あるのですが、ポジをスキャンしたのですがレジが不鮮明なのでデジタルの方を投稿します。
サクラの山ちかくの、今はなくなってしまった歩道橋から撮ったものですから、カーゴだとお腹になってしまいますね。
パート3のポーラーカーゴの上りですが16Rです。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.4 Name:ET Date:2015/06/06(Sat) 11:56 No.14518
広江さん、皆さん、こんにちは。
2004年8月7日名古屋小牧空港でのB747-451 (N675NW, ship number 6315, cn33001/1297)です。星条旗の左側に”Spirit of the Northwest People”と書かれています。ノースウェストの従業員にとってはこの機体に特別な思いがあったことでしょう。2008年10月からはデルタ航空で飛んでいます。
かっての小牧には多くは行きませんでしたが撮り易くバラエティに富んだ良い空港でしたね。
>広江さん、No.14499に頂いたコメントの中に21991/437はブラニフに納入された機体ですねとありますが実際には納入されなかったのではないでしょうか。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.4 Name:Cranberry 01 Date:2015/06/06(Sat) 14:33 No.14519
広江さん、皆さん、こんにちは。
>geta-oさん、UAの初代塗装懐かしいですね。いつも見ていたのに、1枚も撮っていませんでした。
この塗装は1960年代、アメリカの雑誌に出てくるUAのコマーシャルでよく見ていましたが、憧れみたいなものがありました。非常にアメリカ的で好きでした。
この塗装はStars and Bars Friend Shipと呼ばれていたそうです。
B747でも胴体に747 Friend Shipと書かれていた事に始めて気が付きました。
友情のFriendshipではなくFriend Shipだったのですね。アメリカはもちろん、業界用語では機体の事を普通に"Ship"と言っていました。ship change,ship rotation等々。これはもちろん、旅客機にまつわる用語の多くが、船から来ている事に由来します。

今日も古いところで、Continental Airlinesです。
1934年にHoustonを拠点に設立された歴史ある会社の一つですが、、皆さんご存知の様に2012年にUnited Airlinesと合併して、名称は消滅した。
COAはPAA,TWAと共に1970年より最初にB747の運航を始めた会社の一つです。白い機体にオレンジと金色のこの塗装は1968年に制定されから、1991年頃まで使用されました。金色の塗装は珍種の部類に入るのでは?(笑)
B747-100 1971年 (色が滲んでレジは読めません。)HNLですが、当時はまだReef Runway(8R/26L)は無く、ターミナルに近い現在の8L/26Rのみで、大型機も当然こちらを使用していました。離陸後の右旋回は現在の比ではありませんでした。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.4 Name:PAPPY Date:2015/06/06(Sat) 16:05 No.14520
広江さん、皆さんこんにちは。
2014年5月20日台湾桃園国際空港R/W23Rを離陸する UPS B747-44AF (35664/1406) N575UP です。
この空港は展望デッキがないようで外撮りになりましたが、生憎の雨天で降ったりやんだりの合間での撮影になりました。
この時はR/W 05R/23Lは工事中で滑走路1本の運用で現在はもう一本の05L/23Rの改修工事を行っているようです。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.4 Name:N.SUZUKI Date:2015/06/06(Sat) 17:19 No.14521
広江さん 皆さんこんにちは。
B747-100(19649/18)N742PA “Clipper Rainbow” で、前回紹介した羽田での747初号機(N741PA)に続いてデリバリーされた機体で、撮影は70年3月の羽田整備場地区です。
手前は、当時珍しかったGulfstream U N111AC(cn74)で、現在同じところに行くと、いつも溢れかえっているビジネス機(GX等)と時代の違いを感じます。
パンナム等が使用していた初期の747-100の特徴は、アッパーデッキの3個の窓が特徴で、1973年のオイル危機が始まるころまでの標準でした。
超大型機ジャンボジェットの導入の目的はゆったりした旅ができることで、アッパーデッキの広いスペースは、各社ゆったりしたラウンジ、バーや、ベッドスペース等に使われ売りとしていますが、離着陸時の搭乗は出来ませんでした。
オイルショック以降等では、経済性が重視され、二階席にも座席が追加できるよう、窓が追加され、さらに非常脱出時の要件で搭乗者数に制限があった2階への螺旋階段を直線型に変えたものが標準となりました。
なお、日本独特の仕様でもあったJALのB747SR (Short Range)は、オイルショックの73年から導入されましたが、乗客1人当たりの運行コスト(経済性)でなく、羽田、大阪等の飛行場の処理の能力の問題で、少ない飛行便数で、一度に運べる乗客を多くする理由であったとされています。結果的に大量輸送時代の幕開けの担い手となりました。
また、B747SP(Special Performance)は、当時の燃料消費の多いエンジンで東京-ニューヨーク等の長距離路線が可能となるよう、文字通りの、特別な性能の機体であり、貨物の搭載もできない非効率的な機体であったとは思いませんし、その性能を追求した形であって、最も好きな飛行機でもありました。



Re: Boeing 747 Vol.1 Part.4 Name:空と鉄と Date:2015/06/06(Sat) 17:53 No.14522
現在と違ってほとんど民間機を撮影していなかったので持ち弾少ないため飛び石参戦をさせて頂きます。
No.14464でうみ太郎さん、No.14465でD-menさんが紹介されたエバーグリーンのB747-237C N470EVで、標準塗装に戻された2009年5月18日に横田R/W18を離陸するところです。
放水口も綺麗に塞がれているように見て取れます。
この機体、大ヒットした1990年のハリウッド映画で"あの、世界一運の悪い刑事"と共演、映画では爆発してしまいますが、ある意味"世界一運の良い機体"のようです。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.4 Name:Seagull Date:2015/06/06(Sat) 18:37 No.14523
広江さん 皆さん、こんにちは。
2011年3月7日 岩国基地を離陸するAtlas AirのB747-2D7BF(N522MC)。
レンズ交換(500mm×1.6)をせずに2点撮り(機首側とお尻側)(^^;


>広江さん
 世界を駆け回るAMCチャーター機、塗装も未完成のまま使用しますよね。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.4 Name:にがうり Date:2015/06/06(Sat) 20:02 No.14524
広江さん、皆さん こんばんは
成田で撮ったこのB747はノース塗装ですが、このあと4カ月でデルタに変わりました。アメリカでは特に珍しい話しではありませんが、ノース塗装最後の頃の姿としての意味で投稿します。それから広江さんほどの海軍命ではありませんが、それでも多少?は近いかと感じてますよ。(笑)以前は横須賀米基地には縁もあって大小米艦艇には何回か乗ってますが、最高はUSSインデイーに厚木からC-2の後ろ向き座席に縛られて着艦(発艦)訪問して艦長から着艦証明書を貰ったこともありましたよ。(笑)
B747-451,N665US(23820/726) 2008/6/10 成田


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.4 Name:Gulf4 Date:2015/06/06(Sat) 21:13 No.14525
銀色に輝く塗装(地肌?)が魅力的だったアメリカン航空も、新しい塗装は輝きが無いものになりましたね。
これはまだギラギラ輝いていた当時に撮った、アメリカン航空のB747-123(N9665/製造番号20104)。
1980年7月31日、サンフランシスコ国際空港で撮ったものです。
>広江さん
No14503のユナイテッド航空も同じ日の撮影でした。したがって撮影年だけ1980年に訂正お願いします。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.4 Name:tu_ka Date:2015/06/06(Sat) 21:29 No.14526
広江さん 皆さん、こんばんは。
96年、成田で撮影したユナイテッドのB747-400です。
N182UA(c/n 25279/882)で、91年10月のデリバリーです。No.14501でPAPPYさんが、No.14053でGulf4さんがご紹介されている塗装ですが、こちらはタイトルのサイズが大型化されています。私も歴代のユナイテッドの塗装の中ではこれが好みですが、赤とオレンジのラインが退色しているのが見た目的には残念です。
このあと、"Battleship Gray"、"Rising Blue"を経て現在の"United-Continental color"へとデリバリーから24年の間に移籍することなく4つ目の塗装をまとっていることになります。


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.4 Name:うみ太郎 Date:2015/06/06(Sat) 22:59 No.14527
フェデックスの次は1枚目にスーパータンカーを貼ったのでエバクリーンで行きます。
通常塗装ではなく広江さんがコメントされたハイブルッド塗装にしたいと思います。ハイブリッドは日本の企業では考えられませんね。横田で撮影してるので変な塗装、真っ白塗装を撮る事が沢山ありました。アメリカの感覚では気にならないのでしょうかね? 今回はサウジアラビア航空のラインを残した塗装です。これはTHさんみたいに意図して長玉で撮ったのではなく、レンズ交換が面倒でそのまま撮った為に真横が入りませんでした(^^;

広江さん、get-oさん
フェデックスのフルカラー747は1機しかいなかったと思います。get-oさんの撮影されたN806FTからレジ変更でN631FEになってますから同じ機体ですね。

1994年2月16日 横田基地 ランウェイ36着陸
Evergreen International Airlines B747-273C N482EV


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.4 Name:BigMac Date:2015/06/06(Sat) 23:31 No.14528
No.14517で高木さんが紹介している機体のもう一種類の機体です。
この頃から成田に撮影に行くようになったのですが、カラーリングの豊富さに感動したのを覚えています。せっかくなのでマーク全体が写るように撮りたいのですが、胴体横のマーキング(ペイント?)が主翼の上に掛かっていると、マーキング全体を撮るのに苦労しますね。離陸してひねってくれればベストなのですが。

B747-222B(SF) N645NW 2004.04.19 成田空港


Re: Boeing 747 Vol.1 Part.4 Name:Takafumi HIROE Date:2015/06/07(Sun) 08:34 No.14529
>T.Hさん
私も離陸撮影に目覚めたとはいえ、やはり当初は軍用機離陸撮影のレンズ選択のスタイルでした(笑)
しかし、紹介のショットは格好イイと思います。
レジが読めるアングルと紹介のようなアングルの二通りの撮影がアリですよね。
T.Hさんは既に二刀流のスタイルは実践済みでしたね。
そういえば厚木にAn-124が飛来した時、私は望遠と広角の二刀流でした(笑)

>geta-oさん
紹介はUAの初代のアメリカ国旗の色の赤白青の塗装デザインですね。
ただ、これとは微妙に異なるデザインのN4710の画像を見つけました。
赤ストライプが細い、機首と垂直尾翼の星がない、垂直尾翼の星の部分は“747 Friend Ship”。
“Friendship”ではなく“Friend Ship”というところがミソです。
これに関して下でCranberry01さんが話題にされてます。
ところで、HLLはIATAコードでしょうか。何処の空港?、既に閉鎖された空港?、
スミマセンが教えて下さいm(_ _)m

>航空反省官さん
ちょっと軽んじて見ていたこのデザインのNWも格好イイですねぇ〜。
最高の光の当たり具合、見慣れないアングル、これらの相乗効果でしょう(笑)
機首のマークはアップで撮りたいところですネ。
那覇と成田の今昔、年齢によって異なるのは、その時代その時代の世相を反映してるのでしょうね。
素人ながら常々感じていること・・・。
ここ最近、ATCがらみのインシデントが多発してます。
直接的・間接的問わず自衛隊が絡んでいるのが大変に気になります。
原因追求で責任を個人に押し付けず、体質そのものから見直すべきではないでしょうか。
ただし個人も、広義なATCを覚えた上で、現場現場で異なる特徴を学ぶ必要もありますよね。
ATCは確かにプロでも現場の知識Zeroが多いと感じるのは私だけではないはずです。
素人にもかかわらず、大変に申し訳ありませんm(_ _)m

>toksansさん
Canadian AirlinesからAir Canadaに移管されたC-FGHZの連続紹介、ありがとうございます。
Gallery化で並べて見ると面白いですネ。
私はAir Canadaの塗装の変遷の全てを捉えてませんが、この時代のデザインが綺麗で好きです。
この後、全面が薄いブルー?グレー?系の色に変更されましたが、例えるならロービジです。
ロービジ風の機体に垂直尾翼には赤のメープルリーフが大書き、まるで現在のCAG機風ですネ(^_^;

>A-330さん
前輪が浮いた瞬間と富士山、動のようで静の雰囲気を感じる素晴らしいショットです。
富士山が冠雪している時期は、常に「富士山写しこみ」を意識した行動パターンだったのでしょうか。
オフシーズンとなる季節(笑)は、普段行動できないような場所を動き回れたことでしょう。
しかしひょっとして、真夏でも富士山をイメージした撮影ポイント探しだったのかな?(笑)

>高木さん
成田が遠くなって既に4年半(笑)、NWカーゴ機のマークが少し変わったのですネ。
以前は「地球」があったように覚えてるのですが、紹介は「時計」でしょうか?。
私は旧「時計」マークを撮り逃してるので、成田遠征を復活しても新「時計」しか撮れません(笑)
当時の朽ち果てそうな歩道橋はベタ低離陸専門の撮影ポイントでしたね。
それ以外は、撮影ポイントを変えるか諦めて紹介のアングルを撮るかの二択でしたネ(笑)
B747の話題を進める予定は度々アナウンスしてますが、改めてお伝えします。
 @ 北米
 A ヨーロッパ(東欧、ロシア含む)
 B 日本を除くアジア
 C 中米、南米、中東、アフリカ、オセアニア
 D 日本
現在は始まったばかりの『北米』です。先々の話題で投稿する画像は、焦らずお待ち下さいネ。

>ETさん
私は今回の話題のために画像を準備している最中に気づきました。
 N674US : City of Shanghai
 N675NW : Spirit of the Northwest People
共に2005年10月撮影ですが、ちょうど塗装の変更時期だったせいなのか、
同日に撮影したコマを調べると、この2機以外、旧塗装&新塗装の各機には何も書かれてませんでした。
No.14499 21991/437へのレスの件、失礼いたしました。
B747-227B N633USのカスタマーコードが“27”だったこととに加え、
直後のC/No.21992/447がブラニフのB747SP-27 N606BNのため、Cranberry01さんNo.14497へのレスと、
ETさんへのレスのお二人のストーリーが頭の中で同時進行してました。
ある程度、頭の中で文面を組み立ててからレスを書き始めるもので・・・。
しかし改めて調べなおしたところ、21991/437はブラニフ向けN605BNだったものの、
おそらくブラニフが既に経営危機状態に陥っていたので引き渡されないまま1980年にストアーされ、
1984年にN633USでノースウエストで引き渡された複雑な経緯の機体のようです。

>Cranberry01さん
紹介のContinental Airlinesの金を基調としたカラーリングは異質ですが綺麗ですよね。
企業理念として何の意味で採用したのか知りたいところです(笑)
この会社も2012年にUAに合併吸収され消滅、アメリカの航空会社の淘汰は激しいですネ。
1971年時点でContinental Airlinesが運用していたB747-124は、N26861〜N26864の4機です。
ただN26864は1971年6月25日に受領しているので、撮影日とのタイミングは微妙です。
前脚カバーにレジの下3桁が書かれてるので目を凝らしてみましたが分りません(^_^;
少なくとも末尾1桁は“1”ではないように見えるので、N26861〜N26863のうちの確率1/3(笑)   
私の直感では“4”に見えるのですが、1971年7月以降の撮影ならN26864でビンゴ!です。

>PAPPYさん
台湾にはヒコーキとは関係のない旅行で、時間の合間をぬって撮影に行かれたのでしょうか。
せっかくの地なのに天気が悪かったのは残念でしたね。
台湾の空港での撮影環境は分りませんが、外撮りは問題がなかったのでしょうか。
先日、台湾からヒコーキ撮影に日本に来られた方々にお会いしましたが、
『F-5が撮りたい』と言ったら『是非、来て下さい』と言われたので、私も行こうかな・・・(笑)

>N.SUZUKIさん
今回の主役のジャンボ、そして細いエンジンナセルのG-II、時代を捉えた貴重なショットですね。
当時のアッパーデッキが離着陸時に搭乗できないとは知りませんでした。
1990年前後に頻繁に出張を繰り返した時は、可能な限りアッパーデッキをリクエストしました。
広々とした1階席より、こじんまりとした室内が大好きでした。
JALのB747SRの運航側と空港受け入れ側の意図も知りませんでした。
N.SUZUKIさんのコメントには色々と勉強させていただいております。

>空と鉄さん
軍用機マニアは民間機撮影に目覚めるまで、私ももちろん皆さん時間を要してますネ(笑)
N470EVの"Super Tanker"塗装から紹介の普通の塗装に戻され皆さんガッカリしましたね。
しかし変遷を捉える必要性に駆られ(笑)、私も紹介の翌週5月26日に横田に出かけ撮影してます。
大ヒットした1990年のハリウッド映画・・・、はて?タイトルは何かな?、思い当たりません(^_^;

>Seagullさん
上のほうで軍用機マニアが民間機を撮影する際、当初はファイター系撮影のレンズスタイルですが、
後に機体の大きさに見合うレンズ選択あるいは二刀流のスタイル変わる話題をしましたが、
Seagullさんは、言葉が不適切かもしれませんが、かたくなにスタイルを変えませんネ。
それは土地柄なのか人柄なのか・・・(笑)。
紹介は銀塩換算800mmですので、ファインダー越しに迫力が伝わってきそうです。

>にがうりさん
ノースウエスト航空がデルタ航空に合併吸収されたのは2008年10月でしたね。
その後もしばらくはコードシェアでNW便も飛び続け、機体もNWカラーは2009年まで飛んでました。
逆にNW機がDLカラーで登場したのは2008年末、ひょっとして紹介のN665USが最初?。
私は2008年12月23日にDLカラーとなったN665USを撮ってます。
話は外れますが、私もTRAP&ローンチしてます(笑)。
TRAPはショックを体感することなく一瞬で終わってしまいますが、
ローンチはカタパルトから打ち出され加速し続けるのでベルトにかかる圧力が長く感じます。

>Gulf4さん
アメリカン航空と言われれば『銀銀ギラギラ』、これは2000年代まで続いてましたよね。
今回の主役ではありませんが、成田ではアメリカン航空のB777は必ず押さえてました。
B777の画像ですが、2010年もギラギラでしたが、輝きの無いものに変わったのですか。
アメリカン航空の最大の特徴が失われるような気がするのですが・・・。
No.14525の撮影年の件、Gallery化を訂正します。

>tu_kaさん
No.14501 PAPPYさん(1978年)、No.14053 Gulf4さん(1980年)と比べるとタイトルの大きさが違いますね。
私も大きくなったtu_kaさん紹介(1996年)の方が好みですね。
このタイトルの書体や大きさが微妙に異なる変更は、けっこう例が多いのでしょうか。
最近では、Air Franceのタイトルが若干細い字体に変更された時、周囲から言われても私は理解できず、
帰宅後に旧と新の画像を並べてみて初めて気づきました(笑)
UAのカラーリングの名称、ありがとうございます。
私は“United-Continental color”が未撮影のようです。

>うみ太郎さん
このエバーグリーンの塗装デザインは私は見たことがありません・・・、
とレスしようとしたら、これまたサウジアラビア航空とのハイブリッドですか(^_^;
N482EVのレジのまま、サウジアラビア航空にリースしていたのかな???。
ハイブリッドのまま飛ばすのは、アメリカでもチャーター系の会社だけではないでしょうか。
一般の客を乗せる例えばDLやAAには例がないのでは?と真相は知りませんが信じたいです(笑)
まあおそらく米軍相手ですから軍用機感覚なのかもしれませんね(笑)

>BigMacさん
私も成田に通い始めの頃は、全てが珍しく感じ何でもかんでもシャッターを押しまくってました(笑)
しかし、だんだん状況が理解できてくると、次はアレをコレをと欲望が出てくる。
紹介の「地球」もその1機でした。
細かくチェックしてないのですが、画像を見たら私はN643NW〜N646NWを撮ってます。
高木さんNo.14517紹介のN644NWは、元は私の撮影した2004年は「地球」でした。
そしてN643NWは、意味等はまだ理解してませんが、文字が大きく描かれてます。
その他の細かい相違点を含めると、機体と時期による相違の組み合わせは何通りになるのかな。
コレ一つとってもコンプリートできない難しさが民間機撮影にはありますよね。
そこに軍用機撮影の「離陸&ひねり」を要求したら、果てしない闘いになりますよ(笑)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -