GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





C-130 Vol.2 Part.12 Name:広江 Date:2010/12/15(Wed) 07:58 No.4522 ホームページ   
T.HさんのNo.4312を撮影された日、私は↓の離陸も撮ってますが、No.4312との前後関係が分かりません。
ひょっとして、日付印を間違えて押したかな・・・。
マウントのポジは、箱から出すとばらして保存するので、このような時が厄介です(^_^;)


>皆様
今日も新たに立てたPart.12で皆様の米空軍ハークの話題をお待ちします。

さて、まだまだ未紹介もあるかとは思いますが、ある程度は出きってきたのかな?の感覚です。
したがいまして、意を決して、この話題もそろそろ終わりたいと思います。

今回は、恒例の延長戦は『なし』で2週間の区切りのPart.14=最終章とさせていただきます。
このPart.12も含めて紹介できるコマは3枚だけとなります。
大変に申し訳ありませんが、『捨てる勇気』を優先して画像を選択して下さいm(__)m
それと再度お願いいたしますが、連貼りは、できることなら、ご遠慮下さいm(__)m

Re: C-130 Vol.2 Part.12 Name:飛行浪人 Date:2010/12/15(Wed) 08:53 No.4523
>広江さん、皆さんこんにちは。
あと3スレですか、年内は続くと思っていたのに残念です。(笑)
とりあえず取り込んである画像からいきます。
先に紹介した嘉手納にハークがたくさんいた1974年3月15日の撮影、C−130E(DE21852か3)です。尾翼に半分隠れてどちらか判りません。


Re: C-130 Vol.2 Part.12 Name:A-330 Date:2010/12/15(Wed) 09:03 No.4524 ホームページ
広江さん 皆さんおはようございます。

空軍編で紹介できるコマはあと3枚 うーん、どのコマにしようか迷いましたがまだ登場していない機番の
EC−130(コンパスコール)6414862 です。尾翼に稲妻が4つ書き込まれています。早朝離陸は影が...
横田にて 撮影日不明です。

>広江さん
早速のご返事ありがとうございました。『捨てる勇気』を出して数十カット用意した中から選択します。


Re: C-130 Vol.2 Part.12 Name:ITAZUKE-1 Date:2010/12/15(Wed) 09:22 No.4525
広江さん 皆様お早うございます。
07年2月14日嘉手納R/W23Lに降りる C-130J-30 314AW 04-3144です。F-22Aを撮りに行ったときに降りてきた初物でした。天気が悪く原版は真っ黒でした。F-22Aは帰る日の2月17日に2機撮影することができました。


Re: C-130 Vol.2 Part.12 Name:det.H Date:2010/12/15(Wed) 13:33 No.4526
広江さん 皆さん こんにちは
くーぐんハークもこれを入れて残り3回ですか、お名残惜しゅうございます 
では、あと一踏ん張りさせていただきます (笑)
>Toksansさん、大変遅くなりましたがNo.4348のLKハークのS/No.は広江さんのおっしゃるように、69-6583だと私も思います 2日後の1972年8月14日に同じ横田で撮っていたLKが69-6581でした(尾翼の書き方は、小さく69、大きく3桁のみ581)
↑で飛行浪人さんがDEのカラーを紹介されていますので私はNo.4276でNorth PHANTOMさんが紹介されたのみのDHを さすがKodachrome、38年前なのにきれいな状態でのこっていました T/C、Dシリーズ、広江さん、Toksans氏が詳しくお調べくださいましたが、私の能力では追いつきませんです よってクレジットは、?マーク付とさせて頂きます
                       


Re: C-130 Vol.2 Part.12 Name:KNOB Date:2010/12/15(Wed) 15:20 No.4527
広江さん、皆様こんにちは。
残り3回ですね。今回は皆勤賞狙います(笑)
うーん、それにしてもどの機体を捨てるか。。。悩みどころですが、
今日はまだ紹介されていない機体を。
前回のテネシーANGを撮ったのと同じ2008年2月1日ルークAFBにて撮影したTC-130H(65-0962)です。
これはアリゾナ州デイビスモンサン空軍基地にテナント部隊として配備されている55WG/55ECGの機体で
空軍でもこのTC-130Hの称号を持つのはこの65-0962だけです。55th Electric Combat Group参加の41ECS,43ECSの部隊には配備されておらず、55ECG付けとなっているようです。
TC-130Hの『T』があらわすとおり、デイビスモンサンのEC-130クルーの訓練用に使われています。

>広江さん
BRAC2005は大々的に決まったので、大きな反対などがなかった地域は比較的すんなり決まったようですよ。
ですがやはりロビー団体などの反発は無視できないようで。。。お金が一番の理由ですかね。。。


Re: C-130 Vol.2 Part.12 Name:geta-o Date:2010/12/15(Wed) 16:15 No.4528
あとこの回を含めて3回ですか。何にしようかなと思いましたがC-130Bが少ないとのことですので既出かもしれませんがQF(772TAS/463TAW)のC-130B(59-1536)
1970. 7. 4横田


Re: C-130 Vol.2 Part.12 Name:つばどん Date:2010/12/15(Wed) 17:46 No.4529
広江さん、皆さんこんばんは。
いよいよ残り3日・・・・Part./Day が最後まで続きそうですね!

1994年10月23日 Robins AFB で展示された AC-130A "THE EXTERMINATOR" 54-1628 711SOS 919SOW です。ただ1機撮っているAC-130Aで、飛んでいるところを撮りたかったですが、1年後にはAMARC入りしているのでぎりぎり間に合って贅沢は言えません。


Re: C-130 Vol.2 Part.12 Name:PAPPY Date:2010/12/15(Wed) 22:16 No.4530
広江さん、皆さんこんばんは。 長丁場ご苦労様です。
2010年10月13日嘉手納R/W23Rを離陸する 69-5832 です。 MC-130P でいいのかな。
珍しい機体の数々、充分に楽しめました。


Re: C-130 Vol.2 Part.12 Name:TROUT Date:2010/12/15(Wed) 22:16 No.4531
こんばんは、広江さん皆さん。あと3カットですね・・・あっと驚くような紹介があることを楽しみにしています(^_^) 今日の紹介は80年9月、雨降りの横田へ着陸する赤く塗ったHC-130N 95831です。HC-130が降りてくるとは分かっていたのですが、天気も悪く見過ごすつもりで・・・赤い色が目に飛び込んで慌ててフェンスにへばりついて撮りました。1/60で機首がぶれてしまいましたが貴重な証拠写真となりました。この赤いHC-130はアラスカに居たと聞いていましたが部隊は分かりませんm(__)m私はこの時しか撮れませんでしたが、当時このよう赤く塗ったアラスカのHC-130は何回か飛来したらしいです。PAPPYさんが紹介された2009年横田公開の展示機の昔の姿です。

Re: C-130 Vol.2 Part.12 Name:THUD Date:2010/12/15(Wed) 22:39 No.4532
1966年3月の立川でFire Birdのマークは描かれていませんが17thのC-130D-6(57-0484)です。広江さんに解説いただいた12機のスキ−装備C-130Dの内の最初の機体だと思います。
>広江さん
“煙突”を撮るため尾翼をアップで撮っているのでNo4515の「青帯」は10970で間違いありません。
しかしロストした機体でしかもB型とは驚きました。なんかもうその辺の空きNo適当に書いとけと(笑)
よくわかりませんがこういう偽No、実際どのぐらいの効果があるのでしょうか。こういうのを見るたびに少々疑問が湧きます。


Re: C-130 Vol.2 Part.12 Name:IARG Date:2010/12/15(Wed) 23:22 No.4533
広江さん、皆さんこんばんは。
広江さん、ITAZUKE-1さんが紹介されていますC-130B-UGT 58-0711 です。
1970年2月20日横田での撮影です。


Re: C-130 Vol.2 Part.12 Name:North PHANTOM Date:2010/12/15(Wed) 23:27 No.4534
広江さん、皆さん今晩は。

>広江さんNo.4510でまたまたご迷惑かけました。撮影は1986年3月29日です。

終盤で考えた挙句今年の横田FD(2010年8月22日)で展示と機内見学出来ましたMC-130H 1SOS S/N89-0280です。
機内見学された方はご覧になられたと思いますが、機内に白い大きなシール?に9.11に対するOPERATION ENDURING FREEDOMとAMRERICA STRAIKES BACKの文字と24個のミッションスコアがありました。


Re: C-130 Vol.2 Part.12 Name:広江 Date:2010/12/16(Thu) 06:54 No.4535 ホームページ
隠れANGファンな私ですが、実は実際にはほとんど撮ってません。↓もかろうじて撮った「置き」。
撮った記憶がなかったので、主脚バルジを明るさ調整で確認したら、AK ANGでした(^_^;)


>飛行浪人さん
確か以前にもS/No.がクリアーできた記憶があるのですが、この機体も判明しました。
62-1853は1972年8月12日に南ベトナムで撃墜されてます。
ですので、「2」か「3」で悩むのであるならば、紹介の機体は62-1852という事になります。
ただし[DE]の1974年3月時点での部隊は、またまた悩んでます(笑)
TROUTさんのおっしゃるように、[DE]レターを引きずったまま、
嘉手納の345TAS/374TAWで運用されていた機体と捉えるべきなのかもしれません。
この割り切りを持てば、ひょっとして[D]レターがクリアーできるかも(笑)

>A-330さん
早朝の36上がりでしょうか・・・、低くて良いショットですねぇ〜。
しかしA-330さんは、いったいEC-130H(CC)を何機撮ってらっしゃるのですか?。
他の皆さんも何度も撮る機会があったのでしょうか・・・。
私にもチャンスを少しだけでもイイので分けてほしかったです(笑)

>ITAZUKE-1さん
フィンバンドは黄色に見えるけど、おそらくゴールドなので48AS(?)または48TS(?)のようですね。
314AWはAETC配下なのかな???。そのあたりの米空軍の組織体系が私はよく分かりません。
そもそも、Little Rockにはハークが多過ぎ(笑)るので私の頭は混乱中です。

>det.Hさん
紹介の[DH]は、私も374TAW時代の345TASと推測します(笑)
314TAW時代と374TAW時代に存在する[D]レターは本当にややこしいですネ。
この話題終了までに[D]レターが整理できなかった時には、
後書きで立てる予定のスレッドで、皆さんで論議しましょうか(笑)

>KNOBさん
TC-130Hの存在は把握していましたが、その画像を見るのは初めてです。
ひょっとしてTC-130Hは紹介の65-0962、ただ1機だけなのでしょうか・・・。
HC-130HからEC-130Hを経てTC-130Hに改造されたようですが、
65-0962のEC-130H時代の画像を見るとEC-130H(CC)のような特異な外見ではありません。
広義に付けられている名称「EC-130H」もまた私にはよく分かりません。

>geta-oさん
外来に頼ったC-130Bは、やはり撮影チャンスは少なかったのでしょうね。
しかし皆様のご協力により、1960年代末〜1970年代初頭までの436TAW/Clark ABの、
29TAS/QB, 772TAS/QF, 773TAS/QG, 774TAS/QW が出揃いました。
あとは、課題の[D]レターですが、はたして整理しクリアーできるか・・・(^_^;)

>つばどんさん
これです!、この物々しい姿。間近で見て触って(笑)、そしてアップを撮りたかったです。
1994年に生産型15機目の古い機体を見れた(撮れた)の、本当に滑り込みセーフでしたネ。
ところでこの"THE EXTERMINATOR"は機体の固有名なのでしょうか。何やら古くからあるような・・・。

>PAPPYさん
ハイ、紹介はHC-130Nから改造されたMC-130Pだと思います。
MC-130Hと比べると外見が大きく異なるので、遠目でもすぐ分かるかと思います。

>TROUTさん
あっと驚く・・・、温存してましたねぇ〜。ここからがTROUTさんの本番となるBest 3?。
極地塗装のアラスカという事で所属を調べたら、1980年当時は71ARRS/41RWRW/Elmendorf AFB、
それとは別に機体の所属歴を調べたら、1970年7月の配備時から1980年代半ばまで、
赤垂直尾翼の71ARRS所属のデータがあったので、間違いないと思います。
69-5831はtoksansさんがヨーロッパで撮られた画像をNo.4399で紹介されてますので、
アラスカからヨーロッパに渡り、日本に戻ってきたことになりますネ。

>THUDさん
希少価値の高いC-130D-6を何機も撮られていたとは、運が良いのか、よほど追い求めたか・・・。
偽のS/No.を書く効果は、私達マニアに『撮ってない番号が来たぞ!』と思わせる事でしょうか(笑)
冗談はさておき、米海軍(E)P-3B/C Ilon Cladは頻繁にBu.No.を変えます。
それは、スパイ機としての活動の所在をごまかす事と標的となるのを防ぐ目的と私は推測してます。

>IARGさん
紹介の58-0711は13機改造されたC-130B-IIに含まれている記述が随所で見られますが、
この話題の中でtoksansさんのアンテナの記述で気になり始め、更にあちこちさ迷って色々と調べたら、
58-0711は1963年にC-130B-IIに改造されましたが、1969年にC-130Bに戻されていた事が分かりました。
ですので、C-130B-II後期の前部胴体上部の斜めアンテナがついた姿がないのも納得できました。

>North PHANTOMさん
MC-130Hの機内公開とは貴重なチャンスでしたね。
OEFのシールも大事かもしれません、輸送型と変わっている部分があるのかないのか、
そこのところの一番大事なコメントが抜けているような気がするのですが・・・(^_^;)
まあもっとも、MC-130HはSIGINT系ではないので、コックピット以外は変わりないのかな(^_^;)

>皆様
適度なレス数には足りませんが、このスレッドはクローズし新たにPart.13を新たに立てます。





C-130 Vol.2 Part.11 Name:広江 Date:2010/12/14(Tue) 07:49 No.4496 ホームページ   
私の残り少ないWC-130系ですが、未だ皆さんから紹介されないので私から・・・(^_^;)
尻尾の巨大なVXS-1 "Warlocks"所属NP-3D 154587/RL-587と共に横田に飛来した時の撮影です。
両機が一日で撮影でき、私には大変に嬉しい記憶として残り続けるでしょう。


>皆様
はてさて、どうしましょう(笑)
Vol.3を年内で終わる見込みの逆算で、この話題をクローズしますか(^_^;)
と悩みつつ、今日も新たに立てたPart.11で皆様の米空軍ハークの話題をお待ちします。

一つお願い、というか教えていただきたい事があります。

私にも身近な存在のYJハークですが、実は定数を知りません。
それと広義な「隊長機」の数と種類を知りません。
今更ですが、どなたか教えて下さいm(__)m

Re: C-130 Vol.2 Part.11 Name:Gulf4 Date:2010/12/14(Tue) 08:21 No.4497 ホームページ
No4492で紹介された機体と、ほぼ同時期1994年2月26日に横田基地で撮影したMC-130E(64-0571)。
尾翼マークはNo4492と同じですが、機首にマニア心を喜ばせる(?)マークがありますね。


Re: C-130 Vol.2 Part.11 Name:A-330 Date:2010/12/14(Tue) 09:10 No.4498 ホームページ
広江さん 皆さんおはようございます。
C−130シリーズ様々な機体 毎日新鮮で書き込まれるメッセージも興味深く拝見させていただいています。
ベトナム迷彩のEC−130(かすみ網)が紹介されていないようなので着陸と離陸を連貼りします。
EC−130 DM31586 横田にて 撮影日不明です。
>広江さん すみません 比較変遷に該当しませんがこのような連貼りは問題はありませんでしょうか?


Re: C-130 Vol.2 Part.11 Name:A-330 Date:2010/12/14(Tue) 09:12 No.4499 ホームページ
連貼り失礼します。EC−130 DM31584 横田にて 撮影日不明です。

Re: C-130 Vol.2 Part.11 Name:飛行浪人 Date:2010/12/14(Tue) 09:19 No.4500
>広江さん、皆さんこんにちは。
USAF編は止まりそうもありませんね、このまま年を越しそうな勢いです。
今日は1977年8月24日に嘉手納で見かけたWC−130H?50963です。
No4333でのNorthPHANTAMさんの番号違いですね。
WEATHERの帯が無ければ外見はHCー130ですね。


Re: C-130 Vol.2 Part.11 Name:geta-o Date:2010/12/14(Tue) 09:37 No.4501
まだまだ続きますね。
今日は#4324でTHUDさんがUPした1968.年5月12日の立川3軍記念日で36ARRS所属のHC-130H(65-967)のフルトン回収装置のデモ写真。ターゲットの気球で垂直に張られたロープをヒットした直後です。
小さくて見難いかもしれませんが機首より両翼端に張ったロープはミスしたときのプロペラへの回収ロープが巻き込むのを防止するためです。
ターゲットの垂直ロープをヒットはロープの中間部につけたマーカーの中間を狙うようで写真では上部のマーカーが画面上部に下部のマーカーはロープについています。
人員等の回収は機体後部のカーゴドアより吊り下げた爆弾の形をした錘で引っ掛け機内へ回収するようです。
007の映画のラストでB-17がボンドを回収するところがありましたがB-17では機内回収が大変だと思います。
長々書きましたが写真で少しでもご理解していただければ。
なおこの方法の回収はヘリに空中給油が可能になり長距離救難も出来るようになって止めたと聞いています。


Re: C-130 Vol.2 Part.11 Name:ITAZUKE-1 Date:2010/12/14(Tue) 09:48 No.4502
広江さん 皆様お早うございます。
93年福岡R/W16に降りるアラスカANG 144AS/176COMPGPのC-130H 82-0055です。この時期YJ AKの混じって本国の部隊も定期便で来ていたようですが平日でしたので少ししか撮れませんでした。

>広江さん フォロー有難うございます。ひとつひとつ調べてコメント書いていただいて有難うございます。
Partいくつまでくらいで終わる予定をお知らせいただいたほうが、こちらも的が絞れるのではないかと思いますが? 何処までもと言われれば何処までもお付き合いいたします。手持ち無くなれば空砲を撃ちます(笑)


Re: C-130 Vol.2 Part.11 Name:A-330 Date:2010/12/14(Tue) 10:02 No.4503 ホームページ
>広江さん
YJハーク「隊長機」と思われる写真見つけました。尾翼先端に青と赤の帯を入れ レターとシリアルNoに白いシャドーが書き込まれています。
C−130 374AW YJ637865 横田にて 撮影日不明です。 


Re: C-130 Vol.2 Part.11 Name:ET Date:2010/12/14(Tue) 11:26 No.4504
広江さん、皆さん、こんにちは。
ありふれたハークの写真しか撮っていないのでただただ皆さんの写真に見惚れるばかりです。長丁場にかかりそうなのでコーヒーブレーク用に1枚。
2006年7月19日Farnboroughで、AFRC所属のC-130J-30(048153/5561)をバックにした光景です。この機体の尾翼には赤い帯の中に、FLYING GENNEIESと書かれていました。
マニアの皆さんは姥桜3人組より自ずと周辺の光景が気になるのではないでしょうか。
広江さん、こんな写真まずかったでしょうか?以前B707で女性が写った写真があったので勇気(?)を出して
投稿しました。


Re: C-130 Vol.2 Part.11 Name:toksans Date:2010/12/14(Tue) 13:52 No.4505 ホームページ
今年の1月10日、横田の関東空域衝突防止会議に出席した時に撮影した36AS/374AWのC-130H74-2062です。374OGの影付の機体ですが、海軍と同じように各飛行隊でこうした指令官機を持つのですかね?と言っても374AW/374OGの下にはこの36ASしかいませんが。

Re: C-130 Vol.2 Part.11 Name:geta-o Date:2010/12/14(Tue) 14:53 No.4506
まだまだ続くハークですね。
と言うことで撮影時点ではかなり珍しかったTACのC-130B(61-0969)
横田には既にC-130B-IIが配属されていてギンピカのB型ハークは珍しくありませんでしたがTACマーク付を撮ったのはこのときだけでした。所属は分かりませんが1962年1月に引き渡されたばかりの機体です。
1962. 7.16立川
>広江さん
横田駐留のYJハークは昭島市のHPによると13機だそうです。ついでにC-12Jは3機 UH-1は4機で合計20機とのことです。


Re: C-130 Vol.2 Part.11 Name:KNOB Date:2010/12/14(Tue) 16:09 No.4507
広江さん、皆さんこんにちは。
本日は私もあまり撮っていないWC-130を。
この機体は2008年にルークAFBで撮影したテネシーANG118AW/105ASに所属するWC-130H(64-4861)です。
テネシーANGにWC-130??と思い調べてみると、興味深い変遷が判明しました。

1992年の空軍大改編に伴い、有事の際にAMC:Air Mobility Commandへ召集される部隊として16機のC-130を運用する118AWがテネシー州ナッシュビル国際空港に組織されました。運用機数は当時のANG飛行部隊の中でも最大級の部隊でした。
その後2005年の悪名高き(?)BRACの決定により118AWは所属するC-130Hを他部隊(KYANG,ILANG)に放出し、ナッシュビル国際空港の軍施設としての能力を最低限に絞る決定がなされました。
しかし2007年にはその決定が覆され、118AWは海外のC-130ユーザーの乗組員をトレーニングするC-130航空団として存続することとなります。
それと同時にいままでAMCであった有事の際の召集先がAETC:Air Education&Training Commandに変更され、国防総省のFMS:Foreign Military Salesプログラムの一旦を担う重要な任務に着く事となったものの、
既にKYANG,ILANGに8機のC-130Hを放出していた118AWは定数を組めない状況に陥ります。
それを解決したのが、同時期にWC-130HからWC-130Jへ機種変換をしたミシシッピー州キーズラー空軍基地の403WGです。機種変換で余剰となったWC-130H6機をテネシーANGに移管、118AWは晴れて14機の定数が揃い任務を開始しています。

ちなみに、空軍のFactSheetでは横田のC-130の定数も14機だそうです。
http://www.yokota.af.mil/library/factsheets/factsheet.asp?id=6822

長々と1部隊の変遷を書いてしまいましたが、昨今の米海軍の空母部隊構想の様に空軍でも無理が生じたりして試行錯誤が続いているようです。


Re: C-130 Vol.2 Part.11 Name:GOOSE99 Date:2010/12/14(Tue) 19:57 No.4508
広江さん 皆さんこんばんは。
今回は353SOGに一時的に貸し出されていたと思われる変り種のAFRC 919SOW/711SOS C-130E(65-0972 c/n 382-4120)です。
この機体元々はHC-130Hとして製造され、1975年にWC-130Hへ、1992年にはC-130Hに、711SOSに移動後1993年にはC-130Eへと改名(改造?)された機体のようです。

暫くの間嘉手納において353SOGのC/Sであるグースとジャッカルを使用して飛行していた模様で居た期間などは分かりませんでした。
写真は1994年1月4日に横田へ飛来時のものでこの時手持ちのレンズにズームがなかった為に窮屈な写真になってしまいました(泣)
せっかくのスペクターのノーズアートもリザード&時間帯の悪さでよく分かりませんね。


Re: C-130 Vol.2 Part.11 Name:PAPPY Date:2010/12/14(Tue) 20:49 No.4509
広江さん、皆さんこんばんは。
シリアル・場所・日付の調査ありがとうございます、すっきりしました。訂正しときました。
ネタも少なくなってきたので最近のですが2009年8月23日の横田友好祭に展示された MC-130P 69-5831です。
型式を訂正しました。


Re: C-130 Vol.2 Part.11 Name:North PHANTOM Date:2010/12/14(Tue) 21:16 No.4510
広江さん、皆さん今晩は。
まだまだHOTな米空軍のC-130ですね。(^O^)/
T.Hさんやdet.Hさんの書き込み等でWC-130について以外と機数が少ない事を知りました。
本当に勉強になります。
今回は嘉手納で撮りましたWC-130H 54WRSの14861です。


Re: C-130 Vol.2 Part.11 Name:エイブルドッグ Date:2010/12/14(Tue) 21:41 No.4511
>広江さん、皆さん、こんばんは
横田基地の公開で人に埋もれたウィスキー・チャーリーです。この暑苦しい写真などお目にかけるつもりは無かったのですが、Part10のNo.4488にALPSさんが同じ時の写真を出されていて、朝見物人の少ないうちにキチンと撮っておかないとこういうことになるという見本として出させていただきました。この1985年10月13日の公開ではNGのF-14とA-7、空軍からもF-5が展示されるという目玉があったため、ついWC-130は後回しになったものと思います。広江さんも130のポジは見つからなくとも、VF-211のF-14のスライドはたくさん出てきたのでは?(笑)


Re: C-130 Vol.2 Part.11 Name:うみ太郎 Date:2010/12/14(Tue) 22:50 No.4512
広江さん、皆さんこんばんは
明日から出張でしばらく留守になります。帰って来てこちらを見るのが楽しみです。
まだ続いているかな?

今回は2,000機以上が世界中で使用されているC-130で、こんな記念塗装した130が飛来した事もありました。
1998年1月18日早朝の撮影 AFRC コロラドのPertson基地 302AW C-130H 94-7316 当時はCRのレターを付けて居ました。今はこの記念マークをノーズアートみたいに乗員ドアの前に書いてる様です。

広江さん>
130の尾翼のマークはコールサインのグーズにちなんだ鳥でしょうね。Gulf4さんの画像にもある様に他の機体にもついてます。今でも乗員ドアの前に小さく書いてある機体があります。
YJ130のシャドー付きは374AW 374OG 36ASの3機居ました。最近はAWしか見ないような? 5AFも居ましたが隊長がF-16出身に変わったのでWWに移りました。



Re: C-130 Vol.2 Part.11 Name:N.S Date:2010/12/14(Tue) 23:17 No.4513
>広江さん 皆さんこんばんは

 ちょっと前に動画の話題がでていたYMC-130Hです。
Robins Air Force Baseに併設されているMuseum of AVIATION に展示されてます。
詳しくはMuseumのH.Pを参照してください。

2000.9 Robins AFB GA YMC-130H 74-1686


Re: C-130 Vol.2 Part.11 Name:TROUT Date:2010/12/14(Tue) 23:38 No.4514
こんばんは、広江さん皆さん。 80年6月、横田ドライブイン前をタキシングするTX ANG 136TAW 181TAS?のC-130B 58-0571です。ANGのC-130Bはチームスピリット絡みなどで、80年代初め頃まで見ることが出来ました。
>広江さん、JC-130の横田への飛来は、紹介した83年の時は15,6年ぶりたったとか聞きました。そしてつばどんさんが撮られた84年が最後だと思います。ただハワイの部隊が解散後、JC-130Pが嘉手納の33ARRSへHC-130Pとして来ています。嘉手納に到着直後の、流星を描き入れたままの姿を見たのですが飛びませんでした!(^_^;


Re: C-130 Vol.2 Part.11 Name:THUD Date:2010/12/15(Wed) 00:08 No.4515
1969年5月離陸のため立川南側エンドをターンするC-130E(10970)「青帯」です。おでこのところにセンサーを取り外した跡?が見えます。
>広江さん
もうPart.11で未知の領域に突入して突き進んでいますが(笑)私の感想としては次の自衛隊その他編(私の持ち弾は少ないですが)を楽しみにしている方もいると思いますし、年を越すのもきりが悪いと思いますので一日一レスなら後2回ぐらいが妥当かなぁと感じています。私としては好きなAF130なのでいくらでも拝見していたいですが・・・。
差し出がましいことを言って申し訳ありません。m(__)m


Re: C-130 Vol.2 Part.11 Name:det.H Date:2010/12/15(Wed) 00:17 No.4516
広江さん 皆さん こんばんは
残念ながらHC-130Hのフルトンを開いている姿は一度も見る事がありませんでした 一説によると成功率が低かったとも どなたか実戦での戦績をお分かりの方はいらっしゃいますでしょうか?
エイチシー、スコアを記入された機体が、No.4352で飛行浪人さん、No.4479でgeta-oさんがもう紹介されていますが、天然色という事でお赦しを (^_^);
一枚目は72年5月2日撮影のHC-130N 69-5821 スコアは上から14名、5名、4機となっています
                             


Re: C-130 Vol.2 Part.11 Name:det.H Date:2010/12/15(Wed) 00:18 No.4517
続けて2枚目はHC-130H、65-0963、geta-oさん撮影と同じ機体の2ヶ月前、スコアの数も一緒でした
>広江さん、一向に衰えないですね このまま越年か?
ダブリュウシーの件、しかと請けたまわ・・・・・・フェードアウト?
                              


Re: C-130 Vol.2 Part.11 Name:CPDLC Date:2010/12/15(Wed) 00:49 No.4518
広江さん、皆さんこんばんは。
手前にメインの如くTHUNDERBIRDSのサポートカーが写ってますが、昨年のソウルエアショーに飛来していたLITTLE ROCK 19AWのC-130J/07-6311です。
LITTLE ROCKにはあと15機のC-130Eが残ってるそうですが、来年9月に314AWの62-1855がAMARG送りになって全て引退だそうです。


Re: C-130 Vol.2 Part.11 Name:IARG Date:2010/12/15(Wed) 01:22 No.4519
広江さん、皆さんこんばんは。
チームスピリット86に参加のEC-130E KS 62-1832 7ACCSです、もう1機とともに嘉手納に展開してました。
1986年3月15日撮影です。


Re: C-130 Vol.2 Part.11 Name:T.H Date:2010/12/15(Wed) 06:28 No.4520
通称「かすみ網」のEC-130Hといえば DM レターの露出が圧倒的に多いですが、USAFEの43rd ELECTRONIC COUNTERMEASURES SQUADRON 、 Sembach AB / West Germany にも6機程度が“SB”のテイルレターを付けて配備されていました。
AF 73-1594  1989年7月31日 RAF UPPER HEYFORD にて


Re: C-130 Vol.2 Part.11 Name:広江 Date:2010/12/15(Wed) 07:56 No.4521 ホームページ
ITAZUKE-1さんNo.4502紹介の82-0055の事、思い出しました。良くない思い出ですが・・・。
CVW-5機のR/W19離陸を撮ろうと待ち構えていた時、YJハークが上がってきたと思ってました。
しかしAKと気づくも、カメラにはファイター系の離陸を撮るレンズがセットされており、
真横ははみ出し、前後のコマは障害物に邪魔され、なんとか見れるのが↓の1コマのみ。
それも水平尾翼と主翼が微妙に切れてます。
という悔しい思い出として82-0055は記憶に残っていたようです(笑)


>Gulf4さん
派手ではありませんが、垂直尾翼と機首のワンポイントのマークがイイですね。
特に機首は渋めで、なかなか良いセンスと感じます。
これはかなりの勇気が必要ですが、アップを撮るのが正解だったのかな・・・(^_^;)

>A-330さん(No.4498-No.4499)
A-330さんから「かすみ網」の正面形や朝焼けの素晴らしいショットを拝見してきましたが、
紹介のようなショットも多く撮られているようですね。
当時の「かすみ網」の飛来頻度が分かりませんが、ひょっとしてA-330さんは効率よく撮られてるような。

>飛行浪人さん
HC-130H 65-0963から改造されたWC-130Hですが、前部胴体上部のレドームも残っているので、
パッと見の識別点は「WEATHER」のフィンバンドだけでしょうか。
ちなみに65-0963は1977年当時、54WRSに所属していたようなので、グアムから飛来したのでしょうね。

>geta-oさん(No.4501)
当時のカメラ機材で、よくヒットした瞬間を捉える事ができましたね。素晴らしいですネ。
回収失敗の時の巻き込み防止のワイヤーは、私がPart.7 No.4419で紹介した時に説明を忘れました(^_^;)
しかし、これは本当にある意味アクロバットですよね。

>ITAZUKE-1さん
終了の予定ですか。いつもなら気配を感じるのですが、今回ばかりは全く感じません。
年内のVol.3を諦めて、このVol.2を行ける所まで行きますか、しかし私も空砲を用意しなくては(笑)
紹介の82-0055???、なんだか記憶にあるS/No.です・・・。

>A-330さん(No.4503)
私は36ASと459ASのフィンカラーが分かりませんが、紹介は374AW司令機なのかな?。
下のtoksansさんへのレスにもあるように、各組織の司令機が存在していると思いますので・・・。

>ETさん
美味しいコーヒーをいただきました。ありがとうございます(笑)
後ろにチラッと見えるハーク(笑)、S/No.から画像はネットで検索して確認しました(笑)
さて、この画像、BBS II Galleryでは、どこに含めたらイイのかな???。

>toksansさん
下位から、36AS, 374OG, 374AW, 5AFの司令機が存在していても不思議ではないですよね。
米海軍はSqnとWingですが、米海兵隊はSqn, Group, Wingの司令機が存在する場合があります。
ですので、紹介の74-2062は374OGの司令機に指定されている機体だと思います。

>geta-oさん(No.4506)
まさしく「ピカピカの新車」ですネ(笑)
現在のところ、C-130Aが29コマ紹介されているのに対して、C-130Bは約半分の15コマ。
C-130Aが立川に常駐していた事にもよりますかね。

>KNOBさん
悪名高きBRAC (Base Realignment and Closure)ですか・・・、同感!(^_^;)
BRAC2005は公式発表じゃなかったんですかね。その後に覆されるとは、なんたるいい加減さ!。
118AWも翻弄され定数が戻ったとはいえ、403WGから受領したWC-130Hを輸送型で運用しているのですね。
米空軍も米海軍同様に行き当たりばったり的な事をしてるんですね。それも全て金次第か・・・(^_^;)

>GOOSE99さん
65-0972は、HC-130H ==> WC-130H ==> C-130H ==> C-130E の経歴ですか〜。
他にこの奇妙な経歴を持つ機体はあるのでしょうか・・・。
C-130HからC-130Eに改造するのはエンジンの換装?。謎です、よく分かりません。

>PAPPYさん
うみ太郎さんがコメントされているように、HC-130N/Pの一部がMC-130Pに改称されてます。
紹介の69-5831はHC-130Nで生産され、1990年代半ばにMC-130Pに改称されてます。
しかし私は外見上の違いは分かりません(^_^;)

>North PHANTOMさん
紹介画像はKNOBさんNo.4507紹介と同じ64-14861です。
という事ですから、North PHANTOMさんの撮影年月を補足下さい。
しかし紹介は会計年度を省略した「14861」、No.4507は5桁で表示するために「44861」、
米空軍のS/No.では、たまにあるパターンで意図的ではないはずですが、
『S/No.を秘匿してる』と言われても仕方ない表示です(笑)

>エイブルドッグさん
この日の暑さは記憶にありません(笑)
それよりも、[NG]VF-211のF-14AとVA-146のA-7E、それに青迷彩のF-5Eに自分が熱くなってました(笑)
たぶんそこでエネルギーを使い果たし、紹介のウィスキー・チャーリーを撮り忘れたのかも。

>うみ太郎さん
これだけ多くのハークが運用されているにも関わらず、『キリ番』的な存在は少なかったのでしょうか。
ようやく紹介いただき、ある意味ホッとしました(笑)
Gooseのマークと斧や蝙蝠の書かれていた時期が近いので、私が混同していたのかな・・・。
YJハークのシャドー付きの件、5AFはCOC後に消滅しましたか・・・。撮りたかったなぁ〜。

>N.Sさん
時々登場していた“YMC-130H”なるキーワード、その実機を初めて見ましたが、
私は初めて聞いたキーワードで、かつまだ細かいところまで調べてないので、
この話題が終わるまでには、その課題をクリアーしたいのですが・・・。

>TROUTさん
正確なところは分かりませんが、C-130A/Bとも純然たる輸送型は1980年代初頭まででしょうかね。
既にC-130E/Hは行き渡り、その後は順次C-130A/B/EをC-130Hに転換し始めた時期でしょうしね。
JC-130系の来日頻度の件、ありがとうございます。感覚は掴めました。
しかし、流星を画いたJC-130Pなる機体は残念でしたね。

>THUDさん
HC-130系の迫力あるショット、と思ったら青帯なんですネ。
皆さんにとって馴染みがありそうな「青帯」だと思いますが、私は今回、初耳でした。
ところでS/No.が見えませんので再確認しますが、垂直尾翼は“10970”ですか?。
該当するのは、1966年1月9日に墜落している機体。それもC-130Bなんですが・・・。
“10970”と書かれているなら、此処で3機目の偽者となります(^_^;)
この話題の今後の件も、しかと承りました。自分でも踏ん切りがつきました。

>det.Hさん
HC-130系のスコアのフネは、確かに沈没船のように沈みかけているのですネ(笑)
各々の意味ですが、フネと赤十字は想像がつくとしても、ヒコーキはどういう意味なんでしょう。
ウィスキー・チャーリーの件、保留ですかネ(笑)

>CPDLCさん
紹介は、どちらを主役として撮られたのでしょうか・・・(笑)
Little Rock AFBは、さしずめ「ハーキュリーズの巣」とも言えるのでしょうか。
そこに残る最後のC-130Eが2011年度末(9月)に引退ですか・・・。
C-130Eだけ見ても50年弱(49年かな?)の運用、本当に長寿機ですね。

>IARGさん
嘉手納に2機飛来していたようなので、当時の雑誌では紹介されていたとは思いますが、
[JC]レターでお馴染みの7ACCSの「弁当箱」が、Keesler AFBに帰国後の[KS]レターは初めて見ました。
ちなみに、紹介の62-1832は私がNo.4339紹介と同じですが、もちろん私のは[JC]です。

>T.Hさん
ヨーロッパに行かなければ見ることのできない[SB]レターの「かすみ網」、初めて見ました。
73-1594の来日した時のショットをA-330さんがNo.4398で紹介されてますが、
正面系なのでレターは見えませんが、大騒ぎにならなかったという事は、たぶん[DM]でしょうね。
ところで欧米の方は「かすみ網」を何と呼んでいるのかな・・・(笑)

>皆様
ここはクローズしてPart.12を新たに立てます。





C-130 Vol.2 Part.10 Name:広江 Date:2010/12/13(Mon) 07:12 No.4473 ホームページ   
私のポジ・ファイルの中で、どの分類でファイリングしてよいのか分からないポジが2枚あります。
1枚はエイブルドッグさんNo.4326紹介と同じ日に撮った機体。
もう1枚は↓。どのような理由かは分かりませんがS/No.が何処にも書かれてません。
スキャン後の画像で確認すると、胴体の国籍マークはステッカー等、貼り付けているようにも見えます。
この機体もE-Flight関係なのでしょうか・・・。


>皆様
『一日一スレ』は、とうとうPart.10まで継続してます。
それでは引き続き皆様からの米空軍ハークの話題をお待ちします。

Re: C-130 Vol.2 Part.10 Name:A-330 Date:2010/12/13(Mon) 08:25 No.4475 ホームページ
広江さん 皆さんおはようございます。
>広江さんの撮影機と同じ機体と思われるC−130(???)です。カーゴドアオープンでのフライパスを横田で撮りました。撮影日不明ですがおかげさまで93年ごろと推察できます。


Re: C-130 Vol.2 Part.10 Name:ITAZUKE-1 Date:2010/12/13(Mon) 10:51 No.4476
広江さん 皆様お早うございます。
70年9月15日横田にて C-130B GT 59-1529です。斜め前もありますがS/No.が読めませんのでお尻だけの画像にしました。
>THUDさん 詳細有難うございます。センサーかなと勝手に思っていました。
>KNOBさん XPは部隊名のPONY EXPRESSから来ているのではないかと私は考えました。
>広江さん 改めて見ると良く回っていますね 機体のタンクなし!にしか目が行っていませんでした。
まぐれと行き当たりばったり(臨機応変とも言います)が大好きな言葉です(笑)
C-130A-U C-130B-UUついては ご存知かも知れませんが下記HPを見ていただければ解決すると思います。
http://www.7406suppron.com/history/history7.asp


Re: C-130 Vol.2 Part.10 Name:det.H Date:2010/12/13(Mon) 12:55 No.4477
広江さん 皆さん こんにちは
横田では見慣れた機体だったせいか、広江さんがおっしゃるように意外と登場していないダブリューシー、geta-oさんのコメントで純粋WC-130Bが62-3492〜3496のたったの5機だったと言う事は今回知りました 
で、リヴァーサルで整理されていた中から年代順に、

71年1月横田での改造型WC-130B、58-0742、


72年4月嘉手納でのWC-130E、61-2365


No.4436でTROUTさんが出された機体、73年5月横田での純粋型WC-130B、62-3494です 


こう見ると54thWRSの機体の変遷にも興味が沸いてきます
どなたか? (^_^;;;

追伸>広江さん、GC-130DのGの意味が判らず、展示機がGCになっていたので、・・・
了解いたしました ありがとうございます
                      

Re: C-130 Vol.2 Part.10 Name:KNOB Date:2010/12/13(Mon) 14:18 No.4478
広江さん、みなさんこんにちは。

>ITAZUKE-1さん
なるほど、確かにSt.JosephはPonyExpressの発祥地で、180thASはそのPonyがマスコットとなってますね。
その昔ミズーリからカリフォルニアまでの郵便サービスをしていたんでしたね。
自分でパッチを持っているにも関わらず、気づきませんでした(笑)
長年気になっていた痞えが取れました。ありがとうございます。

>すっかいうぉりあさん
pony eXPressのXPですね^^

>広江さん
嘉手納のMC-130はあちこち触ってきました^^
パッと見はただのプロペラ機、しかも2機も並んでいると見逃されてしまうのでしょうか??
ただ、内地の航空祭と比べてギャラリー(それらしき方々も、一般の方々も)は少な目です。
しかも、F-22が日本で初公開された日でもありましたので、そっちのほうが話題が大きかったのかもしれません。
今日は昨日と同じ87-0126のノーズアートを。
AC-130などにもありますが、AFSOCの機体はセンスの良いノーズアートがたくさんありますね。
"ANGEL OF RETRIBUTION・復讐の天使"


Re: C-130 Vol.2 Part.10 Name:geta-o Date:2010/12/13(Mon) 14:31 No.4479
そういえば飛行浪人さんがスコアの話をされていたとおもいます。
スコアを書いた36ARRSの HC-130H/65-0963写真ありました。1972.7.08横田ドライブイン前です。
髭で飛行機の絵のスコアが良く見えません。


Re: C-130 Vol.2 Part.10 Name:Gulf4 Date:2010/12/13(Mon) 16:40 No.4480 ホームページ
わざわざ出かけようと思って休暇にしてあったら、狙ったように当分は天気が悪いようです。
そんなこともあって、改めて昼間から皆さんの写真を見直していました。
今回はC-130Aの運用末期と思われる1991年7月RAF Fairfordで撮影したC-130A(57-0453)。
テネシーANG 155thTAS所属で「NITE TRAIN TO MEMPHIS」のノーズアートが描いてあります。
プロペラが4枚、リザード迷彩になった姿で、翌年テネシーANGはC-141に改編されました。
調べると155thTASのエンブレムは有名な「MEMPHIS BELLE」なのですね。
最近はネットで調べて、改めて分かることばかりです。  


Re: C-130 Vol.2 Part.10 Name:THUD Date:2010/12/13(Mon) 17:16 No.4481
1967年6月立川を離陸する「DE」50TASのC-130E(S/N不明)です。
>すっかいうおりゃさん
2005年のオシアナに行かれたのですか。No4469の紹介画像、私もまったく同じショットを撮ってますがニアミスしてたんですね。


Re: C-130 Vol.2 Part.10 Name:飛行浪人 Date:2010/12/13(Mon) 19:17 No.4482
>広江さん、皆さんこんばんは。
次のBBSUのネタ仕入れ?に4日ほど留守にしました。
現地ではgeta-oさんにお会いしました。
相変わらず盛況で先が見えませんね。
今日は私が見た最初で最後の鼻無しハーク、C−130A(41640)です。
見えにくいですがテネシーANGと書いてあります。スクランブルによると118TAG,105TAS所属になっています。
1979年6月23,24日に行われたエアタトーはハークの初飛行25周年という事で、各国からのハークが10機以上参加、列線展示されました。USAF以外は次回のBBSで紹介できると思います。


Re: C-130 Vol.2 Part.10 Name:GOOSE99 Date:2010/12/13(Mon) 19:25 No.4483
広江さん 皆さんこんばんは
皆さんの勢いに全く追いつかないのですが今回はちょっと明度差のあるリザード迷彩機を。
この時期(80年代後半から)、ANG/AFRCで新製配備の機体達の多くがこの塗装で、この頃配備途中の自衛隊向けも同様でした。
ほぼテクニカルパン一直線だった私は悪天でもパターンの分かるこの塗装には大歓迎だったのを覚えています。
写真は1998年5月13日横田へ着陸するDOBBINS ARBから飛来のAFRC 94AW/700AS C-130H(87-9284 c/n 382-5125)で、フィンバンドが少しずつカラフルになってきた時期かと思います。


Re: C-130 Vol.2 Part.10 Name:geta-o Date:2010/12/13(Mon) 19:48 No.4484
私もノーズアート(?)を一枚
今年の10月ミッドランドのエアショーで展示されていたピッツバーグの911AW所属のC-130H(78-0813)に書かれていた絵
地元の野球チームピッツバーグパイレーツの関係者の似顔が描かれていますが残念ながら一人も誰だか分かりません。


Re: C-130 Vol.2 Part.10 Name:North PHANTOM Date:2010/12/13(Mon) 20:20 No.4485
広江さん、皆さん今晩は。

ノーズアートではなくて申し訳ありませんが、1299にまたがったウッドペッカーがマンガで書かれていました。1977年11月3日入間での撮影のC-130E 345TAS S/N 72-1299です。


Re: C-130 Vol.2 Part.10 Name:IARG Date:2010/12/13(Mon) 20:23 No.4486
広江さん、皆さんこんばんは。
築城基地での日米共同訓練参加のF-16 LRを支援するために飛来した、
AFRESのC-130B 60-0299 731TAS 撮影日は1989年2月27日です。


Re: C-130 Vol.2 Part.10 Name:PAPPY Date:2010/12/13(Mon) 22:06 No.4487
広江さん、皆さんこんばんは。
DY-879 で S/No.は 63879 と読めるのですが該当が引き当らなくて何型か分かりませんでした。
C-130B かタンク無なしの E かも知れません。厚木で1970年8月6日です。
広江さんの調査で C-130E 63-7879 で場所と撮影日付けを訂正しました。


Re: C-130 Vol.2 Part.10 Name:ALPS Date:2010/12/13(Mon) 22:55 No.4488
広江さん 皆様こんばんは
1985年10月12日横田公開日の展示機です。41RWRW/54WRS WC-130E 64-0552
一応 WC-130E としましたが、C-130Eとして軍籍を退き、現在は N130EV として、エバーグリーンで
使われているようです。(博物館入りしているようですが)
http://www.thelivingmoon.com/45jack_files/03files/Whiskey_Charlie.htm によると新造の WC-130E
として生産されたように解釈されますが、読解力が乏しいので自身がありません。


Re: C-130 Vol.2 Part.10 Name:YUSA Date:2010/12/13(Mon) 23:13 No.4489
>広江さん
すみませんNo4458は2009年01月18日です。No.4458修正しておきました。
2005年5月5日三沢ER/W28を離陸する.OHIO AIR GUARD Mansfeldレターです。
ドア上のONTARIOはよめるんですがその上が読めないです。


Re: C-130 Vol.2 Part.10 Name:TROUT Date:2010/12/13(Mon) 23:33 No.4490
こんばんは、広江さん皆さん。今日もハワイのJC-130でH型です。ターミナルに一番近いランウェイの離陸ですが、私がいたところはターミナルの真反対側(^_^; 画面半分くらいの大きさで、かなりトリミングしています。着陸してきたところも撮ってありますが、Part9で紹介した通りの陽炎メラメラでした。JC-130H 14587 78年1月ホノルルにて。

Re: C-130 Vol.2 Part.10 Name:TROUT Date:2010/12/13(Mon) 23:38 No.4491
今日も連続ですいません。 つばどんさんが紹介されていますJC-130B 10962です。つばどんさんが撮られた時の半年前、83年9月横田R/W36の着陸です。この時はシステムズコマンドのインシグニアが入っていました。


Re: C-130 Vol.2 Part.10 Name:うみ太郎 Date:2010/12/13(Mon) 23:42 No.4492
No.4310で広江さんが、N0.4323でMACH3さんが話題にしていた63-7785がありました。
1993年12月28日に横田での撮影です。 嘉手納1SOS所属ですが、この塗装のMCはこの時しか撮っていません。

TROUTさん>
デザート迷彩のフォローありがとうございました。チャンスが少なかった迷彩ではありますね。


Re: C-130 Vol.2 Part.10 Name:つばどん Date:2010/12/14(Tue) 01:09 No.4493
広江さん、皆さんこんばんは。
1978年5月の多分28日撮影したC-130A 56-0496(手前)と56-0473(奥)で、共にAFRES 95TAS と思われます。2機ともエンジントラブルのエマージェンシーで降りてきた様で、プロペラがフェザリングしています。皆さんから普通に出てくるA型も私にとっては大変な貴重品で、曇天の夕方にもかかわらず必死でシャッターを押しました。この時には、数日後トラブルのサポートと思われるC-130A(s/n?)がもう1機飛来しており、それはまだ3枚ペラでしたが撮ることはできませんでした。


Re: C-130 Vol.2 Part.10 Name:つばどん Date:2010/12/14(Tue) 02:09 No.4494
連貼りでスミマセン。
4493の1機、C-130A 56-0496 95TAS の上がる時の撮影で、1978年6月6日 R/W-18 のアルファタキシーウェイでホールドしているところです。左側の機首には白っぽい大きなインシグニアがありましたが、間に合わすに撮れませんでした。もしかすると、この機体が田で見られた最後のA型かもしれません。


Re: C-130 Vol.2 Part.10 Name:広江 Date:2010/12/14(Tue) 07:47 No.4495 ホームページ
Part.9のITAZUKE-1さんNo.4456紹介63-7825のレスでは私の画像が準備できずコメントだけでしたが、
再捜索&スキャンしました。↓が私の厚木で撮影した63-7825の2コマです。

2コマとも普通のベトナム迷彩。↓はトップライトで見難いのですが下面はライトグレーです。

No.4456(1983年5月4日撮影)は、↑から10ヵ月後の姿ですね。
米海軍機のロービジ初期は試行錯誤のカウンターシェードがありましたが、
私の知識がないのですが、時期的に同じ米空軍機にも同様なケースがあったのでしょうか。
それともITAZUKE-1さんのコメントのようにE-Flight関係なのでしょうか。
どなたか、フォローいただけるとITAZUKE-1さんが安心して寝られるかと・・・(笑)

>A-330さん
S/No.が書かれてないので、なんとも判断できませんが、
垂直尾翼前縁パネルの汚れ具合が異なるので、私のNo.4473とは時期が違う?、あるいは別の機体?。
しかし機体前部の昇降ドアの汚れ具合が同じに見えるので、時期違いの同一機の可能性もあります。
偽のBu.No.を頻繁に変える怪しいオライオンを見慣れた(?)私達厚木マニアは、
機体やエンジンナセル等の汚れ具合で同一か否かの判断の習慣が身についてます(笑)

>ITAZUKE-1さん
紹介のサイトは556RSを主に書かれてませんので、[GT]ハークについては解決しないと思います。
エイブルドッグさんのコメントと私の調べた結果、C-130B-IIの13機は一致してますし、
59-1525がNo.4329, No.4286, No.4311 で紹介され、アンテナの有無の件もあります。
しかし私的には見てて楽しく、参考になるサイトとは思います。ありがとうございます。

>det.Hさん
WC-130Bオリジナル&改造型、そしてW-130E、ダブリューシーが一気にカウントアップですネ。
しかし皆さんが見慣れていたというのは、撮って嬉しかった私としては、ちょっぴりガッカリ(笑)
『変遷にも興味が・・・』って、これ以上、勘弁してください。
しかしもし突き詰めるなら、他の方にふらずにdet.Hさんの分担とします(笑)

>KNOBさん
何やら「XP」レターの由来が判明し、永年の疑問が解決したようで、良かったですね。
このようにワイワイと語っている内に解決する事があると、私も嬉しくなります。
機体の周りが寂しげだったのは、ラプター初公開の日でしたか。それは仕方ないですネ。
紹介のノーズアート、私、このような今風なデザインは、どうもよく分からないのです(^_^;)
geta-oさんNo.4484はイイなぁ〜と思います。あとは、HSL-51機のソノブイカバーアート(笑)

>geta-oさん(No.4479)
その部分を切り取って拡大画像にしないと各々がよく分からないのですが、
飛行浪人さんNo.4352と同じ、上から船・赤十字・ヒコーキとその人数でしょうか。

>Gulf4さん
米空軍でのC-130Aの運用期間を調べようとしてますが、未だ見つかりません。
ハーク運用の各部隊史を調べれば分かるのでしょうけど、あまりにも膨大で・・・(^_^;)
紹介の57-0453は1958年初頭に引き渡されたようなので、撮影時点で機齢33年、
そう考えると、まだまだ運用されても良かったのかな?。

>THUDさん
スミマセンm(__)m、撮影の[DE]レターは、当時は那覇の374TAW所属でしょうか。
いつも[D]レターでつまずいてしまいますが、当時の[DE]=50TASが結びつきません。
う〜ん・・・、このVol.2の終りまでに整理ができないとBBS II Gallery化が難儀しそうです。

>飛行浪人さん
1979年という時代の中で、鼻なし&4ペラ、という姿には驚きです。
このアンバランスな姿は貴重なタイミングの機体のような気がします。
後ろに写っているのは、ひょっとして?。Vol.3が楽しみです。

>GOOSE99さん
紹介の迷彩、垂直尾翼が仲間外れのような違和感を感じます。
逆に胴体だけをリザード風に再塗装したような感じにも受け取れます。
そして更にこの迷彩にカラーのフィンバンドが書かれると違和感が増幅しますが、
この組み合わせでの撮影チャンスは多くはなかったと思うので貴重な一コマですよね。

>geta-oさん(No.4484)
確かに、MLBの選手名鑑を手元に置かないと分かりませんネ。
もっとも、私は日本のプロ野球の最近の選手も分かりません(笑)
しかしハーク全体から比べてこの大きさでは、アップを撮らない限り絶対に分かりませんね。

>North PHANTOMさん
これは機体別のパーソナル・プレートでも呼ぶものなんでしょうかね。
このような意味合い(?)のプレートは他の機体でも見ることができたのでしょうか。
しかしこの大きさは、もう普通の撮影では絶対に判別できないので、撮っても気づかないのかな。

>IARGさん
築城基地に[LR]のF-16が来たのは航空雑誌の記事を読んだ記憶がありますが、
この支援用のハークも紹介されていたかどうかを覚えてません。
今の私なら、どちらを記憶に残すかな・・・(笑)

>PAPPYさん
紹介の機体はC-130E S/No.63-7879です。
撮影日はご自身がNo.4298で紹介された56-0476/YDの翌日、1970年8月6日のはずです。
No.4298の「AF56 476」と書かれているのを56-0476と読み替えることができてますので、
紹介の「AF63 879」も同じ法則で63-7879と読み替えて下さい。
ただし迷彩初期は、この機体で例えるとするなら「AF37 879」と書く試行錯誤のケースもありました。

>ALPSさん
1985年10月12日の横田には私も行きましたが、WC-130Eを撮影したコマが見つかりません。
私の少ない手持ちのWC-130系なのに・・・(^_^;)
C-130EからWC-130Eに改造された、とされる資料が多いのですが、
紹介の機体を含めた、64-0552〜64-0554は生産ライン上でWC-130Eに変更(当初から?)されたようです。
スミマセン、米軍から引退する時の型は未調査です。

>YUSAさん
No.4458と併せてOH ANGの変遷が見ることができますが、No.4458のフィンバンドはカラーでかね。
一般的に「Spirit of 〜」まはた「City of 〜」ですが、この機体は「Spirit of 〜 Ontario」かな?。
それにしても、このように比較してしまうとNo.4458の機首が確認できなかったのは残念でしたね。

>TROUTさん
ハークは全長30m弱と意外に小さいですよね。
ハワイでの撮影では難儀されたようですので、『今の機材なら・・・』と、つい考えてしまいますネ。
det.HさんNo.4368で話題を投げかけていただいたJC-130系は横田には時々飛来していたようですね。

>うみ太郎さん
63-7785は墜落した記録があるのに、このように堂々と名乗るとは呆れてしまいます(笑)
垂直尾翼のマークは何でしょうか・・・。その上にも何か数字(?)が書かれてます?。
MACH3さんNo.4323は「斧」、私のNo.4395は『蝙蝠』、
この頃の1SOS機にはパーソナル・マークのように個々で異なるマークが書かれていたのかな?。

>つばどんさん
AFRESのC-130Aが3機揃い、内1機はまだ3ペラとは、皆さん熱く追い回したのでは?。
56-0496は1972年11月に南ベトナムに供与(?)された機体ですね。
確か30機〜40機ほど南ベトナムに駐留していたまま引き渡されたと思うのですが、
56-0496も含めて何機が米軍に無事に戻ったのかな・・・。
整理したリストが何処かにあったので探してみます。

>皆様
ここはクローズしてPart.11を新たに立てます。





C-130 Vol.2 Part.9 Name:広江 Date:2010/12/12(Sun) 05:36 No.4453 ホームページ   
EC-130E(RR)は既に皆さんからいくつか紹介されてますが、
私が唯一撮ったのはNo.4393で紹介したEC-130E(CL)と共に厚木に飛来した↓の時だけです。

↑の63-7783、既にお気づきかと思いますが、Part.8のクローズ時紹介と同じ機体(c/n 3850)。
経歴をたどると、NATWP(部隊不明)で運用され、解散と共にPart.8クローズ時紹介の316TAWに配備。
その後PA ANGに配備されEC-130E(CL)に改造。更に↑のEC-130E(RR)に再改造されてます。
今回話題となっている部隊と機種の多くが、この1機で語れます(笑)

>皆様
今日も訳あって(笑)朝早くからPart.9を立ち上げます。
引き続き皆様からの米空軍ハークの話題をお待ちします。
はてさて、この話題の終了の兆候はいつ見えてくるのでしょうか・・・(笑)

Re: C-130 Vol.2 Part.9 Name:A-330 Date:2010/12/12(Sun) 12:12 No.4454 ホームページ
広江さん 皆さんこんにちは。
コーヒーブレイクタイムにどうぞ。EC-130(かすみ網)です。
この日の朝は太陽が顔を出す前の離陸でした。感度25フィルムでは順光側では撮影できませんので国道側からこのようなショットをねらいました。横田にて 撮影日不明です。


Re: C-130 Vol.2 Part.9 Name:つばどん Date:2010/12/12(Sun) 13:13 No.4455
広江さん、皆さんこんにちは。
Part/Day 続きますねぇ。皆さんの画像を拝見していますと、マイペースに徹するしかないと勝手に思っていましたが(いつもそうですが・・・)、A-330さんが出して頂けたので「かすみ網」つながりで・・・・(^_^;)

積雪の反射を狙いエンドの少し先でのショットですが、まるでグレーとは思えない明るい色の私のお気に入りの一つです。1986年3月25日 R/W-36より上がって行く EC-130H(CC) 41ECS 73-1584 です。まだ塗り替えて時間が経っていないこともあるのかもしれませんが、ファインダー越しでも非常にきれいだと思ったことを覚えています。ちなみにこの時のもう1機は、73-1592(違ってたらフォロー願います)でリザード迷彩に"DM"のレター入りでしたが、この好条件の日には上がっていないのかこの日には撮っていません。

>広江さん
長くなって申し訳ないのですが、今回調べて"ドブ"と言っていた機体の中にも何種類かあることを始めて知りました。U.S. Military Code Names と言うHP.に下記が出ていました。
Combat Talon  TAC modification program for C-130Es to special operations aircraft, including: 2 Thin Slice C-130E-CT, 4 C-130E-CT Rivet Yard I / MC-130E-Y Rivet Yank, 2 MC-130-S Rivet Swap, 18 Skyhook C-130E-I / MC-130E-C Rivet Clamp
Combat Talon I  14 MC-130E-C Mod 70 (and later Mod 90) special operations aircraft, 1976-today
さらに詰めて行くとs/nも出ているのですが、"ドブ"一つをとってもこんなに奥が深かったとは、まるで底なし沼にはまって行くようです(笑) 前出の64-0567も"Rivet Clamp"から"Combat Talon I"へ改造されていったようです。


Re: C-130 Vol.2 Part.9 Name:ITAZUKE-1 Date:2010/12/12(Sun) 15:08 No.4456
広江さん 皆様こんにちは
83年5月4日 岩国を上がるC-130E 63-7825です。タンクなし 胴体下面ブラックでこれもEフライト系と思われます。


Re: C-130 Vol.2 Part.9 Name:THUD Date:2010/12/12(Sun) 17:40 No.4457
No4434でITAZUKE-1 さんが撮られた機体のペイントはこれですね。これといわれてもピン甘なのでわかりにくいと思いますが犬(?)の足跡が描かれています。1967年11月の横田にて
>det.Hさん、広江さん
No4435のフォローありがとうございました。
なにせ私の貧弱な資料と検索能力ではなかなか正確なデータが・・・(苦笑)
今後もフォローよろしくお願いします(他力本願)
ええっ!det.Hさん、私もMさんから何枚か頂きましたがこれはありませんでしたよ(アタリマエデス)


Re: C-130 Vol.2 Part.9 Name:YUSA Date:2010/12/12(Sun) 18:40 No.4458
もう9ですか速いですね!!2009年1月18日三沢R/W28を本国に向け離陸するMANSFELDレターの01797です。
降りは撮れませんでしたが離陸は何とか撮れましたが雪明かりで何とか撮れました。
ドアの上に文字が書いてるようですが判別できませんでした。


Re: C-130 Vol.2 Part.9 Name:Gulf4 Date:2010/12/12(Sun) 19:29 No.4459 ホームページ
横田ベースで飛んでいた「AK」ハークの続きになりますが、今回の機体はグレー塗装でしかも隊長機。
前回と同じ1994年2月13日(正確な日付が出てきました)横田基地で撮影したC-130H(74-2131)です。
>広江さん
この時は本当に出かけるのに苦労しましたが、外来機も横田にしては多かったので楽しめました。


Re: C-130 Vol.2 Part.9 Name:PAPPY Date:2010/12/12(Sun) 20:55 No.4460
広江さん、皆さんこんばんは。
No.4319 AGC-Det.Fさん、No.4322 ITAZUKE-1さん紹介のパネルの話題の時に参加できれば良かったのですがgeta-oさんのNo.4315で右パネルの大きい数字3桁がシリアルの下3桁で有ると確信しました。
1966年8月23日立川で撮影のパネル 06 480 で C-130A 56-480 と思われます。
当時の機材と腕の貧弱さでほとんど迷彩機のS/No.は読み取ることができませんでした。


Re: C-130 Vol.2 Part.9 Name:IARG Date:2010/12/12(Sun) 21:09 No.4461
広江さん、皆さんこんばんは。
皆さんが紹介済みのC-130A YDです、私も1枚撮ってたので、紹介させていただきます。
C-130A YD 56-0504 21TAS 374TAW 1970年7月21日岩国で撮影です。


Re: C-130 Vol.2 Part.9 Name:North PHANTOM Date:2010/12/12(Sun) 21:11 No.4462
広江さん、皆さん今晩は。

>Gulf4さん はじめまして。
 AKは1997年に初撮りできましたので、撮りたかったです。
 写真は3rdWingの隊長機で1997年11月8日の横田の離陸です。C-130H 3Wing S/N74-1676で他に2機フライトし ました。

>広江さんFly-inの連ちゃんでお疲れでしょうが頑張って下さい。


Re: C-130 Vol.2 Part.9 Name:geta-o Date:2010/12/12(Sun) 21:15 No.4463
2日間空けていました。
進んでいますね。
手持ちの写真からまた起こられるかもしれませんがウエストバージニアANGのC-130Hを2枚続けて
最初は1988.11.19に横田で撮影した79-0477


Re: C-130 Vol.2 Part.9 Name:geta-o Date:2010/12/12(Sun) 21:16 No.4464
次は同じく横田で2002.4.29に撮影した94-6706
6年で機体も新しくなりましたが塗装も随分変わりました。


Re: C-130 Vol.2 Part.9 Name:TROUT Date:2010/12/12(Sun) 21:24 No.4465
こんばんは、広江さん皆さん。det.Hさんとつばどんさんが紹介されましたJC-130Bですが、私も紹介させてください。JC-130B 57-0528 6593TS 6594TG AFSC 78年1月ハワイ、ホノルルにて。棚ぼた式で初めて行ったハワイ旅行。まだ資料情報の乏しい時代、ホノルルに降り着いたとたん窓越しに見えた白グレーツートンのHC-130!! 実はシステムズコマンドのJC-130!! 正体は後日帰国後に判明しました。数機のJC-130が飛んでいましたがまともに撮らせてもらえませんでした(^_^;) 陽炎もやもやの証拠写真。右側にはシステムズコマンドのインシグニアはありません・・・・

Re: C-130 Vol.2 Part.9 Name:TROUT Date:2010/12/12(Sun) 21:31 No.4466
連続ですいませんm(__)m ↑の撮影の翌日、今度は良い感じに離陸してきましたが、岩国上がりを思わせるように市街地を避け右バンク・・・・ひねりが早すぎます(x。x) ファインダー越しに一瞬見えた水色のワッペン「システムズコマンドだ!!(^◇^;)」同じくJC-130B 70528/6? 78年1月ホノルルにて。拡大写真でなんとなくシステムズコマンドと分かるでしょうか?
>うみ太郎さん、砂漠迷彩はA-330さんが紹介された40557 314TAWのみ82年7月に撮っていますが、こちらは撮っていません。82年初め頃でしょうかね?何機か来ましたが撮れずにいつも悔しい思いをしていました。
>広江さん、WC-130E/Hは横田では頻繁に飛来していたので、特に珍しくもなかったです。


Re: C-130 Vol.2 Part.9 Name:KNOB Date:2010/12/12(Sun) 23:11 No.4468
広江さん、皆様こんばんわ。
本日は昨日紹介したMC−130Pの奥に展示されていたMC-130H(87-0126)です。
機内公開もしており、興味深いセンサーやアンテナなど眺め放題でした。

>すっかいうぉりあさん
うーん、Extra Packですか。。。ジョークのセンスはアメリカンで秀逸ですが納得できませんね(笑)


Re: C-130 Vol.2 Part.9 Name:すっかいうおりゃ Date:2010/12/12(Sun) 23:39 No.4469
私にとっては、結構めずらしい存在だったWC-130H、広江さんの”AK”同様 あまり当たった事がありませんでした。ミシシッピー州キーズラーAFBの403WGの所属(65-0963)です。2005年オシアナにて撮影。尾翼は、AFRCと描かれてます。リザーブのWC-130なんですね。現在はWC-130Jが主力のようですが 米軍は物持ちいいですね。
KNOBさん> 納得できないですか、私もです(笑)地名に由来しない限り あまり”X"をレターに使うことが無いですから 余計知りたくなりますね。
 


Re: C-130 Vol.2 Part.9 Name:うみ太郎 Date:2010/12/13(Mon) 00:08 No.4470
今回は比較的最近の画像です。
東北転勤時代の撮影ですが、青森出張の楽しみは時間を作って半日三沢に寄る事でした。冬の楽しみは雪レフで青空バックの写真ですが、何回か行ってもほとんど撮れていないのが今思えば残念です。
そんな中撮れた貴重な外来130がジョージアANG 165AW 158AS C-130H 80-0325 2008年1月17日撮影
会計年度80年の130は少なく8機しか居ません。そのすべてがジョージアANGに配備されています。
尾翼の帯にはホームベースのSAVANNAH、乗員ドアの前に168AWの字とブルドッグの絵が書かれています。


Re: C-130 Vol.2 Part.9 Name:det.H Date:2010/12/13(Mon) 00:41 No.4471
広江さん 皆さん こんばんは
ふう〜、遅い時間に投稿すると最後を読んでから頭に帰るのに大変ですね (笑)
大した玉は持ってないわりに数だけは持っていたハーク、未整理のままスレッドに突入してしまった為、統一の取れない紹介の仕方で、広江さんにご迷惑をおかけします m(_ _)m
さて、ドブ迷彩のハークですが、記憶では↓の66年10月19日に立川で撮影した機体が初お目見えではなかったか?と その後何回か立川で撮影していますが、記録の整理が出来ておらず、終わる前までにはなんとかしたいと思います
                             


Re: C-130 Vol.2 Part.9 Name:広江 Date:2010/12/13(Mon) 07:10 No.4472 ホームページ
怪しい話の多いハークですが、↓は全く普通のYJハーク。
何気に調べていたら、引渡し1400機目のハークだそうです。


>A-330さん
日の出前、特に冬場の空気の澄んだ時の空の色が微妙に違っているのが私は大好きです。
Part.6のNo.4396とNo.4398にも驚きましたが、この「かすみ網」もイイですねぇ〜。
おそらく当時貴重だった「かすみ網」を色々なアングルで捉えられているのには頭が下がります。

>つばどんさん
積雪による天然レフ効果で下面が綺麗に出てますねぇ〜。水平尾翼下の 「かすみ網」がよ〜く分かります。
離陸の高度より効果の多いと思われる場所へ移動での撮影とは、さすがです。
「ドブ」には、こんなに色々な種類があるのですか。私が聞きかじっていたMC-130E-Yはホンの一つですネ。
それを取り上げて題材にしようなんて身の程知らず、私は完全に白旗揚げます(笑)
追伸です。AFRES C-130Aの話題の再投稿をお願いいたしますm(__)m

>ITAZUKE-1さん
またまた訳の分からない機体の登場ですねぇ〜。
失礼ながら、トーンカーブや明るさの調整で確認したところ、確かに下面は暗色系の一色ですね。
紹介の塗装を私は初めて知りました。
私の撮影した63-7825は、1982年7月までは普通の374TAWのハークと思われる外見です。
紹介は、それから10ヵ月後の姿ですよね。う〜ん・・・どなたかフォーロー下さい(^_^;)
ところで、プロペラ、よく回ってますね。離陸でも1/100以下でしょうか・・・。

>THUDさん
ITAZUKE-1さんNo.4434は何かと想像しながら期待してましたが、犬(?)の足跡でしたか。
ある意味、期待外れ結果ですが、コーヒーブレークのように楽しめました。
スミマセン、No.4435の件でTHUDさんとdet.Hさんへの補足を忘れましたが、
接頭記号「G」は飛ばない(飛べない)教材等につけるので、GC-130Dではないと思います。

>YUSAさん
雪明かりとは、カメラにもYUSAさんにも厳しい撮影条件下と紹介画像から伝わってきます。
撮影は何年頃でしょうか・・・。三沢以外の日本の基地には飛来したのかな?。
もし飛来していてドアの上に文字が判明するとイイですね。

>Gulf4さん
基地内の草地部分は残雪が長い間残るので、雪を絡めたショットを撮るチャンスはありますが、
紹介のように雪の降った直後に行くのは、充分に難儀だったと推測できます。
そんなことで、軟弱な私が紹介できるのはVol.1の一コマだけでした、過去形(笑)

>PAPPYさん
私は3桁の時代の記憶がないのですが、おそらく銀ピカ時代のバズナンバーと同様の意味・運用かと。
その後は、7UPで話題になったTROUTさんNo.4371紹介63-7777のようにS/No.の下4桁が一般的です。
ただ小さい数字、紹介画像の場合は「06」、S/No.とは関係ないようです。
皆さんの推測ではクルーなどの運用上の識別番号のような気もしますが、定かではありません。

>IARGさん
この塗装は、怪しくないわけがない、とまだ疑い、ちょっと調べました。
ITAZUKE-1さんPart.5 No.4377、Part.6 No.4400で紹介された56-0503と同様に、
紹介の56-0504も、1967年頃からけAir America "604"実態は/E-Flight/21TASで運用されたようです。
ただ、終りの時期が未確認ですが、ひょっとして、この怪しさは本当に怪しかったりして・・・(笑)

>North PHANTOMさん
皆さんからのコメントで[AK]ハークは横田ではよく見かける機体のようですけど、
North PHANTOMさんの初撮りは遅い方と感じますが、私よりは早いです(笑)
このところアツギの色々なイベントが続いてましたが、BBS IIはタイミングをずらしてました。
しかし今回のFly inだけは、どうにもこうにも・・・(^_^;)

>geta-oさん
時代によ塗装の変遷のわかる紹介ですね。
好みにもよりますが、軍用機の渋さを求めるとNo.4463、写真写りの良さ(?)ではNo.4464。
しかしその一時代だけでは撮り続けていると飽きるので、
結局は長く撮り続けて、このように比較できる変遷を撮らなければなりませんね。

>TROUTさん
米本土には行かれる方も多く、その写真も私達に見る機会が多かったのですがね
意外にもハワイの各基地の画像が出回るのは、あまり多くはなかったですよね。
ですので、当時のヒッカムには6593TS/6594TGのJC-130系がゴロゴロ居たと思うのですが、
そのリポートや画像は、今回の話題で紹介されている数の方が多いような・・・。
しかし見事な腹バックリです(^_^;)
やはり、WC-130系は横田では常連的存在でしたか・・・(^_^;)。しかし私的には貴重でした。

>KNOBさん
私的に最も熱くなる展示機とその展示方法です(笑)
これが眺め放題・触り放題(?)というのは本当に羨ましいですねぇ〜。
しかし周囲にそれらしきギャラリーが少ないのは何故?。
鼻の尖ったファイター系ばかりが人気になってしまうのですかね。

>すっかいうおりゃさん
この話題では既に200枚を越えた画像が紹介されてますが、WC-130系は僅か6枚。
内、T.HさんがNo.4364でAFRC機を紹介されてます。
予算の関係もあるでしょうけど、おそらくハーク自体が使えば使える頑丈タイプ?。
米海兵隊でも意外とKC-130Jのレギュラー3個部隊への配備は長い期間がかかりました。
予備役2個部隊へは2015年から4年間で配備する予定、まだまだハークは製造されるとは驚きですネ。

>うみ太郎さん
雪レフ効果が無くとも貴重なGA ANG機が撮れれば良しでは?(笑)
1970年代末から1980年代初頭にかけての一時期、米軍全体で航空機の発注(生産)数が減りましたね。
その頃は、P-3などでも、そのブロックが1個部隊へ配備されるケースが多かったです。

>det.Hさん
私は嘉手納に行くまで「ドブ」に遭遇した事は一度もない縁のない機体でしたので、
1966年頃から存在していたとは、今回の話題で初めて知りました。
立川の背景の写るショットは今までの話題の中でも紹介されなかったので、
このショットが初紹介だと思います。朝の光の当たる東側から撮れるポイントがあったのですね。

>皆様
ここはクローズしてPart.10を新たに立てます。





C-130 Vol.2 Part.8 Name:広江 Date:2010/12/11(Sat) 05:12 No.4433 ホームページ   
当時の横田の主「GTハーク」、
既に3機がNo.4269, No.4277, No.4286, No.4311, No.4329, No.4423 で紹介されてますが、
何気なく見えても実はC-130B-IIあるいはRC-130Bと呼ばれ、怪しい機体らしい・・・(笑)
toksansさんNo.4423のコメントで私は初めて外見からの見分け方を知り、自分のコマをしらべました。
ところがアングルの関係とは思えないのですが、機首後方上部の傾斜したアンテナが見えない・・・。
改めて皆さんの紹介を調べなおしたら、59-1525が撮影年月日順でNo.4329, No.4286, No.4311で紹介され、
No.4311にだけ、該当のアンテナが見えます。
おそらく、当初からはなく、途中から追加されたアンテナのような気がしてきました。


>皆様
さて適度なレス数にはちょいと足りませんが、ここまでの勢いで今日も新たなPart.8でスタートします。
はてさて、Part.は幾つまで進むのか・・・。まあとにかく、じっくり進めましょう。
そして余裕を見て新たなネタの再捜索されるのも良いかと思います。私もネタが尽きそうなので(笑)

Re: C-130 Vol.2 Part.8 Name:ITAZUKE-1 Date:2010/12/11(Sat) 10:15 No.4434
広江さん 皆様お早うございます。
67年12月17日板付R/W34から降りてきた C-130B-U GT58-0711です。
広江さん紹介された同じ機体です。機体の乗降口まわりに丸いしみ?が10数個あります。外見上からは私もC-130Bとの違いはわかりませんでした。


Re: C-130 Vol.2 Part.8 Name:THUD Date:2010/12/11(Sat) 10:37 No.4435
No4335、4361でYUSAさんとすっかいうおりゃさんから近年の姿が紹介されていますが、1967年7月立川を離陸する517AIRLIFT SQのC-130A(57-0486)です。機首にFire birdのマークが描かれています。また判読できませんが文字が斜め書きされているようです。このときは残念ながらインターセクション(我々は単にLターンと言ってましたが)で離陸してしまったので、これらマークのショットは撮れませんでした。

Re: C-130 Vol.2 Part.8 Name:TROUT Date:2010/12/11(Sat) 12:29 No.4436
こんにちは、広江さん皆さん。Part4でgeta-oさんが紹介されましたWC-130B末期の頃の姿、73年7月横田を離陸する54WRSの23494です。皆さんから紹介されています"E"型と変わらない塗装で、撮影時は"E"型と思いこんでいましたが、後日S/Nの違いを見て貴重な"B"型に気付きました(^_^; 増槽の有無には騙されます(^O^)
>広江さん、ヴェトナム戦末期の"D"レターはやっかいですね。特に314TAWが引き上げたあとですね。GTのRC-130Bは輸送型もいたと聞いております。RC-130Bのアンテナは機首上部の傾斜アンテナの他、水平尾翼下面と上面フィレット前の垂直出た棒状のアンテナと主翼上部から尾翼まで伸びるワイヤーアンテナが1本多いのが特徴のようです。


Re: C-130 Vol.2 Part.8 Name:つばどん Date:2010/12/11(Sat) 12:57 No.4437
広江さん、皆さんこんにちは。
夕べPart.7に参戦しようしましたが、ビールを飲んだら寝てしまいました(笑)

今回は、1985年9月28日 R/W-36 エンドからR/Wに乗る MC-130E Combat Talon I 64-0567 、所属はおそらく8SOSと思われますが機体には何もないので確証はありません。昔、諸先輩方から”たれ鼻ドブ””獅子鼻ドブ””ひげドブ”などと聞かされていたやつで、欲を言えば”ドブ迷彩”で撮りたかったです。この時は、それとは知らずエンドまで来たら撮ってやろう位の気持ちでいて、鼻先を見て傘を放り出してダッシュしました!
この機体、現在はフロリダ Hurlburt Field の"Special Operations Museum"なる所に展示されているようですが、主翼を切断された無惨な姿で展示されている写真がありました(;´_`;)

ついでながら、先に書いた YMC-130 の動画ですが、この機体を調べていたら出てきました。"Credible Sport program" で1980年頃3機改造された YMC-130H または XFC-130H (資料によって違っていました)の内の1機 74-1683 で、Duke Field での Super-STOL のデモでの事故シーンのようです。


Re: C-130 Vol.2 Part.8 Name:すっかいうおりゃ Date:2010/12/11(Sat) 13:24 No.4438
広江さん、皆さんこんにちは!進行スピードが速くて ちょっと見てないともう新しいスレッドに入っていますね。すごい勢いです。私はスライドのほとんどを日本に置いたままですので AC-130あたりで参加したかったんですが 物がありません。トホホ・・自分のHP用にスキャンして某国に持ち込んだものから 1枚。撮影場所は、アメリカ西海岸のどこかの基地ですが 記録がありません。1980年の撮影です。ウェスト・バージニア州空軍のものですが どうもシリアルからこの機体(57-0525)はC-130Bの1号機のようですね。
THUDさん>517ASは、以前から火鳥マークを入れていたのですね、1967年当時は何処を本拠地としていたのでしょうか。


Re: C-130 Vol.2 Part.8 Name:KNOB Date:2010/12/11(Sat) 13:32 No.4439
広江さん、皆様こんにちは。
今日は暖かくてよい天気ですね。
2009年7月3日に嘉手納で行なわれたアメリカンフェスタに展示された353SOG/17SOSのMC-130P(69-5832)を。
横田FDでも展示される機会が多くなったMC−130ですが、嘉手納では2機展示されていました。

>広江さん
Windows(笑)声を出して笑わせていただきました。


Re: C-130 Vol.2 Part.8 Name:North PHANTOM Date:2010/12/11(Sat) 14:41 No.4440
広江さん、皆さんこんにちは。
>広江さん No.4427では隠密行動?を取るUS AIRFORCEのC-130になぞらえて名前を隠蔽したのではなかったのですが、大変失礼致しました。

コーヒーブレイクになるでしょうか。
1990年1月5日の横田ですが、R/W上に345TASのC-130Eが一列に並び当時の西側のタワーに一度全機が向いた後順次離陸していきました。新年の飛行初めのセレモニーだったのでしょうか。
一時間位してから戻ってきた時の写真です。


Re: C-130 Vol.2 Part.8 Name:North PHANTOM Date:2010/12/11(Sat) 14:44 No.4441
連続ですみません。
富士山バックです。


Re: C-130 Vol.2 Part.8 Name:Straight Wings Date:2010/12/11(Sat) 14:51 No.4442
広江さん、皆さんこんにちは。
いろいろなC-130を楽しませていただいています。中でも短鼻C-130はいまだに違和感を感じるデザインでインパクトがあります。どことなくヘイスティングスの機首に似ているかな。立川の砂川方で出くわしたC-130A 0-33135には興奮して貴重なフィルムを5駒も使ったことがネガからわかります。これの迷彩も撮りたかった!


Re: C-130 Vol.2 Part.8 Name:toksans Date:2010/12/11(Sat) 15:39 No.4443 ホームページ
1974年10月5日、横田で撮影の776TAS/374TAWのC-130E 63-7881。この時期には374TAWは本拠地を台湾、清泉崗からフィリピン、クラークへ移していました。

Re: C-130 Vol.2 Part.8 Name:A-330 Date:2010/12/11(Sat) 16:46 No.4444 ホームページ
広江さん 皆さんこんにちわ。
No4269でBATMANさんが詳しく紹介されているSIGINTミッション機を見つけました。GTレターが書き込まれる前なのか消された後なのか撮影日不明のため判断できません。やはり撮影日記録は大切だと痛感しています。
C-130(59-91533)横田にて


Re: C-130 Vol.2 Part.8 Name:PAPPY Date:2010/12/11(Sat) 20:59 No.4445
広江さん、皆さんこんばんは。
1966年3月22日横田で撮影した C-130B-II 91531 です。
この頃既にC-130の迷彩化が始まっていましたが横田の常駐機はまだの様で普通のC-130Bとしか思っていませんでした。-II なる怪しい機体であったことを今回初めて知りました、斜めアンテナがはっきり分かりますね。


Re: C-130 Vol.2 Part.8 Name:うみ太郎 Date:2010/12/11(Sat) 21:43 No.4446
広江さん、皆さんこんばんは。
今回は横田で撮影した変り種塗装でデザート迷彩を1枚。A-330さんの貼られた迷彩と異なる塗装してました。
所属はてらぞうさんの貼られてたシャークとFTレターで有名なPOPE AFB 23WG 43AS C-130E 70-1265 です。
コックピットに部隊マークが貼られています。撮影日が原版を出さないと出てこないので特定できませんでした。1980年頃の撮影です。

TROUTさん>
この130撮ってませんか? 撮影日が判ればお願いします(^^;

広江さん>
MCからHCへの変換は判りませんでした。HCのコブが無くなって変わったような?
FLのHCは名称が残ってるような感じなのでAFSOCの部隊の機体が統合されてるのこもしれませんが、詳しくは不明です。お役に立てずすいません。


Re: C-130 Vol.2 Part.8 Name:IARG Date:2010/12/11(Sat) 21:58 No.4447
広江さん、皆さんこんばんは。
ITAZUKE-1さんがNo4322で紹介されてるC-130A 55-003です。迷彩塗装になる前の機体です。
撮影日は1966年5月22日の三軍記念日です。


Re: C-130 Vol.2 Part.8 Name:Gulf4 Date:2010/12/11(Sat) 22:45 No.4448
意外と出てきませんが、横田のC-130が海外派遣などで数が不足していた時期、「AK」のC-130が
横田をベースにして飛んでいたと思います。
1994年2月13日、大雪が降った後に横田基地で撮影したC-130H(74-1658)。


Re: C-130 Vol.2 Part.8 Name:ALPS Date:2010/12/11(Sat) 23:58 No.4449
広江さん 皆様 こんばんは
既出かもしれませんが、2006年9月1日 嘉手納にアプローチする353SOG/17SOSの MC-130P 65-0992です。
私の場合、C-130のようにサブタイプの多い機種の場合、その型式の判別はシリアル本に頼らざるを得ない
のですが(そもそも覚えられない!)、外形の特徴で判別できる方々を凄いと思います。


Re: C-130 Vol.2 Part.8 Name:すっかいうおりゃ Date:2010/12/12(Sun) 00:12 No.4450
KNOBさんが 紹介されていたミズーリANGですが テールコード”XP”の由来は私も調べましたが 出てきませんね。海外ネットでも由来を尋ねる質問がありましたが 「政府コードが”eXtra Pack”だから」と言った冗談のような答えが載ってました。Extra Packなら Windowsみたいですね。
 さて 関連してミズーリANGのC-130A(56-0470)です。180TAS/139TAW.1980年撮影日不明です。場所は、ネリスだったような?気がします。この部隊は、A型を1976年から1987年まで使っていたようで その後H型の新品を受領したとの事です。


Re: C-130 Vol.2 Part.8 Name:det.H Date:2010/12/12(Sun) 00:26 No.4451
広江さん 皆さん こんばんは
>THUDさん
またまた私を悔しがらせるAlaskan Air Commandの機体!! 登場ですね 流石です 私のアルバムにはMさんから頂いた写真が大事に貼られています すっかいうおりゃさんが出されたエンブになつかしい見覚えがあり、何だったか考えていました 正確にはこの時代は517ASではなく17thTCSですね(笑) 67年9月8日には17thTASになっています それと極地使用のGC-130Dではないかと 機首の文字ですが、Mさんの写真で見ると、“TUY HOA TROLLEY T”と読めます 最初のTUY HOAは旧南ベトナムの都市の名前であり、この時期ベトナムに派遣されていますので、ほぼ間違いないかと 後のTRO・・は確信もてません   あと部隊名の“Firebird”のいわれはグリーンランドの9000フィートのCrestをROTOでスキーT/Oをしたことによるようです

↓は意外とまだNo.4317でA-330さんが出されただけのドローン母機、DC-130Eです
これも降り上がりとも撮れませんでしたが、いつものアリガタイ場所に置いて頂いたおかげで、撮る事が出来ました
                


Re: C-130 Vol.2 Part.8 Name:広江 Date:2010/12/12(Sun) 05:35 No.4452 ホームページ
ベトナム戦争時代、米軍から公式発表された写真を航空雑誌で毎月紹介されている中、
↓のようにS/No.下4桁を白地で書くハークを見て、私的にはイレギュラーと感じてました。
そのような機体が立川で撮れた時の妙な嬉しさを未だに記憶してます。

追伸.No.4432紹介画像ですがネガの順番から、↑に写る2機かもしれません。

>ITAZUKE-1さん
乗降口周辺の丸いしみ(?)は何でしょうかねぇ〜。
何かのステッカー等に見えなくもないですが、無造作なのでタッチアップですかね。
まさか被弾の跡でもないでしょうし・・・(^_^;)

>THUDさん
57-0486は12機生産されたスキー装備のC-130Dの1機で、後にスキーを外したC-130D-6という貴重な型ですね。
『D-6』と呼ばれるのは、C-130Dから6機を改造したという単純な理由のようです(笑)
C-130Dは元々極地塗装なのですが、C-130D-6にも、その塗装が使われていたようですね。
ちなみに、517thは1992年に改称されるまでの旧名称は17thのようですね。
『Lターン』、またまた懐かしい言葉です(笑)

>TROUTさん
WC-130系自体が当時は貴重な存在だったのでしょうか・・・。機首は追加されたエアスクープ?。
[GT]の輸送機型についてはBATMANさんがNo.4269で話題を投げかけていただき、
それに対して、私からNo.4283でレスをしました。
その時の調べた結果では、上で私とITAZUKE-1さん紹介の58-0711はC-130B-IIですが・・・。
一応、556RSで確認されたS/No.を再掲載します。
C-130B-II : 58-0711, 0723, 59-1524, 1525, 1526, 1527, 1528, 1530, 1531, 1532, 1533, 1535, 1537
C-130B : 58-0721, 0732, 0738, 62-3487

>つばどんさん
私は『ひげドブ』だけは思い出せました。本当に当時のニックネームには笑えますネ。
しかし鼻先だけを見てダッシュするとは、生粋のハーク通です。
ところでこの64-0567を調べていたら、またわけの分からない型に改造された記録に行き当たりました。
C-130H(CT)やらMC-130E-Cとは何でしょう???(^_^;)

>すっかいうおりゃさん
C-135シリーズの時と同様に予測ができず躊躇したままスタートして、またまた混乱。
輸送機型や改造型、等々に分ければよかったですかね。
57-0525はC-130Bの1号機、1958年12月に米空軍に引き渡され、40年以上飛び続けたようです。
考えてみたら、C-130Aの運用開始から50年以上が経過し、未だに生産中の信じられない機種ですね。

>KNOBさん
横田でも撮影チャンスのある夜景ですが、私は気力が持たず、一度も実行した事がありません。
紹介のようなショットを拝見するたびに、私も・・・、と思いつつ、
厚木では真っ暗な朝や夜に動くヒコーキを撮ろうとするおバカな私です(笑)

>North PHANTOMさん
意図的にハンドル名を秘匿したのかと思いましたヨ(笑)
紹介のショットは話しだけを聞いてましたが、実際に画像を見たのは初めてです。
良い天気の中のセレモニー(?)で。ヒコーキの中から見た富士山も美しかったでしょうね。
CVW-5も、このようなイベントを行なってほしいものです(笑)

>Straight Wingsさん
鼻なし(?)短鼻(?)、やはりStraight Wingsさんも違和感を感じてましたか(笑)
しかし見たこともない私には違和感より撮りたい気持ちが先、
といっても、もう撮れませんが、もし撮れたら私は5コマ以上は撮ります(笑)
どことなくヘイスティングス似の機首、どう見ても空気抵抗は度外視の設計ですよね。

>toksansさん
紹介の63-7881/DL、私もその日に撮ってます。
初めてtoksansさんと同じ日同じ場所に居たことが判明する画像に出会えました(笑)。
[D]レターは、314TAW時代と374TAW時代、それに加えてホームベースが異なる・・・。
そして更に同じレターでも例えば[DY]は部隊が異なる???。
[DE], [DH], [DL], [DY] が未だに整理できません。米空軍は難しすぎます。
toksansさんに分業でお願いしちゃおうかなぁ〜(^_^;)

>A-330さん
そうですね・・・、時既に遅しの感がありますが、
写真には記録も一つの要素だと思うので、このような話題になると気になりますね。
[GT]レターはいつ頃から書き始めたのでしょう。皆さんからのフォローがヒントになるかな?。

>PAPPYさん
斜めアンテナ、ありますねぇ〜。
このスレ冒頭で59-1525の例とはまた異なるし、私の紹介した58-0711も不思議です。
色々なパターンがあるのか、奇抜な推測ではES-3Aの主翼下のアンテナのように取り外し可能とか?。

>うみ太郎さん
なんとも奇妙な色の迷彩塗装ですね。一時期の空自のC-1を思い出してしまいました。
横田の出来事でまたまだ私の知らない事がたくさんありそうです。
前回は次々と質問して申し訳ありませんでした。

>IARGさん
何枚か紹介されてますが、機首のバズナンバー時代が懐かしいですが、今見ると新鮮に感じます。
815TASに限った事ではないかもしれませんが、1966年が銀ピカと迷彩の境い目かもしれませんね。
しかし変わり始めると意外に早く事が進み、気がついた時には迷彩だらけ・・・。

>Gulf4さん
雪の中で迷彩塗装が綺麗に出てますね。しかし撮る側も雪で大変だったでしょう。
AKハークがYJハークの代役をしていた事は知りませんでしたが、期間は長かったのでしょうか。
感心するのも変ですが、さすが米軍、日々大小様々なバランス調整をしてますね。

>ALPSさん
C-130は型が複雑に多いですからねぇ〜、私も同じです。
というより、『これ本当に・・・なの?』という確認系ですネ(笑)
しかし調べた結果でもNo.4419のHC-130Pのように疑問が消えないところは、基本知識の無さです(^_^;)

>すっかいうおりゃさん
やっぱりミズーリANGはWindowsへの先見の明があったんですヨ、しつこい?(笑)
どなたかへのレスと同じになりますが、ベトナム戦争後からロービー時代に入るまでの間、
米空軍機も紹介のように綺麗でしたよねぇ〜。
しかし、この綺麗な塗装でC-130Aとは驚きです。確かに外翼下のタンクで判別できますが。

>det.Hさん
DC-130の紹介がようやく2機目となりましたが、横田への飛来が少なかったと捉えてよいのでしょうか。
このドローン機は、米海軍のVC-3や現在のVX-30と似た任務と単純に考えてイイのでしょうか。
怪しい機体の多い米空軍ハークですので、どうも疑心暗鬼になりつつあります。

>皆様
ここはクローズしてPart.9を新たに立てます。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -