GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





Hughes H-6 最終章 Name:Takafumi HIROE Date:2012/12/11(Tue) 07:31 No.7396   
私が撮ったOH-6Jの一番古い番号は、オープニングNo.7276で紹介した31006。
そして一番新しい番号は↓の31112。OH-6J最終号機31117には届きませんでした(笑)
ちなみに、OH-6Jの1号機31001はgeta-oさんNo.7295、OH-6Dの1号機31121はALPSさんNo.7354で紹介され、
最終号機31313は空と鉄とさんがNo.7372で紹介されてますので、やはり31117は欲しいところですねぇ〜(笑)


>皆様
いよいよ今回の話題も最終章となりました。皆さん思い思いの最後の画像と話題をお待ちします。

現在、紹介されている陸自機の部隊は・・・、
OH-6J : I, IV, VI, VII, X, XI, XII, XIII, E, W, S, SK, SU
OH-6D : I, II, III, IV, V, VI, VII, IX, X, XI, XII, XIII, XIV, IH, IHB,
IATH, IIATH, IVATH, VATH, E, EH, MH, N, NEH, NH, WH, S, SK, SU, SD

Re: Hughes H-6 最終章 Name:T.H Date:2012/12/11(Tue) 08:38 No.7397
1999年9月17日 アメリカ バージニア州 NAS OCEANA Air show の地上展示に参加した US ARMY MH-6J 81-23649
A / 1-160 SOAR  昨日の続きです。


Re: Hughes H-6 最終章 Name:T.H Date:2012/12/11(Tue) 08:38 No.7398
同じくMH-6J 81-23649を少しアップ気味に撮影したカット
この板にフル装備の特殊戦兵員を乗せて 闇夜を飛行し、接地せずに兵士達は飛び降りるんですよね・・・


Re: Hughes H-6 最終章 Name:T.H Date:2012/12/11(Tue) 08:40 No.7399
そしてコクピットも撮ってあったのですが、何か通常のOH-6と違いが有るのかなぁ〜? 1999年9月19日 撮影

Re: Hughes H-6 最終章 Name:A-330 Date:2012/12/11(Tue) 09:10 No.7400
広江さん、皆さんおはようございます。
最終章は意外に紹介される方が少ないと感じた、草原を背景にフライトする陸自機を
OH-6D SU 31123 xx年 東富士演習場での陸上自衛隊総合火力演習のひとコマです。



Re: Hughes H-6 最終章 Name:cdr-god Date:2012/12/11(Tue) 11:51 No.7401 ホームページ
広江さん、皆さんこんにちわ。今日は早々登場しました。
いよいよ最終章、最後はやはり色付きでデジタルから紹介です。これまで未掲載部隊の第1ヘリ団第2へり隊所属機です。第1ヘリ隊、第2ヘリ隊ともに2機程度のOH-6を装備していましたが、お目にかかる機会は多くありませんでした。数多く通った木更津・第1ヘリ団の初飛行訓練取材ですが、編隊飛行のパスファインダーを務めていた同機はいつも違う場所から離陸。この年だけは他の機体同様同じエプロンに待機していたので、撮影できた喜びはひとしおでした。通常は所属部隊名の表記のみでしたが、この時は何か演習のためか所属部隊明示の黄色の標識を記入していました。


Re: Hughes H-6 最終章 Name:cdr-god Date:2012/12/11(Tue) 11:53 No.7402 ホームページ
何度も登場している第4対戦車ヘリ隊の機体ですが、エプロン地区を移動させる場合の車輪が装備されています。背後の格納庫扉に記入してある各種シルエットは訓練で使用する地上部隊車両の識別訓練のものだそうです。広江さん、部隊表記と組織については別にコッソリとお教えしますね(笑)。

Re: Hughes H-6 最終章 Name:cdr-god Date:2012/12/11(Tue) 11:54 No.7403 ホームページ
各種冬季迷彩も行われた北部方面隊隷下の北部方面へり隊本部付隊飛行隊(Northern Army Aviation Northern HEL Unit HQ Flight)の機体です。手前から31203、31258、31269の各機で全機スキーを装着していますが、両端の機体のスキーは赤、中央の機体のスキーは黒に上面が塗装されています。大雪の朝離陸前点検を行う各機ですが、一面銀世界で機体が宙に浮いたようです。

Re: Hughes H-6 最終章 Name:ET Date:2012/12/11(Tue) 17:12 No.7404
広江さん、皆さん、今晩は。
1987年4月18日のヘリコプターショーで日本農林ヘリコプターの機体ながら全く塗装の異なる2機です。最初はHughes369D(JA9385)です。
今回も拙い写真ばかりでしたが何とか全パートに図々しく参加させて頂きました。投稿するに当たり改めて写真や記録を調べたら意外にこの機種は撮っていました。でもこの場がなければ撮ったままで死蔵させるところでした。また広江さんとヘリコプターショーで接点があり大変楽しませて頂きました。ありがとうございました。


Re: Hughes H-6 最終章 Name:ET Date:2012/12/11(Tue) 17:15 No.7405
2機目はKawasaki-Hughes369D(JA9392)です。
同じ会社でもヘリの場合塗装を統一しない理由があるのでしょうか。


Re: Hughes H-6 最終章 Name:LUCHO Date:2012/12/11(Tue) 19:51 No.7406
僕が撮った唯一の民間型ですが、コレも500系列に入れて良いンですかね。
MD600N セコ・インターナショナル JA600N。
09/10/10、小牧航空祭にて。


Re: Hughes H-6 最終章 Name:LUCHO Date:2012/12/11(Tue) 19:54 No.7407
既出の機番ですが…。
3・1/2tトラックに搭載される OH-6D S #209。部隊記号は[EH]ですが、管理替えで航空学校が用いてました。
10/12/13、明野にて。


Re: Hughes H-6 最終章 Name:LUCHO Date:2012/12/11(Tue) 19:56 No.7408
コレも既出の機番ですが、ラストはこの写真にします。
旧タワー前に駐機する OH-6D S #232。
12/12/10、明野にて。


Re: Hughes H-6 最終章 Name:PAPPY Date:2012/12/11(Tue) 20:28 No.7409
広江さん、皆さんこんばんは、H-6お疲れ様でした。
2012年10月13日今年の木更津航空祭での偵察のデモと思いますが実戦さながらでカッコ良かったです。
OH-6D IHB 31309
>LUCHOさん、ヒンジレス・ローターの補足ありがとうございました。


Re: Hughes H-6 最終章 Name:PAPPY Date:2012/12/11(Tue) 20:29 No.7410
2012年11月11日立川防災航空祭での整備デモ風景で OH-6D I 31263 です。
この時に交換したかは定ではありませんがテールブームは4000時間で交換するそうで、機体運用は5000時間だそうです。


Re: Hughes H-6 最終章 Name:geta-o Date:2012/12/11(Tue) 20:36 No.7411
いよいよ最終回ですね。
今日は第1ヘリ団第1飛行隊のOH-6J(31106) 1979.10.14木更津


Re: Hughes H-6 最終章 Name:geta-o Date:2012/12/11(Tue) 20:37 No.7412
2枚目も第1ヘリ団ですが第2飛行隊のOH-6D(31107) 1979.10.14木更津

Re: Hughes H-6 最終章 Name:geta-o Date:2012/12/11(Tue) 20:38 No.7413
最後に航空学校宇都宮校のスカイホーネットのOH-6D(31146,31188,31193) 2005.05.22北宇都宮
それでは次のお題まで


Re: Hughes H-6 最終章 Name:PAPPY Date:2012/12/11(Tue) 20:43 No.7414
2012年10月7日館山航空祭での OH-6D EH 31288 のコンソールボックスです。
No.7399のTHさん紹介のMH-6Jのとはまったく異なった印象ですね。


Re: Hughes H-6 最終章 Name:ALPS Date:2012/12/11(Tue) 20:56 No.7415
広江さん 皆様こんばんは
既出レジですが 名古屋の自社エプロン前でエンジンRUN中の 369HS JA9298です。
今では格納庫が移転したり、他の建物が建ったりでこんな光景も見られなくなりました。
機体と同じカラーの電源車が渋いです。

撮影日は1988年9月8日です。


Re: Hughes H-6 最終章 Name:ALPS Date:2012/12/11(Tue) 21:14 No.7416
No.7353で T.H さんが紹介されている 8779 が飛んでいる時、地上展示されていたのは 8782 でした。
2008年と2010年に大村に出かけましたが、その時も展示機は 8782 でした。8782 は展示専用機なのか
はたまた私とは何かの因縁で結ばれているのか。次の機会があれば確かめたいと思っています。
画像は 2008年6月1日 大村における 211ATS OH-6DA 8782 です。
この秀逸なデザインのヘリの様々な画像、エピソードで楽しませていただきました。ありがとうございました。


Re: Hughes H-6 最終章 Name:Gulf4 Date:2012/12/11(Tue) 21:32 No.7417 ホームページ
初めてアップする陸上自衛隊機なりますが、1986年1月に明野で撮影したOH-6J(31053/S)。
モノクロなのは残念ですが、これは色などが通常のパターンと違っています。
つや消しのOD色で、色調も少し黄色が強い色でした。
新しい迷彩のテスト用だったと思います。結果的には採用されませんでしたが・・・。


Re: Hughes H-6 最終章 Name:CJ Date:2012/12/11(Tue) 21:39 No.7418
まず最初はOH-6D NH 31258 2009.9.27丘珠駐屯地創立記念行事
災害派遣展示ものですが、ラウドスピーカー搭載は初めて見ました。


Re: Hughes H-6 最終章 Name:CJ Date:2012/12/11(Tue) 21:41 No.7419
No.7311と同じく2004.9.26真駒内で撮影したOH-6D XI 31290です。


Re: Hughes H-6 最終章 Name:CJ Date:2012/12/11(Tue) 21:44 No.7420
最後もOH-6D XI 31290で2006.6.10滝川駐屯地創立記念行事での撮影です。
上の画像の時と比べて、オリジナルのシートとステップが取り付けられているのが違うところです。

>広江さん
確かそうですね。習志野行って翌日は厚木だったと思います。


Re: Hughes H-6 最終章 Name:飛行浪人 Date:2012/12/11(Tue) 21:59 No.7421
>広江さん、皆さんこんばんは。
さてこの章も最後になりましたが、青天白日の海軍機をとったはずですが捜索出来なかったのが心残りです。
まずは1975年7月28日、霞の目でのJ、NE31078です。


Re: Hughes H-6 最終章 Name:飛行浪人 Date:2012/12/11(Tue) 22:03 No.7422
>次は1972年4月、宇都宮でのX1のJですが、この頃は未だテイルがデグロウには塗られていませんでした。ピンボケはお許しを。

Re: Hughes H-6 最終章 Name:Gulf4 Date:2012/12/11(Tue) 22:11 No.7423 ホームページ
最後になってデジタル化していなかった海上自衛隊OH-6J(8762)の写真が出てきました。
1977年は間違いありませんが、6月だったか9月だったか、小月航空基地での撮影です。
第211教育航空隊の所属で、同じ教育部隊の繋がりか、展示のため飛来していました。
これで海上自衛隊が運用した3タイプすべてをアップ出来ました。
OH-6も数を減らしてしますが、機体が小さいので、どこでも撮るのが難しいですね。
今回も皆さんの写真で楽しませてもらいました。はたして次のお題に参加出来るか?


Re: Hughes H-6 最終章 Name:飛行浪人 Date:2012/12/11(Tue) 22:19 No.7424
>最後は霞ヶ浦に展示されているJ、VTH(6ヘリ?)31115です。
この部隊が実在したかは不明です、cdr-godさん、こっそり教えてくださいね。(笑)
では次の課題まで。


Re: Hughes H-6 最終章 Name:North PHANTOM Date:2012/12/11(Tue) 22:49 No.7425
広江さん、皆さん 今晩は。
 最終には似つかわしくないかもしれませんが、1985年8月22日の千歳の航空祭の展示機から過渡期の迷彩塗装だと思われますOH−6J で所属は原版からNと推定した31039です。
パイロット等近くを探しましたがおらず、詳細を聞き逃していますが、水性塗料のような感じで、見た目以上に厚く塗られており、上部に上書きの39が記入されています。



Re: Hughes H-6 最終章 Name:North PHANTOM Date:2012/12/11(Tue) 22:56 No.7426
続いては1986年9月7日の丘珠の航空ページェントの展示機OH−6J31052ですが、部隊はまったく読めません。
色がきれいに出ておらず申し訳ありませんが、茶系の面積が多く撮っていて違和感を感じたことを思い出しました。またなぜか機体番号のオーバースプレイも中途半端です。


Re: Hughes H-6 最終章 Name:North PHANTOM Date:2012/12/11(Tue) 23:05 No.7427
最後は同じく1986年9月7日の丘珠にて恒例のフライトです。
尾翼の違いよりOH−6J…10機、OH−6D…8機、UH−1J…16機の混成で割りと高度を取って
頭上近くを通過し1機1機は取れない状況でした。

 皆さんからの多くの貴重な写真を見る事がまた出来ました。
非常に楽しませて頂きました事に広江さんを初め皆様にお礼申し上げます。


Re: Hughes H-6 最終章 Name:cdr-god Date:2012/12/11(Tue) 23:15 No.7429 ホームページ
この章も盛り上がりながら終焉を迎えつつありますが、その頂点はやはりこの機体でしょう。
掟破りですが追加に1枚です。
北宇都宮駐屯地1981年の記念行事に向け実際に塗装した「蜂・スカイホーネット」です。撮影は多分記念行事の直前。まだ2番機の塗装が終わっていません。(記念行事当日は予備機も含め6機の蜂が揃いました。)皆さんの素晴らしい写真に普段は陽の目を見ないオスカーパイロットの皆さんも喜んでいるのではないでしょうか。機体はOH-6J/31040#1、31045#2、31074#3、31057#4、31076#5/SUの各機。
>飛行浪人さん、6Hは存在しません、機体に書いてあるとおりの6です(笑)。
皆さん、名残はつきませんが次のお題でお付き合いできれば幸いです。


Re: Hughes H-6 最終章 Name:Nesher Date:2012/12/11(Tue) 23:25 No.7430 ホームページ
広江様、皆様今晩は、それとお久しぶりで御座います。楽しく拝見させて頂いております。
早速ですが、OH系の流れを止め申し訳御座いませんがお許しをそれとイマイチ画像です。(汗)
イスラエル空軍博物館の「対戦車型」ヒューズ展示機です。なぜか案内板は記述が逆でした、
MD500だと思いますが不明です?。
再度イマイチ画像&補正技術お許し下さい。
Nesher


Re: Hughes H-6 最終章 Name:Takafumi HIROE Date:2012/12/12(Wed) 06:45 No.7431
私の撮ったOH-6Dの一番新しい機体番号は31309。やはり最終号機31313に僅かに届きません(笑)
↓のショットの後、PAPPYさんがNo.7326で紹介されているように地上展示機となりました。
あれっ?、PAPPYさん、2011年10月2日ですヨ(笑)

う〜ん・・・、OH-6って、格好イイですねぇ〜(笑)

>T.Hさん
このMH-6Jの機体色、後ろに写るUH-1と明らかに違いますが、黒でしょうか・・・。
固定翼の謎の機種とは異なる怪しい雰囲気がただよってますネ。
普通のOH-6との違いは、前部コックピットではなく外板で覆われた(隠された?(笑))後部の中?。

>A-330さん
ローアングルであったりハイアングルであったり、A-330さんの紹介される画像は新鮮で驚きます。
草原の上を飛ぶ(?)紹介画像も、私には新鮮に映る素晴らしいショットです。
これまでにも数々紹介される陸上自衛隊総合火力演習ですが、一度は行って体感したいですネ。

>cdr-godさん
No.7401はKV-107で見た懐かしい部隊を表すストライプ、OH-6にも書かれた事があったのですね。
3枚目No.7403は、極寒の雪景色の中のシーンが、ある意味、陸自機らしいですね。
さて陸自航空部隊の件、Gallery化に向け、かなり自分でも無理をしすぎてます。
No.7401やNo.7403のように記載していただくと本当に分りやすく助かります。
この後も、色々とご迷惑をおかけすることになりますが、よろしくお願いいたします。

>ETさん
私は1987年のヘリコプターショーの評判を聞き、友人からのアドバイスもあり1988年に行きました。
ですので、紹介の日本農林ヘリコプター 2機の塗装もチンプンカンプンです(笑)
今回の話題では、私自身もヘリの撮影画像が整理できる結果につながり、
ヘリのより楽しさも知り、1987年のヘリショーに行かなかったことが残念に思っています。

>LUCHOさん
No.7406のMD600Nは、今回のお題369/500ファミリーからは分家扱い(笑)ですねぇ〜。まあ、オマケで(笑)
No.7407の31209は、撮影時点では用廃機?、現役機?、どちらかメールでお知らせ下さいm(_ _)m
No.7408は主役がどちらか悩みます(笑)が、任務引継ぎの最新画像というタイトルですネ(笑)

>PAPPYさん
シナリオのあるデモとは、スピーカーからの説明が聞こえる場所に居ないと詳細が分りませんよネ。
写真では見えませんが、テイルブームの交換は番号から後ろのT尾翼まで全ての大掛かりなんですね。
コックピットの比較で何が違うのか全く分りませんが、やはりNo.7399は怪しい雰囲気漂ってます(笑)

>geta-oさん
当時の第1ヘリ団の第1, 2飛行隊のOH-6Jも、やはり少数機づつの運用だったのでしょうか。
このような本来の配備機(当時はKV-107?)とは異なる支援的(?)な存在はコア好みの私には貴重です(笑)
やはりスカイホーネットですね。私の記憶は正しかった(笑)。タイトなアングルが格好イイです。

>ALPSさん
厚木でも似た状況で撮れなくなった場所があります。記録写真として残す意義は大きいでしょうね。
ところで、JA9298は1981年〜1990年の短命だったようなので、その間の撮影という事ですネ。
ある機体との不思議な縁ってありますよネ。8782も真相を得ず夢のまま終わらせた方が楽しいかも(笑)

>Gulf4さん
モノクロで拝見しても、従来のオリーブドラブ塗装と明らかに異なるのが分ります。
試験運用で正式には採用されなかったようですが、今の迷彩より手もかからず良いと思うのですが。
それよりも、現在の迷彩も含め、日の丸とテイルローターと排気口の警戒マークを何とかすべきかと(笑)
Gulf4さんをはじめ、中身の濃い“陸海自+民”全てを紹介いただき、ありがとうございます。

>CJさん
ラウドスピーカー搭載機は初紹介ですね。もちろん私は今までで初めて見ました。
No.7419は足を踏み外した時の怖さがあります(笑)が、No.7420は安心感がありますネ(笑)
単に飛ぶ姿しか見てない私には、いずれも新鮮に映る画像です。

>飛行浪人さん
そうなんです・・・、今回の話題で日米以外が紹介されなかったのが残念でなりません。
No.7421はPart.5 No.7352と同じ1975年7月28日の撮影、前日の松島基地公開の帰路の立ち寄りですか。
私は松島基地公開には前泊し、当日は帰路につきましたが、飛行浪人さんに付いていけば良かったです(笑)

>North PHANTOMさん
また最後に難題が登場しました〜(笑)。最後だと会話がキャッチボールできなくて・・・(笑)
過渡期というより単純な迷彩効果確認のための試験的な塗装のような?。
No.7426あたりは、当時の諸雑誌では話題にならなかったのでしょうか・・・。
しかし秘蔵っ子を隠し持ってましたネ(笑)

>cdr-godさん(No.7429)
おぼろげながらの“スカイホーネット”の記憶が正しかったとgeta-oさんNo.7413で確証を得、
cdr-godさんNo.7429画像を拝見し、当時、厚木マニアが撮影した写真を見た記憶で完全に蘇りました。
ただし年の記憶を確実にしたいです(笑)。コメントと画像に埋め込んだ年と異なりますので・・・。

>Nesherさん
『流れを止める』なんて事は全くありませんし、私自身も感じてません。
それよりも最後の最後に日米機以外が登場したことに驚いています。
さて終了後、楽しい調査が待ち構えています(笑)。

>皆様
予想もしなかった大盛況で終える事ができました。
しかし考えてみれば陸自の現役機。多くの皆さんが撮られているのも納得でしたね。
いつもながら皆様には感謝いたします。ありがとうございました。



さて、次の話題は時代が一気に逆行し“Bell H-13 シリーズ”。
本家は米陸軍/海軍ですが、おそらく当時のベストセラー機で世界各国の軍民で運用されたはずです。
しかし日本で記録された写真は多くはないかもしれませんが、KH-4も含め皆さんからの話題をお待ちします。

スタートは12月19日(水)を予定します。





Hughes H-6 Part.6 Name:Takafumi HIROE Date:2012/12/10(Mon) 06:33 No.7360 ホームページ   
“XII”はcdr-godさんからNo.7316でOH-6Dのコックピットの様子しか紹介されてませんネ(笑)
ところで↓の1981年当時の“XII”は、相馬原駐屯地?、それとも北宇都宮駐屯地?。どちらでしょう?。


>皆様
このPart.6と最終章は、連貼り3枚以内OKとしますので、苦渋の取捨選択をお願いいたします。

現在、紹介されている陸自機の部隊は・・・、
OH-6J : I, IV, VI, VII, X, XI, XII, XIII, E, W, S, SK, SU
OH-6D : II, III, V, VI, VII, IX, X, XI, XII, XIII, XIV, IH, IHB, IATH, IVATH, VATH, E, NH, S, SU, SD


No.7363までの途中経過です。(画像90枚)
http://www.gonavy.jp/bbs2-h6.html
右スクロールして確認下さい。

Re: Hughes H-6 Part.6 Name:geta-o Date:2012/12/10(Mon) 07:29 No.7361
おはようございます
H-6もラス前。何にしようか迷いましたが季節がら皆さんからすでにきれいな写真が出ている第5飛行隊の冬季塗装OH-6D(31287)2001.03.15矢臼別。吹雪に近い大雪の降る中での離陸です。


Re: Hughes H-6 Part.6 Name:geta-o Date:2012/12/10(Mon) 07:36 No.7362
冬季塗装ではありませんがこれも矢臼別で撮影した雪煙を上げて離陸する第7飛行隊のOH-6D(31278) 2002.12.19

Re: Hughes H-6 Part.6 Name:geta-o Date:2012/12/10(Mon) 07:38 No.7363
今日の最後本当はこれが最も寒いはずですが暖かい館山のチビヤンで撮った海自シラセ飛行科のOH-6D(8773) 1998.10.04
館山基地公開は12月が通例でこの時シラセは既に昭和基地。10月ころ行われるチビヤンの時運が良ければこれを見ることができました。


Re: Hughes H-6 Part.6 Name:A-330 Date:2012/12/10(Mon) 11:59 No.7364
広江さん、皆さんこんにちは。
陸自機で、しかも既出部隊ですが参加させていただきます。
xx年の百里航空祭に展示のため飛来した
OH-6D E 31220 です。
>広江さん
ビーンズ袋ですが、エプロンでのローアングル撮影時には必ずと言っていいほど使用してました。物は20x30cmくらいの丈夫な布袋にほどよく小豆を入れ、ミニミニ座布団状にしてしっかりと閉じます。2個所には肩からぶら下げるように適当な長さのひもを取り付けカメラと一緒に持ち歩き、28-80、70-200、サンニッパ、ゴーヨンゴと使用レンズを選ばず対応できるため重宝ですが動体撮影は不向きです。


Re: Hughes H-6 Part.6 Name:PAPPY Date:2012/12/10(Mon) 13:08 No.7365
広江さん、皆さんおはようございます。
まだ未登場の第4飛行隊(目達原)の OH-6D IV 31298 で2009年11月29日の築城航空祭でのものです。
東部方面航空野整備隊 EAAFM のEAAはEASTERN ARMY AVIATIONのようですがFMが不明?FIELD MAINTENANCE?


Re: Hughes H-6 Part.6 Name:PAPPY Date:2012/12/10(Mon) 13:09 No.7366
まだ出ていないようなので立川駐屯地第1師団(1 Division)第1飛行隊の OH-6D I 31263 でマークは1Dです。
2011年11月23日の防災航空祭でのものです。


Re: Hughes H-6 Part.6 Name:PAPPY Date:2012/12/10(Mon) 13:10 No.7367
岐阜のかかみがはら航空宇宙科学博物館に展示されている OH-6J SD 31058 で撮影は2011年8月1日です。
機体にTRDI(防衛省技術研究本部)のマークがあるので明野の教育支援飛行隊で運用されていたようです。


Re: Hughes H-6 Part.6 Name:ET Date:2012/12/10(Mon) 17:25 No.7368
広江さん、皆さん、今晩は。
未だ出ていない番号だと思います。2010年6月2日厚木のエンドで撮った陸自のOH-6D(SU31232)です。
<広江さん>今回のお題を知った時私も1988年4月のヘリコプターショーでのガンノズルを使ったくす玉割りの
写真用意しました。


Re: Hughes H-6 Part.6 Name:CJ Date:2012/12/10(Mon) 17:40 No.7369
昨日投稿した時にフライングで3枚貼ってしまい大変失礼いたしましたm(__)m

まだ出てない部隊からということでOH-6D WH 31268 2005.12.10 新田原航空祭です。


Re: Hughes H-6 Part.6 Name:CJ Date:2012/12/10(Mon) 17:42 No.7370
続いてOH-6D IIATH 31318 2004.9.5三沢航空祭
レター見づらくて気付かなかったのですが、第2対戦車ヘリコプター隊の機体も撮影してたとは自分でもびっくりです。


Re: Hughes H-6 Part.6 Name:CJ Date:2012/12/10(Mon) 17:46 No.7371
もう一枚は2008.1.13習志野降下初めで撮影したOH-6D 31303&30209 共にEHです。

Re: Hughes H-6 Part.6 Name:空と鉄と Date:2012/12/10(Mon) 18:30 No.7372 ホームページ
広江さん、皆さんこんばんは
今年の横田公開(2012.8.19)で展示されていたOH-6D XIIH 31313です。
すでに紹介されている部隊の機体ではありますが、番号が1と3だけで構成されている型紙代が掛からないエコな?機体です。


Re: Hughes H-6 Part.6 Name:T.H Date:2012/12/10(Mon) 20:00 No.7373
2012年10月13日 木更津駐屯地 航空祭 OH-6D  IHB JG31309
約2ヶ月前に撮ったかなり新しい陸自のタマゴと富士山を絡めて〜


Re: Hughes H-6 Part.6 Name:T.H Date:2012/12/10(Mon) 20:01 No.7374
1996年9月22日 アメリカ バージニア州 NAS OCEANA Air show の地上展示に参加した US ARMY MH-6M 88-25350
SOATC / 160 SOAR とシリアル本には書いてありましたぁ〜 < 広江さん


Re: Hughes H-6 Part.6 Name:T.H Date:2012/12/10(Mon) 20:04 No.7375
1999年9月17日 アメリカ バージニア州 NAS OCEANA Air show の地上展示に到着した US ARMY MH-6J 81-23649
A / 1-160 SOAR とシリアル本には書いてありましたぁ〜2 < 広江さ〜ん

この機体の別カットを明日の最終章で、あと3枚投稿する予定です。つづく〜


Re: Hughes H-6 Part.6 Name:LUCHO Date:2012/12/10(Mon) 20:27 No.7376
もう1枚、未出の部隊/機番です。
OH-6D MH #197、#255。
08/10/11、八尾航空祭にて。


Re: Hughes H-6 Part.6 Name:LUCHO Date:2012/12/10(Mon) 20:33 No.7377
タキシーバックだけじゃなくて、演技中のレインボウも貼っておきます。
OH-6D S #257、#247、#246。#246の後ろは #209 です。
11/10/28、航空祭予行にて。


Re: Hughes H-6 Part.6 Name:LUCHO Date:2012/12/10(Mon) 20:37 No.7378
明野レインボウの OH-6D のラストの挨拶(?)です。
OH-6D S #251、#246、#250、#259。
12/10/28、明野航空祭にて。

>PAPPYさん
かかみがはら航空宇宙科学博物館の OH-6J はヒンジレス・ローターの研究に用いられた機体です。
この技術は OH-1 に生かされています。


Re: Hughes H-6 Part.6 Name:cdr-god Date:2012/12/10(Mon) 21:10 No.7380 ホームページ
今日はイメージを変えてモクロです(笑)。広江さんが気になっていた陸自第1飛行隊の機体配備ですが、当時の陸自東部方面航空隊は昭和37年11月、司令部を土浦から北宇都宮に移動し、隷下に第1飛行隊と第12飛行隊を置いていましたが、第12飛行隊は継続して北宇都宮を拠点としていましたが、第1飛行隊主力は昭和50年代の組織改編により立川に移動したと記憶しています。(定かではありません。)写真は、当時昭和天皇の誕生日に行われていた記念行事のもので、OH-6Dの配備直後です。他にOH-6J/31032/Ⅻや当時を偲ばせる蛍光オレンジのラインを記入したUH-1B等が見えます。蛇足ですが、サポートを一言。No.7373でT.Hさんが紹介しているOH-6は、部隊表示は1HBですが正式部隊名は第102飛行隊となります。

Re: Hughes H-6 Part.6 Name:cdr-god Date:2012/12/10(Mon) 21:13 No.7381 ホームページ
私のホームベース北宇都宮を拠点として飛行していた第12飛行隊の機体です。テイルは蛍光オレンジ、パイロットのヘルメットも白のため、写真写りはモノクロでもいいですね。

Re: Hughes H-6 Part.6 Name:cdr-god Date:2012/12/10(Mon) 21:16 No.7383 ホームページ
これまでも何度か登場している教育用の機体ですが、飛行中の視認度を上げるため機体正面とキャビン下部を蛍光オレンジに塗装しています。そのため飛行場のどの場所にいても発見できましたが、最近は演習場でない飛行場でさえ発見が難しい場合もあります(笑)。さて、明日はどんな展開になるか楽しみです。

Re: Hughes H-6 Part.6 Name:飛行浪人 Date:2012/12/10(Mon) 21:50 No.7386
>広江さん、皆さんこんばんは。
今日は急遽お出かけをしたので画像の取り込みが出来ず新しいのからです。
異機種編隊バージョン、いずれも2009年1月11日の習志野です。
機体もすべてEH31300です。まずはAHー1、UHー1と。


Re: Hughes H-6 Part.6 Name:飛行浪人 Date:2012/12/10(Mon) 21:51 No.7387
続いてはOHー1と。

Re: Hughes H-6 Part.6 Name:飛行浪人 Date:2012/12/10(Mon) 21:54 No.7388
最後にまたまたOHー1と。
OHー6の後継機OHー1と向かい合わせ、後はよろしくとでも言っているかは定かではありません。(笑)
ではまた明日。


Re: Hughes H-6 Part.6 Name:Gulf4 Date:2012/12/10(Mon) 22:41 No.7390 ホームページ
広江さんが「もうちよっと」と表現していたヒューズ500E/369E(JA9805)。エースヘリコプターの運航機で
1997年8月に宮城県米山町で薬剤散布をしてた時に撮りました。宮城県内は「粒剤散布」という散布方式が
多く、この散布装置を積めるベル206が主力機なので、これとは散布方式が違うヒューズは少数派となって
なかなか見るチャンスはありませんでした。
宮城県内もラジコンヘリの散布だけになり、早起きして撮りに出かける楽しみもなくなりました。

型式名は製造会社のPR資料などでは「500E」と呼ばれ、公的書類(型式証明など)では「369E」になります。
海上自衛隊ではOH-6DAと呼称していますが、なぜOH-6DEとかOH-6Eにならなかったか不思議ですね。
自衛隊(防衛省?)の命名方式が、いかに一貫性がないかの見本かも。


Re: Hughes H-6 Part.6 Name:North PHANTOM Date:2012/12/10(Mon) 23:17 No.7391
広江さん、皆さん 今晩は。
 
 OH−6Jの陸自の部隊追加で1982年9月5日丘珠の航空ページェントでの撮影のN 31020です。
この日は快晴に恵まれOH−6以外にもUH−1Jやピッツスペシャルのフライトなど一日楽しめる内容でした。展示機にはE-2B 151709 VAW-115 NF602 がいました。


Re: Hughes H-6 Part.6 Name:ALPS Date:2012/12/10(Mon) 23:49 No.7392
広江さん 皆様こんばんは
日本のH-6シリーズの生みの親、川崎重工の 369D JA9189 です。
1983年11月6日岐阜基地での撮影です。
前回のお題H-3が名古屋の常連なら、H-6は岐阜の常連なので普通ならかなり撮れていると
思いがちですが、圧倒的に撮影枚数は少ないです。直接ヘリパッドにアプローチするヘリ達は
固定翼機のポイントからは遠すぎて、普通のレンズではH-6は点のようにしか撮れません。
ですから、ほとんど見てるだけのことが多かったです。


Re: Hughes H-6 Part.6 Name:ALPS Date:2012/12/11(Tue) 00:10 No.7393
No.7343で geta-oさんも紹介されていますが、こちらは MD-530N (N530FX)となっています。
1994年2月26日チャンギで撮影しました。
世界的にどれほど売れたのかわかりませんが、目にする機会は少ないのでセールスは芳しく
なかったのかも知れませんね。


Re: Hughes H-6 Part.6 Name:うみ太郎 Date:2012/12/11(Tue) 01:23 No.7394
まだ出て来ていない部隊で、霞目の東北方面ヘリコプター隊本部付隊で
NEH31220 2008年4月20日の霞目公開での撮影です。
広江さん、部隊名失礼しました。


Re: Hughes H-6 Part.6 Name:Takafumi HIROE Date:2012/12/11(Tue) 07:29 No.7395
私は民間型も陸自機も皆さんのようにたくさん撮ってません。
正直、陸自OH-6J/DはS/Noにして20機弱です。
にも関わらず、数機が部隊が変わっても同じS/No・・・。

1981年の岩国基地公開で見た私にとっての初のOH-6D 31127、それも嬉しい“XIII”(笑)


そして1988年の習志野で見た“SK”のOH-6Dが31127でした。

少数機しか撮ってないのに、なぜS/No.が重なるのかと不思議でなりません(笑)

>geta-oさん
初めて聞く地名なので調べました。矢臼別演習場、滑走路も600m×30m(17/35)があるのですね。
釧路空港からでも、かなり距離があるような?。この寒い地に毎年出かけられているのでしょうか。
2枚目は滑走路ではなく演習地?。まだまだ素晴らしい秘蔵のショットがありそうですね。
シラセ飛行科のOH-6Dもお待ちしていました。撮影チャンスは少なかったでしょうね。

>A-330さん
今さらながらですが、白くないヘルメットが分ります(笑)
コックピット内がよく見え、正面形を撮ると以前は白いヘルメットが印象強いです。
軽く心地よいエンジン音、実は私はOH-6系が大好きなんです(笑)

>PAPPYさん
“IV”はITAZUKE-1さんNo.7335紹介のOH-6Jと併せて両機種揃いましたね。
EAAFM最後の2文字の推測、かなり確度が高そうですヨ(笑)
No.7366は、昔の東部方面航空隊第1飛行隊“I”がルーツ?で“1D”は部隊マークかな。
改編の多い陸上自衛隊の航空部隊の歴史は、よく分らないです(笑)

>ETさん
スミマセン、何やら気遣いをしていただいたようでm(_ _)m
私は皆さんの隙間をぬいますので、本当に全く気にしないで下さい。お願いいたします。
ところで紹介の2010年6月2日は水曜日、私は展開してなく、翌3日(木)にはエンド展開してます。
平日の厚木エンドで陸自OH-6が撮れたことを初めて知った今回も大発見です。

>CJさん
前スレPart.5の追伸コメントは連貼りの件ですか?。そのまま知らんぷりりすれ気づきませんでしたヨ(笑)
“WH”はともかくとして“IIATH”は、ひょっとして今回の話題での新発見ですか?(笑)
迷彩塗装で見ずらいとはいえ、この話題で少しはお役に立てたかと思うと、皆さんも嬉しいはずですネ。
遠い地の九州にも遠征されてるとは驚き。ひょっとして2008年1月は厚木にも立ち寄った時かな?(笑)

>空と鉄とさん
陸自部隊にうとい私、ちょっと変わった表記は、即調べます(笑)
私の勘違いだったのか、冒頭No.7360の“XII”と紹介の“XIIH”の違いが情けないことに分りません。
Gallery化までに、どなたかのフォローをお願いいたしますm(_ _)m
話は外れますが、空と鉄とさんは99枚目の画像。省エネ?なのか惜しい?のか・・・(笑)

>T.Hさん
あらっ!、THさんから陸自機が・・・(笑)。木更津が望遠で富士山が写り込むのですネ。
No.7374とNo.7375の部隊160th SOARは大きなヒントになりますが、更なる調査に入りました(笑)
SOATC/160SOARは何とかなりましたが、A/1-160SOARの“A”Companyの略に疑問アリで調査継続中。

>LUCHOさん
明野レインボウOH-6Dも終わってしまいましたね。
そういえば、(昨日)12/10にMH(中部方面ヘリコプター隊で良いのかな?)のUH-1J 41883が厚木に飛来しました。
No.7376のOH-6D 2機は、既にOH-1と交代してしまったのでしょうか。

>cdr-godさん
詳細の解説をいただきましたが、陸自航空部隊の歴史は私には難しく、まだまだ整理ができません。
例えば、No.7373のIHBは102Sqnとされてますが、No.7342の31305も102Sqnでよろしいのでしょうか。
更にNo.7360の“XII”の駐屯地。う〜ん・・・、難しい(笑)。
スミマセン、話題終了後に暫定Galleryを隅々までチェックしていただけると助かります。

>飛行浪人さん
3コマとも習志野との事ですが、No.7388のOH-6の後ろ姿は、なかなか面白いですネ。
今回の話題で現時点で100コマ以上が紹介されてますが、真後ろ姿は初かな???。
No.7388での業務引継ぎの日本製OH-1ですが、此処では引継ぎの可能性は、まず無いかと・・・(笑)

>Gulf4さん
スミマセンm(_ _)m、固い頭に根気よく事例をもってお付き合いいただいて・・・。
しかし369E画像を拝見し理解できました。私は369HS, 369D, 369Eを貫き通します(笑)
OH-6DAですが、US-1がUS-1Aに進化したのと同じで、OH-6Dが進化してAを付け加えたのでしょう。
そもそも、最初にOH-6Jとし、後からの機体をOH-6Dとしたのが間違いの発端(笑)
そして逆に、型式をつけない機種も多すぎます。自衛隊の命名規則は私には奇妙に思えてなりません。

>North PHANTOMさん
北の地ならではの“N”の初紹介ですネ。
米軍が参加する丘珠の航空ページェントがいつ頃から始まったのか私は記憶がありませんが、
気づいたら、米軍マニア注目のエアショーになってました(笑)
VAW-115のE-2B 151709/NF-602が参加したことも覚えてます。

>ALPSさん
なるほど、No.7340でもコメントしましたが、岐阜基地で369系が撮れなかった理由が分りました。
厚木基地でも米軍ヘリ以上にNIPPIや神奈川県警のヘリが撮りにくいのと似た状況かもしれませんね。
No.7393は軍用機としての売り込みデモですかね。映画には謎の国のヘリとして登場しそうです(笑)

>うみ太郎さん
師団・旅団、方面隊、等々に所属する陸自航空機部隊は縁が薄いせいもあり、やはり難しいです。
とにかくヘリは、その地方に行かなければ撮れないですからね。
しかし、うみ太郎さんも東北地方の話題には欠かせないほど通いつめてますネ(笑)

>皆様
ここはクローズし、新たに最終章を立てます。





Hughes H-6 Part.5 Name:Takafumi HIROE Date:2012/12/09(Sun) 06:41 No.7341 ホームページ   
Camp Fujiで撮影(R/W19降り)した、私にとっては、いわゆる嬉しい“X”の外来機。
何処かに向かう途中の立ち寄りなのか訓練で来ていたのかは分りません。


>皆様
引き続きPart.5で皆様の話題をお待ちします。
さて最終章の目標設定は、6+オマケ1のPart.7とします。
Part.6 & 最終章は、連貼り3枚以内OKとしますので、このPart.5と合わせると紹介画像は最大7枚。
取捨選択&バランス良く紹介下さい。

現在、紹介されている陸自部隊は・・・、
OH-6J : I, IV, X, XIII, E, W, S, SK, SU
OH-6D : V, VI, VII, IX, X, XI, XII, XIII, XIV, IH, IHB, IATH, VATH, E, NH, S, SU


No.7342までの途中経過です。(画像68枚)
http://www.gonavy.jp/bbs2-h6.html
右スクロールして確認下さい。

Re: Hughes H-6 Part.5 Name:空と鉄と Date:2012/12/09(Sun) 06:56 No.7342 ホームページ
広江さん、皆さんおはようございます。
No.7326でPAPPYさんが2011年の木更津駐屯地祭で展示エリアへ移動中の様子を紹介されていますが、こちらは2010年6月6日の同駐屯地祭で OH-6D IHB 31305 が後ろ向きで展示場所へ移動中の時のものです。
移動中は付いていたドアが展示エリアに着いてあっという間に外された早業には驚きました。


Re: Hughes H-6 Part.5 Name:geta-o Date:2012/12/09(Sun) 07:42 No.7343
おはようございます。
広江さんがドリームランドで乗ることのできなかったヘリはHughes 369HMが使用される前でJA7438などのHughes 269系と思います。
ところでモデル名と通称の問題ですがこのようなことがあるとさらに複雑になります。
JA登録された唯一のMD520N(JA6121/c/n LN034)。
日本での登録形式はMD500Nです。理由は定かでありませんが新規モデルで登録すると審査等が複雑になるので改良形式で登録したものと思います。(MD500Nは正式形式としてイタリアのアグスタ製があると思います)
JA6121は尾部にMD520Nと表記していますが通称“ノーター”で通っていました。
エースが借り受けたときは薬散にも使用されました。1995/6/10 エース川越ヘリポート(現在はありません)


Re: Hughes H-6 Part.5 Name:ITAZUKE-1 Date:2012/12/09(Sun) 09:42 No.7344
広江さん みなさん お早うございます。今朝は冷え込んで、近くの山も積雪でうっすらと白くなりました。
2008年5月5日 岩国基地公開に展示された OH-6D VATH 31296です。 
公開時に人が入らないように撮るのは 機種によっては苦労しますが、苦労しなくて撮影できる機体こそちゃんと撮影しなくてはと思っています。


Re: Hughes H-6 Part.5 Name:Straight Wings Date:2012/12/09(Sun) 10:51 No.7345
おはようございます。
Part5でご紹介した読売新聞社の別の機体 JA9034、1969/10/11にベースの羽田で撮影した一枚です。1972年とは塗装が違い、機首の番号表記も 讀賣 117 と正統派で懐かしい感じです。


Re: Hughes H-6 Part.5 Name:A-330 Date:2012/12/09(Sun) 11:35 No.7346
広江さん、皆さんこんにちは。
まだ紹介されていない陸自部隊を
OH-6D WATH 31260 xx年入間で後方に見えるT-33は解体待ちの用廃機です。
>広江さん
スローシャッター撮影ですが、ハイアングルは三脚、ローアングルでは手作りビーンズ袋を使用していました。


Re: Hughes H-6 Part.5 Name:CJ Date:2012/12/09(Sun) 12:13 No.7347
飛行浪人さんが「VII」を貼ってくださったので、「II」をご紹介します。
2005年6月19日、上富良野駐屯地創立50周年記念行事で撮影した第2飛行隊のOH-6D II 31233です。
一番早くOH-1に改編されて自分が撮影していないIATHはT.Hさんがご紹介してくれたので、これで本道の部隊は出揃ったでしょうか?
第2飛行隊のOH-6Dは何枚か撮っているのですが、尾翼にある部隊マークが写っているのはほとんど無かったです。

追記:勘違い失礼いたしましたm(__)m


Re: Hughes H-6 Part.5 Name:ET Date:2012/12/09(Sun) 15:29 No.7348
広江さん、皆さん。こんにちは。
1983年7月2日横田公開でのD型(JG-1159)とJ型(JG-1068)です。公開中の光景ですが何故かD型が遠ざけられていきました。部隊名はすみません記録していません。


Re: Hughes H-6 Part.5 Name:LUCHO Date:2012/12/09(Sun) 16:21 No.7350
未だ出ていない部隊、機番を上げておきます。
OH-6D III #299。
07/11/04、八尾航空祭にて。

>cdr-godさん。
レインボウからスモークが消えたもう一つの理由。[テールローター周りがオイルで汚れるので後の清掃と整備が…]と言うのを中の人から聞きました。


Re: Hughes H-6 Part.5 Name:PAPPY Date:2012/12/09(Sun) 16:39 No.7351
広江さん、皆さんこんにちは。
2012年11月11日今年の立川防災航空祭で格納庫内に展示されている OH-6D EAAFM 31172 です。
EAAFMは立川駐屯地所在の東部方面航空野整備隊で飛行隊ではないので整備訓練機材と思います。
立川基地の周りも昔の面影がまったくなく浦島太郎のようでした。


Re: Hughes H-6 Part.5 Name:飛行浪人 Date:2012/12/09(Sun) 19:58 No.7352
>広江さん、皆さんこんばんは。
今回はN.SUZUKIさんも参加されていませんね。
どうしても新しい方が出てきやすいですがなんとか古いのが発掘出来ました。
1975年7月28日、松島の公開に行った際に誘われて霞の目へ行きました。当時は陸自の基地へ足を運ぶ事はなかったので貴重品です。(笑)誘ってくれた通称、やーさんに感謝です。
第6飛行隊、31032です。


Re: Hughes H-6 Part.5 Name:T.H Date:2012/12/09(Sun) 20:33 No.7353
2010年4月11日 ”エアーメモリアル in 鹿屋” でデモフライトを実施した第211教育航空隊のOH-6DA 211-8779
やはり 陸自機がメインで海自のOH-6は あまり投稿されないので、米軍特殊戦機を中断して九州の白いタマゴを1枚


Re: Hughes H-6 Part.5 Name:ALPS Date:2012/12/09(Sun) 20:57 No.7354
広江さん 皆様こんばんは
なかなか SDが出ないので1枚。1982年10月11日明野における OH-6D 31121 です。
陸自機の白文字は露出アンダーになってもわかりやすく助かりました。黒文字になってから
というもの露出には気を使うようになりました。その場で確認できるデジタル様々です。
関係ないですが、背景に尻尾だけ写っているBKはJQレジです。


Re: Hughes H-6 Part.5 Name:cdr-god Date:2012/12/09(Sun) 21:11 No.7355 ホームページ
連日パート数が加算される盛況さに驚いています。広江さん、可能な限りお付き合いさせていただきます(笑)今日紹介の機体は、昨日紹介した「明野レインボー」を編成した編隊機です。
この時のリーダー機は紹介の31247(NVG)/Sで、通常飛行展示でNVG搭載機は運動性が若干落ちるため使用しないようですが、この年はなぜか本機が使用されていました。


Re: Hughes H-6 Part.5 Name:Gulf4 Date:2012/12/09(Sun) 22:11 No.7356 ホームページ
仙台ベースの機体を選びましたが、撮影した当時は大阪に在住していました。1980年の年末に帰省すると
「55雪害」と呼ばれる大雪で、宮城県内の送電線が倒壊し、ヘリコプターで支援作業の真っ最中。
1980年12月31日、今は住宅地となった仙台ヘリポートで撮った東北電力の川崎ヒューズ369HS(JA9063)。
東北電力は古い時期からヘリコプターを運航し、それぞれ東北に関連する愛称があり、これは「とわだ」。
後ろには遠く福岡から応援に来た西日本空輸のドーファンの姿も見えます。
>広江さん
神戸市のヘリが装備した装備は「ガンノズル」と呼ばれ、主に松喰い虫対策の薬剤散布に使われる機材で
ヘリコプターショーで使われたのと同じです。
機体名称ですがV尾翼が500/369HS、T尾翼が500D/369D、機種が尖った奴が500E/369E、これだと分かり易い?
ヒューズ社はレシプロ型もヒューズ300が、正式な型式は269と、なぜか不思議な命名方式です。


Re: Hughes H-6 Part.5 Name:North PHANTOM Date:2012/12/09(Sun) 22:34 No.7357
広江さん、皆さん 今晩は。

 なかなかプライベートが忙しくやっと参加出来ました。
私は陸上自衛隊しか目にすることが出来ず、せっかく北の大地に居ながら冬季迷彩も見ずに至っています。
写真は1980年9月7日丘珠の航空ページェントでのOH-6Jのフライトです。
四機の上:]T31099、下:Z31086、左(先頭):Z31056、右(後方):]T31111です。
31111のみ迷彩塗装で尾翼ディグロウの上にもペイントされていました。
地上展示はOH-6Jは]T31052のみで、基地北側よりOH-6J、UH-1Jがフライトした中の機体です。
結局フライト終了後も会場近くへは来ずに終わりましたので、31111を撮ったのはこの時のみでした。


Re: Hughes H-6 Part.5 Name:うみ太郎 Date:2012/12/10(Mon) 00:28 No.7358
陸自機しかありませんが、シリアル番号稼ぎに参加します。
また神町の6飛行隊からW31245です。 2008年1月30日撮影
雪レフできれいな光とスキー履いてるのが普通との違いです。

広江さん、ITAZUKE-1さん
NASAの解説ありがとうございました。参考になりました。


Re: Hughes H-6 Part.5 Name:Takafumi HIROE Date:2012/12/10(Mon) 06:30 No.7359 ホームページ
Gulf4さんから解説をいただいた「ガンノズル」。 1988年4月に開催されたヘリコプターショーでのデモシーン。


くす球に水をかけ(左)、貼ってある紙が破れて無事にくす球が割れる(右)
 
しかし、ピンポイントに薬剤散布するのには、かなりの操縦テクニックを要しそう・・・。
というより、ローターが木々の枝に接触しそうで怖そうです。

>空と鉄とさん
この類のヘリは、ドアは簡単に取り外せるよ、と隊員から聞いた事はあります。
ただ実際に、その作業を見たことはないので、その様子は見たかったですねぇ〜。
しかし紹介の移動の作業ですが、尾部で下げている人より、前部で押す人の方が大変そう(笑)

>geta-oさん
またまた理解不能の型式の登場ですネ。私の頭の中ではMD500Nは存在してないのですが・・・。間違い?。
geta-oさんの推測どおりとするなら、くだらない法の抜け穴のような登録名ですね。
横浜ドリームランドで見たヘリ、269系かもしれません。ひょっとしてH-55の話題で紹介?(笑)

>ITAZUKE-1さん
このような話題で、ウン十年前の展示機の画像を発掘し紹介できる事が、まだ多いですが、
ここ最近の航空祭での展示機をウン十年後に紹介しようと思うと、たぶん私はできません。
ITAZUKE-1さんのコメントのように、撮る原点に返らなければいけませんねぇ〜。

>Straight Wingsさん
No.7339での『YOMIURI-120』のコメントの意味が分りました。 『讀賣』の字がよく見つかりましたね(笑)
それにしてもスッキリとした背景ですが、この場所から現在を見るとどう写るのでしょう。
長い期間が一瞬で縮まる写真って、本当に面白いです。何を今さら・・・(笑)

>A-330さん
ちょっとマニアックな道にそれて、私は対戦車ヘリコプター隊のOH-6Dが好きです(笑)
撮影時期は、解体待ちのT-33の姿で、ある程度の的が絞れそうですね。
スローシャッター撮影やはり三脚使用ですよね。失礼いたしました。しかし手作りビーンズ袋は???です。

>CJさん
スミマセン、私の陸自に対する知識では、最後の追記部分の意味が理解できません。
追記で訂正するよりも、本文をこっそり変更された方がベターかと思います。
なんせ、北海道の組織体系に付随する航空部隊が瞬時に分りませんので(笑)

>ETさん
1983年7月2日の横田基地公開には私も行っていたことを思い出し、記録ノートを捜索しました(笑)
OH-6J 31068は“S”、OH-6D 31159は“I”と記載されてます。
しかし残念なことに(?)、撮影記録マークは書き入れられてません。ダメですねぇ〜。

>LUCHOさん
ここ最近の陸自航空機は部隊マークを書き入れるようになったのはマニア的にも嬉しい事ですネ。
しかし、やはり小さい・・・。飛ぶ姿の機体全景を撮った時は詳細部の判別がつきにくいです。
このような公開の時に、アップで撮り溜めないとなりませんね。

>PAPPYさん
EAAFMとは“東部方面航空野整備隊”のこと、と行き着いたものの、何の略だか分りません。
私が隅々まで見てないのかもしれませんが、東部方面航空野整備隊公式ページにも記載なし?。
パッチに何やら書かれてるようなので、どなたかのフォロー待ちです。

>飛行浪人さん
新旧入り乱れる話題になりますね。発掘作業ありがとうございます。
霞の目には一度だけ行き、そして何も飛ばないのでスゴスゴと帰ったことがあります(笑)
紹介は公開ですか?、それとも外から撮影?。私も貴重なストックを残したかったです。

>T.Hさん
運用の場所か限られ機数も少ない海自OH-6は、かなり形勢不利です(笑)
ようやく4コマ目の紹介になりますが、偶然にもGulf4さんが旧塗装の8779をNo.7319で紹介されてます。
それにしても、私としては海自OH-6を撮りたかった・・・。あっ!、過去形表現はダメか(笑)

>ALPSさん
はい、OH-6には“SD”は存在しないのかなぁ〜、と思ってました(笑)
BBS IIの話題で紹介される画像のほとんどは銀塩フィルム時代の撮影と思います。
結果が即見れない当時、常に露出を頭の中で計算しながら撮ってましたね。

>cdr-godさん
NVG搭載機とは31247機首の下のほうに追加装備されているものですね。
この小さな突起物でも未装備機と編隊を組むと微妙に影響するという事ですか。
この後のお付き合いは、可能などと言わず、あとちょっとなので最後まで(笑)

>Gulf4さん
「55雪害」、私も覚えてます。東北電力は管轄地からヘリが有効だったのでしょうね
名称のおさらい、500/369HSと500D/369Dはバッチリ。500E/369Eはもうちょっと。
ヒューズ社の300/269は聞かなかったことにします(笑)

>North PHANTOMさん
“VII”と“XI”の混成でフライト?と思ったら、共に丘珠がベースなのですね。
なんせ私の陸自部隊の知識では、瞬時にイメージはわきません。
31111はオリーブドラブ地の上から迷彩をオーバースプレー?。是非撮りたかったでしょうね。

>うみ太郎さん
上でもコメントしましたが、小さいながらも部隊マークが書き入れられてますね。
スキー板を履いているのが神町らしいですが、雪が降らない時は全然降らないのですがネ(笑)
スミマセンがタイプミスではないようなので・・・、I, II, III, IV, V, VI ・・・です。

>皆様
ここはクローズし、新たにPart.6を立てます。





Hughes H-6 Part.4 Name:Takafumi HIROE Date:2012/12/08(Sat) 06:59 No.7324 ホームページ   
浜松南基地の航空祭で地上展示された明野航空学校のOH-6J S 31075。
ETさんがPart.3 No.7314でも紹介されてますが、訓練機らしいカラーリングですね。


>皆様
引き続きPart.4で皆様の話題をお待ちします。
『まだPart.4』と言うべきか『もうPart.4』と言うべきか悩みます。
皆様のこの後の見通しをお知らせ下さい。


(12/8 17:00更新)
No.7331までの途中経過です。(画像57枚)
http://www.gonavy.jp/bbs2-h6.html
右スクロールして確認下さい。

Re: Hughes H-6 Part.4 Name:geta-o Date:2012/12/08(Sat) 09:14 No.7325
おはようございます。
海自のVX-51(隊のワッペンにはこう書いてあります)は1981年10月31日に下総から厚木に移動していますが技術試験、実用試験などはその配属部隊の基地で試験される場合が多いようです。
今日は来日、陸自、海自と最初が続きましたのでついでに民間(JA)の最初JA9032(c/n 190019M/KHI c/n6315)。
JA9032は珍しくJA登録は1機しかなかったHughs 369HM(軍用機型で民間型は369HS)。写真撮影時は横浜ドリームランドで遊覧飛行などを行っていた東京エアーラインズが所有していました。なぜ軍用型が民間用になったのか理由はわかりません。
1973.06.29東ヘリ


Re: Hughes H-6 Part.4 Name:PAPPY Date:2012/12/08(Sat) 09:59 No.7326
広江さん、皆さんおはようございます。
2011年11月2日木更津航空祭で展示飛行後機体展示エリアに移動中の第1ヘリコプター団第102飛行隊の OH-6D IHB 31309 です。
一人がテールを持って機体を浮かせて二人の隊員さんが押していきます、機体重量は中型乗用車と同じくらいの約1.2トンです。


Re: Hughes H-6 Part.4 Name:CJ Date:2012/12/08(Sat) 10:23 No.7327
続いて特別塗装機です。
2003年6月22日、丘珠駐屯地創立50周年記念行事で撮影した、北部方面航空隊本部付隊のOH-6D NH 31226です。
駐屯地創立50周年特別塗装機のうちの1機で、画像は地上展示の物ですが、この時撮影した他の写真を見てみると「ノーザンレディバード」として飛行を行っているようです。

>広江さん
あと6〜7枚は用意できますが、最低でも後2枚(II、VII)はご紹介したいと考えています。


Re: Hughes H-6 Part.4 Name:ET Date:2012/12/08(Sat) 11:39 No.7328
広江さん、皆さん、お早うございます。
ドラム缶から燃料補給中のTDAのKawasaki-Hughes369HS(JA9104)で、1983年3月5日竜ヶ崎飛行場です。当日知人の操縦するFA-200に同乗するため飛行場内に入り軽飛行機やヘリを間近で撮影出来ました。
この機体も八尾がベースのようです。


Re: Hughes H-6 Part.4 Name:うみ太郎 Date:2012/12/08(Sat) 13:19 No.7330
陸自の画像しか残ってないので紹介出来るのは最後になります。
1981年8月のトラビスの公開で撮影したNASAのOH-6? NASA731
ネットで調べても画像が出てこないので詳細が全くわかりません。
撮影した時にもとりあえず撮っただけでこんなのしかありませんでした(^^;
写ってる人のファッションが古いですね。


Re: Hughes H-6 Part.4 Name:A-330 Date:2012/12/08(Sat) 15:29 No.7331
広江さん、皆さんこんにちは。
陸自の通常塗装機しか残っていませんが、デジタル化したストックは4枚ほどです。
スローシャッターでローターの写り方の変化を狙ったショットで
OH-6D IH 31217 xx年入間です。
>広江さん
A-330はデジカメでのヒコーキ撮影は未体験で、紹介している写真はすべてフィルムからのスキャン画像です。


Re: Hughes H-6 Part.4 Name:LUCHO Date:2012/12/08(Sat) 19:21 No.7332
更に続いて09年の明野レインボウです。
OH-6D S #205、#257、#272、#248 。後ろは OH-1 S #609、AH-1S #440、AH-64D S #503 です。
09/11/05、航空祭予行にて。

>広江さん
[III][X][VATH][S][レインボウ]なら紹介できます。


Re: Hughes H-6 Part.4 Name:cdr-god Date:2012/12/08(Sat) 19:28 No.7333 ホームページ
こんばんわ、今日は少し早い登場です(笑)。H-6、私としてはすでにPart4と言う感じですね。私は海外の機体や民間機の持ち合わせはあまりありませんが、機番が重複可能ならこのペースでゆけば暫く持ち堪えられそうです(汗)。これまで何度か名前が出てきた「明野レインボー」ですが、これらの機体が搭載していたスモーク発生装置の搭載問題と、陸自機の飛行展示は高度が低いためスモークの環境問題がもちあがり、多分この年(2005年)を最後に飛行展示のスモークは終了したと思います。その最後の演技を行う予行演習で、地上における排煙テストを離陸前に行う航空学校の機体です。少し前の時代ですが整備員の服装はまだOD一色、現在の迷彩服ではありません。尚、この年のレインボーの編成は31201、31247、31169と本機31241でした。


Re: Hughes H-6 Part.4 Name:T.H Date:2012/12/08(Sat) 20:34 No.7334
1993年3月18日 アリゾナ州 MCAS YUMA のR/W08 を日没直後に離陸する US ARMYの特殊戦ヘリ AH-6 or MH-6 シリアル不明。これも WTIに参加中の "リトルバード” と思われます。彼等の本領を発揮するナイトミッションの訓練に向け夕焼け空を背にレンジへ向かうシーンです。

Re: Hughes H-6 Part.4 Name:ITAZUKE-1 Date:2012/12/08(Sat) 20:42 No.7335
広江さん みなさん こんばんは
1976年6月12日 目達原を離陸する 4飛行隊のOH-6J 31011です。
目達原は当時 低い鉄条網だけでしたから 基地の中もクリアに見れましたが、中からも良く見えるわけで警務隊が来て写真撮ってはダメと注意されていました。現在はコンクリ−トの板と樹木で取り囲まれで中の様子は見えませんので 離陸/着陸の浮いた所しか撮影出来なくなりました。 

うみ太郎さんのNo.7330 NASAのOH-6は N731NA OH-6A 67-16219と思われます。下記URL参照
http://www.rotorspot.nl/n-7.htm
http://www.aeroflight.co.uk/waf/usa/NASA/NASA-AmesResCenter.htm


Re: Hughes H-6 Part.4 Name:飛行浪人 Date:2012/12/08(Sat) 20:44 No.7336
>広江さん、皆さんこんばんは。
cdr-godさんがまたもや変化球、直球では勝負にならないので私は白煙ならぬ雪煙です。(笑)
冬季迷彩と同じく1997年1月の丘珠、北海道は乾いた雪質の為ヘリのダウンウオッシュで雪が舞い上がり辺り一面真っ白け、パイロットが恐るホワイトアウト状態になって、計器をしっかり見ないと上下がわからなくなるそうです。
この状態では機番が読めませんが前後のカットから見ると七飛31193です。



Re: Hughes H-6 Part.4 Name:Gulf4 Date:2012/12/08(Sat) 22:33 No.7337 ホームページ
民間機なら何機でも大丈夫です(笑)。大阪在住時は被写体に飢えて(?)、飛行浪人さんと様々な場所に
ヘリコプターを撮りに出かけましたが、これは比較的まともな場所で撮った一枚です。
神戸市消防局の川崎ヒューズ369HS(JA9069/KOBE)。当時は神戸市北区の市民防災総合センターが
ホームベースで、1982年頃そこで撮りました。装備しているのは消火用タンクで、機首のノズルが
上下左右に動いて、狙った場所の消火作業ができます。ただ実用性に関しては??
>広江さん
通称で悩ませましたが、一般的に「ヒューズ500」と呼ばれますね、これが書類上は「ヒューズ369」。
民間機は商品名と言ったら良いのか、小型機の分野では一般的なことです。
チャレンジャーなど、これでも分かりますが、一般的にCL-601とかCL-605、正式型式CL-600-2B-16など
「何だこれは!」の世界になります。


Re: Hughes H-6 Part.4 Name:ALPS Date:2012/12/08(Sat) 22:37 No.7338
広江さん 皆様こんばんは
2012年7月16日 小松島に外来として展示されていた第14飛行隊の31283です。
陸自には詳しくないので、このときは部隊の所在地も知りませんでしたが
平成22年に14旅団隷下に新編された新しい飛行隊と知りました。
また、ローマ数字の飛行隊は師団隷下の飛行隊と思っていましたが、
旅団であっても飛行隊を持てることも初めて知りました。


Re: Hughes H-6 Part.4 Name:Straight Wings Date:2012/12/08(Sat) 22:42 No.7339
広江さん、みなさん、こんばんは
ヒューズ"500"は新聞社でも使われ、前Partで広江さんが一機紹介されていますが、こちらは読売新聞社のKawasaki-Hughes 369HS JA9057です。ドアにYOMIURI-120と書かれています。1972/6/14、羽田での撮影ですが、その2年ほど後に事故で失われました。


Re: Hughes H-6 Part.4 Name:Takafumi HIROE Date:2012/12/09(Sun) 06:40 No.7340 ホームページ
岐阜飛行場の川崎重工の話題が出てますが、私は(当時)何度も通って撮影できた369は↓の1機だけ。
私の運が悪いのかどうかは定かではありません(笑)
JA9279は1981年4月13日付けで仙台空港を定置場とする阪急航空で新規登録されたようなので、
↓は引渡し10日前の社内テストフライトと思われます。


>geta-oさん
VX-51の件、ありがとうございます。369HMと369HSの違いも初めて知りました。勉強になります。
横浜ドリームランドでの遊覧飛行、369ではなかったと思いますが、幼少時代の思い出があります。
乗らなかった、じゃなく、たぶん料金が高くて両親が乗せてくれなかったような・・・(笑)

>PAPPYさん
そういえば、私はウン十年ぶりに行った(笑)この年の木更津でお会いしましたっけ(笑)
恒例なのか私は分かりませんが、この時フライトしたOH-6Dは紹介の31309だけでしたね。
テイル部を押し下げるだけでスキッド前部が浮いて移動できるのは、てこの原理かな。

>CJさん
これまた凝ったデザインに仕上げましたね。隊員も年に一度のイベントに張り切っているのかな(笑)
ただ、胴体の“CENTINNIAL OF FLIGHT”、つまり100周年の意味が理解不能です。
まさか2機で、50 + 50 =100 の洒落じゃないでしょうね(笑)

>ETさん
JA9104は、1985年12月に日本農林ヘリコプターに移管され川越ヘリポートに移動してますね。
私は別のヘリの話題で見つけましたが、TDAは農薬散布等でヘリを運用していたようですが、
紹介は時期的にも農薬散布ではないようですが、ローカル感たっぷりです(笑)

>うみ太郎さん
紹介の機体を調べたところ、複数の箇所で共通の結果(たぶん出所は同じ)が見つかりました。
1976年4月2日〜1981年9月11日、Moffet Fieldを定置場としてN731NAで登録された機体で、
元米陸軍のOH-6A 67-16219 (cn : 38-0604)との情報です。NASAは他にも何機かOH-6を運用してます。

>A-330さん
私もヘリの回転するテイルローターを1周以上させるスローシャッターをチャレンジしますが、
背景の色、ローターの色、光の当たり具合、等々で、思ったほど効果が現れないことが多々あります。
それともう一つ重要なのは手ブレ(笑)。屋上の手すり等で固定して撮られたのでしょうか。

>LUCHOさん
毎年、頭の中で構図を思い巡らせ撮影ポイントを選ばれていると推測しています。
LUCHOさんにとっては『来年は・・・』と思われる細かい部分があるかもしれませんが、
私のような第三者的立場では、いずれも素晴らしいショットばかりと感じます。

>cdr-godさん
スモーク発生に伴う内外の諸問題があり、最終的には中止せざるをえなかったのですね。
長い期間を凝縮して話題にすると、色々と勉強になることが多いです。
別途アナウンスしますが、最後までお付き合い下さいm(_ _)m

>T.Hさん
紹介の機種はAH-6系ですかね。
高台の下から姿を表すイメージ(笑)、映画のワンシーンのような画像ですねぇ〜。
“リトルバード”とは米陸軍のH-6系のニックネームですか。確かに、そのイメージですネ。

>ITAZUKE-1さん
こちらから基地内が見えれば、確かに基地内からも、こちらが見えるでしょうね(笑)
しかし、木々などで見えないようにすると、潜む人影も見えなくなる・・・。
マニアは基地内にとっては味方だということを私はよく口にします(笑)
順番が前後しますが、N731NAは投稿後にGallery化の途中経過で元67-16219で既に上がってます(笑)

>飛行浪人さん
なにやら球種にこだわられてますねぇ〜(笑)。全体の中で重要な一コマとなります。
ダウンウオッシュで一瞬にして紹介画像のような状況になるとは怖いでしょうね。
紹介の画像からも背景も下の地面の様子も、全く分りませんねぇ〜。

>Gulf4さん
V尾翼が369、T尾翼が500、と私は単純に捉えていたので、未だに悩んでます(笑)
紹介の機首のノズル、1988年のヘリショーで、くす球に水をかけて割ったのと同じかも・・・。
さて、心強いお言葉ありがとうございます。別途のアナウンスでは取捨選択が難しそうですm(_ _)m

>ALPSさん
“XIV”が新編されていたのですか。初めて知りました。ベースは北徳島分屯地でしょうか。
ALPSさんのように師団隷下と旅団隷下の飛行隊の有無の区別さえ私はできてません。
陸上部隊あっての航空部隊の陸上自衛隊の組織体系は、私には縁遠く難しいです。

>Straight Wingsさん
あらっ!、Straight Wingsさんも『ヒューズ500』の表現で来ましたか(笑)
KH369HSなのにヒューズ500、う〜〜〜ん・・・奥が深いような単純なような・・・。
Gulf4さんの説明が、より理解&親しめるよう、周りから環境作りですネ(笑)

>皆様
ここはクローズし、新たにPart.5を立てます。





Hughes H-6 Part.3 Name:Takafumi HIROE Date:2012/12/07(Fri) 06:36 No.7307 ホームページ   
動く陸自OH-6は、習志野駐屯地の降下訓練始めで撮ることができました。
迷彩効果は背景の色と地形にお似合いですネ。
しかし斜面の多い地でヘリの機動を撮る際、背景の垂直物に気をつけてはいるものの、
動く機影を捉えているうちに水平感覚が失われてしまいます(笑)


>皆様
引き続きPart.3で皆様の話題をお待ちします。

Re: Hughes H-6 Part.3 Name:T.H Date:2012/12/07(Fri) 07:12 No.7308
1995年10月29日 アリゾナ州 MCAS YUMAで撮影した US ARMY AH-6J 89-25356
Part.2 同様にユマで実施されていたWTIに参加していた陸軍特殊部隊のAH-6Jだと思われますが、詳細は不明です。
同演習には、その時々ARMYのMH-60やMH-53、MH-47等の参加もあり、マリンコのコブラや46と共にミッションをしている姿が見られました。
きっと昨今は日本で話題のオスプレーがWTIでも主力の地位にあるでしょう。


Re: Hughes H-6 Part.3 Name:geta-o Date:2012/12/07(Fri) 08:27 No.7309
広江さん、みなさんおはようございます
Part.2の#7295では陸自のOH-6Jの1号機でしたが今日は海自のOH-6Jの1号機(8761/c/n 6341)。
第51航空隊で試験のあと当時館山にあった第211教育航空隊に配属されました。第211教育航空隊は既に1974年5月より鹿屋にて飛行を初めていましたがベル47でヘリの初期教育をしていた第211教育航空隊の一部はその延長でしばらく館山に残り1973年に新規導入したOH-6Jでの教育を行いっていました。1975年には鹿屋に移動しました。1973.12.02館山


Re: Hughes H-6 Part.3 Name:A-330 Date:2012/12/07(Fri) 11:59 No.7310
広江さん、皆さんこんにちは。
陸上自衛隊ヘリコ迷彩機は、やはり草原をバックに飛行する姿がお似合いですね。
恒例の東富士演習場で公開される陸上自衛隊総合火力演習では多くのヘリが舞ってはくれるのですが、超小粒のOH-6は500mmでもファインダーフレームの半分ほどで撮影には苦労しました。
撮影日不明ですが展示飛行するOH-6D SU 31148 です。


Re: Hughes H-6 Part.3 Name:CJ Date:2012/12/07(Fri) 12:45 No.7311
2004年9月26日に行われた、真駒内駐屯地創立記念行事の訓練展示で撮影したOH-6D XI 31231です。小さかったのでトリミングしています。
駐屯地創立50周年記念の特別塗装機の1機ですが、米軍のMH-6を意識したのか、隊員がスキッドに立ち、体をロープで固定した状態で64式小銃の空砲を撃っているので、とても驚きました。

>広江さん
No.7298ですが撮影日は2004年3月9日です。コメントのほうも追記しておきました。
この時はOH-1に白色塗装機が現れたというので、丘珠で待ってるよりはと思いホームベースである帯広まではるばる行って来ました。
年にもよるのですが、白色塗装機は年明けの初飛行から登場する事が多いようです。


Re: Hughes H-6 Part.3 Name:ITAZUKE-1 Date:2012/12/07(Fri) 15:26 No.7312
広江さん みなさん こんにちは
1975年11月2日 芦屋基地公開に展示された 西部方面ヘリコプタ−隊のOH-6J W 31072です。
当時の基地公開にはイロコイと玉子(OH-6)はペアで展示されていたように覚えています。
>広江さん 駐屯地と分屯地の定義は解りませんが本家と分家=本隊と分遣隊の関係でよろしいのではないでしょうか?


Re: Hughes H-6 Part.3 Name:LUCHO Date:2012/12/07(Fri) 19:02 No.7313
続いて08年の明野レインボウです。
先頭は OH-6D S #201 。後に #246、#247、#257、更に OH-1 S #605、AH-1S S #447 と続いてます。
08/11/06の航空祭予行にて。


Re: Hughes H-6 Part.3 Name:ET Date:2012/12/07(Fri) 19:05 No.7314
広江さん、皆さん、今晩は。
皆様先程の地震で被害ありませんでしたか。無いことを願っています。
今回はPAPPYさんがNo.7300で紹介された1978年5月14日の厚木のシーンです。右から、S31048,SU31074,SU31057及びSU31076です。私も今まで航空学校宇都宮分校のスカイホーネットと思っていました。
<広江さん>確かヘリダンスでした。お見合いシーンもありましたね。今後も1988年のショーの写真は投稿しませんのでご安心下さい。それにしてもその後開催されないのは残念です。基地などの公開や航空ショーとは一味違った雰囲気で良かったです。


Re: Hughes H-6 Part.3 Name:空と鉄と Date:2012/12/07(Fri) 19:11 No.7315 ホームページ
広江さん、皆さん、こんばんは
1993年10月24日、陸上自衛隊朝霞駐屯地で開催された観閲式予行でのひとコマです。
OH-6Dx9機編隊です。ご覧のように一機がそれぞれ小さく、番号、所属等読み取ることが出来ないのが心苦しいのですが、ヘリの同一機種多数機の編隊飛行を見られる貴重なイベントでした。
この後編隊規模縮小や3自衛隊持ち回り開催となってしまい観閲式を見に行くことが無くなってしまいました。


Re: Hughes H-6 Part.3 Name:cdr-god Date:2012/12/07(Fri) 19:48 No.7316 ホームページ
H-6シリーズも気がつくと既にPart.3、毎日パート更新とは忙しくなりそうです。小生は今回も変化球でコックピットからの画像です。陸自ヘリによる体験搭乗は多数機会があると思いますが、搭乗人員の少ない本機の飛行中の画像は多くありません。機体はNVG及びFLIR搭載機で、コックピット左側のカバーのかけてあるモニターが暗視装置用モニターです。肝心な部分は当然見せてくれません(笑)。機体は31279、第12ヘリ隊本部付隊飛行隊です。右席のパイロットは陸自POCでOHコースを選択した少数の女性パイロットです。

Re: Hughes H-6 Part.3 Name:PAPPY Date:2012/12/07(Fri) 19:48 No.7317
広江さん、皆さんこんばんは。
2011年9月4日三沢航空祭で展示された第九師団第9飛行隊の OH-6D IX 31303 です。
目とお口は剥がしてからお帰りになったような・・・特に記念塗装とかではないようでした。


Re: Hughes H-6 Part.3 Name:飛行浪人 Date:2012/12/07(Fri) 20:48 No.7318
>広江さん、皆さんこんばんは。
今日の地震、私は車の中でした。結構揺れましたね。電線も波打っていました。
今日のOHー6は私も鮫口にしました、2008年5月18日の北宇都宮公開です。(SU31188)
cdr-godさんが変化球の間に私は直球勝負です。(笑)
最近の陸自の公開は色気があって良いのですが飛んでくれないのが難点ですね。
CJさんの鮫口の飛んでるのは本邦唯一ではないでしょうか?


Re: Hughes H-6 Part.3 Name:Gulf4 Date:2012/12/07(Fri) 22:17 No.7319 ホームページ
正式な型式名は「369E」、通称名は「500E」それを海上自衛隊はOH-6DAの名称で運用しています。
1999年2月9日、岐阜飛行場で撮影したOH-6DA(8779)。川崎重工の社内テストフライト中でした。
一号機なので第51航空隊の部隊記号ですが、運用試験は鹿屋で実施したと思います。
撮影当時は黄色とオレンジのカラーリングでしたが、いつも間にか白とオレンジになったはず。
この時テスト中のF-2を撮りに行ったのですが、本命は撮れずに予想外のOH-6DAが撮れました。
結果的にこれも最初で最後の撮影となり、白くなったOH-6DAは撮らずに終わると思います。
多分まだ何機か残っていると思いますが?


Re: Hughes H-6 Part.3 Name:Straight Wings Date:2012/12/07(Fri) 22:44 No.7320
広江さん、みなさん、こんばんは
Part1の南の島の海上保安庁機の美しくも珍しい姿に刺激されて、JAナンバー機を少々。1970/10/27に八尾飛行場で撮った369HS JA9046 JDA塗装機です。JDA所有かどうかはわかりませんが、この機体は後にTDA塗装に変わっても使われていたようです。始めて訪れた八尾ではそれこそ一機残らず撮りつくしたような記憶があります(民間側ですが)。


Re: Hughes H-6 Part.3 Name:ALPS Date:2012/12/07(Fri) 23:47 No.7321
広江さん 皆様こんばんは
1987年10月4日明野基地航空祭における明野レインボーです。迷彩化の過渡期のためかOD色と迷彩が混在
しています。OD色のシリアルは31024と31046ですが迷彩は読み取ることができません。
当時はパートタイムのチームの割にはカラースモークを使用し、お金も気合も十分入ってました。


Re: Hughes H-6 Part.3 Name:怪鳥 Date:2012/12/08(Sat) 01:21 No.7322
私の場合は航空際での地上展示が多いのでF−101、105それに今回のOH−6、まるで隣に並んで撮ったようなアングルばかりでしたので「気にせず・・・」と言われましても・・・・。

それはさて置き、2枚目は1973年5月6日岩国の友好祭で撮った31019です。若気の至り友人と車で無泊2日の強行軍で行きました。今では考えられないですが、当時は基地内の駐車場に停められたました。


Re: Hughes H-6 Part.3 Name:Takafumi HIROE Date:2012/12/08(Sat) 06:57 No.7323 ホームページ
Part.2 No.7306 2枚目の画像同様、↓も背景に海が写り込んでいます。
東京へリポートに行ったことのある方はご存知かと思いますが、
厚木基地と同じ南北の01/19の滑走路(ヘリパット)の西側にエプロン、撮影は東側から。
すなわち午後になると逆光になります。
ですので、西側に位置する施設に許可を得た建物屋上から撮影してます。
銀塩当時の使用レンズは、300mm/f2.8または500mm/f4.5。
重いレンズで、ほぼ目線となる水平方向で撮り続けたわけですが、
ホバーの多いヘリは、ほぼ同じ位置でじっと構え続けていたことも多く、
翌日以降、激しい筋肉痛に襲われました。速いファイター系を追い回すのとは違いますネ(笑)


>T.Hさん
紹介のAH-6Jは、背中やテイルのアンテナ(?)等、細かいですが外見的な特徴が興味深いです。
しかし米陸軍機は外見から部隊を特定できることは、まず不可能ですね。
そのせいもあり、私は米陸軍に疎遠(笑)になってしまいます。しかし嫌いではないですよ(笑)

>geta-oさん
海自211教育航空隊のOH-6Jは当初は館山に居ましたか。51空は当時は下総?、厚木?。
私は厚木で海自OH-6Jを見たような記憶がないのですが、
近場に居たことは間違いないようなので、撮れるチャンスを逃したのが悔やまれます。

>A-330さん
迷彩効果がお似合いもイイのですけど、やはり目立つほうが写真映えします(笑)
総合火力演習に私は一度も行ったことがないので、レンズ選択は分りませんが、
紹介は銀塩時代?。今のデジ機材なら、なんとかなりそうですね。

>CJさん
米軍まがいの隊員の姿より、私は機首のシャークマウスに真っ先に目が行きました(笑)
〇〇周年記念塗装でも、このようなワンポイント的で派手なマークが私好みです。
No.7298の補足、ありがとうございます。年明けの飛行始めからお目見えすることが多いのですネ。

>ITAZUKE-1さん
あまり縁のない陸自機とはいえ、やはり私には西の方の部隊は魅力的です。
空自機とは違って陸自のへりは、関東地方ではあまり遭遇するチャンスはないですからね。
分屯地の件、本家と分家よりも本隊と分遣隊の例えの方が私には解り易いです(笑)

>LUCHOさん
スミマセンが、バッチリ正面形が決まり過ぎて今回の主役が1機しか見えません(笑)
先頭#201の後ろに#246、#247、#257のOH-6D 3機が続いているんですよね。
地上の“逃げ水”もバッチリですし、素晴らしいショットです。

>ETさん
皆さん、1978年5月14日の“スカイホーネット”(たぶん)を一緒に見ていたのですネ。
話題性で私が追随する場合があるかもしれませんが、ETさんはご自身のペースで進めて下さい。
私はヘリショー開催の目的を把握してないのですが、対費用効果から途絶えているのでしょうね。

>空と鉄とさん
基地祭や飛行始めも含め、OH-6の9機編隊を見る(撮る)チャンスは、そう多くはないのでは?。
当時の観閲式では、この機数は定番だったのでしょうか。
しかし予算面からか年々縮小したのは残念です。軍も“人物金”なんですね。

>cdr-godさん
度々話題にしますが、私、海自&陸自の体験搭乗を体験したことがありません。
大型機より、倍率が高くとも、紹介のOH-6は魅力的ですねぇ〜。
陸自の中で一番倍率の低そうな場所を、そっと教えて下さい(笑)

>PAPPYさん
カッティングシートを加工したような即席シャークマウスですね(笑)
最近の一時的な航空祭向けのスペシャルマークには賛否両論化がありますが、
この例は賛の部類かな(笑)。そして、準備&作業のための努力には頭が下がります。

>飛行浪人さん
続けざまにシャークマウスを拝見して、フト思ったのですが、陸自で流行りなんですか?。
この紹介のマークは貼った?塗った?、どちらでしょう。貼ったとすると、かなり大掛かりですね。
それにしても、流行としてエスカレート気味なのは、やはり賛否両論ですネ(笑)

>Gulf4さん
3つの名称のうち、通称名が理解不能。聞かなければ良かった(笑)。Gallery化はOH-6DAとしますね。
この奇妙なパターンの派手なカラーリングは短期間だったのでしょうか・・・。
私の頭の中では海自OH-6系の塗装の変遷の真ん中に位置してます。一度も撮ったことはないのですが(笑)

>Straight Wingsさん
JA9046は私の調べた限りでは、一応は日本国内航空の所有となってました。
そして、そのロゴは、1970年5月から東亜国内航空と合併した1971年5月までの短期間限定のようです。
民間側を片っ端から撮影しておいて良かったですネ。

>ALPSさん
なるほど、1987年頃から迷彩化への過渡期、テイルがオレンジの機体は遠めでも一目瞭然ですネ。
スモーク化改装の機体そのものは、ある程度固定化されていたのでしょうか。
やはりカラースモークは、天気の良い日は見栄え良いですネ。

>怪鳥さん
地上展示機の撮影は、ロープやら並べ方等々で、どうしても似たアングルとなってしまいますね。
まあでも、それは仕方のないことで・・・、隣で撮っていたと後で知る楽しみもありますし(笑)
私も1970年代の岩国遠征は、宿泊したことは数えるほどしかありません(笑)

>皆様
ここはクローズし、新たにPart.4を立てます。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -