GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





F-105 Thunderchief Part.5 Name:Takafumi HIROE Date:2012/06/17(Sun) 08:20 No.6579 ホームページ   
>皆様
いつものことですが、いきなりエンジンがかかりましたね(笑)
この勢いは私とって厳しいものがあります(笑)が、引き続き皆様のサンダーチーフにまつわる話題をお待ちします。
センチュリー・シリーズ恒例の連貼りは2枚までOKです。

Re: F-105 Thunderchief Part.5 Name:Straight Wings Date:2012/06/17(Sun) 12:08 No.6580 ホームページ
広江さん、皆さん、こんにちは
さすがに色々出てきますね!
この銀のヒャクゴは1965/12/19に横田に降りるF-105D 62-4380。マーキングは確かダークグリーンに白のVでした。


Re: F-105 Thunderchief Part.5 Name:Straight Wings Date:2012/06/17(Sun) 12:17 No.6581 ホームページ
No.6579と同じマーキングの迷彩機、F-105D 61-0153(0158,0159かも)。1966/3/26 横田への降りです。逆光で黒っぽい迷彩機、しかも日暮れなので露出どアンダー。銀塩時代なら救済不可能な写真がデジタルで何とか蘇るので楽しいです。

Re: F-105 Thunderchief Part.5 Name:つばどん Date:2012/06/17(Sun) 13:58 No.6582
広江さん、皆さんこんにちは、
やっと?エンジンパワーが上がってきて、さらに次々「おぉ!」という画像が出てきましたね。
大分以前にベテランの方から銀ヒャクゴの呼び名を聞かされた事がありまして、Straight Wingsさん6580は「ブイテン(点)」と呼んでいたと聞きました。
点に見えるのは実はネイティブアメリカの顔で、4TFW/335TFSの機体、だれそれに騙されたんだと言っていたのを思い出しました。
ちなみに「チェッカーセブン」は「セブンタック」と言っていたような・・・、記憶違いかな・・・(^_^;)

この機体は、F-105D 61-0146 305TFW/466TFSです・・・、と言ってしまえば現役時代の公開展示機のようですが、1991年10月16日 Edwards AFBで展示されていた機体です。
レストア(お色直し程度?)をされて展示されたようでとても状態が良く、稼働機ではと思えるぐらいでした。
現在は同基地のAir Force Flight Test Center Museum に展示されているようです。
機首下にいるおじさんが、同伴の女性に説明をしていてなかなかどいてくれず、しびれを切らして撮った一コマです(笑)


Re: F-105 Thunderchief Part.5 Name:ITAZIKE-1 Date:2012/06/17(Sun) 14:10 No.6583
広江さん 皆さん こんにちは 天気予報は外れて晴れてきました。
1967年8月6日板付R/W16に入った12TFSのF-105F 38289です。台風シ−ズンには嘉手納のF-105が20数機台風避難で東側エプロンに並んでいたのを思い出します。

最初に書かなければなりませんでしたが 板付 横田 嘉手納に関する部隊の動きです。
 
YOKOTA AB
35thTFS       8thTFW      ITAZUKE AB 63/04〜64/06
           41AD          YOKOTA AB    64/06〜65/04
           6441stTFW       YOKOTA AB     65/04〜66/11
           41AD          YOKOTA AB    66//11〜67/05

36thTFS        8thTFW      ITAZUKE AB 63/04〜64/06
           41AD          YOKOTA AB    64/06〜65/04
           6441stTFW       YOKOTA AB    65/04〜66/05

80thTFS       8thTFW      ITAZUKE AB 63/04〜64/06
           41AD          YOKOTA AB    64/06〜65/04
           6441stTFW       YOKOTA AB    65/04〜66/11
           41AD          YOKOTA AB    66//11〜68/01
           347thTFW        YOKOTA AB    68//01〜68/02
34thTFS       347thTFW        YOKOTA AB     68/01〜71/03
Operation Two Buck  横田支援の為にTDYされていました。
335thTFS      6441stTFW        YOKOTA AB      65/07/03〜
357thTFS       41AD         YOKOTA AB      64/08/09〜
469thTFS       41AD         YOKOTA AB      64/11/30〜
561stTFS       41AD         YOKOTA AB 65/03/06〜

KADENA AB 
12thTFS       18thTFW        Kadena AB       62/10〜72/10
            F-105D(62〜72)F-105F(64〜72) EF-105F(68〜70)
12thTFS Det.1    18thTFW       Korat RTAFB      70/09〜70/11
                              (EF-105F F-105G) 
44thTFS       18thTFW       Kadena AB       62/11〜66/12 
           388thTFW       Korat RTAFB      67/04〜69/10
              F-105D(67〜69)EF-105F(67〜69) 
              F-105FCommando Neil(67〜68)
               F-105FCombat Martin(68〜69)                       
355thTFW       Takhli RTAFB      69/10〜70/12
              F-105D(69〜70)F-105FCombat Martin(69〜70)
             EF-105F(69〜70)F-105G(69〜70)
67thTFS       18thTFW      Kadena AB        62/10〜67/11

The Republic F-105 Thunderchief Wing and Squadron Histories by James Geer
A Schiffer Military History Book より

F-105F 改造型については下記URLを参照してください。
http://www.joebaugher.com/usaf_fighters/f105_8.html
F-105Dについては (67thTFSの記録がありません)
http://www.joebaugher.com/usaf_fighters/f105_5.html


Re: F-105 Thunderchief Part.5 Name:det.H Date:2012/06/17(Sun) 14:26 No.6584
広江さん 皆さん こんにちは

>Straight Wingsさん
またまた私が撮りそこなった青水玉をさりげなく出されて!ハハー m(_ _)m

私の銀ヒャクゴもめぼしいのが底を打ってきました ↓のVマーク崩れはよく判りません 確かVの正式?は緑地にVで真ん中にインディアンの横顔?が描いてあった335thTFS?だったような?
と書いて投稿しようと思ったら、またまたStraight Wingsさんが・・・・・
まさかスペードも撮っていたなんて事は?


Re: F-105 Thunderchief Part.5 Name:det.H Date:2012/06/17(Sun) 14:27 No.6585
すっかり忘れていましたが私もBULLPUP付を撮っていました 

PS. >つばどんさん
エンドでのあだ名及び詳しい解説をしていただき、ありがとうございます
もう○○ぼけで、あの当時なんて呼んでいたのか忘れてしまい、今回とっさにつけたもんで (^ ^;


Re: F-105 Thunderchief Part.5 Name:香港01 Date:2012/06/17(Sun) 14:32 No.6586
>広江さん、皆さんこんにちは!
皆さんの撮影された”ヒャクゴ”はすばらしいものばかりで、つい見入ってしまいます。
パリの博物館で撮った複座型です。シリアルは”WW”63−0300です。シャークが綺麗なのでこれは現役の頃の塗装なのかどうなのか疑問ですが・・・


Re: F-105 Thunderchief Part.5 Name:ITAZIKE-1 Date:2012/06/17(Sun) 14:37 No.6587
1967年12月18日 板付R/W34を離陸した F-105D ZA24399と10118です。

>広江さん 下書きではちゃんと揃っていたのですが、貼り付けたら凸凹になってしまいました。みづらいでしょうが参考になればと思います。横田の34TFSの期間については疑問です。


Re: F-105 Thunderchief Part.5 Name:THUD Date:2012/06/17(Sun) 16:52 No.6588
広江さんがレスで105の背の高さでコメントされてますが、これはほぼ真正面からのアングルですが、この角度から見ると中翼ゆえの脚の長さと相まっての105の背の高さがさらに印象付けられます。
1967年7月ですがNoは不明です。右翼のT-39はご愛嬌(笑)


Re: F-105 Thunderchief Part.5 Name:THUD Date:2012/06/17(Sun) 16:59 No.6589
1967年5月エンジン整備のため?胴体後部を取り外した状態で牽引されるF-105Fです。
当然?のことながらNoは不明です(笑)


Re: F-105 Thunderchief Part.5 Name:飛行浪人 Date:2012/06/17(Sun) 20:24 No.6590
>広江さん、皆さんこんばんは。
ヒャクゴはまともなのはジョージでしか撮って無いので続きます。
編隊離陸といっても機体は未だ浮いていませんが、63339と63307です。
339はマルチプルエジェクターラック、307はコンビネーションポッドが付いています。


Re: F-105 Thunderchief Part.5 Name:飛行浪人 Date:2012/06/17(Sun) 20:31 No.6591
>続いて63339の着陸、ナスビが1発残っていました。
撮影日はすべて1978年11月7日です。


Re: F-105 Thunderchief Part.5 Name:geta-o Date:2012/06/17(Sun) 20:35 No.6592
セブンTAC、V点などの命名はマニアの大先輩故E氏の命名と思います。
今日の1枚目
ヒャクゴはF-100に変わり極東に配備されましたが、沖縄に次いで当時板付にいた8TFWに配属になりました。
配属当時はまだPACAFのマークさえ書いていない機体も多くありました。
配属時の塗装はF-105Dオリジナルの話題のコックピット後ろとレードームを除いて全面グレーでした。62-4318 1963.07.17 板付


Re: F-105 Thunderchief Part.5 Name:geta-o Date:2012/06/17(Sun) 20:36 No.6593
2枚目はヒャクゴも御多分にもれず数々の事故を国内で起こしていますが1967年2月1日に横田を飛び立ってすぐに多摩川の河川敷に墜落。その約20日前の訓練で離陸した62-4382 1967.01.09横田
ディスペンサーにはパンサーですので36TFSのようですが事故記録によればパイロットのCapt.Charles A Priesterは35TFS所属のようです。どちらの所属かわかりません。


Re: F-105 Thunderchief Part.5 Name:N.SUZUKI Date:2012/06/17(Sun) 21:00 No.6594 ホームページ
広江さん、皆さんこんばんは。
ヒャクゴの部隊も出尽くしつつありますので、まだ出ていないスペードです。
 撮影は、1965年頃の横田R/W18でのアプローチローパスF-105D 10126.24400.24404です。当時、横田へ来る外来機は、このような3本タンクが殆どでローパスを繰り返した後降りることが多く有りました。


Re: F-105 Thunderchief Part.5 Name:N.SUZUKI Date:2012/06/17(Sun) 21:21 No.6595 ホームページ
続いてスペードのF105D 10116で撮影は、1965年末頃、横田16号国道沿いからです。
機首左側には、ベトナム最前線から戻ったことを示す、多数の出撃マークが記入されています。横田で訓練中のものであり、左翼には大型ロケット弾が装備され水戸へ行っていたものと思われます。


Re: F-105 Thunderchief Part.5 Name:PAPPY Date:2012/06/17(Sun) 21:59 No.6596
広江さん、皆さんこんばんは。
横田R/W36を着陸復航する F-105F 63-8366 で1966年後半頃と思います。


Re: F-105 Thunderchief Part.5 Name:PAPPY Date:2012/06/17(Sun) 22:00 No.6597
もう一枚もR/W36上がりの F-105D 62-4382 でgeta-oさん紹介のNo.6593と同じ機体で1967年2月1日横田南南西9.5マイルに墜落しました。


Re: F-105 Thunderchief Part.5 Name:Takafumi HIROE Date:2012/06/18(Mon) 06:25 No.6598 ホームページ
>Straight Wingsさん
昨日(6/17)厚木エンドでお会いしたgeta-oさんに横田マニアの間でのニックネームを教えていただきました。
紹介の2コマは4TFWの『ブイテン』。Vのマークとその中のインディアンの顔が“点”に見えるからだそうです(笑)
最初聞いた時に『???』でしたが、geta-oさんの説明を聞いて大笑いしてしまいました。

>つばどんさん
さすが、つばどんさん、『ブイテン』をご存知でしたネ。でも、由来は騙された事に始まったのですネ(笑)
『セブンタック』もgeta-oさんから聞きました。本当に昔の人はうまいニックネームをつけると感心します。
No.6582紹介のWingは???。466TFSというと、私はなぜかF-105Bのイメージが強いです(笑)

>ITAZIKE-1さん
部隊の詳細、ありがとうございます。
まだ自分自身に理解し飲み込めてないのですが、ある時期で捉えてみると、
元々の横田駐留部隊41ADまたは6441TFW機とTDYで派遣されてきた部隊が混在する結果となるのでしょうか。
F-100, F-101, F-102は、なんとか乗り越えられましたが、F-105の山は高すぎて乗り越えられません(>_<)

>det.Hさん
撮りそこなった部隊は多々あるかもしれませんが、det.Hさんも、よく撮られてるではないですか。
『チェッカーセブン』のニックネームも、私はイイと思いますけど(笑)
AGM-12 ブルパップ(訓練用)は改めて見直すと、やはり古風ですネ。

>香港01さん
パリのの博物館とは、航空ショーが開催されるので有名なLe Bourget(ル・ブルジェ)空港ですか?。
機体はF-105G S/No.63-8300ですが、何ゆえ“WW”レター機が展示されてるのでしょうかね。
奥にも展示機が見られますが、なかなか面白そうです。

>THUDさん
中翼&主脚の長さ&目だつ主脚カバーもさることながら、前脚も異様な長さを感じます。
昔、ヒャクゴの模型を作り、機首に重りを入れすぎたのか、よく前脚が折れた頃から長さを感じてます(笑)
No.6589画像、またものすごい変化球をお持ちで・・・(笑)

>飛行浪人さん
GAオンパレードですが、S/N.収集家としては羨ましいですねぇ〜。
殺風景な山々が背景に写りこむNo.6590のショットも、なかなかイイです。
ところで、判別できないのですが、#339の吊るし物はTER?MER?

>geta-oさん
8TFW/板付基地の機体は初登場になりますね。この時は全面グレーの機体でしたか。
その後、迷彩になるまでの数年間、何ゆえ銀塗装(無地とは違う???)になったのでしょうかね。
米空軍のWing下、機体の部隊とクルーの部隊とリンクしてないような気がしてなりませんが・・・。

>N.SUZUKIさん
スペードマークにラダーの塗装、そしてTACマーク、加えて出撃マーク、当時の派手な部隊マーク機はイイですネ。
日本で撮影されたヒャクゴの部隊ですが、私には細かすぎてカウント不能です。あと残りはどのくらい???。
未撮影分も含めたおよその数で最終章を見出したいと思います。

>PAPPYさん
日々の何気ない日常の訓練の様子を感じるショットですね。
私はヒャクゴ自体の撮影が少なく、全くと言っていいほど、ヒャクゴの日常訓練風景の記憶が残ってません。
ヒャクゴに限ったことではありませんが、厚木と横田、身は二つない、と自分自身に言い聞かせて諦めてます(笑)

>皆様
ここはクローズし、新たにPart.6を立てます。





F-105 Thunderchief Part.4 Name:Takafumi HIROE Date:2012/06/16(Sat) 05:43 No.6554 ホームページ   
私の紹介するヒャクゴの最後のコマです(笑)。
それも、カビ&変色&腕なしのネがカラーのため、モノクロでスキャンしました(笑)
B707の話題で紹介したAirliftのB707を撮った日なので、おそらく1967年12月の冬休みかと・・・(^_^;


>皆様
引き続き皆様のサンダーチーフにまつわる話題をお待ちします。
センチュリー・シリーズ恒例の連貼りは2枚までOKです。

Re: F-105 Thunderchief Part.4 Name:geta-o Date:2012/06/16(Sat) 07:46 No.6555
今日のヒャクゴは編隊。
最初は先日THUDさんからオープニングの#6511で紹介のあった1966.11.3の入間航空祭での4機編隊。シリアルのわかる写真はこれしかありませんでした。ということで#6525で紹介した手前の機体のシリアル(62-4346)の読める写真。


Re: F-105 Thunderchief Part.4 Name:geta-o Date:2012/06/16(Sat) 07:47 No.6556
2枚目は広江さんがこの冒頭で紹介のGR(80TFS)の横田36への編隊着陸。海軍機には見られない滑り込むような空軍機特有の着陸です。1968.01.02 S/N 62-4256

Re: F-105 Thunderchief Part.4 Name:N.SUZUKI Date:2012/06/16(Sat) 08:43 No.6557 ホームページ
広江さん、皆さんおはようございまし。
THUDさんが気にしていた、1966年入間航空祭の4機編隊です。シリアルのわからなかった最後尾の機体は、F-105F 63-8280、左翼機は、F-105D 60-5376です。


Re: F-105 Thunderchief Part.4 Name:N.SUZUKI Date:2012/06/16(Sat) 08:55 No.6558 ホームページ
次は、DetHさんが気にしていた銀ヒャクゴのTAC青帯、F-105D 24386 のカラーです。PACAFの三色帯は、最初に横田に配備された、インテークの矢印時代の3飛行隊(赤、黄、青)でしたが、TAC所属機は、白黒写真では判りにくいですが青書青でした。

Re: F-105 Thunderchief Part.4 Name:det.H Date:2012/06/16(Sat) 10:57 No.6559
広江さん 皆さん こんにちは
>N.SUZUKIさん、
ありがとうございます 思い出しました TACは青帯でしたね
その青帯のお正月写真です 砂川境冬の恒例、富士山入れ込みです (笑) 
この機体、ヒャクゴ最初の発注年度1958年28機のうちの1機でした
N.SUZUKIさんNo.6537のFH-147ですが、61-0147 or 58-1147 ? 後だとするとヒャクゴ2号機になってしまうのですが? 僚機が1959年度なのでアリエルカモ?


Re: F-105 Thunderchief Part.4 Name:det.H Date:2012/06/16(Sat) 10:58 No.6560
同じ時におりてきたF型フォーメーション こちらは三色旗?
No.6547のPAPPYさんの虎迷の機体も58年度でしたね


Re: F-105 Thunderchief Part.4 Name:AGC Det−F Date:2012/06/16(Sat) 12:14 No.6561

広江さん、随分長い間ご無沙汰しました。
参加できる“お題”がなくて、ずっと“見るだけ”に専念していました。
ヒャクゴも在庫が殆どありませんが、少しだけ参加させてください。

1966年3月16日の横田18エンドです。
手前の銀ジュラF−105D(62-4312 ← PAPPYさんの6546と同じ機体)と
奥の迷彩F−105F(63-8280 ← THUDさんの6511とN.SUZUKIさんの6557の4番機、
N.SUZUKIさんの6516の奥側と同じ機体)です。
所属部隊等の知識は一切ありませんのでよろしくお願いいたします。



Re: F-105 Thunderchief Part.4 Name:AGC Det−F Date:2012/06/16(Sat) 12:20 No.6562

2枚目も、同日、同場所です。
手前の迷彩F−105F(63-8288 ← THUDさんの6541と同じ機体)と
奥の迷彩F−105D(62-4293)です。
6536でN.SUZUKIさんも紹介されましたが、ブルパップを装着しています。



Re: F-105 Thunderchief Part.4 Name:cdr-god Date:2012/06/16(Sat) 12:33 No.6563 ホームページ
広江さん、皆さん、こんにちわ。
テンポの早いセンチュリーシリーズ、何度か挑戦しようと思いましたが、今回は間に合ったようです。
小生のF-105との接点はあまり長くありません。多分最初は1966年頃の横田公開が初と思います。1976年頃ポジに撮影を切り替えた頃初の米本土基地公開の今は無き?NAS Miramerに出かけてきました。友人の案内で西も東も判らない広大な土地を「気合」で出かけた若き頃です(笑)。
当時バイセンテニアルで湧く記念塗装機の中、不人気のF-105G/63-8350 GAをどうして撮影していたか不明ですが、No.6544飛行浪人さんのジョージ空軍基地から飛来機体と思います。尾翼のカラーから所属は563TFS/35TFWかと。現在三沢に展開する部隊と当時から縁があったのでしょうか。


Re: F-105 Thunderchief Part.4 Name:PAPPY Date:2012/06/16(Sat) 12:41 No.6564
広江さん、みなさんこんにちは。今日は皆さんお早いですね。
TACがでているので続きます、1965年の後半横田R/W36降りで F-105D 61-0116 355TFW の様ですが1966年7月20日に撃墜されたみたいです。-D -F 合わせた生産数の約6割近くが撃墜や事故の損耗で失われているのでここに出ている機体も半分は失われている可能性が高いですね。


Re: F-105 Thunderchief Part.4 Name:PAPPY Date:2012/06/16(Sat) 12:43 No.6565
同じくTACで1965年後半の横田R/W36降り。F-105D 61-0142 でこれも翌年の1966年5月30日に撃墜されました。


Re: F-105 Thunderchief Part.4 Name:THUD Date:2012/06/16(Sat) 13:02 No.6566
1967年3月横田ドライブイン前をタキシングするF-105D(No不明)です。お手振り頂きました (@^^)/~~~
>N.SUZUKIさん
お手数をお掛けして申し訳ありません。N.SUZUKIさん、geta-oさんお二人のおかげでスッキリしました。
ありがとうございました。m(__)m


Re: F-105 Thunderchief Part.4 Name:THUD Date:2012/06/16(Sat) 13:10 No.6567
1967年7月発進準備完了(多分)のF-105D(24360)です。
No.6512で紹介したカラーと同一機ですね。


Re: F-105 Thunderchief Part.4 Name:ITAZUKE-1 Date:2012/06/16(Sat) 13:22 No.6568
広江さん 皆さん こんにちは
あっちこっち忙しかったのですっかり忘れていました。
1967年11月26日 板付R/W16の降りた F-105F GR(80thTFS)38280(63-8280)です。
皆様の画像から8thTFW時代の機体が出てくるのが懐かしいです。


Re: F-105 Thunderchief Part.4 Name:ITAZUKE-1 Date:2012/06/16(Sat) 14:16 No.6569
1967年8月5日板付R/W34に降りる No.6568と同じF-105F 38280(63-8280)です。テイルレターが入っていませんので、部隊がわかりませんが 前脚扉左側にパイロット&クル−の名前を記入していますので、横田の機体と判断しています。

Re: F-105 Thunderchief Part.4 Name:Straight Wings Date:2012/06/16(Sat) 15:36 No.6570 ホームページ
広江さん、皆さん、こんにちは
皆さんの銀色のヒャクゴの数々に見とれています。いやいやもちろん迷彩もいいですけど。
銀色時代からもう少々。1965/11/3 横田に下りるF-105D 59-1758。尾翼のマーキングは紺に白点だったような...増タンがセンター一本の姿はあまり見なかった気がします。翼タンクより迫力が出て好きな姿です。大幅なトリミングと無理やり明るくしたことで画像が荒れてしまいました。


Re: F-105 Thunderchief Part.4 Name:Straight Wings Date:2012/06/16(Sat) 15:51 No.6571 ホームページ
No.6570と同じマーキングでもっとクリアーな写真がありました。1965/12/19 横田に降りるF-105D 58-1153です。オリジナルは機体がかなり暗く低コントラストですがD-SLRで複写するとフィルムスキャンよりも明度の調整幅が広がるようです。いずれにしても銀塩処理で通したらまず得られないきれいな調子を出せます。技術の進歩に感謝です。
>det.Hさん
チェッカーセブンとはぴったりです。ただ私にはその価値がよくわかっていないので強運?の自覚がありませんでしたが、やっぱり撮っていて良かったんでしょうね。


Re: F-105 Thunderchief Part.4 Name:cdr-god Date:2012/06/16(Sat) 18:14 No.6572 ホームページ
皆さんの迫力ある、そして素晴しい写真の後に恥ずかしながら当時の記憶をたどり、浦島太郎の「玉手箱」を少し開いてみました。化粧に時間がかかりましたが、なんとか判断できる写真になったと思います。
振り返ると、F-105を撮影した最初の出会いはやはり1966年でしたが、横田ではなく厚木でした。
海軍機にはモデックス、空軍機にはバズナンバーが記入されているつもりでしたが、当時すでにバズナンバーは消滅しつつあったようです。F-150D/24352/PACAF  RJTA 1966,May,15 多分広江さんもお持ちではないでしょうか。ユニットカラーは不明です。


Re: F-105 Thunderchief Part.4 Name:cdr-god Date:2012/06/16(Sat) 18:22 No.6573 ホームページ
連貼り失礼します。その翌年の3軍記念日の横田に展示された機体です。
F-105D/24344/所属不明 RJTY 1967,May,20 前脚扉左側には辛うじて読めた「PILOT MAJ.K.FUHTH」の文字がありました。当時は今で言う「バカチョン」のハーフサイズ、機材だけ考えると現在の若い世代が羨ましいですね。


Re: F-105 Thunderchief Part.4 Name:Gulf4 Date:2012/06/16(Sat) 21:26 No.6574 ホームページ
アメリカ国内では展示されているF-105も多数あるはずですが、まったく出てきませんねぇ。
1980年8月5日にルークAFBで撮ったF-105D(61-0217)。ここに掲載するまで疑ったことすら
ありませんでしたが、本当のシリアルナンバーは61-0188だと判明しました。
「本物」の61-0217は1965年9月16日に撃墜されています。
なぜ機体のシリアルナンバーを変更してまで、この基地に展示されていたのか不明です。
現在はラングレーAFBで展示されている様ですね。


Re: F-105 Thunderchief Part.4 Name:飛行浪人 Date:2012/06/16(Sat) 21:31 No.6575
>広江さん、皆さんこんばんは。
今日もジョージ離陸編です。AF63276、1978年11月7日、何故かこの編隊だけ逆ランで上がりました。ランウエイエンドではかなり高かったです。

>det.Hさん、ご指摘ありがとうございます、早速修正しました。年のせいかうっかり隣りのキーを押してしまったようです。


Re: F-105 Thunderchief Part.4 Name:飛行浪人 Date:2012/06/16(Sat) 21:35 No.6576
>続いてパート3と同じ機体、AF63363です。
この機体だけ低い上がりでした、パイロットに感謝です。午前午後で両側撮影出来ました。


Re: F-105 Thunderchief Part.4 Name:Takafumi HIROE Date:2012/06/17(Sun) 08:20 No.6578 ホームページ
>geta-oさん
THUDさんオープニング画像も無事S/Noが判明し、THUDさんも私も安眠できました(笑)
滑り込むような空軍機特有の着陸・・・、確かに空母搭載の海軍機とは異なりますね。
以前のWings開催時代、外来機到着の時には空自機などでも速さと真っ直ぐな姿勢に驚かされました(笑)

>N.SUZUKIさん
入間での編隊フライパス時の画像再チェック、ありがとうございます。
銀ヒャクゴのTAC青帯、存在自体が私の頭の中には入ってなく、カラーで余計にインパクトあります。
これまでのセンチュリーシリーズ中、ヒャクゴの部隊判別が私には最も難しいです。

>det.Hさん
TACマークに青帯、キャノピー後ろの謎のアンチグレア(笑)。ヒャクゴって格好イイですねぇ〜。
またまた久々の今さら・・・のコメントに突っ込みが入りそうです(笑)
同じ日に青帯と三色帯(?)、今回は忙しくてGallery化を同時進行していないので、余計に分りません。

>AGC Det-Fさん
ずいぶんと長い間ご無沙汰しておりました。
迷彩と銀が同日に見れた(撮れた)日がこれまでの紹介にも何点かありましたが、
その期間がどれほどに亘っていたのか、皆さんの画像から、ある程度は推測できるかなと興味があります。

>cdr-godさん
不人気のF-105G/63-8350 GAをどうして撮影していたか不明?、また随分と贅沢なことを(笑)
1966年5月15日の厚木基地三軍記念日、はい!私も行ってます。これまでの話題でも出ましたね。
が、しかし、F-100D/Fは撮ってますが、ヒャクゴが展示されていたことの記憶が全くありません(^_^;

>PAPPYさん
ベトナム戦争ではヒャクゴは厳しい出撃が強いられ撃墜損失率はファイター系で最も高かったのかな。
様々な資料では、ベトナム戦争中に撃墜されたF-105D/Fは400機弱のようです。
F-105D/Fの全生産機数の約60%の数字とは、本当に驚きですネ。

>THUDさん
今回からは、肩の荷もおり、THUDさんのペースで登場できそうですね(笑)
当時も今も、基地の管理姿勢とは裏腹にパイロット(エアクルー)そのものは陽気ですね。
それにしても、コックピットの高さが特徴のヒャクゴですが、2枚のコマで、よく分ります。

>ITAZUKE-1さん
なかなか登場されないので、えっ?ヒャクゴは板付では珍しい?のかと思ってしまいました(笑)
板付の8TFW時代は、さすがにITAZUKE-1さんでも厳しいですか?、密かに期待してます。
部隊判別の難しい迷彩機でも、その判別方法があるのですか・・・。

>Straight Wingsさん
TACの水玉模様(?)帯は、ファントム時代にも受け継がれた4TFW機でしょうか。
ヒャクゴのセンタータンク1本だけの姿は、確かにあまり見かけませんね。
吊るし物大好き人間の私としては、主翼下が寂しいのは、あまり好みません(笑)

>Gulf4さん
実際の機体とは別のS/Noを書く事例は、これまでの展示保存機でも少なくはないですネ。
時間がなく、まだ調べてませんが、撃墜された61-0217の歴史に興味がわきます。
しかし今でこそ分るようになりましたが、当時はただ撮っていた事って多いですよね。

>飛行浪人さん
紹介2コマの離陸の高低差は、かなり大きいですねぇ〜。No.6576のにアングルは最高!です。
2機は共にアフターバーナーを引っ張り続けたタイミングは同じだったのでしょうか。
高いリーダーの後ろを低く追い続けるウイングマンのシーンは今でも時々見かけます。

>皆様
ここはクローズし、新たにPart.5を立てます。





F-105 Thunderchief Part.3 Name:Takafumi HIROE Date:2012/06/15(Fri) 06:41 No.6539 ホームページ   
No.6522 62-4320と同じ日に撮影した62-4360。2機ともT/Gを行ってます。


>皆様
引き続き皆様のサンダーチーフにまつわる話題をお待ちします。
センチュリー・シリーズ恒例の連貼りは2枚までOKです。

Re: F-105 Thunderchief Part.3 Name:THUD Date:2012/06/15(Fri) 19:34 No.6540
狙っている訳ではありませんがまたTOPですね。
まさか皆さんに気を使っていただいてるのでしょうか(笑)(絶対ナイ!!)
しかし皆さん立ち上がりが遅いので一瞬でも、そう錯覚しそうです(笑)
>geta-oさん
お手数をおかけして申し訳ありませんでした。一機だけでも判明して助かりました。ありがとうございます。
トラ迷彩ありましたね。誰が言い出したか記憶にありませんが、気が付くと皆そう呼んでました(笑)
geta-oさん紹介の反対側でリバースパターンになっています。
1967年3月撮影の(91728)80TFSです。


Re: F-105 Thunderchief Part.3 Name:THUD Date:2012/06/15(Fri) 19:52 No.6541
1967年4月着陸後ドライブイン前を戻って行くF-105F(38288)です。当時簡単な部隊特定方法のひとつにプラクティス・ボム・ディスペンサーに描かれているマークを見る方法がありました。しかしこれも使い回しなどの可能性もあるかとも思いますので正確性は?でしょうか。一応この機体はブラックパンサーなので36TFSだと思います。↑もヘッドハンターが描かれているので80TFSと判断しました。
>PAPPYさん
det.Hさんに続きPAPPYさんにも気を使っていただいてありがとうござ・・・ってこれもウソですか!
ソーデスカ ワカリマシタ(棒読み)(笑)


Re: F-105 Thunderchief Part.3 Name:geta-o Date:2012/06/15(Fri) 19:56 No.6542
どうしたのでしょうねヒャクゴはあまり人気ないのですかね。
それではTHUDさんがUPしたので続きます。
今日はヒャクゴの早朝撮影。
横田は滑走路の工事を日曜日に行うことが多くありましたがもう珍しくなった前日に飛来したZA(12TFS)のF-105Dを工事が始まる6時前に撮影に行きました。16号沿いの誘導路をライトを点灯してタキシングしてくるヒャクゴを撮りました。62-4279 1971.05.02横田
1枚目:ちょっと幻想的です。


Re: F-105 Thunderchief Part.3 Name:geta-o Date:2012/06/15(Fri) 19:57 No.6543
2枚目:モノクロでも露出に苦労しました。

Re: F-105 Thunderchief Part.3 Name:飛行浪人 Date:2012/06/15(Fri) 20:35 No.6544
>広江さん、皆さんこんばんは。
やっとジョージでのポジを発掘しました。
ジョージのランウエイは南北、転がりが撮れるのは北側エンドの東側に限られ、光線状態が良いのは午前中だけです。
光線状態の悪い昼近くに転がって来ました。1978年11月7日でした。
>広江さん、申し訳ありませんが番号は見えません。


Re: F-105 Thunderchief Part.3 Name:飛行浪人 Date:2012/06/15(Fri) 20:39 No.6545
>続いては同じ機体のピン抜きのアップです。
インターフォンの線が2本見えますが何故だか判りません。
部隊マークが描いてありますが私は判りません。<(_ _)>


Re: F-105 Thunderchief Part.3 Name:PAPPY Date:2012/06/15(Fri) 21:06 No.6546
広江さん、皆さんこんばんは。
THUDさんと同じ場所と思いますが着陸後横田ドライブイン前を通る F-105D 24312 で、1966年5月頃では銀が1割以下程度になっていたと思います。


Re: F-105 Thunderchief Part.3 Name:PAPPY Date:2012/06/15(Fri) 21:07 No.6547
同じ日の1966年5月、これもトラ迷彩でしょうかパターン違いの F-105D 81167 。


Re: F-105 Thunderchief Part.3 Name:Gulf4 Date:2012/06/15(Fri) 21:29 No.6548 ホームページ
帰宅後に見た時は広江さんの写真だけでしたが、この時間になったらハイスピードで増えていますね。
最初の時と同じ1980年8月1日にティンカーAFBで撮った507TFG/465TFSのF-105D(62-4383)。
No.6520の機体が垂直尾翼に州の地図、胴体に部隊マークを描いていますが、これには何もありません。
皆さんの写真を見ていると、一度は「ひゃくご」の飛んでいる姿を撮りたかったですね。
低空を飛んでいる姿は、高校生の頃に住んでいた宮城県北部では何回も見ましたが・・・。


Re: F-105 Thunderchief Part.3 Name:N.SUZUKI Date:2012/06/15(Fri) 21:31 No.6549 ホームページ
広江さん 皆さんこんばんは。
虎迷彩が話題になっていますので、極初期(多分1965年末頃)のカラー(さくら)が有りました。F-105D 10140横田16号国道沿いからのタキシングです。


Re: F-105 Thunderchief Part.3 Name:N.SUZUKI Date:2012/06/15(Fri) 21:40 No.6550 ホームページ
続いて、横田で最初に見ることができた迷彩塗装のF-105D 00428 です。
カラーが無くて記憶は確かではありませんが、後に出てきたヴェトナム迷彩(一部に虎迷彩)とは明らかに異なり、タン色は無かった(ヨーロピアン迷彩ふう)かと記憶しています。尾翼のUSAF シリアルNoは黒字で大きく目立っています。撮影は1965.6.23日の横田R/W18側です。


Re: F-105 Thunderchief Part.3 Name:det.H Date:2012/06/15(Fri) 22:30 No.6551
広江さん 皆さん こんばんは
>Straight Wingsさん
チェッカーセブンの561ヒャクゴを撮られていましたか〜 流石強運の持ち主!
>THUDさん
あ、これがトラ迷彩の右側でしたか な〜んだ、これなら撮っていました (笑)
>geta-oさん
早朝6時前ですか やはり同じ事をしていたら良い写真は撮れませんね いいね! ポチ
もう今から大賞が決まっちゃいましたね
>飛行浪人さん
70年代にむこうへ行ってヒャクゴを撮ろうなんて思いもしな、 え?1078年、11世紀?こりゃ絶対むりだ (笑)
>N.Sさん
このチェッカーは知りませんでした どこの部隊だったのでしょう あの頃のポジはフジよりはるかにサクラの方が色が残っていますね
広江さん
確かに尾翼の三色、言われてみると、モノクロだと2パターンあるようで微妙に違いますね ん〜ん、銀はあのカットしかカラーがないのですよ ドナタカお助けを 

なるべく撮影初期の銀ヒャクゴをと思っていますが、なかなかいいのが見つかりませんが
、もう一枚ネガで撮っていた銀がありました 65年の厚木三軍時です
これ以外銀カラーは無く、三色帯は???です


Re: F-105 Thunderchief Part.3 Name:det.H Date:2012/06/15(Fri) 22:31 No.6552
きょう2枚目は同じ年65年の横田三軍時、No.6532でPAPPYさんが紹介された列線にデモフライトから戻ってきた機体が入るところです
チェッカーセブンはこのカットしか撮っていませんでした


Re: F-105 Thunderchief Part.3 Name:Takafumi HIROE Date:2012/06/16(Sat) 05:42 No.6553 ホームページ
>THUDさん
1、2、3と続いてますから、指定席として皆さん待ってるんですよ。そう思いましょう。ネ!(笑)
No.6540の迷彩が???でしたが、この機体もトラ迷彩ですか。誰が言い出したんでしょうネ。
プラクティス・ボム・ディスペンサーに描かれる部隊マークといっても、吊るし物ですからねぇ〜。

>geta-oさん
当時の機材で、よく早朝撮影にトライされましたね。
タキシーウェイのライトの反射、明るくなりかけの空、確かに幻想的です。トライした甲斐がありましたね。
そこでお決まりの言葉・・・。今の機材だったらなぁ〜、ですよネ(笑)

>飛行浪人さん
ピン抜き作業、インターフォンの線、全て懐かしいですねぇ〜。今は見かけませんよね。
さて、再度のお願いで申し訳ありませんが、見えそうで見えないNo.6533は残念ですが、
今回の画像も、BBS用に加工すると"363”は以外が読み取れないので、必ず補足いただけると助かります。

>PAPPYさん
ずいぶん動くヒャクゴの姿を撮られてるのですネ。
No.6547の迷彩パターンは、確かに他と比べると異なってますね。当時は違和感を感じなかった???。
銀が1割以下程度の滑り込み状態の時期とはいえ、両方が撮れた羨ましい時期です。

>Gulf4さん
皆さん、夜行性になったようです(笑)
やはり1980年代のポジ・カラーは綺麗な色で残りますねぇ。私は、こちらも羨ましいです(笑)
そういえば、1980年撮影というと、465TFSのヒャクゴの運用末期?。滑り込みで押さえられましたね。

>N.SUZUKIさん
虎迷彩、カラーで見ると明らかに異なり砂漠迷彩のようでインパクト大ですね。
No.6550の黒字で書かれたUSAFとS.No.の文字、雑誌で見た記憶があります。
当時は“ヨーロピアン迷彩”というキーワードは無かった?。グリーン3色でしょうか。

>det.Hさん
チェッカーセブンの意味が理解できませんでしたが、No.6552の左端を見て、すぐ分りました(^_^;
これまでの話題にもありましたが、皆さん本当にうまい表現のニックネームをつけますねぇ〜。
No.6551のショットと似た手札サイズの小さなピンボケのカラー写真が手元にあります(笑)

>皆様
ここはクローズし、新たにPart.4を立てます。





F-105 Thunderchief Part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2012/06/14(Thu) 07:10 No.6522 ホームページ   
私は、その場でノートを記録し始めたのは1968年の夏休みから。
それ以前は後追いで記録してますが、当時はヒコーキ以外も撮っていたため、ネガがバラついていて不明が多しです。
中高時代は遠い横田には各学期末休みに行く程度なので、回数は少ないのですが撮影日が特定できません。
↓はカビだらけのネガから機体の大きさに合わせてスキャン時にトリミングしました(笑)
ちなみに、部隊は全く分りません。


>皆様
引き続き皆様のサンダーチーフにまつわる話題をお待ちします。センチュリー・シリーズ恒例、連貼りは2枚までOKです。

ところで、横田のF-105の所属は、板付8TFW ⇒ 横田41AD ⇒ 横田6441TFW⇒ 横田41AD
この流れでしょうか?。どなたかタイムライン等、説明いただけると大変に助かります。

追伸です。
何度も呼びかけてますが、未だ実現しません(^_^;
此処は事前申請不要の自由参加ですので、書き込みを躊躇されている方、遠慮なく参加下さい。

Re: F-105 Thunderchief Part.2 Name:THUD Date:2012/06/14(Thu) 18:10 No.6523
1966年3月横田に着陸するF-105D(24266)です。この機体は銀塗装ですが、このころはもうほとんどの機体が迷彩塗装を施されていました。しかし写真を見ていてふと思ったのですが、アンチグレアグリーンはなぜ背中にも塗られているのか?あのキャノピーでは後方視界はほとんど無いような気がしますが。

Re: F-105 Thunderchief Part.2 Name:THUD Date:2012/06/14(Thu) 18:21 No.6524
1967年5月横田F-105の列線です。手前のF-105F(38261)は機首のバンドから12TFSの所属と思います。

Re: F-105 Thunderchief Part.2 Name:geta-o Date:2012/06/14(Thu) 19:00 No.6525
いよいよセンチュリーシリーズも最後ですね。
広江さん
“THUD”という呼び方は105が横田にいる間は私はほとんど聞きませんでした(一部の海外ミリタリー本を好んで読んでいる人はわかりませんが)。通常は“ヒャクゴ”と呼んでいたと思います。
THUDさんが#6511で紹介されている4機フォ−メーションですが写真を見ましたが手前の右翼機以外シリアルはわかりませんでした。手前のF-105Dは62-4346です。
F-105の最初はこのF-105の存在価値をどう見るかによりますがやはり核攻撃のできる戦闘爆撃機であると思いますので珍しく外部に模擬核爆弾を付けたF-105Dを2枚続けて。
最初は虎迷彩 59−1729 1967-3-3 横田


Re: F-105 Thunderchief Part.2 Name:geta-o Date:2012/06/14(Thu) 19:01 No.6526
2枚目は通常迷彩 62-4344 1967-3-10 横田
このころは水戸の射爆場を使用して投下訓練をしていたようです。


Re: F-105 Thunderchief Part.2 Name:det.H Date:2012/06/14(Thu) 20:11 No.6528
広江さん 皆さん こんばんは
何故か出足が?
私は残念ながら一度も模擬核に遭遇しませんでした
Geta-oさんのすばらしい絵の後になんなんですが、同じ吊るしモノということで・・・


Re: F-105 Thunderchief Part.2 Name:det.H Date:2012/06/14(Thu) 20:11 No.6529
皆さん お忙しいのかな?

Re: F-105 Thunderchief Part.2 Name:Gulf4 Date:2012/06/14(Thu) 20:33 No.6530 ホームページ
1960年から70年の松島基地航空祭は、米軍機も参加していたので、内容は充実していたと思います。
当時は松島基地の配備機はF-86Fでしたが、同じ戦闘機部隊としての繋がりがあったのでしょう。
1967年7月30日に開催された松島基地航空祭に展示されたF-105D(62-4277)。
エンジンスタートのためにカートリッジスターターを使ったところです。
当時はレンズ交換の出来ない単焦点カメラでしたが、撮影環境は良かったのでしょうね。
部隊識別が出来ないので調べると、12TFS所属で1968年3月8日オーサン近郊で墜落とありました。


Re: F-105 Thunderchief Part.2 Name:PAPPY Date:2012/06/14(Thu) 20:33 No.6531
THUDさんのお席を空けておきました。(うっそ〜)
1965年5月16日の横田三軍記念日に展示された 24360 でTHUDさん紹介のNo.6512の右側からのものです。


Re: F-105 Thunderchief Part.2 Name:PAPPY Date:2012/06/14(Thu) 20:34 No.6532
同じく1965年5月16日の横田三軍記念日の展示エリアの北側のF-105の列線で17機見えます。
手前から 38294 24363 24362 まで読めますが中に外来機(補充機?)が3機写っています。
この月に6441TFWが横田で編成されたのでしょうか。


Re: F-105 Thunderchief Part.2 Name:飛行浪人 Date:2012/06/14(Thu) 20:39 No.6533
>広江さん、皆さんこんばんは。
今日は昨日と同じ頃ジョージで撮ったF−105Gの着陸です。
>広江さん相変わらず番号がはっきり見えません。 <(_ _)>
ヒャクゴの爆音、何故か記憶にありません、ヒャクロクは鮮やかに残っているのですが。

>det.Hさん、ヒャクゴのキャノピーは2段階に開きましたね。
たまに来た外来で上がりを待っている時、キャノピーが半開きから全開になるといよいよ出て来るぞと期待して待っていたのを思い出しました。


Re: F-105 Thunderchief Part.2 Name:Straight Wings Date:2012/06/14(Thu) 21:21 No.6534 ホームページ
広江さん、みなさん、こんばんは。
ついに懐かしのヒャクゴですね。横田に初めてフルサイズ(ハーフサイズではないという意味で)カメラを持ち出して撮ったF-105F 63-8348。部隊については疎いのでわかりませんが、チェックのマーキングは黄色と黒だったと思います。


Re: F-105 Thunderchief Part.2 Name:Straight Wings Date:2012/06/14(Thu) 21:34 No.6535 ホームページ
こちらは横田に降りるF-105D 61-0198。1965/7/19の撮影です。バズナンバーなし、増タンにアンチグレア塗装はなくその代わりに機番が書かれています。水戸の射爆場帰りでしょうか、訓練弾のディスペンサーつきです。やっぱり銀色のヒャクゴはかっこいいなー。
No.6534の撮影日を入れ忘れました。1965/5/4でした。


Re: F-105 Thunderchief Part.2 Name:N.SUZUKI Date:2012/06/14(Thu) 22:13 No.6536 ホームページ
広江さん、皆さんこんばんは。
 吊るしものが紹介されていましたので、追加します。65.10.25日、横田R/W36から離陸するF-105D 24324です。左翼にブルパップ ミサイル装備です。


Re: F-105 Thunderchief Part.2 Name:N.SUZUKI Date:2012/06/14(Thu) 22:19 No.6537 ホームページ
正確な撮影日ではありませんが、同じく65年頃横田R/W36から離陸するF-105D(FH147とFH718)です。
2機ともサイドワインダーAAMと大型ロケット弾を装備しています。


Re: F-105 Thunderchief Part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2012/06/15(Fri) 06:40 No.6538 ホームページ
>THUDさん
そうですよね・・・。キャノピーの後ろにも何故アンチグレアを塗ったのでしょうかね。
そして当時の『ヒャクゴ』は本当にグリーンだった記憶が強く残ってます。
No.6524のレドームの後ろの黄帯は12TFSですかね。しかしこの日は外来機???。

>geta-oさん
ですよねぇ〜。私も『ヒャクゴ』派です(笑)。ヒャクゴに核は切り離せない複雑な心境です。
No.6525は拝見した瞬間に『???』、 虎迷彩ですか。初めて見ました。3色は同じですよね。
水戸射爆場の近くまで行ったことがあります。当時初めて聞いたバルカン砲の発射音が忘れられません。

>det.Hさん
皆さん忙しいのかな・・・。いつものように嵐の前の静けさかとビクビクしてます(笑)
これはダートターゲットでイイのですよね?。どの機体に吊るしても大きく感じます。
No.6528の垂直尾翼上端の色は、上から赤黄青に見えます。No.6514と部隊が違うのかなぁ〜。

>Gulf4さん
『ヒャクゴ』もエンジンスタートに火薬カートリッジを使用するのですか・・・。
松島基地にスターターが無かったのかな???。
火薬カートリッジでエンジンスタートを間近で見たことがありませんが、どんな音がしたのだろう〜。

>PAPPYさん
No.6531の主翼前縁の矢形は黄色ですかね。
6441TFWのことは、まだ理解できていない私に聞かないで下さい(笑)
No.6532のような列線の記憶はありません。私は何を見て何を撮ったのかさえ記憶に残ってませんので(笑)

>飛行浪人さん
ヒャクゴのキャノピーの開き方の2段階、確かにdet.Hさんの2コマで差が分りますネ。
エンジン音の記憶はないですか・・・。私は当時の厚木でのA-1, A-3, A-4, F-8 各々の音をよく覚えてます。
スミマセン、S/No.、小さい文字の2文字目、大きい文字の2文字目、オリジナル画像で読み取れますか?。

>Straight Wingsさん
やはりTACマークのヒャクゴはイイですねぇ〜。横田にTDYで来た直後の561TFS/23TFW機ですかね。
同時期撮影のNo.6535は部隊の特定するマークが見当たりませんが、23TFW機かな?と推測するに留めます(笑)
そういえば、増タンにアンチグレアも効果不明のような?。ひょっとして後続ウイングマンのためなのかなぁ〜?

>N.SUZUKIさん
AGM-12 ブルパップとは、吊るし物からも時代を感じますねぇ〜。マーベリックの前世代ですよね。
No.6537の大型ロケット弾とはサイドワインダーの外側でしょうか。これも私は初めて見ました。
ところでNo.6537の部隊は・・・。以外とF-100, F-101, F-102よりもF-105の部隊は難しい・・・。

>皆様
ここはクローズし、新たにPart.3を立てます。





F-105 Thunderchief Name:Takafumi HIROE Date:2012/06/13(Wed) 06:46 No.6510 ホームページ   
>皆様
3週間ぶりにスタートする話題はセンチュリー・シリーズ第四弾“Republic F-105 Thunderchief”。
始めるにあたってフト疑問に・・・。当時は『サッド : Thud』と呼ばれていたのでしょうか?。
というのも、やはり私には馴染みが薄いF-105、厚木では三軍記念日以外では見た記憶が無い。
今回の話題も、皆さんの話題と画像を楽しく拝見させていただきますm(_ _)m

1971年10月〜11月、小牧基地で行われた国際航空宇宙ショーで展示された12TFSのF-105D。
この時の目玉はなんと言っても“ブルーエンジェルス”。私のモノクロネガには2コマだけが写ってました。


改めてお願いです。
出来る限りS/Noと部隊を補足下さい。私の頭の中では“GR”と“ZA”しか記憶がありませんので(^_^;

追伸です。
センチュリー・シリーズ恒例、連貼りは2枚までOK。

Re: F-105 Thunderchief Name:THUD Date:2012/06/13(Wed) 12:50 No.6511
広江さん、皆さんこんにちは。
センチュリー・シリーズもいよいよ大詰めですね。では、恒例のオープニング(笑)
これも66年の入間ですが、私の写真ではS/Nが判読できませんでした。geta-oさん、N.SUZUKIさんも撮られているかと思いますが、もしお分かりでしたら補足いただけるとうれしいのですが m(__)m


Re: F-105 Thunderchief Name:THUD Date:2012/06/13(Wed) 13:04 No.6512
1965年5月の横田三軍記念日に展示されたF-105Dです。私はこのとき初めて105の離陸を見たのですが、現在のFA-18のエンジン音が子守唄に聞こえるほどの轟音で(笑)体がビリビリ震えるほどの迫力でした。
思い出補正?が入っているかもしれませんが、それで一目惚れしました(笑)


Re: F-105 Thunderchief Name:det.H Date:2012/06/13(Wed) 15:28 No.6513
広江さん 皆さん こんにちは
センチュリー・シリーズもいよいよ最後(104もアルノカナ?)
一番目はTHUDさんに敬意を払って投稿を待っていました (ウソ)笑
では私は高齢 じゃなかった、私も恒例のオープニングフライパスで
THUDさんの2年前の入間航空ショーです この時の編隊フライパスはこのセンチュリーシリーズでも出てきましたが、我が自衛隊からはT-1(4)から始まり86(4)、104(4)と続き、米軍からはF-8(RF,DF(4))、100(3)、101(3)、102(3)、でこの105となり、C-130の2機での交差があり、最後はNGファントム(VF-96)3機でシメとまあナント豪華な航空祭でしたでしょう まともな機材も腕も無かった時代でした


Re: F-105 Thunderchief Name:det.H Date:2012/06/13(Wed) 15:28 No.6514
二枚目はFUJICOLOR NEGAで撮っていた銀105です
銀カラーはこの一枚のみでした
広江さん すみませんこの頃の部隊はよく分りません


Re: F-105 Thunderchief Name:N.SUZUKI Date:2012/06/13(Wed) 18:12 No.6515 ホームページ
広江さん、皆さんこんにちは。
 F-105の最初は、1964年頃撮影した横田に配備された頃の標準的なF-105D(24375と24358)です。R/W18からの着陸で、この訓練弾ポットとロケットポット装備が標準でした。機首横の所属部隊マークはすぐ消えましたが、インテークの色分けで区別され、手前のFH-375機は3色で当時、いくつかいた、隊長機といわれていたものです。尾翼端のF及びN等の識別(複座のF型は数字)は、その後無くなりました。


Re: F-105 Thunderchief Name:N.SUZUKI Date:2012/06/13(Wed) 18:34 No.6516 ホームページ
 
続いて、F-105F(38277と38280)で横田R/W18午後側で,R/W36から着陸後の点検中の機体です。機首横には、所属マークが残っています。横田のF-105はPACAF所属の3中隊だけでなく、多くのTAC部隊も頻繁に駐留して、近くの水戸射爆場での訓練等を行っていました。正確な所属部隊等フォローしてもらえればと思っています。


Re: F-105 Thunderchief Name:飛行浪人 Date:2012/06/13(Wed) 21:08 No.6517
>広江さん、皆さんこんばんは。
お楽しみのセンチュリーシリーズ、ラストのサッド始まりましたね。
私が本格的に撮影を始めた頃は既に横田から嘉手納へ移動した後だったのでほとんど撮れませんでした。
まともに撮れたのは1980年頃ワイルドウイーゼルになったG型でした。
ネガが見つからないのでプリントをスキャンしました。
景気づけにバーナーオンで行きます。(笑)
タンクに隠れて番号が見えません、レターはGAです。


Re: F-105 Thunderchief Name:PAPPY Date:2012/06/13(Wed) 21:48 No.6518
広江さん、皆さんこんばんは。
THUDさん指定席が取れてよかったですね、det.Hさん紹介の64年の入間は今考えると豪華だったですね。
空自のF-104Jが音もな超々低空で会場上空に進入してきて真上で爆音が聞こえたのにびっくりしたのを覚えています。
1965年9月23日横田R/W36降りの F-105D 24282 PACAFマークの駐留機です。


Re: F-105 Thunderchief Name:PAPPY Date:2012/06/13(Wed) 21:49 No.6519
同じくF-105F 38271 です。


Re: F-105 Thunderchief Name:Gulf4 Date:2012/06/13(Wed) 22:11 No.6520 ホームページ
またスキャンして、それから「お化粧直し」と、忙しい日々が続きそうです(笑)。
1980年8月1日、ティンカーAFBで撮影した507TFG/465TFSのF-105D(62-4346)。
猛烈な暑さの日に撮影したもので、フィルムの一部は熱で駄目になりました。
この時は運用も末期だったので、後継機となるF-4Dも同じ日に撮っています。
F-105を撮らせてくれるとのことで、オクラホマ州まで行ったと思います。


Re: F-105 Thunderchief Name:Takafumi HIROE Date:2012/06/14(Thu) 07:09 No.6521 ホームページ
>THUDさん
オープニング画像、お待ちしておりました(笑)。S/No.は後続の方々に期待しましょう(笑)
No.6512は主翼前縁の黄色の矢形から想像するに、横田の41AD or 6441TFW所属の80TFSでしょうか?。
実は私は『ヒャクゴ』の音の記憶がありません。語り継がれでは、轟音と聞いてますが・・・。

>det.Hさん
1964年11月の入間基地の様々な編隊フライパスは本当に豪華絢爛。
F-101, F-102は、このBBS IIでも紹介されてますね。ただ何故かF-100は未紹介です。
レドーム後端の赤帯は部隊の特定になる?。No.6514も41AD?6441TFW?。私には難しすぎます(笑)

>N.SUZUKIさん
主翼前縁の矢形マークから、横田常駐機と想像はできるのですが、確証あらず(^_^;
垂直尾翼上端にアルファベット(F-105D)や数字(F-105F)が書かれていた時期もあるのですね。
しかし迷彩前の綺麗な時代、F-4以前のF-105時代の横田は羨ましいですねぇ〜。

>飛行浪人さん
いきなり、バーナーオンとは、まあ確かに景気づけにはピッタリです(笑)
この時の音が、未だに語り継がれてますが、現場で聞いた音は、どうでしたか?(笑)
機体は“GA”レターという事で、ジョージアの35TFW機ですね。しかし部隊は特定できません。

>PAPPYさん
2コマとも、det.HさんNo.6514と同じ部隊のような気がするのですが、
ただ、垂直尾翼の3色が、モノクロ画像で判断できませんが、上の方が明度が高いような気が・・・。
同じ41AD or 6441TFW機としても、塗装の変遷や配備期間など、開始早々から課題多しです。

>Gulf4さん
スキャン&お化粧直しの忙しい日々(笑)、ありがとうございますm(_ _)m
最初の1枚目がAFRESとは驚きました。渋い選択ですねぇ〜。おそれいりました。
このような綺麗なショットが残っているとは、酷暑のオクラホマまで行った甲斐がありましたね。

>皆様
THUDさんの書き込みがあるまで、皆さん待っていただいたのでしょうか?。
それとも、単にスロー・スタート?。
ここはクローズし、新たにPart.2を立てます。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -