GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





E-1B TRACER <最終章> Name:広江 Date:2008/12/11(Thu) 07:45 No.1902 ホームページ   
1968年8月9日(金)、相鉄トンネル西側の端の上に腰掛けて、じっとアプローチコースを見続ける少年3人(笑)
と、一人(小学6年生ぐらいかな?)が双眼鏡を覗きながら『E-1が来たよ!』。
ほどなく降りて来たのが↓のCVS-20 BENNINGTONに搭載されるVAW-111DET.20の147227/RR-763。
『う〜ん、この少年、侮れないな』と思った私は高1でした(笑)


>皆様
飛来数が少なく1970年代早々にはPACから引退してしまったせいもあり、やはりこのお題は難儀してます。
ですので、このスレッドを最終章とさせていただきます。
皆様の、もう一踏んばりをお願いいたします。

Re: E-1B TRACER <最終章> Name:AGC−det.H Date:2008/12/11(Thu) 09:56 No.1903
広江さま 皆さま おはようございます
昨日今日と穏やかな飛行場日和ですが、どうなのかしら?

>広江さん、
やはりPart.2までですか。っと言うことはあと4、5回のレスですね
では未だ出てきていない機体を。
BBSUでは何度かお世話になっているHANCOCKでのE-1です
顔の正面を撮っていなかったのですが、あの頃流行ったスマイル君が描いてありました(右下 147209/NP-016)

E-1B 148128(C/n46)/NP-017 VAW-111DET-19 CVW-21 CVA-19 USS HANCOCK 19,Mar.1972 USFA Yokosuka


Re: E-1B TRACER <最終章> Name:MACH3 Date:2008/12/11(Thu) 20:07 No.1904
PART-1でPAPPYさんから紹介がありました、CVW-8のVAW-121です。
1970年7月の梅雨の真っ最中に横須賀に入港したシャングリラから大量の艦載機が厚木に下りました。
既になじみの飛行隊ばかりでしたがテイルコード”AJ”には感動しました。
早速エクタクロームを仕入れ晴れる日を待ちましたが訓練飛行が始まっても晴れる様子は無く、やっと7月21日待望のお天道様が現れ早速カラーで撮影しました。 学生の私にはあと1本買う金銭的余裕も無くFLY-OFFのあの晴天を向かえ悔しい思いをしました。
翌8月にもCVW-5の艦載機が飛来しましたがこれも天候が悪く結局カラーは小雨降るFLY-OFFに使う羽目となりました。


Re: E-1B TRACER <最終章> Name:ITAZUKE-1 Date:2008/12/11(Thu) 20:10 No.1905
皆様こんばんは
69-07-12 赤碕岸壁に接岸中のCVS-33艦上のE-1B RR-013 8133です。機体後部の013の上にバットのシルエットが描いてあります。これが私にとって佐世保初出撃であり このように近くで撮れるのが解っていたらもっと前から来ていたのにと悔しさもあり 一度にこんなにたくさんの米軍機を撮れるなんて夢の様でした。
>AGC-det.Hさん カラフルな画像有難うございます。いまだに空母というものに乗ったことがありません。佐世保でも一般公開はあったかもしれませんが福岡では知ることが出来ませんでした。


Re: E-1B TRACER <最終章> Name:PAPPY Date:2008/12/11(Thu) 21:02 No.1906
>MACH3さん私は経済的理由でカラーは使うことができませんでした、真っ赤なグリフォンいいですね〜。
AGC-det.Hさんは USS HANCOCK にも載られたことがあるのですね、私は HANCOCK は鬼門らしくHANCOCKに関する一切の飛行機に縁がありませんでした(1枚も撮ったことがない)笑。
写真ははっきりしないのですが68年頃と思います、NM-721 147225 ですがCVW-19の所属でしょうか?
広江さんのファイルをみたのですがModex 720番代が見当たらなく所属空母が分からない迷子です。
よろしくフォローをお願いします。


Re: E-1B TRACER <最終章> Name:広江 Date:2008/12/12(Fri) 06:35 No.1907 ホームページ
No.1902紹介の機体は、その後、10月27日の横須賀帰港中のBENNINGTONのフライトデッキ上で公開されました。

No.1884, No.1885, No.1888のRR-761に続いて↑が紹介されると思ったのですが、まさか皆さん撮られてない?

>AGC−det.Hさん
綺麗なカラーリングですねぇ〜。
No.1890でも紹介しましたが、CVW-21所属下のVAW-111DET.機は塗装が他のDETより綺麗なような気がします。
あと塗装とは異なりますが、この時、#015〜#017以外に#010は見かけませんでしたか?。

>MACH3さん
1970年7月のSHANGRI-LA搭載CVW-8機の厚木飛来は私にとって一番記憶に残っている出来事かもしれません。
30年以上経ってから、#105に乗って離陸した当時のVF-111パイロットと交流できたのも大きな要因です。
それにしても、厚木に飛来したVAW-121機が紹介の#010だけというのは、ちょっと寂しいですネ。

>ITAZUKE-1さん
お皿の上の避雷針の折りたたみ方が何となく見えますね。
厚木マニアも、佐世保まで出かけて行くようになりましたので、搭載機のBuNoリスト作成に協力いただきました。
CVSG-53/CVS-33の1969年3月29日〜9月4日クルーズ時も、厚木に降りた機体と併せるとリストができそうです。

>PAPPYさん
撮影年月日、少なくとも年月まで分かるとクリアーになるのですが、
部隊名が「VAW-111」ですので、CVA-14の1967年12月28日〜1968年8月17日クルーズの初期の頃で、
ModexをCVW-19の#701〜#704に整理する前のVAW-111オリジナルの姿のように思えますが確証はありません。
今更ながらで恐縮ですが、やはり撮影年月日は大事だということにも繋がりますね。

Re: E-1B TRACER <最終章> Name:AGC−det.H Date:2008/12/12(Fri) 11:01 No.1908
広江さま、皆さま おはよーございます
今日も穏やかな天気になりそうですね
>MACH3さん
真っ赤なGRIFFINの着陸、いいですねー
私は出港時にカラーで撮りました。ちょっと高かったです。
>ITAZUKE-1さん
後から知って悔しい思いをすることって色々ありますね
今写真をみると、あの頃横須賀公開は海軍記念日以外でもありました
AGCの先輩に連れられて何度か行っていました
>PAPPYさん
私がお答えしましょう(笑)
このNM-721(147225)は僚機のRR-720(147221),RR-722(148909)と一緒に撮っていませんでしたか?
私は68年1月19日に例の墓場でR/W19から上がるための3機のころがりを撮っていました(721だけNMになっていました)。出港ではなかったと。CVA-14 TICONDEROGAでした。
只、この時は例の恐竜君のインシグニアが3機ともありました。No.1906にはありませんね。右側を撮っていないので(3機がウエイティングで並んでいるカットはナセルに隠れて見えませんでした)なんともいえませんが。
それと、もう一度よく見たら空母名もはいっていませんでしたね。???
あと、日付の判らない別のネガスリーブにこの3機のR/W01のフライパスのカットがあり(私は19エンドにいて着陸は撮っていません)海軍側を転がっていくバックにNGのVF-92,96,VA-35等が並んでいます
答になっていないですね?
>広江さん
前のPAPPYさんへのレスは、少しは参考になられたでしょうか。記録帳がない今このぐらいしか判りません。
m(_ _)m
RR-763,どういう訳か撮っていませんでした!不思議です でもこの後のS-2スレでは皆さん、この時のカットが色々出てきそうですね。
それからご質問の件、残念ながら010の写真はありませんでした。
ですので、いたのかどーかも分かりませんです。はい ごめんなさい
 
さて、LANTがAJだけでサミシー、ということで、一枚
あちらさんの部隊では私の記憶しているかぎり、過去 順番にAG,AB,AK,AJが来ていたかと。
私は此の内、AK,AJしか撮っていません。AGはJolly Rogers,一機のみ、ABはほかの機体はほぼ全て撮っているのですが、E-1Bだけ、撮れませんでした。とほほ
で、AKのE-1Bです。66年の入港時にはE-1Bは乗っていなかったと思います。ですので、この67年の時がAK,E-1B
初来日だと。1967年7月17日が今で言う、FLY-inです。この時はINTREPID破損修理の為、ほとんどの機体を降ろしたと思います。↓は出港時のショットです
(お詫び 広江さん、チェッカーテイル6号のVAW-121AK-701のデータが間違っていました(147326→147236)GO!NAVYのデータの書き換えをお願い致します)

E-1B 147236(c/n35)/AK-701 VAW-121 DET-11 CVW-10 CVA-11 USS INTREPID 25,Jul.1967 NAS Atsugi


Re: E-1B TRACER <最終章> Name:ITAZUKE-1 Date:2008/12/12(Fri) 20:16 No.1909
皆様こんばんは
69年9月24日 佐世保の赤碕岸壁に接岸したオリスカニ−の艦橋に隠れるE-1B NM-013です。空母を後方から見ると別の機体のお尻がかろうじて見えました。
>広江さん F-8がメインではなくE-1Bがメインの画像です??


Re: E-1B TRACER <最終章> Name:PAPPY Date:2008/12/12(Fri) 21:28 No.1910
>広江さん、AGC-det.Hさん お騒がせしました、撮影年月日は大切ですね。
CVA-14 TICONDEROGAのNM-721がいたと云うことで多分AGC-det.Hさんの撮られた近い前後の日の心証を強くしました。
いよいよ弾切れ寸前ですがこのスレッドの冒頭に広江さんが貼られたCVA-34 ORISKANY のNM-012 148135 の転がりで72年8月頃と思います。


Re: E-1B TRACER <最終章> Name:広江 Date:2008/12/13(Sat) 07:32 No.1911 ホームページ
E-1や前スレのC-1は、おとなしめの離陸が多いようですね。
↓も、R/W01で離陸後、ゆるやかに左にひねった程度です。

しかし、当時の出発ルートはどうなっていたのか私には分かりませんが、
特にFly offでは、R/W01で離陸後に左にひねる場合と右にひねる場合、R/W19で離陸後には右にひねる場合、
それぞれのケースがありましたが、空母へ向かう便利なコースをとったのでしょうか・・・。
今となっては謎ですが、撮る側にしてみれば楽しみの多かった時代です。

>AGC−det.Hさん
No.1906の詳細なフォロー、ありがとうございます。やはり、本国を1967年12月28日に出港した直後の撮影ですネ。
確か、この後、Modexを変更したような???。
「AK」のE-1Bには、私は悔しい思い出があります。
1968年12月20日(金)、桜ヶ丘駅からR/W01エンドに向かってトコトコ歩いていると、E-1Bがオーバーヘッド・・・。
猛ダッシュでA-1の転がりポイントに向かうも、無情にも間に合わず・・・。
その後、上がりを待ってねぱり続けるも、クリスマスの25日(水)、私のエンドに着く直前の11:00頃離陸しました。
おそらく、この機体が厚木で最後の「AKのE-1B」ですね。

>ITAZUKE-1さん
メインは私の撮れなかったVA-23のA-4Fとも言えます(笑)
機首がちょろっと見えるE-1Bを見ていたら、古めかしいアイランドにも気づきました。
アングルドデッキまでの幅も狭いし、やはりエセックス級の小ささが目立ちますね。

>PAPPYさん
AGC-det.Hさんのフォローで、ある程度の的が絞れ、1968年1月撮影と断定してほぼ間違いないようですね。
No.1910は、ひょっとしてBATMANさんのNo.1894と同じ日(8/12?)の撮影の可能性もありますね。
となるとBATMANさんとのニアミスも実証されたかもしれません。
まあしかし、ここに登場する皆さんは何処かしらでニアミスしていたのは間違いありませんネ(笑)

Re: E-1B TRACER <最終章> Name:ITAZUKE-1 Date:2008/12/13(Sat) 15:52 No.1912
皆様こんにちは
71年6月6日佐世保の赤碕岸壁に接岸中のタイコンデロガ艦上のE-1B NT-011 8920です。どこかの道を下っていくと基地の金網に突き当たり柵沿いに草むら 林の中を進んでやっと見えてきたら真後ろがっかりでした。


Re: E-1B TRACER <最終章> Name:PAPPY Date:2008/12/13(Sat) 23:20 No.1913
>ITAZUKE-1さん 私も長崎時代に佐世保に何回か空母を撮りに行きましたが赤碕岩壁についていたのは87年のレンジャーのみでミッドウェイ、カールビンソンは湾の中央付近に錨をおろしていて飛行機は撮れませんでした、どちらもデッキ上は艦載機満載だったのが悔やまれます。
写真はシャングリラのグラマン兄弟のC-1A 136783 とE-1B 148819 で1970年7月頃の厚木です。


Re: E-1B TRACER <最終章> Name:AGC−det.H Date:2008/12/13(Sat) 23:47 No.1914
広江さま、皆さま こんばんは
次に出そうと思っていた機体が偶然にも↑のITAZUKE-1さんが出されたのと同じ148920でした
それも同じ空母上で(CVSGは変っていますね)
C-1Aのスレッドでちょっとふれた横須賀入港時のタイコンでのカットです
後ろに例のC-1が写っています
部隊塗装も同じブルーのライトニング?ですね
この日はどういう日で、基地内に入れたのか記憶がありません
只空母には乗れませんでした
148920は最終ロットの機体で終わりから4番目に当たると思います


E-1B 148920(c/n85)/NS-011 VAW-111DET-3 CVSG-53 CVS-14 USS TICONDEROGA 19,Jul.1972 USFA Y.


Re: E-1B TRACER <最終章> Name:広江 Date:2008/12/14(Sun) 09:42 No.1915 ホームページ
PAPPYさんのNo.1913紹介画像は、↓の後のカットでしょう。
私の記録ノートにも撮影ネガにも、C-1A 136783/000の後にE-1B 148919/AJ-010が転がってます。


>ITAZUKE-1さん
けもの道のような所を進んで行ったのでしょうか・・・。
『この先はどうなっているのだろう???何かが撮れる』とワクワクしながら夢中で進んで行ったのでしょう。
私も、その気持ちは充分に分かります。
E-1Bは真後ろでも、他に撮れた機体もあったでしょうね。お疲れさまでした。

>PAPPYさん
これまでPAPPYさんと並んで撮ったと思われるシチュエーションが何度も紹介されてきましたが、
D-1の転がりを撮る狭い狭い墓場ポイントで並んで撮っていたんですねぇ〜。
当時、そんなにマニアの数は多くなく、会えば顔の分かる人ばかりでした。
ひょっとして、PAPPYさんは私の知る人ではないかと再び思い始めました(笑)

>AGC−det.Hさん
紹介ショットは、12号バースのクレーンに登って撮ったのでは?(笑)
PACのCVSG-55[NU]とCVSG-57[NV]が1969年までに解散し、
CVS-10 YORKTOWN, CVS-12 HORNET, CVS-20 BENNINGTON, CVS-33 KEARSARGEの4隻も1970年に退役。
と交代にCVAからCVS化されたTICONDEROGAがCVSG-53[NS]とCVSG-59[NT]を交互に載せる運用となり、
S-2/SH-3の対潜機の運用が汎用空母CVに完全移行するまでの過渡期でしたね。

>皆様
やはり「E-1B TRACER」は撮影チャンスが少なく、広く多くの方からの話題が望めなくなってきたようなので、
少し早いようですが、次の私のレスで、このお題を終りにしたいと思います。

Re: E-1B TRACER <最終章> Name:PAPPY Date:2008/12/14(Sun) 14:21 No.1916
E-1B 最終章お疲れ様です、私もこれ以上の持ちネタはありません。
シャングリラのグラマン兄弟のショットはNo.1915の後のショットですね、少しガスってたみたい?
何度も皆さんと同じ場所で並んで撮っていたのでしょうね、ただ今は当時と体型も顔の輪郭も相当円みがかっているので顔を知っていたとしても分からないかも・・・?(笑)
写真はまた怒られるかもしれませんが、エンドに行き始めの66年頃のまだ標準レンズしかなかった頃の初めて目にするE-1BでModex RR-782 しか分かりませんが、私的にはKITTY HAWK搭載機と思っています。


Re: E-1B TRACER <最終章> Name:AGC−det.H Date:2008/12/14(Sun) 21:50 No.1917
広江さま、皆さま こんばんは
今夜はかなり底冷えしますね 
さて、E-1Bの最後と言うことで、ナニにしようかと。
前に書いた3機のオーバーヘッドフライパスもおもしろいのですが。
このカットは、真ん中の一機がナセルからの燃料投棄による白煙を引いていました
先日のFLY-in時に相模湾上空の様子を目撃されたHATAさんが書かれていて、思い出しましたが、着陸前の燃料投棄は、あの頃基地上空でよく見られた光景だったでしたよね。今はさすがに・・・・・・
追記15日16時>PAPPYさん
RR-782はVAW-11Det.N CVSG-57 HORNETの機体だと思います
1965年10月1日に148131/RR-782,148130/RR-796を撮っていました。尾翼の塗り方が同じなので、多分間違いないと思います

ではフツーにまだ出て来ていなかった塗装の機体で。横須賀で撮影した1年半ほど前のHORNETで。
この頃の定番の塗り方で機首の周りと垂直尾翼両端を同じ帯で描いています
>広江さん、皆さん 楽しい画像ありがとうございました。
次はちょっと不得手です。ではまた

E-1B 148915(c/n80)/RR-717 VAW-111DET-12 CVSG-57(NV) CVS-12 USS HORNET Apr.orMay1967 NAS Atsugi   


Re: E-1B TRACER <最終章> Name:AGC−det.H Date:2008/12/15(Mon) 10:02 No.1918
最終スレッド、チョット寂しい状態なようなので連張り、お許し下さい。
No.1886で広江さんが出された横須賀でのカットのカラーで、色の参考程度に。
↑と同じ機体でしたね

E-1B 148915(c/n80)/RR-013 VAW-111DET-12 CVSG-57 CVS-12 USS HORNET 27,Oct.1968 USFA Yokosuka


Re: E-1B TRACER <最終章> Name:広江 Date:2008/12/15(Mon) 19:46 No.1919 ホームページ
1970年8月のCVA-31 BON HOMME RICHARD横須賀寄港時は、VAW-111DET.31x3機が厚木に飛来し、
8月12日出港時のFly offショットがNo.1887, No.1892, No.1901, No.1911で紹介されてますが、
8月1日の厚木へのFly inのショットが未紹介でしたネ。


>PAPPYさん
KITTY HAWKは1965年からはVAW-11DETのE-2Aが搭載されてまので、RR-782は他の空母の搭載機、
CVA-14/CVW-5のDET.BあるいはCVA-19/CVW-21のDET.Lでしょうか???。
撮影年月日の件ですが、PAPPYさんは良いお手本の反面教師です。お許し下さいm(__)m
撮り溜める方々に今からでも遅くはないので記録される事をお勧めしている次第です。
さて、皆勤賞のPAPPYさんには、今回のお題でも貴重な画像と楽しい話題をいただきました。
ありがとうございます。

>AGC−det.Hさん
1967年3月27日からベトナム戦へのクルーズに出たCVSG-57/CVS-12ですが、
4月20日付けでVAW-11DET.NからVAW-111DET.20に改称されてますので、その前後の撮影でしょうね。
私は今回のお題では本当に弾不足でした。特にCVSGのE-1Bは本当に僅かでした。
HORNETに載っていたNo.1886はNo.1917と同じ機体だったのですね。
今回もAGC−det.Hさんの補足で、このBBS IIもHP自体も色々と助けていただく事ができました。
ありがとうございます。

>皆様
先日、VAW-115を訪問したら、皆、胸には昔のVAW-11のデザインを採用したVAW-115のパッチを着けてました。
そして肩には1964年クルーズのCVA-31/CVW-19搭載のVAW-11DET.Eのパッチも着けてました。
1950年代半ば以降、CVA-31/CVW-19が初のマラッカ海峡を越えてインド洋/ベトナム沖のクルーズを実施。
現在のクルーにも当時のE-1B時代の誇りを持ち続けているのでしょうね。
さてそのE-1Bは、厚木エンドの皆さんにも、ちょっと荷が重すぎたようです。
しかし、皆さんのおかけで新発見もあり、スレッドを立てた甲斐がありました。
皆様の発掘作業と話題の提供に感謝いたします。ありがとうございました。

そして、また1週間ほどの休養を経て、E-1から用途で進む「GRUMMAN E-2 HAWKEYE」を始めたいと思います。





GRUMMAN E-1B TRACER Name:広江 Date:2008/12/07(Sun) 09:39 No.1880 ホームページ   
私がエンドにデビューした時は、ミッドウェイ級以降の空母は既にE-2が運用されてましたので、
薄い円盤のE-2に比べ、分厚いE-1のお皿(と言うより帽子)を見て『よく飛べるなぁ〜』と驚いたものです(笑)


>皆様
1週間の休養を経て(geta-oさん名付けの)グラマン三兄弟を再開します。
今回のお題は「GRUMMAN E-1B TRACER」。S-2 --> C-1 --> E-1の順で誕生したので三兄弟の末っ子ですね。

E-1B(旧名称WF-2)は原型を含めて88機(?)が生産されたに留まり、
PacのVAW-11(後のVAW-111)とLantのVAW-12(後のVAW-121)の各DETから空母に3機〜5機が派遣されました。
VAW-111からE-1B引退後はFRSのRVAW-110からのDETに肩代わりされましたが、来日はなかったと思います。
皆さんに馴染みのある部隊はVAW-11/VAW-111が主で、僅かにVAW-121を確認されたと思います。

従いまして、皆さんからの話題は間違いなく部隊は重複すると思いますし、
Bu.No./Modexの組み合わせも重複する事は充分に予測されます。
しかし前の話題でもお伝えしたとおり、そのような事を一切気にせず皆さん個々の話題で参加下さい。

なお、私のE-1Bの持ち駒は僅かしかありません。
このスレッドが「Part.x」まで延びるかは分かりませんが、レス画像が途絶えたらゴメンナサイ。
先にお伝えしお詫びしておきます。

Re: GRUMMAN E-1B TRACER Name:PAPPY Date:2008/12/07(Sun) 10:02 No.1881
広江さん、皆さんこんにちは。 グラマン3兄弟もE-1BまできましたがE-1Bは70年代前半でE-2に替ってしまった様なので私もハードルが高く弾はあまり有りません。
機体的にはS-2の背中に貝殻状の大きなレドームを乗せた特異な形も好きです。
写真はLANT から派遣のCVS-38 USS SHANGRI-LA 搭載の僅かというVAW-121 AJ-010 148819で1970年7月頃の厚木です。


Re: GRUMMAN E-1B TRACER Name:ITAZUKE-1 Date:2008/12/07(Sun) 14:19 No.1882
皆様こんにちは
E-1Bは板付には飛来が少なかったし 佐世保に入港した空母では艦橋に隠れてほとんど撮れず 記録写真しかありません。
62年2月20日R/W34に向けて転がるRR-773 7224と後方RR-772 7221です。ハ−フサイズからの読み込みで思うようになりませんでした。


Re: GRUMMAN E-1B TRACER Name:AGC−det.H Date:2008/12/07(Sun) 19:19 No.1883
広江さま、皆さま お晩です
今日は殊の外、寒かったですね
さて、E-1B、スタート、で私は撮っていたCVW(CVSG)順に出していこうと思います
只、常に予定変更するので、どうなるか?
最初は、おなじみCVW-5で。USS HANCOCK時代のTRACERです
E-1は機首の周りや、尾翼に其々意匠を凝らした塗装がありましたね。
この機体の色の記憶がありません。青か赤か?

E-1B 148131(c/n49)/RR-725, VAW-11 DET.-B CVA-19 USS HANCOCK 1967. NAS Atsugi


Re: GRUMMAN E-1B TRACER Name:BATMAN Date:2008/12/07(Sun) 21:11 No.1884
>広江さん、皆さん
 1968年10月のネービー・デーでは確か対潜空母2隻USSホーネットとUSSベニントンが入港中でその内ベニントンが公開されたと記憶しています。VF-,VSFが搭載されていない空母にもE-1Bが配備されていたのは何か理由が有ったのでしょうか。貼付写真は当日ベニントン上に有ったRR-761(VAW-111Det20,B/N147238)です。ハーフサイズのオリンパス・ペンでの撮影です。


Re: GRUMMAN E-1B TRACER Name:MACH3 Date:2008/12/07(Sun) 22:05 No.1885
皆さん、こんばんわ
BATMANさんと同じ1968年10月のNAVY DAYでの一般公開でのE-1Bです。
VAW-111の恐竜のインシグニアとテイルコード"RR"が気にいっていました。
FLY-INのとき、E-1Bが見えると最後かとガッカリし、C-1Aが降りてくるとこれで打ち止めというパターンが多かったようです。


Re: GRUMMAN E-1B TRACER Name:広江 Date:2008/12/08(Mon) 06:00 No.1886 ホームページ
BATMANさんが話題にされた1968年10月27日(日)の海軍記念日。
一般公開されたCVS-20 BENNINGTONのフライトデッキ上から隣りのCVS-12 HORNET搭載機が撮れました。
(E-1B 148915/RR-013, VAW-111DET.12/CVS-12 HORNET)


>PAPPYさん
その「AJ」のVAW-121のE-1Bは派手でしたねぇ〜。
SHANGRI-LAの横須賀寄港時には、紹介の1機 148919/AJ-010しか厚木に飛来しなかったのが残念です。
その他VAW-121機が日本で撮れた可能性は、1966年〜1969年の2回のクルーズのCVW-10/INTREPID搭載機、
1966年〜1967年のFDRのWestPacクルーズ(VAW-12)、1965年のCVW-7/IndyのWestPacクルーズ(VAW-12)、
このぐらいしか私には記憶がありません。LANTのVAW-121は日本では貴重な部隊ですね。

>ITAZUKE-1さん
必ずとは言えませんが、現在のE-2と同様にE-1も艦橋の前に駐機する事が多いようですね。
紹介画像は1962年2月20日撮影ですか・・・。私、まだ小4ですヨ(笑)
おそらく、CVG-21/CVA-19 HANCOCKの1962年2月2日〜10月7日クルーズのVAW-11DET.L機だと思います。
撮影時は三軍名称統一前ですから、まだWF-2と呼ばれていた時代ですネ。
いきなりの先制パンチ画像に驚きました。

>AGC−det.Hさん
紹介の148131/RR-725の垂直尾翼上下の色は何色でしょうかねぇ〜。
GO! NAVYのトップページの「Black Knights in Japan」をクリックするとVF-154の歴史のページが出ます。
更に、そのページの最下段にいくつかある過去のページの内、「Colorful CAG birds」をクリックして下さい。
このページには1965年7月12日制定以降のCVW内の各部隊の基調色が説明してあります。
しかしVAW, VFPのDETは、『第x番目飛行隊』という事ではなく「Maroon」が基調色に制定されてます。
とは言え、AGC−det.Hさんもご存知のように、例外・掟破りの多いのが米海軍機でしたネ(笑)

>BATMANさん
1968年10月27日(日)の海軍記念日で横須賀が一般公開された時ですネ。もちろん、私も行きました(笑)
8-9号バースにCVS-20 BENNINGTON、12号バースにCVS-12 HORNETが接岸してましたね。
12号バースが整備された今、2隻同時寄港が再び可能になりましたが、現実的には無いかな・・・。
E-1Bは高空および低空で飛ぶ航空機と水上艦船も索敵対象だったと思います。
艦隊防衛のには欠かせない存在で、前任のEA-1Eから任務を引き継いでCVA/CVSに配備されたようです。

>MACH3さん
1968年10月27日(日)の海軍記念日ではE-1Bが間近で見れた(撮れた)のが私は何よりも嬉しかったです。
当時言っていた『入港』、今で言う『Fly in』、E-1Bは最後の方でしたっけ???。
私は撮った経験が少なすぎて記憶がほとんどありません(^_^;)
ちなみに、No.1885画像は私の用意したのと思いっきりかぶってます(笑)
私もモノクロだったので、恐竜のインシグニアの色を伺おうと思っていました。

Re: GRUMMAN E-1B TRACER Name:PAPPY Date:2008/12/08(Mon) 07:39 No.1887
おはようございます。
1968年10月27日の海軍記念日に横須賀が一般公開されたのですか、それも空母2隻が入港中、知っていたなら絶対に行ったのですが・・・40年前の残念です!
当時エンドに通い始めた頃は、確かにE-1BはESSEX級空母にしか載ってなかったので撮れるチャンスが限られていましたね。
写真はCVA-31 USS BON HOMME RICHARD搭載のVAW-111 NF-010 148131 で1970年8月12日に横須賀を出港したBHRに向けたCVW-5 Fly offの日の撮影です。
実のところFly offだったと云うことをこのGO!NAVYの過去スレで知った次第で当日は広江さんやMACH3さんも並んで撮っていたみたいですね。


Re: GRUMMAN E-1B TRACER Name:AGC−det.H Date:2008/12/08(Mon) 08:28 No.1888
広江さま、皆さま おはようございます
>PAPPYさん、早起きですねー
皆さんのレスを見て、即方向転換の私です
みんなが行ってた横須賀です。
広江さんのリクエストにお答えして、カラーで

E-1B 147238(c/n37)/RR-761 VAW-111DET.20 CVSG-59(NT) CVS-20 USS BENNINGTON 27,Oct.1968


Re: GRUMMAN E-1B TRACER Name:ITAZUKE-1 Date:2008/12/08(Mon) 22:05 No.1889
皆様こんばんは
>広江さん 先にこの画像を張ればよかったのかも知れませんが奥からA4D-2x3 WF-2x2 F8U-1とF3H-2x7が見えます。撮影日はNo.1882と同じ62-02-20になっています。テイルレタ−NLからするとコーラルシー艦載機ではと思います。 
同じネガにF3H-2x4のフライパスとF8H-1x2の編隊離陸が写っています(シルエットのみ)。私が今まで見てきた中では艦載機がこのようにたくさん並んだのは最初で最後でした。このラインの右側にはB-52Fが駐機しています。


Re: GRUMMAN E-1B TRACER Name:広江 Date:2008/12/09(Tue) 10:40 No.1890 ホームページ
やはり、今回の「E-1B」のお題は、皆さんにもハードルが高かったでしょうか・・・。

No.1886でCVW/CVSG内での各部隊の基調色についてお話しましたが、
当時のCVW-21所属部隊は、各基調色のチェックを垂直尾翼に書き入れるのが統一パターンになってました。
それによると、VAW-111DETの本来は「Maroon」のチェックのはずなのですが、
VAW-111のインシグニアが元となっているのか、↓はおそらくダークブルーのチェックだと思います。


>PAPPYさん
情報伝達の方法も速さも今とは雲泥の差の当時ですが、よき先輩諸氏のおかげでFly offは察知できてました。
ただ、Fly in/空母寄港の特定は、勘だけが頼りの時代でしたネ(笑)
E-1Bは、搭載機数が少ないうえに、飛来そのものも少なかったですね。
このお題は私にはハードルが高いのですが、ひょっとして皆さんも同じでしょうか・・・。

>AGC−det.Hさん
方向転換でのレス、ありがとうございます(笑)
当時のVAW-111のインシグニアはダークブルーとブルーの2色と恐竜だったのですね。
その日は夢中で撮ったのか、記憶すら残ってませんでした。
そこで新たな疑問が・・・。
No.1880のマークは弓を持った天使(?)が何かを探している様子なのですが、DET.6のインシグニアかな?。
どなたかお分かりの方、教えて下さいm(__)m

>ITAZUKE-1さん
なるほど、CVG-15/CVA-43の1961年12月12日1962年7月17日クルーズの可能性もありますね。
当時のVAW-11DET機は、レターが「RR」のままで、DET名空母名が書かれてないと特定し難いですよね。
No.1889の光景は素晴らしいですネ。更にラインの右側にはB-52Fも・・・。
在日米軍の記録に大変貴重な画像の発掘と紹介、ありがとうございます。

Re: GRUMMAN E-1B TRACER Name:ITAZUKE-1 Date:2008/12/09(Tue) 20:36 No.1891
皆様こんばんは
>広江さん No.1880のマ−クがUS NAVAL AVIATION PATCHESに載っていますが左右ともにDETの記述はありませんでした。VAW-111についてはほかにバットの絵が描いてあるDET-31のマ−クが載っているだけでした。


Re: GRUMMAN E-1B TRACER Name:PAPPY Date:2008/12/09(Tue) 21:04 No.1892
>AGC-det.Hさん 私より広江さんのがもっと早起きですヨ、朝6時には皆さんのレスを既にリリースしてますから(驚)、最近、目覚ましが鳴る前に目覚めてしまいます、若い頃はいくらでも寝ていられたのにねぇ〜歳のせいですかね・・・。 横須賀のカラーいいですね、68年頃からお使いですか・・・やっぱりNAVYはカラーにかぎりますね。
>ITAZUKE-1さん 貴重な映像ですね、基地内の土手は意識的に作られたものでしょうか・・・F-3HやB-52等の実働機を見れてうらやましい限りです。
写真はCVA-31 USS BON HOMME RICHARD搭載のVAW-111 NF-012 148124でNo.1887と同じFly-offの日と思います。 この上がりは高かった様ですがまた違うアングルが撮れて良かったです。
このアングルだとレドームもそんなに重そうには見えないですね。


Re: GRUMMAN E-1B TRACER Name:MACH3 Date:2008/12/09(Tue) 21:46 No.1893
VAW-111のインシグニアは1969年撮影のものは恐竜ではなくなっていました。
その後は確認できていませんので変わったのかな?
E-1BはPAPPYさんのおっしゃるとおり搭載艦が限られていたのとCVGSの退役や艦そのものの退役など1970年代は撮影の機会も減ってきていました。
また、NASからNAFになった関係か不明ですが空母が日本に寄港する回数も減り、来日しても厚木には降ろさない事も増えたように思えます、私事ですがこの頃から厚木のエンドからも遠のきました。
今思うと1970年が空母や艦載機の新旧交代の年だったような気がします。
↓ORISKANY 1971年8月のFLY-INのE-1Bです。


Re: GRUMMAN E-1B TRACER Name:BATMAN Date:2008/12/09(Tue) 22:04 No.1894
>皆様
 なかなか出てこない1972年8月14か15日のCVW-19のフライオフの際のE-1Bです。ギャラリーが沢山いたのですがどなたも出さないので下手な写真ですが貼ります。左がVAW-111Det6の011(B/N148127)右が012(B/N148135),お昼頃の上がりでこの後F-8JとA-7Bが次々と上がりました。ところで写真の左に写っている木がアメリカ軍でも切れなかった厚木のご神木のサワラの木です。今も在るのでしょうね。


Re: GRUMMAN E-1B TRACER Name:AGC−det.H Date:2008/12/10(Wed) 05:19 No.1895
広江さま 皆さま おはよーさんですって 今何時?
すみません
広江さん始め皆さんにコメントを書きたいのですが、
絵だけ貼らしていただいて失礼します、ゴメン!

訂正書き込み10時40分
E-1B 148128(c/n46)/NM-010 VAW-111DET-34 CVW-19 CVA-34 USS ORISKANY 2,Oct.1970 NAS Atsugi


Re: GRUMMAN E-1B TRACER Name:geta-o Date:2008/12/10(Wed) 07:09 No.1896
グラマン3兄弟名付けの親のgeta-oです。
ということでトレーサー保管写真をトレースしたのですが余りありません。その中でも私としては珍しいCVG-14所属のE-1B RR-787。他の機体の多くは中央垂直尾翼側面に空母名を記入していましたがこのコニーの機体は大きなレドーム側面に記入していました。

148146 E-1B VAW-11 RR 787 1963. 厚木

それからもう一つ私のHPでも紹介しましたがE-1Bの他の兄弟との差。E-1Bは機体上部に大きなレドームを乗せたため空母搭載時の高さ制限から主翼を上部に折畳めず後部に折畳む方式 (C-2,E-2も同じ)としました。そうすると困ったことに地上に置いておく時は重量の関係で機首が上がってしまい後部の尾輪で機体を支える尾輪式の3点姿勢となり機首の車輪は浮いてしまいます。こうなるとトーイング時の機体取り回しがやりにくくなるため尾輪の方向が自由に変る方式に変更されました。

147220 E-1B VAW-11 RR 753 1962.11.04 厚木

Re: GRUMMAN E-1B TRACER Name:広江 Date:2008/12/10(Wed) 07:57 No.1897 ホームページ
1970年10月25日(日)、海軍記念日で横須賀基地が一般開放され、寄港中のORISKANYも公開されました。
E-1Bがハンガーデッキ内に格納される時は、お皿の上の避雷針を兼ねたアンテナは折りたたむのですね。
お皿の上のスペースはギリギリですものネ。


>ITAZUKE-1さん
No.1880は左側のインシグニアですね。
私もちょっと調べたのですが、No.1880とは異なるDET.表記のサイトがありました。
30年以上も前の事なので、私も含め記憶や記録の間違いもあるので、まだ確証は得られてません。

>PAPPYさん
たまたま朝早く出る日だったようで・・・(^_^;)
No.1887, No.1992は1970年8月12日(水)のCVA-31搭載のCVW-5機のFly offですね。
E-1Bは、148131/NF-010, 148124/NF-012がFlight of Twoであがり、その後、147220/NF-011が上がりました。
この日上がったCVW-5機は、VF-51(F-8J)x5, VF-53(F-8J)x5, VA-22(A-4F)x5, VA-94(A-4E)x6, VA-144(A-4F)x6,
VFP-63DET.31(RF-8G)x2, VAQ-130DET.31(EKA-3B)x2, VAW-111DET.31(E-1B)x3 の計34機でした。
あらっ?、COD(136777)はいつ上がったのかな?。

>MACH3さん
E-2同様、E-1もトップ光線気味の時は、お皿の影が機体にかかって撮影が厳しかったですネ。
E-1Bの運用で、フォレスタル級以上の空母でRANGERの例外がありますね。
1965年からはE-2運用のRANGERが、E-2Bへの改造等で機体繰りができなくなったのか、
1970年〜1971年と1972年〜1973年の2度のクルーズでE-1Bを乗せ、厚木にも飛来しました。
撮影した方からいただいたポジがあるのですが、撮影年月日が書かれてないので紹介できませんが・・・。
LANTではFDRが1977年のラストクルーズまでE-1Bを搭載し、とうとう、E-2を乗せる事なく退役してます。

>BATMANさん
紹介画像のCVW-19機のFly offの日、別のスレッドでも話題になりましたが、
どうして私は行かなかったのか、いまだにその謎は解き明かされません(笑)
ORISKANYは8月12日(土)に横須賀を出港してるので、おそらく、12日か13日だと思います。
ちなみに、14日(月)は私はエンドに行ってますがVMCJ-1のRF-4Bしか撮ってません。後の祭りですネ(笑)

>AGC−det.Hさん
お仕事前の早朝の書き込みでしょうか・・・。ありがとうございます。
しかし、私や皆様へのコメントより、紹介される画像のコメントを最優先して下さい。
最低限、分かる範囲での撮影年月をお願いします。

>geta-oさん
ハイ!、『名付け親』は必ず明記してます(笑)
上の方でもコメントしましたが、VAW-11の当初のDET機は「RR」レターのままだったので、
空母を特定するマークや文字類がマニアとしては欲しかったですよね。
その点、お皿に空母名を書いたのは奇抜な良いアイデアです。E-2では書けないでしょうけど(笑)
C-1Aから発展したE-1Bですが、大きなお皿、主翼の折り畳み機構、垂直尾翼、等に注目してしまいますが、
細かい点でも数々の違いがあるようですね。
しかし、プロペラ警戒ラインから前を見る限りではC-1Aですネ。
昔、S-2からE-1に改造しようとして、胴体の根本的な違いに気づき断念した事があります(笑)

Re: GRUMMAN E-1B TRACER Name:ITAZUKE-1 Date:2008/12/10(Wed) 20:10 No.1898
皆様こんばんは
68年1月3日板付R/W34から上がるE-1B RR-765 8127 Kearsarge所属です。12月29日夕方に右側エンジンを止めて飛んでいる(飛行場以外で見た)メモがありますので緊着したものと思われます。 1月1日 2日と駐機していましたのでいつ飛ぶのか撮れないのではないかと不安でしたが正月休みのうちに上がりましたので何とか撮れました。1月2日にはSH-3A NS-63 2122が飛来していますので部品を運んできたのかも知れません。


Re: GRUMMAN E-1B TRACER Name:PAPPY Date:2008/12/10(Wed) 23:04 No.1899
1970年10月25日の海軍記念日には私も横須賀に行くことができました。
当日はCVA-43 USS ORISKANYが公開されていて初めて攻撃空母に乗船できて大感激したものです。
GO!NAVYのF-8のスレッドで様子が紹介されていますが、広江さん紹介画像の別角度ですが格納甲板のE-1B
VAW-111 NM-012 148127でgeta-o先輩の解説のとおり後方へひねって折りたたむと重心が後方へ移動し前脚が浮き上がってしまうのがよく分かるショットです。



Re: GRUMMAN E-1B TRACER Name:AGC−det.H Date:2008/12/10(Wed) 23:45 No.1900
広江さま、皆さま 今晩は
>広江さん、今朝のレスは失礼いたしました
修正でデータを書き込んでおきました

このスレッドは、撮っている機体が、皆さんのカットと日時とも、もろかぶりますね。
それだけE-1は撮れる機会が少なかったのでしょうか
>PAPPYさん、
70年8月12日の出港は私も一緒です。お忘れなく(笑)
60年代のカラーはネガカラーで撮っていたのが多いです。プリントは変色していても、ネガをスキャンして、色を整えるとディスプレイ上では結構見られる絵になります。

↓はNo.1894でBATMANさんが出されたORISKANYの出港時の、離陸側でのカットです。
私のデータが間違っていなければ、8月12日だと思います。011,012(広江さんが初めに出されていますね)を撮っていました。8127は↑の広江さん、PAPPYさんの1970年時は012でしたね。
おっと、itazuke-1さんも8127ですね。時期の違うカットがzzzzっズラッと並びましたね(笑)

E-1B 148127(c/n45)/NM-011 VAW-111DET-6 CVW-19 CVA-34 USS ORISKANY 12,Aug.1972 NAS Atsugi


Re: GRUMMAN E-1B TRACER Name:広江 Date:2008/12/11(Thu) 07:44 No.1901 ホームページ
1970年8月12日のCVW-5のFly offではPAPPYさんがNF-010(No.1887)とNF-012(No.1892)を紹介されてますが、
もう1機は↓の147220/NF-011。4機中3機が厚木に飛来しました。


>ITAZUKE-1さん
当時、板付け止まりの飛来が多かったようですが、紹介の機体も板付けから空母に戻ったのでしょうかね。
正月休み返上で粘って撮った1枚でしょうか・・・。歴史を残す価値あるショットですネ。
お皿の上のアンテナ、タキシー中でもたたんだままなんですネ。

>PAPPYさん
そういえば、E-1Bをこれほどまでの後ろから見た記憶がないですね・・・。
お皿にModexが書かれてるのが面白いです。
皆さんの画像を拝見すると、E-1撮影の少ないチャンスだけに、もっと色々なアングルを撮ればよかったと後悔です。

>AGC−det.Hさん
撮影チャンスが少ないながら、148127が時を経て皆さんから色々と撮られているのは奇遇ですねぇ〜。
面白い着眼点ですネ。
同じ8月12日でややこしいですが、1972年の8月12日はCVW-19のFly off、なぜ好天下で行かなかったかなぁ〜(笑)

>皆様
スローペースながら、このスレッドも適度なレス数に達しました。ありがとうございます。
ここは一旦クローズし、Part.2<最終章>を立てます。





C-2A GREYHOUND <最終章> Name:広江 Date:2008/11/27(Thu) 10:09 No.1855 ホームページ   
1976年5月19日(水)、MIDWAYが横須賀を出港。その日は、VA-93x1, VA-56x2, VA-115x1が離陸しただけ。
翌5月20(木)、本格的なFly offの中、↓のRG-724も離陸しました。
外見上の見分けは付きませんがMIDWAYにDETで派遣されている機体でしょう。
他にも、152789/RG-725, 152795/RG-726が離着陸してますが、MIDWAYとの往復かは不明です。
ちなみに、この日離陸したCVW-5機は、VF-161x9, VF-151x8, VA-93x8, VA-56x7, VA-115x3, VAW-115x1。
翌日から数日間で、残っていた機体も離陸して行きました。

機首に書かれる"PO" CITYとは、フィリピンのSubic BayやCUBI POINTの北にある繁華街OLONGAPO CITYの事。
クルーが遊びに行く定番スポットだったのでしょうか・・・。

>皆様
今回のC-2Aの話題は、かなり凝縮されて各部隊やテイルレターが出揃いました。ありがとうございます。
最終章となりました。引き続き、皆様からの話題をお待ちします。
なお、C-1Aの最終章のような状況にはならぬよう、皆様にはくれぐれもお願いいたします。

Re: C-2A GREYHOUND <最終章> Name:AGC−det.H Date:2008/11/27(Thu) 16:33 No.1856
広江さま 皆さま お晩です
早くも最終章ですか。考えてみると生産機数もC-1Aよりも少ない58機で、現在飛んでいる数も40機に満たないのですね それを考えると、しっかり撮っておかなくっちゃ
当方、ラスマイで直近のカットを。
FLY INの前日に撮影したNFの25番です
今の機体は広江さんのNo.1848の2004年時と比べてもアンテナが変わっていますね

C-2A(R) 162145/ NF-25 VRC-30 DET-5 19.Nov.2008 NAF Atsugi


Re: C-2A GREYHOUND <最終章> Name:T.H Date:2008/11/27(Thu) 19:56 No.1857
NALF FENTRESS でFCLPを実施するVRC-40のC-2A。この機体もモデックス#45は入っていますが、
テイルレターは未記入でした。E-2と姉妹機とはいえ、胴体が無骨に太いC-2はユーモラスな印象ですね。

今では広江さんが GO! NAVY を通じてFCLP ( Field Carrier Landing Practice )という言葉を広めてくれているので、海軍機に興味があるマニアの間ではだいぶ浸透してきましたが、我が国の間抜けなマスコミは厚木基地で夜間に行われて周辺住民から多くの騒音苦情が寄せられ、社会問題になった この訓練を "NLP" Night Landing Practice と名付けました!この日本語版が「夜間連続離発着訓練」ですと。どこに連続という英単語が入っているのでしょうか?(爆笑)不勉強な TV、新聞という大マスコミは、誰かが勝手に作った間違った造語を勝手に踏襲して いつのまにか FCLPは、日本ではNLPとして定着してしまいました。
もっとも、厚木基地で’60年代〜’80年代に撮影していたマニアの諸先輩方や当時の航空専門誌にもFCLPを知っている人はほとんど居なかったと思います。私自身、この単語を初めて耳にしたのは、多分’90年頃の事でした。現役海軍人で最初の友人なってくれたF-4、F-14のRIOだった人からミラマーでVF-124のF-14AがT/G訓練をしている様を指して FCLPだと語っていたので、それはどういう意味?と問いかけた所 Field Carrier Landing Practice とは、空母に展開する前に 陸上で昼間と夜間の両方 LSOがオンステーションして規定の回数T/Gをやり、LSOの採点を受ける。このFCLPに合格してから、今度は空母の甲板でアレスティング・フック・ランディング(トラップ)をやはり規定の回数審査を受ける。後者をCQ (Carrier Qualification)=空母着艦審査というのだと教えて貰いました。この2段階の審査に合格しないとパイロットは空母航海には参加させてもらえません。
この話を聞いた時に、昔厚木エンドで写真や海軍機についていろいろ教えてくれた先輩達が、『ベトナム戦争当時は、横須賀に空母が入って厚木に艦載機が沢山降りると1日中T/Gを繰り返していたんよ!』と何度も聞かせてくれましたが、それがきっとFCLPだったんだなぁ〜と合点がいきました。


Re: C-2A GREYHOUND <最終章> Name:ITAZUKE-1 Date:2008/11/27(Thu) 21:16 No.1858
皆様こんばんは
>広江さん C-2Aのおなかの画像初めて見ました。うちの飼い猫のもも太郎そっくりのメタボ気味の白いおなか大好きです(笑)
長崎の続きですNH-30からNK-31にタイヤを転がして運んでいます。


Re: C-2A GREYHOUND <最終章> Name:PAPPY Date:2008/11/27(Thu) 21:56 No.1859
早くも最終章ですが、地味なC-2Aでも掘り下げると結構面白かったですね。
写真は最初に戻ってしまいますが RG-400 148148 で、AGC-det.Hさんに教えて頂いたプロトタイプだった
のですね。
Modexは"59"の後なので70年頃の撮影でしょうか、お陰様でお宝が一つ増えました。
私もFly-in行きたかったなぁ〜。


Re: C-2A GREYHOUND <最終章> Name:DEE JAY Date:2008/11/27(Thu) 22:40 No.1860 ホームページ
こんばんは、今回もちょっとだけ参加させて頂きます。
今となっては、VRC-30とVRC-40だけの運用となってしまったC-2ですが
私は僅かですがVRC-50のC-2も撮影できた程度。
VR-24などは本で見る度に撮りたいと思う日々を過ごしていました。
1994年にRWのC-2を見た時には驚きましたが、時の改変を告げ知らせる飛来だったと記憶してます。
写真は、ノースアイランドで撮影したRW22です。(R/W22ではないですよ)


Re: C-2A GREYHOUND <最終章> Name:てらぞう Date:2008/11/27(Thu) 22:43 No.1861
C−2はRG,RWでそこそこ撮っていましたが、やはり岩国で撮れたVRC−40はうれしかったです。レターが入っていないのですがCVW−1CAGと機体後部に書いてあるのがうれしいとこです。


Re: C-2A GREYHOUND <最終章> Name:エイブルドッグ Date:2008/11/28(Fri) 00:12 No.1862
>広江さん、
Part1で空中給油プローブ付きのRG 424を投稿させていただきましたが、その後プローブを撤去した同機の写真が出てきましたので、再度152797の写真を貼らせていただきます。1985年6月1日曇天の厚木基地で撮った写真ですが、頭の上にプローブの名残りが見えます。VRC-50のヒストリーによると、80年代に入って空母群のインド洋での活動が増えたため、アシの長いUS-3Aと共に空中給油可能なC-2を一機運用したとあります。しかしそれならなぜ一機だけで、それも短期間でやめてしまったのかという疑問が湧きます。


Re: C-2A GREYHOUND <最終章> Name:広江 Date:2008/11/28(Fri) 09:53 No.1863 ホームページ
1975年頃からニックネーム(?)を書き入れたVRC-50機を紹介(No.1829, No.1855)しましたが、
全機ではなく、私が確認できたのは↓の"THE TASMANIAN DEVIL"を含め、3機だけでした。
1976年のRG-722時代にも書かれてましたので、MACH3さんが気にされているのは↓の事かな?。


>AGC−det.Hさん
タイミング良くウン十年ぶりに撮影できたC-2Aは、以前と比べると微妙に変わってましたでしょ?。
私の主観ですが、のっぺりしていた昔と比べると、今の機体は洗練された感があるのですが・・・。
あとは、早く8ペラC-2Aを見たいものです。怖いもの見たさですが(笑)

>T.Hさん
バウンスの瞬間でしょうか。良い雰囲気ですネ。長玉で正面形を撮りたいです。
FCLPからCQに至るまでの詳しい説明、ありがとうございます。私も、FCLPを知ったのは、つい最近です(笑)
1960年代後半しか私は知りませんが、1週間程度の短期寄港の場合は、あまりT/Gは行なわれてませんでした。
10日以上の寄港になると、当時T/G(今で言うFCLP)を時々見かけました。
よく見ていると、R/W脇のミラーボールの左右がピカピカ光ってウエーブ・オフするシーンが時々ありました。
おそらく、アプローチライトの3色をLSOがチェックして、グリーンorレッドだったのでしょうね。

>ITAZUKE-1さん
C-2Aの腹はメタボ気味ですか(笑)
No.1854の腹は偶然撮れましたが、あれほどピッタリはまったショットは、他にはありません。
たぶん、この先も狙っても撮れないような気がします・・・。
転がしているタイヤは小さめですが、前脚のタイヤですかね。

>PAPPYさん
148148は元プロトタイプの2号機ですね。
Modexは1968年11月頃には#59から#400に変わりましたので、撮影はそれ以降。
しかし光の当たり具合や今までの状況から、ひょっとしてNo.1822の機首アップ画像の日では?(笑)

>DEE JAYさん
私はノースアイランドに行った事がないので、ちょっと調べました。
光の当たり具合が妙に綺麗なので、ひょっとしてRunway11/29の29アプローチですか?。
それとも、Runway18/36の36アプローチの午後側まで行けるとか?。
1994年は、「RG」の終焉と共に新たな「RW」の時代へ変わった年でしたね。

>てらぞうさん
VRC-40も含め、CVW-1所属機が岩国に飛来したと聞き、遠征しようかと真剣に思いました。
LANTのレターが撮れる機会は、日本では、まずありませんからね。
2006年12月、嘉手納の米海軍施設CFAOを訪問した時、
エプロンに出るハンガー脇のドアに訪れた米海軍部隊のステッカーがベタベタと貼ってある中に、
VRC-40を発見した時は、思わず剥がして持ち帰ろうかとも思いました(笑)

>エイブルドッグさん
152797は、おそらく終始VRC-50に所属して、その生涯を終えたのかな・・・。
Modexは、#58, #413, #403, #411, #724, #424と変わり、1985年末or1986年初にVRC-50を離れたようです。
インド洋の小島Diego GarciaからGonzo Stationを航行する空母への支援を行なっていたようですが、
US-3AとC-2Aでは運べる人員もペイロードも大きな差があるので、C-2Aの方が有効的だと思いますが、
やはり、長時間、乗っていたいヒコーキではなかったのではないでしょうか(笑)

Re: C-2A GREYHOUND <最終章> Name:AGC−det.H Date:2008/11/28(Fri) 12:59 No.1864
広江さま、皆さま お寒―ございます
来週の天気は如何なのでしょう 気になります
>広江さん
8ペラになってくれると、ローシャッターを切らずとも様になるので、腕の落ちた私にはうれしいのですが?
1551xx番台の機体は↑の422以外は、No.1807でPAPPYさんが出されたRG60,61しか未だ出て来ていなかった
ので一枚
先に広江さんが書かれていますが、このロット?は155120〜155124の5機だけで、こちら側で確認されているのは,5120,5121だけだと思います。で5120はRG414の時代の70.12.15に損失しているとの事。
その414番を付けて元気に飛んでいた初冬の在りし日の姿を

C-2A 155120/RG-414 VRC-50 23,Dec.1968 NAS Atsugi


Re: C-2A GREYHOUND <最終章> Name:ITAZUKE-1 Date:2008/11/28(Fri) 20:08 No.1865
皆様こんばんは
08年2月10日ニミッツ入港前日福岡に飛来しプレス関係者を送迎したNH-26 2164です。ペアのNH-24 2173も飛来しましたが空母名 DET-3は記入されていませんでした。 以前のようにVRC-50などに配属されていると飛来する可能性はあるのでしょうが最近は空母入港前だけで次はいつ会えることやらちょっと寂しいです。
>広江さん 皆様 貴重な画像を見せていただき有難うございました。次回を楽しみにしております。


Re: C-2A GREYHOUND <最終章> Name:SWITCH BOX Date:2008/11/28(Fri) 21:55 No.1866
広江さん、皆さんこんばんは。
最終章に何とか滑り込みで間に合いました。
毎回、皆さんの貴重な画像を拝見できて本当に感謝しています。

S-3がいなくなってからは、外来の艦載機といえばC-2が主役ですかね。

1998.6.30 NAF ATSUGI 162146/NK-34


Re: C-2A GREYHOUND <最終章> Name:KEI_BKR Date:2008/11/28(Fri) 22:10 No.1867
この角度で撮ると、主翼の上反角によって手前の主翼より、奥の主翼が長く見えるのが気に入っております。

>AGC−det.H様
 フライインの前日、ご挨拶させていただいた者です。毎回貴重な写真を興味深く拝見させていただいております。
 今後とも宜しくお願いいたします。
 
>広江さん
 紹介写真はヘリのソノブイ・アートを撮ろうと、あるポイントに移動。そうしたら偶然撮れた
 背中です。と、言っても逆光ですが・・・

2008,11,20


Re: C-2A GREYHOUND <最終章> Name:PAPPY Date:2008/11/28(Fri) 22:21 No.1868
>AGC-det.Hさん よくBuNo.を見られているのですねぇ〜、その様な見方があると云うことで私もこの
スレッドに出てきた機体のBuNo.の分かる数をざっと数えてみました。 
写真はまだ出ていなかったRG-51 152787 で28機目と思いますが、生産数58機の約半数がこのスレッドに
集まるって凄いと思いませんか!! 68年頃の厚木です。


Re: C-2A GREYHOUND <最終章> Name:MACH3 Date:2008/11/28(Fri) 23:22 No.1869
広江さん
機首キャノピー後ろに小さく書かれていましたがプロペラやブレで判別できないのがありました。
ありがとうございます、メモしておきます。
前に出たDET-CUBIのインシグニアだけを付けているのがありましたので貼ります。


Re: C-2A GREYHOUND <最終章> Name:BATMAN Date:2008/11/28(Fri) 23:48 No.1870
>広江さま、皆様
 こんばんわ。皆さんの40年余のC-2Aの雄姿を拝見しこの機体ほど基本塗装に変化がないのは珍しいと思いました。唯一1970年代初めに白鼻が鼻黒と成りましたがこれは当初機首にウエザーレーダーが未装備だったからと聞いていますが本当ですか。
 前にVRC-50のインシグニアのFOO DOG(狛犬?)の話題が有りましたがその由来は神社等の平穏を守る故事から中隊の安全のシンボルとし、その手に持つ赤い玉は主たる任務の重要な人員荷物を表すと同時にミラーランディング・システムの赤のミートボール(不安全アプローチ)から機体を守る事を意味していたそうです。その願いも空しく1969年10月2日にコンステレーションにアプローチ中に墜落、この原因究明が進まず約1年に亘り空母での運用は中止、飛行は人員輸送の禁止となりました。添付のSKYWRITER紙の記事は1970年10月初め空母での運用再開のため三沢沖の空母アメリカ上でのCQの模様です。しかし再開直後の12月15日レンジャーからの発艦直後に海中に没しました。でも現在はとても安全な飛行機になったようですね。


Re: C-2A GREYHOUND <最終章> Name:広江 Date:2008/11/29(Sat) 09:24 No.1871 ホームページ
↓は厚木で撮る皆様にも見覚えのある場所ですネ。A-Wでホールド中の#430。画像右手がランウェイです。
この後、ランウェイをクロスしてA-E経由でA-1からランウェイに乗り、01で離陸して行きます。
この場所、ランウェイが盛り上がっているのでしょうか・・・。どうも水平感覚が狂います。
背景の施設から、機体を水平に保って撮ったはずなのですが、私の目がおかしいのかな?
画面に定規をあてて測ってみると、やはりちょい左下がり?(笑)

しかし、ITAZUKE-1さんの言うとおり、腹はメタボですな(笑)

>AGC−det.Hさん
在りし日の155120、イイひねりですネ。155120はRANGERを飛び立って墜落したそうです。
ちなみに、重複しますがC-2Aの事故等損失は以下の9機、
148147 1965年4月29日 NATCテスト中?
152787 1973年11月16日 JM-787/VR-24
152788 1971年8月23日 NATC
152793 1971年12月12日 RG-407/VRC-50
152796 1969年10月2日 RG-412/VRC-50 CUBI PTからConnieに向かう途中墜落
155120 1970年12月15日 RG-414/VRC-50 RANGERを離艦後墜落
155122 1970年1月30日 JM-122/VR-24
162153 2003年3月12日 AD-6xx/VAW-120
162156 1999年?
FY1984以降に再生産された39機(162140-162178)の内、抹消されたのは今のところ2機。
その他に少数機(162146, 162151, 162170, 等)がデポ等で飛べない状態にあるようので、
実質的には30機程度がフライアブルでVRC-30, VRC-40, VAW-120, VX-20, 等に所属していると思います。

>ITAZUKE-1さん
佐世保寄港時は、C-2Aと空母の中継地は福岡の事が多いですネ。
162173/NH-24は162148/NF-31とスワップのため2月21日に厚木に到着し、
しばらく「NH-24」の姿のままDET.5機として飛んだので、厚木マニアには嬉しい棚ボタ的存在でした(笑)
次の空母は、JCS/CVW-9が来年早々に出る予定のようですが、どのコースを通るか・・・。

>SWITCH BOXさん
紹介の162146/NK-34は翌日(7/1)にも厚木に飛来しましたが、空母(Abraham Lincoln)は来日しませんでした。
当時、本国を出港後、ハワイ・香港などを経由してペルシア湾に向かってましたので、
日本近海を通る時のCOD機の飛来が唯一の楽しみでしたネ。
その後、ハワイを出るとオーストラリア経由のコースになると、日本は全くの蚊帳の外になりました(^_^;)

>KEI_BKRさん
逆光ですが、決まってますね!。
被写体は何処ででも撮れるかも?と常にレンズを向けなければ!のお手本ですネ。
機体に反射した光がエンジンナセル内側を逆光にしない不思議な雰囲気です。

>PAPPYさん
初期生産機中14機がVRC-50に配備された内13機が紹介されてます。未紹介は152790だけですね。
後期生産機で厚木で撮影できて未紹介は、全てではありませんが、少なくとも以下の9機。
162141, 162147, 162149, 162154, 162156, 162159, 162171, 162175, 162176
残り10機は延長戦に突入して代打攻勢にならないと全員出場できませんね(笑)
まあ一応、後期生産の1機だけ紹介しておきます。


>MACH3さん
"THE TASMANIAN DEVIL"は解決しましたか。良かったです。
あと私が気になるのは、VRC-50 DET.DANANGのC-2Aの存在。厚木の飛来の有無も私は把握していません。
DET期間は、1970年2月1日〜1971年1月2日、1971年12月15日〜1973年2月19日ですが、C-2A以外だったのかな・・・。

>BATMANさん
白鼻から鼻黒に変わったのはレーダーを装備したらしいですが、逆に未装備が信じられないですネ。
Foo Dogの由来、ありがとうございます。末期にも機体に書かれた↑のは、その願いが継がれていたのでしょうね。
配備初期に事故が続きましたが今は皆無に近く、後期生産機は、いわゆる墜落事故は起こしてないと思います。

>皆様
まだまだ話題の尽きないC-2Aですが、そろそろクローズのタイミングとなりました。
私の次のレス(明日11/30予定)をもって、クローズさせていただきたいと思います。

Re: C-2A GREYHOUND <最終章> Name:T.H Date:2008/11/29(Sat) 10:00 No.1872
CVN-74 USS  John C. Stennis から発艦するC-2A #NG27 / 162169。カタパルトにセット完了しエンジンをフルパワーに上げ黄色いジャージのシューターの合図で 前輪を捉えたシャトルが機体を勢い良く空母から投げ出す。後ろ向きの座席に座っているPAXに対してはC-2に同乗しているロードマスターから機内アナウンスで「その時が来たから胸の前で両腕をバツの字に交差させて、ハーネスを握り、足をしっかりと踏ん張るように!」という内容の最終注意がされます。永遠とも思える "2秒間" がやってきて 他では体験した事がない 身体の中身全てが自分の前方(C-2の尾翼方向)に押し出されてしまうような なんとも言葉では表現し難い 急激なGに見舞われます。C-2が射出されて自力で空を舞いだす瞬間に、ふわ〜っと浮かび上がる不思議な感覚で身体が軽く成ります。
ふと我に返ると、『ああ、これで空母ともおさらばだなぁ〜』と一抹の寂しさを感じながら陸上へと戻って行く、暗くてうるさいC-2の空の旅であっという間に過ぎ去った空母での体験をふり返ってしまいます。ほとんど窓の無いC-2に乗っていると、自分が何番カタパルトから射出されたのか?それさえ確認するのが困難な場合もあります。


Re: C-2A GREYHOUND <最終章> Name:PAPPY Date:2008/11/29(Sat) 10:33 No.1873
メタボC-2Aの正面形は愛嬌がありますね、魚の箱ふぐにも似ている様な?
最終章お疲れさまでした、地味なC-2Aなのでほとんど調べた事もなかったので今回のスレッドで勉強にもなったし資料的価値も出てきたのではないでしょうか。
VRC-50に配備された14機の内の未紹介の残り1機 RG-423 152790 で最後の1枚にしたいと思います。
83年頃の厚木と思います。


Re: C-2A GREYHOUND <最終章> Name:MACH3 Date:2008/11/29(Sat) 16:03 No.1874
広江さん
VRC-50 DET-DANANG調べました。
Squadron Historyではありませんが、私の持っているUSN資料の中にはVRC-50 DET-DANANGは見つかりませんでした。
FASU DANANGにもDETの記述は無く、この期間一貫してDETはCUBIだけでしたので不可解です。
しかしVRC-50がNorth Islandに居たときにTA-3Bを1機所有していた記述を見つけました。
私はTA-3Bのことは全く知りませんでしたが、恐らくテイルコード(RG)は書いていなかったと推測されますが写真でもあれば見たいと思っています。
VRC-50保有のCT-39E全機CUBI POINTに居たためVIP輸送用に使用していたのでしょうか?
ちなみにNorth IslandではC-2Aは3機所有していたとあります。

最後は私が厚木で見た最初で最後のC-2A編隊オーバーヘッドです。
厚木に駐留していたわりにはこの様な編隊飛行はほとんどやりませんでしたね。


Re: C-2A GREYHOUND <最終章> Name:AGC−det.H Date:2008/11/29(Sat) 21:42 No.1875
広江さま、皆さま
持ち駒がなかったので、今回はゆっくり観賞するつもりでいましたが、40年昔の駒のおかげで
なんとか最後まで参加する事が出来ました。
>KEI_BKRさん、
こちらこそよろしく、FLY-in当日もお見かけしたのですが、あの慌ただしさ、ご挨拶出来ずに、ごめんなさい
又お会い出来ると、
>PAPPYさん、
ふっふっふ、君も遂に番号天使に捕まりましたね、って冗談ですが、結構面白いでしょ。
箱河豚とは、言いえて妙、何かに似ていると思っていたのですが、
Bu/No.152790、これで最初のC-1A,19機内の14機全てそろいました!
>広江さん
C-1といい、このC-2も皆さんの力で、すごいスレッドになりましたね。
さすがGO! NAVYの力です!!!
次回も楽しみにしています

C-2A 162145/NF-25 VRC-30 Det5 19,Nov.2008 NAF Atsugi


Re: C-2A GREYHOUND <最終章> Name:BATMAN Date:2008/11/29(Sat) 21:44 No.1876
>広江さん、MACH3さん
 1969年11月にVC-5detDaNangを中核に厚木と空母からかき集めたC-1Aでヤンキーステーションの空母への補給が始まりました。これは前から話に出ている10月2日の事故でグランドされたC-2Aに代わり足が短く積載量が1/3のC-1Aの運用がキュビポイントからは出来なかった為です。これが長期化したためVRC-50detDaNangになったようです。最初は面白い事にパイロットは米本土のVRCから派遣されVRC-50のパイロットはコパイだったとの事です。
 まだ出ていない30(162159)を貼ります。2007年1月30日厚木、USSロナルド・レーガンのDet1です。


Re: C-2A GREYHOUND <最終章> Name:DEE JAY Date:2008/11/29(Sat) 22:20 No.1877 ホームページ
>広江さん
 そうですR/W29のアプローチです。
 ビーチから撮影が出来るので、S-3が居た頃は数回足を運びました。
 ヘリもGCA等で撮れる時もありますし、NAVAIRもありますから楽しい基地ですね。
 T.Hさんの写真で打ち出されたC-2が、陸に向かい再び空母に戻って来た機体です。
 広江さんも経験されていますが、T.Hさんが書かれていますように
 打ち出された瞬間は何とも言えません! 


Re: C-2A GREYHOUND <最終章> Name:SWITCH BOX Date:2008/11/30(Sun) 00:26 No.1878
>広江さん
最近は、横須賀に他の空母が入港することが、すっかり減ってしまいましたね。
まだ出ていなかった162147が有りましたので貼らせていただきます。
画像は、手元にネガがないので詳細がわかりませんが、93年か94年頃だと思います。

C-2A 162147/RG-430 NAF ATSUGI 1993 or 1994


Re: C-2A GREYHOUND <最終章> Name:広江 Date:2008/11/30(Sun) 08:27 No.1879 ホームページ
主脚のタイヤは90度(?)回転して引きこむのですネ。

それにしても、↑の162164は今回の話題では皆さんから何度か紹介されました。
NJ-311(1988), RG-421(1991-1992), NF-431(1998-2000), NF-26(2005-2006), NH-26(2008)、
未紹介ですが、NH-20(2003), NE-20(2004-2005), NE-26(2006)の姿も確認されてます。
LANT/PAC間で移動した機体はC-1A以上にありますが、この162164は終始PACで飛び続けているようです。

>T.Hさん
私がHAWKに乗った時は、タイミング悪く、艦内に戻った時に限ってC-2Aが離発艦してしまいました。
また、何度かお誘いを受けてるようですが(笑)、C-2Aから見たHAWKのショットは1枚しかなく、
ネットにもKF誌にも掲載されましたので、お誘いに応えることができませんでした(笑)
C-2Aは、私個人的にはトラップより衝撃が大きく、離艦後の加速時間も長かったので印象強く残ってます。
今回も、普段見る事のできない数々の貴重な画像の紹介、ありがとうございました。

>PAPPYさん
箱河豚、的を得た表現です(笑)
152790画像、私の要望に応えていただき、ありがとうございます。
厚木で確認できたVRC-50初期生産機14機がコンプリートできました。
今回も皆勤賞でしょうか。いつもながら、楽しく貴重な話題の提供、ありがうございました。

>MACH3さん
C-2Ax3機のオーバーヘッド、DETの定数2機の今では見る事ができませんね。
1970年10月10日のA-3x7機とC-2Ax4機のフライバイがありませんでしたっけ?。
VRC-50DET.DANANGは、さすがのMACH3さんでも分かりませんでしたか。お手数かけました。
NAS North Island時代のVRC-50については、私も調べてみます。
今回もお互いに当時の新発見がありましたね。ありがとうございました。
しかし、このような話題の時、いつも必ず思い出すのがエンドで苦楽を共にした西村直紀氏。
私もMACH3さんも、彼をネットに引っ張り出そうと目論んでいた寸前に彼は天国へ旅立ち・・・。
彼が参加すれば、もっともっと楽しく、そして新発見も沢山あっただろうにね。

>AGC−det.Hさん
今でも飛び続ける長寿機でもあり、C-1Aとはまた違った雰囲気で楽しむ事ができました。
AGC−det.Hさんはじめ皆様のおかけです。ありがとうございました。
次のお題は私は持ち弾不足です。AGC−det.Hさんのお世話になると思いますので、よろしくお願いいたします。

>BATMANさん
VRC-50DET.DANANGはVC-5DET.DANANGがルーツですか。なるほど、納得です。ありがとうございます。
BATMANさんは最近の厚木にも来られるのですね。その日(1/30)は私も162159/NK-30の着陸を撮ってます。
162159/NK-30は元はNF-30で、DET.1機とスワップするために厚木で塗装しました。
機首のインシグニアからも分かるように、DET.5が運用してました。
実際に162152/NK-32とスワップしたのは2007年3月になりました。
さて、今回もBATMANさんには貴重なデータ等でお世話になりました。ありがとうございます。

>DEE JAYさん
CVW-5がウン十年ぶりに本国(North Island)に戻った時、29降りを撮るマニアが増えたでしょう。
話を伺うと、ほとんど時を同じくして太平洋の東と西でC-2Aに乗っていたようですネ(笑)
オーバーヘッドは体験しました?。
私は、オーバヘッド、ウエイブオフ後にホールド、そして再びオーバーヘッド後にトラップ。
オーバーヘッドはもちろんですが、ホールド中のターンも乗ってるこっちの身の事は関知してないような・・・。
真っ直ぐ飛んでガバッとひねってUターンして、再び真っ直ぐ飛んでガバッとひねってUターン。
きついGの繰り返しで頭の血が下に下がって貧血状態になりました(笑)二度と体験したくないですネ(笑)
今回はDEE JAYさんの貴重な画像や体験談でお世話になりました。ありがとうございます。

>SWITCH BOXさん
撮影は1994年3月、CARL VINSON/CVW-14の横須賀入港の頃、ひょっとすると私と同じ3月11日かな?(笑)
VRC-50はその後2004年10月1日付けで解散し、任務はVRC-30の各DETに引き継がれました。
紹介の162147/RG-430と162150/RG-431がVRC-30DET.5としてINDEPENDENCE/CVW-5に配備されました。
そして、その#430, #431のModexはKITTY HAWK/CVW-5になった2004年末まで10年間受け継がれました。
VRC-50解散直前は、RG-420〜RG-431のModexが存在していた中、偶然か意図かは分かりませんが、
#430と#431がVRC-30DET.5機になった訳ですが、もし別のModexだったらどのような結果になったのでしょう。
さて、SWITCH BOXさんからの画像・話題ではお世話になりました。ありがとうございます。

>皆様
いつもながら皆様のご協力で、今回の話題も大盛況で終わる事ができました。
皆様の発掘作業ならびに話題の提供に感謝いたします。ありがとうございましたm(__)m
さて、また皆様と共にリフレッシュ期間に入ります。
次のお題は「GRUMMAN E-1B TRACER」。1週間後ぐらいに始められるように準備します。

なお、グラマン三兄弟のC-1Aから始めて用途別にC-2Aと進んできましたので、
この後は、E-1, E-2, そして、S-2, S-3の順で進める予定です。
皆様も、E-1Bと併せて捜索を進めると効率が良いと思います。

↓オマケ(C-2Aがリーダーなのでご勘弁をm(__)m)

現在VX-20で8ペラ(Bu.No.162142)がテスト中、実際に厚木の上を飛ぶのはいつになるのでしょう・・・。





C-2A GREYHOUND Part.2 Name:広江 Date:2008/11/24(Mon) 18:34 No.1830 ホームページ   
Part.2では、空母搭載CVW所属のC-2Aが少しづつにでも紹介されるとバラエティに富むかもしれません。
↓はConnie搭載CVW-2に派遣されていたVRC-30DET.3。もう1機は162149/NE-33。


>皆様
引き続きPart.2で皆様から「C-2A GREYHOUND」にまつわる話題をお待ちします。
現役で飛ぶC-2Aですので、参加を躊躇されている方の登場もお待ちしますm(__)m

Re: C-2A GREYHOUND Part.2 Name:TAKA Date:2008/11/24(Mon) 20:29 No.1831
こんばんは。そしてお久しぶりです。
TAKAです。こちらにお邪魔するのは何年振りでしょうか、まだBBSが一つだけだった頃に“A-4の嵐”で「思い出の逆光真っ黒OA-4M」を貼らせて頂いた時以来ですね。
さてさて、お題のC-2Aですが、Part.2のサブタイトル(?)「空母搭載CVW所属C-2A」ということで、一枚見つけました。2003年の横田フレンドシップデーに展示されていたUSS CARL VINSON/CVW-9のVRC-30 DET-4所属の162173です。なぜにこんなアングルから撮影したのかよく覚えていませんが、おそらく機体前方にある机等が写り込むのを嫌ったのだと思います。おかげでNGレターからBu.No、空母名とCVW-9、DET-4まで全部入れることに成功しております。(笑)中途半端に折りたたまれた主翼のせいで、斜め前方からでは胴体後半が写らなかったと思います。

当方、あまり写真を持っていないので参加する機会はあまりないかもしれませんが、今回のようにチャンスがあればまた参加したいと思っています。その時はまたよろしくお願いします。


Re: C-2A GREYHOUND Part.2 Name:PAPPY Date:2008/11/24(Mon) 20:30 No.1832
空母搭載CVW所属機はC-2Aに限らずなにか華がありますね。
USS KITTY HAWK の交替機として来たらしいVRC-30 DET-1 のC-2Aでまだ前のCVW-14 NK-32 162152
USS RONALD REAGAN のままのマーキングが嬉しいですね。
2007年3月31日の厚木桜まつりにて。


Re: C-2A GREYHOUND Part.2 Name:ITAZUKE-1 Date:2008/11/24(Mon) 21:38 No.1833
皆様こんばんは
2002年8月 佐世保へ入港する前にプレス関係者送迎のために板付じゃなかった福岡空港に飛来したCVN72のC-2A NH(VRC-30 DET-1)30 2165です。 DETは書き換えられていますがレタ-はもとのままでした。
このとき佐世保への空母の入港は1997年9月のCV-64以来5年ぶりの入港でした。空母が接近するたびに今回は今度はと待ちこがれ裏切られもう入港しないのではと半分諦めていました。


Re: C-2A GREYHOUND Part.2 Name:しか太郎 Date:2008/11/24(Mon) 22:19 No.1834
広江さん、こんばんは。
さすが現役機、動きが早いですね。では、私も一枚。今年の夏にカデナで撮ったNKのC2です。
クルーらしき人が現れたので飛ぶかと期待しましたが、飛びませんでした。


Re: C-2A GREYHOUND Part.2 Name:MACH3 Date:2008/11/24(Mon) 22:23 No.1835
広江さん
152795 "SPRIT OF SUBIC CITY"のDET USS MIDWAYは知りませんでした。
1976年7月に撮ったRG-726にもこの文字は残っていました。
よくよく見るとVRC-50の右側にもDET USS MIDWAYらしきものが残っています。
拡大しましたがはっきりと判別は出来ませんが文字数はあっているようです。
RG-720番台はDET CUBI-PTかと思っていましたが・・・RG-722(155121)も細かいところチェックが必要ですね。


Re: C-2A GREYHOUND Part.2 Name:T.H Date:2008/11/25(Tue) 07:55 No.1836
> 広江 さん

Part.1では VAW-120 『AD』の件、フォローありがとうございます。VAW-110『NJ』が解散して、E-2 & C-2のFRSを1個飛行隊で統括して存続しているのですね。NAS Norfolk (現:NAS Oceana air Det. Norfolk)にて運用されているのでしょうね。最近 あのエリアへも足が遠のき詳細は把握できていません。

C-2A の役割は、陸上と空母を結ぶ 連絡・輸送が主な任務。座席は後ろ向きだし、キャビンには左右後方に小さな窓が1個づつしかなく 乗ってもとっても窮屈な乗り物です(笑) しかし、離陸して近海に居る空母までは30分〜1時間程度なので、暗くてうるさいキャビンを耐え抜いて後ろ向きでトラップした後に 艦橋近くの定位置へ停まってカーゴドアが開くと 目の前にはこんな光景が広がって来て「あ〜本当に空母にやって来たんだなぁ〜!」と実感できます。正に至福の瞬間です。

2006 NOV on JCS  C-2A NG#27 / 162169


Re: C-2A GREYHOUND Part.2 Name:AGC−det.H Date:2008/11/25(Tue) 16:38 No.1838
広江さま、皆さま こんにちは
Part.2になり、俄然色々なテイルレターの機体が登場してきましたね
只残念ながら私はひとつも有りません(NFを除いて)
その頃はエンドから完全に遠ざかっていました
皆さんのバラエティに富んだ写真を楽しんでいます
又RGに戻って申し訳ないのですが、未だ出て来ていなかったBu/Noの機体がありましたので、一枚
機首No.が62なので68年の始め頃だと思うのですが、はっきりした日付は分かりません
>広江さん
最初に造られた15万台、17機+148148の1機の計18機の内、RGで10機確認出来ますね

C-2A 152794 RG/62 VRC-50 Nas Atsugi


Re: C-2A GREYHOUND Part.2 Name:広江 Date:2008/11/25(Tue) 17:03 No.1839 ホームページ
VRC-50機で空母名が書かれた機体は、あまり多くが確認されませんでしたが、
↓は、この撮影翌日にWingsで展示されたので記憶に残っている方も多いと思います。

この時のRANGER/CVW-2のクルーズは、1990年12月8日〜1991年6月8日。
Desert Shield & Desert Srormに参戦してますが、↑のRG-421も支援機として加わったのかな・・・。

>TAKAさん
たしか4年以上前の話題の中で、『最初で最後の「飛んでる」スカイホーク』で登場いただきましたね。
大変にご無沙汰しております。また忘れずに遊びに来ていただき感謝です。ありがとうございますm(__)m
紹介画像は、DET.4に引き渡すために厚木で塗装した元NF-431で、この時はまだDET.5クルーだったような。
そして確か撮影の後に、本物のNG-24/162161と機体交換し、新しいNF-431/162161が飛び始めました。
とてもややこしい話で、よく覚えてます(笑)
しかし、主翼が中途半端なたたみ具合は、垂直尾翼を見せる意図的なものなんでしょうかね。不思議です。

>PAPPYさん
162159/NF-30と機体交換のために3月末に厚木に到着した162152/NK-32ですね。
桜まつりの直後から塗装に入って"NF-32"になりましたので、この時の"NK-32"は貴重ですネ。
C-2Aの他のDET機との機体交換は、地味ですが私の密かな楽しみなんです(笑)

>ITAZUKE-1さん
ABRAHAM LINCOLN搭載CVW-14のDET.1ながら、出港前に受け取った機体が「NH」レターだったのでしょうね。
事情が分からないまま、この写真だけ見てしまうとCVW-11がDET.1と勘違いしちゃいそうですね。
ある意味、過渡期を捉えた貴重な一コマと言えるでしょう。

>しか太郎さん
沖縄の嘉手納らしい、雰囲気ある良いショットですね。
手前の#32は元DET.5のNF-32、垂直尾翼はDET.5塗装のままじゃないですかね。
DET.5塗装の垂直尾翼内側が「NK」と書かれた姿が撮れれば、
ITAZUKE-1さん紹介画像同様に、貴重な一コマとなった事は間違いないでしょう。残念でしたね。

>MACH3さん
ちょっとややこしい話しになりますが、VRC-50のC-2AのModexの変遷を・・・、
1967年2月〜1968年11月頃 : #50 〜 #63(?)
1968年11月頃〜1976年3月頃 : #400 〜 #415
1976年3月頃〜1976年秋頃(?) : #72x (#720? 〜 #726?)
1976年秋頃〜解散した1994年 : #420 〜 #430
つまり、#72xはDETではなく、VRC-50自体の一時的に使われたModexです。
ちなみに152795は、#56(?), #411, #400, #413, #723, #726, #426と変わってますが、
1976年4月に撮影した#723の時、まだ「DET USS MIDWAY」の文字は残ってました。

>T.Hさん
至福の瞬間ですか・・・(笑)。まあ一応、私もその瞬間を味わいました(笑)
私の場合は、上部カーゴドアを開けた瞬間、JBDを越えて排気と轟音が飛び込んできましたので、
ロードマスターが慌ててカーゴドアを閉めてました。至福の瞬間を味わう前の先制パンチでしたネ(笑)
ちなみに、私はトラップの衝撃より、ローンチの衝撃が長い時間だったせいもあるのか、
『あ〜、これで二日間滞在した空母とサヨナラなんだなぁ〜』との印象の方が強く残ってます(笑)

>AGC−det.Hさん
上のMACH3さんへのレスでModexの話題に触れてますが、1967年から1968年にかけての機体とModexは、
152786/RG-50, 152787/RG-51, 152788/RG-52, 152793/RG-55, 152795(?)/RG-56, 152796/RG-57,
152797/RG-58, 148148/RG-59, 155120/RG-60, 155121/RG-61, 152794/RG-62を確認してますが、
あと、152789, 152790, 152792のModexが未確認です。(#53, #54, #63のいずれかだと思いますが)
つまり、148147-148148, 152786-152797, 155120-155124の当時19機の内、14機がVRC-50に集まりました。
まあそれだけ、当時のベトナム戦に加わる空母の数がLANTより圧倒的に多かったのでしょうね。

Re: C-2A GREYHOUND Part.2 Name:ITAZUKE-1 Date:2008/11/25(Tue) 20:36 No.1840
皆様こんばんは
No.1833の数日後2002年8月16日リンカ−ンの入港日撮影ポイントへ行く前にコンビニで購入した新聞に前日C-2が長崎に緊着したと記事が やったぁ リンカーン撮影後長崎空港へ飛んで行きました。(1度入港が1日遅れたことがあり撮れなかったので地元新聞を買って何かないかと見ることにしています。)
福岡で撮ったNK-30の左エンジンを修理中でした。


Re: C-2A GREYHOUND Part.2 Name:BigMac Date:2008/11/25(Tue) 21:31 No.1841
時々話題になっていますが、まだ画像が紹介されていないので「NJ」のC-2Aを。
撮影はミラマーで1988年8月22日です。公開の翌日ですが、トラフィックが多くF-14をメインに数多くの機体を撮影できました。正直展示でC-2を撮った記憶はあったのですが、降りは記憶にありませんでした。今は海兵隊の基地になってしまい、あまり海軍機は来なくなったしまったのかな?


Re: C-2A GREYHOUND Part.2 Name:THUD Date:2008/11/25(Tue) 21:56 No.1842
68年横田でT/Gを行う152796です。
私が横田でC−2を撮ったのはこのときぐらいで、C−2にはあまり縁がなかったです。


Re: C-2A GREYHOUND Part.2 Name:PAPPY Date:2008/11/25(Tue) 21:56 No.1843
空母搭載CVW所属のC-2Aが続けて出てきましたね。
写真はNF-431 162150 で USS INDEPENDENCE の搭載機でWing's 95 ? のデモの時の模様でカーゴドアを
開放しています。 当時はまだF-14やFA-18がガンガンデモフライトをしていた頃で今の厚木ではもう見る
ことは出来ないでしょうね。
写真の使用レンズはC-1Aで話題に出ていたSolgor の400mmでまだたまには使ってますよ、ハマればいいの
が撮れますが基本的に難しいレンズです。


Re: C-2A GREYHOUND Part.2 Name:MACH3 Date:2008/11/25(Tue) 22:19 No.1844
広江さん
VRC-50のC-2Aが1976年にモデックスを72x台に変えていたとは知りませんでした。
1976年10月には423/425を撮っていますので短い期間で変えたんですね。
RG以外のC-2AはVRC-30 DET-3(NH)くらいしか撮っていませんが撮影時の記憶がありません。
後ろのカーゴドアーにトライデントが書かれています。

Modex BuNo.152790は54, 152792は63で1968年に撮っていますので残りは53でしょう。


Re: C-2A GREYHOUND Part.2 Name:T.H Date:2008/11/25(Tue) 22:59 No.1845
No.1836の翌日、同じ NG#27に乗って無事NAS North Islandに戻って来たところです。惜しくも窓に1つ前(後ろ?)の座席に座る事になってしまい、コンデジを片手にファインダーを覗かない状態で窓越しにシャッターを切ったら 基地内のゴルフ場にC-2Aの陰が写っていて、結構気に入ってます(笑)。NAS North Islandで唯一基地の外から着陸が撮れる R/W29へのアプローチです。

Re: C-2A GREYHOUND Part.2 Name:AGC−det.H Date:2008/11/26(Wed) 11:16 No.1846
広江さま 皆さま おはようございます
昨日昼間、自宅上空に重たいジェット音が聞こえたと思ったら、少し飛んだのですね
又エンドに伺いたいと思います
>PAPPYさん
結構ズーと現役を続けていらっしゃったのですね。
エンドでお会いしましょう
>広江さん
レスタイミングずれをフォローしていただき、感謝
RGのModex Bu/noの詳しい解説、ありがとうございます。すっきりしました
(MACH3さん、ありがとうございます)
あの時代の需要に対応するために、実質18機の内の14機がこちら側にいたのですね。
と、言うことはあちら側にはたったの4機? むこうではC-2Aは結構レアな存在だったのでは?

さて私はもう最近のNFしかありません。
NFのC-2AはGO! NAVYを拝見すると、塗装の変遷が結構あるみたいですね。このスレッドでそれぞれを拝見
できればうれしいです。

2年前にウン十年ぶりにエンド展開した時のカット↓を一枚

C-2A 162148 NF/31 VRC-30 DET-5 12,Oct.2006 NAF Atsgi


Re: C-2A GREYHOUND Part.2 Name:エイブルドッグ Date:2008/11/26(Wed) 13:04 No.1847
>広江さん、JM,AD,NJ等、私の予想外のレターが次々登場していますが、意外にもまだRWの写真が出ていないようなので投稿させていただきます。1994年8月7日、厚木に降りるVRC-30 Det Aの30/162165です。後部胴体に小さく、小さくCVW-15 USS KITTY HAWKと書かれています。まだ横須賀配備になる前のCV-63、この航海から戻るとCVW-15は解散する運命でした。

Re: C-2A GREYHOUND Part.2 Name:広江 Date:2008/11/26(Wed) 20:39 No.1848 ホームページ
CVW-5のVRC-30DET.5所属の2機で、『色付き』という表現を時々聞きますが、
2機とも色付きの事が多いので、必ずしも「色付き=CAG機」という事ではないような気もします。
しかしよく見ると、『あっ、やっぱり正真正銘CAG機なんだ』という機体もあります。
↓バトル"E"の後ろに、CVW-5の5色のシェブロンと、その下にCAG名CAPT. J.AUCOIN "JOEY"が書かれてます。

ところで↑の画像、似たアップのNo.1822と比べると、やっぱり初期の頃と微妙に異なりますね。

>ITAZUKE-1さん
No.1833, No.1840の頃、(紹介の)162165/NH-30と162150/NK-31が厚木から連日ミッションフライトしてました。
空母との行き来の途中、福岡に立ち寄っていたのですネ。
NH-30のエンジン調整は右?。

>BigMacさん
E-2/C-2 FRSのVAW-110 "Firebirds"ですよね。貴重な画像紹介、ありがとうございます。  
「NJ」レターは、厚木には、たま〜〜〜に来ますが、VAW-110だけは来なかったです。当然かな(^_^;)
ミラマーと言えばトップガン(笑)、米海兵隊基地と言われてもピン!ときませんよネ。

>THUDさん
当時、「RG」は厚木をホームベースとしていたので、T/Gに横田に行っていたと思っていましたが、
その回数は、私の思っていたほど多くはなかったのですか。
今とは全く異なる(?)横田の背景が時代を感じる貴重なショットですネ。

>PAPPYさん
Wings1995ですか・・・。あまり記憶がないです(^_^;)
「NF」は毎年ガンガン飛んでたので、何かの特徴がないと記憶に残らないのかな?。
撮影はソリゴールの400ですよね?。当たり外れの落差が大きかったでしょう。

>MACH3さん
上部カーゴドアのトライデント(?)、大きいですねぇ〜。初めて見ました。
1976年はVRC-50のC-2Aの定数が縮小され、その直後の短期間だけ使われたModexだと思います。
152794/#721, 155121/#722, 152795/#723, 152790/#723, 152797/#724, 152789/#725, 152795/#726。
152795は4月には#723、7月には#726、と短期間でModexを変えてます。
1968年の#54と#63、ありがとうございます。#53は消去法で152789でしょうね。

>T.Hさん
基地内にC-2Aの影が映るショットは面白いですね。私は撮る気持ちの余裕がありませんでした。
しかし、1個しかない丸窓なのに、どの機体も汚いんですねぇ〜(笑)
私は行きと帰りで、162159/NF-30, 162148/NF-31と機体が異なりましたが、両機とも油べっとりでした(笑)

>AGC−det.Hさん
あらっ?、2006年10月12日(木)って、私もエンドに行ってます・・・。
紹介の162148/NF-31の12:40のR/W01離陸を私も撮ってます。2年前に既にエンドでニアミスしてましたね(笑)
1968年当時のLANTのVR-24(?)は、実質、3機だけだと思います。
「NF」のC-2Aの塗装の変遷は、機体も多くてキリがないかもしれません(笑)

>エイブルドッグさん
今の本家「RW」が、なかなか登場しませんでしたネ(笑)
1994年のHAWK/CVW-15はVRC-30DET.Aでしたか。それは知りませんでした。私のリストに追加させて下さい。
その後のCVW-15の解散は、私は馴染み深かったので寂しかったですねぇ〜。
それにしても、今のVFC-111 "Sundowners"のF-5Nは、私達にはありえないですよねぇ〜(^_^;)

Re: C-2A GREYHOUND Part.2 Name:ITAZUKE-1 Date:2008/11/26(Wed) 21:12 No.1849
皆様こんばんは
>広江さん 失礼しました右エンジンです。それとNK-30と書いていますがNH-30の誤りです。
そのNH-30のサポ−トに飛来していたNK-31です。NH-30の貨物を人力で積み替えて離陸して行きました。
長崎空港にはフォ−クリフトやロ−ダ−などの機材がないので貨物の積み下ろしは大変です。


Re: C-2A GREYHOUND Part.2 Name:MACH3 Date:2008/11/26(Wed) 21:53 No.1850
尾翼のパッチが気になります。
下にはGREYHOUNDの文字が解読できますが、光線の具合で上がよく分かりません。
今は日本近海に空母が来てもC-2A位しか降ろさない寂しい時代となりました。
せめてC-1Aの時の様に空母名を大きく書くとか何かインパクトをとオヤジは思っています。
でも最近の空母名は長いから・・・場所がないかな?


Re: C-2A GREYHOUND Part.2 Name:PAPPY Date:2008/11/26(Wed) 22:02 No.1851
昨日、今日と会社の上空にジェットの金属音を響かせて結構近くを飛んでいるらしく気になってます。
>AGC-det.Hさん 現役とはいきませんがやはり気になりますよね、そのうちにエンドでお会いできる日を
楽しみにしています。
No.1808でエイブルドッグさん紹介の給油プローブを突き出したやつはこれ一機RG-424 152797とすると
かなりレア物ですね、83年2月頃の撮影と云うことはこの頃もプチ展開していた様です。


Re: C-2A GREYHOUND Part.2 Name:Gulf4 Date:2008/11/26(Wed) 22:34 No.1852 ホームページ
「白鼻」のC-2は撮っていないと思っていたのですが、出てきたのが
この152786、RG-401で、撮影は1970年5月の大阪国際空港(伊丹)。
大阪万博の特別機を狙って行ったのですが、これは外れだったはず。
背景に写っている新明和の構内にC-117、S-2、HU-16など見えます。
S-2はタイの機体だった記憶も?


Re: C-2A GREYHOUND Part.2 Name:T.H Date:2008/11/27(Thu) 06:53 No.1853
PACのVRC-30のC-2Aは『RW』のテイルコードを書き入れていますが、一方LANTのVRC-40は『JK』のレターを書き入れている姿を見た事がありません。ホームベースのNAS Oceana Air Det. Norfolkのフライトラインにも2〜3度行った事がありがますが、N/MのC-2Aが列線を形成しているだけでした。写真は’96年のNAS Oceana Air showに展示されたVRC-40の機体。Det.でCVW-3に派遣されている or されていた?時期のようで珍しくテイルコード『AC』が書いてありました。

> 広江 さん
行きと帰りで違うC-2Aに乗れたのはラッキーでしたね!私の数少ない経験では、たいてい同じ機体での往復だったと思います。ハッキリ覚えていない時もあるんですがねぇ・・・


Re: C-2A GREYHOUND Part.2 Name:広江 Date:2008/11/27(Thu) 10:07 No.1854 ホームページ
皆さん、「背中バックリ」と「お腹バックリ」、どちらがお好み?。聞くまでもないかな(笑)


でも、たまには「お腹バックリ」もイイのでは?(笑)。と言うより、簡単そうですが↑もなかなか撮れませんよ。

>ITAZUKE-1さん
紹介のアングルでは内側のレターが見えますが、通常の離着陸では勘弁してほしいと、いつも思ってます(笑)
NK-31に貨物を載せ換えたとは、NH-30は結構重症(?)だったのでしょうか・・・。
急ぐ荷を待つ人や部門のためにも、とにかく飛ばさなければ、との意気込みもあったのかな。

>MACH3さん
私も、その時期に152795/RG-426を撮りましたが、垂直尾翼のマークは判読不能でした。
今のC-2Aは空母所属のC-1Aと異なりCVW所属ですから、一応、「NF」以外のレターを撮れる楽しみもあります。
しかし、内側にレターを書く機体は、撮っても変化はありませんけどネ(笑)

>PAPPYさん
給油プローブ付きの152797/RG-424を最初に撮った時、S-3のタイプだと思い込んでいたので、
『あれっ?、引っ込まなくなっちゃったのかな?』と勘違いしちゃいました(笑)
空中給油までして長時間飛びたいヒコーキじゃないので、計画倒れになったと私は密かに思ってます(笑)

>Gulf4さん
ベトナム戦当時、伊丹(新明和)には、C-1, S-2, HU-16, C-47/C-117、等々、
厚木には来ないけど伊丹には降りた貴重な機体も数多いはずです。
RGのC-2Aも部品などの物資を運ぶフライトがあったのかもしれませんね。
タイ・トラ、韓トラはその後、厚木NIPPIにも来ました。

>T.Hさん
私もネットなどでもVRC-40所属機のテイルレターを書いているのを見た事がありません。
1990年代半ば頃には各CVWのテイルレターを書いてましたが、現在はCVWのテイルレターさえ書き入れてません。
紹介の「AC」レター機は1996年11月からのTR/CVW-3クルーズ用の機体ですかね。

>皆様
クローズにちょうどよいレス数を越えましたので、ここは一旦クローズします。
ここまでに、各部隊やテイルレター等、はだいぶ出揃った感もありますので、
次に立てますPart.3は「最終章」とさせていただきます。





GRUMMAN C-2A GREYHOUND Name:広江 Date:2008/11/22(Sat) 20:38 No.1806 ホームページ   
配備当初のC-2Aの鼻は黒ではありませんでしたが、私はこちらの方が愛嬌があるようで好きです。
皆さんは如何ですか?。

なお、↑の152793/RG-407は1971年12月12日、事故で失われてます。

>皆様
C-1Aを終えてから1週間が経ちました。
今回のお題は、事前にお知らせしたように「GRUMMAN C-2A GREYHOUND」です。
1967年に(当時)厚木をホームベースとしていたVRC-50に配備されて以来、
現在でも空母には必要不可欠なCOD機として飛び続けていますので、
年代に関係なく、多くの方々にも馴染み深い機種ではないでしょうか。

しかし、配備部隊が限られていますので、機体(Bu.No.)や部隊の重複が充分に予測されますが、
参加される方は、そのような事を一切気にせず、皆さん個々の話題としてマイペースに参加下さい。

それでは、現役で飛ぶC-2Aですので幅広い方々からの参加をお待ちしますm(__)m

追伸.
新しく参加される方も含め、メールアドレスは基本的には非表示でお願いします。
もし表示を必要とされる場合は、「@」を全角の「@」や「☆」などで投稿いただき、
利用される方は半角の「@」に置き換えてご利用下さい。

Re: GRUMMAN C-2A GREYHOUND Name:PAPPY Date:2008/11/22(Sat) 20:51 No.1807
C-1AからC-2Aへの引き継ぎと言うことで68年5月19日の雨の三軍統合記念日のショットから。
手前からVRC-50のC-1A RG-12 146035, C-2A RG-60 155120, C-2A RG-61 155121 です。
良く見ると真中のC-2Aのプロペラが外されているのが分かりますか。
RG-60は記録にによるとベトナム戦争中の1970年のトンキン湾の空母レンジャーからの発艦に失敗して
失われた様です。


Re: GRUMMAN C-2A GREYHOUND Name:エイブルドッグ Date:2008/11/22(Sat) 21:24 No.1808
>広江さん、
いよいよ始まりましたね、C-2。40年以上も使われているのに未だにA型のままで外形上の変化はほとんど無いC-2ですので、変わったのといえば頭に浮かぶのはこの空中給油プローブを突き出したRGの424/152797位です。1982年に現れてこれから皆付けるのかと思ったらこれ一機で終わりでしたね。C-2は私の好きな機体ですが、これのプラモは永遠に出ないでしょうねえ。C-1よりは見込みあるかなあ。1983年2月27日の撮影です。


Re: GRUMMAN C-2A GREYHOUND Name:MACH3 Date:2008/11/22(Sat) 22:10 No.1809
皆さんこんばんわ
C-2A始まりましたね。
私はC-1A同様機首にCODと書かれたC-2Aから。
広江さん、話が戻りますがC-1A 146023 NAF ATSUGIの墜落時の記憶違いすっきりとしました。
今後も古い話が出そうですので、記憶違いが訂正されれば嬉しいです。


Re: GRUMMAN C-2A GREYHOUND Name:AGC−det.H Date:2008/11/22(Sat) 22:52 No.1810
広江さま 皆さま  こんばんは
ウン十年ぶりに、今で言う、FLY IN 、昔で言う入港を体験!し、その興奮が冷め遣らぬ内の
GRYHOUNDスタート、気を新たに、ちょっとだけ参加させて頂きます。
( C-1ほど手持ちが無いので、私はすぐ終わりそーですが)
日本に初飛来した年の三軍記念日に、展示されたRG55です。
ちなみに、厚木初飛来は、私の知るかぎり、1967.02.24のRG51-152787だと。

C-2A 152793 RG-55 21,May 1967 NAS Atsugi


Re: GRUMMAN C-2A GREYHOUND Name:T.H Date:2008/11/22(Sat) 22:58 No.1811
広江さんが書かれていますが、C-2Aの部隊はごく少数しか無いですね。私自身は2〜3回しか撮れなかった JMレターのC-2Aですが、機体に部隊名が書かれていないので、VRC-40だったのか?定かではありません。
’90年と'92年の2回だけインターナショナル・エア・タトゥーの谷間の年にA&AEE ボスコム ダウンで開催された "エア・トーナメント・インターナショナル" という名のエアショーに参加し、帰投時の離陸シーンです。

> 広江 さん
確か補充機で1度だけ厚木に JM のC-2が降りたと 昔聞いた覚えがありますが、部隊はご存知でしょうか?

A&AEE   BOSCOMBE   DOWN   15 JUN 1992


Re: GRUMMAN C-2A GREYHOUND Name:ELINT人/K's18 Date:2008/11/23(Sun) 08:44 No.1812 ホームページ
広江さん、皆さん、こんにちは。
皆さんの昔のC-2の画像を、楽しませていただいてます。
私は米軍機の撮影を始めたのが最近なので、貴重な画像は持っていません。

今年の5月に、嘉手納で撮影したC-2を貼らせていただきます。
また、ネタがありましたら出てきます。


Re: GRUMMAN C-2A GREYHOUND Name:CJ Date:2008/11/23(Sun) 11:10 No.1813
2004年航空ページェントの翌日お帰りの画像です。
雨の中タキシングしています。

C-2A 162161/NF431 2004.9.13 丘珠


Re: GRUMMAN C-2A GREYHOUND Name:THUD Date:2008/11/23(Sun) 13:16 No.1814
広江さん、皆様こんにちは。
C−2もほとんど手持ちがありませんので、プチ参加です。MACH3さん、AGC−det.H さんからすでに紹介されている152793で恐縮ですがその当時の様子を。


Re: GRUMMAN C-2A GREYHOUND Name:広江 Date:2008/11/23(Sun) 17:02 No.1815 ホームページ
T.Hさん質問の補充機の件です。
R/W19でアプローチしてくるC-2Aを見て、トンネルの上から撮影位置に移動。
迫ってくると、異様な大きさのModexに瞬間的に『何か外来が来た』と悟りました。
まさか遠い地中海から「JM」レターのVR-24機が来るとは夢にも思ってませんでしたので、
実際に撮った時には、本当に驚きました。
この後、VRC-50のRG-427となり、当時の迷言『降りたモノは上がるんだヨ』が崩れました(笑)
ところで、この152792は、元々RG-406で飛んでいたので、ある意味、出戻りだったんですネ。
当時は機数も少なかったので、PAC/LANT間の移動が時々あったようです。

機首に書かれているのは、小さいながらもバイセンティニアル関連のマークです。

>PAPPYさん
1968年5月19日(日)の雨の三軍統合記念日は私も覚えてます(笑)
紹介の他に、地上展示されていたのは、C-1A 136760/RG-14とC-2A 152788/RG-52でしたね。
VRC-50のC-2Aは1967年2月に厚木に到着してから#50〜#61のModexでしたが、
1968年11月頃から#400〜#415に変更しましたので、1970年12月15日に墜落した155120はRG-414です。

>エイブルドッグさん
水平尾翼付け根の胴体の膨らみやアンテナ等々、微妙な差はあるのですが、名称はC-2Aのままですね。
その中でも特異な存在は、紹介の152797。
空中給油プローブの改造機は、結局、この1機の試作(?)で終わっちゃったようですね。
現在の注目は、E-2Cと同じ8枚プロペラブレードのテスト機(Bu.No.162142)。
いずれ、CVW-5にも8ペラC-2A (NPと呼ぶのかな?)が配備されると期待してます。

>MACH3さん
上でプロペラブレードの話題となりましたが、
初期のC-2/E-2のプロペラブレード端は角ばっていましたが、いつの頃からか丸みを帯びた形に変わりましたね。
そして、間もなく8ペラに変わろうとしている・・・。
40年以上は、やっぱり長いですネ。

>AGC−det.Hさん
1967年5月21日(日)の三軍統合記念日も楽しかったですネ。
画像RG-55の右端にちょこっと見えるフライトラインと南端のフライトラインに私は釘付けになりました(笑)
1967年2月24日に厚木に到着した152787/RG-51ですが、1966年12月6日に本国で受領したようです。
訓練期間を経て厚木に到着したのでしょうね。

>T.Hさん
「JM」レターは、T.Hさん撮影当時はNAF Sigonella, SicilyをホームベースとしていたVR-24です。
Souda Bay(Crete)やRota(Spain)にDETを置いて、Medクルーズの空母のCOD任務に就いてました。
VR-24は1993年1月31日付けで解散し、VRC-40DET.体制に変わって現在に至ってます。
「JM」レター機は、アメリカ本国では貴重な存在で、ヨーロッパで撮れる機会が多かったと思います。
質問の補充機の件は上で紹介しました。

>ELINT人/K's18さん
1/24〜6/3のCVW-11/NIMITZのクルーズの162164/NH-26は厚木には来なかったかな???。
もう1機の162173/NH-24は162148NF-31とのスワップで厚木に飛来し私達に馴染み深くなりました。
しかし、よく考えたら、162164はNF-26として2005年2月〜2006年3月の間CVW-5に所属してましたね。

>CJさん
背景に陸自UH-1が写り込んだ見慣れない風景の中のC-2Aは新鮮に映ります。
私達に慣れ親しんだCVW-5固有のModex #430と#431は2004年末まで使われていましたが、
2005年初めからはVRC-30のModexを変えずにCVW-5に配備されるようになりました。
おかげで、今では色々な機体(Modex)の撮れる楽しみが増えました。 

>THUDさん
1967年5月21日(日)は私は遅れて入ったので、既にNo.1814紹介と同じような状況でした。
しかし、当時は人が周りに居ようと気にせずシャッターを押していたようです。
まあでもそのおかげで、当時の服装・髪形や手に持つカメラなどから、時代を感じる事にもなってます(笑)

Re: GRUMMAN C-2A GREYHOUND Name:PAPPY Date:2008/11/23(Sun) 20:02 No.1816
皆さんこんばんは。 1967年5月21日の三軍記念日にMACH3さん、AGC-det.Hさん、THUDさんそして広江さん
達と同じ時を楽しんでいました。
私も確かNKのKA-3B, RA-5CやA-6Aなどに目を取られC-2Aのところに行った時はTHUDさんの状態でした。
フライトラインにはA-1Hスカイレーダーが列線をなして駐機していてこの日の三軍記念日は大当たりだった
と思っています。
C-2A RG55はまだピカピカの新鋭機で13カット、左となりに居たC-1Aは1カット撮っていました。


Re: GRUMMAN C-2A GREYHOUND Name:AGC−det.H Date:2008/11/23(Sun) 20:37 No.1817
広江さま 皆さま こんばんは
67年のA.F.Day, やはり皆さんお撮りでしたね。
私は朝一でエプロンに行ったので、ほとんどのカットに人が入っていませんでしたが、今こうして改めて見ると、広江さんも仰っていますが、THUDさんの写真のほうがはるかに味のあるカットになっていますね。
これは今撮る写真にも言える事と思います

C-2は直近のNFを除くと、Bu/Noでたったの7機(全てRG)しか撮っていない為、
どうもあまり俄か調べも進みません
その中で、一機だけ14万台の機体−148148−が出て来て、あれ?っ と
で、“ちょこっと調べ”によると、148147、48、49、は初めW2F-1(E-2A)に成る予定?が
C-2Aの最初のプロトタイプの3機に成った模様。 c/n1〜3みたいです
冬のR/W01に降りる↓148148はC-2Aの2号機らしいのですが。
>広江さん、後はよろしく

C-2A 148148(c/n2) RG-59 VRC-50 28,Feb.1968 NAS Atsugi


Re: GRUMMAN C-2A GREYHOUND Name:T.H Date:2008/11/23(Sun) 20:40 No.1818
> 広江 さん
JMの厚木飛来画像の紹介と部隊の解説ありがとうございました!そういえばVR-24という部隊がLANTに有ったのでしたね。PACがRG、LANTは JM という時代ですかね。
LANTつながりで、これも無くなったFRS部隊のVAW-120『AD』を紹介します。E-2とC-2両方の転換訓練部隊でした。PACにはVAW-110 『NJ』が、かつてはNAS MIRAMAR にありました。ADの方は NAS NORFOLK に居たと思います。撮影は’92の春です。



Re: GRUMMAN C-2A GREYHOUND Name:BigMac Date:2008/11/23(Sun) 20:40 No.1819
皆さんこんばんは。1995年9月10日の撮影です。
ノースアイランドを離陸するC-2Aです。このポジを見つける前は、もっと機体も大きく、手前の海も写りこみ、開放的な写真と思って探したのですが、発見してみたら機体は小さく、海も少ししか写っていませんでした。今思うと意外とアメリカ本土ではC-2を撮っていないようです。


Re: GRUMMAN C-2A GREYHOUND Name:Straight Wings Date:2008/11/23(Sun) 21:39 No.1820
広江さん、皆さんこんばんは。
C-2Aは黒鼻でないほうに愛嬌があり好きという広江さんに同感です。67年の三軍記念日のC-2Aは私も撮りましたが、それ以外の手持ちショットは黒鼻ばかりです。カナダのロンドンエアショーに飛来したVAW-120のC-2A S/N162174がカーゴドアを開きつつあるところです。1990年6月の撮影。S/Nのすぐ右に小さく40と入っていますがなんなのでしょうか。


Re: GRUMMAN C-2A GREYHOUND Name:BATMAN Date:2008/11/23(Sun) 22:27 No.1821
>広江さま、皆様 今週木曜日のThanksgiving明けの厚木が愉しみですね。
写真は1970年の同じ頃の撮影のRG401(152786)です。見にくいですがコクピット下にFoo Dogのインシグニアが描かれています。1967年の配備当初C-2のT/GないしはFCLP訓練は木更津(KIZ)で行なわれていました。現在の厚木でも延々とT/Gが行なわれますが当時はKIZで行なわれる事が多く最後は誘導路に入りエンジンを止めず後部ランプを下ろして木更津の水兵あての物資・郵便等を渡す光景が見られました。
 さて当時の写真ではEssex級の攻撃空母でもC-2が運用されたようですが首輪のトーバー発艦が基本でもブライドルでの発艦が出来たのでしょうか。それともEssex級もトーバーに改造されていたのですか。


Re: GRUMMAN C-2A GREYHOUND Name:広江 Date:2008/11/24(Mon) 08:27 No.1822 ホームページ
米海軍でC-2Aは合計58機が存在します。(新規に製造したのは56機)
まず、C-2A原型としてE-2A原型から2機(148147-148148)が改造され、テスト後、C-2A実用型として配備。
純粋に生産されたのは17機(152786-152797, 155120-155124)。
合計19機がPACのVRC-50とLANTのVR-24に配備されCOD任務に就きました。
当初は足りていたC-2Aでしたが、1980年代にC-1A引退と共に孤軍奮闘のC-2Aに不足が生じ、
FY1984から39機(162140-162178)の追加生産が決まり、1989年までに新型C-2Aの配備が完了しました。
と共にBu.No.155124以前の旧型C-2Aは1987年までに全機が引退しました。

つまり、『40年以上も空母運用されるC-2Aって大丈夫なの?』の声を時々耳にしますが、
現在飛ぶC-2Aは全て162140以降なので、最長でも機齢は20歳ちょっと?(笑)
とは言えガタツキ始めているのでSLEPで延命され、最近は8ペラもテストされてます。

>PAPPYさん
1967年5月は、まだC-2Aはピカピカの新造機でしたね。
支援機ながら当時としては最新鋭の機体なので、私も隅々を触って楽しみました(笑)
しかし、No.1806でもコメントしましたが、152793は1971年12月12日に事故で失われてます。(この時はRG-407)

>AGC−det.Hさん
上で説明したように、E-2A原型3機(148147-148149)の内、2機(148147-148148)をC-2A原型に改造しました。
これは生産ライン上での転換ではなく、実際にE-2A原型として完成後にC-2Aに改造されたようです。
ちなみにC-2Aの1号機148147は、1964年11月18(?)日に初飛行しテスト中の1965年4月29日に事故損失となってます。
ですので、実質148148がC-2Aの一番古い機体と言っても過言ではないかもしれませんね。

>T.Hさん
PACのVRC-50とLANTのVR-24共に解散し、現在のPACのVRC-30とLANTのVRC-40体制が確立されたようです。
機種毎のFRSに整理統合された現在のC-2A/E-2Cの訓練部隊VAW-120は、まだ健在だと思います。

>BigMacさん
思い描いていたイメージと現実には開きがあったようですが、全景を捉えた面白いショットだと思います。
下に写る機影にも興味大ですが、S-3のラインの白い機体はUS-3Aかな?(^_^;)
ノースアイランドには行った事がありませんが、これはR/W11からの離陸ですか?。

>Straight Wingsさん
黒鼻は黒鼻で引き締まって格好良いですが、おまぬけ顔が私は好きなんです(笑)
C-2の重々しいエンジン音が聞こえてきそうなショットですが、8ペラの軽い音は不似合いですよね。
Bu.No.の後ろの小さな数字はGRUMMANの製造上のブロックナンバーです。
A-6やF-14でも時々見かけたと思いますが、それも同じです。

>BATMANさん
Foo Dog↓ですネ。ちょうど、148148のアップ画像がありました。

C-2Aのエセックス級空母からの運用は私も気になってました。
フォレスタル級以上で、A-4, F-8, F-4と共にA-6やE-2が運用されるようになると、
シャトルがブライドルと射出バー兼用タイプに変更されましたので、
それと同タイプがエセックス級やミッドウエイ級にも採用されたのではないかと私は推測してます。

Re: GRUMMAN C-2A GREYHOUND Name:MACH3 Date:2008/11/24(Mon) 08:46 No.1823
1970年代初め頃はC-2A=VRC-50だったので降りてきてもカメラを向けないことがありました。
ラジオの無いこの頃、外来機のC-2Aが降りてきたら見ていた人が沢山出ていたかもしれませんね。
機首のインシグニアはC-1A,C-2AそしてC-130Fに付けられていましたがCT-39Eにはあったか覚えていません。
VRC-50はNAS CUBI POINTにDETを派遣していましたので貼ります。


Re: GRUMMAN C-2A GREYHOUND Name:PAPPY Date:2008/11/24(Mon) 09:54 No.1824
USS KITTY HAWK のVRC-30 DET-5 C-2A NF-430 162148でフックランディングでアプローチ中のものです。
この頃はもうほとんどエンドに行ってなくプチ展開の時のもので2000年頃の厚木と思います。


Re: GRUMMAN C-2A GREYHOUND Name:エイブルドッグ Date:2008/11/24(Mon) 11:38 No.1825
広江さんご紹介の機首アップをさらにアップした、手描き感あふれるFOO DOGSのエンブレムです。84年5月20日の厚木の公開で展示されたRG 426/152795に描かれていたものです。ご存じの通りVRC-50は1994年10月に解散しますが、94年というのは海軍関係者が「大虐殺の年」と表現したほど、他にも我々になじみ深い部隊も含めて多くの部隊が解散させられましたね。

Re: GRUMMAN C-2A GREYHOUND Name:AGC−det.H Date:2008/11/24(Mon) 12:30 No.1826
広江さま 皆さま こんにちは
白ハナ君、黒ハナ君、どちらにしても、愛嬌のある顔ですね
グレーハウンドとはよく付けたものです
>広江さん、
148148の件、詳しい解説ありがとうございます。
実質、運用1号機ですね。このBBSのお陰で色々な発見があり、楽しいです。
しかしE-2Aとして造られた後にC-2Aに改造とは。なんか反対みたいですよね?
ちなみに、8148は87.06.19にVRC-30(RW30)からAMARCに入っている模様です。
>MACH3さん、
私もRG403↓を撮っていましたので、よく見たら同じエンブレムが貼ってあり、今初めてDet.CUBIという事を
発見したしだいです。撮影日が不明ですみません

C-2A 152788 RG/403 VRC-50 Det.Cubi NAS Atsugi


Re: GRUMMAN C-2A GREYHOUND Name:ITAZUKE-1 Date:2008/11/24(Mon) 18:14 No.1827
皆様こんばんは
築城公開で予行 本番と2往復 画像処理で出遅れてしまいました。
68年12月09日 板付R/W16へ向かうRG-404 2789です。板付時代の飛来は少なかったようです。最近は佐世保へ空母が入港する前にプレス関係者を送迎するときに飛来するくらいです。


Re: GRUMMAN C-2A GREYHOUND Name:Gulf4 Date:2008/11/24(Mon) 18:22 No.1828 ホームページ
関東在住の当時は横田に行くことが多くて、厚木にはほとんど
行かなかったこともあって撮影したC-2は少ないのですが・・・。
1999年9月5日、丘珠の航空ページェントに参加した162164で
VRC-30 DET-5の所属機です。
丘珠の航空ページェントに参加する米軍機の多さに驚きます。




Re: GRUMMAN C-2A GREYHOUND Name:広江 Date:2008/11/24(Mon) 18:30 No.1829 ホームページ
1975年12月19日(木)、翌日に帰港するMIDWAY搭載のCVW-5機のFly in(当時は、この言葉を知りませんでした)。
MIDWAYのCOD C-1Aはまだ現役でしたが、VRC-50から分遣隊(DET)も派遣されてました。
しかし、胴体下部に小さく書かれた「DET. USS MIDWAY」の文字は当時は珍しかったです。

ちなみに、この日降りたのは・・・、
VF-161x4, VF-151x6, VA-93x7, VA-56x5, VA-115x4, VAW-115x1, VQ-1DETx1, VRC-50DETx1、と少なめ。
翌日の入港前にVA-56x2とVMAQ-2DETx1しか降りてませんので、
記録がありませんが、ひょっとして↑の撮影の前日12/18にも降りたのかもしれません。

>MACH3さん
DET. CUBI POINTは、私はVRC-50が(一時的に)NAS North Islandに移駐した時期と思ってました。
そこで調べなおしたら、1968年9月にDET. CUBI POINTが編成されていたようです。
このスレッドで話題が出なければ、私はずっと勘違いしていたままだったかもしれません。

>PAPPYさん
私はC-2Aの着艦フックを下ろした姿を1〜2度しか撮ってませんが、短いのには、ちょっと驚きました(^_^;)
162148/NF-430は、2000年8月から2003年1月まで確認されてます。
当時の機体交換サイクルは長かったのですが、最近は1年にも満たない機体があるので、要注意です。

>エイブルドッグさん
開催年を忘れましたが、三軍記念日にVRC-50ハンガー内にあった木箱に貼られたFOO DOGSのステッカーを
丁寧に剥がして今でも大事に保管しています。時効かな???。
ただし現在は、裏に付いた木くずが乾いてバリバリです(笑)
1994年は米海軍の「大虐殺の年」でしたか・・・。

>AGC−det.Hさん
S-2からC-1が開発された例にならって、E-2からC-2を開発したようです。安易ですネ(笑)
E-2A(当時はW2F-1)の1号機(空力試験機)の初飛行は1960年、C-2Aの初飛行は1964年です。
VRC-50にはDET. CUBI POINT以外にC-1Aの話題No.1795で登場したDET. DANANGもありました。
その後、US-3Aの運用はインド洋の小島Diego GarciaにDETを派遣して運用してました。
この話題は、E-1, E-2, S-2, S-3の順で進むと登場するかもしれません(笑)

>ITAZUKE-1さん
板付時代は、C-2AよりC-1Aの飛来数が多かったのですか・・・。
C-1AとC-2Aの足の長さの差でしょうか。ちょっと意外に感じました。
最近は、プレス関係者の送迎で「NF」以外のVRC-30DET機の飛来があるようですね。

>Gulf4さん
C-2Aの横田飛来は、厚木からT/G訓練で行く時ぐらいで、外来としての飛来は少ないでしょうね。
そして、厚木から西or南の基地に飛来する機会は多くても、厚木より北の基地は三沢止まり?。
その点、丘珠は近くでも見れ(撮れ)、貴重ですよね。

>皆様
もう定番となってしまいましたネ。
レス数も適度になりましたので、ここは一旦クローズしてPart.2を立てます。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -