GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





F-101 Voodoo Part.4 Name:Takafumi Hiroe Date:2012/04/28(Sat) 05:54 No.6264 ホームページ   
>皆様
引き続きヴードゥーの話題をお待ちします。
しかし私にとっては、スーパーセイバー以上に難儀な話題と痛感してます(笑)
なお、途中参加の方に・・・、
先行きの見えない話題ですので、連貼り2枚可で進行中です。

Re: F-101 Voodoo Part.4 Name:飛行浪人 Date:2012/04/28(Sat) 08:22 No.6265
>広江さん、皆さんこんにちは。
WT80、ANG編です。まずはテキサスANG、111FISはこの年F−101部門で優勝、トップガンにも選ばれていました。


Re: F-101 Voodoo Part.4 Name:飛行浪人 Date:2012/04/28(Sat) 08:28 No.6266
>続いてニューヨークANG。

>K-Barainさん、なるほどそうでしたか、さすが北米空軍のスペシャリストですね。
続きの画像を待っています。


Re: F-101 Voodoo Part.4 Name:det.H Date:2012/04/28(Sat) 08:31 No.6267
広江さん 皆さん おはようございます
新たに“ビックリ!”な援軍が加わり、益々盛んですね (^_^)
私の101Cのエンドでの遭遇回数は66年2月から8月までの間に、記録では7機のみでした そのなかに1機だけノーズワード?が書いてある機体があり、拡大してみると“Klong Peeper”と読めるのですが、タイの運河を表すKLONGか? PEEPERは分りますよね
>飛行浪人さん
前回のNo.6239でチラ見で気を引かせて、ドーンときましたね この時代のANGはサイコーです


Re: F-101 Voodoo Part.4 Name:DET-K Date:2012/04/28(Sat) 10:06 No.6268
64年厚木の三軍記念日に展示された三沢の45TRS RF-101C 56-0066です。
この年はセンチュリーシリーズ F-100、F-105などが展示されました。



この64年は東京オリンピックが開催された年でもありますね。
こちらのBBSUにご参加される約半数の皆様?にとっても思い出深いイベント
だったと存じます。

そこで「東京オリンピックと羽田空港」のスライドショーをこの機会に作りました。
羽田と言えば、なんといってもN.SUZUKIさんですよね。(geta-oさんも凄いですね)

多くの写真をN.SUZUKIさんに提供いただき編集いたしました。よろしかったらご覧下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=_ONRTb9yk5g&feature=youtu.be

また上記の64年の三軍記念日もN.SUZUKIさんの写真と合わせ製作中です。
BBSUセンチュリーシリーズ中にはご紹介できるかもしれません。

追記、厚木でRF-101Cを撮った記憶があります。見つかりましたら投稿いたします。

Re: F-101 Voodoo Part.4 Name:Cranberry01 Date:2012/04/28(Sat) 10:17 No.6269
広江さん、皆さんおはようございます。
>det-Hさん、RF-101AとRF-101Cは全く同じように見えるのですが、外見上一箇所だけ異なるところがあります。それは垂直尾翼の前縁上部の小さな突起です。何かの為のAir Intakeなのですが詳細はわかりません。
A型及びその派生型にはその突起はなく、B型(派生型を含む)以降取り付けられました。
CF-101については両方あるようですが、初期の型にはなく、後刻取り替えられたUp Date型にはあるようです。USAF機を転用したせいだと思います。


Re: F-101 Voodoo Part.4 Name:MIDWAY世代 Date:2012/04/28(Sat) 12:55 No.6272
今週訪問しているRobins AFBにヴードゥーも展示してありましたので。参考で掲示しますね。

Re: F-101 Voodoo Part.4 Name:MIDWAY世代 Date:2012/04/28(Sat) 12:56 No.6273
偵察仕様も展示がありました。

Re: F-101 Voodoo Part.4 Name:ITAZUKE-1 Date:2012/04/28(Sat) 15:20 No.6274
広江さん 皆さん こんにちは
1968年8月15日板付R/W16手前の誘導路でピン抜きを終えた RF-101G 154TRS 0-41453です。
パイロットにそこから移動しろと手を振って合図されましたが、無視していると お尻向けたと思ったらエンジンをゴ−と吹かされて あわてて逃げた記憶があります。


Re: F-101 Voodoo Part.4 Name:ITAZUKE-1 Date:2012/04/28(Sat) 16:01 No.6275
1968年9月30日 板付R/W16に降りる RF-101G 154TRS 0-41455です。

>広江さん RBのT/L付きをはじめて見たのは 1968年10月20日 最後に見たのは1969年3月21日(この日はRB RG T/Lなし 混在していました。 192TRSはDET.の記述もありますのでそのせいか機数は少なかったです)
RGのT/Lをはじめてみたのは1969年2月9日 最後に見たのは1969年4月19日18機です。 残念ながら帰還機数は把握しておりません。
所属部隊はT/L RBは192TRS T/L RGは165TRSでよいと思います、今では確認する方法もないのではないでしょうか?
B-66 B-57系については広江さんの体力しだいでお任せいたします。 空軍機を続けると気力、体力消耗するでしょうから 


Re: F-101 Voodoo Part.4 Name:THUD Date:2012/04/28(Sat) 17:38 No.6276
1968年10月離陸のため横田IHI側の誘導路をタキシングするRF-101G(41453)です。
>det.Hさん
当時空軍機といえば銀ピカかエアクラフトグレーのイメージがありましたから航空誌で初めて迷彩塗装を見たときは驚きました。しかしこの初期迷彩ブードゥーを何度か撮られているのですか!私はこのときだけでした。では毎度お馴染みのセリフを・・・ウラヤマシ〜(笑)


Re: F-101 Voodoo Part.4 Name:THUD Date:2012/04/28(Sat) 17:41 No.6277
↑のときは2機出てきました。もう一機の(54481)です。

Re: F-101 Voodoo Part.4 Name:geta-o Date:2012/04/28(Sat) 20:10 No.6279
佳境に入ってきたF-101ですが今回調べてみましたらあまりいい写真がないことが分かりました。
ということで今日の一枚目は最初にUPしたアーカンソーのRF-101G(54-1464)が目面しくドライブイン前をタキシングしたときの写真。RF-101Gは通常タワー脇に駐機することが多く石播側をタキシングすることが多かったと思います。


Re: F-101 Voodoo Part.4 Name:geta-o Date:2012/04/28(Sat) 20:12 No.6280
2枚目もタキシング
1963.05.19の横田3軍に展示するためD-EからR/Wをクロスするためタキシング中のRF-101C(56-0061)
多分三沢の機体です。


Re: F-101 Voodoo Part.4 Name:すっかいうおりゃ Date:2012/04/28(Sat) 20:43 No.6281 ホームページ
広江さん皆さんこんばんは!活動していた頃のF-101は、RFも含み見たことがありませんが ブドゥー教をもじったパッチが好きで カメラバックに貼っています。皆さんの写真を拝見すると日本でも相当数のF-101系が活動していたことを知り 改めて勉強になります。私もこの趣味の世界で35年ですが 先輩方の写真を拝見すると35年でも口ばしが黄色い部類に入ってしまうのかなと 奥の深さを痛感しています。また 台湾のRF-101になりますが A型とC型を使っていたようで A型は、8機を使っていたとされています。1枚目は昔の中正空港近くにあった航空博物館展示のRF-101Aです。序号5660は、S/N 54-1505と思われます。

Re: F-101 Voodoo Part.4 Name:Gulf4 Date:2012/04/28(Sat) 21:04 No.6282 ホームページ
1960年代終わりの横田や板付は、地方に住んでいる学生には遠い遠い存在でした。
実機を撮るチャンスはありませんでしたが、宮城県上空を飛ぶ姿は何度か見ています。
これで4機目になりますが、またまたCAFのCF-101B(101034)。
前回の写真で部隊マークが分からなかった様ですが、これなら良く見えますね。
1979年8月アボッフォード航空ショーで撮影。


Re: F-101 Voodoo Part.4 Name:Gulf4 Date:2012/04/28(Sat) 21:09 No.6283 ホームページ
これが部隊マークのアップで、409SQのマークになります。適当な大きさがあるので
ヨーロッパの軍隊と比べても、それなりに魅力があると思います。


Re: F-101 Voodoo Part.4 Name:N.SUZUKI Date:2012/04/28(Sat) 21:12 No.6284 ホームページ
広江さん 皆さんこんばんは
 1976年2月オクラホマのティンカーAFBで撮った アーカンソーANGのRF-101Cです。68年板付に来た当時は、RF-101G型を使用していましたが、その後の機体です。


Re: F-101 Voodoo Part.4 Name:すっかいうおりゃ Date:2012/04/28(Sat) 21:12 No.6285 ホームページ
もう一枚は、空軍博物館に展示してあったRF-101Aです。現役時代 このような迷彩であったかどうかは不明です。1959年から台湾に供与され1970年まで使われていたようで 少なくとも薄いグレー色で塗られた時期は、よく大陸への偵察活動に従事し 1964年12月18日に序号5651 S/N54-1501は、浙江省沖でMig-17に撃墜されています。展示の機体 序号5658のシリアルは、スライド原版を日本においたままですので 読み取りができませんが ネットで調べましたら S/N54-1506のようです。供与されたのは54-1498、54-1499、54-1501、54-1503、54-1518などがあると言われていますが 詳細は分かりません。

Re: F-101 Voodoo Part.4 Name:広江 Date:2012/04/29(Sun) 08:50 No.6287 ホームページ
>飛行浪人さん
私の大好きなANGを温存しましたねぇ〜(笑)。ありがとうございます。
111FIS/TX ANGは一目でテキサスと分る塗装ですが、136FIS/NY ANGの垂直尾翼の塗装が気になります。
136FISヴードゥーに鳥(白頭鷲?)のようなマークが大きく描かれていたのは末期の姿なのかな?。

>det.Hさん
“Klong Peeper”の文字の間(右上)には、何か絵らしきものも描かれてるように見えます。
7機中、貴重な1機に遭遇するとは幸運です。ところで部隊は何処と推測したらイイのかな?(^_^;
しかし、F-14 TARPSが“Peeping Tom”と呼ばれるほど“Peep”は偵察機の代名詞なんですネ(笑)

>DET-Kさん
N.SUZUKIさんからも紹介された厚木でのRF-101の姿ですね。
今回は「東京オリンピックと羽田空港」のスライドショーの紹介ですネ。
「1964年の厚木基地三軍記念日」は楽しみです。私の記憶を蘇えらせたいです(笑)

>Cranberry01さん(No.6269)
RF-101AとRF-101Cの外見上の見分け方のポイント、下のMIDWAY世代さんのNo.6273鑑定でも役立ちました。
用途はともかくとして、これだけ差があるとは今まで気づきませんでした。
しかし話しが外れますが、下のNo.6273の台湾空軍塗装とS/No.の不一致には、いつもながら悩まされます。

>MIDWAY世代さん
あらっ、ちょうどよい題材を仕入れることができましたね。
今回はカメラ持参で出張した甲斐がありましたね(笑)
外見上のS/No.からは、No.6272はF-101F 58-0276、No.6273はRF-101C 56-0229と思ってしまいますが、
No.6273はRF-101A 54-1518らしい?。しかし、54-1518は台湾空軍時代の1965年3月18日に墜落説もあります。
このあたりまでが、私の知識では限界か・・・(笑)

>ITAZUKE-1さん
そういえば、私も横田や嘉手納でのピン抜き作業をよく目撃(撮影)しました。
その後は、確かに危険が伴います(笑)。昔はフェンスの近くを転がりましたしね。
BBS II Gallery化にはスポッターの私(笑)としては見たまま重視で進めます(笑)
B-57, B-66系は、私のボケ防止特効薬として前向きに・・・(笑)

>THUDさん
geta-oさんのコメントのように、石播側を転がるショットですね。
近くて綺麗なショットが撮れる撮影ポイントですが、午前限定が、ちょっと厄介でしたね。
撮影は1968年10月末でしょうか・・・。既に192TRSの[RB]レターが書かれてますね。
先遣要員が前部隊機で飛ぶことはしばしばありましたが、レターまで書き入れるとは気が早い(笑)

>Cranberry01さん(No.6278)
IOCを確立するためにも部隊(航空団)ごとに生産機を引き渡すのは、今も昔も同じだと思うので、
FY1956のRF-101Cを15TRSから配備し、その次に45TRSに配備していったと推測できる分析ですね。
当時のブロック毎の差は分りませんが、その後の改修などでブロック毎の差は顕著ではなくなり、
また事故損失での補充で、いわゆる“ひとかたまり”のS/No.の規則性は崩れていったと思います。

>geta-oさん
Cranberry01さんの分析によれば、No.6280は三沢の45TRS所属機の推測は間違いないでしょうね。
『あまりいい写真がない』との事ですが、私にしてみれば充分なカットです。
ヴードゥーはgeta-oさんにとって、あまり相性が良くなかったのでしょうか(笑)

>すっかいうおりゃさん
謎多くブラックボックス的な国の運用には、いつも悩まされます。
RF-101Aは8機ですか・・・。背中の番号(台湾のS/No.?)が連番でないのも悩みのタネです。
台湾空軍RF-101Aは米空軍のベトナム迷彩で飛ぶ当時の姿がネットで見つかりました。
供与された詳細が分りませんが、うち54-1518はMIDWAY世代さん紹介のNo.6273と思われます。

>Gulf4さん
クーガーではなく409Sqnでしたか。やはり慣れない事をすると火傷します(笑)
プエブロ号拿捕事件は私が中3時代の出来事です。
もちろん雑誌で見て知り撮りたいとは思いますが、当然、私は厚木に行くのが精一杯。
板付で撮られている方々と私との年齢の差は僅かですが、成果の差は大きいです。

>N.SUZUKIさん
現役部隊から退いたRF-101Cが他のANG部隊同様に、154TRSにも配備されたのでしょうね。
日本国内以外のRF-101Cの紹介は少ないのでS/Noが気になりますが、アングル的に不明でしようか。
脚カバー等々、何処かに下3桁でも書かれてればヒントになるのですが(^_^;

>皆様
ここはクローズし、新たにPart.5を立てます。





F-101 Voodoo Part.3 Name:Takafumi Hiroe Date:2012/04/27(Fri) 08:01 No.6238 ホームページ   
>皆様
私、F-100よりも馴染みが薄いのかな?と勘違いしていたのでしょうか・・・。
皆さんのスタートダッシュのパワーに驚いてます。
引き続きヴードゥーの話題をお待ちします。

Re: F-101 Voodoo Part.3 Name:飛行浪人 Date:2012/04/27(Fri) 09:27 No.6239
>広江さん、皆さんこんにちは。
今日はWT80に参加したカナダのCF−101Bです。
いろいろ調べたのですが部隊名が出て来ません。(-_-;)
まずは通常塗装です。


Re: F-101 Voodoo Part.3 Name:飛行浪人 Date:2012/04/27(Fri) 09:31 No.6240
続いてはこの1機だけシルバーコーティングされていました。
近くの隊員に聞いておけば良かったと後悔しています。1980年10月中旬です。
この年のブードーは3個飛行隊が参加しました。


Re: F-101 Voodoo Part.3 Name:ET Date:2012/04/27(Fri) 09:42 No.6241
広江さん、皆さん、お早うございます。
右半分に黒覆面の余計なモノが写っていますが1960年5月21日横田の三軍で展示エリアの対面の光景です。
RF101は左から56-0054,56-0053及び004X(しか判読出来ない)です。F101はこの日しか縁がなかったです。


Re: F-101 Voodoo Part.3 Name:ET Date:2012/04/27(Fri) 09:46 No.6242
続いて別の角度から56-0053とタキシング中のF8(尾翼の記号はSS6882)を撮ったものです。何せ標準で撮ってトリミングしているので鮮明さに欠けていますがあしからず。

Re: F-101 Voodoo Part.3 Name:toksans Date:2012/04/27(Fri) 09:47 No.6243
>広江さん、皆さんおはようございます。
F-100では撮影日でいろいろお騒がせしましたが、プエブロ事件で現役復帰した州兵飛行隊154TRSのRF-101G 54-1460です。1968年8月26日板付で撮影。
“The Pueblo Call-Up”と言う文書によると、この事件で現役復帰したRF-101飛行隊の板付への派遣は次のようになります。
1968.1.26:ケンタッキーANGの123TRW(165TRS)、ネバダANGの152TRG(192TRS)、アーカンソーANGの189TRG(154TRS)が現役復帰。
1968.6.24:154TRSの先遣隊5名が板付に移動。
1968.7.12:165TRSと192TRSがミズーリ州Richards-Gebaurへ本拠地を変更。
1968.7.20:154TRSの増員が板付へ移動。
1968.7.23:RF-101G 20機が154TRSの機材として板付へ移動。
1968.11.1:192TRSが先遣隊を板付に派遣。
1968.11.12:154TRS本国帰還を開始。同月20日に移動を終了。
1968.11.16:192TRSが板付での任務を引き継ぐ。
1968.12.20:189TRG(154TRS)が現役復帰を解かれアーカンサスANGの指揮下に入る。
1969.1.15:165TRSの先遣隊が板付に移動。
1969.1.25‐2.2:165TRS本体が板付に移動。
1969.1.27‐2.3:192TRS、本国へ帰還。
1969.1.29:165TRSが板付の任務を引き継ぐ。
1969.4.20:165TRSが本国帰還を開始。
1969.4.22:板付出発に際しBill Seiber大尉のRF-101G 54-1459が離陸途中で炎上するも大尉は無事。
1969.6.9:123TRWが現役復帰を解かれケンタッキーANGの指揮下にもどる。


Re: F-101 Voodoo Part.3 Name:toksans Date:2012/04/27(Fri) 09:48 No.6244
同じ日に板付で撮ったRF-101G 54‐1468です。写真では操縦士が手を振ってくれていますが、他にも給油棒を出してくれたりと結構サービスしてくれたことを思い出します。
>geta-oさん、横田で撮ったF-100F 56−3897はgeta-oさんの言われる日付で間違いありません。混乱の原因は1968年の夏と1969年の春に板付に行っているのに、1968年の記録しか残っていなかったのが理由でした。
>Gulf4さん、私はF-101では複座のB型が一番好きでした。日本では撮れないADCの所属だったこともありますが。


Re: F-101 Voodoo Part.3 Name:A-330 Date:2012/04/27(Fri) 10:16 No.6245
広江さん 皆さんおはようございます。

>toksansさん、#6243でRF-101板付配備に関するご丁寧な解説有難うございます。54-1459アクシデント時のパイロット名まで分かるとは思ってもいませんでした。早速コピー保管させていただき大切な資料にさせていただきます。

69年1月? 国有地から撮影した RF-101G RG 54-1462 です。

追記:記述内容を訂正します。ITAZUKE-1さんから#6275で確かなRB,RGレター書き入れ時期情報を頂きました。よってA-330が紹介した全ての写真の撮影時期は、正月休暇ではなく年度末休暇時の69年3月と訂正します。

>ITAZUKE-1さん
お蔭様で正しい撮影日を確認することができました、有難うございました。


Re: F-101 Voodoo Part.3 Name:A-330 Date:2012/04/27(Fri) 10:18 No.6246
2枚目はインテイク部に赤いラインを書き込んだ RF-101G RG 54-1452 撮影日は同日です。

27TFW所属のF-101A型が一回だけ板付に飛来したとの文を航空雑誌で読んだことがありましたが、どなたか撮影されていませんか?是非拝見したいです。


Re: F-101 Voodoo Part.3 Name:K-Barian Date:2012/04/27(Fri) 11:40 No.6247
広江さん、皆さんおはようございます。
>広江さん、そうなんです。NAVYとAFではDettachmentの構造がかなり異なります。前者の場合はほぼ恒久的なものでしょうが、後者の場合は一部を除いて殆どが一時的です。紛争予想地域への進出はまずSEAL,GREEN BERET,空母ですが、AFの進出が可能な場合は、アメリカ本国のTAC部隊のTDYと言う形を取ります。更に駐留が長引く場合には、現地に管理部門を含めた基幹部隊(多くの場合4桁の部隊名が与えられしばしばPROVISIONALと言う語が付け加えられる事があります。)が作られ、将兵も寄せ集めです。その場合に偵察や救難などの様に部隊の一部だけを進出させる場合にDET-XXと付けられる事が多いです。朝鮮戦争、ヴェトナム戦争の時にはこの手法が多く取られました。
1960年初頭、日本に飛来したTACのマーク付きのRF-101Cは殆どが363TRW(Shaw AFB)だとほぼ断定できるでしょうが、TRSまでは限定するのは難しいと思います。同じ機体がTACのマークを消した後の事は、果たして363TRW,33TG,460TRWなのかはTail Codeが入るまでは非常に不確定だと思います。余談ですが1950年半ばにはVU-5のJD-1がDETとして板付基地に居たそうです。何をしていたのですかね?
>飛行浪人さん、CF-101Bの尾翼のマークはRCAFのDefence Commandのマークです。1980年のWTでは混成部隊で参加していましたの全て塗り替えていました。


Re: F-101 Voodoo Part.3 Name:geta-o Date:2012/04/27(Fri) 12:42 No.6249
ヴードーいかにもマクダネルらしい名前ですね。
皆さんの写真を見ていると、あの時、あの場所が思い出されます。
今日の1枚目は1964年11月3日の入間航空ショーの会場上空をフライパスする3機のRF-101C
L:56-0075 RW:56-0081 LW:56-0080。多分三沢の機体と思います。
#6219の56-0048も多分三沢の機体と思いますが確証はありません。


Re: F-101 Voodoo Part.3 Name:geta-o Date:2012/04/27(Fri) 12:43 No.6250
2枚目は皆さんがUPしている66年の横田の3軍でのスナップ。56-0175
写真偵察機に負けずにカメラで捕まえました。フロントのカメラFairchild KA-2のレンズが見えますかね。


Re: F-101 Voodoo Part.3 Name:N.SUZUKI Date:2012/04/27(Fri) 13:29 No.6251 ホームページ
広江さん、皆さんこんにちは、
 板付でのRF-101G(RB459.RG479)で、撮影は1969.3.20日R/W16側からのローパスです。
 RB459(54-1459)は、No6204で紹介されたRGレター(69.4.22Crah)の機体です。当時は帰還が近いこともあり、RG、RB、ノーマークとも盛んに飛んでいました。


Re: F-101 Voodoo Part.3 Name:N.SUZUKI Date:2012/04/27(Fri) 13:32 No.6252 ホームページ
続いてはRF-101G(RG 54−1459)で、撮影は1969.3.20板付R/W16側です。

Re: F-101 Voodoo Part.3 Name:ITAZUKE-1 Date:2012/04/27(Fri) 16:02 No.6254
広江さん 皆さん こんにちは
1968年8月14日板付R/W16離陸待ちのRF-101G 154TRS 0-41451です。機首に鳥?の絵が描いてありますが、最後まで何かわかりませんでした。 この機体は本国帰還後 1970年8月3日失われています。
No.6216の0-41449は1968年11月14日 板付南の小郡市に墜落しています。



Re: F-101 Voodoo Part.3 Name:ITAZUKE-1 Date:2012/04/27(Fri) 16:11 No.6255
1968年8月15日 板付のホットエリアでエンジンテスト準備中のRF-101G 154TRS 0-41452です。
後方のEB-66Eはシ−トがかぶせてあり 飛びそうにもありませんでした。


Re: F-101 Voodoo Part.3 Name:THUD Date:2012/04/27(Fri) 18:01 No.6256
すでに皆さんからいろいろ紹介されている66年の横田三軍のRF-101Cですが一応カラーで撮ってました。
とはいってもカビ+退色+ハーフサイズの最強(最凶)コンボ(笑)
お見苦しいのはご容赦を m(__)m


Re: F-101 Voodoo Part.3 Name:THUD Date:2012/04/27(Fri) 18:12 No.6257
1967年6月横田Rwy36でチェックを終え滑走路に向かうRF-101Cです。すみませんが両機共s/nは判読できませんでした。

Re: F-101 Voodoo Part.3 Name:Gulf4 Date:2012/04/27(Fri) 21:04 No.6258 ホームページ
☆のマークは撮っているのですが、地震の時に写真が散乱して、その後も放置した状態が続いています。
したがって楓のマークが続きます。1979年8月アボッツフォード航空ショーで撮ったCF-101B(101026)。
プレスパス入手前なので、素直に観客席から。列線には(101034,101042,101057)が並んでいました。


Re: F-101 Voodoo Part.3 Name:det.H Date:2012/04/27(Fri) 21:31 No.6259
広江さん 皆さん こんばんは
今からおよそ4~50年前の記録が次から次と出てくる出てくる!! すばらしいー
↓はTHUDさんがNo.6205で出されたのと同じ機体、初期迷彩56-0228です 前回スレのスーパーセイバーの時に出した大挙飛来時に一緒に上がっていきました このとき以外にもう一度撮ったプリントがあるのですが、ネガが見つかりません 
>THUDさん、この迷彩は何度も見ていないのに印象に残りましたね


Re: F-101 Voodoo Part.3 Name:det.H Date:2012/04/27(Fri) 21:32 No.6260
この機体、↑と同じ初期迷彩ですが、な、なんとRF-101Aでした! 当時も気付いていたのかどうか?記憶がありません 外観上はCと変わりなく見える為、S/No.を調べていて気付きました 貴重種?

Re: F-101 Voodoo Part.3 Name:Straight Wings Date:2012/04/27(Fri) 22:43 No.6262 ホームページ
広江さん 皆さん こんばんは。
さすがに色々出てきますね!
コレはセンチュリシリーズとまとめて初対面した1964/5/17の横田三軍記念日の撮影です。101だけが戦闘機臭さがなくて異色の印象を受けたような気がします。大きな飛行機だったのでオリンパスペンの広角気味のレンズでも全体を入れるのに苦労したのでしょう。RF-101C s/n 56-0207、バズナンバーが胴体中央部下にチラッと見えます。普通は胴体側面ですが、そこしか書く場所がなかったのかな。


Re: F-101 Voodoo Part.3 Name:Takafumi Hiroe Date:2012/04/28(Sat) 05:53 No.6263 ホームページ
>飛行浪人さん
私も知識不足ながら部隊を調べていたところ、K-Barianさんから明解な答えが出ました。
ただ残念なことに、RCAF ADCのインシグニアまでは、たどり着くことが出来ませんでした。
No.6240の銀の機体は、私はヴードゥーらしさを感じます。

>ETさん
紹介画像は短期間の時代を捉えた貴重な記録ショットですね。
しかし脇役(?)が気になる・・・。右端の黒覆面は次の出番待ちでしょうか
私達はRA-3B運用時代は『バップ61』と読んでいた“SS”は、短期間のVCP-61時代ですネ。

>toksansさん
色々な“Call-Up”の資料を漁ってますが、プエブロ事件後の動向は未発掘でした。
ローテーションは、約4ヶ月の165TRSと約2ヶ月の192TRSと期間に差があるのですね。
今のUDPでも時々ある人員のみ交代は、オーバーラップする時期はマニア的に混乱しますネ(笑)

>A-330さん
1969年1月中旬以降の撮影の場合、192TRSと165TRSの交代時期に重なりますが、
外見上では165TRS[RG]なので、No.6202から一連の紹介画像と同一日とすると、
1969年の正月休暇での撮影ではなく、2月以降の撮影かもしれませんね。
もっとも、交代前にレターを書き換えて飛ぶケースも、極まれにありますが・・・。

>K-Barianさん
詳細な解説、ありがとうございます。断片的なキーワードが繋がってきました。
厳密に言うと違うかもしれませんが、USNのDETにも恒久的と一時的の二通りがあるようです。
私の推測ですが、OIC抜き(?)の演習等々の数機の一時派遣も『DET』と称してます。
しかし、JESのEA-6Bが忙しくローテーションに乱れが生じた時、
一時的に空母搭載VAQ部隊の半数機がサウジアラビア等の陸上基地に展開します。
この時のDETは恒久的ではなくJESローテーションの谷間を埋めるべく米空軍と同様の一時的なDETです。
つまり定義づけは難しく、『基本的には・・・』とは裏腹の例外が付き物のようですね。
VU-5のDET.板付は、何かの演習がらみで厚木からJD-1少数機が一時的に板付に展開したのかな???。

>geta-oさん
そういえば、入間の航空ショー(かな?)で各種米空軍機がフライパスした記憶が・・・。
今回のセンチュリーシリーズに登場する機体ばかりだったような・・・。
しかし小さな手札サイズにプリントは何処かに仕舞い込み、ネガも見つからず記憶は確かではありません(笑)

>N.SUZUKIさん
1969年3月でも[RB]レターが飛んでいたのですネ。
外見上だけからは192TRSを否定することはできず、BBS II Gallery化の表現に悩みます。
今でもよくあり、VQ-2 EP-3EをVQ-1が飛ばした時、VP-16 P-3CをVP-1が飛ばした時、共に悩みました(笑)

>ITAZUKE-1さん
ワンポイントのマークは気になりますネ。最後まで確認できなかったのは歯がゆいでしょう。
54-1449の1968年11月14日の事故は知りませんでしたが、20機のうち帰国は18機ですか。
そういえば、背景に写るB-66系、そしてB-57系も、いつかは話題にしないと駄目ですかネ(笑)

>THUDさん
日本で確認されたRF-101Cは、銀ピカから迷彩、それに加えてグレーは小数機?。
紹介の56-0175のその後の姿、迷彩?は確認されてないのでしょうか・・・。
No.6257のS/No.は残念ですが、貴重なショットに軍配を上げます。

>Gulf4さん
大震災時の片付けは、まだ終わりませんか・・・。大変ですね。ご苦労様ですm(_ _)m
紹介の機体のマークがよく見えないのですが、クーガーのマークの410Sqnでしょうか。
米海軍に慣れ親しんだ私は、カナダや英国系の部隊マークは、どうもピン!ときません。

>det.Hさん
いやいやぁ〜、det.Hさんからも次から次と出てくる・・・。
こま国籍マークの大きいタン抜きの変則迷彩機は、けっこう多いのにも驚きました。
No.6260のRF-101Aにも驚きですが、この話題を開催した甲斐がありましたね。

>Cranberry01さん
はじめまして。強力な助っ人(失礼m(_ _)m)の参戦です。F-101F後席から撮られたショットですね。
詳しく伺うと答えられないかもしれませんが、2FITSでは何かの訓練を???。
『Cranberry』、何処かで聞いたことのあるようなコールサイン?記憶違い?。
ありがとうございます。引き続き貴重な話題をお待ちしますm(_ _)m

>Straight Wingsさん
センチュリシリーズまとめて見る事のできた1964年の横田基地三軍記念日・・・。
記憶も記録も、そして当然のごとく画像も残ってないのが悔しいです。
ヒコーキ好きの親父に度々フェンス際にも連れてってもらった小学生時代の思い出に残ってない(笑)

>皆様
ここはクローズし、新たにPart.4を立てます。





F-101 Voodoo Part.2 Name:Takafumi Hiroe Date:2012/04/26(Thu) 06:47 No.6214 ホームページ   
>皆様
引き続きヴードゥーの話題、国内外・国籍問わず、お待ちします。
なお、先行きの見えない話題ですので、以降も連貼り2枚まで可で進めます。
ところで、厚木でヴードゥーの姿を見れたのでしょうか・・・。私は写真すら見つかりません。

Re: F-101 Voodoo Part.2 Name:ITAZUKE-1 Date:2012/04/26(Thu) 07:19 No.6215
広江さん 皆さん お早うございます。
1968年10月10日 板付R/W16に降りる RF-101G 154TRS 0-41445です。


Re: F-101 Voodoo Part.2 Name:ITAZUKE-1 Date:2012/04/26(Thu) 07:34 No.6216
1968年8月14日 板付R/W16手前で離陸待ちの RF-101G 154TRS 0-41449です。
垂直尾翼にはANGのシ−ルを消した跡とARKの文字が読めます。

154TRSは1968年7月23日本国を出発(20機?) 板付には1968年7月27日土曜日到着 17機は確認できました。
(着陸には間に合わず 数を確認しただけです)


Re: F-101 Voodoo Part.2 Name:飛行浪人 Date:2012/04/26(Thu) 08:26 No.6217
>広江さん、皆さんこんにちは。
予定された進行状況ですね。
国内編を先に行こうと思ったのですが、広江さんのリクエストに方針変更。(笑)
Gulf4さんと同じくアボッツフォード、1980年8月です。私はこのちょっと後姿がお気に入りです。前から見るとごつい感じでも後ろから見ると見返り美人?


Re: F-101 Voodoo Part.2 Name:geta-o Date:2012/04/26(Thu) 08:45 No.6218
未だ学生時代の春休み先輩諸氏と連れ立って横田に写真撮影に行きました。
箱根ヶ崎で離陸の写真を撮っていると上空を当時でも珍しかった2機のRF-101Cがフライパス。


Re: F-101 Voodoo Part.2 Name:geta-o Date:2012/04/26(Thu) 08:46 No.6219
徒歩での撮影行でしたが着陸までは2〜30分の時間があると見て急遽箱根ヶ崎駅からタクシーを相乗りし36側に移動何とか着陸に間に合いました。
機体はノ−マークのRF-101Cの56-0042と56-0048でした。
ということで写真は56-0048 1964.03.23横田


Re: F-101 Voodoo Part.2 Name:N.SUZUKI Date:2012/04/26(Thu) 09:12 No.6220 ホームページ
広江さん 皆さん こんにちは
 厚木での RF-101C(56−0066)1964年5月三軍記念日での公開です。


Re: F-101 Voodoo Part.2 Name:toksans Date:2012/04/26(Thu) 09:19 No.6221
広江さん、皆さんお早うございます。
1966年2月19日に横田に降りたもう一機のRF-101C 56-071です。所属部隊は不明ですが主脚扉に描かれている獅子?のマークが何かの参考になるかもしれませんが、よく判りません。


Re: F-101 Voodoo Part.2 Name:toksans Date:2012/04/26(Thu) 09:20 No.6222
RF-101C 56-071の次のショットです。

Re: F-101 Voodoo Part.2 Name:N.SUZUKI Date:2012/04/26(Thu) 09:20 No.6223 ホームページ
続いて、三軍記念日での公開、1966年 横田でのRF-101C(56−0175)です。
 公開中ですが、出発に備えての整備、液体酸素の補充等が真近で見られました。


Re: F-101 Voodoo Part.2 Name:A-330 Date:2012/04/26(Thu) 10:21 No.6224
広江さん、皆さんおはようございます。

皆さんすごいスタートダッシュですね。

>K-Barianさん
早速のご教示ありがとうございます。1459機が離陸時に機首上げ姿勢を保ったまま機体の何倍もの大きな炎に包まれながら加速する衝撃的な写真を写真ニュースで見たときは驚きました。原因は車輪の収納タイミングが早すぎた為に機体下の増槽タンクがR/Wに接触して大きな炎となったと記載されていましたが、パイロットがまったくの無傷だったのは救いですね。

前回と同じ機体の続きのショットで RB 54-1459 を

追記:記述内容を訂正します。ITAZUKE-1さんから#6275で確かなRB,RGレター書き入れ時期情報を頂きました。よってA-330が紹介した全ての写真の撮影時期は、正月休暇ではなく年度末休暇時の69年3月と訂正します。

>ITAZUKE-1さん
お蔭様で正しい撮影日を確認することができました、有難うございました。


Re: F-101 Voodoo Part.2 Name:A-330 Date:2012/04/26(Thu) 10:23 No.6225
連貼り2枚まで可とのことですので、同日に撮影したスナップを

Re: F-101 Voodoo Part.2 Name:det.H Date:2012/04/26(Thu) 16:47 No.6226
広江さん 皆さん こんにちは
私がエンドに展開しだした頃はもうブードー(101C)は貴重種で、遭遇したチャンスは僅かしかありませんでしたが、その前までの三軍では常連でしたね グレーになっていてあまり魅力を感じなかったのか展示機のまともな写真があまりありません 今見るとその時代の風俗写真の様でいいですね〜 
広江さん、書き方がわるく誤解を与えてしまいましたが、Toksans氏と同じ時に撮った写真です なぜか私の記録が違っていたのですが、1966年2月19日は土曜、晴、20日日曜日は曇り、で写真を見ると晴れていますね〜 (^_^;
これら56-0071,0225の2機は45thTRS(460thTRW)所属と記述してあるWeb.がありましたが、確証はアリマセンです


Re: F-101 Voodoo Part.2 Name:det.H Date:2012/04/26(Thu) 16:48 No.6227
この56-0225は翌67年9月8日、UH-1Dと衝突、Crashedの記録があります

Re: F-101 Voodoo Part.2 Name:Gulf4 Date:2012/04/26(Thu) 18:20 No.6228 ホームページ
魅力のある飛行機は、前から見ても、後ろから見ても、どちらも魅力的ですよね。
飛行浪人さんは「お尻」から見るのが、お好きな様ですが(笑)、正当派なので正面から見た写真を。
「一人乗り」は格好が良いのですが、残念ながらカナダで使われたのは「二人乗り」だけ。
ただ、戦闘機にしては異色とも思える「赤い稲妻」の標準塗装は魅力的でした。
飛行浪人さんが直前でアボードし、一人でカナダに「放り出された」1979年8月アボッツフォードで
撮ったCF-101B(101042)。デモフライトのためにタキシーアウトしたところです。
2台カメラを持っていたら、簡単にプレスパスを入手し、良い場所から撮れました。


Re: F-101 Voodoo Part.2 Name:THUD Date:2012/04/26(Thu) 18:36 No.6229
1966年12月C-124Cの着陸を待って18エンドでホールドするRF-101C(56-0180)
>広江さん
363TRWはトンキン湾事件以後タンソンニュットにTDYされていたと思います。


Re: F-101 Voodoo Part.2 Name:THUD Date:2012/04/26(Thu) 18:41 No.6230
↑の続きで離陸後確か1時間程のローカルを行って着陸しました。これはその着陸シーンです。

Re: F-101 Voodoo Part.2 Name:PAPPY Date:2012/04/26(Thu) 21:20 No.6232
広江さん、皆さんこんばんは。
広江さんがオープニングで紹介の RF-101G 54-1461 入間基地で第2回東京航空宇宙ショーとして1968年10月10日から13日までの4日間開催されました。時間は若干かかったと思いますが望遠で撮った左側を。


Re: F-101 Voodoo Part.2 Name:PAPPY Date:2012/04/26(Thu) 21:21 No.6233
もう一枚近接を。


Re: F-101 Voodoo Part.2 Name:K-Barian Date:2012/04/26(Thu) 23:34 No.6235
RF-101G s/n54-1463 1968年8月
板付基地に派遣されてまもなくの撮影です。


Re: F-101 Voodoo Part.2 Name:K-Barian Date:2012/04/27(Fri) 00:30 No.6236
広江さん、皆さん今晩は。
F-101はやはりRF-101Cが一番カッコイイですね。
>1960年当時363TRWはUSAF唯一のTactical Reconnaissance の親部隊で、RF-101とE/RB-66のCombat Crew Training も行っていました。板付基地に派遣されたE/RB-66もこの部隊からのDetachment-1でした。1960年初期にタイやヴェトナムに派遣されたのは傘下のSquadronから少数単位でのTDYで、現地で創設されていた臨時部隊(PROVISIONAL)等にAttachされていました。363TRWはShaw AFBに留まったままでした。
板付基地のR/W15のオーバーラン(基地南側)には県道が横切っており、着陸時には鉄道踏み切りと同じ信号が設置されていました。
RF-101G s/n 54-1476, 1969年3月。


Re: F-101 Voodoo Part.2 Name:Takafumi Hiroe Date:2012/04/27(Fri) 08:00 No.6237 ホームページ
>ITAZUKE-1さん
プエブロ号拿捕事件の後の米軍の対応は素早く厚木にもその影響が多少ありましたが、
板付にANGのRF-101Gが派遣されたのを当時の記事で読み大変に驚きました。
20機の到着とは壮観だったでしょうねぇ〜。しかし、間に合わなかったとは残念でしたね。

>飛行浪人さん
方針変更、ありがとうございます(笑)。国内でのヴードゥーにまつわるお話しも楽しみです。
ヴードゥーは今まで紹介された機種に比べて、私は、まだ格好良さが見出せません(笑)
確かに後姿も良いかもしれませんが、排気口は、ちょっと異様(^_^;ですよね。

>geta-oさん
貴重なヴードゥーに遭遇したお話し、geta-oさんの青春時代が思い浮かびます(笑)
No.6219の着陸ショットには美しさを感じますが、No.6218の下から見た平面形は・・・です(笑)
ところで、PACAFのマーク付ですね。三沢か嘉手納からの飛来でしょうかね。

>N.SUZUKIさん
1964年の厚木三軍記念日でRF-101Cが展示されましたか・・・。記憶はのこってません。
なんせ、まだ独り立ちできず(笑)親父に連れられていった年、記録もしてません(^_^;
ヴードゥーの展示は、厚木は1964年が最後?、横田は1966年が最後?、以降の私の記憶がない(笑)

>toksansさん
真冬の午後の18降りでしょうか・・・。綺麗なショットですね。
主脚カバーの獅子?のマーク、想像できるのは嘉手納の15TRSでしょうかね。
下で、det.Hさんが発見したサイトの460TRWという説もあるようですが・・・。

>A-330さん
事故の様子、『車輪の収納タイミングが早すぎた・・・』のコメントで私も思い出しました。
普通では考えられないような人為ミスで事故は起きてしまいますね。
紹介のショット、素晴らしいですネ。No.6225は貴重な記録シーンです。

>det.Hさん
ヴードゥーはdet.Hさんには貴重種との事ですが、No.6226は余裕で撮られた素晴らしいショットと感じます。
私も1966年のカレンダーを調べました(笑)。どちらにしても、良い週末を過ごせたようですネ(笑)
460TRW所属説、私は1969年当時しか見つけられませんでした。当時の横田の外来飛来状況を知りたいです。

>Gulf4さん
自称ですが私も正統派に分類されます(笑)。意外と胴体の太さを感じる素晴らしいショットです。
「二人乗り」のキャノピーの大きさは今でも好みが分かれるところですネ(笑)
それにしても、事情あっての(笑)“カナダの一人旅”は良い思い出となったようですね。

>THUDさん
RF-101Cって、機首もお尻も異様に長すぎて、ちょっとアンバランスな印象を受けます(笑)
特に紹介の2コマのように、ちょいと斜め後ろから見ると、機首もお尻も目立ちますね。
363TRWの件、下でK-Barianさんにも詳細に解説いただきましたm(_ _)m

>PAPPYさん
私もNo.6199紹介画像以外にPAPPYさん紹介のようなコマがたくさんあります。
めったに見ることの出来ないヴードゥーですから、きっとPAPPYさんと何度もすれ違ったことでしょう(笑)
ところで、後ろにA-4 Skyhawkが展示されてたのですネ(笑)

>K-Barianさん
風と排気でなびくドラッグシュートを引く正面形、望遠で圧縮した姿は格好イイですね。
363TRWに関する解説、ありがとうございます。
米空軍独特(?)のTDYと米海軍でも存在するDETとの違いはよく分らず、やはり米空軍は難しいです。

>皆様
ここはクローズし、新たにPart.3を立てます。





McDonnell F-101 Voodoo Name:Takafumi Hiroe Date:2012/04/25(Wed) 06:57 No.6199 ホームページ   
>皆様
今日からスタートするのはセンチュリー・シリーズ第二弾“McDonnell F-101 Voodoo”。
日本では写真偵察型しか飛来しなかったのだろうか?。
今回も私には縁のないヴードゥーですが、皆さんの話題と画像を楽しく拝見させていただきます。

F-100等でも度々話題になる1968年のプエブロ号拿捕事件後、
板付にTDY派遣された154TRS/AR ANGのRF-101G 54-1461。
1968年10月13日、入間基地で開催された国際航空宇宙ショーで展示されました。

Re: McDonnell F-101 Voodoo Name:飛行浪人 Date:2012/04/25(Wed) 08:38 No.6200
>広江さん、皆さんこんにちは。
お待ちかねのブードー、始まりましたね。
私はこの入間が初見だったように記憶しています。
コウクウショー当日には諸般の事情により撮影できませんでしたが翌日のお帰りの際には何とか撮影出来ました。しかし本格的に撮り始めたばかりでまともな画像は残っていないのはご容赦ください。


Re: McDonnell F-101 Voodoo Name:toksans Date:2012/04/25(Wed) 10:13 No.6201
広江さん、皆さんお早うございます。
1966年2月19日、横田に降りるRF-101C 56-225です。迷彩以外のRF-101はほとんど見ていませんが、この年の三軍記念日にはグレー塗装のRFが展示されていましたね。


Re: McDonnell F-101 Voodoo Name:A-330 Date:2012/04/25(Wed) 11:30 No.6202
広江さん、皆さんこんにちは。
1968年のプエブロ号拿捕事件後、板付にTDY派遣された154TRS、165TRS,192TRSのANGのRF-101Gを僅かですが横田で撮影することができました。
RF-101G アーカンソーANG 192TRS RB 54-1459です。後方をケンタッキーANG 165TRS RGが転がっています。
撮影は1969年の正月休暇での撮影と記憶していますがはっきりとした日にちは分かりません。
1969年4月22日 米本国に向け離陸していて事故を起こした機体の情報をご存知の方がおられましたらご教示ください。当時その機体を横田で撮影していたと思ったのですがNoが・・・

追記:記述内容を訂正します。ITAZUKE-1さんから#6275で確かなRB,RGレター書き入れ時期情報を頂きました。よってA-330が紹介した全ての写真の撮影時期は、正月休暇ではなく年度末休暇時の69年3月と訂正します。

>ITAZUKE-1さん
お蔭様で正しい撮影日を確認することができました、有難うございました。


Re: McDonnell F-101 Voodoo Name:K-Barian Date:2012/04/25(Wed) 14:35 No.6204
広江さん、皆さんこんにちは。
いきなりRF-101Gの登場となったようですね。
>A-300さん、まさにその機体が例の機体でした。A-300さんが撮影されたのは丁度交代の時期だったようですが、2月まではTail Code なし、RB,RGが混ざっていました。機体はそのままで各部隊の将兵はそっくり入れ替わる90日ローテーションでした。192TRSから165TRSへの交代は1969年1月になってからですが最初にRGのTail Codeが入った日付ははっきりしません。しかしRBを付けたままの機体も1969年2月いっぱい存在していました。これは両方の部隊がいたと言う事ではありませんので、実際にはTail Code のみで、どの部隊かを限定する事は出来ないようです。そのあたりは正規部隊ほど厳格には守られていなかった様です。


Re: McDonnell F-101 Voodoo Name:THUD Date:2012/04/25(Wed) 15:23 No.6205
広江さん、皆さんこんにちは。
1965年の春頃に撮影した363TRWのRF-101C(56-0228)です。空軍の迷彩塗装機としては日本国内で初めて確認された機体だと思いますが、濃淡グリーンの縞模様で後のタンが入る制式カモフラージュとは大分異なっています。残念ながらこの当時使っていたのはハーフサイズの小さなカメラで、運良く(?)いちばん距離が近いドライブイン前で撮影出来たのですがそれでもこの程度しか撮れませんでした。


Re: McDonnell F-101 Voodoo Name:Gulf4 Date:2012/04/25(Wed) 19:22 No.6206 ホームページ
☆のマークは良い写真がありませんが、楓のマークならばカナダの航空ショーで何機か撮りました。
1979年8月に行ったアボッツフォードで撮った409SQのCF-101B(101057)。バンクーバー島にある
CFB Comoxに配属されていたもので、退役後はこの基地で展示機になった様です。


Re: McDonnell F-101 Voodoo Name:det.H Date:2012/04/25(Wed) 19:48 No.6207
広江さん 皆さん こんばんは
Toksans氏が出された56-0225の飛来時のオーバーヘッドです なぜか日付の記録がToksans氏と一日違っていました 1966年2月19日 or  20日? どなたか正解をお分かりの方は?


Re: McDonnell F-101 Voodoo Name:geta-o Date:2012/04/25(Wed) 19:57 No.6208
F-101が始まりましたね。
はじめということでスタートダッシュアーカンソーANGのRF-101G(54-1464)1968年の撮影です。


Re: McDonnell F-101 Voodoo Name:ITAZUKE-1 Date:2012/04/25(Wed) 21:09 No.6209
広江さん 皆さん こんばんは
1962年板付基地公開で展示された RF-101C 45TRS 60084です。
45TRSは1961年11月にRF-101C 4機をDon MuangRTAFBへ派遣しており この機体もタイへ行ったのでしょう 虎が国籍マ−クの横に描かれています。


Re: McDonnell F-101 Voodoo Name:PAPPY Date:2012/04/25(Wed) 21:17 No.6211
広江さん、皆さんこんばんは。
No.6201でtoksansさんがコメントの1966年5月22日雨の横田三軍記念日に展示されたグレー塗装のRF-101C
56-0175 で三沢の45th TRSと思います。
この機体はこの年の1966年11月3日南ベトナムで対空砲火により撃墜されましたがパイロットは救助された様です。


Re: McDonnell F-101 Voodoo Name:N.SUZUKI Date:2012/04/25(Wed) 21:32 No.6212 ホームページ
広江さん 皆さん こんばんは
 F-101 最初は、初めて行った横田基地、1961.5.21の横田三軍記念日でのRF-101C(56-0075)です。


Re: McDonnell F-101 Voodoo Name:Takafumi Hiroe Date:2012/04/26(Thu) 06:46 No.6213 ホームページ
>飛行浪人さん
紹介の画像は私と同じ機体54-1461の入間からの帰投のシーンですか?。
私はF-100に続き、いや、より以上に撮影機会のなかったヴードゥーです。
飛行浪人でしたら、日本国内よりも海外で撮られているかと期待してます。

>toksansさん
私は銀ピカのRF-101Cしかイメージしてませんでしたが、ベトナム迷彩機も飛来していたのですネ。
この機体は日本に駐留していた部隊でしょうか・・・。
F-100でも難儀しましたが、F-101の部隊も、より私には難しいです(^_^;

>A-330さん
1969年1月の横田での撮影ですか・・・。
記憶では私も正月は新年の挨拶回りに連れて行かれ、横田基地のそばをよく通りました。
期間限定の貴重な“RB”と“RG”のRF-101Gが3機(?)とは、豪華ですねぇ〜。

>K-Barianさん
いつも確実な記録&資料に基づくコメントには感謝いたします。
人員だけの部隊ローテーションは今も昔も変わりないようですね。
部隊交代時期は外見からの部隊と実質的な部隊が異なるのもマニア的には楽しいですよね。

>THUDさん
タンがない濃淡グリーンの迷彩RF-101Cは当時の雑誌で見て記憶が強く残ってます。
363TRWは当時はタイ(?)タクリ?、コラット(コラート)?に展開中?、TDY?。
EB-66のイメージがある363TRWですが、どこか私の間違いを指摘して下さいませm(_ _)m

>Gulf4さん
本家で防空軍団(ADC)で運用されたF-101Bですが、カナダ空軍機のイメージが強いですね。
カナダではCF-101Bを1980年代まで運用したようですので、撮影は、末期でギリギリセーフでしょうか。
ドラッグシュートを引く姿は格好イイです。

>det.Hさん
排気口から後ろ、上半角のある水平尾翼、主翼形状、お腹に抱える燃料タンク、等々、
ヴードゥーの特徴ある姿、私はこのアングルは模型でしか見たことがありません(笑)
日付の違いは、2月20日は今も昔も変わらぬローカルフライト?(笑)

>geta-oさん
スタートダッシュ画像ですネ(笑)ありがとうございます。
いつもながらですが、アフターバーナー全開で離陸する音が気になります。
F-100も同じJ57ですが、胴体・排気口形状等々の差で、音は違ったのでしょうか・・・。

>ITAZUKE-1さん
日本ではヴードゥーは偵察型が主流でしたね。
紹介の三沢に駐留していた45TRSは、見たこともない私でさえ知る有名な塗装ですね。
国籍マークの横に書かれるのは“ベンガルトラ”でしょうかね。

>PAPPYさん
当時のエアクラフト・グレー塗装でしょうか・・・。
銀ピカからベトナム迷彩に移行する過渡期の姿で貴重なのかな?。
グレーにしても明細にしても、垂直尾翼の直派な部隊塗装がなくなったのは寂しいですネ。

>N.SUZUKIさん
当時の時代の雰囲気を感じるギャラリーの姿・・・。手前に写る少女が主役のショットですネ(笑)
私は初めて横田の三軍記念日に行ったのは1963年だか1964年だか記憶にありません。
その時はカメラも持たず親父に連れて行かれただけですが(笑)

>皆様
ここはクローズし、新たにPart.2を立てます。





F-100 最終章 Name:広江 Date:2012/04/09(Mon) 07:47 No.6166 ホームページ   
>皆様
いよいよスーパーセイバーの最終章とさせていただきます。
最後は3枚以内の連貼りGO!で皆様の話題をお待ちします。

Re: F-100 最終章 Name:toksans Date:2012/04/09(Mon) 10:10 No.6167
>広江さん、皆さんおはようございます。
部隊番号で混乱させて申し訳ありません。#6130と#6142で167TFSとあるのは127TFSの間違いです。ITAZUKE-1さん、ご指摘ありがとうございます。これで一件落着、と思ったのですが、#6142のgeta-oさんの日付です。1968年8月24日ですと#6130はその2日後となり、その間迷彩塗装を塗り替えテイルレターを入れたことになります。私ももう一度オリジナルのスライドでS/Nを確認し、1956年発注のF-100Fで下3桁で終わるのは56-3897しかないので間違いないと思うのですが。Geta-oさんの日付が1969年だと広江さんのように熟睡できるのですが。
F-100最後の写真は1973年10月23日のリモア公開で展示されたコロラドANG120TFSのF-100D 56-3253です。
最後に広江さん、今回もお疲れさんでした。次回も参加できると思いますが、やはりセンチュリー・シリーズのマーク付き銀塗装は我々の一世代前ですね。


Re: F-100 最終章 Name:飛行浪人 Date:2012/04/09(Mon) 10:59 No.6168
>広江さん、皆さんこんにちは。
最終章は出て来るつもりはなかったのですが、すっかいうおりゃさんの御指名で登場します。台湾の岡山空軍基地に付属する博物館には空軍に所属した飛行機のほとんどが展示されていて南国の屋外ですが保存状態は良好です。マニア的には是非一度は訪れたいところです。
難点は土日、祭日のみしか開館しないことです。
こちらには2機のF−100が展示されています。
1機目はすっかいうおりゃさんの色違い、青です。


Re: F-100 最終章 Name:飛行浪人 Date:2012/04/09(Mon) 11:03 No.6169
>続いてもう1機は複座です。
次は参加できるか微妙なところです。


Re: F-100 最終章 Name:det.H Date:2012/04/09(Mon) 11:10 No.6170
広江さん 皆さん こんにちは
アッと言う間にもう最終章になってしまいましたね 皆さんからの貴重な写真の数々に改めてこのBBSに参加されている皆さんのすごさがわかりました 
たいへん勉強になりました 広江さん あらためて感謝!お疲れ様でした

>ITAZUKE-1さん
的確なフォロー、ありがとうございます 12TFSの件, 考えるも無い事でしたね うっかりしていました (笑)
では最後もタップリ撮った66年5月12日の機体を
K-Brianさんの詳しい部隊解説でこのスーパーセイバー祭りの機体たちも356thTFSだったようですね


Re: F-100 最終章 Name:det.H Date:2012/04/09(Mon) 11:11 No.6171
下にこの日飛来したS/No.を記します
F-100D S/No.55-2873, 55-3513, 55-3577, 55-3724, 55-3740, 56-2965, 56-3320, 56-3325, 56-3327, 56-3335, 以上10機
F-100F S/No.56-3750, 56-3954, 以上2機  計12機
(No.6107でgeta-oさん紹介の日飛で塗装した55-3577もいました)

基地脇の民家の庭にこいのぼりが泳いでいます 


Re: F-100 最終章 Name:det.H Date:2012/04/09(Mon) 11:11 No.6172
では次回ブードゥーでまたお会いしましょう

Re: F-100 最終章 Name:THUD Date:2012/04/09(Mon) 18:21 No.6173
もう手持ちは皆さんから紹介済みの機体しかありません。しかしラストなので図々しく貼ります (^^ゞ
1967年6月横田へ着陸後、誘導路をタキシングするF-100F(56-3750)です。
>広江さん
No.6146の吊るし物はNo.6143、No.6161でN.SUZUKIさんが話題にされK-Brianさんがコメントされているバゲージポットですね。
>det.Hさん
また最後にビッグショットを!これだけ並ぶと壮観ですね。
いや本当にウラヤマシ〜です。


Re: F-100 最終章 Name:THUD Date:2012/04/09(Mon) 18:31 No.6174
今回は皆様のF-100の素晴らしい画像を堪能しました。でもまだセンチュリーシリーズはスタートしたばかりなのでこれから先も楽しみです。
最後は次回「VOO DOO」(でいいですか?)に向かって「バーナー・オン!」ということで(笑)
1968年4月の横田F-100F(56-3786)


Re: F-100 最終章 Name:geta-o Date:2012/04/09(Mon) 19:55 No.6175
Toksansさん
再度チェックしましたが私の記録では1968年です。
今日は最後と言うことで再度嘉手納の18TFWのF-100D(55-3526) 1962/7/14横田


Re: F-100 最終章 Name:geta-o Date:2012/04/09(Mon) 19:56 No.6176
上のF-100Dと一緒に飛来した同じ嘉手納の18TFWのF-100F(58-1205)

Re: F-100 最終章 Name:geta-o Date:2012/04/09(Mon) 19:57 No.6177
最後に1963年5月19日に行われた横田の3軍で421ARSのKB-50J(49-0357)から空中給油を受けるノ−マークのF-100D(55-3592)
KB-50Jは浅いダイブF-100Dは軽く機首上げの状況で速度を合わせています。
それでは次の御題まで。


Re: F-100 最終章 Name:PAPPY Date:2012/04/09(Mon) 21:09 No.6178
広江さん、皆さんこんばんは。
やぁ〜楽しかったです、det.Hさん最後は圧巻でしたねありがとうございました、広江さんもお疲れ様でした。
次の101も期待しています。1967年5月26日横田三軍の非展示機のNo.6078の左側の機体の見えるショットです。


Re: F-100 最終章 Name:N.SUZUKI Date:2012/04/09(Mon) 21:48 No.6180 ホームページ
広江さん 皆さんこんばんは。
 最終章ですので、なぜか出ていないものです。 66.5.15厚木三軍でのF-100D 63335です。
 この時の写真は広江さんをはじめ多くの方が出されていますが、最大の特徴は、朝の早い時間では、公開が始まった後でF-100が2機も降り、公開中のエプロンの中央を通って行ったことです。標準レンズで溢れる位置から、避けながら撮った記憶があります。


Re: F-100 最終章 Name:N.SUZUKI Date:2012/04/09(Mon) 21:58 No.6181 ホームページ
次は、どうゆうわけか、まだ出ていない厚木三軍(多分1964年)でのF-100D 53809です。
 この時は、天気も良く、隣にRF-101C,F-105Dもいました。


Re: F-100 最終章 Name:N.SUZUKI Date:2012/04/09(Mon) 22:10 No.6182 ホームページ
最終章、最後は F-100F 63827です。 Part2 No6091で出したF-100Dと同じ時に撮りましたが、撮影日は不正確で65年又は67年頃の三沢です。

Re: F-100 最終章 Name:IARG Date:2012/04/09(Mon) 22:33 No.6183
広江さん、皆さん、こんばんは。
大先輩から頂いたネガがらですみません。1960年5月21日の三軍記念日に展示された
F-100D 53542 35TFS 8TFWです。


Re: F-100 最終章 Name:det.H Date:2012/04/09(Mon) 22:48 No.6184
ルール違反ですが・・・ m(_ _)m 
THUDさんの“バーナーオン!”を拝見、私も“VooDoo”に向かってBURNER ON! 
スーパーセイバー祭りの最後を飾ったTake Offでした〜


Re: F-100 最終章 Name:K-Brian Date:2012/04/09(Mon) 23:33 No.6186
広江さん、皆さん、今晩は。
楽しませていただきました。
>det-Hさん、No 6172は震えました。あの場に居たかったですね〜〜。
>No 6097とNo6120のF-100Dはエンジン換装型ですね。Afterburnerのノズル整備上の問題からANGの一部のD,F
型はエンジンをF-102のJ57-23と交換しました。
写真はARZ ANG (152TFS) s/n56-3315


Re: F-100 最終章 Name:DET-K Date:2012/04/09(Mon) 23:37 No.6187
厚木にNIPPIの工場があるお陰でマニアにとっては外来機が期待できるのは
今でも変りないようです。

96年3月1日 NIPPIへ迷彩塗装のため飛来した55-3806
6ヶ月後の11月には入間航空祭、THUDさんとgeta-oさんがUPしてくれた機体です。



NIPPI前の駐機場に並ぶ当時の様子です(66年4月17日)
醜い写真ですが、右端に迷彩塗装を終えたF-100Dと整備のF-4B、迷彩のF-4C。
この小屋がいつも邪魔でした(^_^;
この時代を代表する機体が並んでいてなにか懐かしいです。


Re: F-100 最終章 Name:ITAZUKE-1 Date:2012/04/09(Mon) 23:37 No.6188
広江さん 皆さん こんばんは
1968年8月14日 板付R/W16に入った 127TFS 0-63897です。No.6142の日付が正しいのであれば部隊特定不能です。

354TFWのANG部隊
127TFS RED  T/LBP 1968年7月15日〜1969年6月10日
166TFS BLUE  T/LBO 1968年7月15日〜1969年6月10日

>広江さん お気付きでしょうか?迷彩の機体で右側垂直尾翼のUSAFの文字が白と黒があります、白は本国で塗装された機体(No.6105は例外)と判断しています。またシリアルの下4桁を白で大きく書いた機体も本国から来た機体と私は見分けをしています。


Re: F-100 最終章 Name:K-Brian Date:2012/04/09(Mon) 23:43 No.6189
1984年9月。QF-100のT/Oです。ラジコンではありません。まだFCAT(Fast Scale Arerial Target)初期段階でしたので失敗もありました。無人の離陸なのですが、この撮影の前日にも離陸に失敗していたので、距離をおいての撮影でした。

Re: F-100 最終章 Name:ITAZUKE-1 Date:2012/04/09(Mon) 23:56 No.6190
1968年9月29日 板付R/W16に降りるF-100C 54-1890です。S/N下3桁を垂直尾翼上部に書いた機体もありました。
>K-Brianさん 詳しい解説有難うございました。
>広江さん F-100Cで帯の色がわからず部隊が特定できないのがありますが、親部隊の354TFWと表示されてはいかがでしょうか?


Re: F-100 最終章 Name:ITAZUKE-1 Date:2012/04/10(Tue) 00:27 No.6191
1969年3月23日板付R/W16へ向かうF-100C 166TFS 54-1782です。
この日以降私はF-100Cに出会うことはありませんでした。
>皆様の貴重な画像を沢山拝見出来ました。有難うございます。


Re: F-100 最終章 Name:つばどん Date:2012/04/10(Tue) 01:43 No.6193
広江さん、皆さんこんばんは。
「スーパーセイバー」もいよいよ最終章、現役時代を知らないが故に諸先輩方の画像をとても楽しませて頂きました。
そんな中で「いい加減にしなさい!」と言われそうですがご勘弁を(^_^;)
迷彩効果(?)で判りにくいですが、アーミング中(?)の4機のF-15の前にAまたはC型のF-100がたたずんでいます。1985年3月お彼岸頃の嘉手納で、双眼鏡でエプロンを覗いていて身が固まりました(笑)
私が初めて見たF-100でしたが、時期的にTROUTさん6116、6117で紹介のゲートガードになった機体と思われます。とすると F-100A 52-5756 なのですが、これが F-100A の量産1号機なんですよね。C-5で運ばれてきたようですが、それまでどこにいたんでしょうか・・・?

ところで愚問なんですが、翼下の増槽タンクには2種類ありますが、年代的に運用が変わったのか、容量がずいぶん違いそう見えるので用途で使い分けていたのでしょうか?
次の「ブードゥー」は参加出来そうもないので、ROMで楽しませて頂きます。それでは皆さんお疲れ様でした。


Re: F-100 最終章 Name:広江 Date:2012/04/10(Tue) 06:57 No.6194 ホームページ
>toksansさん
今回の話題に限らず、新たな発見や疑問の解決、と共に、また新たに疑問が生じる。
しかし楽しいですよね。昔はエンドに写真を持ち寄り話題にしていたことが今ではネットで(笑)
最後に私の大好きなANGマーク入り機の紹介、ありがとうございます。

>飛行浪人さん
最終章での登場、ありがとうございます。
私にとっても皆さんにとっても、すっかいうおりゃさんの御指名は大変にありがたかったです(笑)
保存状態が良好ならば、是非訪れたい博物館ですネ。

>det.Hさん
1966年5月12日スーパーセイバー大漁日。No.6172は壮観ですネ。私もライブで体験したかった(>_<)
今回の話題でも本当に皆さんのパワーには脱帽です。
しかし今回も私は皆さんの足元にも及ばない管理人になりましたm(_ _)m

>THUDさん
皆様からの色々なアングルを拝見していくうちに、スーパーセイバーが身近な存在と思えてきました。
自分では動く姿すら見た事がないのに、No.6173やNo.6174の日に一緒に金網越しに撮った錯覚に陥ってます(笑)
それでは、「VOO DOO」に「バーナー・オン!」(笑)

>geta-oさん
嘉手納からのクロスカントリー?。“ZZ”なんて想像もしていない時代ですネ(笑)
空中給油デモは各地の三軍記念日で実施されていたようですが、私にはKB-50Jは馴染み薄です。
両機の姿勢が異なり、カメラの水平が錯覚しますね。

>PAPPYさん
お楽しみ中(笑)のところ大変に申し訳ありませんが(笑)、
前ページNo.6078まで確認に行ったら、向かって左側の機体のS/No.の補足がありませ〜ん(^_^;
BBS II Gallery化を始めますので、メールで連絡下さいネ。

>N.SUZUKIさん
厚木の旧タワーの写り込むNo.6180は貴重な素晴らしいショットです。
先日、このお話を伺いましたが、私は残念ながら2機並んだ後に現着でした(笑)
No.6181はたぶん1964年?の厚木基地三軍記念日。1965年はF-102とF-105が並んでいた記憶があります。

>IARGさん
1960年ですか・・・。私は絶対に無理な歳です(笑)
主役スーパーセイバーの左右の展示機も気になりますねぇ〜。
F-102は間もなくのお題で登場しそうですが、“Marlin”は既に終わったお題で、勿体無さそうです。

>K-Brianさん
F-102のエンジンJ57-23と換装したスーパーセイバーの存在を初めて知りました。
完全無人のQF-100の離陸は見ていても怖そうですね(笑)
F-100FのS/No.の件、ありがとうございます。終了後に落ち着いて整理します。

>DET-Kさん
当時は米空軍機と異なり米海軍外来機のレアさは、あまり期待できなかったと思いますので、
一番可能性の高いNIPPI入りの外来機が楽しみでしたね。
下のコマは『主役は誰?』ではなく『皆が主役』(笑)。この懐かしい邪魔な小屋は何なんでしょう。

>ITAZUKE-1さん
S/No.の書き方の相違は把握できてますが、説明されているような詳細までは理解できてません。
画像を見る立場の私ですが、やはり当時を生で体験してきた方ならではの分析ですね。
Gallery化の草案として、機種、S/No.、部隊、基地(TDY含む)をまとめたら、目を通して下さいm(_ _)m

>つばどんさん
この光景、何かの雑誌で見かけた記憶があります。F-101の記事だったかもしれませんが・・・。
ご推測どおりの、TROUTさんがNo.6116、No.6117で紹介されたゲートガードになった機体でしょうね。
つばどんさんがエンドに着いて、まず最初に基地内を覗いた時の驚きは、よく分ります(笑)

>皆様
今回の話題、107コマが紹介されました。
私は地上展示機でしか見た事のないスーパーセイバーですが、
皆様からの、あまりにも生々しく臨場感あふれる画像を拝見していくうちに、
なんだか自分でも見て撮ったような錯覚から満足感に至ってます。
いつもながら皆さんの撮影と保存、そして捜索に感謝いたします。ありがとうございました。

さて次のお題は“McDonnell F-101 Voodoo”。
連休にかかる心配もありますが、4月25日(水)スタート予定です。

その後も2週間のインターバルでF-102/F-106, F-105と続く予定です。
そして最後に2008年に開催したF-104ですが、未紹介分のみを追加する話題で
センチュリー・シリーズを終わろうかと思ってます。

最後に、ルール違反のdet.Hさんにも、「VOO DOO」に「バーナー・オン!」(笑)

まあそれだけ皆様も楽しめたということですネ。私も最初の肩の荷が下りました(笑)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -