GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





AH-1 Series Part.3 Name:Takafumi HIROE Date:2012/10/12(Fri) 08:35 No.6770 ホームページ   
Part.1から紹介の続く157772。
この日は何度も嘉手納からフライトを繰り返したため、↓のショットも撮ることができました。
Super CobraやViperとは異なり、当時はスマートな姿で格好イイですねぇ〜。


>皆様
引き続きPart.3で皆様からのコブラ・シリーズの話題をお待ちします。

Re: AH-1 Series Part.3 Name:det.H Date:2012/10/12(Fri) 09:44 No.6771
広江さん 皆さん こんにちは
なぜかまだ本家が出てきていないようなのでUS ARMY、AH-1Gを というより72年沖縄以降次に撮っていたのがこの入間でした この公開はここの常連さんも大勢行かれていたと思います
私の能力では残念ながら部隊等はわかりませんでした
>THUDさん お休みの所たたき起こしてモ〜シワケナイ


Re: AH-1 Series Part.3 Name:MACH3 Date:2012/10/12(Fri) 09:46 No.6772
>広江さん
貼りつけた日付間違っていましたね、最近小さい文字が見えなくって・・また注意力も散漫してきました。
ここで訂正と補足をさせてもらいます。

1971年5月26日のHML-367の件はDeactivedでなくStoodDownの誤りでした。
H&MS-36 SUB UNIT-1はHMA-369の開隊に向けサポートしていたものと思われ、HMA-369が開隊するタイミングの1972年3月31日付けでこちらはDeactivedになっています。

HMM-164が1972年4月16日USS OKINAWAに乗りトンキン湾に向かう際に2機のAH-1J(Bu.No.157772,157761)がHMA-369から人員と共にHMM-164所属となりました。
その後、5月5日にHMM-165所属となり6月14日に本隊(HMA-369)普天間に戻っています。
ちなみにHMM-165ではYW41(157772),YW42(157761)でした。

DET-Hさんの4月11日撮影のAH-1Jにはテイルコードが記入されていないのもHMM-164に貸出す機体のやりくりの事情があったのかも知れません。

A-330さんのHMM-164のAH-1Jの件は、これと同じような展開が翌年もあったのかと思われます。
いずれにせよ貴重なショットだと思います。

ということで、HMM-165から戻ったAH-1JはYWだったのか興味があるところです。

↓スキャン済の157772です。 もうネタがありません。


Re: AH-1 Series Part.3 Name:A-330 Date:2012/10/12(Fri) 14:23 No.6773
広江さん、皆さんこんにちは。

那覇でのAH-1J変遷続けます。
今日は 157787 を。
1枚目はT/C無しでSide Noが63です。お気に入りのショットを撮らせていただきました。


Re: AH-1 Series Part.3 Name:A-330 Date:2012/10/12(Fri) 14:23 No.6774
次はT/CのSM,Side Noが01,そして「虎」文字入りへと変わった157787です。1973年那覇にて。

>広江さん
>MACH3さん
とても解りやすく、丁寧な解説をいただき有難うございました。
やはり一時的なレア機体の写真と確認できて大変嬉しく、感謝いたしております。
残念なことは、やはり撮影した日にちが判明できないことです。当時は「ヤッター!撮ったド〜!」でお終いだったことが、こんなに悔やまれるとは思ってもいませんでした。今のデジカメ機能がついていたらどんなにか…。
>Gulf4さん
ただ一度だけの希少なAH-1S-73403メモリアルフライトショットですね。機体の珍しさに加えて、メインローターのブレ具合の割にはテイルローターがまったく写っていないところも初見で新鮮です。


Re: AH-1 Series Part.3 Name:toksans Date:2012/10/12(Fri) 15:14 No.6775
皆さん緑のAH-1の在庫が豊富ですね。一人灰色の世界を進みます。昨年の6月3日エルセントロで撮ったHMLA-367のAH-1W、VT-24-165448とVT-25-160108です。

Re: AH-1 Series Part.3 Name:Gulf4 Date:2012/10/12(Fri) 21:26 No.6776 ホームページ
残念ながら番号順ではありませんが、飛べない特別塗装機が多い中で、ワンポイントのマークを描いた
AH-1S(73467/WATH)。白文字が記入されているので、霞ヶ浦で教育用に使われていたと思われます。
2006年5月21日、宇都宮の基地祭で撮影したものです。
もっと大きな「口と歯」を描いたAH-1Sもあったと思いますが、どなたか撮っていますよね。
>A-330さん
確かにテールローターが消えてしまっていますね。今までまったく気が付きませんでした。


Re: AH-1 Series Part.3 Name:TROUT Date:2012/10/12(Fri) 22:55 No.6777
広江さん皆さんこんばんは。昨日のシャークつきのAH-1Jの続きです。隣の機首番号は575。やはりBubヘ判別不能、T/Cは書かれていないようです。
>det.Hさん、シャークが付いててもコブラはGunが外された姿、丸腰だと迫力に欠けますね(^_^;)
>A330さん、やはりそうでしたか(^^) VEのトリプルナッツやピカピカのQB等々沖縄の米軍機と入道雲!憧れて行きました74年に嘉手納へ!しかしA330さんのような迫力ある写真は撮れませんでした(^_^;) 場違いですが、確か三沢で撮られた大物のご披露の予定は??
>飛行浪人さん、3ヶ月の差でしたか。私はハンビーでシーコブラを撮れたのはこの時だけでした。
>広江さん、ハンビーは私も嘉手納へ行く途中にのぞくのですが、いつもたいした物がいなくてチョイの間で立ち寄る程度でしたがこの時だけは別でした!


Re: AH-1 Series Part.3 Name:North PHANTOM Date:2012/10/13(Sat) 05:35 No.6778
広江さん、皆さんおはようございます。
 皆さんの飛んでいるのAH-1は素晴らしいですね。
残念ながらMARINESの飛んでいる写真は未熟な腕で撮ったものがごく僅かしかありませんでした。
 さて同時期として広江さんやMACH3さんから紹介されていますが1976年2月14日キャンプ富士でのAH-1J HMA-369のSM05です。
この時の塗装は一緒に駐機していた157772のSM03と対照的に黒文字で尾部のDENGERもありませんでした。
この2年後の1978年にキャンプ富士に展開したHMM-262ではAH-1は全て黒文字でした。

※広江さん すみません原版やモノクロも見ましたが05のシリアルがどうしても判読出来ませんでした。
 どなたかフォロー頂けますとありがたいです。


Re: AH-1 Series Part.3 Name:飛行浪人 Date:2012/10/13(Sat) 06:33 No.6780
>広江さん、皆さんおはようございます。
昨夜は百里疲れで書き込みができなかったので今朝になりました。
573はMARINESの文字が未だ白文字です。
>TROUTさん、3ヶ月の差、悔しいの一言です。(笑)


Re: AH-1 Series Part.3 Name:Takafumi HIROE Date:2012/10/13(Sat) 06:52 No.6781 ホームページ
>det.Hさん
はい、その年の入間に行きました。
ところが撮影したコマの記憶はあるのですが、見つかりません。
数少ない米陸軍コブラが分類できず、何か別の機種の中に入れてしまったようです。
マリンコ色ではないものの、AH-1J同様、外見はスマートで格好イイですネ。

>MACH3さん
ベトナム戦争時代の詳細な記録とコメントに感激、感謝感謝、ありがとうございます。
私のGO! NAVYでMAU/MEUの展開記録を随時更新中ですが、
MAU/MEU、HMM/VMM、LPH/LHA/LHD の3つの組み合わせで、整理がとても難儀してます。
特にベトナム戦争中以降のフネの展開記録がほとんど分りません。
今度、お手伝いいただくと幸いです。

>A-330さん
機体(Bu.No.)ごとの変遷記録を大変に楽しみに、そして興味深く拝見してます。
しかし、No.6773の#63には皆目見当がつきません。この撮影も1973年ですか?。
MACH3さん、助けてくださぁ〜い!(笑)。画像なしのコメントだけでも・・・。
撮影日&離着陸等の記録は地道で、その時点では些細で役に立つなど考えてもいません。
ですので、ついつい記録から遠のく気持ちは私にもよく分ります。

>toksansさん
グレーのコブラも、厚木では超希少種なので、紹介のようなショットが羨ましいです。
VT-25の160108は、AH-1Tから改造されたAH-1Wのようですね。
AH-1Wから改造されるAH-1Zもありますので、AH-1T → AH-1W → AH-1Z 改造履歴の機体も現れそうです。

>Gulf4さん
ワンポイントのマーク・・・、スミマセン、瞬時に気づきませんでした(^_^;
大きな「口と歯」を描いたAH-1S・・・、↓のことですか?。それとも別物?
昨年(2011年)10月2日の木更津基地航空祭に展示されたIV ATHの73467です。
Gulf4さんNo.6776紹介から5年後の姿。「口と歯」も立派に育ちました(笑)



>TROUTさん
HMM部隊と原隊との移動を繰り返すAH-1J/UH-1Nはテイルコードを書かない事が多かったようです。
まあ合理的な考えでしょうけど、マニア的には寂しいですよね。
しかしマリンコ・コブラでは、ハンビーとキャンプ・フジが重要な脇役になりそうです(笑)

>North PHANTOMさん
紹介の塗装の黒文字は排気で汚れてしまうと、直接目で見ないと分りません。
私もこの類でBu.No.判読不能機が何機かあります。
1976年当時のCamp Fujiは、機数の多いCH-46系がランウェイを占拠する慣例からか、
AH-1/UH-1系統とCH-53は道路と並行の駐機スポットに直接離着陸してましたので、
紹介のように、短焦点で撮れる迫力さがありましたね。

>飛行浪人さん
連日の遠征お疲れさまです。しかしお元気ですねぇ〜(笑)
このNo.6780紹介も、TROUTさんNo.6777紹介同様、テイルコードが未記入ですか。
私も当時はテイルコード未記入のコブラを撮る機会がよくありました。

>皆様
このスレッドをクローズし新たにPart.4を立てます。





AH-1 Series Part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2012/10/10(Wed) 22:56 No.6755 ホームページ   
Part.1クローズからの続き、同時期飛来していたHMA-369 AH-1J 157762/SM-07。
A-330さんNo.6750〜No.6753と同一時期の157762のSide No.が判明すると、
det.HさんNo.6748紹介がH&MS-36 Sub Unit 1かHMA-369、どちらの所属か的が絞れるかもしれません。


>皆様
引き続きPart.2で皆様からのコブラ・シリーズの話題をお待ちします。
なお、私事にてPart.1のレスのタイミングをずらしましたが、
このPart.2のレスタイミングは通常どおりに戻し、10月12日(金)午前中のレス予定とさせていたただきます。

Re: AH-1 Series Part.2 Name:TROUT Date:2012/10/10(Wed) 23:14 No.6756
広江さん皆さんこんばんは。AH-1と言えば私にはJシーコブラがしっくり来ます。そしてハンビーです。昔、横田16号沿いのドライブインの上で数々の沖縄での写真を披露され、群がる先輩マニアの方々の後ろからのぞき込み、真っ白な入道雲を背景に撮影されたAH-1Jの姿に憧れたものでした。その素晴らしい写真を披露された方・・・A-330 さんでは無いですか?(^^)
さて私の最初の紹介は78年10月、ハンビーにいたシャークつきのシーコブラです。すいませんBuNumberは判別できませんでした。尾翼にTCが無く部隊も分かりませんが機首には570と記入されています。


Re: AH-1 Series Part.2 Name:North PHANTOM Date:2012/10/11(Thu) 00:03 No.6757
広江さん、皆さん今晩は。
久しぶりのBBSUですが、初めから私の知らない世界の写真が出てきていますので、これからも楽しませて頂きます。
 最初のAH-1は2004年6月15日に自衛隊出身の当時JALのキャプテンが企画して頂いた木更津基地からのCH-47Jのフライトで、その際運よく撮れました第4対戦車ヘリコプター隊のAH-1Sです。残念ながらフライト後にはハンガー内に移動しており、近づけなかったためシリアルナンバー等は不明です。
なおフライトコースは東京湾を東京、川崎の海沿いを飛び、横浜球場のすぐ近くを通ってから千葉県側の湾内に沿って戻る約1時間コースでした。


Re: AH-1 Series Part.2 Name:小川 Date:2012/10/11(Thu) 01:03 No.6758
広江さん・みなさん>こんばんは
陸自のAH-1なら良く撮ってますので今年の火力演習から
AH-1 JG-3459(73459)のTOW発射シーンを一枚


Re: AH-1 Series Part.2 Name:MACH3 Date:2012/10/11(Thu) 06:05 No.6759
皆さま、おはようございます。
時差ぼけか今朝2時に目が覚めました。
ので、HMA-369のAH-1Jに関し調べました。

DET-Hさんの撮影されたAH-1Jは撮影日からして出来立てホヤホヤのHMA-369ですね。

HMA-369に関しては
HML-367が1971年5月26日に活動停止する際、5月4日にAH-1Jを4機VMO-6に移管しました。
しかしVMO-6ではUH-1Eの受取り記録のみで、恐らくH&MS-36管理下となったのではと思われ、その後SUB UNIT-1で運用されたのではないでしょうか?
H&MS-36 SUB UNIT-1が1972年3月31日付けでDeactiveになりHMA-369として開隊しました。
その後1972年9月にH&MS-36から5機のAH-1JをVMO-6が受取りHMA-369のパイロットと整備のサポートをしています。

↓ 1975/3/15 Camp FujiにてETのAH-1J


Re: AH-1 Series Part.2 Name:toksans Date:2012/10/11(Thu) 10:14 No.6760
広江さんとしては時間をかけてUSMCのAH-1の変遷をたどって行く目論見だと思いますが、一足飛びにAH-1Wを出させてください。というのも既出のAH-1Gの撮影後長い休眠期間に入り、再開後初めて撮ったAH-1がこのAH-1W HMLAT-303 165049だからです。2005年3月20日、ルーク公開での撮影です。

Re: AH-1 Series Part.2 Name:det.H Date:2012/10/11(Thu) 10:29 No.6761
広江さん 皆さん おはようございます
Part.1、ちょっと出足が? と思ったら予期せぬ未明のPart.2で続々と V(^^)V
>広江さん このBBSU、かなり間が空いていたので再開を気付かない常連さん達がいらっしゃるのでは? BBST、BBSV等でアナウンスされては? また新たな参加者を集う意味でもHSBでも?
>A-330さん
これはこれはまた凄い画像がでてきましたね〜 黄金時代の沖縄に駐在されていたA-330さんに嫉妬します (笑)
>TROUTさんのシャークティースは迫力ありますね〜 ところでこの機体、GUNは?

さて、HMA-369について、広江さん、MACH3さんから詳しいコメントをいただきありがとうございます シーコブラ初撮りのはずだったのですが小躍りした記憶が???で、今回の機会がなければこの写真について調べる事もなく眠ったままになっていたでしょう 
私はこの1972年4月11日時点の部隊はMACH3さん派でHMA-369だと思います(と思いたいです(笑))
なおこの時に撮影した機体はモノクロを含め1,2,3,の3機だけでした


Re: AH-1 Series Part.2 Name:A-330 Date:2012/10/11(Thu) 14:26 No.6762
広江さん、皆さんこんにちは。

昨日に引き続き3連貼りしないと説明できない機体を。
AH-1J 157761 の変遷です。
始めの2枚が自分ではレアだと思うのですが、YT-23 HMM-164 157761です。
SM-03 虎+1973とペアで飛来しました。機首の反射防止塗装の上に分かりづらいですが、赤い爆弾に青い蛇が巻き付いている絵が描かれています。

追伸:訂正とお詫び
撮影年は1974年の誤りです。訂正してお詫びします。


Re: AH-1 Series Part.2 Name:A-330 Date:2012/10/11(Thu) 14:27 No.6763
機首Noは書かれておらず、中央には大きくYT23とHMM164の文字、そして尾部にはCH-46でおなじみのマークが。
この機体、ネット検索しましたが手がかりすら見つけることが出来ませんでした。広江さん、ご教示のほどよろしくお願いします。

追伸:訂正とお詫び
撮影年は1974年の誤りです。訂正してお詫びします。


Re: AH-1 Series Part.2 Name:A-330 Date:2012/10/11(Thu) 14:28 No.6764
小躍りしながら撮影したのもつかの間、次に飛来した時には
SM-06 に変わってしまい、おまけにT/CのSMも極少サイズに。せっかくの乗員のカメラポーズも、ついYT-23だったら良かったのにと思ってしまいます。
3枚とも撮影は1973年、場所は那覇基地西側エプロンにてです。

>広江さん
157762は那覇では確認できませんでした。撮影できた機体は末尾No61,64,72,73,74,77,81,84,87,89,92の11機です。

>det.Hさん
パスポートで沖縄渡米されてのスクープ写真に水を差すようなことをして申しわけありません。
おっしゃるように黄金時代の那覇でしたが、撮り逃がした機体も数知れず悔しい思い出のほうが多かった…などと言うと後ろから蹴りを入れられそうですね(笑)

>TROUTさん
ハンビーショットしびれます。しっかりと目も書かれていて迫力そして希少価値も満点ですね。
昔のドライブインでのお話ですが、A-330の可能性が高いことを否定できませんです。当時はモノクロ写真しかお見せすることが出来ませんでしたが、有難いことに広江さんのおかげでこうしてカラーポジもデジタル画像で皆さんに見ていただけます。BBSU万歳!。

追伸:訂正とお詫び
撮影年は1974年の誤りです。訂正してお詫びします。


Re: AH-1 Series Part.2 Name:Gulf4 Date:2012/10/11(Thu) 20:58 No.6765 ホームページ
Part.2になったら珍しい写真が続々と出てきますね。懐かしのハンビー飛行場の写真も出てきましたが
当方がハンビーで撮った写真は行方不明。したがって陸上自衛隊のAH-1Sが続きます。
2007年1月17日、霞目飛行場に着陸するAH-1S(73403/TATH)。用途廃止のため霞ヶ浦に向かう途中です。
偶然に撮った写真を見て驚きましたが、胴体に何やら文字が・・・。


Re: AH-1 Series Part.2 Name:Gulf4 Date:2012/10/11(Thu) 21:17 No.6766 ホームページ
その文字のアップですが、この年に宇都宮の公開で富士重工関係者に聞いたら、その方が「制作者」でした。
退役記念の文字を入れたパネルを作成して帯広に送り、それを外板の上から固定したそうです。
文字の内容は73403号機の歴史を英文で書いたと聞きました。
その時「あの写真が問題になってねぇ」と言われ、理由を聞いたら何でも飛んではいけない状態で飛んで
それを撮られてしまったとか。家に帰ったら良く普通の機体と見比べて、と言われましたが・・・・。


Re: AH-1 Series Part.2 Name:飛行浪人 Date:2012/10/11(Thu) 21:21 No.6767
>広江さん、皆さんこんばんは。
百里に忙しく出遅れました。(笑)
今日は行ってないので参加できます。1978年7月5日、ハンビーで撮ったAHー1J(571)尾翼の文字は読めません。
ハンビーは嘉手納へゆく途中、バス停留所が良い場所に有り、中を見て動きがありそうな時は途中下車をしました。
現在はハンビータウンとかになっていて滑走路があったあたりに地元スーパー、サンエーがあります。
TROUTさんのシャークは3ヶ月あとでしたね、残念。


Re: AH-1 Series Part.2 Name:THUD Date:2012/10/11(Thu) 22:49 No.6768
広江さん、皆さんこんばんは。
det.Hさんのモーニングコール?に叩き起こされました(笑)
しかしAH-1はほとんど撮る機会がありませんでした。いままでは記憶がなくてもネガをひっくり返すと思わぬところで撮っていたりしたのですが今回はでてきませんでした。撮影したのは自衛隊のみで、ありきたりですみませんが2000年9月9日の総火演で射撃中のシーンです。(機体詳細は不明)蛇足ながら機首部分のモヤモヤは雲ではなく硝煙です(^^ゞ


Re: AH-1 Series Part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2012/10/12(Fri) 08:33 No.6769 ホームページ
MACH3さんから、ちょっと話題に出たHML-367、現在はHMLA-367“VT”レター。
↓は私に馴染み深い157772、このPart.2冒頭で紹介している同じ機体ですが、
翌年には(当時)普天間をホームベースとするHML-367所属に変わってました。


>TROUTさん
コブラといえば『AH-1J』と答える世代ですネ。もちろん私も・・・です(笑)
ハンビーも那覇から嘉手納に向かう途中、かならず覗く場所(基地)でしたね。
しかし私は紹介のシャークマウスが描かれたAH-1Jは見たこともありませんでした。
機体はLPH-3 USS OKINAWA搭載のHMM-165(C)所属、テイルコードは書かれているならば“YW”です。

>North PHANTOMさん
ヘリの1時間のフライトとは、なかなか貴重な体験をされましたねぇ〜。
実は私は木更津基地には2回しか行ったことがないので、上から見た位置関係がピン!ときません(笑)
行き慣れた方なら、頭の中でイメージできるショットでしょうね。

>小川さん
富士総合火力演習ならではのシーンですね。
しかし発射シーンを捉えるのには、行き慣れた経験+勘がないと撮れないでしょう。
おそらく私だったら、後の煙だらけのショット続出となること間違いなしです(笑)

>MACH3さん
紹介画像はET-42ですね?。黒文字Side No.が読み取りずらい場合は補足下さい。
ちなみに撮影は1978年のはずです。1975年は、まだハイビジ塗装(当時は当たり前(笑))です。
1971年、AH-1JがH&MS-36 SUB UNIT 1に引渡された元の部隊HML-367の件ですが、
1971年5月26日の活動停止(deactivated)ではなく、ベトナムから普天間に移駐するタイミングですね。
VMO-6がらみについては、私はその方面まで頭が回りませんでした(笑)

>toksansさん
いえ、ストーリー性は全く考えてないので気にしないで下さい。
私もAH-1JからAH-1Tを見ず(撮らず)してAH-1Wに・・・、それも両機ともわずかです。
しかしtoksansは、AH-1GからAH-1J/Tをすっ飛ばしてAH-1Wの時代に突入とは、
かなり変わった撮影経歴(笑)、というより、私には羨ましい撮影経歴です。

>det.Hさん
なにやら、ご心配いただき、ありがとうございます。
のんびり行きます。終わる頃に滑り込み続出となるでしょう(笑)
HNA-369新設ホヤホヤの1972年4月11日撮影時点は、まだ機体はH&MS-36 Sub Unit 1のままのようですね。
テイルコード“WX”または“SM”でも書かれていればねぇ〜。

>A-330さん
当時のMAU等、今のMEU等、HMM(現在はVMMが主流)部隊にCH-53、AH-1/UH-1、AV-8Bを増強した状態です。
“YT”レターですから、当時だとHMM-164(C)、当時の(C)はCompositeの略です。
つまり、HMA-369から一時的にHMM-164(C)にDET派遣された状態です。
現在でもよくあるパターンですが、エンジンナセルに大書きする例は多くなく貴重です。
そして、HMM-164(C)が終わると原隊に戻り3枚目の状態になります。

>Gulf4さん
おっ!、AH-1Sの番号順に来られましたね・・・。この先、楽しみです。
偶然に撮られた霞目飛行場から離陸する最後の73402の姿、そして、その後のエピソード、
このBBS IIの今回の話題の中でも貴重なお話しの一つです。
しかしパネルを作成し、外板の上から固定したとは驚きです。
確かに現場に行かずとも自宅でできる作業、そして、AH-1ならではの機体形状ですかネ。
とはいえ、やはり飛行中の姿を捉えられたら、その後問題になりますよネ(笑)

>飛行浪人さん
私は那覇からレンタカーを借り、嘉手納に向かう途中、
ハンビー近くになると左側の木々の間ばかり見て、ちょっと危ない脇き見運転でした(笑)
今はハンビータウンですか・・・。時代は流れている(笑)
紹介の機体は、TROUTさんNo.6756紹介と同じ部隊、HMM-165(C)所属機です。
“YW”でも書かれてれば一目瞭然でしたネ。

>THUDさん
お休み中のところ、申し訳ありません(笑)
THUDさんの主な活動拠点(ホームベース)では、コブラの撮る機会はかなり稀でしたかね。
しかし2000年前後に、マリンコのCamp Fujiでの演習のホームベースが横田の時があり、
厚木の西側を通過するAH-1W/UH-1N、CH-53Eの機影を恨めしく見た記憶があります。
ちょうど紹介画像の総火演の頃だったかな???。
機首部分のモヤモヤ、大丈夫です、分りますヨ〜(笑)

>皆様
このスレッドをクローズし新たにPart.3を立てます。





Bell AH-1 Series Name:Takafumi HIROE Date:2012/10/10(Wed) 06:32 No.6746 ホームページ   
皆様、長い間お待たせしました。
ヘリ・シリーズ最初の話題 “Bell AH-1 Cobra/Super Cobra/Viper” をスタートします。

日米で馴染み深い機種ですが、最近は米軍機の撮影チャンスは意外と少ないかもしれません。
したがいまして、先行きが見えないので国籍問わずで進めたいと思います。
それでは皆様、各国様々なコブラの話題でお待ちします。

私のオープニング画像は意表を突く(?)陸自機(笑)。しかしオープニングなので、初号機73401を。
現在は朝霞駐屯地内の陸上自衛隊広報センターに展示されているそうです。

横田基地公開での撮影ですが、かすかな記憶で73402も居たような???。
それにしても当初の米陸軍機と同様な機体色は発色が難しいです。

※毎度のお願いです。
紹介画像ではS/No.やBu.No.が判読できませんので必ず補足下さい。
撮影日が特定できない場合は必ず『不明』と補足下さい。
未だ現役の機種、新旧様々で賑わうためにも、新規で参加される方、大歓迎です。

Re: Bell AH-1 Series Name:Gulf4 Date:2012/10/10(Wed) 08:05 No.6747 ホームページ
何か催促してしまった感じもしますが、これで古い写真のデジタル化も進みます(笑)。
私も広江さんと同じ、陸上自衛隊AH-1Sの初期型で、こちらは2号機(73402/SD)です。
向うを飛ぶのが1号機なので、これを見ると2号機が先に塗装変更されたのですね。
1988年1月8日に明野の飛行始めで撮ったものです。場所は伊勢神宮の上空だったかな。


Re: Bell AH-1 Series Name:det.H Date:2012/10/10(Wed) 10:28 No.6748
広江さん 皆さん こんにちは
では、私は初めて撮ったシーコブラを 1972年4月、ご存知Young Guy氏と返還前の初沖縄オッカナビックリ撮影時に一度だけ行った普天間、土手の下からの撮影です 今回の紹介にあたり部隊を調べましたが、T/Cがなく、広江さんのサイトでもさすが返還前は載っておりませんでした(笑)が、HMA-369に行き着きました 海兵隊初のシーコブラ部隊として1972年4月1日に普天間で活動を開始、6月にヴェトナムに派遣、Operation MARHUKで知られた部隊です とするとこの写真は貴重? 広江さん、これで間違いないでしょうか?
あれ? 勇み足の飛行浪人さんは百里かな?


Re: Bell AH-1 Series Name:toksans Date:2012/10/10(Wed) 11:40 No.6749
広江さん、お早うございます。私が撮った最初のAH-1です。といってもこのBBSIIが無ければ撮ったことも忘れていましたが。1973年10月22日のリモアの公開の時の撮影です。まだHMA-169時代のAH-1Gでシリアルも米陸軍の68-17105のままです。

Re: Bell AH-1 Series Name:A-330 Date:2012/10/10(Wed) 12:21 No.6750
広江さん、皆さんこんにちは。

以前、画像UPにあたって、比較、変遷、全景とアップ、そして話の流れであれば何時でも連貼りはOKと書かれていましたので、同一機体でもあり、広江さんのレスコメントでご迷惑はかけないと考え3連続貼りさせていただきます。
広江さん、よろしいでしょうか? 問題ありでしたら小出しにします。

det.Hさんのご説明にもありましたが、1972年タイガー島付近で北ベトナム軍に対する海上阻止作戦(マリンハンターキラー作戦)に参加したHMA-369所属のAH-1J 157772 を紹介します。

1枚目はdet.Hさんが撮影された翌年73年に那覇基地西側に突如として現れた157772です。
書かれた白文字はすべて黒色へと変化して国籍マークも変わった配色になり、後部の黄色い帯も消されています。
マリンハンターキラー作戦が行われたのは72年6月〜12月ですので、同年4月に撮影されたdet.Hさん紹介の157772を標準塗装から作戦用に塗り替えたものかもしれません。


Re: Bell AH-1 Series Name:A-330 Date:2012/10/10(Wed) 12:22 No.6751
2枚目は数週間後の姿でT/CのSMが書き込まれ国籍マークと文字も通常に戻りました。
加えて機体には、ごらんのように色々と書き込まれています。
「虎」文字は推測ですがタイガー島付近での作戦からとったものかもしれません。
1の数字にコブラそして1973と虎の文字も描かれています。


Re: Bell AH-1 Series Name:A-330 Date:2012/10/10(Wed) 12:24 No.6753
3枚目は数か月後の姿で1973マークは消されていました。撮影はすべて1973年那覇です。


Re: Bell AH-1 Series Name:Takafumi HIROE Date:2012/10/10(Wed) 22:55 No.6754 ホームページ
↓当時(1976年1月〜1976年2月)、HMA-369所属AH-1Jx4機(#00, #03, #05, #07)が厚木に飛来し、
det.HさんNo.6748紹介、A-330さんNo.6750〜No.6753紹介の機体は、私たちには馴染み深い機体でした。
この157772は、H&MS-36 Sub Unit 1時代のSide No. #03を書き続けていたようです。


>Gulf4さん
いえ、背中をポン!と押してくれたおかげです(笑)。ありがとうございます。
陸上自衛隊飛行始めのショットを期待してましたが、いきなり出ましたね。それも1号機と2号機。
私のNo.6746の撮影(1982年7月3日)の時は、73401も73402も旧塗装の“S”でした。
よく見ると、73401に書かれる文字は白から黒に変わっているようですね。
しかし機体色はGulf4さんのが正しいですよね。私のNo.6746は悩みました(笑)

>det.Hさん
普天間での1972年4月11日撮影のAH-1Jとは、またまた貴重で難解な画像ですねぇ〜。
コメントされているように、HAM-369は4月1日付けでH&MS-36 Sub Unit 1から編成された部隊ですが、
実際にアクティブ状態となったのは2ヵ月後と(現)HMLA-369部隊史に記されてますので、
撮影時点では、まだH&MS-36 Sub Unit 1所属機と推測するのも否定できません。
オープニングから私を楽しませてくれる画像、久々にホームに戻った感アリです(笑)

>toksansさん
米陸軍からマリンコに移管したAH-1Gとは・・・、次から次のお宝画像に感激です。
昔、モノグラム1/72のAH-1Gを無理やりマリンコ機に仕立て上げたのを思い出します(笑)
HMA-169は1974年にはAH-1Jの受領を開始しましたが、しばらくはAH-1J/Gの混成運用だったようですが、
いずれにしても、マリンコのAH-1Gの姿を捉えられていたのは貴重だと思います。
このBBS IIのために新(?)発見され良かったですネ。

>A-330さん
塗装の変遷、とても貴重で大変に興味深く拝見しました。
わずか短期間で、これほどまでに変遷があるとは、当時の部隊の立ち上がり時の様子を伺えますね。
現在の“PF”から“EP”に変貌したMV-22Bにも通ずるところがあると考えるのは飛躍し過ぎかな(笑)
しかしこれほどまでに貴重な画像が、今までに誌面等々で全く世に出なかったのが不思議でなりません。

>皆様
このスレッドをクローズし新たにPart.2を立てます。
なお、私事にてレスのタイミングをずらしましたm(_ _)m





F-104 Starfighter Part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2012/07/06(Fri) 07:34 No.6721 ホームページ   
>皆様
全く先行きが見えず、最終章とすべきかとも思いますが、
スミマセン、このPart.2でもう少し様子を見たいと思います。

Re: F-104 Starfighter Part.2 Name:Cranberry01 Date:2012/07/06(Fri) 18:00 No.6722
広江さん、皆さん今晩は。
時代的な理由もあると思いますが、私の貼り付けが多くなって申し訳ありません。
今回はえせU.S.AIR FORCEです。当時は毎年Luke AFBを訪れていましたが、目的はここにしかいなかったストライプ塗装のF-5,F-4,F-15でした。それゆえ、殆ど興味の無いにせU.S.AIR FORCE塗装のF-104はまじめに撮影していませんでした。しかし今回のテーマのお陰で、色々と新たな知識を得る事が出来ました。シリアルの謎、危うく騙されるところでした。広江さんから、何度もs/nを記入するように厳重に注意されていましたので、知る事が出来ました。感謝です(笑)。
F-104G(14889, 69thTFTS/58thTFTW) このs/nは??


Re: F-104 Starfighter Part.2 Name:Cranberry01 Date:2012/07/06(Fri) 18:10 No.6723
TF-104G(13076)

Re: F-104 Starfighter Part.2 Name:Cranberry01 Date:2012/07/06(Fri) 18:35 No.6724
F-104G(13251)

Re: F-104 Starfighter Part.2 Name:Gulf4 Date:2012/07/06(Fri) 21:12 No.6725 ホームページ
No.6717と同じ日、同じ場所での撮影ですが、このTF-104G(63-8462)はグレー塗装でした。
タイミングが悪く、エプロンツアーでは駐機している機体を撮って終わり。
単座型も撮っているので、クローズまでに探さねば・・・。


Re: F-104 Starfighter Part.2 Name:BATMAN Date:2012/07/06(Fri) 22:52 No.6726
>広江さん、皆さん
 1969年にはレギュラーAFからは退役してしまったF-104ですので純正米空軍機は見ることが出来ませんでした。やはり皆さんもLuke AFBで西独空軍機の撮影が多いですね。Cranberry01さんがPR ANG機を撮られておられるのはさすがですね。私も1979年10月Lukeでの撮影で変わり映えしませんが1枚を。当時Lukeの58TFTWはF-4からF-15への転換訓練に多忙を極めF-15のフライトが間断なく続く中、西独空軍のF-104G戦闘爆撃機は近くのGILA BEND射爆場むけ飛行していました。驚いたのは整備員達が皆Tシャツに野球帽の民間人だった事です。このS/N66-13525はメッサーシュミット製でアメリカには空輸されたようですね。


Re: F-104 Starfighter Part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2012/07/07(Sat) 06:46 No.6727 ホームページ
>Cranberry01さん
画像紹介可能な方が紹介するので、全く気にしないで下さい。
逆に、どんどん紹介されたほうがスレッドも進むし、私も皆さんも嬉しく拝見すると思います。
しかし『偽U.S.AIR FORCE塗装』はいただけません(笑)。今のこのスレッドには一番の題材です(笑)
67-14889はドイツでライセンス生産されたF-104Gかと・・・。米空軍に引き渡されS/Noが与えられました。
米空軍機は基本的にS/No.を5桁で表現するため、SR-71AやKC-135の事例同様、会計年度が省略されてます。
ちなみに、その後67-14889は台湾に引き渡された資料もありますが、私は台湾のS/No.を把握していません。
No.6723は、見たままストレートにTF-104G 61-3076です(笑)。これはバイセン塗装ですか?。
No.6724は、ロッキード生産のドイツ向けF-104G 63-13251です。この機体も台湾に引き渡されたようです。

>Gulf4さん
63-8455も63-8462も台湾空軍に引き渡されたようですね。だんだんと台湾空軍機が気になり始めました(笑)
エプロン・ツァーではラインに並ぶ機体をある程度撮れたのでしょうか・・・。
それとも、特定の機体のみ???。
偽かどうかは置いといて(笑)、やはり☆マークの「マルヨン」は誰でもが貴重ですから、
Gulf4さんも夢中で色々と撮られたことと思います。

>BATMANさん
ライセンス生産のメーカーが分りませんでしたが、メッサーシュミット製ですか。
現在でいうところの、MBB社ですかね。
私服は整備員達はグランドクルーも含むのでしょうか。ドイツの方?。
民間会社に委託するのが米軍でも見受けられますが、当時既に始まっていたのでしょうか。

>皆様
このスレッドは継続中です。紹介枚数無制限です。
しかし私のあと数回のレスでクローズかな???の雰囲気を感じます。

Re: F-104 Starfighter Part.2 Name:Cranberry01 Date:2012/07/07(Sat) 11:30 No.6729
広江さん、皆さん、こんにちは。
>F-104Gについては全く話題を持ち合わせていないので、続きがあるのならば、次はシリアルに関してと、他にも幾つか面白そうなものを残していたのですが、広江さんに全て説明されてしまいました(笑)。No 6723はその通りバイセン塗装ですが、最初に見たときは梅のマークか?と、思いました。(笑)自衛隊にも似たようなのがありましたね。
そこで今回は、国籍マーク無しのTF-104Gですが、時々を見かけたことがあります。USAFのシリアルリストにも外国製のものが、とびとびで存在するようです。ドイツから補充機を運び入れる毎に、新しいUSAFのs/nが与えていたのでは。これが外国製のF-104がアメリカに存在した理由では?(運用が外国人であるため、アメリカでの登録が必要。)機首部分に国籍マーク等を消した痕があります。ドイツ機に関しては知識が乏しいので、どなたかこの機のその後を。


Re: F-104 Starfighter Part.2 Name:すっかいうおりゃ Date:2012/07/07(Sat) 12:06 No.6730
広江さん 皆さんこんにちは。某国自宅のネットが開通しました。自宅からUP致します。
ネタがありませんので 引き続きルークネタからです。正直プエルトリコANGが出てくるとは思ってませんでしたが Cranberry01さん すごいです。
 ルークでのタッチダウンの撮影に一息ついたところで この基地タキンシングが撮れないかなと考え 低い柵の続く奥のほうまで歩いて見ましたが 一箇所だけ テイクオフのため機体がエンドまで転がってくれば撮れそうな場所がありました。柵はあってもなくてもいいようなもので 境界線を示すだけの役割と思われましたが 何もなければ知らぬ内に基地内に入ってしまうことになるので ありがたい存在ではあります。ここで撮れた唯一のF104G タンクなしは、この日この機体だけでした。


Re: F-104 Starfighter Part.2 Name:すっかいうおりゃ Date:2012/07/07(Sat) 12:12 No.6731
右翼下にディスペンサー、左翼下に燃タン。つまり3本タンクでのフライト。訓練指導教官が乗っていた機体かもしれません。

Re: F-104 Starfighter Part.2 Name:すっかいうおりゃ Date:2012/07/07(Sat) 12:14 No.6732
あまりきれいな編隊ではありませんが 4機のオーバーヘッドです。

広江さんへ>
J/DJ型と音を比べて見たことはありませんが マルヨンのあの独特な<コーン!!>という響きは同じで ゾクゾクさせる音ですね。あの音にも魅了されました。


Re: F-104 Starfighter Part.2 Name:Cranberry01 Date:2012/07/07(Sat) 14:09 No.6733
>すっかいうおりゃさんの努力にはただただ脱帽です。あの暑い中、良く頑張られましたね。努力の末の写真の方が、貴重さを感じますし、良いですね。恵まれて撮っていると、怠け癖が付いてイケマセン。(笑)イヤ、本当です。下手な写真も更にへたくそになって行きました。F/TF-104はピカピカに磨かれていましたね。時間によって光りすぎて、反射がきついのとコントラストがきつくなり過ぎでした。
F/TF-104Gの整備は少数のドイツ人を除いて、アメリカの民間コントラクターが行っていました。
1970年には殆どのアメリカ国内のUSAF基地でのTransient機のハンドリングはその基地の司令部やABWに直接雇われた民間人が行っていました。もちろんといって良いほど、殆どが元軍人で、横田とか板付とかヴェトナムの名前が出てきました。
写真はNo6730の少し手前の、俗に言うピン抜きです。F/TF-104Gの時が彼らの出番で、F-4やF-15の時はそれぞれの部隊の整備兵でした。


Re: F-104 Starfighter Part.2 Name:Cranberry01 Date:2012/07/07(Sat) 14:11 No.6734
続きです。

Re: F-104 Starfighter Part.2 Name:Cranberry01 Date:2012/07/07(Sat) 14:33 No.6735
パイロットの右肩は69thTFTSのパッチですが、これを尾翼に描いた機体が1機ありました。
F-104G(s/n 63-14243) 他に63-13269は尾翼に赤で69thと描いていました。


Re: F-104 Starfighter Part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2012/07/08(Sun) 06:40 No.6736 ホームページ
>Cranberry01さん
No.6729は、TF-104G 66-13628 (c/n 5939)、NASAのN825NAのようです。また新たな発見が生まれました。
http://www.916-starfighter.de/Large/Album/w5939.htm
後先が分らないので、念のため、No.6729の撮影年月を教えて下さい。
1970年には民間会社に委託していたのですか。もっと後年になってからだと思ってました。
No.6733, No.6734の画像は面白い(興味深い)です。
No.6735は69thのTFTS時代ですか?。ヒストリー上、明確にしたいので、撮影年月を教えて下さい。

>すっかいうおりゃさん
ルークのタキシング撮れる当時の場所は、今ではガッチリとガードされてるでしょうね(笑)
当時、何事も起きなかったのは幸いだったと、良き思い出ですかね(笑)
主翼の小さいマルヨンは、ノータンクも格好いいし、小さな主翼の割りに大きなタンクの変則3本も格好イイ。
今改めて見直しても、マルヨンは格好良くて大好きなヒコーキです。

>皆様
このスレッドはクローズし、Part.3 = 最終章を立てます。

Re: F-104 Starfighter Part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2012/07/09(Mon) 19:34 No.6739 ホームページ
>皆様
最終章の宣言をしましたが、時既に遅しの感あり・・・。
という事で、このスレッドをもって、この“F-104 Starfighter”の話題を終了させていただきます。
皆様には無理なお願いをし、大変に申し訳ありませんでした。
そして皆様の楽しい話題と画像の紹介、ありがとうございます。
次の話題につきましては、後ほど、アナウンスさせていたただきます。
今のところ、ようやく“ヘリ・シリーズ”を始めようかと思っています。





F-104 Starfighter Name:Takafumi HIROE Date:2012/07/04(Wed) 07:13 No.6708 ホームページ   
センチュリー・シリーズ最後の話題“Lockheed F-104 Starfighter”をスタートします。
ただし2008年4月に航空自衛隊機中心での話題を終えてますので、今回は米空軍機限定でお願いします。
もちろん日本で米空軍マルヨンの姿を見れなかったことは私も承知してます。

現役時代以外、展示保存機、ドイツ空軍訓練用のアメリカ国籍マークF-104G等々、まで幅を広げても、
紹介されるカットは限定される可能性大だとは思いますが、
センチュリー・シリーズを締めくくる意味でも米空軍マルヨンを取り上げたいと思った次第です。
先行きは全く見えませんので連貼りの枚数制限は特に設けませんので、是非、ご紹介下さい。

追伸.
ヒャクゴのGallery化がようやく終えました。正直、今回はかなり手強かったです(笑)
そのため間違い等があるかと思いますので、訂正追加等ありましたら、お知らせ下さい。
http://www.gonavy.jp/bbs2-f105f.html
62-4301, 62-4346, 63-8275, 63-8276 など、時系列で見直すと、なかなか興味深いです。
特に62-4346は驚きですが、逆にGallery化は同時進行すべきと痛感した次第です。

Re: F-104 Starfighter Name:toksans Date:2012/07/04(Wed) 17:27 No.6709
広江さん、皆様、ご無沙汰しております。
先月までいろいろ出かけておりF-105では参加できませんでした。今日Det.H氏と会う機会があり、今回米軍のF-104は投稿が少ないのでは?ということで唯一の写真を出すことにしました。73年10月22日のリモア公開で撮ったF-104D 57−1331です。


Re: F-104 Starfighter Name:Cranberry01 Date:2012/07/05(Thu) 00:17 No.6710
広江さん、皆さん、今晩は。
F-104C(s/n 56-892,198thTFS/156thTFG,P.R.ANG)
ゲートガードみたいですが、1975年退役前の稼動機です。
USAF Photoは20年ほど前にNational Archives で手に入れた物です。479th TFWが1965年にDa Nang ABにTDY展開した時の56-892です。
USAFのF-104の稼動中の写真はアメリカでもOfficial を除けばかなり少ないようです。1967年に479th TFWはF-104の使用を停止しますが、1SQDN分がPUERUTO RICO ANGに送られました。


Re: F-104 Starfighter Name:Takafumi HIROE Date:2012/07/05(Thu) 06:34 No.6711 ホームページ
>toksansさん
もう4年も前になるのですが、当時のF-104の話題では米軍機の紹介はZeroでした。
そして今回センチュリー・シリーズが始まったので、ちょうど良いタイミングと思った次第ですが、
私は米軍F-104を撮ったこともなく、無理なお願いと承知の上でスタートしました。
しかし、オープニング画像がF-104Dとは驚きました。当時のエアショーには展示されていたのですね。

>Cranberry01さん
米軍純正部隊より58TFTWのTF/F-104Gの方が意外と知られているような気もしてましたので、
PR ANGの紹介を期待しつつも可能性は低いと思い、冒頭のコメントでも触れませんでしたが、
またまたCranberry01さんの最初の紹介がPR ANG機とは驚きです。
それも、現役(?)479TFW時代のオフィシャルの画像を重ね合わせられるとは、更に驚きです。

>皆様
このスレッドは継続中です。連貼りの枚数制限は設けてませんので何枚でもOKです。

Re: F-104 Starfighter Name:すっかいうおりゃ Date:2012/07/05(Thu) 09:06 No.6712
広江さん 皆さんおはようございます。
会社のパソコンが更新され フォトショップをまだインストールできていないため 持ち込んだ素材のサイズ調整ができません。以前調整済の2枚を貼らしていただきます。
 1980年2月末 北半球は、冬というのにルークは、まさに真夏のような気候で晴天が続いていました。ドイツ空軍の訓練を担当する基地でしたから 朝から多数のF-104Gが上がり 金曜日の午後だけで相当数の機体が撮影出来ましたが 翌 土曜日はしっかり週休二日制を取っていたのか 1機も飛ばず寂しくルークを後にした記憶があります。ここで撮ったF-104G TF-104Gの中には、1990年代に再び台湾で出会った機体もありました。


Re: F-104 Starfighter Name:すっかいうおりゃ Date:2012/07/05(Thu) 09:09 No.6713
ルークの撮影ポイントは、ランウェイエンドにかなり近いため 後年もう一度ルークを訪れた友人は、降りを標準レンズで撮ることができた言っておりました。ちなみに私の写真はすべて200oレンズです。

Re: F-104 Starfighter Name:Cranberry01 Date:2012/07/05(Thu) 10:54 No.6714
広江さん、皆さん、おはようございます。
P.R.ANGの続きです。F-104C(s/n 56-910 198thTFS/156thTFG、1975年)
USAF Photoは右翼機が435thTFS時代の同一機体です。1966年の2次派遣の時のもので、この時はCol.Oldsの8TFW(UBON RTAFB)の指揮下にあり、Operation Boloにも参加しています。
内外の出版物にはP.R.ANGのF-104は1975年の時点では僅か数機しか稼動していなかったと書かれていますが、そんなことはありませんでした。退役数ヶ月前でもちゃんと20機程が稼動していました。当時はアメリカのマニアで,プエルトリコまで出かける人は殆どいないと聞いていましたが、何処かの不確定情報が独り歩きして、その後のまことしやかな記録となった典型だと思います。
タイやヴェトナム以上の太陽光の強さと、湿度の高さは大変なものでした。


Re: F-104 Starfighter Name:Cranberry01 Date:2012/07/05(Thu) 11:00 No.6715
稼動を停止したF-104Cがランプの脇の草むらに、無造作においてありました。
機体は3色グリーン迷彩機ですが、稼動機も塗装はかなりまちまちでした。
隣は以前に使用していたF-86Hです。


Re: F-104 Starfighter Name:Cranberry01 Date:2012/07/05(Thu) 17:25 No.6716
F-104はADC,TACの他に、その速度、加速度性能からTestbed機として、又複座型は側方視界の良さとWing Spanの小ささからChase機としてうってつけで、長くAir Force Systems Command で使用されました。Flight Test はEdwards AFBで、Armament testはEglin AFB で、実戦部隊での活動停止後も暫く使用されていました。殆どが全面グレーの塗装です。
MASDCでの元AFSCのF-104D(s/n57-1326)。胴体中央にAFSCのエンブレムが描かれています。


Re: F-104 Starfighter Name:Gulf4 Date:2012/07/05(Thu) 22:17 No.6717 ホームページ
さすがに国内には飛来した実績がない☆マークの「マルヨン」ですね。私も撮ったのは一度だけ。
1980年8月5日、どうしても撮りたくてルークAFBに行ってエプロンで撮影したものです。
このTF-104G(63-8455)ですが、すっかいうおりゃさんが書かれた様に、台湾に渡った一機です。
それにしてもエプロンで撮りましたが、この基地は外撮りも出来たのですね。
飛んでいる姿を撮りたかったです。


Re: F-104 Starfighter Name:MIDWAY世代 Date:2012/07/06(Fri) 01:58 No.6718
広江さん、こんばんは。 私は生きている米軍の104は見たことはありません。昨日のROBINS AFB 航空博物館へ行った際の展示機の写真を掲載します。 皆様の参考になれば幸いです。

Re: F-104 Starfighter Name:MIDWAY世代 Date:2012/07/06(Fri) 02:01 No.6719
続いて機種部分のアップを貼っておきます。

Re: F-104 Starfighter Name:Takafumi HIROE Date:2012/07/06(Fri) 07:33 No.6720 ホームページ
>すっかいうおりゃさん
銀ピカのマルヨン、綺麗ですねぇ〜。
私はマルヨンは空自機しか撮ったことがありませんが、その速さは体感してます。
200mmの近い位置で撮れるようですが、その速さは容易に想像できます(笑)
音はF-104J/DJと同じなのでしょうか・・・。画像から当時を思い出します。
完全週休二日制・・・(笑)。訓練部隊ゆえですかね。

>Cranberry01さん
私は撮ることができませんが、見る側としても、何故、PR ANG?と思いました(笑)
退役間近の1975年頃の噂(情報)を私は知りませんでしたが、実際とは大違いだったのですネ。
しかし野ざらし状態の機体もあったようですが、当時の1個Sqnの定数は25機前後?。
まあ決して多い数ではありませんが、当時、PR ANG機の外撮りをした日本人は居ないでしょうねぇ〜(笑)
主翼の小さくチェース機としてうってつけだったとは知りませんでした。

>Gulf4さん
センチュリーシリーズ中、唯一、日本に飛来しなかったF-104ですからねぇ〜。
☆マーク「マルヨン」を、どうしても撮りたくなったGulf4さんの気持ちは、よく分ります。
それにしても、外撮りのチャンスを逃してしまったのは、残念でなりませんねぇ〜。
マルヨンを200mm・・・。近いですよ〜。

>MIDWAY世代さん
S/Noの書き方が妙ですが、機首には56-817と書かれてるように56-0817でしょうか。
もしその記述が正しいとするならば、台湾に送られたF-104Aの中の1機ですね。
このレスのあと、調べてみたいと思います。

>皆様
とりあえず、このスレッドはクローズし、Part.2を立てます。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -