GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





H-3 Sea King Part.5 Name:Takafumi HIROE Date:2012/11/18(Sun) 08:17 No.7138 ホームページ   
『アップ・ゼロワン』最後(5代目)となった SH-3G 148973/UP01。1991年3月頃から1994年4月頃まで運用されました。
HC-1が1994年4月に解隊するため、COMSEVENTHFLT専用機任務の全てがHSL-51に移管されました。
その直後の姿はA-330さんがNo.7100で紹介されてます。


>皆様
引き続き皆様のシーキングの話題をお待ちします。
度々のお願いです。
お一人お一人の些細な再確認も、前スレのように重なると、ちょっと作業が難儀します(笑)
スミマセンが、撮影日や番号・部隊、等々、簡単でも構いませんので補足をお願いいたします。


No.7142までの途中経過です。
http://www.gonavy.jp/bbs2-h3.html
右スクロールして確認して下さい。
【Misc.】分類も整理しましたので、該当の方はチェックをお願いします。また補足がありましたら連絡下さい。

Re: H-3 Sea King Part.5 Name:geta-o Date:2012/11/18(Sun) 08:33 No.7139
おはようございます。
Sea Kingもだんだん佳境に入ってきましたね。
ということで今日はウェストランドのSea King。
イギリス海軍にはコマンドがありますがその輸送等の目的に採用されているHC4+。側部のフロートがありません。
写真は2012.06.23 RNAS Yeoviltonで撮影した845sqのZD480(c/n WA935)


Re: H-3 Sea King Part.5 Name:toksans Date:2012/11/18(Sun) 09:22 No.7140
皆様お早うございます。
1976年7月21日の観艦式の際護衛艦”ひえい”に着艦するHSS-2A 8063です。機体が少し小さいですが、こういう写真もたまには良いかな、と。


Re: H-3 Sea King Part.5 Name:MACH3 Date:2012/11/18(Sun) 09:41 No.7141
>広江さん
VH-66のBuNo.は残念ながら149933には読めませんね、広江さんと同じ149735と見えます。
広江さんと同感でHH-3Aとして正式に改修されたシーキングは厚木に飛来している可能性は低く、1970年代厚木で見られたシーキングは私もSH-3Aだと思います。

↓沖縄にヒコーキを撮りに行った最後の年1979年の収穫です。


Re: H-3 Sea King Part.5 Name:N.SUZUKI Date:2012/11/18(Sun) 11:03 No.7142
広江さん、皆さんおはようございます。
 S-61N JA9513(c/n61-475)で、No7119にITAZUKE-1さんが紹介していたN6984Rのその後です。
 撮影は、福島県いわき市小名浜港近くの工業団地造成地です。全日空は当時、常盤沖の石油開発基地との間に定期便を運行していました。撮影日は不確かですが、このJANoは,72年から76年の間でその後ノールウエーへ売却されており、整備等で東京ヘリポートで撮られた方も多いと思います。その後ここから少し離れたゴルフ場そばに小名浜ヘリポートが開設され、現在でも朝日航洋がBK117等で石油関連の運行しているようです。


Re: H-3 Sea King Part.5 Name:A-330 Date:2012/11/18(Sun) 13:44 No.7143
広江さん、皆さんこんにちは。

海自HSS-2部隊でも派手なマーキングをしていたHS-101のHSS-2 8011 68年百里です。
67年に岩国へ大挙飛来した時は、スポンソンに描かれた蛍光カラーの101マークの羅列にくぎ付けになったものの場所柄撮影が困難でまともには撮影できず悔しい思いでいましたが、翌年に百里で再会でき大喜びで撮ったときのものです。


Re: H-3 Sea King Part.5 Name:DET-K Date:2012/11/18(Sun) 15:10 No.7144
投稿写真に対する毎々のコメントにはいつも大変なご苦労が・・と思いつつも前回は横展開のない機体なので
余計なSeaBeeの話題で説明不足でした。(><)

今回の2機体は前に紹介されており横展開の話題は特にありません。1967年10月9日、152106/NS-51 、152123/NS-57 HS-6
撮影場所は東側エリア(現在の日飛ヘリ整備工場)付近にHC-7専用の格納庫がありました。
通称洗い場と呼ばれた位置よりさらに奥へ進むと、わずかの隙間から時々見えたSH-3Aなどのヘリ。

もちろん現在は行かれませんが、当時はマムシとヤマカガシの蛇がいてトテモとても怖いところでした。
取りあえず今回はこれで打ち止めです。未Buが見つかりましたら最後に参加できればと願ってます!


Re: H-3 Sea King Part.5 Name:Cranberry 01 Date:2012/11/18(Sun) 15:55 No.7145
皆さん、こんにちは。
>広江さん、No.7123の時は数日に渡り異なった機体が飛来しています。コクピットの窓にはカワイイ酋長の娘(笑)のスティカーが両サイドに張ってありました。
USAFの機体が出てこないので寂しく思っていましたが、ようやく元気になりました(笑)。
Jolly Green Giantは主に豆や野菜の缶詰を販売している会社のマスコットでした。'60 '70には新聞、TVのcartoonやcomicsで大人から子供まで知らぬものは無いくらい有名でした。1965年に最初にヴェトナムに行ったCH-3Cが緑っぽい色(おそらくSEA迷彩)をしていたことと、当時では初めての大型ヘリであったので、パイロットたちが、Jolly Green と呼んだのが始まりだそうです。(もちろん、コールサインは"Jolly Green 01と02でした)。
>つばどんさん、この頃は嘉手納に行っていないので、No.7117は撮りたかったです。
>TROUTさん、No.7133は非常に珍しいのではないでしょうか?このような本来の塗装は本国では'70後半でも存在しましたがまさか'75に嘉手納にいたとはビックリです。私は沖縄返還前と1972年にも2度行きましたが記憶にありません。 LOGでは67-14725は'71〜'73にKADENA ABとなっていますが、そのあと数年はブランクとなっています。大変貴重な資料でもありますね。羨ましいです。
USS Midwayを離艦するNF614,151554,'82年8月。スタビライザーの上にも国籍マークが描いてあるとは知りませんでした。


Re: H-3 Sea King Part.5 Name:まさやん Date:2012/11/18(Sun) 15:57 No.7146
>広江さん
>お一人お一人の些細な再確認も、前スレのように重なると、ちょっと作業が難儀します(笑)スミマセンが、撮影日や番号・部隊、等々、簡単でも構いませんので補足をお願いいたします。

おっしゃる通りで、大変失礼しました。
そこで分かる範囲で再投稿させて頂きます。

部隊は820SQ。
1997年6月4日、晴海に入港したイラストリアス艦上での撮影です。
ポジを見ると機体番号は10〜15までが写っています。シリアルXV703だけが読み取れましたが、アップした2枚の機体かどうかは分かりません。

以上不慣れでご迷惑をおかけしましたこと、お詫び申し上げます。


Re: H-3 Sea King Part.5 Name:Komatsu Date:2012/11/18(Sun) 15:57 No.7147

1994年4月24日、WINGS'94でのSH−3Hの展示飛行です。

手前がNF612(Bu.No.156498)、奥側がNF611(Bu.No.148988)です。
天気がこのとおりで、カラーで撮ったことが分かるのはワンポイントだけになってしまいました。

>広江さん
No.7122 の Bu.No.の補足です。
この日撮った約10枚のフィルムをルーペで確認しました。
下4桁は、
NF611:8988、NF612:6498、NF613:4106、NF615:2115
でした。
したがって、NF611・612・615は広江さんのデータどおりです。
また、 ↓ の撮影時と、NF611・612とも変更なしです。
NF613については、1994年4月29日に、Bu.No.154106 であることを確認しています。

なお、NF614については、約1年前のWINGS'93の時にBu.No.154119 でしたが、
その後は一度も撮影チャンスがありませんでした。



Re: H-3 Sea King Part.5 Name:det.H Date:2012/11/18(Sun) 16:25 No.7148
広江さん 皆さん こんにちは
>広江さん
No.7131の撮影アングルに気付かれてしまいましたね(笑) 私もあまり記憶が無いのですが、当時は結構色々と自由でしたね クレーンに上がったり等々、今では考えられません
さて、この時のもう一隻、No.7120でBATMANさんが出されたホーネットはB/No.未出でしたら、また最終章で紹介したいと思います
皆さん、変化球を投げられているので、私もヘボ球ですが唯一本土での機体を
一度ちょこっと冬眠から醒め、初めてアメリカのエアショーに行った時に撮っていた“COMTHIRDFLT”のUH-3Hです この後3年程年一で本土通いをしましたが、そこで又燃え尽きてしまいました (笑)


Re: H-3 Sea King Part.5 Name:Straight Wings Date:2012/11/18(Sun) 18:25 No.7149
広江さん、みなさん、こんばんは
1968/10/12 入間の東京航空宇宙ショーで撮ったHSS-2の3機編隊 #8011, 8016, 8017です。所属部隊は不明です。今年の国際航空宇宙展のセントレアは寂しかったようですが、どうせなら賑やかなイベントにして欲しいですね。次回に期待できるのかな。


Re: H-3 Sea King Part.5 Name:T.H Date:2012/11/18(Sun) 19:58 No.7150
2009年7月18日 英国RAF Fairford の おなじみRoyal International Air Tattooでの1コマ。
この年、Royal Fly Navyは100周年記念で Air Tattoo の中でも海軍の固定翼機、回転翼機を
多数動員したパレードを実施しました。

Lands End と呼ばれるイギリス最南西部にあるRNAS Culdrose所属の Westland
Sea King ASaC7 (ZE418、XV649)とSea KingHU5 (ZA167、ZA137)の4機。
赤い方がRESCUEのHU5でグレーの方が、ASaC7


Re: H-3 Sea King Part.5 Name:ITAZUKE-1 Date:2012/11/18(Sun) 20:05 No.7151
広江さん 皆さん こんばんは
1971年6月6日佐世保赤碕岩壁に接岸したタイコンデロガ艦上のSH-3D NT(HS-4)-401 2711 艦橋の後2機目幌かぶっていますがアポロ回収マ−ク付です。
S-2のときに紹介したような? ネットでBuNo調べ 広江さんのHPでモデックス調べて完成?しました?
1975年6月に事故で失われましたが 寿命を全うしていれば、当然博物館に展示されて余生をすごしていただろうと思うと、残念です。
宇宙船回収にかかわった機体は下記URLを参照願います。
http://www.collectspace.com/ubb/Forum29/HTML/001111.html


Re: H-3 Sea King Part.5 Name:エイブルドッグ Date:2012/11/18(Sun) 20:18 No.7152
広江さん、皆さん こんばんは
Part.4でKomatsuさんご紹介の1994年8月27日のHS-12ラスト・フライインを私はKomatsuさんの数十メートル北の草地で撮っていて、ブレーク後の光景がこれです。当時HS-12は「The Last H-3s in The Pacific」と称していて翌月解散しますが、まさしくこれがHSとしては「Last H-3s」の姿でした。Bu.No.もKomatsuさんが上に書かれている通りでした。


Re: H-3 Sea King Part.5 Name:ALPS Date:2012/11/18(Sun) 20:22 No.7153
広江さん 皆様こんばんは
H-3 S-61シリーズは小牧ではMHIのIRANフライトで日常的に見られたヘリでしたが、フェンス際にいると
戻りのルートは頭上を飛ばれてしまうことが多く、意外に良いショットには恵まれなかった記憶があります。
画像は1987年5月5日岩国に展示された小月「ツ」救難のS-61AH 8949 です。


Re: H-3 Sea King Part.5 Name:THUD Date:2012/11/18(Sun) 20:41 No.7154
1980年5月立川で展示されたHSS-2(8081 101空)です。生憎このときのイベント名をよく憶えていないのですが「立川駐屯地祭」とかなんとかだったと思います。久しぶりに行ったのですが、この頃はまだ「昭和記念公園」が完成前で現在「防災航空祭」で公開されるエプロンとは反対側のエプロンでの公開でした。格納庫などもまだそのまま残っていました。
>広江さん
No.7135は“101”でした。


Re: H-3 Sea King Part.5 Name:YS45 Date:2012/11/18(Sun) 21:03 No.7156
>広江さん

大変ご無沙汰しております。
77年夏だったと思います、木更津でT&GをしていたSH3G(150620)
なかなか低く降りてくれなくて撮影場所をうろうろした思い出があります。


Re: H-3 Sea King Part.5 Name:TROUT Date:2012/11/18(Sun) 21:48 No.7157
広江さん、皆さんこんばんは。広江さんCranberry01さんが仰られるエアクラフトグレーのHH-3E、思っていた以上に貴重だったとは!当時嘉手納を訪れたマニアなら何方も撮っているのでは思っていました。今日のシーキングは嘉手納撮影続きで、77年7月RW23に進入するVC-5 UE41 148996です。型式はSH-3Gでしょうか? 尾翼にシンボルのチェッカーが無く物足りないUEです(^_^;)

Re: H-3 Sea King Part.5 Name:PAPPY Date:2012/11/18(Sun) 21:54 No.7158
広江さん、皆さんこんばんは。
1987年4月12日佐世保港赤碕岸壁に接岸中のCV-61 RANGER 艦上のSH-3H NE-616 HS-14 152108 です。
この頃は長崎市在住で飛行機とは縁が薄かったですが撮れるチャンスがあれば佐世保まで2時間かけて行きました。
ITAZUKE-1さんが撮られるような撮影ポイントが分からずどうしても遠景になってしまい大トリミングです。


Re: H-3 Sea King Part.5 Name:Straight Wings Date:2012/11/18(Sun) 21:59 No.7159
手元にある数少ない海軍機から一枚、1988/8/19 Miramar Open HouseでのSH-3H 156498 HS-10 RA43です。クラウドライン沿いに飛びながら会場の様子をビデオ撮影しています。この機番、厚木での写真をどなたかアップされていますね。

Re: H-3 Sea King Part.5 Name:小川 Date:2012/11/19(Mon) 01:29 No.7160
広江さん>さよならカラスは2008/05/25の館山でした。
ちびヤンとして行われたイベントでしたが、S61を中心にして
航空祭並みに飛行展示&体験搭乗が行われていました。

今回のは、2004/10/03の館山航空祭で体験搭乗に当選したのですが
お天気が悪くなり体験地上滑走に切り替わり、なおかつ搭乗する機体が
SH60からS61に変わった際のものです
 お天気がよければSH60で館山湾上の護衛艦に着艦できる予定だったのですけどねぇ


Re: H-3 Sea King Part.5 Name:Takafumi HIROE Date:2012/11/19(Mon) 06:25 No.7161 ホームページ
スポンソンに部隊マークを書き入れていた海自シーキングは、
A-330さんNo.7143紹介があるまで、私は↓の51空だけかと思っていました。
話しが外れますが、51空UP-3C 9151が、先日、PARを終えて厚木にノーマークで戻ってきました。
唯一51空のマークを描いていたUP-3C 9151でしたが、
このまま私たちに馴染み深い昔からの51空マークは二度と見れなくなるのでしょうか・・・。


>geta-oさん
イギリスのSea KingはMerlin (AW101系)に転換したようですが、まだまだ現役機が多いのでしょうか。
スポンソン(フロート)を撤去した姿は、・・・らしさがなく違和感大です。
本家Sikorskyから分家したWestlandのSea Kingは独自の方向に発展しましたね。
今回の話題にはWestland Sea Kingの紹介は不可欠だと思ってますが、なんせ私には持ち球がない(笑)
持ち球豊富なgeta-oさんほか皆さん頼りです。

>toksansさん
はい私も持ち球としては用意してましたが、海上での撮影に付き物のガスがひどくて・・・。

私は1983年に行われた展示訓練ですが、乗った艦(名前忘れました)のそば高速で通過するのは良いのですが、
近すぎて胴体前半分しか撮れない機体が多かった中、唯一部隊の分る機体が撮れました(笑)
話しが外れましたが、おそらくtoksansさんの紹介も観艦式ではなく展示訓練の一こまだと思います。
護衛艦ひえいは新鋭艦の頃、シーキングは121空のマーク入り、今から見ると時代を感じますかね。
私たち世代は、つい最近のように感じますがネ(笑)

>MACH3さん
No.7121もBu.No.は149735でしたか。安心しました(笑)。しかし一つ疑問が・・・。
私の149735/66は1969年10月17日撮影、MACH3さんの149735/66の撮影が1971年2月6日。
この少なくとも約1年半の間は、HH-3A 149933/VH-66は存在していなかったことになります。
“The Story of HC-7/CSAR”には日付が記述されてないのが私としては大変に歯がゆい。
DET-110は1968年2月から1975年まで存在していたのは事実のようですから、
これまでに紹介されたCSAR塗装SH-3AはDET-110所属機で、HH-3AはHC-7が厚木から撤退した以降、
と推測するのが、なんとなくですが合っているような気がしてきました。
となると、det.HさんがNo.7107で紹介している#70がHH-3Aではなくなるのですが・・・。
追伸です。
コメントで部隊の件を後で訂正されたようですが、それよりも画像を入れ替えて下さい。
そっと行えば気づかなかったのに(笑)。このままでは間違った画像が永久に残っちゃいますよ。

>N.SUZUKIさん
お会いした時にお話しされていた全日空のS-61はITAZUKE-1さんNo.7119紹介の後の姿でしたか。
紹介は工業団地造成地内に作ったヘリポートでの迫力あるショットと感じますが、
当然とは思いますが、ここに行けば撮れると確信して行ったわけですよね。
本当にN.SUZUKIさんの昔からのアクティブぶりに改めて脱帽ですm(_ _)m

>A-330さん
スポンソンに101空のマークが入っていた時代は私は知りませんでした。当然、画像も初めて見ます。
派手なマークは(機体全体の派手さが目立ちますが)白/グレー時代にも続いてほしかったです。
当事者無視の外野(マニア)からみた発言m(_ _)mですが、やはり海自は頭が固いのかなぁ〜(笑)
番外編のレス(笑)
1971年5月15日の厚木基地公開で、CT-39E 157354/RG-102を並んで撮っていたのですネ(笑)
サンキューの話題でのNo.5852参照

>DET-Kさん
濃色ヘリ3機が、わずかの隙間から見えた瞬間のショットですネ。
厚木基地東側は魅力多し、されど撮れる場所少なし、で歯がゆい所です。
ですので、わずかな隙間を求める人々は当時同様、今も絶えません。もちろん私もその一人(笑)
何十年か先に、このような場で発表できると良いのですが・・・(笑)

>Cranberry01さん
やはりCranberry01さんには米空軍機が元気な方がイイですか?(笑)
私には、その元気が米空軍機の話題の時には、ずいぶんと助けられてます。
今回の話題でフト気づいたのですが、HC-1DET-2時代は外部燃料タンクを吊るした姿が多いようです。
HS-12のSH-3Hになると、少なくとも私の撮影したコマの中ではほとんど見つかりません。
この差があるのかないのか、また差がある場合の理由は、等々、また課題ができました。

>まさやんさん
いえいえ、私こそ初めての方に大変申し訳ありませんm(_ _)m
Gallery化は、私が勝手に行っていることで参加される皆さんには関係ないことですが、
皆さんの貴重なデータを未整理のままではいけないと考え、数年前から始めました。
本当は皆さんのコメントと共に画像を紹介するシステムにしたいのですが、
個々に異なる画像に見合うコメント幅を設定するには時間が数倍かかるので今は断念してます。
820SqnはNo.7125での『ワッペンにある魚(トビウオ?)』がヒントで見出せました(笑)
色々お手数かけました。ありがとうございます。今後とも、よろしくお願いいたします。

>Komatsuさん
この1994年のWingsは二日間とも天気が悪かったですねぇ〜。
ましてや紹介のHS-12機はロービジ・・・。しかし今となっては貴重な記録となりましたね。
Bu.No.の再チェック、お手数かけました。ありがとうございます。
HS-12の末期は私事でエンド展開が減ったことと、やはり手強いヘリという事もあり、
Bu.No.の抜けが多く未だに困ってしまう場合が多いです。
例えば、次のPart.6冒頭で話題にする152704/NF-612も困っているところです。

>det.Hさん
あらっ、det.Hさんからも隠し球が出ましたねぇ〜(笑)
各Fleetの司令官専用機は、それぞれ塗装が異なるので魅力大なのですが、
全てを撮るとなったら、それこそ世界中を駆け巡らなければなりません(笑)
紹介のCOMTHIRDFLT専用機は運用部隊HC-11の塗装が前面に出ているのが私は好きです。
しかし“VR”レターの紹介で、HSL-51機に寄り道が生じそうです。後ほど・・・(笑)
追伸.↑のMACH3さんへのレスをご覧下さい。
No.7107で紹介している#70がHH-3Aではない可能性があるかも・・・(笑)

>Straight Wingsさん(No.7149)
入間基地の国際航空宇宙ショーでの様々な編隊飛行はセンチュリーシリーズでも話題になりましたネ。
今年は何年ぶりかの空港での開催でしたが、ちょっと期待ハズレの声多しと聞きます。
さて、紹介の3機、8011がA-330さんNo.7143紹介と同じ撮影年なので、
よ〜く見たら、3機ともスポンソンに101空のマークが描かれてるようですよ。
という事は、上で『初めて』とレスしたけど、私も知っていたはずだと気づきました(笑)

>T.Hさん
厚木Wingsで見たシーキングのデモとは全く趣が異なりますね。まあ当たり前でしょうけど(笑)
機種(型)も塗装も異なる興味深さに加え、デモフライトそのものが大変に面白そうです。
離陸の向き(?)とは異なり、こちらに向かってくるデモあるいはパスは撮れたのでしょうか。
または1機1機のデモも撮れたのかと、別の観点でも諸々興味深いです(笑)

>ITAZUKE-1さん
アポロ計画でのSH-3D 152711はプラモデルキットのデカールになるぐらい有名な機体で、
縁起をかつぐように常にリカバリーで使用されていたと思っていましたが、
紹介のURLを拝見したら、結構複数の機体が使われていたのですね。
それも少数機にも関わらず今回の話題に登場しているBu.No.が多いのも驚きです。
大変に興味深いリストですので、今までのレスやBu.No.と、じっくり照らし合わせます。

>エイブルドッグさん
懐かしい景色ですねぇ〜。もっと昔の(40年ぐらい前のこの付近)景色と後ほど比べてみます。
さて、現在のCVW-5に所属するHS-14も、間もなくラストフライインとなります。
私は紹介のようなシーンに立ち会えるかどうか微妙です。
何年も先になると、このようなシーンが貴重となると思うと、なんとか立ち会いたいと願うばかりです。

>ALPSさん
“ツ”ですかぁ〜・・・。頭の中から完全に抜けてました(笑)
小牧でもヘリの撮影には難儀されてるようですね。日本あるいは世界共通かな?(笑)
ところで、IRANは空自と陸自、PARが海自、OCが民航 と呼び方(名称)が各々異なるようですが、
MHIの場合は何と呼んでいるのか気になります。

>THUDさん
私は立川基地の中に入ったことがありません。それは昔ももちろん現在も(笑)
ですので、中の様子はフェンスの外から見た想像でしかありません。
紹介は昔の南側R/W01エンドの東側の撮影ポイントから見て、どっちの方向ですか?(笑)

>YS45さん
米海軍施設のある木更津で米海軍機がT/Gを行っていたことは知られていることですが、
1970年代以降は少なくなったかと思ってましたが、ヘリはひょっこり行っていたのですネ。
話はコアな世界に外れますが、紹介の150620は懐かしいです。
他とは異なり150618-150620の3機だけのブロックで生産され、150618と150619は1966年に墜落損失。
ブロック内で生き残りの1機150620がHC-1DET-2で来日してきた時には大変に驚きました。

>TROUTさん
実は私はVC-5のシーキングとは巡り会わせが悪く、結局、1機も撮ってません(笑)
ですので、どなたかから紹介されるのを期待してましたが、また驚きの1枚です。
VC-5のチェッカーストライプ入りとは別の紹介の#41を私は知らないです。
これもまた撮った人が少ない一こまでは?(笑)。7月の何日ですか?。
ですので型式が分らないのですが、たぶんSH-3Gでしょう・・・(^_^;

>PAPPYさん
確かに劇トリミングの画像っぽいですネ。
無理に1機分とせず、ある程度の全景の中からNE-616を中心にしたトリミングの方が良かったのでは?。
その方が、コメントの幅も広がるような気がしますし、私も周りの機影を見たいし(笑)

>Straight Wingsさん(No.7159)
Bu.No.156498は、Straight Wingsさんの撮られた後に厚木に運ばれHS-12のNF-615となり、
その後NF-612になった姿が、このPart.5内でKomatsuさんがNo.7147で紹介されてます。

>小川さん
つい最近の出来事とは分っていましたが、やはり自分が参加していないと瞬時に日付が出ません(笑)
体験搭乗はH60系より機内の背丈があるH-3/S-61系の方が楽と聞きます。良かったですネ。
で、搭乗されたS-61は何番でしょうか?。スミマセン、日付と番号は必ず付きまといます。

>皆様
ここはクローズし新たにPart.6を立てます。





H-3 Sea King Part.4 Name:Takafumi HIROE Date:2012/11/17(Sat) 06:51 No.7116 ホームページ   
『アップ・ゼロワン』3代目149679/UP-01はDragon88さんNo.7084、TROUTさんNo.7113で紹介されてますので、
私からは4代目の SH-3G 151536/UP-01 を紹介します。
しかし肝心な“01”は機首正面の開いたパネルに書かれてますので確認できません(笑) 

『機体全景が見えない!』と不満の声が出そうなので、側面形も・・・。

3代目 SH-3G 149679/UP-01の運用期間は1981年〜1986年?or1987年?、
4代目 SH-3G 151536/UP-01の運用期間は1986年?or1987年?〜1991年2月末頃、
両機の交代のタイミングが不明確なので、どなたか教えて下さい。

>皆様
引き続き皆様のシーキングの話題をお待ちします。

途中経過です。
http://www.gonavy.jp/bbs2-h3.html
右スクロールして確認して下さい。

Re: H-3 Sea King Part.4 Name:つばどん Date:2012/11/17(Sat) 06:56 No.7117
広江さん、皆さんこんばんは。
シーキングだけでなくこいつも遭遇は少なかったですねぇ。
とは言え、どちらも常駐していたので貴重なイメージは少なかったですが(^^ゞ

嘉手納の公開ででもフライトをする HH-3E 33ARRS 69-5811 ジョリーグリーンジャイアントです。
この時はF-15のフライトに負けじとばかりにか、結構派手にフライトをしてくれたと記憶しています。
胴体後部にローディングランプが付いた等々、同じH-3とは思えない外見ですよね。
1983年9月3日の嘉手納の公開にて撮影です。


Re: H-3 Sea King Part.4 Name:geta-o Date:2012/11/17(Sat) 10:11 No.7118
おはようございます。すいません。#7102、7103はともに厚木での撮影です。
皆さんが書かれているように対潜空母が横須賀に入っても厚木にH-3が飛来することはあまり多くなかったと思います。
今日は空母もタイコンデロガに変えて厚木に飛来したHS-8のSH-3D(152713/NT-500) 1971.06.13厚木
この時はHS-4のSH-3D(154108/NT-403)と一緒に飛来しました。


Re: H-3 Sea King Part.4 Name:ITAZUKE-1 Date:2012/11/17(Sat) 10:22 No.7119
広江さん 皆さん お早うございます。
1971年2月11日 板付をべ−スにフライトしていた 全日空のS-61N MkU N6984R(C/N61-475)です。
日本海の石油石油開発の支援をしていたと聞いています。北側の旧68thFISのハンガ−を使用して日常のメンテナンスをしていましたが北側エプロンは米軍が使うことはないのかと、がっかりしていました。
後にレジはJA9513に変わり 後に売却されLN-OSZとなり1977年11月23日 北海で事故失われています。


Re: H-3 Sea King Part.4 Name:BATMAN Date:2012/11/17(Sat) 10:27 No.7120
>広江さま、皆さん
 おはよう御座います。朝からフライインですね。Rwy19に向けて町田上空も賑わっていますが全ての機体がスーパーホーネットとは時代の流れですね。これからはOspreyを含めてヘリコプターの時代ですかね。さてdet.Hさんの素晴らしいショット連発の1968年10月27日のネービー・デーの公開ではUSSベニントンが一般公開されましたが非公開ながらUSSホーネットがピア12に停泊していましたね。情景写真ですがホーネット艦上のSH-3を。疑問に思う事がありますのでお教え下さい。甲板にNV-312(B/N149000)と-316(B/N149705)が何故ベニントンのNTのモデックスが2桁でホーネットのNVのそれが3桁なのでしょうか。それから大発見のVH-70(?)が何故帰国するベニントンに。


Re: H-3 Sea King Part.4 Name:MACH3 Date:2012/11/17(Sat) 10:29 No.7121
おはようございます。
今日は朝からフライインで我が家ではジェット音が響いています。

さてHC-7のCSAR機が多く登場していますので私もスキャン済の画像を調べてみました。
その中の1つに撮影後40年経って1つの発見がありました。

胴体上にあるローター後ろの排気口の形状が他のシーキングとは違っています、これは外側のカバーが取外されているのでしょうか?
もしかしてこれが噂のHH-3Aかと調べてみました。

発表されているHH-3A(BuNo.148036)の写真を見ると胴体後部にRH-3Aのような窓が付けられ、その下のスポンソンにTAT-102 7.62mmのリモコン式のマシンガンを付けています。
しかしこのマシンガンが不評で、シコルスキーではSH-3Aの対潜機器を取外しドアーの横にM60と5.56mmのマシンガンを取付けHH-3Aに改修しました。
全部で148036を含め13機改修されたようですが厚木には飛来したのでしょうか?

#7068でN.SUZUKIさんのドアーが空きクルーが手を振っている画像がありますが、私はHC-7のフライトラインでこのドアーの中に固定されているマシンガンを見たことがあります。
そのため当時はこの”黒い”シーキングはHH-3Aと思い込んでいました。

HC-7で使用されたHH-3Aは11機でBuNo149903,149922,149912,151552,149916,151553,149933,151556,149682,149896であと1機はフィリピンでロスとなったBuNo.151531と思われます。

厚木で撮影されたHC-7機の中に該当のBuNo.が見つからないので、HC-7では手持ちのSH-3Aにもマシンガンを取付けCSARミッションを行っていたのではと考えられますが、資料が出てくるのを期待しましょう。


Re: H-3 Sea King Part.4 Name:Komatsu Date:2012/11/17(Sat) 10:51 No.7122

1994年8月27日、厚木19エンドのフェンス沿い道路上にて。

SH−3Hが配備されたHS−12最後の厚木フライインだったと思います。
リーダー機NF611を先頭に、612、613、615の順です。
今日のフライインとは違って、天気は良かったです。



Re: H-3 Sea King Part.4 Name:Cranberry 01 Date:2012/11/17(Sat) 11:47 No.7123
広江さん、皆さん、おはようございます。
USS KEASARGEに搭載されていたSH-3A(NS317,152112)1969年7月、板付。この頃対潜空母搭載機がアプローチやホバリングを繰り返していました。


Re: H-3 Sea King Part.4 Name:A-330 Date:2012/11/17(Sat) 11:48 No.7124
広江さん、皆さんこんにちは。

広江さんのお誘い?に乗って厚木の主だったカタカナ“ア”S-61AH 8947 入間基地へ飛来した時の撮影で撮影日は不明です。

自衛隊救難機の派手な塗装は、救助を待つパイロット達にいち早く現場到着したことを伝えて気持ちを勇気づけるためだと聞いてはいますが、八戸救難機では塗られていないタイヤホイールまで真っ赤に塗るとはちょっとやりすぎでは(笑)。
日米共同訓練で嘉手納ARRS隊員達から、派手な空自救難ヘリを見て「ターゲットだ!敵からの格好な攻撃目標となるよ」と大笑いされたというエピソード話を思い出しました。救難機も最近になってようやく地味な塗装へと変わりましたね。

>広江さん
 重ね重ねの甘〜いお誘いありがとうございます。「最後」という文言は使うべきではないと心に決め、まずは長玉レンズ保持ならびに駆け足移動に備え体力増強維持に努めます。
 ところで厚木救難S-61の前任であった、シングルエンジン姉妹機種S-62を取り上げる予定はございますでしょうか?。チャンスが無ければこのお題での超変化球ということで登場させていただこうかと…(笑)


Re: H-3 Sea King Part.4 Name:まさやん Date:2012/11/17(Sat) 15:12 No.7125
広江様、皆様、初めまして。

友人から「まだイラストリアスの写真が出てないから出してみたら」の誘いにのって投稿してみました。
これからも宜しくお願い申し上げます。

機種には、ワッペンにある魚(トビウオ?)が描かれています。

なお、部隊の詳しい説明ができないことや、皆様へのレスなし、お許しください。


Re: H-3 Sea King Part.4 Name:toksans Date:2012/11/17(Sat) 15:45 No.7126
今日は皆さん寒かったようですね。
ポイント・マグーのCH-3Eの次は、1973年10月22日のリモア公開で撮ったUSCGサンディエゴのHH-3Fです。次回からはSHに戻る予定です。


Re: H-3 Sea King Part.4 Name:PAPPY Date:2012/11/17(Sat) 16:55 No.7127
広江さん、皆さんこんにちは。
1990年7月21日長崎港の大波止岸壁で4隻の護衛艦(DDG-169, DDG171, DD-154, DD-156)が公開されました。
その内のDD-154”あまぎり”は就役後1年未満の新造艦で HSS-2B 121空 8114 が搭載されていていました。
後部に青と赤のストライプのマーキングが有ります。
この頃は大村基地へも行かれる環境だったのですが休眠中だったのが惜しまれます。


Re: H-3 Sea King Part.4 Name:Straight Wings Date:2012/11/17(Sat) 20:11 No.7128
広江さん、皆さん こんばんは。
1967/5/21 厚木の三軍記念日を終えて帰投する101空のHSS-2 #8014です。当日のネガを見るとNKのA-6, F-4B, RA-5Cなどが飛んでいますが、好天のおかげでみんな陽炎でぼやぼやで、まともに撮れているコマがないのが残念。いつになっても陽炎には難儀しますね。


Re: H-3 Sea King Part.4 Name:DET-K Date:2012/11/17(Sat) 20:41 No.7129
1967年4月30日、横須賀に入港していた空母ホーネットの SH-3A 149698 HS-2 NV68。
厚木19エンドで珍しくT&Gを数回繰り返しました。
残念ながら天候が悪く汚い写真ですが、左奥には有名な水陸両用機のSeaBeeがチラッと写ってます。
このSeaBee移動場所を変え放置?されていましたが私の現役中には飛びませんでした。


Re: H-3 Sea King Part.4 Name:エイブルドッグ Date:2012/11/17(Sat) 20:47 No.7130
広江さん、皆さん お邪魔します。
1983年7月2日の横田基地一般公開に突如展示されたオーサン基地38ARRSのHH-3E 67-14709です。天気も、置き方も良くはありませんでしたが、当時私の頭の中ではHH-3はすでに過去の機体と思っていましたので、見られないはずの機体が展示されてうれしかったです。つばどんさんご紹介の嘉手納の機体と違ってこちらはグリーンとタンのベトナム迷彩のままでした。


Re: H-3 Sea King Part.4 Name:det.H Date:2012/11/17(Sat) 21:03 No.7131
広江さん 皆さん こんばんは
USS Benningtonの艦上でのヘンな機体を見つけてしまった為、中々前へ進めません (笑)
その時のモノクロは殆んど見ずじまいだった為改めてデジカメスキャンしたところ、こんな機体が写っていました 一瞬CSAR機かと思ったのですがHS-8の旧塗装みたいですね 只、側面のModexがありません 左側に同じ塗装のNT、B/No.14896x、右側にCSAR機のおしりだけが写っています
>広江さん 残念ながら↓といい、尾翼が写っているカットはありませんでした


Re: H-3 Sea King Part.4 Name:N.SUZUKI Date:2012/11/17(Sat) 21:36 No.7132
広江さん、皆さん今晩は。
HSS-2 #8039 小松島航空隊の‘ コ‘所属で、77年頃の航空祭で撮影、後方は小松島の管制塔です。
広江さん、この時にNo7111で紹介した#8181の所属は、101空でした。


Re: H-3 Sea King Part.4 Name:TROUT Date:2012/11/17(Sat) 21:56 No.7133
広江さん、皆さんこんばんは。つばどんさん、エイブルドックさんに続いて私もHH-3Eを 75年3月嘉手納05RでT&Gをしていた33ARRSの67-14725、HH-3Eジョリーグリーンと言えばベトナム迷彩!でもこんなのもいたんですね〜、この後嘉手納を訪れた時には ベト迷のHH-53になっていて、エアクラフトグレーのHH-3Eは貴重になりました。ヨーロピアン迷彩の機体は撮る機会は良くありましたが、なにせあの色・・・シルエット同然で紹介できる物はありません(^_^;) 83年横田公開時は私も撮りましたが、エイブルドックさんのように背景がすっきり綺麗に撮れませんでした。パイロットが入ってて良いですね!

Re: H-3 Sea King Part.4 Name:香港01 Date:2012/11/17(Sat) 22:24 No.7134 ホームページ
ベルギー空軍のSeakingです。へんな色ですね!空軍にいます。
こんな色のヘリ見たことないです。撮影したのは1995年9月です。
撮影場所はベルギー北部の基地です。ベルギー空軍はSEAKING全部にこの塗装をしておりました。
詳しい事はわかりません。


Re: H-3 Sea King Part.4 Name:THUD Date:2012/11/17(Sat) 23:07 No.7135
No.7082でA-330さんが紹介されている画像で奥に写っている機体と同じですが、1966年11月6日の入間で展示されていたHSS-2(8010)です。多分終了間際で帰投準備中のシーンではなかったかと思います。昔は最後まで粘るのは何の苦もありませんでしたが、最近は執念?が不足してます(笑)
>広江さん
No.7082の途中経過のNo違ってません?


Re: H-3 Sea King Part.4 Name:小川 Date:2012/11/18(Sun) 00:10 No.7136
S61ですが館山のちびヤン「さよならカラス」で撮ったものを
一枚紹介します。
このシーンは85,86,87の3機ですがフレーム上には2機しか
収められず後でがっかりしたものです。




Re: H-3 Sea King Part.4 Name:Takafumi HIROE Date:2012/11/18(Sun) 08:13 No.7137 ホームページ
横須賀寄港中の空母の話題・画像が皆さんから多く紹介されてますが、
1979年10月14日の海軍記念日に公開された空母Kitty Hawkは覚えてらっしゃるかな?。
皆さんからも紹介されているHS-8“Eightballers”のSH-3H 149918/NL-725。
対潜空母が引退し、1975年頃までに現存していた攻撃空母は汎用化“CV”となり、
CVW所属下部隊のS-2/S-3, SH-3が搭載されるようになりました。


>つばどんさん
メインローターの反り具合から、会場左手からダイブしてきてライトターンするシーンかな?。
ITAZUKE-1さん1969年撮影のNo.7069紹介はSEA迷彩ですが、こちらはヨーロピアン・ワン迷彩。
これまでBBS IIでも様々な機種で話題になりましたが、やはり撮りずらい迷彩色ですネ。
しかし、ニックネーム“ジョリーグリーンジャイアント”の元は本当に食品会社なんでしょうかね?(笑)

>geta-oさん
(1975年以前の名称)攻撃空母と対潜空母が来日寄港した時、攻撃空母からのファイター系の飛来数に比べ、
対潜空母からのトラッカーやシーキングの飛来数は断然少なかったですネ。
そのことから皆さんの画像のかぶりを心配していました。
紹介の頃、空母タイコンデロガは横須賀5月19日入港・5月26日出港、佐世保6月4日入港・6月15日出港。
その間、geta-oさんコメントの2機の他、HS-4 152701/NT-400が厚木に飛来してます。
おそらく、皆さんも撮られてると思います。

>ITAZUKE-1さん
先日、厚木のエンドに集まった此処に登場する皆さんと全日空のS-61の話題が出ましたが、
その噂はその日のうちにITAZUKE-1の元に届いたようですね(笑)
私は実際には初めて見ましたので、このレスの後、色々と調べごとが始まります(笑)
しかし、この機体のH-3シーキングと似ているのは、機首と脚周りだけのように見えます(笑)

>BATMANさん
この日は、空母ベニントンに乗り、そして隣の空母ホーネット艦上の機影をも撮れ、
二度と体験できない至福の一日を過ごしましたね。それも、此処に登場する皆さんと共に(笑)
CVSG所属部隊のModexは、VS第1部隊1x〜2x、VS第2部隊3x〜4x、HS部隊5x〜6x はご存知のとおりですが、
1968年半ば以降、それぞれ100〜11x、200〜21x、300〜31x に変更する時期でしたので、
ちょうど帰国途中のベニントンと本国を出港し展開途中のホーネットで差が出ました。

>MACH3さん
今のところ厚木で確認された、#45, #46, #66, #71, #77, + No.7068は、私は全てSH-3Aと推測してます。
DET-110/111のHH-3Aは空母を転々と周っていたようなので、厚木に飛来した可能性は低いと思ってますが、
シースプライトの話題でN.SUZUKIさんが横田で撮影したHH-2Cの例もあるので、絶対にないとは言えません(笑)
ところで、私が1969年10月に撮影した#66左側のスキャン後画像から読み取ったBu.Noは“149x3y”。
xは左側の縦棒がないので“7”、yは右上の縦棒と左下の縦棒がないので“5”とし、149735と結論付けました

しかし↑の機体色に黒文字、汚れなどで100%の確実性はなく、そしてHH-3A #66のBu.No.は149933。
ですので、149933と言われれば、そのようにも見えてしまいます(笑)
MACH3さんの右側では確実に読み取れてますか?。
ちなみに↑の時点ではエンジン排気口の形状は他と同じですね。
少し他の画像も調べたのですが、カバーが異なるのか外したのか見分けができませんが、他にもありました。

>Komatsuさん
CVW-5のFly inは天気の悪い日、は都市伝説のように語り継がれてます(笑)
まあ確かに今日も曇りから雨でしたが(笑)
天気の良い日のFly inも何度も体験していても、悔しい日のことが記憶に残り続けてしまうのでしょうね。
スミマセン、紹介の各機のBu.No.お分かりですか?。私のページの穴埋めをしたいのですが・・・。
148988/NF-611, 156498/NF-612, 1xxxxx/NF-613, 152115/NF-615
この正誤も含め、教えていただけると助かります。

>Cranberry01さん
当時の板付は対潜空母搭載機の飛来も多かったのですか。本当に当時の板付は多種多彩で楽しそうです。
その年の4月末にKEASARGEが横須賀に寄港した時にIndiansの矢を描いたHS-6少数機が厚木に飛来しました
しかし続けて横須賀に寄港したHORNETからの飛来機はZero。差があり過ぎ(笑)
そういえば数年前、HS-6のCOからHPで使う矢を描いたSH-3の画像がないか?と問い合わせが来ました。
しかし今のHSC-6になってからは、公式サイトはH-60系だらけの写真になってました。

>A-330さん
いえいえ、失礼いたしましたm(_ _)m。
何事も物事を決め付けず先々があるヨ、と固い頭の自分自身への戒めでもあります(笑)
私の撮影した“ア”8943, 8947, 8949の主脚ホイールは確かに赤。新発見!です。
ヘリシリーズは途中で飽きられてしまうのを覚悟で粛々と進めます(笑)
この後の番号、6, 13, 19, 21, 23, 25, 34, 37, 43, 46, 47, 52, 続きあり・・・ですので、
H-52シリーズとなるS-62は当分先になります。その頃までお付き合いいただけます?(笑)

>まさやんさん
はじめまして。初投稿ありがとうございます。今後とも、よろしくお願いいたします。
なお、各話題が終えた後、整理するためにBBS II Gallery化を進めてます。
できうる限りで構いませんので、撮影日(年だけでも構いません)と機体の番号を補足いただけると助かります。
なにせ今回の画像は、私にはアウェイのため、Gallery化へ向けた宿題となります(笑)
という事で、まず初歩的なこと調べました(笑)。紹介は1997年5月〜6月の寄港時のショットでしょうか?。
ここから順にシーキングの型式や部隊、そして番号を調べていくことになります(笑)
機首の“13”は米海軍のModexに相当する(?)013の下2桁なので、機体そのもののレジは現在不明(笑)
あとは・・・『うみ太郎さ〜ん、お助け下さ〜い』(笑)
それと、レスはあってもなくても構いません。気が向いた方との会話でも皆さん気にしませんから(笑)

>toksansさん
Gallery化する際の画像の分類にはUSCGも必要だと今気づきました(笑)。
海自機が独自の愛称を付けるのと同様に、USCGのHH-3Fは『Pelican』が愛称と初めて知りました。
USCGのHH-3Fも世界共通の道をたどるかのようにHH-60Jと交代してしまったようですね。
しかし米海軍シーキングを見慣れてると別機です。H-3/S-61系は多種多様すぎます(笑)

>PAPPYさん
画像を拝見し、珍しいショットだなぁ〜と感じましたが、当時は大村基地へも行かれる環境にお住まい?。
う〜ん・・・、私もその前後の時期に仕事でそちら方面には度々出張に行きました。ニアミスしてるかな(笑)
しかし撮影は行き帰りの長崎空港のターミナル上だけでしたがね。
大村は目の前でしたが、残念ながら一度も立ち寄りませんでした。

>Straight Wingsさん
1967年5月21日の厚木基地三軍記念日については、今まで色々な機種で話題に取り上げられてます。
前回のシースプライトでも、UH-2B 150171が紹介されてます。
他にも、A-3B, A-6A、RA-5C、ロープを越えてA-1やF-8を撮りに行った人・・・(笑)
あとは逸話としては、RA-5Cが南からのハイスピードパスで背中からベイパーが大量に出て、
それを見た私が(当時)音速を超えたと言った笑い話ですかね(笑)

>DET-Kさん
スミマセン、瞬時にコメントから撮影と基地の中の位置関係が理解できません。
シービーは東側に放置されていたような???。
そもそもDET-Kさんは色々な場所から撮影されるから、私には理解できないのかも(笑)
シービーの飛ぶ姿はMACH3さんが捉えてます。Flying Boat Part.2の話題のNo.2940をご覧下さい。

>エイブルドッグさん
私も、この日、米空軍のHH-3Eを初めて間近に見て感動しました(笑)
部隊が分らなかったのですが、韓国からの飛来でしたか。また一つ新発見が増えました。
当時、38ARRSは、HH-53CからHH-3Eに機種を戻してしまったのでしょうか。
MH-53 Pave Lowへの改造ためにHH-53Cが必要になったのでしょうかね。
SEA迷彩HH-3Eは早々にPart.1でITAZUKE-1さんがNo.7069で紹介されてます。

>det.Hさん
1968年10月の時点でHS部隊に旧塗装機が所属していたとは驚きです。
そもそも、私はこのシーンに全く記憶がありません。
艦首側から艦尾側まで下から見上げて歩いたはずなのですが・・・。
と思ったら、これは何かの建物の階段等々からフライトデッキと水平目線で撮ってますねぇ〜(笑)
右端の白いテイルの奥は、#70ですね。残念。

>N.SUZUKIさん
皆さん私のカタカナのリクエストにお応えいただき、ありがとうございます(笑)
私は小松島基地には一度も行ったことがなく、地図等で位置関係を確認してます。
管制塔は建て替えられたようで、紹介画像と現在の施設の場所との差が明確にならないです〜。

>TROUTさん
何気にさらっと紹介されてますが、私には隠し球的な驚き画像です(笑)
当時のHC-130系にはまだまだエアクラフトグレーの機体が多く残っていたように記憶してますが、
まさかHH-3Eにも、この色の機体が居たとは驚きです。
ジョリーグリーンのイメージが強すぎるんですかねぇ〜(笑)

>香港01さん
ご無沙汰しております。いよいよ各国のシーキングが登場し始めるのかな・・・(笑)
ところでスミマセン、補足となるコメントを下さい。
ベルギー空軍は初のアウェイの地(笑)です。RS01はS/No?(笑)
部隊特定のために撮影地は必要?。それとも機首のマークで分る?。撮影年は?。
あまりにも情報が少なすぎますので、ご存知の範囲で補足いただけると助かります。

>THUDさん
執念がねぇ〜・・・(笑)。同感!(笑)
まあでも昔から諦めが早いと言われ、例えばエンドから早々に撤収すると、何か外来がよく降りました(笑)
A-330さんNo.7082(訂正しました)の8010は“ミ”ですが、このTHUDさん紹介は?。
テイルが見えないので“ミ”or“101”の確認です。

>小川さん
3機のフライトで全てが納まらないのは、撮っていて気持ち悪くガッカリするのはよく分ります。
紹介のときに限らず、よくあるシチュエーションですよね。
ポジティブに、2機の動きの異なる紹介の絵が撮れて良かった、と・・・(笑)
ところで「さよならカラス」のイベントはいつでしたっけ?。撮影年月を添えていただけると助かります。

>皆様
ここはクローズし新たにPart.5を立てます。





H-3 Sea King Part.3 Name:Takafumi HIROE Date:2012/11/16(Fri) 06:50 No.7096 ホームページ   
No.7074で紹介した149930/UP01は急ごしらえのためか短命で任務を解かれ、再びHC-1DET-2(NF-722)に戻り、
COMSEVENTHFLTシーキング2代目『アップ・ゼロワン』となったのは↓のSH-3A 148989/UP01。
148989は1970年代早々には要人輸送任務機として改装され主にLANT部隊で運用されてましたが、
(海路で運ばれ?)杉田NIPPI経由で1976年10月末の厚木到着から1981年までHC-1DET-6で運用されました。
その間、1979年10月にフネはUSS Blue Ridge (LCC 19)に交代してます。

なお、1976年当時は胴体に赤白青のバイセンティニアルのストライプを書き入れてましたが、
何故か私のポジが行方不明のため、何方かからの紹介を期待します。

>皆様
引き続き皆様のシーキングの話題をお待ちします。

Re: H-3 Sea King Part.3 Name:ITAZUKE-1 Date:2012/11/16(Fri) 08:36 No.7097
広江さん 皆さん お早うございます。
1970年1月15日 CVA-61艦上のSH-3A NE(HC-1)-004 9726です。
寒いといえばこの日は雪で一時吹雪のように降って震えながら撮影したことを忘れられません。


Re: H-3 Sea King Part.3 Name:DET-K Date:2012/11/16(Fri) 10:05 No.7098
対潜空母が横須賀へ入港してもシーキングを厚木で撮るチャンスは殆ど無かったですね。
さらに目の前に現れない限り撮り位置を求め追いかけることは皆無でした。当時体力があったのに! (><)

その大きな要因は、当時マニアさんの数は少なくヘリを追いかけようとその場を一人で離れると
なにやら・・・・冷たい目線を背中に感じたのを思い出しました。(>_<)
そして結果が得られずゼーゼーと息を切らして戻ると・・・・さらに冷たい目線がイケマセンです!
ついつい小心者になりヘリの写真はわずかに (>_<)

1967年10月9日厚木、目の前を横切る SH-3A Bu.152106 HS-6(NS51) No.7063〜4のdet.HさんとTHUDさんと同じ時期です。
広江さん。いつも投稿の誤字等スミマセンです。あとサーバー容量は充分あります数年は大丈夫と思いますが。


Re: H-3 Sea King Part.3 Name:MACH3 Date:2012/11/16(Fri) 11:20 No.7099
今日も一仕事終了。
DET-Kさんが活躍されていたころと比べ我々はヘリでも貴重。
座間でタッチ&ゴーをしているのを見つけると、「どうせ何も降りっこない」という安心感から出かけました。
しかし長いこと留まると面倒なことになるので、撮ったらすぐに引き上げる事が多かったです。


Re: H-3 Sea King Part.3 Name:A-330 Date:2012/11/16(Fri) 12:09 No.7100
広江さん、皆さんこんにちは。
自分にとって厚木詣で最後の日となった93年4月25日に撮影した SH-3G TA-11 148973 です。もう19年も前の撮影ですがこうしてデジ化した写真を見ていると、まるで昨日のことのように感じます。


Re: H-3 Sea King Part.3 Name:Cranberry 01 Date:2012/11/16(Fri) 14:28 No.7101
こんにちは。
No7092のTHUDさんの画像を見ても、横田でSH-3系を撮った記憶は全くありませんでした。当時は横田通いの日々でしたので、もう一度ネガをさ探してみると、ありました。しかも論争・疑惑の機体(笑)ではありませんか。
時は1969年10月、天気の悪い日だったようです。71は読めるのですが、残念ながらBu.No.は読めません。


Re: H-3 Sea King Part.3 Name:geta-o Date:2012/11/16(Fri) 15:35 No.7102
広江さんすいません。#7076のHSS-2の操縦室の撮影日は一般公開の日ではなく体験搭乗(字はこの方が正しいと思います)の日で友人のマニアが幹部隊員に知人がいて乗せてもらったと思います。
お言葉に甘えて2枚貼ります。
#7060でKomatsuさんが1962年に神戸に入港したHONET艦上のSH-3の写真をUPしていますがこの時のクルーズでは残念ながら私は見ることができませんでした。
私が最初に見たSH-3Aは1964年3月12日のHONETの#53と59でした。どちらも高くていい写真になりませんでした。
1枚目 SH-3A(148969/ HS-2/NV-53)


Re: H-3 Sea King Part.3 Name:geta-o Date:2012/11/16(Fri) 15:36 No.7103
2枚目 SH-3A(148987/ HS-2/NV-59)

Re: H-3 Sea King Part.3 Name:toksans Date:2012/11/16(Fri) 18:08 No.7104
>広江さん
今日はお疲れ様でした。
#7079のCVS-20の訪問時には残念ながらVA-93DetのA-4Bは、全機厚木に降りており見ることはできませんでした。今回は曲球でポイント・マグーのCH-3E 66-13296です。1973年10月27日の撮影です。聞くところによると空軍のCH-3Eが数機海軍に移管され、Pacific Missile Rangeでのドローンやミサイルの回収に使われたそうです。


Re: H-3 Sea King Part.3 Name:Komatsu Date:2012/11/16(Fri) 19:01 No.7105

1964年7月11日、新明和伊丹工場に入る第101航空隊のHSS−2(8001)です。

第21航空群のHPを見ると、『昭和39.3.24 HSS−2 領収開始』となっていますので、
この写真を撮った頃はまだ最新鋭機だったようですね。



Re: H-3 Sea King Part.3 Name:Gulf4 Date:2012/11/16(Fri) 19:39 No.7106 ホームページ
今晩から出かけるので、「変化球」的なシーキングを紹介しておきます。
カナダのCH-124(12434)ですが、資料を調べると型式はCH-124B-2だとか。
HACS WINNIPEGに搭載され、仙台港を訪問した時に撮りました。
手前の船に搭載していたら、もっと良く撮れたかと思います。
1997年だったと思いますが、記録を再確認してみます。


Re: H-3 Sea King Part.3 Name:det.H Date:2012/11/16(Fri) 21:07 No.7107
広江さん 皆さん こんばんは 
前回と同じUSS Bennington艦上です
>広江さん、多分今回の機会が無ければ気が付かなかったor忘れていた?であろうNT50と並んでCSAR塗装機がいました  
NT50は同じ位置からのB&Wがありそちらを精査したところ、B/No.は151545と読めました CSAR機は、つぶれて見えにくいですが、機首にModex70と、その両サイドにHANG TENのマークの足跡が描いてありました


Re: H-3 Sea King Part.3 Name:BATMAN Date:2012/11/16(Fri) 21:30 No.7109
>広江さん、皆様
 皆さんにお見せする写真も有りませんのでミニ・ネタを。流れを切る様でしたら管理人さま削除をお願い致します。実は飛行浪人さんが撮られたNO.7057のHC-7 VH-32の左機首下に描かれたマークが気になりましたので古い厚木SKYWRITER紙を探したら1970年5月8日号にこのマークの記事が有りました。直前に行われたSEATOの訓練にUSS CATSKILL MCS-1 に搭載されたVH-32が6個の機雷回収数(恐らく訓練用の機雷)行ったのは判るのですが飛行浪人さんが2個のパラシュート・マークとされたピックルスの様なマークは実は盲腸炎の患者の救出マークだそうです。アメリカ海軍でなければ許されないペイントですね。


Re: H-3 Sea King Part.3 Name:PAPPY Date:2012/11/16(Fri) 21:41 No.7110
広江さん、皆さんこんばんは。もう始まっていたのですね忘れていて出遅れました。
1973年4月29日百里基地航空祭に展示された 101空 HSS-2 8002 ですが、お帰りの整備中でよく見ると機首艇部のカバーが外れていて口を開けているように見えますね。


Re: H-3 Sea King Part.3 Name:N.SUZUKI Date:2012/11/16(Fri) 21:56 No.7111
広江さん、皆さんこんばんは。
 三菱シコルスキー式S-61A #8181です。 撮影は、1977年前後の頃の小松島基地の航空祭で、南極観測艦「ふじ」の搭載機として使用されていました。


Re: H-3 Sea King Part.3 Name:THUD Date:2012/11/16(Fri) 22:46 No.7112
このNoはまだ紹介されていないと思いますので。1969年3月横田で撮影したRH-3A(147139 VH30)です。

Re: H-3 Sea King Part.3 Name:TROUT Date:2012/11/16(Fri) 22:57 No.7113
広江さん、皆さんこんばんは。NAVYの白いシーキングにはあまり縁が無くUP01,TA11の方が多く撮ってあるような気がします。今日の紹介は85年9月、嘉手納で撮ったUP01 Bu149679です。3代目なんですね。他の機体などを入れ嘉手納らしさを出したかったのですが、F-15は早めに店じまいNAVYのエプロンはご覧のようにガラガラでした(^_^;)

Re: H-3 Sea King Part.3 Name:うみ太郎 Date:2012/11/17(Sat) 00:57 No.7114
広江さん、皆さん、こんばんは
それほど撮ってないのに加えデジタル化されてないので紹介出切る画像がほとんどありません。
出て来たのが2005年5月15日のチビヤンで駐機されてたHSL-51の正面形です。
前回のVH-3はBuNo.159356でした。 

TA-11 UH-3H 152704


Re: H-3 Sea King Part.3 Name:Takafumi HIROE Date:2012/11/17(Sat) 06:50 No.7115 ホームページ
皆さんからの変化球攻めに遭い始めた(笑)ので、私はちょっと寄り道します。
↓は私の撮ったカタカナ“ハ”です(笑)。未登場ですネ。
しかし未だにシーキング救難型S-61AHが紹介されないのが不思議でなりません。


>ITAZUKE-1さん
この頃から?、横須賀よりも佐世保に寄港する空母が増え、厚木も寂しい想いをしました。
背景のかすみ具合から天気の悪さは伝わってきますが、一時吹雪の寒さとは・・・。
海風で寒さもより堪えたと思います。お疲れさまでした。
しかし若かりし頃(私も(笑))は目の前に獲物さえあれば、なんでも耐えられましたネ(笑)

>DET-Kさん
確かに『ええっ〜、ヘリを追い回すのぉ〜』てな雰囲気は当時のエンドにありましたネ(笑)
しかし私は皆さんが休眠されてからは、その教えを守らず、せっせとヘリを追い回しました。
なんせ皆さんより若く体力がありましたからねぇ〜(笑)
しかし今は、私より若い世代の方々には絶対に敵いません(笑)

>MACH3さん
そういえば、座間に行くヘリを追いかけて行ったこともありましたね。
しかし不精な私は厚木に留まり皆さんをお見送りすることの方が多かったです。
そのせいもあり、私は皆さんに披露する事のできる座間で撮影したショットはありません。
しかしいつも皆さんの結果を見て後悔してました(笑)

>A-330さん
紹介の148973は、COMSEVENTHFLTシーキング『アップ・ゼロワン』の5代目=最後がHSL-51に移管された後の姿。
キーワードを改め、初代『ブラック・ベアード』です(笑)
蛇足ですが、とあるコールサイン本で『Black Bear』と間違って紹介され、黒熊という方が多かったです(笑)
たしかコブラの時も『最後』という言葉に、私が『まだまだ先がありますよ』とレスしました。
今回もレスします。『今度、厚木でお会いしましょう』(笑)

>Cranberry 01さん
やはり当時の横田ではシーキングも決して珍しい存在ではなかったようですね。
しかし見つけたのが論争・疑惑の機体とは・・・(笑)
これで、確認されたHC-7のCSAR塗装のシーキングは、#45, #46, #66, #71, #77, + No.7068。
そして最大の疑惑は、#66がHH-3AかSH-3Aか。しかしBu.No.が判読できないんですよねぇ〜。

>geta-oさん
体験搭乗、変換を間違えてました。ご指摘ありがとうございます。
紹介はgeta-oさんが初めて見た(撮った)シーキングですね。記憶は強く残っていることと思います。
撮影は厚木ですか?。
この2機のうちの148987のその後の姿は、BATMANさんがNo.7070で紹介されてます。

>toksansさん
今日は久々にエンドで日光浴+αを共に楽しめましたね。お疲れさまでした。
変化球には弱い私(笑)ですが、このような曲球・変化球の紹介は大歓迎、
米空軍から一時的に移管された米空軍機はレアだけに興味大です。
しかし悔しいことに私は何機のCH-3Eが米海軍で運用されたのか把握してません。
で、ちょっと調べたのですが、66-13296はHH-3Eに改造され、米陸軍に移管された記録がありました。

>Komatsuさん
当時はピカピカの新車ですネ。
機体ごとの耐用年数は分りませんが、51空で運用していた最後のHSS-2Bは2003年頃まで確認されてますので、
海自シーキングとしては約半世紀にわたって飛び続けたことになります。
おおよそでは珍しく米海軍と同程度の期間ですので、長寿機の部類でしょうか。

>Gulf4さん
仙台港でこのような貴重な機体が撮れたとは、ちょっと驚いてます。
カタカナも大好きですが、変化球も大好きです(笑)。
しかし型式を問われると一気にホームからアウェイに飛ばされた気分になります(笑)
で、レスの前に少しですが調べたところ、確かにCH-124に色々な型が存在しているのですネ。
更に、S/No.12434やc/n61-344で複数箇所で調べてみたのですが、2010年時点でもCH-124Bでした。
Gallery化する時に悩みの種となりそうです。

>det.Hさん
私は紹介のシーンは見ておきながら撮りずらい位置だったので撮影しませんでした。
それが今になって大変に重要な一コマになるとは、何も知らない当時は全く予想もできませんでした。
このコマからは、まず151545/NT-50が私のUSS BenningtonのページのBu.No.リストに新たに加わります。
そして論争・疑惑の主、左側の機体は“The Story of HC-7/CSAR”からHH-3A 149682/VH-70と引用します。
もしモノクロネガで写っているコマが見つかったら、特に“VH”レターを再確認下さい。

>BATMANさん
いやいやぁ〜、大変に面白い逸話です。
一時的にRH-3Aの姿を見かけなかった後に、機雷マークを描いて戻ってきたので、
私は、てっきりベトナム海域に行っていたものと思い込んでましたが、
MACH3さんから、パワー不足で実際には実戦参加する事はなかったと聞き、???でした。
マークも、機雷はともかくとして、左上の二つは、ずっと何故ピクルスを?と思ってました(笑)
SEATOの訓練といい、盲腸炎の患者の救出マークといい、ウン十年ぶりにスッキリしました。
追伸ですが、流れを切るなどと気にせず、画像・話題ともに個人個人の流れで進めて構いません。

>PAPPYさん
前シースプライトの最終章のレスで開始日はアナウンスしてますので、
ず〜〜〜〜〜っと、PAPPYさんの登場をお待ちしてましたヨ(笑)
紹介の8002、私も撮ってます。この年この場所でもPAPPYさんとニアミスしていたのですネ。
この時に展示された機体のうち、次のお題でも使えそうなコマがありましたが、撮ってますか?(笑)
機首の“口”は、実はプラモデルを作った時に私も感じてました(笑)

>N.SUZUKIさん
小松島基地の航空祭にまで遠征されたのですか・・・。
当時から今も、N.SUZUKIさんのアクティブぶりは一向に変わらないのですネ。
Gallery化へ向け、一つ再確認したいのですが、この当時の8181は101空で管理されていたのですか?。
テイルに書かれる文字が読み取れないので教えて下さい。

>THUDさん
はい、最初に厚木に姿を現したHC-7のRH-3Aは147139/VH-30と148040/VH-31の2機でした。
スマートなシーキングらしくない物々しい外見に当時私は追い回しました(笑)
また都合良いことに厚木に到着した当初の3月は頻繁にT/Gを繰り返していました。
横田にも行っていたのですネ。

>TROUTさん
HC-1DET-2やHS-12のシーキングの飛ぶ中、COMSEVENTHFLT専用機は(当時は)1機だけ、
かつ1994年にSH-3H運用のHS-12が(当時)SH-60F運用のHS-14と交代した後は孤軍奮闘状態。
にも関わらず皆さんの中では厚木の主的存在感を持たれていたようです。
VIP機の綺麗な塗装のせいもありますが、シーキングの軽やかなエンジン音が皆さんを引き付けたのかな。

>うみ太郎さん
厚木の最後のシーキングとなった『ブラック・ベアード』2代目、
撮影はおそらく、うみ太郎さんにとっても最後の生きている姿になったのではないでしょうか。
書類上は2005年10月に抹消されてます。
現在は厚木基地内のグランドで保存展示されている姿を見ることができますね。

>皆様
だんだん変化球攻めが増えてきましたねぇ〜(笑)。ここはクローズし新たにPart.4を立てます。





H-3 Sea King Part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2012/11/15(Thu) 06:43 No.7074 ホームページ   
HC-7、MidwayのHC-1DET-2、に続いて馴染み深い存在となったのはCOMSEVENTHFLT専用機。
↓は初代シーキングCOMSEVENTHFLT専用機。HC-1DET-2からHC-1DET-6に移管されたBu.No.149930。
画像では見え難いですが、NAVYの文字の上に書かれているのは“USS OKLAHOMA CITY”。
これ以降、代々『アップ・ゼロワン』のニックネームで呼ばれるようになりました。


>皆様
引き続き皆様のシーキングの話題をお待ちします。
予想どおり、撮影された機体(Bu.No)は決して多くはないようです。
機体のかぶり等は気にせず皆様個々の話題で進めて下さい。

Re: H-3 Sea King Part.2 Name:geta-o Date:2012/11/15(Thu) 06:50 No.7076
Part.1には間に合わなかったようですが用意した画像を張ります。
1973年12月2日館山で乗った海自のHSS-2(8017)の機内より撮った写真。といっても操縦室しか映っていませんが窓越しには東京湾の海面が見えます。


Re: H-3 Sea King Part.2 Name:ITAZUKE-1 Date:2012/11/15(Thu) 08:47 No.7077
広江さん 皆さん お早うございます。
1969年12月28日 佐世保赤碕岩壁に接岸したCVA-19 艦上のSH-3A NP-006 9722です。 
ロ−タ−を広げ飛行可能な状態にありますので、じっと待っていれば上がったかも知れません 板付へ??


Re: H-3 Sea King Part.2 Name:MACH3 Date:2012/11/15(Thu) 09:44 No.7078
>広江さん
RH-3Aの実戦活躍は無かったようです。
休みの日にはなるべく参加できるようにしますね。

ITAZUKE-1さんがご紹介されたHANCOCKのSH-3AがHC-1最初のSH-3A空母派遣になりました。
HC-1に最初にSH-3Aが配備されたのが1969年5月で翌月にはDET-19が編成され2機配備されました。
そして空母に派遣された時はDET-4となっています。

その次がこのDET-5。↓
1969年7月にDET-64が3機のSH-3Aで編成され、空母派遣と共にDET-5に変更されました。

空母が入港するとシーキングの飛来が多くなり、前回のシースプライトがHC-1から消えていくのは淋しい気がしました。


Re: H-3 Sea King Part.2 Name:toksans Date:2012/11/15(Thu) 09:51 No.7079
1964年4月12日、横須賀停泊中のCVS-20のSH-3A NT-60です。所属はHS-8ですがB/Nは判りません。

Re: H-3 Sea King Part.2 Name:Cranberry 01 Date:2012/11/15(Thu) 11:06 No.7080
おはようございます。
SH-3A(NT59, 149727,USS Bennington)1968年8月。この頃はまだWWUの生き残りのEssexクラスやWaspクラスの空母が多数残っていましたね。懐かしい名前を思い出しました。


Re: H-3 Sea King Part.2 Name:det.H Date:2012/11/15(Thu) 13:30 No.7081
広江さん 皆さん こんにちは
旧塗装、エンジングレイ?のHS部隊がNS以外に見つからず、新塗装の機体で 
↑でtoksans氏、Cranberry 01さんが紹介された“Eightballers”です この時の公開はこのBBSに参加されている皆さんも多く行かれていたと思います
>広江さん Bu.No.152123、 Com7Flt時代?をぜひ拝見したいですね
>THUDさん 私は横田での出会いはありませんでしたよ


Re: H-3 Sea King Part.2 Name:A-330 Date:2012/11/15(Thu) 14:36 No.7082
広江さん、皆さんこんにちは。

広江さんのコメントで話題に出ました海上自衛隊カタカナ機を
70年に百里基地で撮影した大湊航空隊所属のHSS-2 8029と8010 "ミ"です。新旧塗装で飛来しました。


Re: H-3 Sea King Part.2 Name:Komatsu Date:2012/11/15(Thu) 15:00 No.7083

昨日の 7060 と同じような画像で恐縮ですが、1年4ヶ月後の1964年1月11日の撮影です。
場所は同じで、神戸に入港中のCVS-12 USS Hornet艦上。
SH−3A(NV63 Bu.No.149002)です。



Re: H-3 Sea King Part.2 Name:Dragon88 Date:2012/11/15(Thu) 18:08 No.7084
1984年に撮影したものです。このころの天気はあまり快晴の時に恵まれずまた、逆光の時が多く撮影には難儀した覚えがあり焼きあがってからがっかりばかりでした。でもめげずに撮影していればきっと良い時もあると信じて現在に至っております。デジタルは恐るべしの現在ですかね。
149679/SH-3G HC-1/UP-01


Re: H-3 Sea King Part.2 Name:Dragon88 Date:2012/11/15(Thu) 18:57 No.7085
連貼りになってしまいましたが、No.7074の機体のBuナンバーの次の機体はSH-3Hの149931/NF-615を撮ってましたので入れました。1985.5.2の撮影になります。

Re: H-3 Sea King Part.2 Name:Gulf4 Date:2012/11/15(Thu) 21:11 No.7086 ホームページ
広江さん憧れのカタカナ部隊名を記入した「ダッシュ・ツー」です(笑)。撮影場所は海上自衛隊阪神基地隊、
新明和工業甲南工場の対岸になります。もちろんこれを撮りに行った訳ではなく、PS-1を撮りに行ったのかと。
お目当てを撮ったかどうか忘れてしまいましたが、阪神基地隊ヘリポートに吹き流しが上がったので、急いで
移動したと思います。おそらく飛行浪人さんと一緒に行ったと思いますが・・・。
大阪在住時に撮ったので、1980年頃の撮影だったと思いますが、小松島航空隊所属のHSS-2(8034)。
余談ですが大阪在住時、小松島も徳島も行けなかったことが残念でなりません。


Re: H-3 Sea King Part.2 Name:ET Date:2012/11/15(Thu) 21:36 No.7087
広江さん、皆さん、今晩は。
久し振りに投稿させて頂きます。綺麗な画像ではありませんが1983年5月5日厚木でのSH-3H(NW504, 156483)です。機首に赤いカエデのマークとModexの下にHMCS PROVIDERと書かれていますが私には本機との関係が分かりません、ご教示下さい。


Re: H-3 Sea King Part.2 Name:TROUT Date:2012/11/15(Thu) 22:09 No.7088
広江さん、皆さんこんばんは。昨日に続きVH-3Dです。A-330さん THさんも紹介されています、83年11月レーガン大統領来日時の撮影です。Bu159352 83年11月5日。いつものようにC-5で運び込まれた後、ローターとテール部分を折りたたんだ状態でハンガー内にしまわれていましたが、この日ハンガーから出てきたと思ったら、あっと言う間に組み立てられテストフライトへ。石川島側のヘリパッドでしばらくT&G 天気は良くなかったですが、取り放題!忘れられない日でした(^^) 横田らしくC-141を絡めてみました。

Re: H-3 Sea King Part.2 Name:N.SUZUKI Date:2012/11/15(Thu) 22:34 No.7090
広江さん、皆さんこんばんは。
撮影時期は不明で自信がありません、厚木のSH-3H 152136 USS MIDWAY/CVW-5 NF-610です。
広江さんのNo7038のNF-002(HC-1DET)の後、何時ごろから現在のようなCVW所属となったのかお教え願えればと思います。なお、No7068のCSARもどき塗装の機体は、尾輪前のModix等、他の塗装がないことは確認しています。


Re: H-3 Sea King Part.2 Name:エイブルドッグ Date:2012/11/15(Thu) 23:05 No.7091
広江さん、皆さん こんばんは
ちょうど上のN.SUZUKIさんへの回答になるかも知れませんが、1984年7月にHS-12がノース・アイランドから厚木へ移動して来て、すぐに厚木のチビヤンに展示されました。このホームポート・チェンジの時の飛行隊長ウィリアム・ループ中佐は後年、初のヘリ出身の厚木基地司令となりました。退役するまでの総飛行時間5000時間、そのほとんどがシー・キングという米海軍でも稀有なパイロットだそうです。

>広江さん、TROUTさん
オープニングのNo.7055も、上のC-141とVH-3も素晴らしいシャッターチャンスをモノにされていますね。


Re: H-3 Sea King Part.2 Name:THUD Date:2012/11/15(Thu) 23:29 No.7092
No.7065でMACH3さんから紹介されていますが1969年5月に横田で撮影したRH-3A(148040)です。
>広江さん
横田ヘリパットでのショットですが、私に関していえば残念ながら撮影機会はありませんでした。
>det.Hさん
前回のシースプライトとは一転(笑)厚木で撮った(外撮り)ものが無く、横田ばかりでした。
あっ、先に申し添えておきますが立川もありませんよ〜(笑)


Re: H-3 Sea King Part.2 Name:つばどん Date:2012/11/15(Thu) 23:46 No.7093
広江さん、皆さんこんばんは。
うっかりしてたらPart.2になっていました(笑)
広江さんの言われる通り、H-3との遭遇は思いのほか少なかったようで、紹介出来る画像は少なそうです。

既に皆さんから複数紹介されていますが、やっぱりこいつの印象が大きいですね!
C-5で空輸、組立後、田のNEヘリパッドでテストフライトする VH-1D 159351 HMX-1 です。
2機撮ったはずなのですが、s/nの読める画像はこの機体だけでした(^_^;)
東京サミットのためにカーター大統領の来日を目前に控えた、1979年6月19日の撮影です。
既出の1983年以降の機体にある背中のレドーム状の出っ張りがまだありません。
胴体の細い帯も違うような・・・?


Re: H-3 Sea King Part.2 Name:T.H Date:2012/11/16(Fri) 02:56 No.7094
2000年5月に撮影した HMX-1の前進待機基地と思われる NSF ANACOSTIA で夕刻 トーイングされ
ハンガーINするVH-3D。

海兵隊が担当するヘリによる大統領移動の足HMX-1は、バージニア州北部にある MCAF クアンティコに
置かれているが、大統領が居住し執務を行うホワイトハウスとクアンティコは、ヘリであってもやや距離が遠い。
この為ポトマック川の東岸にある Naval Support Facility Anacostia にVH-3Dの分遣隊が置かれている。
青いシャッターの一角に各1機入ると想定すれば、3機が格納可能な施設のようだ。
メインローターを伸ばした状態で格納しているので、贅沢に1格1機の収納か。

アメリカ国内、特に東海岸では機体は古いが、居住環境が良いVH-3Dが優先的に使われている。
大統領の海外展開時には、空輸が容易なVH-60Nが近年多用されている。

老朽化が進むVH-3Dは、あと何年使用可能だろうか?


Re: H-3 Sea King Part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2012/11/16(Fri) 06:49 No.7095 ホームページ
このPart.2冒頭の149930/UP-01の半年前の姿は↓のHC-1DET-2所属。
HC-1DET-2のModexのお話しは、Part.1 No.7073からの続き。
#002〜#007から#722〜#727に変わったのは1975年4月頃。つまり、149930/NF-726も短命で貴重(笑)

この後のModexの変遷は、また追々と・・・(笑)

>geta-oさん
スミマセンm(_ _)m、Part.1のレスが早すぎましたネ。老人は早起きなもので・・・(笑)
最初の紹介画像が機内のシーンとは、geta-oさんの変化球ぶりには驚かされます。
日付的に飛行始めでも公開でもないようですが、何かのイベントによる体験登場ですか?。
追伸です、Part.1の借り分(笑)を何処かのスレッドで追加して下さい(笑)

>ITAZUKE-1さん
寒さが伝わってくるような画像です。離艦まで待ち堪えられなかったのでは?。
当時のCVW-21所属部隊の全機が垂直尾翼にシェブロンとチェックストライプを書き入れてました。
紹介のHC-1の他、VFP-63, VAH-10, VAW-111 の各DETにも書き入れたとは華やかな時代でしたネ。

>MACH3さん
私のHC-1のページが未整理で間違いもあることが今回の話題で気づきました。
それもやはり、この話題を始めて良かったことの一つです。
HC-1のDET番号が全面変更になったのは1969年10月(おそらく10月1日付け)。
MACH3さんの紹介とコメントのように以下のDETが空母搭載クルーズ途中で名称変更されてます。
CVW-5[NF]/CVA-31 DET-31からDET-3
CVW-18[NM]/CVA-34 DET-34からDET-6
CVW-21[NP]/CVA-19 DET-19からDET-4
CVW-14[NK]/CVA-64 DET-64からDET-5
CVW-15[NL]/CVA-43 DET-43からDET-9
別の観点ですが、上の一覧は1969年10月1日時点でのクルーズ中の空母です。
つまり当時のベトナム戦に多くの空母が参戦していたのが改めて分りますね。

>toksansさん
Bu.No.不明は、私としては、かなり歯がゆいです(笑)
紹介の日は、ひょっとしてVA-93DET-QのA-4Bを見かけませんでしたか?。確か[NG]レターだったかな?
そのあたりの逸話も加えていただけると楽しい話題になると思います。

>det.Hさん
この1968年10月27日の横須賀基地公開でUSS Bennington (CVS 20)に乗ったことはよく覚えてます。
メンバー全員の記憶はありませんが、MACH3さんとゲートから一目散に空母の下までダッシュ。
そして脇目も降らず空母に駆け上がり、人の多くなる前に、と写真を撮り続け、
ひととおり撮り終えて、フト下を見たら乗船待ちの長蛇の列ができてました。
なんと公開前に何故か私とMACH3さんは上に上がれちゃったのです(笑)
それも、わざわざエレベータでフライトデッキまで上げてもらいました(笑)
ですので私の撮影した149902/NT-51には影も周囲のギャラリーも写り込んでません。
152123は、HC-1/HSL-51あわせて7機目(?)のCOMSEVENTHFLTシーキングです。
私からは初代149930を紹介したばかりなので、当分先になります(笑)
まあもっとも、その前に何方から紹介されると思います。

>A-330さん
“ミ”は私も三沢で撮れました(笑)。ひょっとしてA-330さんにお世話になった頃?(笑)
“コ”は岩国まで行った時に撮ることができました。
厚木で撮れたのは、HSS-2ではありませんが、地元“ア”(笑)と“モ”と“イ”、固定翼では“オ”。
“カ”は見た事もありません。何やら暗号みたいですネ(笑)
海自シーキング(HSS-2)の旧塗装は1970年代まで残ってましたね。

>Komatsuさん
機首・テイルローターシャフト格納部・テイルが蛍光(?)オレンジ、と派手な標準塗装ですが、
トラッカーが白/ガルグレーにも関わらず何ゆえシーキングはこの塗装が長引いたのでしょうかね。
紹介の149902は1968年頃までHS-2のNV-63で確認されてますが、その後はHC-7に移管され、
1971年12月29日に、フィリピンのルソン島で墜落?による事故損失となってます。

>Dragon88さん
紹介はCOMSEVENTHFLTシーキング『アップ・ゼロワン』3代目ですね。
私は現在のスキャナは3台目ですが、これ以上の高性能機は高価格で手を出せません。
しかし前の2台よりは優れていて、なんとか生きながらえてます。
デジ恐るべしですが、やはりアンダー露出で撮っておいたのが良かったかもしれません。
露出オーバーで飛んでしまったモノは、どうやっても目に見えるようにはなりませんものね。
ちなみにデジカメ後は、将来の現像ソフトの進化を期待するRAWデータが沢山あります(笑)
Bu.No.穴埋めのための連貼りは、まだ始まったばかりのPart.2の時点では、ご遠慮下さいm(_ _)m
現時点から皆さん一斉に始めたら私も皆さんも収拾がつかなくなります。
時間を置いての3枚目以降の連貼りは削除しました。最終章直前以外は、ゆっくり行きましょうよ(笑)

>Gulf4さん
お気遣いありがとうございます(笑)。
上でもレスしましたが、私は“コ”は岩国基地の公開で1回しか撮ったことがありません。
格好は決して良くないけど、日本らしいカタカナ表記は嫌いではありません(笑)
紹介画像は見慣れない背景が新鮮でイイですねぇ〜。テイルローターは完全に回ってるし・・・。
本来の目的を撮ったかどうかさえ忘れるほど、このショットに興奮したのでは?(笑)
小松島と徳島、私も仕事で付近までは行きましたが、そのチャンスを活かせませんでした。

>ETさん
紹介の日は私も並んで撮っていたようです(笑)。156483/NW-504, 156486/NW-505 の2機が降りました。
予備役HS-85は予備役CVSGR-80[NW]の対潜ヘリコプタ部隊としてNAS Alamedaで1970年7月1日に新編され、
CVSGR-80解散後も、予備役CVWR-30やCVWR-20の部隊としてHC-85, HSC-85に改称後も現存する部隊です。
展開期間等の詳しいことは分りませんが、
カナダのHMCS Provider (AOR 508)に搭載されるHS-85DET-1所属のSH-3Dです。SH-3Hではありません。
通常は支援機としてカナダのCH-124シーキング2機を搭載するのですが、
この時のHMCS Providerは米海軍指揮下に入っての行動なのか、HS-85DET-1を搭載したようです。

>TROUTさん
さすが手馴れているのか、またはそのようなシステムになっているのか、
現地に空輸後、即、フライトができるところが、やはり大統領専用機なんでしょうかね。
石播側のヘリパット、背景のC-141Bの離陸シーン、左隅にはKC-10A、横田ですねぇ〜(笑)

>N.SUZUKIさん
HC-1DET-2とHS-12が交代したのは1984年7月です。その時点では152136は所属していません。
152136は151541と共に1985年12月中旬に厚木に新たに運び込まれた機体ですが、
翌1986年2月12日に152136/NF-610は南シナ海でミッドウエイから離艦後に不時着水してます。
ですので、紹介画像はミッドウエイが横須賀を出港した1986年1月17日の直前の撮影だと思います。
No7068のBu.No.再確認、お手数かけました。ありがとうございます。

>エイブルドッグさん
HS-12の補足、ありがとうございます。しかし正確な日付を覚えてなくて・・・。
当時の“スピアガン”は綺麗でしたねぇ〜。その後のロービジ化には落胆しました(笑)
厚木では間もなくHS-14とHSC-12の交代が待ち構えています。
更に、HSM-77の追加配備&HSL-51のHSM-51への転換。ここ最近のCVW-5は一大転換期です。

>THUDさん
まあしかし、厚木から横田に訓練に行った米海軍ヘリが多いのには驚きです。
当時は離陸しても何処に向かったか分らなかったせいもありますがネ(笑)
横田ヘリパットで訓練するシーキングの姿はTROUTさんNo.7088から紹介されてますので、
当時のRH-3AやCSAR塗装のSH-3Aなど、迫力あるショットと想像してしまいます。

>つばどんさん
通常の活動場所、例えば厚木や横田で撮影対象となったシーキングは、
常駐の機体以外の外来機はあまり多くなかったように私は感じています。
ですので、シースプライトより変化は少ないと心配していましたが、それは必要なかったかな。
VH-3Dは特殊な機体で飛来回数も少ないので、皆さん取り上げていただいてます。
個人個人、例えば私の印象強いシーキングは的を絞れないかも・・・(笑)

>T.Hさん
上から見たトーイングのラインからも1格1機の贅沢な格納ですネ。
まあそれは当然、前進待機には、いつでも飛び出せるような運用も必要とされているのでしょう。
しかし、4年前に現オバマ大統領が誕生して以来、様々な軍事予算がカットされた中で、
VH-71が事実上の開発中止となり、VH-3D, VH-60Nの先行きは全く見えなくなりましたネ。
少なくとも、あと4年後に開発中止を最終決定した大統領が交代すれば、なにか進展があるかも(笑)

>皆様
好調です!(笑)。ここはクローズし新たにPart.3を立てます。





Sikorsky H-3 Sea King Name:Takafumi HIROE Date:2012/11/14(Wed) 06:25 No.7055 ホームページ   
私のオープニング画像は、前回の話題シースプライト同様、1970年前後の厚木の主、HC-7所属機。
シースプライトの話題Part.3でgeta-oさんがNo.6956紹介で紹介された画像と同じ付近、
残雪の残る東側誘導路南端付近でホバーワークをしているシーン。奥はHC-7のSH-3A 149908/VH-49。
SH-3AにもCSAR任務のHH-3A同様の塗装が多く、#45↓のBu.No.は全く判読不能。
どなたかご存知の方、教えて下さいm(_ _)m


>皆様
1週間の休暇後、今日からスタートするのは“Sikorsky H-3 Sea King”の各種シリーズ。
米軍では海軍・空軍・海兵隊、日本では海上自衛隊(HSS-2とS-61各型)で馴染み深い機種、
また、イギリスやカナダなど各国の軍用そして民間でも幅広く運用されてます。

今回もAH-1コブラ同様、混乱覚悟(笑)で国籍軍民問わずで進めたいと思います。
ただ日本で撮影された米軍機は前回の話題シースプライトほど機体は多くないと思います。
ですので機体のかぶりを気にせず、個人個人の話題で進めて構いません。

それでは皆さんのシーキングの話題をお待ちします。

Re: Sikorsky H-3 Sea King Name:飛行浪人 Date:2012/11/14(Wed) 09:05 No.7056
>広江さん、皆さんおはようございます。
Hー2では持ち駒が少なく、今回は日程が合わずあまり参戦できません。
とりあえず前回の続き画像から、1970年5月17日の厚木公開です。
詳細は広江さんがすでにHー2の時に紹介されているので省きます。


Re: Sikorsky H-3 Sea King Name:飛行浪人 Date:2012/11/14(Wed) 09:10 No.7057
連張りになりますがこの章では登場の機会があるか微妙なのでお許しを。
同じ機体の左側機首部分、パラシュートと機雷マークが付いています。
それではみなさんのご健闘を。
ネット環境がよければ某国から見守りますね。


Re: Sikorsky H-3 Sea King Name:toksans Date:2012/11/14(Wed) 09:57 No.7058
>広江さん
01の昼で太陽は真上、その上機体がシーブルーと環境はよくありませんがHS-2のSH-3A NV-61 148975です。1966年2月14日の撮影です。
>飛行浪人さん
現地での無事をお祈りしています。


Re: Sikorsky H-3 Sea King Name:A-330 Date:2012/11/14(Wed) 12:08 No.7059
広江さん、皆さんこんにちは。

横田で撮影したVH-3D 159357 撮影日は83年11月か86年5月のレーガン大統領来日時です。


Re: Sikorsky H-3 Sea King Name:Komatsu Date:2012/11/14(Wed) 13:33 No.7060

広江さん、皆さん、こんにちは。

1962年9月23日、神戸港第5突堤で一般公開されたCVS-12 USS Hornet艦上の
SH−3A(NV54 Bu.No.148981)です。新鋭ヘリSH−3Aの初来日だったと思います。
三軍の統一名称化が実施された直後だったので、旧名称のHSS−2で表記されていましたが・・・。

左上の小写真は、NV54の尾部に機首が写っている#56の別アングルの写真です。
テイルコードがSKになっていたことに最近気が付きました。
写真で確認できる他の機体はNVなので、SKからNVへの塗り替えの過渡期だったようです。



Re: Sikorsky H-3 Sea King Name:Cranberry 01 Date:2012/11/14(Wed) 13:40 No.7061
広江さん、皆さん、こんにちは。
ヘリコプターシリーズは順調に進んでいますね。
H-3シリーズもH-1(UH-1とAH-1)同様に、海軍版と空軍版ではかなり形状に差がありますね。
SH-3D(NU-54,152713, USS YORKTOWN)。1968年2月18日、板付にて。
USS Pueblo事件以降、日本海に入った空母からの艦載機の飛来がよくありました。この時も3機で飛来しました。


Re: Sikorsky H-3 Sea King Name:TROUT Date:2012/11/14(Wed) 16:05 No.7062
広江さん、皆さんこんにちは。前回のシープラは少し忙しくて参加できませんでしたm(__)m あまり多くの弾は持ち合わせておりませんが紹介させてください。私もA-330さんに続きVH-3D Bu159360を、96年4月17日厚木RW19です。この日来日中のクリントン大統領が、横須賀停泊中のINDEPENDENCEを訪れた際使用され、CH-46D EP01と共に厚木に立ち寄った時の撮影です。

Re: Sikorsky H-3 Sea King Name:det.H Date:2012/11/14(Wed) 17:17 No.7063
広江さん 皆さん こんばんは
シーキング、撮った数はシースプライトより少なかったですね 海軍オンリーのため最後までお付き合い出来るかどうか? 
早速マリーン1が登場ですね コイツは撮りたかったなあ
↓は1967年9月から10月にかけて、横須賀に入港していたキャサージから飛来した機体です あと152156/NS51が飛んでいました この時はチョット前にコンステ入、出港、直前にオリスカニーが佐世保入港、キャサージ出港前日にイントレピッド入港と結構厚木通いに忙しかった時期でした


Re: Sikorsky H-3 Sea King Name:THUD Date:2012/11/14(Wed) 20:23 No.7064
広江さん、皆さんこんばんは。
逆光で見づらい写真ですが、det.Hさんの↑とちょうど同時期1967年10月に横田で撮ったSH-3A(152112 NS65 HS-6)です。


Re: Sikorsky H-3 Sea King Name:MACH3 Date:2012/11/14(Wed) 20:25 No.7065
>広江さん、皆さんこんばんわ
シースプライト何枚か投稿しようと思っていたら終了していました。(笑)
TD-1はBuNo.の上HH-2CかDか私のスライドでは判明できませんでした。

HC-7から始まったのでRH-3Aです。
RH-3Aは9機?改造され、そのうちの3機がHC-7へ。
RH-3Aはメコン川を通過する船舶を機雷から守るためえい航する予定でしたが、パワー不足からベトコンの絶好の標的になりそうだということでボツになったそうです。


Re: Sikorsky H-3 Sea King Name:LUCHO Date:2012/11/14(Wed) 20:47 No.7066
06/09/30に四日市港で一般公開された AGB5002 しらせ に搭載されていた S-61A #8187。HSS-2B #8159 から改修された機体です。
小写真は同機のペンギンマークです。


Re: Sikorsky H-3 Sea King Name:Gulf4 Date:2012/11/14(Wed) 21:05 No.7067 ホームページ
☆のマークは皆さんにお任せして、わが国のHSS-2を紹介します。海上自衛隊の部内では「ダッシュ・ツー」と
呼ばれたと思いますが、デジタル化した写真の中で一番古いシリアルのHSS-2(8016)。
鹿屋の第211教育航空隊所属ですが、陸上部隊で運用された機体は識別マークもなく、つまらない限りでした。
1977年11月に新田原基地航空祭で撮ったと思います。


Re: Sikorsky H-3 Sea King Name:N.SUZUKI Date:2012/11/14(Wed) 21:06 No.7068
広江さん、皆さんこんばんは。
 広江さんが冒頭に紹介したCSAR任務のSH-3Aと、同じ頃同類と思われる機体です。撮影日は不確実ですが、厚木でのSH-3Aです。部隊名等も書いてありません。通常の塗装機にあるテールの折りたたみ部付近に、小さな NAVY 14XXXXの表示と小さな国籍マークがスポンソン上部胴体にあるのみです。


Re: Sikorsky H-3 Sea King Name:ITAZUKE-1 Date:2012/11/14(Wed) 21:32 No.7069
広江さん 皆さん こんばんは
1969年6月4日 板付を上がるHH-3E 12777です。 HC-130PとHH-3E 2機で飛来していました。HC-130P HH-3Eともに部隊名が書いてありませんので 想像ですが嘉手納の所属機では??
もう一機のHH-3Eも同じような角度で撮影出来ましたがS/Nは読めませんでした。


Re: Sikorsky H-3 Sea King Name:BATMAN Date:2012/11/14(Wed) 22:46 No.7070
>広江さん、皆様 本格的な寒さがやって来ましたね。お体をご自愛下さい。
 さて1970年11月に撮ったVH-77,自分ではHH-3Aと信じていますがこれもSH-3Aでしょうか。B/Nは読めません。この後にVH-66も続けて降りました。
 


Re: Sikorsky H-3 Sea King Name:うみ太郎 Date:2012/11/15(Thu) 01:16 No.7071
広江さん 皆さん こんばんは
シースプライトに続きデジタル化した画像の手持ちがないのでなかなか参加出来ません(^^;
手元にあったのがA-330さんとTROUTさん同様、横田で撮影した1996年のVH-3Dです。
離陸画像で脚を引き込んでるのが違いますのでお許しを。


Re: Sikorsky H-3 Sea King Name:T.H Date:2012/11/15(Thu) 03:13 No.7072
広江さん、こちらではご無沙汰しておりました〜

シーキングの中で一番魅力的なのは、米軍好きならば やはり”マリン1”のVH-3D。
近年は、大統領が来日してもVH-60Nが運び込まれる事が多く成り、日本で最後にVH-3Dを撮ったのは、2002年2月の厚木基地に1機だけ展開した時だと思います。最初に紹介させて頂くのは、二度目の来日だったらしい1983年11月 当時の総理大臣 中曽根康弘とロナルド・レーガン大統領の『ロン・やす会談』が、日の出山荘「天心亭」で行われた年、横田基地のいわゆる "直角カーブ”から離陸する2機を 銀塩300mmで撮影したものです。
1983年11月9日 横田基地にて VH-3D (159352 、159357) HMX-1


Re: Sikorsky H-3 Sea King Name:Takafumi HIROE Date:2012/11/15(Thu) 06:41 No.7073 ホームページ
1971年にHC-7が厚木から撤退した後、しばらくの期間、厚木常駐シーキングは不在となりましたが、
1973年10月に空母Midwayの横須賀母港化以降は、↓のHC-1DET-2機が馴染み深い存在となりました。
当初のHC-1DET-2機のModexは#003〜#007、1974年末に1機増え1975年早々に↓の#002が登場。
その後わずか3ヵ月後には#722〜#727に変更されたので、#002のポジは貴重です(笑)

この後のModexの変遷は説明が長くなるので、追々・・・(笑)

>飛行浪人さん
某国ツァー前のお忙しい中の参戦、ありがとうございます。
紹介は元HC-5 TD-97の機雷掃海任務のRH-3Aですね。
HC-7の中でも1969年2月以降の短期間配備されたに3機のうちの1機です。
胴体後部の掃海器具曳航用のフックが外見的な特徴です。

>toksansさん
私がエンドで撮影し始めた頃は、シーキングは既に上面白/下面ガルグレイ塗装になってました。
紹介の旧塗装、白/ガルグレイの新塗装、撮影という意味では私はどちらも甲乙つけ難いです。
ファイター系の旧色シーブルーとは異なり、シーキングの旧色はエンジングレイのようです。

>A-330さん
いきなりVH-3Dの登場とは驚きです。一応は米海兵隊機(HMX-1所属)ですネ(笑)
撮影時期は、これまでのA-330さんの活動時期から推測すると、おそらく1983年11月。
紹介はレーガン大統領来日のために横田に空輸された2機のうちの1機。
しかし撮影日までは特定できません(笑)

>Komatsuさん
CVSG-57[NV]は1961年1月3日に編成されましたが、その実質的な活動開始は1962年に入ってからのようです。
その要因の一つには、HS-2がHSS-1からHSS-2への転換が1961年いっぱいかかったこともあったようです。
しかし撮影の1962年9月時点でも、HS-2の元々のテイルコード[SK]機が存在していたのには驚きです。

>Cranberry 01さん
上のtoksansさんへのレスで、シーキングの旧塗装にふれてますが、
1968年2月時点で、それもSH-3Dの旧塗装機が存在していたとは、オープニング早々の私にとっての一大発見(笑)
CVSG-55[NU]は、このクルーズ後の1968年9月27日付けで解散してますが、
1968年はCVSG所属部隊のModex 3桁化が始まるなど、ニュース性の多い年でしたネ。

>TROUTさん
私は紹介の時期は多忙にてエンド活動は休止状態。
そのせいもあるのか、または単に私のウンの無さか、VH-3DもVH-60Nも撮ったことがありません(笑)
FCF狙いでさえ、見事に私の休暇タイミングの裏をかかれて飛ばれた事もありました(笑)
このような綺麗なシーキングを撮りたかったです〜。

>det.Hさん
『小型のシースプライトは撮りにくかった』等々、勘違いの思い込み(?)をされている方が多いようですが、
米海軍のシーキングはシースプライトより意外と撮影チャンスは少なかったと思います。
ただ特定の部隊・機体で馴染み深いのは確かだとは思います。
その中でも、紹介の旧塗装は、やはりイイですねぇ〜。このBu.No.152123、後々で話題が多いはずです(笑)

>THUDさん
旧塗装エンジングレイのシーキング続出に私の認識が誤っていたと思い始めてきました(笑)
このBBS IIで様々な話題を始めて気づいたのですが、“横田基地=空軍機”の図式ではないのですね。
前回のシーズライト同様、ひょっとしてシーキングも横田のヘリパット訓練を行ったのでしょうか。

>MACH3さん
DETの編成は1969年2月とされてますが、厚木で初めて見たのは1969年3月に入ってから#30と#31の2機。
その後、1969年5月8日(?)にHC-5の147144/TD-97が厚木に飛来し、HC-7のVH-32になり、3機体制となりましたが、
実際にベトナム近海での機雷掃海任務は行われなかったのですか。 

>LUCHOさん
南極観測隊支援用のシーキングは、前期型が3機、後期型が2機+改造機2機、7機存在するのですが、
厚木ではHSS-2系は馴染み深くとも、似て非なるS-61A/A-1は超希少種に分類されます(笑)
紹介は引退の2年前の撮影のようですが、私も引退前年に何とかデジで撮影できました。

>Gulf4さん
あっ!、海自シーキングは『ダッシュ・ツー』と呼ばれてましたね。思い出しました。
私にとってダッシュ・ツーは、101空と51空が馴染み深かったので、
“211”はもちろん、カタカナの“コ”や“ミ”は憧れの存在でした(笑)
しかし確かに後の艦載部隊にマークが書き入れられるまでは面白味はなかったですネ。

>N.SUZUKIさん
CSAR塗装のSH-3Aは、少なくとも私は#45, #46, #66, #77 を確認してます。
細かい塗装の差は除き、いずれも私のNo.7055紹介同様に機首正面と尾輪前胴体にModexが書かれてます。
N.SUZUKIさん紹介画像のオリジナル(スキャン直後またはネガ)で再確認願えますか?。
毎回の新発見は私にとっては嬉しい悲鳴となりますので(笑)

>ITAZUKE-1さん
紹介はS/No.65-12777ですね。所属の部隊はアウェイですので、少々時間を下さい(笑)
私は米空軍HH-3Eを横田基地の公開で初めて見た時は米海軍機H-3とは遠い存在に見えました。
前脚やスポンソンを一体化した胴体、等々、全くの別機ですよね。
まあ、H-1シリーズにAH-1が存在するのと似たようなものかな(笑)

>BATMANさん
私の1969年10月撮影の#66のBu.No.は149735(?)と読めます。1970年8月撮影の#77のBu.No.は148987(?)と読めます。
シースプライトの話題でtoksansさんが紹介された“The Story of HC-7/CSAR”では、HH-3A 10機のModexは、
VH-60 149903, VH-61 149922, VH-62 149912, VH-63 151552, VH-64 149916,
VH-65 151553, VH-66 149933, VH-67 151556, VH-70 149682, VH-71 149896 と記されてます。
私は資料全てを100%信じないことにしてますが、自分の読み取ったBu.No.も100%信じられません(笑)
#66を再チェックしたら、“149933”のようにも見えるし“149735”のようにも見える・・・。
なんせ、この胴体色に黒文字でテイルに小さく書かれてますからねぇ〜。
ただ資料にはテイルに“VH”と書かれていると記述され、画像でも“VH”が確認できますので、
可能性としては、私の撮影もBATMANさん撮影も、全てSH-3Aとなります。
40年もの間の疑問を、どなたか正解に導いてほしいものですよネ(笑)

>うみ太郎さん
前回のシースプライト、そしてシーキング、やはりギアが引っ込んでいる姿は格好イイですねぇ〜。
特に“マリン1”というところが最高です。しかし私は姿すら1回も遭遇できませんでした。
スミマセン、BBS用の画像では判読できないので、Bu.No.の補足を下さい。

>T.Hさん
お久しぶりです。ロン・やす会談、よ〜〜〜く覚えてます。
現地撮影を断念しましたが、意外にも撮れたと後で知り悔しい想いをしましたので(笑)
何度も“マリン1”を撮り逃した悔しさを思い出すのを覚悟し、今回の話題を始めました(笑)

>皆様
バラエティに富んだ嬉しいスタートとなりました。ここはクローズし新たにPart.2を立てます。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -