GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





C-130 Vol.2 Part.7 Name:広江 Date:2010/12/10(Fri) 07:18 No.4419 ホームページ   
↓は立川基地南側01エンドから撮ったショットです。
この66-0225は、何処をどう調べても型式がHC-130Pと出ます。
しかしこのショットでは見えませんが、両翼端の空中給油ポッドは未装備です。
当時のHC-130系の空中給油ポッドの有無だけでは型式が見分けられないと初めて知りました。
なお、この66-0225も後にMC-130Pに改造されたようです。


>皆様
今日も新スレッドPart.7でスタートします。

さて、Part.6で軟球でお願いしましたが、再度、直球で申し上げます。

今回の話題、かなりヒートアップし、関連性のない複数のレスが増えてきました。

BBS IIでは従来から適度なレス数(約20前後)を目安にスレッドをクローズしていますので、
複数レスをされる方が増えてくると、スレッドが長くなり見づらくなったり、
または他の方が書き込むタイミングを見失いそうな心配もあります。
今回は私もネタが尽きるまで(笑)とことんお付き合いしますので、焦らずとも大丈夫です(笑)

比較や変遷など、話しの流れで複数の画像が必要な場合を除き、1レスでお願いしますm(__)m
盛り上がりに水を注すかと心配もありますが、皆様にはご理解とご協力をお願いいたします。

Re: C-130 Vol.2 Part.7 Name:A-330 Date:2010/12/10(Fri) 08:47 No.4420 ホームページ
広江さん 皆さんおはようございます。
>広江さん 皆さん
複数レスでご迷惑をおかけしてすみませんでした。自戒しています。
今日はHC機を一枚 ANGのベトナム迷彩HC−130(82102)です。横田にて 撮影日不明です。
>KNOBさん
そうです、当時はみんなECとは言わずに『かすみ網』で通用してましたね。ところでコマンドソロは何と読んでいたのか思い出せません。


Re: C-130 Vol.2 Part.7 Name:TROUT Date:2010/12/10(Fri) 09:21 No.4421
おはようございます、広江さん皆さん。
>広江さん派生型が多いこの手の飛行機(多分他にはもう無いような気がしますが)はじっくり焦らず進行した方が充実した資料アルバムが出来そうですね(^_^)
タンク、ポッド装備の機体はKC-130Fでも見られたように、時折それを取り外した姿を見掛ける時があります。今日紹介のC-130E"DE"64-7680(73年7月横田)も通常のタンク装備ですが、70年夏にはタンクを外した姿を見掛けました。その時はB型とばかり思っていましたが、外装だけじゃなくてS/Nも良く確認する必要がありますね(^_^;)
>つばどんさん、"7UP"は両側共にありましたか。横田の転がりアップを撮りたかったです。


Re: C-130 Vol.2 Part.7 Name:THUD Date:2010/12/10(Fri) 10:33 No.4422
今回はのんびりとコーヒーを飲んでる場合じゃない(笑)勢いですが、ブレーク画像(またエンドシリーズです(^^ゞ)を一枚。1967年5月の立川砂川エンドです(C-130AのS/Nは不明)。女子高生がバレーボールなどをしていてノンビリした風景です。米軍(に限りませんが)の基地としては異常な(笑)フェンスの低さと機体との距離の近さがわかると思います。砂川闘争などでモメていたこともありますが、こういう環境を防衛庁と米軍がよく放っておいたなぁと今でもちょっと不思議です。いや、私は感謝してますけど(笑)


Re: C-130 Vol.2 Part.7 Name:toksans Date:2010/12/10(Fri) 16:41 No.4423 ホームページ
広江さん>あれほど注意されたのにMC-130PのS/Nを失念してしまいました。69-5831です。1970年8月29日、横田で撮影の556RS/347TFWのC-130B-II 59-1526。RC-130Bとも呼ばれたB-IIの外観の特徴は、機首後方上部の傾斜したアンテナのみ。翼端の外部燃料タンクはSIGINT受信アンテナを偽装したものだが通常の外部タンクとの見分けは難しい。と、判ったような事を書いていますが当時は全く普通のC-130Bとして撮っていました。

Re: C-130 Vol.2 Part.7 Name:KNOB Date:2010/12/10(Fri) 16:59 No.4424
広江さん、皆さんこんにちは。
今日はメジャーコマンドのAMCのC-130を。2003年にネリスAFBでのショーにやってきたC-130H(74-1665)です。
この機体はテキサス州ダイエス空軍基地の317AG/40ASに所属している機体ですが、
サンダーバーズの支援を行ったようです。特に展示されるわけでもなくバーズの予備機の脇に駐機していました。
与太話ですが、親部隊がAW:Airlift WingでなくAG:Airlift Groupなのは317AGには運用されている「Group」が1つ
しかないためにWingを構成できないからです。「Group」が2つ以上で初めて「Wing」を構成できます。
たとえば嘉手納の18thWGだと、Operation Group、Mission Support Group、Medical Group等、「Group」が2つ以上存在しているので「Wing」となります。317thにはOperation Groupのみしかないため、317th Airlift Groupとなってます。

>広江さん
ミズーリANGのXPの由来をいろいろ調べましたが、分かりませんでした。土地の名前とも関係ないし
空港のIATAコードとも違うし。。。単純に「意味の無い文字列」なんでしょうか(笑)

>A-330さん
コマンドソロは・・・なんと呼ばれてましたっけ??記憶に無いです^^;


Re: C-130 Vol.2 Part.7 Name:det.H Date:2010/12/10(Fri) 18:05 No.4425
NATWP、一年半ほど前にHSBに一度出した折に調べたところでは、1965.10.15にVR-22がPac.展開の為、NorfolkよりMoffett Fieldに移動、1967.06.30にDe-est.している という事でした しかし今回改めて調べようとしたところ、このWebが見つからず、Wiki.によれば、Norfolkに展開した部隊はVR-22で、Moffett Fieldに展開したのはVR-7とメンテナンスSQ.,VR-8という事でした 立川に展開したのはそのVR-7のDet.となっていました Nav.Avi.NEWS 1967年、4、6月号ではVR-22が、東南アジア、ベトナムで大働きをし、67年3月31日にダナンからモフェットへのフライトがラストオペレーションとなった、と書かれていました 
VR-22のDe-estは67年4月、VR-7のDe-estは67年3月と書いてあるものもありました
ですので、日本で撮られた部隊はVR-7、VR-22、どちらかは??
>広江さん、LANT.の件ですが、VR-3がMcGuire AFBで、VR-22は先に書いたように初めはNorfolkで、MATS EASTAF`S NATW Atlanticでした
時間が無く、中途半端な調べ方になってしまいました すみません m(_ _)m
あと、もう一機、63-7781を撮っていました 両機ともエンブはMACでした
                       


Re: C-130 Vol.2 Part.7 Name:Gulf4 Date:2010/12/10(Fri) 20:38 No.4426 ホームページ
改めて皆さんの写真を見ながら、自分が撮った機体の正体を今になって知ることも多いですね。
テールレターのないC-130Eですが、その代わりに(?)大きな星条旗が記入されています。
1995年7月、RAF Fairfordで撮影したC-130E(70-1271)。
ドイツのラムシュタインをベースする86thAWに所属していました。


Re: C-130 Vol.2 Part.7 Name:N Date:2010/12/10(Fri) 20:57 No.4427
広江さん、皆さん今晩は。
改めてC-130のバリエーションの多さに驚いています。
 
すでにKNOBさんやA−330さんが紹介されていますが、自身で初めて撮ったEC-130H(CC)です。
横田のR/W18の降りで、41ECS 73-1586を1990年5月19日です。


Re: C-130 Vol.2 Part.7 Name:ITAZUKE-1 Date:2010/12/10(Fri) 21:04 No.4428
広江さん 皆様こんばんは
すでに皆様から紹介済みですが、機体翼上部以外黒塗りC-130Aです。
69年8月20日板付西側エプロンに駐機するC-130A YD55029です。右外側エンジンは交換されたのか塗り忘れたのか迷彩のままです。ペンタックスにソリゴール400mmで撮影 数年前フイルムをメーカーに出してCD化してもらった分で出来が良かったのでトリミングしました。400mmでは小さかったのですが撮影しておいて良かったです。 


Re: C-130 Vol.2 Part.7 Name:しか太郎 Date:2010/12/10(Fri) 21:16 No.4429
広江さん、皆さん、こんばんは。
再度、昨年のRIATからDYSEE空軍基地所属の41682です。
>KNOBさん
前回の投稿画像への詳細な解説ありがとうございます。勉強になりました。


Re: C-130 Vol.2 Part.7 Name:PAPPY Date:2010/12/10(Fri) 22:49 No.4430
広江さん、皆さんこんばんは。
前スレで紹介の1965年5月22日の雨の立川三軍記念日非展示機の HC-130H 65-0969 です。
P-3 を超える様な勢いですね。


Re: C-130 Vol.2 Part.7 Name:IARG Date:2010/12/11(Sat) 00:33 No.4431
広江さん、皆さんこんばんは。
初めて横田基地に行った時撮影したHC-130H 65-0971 部隊は不明です。1970年2月20日


Re: C-130 Vol.2 Part.7 Name:広江 Date:2010/12/11(Sat) 05:11 No.4432 ホームページ
中休みでコーヒーブレークです(笑)
立川基地南側エンドから、01で離陸していく機影を捉えたショット。
しかしよく見ると、1機目は3ペラ(たぶんMA)、2機目は4ペラ(部隊の記憶なし)。
現在の『カントー』のようなフライトを異機種で行なっていたのかな???。


>A-330さん
『かすみ網』は厚木の私達にも伝わってきました。ホンとに皆さん面白いニックネームを考えますね。
さて、私の勝手なお願いを押し付けて申し訳ありません。全く気になさらないで下さい。
Part.6のNo.4396とNo.4398の流れは大変に面白かったですヨ。このような連続紹介はアリです(笑)
またそのような話題を期待してます。

>TROUTさん
HPにしても、最近流行のブログにしても、飛ばし過ぎずマイペースな進行が長続きの秘訣です。
ただ、このBBS IIのような方式は、あまり間延びするのも考えもので、微妙なサジ加減が必要かも(^_^;)
まあとにかく、変型種の多いハークですので、一呼吸おいて再捜索するのもアリかもしれませんね。
さて、一段落着いたところで[D]レターの整理でも始めるかな・・・(笑)

>THUDさん
いやいや、気持ちの落ち着くコーヒーブレーク、ありがとうございます(笑)
厚木にしても昔の低いフェンスは、当時は悪さる人も少なかったのか、特に問題なかったですよね。
しかし一部のマニア(私も・・・)は(時効かもしれませんが)進入して色々と楽しみましたけどネ(笑)
ヘリに追いかけられたりと、色々と武勇伝(笑)をお持ちの方は少なくないはずです(笑)

>toksansさん
注意だなんて、とんでもございません。申し訳ありませんm(__)m。ありがとうございます。
[GT]のハークは先輩諸氏が気づかないぐらいですから、当然私も普通のハークと思って撮ってました(笑)
今日は更に外部燃料タンクがSIGINT受信アンテナを偽装したものと初めて知りました(笑)

>KNOBさん
74-1665は見たことあるようなS/No.ですが、その近くを撮っているので勘違いでした。
WingとGroupの違いは疑問に思いつつも、『規模かなぁ〜』程度の認識でしたが、今日初めて知りました。
いつもいつも、皆さんの情報で勉強させていただいてます。ありがとうございます。
MO ANG[XP]の由来、何でしょうね・・・。Windowsじゃないし・・・(笑)

>det.Hさん
そうなんです・・・、VR-22と聞いて一瞬???となり調べたらMoffett Fieldに移動してたのですよね。
Wikiを私は見てませんが、ひょっとしてアドレスが変わって分からなくなったサイトは以下では?。
http://www.navymats.com/ ←では1965年にMoffett Fledに移動し、
VR-7, VR-8と共にベトナム戦に参戦し、1967年4月に解散した旨、書かれてます。
しかしNATWPがVol.1で話題にならず、このVol.2で盛り上がって良かったです(笑)

>Gulf4さん
私はNo.4418のコントラスト調整に失敗してますが、同じ迷彩ですよね。
綺麗に色が出てますね。私は丸い胴体の真ん中から下のアンダー部を諦めれば良かったのかな。
しかし、この迷彩の時期は撮り難かったですよね。部隊等のワンポイントも少なかったしね。

>No.4427、North PHANTOMさんですよネ?(^_^;)
『かすみ網』ですよね。撮られてたのですネ。
私は見たことすらなかったので是非撮りたかったのですが、ちょうど当時の横田は遠くなってました。
しかし、その以前は、私も180cmの脚立を持って周辺を右往左往したものです(笑)

>ITAZUKE-1さん
この機体、皆さんからの別の角度から見ても、やっぱり怪しく見えてしまいます(笑)
私は使ったことがありませんが、ソリゴール400mmは懐かしいレンズですネ。
使っていた友人曰く『決まる時は決まる!、決まらない時は決まらない』(笑)
私は別の名の知れぬメーカーの400mm/f6.3を使ってましたが、これも同じ。
今思うと、よくこんなピントも絞りもマニュアルレンズを使いこなせたと自分で感心してます(笑)

>しか太郎さん
見慣れないモノを見ると、すぐ調べ始めてしまう私です。
機首にはDyess AFBの「317 AG」と書かれてます?。旗のストライプが赤なので39ASのようです。
このシーンはネットはもちろん、この場でも度々紹介されますので皆さんとお会いしたのでは?。

>PAPPYさん
この話題に限らず、紹介された機体を調べることが多いのですが、
紹介の65-0969はWC-130Hに改造され、その後、C-130Hに再改造された記録があります。
気象観測機器を取り外して輸送型にしただけなのか気になりますが、画像は見つかりませんでした。
この経緯をたどった機体が多いかどうかも気になります。

>IARGさん
遠路、横田に遠征された時のショットですね。当時の厚木は寂しい状況だったので通過(笑)
HC-130系は皆さんから紹介されてますが、当時は機首に部隊名が書かれてないのが厄介ですね。
当時のシリアル本を引っ張り出し来て確認しましたところ、
少なくとも、1969年〜1971年の間、横田をベースとしていた36ARRS所属と記録されてました。

>皆様
急に書き込みが減ってしまいました。
私のお願いが・・・、と心配していたとおりになってしまったのでしょうか・・・。
適度なレス数には足りませんが、とりあえず、今日もここはクローズして、新たにPart.8を立てます。





C-130 Vol.2 Part.6 Name:広江 Date:2010/12/09(Thu) 06:56 No.4395 ホームページ   
MACH3さんPart.3 No.4323紹介の垂直尾翼のマークが何気に記憶にあり、
ファイルへの未整理のポジ箱を再捜索したら、見つかりました。ところが、驚く発見が・・・。
No.4310で偽のS/No.をつけたC-130E-Iを紹介しましたが、もう1機が見つかりました。

そのタイトルは【被疑機64-0506(62-1843)】(笑)

62-1843(c/n3806)は1965年12月20日に(当時の)南ベトナムTuy-Hoaにアプローチ中に墜落した機体。
しかし↓は本来の64-0506(c/n3990)を秘匿し偽の62-1843で飛び続けてました。

そもそも64-0506は、1965年中頃から何かとお騒がせなAir Americaで運用されていた機体。
CIAを裏に“Project Heavy Chain”でラオスや南ベトナムをSIGINT任務で飛びました。
挙句の果てには、64-0506は1970年2月に墜落した、との偽の情報まで流し、
64-0506から62-1843に姿を変え、今日まで飛び続けた超悪者です(笑)

で、本来の捜索結果ですが、MACH3さんの機体の「斧」ではなく、↑は「蝙蝠」でした。
垂直尾翼にはS/No.を消したような跡が2箇所もあり、その上に書かれた怪しげな数字(?)は何と読むのでしょうか。
『S-8S』?『5-85』?(笑)
右上の小写真は左側前のドアの内側だったような???。

>皆様
今回の話題、皆さんかなりヒートアップしてますねぇ〜(笑)
私もネタが尽きるまで(笑)とことんお付き合いしますので、焦らずとも大丈夫ですヨ(笑)
適度なレス数へのご協力(笑)、よろしくお願いいたします。

それでは引き続きPart.6で皆様からの「米空軍ハーク」の話題をお待ちします。

Re: C-130 Vol.2 Part.6 Name:A-330 Date:2010/12/09(Thu) 09:28 No.4396 ホームページ
広江さん 皆さんおはようございます。
 毎回撮影日不明の紹介でご迷惑をおかけしておりますA−330から二枚貼らせてください。
横田R/W36に進入するEC−130(1592)を正面アップで。


Re: C-130 Vol.2 Part.6 Name:det.H Date:2010/12/09(Thu) 09:29 No.4397
広江さん 皆さん おはようございます
皆さんから紹介される初めての見るスゴイ画像、コメントのスピードに頭が追いつきません (笑)
理解するのにイッパイでネガ捜索が進みませんです(^_^;

凄すぎる機体が続いているところ恐縮ですが、立川の主だった815TAS,―MA、意外とカラー画像が未だだったようで、 と言う私もこれも今回改めて見直すとわずかに一回、2機しか撮っていませんでした MAを書き入れた時期は何時頃だったのか、記録手帳を紛失した今、判らなくなっています 1967年、中頃だったかな? No.4311でTROUTさんが出されたGT525と同じ緑っ鼻でした
>ITAZUKE-1さん
フォロー、ありがとうございます “CORONA”を調べたところで止まっていました やはり推測は間違いなかったようですね                         
>A-330さん
2枚続きの組写真の間に割り込んでしまいました すみません m(_ _)m
                          


Re: C-130 Vol.2 Part.6 Name:A-330 Date:2010/12/09(Thu) 09:40 No.4398 ホームページ
この後車を飛ばし箱根ヶ崎側へ移動、離陸正面アップを一枚、、、ではありません。別の日にトンネルの上で撮影しました。EC−130(73-1594)です。 横田にて
>広江さん 皆さん大変失礼しました。AC−130離陸写真のNoは90512です。お詫びして訂正します。


Re: C-130 Vol.2 Part.6 Name:toksans Date:2010/12/09(Thu) 09:43 No.4399 ホームページ
いや〜20年間の休眠期間中にいろいろなC-130の変形が登場しているのですね。感動しました。いつまでも古いのばかりを出していると化石の人と思われるので、ちょっと新しいのを出してみます。2006年5月15日、ヨーロッパの空港めぐりを行っていた時に、ドイツ、シュトゥットガルトで撮影した67SOS/352SOGのMC-130Pです。

Re: C-130 Vol.2 Part.6 Name:ITAZUKE-1 Date:2010/12/09(Thu) 10:24 No.4400
広江さん 皆様お早うございます。
71年2月11日R/W16へ向かうC-130A 60503です。シリアルの表記が小さく読みにくくなっています。が機首窓のは前回と同じく6503と書かれていました。
>広江さん 60503の詳細有難うございます。
エアアメリカ系はC-46 DC-4 DC-6と飛来していましたのでDC-6の後継機?と考えていました。


Re: C-130 Vol.2 Part.6 Name:geta-o Date:2010/12/09(Thu) 11:27 No.4401
今日はC-130の基本形「戦術輸送機」1964.11.3(飛行浪人さんが展示中の130を撮ったRA-5Cが展示された入間航空祭)で物投のデモをする315ADのC-130A(57-0479)

Re: C-130 Vol.2 Part.6 Name:geta-o Date:2010/12/09(Thu) 11:28 No.4402
2枚目はエンジンの間に大型増槽を追加して戦略輸送機にも使用できるようにしたC-130E(62-1827) 1964.2.29立川
MATS(Military Air Transport Service 1966.1.1にMACに改編)の所属で機体には書いてありませんが1501ATWの所属機と思います。


Re: C-130 Vol.2 Part.6 Name:KNOB Date:2010/12/09(Thu) 12:03 No.4403
広江さん、皆様こんにちは。
昨日はロービジになっても派手な塗装をしていたANG部隊を紹介しましたが、
今日はベーシックなANG塗装の機体を紹介します。
ミズーリANG139AW/180ASのC-130H(86-1390)です。この部隊はミズーリ州のローズクラン・メモリアル国際空港に所在して
います。撮影当時の1999年にはご覧のとおり「XP」のテイルレターがありましたが、現在はレターは廃止され、
黒2本線の帯の中に「ST.JOSEPH」と書かれています(St.Josephは空港が所在する市)

ちなみに、ローズクラン国際空港にはAATTC(Advanced Airlift Tactics Training Center)とよばれる、米空軍輸送機クルーへの教育を行っている施設があります。ここではパイロットのみならず、輸送機に搭乗するクルーへNVGのトレーニングや墜落した際の生き延びる方法など運用にあたり必要な様々なトレーニングが行われているようです。

>広江さん
同じANGの部隊でもミズーリANGは控えめです。司令官の裁量なのですかね??こういう事も調べたら面白いかもしれませんね。
それにしても、シリアルを欺瞞してまで。。。こういう細かい芸当がそそられます(笑)

>NorthPHANTOMさん
お役に立てたようでしたら何よりです。私も96年の横田FDにて「NF」の機体を撮影しています。
公開翌日は行かれませんでしたが、フライトラインに駐機している機体を撮りました。
もうそれから14年も経っているんですね^^;

>うみ太郎さん
おぉー!!タキシング姿は初めて見ました。やっぱり「X型アンテナ」が強調される角度がいいですね。

>A-330さん
EC-130も正面から見るとアンテナの数がすごいですね。確か「かすみ網」とかって呼んでましたっけ??


Re: C-130 Vol.2 Part.6 Name:IARG Date:2010/12/09(Thu) 18:08 No.4404
広江さん、皆さんこんばんは。
No4379 THUDさんが撮られていた、NATWP何の略か今まで解からなかったので、やっとすっきりしました。
NATWPのC-130E 63-7850 撮影は1966年岩国です。


Re: C-130 Vol.2 Part.6 Name:sugairs Date:2010/12/09(Thu) 19:50 No.4405
広江さん、皆さんこんばんは。
>広江さん
53-3129の補足ありがとうございます。各部アップの画は見つかりませんでした。
広い展示会場、50mmだけ持って駆け足で回ったのかもしれません。撮りたい機体がわんさか有り舞い上がっていましたから。そんな言い訳をしながら、同様にIAT'81で、
私が撮っていたEC-130E(RR)です。63-7773:PA 193ECS/Pa ANG。(IAT'81のListより)
この時のListではC-130E:63-9816も展示していた様ですが、画が出てきません。
撮っていなかったのかな・・・。


Re: C-130 Vol.2 Part.6 Name:Gulf4 Date:2010/12/09(Thu) 21:01 No.4406 ホームページ
広江さん、皆さんこんばんは。
1970年代の「LK」レターのC-130が紹介されていますが、それから20年経過した後の「LK」レターです。
1993年7月RAF Fairfordで撮影したC-130H(92-0550/LK)。所属は尾翼にも記入されている50th AS。
この付近で浮くのかと思ったら、アメリカ本土まで行くため離陸の写真がタキシングの写真に。
同じ「LK」レターですが、70年代とは関連ないと思いますが・・。


Re: C-130 Vol.2 Part.6 Name:PAPPY Date:2010/12/09(Thu) 21:55 No.4407
広江さん、皆さんこんばんは。
横田三軍公開の一週間後の1965年5月22日に開催された立川三軍記念日の HC-130H 65-0979 です。
あいにくの雨模様でしたが人も少なかった様に思います。


Re: C-130 Vol.2 Part.6 Name:ALPS Date:2010/12/09(Thu) 23:08 No.4408
広江さん 皆様 こんばんは
嘉手納にアプローチする920RQW/39RQSのHC-130P 64-14864 です。
撮影日は2007年12月11日。那覇の航空祭のついでに豪遊?するのが慣わしでしたが、リーマンショックで
それもかなわなくなりました。
派手な絵は無くても、レターが入っているだけでうれしさを感じます。


Re: C-130 Vol.2 Part.6 Name:THUD Date:2010/12/09(Thu) 23:12 No.4409
Qシリーズ?の残りですが1971年11月横田に着陸したQGのC-130B(773TAS/463TAW 61952)です。
>広江さん
No4379ですがVR-22と断定しちゃってますが確信ないです (-_-;)
“〜の所属機でしょうか?”と書いたほうがよかったですね(反省)
IARGさんが岩国でのショットを紹介されてますが、撮影したときは結構騒いでいた記憶があるので立川ではレアだったと思います。


Re: C-130 Vol.2 Part.6 Name:YUSA Date:2010/12/09(Thu) 23:48 No.4410
MC-130H ですか。ありがとうございます。
ということで2007年7月21日三沢R/W10を離陸するMC-130の80191です。


Re: C-130 Vol.2 Part.6 Name:North PHANTOM Date:2010/12/09(Thu) 23:57 No.4411
広江さん、皆さん今晩は。
今回のテーマの内容は奥が深くてとても良い勉強をさせて頂いています。
でも記録の面だけでなくアングルが変わっただけでこんな写真になるんだという事でも私にとってはとても良い手本になっています。
No4383ではご迷惑をお掛け致しました。またスキャナーでうまくピントが出せずすみませんでした。S/Nは93-1455です。

広江さんゴメンナサイm(__)m
写真は千歳でのアイオワANGのA-7D(132TFW/124TFS)とアリゾナANGのA-7K(162TFG/152TFS)のDACTの支援に来たANGのC-130ですが、S/N、部隊とも不明で1988年5月14日の撮影です。
左側の格納庫にA-7が入っており、この日はゲートでがご一行が千歳の町に消えていくのを見ました。(>_<)
蛇足ですが本国お帰りの5月22日は早朝のA-7離陸後午前中にミシシッピANGのC-141B(172MAG)2機とニューヨークANGのC-5B(105MAG)が降りましたので、一日に4つのANGが見れた日となりました。



Re: C-130 Vol.2 Part.6 Name:TROUT Date:2010/12/10(Fri) 00:42 No.4412
こんばんは、広江さん皆さん。なかなか珍なC-130に辿り着けません(^_^;)
今日は冒頭に広江さんが紹介されていますC-130E-I、こちらは礼儀正しくS/Nを描いたドブ40565です。82年10月横田にて。いろんなC-130を自分の目で見てきましたが、このドブ塗装のC-130が一番驚きました。人は外見で判断してはいけないと言いますが・・・このドブ塗装は絵に描いたように悪いことしてるって感じですね。まるで一昔前の漫画に出てくる空き巣。ハンチング帽に口を囲むような無精ひげ、地下足袋に唐草模様の風呂敷をしょったあの姿。
つや消し黒緑のC-130E-Iにはそんな強烈な印象を持ちました(^O^) 偽S/Nの他黒いプレイボーイバニーを描いた時期もありましたね。胴体下バスタブ型のレドーム?はYDのC-130Aにも着いていましたが、やはり黒いヤツは怪しいことしていたのでしょうか?
>つばどんさん、"7UP"は看板でしょうね。ステッカーを貼れる場所じゃないですね。そう言えば機長、左側も着いてましたっけ?JC-130Bは2回目の時ですね。2回目は撮れなかったです。
>広江さん、DY"7UP"は当時嘉手納にいた345TASだと思います。その時の嘉手納には5〜6機程度のC-130Eが居ましたがレター無し、DY/DH/DL等ごちゃ混ぜでした。ただクラークにいた374TAW本体から機体交代は頻繁にあったようです。345TASが横田移駐まで嘉手納〜横田便は毎日のようにあり、同じ機体が数日間のミッションを続けていました。そのミッションでDH/DL/DY/JC等が横田で撮れました。しかし日が経つに連れレターも段々消されていったようで、横田移駐時には"DL"1機のみで"DLとMACの帯"でいた時もありました。当時のDレターは混乱してしまいますね。


Re: C-130 Vol.2 Part.6 Name:うみ太郎 Date:2010/12/10(Fri) 01:00 No.4413
飛行浪人さんが4369で貼られていた66-0216 HC-130P 353SOG/17SOS 当時の部隊名が合っているかは?です。
嘉手納で1979年7月終わりに撮影した時はレスキューの帯が入っていました。


Re: C-130 Vol.2 Part.6 Name:つばどん Date:2010/12/10(Fri) 01:26 No.4414
広江さん、皆さんこんばんは。
新旧入り交じって凄い勢いですね。止めどなく涌く泉のごとくですね(笑)

今回は1993年9月25日デンバー新空港のオープニングエアーショーで、ファイヤーボマー(・・・でいいのかな?)のデモをするC-130?です。遠くてs/n、所属共に分かりませんが、尾翼の文字が辛うじて "AFRES" と書いてある様に読めるので、AFRES のC-130E ではないかと思われます。

>広江さん、TROUTさん
TROUTさんご指摘の通り、1984年4月8日の多分2回目の飛来の時だと思います。1回目の時は撮り逃して悔しい思いをした記憶があります。
"7UP"の看板、R/W-18のエンドで北へ機首を向けホールドしている時の左側と、R/Wに乗っている時の右側の両側に入っているのを目撃してます。ネガは何処へ・・・・(^_^;)
4384で、JC-130Bのその後の所属をSC.ANGと書きましたが、正しくは NC.ANG 156ASでした。手持ちの古い資料が間違っていました、スミマセン。すぐ前の 4383 North PHANTOMさんの画像がH型改変後の姿ですね。

ネットで検索を掛けていたら、”YMC-130"と言うタイトルの動画が引っかかりました。私は始めて見る機体でしたが、機体の改造もその結末も凄いです!


Re: C-130 Vol.2 Part.6 Name:うみ太郎 Date:2010/12/10(Fri) 01:39 No.4417
最近の画像から1枚貼ります。HC-130はすべてMC-130に名称が変更されました。
MC-130H 87-0126 353SOG/1SOS 2009年10月17日 三沢公開の前日に予行を行った時の画像です。
この角度だと機首や後部の改造された個所が良く判ります。




Re: C-130 Vol.2 Part.6 Name:広江 Date:2010/12/10(Fri) 07:17 No.4418 ホームページ
↓は厚木基地での撮影。
当時のWings(1993年)では、まだ色々なデモフライトが行なわれており、
YJハークもSTOL性をアピールする離着陸デモを行なってましたが、
滑走路を写しこんだショットでは↓の塗装が厚木基地内東側の背景に溶け込んでしまうため、
何処で撮ったのか分からない空だけの背景画像を紹介しました(^_^;)


>A-330さん
撮影日不明なので部隊は断言できませんが、KNOBさんNo.4320紹介のEC-130H(CC) 73-1592ですね。
別の機体65-0989がやはりKNOBさんNo.4350から紹介されてますが、
正面系なので、EC-130H(CC)の特徴あるワイヤーアンテナが写り込む貴重なショットですが、
2枚目(No.4398)は素晴らしい!。このショットを撮ろうとしたA-330さんの勇気ある行動に脱帽ですm(__)m

>det.Hさん
皆さん力を合わせた緩急自在な話題が疲れなくて一番楽しいのではないでしょうか。
とはいえ、[MA]のカラー画像は貴重です。私も見慣れていてもモノクロでしか撮ってません。
そういえば、815TASの部隊史をまだ調べてませんでした(^_^;)。

>toksansさん
C-130シリーズも意外と変型種が多いのに驚かれてると思いますが、C-135シリーズの特異さには負けるかも(^_^;)
紹介画像は海を越えたRAF Mildenhallからのお客さんのようですね。
ところでスミマセン、S/No.が読めません・・・(^_^;)

>ITAZUKE-1さん
Air America時代は、垂直尾翼には紹介の頭3桁「605」が書かれてました。なんともいい加減ですね(笑)
他にはタイトルはおろか、な〜〜〜んにも書かれてません(^_^;)
紹介の1971年2月11日時点では、一応、Air Americaの手を離れていたようです。

>geta-oさん(No.4401)
紹介は横田などで見る物投デモより低い高度のように感じ、迫力ありますねぇ〜。
この日、まだ私が小学生の頃、何処をどう通って何を見て帰ったのか全く覚えてません(笑)

>geta-oさん(No.4402)
紹介の機体はピカピカの無塗装ジュラ地で、いかにも新車という感じですね。
AGC Det-FさんNo.4267紹介の62-1848も1963年6月に新車で1501ATWに引き渡されてました。

>KNOBさん
私の大好きなANG機ですが、見慣れないテイルレターが魅力的です。
そしてそのテイルレターとなる由来を探るのが面白いですよネ。
という事で控え目なMO ANGも私は好きですヨ。しかし、[XP]は何故???。
「かすみ網」、思い出しました!。

>IARGさん
米空軍MATSと米海軍VR部隊の共同運用で具体的にNATWPが書かれていたのを初めて知りました。
となると、NATWLもあるのかと気になる・・・(笑)
しかし今回の話題では、44年来の謎が解決して良かったですネ。

>sugairsさん
紹介のEC-130E(RR)で、ベトナム迷彩、リザード迷彩、グレー、と3バターンが出揃いました。
どれも魅力あって比較し難いですが、やはり[PA]レター付が一歩リードですかネ。
もう1機の63-9816はEC-130E(CL)、機体は違いますが私がNo.4393で紹介した前の色なんでしょうね。

>Gulf4さん
同じ[LK]でもtoksansさんNo.4348紹介時は314TAWに3個Sqnだけだったようですが、
現在はANGも含め3個Wing/Group下に7個部隊の大所帯になったようですが、
Little Rockの[LK]レターは使用されなくなったようです。
米空軍機もテイルレターがないと寂しいですよね。

>PAPPYさん
あまり見たことのない機首の階段は外から何を見せようとしていたのでしょうか・・・。
私の三軍記念日の記憶は、1年おきに雨に降られたような気がします。
中高生時代の当時は、靴の中がビショビショになるほど歩きまわりましたよネ(笑)

>ALPSさん
最近の米海軍[JW]ハークに似たようにレター類を薄いグレーで抜いているのが新鮮ですネ。
AFRCの馴染みの薄い[FL]、マークの有無など必要のない貴重な1機でしょうね。
ところで、この機体はHC-130Pなんですね・・・。ちょっと下の方からレスを始めたもので・・・(笑)

>THUDさん
「Q」シリーズもコンプリートできました(笑)。後ほど弾切れの時には私も小出しにします(笑)
NAVY/MATSはこの話題以前から把握していましたが、私はクルーだけの運用と思ってましたので、
No.4379紹介で驚き、そして瞬時に米海軍ハーク同様、主脚バルジに部隊名を探したわけです(笑)

>YUSAさん
紹介もMC-130H 88-0191 Combat Talon IIですね。
MC-130系に至るまでは、下でうみ太郎さんがNo.4417でコメントされてますが、
紹介の88-0191もHC-130系からの改称/改造ではなく、当初からMC-130Hで生産されてます。
難しいですネ(^_^;)

>North PHANTOMさん
北の地が米ミリマニが熱くなったのは当時の雑誌で見てよく覚えてます。
当時、私はまだ出張のないセクションだったのですよねぇ〜。残念!。
ANG大好き人間として、この時ほど悔しい想いをした事はありません(笑)

>TROUTさん
相変わらずTROUTさんの例えは的確で笑えます。一番インバクトがあったのはA-4の話題の時の例えかな(笑)
紹介の64-0565はgeta-oさんがNo.4343で紹介されたフルトン付きの銀ピカが前身ですね。
DY"7UP"の件、やはり「D」レターは私には難しいです。何度も伺ってスミマセンでした。

>うみ太郎さん
飛行浪人さんNo.4369紹介もうみ太郎さんも、353dですか・・・。
353dがいつから嘉手納に居るのか調べ切れてませんが、1989年に353SOWにActiveになるまで、
前身の353RWがInactiveかと思っていました・・・。

>つばどんさん
ファイヤーボマー(私も、・・・でいいのかな?(笑))はVol.3で紹介されるかと思っていましたが、
ANG機やAFRES機も活躍していましたね。部隊、S/No.云々より、このような雰囲気あるショットが良いです。
YMC-130の動画???、レスが終わったら捜索の旅に出ます(笑)

>うみ太郎さん
HC-130系のMC-130系への改称、単純明解なんですネ。その時期は分かりますか?。
しかし紹介の87-0126は当初からMC-130Hで生産されたようなので、
ひょっとして、その以降に現存していたHC-130系を改称したのでしょうか?。
それともう一つ、HC-130HからMC-130Hに改称された時の外観は紹介のような姿なんでしょうか・・・。
ややこしそうなので、順を追って教えていただけると幸いです。
更に、ALPSさんNo.4408紹介は未だにHC-130Pのようなのですが・・・。

>皆様
ここは一旦クローズし、新たにPart.7を立てます。





C-130 Vol.2 Part.5 Name:広江 Date:2010/12/08(Wed) 07:03 No.4367 ホームページ   
Part.4クローズ時で紹介した65-0994は、1年後にはMAC帯が入りました。
すっかいうおりゃさんのNo.4281は更に↓の後なのかな???。
そういえば、この65-0994は胴体上部のレドームを撤去しMC-130Pに改造されてます。


>皆様
今日も新スレPart.5で一日を始めます(笑)

Re: C-130 Vol.2 Part.5 Name:det.H Date:2010/12/08(Wed) 07:26 No.4368
広江さん 皆さん おはようございます
毎回そうなのですが、今回も広江さんのこのBBSUのおかげ!で、過去撮りっぱなしだった機体の出自を知ることが出来ました 多分?
撮影時点では知らなかった事(ご存知の方がいらしたかもしれませんが??)を、改めて今の環境で検索する機会を与えて頂きました 
今回私が解った事は、軍事偵察衛星に関する事でした
↓のS/No.58-0713 はJC-130B と呼ばれ、“CORONA PROGRAM”と言うMissionでの回収作業に携わった機体らしい?ということです AFSC所属で、部隊は6594th Test Groupと呼ばれていました この機体がその任を担っていたかは定かではありませんが、この機体の撮影年月日が1967年7or 8月で(すみません、日付が・・・)、偵察衛星がMission No.1043で8月7日にLaunchされていました               


二枚目は同じ年、1967年6月21日に撮影した同じAFSCの機体で、HC-130Pです
この機体も同じMissionだったかは分かりませんが、やはり撮影日の5日前、6月16日にMission No.1042で衛星が打ち上げられていました
どなたかお分かりの方はいらっしゃいますでしょうか?

Re: C-130 Vol.2 Part.5 Name:飛行浪人 Date:2010/12/08(Wed) 08:54 No.4369
>広江さん、皆さんこんにちは。
もう1機、ミッションスコアらしきものを描いたのを嘉手納で見かけました。
撮影日ははっきりしませんが1980年頃と思います。
前方観測窓上に6個の丸いマークが見えますが、拡大しても判りませんでした。TGでもすればアップが撮れたのですが...HC−130P(60216)

>det.Hさん、入間の日にち有難うございます、すっきりしました。
>すっかいうをりゃさん、この頃から行かれてましたか、まさかドンピシャ?
入間は私が高校生の時の初出撃の地です、まさかここの住人になるとは思っていませんでした。(笑)
私が親父に連れて行かれたのは小6の時の二子玉川園の博覧会が最初でした。たしか飛燕が展示されたような記憶があります。残念ながら写真は撮ってません。
>PAPPYさん、この年の横田は私の初横田です。こちらも日にちがわかりすっきりです。
この角度から撮れたのですね。私も機内には入りましたがここまでは気が付きませんでした。
102,105ごろごろしていましたね。
きっとニアミスしていたでしょうね。


Re: C-130 Vol.2 Part.5 Name:飛行浪人 Date:2010/12/08(Wed) 09:10 No.4370
>明日から週末留守にしますので終了してしまうか心配です。(笑)
という事で蓮張り失礼します。
画像が荒れて見苦しいのはご容赦を(現像技術未熟の定着不足でした)
私が入間住人の1968〜1972年、横田の天候不良によりダイバートしてきたHC−130Nです。
一晩泊って翌日帰って行ったようです。
これ以上小さくならなくて済みません。(-_-;)


Re: C-130 Vol.2 Part.5 Name:TROUT Date:2010/12/08(Wed) 09:15 No.4371
おはようございます、広江さん皆さん。珍なハーキュリーズが盛りだくさんで楽しいでね!私はもう少し小ネタで(^_^) 75年3月嘉手納でT&Gしていた345TASのC-130E DY 63-7777 "7UP" S/Nに因んで機首の窓に7UPのステッカーが貼り付けてありました。この機体は後日、横田に345TASが移駐と共に来ていましたので、もっと綺麗にアップを撮ってる方がいらっしゃるのではないでしょうか?
>広江さん、388TFWは75年までタイにいたようですが、74年中頃には本体のF-4Eを手放したりしていたので"JC"のC-130/EC-130Eも同時期に手放していたのかな?と個人的な憶測です(^^ゞ 75年8月に"JJ"の"F-4D"が嘉手納に来ていたり本国帰還を前に流動的だったのでしょうか? 私はこの手の記録は疎くて正確さには自信がありません。混乱させてしまいすいませんm(__)m
>det.Hさん、私が78年1月ハワイ、ホノルルを訪れた時もJC-130がたくさん飛んでいました。B/H/N/P各型が居ましたがたくさんの滑走路を持つ飛行場、私の立ち位置にはうまく飛んできてくれませんでした(^_^; 


Re: C-130 Vol.2 Part.5 Name:飛行浪人 Date:2010/12/08(Wed) 09:16 No.4372
>更にもう1枚。
こちらはマウントに日付けが押してありました。(笑)
1974年3月15日の嘉手納です。
この画面だけで12機、左側にも10機ぐらい居ました。
尾翼のレターは読めません、描いてあるのと無いのの半々ぐらい?でした。
部隊移動の途中だったのでしょうか?


Re: C-130 Vol.2 Part.5 Name:A-330 Date:2010/12/08(Wed) 09:24 No.4373 ホームページ
広江さん 皆さんおはようございます。
KNOBさんが紹介されている機体の離陸ショットを EC−130コマンドソロU(63-9817)97年4月ネリスにて
>広江さん砂漠迷彩機は着陸の翌日に撮影しその後数ヶ月確認しておりませんので外来機と思われます。DBの機首インシグニアはルーペで463TACTICAL AIRLIFT WINGと確認できましたがそれ以上の情報は読み取れませんでした。


Re: C-130 Vol.2 Part.5 Name:A-330 Date:2010/12/08(Wed) 09:35 No.4374 ホームページ
もう一枚 左側を撮りたかったAC−130(9052)です。97年4月ネリスにて

Re: C-130 Vol.2 Part.5 Name:toksans Date:2010/12/08(Wed) 10:25 No.4376 ホームページ
広江さん>“LK”の件はありがとうございます。S/Nも69-6583だと思います。でもどうして空軍のS/N表記は複雑なんですかね。何かロジックはあると思いますが良く判りません。1974年9月8日、横田で撮影のEC-130E 62-1818ですが、この時期7ACCSはクラークの374TAWの所属となっています。#4362でTROUTさんが“JC”のC-130Eを撮られているのでこの時期はECとCが混在してたみたいですね。

Re: C-130 Vol.2 Part.5 Name:ITAZUKE-1 Date:2010/12/08(Wed) 10:39 No.4377
広江さん 皆様お早うございます。
68年4月16日板付R/W16へ入るC-130A O-60503です。機首窓には6503とシリアルを圧縮?して書いてあります。ノーマークですので所属は不明です。政府系かEフライト系ではないかと思われます。

>det-Hさん 64-14854については下記アドレスのJC-130を見ていただければ一部謎が解明できるのではと思います。ハワイのJC-13Bなども出ています。
http://www.6594thtestgroup.org/


Re: C-130 Vol.2 Part.5 Name:ET Date:2010/12/08(Wed) 11:33 No.4378
広江さん、皆さん、こんにちは。
平凡な機体ですが、1960年9月18日羽田で行われた航空50周年記念ページェントで展示されたC-130A(50010/3037)です。この機体はその後チャド空軍機(TT-PAE)になったようです。
改めて写真を見ると今の航空ショーに比べ何かのんびりした雰囲気が感じられます。この写真の中の何人がその後マニアになったでしょうか。
それにしても航空100年にあたる今年それに相応しい航空ショーが行われなかったのは非常に残念な気がします。50年前と較べて飛行機が余りにも身近な存在になってしまったためでしょうか。


Re: C-130 Vol.2 Part.5 Name:THUD Date:2010/12/08(Wed) 11:35 No.4379
1967年3月立川で駐機スポットへ向かうNATWP(Naval Air Transport Wing Pacific VR-22)の
C-130E(63-7782)です。機体後部のインシグニアが通常MACとはちょっと異なってますね。


Re: C-130 Vol.2 Part.5 Name:KNOB Date:2010/12/08(Wed) 11:42 No.4380
広江さん、皆様こんにちは。
本日は前回の続きでオクラホマANG137AW/185ASのC-130H(78-0807)を。
シリアルからもお分かりになるかと思いますが、前回ご紹介させていただいたのと同じ機体です。
前回の写真から1年後の2003年の6月撮影ですが、時期はちょうど対イラク戦争が始まった頃。
185ASも例外ではなく2002年の秋から湾岸地域に展開したようで、フルカラーの派手なインディアン塗装は
落とされてしまったようです。

>広江さん
根拠はありませんが、おそらくANG部隊の方がレギュレーションが緩いのでしょうか??
ANGやAFRCの機体には派手な塗装を良く見かけます。YJは小さなサムライの顔が入ったくらいですからね。。。(笑)

BRACの決定は覆されていたり、変更されていることが多々あるようです。いろんな噂が噂を呼び、
地元地域の反発、受け入れ先の反発などで試行錯誤を繰り返しているようです。
ましてや外国の国の話になると政府レベルでの話し合いも必要になりより混沌を極めるような気がします。
日本でも三沢基地の話や、厚木→岩国の話も最後まで見守る必要がありそうですね。


Re: C-130 Vol.2 Part.5 Name:KNOB Date:2010/12/08(Wed) 11:46 No.4381
連貼り失礼致します。

↑の写真と同じ2003年に撮影した、オクラホマANGのF-16(138FW/125FS)は全機フルカラーだったんですがねぇ。。。
125FSも2002-2003にかけて湾岸地域に展開して爆撃スコアまでついた機体がいたのですが、
実戦参加でもフルカラー塗装は落とさなかったんでしょうか。

F-16がメインになってしまってますが、C-130H(78-0808)とのコラボということでお許しください。


Re: C-130 Vol.2 Part.5 Name:geta-o Date:2010/12/08(Wed) 17:02 No.4382
不思議とまだ出てこない(多分)EC-130E。
恒例のチームスピリットとための41ECSのEC-130Hと横田に飛来ですが早朝の離陸が多く日中の撮影はあまり多くありません
EC-130E/ 63-9817 PA.ANG/193ECS 1988.4.3 横田


Re: C-130 Vol.2 Part.5 Name:North PHANTOM Date:2010/12/08(Wed) 19:46 No.4383
広江さん、皆さん今晩は。
さすがに皆さんしっかり撮られていますね。
特に一時期本州にいなかったので、その時期のAC-130は目に毒です。(^_^;)

>KNOBさん、広江さん
大変御礼が遅くなりました事お詫び申し上げます。
改めて心よりお礼申し上げます。
何とかニューヨーク州のナイアガラフォールズ国際空港よりNFのレターが付いているまでは確認できましたが、当時の部隊が判らなかったのですっきりと致しました。ありがとうございます。
さて蛇足で恐縮ですが、1996年9月の横田公開日のお帰りを狙ってNFのC-130が撮れましたが、RC-135W OF134も撮れたり公開にはEA-6B VAQ-134 NL620やFA-18ではVMFA-212 WD01やVMFA-115 BM01の色付きが快晴の中 展示されていました。
写真は公開とは関係なく? C-130H? ノースカロライナANG 145thAW/156TASの離陸が撮れました。1996年9月15日


Re: C-130 Vol.2 Part.5 Name:つばどん Date:2010/12/08(Wed) 20:20 No.4384
広江さん、皆さんこんばんは。
またも出遅れてしまい、気が付けばPart.5になっていました!
皆さんのすばらしい画像を見させて頂くと、C-135よりも奥が深くまだまだ珍機が出てきそうで楽しみです。

既に出ているとかと思いいましたがまだの様なので・・・、1984年4月8日田のR/W-36へ降りる JC-130B 61-0962 です。この頃ヒッカムに居た様で何回か田に飛来していたと思いますが、すみませんが詳しいことは分かりませんでした。
この機体は C-130B に戻され、SC.ANG 156AS に1993年まで所属していたようです。その後 AMARC 入りした後、1999年にバングラデッシュ空軍に配備されたようです。

>TROUTさん
63-7777 通称 "7UP" 、1975年の田配属後 R/W-18のエンドでホールドしているのを撮っているのですが、ネガが出てきません。その時の記憶ですと、窓に入っていた物は店先に掲示する看板の様に見えましたが・・・。


Re: C-130 Vol.2 Part.5 Name:エイブルドッグ Date:2010/12/08(Wed) 21:41 No.4385
>広江さん、皆さん、今夜は冷えますね。
1991年、湾岸戦争後に374th Airlift Wingのハークにノーズアートが入りました。写真はその年の8月31日に
横田基地の公開でデモフライトを終えて着陸するC-130E 72-1289です。白頭鷲に星条旗という愛国的ノーズアートに白でMISS MOJOの文字が入っています、が私が今改めて驚いたのは、来月でもう湾岸戦争から20年経つということ。早いものですねえ。この写真を見て「最近の写真」と感じられた方、貴方ももうお年寄りです。


Re: C-130 Vol.2 Part.5 Name:PAPPY Date:2010/12/08(Wed) 21:52 No.4386
広江さん、皆さんこんばんは、 Part/day の展開は初めてではないでしょうか。
普通の MAC の C-130E 63-7890 で所属は 438MAW と読めます。
1966年8月23日立川の砂川側での撮影です、横田の帰りに寄るのですが流石に徒歩では若くてもクタクタになった記憶が有ります。


Re: C-130 Vol.2 Part.5 Name:geta-o Date:2010/12/08(Wed) 22:29 No.4387
#4382の翌年のチームスピリットで横田に展開したときはグレーになってANGのマークも消えてしまいました。
このときはEC-130Hに改造されたとの書物もあるのですが私にはわかりません。
EC-130E/63-7869 所属不明
撮影日1989. 3.20


Re: C-130 Vol.2 Part.5 Name:sugairs Date:2010/12/08(Wed) 22:38 No.4388
広江さん、皆さんこんばんは。
私が撮っていたAC-130Aです。1981年6月のIAT'81に展示されていました。
AC-130A:53-3129 AFRes/711th SOS (IAT'81のListより)
ご覧の通りこの時はNoseArtはありませんでした。 機体は1955.3.10:rollout。4.07:first flight。C-130の1号機ですね。
AC-130には1968.12に改造完了。80年台に4枚ペラにして1995年まで運用されていたようです。


Re: C-130 Vol.2 Part.5 Name:IARG Date:2010/12/08(Wed) 23:45 No.4389
広江さん、皆さんこんばんは。
クラークのC-130B QB 58-0735 29TAS 463TAW です。岩国で撮影日不明ですみません。
残りはQG だけです。私は撮ってないので、どなたか撮ってればお願いします。


Re: C-130 Vol.2 Part.5 Name:すっかいうおりゃ Date:2010/12/09(Thu) 00:02 No.4390
広江さん、皆さんこんばんわ!
いや〜、皆さんの豊富な知識と数々な貴重な写真、拝見し本当に勉強になります。また 楽しいですね。Pert.5の冒頭で 広江さんがご紹介された65-0994が MC-130Pに改造された件ですが、写真がありました。撮影日は不明ですが 嘉手納のR/W05です。シリアルが小さいので 機種部分をUPして貼り付けました。また ボールをお返しできて うれしいです、なんか広江さんと赤い糸で結ばれてます??(^^;)
 飛行浪人さん>入間には、小さい頃何度か父に連れて行ってもらいましたが 子供心に印象に載っているシーンは、航空自衛隊の配備されたばかりのF-104が頭をかすめて飛んで行ったことです。衝撃的な音でした。写真の坊やですが 私もブレザーに半ズボンでしたからよく似てますね。でも 父は頭がすでに薄くなってましたから(遺伝と航空ヘルメットのせい?)残念ながら別の方です。


Re: C-130 Vol.2 Part.5 Name:うみ太郎 Date:2010/12/09(Thu) 00:43 No.4391
広江さん 皆さん、こんばんは。
今回はKNOBさんA-330さんが紹介されたEC-130E 63-9817 コマンドソロUですが横田にも飛来しています。
2000年11月3日 入間基地の航空祭でマニアが集まる中、一部の横田マニアは横田でこれを撮ってました。
193SOG/193SOS ペンシルバニアANG所属で、見た目ノーマルなEC-130E 63-7816 コンフィレビと2機で嘉手納から前日飛来しこの日に上がりました。いずれもこの時1度きりの横田飛来でその後来ていません。
コンフィレビも画像出てきたら紹介します。

AC-130の部隊ですが、ACはすべてフロリダのHurlburt Field ABに配備され
U型は16SOW/4SOS 、H型は16SOW/16SOS  と思います。


Re: C-130 Vol.2 Part.5 Name:YUSA Date:2010/12/09(Thu) 00:58 No.4392
すみません。所属部隊?です。尾翼に小文字でUSAF81803と書いてあります。
2007年6月16日の三沢R/W10の離陸です。


Re: C-130 Vol.2 Part.5 Name:広江 Date:2010/12/09(Thu) 06:49 No.4393 ホームページ
geta-oさんの言葉を借りると『不思議とまだ出てこないEC-130E(CL)』(笑)
チームスピリット常連のPA ANGハークは、EC-130E(CL)とEC-130E(RR)がペアではなかったのかな?。
私には縁遠かった両機ですが、幸いな事に厚木に飛来した事がありました。
↓はCode Name“Comfy Levi”のEC-130E(CL)。
Senior ScoutまたはSenior Hunterと呼ばれる専任クルーを専用機材と共にカーゴエリアに搭載し、
SIGINTミッション任務機と言われてますが、機内の詳細を見てみたいものです。

ここまで出てこなかったのは、たぶん外見上、あまり変化がないからかな?(笑)

>det.Hさん
下でITAZUKE-1さんが紹介されたサイトの画像のうち、
垂直尾翼に流れ星のようなマークの書かれたハークの飛来を、いつだかの雑誌で見た記憶があります。
衛星(カプセル)の回収には軍民様々な組織が関係しているようなので、
紹介の機体が何らかに関わっていたと推測するのが妥当でしょう。
マーキュリーやアポロ等の回収のように空母に関わるのは私も調べ続けています。
しかし偵察衛星まではノーチェックでしたが、調べると色々と面白そうです。

>飛行浪人さん(No.4369)
このミッションスコアも気になりますねぇ〜。アップで撮れなかったのが残念ですネ。
二子玉川園や向ヶ丘遊園地での自衛隊の博覧会(?)には、私も必ず行きましたよ(笑)
追伸.No.4352は36ARRSと書かれているので、1980年頃ではなく、おそらく1970年代初頭と思います。

>飛行浪人さん(No.4370)
入間での夜景、時効ですかね(笑)。4年間の入間住人時代に、思わぬ成果がありましたネ。
横サイズの大きさの割には容量は軽くて無問題(笑)。逆に私のソフトではこんなに軽くできません。

>TROUTさん
TROUTさんさんならではの小ネタは面白く、そして興味深くて私は大好きです。
63-77777は私もDYと横田ハークで撮ってますが、“7UP”は写ってませんでした。
ところで紹介の63-7777/DYは345TAS???。「D」レターが未整理のまま保留中でスミマセン。

>飛行浪人さん(No.4372)
ハークだらけとは、嘉手納の一時代を捉えた貴重な記録ですね。
私も似たようなショットを撮りましたが、同じ場所は白イモだらけです(^_^;)

>A-330さん(No.4373)
何気ないような離陸ショットですが、厚木の19離陸を彷彿させられます。
このようなショットを私も是非撮りたいですねぇ〜。
DBの件、ありがとうございます。ウイングのテイルレターなので部隊までは特定できませんね。
追伸.
Part.2 No.4287で紹介された63-7869はgeta-oさんNo.4387紹介と同じ日かもしれませんね。

>A-330さん(No.4374)
いいヒネリですねぇ〜。これまた撮りたい!(笑)
ところでスミマセン、「9052」が解読不能ですm(__)m。
垂直尾翼には5桁が書いてあると思うのですが・・・。

>toksansさん
7ACCSも厄介ですネ(笑)。皆さんが紹介されている当時の7ACCSはクラークの374TAWで正しいのでしょうか。
先日から再調査したら、タイのコラートとクラークの2つの説が出てきました。
ウイングと部隊が別々の基地に駐留している事が、今になって混乱の元なんでしょうね。

Re: C-130 Vol.2 Part.5 Name:広江 Date:2010/12/09(Thu) 06:51 No.4394 ホームページ
>ITAZUKE-1さん
56-0503の面白いデータを付記します。
19670524 : 317TCW/Lockbourne AFB, OH ==> 374TCW/Naha AB
19670612-0614 : Cam Rahn Bay
19670614 : Naha AB, 374TCW ==> E-Flight/21TCS
19670621-0909 : Air America with E-Flight/21TCS
19680331-0411 : Maintenance at Naha AB
19680528-0610 : Maintenance by 51FIW at Naha AB
196807xx-12xx : Takhli, Air America as "605" with E-Flight/21TAS
19690418 : Lockheed Aircraft center, Greenville, SC for overhaul
19690724 : Naha AB, Lockheed ==> 374TAW
19690830 : Naha AB, 374TAW ==> Air America
196911xx-12xx : Takhli, Air America with E-Flight/21TAS
19700131-0610 : Air America with E-Flight/21TAS
19700709-0721 : Maintenance by 51FIW at Naha AB
197007xx : Naha AB, Air America ==> 374TAW
19710419 : 374TAW ==> 139TAS/Schenectady Country Airport, NY
199112xx : AMARC
一瞬、撮影日が1969年4月16日で帰国時の『ビンゴ!』と思ったら、1968年の撮影でしたネ。残念〜。
単なる整備明けのテストフライトか何かだったのかもしれませんね。

>ETさん
私たちの年代の間で度々話題になりますが、当時の『のんびり感』は記憶に残ってますよね。
紹介のショットも、その雰囲気ただよう貴重な記録として伝え続ける必要を感じます。
混雑やら我先が嫌で、1990年代初頭には一般公開でも私はポジを1本も撮らなくなってしまいました。

>THUDさん
米海軍と共同運用されたMACのハークの画像は初めて見ました。
おっしゃるように微妙に異なってますね。VR-22の識別は何処にあるのでしょうか?。
NATWPに限るかどうかも分かりませんが、米海軍運用のMAC機の来日は多かったのでしょうか・・・。

>KNOBさん
紹介はロービジ・インディアンですか?。
色が無いとはいえ、これだけ大きく画かれていれば今なら大満足ですヨ。
横田ハークも何かを書き入れてほしいけど、日本的デザインだけは勘弁してもらいたいです(笑)。

>geta-oさん(No.4382)
EC-130E(CL)とEC-130E(RR)はチームスピリットの常連的存在でしたネ。
紹介の63-9817の後期型がKNOBさんとA-330さんからNo.4289, No.4373、
別の機体EC-130E(RR)の当初の姿63-7869がA-330さんからNO.4287で紹介されてます。

>North PHANTOMさん
北の地に行かれていた期間は長かったですかね。しばらく姿をお見かけしませんでしたものね。
私にとってのAC-130系は第一期と第二期に分かれますが、共に目に毒です。
ところで・・・スミマセ〜ン・・・。No.4383紹介画像のS/No.補足下さぁ〜い!(笑)

>つばどんさん
これですこれ!。上のdet.Hさんへのレスでコメントした私に記憶のある流れ星のハークです。
撮影チャンスは何度かあったようですが、紹介画像の撮影は何年頃ですか?。
私がまだ横田にあまり通わなかった頃なら諦めがつくのですが・・・(笑)

>エイブルドッグさん
374AWの湾岸戦争からの帰還のリポートが雑誌に掲載され、ノーズアート機も紹介されてましたね。
それを期待して、私も横田基地の一般公開に久々に二日間通いました。
ただポジが未整理で箱の中のままなのですが、おそらく、また近くで撮っていたと思います(笑)
う〜ん・・・、つい最近の事のように覚えてるなぁ〜(笑)

>PAPPYさん
『1日1スレ』、どこまで続くか・・・。レスを2つに分けるのも初めてです(^_^;)
砂川側というと19エンドですよね。私はものぐさで立川駅から徒歩の01エンドばかりでしたが、
19エンドも立川基地ならではの大型機が標準レンズで撮れそうな絶好のポイントのようですね。

>geta-oさん(No.4387)
そういわれてみれば、グレー塗装になってからANGのマークが消えましたね。
ANG大好きな私が気づかなかったとは、情けないことです(笑)
しかし最も特異な格好のハークですので、私としては撮れれば大満足です。

>sugairsさん
その年のIATは、AC-130が間近で見られるなんて、なんとも羨ましい公開だったのですね。
各銃身もにょきにょき生えていたのでしょうか。アップで撮り放題でしょうネ。
そして、c/n3001の生産型ハークの1号機というのにも驚きです。
この53-3129は3回目のフライトで燃料漏れから左翼が炎上してしまったようです。
修復後もテストでJC-130Aと改称し、そのまま1967年11月からAC-130A改造開始の長寿機ですね。

>IARGさん
スミマセン、「Q」レターを振っておきながら、なかなか自分でもフォーローできなくて(^_^;)
[QG]はどなたかから紹介があると思いますが、なければ私からも紹介できます。
C-130AとC-130EにはさまれたC-130Bシリーズも、もっと奮闘せねばなりませんしね。

>すっかいうおりゃさん
この場では皆さんと力をあわせると、同じ機体の変遷が見れる事がありますが、
今回もすっかいうおりゃさんとキャッチボールできて私も嬉しいです(笑)
ところで紹介は嘉手納05降り、05Rですか?。デジでは1回しか撮った事がないけど、
ポジ時代と比べると、低く降りるようになりましたねぇ〜。って、違うか(笑)

>うみ太郎さん
EC-130E(RR)の後期型は、正面から撮ったら垂直尾翼のXアンテナが迫力ありそうですねぇ〜。
この時もやはりEC-130E(CL)とペアでの飛来でしたか・・・。
時代によって変化の多いRivet Riderと同様にComfy Leviの変わりない姿(?)も比較してみたいですね。

>YUSAさん
紹介の機体はMC-130H 88-1803、おそらく当時の嘉手納基地の1st SOS所属機で、
No.4304, No.4310などで紹介された「ドブ迷彩」Combat Talon Iの後継Combat Talon IIですね。
厚木にも時々飛来し、撮り逃した時には、特異な格好で遠目にも瞬時に分かりました(笑)

>皆様
今日も『1日1スレ』(笑)。ここはクローズし、Part.6を立てます。





C-130 Vol.2 Part.4 Name:広江 Date:2010/12/07(Tue) 06:49 No.4339 ホームページ   
Part.3のNo.4312でT.Hさんが紹介された日の他、この時期、私も7ACCSのC-130E-IIを何機か撮ってます。
私は横田の「弁当箱」の飛来状況が分かりませんが、複数機の移動は何かの演習がらみなのかな???。


>皆様
引き続きPart.4で皆様からの「米空軍ハーク」の話題をお待ちします。

さて、再度のお願いです。

米空軍を主に活動されている方々には瞬時に分かる事でも、私はアウェイの話題で難儀してます(笑)
Part.1冒頭でもお願いしてますが、縮小して判別し難い垂直尾翼のS/Noと、
機首に書かれる部隊(番号)を、調べることなく見たままで構いませんので必ず補足下さい。
その二つがあれば調査が簡略化でき、レスやBBS II Gallery化への早道となります。

Re: C-130 Vol.2 Part.4 Name:飛行浪人 Date:2010/12/07(Tue) 08:46 No.4340
>広江さん、皆さんこんにちは。
今日もぼろい写真で失礼します。
撮影年は相変わらずはっきりしませんが初めて行った入間航空祭です。C−130A(70482)
1963,4年頃と思われます。どなかか確定できれば嬉しいのですが。
この時はNGのRA−5Cが展示されていました。F−86に比べてその大きさ、スタイルの良さに写真では見ていた実物を初めて見て感激しました。おっと横道にそれてしまいましたね。
この頃も大型機はロープ無し、人を入れずに撮影は不可能でした。
手前に写っている親子の子供、今は50代半ばと思われます。
立派なマニアに成長しているでしょうか?(笑)
今回で思い出はお終い、次回からは真面目なマニアシリーズにします。


Re: C-130 Vol.2 Part.4 Name:A-330 Date:2010/12/07(Tue) 08:48 No.4341 ホームページ
>広江さん 皆さんおはようございます 広江さん 皆さんのさまざまな機体紹介、数多くのメッセージ情報と丁寧な説明はとても興味深く勉強になり大変助かります。
今朝の一枚は横田を離陸するリザード迷彩?C−130(40557)を 撮影日不明です。


Re: C-130 Vol.2 Part.4 Name:A-330 Date:2010/12/07(Tue) 09:27 No.4342 ホームページ
もう一枚連貼りですみません。463TAW所属のDB(63830)です。73年那覇にて

Re: C-130 Vol.2 Part.4 Name:det.H Date:2010/12/07(Tue) 09:32 No.4343
広江さん 皆さん おはようございます
Geta-oさんNo.4314の「青帯」の約9ヶ月前、やはりのちのMC-130E Combat Talon-Iの元になったらしい、C-130E-I(?)です 「青帯」はいかにも民間機仕様、こちらは例の彼等に共通のジュラ無塗装仕様です 国籍標識もパネル差込式で、フルトン、おでこに瘤付です あの時代、なぜか「青帯」もこれもあの場所に置かれ、撮りたい放題だったのですよね〜
>飛行浪人さん
RA-5Cが展示された入間のAir Showは1964年11月3日ですよ〜 父と私が写っていないか探しちゃいました (笑)
                                


Re: C-130 Vol.2 Part.4 Name:THUD Date:2010/12/07(Tue) 09:45 No.4344
No4314でgeta-oさんが紹介された「青帯」ですが“煙突”がもう少しわかりやすいアングルから撮ったものを(お尻のところです)。機体、撮影日はすべて同じです。しかしこの“煙突”という呼び名もすっかり忘れていましたが、そういえばそう呼んでいたなぁと思い出しました。

Re: C-130 Vol.2 Part.4 Name:ET Date:2010/12/07(Tue) 09:47 No.4345
広江さん、皆さん、お早うございます。
2008年6月30日、ILA2008で撮影したC-130J(463G/74636)で垂直尾翼の白帯にTHE ROCKと書かれています。

ところでNo.4334のALPSさんが撮られたC-130Hを私も投稿しようと思っていましたが先を越されました。軍用機には門外漢の私がコメントするのも何ですが、この機体について所属は374AWで「Eフライト」特殊戦用機体とある雑誌に書かれたのをメモしてあります。


Re: C-130 Vol.2 Part.4 Name:geta-o Date:2010/12/07(Tue) 10:03 No.4346
Part.4ですか。止まりませんね。何処までも行きますね。
今日は当時横田では佃煮でしたが以外に生産数が5機と少ないWC-130B
このWC-130Bは後に(1979年)に通常型にされて(戻ったのでなくこの当初の製造時WC-130BでC-130Bの改造型でない)しまい運用期間があまりなかったためその存在が忘れられてしまいそうです。
WB-50Dに変わり横田に62-3495,96の2機が1962年に飛来しました。
飛来時は衝突防止の派手派手塗装でした。撮影日不明
WC-130B/62-3495


Re: C-130 Vol.2 Part.4 Name:geta-o Date:2010/12/07(Tue) 10:04 No.4347
後に塗装を落とされ通常の銀ピカになりました。
WC-130B/62-3495
撮影日1964. 2.12


Re: C-130 Vol.2 Part.4 Name:toksans Date:2010/12/07(Tue) 10:07 No.4348 ホームページ
広江さん>確かに“D”レターは難しいですね。ちょっと長くなりますが整理させてください。374TAWのホームベースは、那覇(66.8.8-71.5.30)、CCK(71.5.31-73.11.14)、クラーク(73.11.15-89.9.30)、横田(89.10.1〜)となっています。その所属部隊ですが、
  21TAS(YD>DY)66.8.8-92.4.1
  35TAS(YJ)66.8.8-71.3.31
  41TAS(YP)66.8.8-71.2.28
  815TAS(MA)68.11.1-69.12.15
  817TAS(YU)66.8.8-70.6.15
  50TAS(DE)71.5.31-73.8.15
345TAS(DH)71.5.31-78.10.1
  776TAS(DL)71.5.31-75.10.31
となっています。さて346TASですが、314TAWが本国に帰った時に解散していますが、そのテイルレターは“DB”と“DY”の諸説がありますが、#4342でA-330さんが463TAWの“DB”を撮られているので(時期が問題ですが)。#4321の“DY”は、移動前にレターを変えるのも変ですので、広江さんが言われるように所属は346TASかもしれません。
 さて話題を変えて、探究心旺盛な広江さんを再び悩ますかもしれないC-130です。1972年8月12日横田で撮影のC-130E 63-0583ですが、当時“L”で始まるテイルレターを使っていたのは、バージニア州ラングレイの316TAW、367TAS(LM)、37TAS(LN)、38TAS(LO)。すると残った29TASが“LK”を使っていた可能性がありますが、同飛行隊は316TAWに71年の4月から11月までしか所属していません。と言う事は残った飛行隊が半年以上もテイルコードを変えずに使っていた?それに63-0583はAGM-12ブルパップのS/N???


Re: C-130 Vol.2 Part.4 Name:ITAZUKE-1 Date:2010/12/07(Tue) 10:45 No.4349
広江さん 皆様お早うございます。
69年11月23日 横田に降りるMC-130Eです。一瞬民間の130だと思いましたが空軍機でした No.は読めません。det-Hさん紹介のNo.4343と同じ機体かはわかりません。これの前のカットはフェンスにかかってないのですがこちらの方が沢山の後姿が写っていましたのでこちらにしました。 

>YUSAさん No.4335のマークは517ASの部隊マークのFirebirdです。現在のC-17Aにも書いてあります。

>広江さん EC-130E弁当箱10機は62-1791 -1809 -1815 -1818 -1820 -1825 -1832 -1836 -1857 -1863以上です。解らない画像ばかりでお手数掛けますがこちらも出来る限りは調べます。無理をしないでください。


Re: C-130 Vol.2 Part.4 Name:KNOB Date:2010/12/07(Tue) 11:20 No.4350
おはようございます。
速い展開に非常に興味深い写真の数々。資料としても重宝しますね。
新記録達成も時間の問題でしょうか?!

>広江さん
EC−130Eに関しての詳細なデータありがとうございます。
実際に運用されていた機数が多くなくても、改造を繰り返していたりすると分かりにくくなりますね。
今朝はEC−130H(CC)で続けます。昨日は青帯の41ECSを紹介しましたので、本日は姉妹飛行隊の
43ECSの機体(65-0989)をご紹介します。2003年のネリスで撮影しました。

>しか太郎さん
No.4330でご紹介されていらっしゃる機体はニューヨーク州のナイアガラフォールズ国際空港に本拠地を置く
914thAWと107thAWで共同運用されているC-130Hです。この部隊は米空軍で流行のアソシエート部隊で、AFRC(空軍予備役)の914AWとANG(州空軍)の107AWで共同運用されています。そのためご紹介の写真でもU.S.AIRFORCEの文字の下にAFRCとANGのインシグニアが確認できます。
飛行隊に関しては914AW傘下には328AS、107AW傘下には136ASが所属していますがフィンカラーはご紹介の色のみのようなのでどの飛行隊に所属というのは分かりません(もしかして機体の右側にはインシグニアが描かれているかもしれませんが)。
最近ではこのような運用も珍しくなく、他にもジョージアANGとACCが共同でE-8CJointSTARSを運用している例もありします。
BRC(基地整理統合計画)で空軍もいろんな形での運用方法を取るようになっているようです。

もう15年以上前になるかと思いますがANGで運用されていた頃は「NF」のレターをつけていて
横田基地にも飛来したことがありました。確か、横田FDの際に展示はされていなかったのですが駐機している
姿を撮影した記憶があります。何年だったかな??古いネガを探してみます。


Re: C-130 Vol.2 Part.4 Name:North PHANTOM Date:2010/12/07(Tue) 20:57 No.4351
広江さん、皆さん今晩は。
あっと言う間の展開について行くのが厳しいです。(^_^;)

>KNOBさん
突然で申し訳ありませんが最後に解説されている機体でしょうか?
1996年9月16日横田でR/W36の離陸のNF92-3283です。
ただ尾翼にあるようにAFRFCのみでANGの文字やインシグニアは残念ながら確認出来ておりません。
私も詳しく判らず、もしこの機会に判ると大変ありがたく大変恐縮ですがアップさせて頂きました。
ご教授頂ければ幸いに存じます。


Re: C-130 Vol.2 Part.4 Name:飛行浪人 Date:2010/12/07(Tue) 21:12 No.4352
広江さん、皆さんこんばんは。
週末出かけるので追加します。
相変わらず撮影年月日不詳ですがHC−130N(95830)1980年ごろの横田ドライブイン前の転がりです。
ミッションスコアが上から難破船14人、赤十字1人、C141?0人描いてありました。
私がミッションスコアを見たのはこれと嘉手納で見たHC−130Pだけです。



Re: C-130 Vol.2 Part.4 Name:Gulf4 Date:2010/12/07(Tue) 21:23 No.4353 ホームページ
皆さんの写真を見で「これも撮っていたなぁ」など思い出して、改めて写真の発掘作業を進めています。
1980年8月1日、当時オクラホマ州Will Rogers World Airportの一角にあったANGエリアで撮影した一枚。
オクラホマANG137th Airlift WingのC-130H(78-0811)ですが、調べると当時は最新モデルのH型を工場
から直接デリバリーされた最初の部隊だったようです。


Re: C-130 Vol.2 Part.4 Name:PAPPY Date:2010/12/07(Tue) 21:36 No.4354
広江さん、皆さんこんばんは。
>飛行浪人さん、1964年11月の入間にやって来たNGのRA-5Cは衝撃的でしたね、私もこの趣味に入るきっかけになった出来事の一つです。
横田三軍記念日1965年5月16日での C-130A 57-0477です、この頃はまだF-105やF-102の部隊が駐留していま
した、展示の配列は覚えていませんが撮影位置・水平尾翼からC-124の展示機上あたりから撮ったものと思います。


Re: C-130 Vol.2 Part.4 Name:てらぞう Date:2010/12/07(Tue) 22:03 No.4355 ホームページ
私の撮った最大のシャークティースです。C−130E70−01259,23W/2ASです。95年9月ネリスで撮りました。いったんは消えましたがムーディーで復活してますね。

>広江さん
RGは93年と思います。記憶がどんどん消え去っていっています(泣)


Re: C-130 Vol.2 Part.4 Name:IARG Date:2010/12/07(Tue) 22:04 No.4356
広江さん、皆さんこんばんは。
1966年5月22日の岩国三軍記念日に降りてきた、C-130A 55-0023 です。所属部隊はわかりません。
この日は、C-130A 6機とE型2機で物資など運んでいました。


Re: C-130 Vol.2 Part.4 Name:KNOB Date:2010/12/07(Tue) 22:10 No.4357
>North PHANTOMさん
はじめまして、こんばんは。
そうです、この機体です。ありがとうございます。
前回私の書き込みで>ANGの機体が・・・と書いていましたがAFRESの間違いでしたね。
失礼いたしました。

この部隊の変遷は非常にややこしいのですが、整理して書いてみたいと思います。
NorthPHANTOMさんがご紹介いただいた機体はAFRES:AirForceReserve(当時はまだメジャーコマンドではありませんでした)の914thAW/328thASの所属機です。
当時はまだAFRESのみで運用されANGは関係しておりませんでしたので、インシグニア等すべてAFRESで統一されていたはずです。
そしてその1年後の1997年にAFRESが現在のAFRC:AirForceReserveCommandメジャーコマンドに格上げされます。
AFRCへの格上げ後も同隊はナイアガラフォールズを拠点にAFRCの部隊として活動しておりました。

しかし、2005年に転機が訪れます。BRAC2005:Base Realignment and Closure(基地整理統合計画)で
914AWは解散、ナイアガラフォールズ国際空港内にあった基地の閉鎖が決定します。
所属しているC−130はすべて他の基地(ドビンス空軍基地の94AWが有力とされた)に
移動する決定がなされました。
しかしこれに対し地元議会が猛反発し、当時同じ基地でKC−135Rを運用していたANG部隊の107ARW/136ARSをアソシエート部隊として吸収、KC-135を手放しC-130運用部隊とすることで存続する
事が決定、現在に至るようです。KC-135Rを手放し、AFRC/ANGのアソシエートWingとなったのは2008年に入ってからのことでした。それ以降、尾翼にAFRCとANGの文字が、機体には両方のインシグニアが記入されています。

それでは今夜はANG部隊の中でも一番好きな塗装だったオクラホマANGのC-130H(78-0807)を。
撮影は2002年の6月です。尾翼のインディアンの塗装が全機フルカラーで描かれていました。
もうこの部隊もBRACの影響で解散しております。


Re: C-130 Vol.2 Part.4 Name:うみ太郎 Date:2010/12/07(Tue) 22:43 No.4358
ACを続けます。前回紹介したACが上がった後に引き返して来ました。
今度はタワー裏の通称「茶畑」に駐機したので撮り放題でした。
この日はたしか晴海に入港した英空母イラストリアスの公開に重なり、どちらにするか悩んだマニアも多かったかも?
1997年6月3日 89-0509  ”Total Carnage"
ノーズアートの手が90-0165とは逆になってます。


Re: C-130 Vol.2 Part.4 Name:うみ太郎 Date:2010/12/07(Tue) 22:50 No.4359
連続ですがもう1機撮ってあるので貼ります。
この頃は空母が長期クルーズで日本を離れるとパワーバランスを保つ為に韓国に派遣されていました。
また来てもらいたいものです。
2000年3月18日 90-0163 ”Bad Omen"
反対側を撮ってもおもしろくありません。


Re: C-130 Vol.2 Part.4 Name:ALPS Date:2010/12/07(Tue) 23:05 No.4360
広江さん 皆様 こんばんは
21TASのE-Flight所属機と思われるC-130Eです。1984年10月5日、翌日の横田公開日に飛来する外来機に混じって降りてきました。
こちらは国籍マークすらありません。


Re: C-130 Vol.2 Part.4 Name:すっかいうおりゃ Date:2010/12/07(Tue) 23:14 No.4361
何の変哲も無いC-130Hですが、2006年8月にエルメンドルフで撮影した517AS所属の機体です。 この年以降C-17に転換予定のためか 尾翼のファイアーバードが無くなっています。この部隊 よく横田に飛来していたので 多くの方が撮影されていると思いますが 状況はC-17に変わっても同じですね。YUSAさんが撮影された尾翼の鳥は、517ASの部隊マークですが、2006年には消されていました。
飛行浪人さん>
私も1964年あたりに 父に連れられて入間に行きましたが 丁度その写真に写っている親子連れの坊やぐらいの年でした。浪人さんとの年の違いを感じました(^^:)


Re: C-130 Vol.2 Part.4 Name:TROUT Date:2010/12/07(Tue) 23:32 No.4362
こんばんは、広江さん皆さん。冒頭に広江さんが紹介されたJCレター入りののEC-130Eはタイミングが合わず撮れず仕舞いでした。しかし、JC ノーマーク含めこの時期の弁当箱の飛来を前兆を感じさせる機体があります。74年6月か7月、曇り空の日曜日の午後、突然飛来したJCレター入りのC-130E63-7765です。その1週間後T&Gを繰り返し嘉手納に向かったようでした。その後この機体は度々横田に飛来するようになり、75年春頃にレターは消されたようです。所属は多分、当時嘉手納に居た345TASの所属と思われます。JCはタイに居た388TFWの隷下にあったようですがヴェトナム戦終焉により、74年夏くらいから388TFWのF-4EがUK,36TFSに流れていったように、この"JC"のC-130Eも嘉手納の345TASに流れ着いたようです。弁当箱はクラークの374TAWに編入されたのでしょうか?この時期に最初に弁当箱が横田に飛来したのはTHさんが紹介された74年9月くらいからで、週末の飛来が多く多分クロスカントリー的な飛来だったのではないかと思います。こんな感じの飛来は75年夏くらいまで続きました。そして飛来が途絶えた約1年後Gulf4さんが紹介された同じTACのインシグニアを付けた809が、同時期76年5月に横田に飛来しています。この時はTAC所属なので、もう本国に引き揚げていたのかな?その後はチームスピリットがらみでの飛来があり、KSレター入りでも来ていたようです。
1週末マニアがフェンス際で感じた当時の空軍C-130の動向です


Re: C-130 Vol.2 Part.4 Name:YUSA Date:2010/12/07(Tue) 23:46 No.4363
2005年11月3日三沢R/w10を離陸するHHレターのAF901058です。
>広江さん
修正ありがとうござました。m(__)m
>すっかいうおりゃさん
AKのマークは鳥で、517ASの部隊マークでしたかありがとうございましたm(__)m


Re: C-130 Vol.2 Part.4 Name:T.H Date:2010/12/08(Wed) 06:23 No.4364
広江さんのコメントでWC-130の紹介が少ないと有りましたので1枚探し出しました。1985年2月13日ミシシッピ州Gulfport-Biloxi Int'l.ArptでT/Gを実施するWC-130H 65-0967 / 815th WRS。
ルイジアナANGのF-4Cを撮る為にニューオリンズへ行こうとしたら、滑走路工事か何かの理由で、ファントムがGulfport-Biloxiに一時的に展開しており、ファントムを撮りに行ったら撮れた”外道のハーク” です。


Re: C-130 Vol.2 Part.4 Name:geta-o Date:2010/12/08(Wed) 06:43 No.4365
書き方が悪くてごめんなさい。WC-130Bは新造機は5機ですが改造機が12機あります。
写真の追加で改造機のWC-130B/58-077 54WRS
撮影は1973. 4. 7 場所は横田です。


Re: C-130 Vol.2 Part.4 Name:広江 Date:2010/12/08(Wed) 07:02 No.4366 ホームページ
すっかいうおりゃさんがNo.4281で紹介されているHC-130P 65-0994、
私が1976年に撮影した↓と迷彩のパターンが、かなり異なってますね。


>飛行浪人さん(No.4340)
親子は一瞬私かと思いました(笑)
ここまでは『思い出シリーズ』でしたか。どうりで・・・(笑)。
やんわりと登場し、次回からはハードな『マニアシリーズ』 ですね。楽しみですが、ちょっと怖い(笑)

>A-330さん(No.4341)
この塗装は横田の常駐機ですか?。スミマセン、そのあたりの当時の状況を補足下さい。
リザード迷彩はダークグリーン/ダークグレーの暗い迷彩ですので、
この塗装は、デザート迷彩あるいはサンド迷彩とでも言うべきか・・・。

>A-330さん(No.4342)
[DB]レターについて下のNo.4348でtoksansさんが346TAS関連でコメントされてますが、
1973年当時の[DB]はClark ABからDyess AFBに帰国した元[Q]レターの463TAWのテイルレター。
機首の部隊マークが判別できませんが、1973年当時の772TAS, 773TAS, 774TASのいずれかかな?。
このあたりは本当に米空軍はややこしいですネ。

>det.Hさん
64-0565も嘉手納の「ドブ」としての記録が残ってますが、
なんせあの塗装、自分で一体何機を撮っているのかも、全く分かりません。困った奴です(笑)
しかし謎めいている割には、無造作に『撮って下さい』と置くところが、また彼ららしいですネ。

>THUDさん
“煙突”とは垂直尾翼よりう後ろの黒い部分ですか・・・。
この正体が何であるかは別にして、先輩諸氏は本当にうまいニックネームを付けますよね(笑)
しかしこの青帯、59-1525同様、私には銀ピカハークは鬼門だったようです(笑)

>ETさん
紹介の07-4636はFY2007のピカピカの新車。C-130J-30と呼ばれる長胴型ですね。
2008年3月21日にLittle Rock AFBの41ASに引き渡されたとのデータが何箇所で見つかりましたが、
紹介の画像のストライプの色(黒縁の白帯)から、私は同じ463AG配下の53ASと判断しました。
E-Flight/374AWの件、私も思い出しました。

>geta-oさん
C-135/C-137シリーズの時に比べて、ハークの気象観測型WC-130系の紹介が少ないの不思議です。
調べたら、WC-130B 5機製造&12機改造、WC-130E 6機改造、WC-130H 15機改造(8機はC-130Hに再改造)、
そして最近撮ったKC-130Jが10機製造、と意外に少数だったのですね。
今のところ、私のNo.4308紹介のWC-130Eに続いたのが、North PHANTOMさんNo.4333紹介WC-130Hに、
ようやくgeta-oさんからWC-130Bを紹介いただけました。

>toksansさん
Langley AFBの316TAWは、当初は36TAS[LM], 37TAS[LN], 38TAS[LO]と個別のテイルレターでしたが、
1972年半ば頃に[LM]が316TAWのテイルレターになり、37TAS, 38TASも順次[LM]に変更されました。
[LK]はCCKからLittle Rock AFBに帰国した314TAWのテイルレターとして1972年に採用されたようです。
推測されているように、316TAW配下の29TASが1971年4月〜11月に[LK]でも不思議ではないのですが、
撮影の1972年8月12日時点での[LK]は、Little Rock AFBの314TAW所属機という事になります。
1972年当時の314TAWは小規模で、16TATS, 61TAS, 62TASの3個部隊。
さて[QB]レターで馴染み深かった29TASですか、
1971年4月1日付けで316TAWに移動した時点から解散まで、固有の機材を持たなかったと私は推測します。
解散前の部隊や嘉手納の一時期の25TFS、等々、ありえる話しと思います。
さて最後に(笑)紹介画像の件、S/No.は69-6583では?。AFの下の2文字が判読できないのですが・・・。
1973年初頭に[LK]レターの69-6583が確認されてます。

>ITAZUKE-1さん
「青帯」は皆さんには意外(?)当然(?)馴染み深かったのですね。初めて見て初めて知りました(笑)
紹介の降りは板付ではなく横田だったのですネ(^_^;)。すごい荒業の降りですねぇ〜。
EC-130E弁当箱10機のS/No.ありがとうございます。宝箱に大事に保管します。

>KNOBさん
米海軍が無理にNP-3Dに名称統一したのと同様、米空軍のEC-130系も無理がありますよね。
EC-130E(ABCCC)=C-130E-IIとEC-130E(CL)から数機改造されたのもEC-130Hの名称となり、
紹介のEC-130H(CC)も含めると3タイプあるようです。米空軍は部隊も機種も複雑すぎます(^_^;)
No.4330の件、ありがとうございます。レギュラーとANGのアソシエートは日本でも時々見かけますが、
ANGとAFRCのアソシエートがあるとは初めて知りました。
[NF]レターのハーク、ハイ思い出しました。しかし私は撮ってないと思います・・・。

>North PHANTOMさん
アツギで馴染み深い[NF]レターにも関わらず、言われるまで忘れてました(笑)
所属は、しか太郎さんNo.4330紹介画像に対し、KNOBさんがNo.4350で説明された914AWです。
ホームベースとしているNiagara Falls国際空港から[NF]レターとなったようです。

>飛行浪人さん(No.4352)
HC-130系のミッション・スコアを初めて見ましたけど、なかなか面白いですね。
しかし、それぞれの意味が難解・・・。難破船(?)から救助者数はなんとなく想像できますが、
赤十字はもちろん、C-141とは何?。墜落でもした機体の捜索で人ではなく機体が1機?。

>Gulf4さん
ホンとにピカピカの新車ですね。
ベトナム戦争終結からリザード迷彩が始まる1980年代半ば頃(?)まで、
米空軍の迷彩機といえども、機体そのものやワンポイントのマークが綺麗でしたよね。

>PAPPYさん
飛行浪人さんNo.4340紹介画像でもチラッと確認できますが、
当初のハークにも他の米空軍機のバズレター同様に、S/No.下3桁を機首に大書きしてましたね。
3ペラの目立つショットですが、現在の6ペラETさん紹介No.4345と比べると時代を感じます。

>てらぞうさん
23d“Flying Tigers”のシャークティースは有名ですネ。
F-105, F-16, A-7, A-10, 数え切れないですが、中でもハークが最大でしょう(笑)
下のKNOBさん紹介のインディアンと言い、YJハークにも何かワンポイントを書いてほしいです。

>IARGさん
紹介のタキシーウェイ、P-3等、北西側エプロンに通ずる所でしょうか。
三軍記念日の一般公開中でも紹介のC-130や当時駐留していたP-3の通常のフライトなど、
今とは異なる軍用基地の雰囲気を感じる一般公開でしたネ。

>KNOBさん
詳細な解説ありがとうございます。914AWが解散決定を覆して現在に至ったのは初めて知りました。
アツギでもCVW-5の岩国移駐を覆す誰か強力な人は居ませんかね(笑)
紹介のインディアンは全機フルカラーですか・・・。YJとの差が大きいのは何故???。

>うみ太郎さん
「茶畑」に置いたとは、皆さん角度を変えるため右往左往されたでしょう。
やはりAC-130系統は、ニョキニョキ銃身が生えている左側ですね。
スミマセン、各画像の部隊の補足を分かる範囲でお願いします。私、この類が特に苦手で(^_^;)

>ALPSさん
E-Flightは本当に厄介ですよね。
私としてはS/No.が分からないのが一番ストレスになります(笑)
それは今の整理するファイルでも孤立してます。なんだか撮っても、あまり嬉しくない存在でした。

>すっかいうおりゃさん
YUSAさんがNo.4335で紹介された画像を見ても思い出せないぐらい、
AKのハークのことを、私はすっかり忘れていました。
実は、AKのC-130もC-17も、私との相性が良くなく、あまり多くを撮ってないのですよ。

>TROUTさん
TROUTさんや横田の皆さんが感じ取っていた、その時々の横田の雰囲気、
時代が変わっても、マニアはアンテナを立てて状況を感じ取っているようですね。
このスレ冒頭の私の[JC]に埋め込んだ情報は間違ってますね。
1975年8月までタイのコラートがベースでしたね。失礼しましたm(__)m

>YUSAさん
いつも感じてますが、三沢で確実に色々と押さえられてますね。
F-16が常駐し本国との中継地でもある三沢は厚木に比べ、米海軍/空軍、両方の外来機の多い基地ですネ。
特に米空軍機は横田に通わない私がイケないのですが、[HH]ハークとも私は出会ってません(笑)

>T.Hさん
私にはほとんど縁のないWC-130系ですので、AFRES部隊にも存在していたのかと瞬時に調べに・・・(笑)
ひょっとして今は815はASとなってしまったようですね。紹介は貴重なタイミングの一コマ?。
釣りに例えれば確かに外道ですが、いつも何かの外来を期待するのがヒコーキマニアですよね(笑)
追伸.
Part.3 No.4312へのレスを一部訂正しましたm(__)m

>皆様
適度なレス数となったため、ここはクローズし、Part.5を立てます。





C-130 Vol.2 Part.3 Name:広江 Date:2010/12/06(Mon) 07:02 No.4310 ホームページ   
T.HさんがPart.2 No.4304で紹介されている嘉手納の主「ドブ」。
ドブのように汚い迷彩、というところからマニアの間で呼ばれるようになりました。
↓の写真も曇っているわけではありません。嘉手納の好天の太陽光を吸収するような塗装です。

ところで、このドブの正確なミッション形態は分かりませんが、
米海軍VPU-1/2のP-3C Iron Cladのように偽のS/No.を書いた機体が確認されてます。
↑も垂直尾翼では63-7785を名乗ってますが、63-7785は1966年6月17日に南ベトナムで墜落しており、
近年の資料で、本当のS/No.64-0507がようやく判明しました。
しかし私のポジマウントには「63-7785」のスタンプが押されたままです(笑)

さて、私は、またまた皆様にお世話になりますm(__)m
↑のドブ、私の撮影した当時(T.HさんNo.4304紹介当時も?)C-130E-Iと呼ばれ、
その後、MC-130EまたはMC-130E-Yに改称(?)or改造(?)されたと思っています。
どなたか、正しい情報を教えていただけますか?。

>皆様
『1日1スレ』(笑)
おそらく週末だったせいもありますが、この後の展開は如何に・・・。
引き続きPart.3で皆様からの「米空軍ハーク」の話題をお待ちします。
皆様、焦らず機体の重複OK等々、皆様個々のペースで進めて下さい。

Re: C-130 Vol.2 Part.3 Name:TROUT Date:2010/12/06(Mon) 07:06 No.4311
おはようござます、広江さん皆さん。 始まってますね〜、やはり世紀の傑作機、息が長くC-135以上に多くの機体が来日してる機体ですので皆さんのコレクションを拝見するのが楽しいです。私が本格的にフェンス際に通う前72年頃までがいろんな形、部隊が見られたようで今回もまたいつものように「もう少し早く始めていたなら・・・」と感じてしまいます(^_^; そんなわけで、私の最初の紹介は既に皆さんから紹介されています長らく横田に居た、当時RC-130Bと呼ばれていた556RSのC-130B「 GT525、緑っ鼻です。望遠を持っていなかった時代の撮影で画像が汚いです(^_^; 72年2月横田にて。派手な改造はないですが、あちこちに突き出たアンテナ奇妙に大きい翼端のタンク、怪しいですね〜。

Re: C-130 Vol.2 Part.3 Name:T.H Date:2010/12/06(Mon) 07:18 No.4312
1974年9月14日 横田ドライブイン屋上から撮影したEC-130E 62-1818。横田の所属ではなかったと思いますので、嘉手納かクラーク辺りから飛来していたものか、あるいは極東展開から本土へ引き上げる途上か?おなじネガにはHC-130P or Nも写っていました。「弁当箱」の愛称で呼ばれているEC-130ですが、この時初めて見たし、大人達は変な名前で呼ぶんだなぁ〜と 当時中学生だった自分には、不思議な思いを抱いたという記憶が残っています。

Re: C-130 Vol.2 Part.3 Name:geta-o Date:2010/12/06(Mon) 08:39 No.4313
色々珍しい写真これからも楽しみです。
皆さんのUPした画像の解明に少しでもお役に立てればと思い連続で3枚UPします。
最初は赤文字YJ C-130A(55-0048) /35TAS 1970.12.20横田


Re: C-130 Vol.2 Part.3 Name:geta-o Date:2010/12/06(Mon) 08:40 No.4314
「どぶ」の元C-130E-I(64-0564)。通称「青帯」煙突付き1967.11.05横田

Re: C-130 Vol.2 Part.3 Name:geta-o Date:2010/12/06(Mon) 08:42 No.4315
最後に立川の砂川側からの着陸。
当時有名な滑走路延長に反対する砂川闘争の最終段階で翌年の1968年に計画撤回までこのようなのぼりが多数立っていました。
着陸するC-130Aは57-0477。このころは迷彩塗装初期でテールコードは書かれていません。撮影は1967.2.23


Re: C-130 Vol.2 Part.3 Name:飛行浪人 Date:2010/12/06(Mon) 08:51 No.4316
>広江さん皆さん、こんにちは。
朝食をしている間に出遅れました。
さて今日はパート1と同じく立川基地内南側道路をさまよっていて見かけたC−130E(21783か21793)のMATS帯です。
市場展示はA型だったと思いますが外来置き場にはE型がいました。
もうちょっと突撃撮影すれば良かったかなと後悔しています。(笑)


Re: C-130 Vol.2 Part.3 Name:A-330 Date:2010/12/06(Mon) 09:08 No.4317 ホームページ
海軍機編で紹介したDC−130ですが空軍機も一枚(12361) 横田にて 撮影日不明です。

Re: C-130 Vol.2 Part.3 Name:det.H Date:2010/12/06(Mon) 09:57 No.4318
広江さん 皆さん おはようございます
>広江さん
“Roman Nose”は2機とも同じ機体です 4回の撮影機会がありましたが、Rwy19のL/Dが2回、Rwy01降りころがりを砂川側から2回と、機首及び尾翼のUPを撮る機会がありませんでした 
>THUDさん、S/No.は例の機首窓のプレートと、垂直尾翼に小さく黒字で書かれていましたよ あの時代の私のネガでは解析不能です (^_^;
広江さんのレスにあった“残るは当時の「YJ」”に呼応しようとしたら、geta-oさんに早速出されてしましたが、めげずに私も“YJ”を一枚
                  


Re: C-130 Vol.2 Part.3 Name:AGC Det−F Date:2010/12/06(Mon) 10:19 No.4319
1966年10月24日、伊丹R/W32に向かうC−130Aです。

機首の2つの窓に、“69”(小さな数字)と“008”(大きめの数字)と書かれた
パネルが見えますが・・・?


Re: C-130 Vol.2 Part.3 Name:KNOB Date:2010/12/06(Mon) 10:50 No.4320
広江さん、皆様こんにちは。
1日ずつPart#のスレッドが立ちますね。素晴らしい&珍しい画像ばかりでとても楽しいです。

さて、前回の投稿のEC-130Eですが、私も気になって海外の文献を探してみましたが
EC-130E Commando SoloにはComfy LeviとRivet Rider等のバージョンがあると
書かれており、Rivet Riderは「Xの形をしたアンテナが垂直尾翼にある」との記述がありましたので、その呼び名を採用させてください(笑)
残念ながらどの機体がRivetRider,Comfy Leviと呼応するシリアルなのかまでは書かれてませんでした。
63-9817を含むEC-130Eは退役してアリゾナの砂漠で眠っているようです。今は同じペンシルバニアANGに
EC-130Jが配備されて、6枚ペラで飛んでいるようです。こちらの機体は「Commando Solo II」と呼ばれているようです。

本日はCommand Soloの兄弟機(?)のEC-130H Compass Call(55WG/41ECS 73-1592)を。
ネブラスカ州にあるオファット空軍基地で2003年に撮影しました。


Re: C-130 Vol.2 Part.3 Name:toksans Date:2010/12/06(Mon) 10:55 No.4321 ホームページ

広江さん、皆さんおはようございます。
1970年3月6日、横田で撮影した21TAS/374TAWのC-130E 64-0503。374TAWは1971年5月に台湾清泉崗(現台中空港)を基地としていた314TAWと現地で交替して、314TAWの所属飛行隊をテイルコード、50TAS(DE)、345TAS(DH)、776TAS(DL)とともに引き継ぎました。旧374TAWの飛行隊のうち生き残ったのがこの21TASのみですが、374TAWの飛行隊編成替えは1969年の暮れから始まっていたので、テイルコードも“YL”から“DY”に変更され、台湾清泉崗への移動を先読みしていたのかもしれません。


Re: C-130 Vol.2 Part.3 Name:ITAZUKE-1 Date:2010/12/06(Mon) 11:56 No.4322
広江さん 皆様お早うございます。
No.4319でAGC Det-Fが書かれています 69と008の69に頭が反応して探したところ 同じく69と書かれたパネルのついた画像が見つかりましたが機体はC-130A MA55003 67年11月4日撮影です。同じ日別の機体には同じ部隊ながら小さいパネルには部隊の赤い馬を書いたパネルをつけたMA55012の画像があります。69はクル‐の番号としか思い浮かびませんが??


Re: C-130 Vol.2 Part.3 Name:MACH3 Date:2010/12/06(Mon) 17:03 No.4323
シリアル番号63-7785は海軍のVR-7がJoint Air Force-Navy MATSで運用していたC-130Eでした。
VR-7と言えばAir ForceのC-121を運用していた事で知っていましたが、今回広江さんのコメントでC-130も運用していたことを初めて知りました。
63-7785はその後、711th SOSのMC-130Eが使用したとありますが1stSOSとの順序は不明です。
やはり怪しいヒコーキは海空軍問わず番号を偽造するんですね。
写真は嘉手納で撮影したEC-130Eです。
尾翼に黒で斧が書かれていますが何の意味なのでしょう?

Det-Hさん、銀色のC-130B横田ではいつでも見れたのですね。
私が厚木以外は出かけなかった頃、Air Forceの銀色は珍しい機体でした。


Re: C-130 Vol.2 Part.3 Name:THUD Date:2010/12/06(Mon) 17:44 No.4324
No4257、4297でITAZUKE-1 さんとBATMANさんがフルトン回収デモを話題にされましたが、1968年5月12日の立川3軍記念日で回収デモを実施するHC-130H(36ARRS/65-0967)です。全景を入れることが出来ませんでしたが、展開されたヨークで引っ掛けたワイヤーが機体後方に伸びていて遭難者?収容のため後部カーゴドアが開いています。しかし立川でもこれが実施されたのはこのときの一回だけだったと思います。

Re: C-130 Vol.2 Part.3 Name:BATMAN Date:2010/12/06(Mon) 17:45 No.4325
>広江さん、皆さん
 1970年当時博打の厚木より何時もF-4Cが撮れた横田に足が向きました。ヴェトナムの地上戦が小康状態で傷病兵の後送のC-141の飛来は少なくなっていましたが写真のように消防車が待機すると傷病兵を積んだC-141が降りてきました。
 さて写真は1971年3月の撮影でこのころ36ARRSにはHC-130Hに加えて130Nが配備されていました。機体はHC-130N(S/N69-5822)です。36ARRSはCSARが主任務でなくアポロ月宇宙船の西太平洋での回収が主な任務でよく相模湾でアポロ宇宙船の模型で回収訓練をしていた様です。


Re: C-130 Vol.2 Part.3 Name:エイブルドッグ Date:2010/12/06(Mon) 18:32 No.4326
>広江さん、皆さん こんばんは
1992年8月15日に厚木に着陸する、プレートに描かれた小さな国籍マーク以外はマーキングもレタリングも一切無いハーキュリーズ。21Airlift SquadronのE-Flight所属のC-130Hと思われます。CIAとの関係の深いEフライトですが、この年の4月12日には厚木の公開日に地上展示されていて機体自体には怪しいところはなかったようです。92年当時はクラークABを引き払って横田へ来ていたせいか、厚木でも何度か撮ることができました。


Re: C-130 Vol.2 Part.3 Name:IARG Date:2010/12/06(Mon) 18:51 No.4327
広江さん、皆さんこんばんは。
No4321でtoksansさんがDYを出されていたので、私は、C-130E DL 61-2372 776TAS 314TAWです。
撮影日は1969年3月12日岩国です。


Re: C-130 Vol.2 Part.3 Name:Gulf4 Date:2010/12/06(Mon) 19:22 No.4328 ホームページ
このような企画は改めて撮影した機体の歴史(その後)を調べるチャンスになるので感謝しています。
1976年5月初めて行った嘉手納で撮影したこのEC-130E(62-1809)も、その後を調べるとニュースで
話題になったイラン侵攻作戦の際に地上でRH-53Dと衝突して炎上した機体だったようです。
通称「弁当箱」EC-130E ABCCC(Airborne Battlefield Command and Control Center)。


Re: C-130 Vol.2 Part.3 Name:PAPPY Date:2010/12/06(Mon) 21:35 No.4329
広江さん、皆さんこんばんは。
S/No.が見えませんが C-130B 59-1525 でNo.4286でMACH3が撮られた1か月前の1969年5月に厚木に降りる銀ピカハークです。
当時なかなかカラーフィルムが買えなかったのですが珍しくネガカラーで撮ったものです。
この頃はあまり横田には行かず今回紹介の3枚もすべて厚木で撮ったUSAFハークになってしまいました。


Re: C-130 Vol.2 Part.3 Name:しか太郎 Date:2010/12/06(Mon) 22:11 No.4330
広江さん、皆さんこんばんは。もうPart3ですか、早いですね。皆さんの貴重な画像を楽しく拝見させていただいています。
今回も昨年のRIATでの撮影で、どこかのANGの所属でしょうか?レターがなく尾翼の帯にNIAGARAの文字が入っています。知識不足の私には相変わらず詳細が分かりません、申し訳ありません。


Re: C-130 Vol.2 Part.3 Name:うみ太郎 Date:2010/12/06(Mon) 23:21 No.4332
弁当箱が出て来ましたので最近の画像を紹介します。
嘉手納所属のEC-130E 62-1791 ”雷神” 2010年9月1日 台風避難で飛来した時の画像です。
電子機器冷却用のエアスクープはぼろぼろで下面のアンテナも残っていますが、内部の電子機器は外されていて輸送用に使われている様な噂です。それでもノーズアートや弁当箱がついてるだけでマニア的には燃えます。


Re: C-130 Vol.2 Part.3 Name:North PHANTOM Date:2010/12/06(Mon) 23:32 No.4333
広江さん、皆さん今晩は。
遥か以前に専門誌で見たような機体の写真が次から次へと見れてお宝写真の塊です。
今回の写真は1977年7月29日嘉手納で撮りましたWC-130H?でしょうか。ハリケーンハンターズ53WRSのS/N50966です。


Re: C-130 Vol.2 Part.3 Name:ALPS Date:2010/12/06(Mon) 23:50 No.4334
広江さん 皆様 こんばんは
この機会に皆様に助けていただこうと思っていましたが、No.4326でエイブルドッグさんに紹介して
いただきました。厚木での展示では機内を公開していましたので、運用は怪しいが機体はノーマル
ということなのかと思いました。
画像は厚木の後、1992年6月20日横田で展示されたときの物です。米軍はこのようなシリアル、所属も
わからない機体が多くあるので、写真整理上困ることが多いです。この機体のシリアルを知ることも
不可能に近いのでしょう。


Re: C-130 Vol.2 Part.3 Name:YUSA Date:2010/12/07(Tue) 00:29 No.4335
2005年3月15日三沢R/W28に着陸するAK658(AF741658)です。尾翼に鳥???のようなマークが書いてました。

Re: C-130 Vol.2 Part.3 Name:うみ太郎 Date:2010/12/07(Tue) 00:52 No.4336
AC-130でH型に続きU型です。 夜に嘉手納から2機飛来したと緊急連絡があり大騒ぎになりました。
初めてAC130を撮るチャンスだったので、当然会社をサボってしまいました。
横田初飛来のAC-130U 90-0165 "Widow Maker" 1997年6月2日


Re: C-130 Vol.2 Part.3 Name:広江 Date:2010/12/07(Tue) 06:47 No.4337 ホームページ
那覇の腹黒「Y」4部隊が出揃いましたので、IARGさんがNo.4303で[QW]を紹介された続きで、
クラークの「Q」4部隊 (29TAS/QB, 772TAS/QF, 773TAS/QG, 774TAS/QW) へ・・・。

ちなみに「D」レター絡みは、混乱中のため先送りします(笑)

>TROUTさん
MACH3さんがNo.4286で紹介されている銀ピカ59-1525のその後の姿のようですね。
紹介の場所から標準で撮ると横田の全景が写し込めますが、当時は背景がすっきりしてますねぇ〜。
ところで、C-135系らしきものが、36で上がって行ってますね。

>T.Hさん
C-135シリーズでも話題になりましたが、先輩諸氏は奇抜なニックネームを付けますよね(笑)
この機体名称も厄介で、当初はC-130E-IIと呼ばれ1976年or1977年にEC-130Eに改称されてます。
C-130Eから10機改造されたとの資料もありますが、全S/No.は把握していません。

>geta-oさん
那覇の黒腹4部隊が出揃いましたね(笑)
C-130E-1の青帯は資料では見てましたが、画像では初めて見ました。煙突は何処に?(笑)
立川基地「砂川闘争」の写真は時々見ますが、紹介画像は綺麗な当時の記録として残ってますねぇ〜。

>飛行浪人さん
FY62のC-130Eは1784〜1886です。一発で解決しましたネ(笑)
意図的にさ迷ったようですが、今思うと、このような新鮮な画像をもっと見たいので、
やはり突撃撮影を敢行すれば良かったのに〜・・・、と呑気な他人事でスミマセン(笑)

>A-330さん
標的を吊るすDC-130は米空軍が本家でしょうね。
私は両方とも見たことすらありませんが、撮りたい意欲は満々ですが、
紹介のDC-130Eは再びC-130Eに再改造されてしまったようです。

>det.Hさん
カラーで見ると、僅かながらでもベトナム迷彩が目立ちますね。
私はこの塗装は[YD]と[YJ]しか撮った事がありません、皆さんから既に紹介されている
[YP]や[YU]には、この塗装機は存在しなかったのでしょうかね。

>KNOBさん
EC-130E(RR)の後期は垂直尾翼に「Xの形をしたアンテナ」が改造されたようです。
ちなみに私の調べた限りで、全機かどうかは不明ですが、CLとRRは以下です。
EC-130E(RR) :
63-7773, -7783(元EC-130E(CL)), -7828(元EC-130E(CL)), -7869, -9816(元EC-130E(CL)), -9817
EC-130E(CL) :
63-7783(EC-130E(RR)へ改造), -7815, -7816, -7828(EC-130E(RR)へ改造), -9816(EC-130E(RR)へ改造)
紹介の73-1592はコードネーム“Compass Call”からEC-130H(CC)と呼ばれる機体ですね。
一応、以下の12機が確認できました。
62-1862, 65-0989, 73-1581, -1583, -1584, -1585, -1586, -1587, -1588, -1592, -1594, -1595

>toksansさん
私の頭は混乱中(笑)、374TAWを、那覇、CCK、それぞれの時代で整理すると以下でしょうか。
  那覇:21TAS(YD), 35TAS(YJ), 41TAS(YP), 817TAS(YU), 815TAS(MA)/立川
  CCK:21TAS(DY), 50TAS(DE), 345TAS(DH), 776TAS(DL)
つまり、「D」レターは、314TAW時代と374時代で異なるので、
皆さんからの紹介も分けて捉える必要がある、ということですネ。
ちなみに、346TAS(DY)はCCKの314TAWに1971年まで所属していたと私は思っていたので、
1971年を境い目に、1970年までは346TAS、1971年以降が21TASと思っていたのですが???。

Re: C-130 Vol.2 Part.3 Name:広江 Date:2010/12/07(Tue) 06:48 No.4338 ホームページ
>AGC Det-Fさん
ITAZUKE-1さんもコメントされてますが、「69」は解明できませんが、
「008」から、機体は↓の55-0008だと思われます。


>ITAZUKE-1さん
ハークのコックピット下部の窓の数字がS/No.判定の手段でしたが、
この「69」という数字が何であるかは分かりませんが、現在も見られるのかな???。
ネガが見つかりませんが、[MA]ハークで人魚(?)が書かれたパネルのアップを撮った事があります。

>MACH3さん
63-7785の外見は普通のMAC機でしょうけど、墜落時の運用はVR-7だったようですね。
711SOSで使用されたのは別の機体で、墜落した62-1843を書いた本来の64-0506だと思います。
この64-0506と64-0507は、またまた混乱しますがAir Americaの運用リストに載ってました(笑)
紹介の62-1863は、No.4312, No.4328と同僚のC-130E-II「弁当箱」だと思います。
垂直尾翼のマークは、いつだかの横田基地の一般公開で見たような記憶が・・・。

>THUDさん
立川基地三軍記念日でフルトン回収のデモを行ったのですネ。
そのこと自体を知りませんでしたので、画像としても初めて見ました。
ベトナム戦争時代に開発された究極とも言えるこのシステム、ある意味、曲芸飛行ですよね。

>BATMANさん
1970年当時のアツギはギャンブル・・・。確かに(笑)
立川の36ARRSに何故HC-130系が配備されていたのか疑問に思ってましたが、
アポロ宇宙船の回収任務が一つの目的でしたか。私も当時のHC-130H/Nを再チェックします。

>エイブルドッグさん
S-3の話題だったかな?、エイブルドッグさんと並んで撮ったような画像がありましたが、
今回のE-Flightも背景の雲が若干異なる程度の、またまたそっくり画像です(笑)
しかしこの機体、国籍マークを取り外し可能のパネル式にしているとも聞きますが、
単にCIAがらみの任務に就く時に国籍を秘匿するためなのでしょうかねぇ〜。怪しいです(笑)

>IARGさん
314TAW/374TAW絡みからの視点、「D」レターからの視点、この両面で整理しないと私は大混乱です(笑)
とりあえず、紹介いただいたのは、時期的にも776TAS/314TAW/CCKで間違いないようですね。
私も[DL]を撮った記憶があるので、撮影年月日をチェックしたいと思います。

>Gulf4さん
[JC]レターがありませんが、撮影の1976年5月当時も7ACCS所属だったのかな・・・。
作戦途中で中止に陥ったテヘランの米大使館人質救出作戦“Operation Eagle Craw”ですね。
この時にRH-53Dにぶつけられて炎上したのが、この62-1809でしたか。勉強になりました。

>PAPPYさん
銀ピカ59-1525はアツギには何度か飛来しているのですネ。
横田でもdet.Hさんが『必ず居たって言う印象』とコメントされてますし・・・。
しかし私は1969年は100回以上もエンドに展開したのに、私と59-1525の相性は悪いようです(笑)

>しか太郎さん
日本に馴染みのない部隊は、米空軍機にうとい私はしか太郎さん同様、部隊は分かりません。
ただ、C-130の場合は機首に部隊の番号とS/Noの下4桁が書かれてますので、
部隊番号から検索すれば、ほぼ確実にヒットしますよ。
まあもっとも、今回はS/No.91-9144だけでRIAT 2009の画像が一発でヒットしました(笑)

>うみ太郎さん(No.4332)
現在の「弁当箱」は、単に1SOSで輸送等の雑用任務に就いているのでしょうか。
しかし、おっしゃるように弁当箱が着いているだけでも私は撮りたい願望大です(笑)
名称がC-130Eに戻っている可能性がありますが、機首左側を拡大して判読できませんか?。

>North PHANTOMさん
65-0966は救難型HC-130Hから気象観測型WC-130Hに改造された変り種ですね。
そもそもWC-130系が私のNo.4308で紹介したWC-130E以外に紹介されなかったのが不思議です。
まだまだ皆さんも他の機種の紹介で忙しいのかもしれませんね(笑)

>ALPSさん
私は番号順でポジをファイルしてますが、P-3とC-130には不明のポジがあります(笑)
クルーが居れば駄目元でS/No.を聞く事もできたのですが・・・。
あとは、気長にNo.4310のC-130E-Iのケースを待つしかないですね。

>YUSAさん
尾翼のマークは私も分からず、米空軍機に明るい方からのフォローを待ちたいです。
レスの前にちょっと調べた限りでは、WingでもSqnでもないような気がしますが・・・。
追伸.S/No.を訂正しておきましたので、ご確認下さい。 

>うみ太郎さん(No.4336)
飛ばし過ぎて失速しないで下さいネ(笑)。
AC-130を撮るなら、やはり左側ですネ。この時は、特に転がり撮影ポイントが混んだでしょう(笑)
しかし今回の話題では、改めて私にとっての課題の多さに痛感してます。

>皆様
今回の話題のモットー『1日1スレ』。ここはクローズしPart.4を立てます。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -