GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





Curtiss C-46 最終章 Name:広江 Date:2011/07/27(Wed) 05:45 No.5032 ホームページ   
まだ海上自衛隊が厚木に移駐してくる前の米軍基地NAS Atsugiのはずですが、
フライトチェックは空自C-46も分担していたようです。
この日のネガには色々なアングルの91-1146が写ってます。
その中の数コマは、オレンジフィルターにチャレンジしていたようです(笑)


>皆様
先週20日朝からスタートした今回の“Curtiss C-46”、皆様のおかげで盛況のまま最終章となりました。
明日28日朝の私のレスで終了となりますので、それまでの間、連貼りOKで皆様の話題をお待ちします。

追伸.
昨晩の定例更新では、BBS II Galleryの更新も復活しました。
今回の更新はアクシデントにより突然の終了となった“Lockheed C-141 Starlifter”です。

Re: Curtiss C-46 最終章 Name:飛行浪人 Date:2011/07/27(Wed) 06:39 No.5033
>広江さん、皆さんおはようございます。
 いよいよ最終章、寂しいですね。
今日の画像は豪華?3機並びです。土、日で外出できない時はAOに見つかるとうるさいのでこそこそと
こんな絵を撮っていました。

>A330さん、その通りです。退職後1度会った事が有るのですがその後どうしているのでしょうか?
やらせでも良いからHさんのエンジンスタートの写真を撮って見たかったですね。(笑)
レシプロのエンジンスタートの白煙は絵になりますね。


Re: Curtiss C-46 最終章 Name:つばどん Date:2011/07/27(Wed) 14:23 No.5034
広江さん、皆さんこんにちは。
いよいよ最終章ですね。
もう一コマ取り込んだのを出すべきか思案中でして、これが最後になるかな・・・。
次回以降のお題も参加出来る可能性が限りなく低く(ほぼゼロ?)、しばらくROMかも(^_^;)

画像は、たぶんR/W-17へデモフライトに向かう C-46D 51-1114 で、TROUTさんの4957と同じ時でしょうか。フィルターを付けていたかどうかも分かりませんが・・・。
1975年11月9日入間の航空祭での撮影で、フライトの写真はピントのぼけた一コマだけ、ほんとにもう・・・・(^_^;)

>広江さん、”初対面の同窓会”良いですねぇ、機会があればいずれ是非(笑)


Re: Curtiss C-46 最終章 Name:A-330 Date:2011/07/27(Wed) 14:31 No.5035
広江さん 皆さんこんにちは

最終章になりました。広江さんから連貼りOKとのお許しをいただきましたので禁断の3連続貼りで失礼します。

1枚目は未登場機 C-46D 51-1118 (44-78422 s/n22245) 輸送航空団 第402飛行隊所属 1970年 百里にて
 F-104が盛んに訓練に励んでいました。茨城空港ができる前の背景にもご注目ください。 


Re: Curtiss C-46 最終章 Name:A-330 Date:2011/07/27(Wed) 14:32 No.5036
2枚目は これも未登場機 C-46D 51-1108FC (44-78116 s/n33512) 飛行点検隊所属 1971年 百里にて

Re: Curtiss C-46 最終章 Name:A-330 Date:2011/07/27(Wed) 14:32 No.5037
最後も未登場機と考えましたが、青空に浮かぶカラフルな機体ということで1974年に入間で撮影した
 C-46D 91-1146FC (43-47330 s/n401) 飛行点検隊機を。たしか離陸ショットは未紹介だったとおもいます。

>広江さん 皆さん
数多くのC-46写真、毎日楽しく拝見させていただきました。特に自衛隊機以外の機体等とても新鮮で興味深く、勉強になり感謝しております。次のお題機種は撮影できた機会があまりないのでROMで楽しませていただきます。


Re: Curtiss C-46 最終章 Name:geta-o Date:2011/07/27(Wed) 16:17 No.5038
ヨンロクも最終章ですね。
訂正です。
先日No.5025で事故一覧を書き書きましたが一部訂正です。
1957.3.4 #1113 美保近くの海に落ちた機体は#1113でなく#1110です。本文訂正しました
最終ということで連貼りします。
最初は空中で開閉が出来なかった降下兵用の扉を開けたまま入間に帰ってきた#1116
陸自の降下訓練は以前も今と同様に習志野で行っていましたが入間を上がって下総におり降下兵を乗せて再度離陸し習志野で降下兵を下ろし下総に着陸して降下時の指揮者および機体に引っ掛けたリップコードを下ろしてから入間に帰ってくるパターンは変わっていません。
1972年4月24日 入間 RW35の午後 丘の上から


Re: Curtiss C-46 最終章 Name:geta-o Date:2011/07/27(Wed) 16:18 No.5039
次はほとんど飛ぶこと無く(一回も飛んでないかもしれません)教材になった#1137。
エルロンもプロペラもありません。教材としての使命を終え浜松の片隅に放置されていました。
1972年11月15日 浜松航空祭にて


Re: Curtiss C-46 最終章 Name:geta-o Date:2011/07/27(Wed) 16:20 No.5040
最後に羽田に定期便として乗り入れ整備場地区(旧ターミナル前(現在に黒門の脇の消防署の近く))に駐機する#1103。手前に見える柵はここがターミナル地区であったとき出向かえ、見送り者が入れたときの名残で撮影時もこの柵までは自由に出入りできました。
1963年 羽田 整備場地区
それでは次のお題のときまた


Re: Curtiss C-46 最終章 Name:ITAZUKE-1 Date:2011/07/27(Wed) 18:13 No.5041
皆様こんばんは
1975年11月2日 築城基地公開に展示された C-46A-40-CU 91-1141(42-107366)です。
私が最後に見たC-46です。

>広江さん クラ−クのF-102Aは64FIS(PE ほとんどレタ−は消されていました)が1970年3月位に
509FIS(PK NVx4機含む)が1970年7月位に合計40機以上が板付でスクラップにされました。


Re: Curtiss C-46 最終章 Name:PAPPY Date:2011/07/27(Wed) 20:51 No.5042
広江さん、皆さんこんばんは。
素晴らしい写真の連続に怖気づいてしまいましたが最後の一枚を貼らして頂きます。
何枚か出しました1975年3月19日の入間R/W17上がりの 51-1114 の機首アップです。


Re: Curtiss C-46 最終章 Name:怪鳥 Date:2011/07/27(Wed) 22:02 No.5043
今回初めて参加しましたが、皆様の素晴らしい写真の数々堪能させて頂き有難うございます。
ヘタな写真でお恥ずかしい限りですが、カラーでは出ていなかったと思いますので入間の51−1114を最後のお眼汚しに。


Re: Curtiss C-46 最終章 Name:THUD Date:2011/07/27(Wed) 22:19 No.5044
1969年11月23日入間での86BIとのツーショットです。尾輪式飛行機のこのアングルは翼がピンと張って力強さを感じさせてくれます。撮影した当人が言うのもなんですが、晩秋の空気の透明感が感じられて結構気に入っている一枚です (^^ゞ

Re: Curtiss C-46 最終章 Name:THUD Date:2011/07/27(Wed) 22:39 No.5045
連貼りです。No.5015でgeta-oさんが紹介されている(91-1143)のコメントを拝見して、そーだすぐ近所にあるじゃなイカと思いだし本日仕込んできました。(笑)ということで航空公園で余生を送っているEC46です。定期的に塗り直しなども行われていて保存状態は良いです。

Re: Curtiss C-46 最終章 Name:North PHANTOM Date:2011/07/28(Thu) 05:56 No.5046
広江さん、皆さんおはようございます。
C-46 気づいた時は最終章でした。
写真はTHUDさん、つばどんさんがすでに出されているEC-46D 11451で、1977年4月4日入間の撮影です。
エプロンからRWY17に向かって出てきたのですが、なぜかくるりと向きを変えてくれましたので斜め前と後ろ姿が撮れていました。


Re: Curtiss C-46 最終章 Name:飛行浪人 Date:2011/07/28(Thu) 06:39 No.5048
>広江さん、みなさんおはようございます。
最後の駆け込みです。
いるまでのフライトチェッカーの4重連?です。昔の入間はエプロンと誘導路の間にスチールマットを敷いて駐機場にしていました。今では拡張されたエプロンになっています。

>A330さん、昔の百里はすっきりとしていてよかったですねー。背景が今と大きく違うのが判る人は何人いるでしょうか?ヒント、植生です。

皆さん色々撮っているようで楽しませてもらえました、次回を期待しています。


Re: Curtiss C-46 最終章 Name:広江 Date:2011/07/28(Thu) 07:18 No.5049 ホームページ
EC-46D 91-1143の撮影チャンスは↓の1回だけだったようです。
実は今回の話題でスキャンしていても自分ではEC-46Dとは分かっておらず、
geta-oさんからNo.5015で紹介いただき、初めて気づきました(笑)


>飛行浪人さん(No.5033)
こそこそと・・・(笑)。まだまだ貴重なショットがありますよね。申し訳ありませんm(_ _)m
P-2の話題の時に豪華な空撮を皆さんから一挙に紹介いただきましたが、
飛行浪人さんもお持ちではなかったのでしょうか・・・。またいつかの機会に拝見させて下さい。
またHさんが登場いただけなかったのも残念でなりません(^^;)

>つばどんさん
1975年11月9日の入間航空祭には、ノートを再確認(笑)しましたが、やはり私は行ってません。
行かなかった理由は覚えてませんが、貴重なC-46のデモフライトがあった事を
今回の話題で初めて知りましたが、残念でなりません。
”初対面の同窓会”(笑)、言いだしっぺですので実現に向けなくてはなりませんネ。

>A-330さん
貴重なショットの連貼り、ありがとうございます。
皆さんの持ち駒に偏りを感じ最終章としましたが、A-330さんの持ち駒は尽きそうにないですね。
私は茨城空港ができる前の百里基地しか知りません。しかし今の景色も一度は見たいと思ってます(^^;)
マルヨンの話題の時にA-330さんに登場いただいたら、展開も変わったかと思うと残念でなりません。

>geta-oさん
毎回毎回、geta-oさんには貴重な話題とショットを紹介いただき、本当にありがとうございます。
まだまだネタは尽きないと思いますが、申し訳ありませんが最終章とさせていただきました。
C-46にも教材機が存在していたのですね。当然ですかね・・・(^^;)
1975年頃に浜松南のエプロンをうろついたのですが、C-46の記憶がありません。
もう既に教材機も用廃となっていた時期なのでしょうか。
羽田への定期便も初めて知りました。柵までは自由に出入りきでたとは、今では想像もできません。

>ITAZUKE-1さん
『最後』というキーワードに今頃反応しました。
空自C-46引退の最後にフライトした日付と機体は、諸説あって断定できませんでした。
公式のページか現場の方々からお話を伺えれば良いのですが・・・。
板付でF-102が40機以上がスクラップにされたのですか。
F-102に縁のある基地でゲートガードに保存できなかったのでしょうかねぇ〜。勿体ないです。

>PAPPYさん
今回のお題C-46は地味な機種だと始める前に思い込んでました。
しかし実際に始まってみると、自分が撮れなかった様々なアングル、お尻、正面、そしてアップ、等々、
思いもよらぬ変化のあるショットが皆さんから紹介され、充分に楽しませていただきました。
なんだか、C-46の新発見が多かったような印象です。

>怪鳥さん
今回は初参加いただき、そして貴重な細部やコックピット、そして驚きのAir America、等々、
変化に富んだ話題と画像で、皆様の話題に更なる広がりをみせる結果につながったと思います。
本当にありがとうございます。今後も遠慮なく遊びに来ていただくようお願いいたします。

>THUDさん
C-46は送り気味のショットが様になるヒコーキですよね。
特に真後ろが様になるのは今回の話題での新発見の一つです。
ライバルC-47よりも太い胴体のC-46という事もあるのかな。
最後に最新の画像を仕入れていただき感謝感謝、ありがとうございます。
奇麗な状態で保存されているのですね。
それにお応えし、私も最後の画像は91-1143としました。いや、偶然です(笑)

>North PHANTOMさん
駅のホームで『危険ですので駆け込み乗車は・・・』のような感じですネ(笑)
しかしギリギリでも参加いただき、ありがとうございます。
入間によく通ったNorth PHANTOMさんなら、色々なショットがあったかと思うと、ちょっぴり残念です。
紹介のショットは、撮影者に気付いてサービスしてくれたのでは?(笑)

>飛行浪人さん(No.5048)
最後の駆け込み乗車(笑)ありがとうございます。
画像は99枚目、無事、私のレス画像が100枚目となりました(笑)
最後の最後にフライトチェッカー4重連の貴重な画像は、今回の話題のトリに相応しいです。
本当に貴重な記録を撮られてますね。ありがとうございました。

>皆様
今回も多くの貴重な話題とショットを紹介いただきました。本当にありがとうございますm(_ _)m
まだまだ貴重なショットが尽きない雰囲気を感じますが、皆さんの持ち駒にバラツキを感じ、
そして華のあるうちに最終章とさせていただきました。申し訳ありませんm(_ _)m

皆様、ありがとうございましたm(_ _)m





Curtiss C-46 Part.5 Name:広江 Date:2011/07/26(Tue) 06:45 No.5021 ホームページ   
まだ紹介されてない61-1130。私の手持ちの輸送航空団機では唯一の黄色スピナーです。


>皆様
ラス前Part.5で引き続き皆様からのC-46の話題をお待ちします。
しかし私はPart.6までの持ち駒はありません。これから再捜索です(笑)

Re: Curtiss C-46 Part.5 Name:飛行浪人 Date:2011/07/26(Tue) 08:15 No.5022
>広江さん、皆さんこんにちは。
もうすぐ終わりですか?まだまだこれからというのに残念です。
A330さんのNo.5900で同期の井上君を思い出しました。遠軽出身の彼は入間でこれをやってました。飛行機に縁のない職場に配属された私はよく電話をもらってはカメラを持って駆けだしたものです。
今では考えられない職場環境でした。(笑)
ヨンロクと言えば402空にもマニアのHさんがいて空撮写真を見せてもらいましたが、もう時効なのでどんどん発表してほしいですね。
冬のある日タッチアンドゴーをする402空と飛行点検隊のヨンロクです。消防脇の土手の上から。
タワーからは丸見えだったでしょうが注意された記憶はありませんでした。


Re: Curtiss C-46 Part.5 Name:つばどん Date:2011/07/26(Tue) 09:55 No.5023
広江さん、皆さんおはようございます。
最終章が近づいて参りましたか、持ちネタのない私には・・・です(^_^;)

1970年代後半の私が行った入間航空祭へは、皆さん結構行かれているんですね。知らずに並んで写真を撮っていたのではないでしょうか。
THUDさんと私の同じ日に撮った同じ機体、カラーと白黒でどちらが良いかは別としてずいぶん印象が変わりますね。白黒しかないのでカラーで撮っておきたかったというのが本音ですが・・・。

今回の画像は、何とかプリント出来るレベルの数少ない飛んでいる画像 C-46D 91-1138 です。手前にススキが入っているので秋かと思いきや春先の枯れススキ、1976年3月23日の入間R/W-35での撮影です。当時はフィルムがもったいなくこんな画像しかないのですが、今は重ね重ねもったいないことをしたと思います(広江さんに同感!)


Re: Curtiss C-46 Part.5 Name:A-330 Date:2011/07/26(Tue) 10:46 No.5024
広江さん 皆さんおはようございます

毎度のエプロンに這いつくばってのローアングル写真で恐縮です。
 C-46D 51-1116 (44-78525 s/n22348) 輸送航空団 第401飛行隊所属機のエンジンスタート風景です。手前の乗員クルーがとっているポーズは決してヤラセではありません(笑).動作基準にのっとった、ごく自然な姿勢です。
白煙が出る瞬間はお気に入りのショットのひとつでした。主輪の間に見えるのは、、、、 1974年入間にて

>飛行浪人さん
 402空のマニアHさんて。シップ薬メーカーと同じ名前でしょうか、期はたしか5期程後輩の彼ですが同い年ということもあって、お互い競いながら撮影してました(笑) 空撮写真是非紹介してほしいですね。


Re: Curtiss C-46 Part.5 Name:geta-o Date:2011/07/26(Tue) 13:34 No.5025
Part.5 続きますね。
ヨンロクは航空自衛隊唯一の輸送機でしたので飛行回数も多くそのため事故もかなりありました。
事故で失われた機体は
1957.3.4 #1110 美保近くの海
1964.8.21 #1121 旧岡山飛行場
1964.11.15 #1107 羽田
1967.7.5 #1125 嘉手納付近中部東海岸中城村東方200m
1969.2.14 #1134 松島
の5機ですがこの中には民間人を含む死亡事故もありました。
この中の飛行機は既に出てきている機体も多くあるので多分未だ出ていない#1125を
1962年夏 立川基地 RW19 午後


Re: Curtiss C-46 Part.5 Name:エイブルドッグ Date:2011/07/26(Tue) 18:16 No.5026
広江さん、皆さん こんにちは。久しぶりに参加させていただきます。
C-1の配備で先が見えてくるとC-46もマニアの間では「人気機種」となり、入間基地の周辺にはカメラや録音機
を抱えたマニアが集まっている、なんて記事が朝日新聞に載ったこともありました。すると1975年11月9日の
入間基地航空祭ではC-46が異例のデモ・フライトをするサービス。写真は観客の頭上をパスする1114号機です。
>geta-o様、この25号機が嘉手納の近くで片方のエンジンを落っことした機体ですね?素晴らしい写真です。


Re: Curtiss C-46 Part.5 Name:PAPPY Date:2011/07/26(Tue) 20:07 No.5027
広江さん、皆さんこんばんは。
C-46 もこうしてよく見るとなかなか味のあるヒコーキでしたね、ホントもっと撮っておくべきでした。
1970年代の前半の撮影と思いますが入間航空祭の時のもので垂直尾翼が外れた用廃機が多数見られ
ました、黒鼻はECと思われるのでまだ現役機でしょうか。


Re: Curtiss C-46 Part.5 Name:THUD Date:2011/07/26(Tue) 21:27 No.5028
1969年11月23日の入間航空祭の46とギャラリーです。見物する人の服装やねんねこなどのスタイルに時代が感じられます。前のレスで46の愛称が話題に上っていましたが、私の46のイメージはそのスタイル、任務からして「天馬」というよりはばんえい競馬でおなじみの「輓馬」でしょうか。まぁしかし「輓馬」ではクルーの士気もあまり上がらないかもしれませんね(笑)

Re: Curtiss C-46 Part.5 Name:ITAZUKE-1 Date:2011/07/26(Tue) 22:10 No.5029
皆様こんばんは
1970年7月20日 板付の航空自衛隊のハンガ−前に駐機している EC-46 91-1140(C-46D-5-CU 42-101235)
です。
左からEC-121D セイバ−ライナー(FAA) EC-46 T-33A(西司飛)x2 F-102A(元509FIS PK)x2(全部で16機並んでいます。燃料抜かれているので飛べません)


Re: Curtiss C-46 Part.5 Name:det.H Date:2011/07/26(Tue) 23:00 No.5030
広江さん 皆さん こんばんは
次から次と出てくる出てくる!! 46に圧倒されています!
Geta-oさんアンサーで、夏の立川19降りを標準で撮ったカットです
桑畑がなつかし〜 です  ね、THUDさん
現在地方取材の為、明日はネット環境が多分ないだろうと思いますので参加できないかと・・・
          


Re: Curtiss C-46 Part.5 Name:広江 Date:2011/07/27(Wed) 05:43 No.5031 ホームページ
1968年5月19日(日)の米海軍厚木基地三軍記念日に展示された91-1141。
モノクロなのではっきりしませんが、スピナーの色は黄色のように見えます。


>飛行浪人さん
申し訳ありません。私の曖昧な直感ですが、全体のバランスで終了タイミングを見出してます。
過去、引っ張り過ぎて息切れを起こしたこともあるので、華のあるうちに終わろうかと・・・(^^;)
しかし、飛行浪人さんほか皆さんの楽しい時効話しは、いくらでもありますよね(笑)
ヒコーキと縁のない職場の入間時代のようですが、楽しい思い出が沢山ありそうですね。

>つばどんさん
輸送機系統は、どうしても撮影のプライオリティは低かったですよね。
しかし学習能力のない私は“後悔先に立たず”を繰り返してしまいます(^^;)
航空祭に限らず、エンドでも隣り合わせで撮っていたのだろうなぁ〜、と思う事が多いですネ。
言葉だけで未だ実現の目処は立ってませんが、いつかは“初対面の同窓会(笑)”でも開こうかと・・・(笑)

>A-330さん
昔は機体以外にできる限り何も写し込まない撮り方をしていました。私も単純ですよね(笑)
しかし、いつの頃からは覚えてませんが、今は機体より人を多く撮るように変わってしまいました。
撮り方は千差万別でしょうけど、それぞれを撮りたい欲張りな私です(笑)
シップ薬メーカーと同じ名前のHさんのお宝画像は私も是非拝見したいです。

>geta-oさん
今回も事故損失の話題は避けて通れませんね。
古い機体の運用に苦労も多かったとは思いますが、48機中5機が事故で失われたのは、やはり残念です。
しかし逆に、アメリカに戻ってからも現役で飛び続けた機体も意外と多いようで、
C-46の扱いやすさが数字にも表れているような気がします。

>エイブルドッグさん
私のように、末期になって慌てて撮り始めたマニアが多かったのですネ(笑)
C-46のデモフライトは、私は見た記憶がありません。意外と軽快なのでしょうか。
今となっては、動画サイトでC-46等々のレシプロ機のエンジン音を聞くのが私の楽しみです。

>PAPPYさん
A-330さんNo.5024紹介画像の主脚の間に見える機影の数より多いような・・・。
前後関係は分りませんが、野ざらしで用廃となった機体が並ぶ光景は寂しい感があります。
現在、厚木では海自P-3Cが、このC-46と同じ状況となってます。月日が流れるのは早いものです。

>THUDさん
年配の方はスーツ姿が多いですよね。当時のいわゆる“よそ行き”の姿でしょうね。
“ねんねこ”には驚きですが、その言葉自体を忘れていたのを思い出して自分自身驚きました(笑)
天馬より輓馬、スタイルより力強さ、ピッタリのニックネームです(笑)

>ITAZUKE-1さん
撮影の時期は、既にRF-101Gは帰国した後でしたっけ・・・。
しかし、板付基地と呼ばれていた時代を表わす貴重な記録ショットです。
16機並んでいた[PK]のF-102Aが飛べない???。[PK]のF-102Aの末路は板付ですか?。

>det.Hさん
立川19エンド午後側は桑畑が多かったのですか。
私は駅から歩いて行ける01エンドで用を済ませてしまっていたので、19側には行った事がありませんが、
一面畑、夏空、のどかな景色、等々、厚木にも似た雰囲気が想像できます。
厚木19エンド午後側にはトウモロコシ畑があったような記憶が・・・。
最終章に参加できるネット環境のある事を祈ってます。

>皆様
ここはクローズし、いよいよ最終章に突入します。





Curtiss C-46 Part.4 Name:広江 Date:2011/07/25(Mon) 06:59 No.5007 ホームページ   
Part.3クローズ画像(No.5006)の続きです。
降りのショットが悔やまれる結果となってしまい、『それでは転がりを・・・』と思ったら、
無情にも、インターセクションで上がって行ってしまいました。
これが私にとって91-1140との最後となりました。
ところで、AGC Det-FさんNo.5001画像のレスでも話題にしましたが、
胴体後部ドアの前に書かれる(貼られている?)マークは何でしょうか・・・。何やら☆のマークのような???。
No.5001とは違っているように判別できます。


>皆様
引き続き、Part.4で皆様からのC-46の話題をお待ちします。

Re: Curtiss C-46 Part.4 Name:ET Date:2011/07/25(Mon) 09:28 No.5008
広江さん、皆さん、お早うございます。
胴体後部に何やら☆のマークのようなものがついた機体です。1997年5月17日北京郊外の中国航空博物館の広場に置かれた中国空軍のC-46Aです。残念ながら機体番号等不明です。今は機体も設置場所も整備された状態にあるようです。行った時は3機いましたがその後1機が別の博物館に移され今は2機が保存されているとのことです。これで私のC-46の写真は終わりです。後は皆さんの素晴らしい写真を拝見させて頂きます。

ところで、話が話題から逸れて申し訳ありませんが、この博物館の岩山を刳り抜いて作った巨大な格納庫を利用した屋内展示場に、BBS-IでVICTERさんが投稿された写真(No.4885)と同じ機体(99式高等練習機(キ‐55))が展示されています。世界に合わせてこの2機しか存在しないそうです。


Re: Curtiss C-46 Part.4 Name:A-330 Date:2011/07/25(Mon) 09:53 No.5009
広江さん 皆さんおはようございます

>広江さん
 胴体後部ドア前のワッペンは、一定期間飛行事故を起こさなかった航空部隊に与えられる「飛行安全褒章」受賞記念に、定められた枠の中に飛行部隊が独自にデザインした図柄で褒章受賞記念ワッペンを描いていました。US NAVYのセイフティSと同じものと考えてよいかと思います。

 ワッペンの話題にのせて C-46D 51-1113 (44-78468 s/n22291) 401飛行隊所属 褒章マークつきを。N0-4964でETさんが立川でのタキシングを紹介されている機体です。
 尾輪式の46への貨物搭載はごらんのようにかなりの傾斜に差があります。そこは整備補給隊員のフォークリフターとロードマスターの腕の見せどころ、巧みに傾斜した貨物フロアへと積みこんでいました。1970年 百里にて


Re: Curtiss C-46 Part.4 Name:det.H Date:2011/07/25(Mon) 12:31 No.5010
広江さん 皆さん こんにちは

広江さんがNo.4992で紹介されたF.C.U. 91-1146の立川でのカットです
手前にわずかに写っている初期のかぶと虫がなつかしい! もっと真ん中に写しこんでいればと、今となって思います (^ ^;
             


Re: Curtiss C-46 Part.4 Name:つばどん Date:2011/07/25(Mon) 14:23 No.5011
広江さん、皆さんこんにちは。
皆さんの画像を見て今にして思えば、もっと撮っておけばよかったなぁ〜。
皆さんが言われるように、かっこいいとは言えないし、当時のフィルム事情もあってほとんど撮らずに見ていたと思います・・・。

画像はネガの状態が悪く汚くてすみませんが、航空祭終了後、尾輪式なので後ろ向きに展示エリアからトーイングされて行く EC-46D 91-1145 です。
1977年11月3日 入間の航空祭での撮影ですが、THUDさんの5000と同じ時かもしれません。
展示の写真は、広江さんが言われるように撮りにくい置き方をされていたのか、広角など持っていないのでエンジンカウリングから機首の一コマしかありませんでした。
あの頃の入間航空祭は今のような人出がなかったので、蛍の光が流れる中大目に見てもらって、最後まで写真を撮っていたと思います。


Re: Curtiss C-46 Part.4 Name:Itazuke-1 Date:2011/07/25(Mon) 15:36 No.5012
広江さん 皆様こんにちは
1969年6月4日 板付R/W16手前で離陸前のランアップをする C-46D-20-CU 51-1123(44-78372)です。
後ろから撮れる喜びもありますが 枯れ草 砂が飛んできて痛いのを我慢しなければなりませんでした。


Re: Curtiss C-46 Part.4 Name:飛行浪人 Date:2011/07/25(Mon) 19:30 No.5013
>広江さん、皆さんこんばんは。
 当時は横田、厚木、立川も忙しく自衛隊機はマニアの間でもあまりまじめに撮っている人は少なかったようですね。書くいう私も横田に入り浸りで入間在住で無かったらほとんど自衛隊機は撮っていなかったと思います。
 今日の画像は別の雪の日、大雪でした。カビみたいに見えるのは降っている雪です。


Re: Curtiss C-46 Part.4 Name:cdr-god Date:2011/07/25(Mon) 20:21 No.5014 ホームページ
広江さん、みなさん、こんばんわ。機体を見る機会はあっても天候が悪かったりカメラがなかったりと、以外に撮影機会は少なかった機体ですが、唯一天候にも恵まれて展示された機体を撮影したのがこの機体でした。
小太りの胴体とポッチャリとした機首部、やや長めの鼻がアクセントとなっていたEC-46Dですが、尾輪式の機体のため、その特徴をとらえるのが難しい機体でもありました。1977年10月2日の百里基地航空祭です。


Re: Curtiss C-46 Part.4 Name:geta-o Date:2011/07/25(Mon) 20:28 No.5015
Part.4ですか。いよいよ佳境に入ってきましたね。何処までも付き合いますよ。
46のECM改造機は#1140,1143,1145の3機ありました。1143がまだ出ていないと思いますので。この機体は他の2機のECM改造機と異なり機首にレドームがありません。胴体の上下にはそれなりの出っ張りがありました。
現在は所沢の博物館に屋外展示されています。
1974年8月14日 入間 RW17の午前側


Re: Curtiss C-46 Part.4 Name:PAPPY Date:2011/07/25(Mon) 21:34 No.5016
広江さん、皆さんこんばんは。
また普通の C-46D 91-1141 ですが、しいて言えば台湾空軍からの購入した C-46A 9機の内の一機
でしょうか、右側後部ドアの位置がくっきり見えますね。
1975年3月19日入間基地R/W17上がりです。


Re: Curtiss C-46 Part.4 Name:AGC Det−F Date:2011/07/25(Mon) 22:08 No.5017
1965年7月9日、新明和伊丹工場内でタキシングを始めたところです。
自衛隊の制服(?)を着た2人を含め沢山の人が見送っています。この後、新明和を出て
R/W32から離陸していきました。

画面左端に翼端が見えているのは全日空のDC−3(JA5024)、画面右端にプロペラが見えて
いるのは空自のYS−11(Serial No. 52-1151)です。
向こう側にもC−46(Serial No.不明)が写っていますが、私が伊丹に通った1962〜66年、
空自のC−46は「いつ行っても、見かける」常連さんでした。
その他に、「いつ行っても、見かけた」ような記憶があるのは、MARINESのUH−34D、
NAVYのSP−2EとH、NAVYやUSCGのHU−16系、各種軍民のC−45系、
C−47系、C−54系などでした。


Re: Curtiss C-46 Part.4 Name:THUD Date:2011/07/25(Mon) 22:57 No.5018
No.5005のつばどんさんの紹介画像とまったく同じで大変恐縮ですが、他のものを準備するヒマが無かったもので予定通り(?)貼らせていただきます。またNo.5000のECですが撮影日がハッキリしなかったのですが、つばどんさんのおかげで(ありがとうございます)スッキリしました。ECの展示はほとんどなかったと思いますので77年11月で間違いないと思います。

Re: Curtiss C-46 Part.4 Name:怪鳥 Date:2011/07/26(Tue) 00:58 No.5019
皆さん今晩は、EC−46D、91−1145のベントラル・レドームのアップです。
胴体の穴は電子機器冷却用のAPU排気口で91−1140には無いようです。
1977年入間の航空祭での撮影なので、つばどん様やTHUD様とすれ違っていたかも知れません。


Re: Curtiss C-46 Part.4 Name:広江 Date:2011/07/26(Tue) 06:43 No.5020 ホームページ
↓の91-1141、今回の話題では改めて探したところ、極端に相性の良い機体という事が判明。
厚木で何度も撮影してますが、モノクロを調べたら厚木基地三軍記念日で地上展示もされてました。
また、たまにしか行かない岐阜基地で待ち構えていたら、やはり91-1141が降りてきました(笑)
その次に相性が良いのは51-1101。相性云々というより、偏り過ぎてます(笑)


>ETさん
このBBS II、書き込まれると私宛にメールが届きます。
『何やら☆のマーク・・・』は、私のNo.5007紹介画像関連かな?、と思ってBBS IIを見てビックリ!。
確かに☆のマークですネ(笑)
今回の話題では、いつものように色々と調べた時に中国に渡ったC-46の画像も見かけましたが、
実際にこのBBS IIで紹介されるとは驚きました。右端にはDC-3/C-47系も見えますね。
屋内展示場のキ‐55も含め、知られざる貴重な航空博物館ですね。

>A-330さん
尾輪式の機体への貨物搭載は手慣れたテクニックが必要なんでしょうね。
C-46しか持たない初期の空自は、C-46に積めない大物の輸送は、どうしていたのでしょう。
左側胴体後部ドア前のワッペンは、セフティ・アワードと同類ですか。納得です。
受賞部隊が独自にデザインできるというのは、なかなか斬新なアイデアですね。

>det.Hさん
本当にC-46フライトチェック機は日本各地に現われていたのですネ。
厚木で言えばD-1の転がり撮影時に手前に通る車や自転車、
地上展示の場合、ギャラリーや後ろに写る建物や支援車両、等々、
当時は撮影の邪魔物と言われ、できるだけ写し込まないようにしてました。
しかし、何十年も経つと、その価値観は変わり(笑)
今思うと、コメントされているように、ちゃんと写し込めば良かったと後悔しきりです。

>つばどんさん
尾輪式の機体のトーイングは、今の方には新鮮に映るかもしれませんネ。
C-46の地上展示のまともなコマが少ないのは、ロープが近すぎるのも一因かな?。
あとは、おっしゃられるように、根本的に撮影意欲が薄かった・・・(^^;)
今考えると本当に勿体ないことをしてしまいました。

>Itazuke-1さん
尾輪式なので真後ろから撮ると主翼上面が見え、今の機種にはない味が出ますね。
しかしアイドリング状態ならよいものの、エンジンを吹かすと痛いですよねぇ〜(笑)
今も昔も、『ヤバイ!』と思ったら、私は素早く背を向けるようにしてます(笑)

>飛行浪人さん
また随分と大雪の日ですねぇ〜。それでも記録を残される飛行浪人さんには脱帽です。
語弊のある表現かもしれませんが、米軍機マニアは、自衛隊機にはカメラを向けなかったですね。
高いフィルムというせいもありますが、興味自体が、あまり湧かなかったですよね。
私はポジ交換の必要に迫られ、自衛隊機も撮るようになりました。

>cdr-godさん
紹介のショット、何かのアニメキャラクターに似ているような気がしてなりません(笑)
決して格好イイとは言えませんが、何か憎めない愛嬌たっぷりの顔です(笑)
私は相変わらず今回のお題“C-46”も、特徴ある姿を表現できるショットを撮ってません。
まあ私の根本的なセンスの問題ですが・・・。

>geta-oさん
91-1143、外見に大きな特徴がないので私は見落としてましたが、この機体もEC-46Dでしたね。
要はEC-46Dの3機は、個々に外見が異なっていたのですね。
さて、今回の話題も、そろそろゴールを意識する頃になってきました。
geta-oさんは、どこまでも走れると思いますが、そろそろ私の持ち球が尽きそうです。

>PAPPYさん
羽田・厚木・横田に加え入間にも行かれていたのですね。
そういえば、千歳やハワイにも行かれてましたね。
改めて感じてますが、PAPPYさんは、かなりのアクティブ派だったのですね。
ところで、PAPPYさんにも91-1141は相性が良かったのかな?(笑)

>AGC Det-Fさん
整備を終えての出発シーンでしょうか・・・。
今回の話題が始まるまで、新明和伊丹工場の私のイメージは、
AGC Det-Fさんもコメントされている、米海軍/海兵隊の馴染み深い機種でした。
正直、今回のお題“C-46”が新明和伊丹工場の常連とは知りませんでした。

>THUDさん
時々ある事ですが、今回も撮影日が判明して良かったですね。
紹介の51-1101は1975年の展示、隣に展示されているC-1、右隅背景に写るC-1、
この時代は、まだ迷彩機が登場していませんでしたね。

>怪鳥さん
1977年11月の入間は私も行ってます。こちらに登場される多くの方々と私もすれ違っていたようです。
しかし不思議なことに、91-1145の画像が1枚もありません。
1976年には既に100%ポジ化してたのですが、ひょっとして全コマ、海外に行っちゃったのかなぁ〜。
91-1140, 91-1143があるだけに、EC-46D 全3機が揃わず残念でなりません。

>皆様
さて、ここはクローズして新たにPart.5を立てます。
突然の終了というわけにはいかないので、その次のPart.6=最終章とさせていただきます。
しかし、ちょっと厳しいかもしれませんね・・・。





Curtiss C-46 Part.3 Name:広江 Date:2011/07/24(Sun) 07:53 No.4993 ホームページ   
EC-46Dというと何かの撮影制限があると思っていましたが、↓の訪問時に特に制限は受けませんでした。
現在のEC-1と扱いが大きく異なるような気がします。
もっとも、私は両機の任務(ミッション)の違いが分からないのですが・・・。


>皆様
引き続き、Part.3で皆様からC-46の話題をお待ちします。

Re: Curtiss C-46 Part.3 Name:geta-o Date:2011/07/24(Sun) 10:16 No.4994
46もPart.3に入りましたね。
広江さん
右後部ドアですが広江さんのNo.4947の#1101やPAPPYさんのNo.4958の#1140のように当初からつけなかった機体も多くあると聞いています。
私の理解は米軍に納入当初のC-46Dは試作機の与圧可能な胴体構造を引きずりポートサイドに乗降用ドアのみあるのが通常でスターボードには非常用の脱出ドアしかなかった。胴体の与圧を考慮しなくなった後にポートサイドの大型のカーゴドアを乗降用ドアの外側に追加しさらに落下傘兵降下用のドアを追加した。このときスターボードにも落下傘兵降下用のドアを追加したと理解しています。したがって日本に当初供与された機体は色々な仕様のものがあったものと思っています。(この点色々な文献と少し理解が違います)
今日は私が最近見た46.
昨年のミッドランドのエアショーで見たC-46F”THE TINKER BELL” (N78774 AF S/N 447-8774)。プロペラ枚数が3枚で翼端が角ばっています。です。残念ながら整備中で飛行しませんでした。


Re: Curtiss C-46 Part.3 Name:det.H Date:2011/07/24(Sun) 11:49 No.4995
広江さん 皆さん こんにちは

Geta-oさんがNナンバーを出されたので私もNを   撮られた方も多いと思います1997年のUSAF50th、Nellis AFB Air ShowでのNレジ46F“China Doll”です  こちらも三枚ペラです 撮影時はN30801でしたが、今はN53594(名称もConfederate AF→Commemorative AF)となっているようです  この機体はまだAir showで飛んでいるのでしょうか?



Re: Curtiss C-46 Part.3 Name:PAPPY Date:2011/07/24(Sun) 12:24 No.4996
広江さん、みなさんこんにちは。
>det.Hさんネリスの飛行中のカラーはきれいでいいですねぇ〜。
私のは普通の C-46D 51-1124 で1966年11月3日の入間航空祭での撮影です。
第1回東京航空宇宙ショーと共催になっていましたが、米軍からはUH-2A CH-46 HH-43 H-19 、
あとは自衛隊機と民間の小型機が多数参加しましたが海外からの参加はありませんでした。


Re: Curtiss C-46 Part.3 Name:A-330 Date:2011/07/24(Sun) 15:35 No.4997
広江さん 皆さんこんにちは

飛行点検隊所属のC-46でまだ登場していない C46D-91-1138FC (42-101098 s/n30553) を紹介します。
 入間R/W17午後の着陸ショットですが、機体からくるイメージのためか当時の背景がとても穏やかな雰囲気をかもし出していますね。お茶畑でおじいちゃんとお孫さんでしょうか、のーんびりと見物しています。まだ狭山市役所が建設される前はこんなにすっきりしていました。1972年入間基地でのひとコマです。


Re: Curtiss C-46 Part.3 Name:cdr-god Date:2011/07/24(Sun) 15:52 No.4998 ホームページ
スタート時はマイナーな機体のため、どのくらい当時の写真を拝見できるか心配していましたが、あっと言う間にPART.3ですね。多分この機体はまだ登場していないかな。?
71-1132、1960年7月16日に実施された航空自衛隊宇都宮基地開庁記念日の撮影です。当然の事ですが、(変ですか)小生の撮影ではなく、小生の友人が撮影したものを以前、何かの機会に役に立てばと頂戴したものです。当時の宇都宮基地は、松島基地から移駐した第2操縦学校が第13飛行教育団となり、あわせて航空集団司令部も併設された直後だったため、子供だった小生でも行事の盛大さと展示機体の多さには驚きました。(田舎ですから余計にそう思ったのかもしれませんが、米軍の輸送機も展示されたことを覚えています。)この機体は、D型かと思いましたが、機首上部のループアンテナを見るとA型?、これまで紹介された機体には航空自衛隊輸送航空団と銘記がありますが、その表示もありません。


Re: Curtiss C-46 Part.3 Name:Itazuke-1 Date:2011/07/24(Sun) 18:14 No.4999
皆様こんばんは
1968年5月24日 離陸のために板付R/W16へ入った C-46D-15-CU 51-1105(44-77972)です。
空港タ-ミナルビルが建設中です。この後 北側に第2 第3とタ-ミナルが建設されて背景がコンクリ−トのビルに変わってしまいました。


Re: Curtiss C-46 Part.3 Name:THUD Date:2011/07/24(Sun) 18:56 No.5000
No.4958でPAPPYさんが、Part.3の冒頭で広江さんが紹介されているEC46Dですがシリアル違いを。撮影日がハッキリしないのですが、入間で撮影した(91-1145)です。(91-1140)とは胴体上下面のレドームなどの相違が見られます。

Re: Curtiss C-46 Part.3 Name:AGC Det−F Date:2011/07/24(Sun) 20:50 No.5001
1965年10月26日、伊丹R/W32からの離陸態勢に入る(あと10度位?右旋回)
フライトチェッカーです。
4957でTROUTさんが、4968でGulf4さんが、4969でPAPPYさんが
それぞれ紹介されているのと同じ機体です。

右奥に写っているのは新明和伊丹工場で、屋外整備中のKC−130F(QD894 Bu.148894)
が見えます。


Re: Curtiss C-46 Part.3 Name:飛行浪人 Date:2011/07/24(Sun) 20:58 No.5002
>広江さん、皆さんこんばんは。
 私が留守の間にいつの間にかヨンロクが始まっていましたね。
ヨンロクは懐かしい思い出がいっぱいです。
高校生の夏休み航空教室で初めて飛行機に乗ったのがヨンロクでした。田舎から入間基地まではるばる出かけましたよ。宿舎は今は無きジョンソンハイスクールのジムナジウムでした。今でいえば入間ホテルのあたりです。2回目は入間から美保まで往復しました。帰りにB14でコックピットから見たf−105が今でも思い出されます。
 さて画像は私が入間在住時に撮影したものですが、日付ははっきりしませんが在住は1972年までだったので1970年頃と思われます。朝起きたら雪景色、仕事前にカメラを持って飛行場地区へ行きました。
 


Re: Curtiss C-46 Part.3 Name:TROUT Date:2011/07/24(Sun) 23:14 No.5003
こんばんは、広江さん皆さん。私もdet-Hさんが紹介されたC-46F"CHINA DOLL"を 89年10月ポイントマグーの公開で撮ったものです。det-Hさんが撮られた時は綺麗に塗装されているようですが、この時は昔のKC-135のような変な銀色でした(^o^)  以上で私の紹介できるC-46のコレクションは終了です(^_^; まだまだ続く皆さんのコレクションを楽しく拝見させていただきます。

Re: Curtiss C-46 Part.3 Name:怪鳥 Date:2011/07/25(Mon) 00:26 No.5004
お言葉に甘えてまたお邪魔いたします。
木更津基地の402飛行隊、51−1122のコクピットです。1976年にC−46の内部写真を撮らせてもらった時のワンショットです。


Re: Curtiss C-46 Part.3 Name:つばどん Date:2011/07/25(Mon) 00:56 No.5005
広江さん、皆さんこんばんは、何かずいぶん久しい感じがしてしまいます(^.^)
いつも通り出遅れてしまいましたが、今回もこんなに展開が早いとは思いませんでした!!
前回の”イモ”で、これからと思っていたところに思いもよらないアクシデントでしたので次からはと思いましたが、今回のC-46が精一杯で(^_^;
ネガを探しましたが、指折り数えられる程でしたので、皆様の画像を楽しまさせて頂きながらチョロチョロと参加させて頂きます。

とりあえずは一番まともな画像で・・・、と言いますか横全体のまともな画像はこれ一コマでしたので・・・。
1975年11月9日の入間航空祭に展示されたフライトチェックのC-46D 51-1101 です。
初めて写真を撮りに行った入間の航空祭で、チャリンコで必死に付いて行ったのを覚えています。
その後11/3が恒例になった入間の航空祭も、この頃は違ったんだと気が付きました・・・。違っていたらフォローをお願いします。


Re: Curtiss C-46 Part.3 Name:広江 Date:2011/07/25(Mon) 06:58 No.5006 ホームページ
私はEC-46D 91-1140の飛ぶ姿を撮ったのは↓の百里での一度だけだったようです。
それも03エンドで転がりを撮るために基地方向にカメラを向けていたのか、
気づいた時には↓のような送り気味のショットとなってしまいました。


>geta-oさん
そうなんです・・・。#01号機は後部胴体右側にドアが無いのは気づいてました。
私は理解が足りないまま、No.4992のコメントになった次第ですm(_ _)m
何やら・・・、空自内でもA/Dの名称と内外装の差が不明確とも聞きます。
紹介の機体は元C-46Fですか・・・。3ペラ&主翼端の形状・・・。C-46は奥が深いです(^^;)

>det.Hさん
紹介のようなフライアブルな機体があるアメリカは羨ましいですネ。
geta-oさん紹介のWW II時代の塗装の再現とは異なり、さっぱりとした塗装もイイですね。
この機体もC-46Fですか・・・、3ペラ&主翼端の形状の外見の差を覚えました(^^;)

>PAPPYさん
1966年11月(ノートには6日と記録)私も入間に行きましたが、C-46も米軍ヘリの記録もありません(^^;)
気になるのはCH-46。マリンコCH-46Aの可能性は薄いからHC-1[UP]のUH-46Aかな?。
ところで紹介のショット、左隅に写る家屋が古き良き時代を表してますね。

>A-330さん
こちらのショットも、1972年でも、まだまだ昔を感じるショットです。
と言っても、もう40年も前なんですよネ(笑)。
自分が当時既にヒコーキ写真を撮っていたので、つい最近のような気がして(笑)
厚木でも度々見る事が出来たC-46フライトチェック機ですが、私は91-1138を撮ってないようです。

>cdr-godさん
1960年ですか・・・。すっきりとした背景、今とは異なるのでしょうか。
多少(?)の年齢差がありますが、お互い少年時代に既にヒコーキと接していたのですネ(笑)
01号機〜36号機は、一応、C-46Dとの説が一般的に伝わっているようですが、
geta-oさんのコメントにもあるように、1機1機、異なる仕様があるのかもしれませんね。

>Itazuke-1さん
私は福岡空港に初めて行ったのは1990年頃。
古いターミナルビルの金網だらけのテラスらしき場所に出た記憶があるのですが、
ひょっとして、背景に写る建設中のターミナルビルでしょうか。
厚木の場合も、いつも思うのですが、同じ場所から写して当時との比較をしたいのですよね。

>THUDさん
紹介の91-1145は、91-1140と比べて機首のレドームの形も異なりますね。
胴体上下のレドームといい、3機のEC-46Dの中で、91-1145が最もECM機っぽい外見ですネ。
ところで、この紹介画像は何年の公開でしょう。ECM機が展示されたのは珍しいのかな・・・。

>AGC Det-Fさん
C-46の中で、フライトチェック機が日本全国のマニアに均等に馴染み深いようですね。
ところで後部胴体ドアの前のマークは何でしょう・・・。総隊のマーク???。
今回の話題では、私は偶然気づくことが特に多いです。

>飛行浪人さん
今回のキックオフは、飛行浪人さんがRIATから戻られ、まだ時差ボケ状態の時でしょうか(笑)
お疲れさまでした、そして早速の参加ありがとうございます。
朝焼けの雪景色の中のヨンロク、奇麗なショットですね。
高校生の夏休みの航空教室でヨンロクに乗れたのですか・・・。羨ましい体験ですねぇ〜。

>TROUTさん
det-HさんNo.4995紹介と同じ機体ですか。
汚れ具合(?)からすると、こちらで紹介されている時の方が実戦機っぽいですね。
C-46のコレクションが終わってしまいましたか・・・。残念です。
ROMしながら、次のお題“C-97”を一足早く捜索して下さい。

>怪鳥さん
やはりレシプロ機らしく、古風なコックピットの計器類ですね。
セピア調のカラーが、より時代を感じさせられます。
しかし意外と計器類がシンプルではなく、何やらごちゃごちゃしているような感が・・・。
腕で(力で)飛ばしていた当時のクルーの方々には懐かしく思い出させられるショットですね。

>つばどんさん
私も今回のお題“C-46”の地上展示のショットがほとんどありません。
機体全景を撮りにくい展示方法が多かったのかなぁ〜。
入間航空祭の開催日の話題は、何かのお題の時にも話題となりました。
3日に固定となったのは何年からだったかな。スミマセン、ちょっと過去ログを見ないと・・・(^^;)

>皆様
ちょっと悩みましたが、とりあえずここはクローズし、新たにPart.4を立てます。





Curtiss C-46 Part.2 Name:広江 Date:2011/07/22(Fri) 06:11 No.4972 ホームページ   
今は撮れなくなったA-1の転がり。
午前中ですから、おそらくCVW-5機の転がりを撮るためにA-1に張り付いたのでしょう。
今思えば、ラッキーな事にC-46が偶然転がってきたのだと思います。
しかし米軍機以外の転がりは新鮮でイイですネ。


>皆様
引き続き、皆様の“Curtiss C-46”の悲喜交々(?)な話題をお待ちします。

Re: Curtiss C-46 Part.2 Name:A-330 Date:2011/07/22(Fri) 12:38 No.4973
広江さん 皆さんこんにちは

広江さんが最初に紹介された空自01号機FCの整備風景を1枚紹介します。
 P&W 星型空冷18気筒エンジン整備のため、カウリングを全て外してのエンジンテスト中のショットです。
レシプロエンジンの力強い響きが聞こえてくるようです。それに大きなタイヤの主輪、クラシックムード満載ですね。 夏の搭乗は暑くて大変でした。10分程のエンドでのエンジンランナップ中は全身汗びっしょりになります。そのため当時は夏場の搭乗を遠慮することがありました(笑) 懐かしい思い出です。1974年 入間にて撮影


Re: Curtiss C-46 Part.2 Name:geta-o Date:2011/07/22(Fri) 18:46 No.4974
Part.2ですね。
広江さん。ROCAFの46が立川に来たときは今ほど情報が乱れ飛ぶことは無かったので静かなものでした。当時私は撮影できませんでしたがROCAFのパケットも来たと思います
今日は自衛隊の46からの降下。
1972年5月28日の下総公開時の降下展示。3機の46(51-1118,-1122,61-1128)から40人以上が降下しました。


Re: Curtiss C-46 Part.2 Name:TROUT Date:2011/07/22(Fri) 20:47 No.4975
こんばんは、広江さん皆さん。立川に来たグレーのC-46が載った雑誌を私も見ました。星のマークを付けるとC-46も格好いいな〜と思ったものでした。今見ると日の丸もなかなかのもんですね(^_^)
Gulf4さんが紹介されたC-46を拝見すると、ポイントマグーで見たF-86Fを思い出します。貸与された機体の里帰り? 日本が発展途上国だったなんて今では信じられませんね。
今日の一枚は77年入間基地航空祭にて撮影、広江さんがオープニングで紹介されたフライトチェックの1101です。貸与機であることを示す米空軍の表記がありました。S/N44-77424


Re: Curtiss C-46 Part.2 Name:ITAZUKE-1 Date:2011/07/22(Fri) 21:06 No.4976
広江さん 皆様こんばんは
1968年3月24日 板付R/W16へ離陸のために転がるC-46D-5-CU 51-1119(44-77362)です。
この角度から胴体を見て、自分をお腹を見ると そっくり!(笑)
昔が良かったのは 外柵だけではなく 体型も??


Re: Curtiss C-46 Part.2 Name:AGC Det−F Date:2011/07/22(Fri) 21:11 No.4977
1965年3月5日、4967撮影の前日夕方の同機なので、翌日のフライトテストに向け
最終チェック中でしょうか?

話しはそれますが、向こう側のC−54はオーバーホールのため、塗装を剥がされています。
元はSZ499(Bu.No.56499)なので胴体後部にはMAMS−17と書かれていましたが、
塗装を剥がされたその部分から浮かび上がった文字はVMR−××× と読み取れます。
以前にVMR−152にでも所属していた時期があったのでしょうか?


Re: Curtiss C-46 Part.2 Name:PAPPY Date:2011/07/22(Fri) 21:13 No.4978
広江さん、皆さんこんばんは。
普通の C-46D ですがまだ出てない 61-1128 を、1969年11月23日の入間航空祭の撮影です。
1977年に退役したようですがYS-11の配備により実際に飛んでいた機体はかなり少なかったようで
撮影機会はあまり有りませんでした。


Re: Curtiss C-46 Part.2 Name:THUD Date:2011/07/22(Fri) 23:01 No.4979
1968年10月立川に飛来した46です。私が米軍の46を見たのはこれが最後でした。エンジンが不調(?)らしく結構大がかりに調整を行っていました。古い機体ゆえオーバーホールされていてもいろいろトラブルが有ったのかもしれません。

Re: Curtiss C-46 Part.2 Name:det.H Date:2011/07/22(Fri) 23:40 No.4980
広江さん 皆さん こんばんは

>THUDさん では、デッカイ米軍マークが写っているカットを m(_ _)m
よく見ると、THUDさんの撮られた68年時と機首上下のアンテナ?が違いますね

では次回、もしかしたら11月目撃されたと思われる46をカラーで
      


Re: Curtiss C-46 Part.2 Name:怪鳥 Date:2011/07/23(Sat) 00:58 No.4982
広江様、皆様、始めまして。ほらぶろわーずの怪鳥です。いつも皆さんの素晴らしい写真を拝見しているだけでしたが、今回初めて参加させて頂きます。

1960年立川基地でのC−46F、Air AmericaのB-154 (c/n 22370)です。
1945年USAAF用に生産されたs/n 44-78547で1948年に中華民国政府に売却され、その後 N8405CとしてCATで運用されていましたが、後にAir Americaにリースされ1972年まで使用されていたとの事です。
初めて三軍記念日で立川基地に行った時に撮影したもので、砂川ゲート付近の駐機場にいました。


Re: Curtiss C-46 Part.2 Name:広江 Date:2011/07/23(Sat) 06:29 No.4983 ホームページ
No.4972で紹介した91-1141、翌日も厚木に飛来しました。
現在のような定期便ルートで飛んでいたのでしょうか・・・。

ところで↑も含む12機(91-1137 〜 91-1148)は、空自でC-46AをC-46D仕様に改修したと聞きますが、
その名称は、C-46D? C-46A?、どちらが正しいのでしょうか?。

>A-330さん
まず見る事のできない貴重なショットですね。ローアングルでの撮影、怖くなかったですか?(^^;)
おっしゃるような力強いエンジン音を、ずっと聞いていたくなるようなショットです。
エンドで10分間が耐えられないほどの夏の暑さは大変だったでしょうねぇ〜。
しかし、一度は汗ビショ体験をしたかったです(^^;)

>geta-oさん
C-46からの降下デモは、画像を拝見して、かすかな記憶が甦ってきました。
習志野の『降下!降下!降下!』も、C-46で行われていたのでしょうね。
台湾空軍は、C-119導入でC-46が引退したようですね。
そのC-119も立川に飛来していたとは・・・。やはり大ニュースとはならなかったのですね。

>TROUTさん
絶対に、星マーク付きのC-46が格好イイですよ。もちろん、日の丸でも格好イイですけどね。
ITAZUKE-1さんNo.4962にもレスしましたが、どうも私はC-46の地上展示された姿を撮ってないようです。
紹介の入間の1977年も私は行ってますが、悔しいことに撮影画像が出てきません。
ところで、51-1101 (ex. 44-77424) は、ブロック“10”なんですね。
私のNo.4947, No.4971では、ブロック“5”と表記してしまいました。

>ITAZUKE-1さん
私も昔の姿は別人です(笑)
以前、某誌に昔の私の写真を載せたら、皆から『詐欺だ』の『年齢詐称』だのと言われました(笑)
しかし紹介画像は、特徴あるC-46の姿を捉えてますね。
胴体下半分は支援機材等々の物置と化していて空洞なので、胴着時のクッション代わりとか・・・(^^;)

>AGC Det-Fさん
何度もコメントしますが、AGC Det-Fさんの画像は、ジュラ地の銀が銀らしく出てます。
お手本として私もトライしてますが、どうもうまく表現できません。現像技術の差は歴然としてます。
1951年に開隊したVMR-253が1962年に改称され現VMGR-152となりましたが、
VMR-253時代は伊丹→岩国とベースを移り、その間、R5C(後のC-46)、R4Q(後のC-119)を運用してましたので、
少なくとも、VMR-253以外で運用されていた機体かもしれません。

>PAPPYさん
空自で48機運用されたC-46ですが、末期は老巧化ゆえ稼働率は決して高くはないと推測できますよね。
上でA-330さんがコメントされてますが、当時のC-46クルーは大変だったでしょうね。
ヒコーキ発展途上国日本の初期の時代に携わった方々の苦労あっての現在ですね。

>THUDさん
このような“置き”が撮れたのも、当時の立川ならではですね。
現在のような情報伝達手段があれば、私もすっ飛んで撮りに行ったのですがネ(笑)
しかし、レシプロ機=老体と思われがちですが、撮影時点で生産後20年ちょっと・・・。
今も飛ぶ古いKC-135に比べると若いですよネ(笑)

>det.Hさん
国籍マークが大きくても小さくても、グレーでS/No.だけの姿は怪しい(笑)
その姿は魅力的で、是非是非撮りたかった機体です。
当時の雑誌で見て以来、それだけ強い印象を50年近くも持ち続けている私です(笑)

>怪鳥さん
はじめまして。ようこそお出でいただきました。ありがとうございます。
このBBS IIでは、何かと話題になる常連的なAir Americaです(笑)
その怪しい行動のAir AmericaのC-46も立川に飛来していたのですね。
三軍記念日で立川基地に入って砂川ゲート付近で撮れたとは、当時は、やはりのどかですね。
それでは、引き続き気軽な参加をお待ちしております。

Re: Curtiss C-46 Part.2 Name:geta-o Date:2011/07/23(Sat) 09:56 No.4984
自衛隊の46は愛称「天馬」だったと思いますがあまり使われなかったと思います。米軍の“Commando”もあまり使われず通常ヨンロクといっていたように思います。初期に供与された機体の中には右側後部にドアが無く降下に不向きな機体がありこのような機体をフライトチェッカーなどにしようしたようです。
今日は台湾より部品取りに購入したところ程度が良かったので飛行機として使用した機体。C-46の自衛隊最終号機。所属は通常の輸送航空隊でなく実験航空隊です。71-1133 FTBは尾翼にAPGのマークを書いていましたがこの機体はありません。
C-46D 91-1148 (AF C/N 44-77426)1972年5月2日 百里での撮影です。


Re: Curtiss C-46 Part.2 Name:ITAZUKE-1 Date:2011/07/23(Sat) 10:53 No.4985
広江さん 皆様お早うございます。
1968年5月25日 板付R/W16へ転がる C-46D-5-CU 61-1129(44-7743)です。
外柵がないのも同じ 脚立などいらない幸せな時代でした。 
現在は2重になっており脚立があってもクリアできません。


Re: Curtiss C-46 Part.2 Name:ET Date:2011/07/23(Sat) 11:16 No.4986
広江さん、皆さん、お早うございます。
1961年11月3日空自の体験飛行がC-46を使って羽田で行われた時の光景です。この時生まれて初めて空を飛ぶという機会に恵まれました。搭乗待ちの人の脇に置いてあるのはライフジャケットで、各自着用させられました。また、飛行中気分が悪くなった人は機内の後部に置いてあるバケツを使うよう言われました。
待機中の機体は61-1129で、降りてきたのは不明です。少し離れた場所には救難用のH-19(11-4716)が待機していました。今から思うと怖いもの知らず(?)でよく乗ったものだと思いますが貴重な経験でした。


Re: Curtiss C-46 Part.2 Name:A-330 Date:2011/07/23(Sat) 13:02 No.4987
広江さん 皆さんこんにちは

C-46の特徴のひとつに胴体断面形状が「逆だるま」になっていることがあげられます。
1969年百里定期便到着時のスナップ 輸送航空団 402飛行隊所属 C-46D 51-1120 (44-78393 s/n22216)です。
 この年を最後に定期運行はYS-11へと移行されました。




Re: Curtiss C-46 Part.2 Name:det.H Date:2011/07/23(Sat) 13:24 No.4988
広江さん 皆さん こんにちは
きょうは大暑だというのに何でしょうこの涼しさは? ま〜過ごしやすくて好いのですが でもね〜
皆さんからの46にまつわる思い出話、楽しく拝見しています 広江さんがおっしゃるように皆さんの撮影時点でも作られてからたった20数年しか経っていなかったのですよね あの時点でもすご〜い古い機体のイメージがありました
では、THUDさんが11月に目撃したかもしれない機体を 実はこれも日時が判りませんm(_ _)m 
ケースから脱走した3コマだけのネガスリーブに写っていました この機体のRwy01降りを東側から逆光で撮ったプリントもあるのですがこれも日付が・・・
ネガカラー故、色の保証は出来ません(笑)          
         


Re: Curtiss C-46 Part.2 Name:PAPPY Date:2011/07/23(Sat) 21:04 No.4989
広江さん、皆さんこんばんは。
特に変わりダネでは有りませんが1965年11月3日の入間航空祭での C-46D 51-1119 です。
右奥に救難航空隊のT-6テキサンが見えます、左のバスもえらくクラッシックですね。


Re: Curtiss C-46 Part.2 Name:AGC Det−F Date:2011/07/23(Sat) 21:12 No.4990
1963年3月18日、伊丹R/W32エンドで撮影。

背の高いトラック通過に気付いて、慌てて予定より早めにシャッターを
切ってしまったショット・・・だろうと思います。Serial No.は、51-1104 です。

>広江さん
VMRの件、ありがとうございました。
VMGR−152の前身はVMR−253で、VMR−152という部隊は存在しなかった
ということですね。


Re: Curtiss C-46 Part.2 Name:THUD Date:2011/07/23(Sat) 21:19 No.4991
No.4951でA-330さんが紹介されているのと同一機ですが1967年立川に飛来したときの一コマです。立川飛来の頻度はよく憶えていませんが時々来てはすぐ上がって行ったと思います。自分が生まれる以前から飛んでいた(大戦機など)機体などはえらく昔の飛行機のように感じてしまいますが、広江さんが仰るように当時はまだまだ若かったのですよねえ(笑)
>det.Hさん
昔の傷に塩まで擦り込んでいただきありがとうございます m(__)m(笑)
これも撮られていたのですか。しかもカラーとは・・・いえ、け、決して羨ましいとは言いません(キッパリ)(笑)


Re: Curtiss C-46 Part.2 Name:広江 Date:2011/07/24(Sun) 07:50 No.4992 ホームページ
空自C-46フライトチェック機は5機が改造されたようですね。↓は、まだ未紹介の91-1146。


>geta-oさん
「天馬」はもちろん、他のニックネームもピンと来ず、ほとんど使われてないのでは。
胴体後部右側の空挺降下ドアは、C-46Aにはなく、91-1137 〜 91-1148に改造を施したようです。
ただしその後、輸送航空団以外の任務で使われた機体は、廃止し固定化されたと聞いてます。
ですので、たぶん、01号機〜36号機の胴体後部右側には空挺降下ドアがあると思います。

>ITAZUKE-1さん
どの基地・空港も、昔はのどかでしたね。
厚木も転がりは撮れなくなり、フェンスは高く二重化されてしまいました。
そんなのどかな時代ですので、たぶんNo.4985を撮影した時は、周りに誰も居なかったのでは?。

>ETさん
さりげなく紹介されてますが、待機中のC-46と搭乗待ちの行列、降りてきた機体、
全てを上手く写し込んだ、貴重な貴重な記録の一こまですね。
しかし、羽田で行われたというのも、驚きです。これものどかな時代ゆえの出来事ですかね。
私も怖いもの知らずですから、是非、乗ってみたいです。特に尾輪式のヒコーキは未体験なもので。

>A-330さん
尾輪式の機体の正面形を見事に捉えてますね。私も何度か上がった事のある屋上からかな。
C-46の定期運航は1969年には終了したのですか。
快適なYS-11運航に変わったと思いますが、飛ばす方も乗る方も、今では懐かしい思い出でしょうね。

>det.Hさん
C-46の色はともかく、後ろに写るC-124とC-130の銀ピカの色は出てますね。
私達が写真を撮り始めた1960年代は、試行錯誤のように様々な機種が作られ、
そして短命で運用されるような過渡期が過ぎ、やや落ち着き始めた頃だったと私は思います。
そんな中で飛ぶレシプロ機は、今の尺度で見れば、やはり老体でしょうね。

>PAPPYさん
C-46に救飛のT-6、時代を映す貴重なショットですね。
しかし私は両機よりも左隅のバスが気になって仕方ありません(笑)
今回の主題ではありませんが、私は現役時代のT-6は撮った事がありません。
1970年代に入ってから入間で時々撮った救飛といえば、既にT-34Aでした。

>AGC Det-Fさん
背の高いトラックの通過・・・、というより、アプローチが低すぎるのでは?(^^;)
どこぞの海外のリゾートビーチではありませんが、有名ポイントになりそうです(笑)
部隊史として名称は、VMR-253⇒VMGR-152 の流れです。

>THUDさん
A-330さんNo.4951でも紹介されてますが、APGのC-46D FTBは撮りたかったですねぇ〜。
しかしC-46の輸送型だけと思ってましたが、FTBも立川に時々飛来していたのですか。
P-2の話題の時も、米海軍P-2の立川飛来の頻度を知り驚きましたが、
当時の立川のテナント等を、もっと調べてみたいのですが、判明しそうにないですね(^^;)

>皆様
滞りなくPart.2も終え、新たにPart.3を立てます。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -