GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





H-21/V-44 最終章 Name:Takafumi HIROE Date:2013/01/24(Thu) 07:21 No.7610   
>皆様
『フライングバナナ』の最終章です。
紹介画像数無制限で皆様の話題と画像をお待ちします。

(注1)
コメントの訂正、画像の追加や差し替え、等々は、この画面の一番下で行えます。
パスワードは簡単なものとし、忘れられている場合は次の書き込み時に再入力して下さい。

(注2)
これまで使っていた『連貼り』という言葉が不適切でしたm(_ _)m
特に『連続』という意味ではなく、レス数(紹介画像数)のMAXと理解して下さい。

Re: H-21/V-44 最終章 Name:Komatsu Date:2013/01/24(Thu) 10:50 No.7611

本日は航空自衛隊です。
撮影場所は、すべて新明和伊丹工場のフェンスの外側です。

1枚目は、1963年8月撮影のH−21B(02-4756)で、
bV595・7596でA−330さんが、bV606でGulf4さんが紹介された機体と同じです。



Re: H-21/V-44 最終章 Name:Komatsu Date:2013/01/24(Thu) 10:52 No.7612

2枚目は、1963年12月17日撮影のH−21B(02-4757)です。

A−330さんご所望の、空自H−21Bのフライトシーンです。



Re: H-21/V-44 最終章 Name:Komatsu Date:2013/01/24(Thu) 10:55 No.7613

3枚目は、1964年3月17日撮影のH−21B(02-4759)で、
トップで広江さんが紹介された機体と同じです。

背景に写っているのは、
DH114、UH−34D、C−46D、C−1A、HU−16E、DH104 で、
軍民入り混じり多種多様な飛行機が出入りしていた当時の新明和伊丹工場の様子が分かります。



Re: H-21/V-44 最終章 Name:Cranberry 01 Date:2013/01/24(Thu) 17:40 No.7614
広江さん,皆さん、こんばんは。
今回のお題はお歴々の皆さんにも厳しい様ですね。小生も撮った記憶はあるのですが写真が見つかりません。
>飛行浪人さん、貴重なショットです。
24th Helicopter Squadronは1956年7月にSewart AFB(現在はSmyma Airport),Ten.で開隊しました。まもなく20機前後のH-21BはSacramento AMAでコクーン状態にされ、NAS AlamedaからUSS Corregidorに乗せられ10月10日に横須賀到着。木更津でコクーンを解かれ、日本での任務に付きます。
Johnson,千歳,板付にDetachment(Det-1〜3)展開しました。その主任務は日本中のレーダーサイトへの支援でしたが、救難活動も任務に加えられました。空母への展開から、沖縄、エニウェトク環礁まで幅広く活躍しました。全て同じ塗装だった様です。
子供の頃、板付の司令部(飛行場とは別の場所)に頻繁に飛んで来ていたのを覚えています。また九州地方の台風や災害時には必ず救援に出動し、その姿をよく新聞で見ていました。(私にとってのヘリコプターと言えば、フライング・バナナでした。)
1960年中頃には活動を停止し、自衛隊に貸与あるいは供与されたようです。
飛行浪人さんのNo.7594はその移行時の状態ではないかと考えます。私にはETさんのNo.7597と共に感動ものです。
無理矢理画像は、スライドの端の方に極小さく写っていた物の超拡大です。お許し下さい。
21st Operations Squadron/ 21st Composite Wing,Elmendorf AFB.左側のスタビライザーには21st CWのエンブレムが付いていました。


Re: H-21/V-44 最終章 Name:cdr-god Date:2013/01/24(Thu) 19:47 No.7615 ホームページ
本章冒頭で広江さんが紹介した空自H-21B/02-4759の20年後の姿がこれです。その後何度か手入れをしたそうですが老朽化がひどく、2010年の岐阜基地航空祭直前に廃材となったそうです。
他に浜松広報館の屋外展示がありますが、リペイントを繰り返しているうちに”おもちゃ”的塗装になっているような気がするのは私だけでしょうか。今回のように歴史に残る機体でありながら人目に触れず、用途廃止後展示された機体は現役時代の塗装考証もなくリペイントされる。なぜか寂しくなります。
この写真でさえ「撮っておいて良かった」のひとコマとなりました。


Re: H-21/V-44 最終章 Name:geta-o Date:2013/01/24(Thu) 20:13 No.7616
昨日厚木の南側の公園でTHUDさん、PAPPYさんにお会いしてH-21のお話をしました。
私が米空軍のH-21を見たのは現在立川基地の西側にある空き地(当時は昭和飛行機がダンプカーなどを作っていた工場の脇)に多数(10機位)のH-21を青梅線の窓から(中神駅近く)でした。その後自衛隊に供与されたためかその広場は返還されたのか日本農林ヘリコプターがヘリポートとして使用していたようです。
残念ながらその時の写真はありません。
また陸、空の自衛隊のH-21/V-44の飛んでいるところの写真はありません。(当時は米軍の尖がった飛行機が横田、厚木で盛んに飛んでいたのでそちらばかり行っていました。
ということで最終章は1枚、厚木の1963年の3軍記念日に展示された陸自のV-44(50002/K) 1963.05.18厚木。こののち皆さんの写真のように”H”の所属になったようです。
それでは次のお題まで


Re: H-21/V-44 最終章 Name:飛行浪人 Date:2013/01/24(Thu) 20:44 No.7617
>画像無しで失礼します。
Cranberry 01 さんが入間のハンガー内の機体について解説して頂いたのでお礼に出て来ました。(笑)
なるほどそうだったのですね。
しかし1966年には空自からも引退しているのでこの2機はどこへ行ったのか気になります。
空自が使っていた機体はARMYから移管されたようでその経緯については広島のヒコーキ雲、群馬県太田小泉飛行場編にHー21の画像と共に出ていますので興味のある方は参照してください。

Re: H-21/V-44 最終章 Name:N.SUZUKI Date:2013/01/24(Thu) 21:08 No.7618
広江さん、皆さん今晩は。
H-21は最も撮っていない機体ですが、1964年東京オリンピック前後のころ、羽田空港整備地区のハンガーのかげからいきなり現れた、私の唯一の生きているH-21です。胴側面の大きな米軍マークが辛うじて見え、真下の写真が無かったので紹介します。


Re: H-21/V-44 最終章 Name:Gulf4 Date:2013/01/24(Thu) 21:18 No.7619 ホームページ
どこかで撮った記憶があると思って、古いプリントを何とか探してみました。
1979年8月、アンカレッジ国際空港で撮ったH-21B(N100RB/ex53-4369)。
撮った当時も飛行可能な状態だったか、あるいは放置された状態だったのか
まったく記憶がありません。
今回はハードルが高い題材でしたが、飛んでいる写真が出るとは驚きでした。


Re: H-21/V-44 最終章 Name:A-330 Date:2013/01/24(Thu) 22:11 No.7620
画像無しで失礼します。
>Komatsuさん
念願だった空自機のフライト写真を紹介してくださり本当にありがとうございます。
ネットでも発見できず、半ばあきらめかけていました。希少機の超貴重な素晴らしいシーンを見せていただき感激しています。

Re: H-21/V-44 最終章 Name:BATMAN Date:2013/01/24(Thu) 23:39 No.7621
>広江さま、皆さん
 ヤー懐かしい機体の紹介を有難う御座います。何故かアークティク・レッドと赤市松模様に塗られたAFのH-21Bもオリーブ色のCもフライング・バナナは飛ぶ姿が格好いいヘリと思います。Cranberry01さんの解説に有りました第24ヘリコプター中隊は司令部を立川と横田の中間に在ったShowa Air Stationに司令部を置いて各地に分遣隊を派遣していましたのでgeta-oさんが見たのも此れだと思います。1955-58年ごろはキャンプ調布(現調布飛行場)に在った米陸軍第40輸送大隊(航空)には太田小泉のキャンプ・ドルー(第一騎兵師団の砲兵隊基地)から野砲運搬用の陸軍のH-21Cが頻繁に飛来していました。1955-60年はH-21は東京近辺では最も良く見られたヘリだったのでは。貼付写真は頂いた写真ですが1959年立川での24HSのH-21B(51-15870)です。


Re: H-21/V-44 最終章 Name:Takafumi HIROE Date:2013/01/25(Fri) 06:33 No.7622
>Komatsuさん
皆さんから紹介されている02-4756, 02-4759も含め、
空自H-21Bの生きている姿のオンパレード、素晴らしいです。
貴重な記録の数々が日の目を見ることになり、画像も喜んでいることでしょう(笑)

>Cranberry01さん
米空軍H-21Bの日本に来るまでの経緯、日本での活動の様子、とても興味深く拝見しました。
日本で活動を停止した際、何機かが空自に引渡されたのですか。02-4759が元54-4007は本当なのかな。
しかし、Cranberry01さんにとってヘリは『フライングバナナ』ですか・・・。驚きです。

>cdr-godさん
岐阜基地で展示保存されていた02-4759は廃棄処分となりましたか。気にはしていたのですが。
自衛隊で運用され、そして引退した機種がますます増え続けるので、
何を残し何を廃棄するのか苦渋の選択だったかとは思いますが、大変に残念でなりません。

>geta-oさん
1963年の厚木基地三軍記念日で、2機しか存在しない陸自V-44Aが展示されたとは驚きです。
H-21って、意外と大型ヘリなんですね。確かに20名以上が乗れるようですが・・・。
geta-oさんにとってH-21は、身近にいたようで、実は写真としては残っていない存在のようですね。

>飛行浪人さん
空自のH-21は米陸軍から引渡されたH-21Cですか・・・。
私は当時を全く知らないので、ネット等のあちこちさ迷って情報を得ているだけですが、
H-21B説は間違いと言うことでしょうか・・・。何を信じてよいのやら分らなくなりました。

>N.SUZUKIさん
別の話題でも似たコメントしてますが、撮った時はボツ行きかと思われるコマも、
そのまま取っておき後々見ると、意外と味わい深く感じるケースがあります。
紹介の真下のショットも、H-21では貴重な一コマに変貌を遂げてますネ。

>Gulf4さん
わざわざ古いプリントまで探していただき、ありがとうございます。
飛んでいる機体、保存されている機体、そして紹介の海外で撮られた機体、どれも貴重な一コマ。
今回の話題は皆さん難儀されてますが、日の目を見る事になった画像も多いのではないでしょうか。

>A-330さん
A-330さんでさえ難儀された今回の話題。申し訳ありませんでした。
しかし順番とはいえ、話題として取り上げて良かったです。

>BATMANさん
紹介画像は背景から1959年当時の立川基地とは全く想像できません。
Cranberry01さんに続きBATMANさんのコメントから活動時期を拝見すると、
今回のH-21シリーズが、いかに難しいお題だったかと改めて思い知らされます。

>皆様
皆さんからの貴重な『フライングバナナ』にまつわるお話し、そして画像。
難題だからこそ、充分に楽しませていただきました。ありがとうございます。
離着陸時の撮影で水平感覚を失いかねないような奇妙な外見。
音と共に姿を捉えたかったです。

さて、次の話題は“Hiller H-23/12E”。
1960年代は米陸軍座間基地所属機が厚木にも度々飛来し馴染み深かったほか、
民間機も多くが飛んでいたようなので、前回のH-21シリーズよりは盛況になるかな?。

小休止の後、2月6日(水)スタートを予定します。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

ハンドルネーム「高田天敵」様から画像が送られてきましたので追加いたします。(2013年2月4日)

撮影は1957年(5月?)、当時の米軍伊丹基地で開催された三軍記念日。
氏の記憶では、↓は着陸前の減速状態。
背景に写る煙突の一部(?)を垂直として角度調整しトリミングさせていただきました。


↓は前進加速時。機体の角度は氏の撮影したままです。


他にも米空軍機の画像が送られてきましたが、
C-47のJATO離陸、T-33A数機、黒っぼい塗装のB-26(RB-26?)数機、当時の伊丹を記録する貴重な画像です。

「高田天敵」様、ありがとうございます。





Piasecki H-21/Vertol V-44 Name:Takafumi HIROE Date:2013/01/23(Wed) 07:32 No.7591   
岐阜基地に保存展示されていたH-21B 02-4759。これも偶然ですが撮影しておいて良かったです。
H-21シリーズは『フライングバナナ』の愛称で呼ばれていたらしいですが、私は実体験してません(笑)

私の持ち駒は↑の1枚限りですm(_ _)m

>皆様
今日からの話題は“Piasecki H-21/Vertol V-44”。
日本では空自で10機、陸自で2機が運用されたのみの希少種(?)、米陸軍機は(?)。
前回のH-19/S-55より更に難題となるのでしょうか・・・。
先行き予測不能ですが、皆様の持ち駒が少ないと想定し、開始早々3枚まで連貼りOKとし、
それでも余裕のある方は、Part.2 = 最終章を連貼り無制限として終わりたいと思います。
Part.3以降が必要な方はご申告下さい。

Re: Piasecki H-21/Vertol V-44 Name:geta-o Date:2013/01/23(Wed) 08:00 No.7592
広江さん、皆さんおはようございます。
今回のお題H-21はほとんど写真ありません。
その中から1枚。民間への払い下げでCLASSIC ROTORS MUSEUMが所有するH-21B(N64606/54-4001) 2011.05.15 CHINOのAir Show 2011での撮影です。この機体はミラマーのエアショーには毎年出ているようなので皆さんも見ていると思います。


Re: Piasecki H-21/Vertol V-44 Name:geta-o Date:2013/01/23(Wed) 08:05 No.7593
2枚目はもう飛んでいません。
陸自が2機タンデムローターの調査のため購入したV-44の初号機(50001)。北海道旅行した時の撮影です。
2008.09.13美幌航空公園


Re: Piasecki H-21/Vertol V-44 Name:飛行浪人 Date:2013/01/23(Wed) 09:03 No.7594
広江さん、皆さんこんにちは。
今回はやっかいなお題ですね。(笑)
残念ながら私が撮影を始めた頃には空自、陸自からは退役して飛んでる姿は見ることができませんでした。
入間の線路脇にも展示してあったと思うのですがネガが行方不明です。
陸自は丘珠に展示されていたのを見かけましたがこちらも行方不明。
初めて見かけたのは1966年頃、入間基地での航空教室、救難ハンガーの奥にローターを外されたHー21が2機いました。胴体の帯が赤のチェッカーだったのが記憶に残っています。
Bー57が入間に駐留していた頃に救難に使われたと思いますがいろいろ調べても詳細不明、その後の消息が気になります。当時の救難隊関係者で事情がわかっている方がいれば教えて欲しいです。
これにて打ち止めです。


Re: Piasecki H-21/Vertol V-44 Name:A-330 Date:2013/01/23(Wed) 11:00 No.7595
広江さん、皆さんこんにちは。
残念ながら私がフライングバナナの動いているシーンを見ることができたのは動画サイトです。
紹介する写真は航空自衛隊で用廃後の70年8月に浜松南基地で撮影した H-21B 02-4756 機体の状態はすこぶる良い状態で今にもフライトできそうな雰囲気でした。


Re: Piasecki H-21/Vertol V-44 Name:A-330 Date:2013/01/23(Wed) 11:05 No.7596
連貼り失礼します。後方から見た同機です。
私も弾はこれで打ち止めです。どなたか空自のフライトシーンを紹介していただけたらと期待してお待ちしています。


Re: Piasecki H-21/Vertol V-44 Name:ET Date:2013/01/23(Wed) 14:13 No.7597
広江さん、皆さん、こんにちは。
1959年5月16日Johnson基地で展示されたH-21ですが残念ながら機体番号等不明です。初めての三軍ということで勇躍出かけたものの雨で暗い公開でした。当日は関東地方で唯一F-11Fが公開された日だったのですが。
今回はこれと次の1枚でお終いです。


Re: Piasecki H-21/Vertol V-44 Name:cdr-god Date:2013/01/23(Wed) 17:16 No.7599 ホームページ
広江さん、皆さん、こんばんわ。
開始早々にgeta-oさんのフライアブルH-21の登場に圧倒されてしまいました。今回は超難題、お付き合いができるかどうかですが、とりあえず前回の”お題”撮影時に一網打尽?で撮影した陸自V-44の2号機です。
撮影は1988年8月2日木更津にてです。


Re: Piasecki H-21/Vertol V-44 Name:cdr-god Date:2013/01/23(Wed) 17:19 No.7601 ホームページ
続けてもう1枚、機体後部からの撮影です。
V-44/50002/H 2,AUG,1988 at RJTK


Re: Piasecki H-21/Vertol V-44 Name:ET Date:2013/01/23(Wed) 17:27 No.7602
2枚目は1993年1月17日NYのイントレピッド博物館甲板上の米陸軍H-21C(55-4140,c/n c.94)です。出張の合間のNY見物で寄ったのですが20年前の丁度今頃でハドソン川からの風が大変冷たかった記憶があります。この機体は現在は展示されていないようです。

Re: Piasecki H-21/Vertol V-44 Name:Komatsu Date:2013/01/23(Wed) 20:25 No.7603

広江さん、皆さん、こんばんは。

ARMYの機体は3機撮っていますので連貼りさせてください。
撮影場所は、すべて新明和伊丹工場のフェンスの外側です。

1枚目は、1963年7月16日撮影のCH−21C(Serial No.55-4199)です。
黄色の帯が3本入って非常にハデですが当時の標準塗装だと思います。
所属、部隊名等の知識はありません。



Re: Piasecki H-21/Vertol V-44 Name:Komatsu Date:2013/01/23(Wed) 20:27 No.7604

2枚目は、1964年4月2日撮影のCH−21C(Serial No.55-4148)です。
つや消しの茶色っぽい塗装で、国籍マークは胴体前部の上側に一箇所描かれているだけでした。

C−124のお題の時に、新明和の入口前で店開きしてH−34を降ろしている写真(bT306)を
紹介しましたが、C−124の向こう側を飛んでいたのがこの写真の機体です。
蛇足ながら、この写真の左端にはそのC−124の左翼端ポッドが少し写っています。



Re: Piasecki H-21/Vertol V-44 Name:Komatsu Date:2013/01/23(Wed) 20:29 No.7605

3枚目も、1964年4月2日撮影のCH−21C(Serial No.56-2076)です。



Re: Piasecki H-21/Vertol V-44 Name:Gulf4 Date:2013/01/23(Wed) 21:41 No.7606 ホームページ
これまた前回のH-19と同じく1977年10月30日の浜松南基地航空祭で撮影したH-21B(02-4756)。
A330さんが撮ったのと同じ機体ですね。航空自衛隊のH-21は飛んでいる姿を見た事もありません。
陸上自衛隊のV-44の方は「幼少の頃」見て、その特異な姿が今も記憶に残っています。
それにしてもKomatsuさんが60年代に撮った、しかも飛んでいるH-21の写真が出てくるとは・・・。


Re: Piasecki H-21/Vertol V-44 Name:THUD Date:2013/01/23(Wed) 23:01 No.7607
広江さん、皆さんこんばんは。
今日は今年初のエンド展開でしたが、geta-oさんから「今日からやってるネ」と言われ「あっ!そうだった」と(笑)
No.7599でcdr-godさんが紹介されている機体と同じですが、H-19のときと同様に所沢航空記念館に嫁入り後の現在(2012年11月)の姿です。しかしcdr-godさんの紹介画像を拝見して記念館に来る前にこういう風に2機揃って準備されていたのかと興味深いです。


Re: Piasecki H-21/Vertol V-44 Name:THUD Date:2013/01/23(Wed) 23:04 No.7608
少々暗くて見難いですが↑の中の様子で後方から前方操縦席をみたショットです。

Re: Piasecki H-21/Vertol V-44 Name:Takafumi HIROE Date:2013/01/24(Thu) 07:20 No.7609
>geta-oさん
いきなりの『フライングバナナ』の飛ぶ姿、それも2011年とは驚きです。
元米陸軍関係者によるものなのか、初期のイロコイなどもフライアブル状態ですね。
2機だけ採用された陸自V-44Aは、以降の皆さんにより、コンプリートです。

>飛行浪人さん
陸自V-44A、空自H-21B、共に飛行浪人さんでも生きている姿を捉えられませんでしたか。
しかし撮影の1966年は、まだ何処かで飛んでいた年代のようです。
紹介の米空軍機の退役は、日本の陸空自衛隊よりは、早かったのかな。

>A-330さん
最後の空自H-21Bが引退したのは1967年との記事があります。
私は、その当時の詳細を全く知りませんが、紹介はそれから3年後の時期。
まだまだ綺麗な状態で保存されていたのですネ。02-4756は、現在浜松広報館に保存されているとか。

>ETさん
No.7597の窓周辺の奇妙な模様のストライプは、雑誌やネットで見かけた記憶があります。
引退時期は分りませんが、その後の姿は飛行浪人さんNo.7594紹介のようですね。
空母上に保存されているH-21(No.7602)は違和感大ですが、貴重といえば貴重な存在ですネ。

>cdr-godさん
紹介の機体50002は、現在、所沢航空発祥記念館に展示されているようです。
geta-oさんNo.7593紹介50001共々、展示保存されているのは、マニアとしても嬉しいですネ。
しかし陸自V-44Aと空自H-21Bが外見上異なっているのは初めて知りました。

>Komatsuさん
新明和伊丹ではH-21系の整備を行っていたのですネ。No.7605には多種多彩な機体が写り込んでます。
しかしH-21の生きている姿を拝見できるとは、本当に感激してます。
3枚目のNo.7605は、まさしく『フライングバナナ』です。

>Gulf4さん
1977年10月30日ですか・・・。係員や機首前の立て看板から、展示されていた機体のようですね。
う〜ん不思議だ、本当に全く記憶が無い(^_^;
No.7591以外にも紹介できるコマがあったかと思うと残念でなりません。

>THUDさん
単発レシプロエンジンで、20名ほどのパッセンジャーを乗せられるようですが、
この古い機体のコックピット&キャビンの内装が気になってました。
内部は外見的な古さをあまり感じませんが、私はあまり乗りたくないヘリです(笑)

>皆様
ここはクローズし、最終章を新たに立てます。





H-19/S-55 最終章 Name:Takafumi HIROE Date:2013/01/12(Sat) 07:12 No.7558   
記憶を頼りに画像を緊急再捜索しました(笑)
No.7509と同じ日、米空軍機が写ってました。一日に日米H-19を撮ったのは、生涯一度だけです(笑)


>皆様
次から次へと貴重な画像が紹介され、驚きの連続です。ありがとうございます。
最終章で皆様からの最後の話題をお待ちします。

Re: H-19/S-55 最終章 Name:PAPPY Date:2013/01/12(Sat) 09:12 No.7559
広江さん、皆さんおはようございます。お疲れ様でした。
1970年5月16日横田三軍記念日にハンガー内でフロントのエンジンカバーを開けている米空軍 UH-19B 52-7480 です。
エンジンの軸線を見るとなるほど広くキャビンスペースを確保していることが分かりますね。


Re: H-19/S-55 最終章 Name:PAPPY Date:2013/01/12(Sat) 09:13 No.7560
1965年11月3日の入間航空祭で飛行展示(救難展示だったかも)する H-19C 91-4708 です。


Re: H-19/S-55 最終章 Name:PAPPY Date:2013/01/12(Sat) 09:14 No.7561
最後は1999年7月13日、韓国旅行中にたまたま前を通ったら航空機が展示されていたので入ってみました。
戦車や大砲、航空機と朝鮮戦争関係のものを展示している戦争記念館であることを後で知りました。
入口近くにこのH-19B 34425 が展示してありUSAFのB-52までありました。
朝鮮戦争時に韓国軍がH-19を使用していたかは分かりませんがUSAFのシリアルですとH-19Bになります。
次のお題はROMになりそうです。


Re: H-19/S-55 最終章 Name:Straight Wings Date:2013/01/12(Sat) 11:18 No.7562
広江さん、みなさん、おはようございます。
前機種のBell 47/H-13と同様、地味ですがなくてはならない存在だった飛行機ほど面白いですね。最後の3連発は、陸自H-19の終焉の地となった霞目での姿です。H-19C 40017 1973/7/10撮影です。
>広江さん、学生時代の最後を霞目飛行場の脇で過ごしました。飛行機熱にかかったのはそれより10年以上前のことでしょうか。直る見込みはゼロですね。お互いに。


Re: H-19/S-55 最終章 Name:Straight Wings Date:2013/01/12(Sat) 11:21 No.7563
同じく霞目のH-19C 40030。この機体には機首に角のように生えたアンテナが付いていません。1974/3/15撮影。

Re: H-19/S-55 最終章 Name:Straight Wings Date:2013/01/12(Sat) 11:27 No.7564
最後は、雪の朝UH-1Bの脇をトーイングされるH-19C 40029。1974/2/1の撮影です。
このような場がなければずっと眠ったままだったかもしれない貴重な写真の数々を、今回も楽しませていただきました。広江さん、みなさん、ありがとうございました。


Re: H-19/S-55 最終章 Name:BATMAN Date:2013/01/12(Sat) 11:38 No.7565
>広江さん、皆さん
 未出のシリアルが有りましたので貼らせていただきます。勿論私の撮影では有りません。立川PAOで頂いた物です。1961年ごろTAB-EASTの36ARSランプに駐機するSH-55B(?)52-7495です。胴体中央に横田の6102 OPRONのインシグニアが貼られていますので横田の6102ABWにも配属されていたようですね。多分この後36ARSに配転されたのか?です。 No.7522でCranberryさんの52-7480の詳細なHistoryが大変参考になりました。最後の型式名はやはりUH-19Bでしょね。因みに良く出てくる51-3947は1971年1月初にUH-1P(65-7939)の配属で1月15日柏と水戸へのラスト・フライトを52-7480は3月にUH-1P(65-7931)の到着で除籍されたようです。
 さて52-7480は名画「芦屋からの飛行」でPJのユル・ブリンナーが搭乗する名機ですよ。


Re: H-19/S-55 最終章 Name:73400 Date:2013/01/12(Sat) 12:20 No.7566
広江さん、みなさん、こんにちは。
ベル47に続き、本板2回目です。非常に稚拙な写真の投稿、お許し下さい(^^)。
陸自霞目駐屯地・東北方面ヘリ隊のH-19C・40012(前方)と40030(後方)です。
1971年11月、同駐屯地での記念祭で撮影。

このころ、霞目にはかなりのH-19Cがいたようです。1971年4月から約半年の間で、次の18機が確認できました。
40006、07、09、10、12、13、15、16、17、18、20、21、22、23、27、29、30、31。

このころ、既に全国的に配備されたいたUH-1Bの霞目への配備は1972年2月ごろ。41520、41551、41577の差し当たり3機でした。その後、UH-1B/Hが続けて配備されるにつれてH-19Cは少なくなっていき、1976年ごろ、霞目では見られなくなりました。

40029がNEHの記号をつけ、同駐屯地内に長期にわたって保存(25年以上?)展示されていましたが、2004年ごろに撤去されています。


Re: H-19/S-55 最終章 Name:geta-o Date:2013/01/12(Sat) 12:45 No.7567
広江さん、皆さんおはようございます。
H-19も最終章ですね。
最初は1961年の横田三軍(5/21)で飛んだH-19B(52-7495)。リンホフで会場の写真を撮っています。所属は#7565でBATMANさんがおっしゃるように6102ABWの所属ののようで基地常駐のT-33も付けていたマークです。本機も翌年にはMATSの36ARSの所属になって横田三軍に展示されました。


Re: H-19/S-55 最終章 Name:geta-o Date:2013/01/12(Sat) 12:47 No.7568
次は1963年(日付不明)立川で撮った36ARSの(H)H-19B(53-4462)。

Re: H-19/S-55 最終章 Name:geta-o Date:2013/01/12(Sat) 12:48 No.7569
最後はどなたか出されると思っているマリンコのH-19(岩国にかなり遅くまでいたようです)は私は残念ながら見ていませんので代わりに2008年(.11/12)ハドソン川に浮かぶイントレピッド上に展示していたUSCGのHH-19G(HO4S-3G)(1308)

Re: H-19/S-55 最終章 Name:cdr-god Date:2013/01/12(Sat) 12:48 No.7570 ホームページ
遂に最終章となりましたね。皆さんのようなベテランの方々でもあまり撮影されていない機種、当然若輩の小生など足元にも及びません。陸自の機体もかなり紹介されましたが、意外にもこれまで紹介されなかったH-19初号機、1980年代の陸自木更津航空祭では頻繁に展示されたように記憶していましたが、開場と同時に人があふれてしまうため、別の機会に撮影をしました。1988年8月2日、他の保存機とともに所沢の航空博物館に嫁入りが決まったとかで、今は無き格納庫の中で整備中のH-19/41001/Hです。
安定性能が不足のため、数機は水平安定版を改良したと聞いていますが、本機は当初の下反角がついた機体です。次回のお題で参加できるかどうかは不明ですが、皆さん貴重な写真をありがとうございました。


Re: H-19/S-55 最終章 Name:geta-o Date:2013/01/12(Sat) 12:54 No.7571
掟破りの4枚目。
自衛隊機を今回1枚も出しませんでしたので1枚参加
空自のS-55C(81-4704/c/n 55-1154) 1963.10.20名古屋
それでは次のお題まで


Re: H-19/S-55 最終章 Name:73400 Date:2013/01/12(Sat) 13:02 No.7572
7566に続き、投稿します。
霞目駐屯地に展示されていた、H-19C(40029/NEH)です。2004年4月の撮影です。
おそらく、これが最後のお花見だったかもしれません。

機首にアンテナ付きでした。Straight Wingsさんが言われているように、アンテナ有りとなしの機体がありました。同様に、この40029には右側面に外付のホイストも装備されていましたが、ない機体もありました。更に、本機はメインローターハブの後方に衝突防止灯も装備していましたが、40027号機以前の機体にはありませんでした。

また、更に、テールローター先端の塗装が機体により、赤・白・赤のものと黄色・黒・黄色のものがあり、バラエティに富んでもいたのです(^^)。


Re: H-19/S-55 最終章 Name:A-330 Date:2013/01/12(Sat) 13:55 No.7573
広江さん、皆さんこんにちは。
H-19シリーズ最終章ですね。皆さんのH-19への思いが伝わってくる写真の連続にとても楽しませていただき有難うございました。
最終章は既出機の話題に絡めた3枚を紹介します。
1枚目はNo.7559でPAPPYさんが紹介された米空軍のH-19エンジンカバーをあけている話題に乗せて陸自版を
H-19C MH 40026 75年 霞ヶ浦駐屯地にて


Re: H-19/S-55 最終章 Name:A-330 Date:2013/01/12(Sat) 14:03 No.7574
2枚目はNo.7544でETさんが紹介された90年伊丹空港展示機の20年前の現役だったころを。アングルの似たカットを選んでみました。
救難隊所属のH-19C 11-4720 70年8月 浜松南です。


Re: H-19/S-55 最終章 Name:A-330 Date:2013/01/12(Sat) 14:08 No.7575
3枚目はNo.7531でtoksansさんが61年浜松ハンガー内にて撮影された機体が小牧で活躍していた時のショットを
H-19C 01-4711 67年小牧です。


Re: H-19/S-55 最終章 Name:A-330 Date:2013/01/12(Sat) 14:12 No.7576
すみません、私も掟破りの4枚目を。
未登場機 H-19C 11-4716 70年8月 浜松南です。


Re: H-19/S-55 最終章 Name:N.SUZUKI Date:2013/01/12(Sat) 18:14 No.7577
広江さん、皆さんこんばんは。
 最終章とのことで、未登場の機体です。最初は、陸自 H-19C MH所属 JG-0025です。撮影は、1969年ごろの陸自八尾基地です。当時八尾には、この0025と既出の0026の2機が配属され時々飛んでいました。八尾基地のエプロンは外からも良く撮れますが、滑走路ポイントからは離れているため、飛んでいる時は撮れずじまいでした。


Re: H-19/S-55 最終章 Name:N.SUZUKI Date:2013/01/12(Sat) 18:18 No.7578
2枚目は、空自 H-19C 11-4717です。撮影は70年前後の百里基地航空際で、終了後のお帰り時の風景です。


Re: H-19/S-55 最終章 Name:N.SUZUKI Date:2013/01/12(Sat) 18:27 No.7579
三枚目は、1975年頃、カリフォルニア、ロングビーチ空港のGA地区で撮ったS-55 N1561です。胴体後部のフィンが無く、窓がありますが、詳細は不明です。調べても、元が H-19D-SI(57-5957)等とありますが確認できません。面白そうな機体なので紹介します。

Re: H-19/S-55 最終章 Name:N.SUZUKI Date:2013/01/12(Sat) 18:36 No.7580
最後に、掟破りの4枚目、BATMANさんが名機と紹介した H-19 52-7480で、横田基地18側の東側誘導路上でT&Gをしていたときのもです。

Re: H-19/S-55 最終章 Name:THUD Date:2013/01/12(Sat) 20:05 No.7581
最終章は自衛隊機でいきます。すでにETさん、A-330さんからも紹介されている機体ですが(11-4720)です。
1967年8月に入間のR/W35に進入しているシーンです。


Re: H-19/S-55 最終章 Name:THUD Date:2013/01/12(Sat) 20:20 No.7583
これもNo.7570でcdr-godさんから紹介されている(41001)です。
cdr-godさんのコメントを拝借するならば航空記念館に嫁入り後の現在(2012年11月)の姿です。ご安心ください。彼女は余生を幸せに過ごしております。 (*^_^*)


Re: H-19/S-55 最終章 Name:det.H Date:2013/01/12(Sat) 20:41 No.7584
広江さん 皆さん こんばんは
今回の参加はPart.1の一回ぽっきりだけだと思っていました が! THUDさんのNo.7552の画像を拝見し、私の記憶に引っかかるモノが? イザソーサクカイシ(笑) 
一寸シチュエーションは違いましたが同じ立川の東側エプロンでのカットが見つかりました しか〜し、もう今さらっ!の52-7480でありましたが、最後駆け込みで失礼します m(_ _)m
今回も皆さんの貴重な写真の数々を、おおいに堪能させて頂きました
いまさら遅いですが教訓、「どんなヒコーキでも一枚は撮っておく!!」ですね (^^;
では次回 H-34? でまたお会い出来ることを


Re: H-19/S-55 最終章 Name:Cranberry 01 Date:2013/01/12(Sat) 20:58 No.7585
広江さん、皆さん、こんばんは。
>広江さん、探せば有るものですね!!
正直なところ、ヘリは小生のUSAF考古学の範疇から若干こぼれ落ちておりまして、全く資料を持ち合わせていませんでした。他の機種でもそうですが、皆さんの写真資料がまさに目からウロコ状態です。特にgeta-oさん、SUZUKIさん、BATMANさん、期待したかいがありました。
自衛隊機もUSAF機も殆ど形状に差はありませんが、USAF機のみ胴体下部の出っ張りに差がある様です。(これが何かは解りません。)
@ s/n 51-3947は全期間を通して、自衛隊機と同じ形状。
A s/n 52-7495(No.7565),53-4462(No.7568),53-4410(No.7549)は原型(?)とは形状が異なる。
B s/n 52-7480は形状が全く異なり原型の後方に水滴型(?)の突起が加わっている。しかし元はAの形状だった様です。(THUDさんのNo.7516('66年10月)とETさんのNo.7520('63年))
PAPPYさんのNo.7514('66年11月)では水滴型に変わっています。この頃改造されたようです。
 
Rescue Hoistには400LBS(初期型)と600LBS(後期型)の2種類有り、既出の画像は殆どが後期型です。初期型を付けていたのは海上保安庁の機体のみの様です。ちなみに初期型は機体側面に向かって折りたためる形式です。
今となってはあくまでも私的な想像でしかありませんが、塗装や機体の若干の差を、皆さんの写真から推測しますとs/n 51-3947のみが最初からBase Fltとして配属されたH-19B(後にUH-19B)だったのではないでしょうか。残りは元々は36th ARSで、2 Flt分4機としてつじつまも合うようですがーー。
det-Hさんの教訓、同感しました。
↓s/n 51-3947,'69年9月


Re: H-19/S-55 最終章 Name:Cranberry 01 Date:2013/01/12(Sat) 21:01 No.7586
↓s/n 52-7480, '69年11月

Re: H-19/S-55 最終章 Name:怪鳥 Date:2013/01/12(Sat) 23:33 No.7587
広江さん、皆さん今晩は

常連の皆さんの貴重なショットに混じって、こんな写真を貼るのはチョット気が引けるのですが、S-55系列でワタシが撮ったのは唯一この機体だけでしたので最終章に図々しく貼らせて頂きます。
サンディエゴ、バルボア公園のAerospace Museumに展示されていたUSCGのHO-4S-3G(HH-19G)、S/N1309です。同博物館が火事で焼失した2年前、1976年3月の撮影です。
この機体を含め殆どの展示機がこの時の火災で失われてしまったのは大変残念です。


Re: H-19/S-55 最終章 Name:T.H Date:2013/01/13(Sun) 06:01 No.7588
広江 さん おはようございます。

年代的に古い機種なので、今回も傍観者のつもりで居ましたが、No.7561 PAPPYさんの投稿を見て、そう言えば昨年10月に自分も「戦争記念館」で 展示されているH-19を撮ったんだぁ〜と思い出しましたので、同じ機体ですが 駆け込みで1枚だけ参加させて頂きます。
PAPPYさんが撮られた時とは、展示機の場所がシャッフルされ 違う場所での展示になっていました。古いヘリは、奥の方の売店・食堂がある部分の一段上の一角に展示されており、ちょっと目立たない位置。私も最初は気が付かず、屋内展示を見ていて、3階の窓からなにげに外を見たら発見し 慌ててもう一度館外へ出て撮影。後日、オーサンAB公開で会った日本から来た友人に話したら、別の日に行かれたその人も「そんな場所にヘリが!」と気が付かなかったそうです(笑)

2012年10月17日 ソウル戦争記念館 屋外展示。


Re: H-19/S-55 最終章 Name:Takafumi HIROE Date:2013/01/13(Sun) 10:33 No.7589
厚木基地で撮影したUH-19B 51-3947。
No.7523紹介の横田、No.7558紹介の入間、そして未紹介ですが立川での撮影も含め、全て51-3947。
私には52-7480が存在していません(笑)


>PAPPYさん
No.7559は私がPart.1 No.7523で51-3947を紹介した日の撮影ですネ。
私にとって幸か不幸か、52-7480を撮り逃すことになったようです(笑)
No.7561の53-4425は、会計年度が1953年ですから朝鮮戦争後の機体でしょうね。
H-19B → SH-19B → HH-19B の経緯後、1964年に韓国に引渡された記録が見つかりました。

>Straight Wingsさん
陸自H-19が終焉に向かう時期の霞目での様々な経験と記録として残る画像はお宝ですネ。
四季折々の画像も素晴らしいです。
機首のアンテナの有無は私も気づいてましたが、それ以上には進展してません。
しかし、皆さん重症の飛行機熱にかかってますネ。治る見込みというより治す意志がないですから(笑)

>BATMANさん
いつもながら、再検証することのできるBATMANさんの具体的な歴史のコメントには感謝いたします。
外見から部隊の特定できない米空軍支援機は私には本当に難しすぎます。
UH-19BからUH-1Pと交代したことも、今回初めて知りました。
「芦屋からの飛行」、タイトルは知ってますが、実は私は観たことがありません。
レンタルショップに直行します(笑)

>73400さん
霞目駐屯地に関わる貴重な記録を残し続けていらっしゃると改めて実感しました。
私は主に厚木ですが、各基地・空港の記録を残されている方に出会えて、
大変に嬉しく思い、そして心強く感じています。
機首アンテナの有無、テイルローターテール先端の塗装の違い、この点は気づいてましたが、
メインローターハブの後方の衝突防止灯には気づいてませんでした。
その相違点を確認しながらBBS II Gallery化を進めます。

>geta-oさん
銀(?)グレー(?)の機体に黒縁黄色帯の救難塗装は何故か私には憧れの機体でした(笑)
その理由が皆さんのコメントから、立川基地閉鎖で横田に移駐した機体と、
元々横田基地に駐留していた機体が存在していたことに気づき、頭の中が整理されました(笑)
マリンコ機の紹介は私も期待はしていましたが、ちょっと残念でなりません。
甲南に出入りはしてなかったのでしょうかねぇ〜。

>cdr-godさん
陸自H-19C(S-55)のノックダウン生産1号機が大事に保管されていたのですネ。
希少な逆V字翼機が未改修のまま最後まで飛んでいたとは初めて知りました。
この撮影時のハンガー内には、まだまだ貴重な機体が入っていたかと興味大です(笑)
またいつかの機会に紹介されるかとお待ちしています。

>A-330さん
いやぁ〜、A-330さんの視点で本当に精力的に撮られていたと改めて思い知りました。
H-19からKV-107IIに転換する前のちょうど良いタイミングだったこともあるのでしょうか、
陸海空自機が満遍なく紹介され、Gallery化が楽しみです。
それにしても、ヘルメットが引っかかっているNo.7573のショットを見ると、
クルーは垂直な梯子を登るようにしてコックピットに入っていたのかと驚きです。

>N.SUZUKIさん
No.7579は、また調べ甲斐のありそうな機体の紹介ですねぇ〜。
胴体後部のフィンが無く初期型かと思ったら、窓のために撤去したのですね。
Gallery化までに判明するだろうか・・・(笑)
No.7551紹介の機体に対し、S/No末尾1文字は“5”ではないか?と疑問を投げかけましたが、
BATMANさんNo.7565紹介、geta-oさんNo.7567紹介の52-7495の可能性大ですネ。

>THUDさん
私はH-19の動く姿は米空軍機だけですが、皆さんの撮影日からすると、
各自衛隊機も私には撮影チャンスがあったかと思うと残念でなりません。
ですので、情景が目に浮かぶNo.7581で、自分で撮ったと錯覚に陥らせます(笑)
cdr-godさんNo.7570紹介40001の余生を送る姿、現場の意気が通じたと安心しました。

>det.Hさん
目の錯覚かと疑いますが、紹介の機体は銀ではなくグレー塗装ですか?。
実は別な機体ですがgeta-oさんNo.7568紹介から疑問が生じたのですが、
救難機塗装に銀とグレーの機体があったのかと思い始めてます。
今回、Gallery化を同時進行していないので、時系列に並ばず???状態です。
det.Hさんの再捜索は、私にとって大きな置き土産かも・・・(笑)

>Cranberry01さん
米空軍機が範疇のCranberry01さんにも、多少の隙間がありましたか。まあヘリたる所以でしょうか。
私は52-3947しか撮ったことがないので、皆さんから紹介される52-7480画像を拝見し疑問が生じました。
そしてそれの整理がつかぬまま、新たに52-7495, 53-4462, 53-4410が紹介され疑問が混乱(笑)
それを的確に@〜Bで分析していただきました。ありがとうございます。
このレス時には未整理ですが、Gallery化と共にクリアーできたらイイなぁ〜と思ってます。
そして私の最大の難題は年代による各機の所属とベース・・・。はてさて、どうなることやら(笑)

>怪鳥さん
USCGヘリの塗装の変遷を、まだ全く調べてないのですが、紹介は“〜らしさ”があります。
geta-oさんNo.7569紹介がH-19現役時代の塗装かと、調べる楽しさが生じます。
まあしかし、その前に難題多しなのですがネ(笑)
それにしても、博物館焼失と共に、この機体も失われたとは残念ですネ。

>T.Hさん
PAPPYさんNo.7561紹介後、色々と調べていく中で背景が異なるので???と持ってましたが、
T.Hさんのコメントで、納得できました。老体は奥へ奥へと・・・ですかネ(笑)
しかし、それでも綺麗な状態で保存展示するのは日本も見習ってほしいものです。

>皆様
予想以上の大盛況となった今回の話題、
精鋭の皆様にかかれば、難題と思われたお題も、なんなりとクリアーされると改めて思い知りました。
私は前回のH-13シリーズに続き今回もモノクロネガのカビ取り作業が大変でした。
おそらく皆様も画像捜索も含め大変にお手数をかけたことと思います。
ありがとうございました。

それにしても、今回は完全に油断してました。
米空軍機が含まれると、私には宿題の山積みとなります(笑)

さて、次の話題は“Piasecki H-21/Vertol V-44”。
ますます難題への道へ進みます(笑)。幸いにも(?)私の持ちコマは1枚あります(笑)。
全く先行きが見えませんが進め方としては、開始早々3枚まで連貼りOKとし、
それでも余裕のある方は、Part.2 = 最終章を連貼り無制限として終わりたいと思います。

準備作業期間を含め、1月23日(水)スタートを予定します。





H-19/S-55 Part.3 Name:Takafumi HIROE Date:2013/01/11(Fri) 06:24 No.7536   
岐阜基地内に保存展示されているH-19C (S-55C) 11-4721、現在はどうなっているのでしょう。


>皆様
終了タイミングの決断が難しいですが、H-13シリーズと同じスレッド数で終わりたいと思います。
このPart.3、そして次の最終章は3枚まで連貼りOKとします。
それでは、あと2回、皆様からH-19/S-55の話題をお待ちします。

Re: H-19/S-55 Part.3 Name:geta-o Date:2013/01/11(Fri) 07:41 No.7537
広江さん、皆さんおはようございます。
広江さんのご質問への回答
#7526のHRS-3の後方に写っているHUK-1(146320)はATSUGIの所属です。
それから当日はHU-1所属のHUP-3(147616/UP-33)も展示されました。
#7512時の質問への回答
ARMYのH-19Cが展示された隣には前回H-13の時紹介したARMYのOH-13H(59-4968)が展示されましたが富士山マークは書いてありませんでした。ということでラップはしたのでしょうが同時に配属された期間は短いのでは(ARMYのHU-1Aは翌年にはすでに見ることができました)
H-19/S-55もラス前とのことなので未登場の日本の民間使用機を3つ
最初は全日空のS-55C JA7055(s/n M-55010)1964/03/16 羽田


Re: H-19/S-55 Part.3 Name:geta-o Date:2013/01/11(Fri) 07:42 No.7538
次は三菱(撮影当時は合併前で新三菱重工)が社用機として使用していた同じくS-55C JA7068(s/n M55023)1963/10/20 小牧。航空ショーでの撮影です。

Re: H-19/S-55 Part.3 Name:geta-o Date:2013/01/11(Fri) 07:44 No.7539
最後に海上保安庁のS-55C JA7155(s/n M55032)1961/12/21羽田。JA7151が事故で使用できなくなったので追加購入したものです。海保の使用した4機のS-55(JA7151,7152,7153,7155)のうち唯一の三菱製です。

Re: H-19/S-55 Part.3 Name:PAPPY Date:2013/01/11(Fri) 09:59 No.7540
広江さん、皆さんおはようございます。
Straight Wingsさんが1966年の入間航空祭で縄梯子による救難デモの H-19C 01-4713 を紹介しておりますが、その前年の1965年11月3日の航空祭では地上展示されていました。


Re: H-19/S-55 Part.3 Name:PAPPY Date:2013/01/11(Fri) 10:00 No.7541
1967年4月29日羽田空港整備場地区での海上保安庁の S-55 JA7152 で函館航空基地所属機。
保安庁の初期のS-55は逆V字型水平尾翼が特徴的ですね。


Re: H-19/S-55 Part.3 Name:PAPPY Date:2013/01/11(Fri) 10:02 No.7542
海上保安庁羽田航空基地のモノレール高架脇に駐機する S-55 JA7153 で1973年5月5日の撮影でこの2週間前に函館航空基地から羽田航空基地に配属されたようです。本機が1974年3月7日に登録抹消され保安庁のS-55の時代は終わったようです。


Re: H-19/S-55 Part.3 Name:ET Date:2013/01/11(Fri) 14:23 No.7543
広江さん、皆さん、今日は。
1963年5月19日立川の三軍で展示されたH-19C(91-4709)で、No.7510のGulf4さんが出された機体の現役時代です。原画はカラーなのですが変色が著しいためモノクロに変換したら何とか見られる状態になりました。
今回のお題はこれと次で終わりです。あとは皆さんの貴重な写真を見させて頂きます。


Re: H-19/S-55 Part.3 Name:ET Date:2013/01/11(Fri) 14:26 No.7544
2枚目です。1990年8月19日大阪出張時伊丹の屋上で撮ったH-19C(11-4720)です。「航空自衛隊」の文字が消されて展示されていました。その後、この機体はどうなったのでしょうか。

Re: H-19/S-55 Part.3 Name:A-330 Date:2013/01/11(Fri) 15:00 No.7545
広江さん、皆さんこんにちは。
空自H-19、陸自H-19と紹介しましたので今日は海上自衛隊のS-55を。
1967年11月5日に伊勢湾に於いて実施された、第8回海上自衛隊観艦式参加のため小牧基地を飛び立つ際のスナップです。海自のS-55はS-55×3機,S-55A×10機と少ないうえに運用期間も短かかったため撮影できたのはこの時だけでした。
S-55A 8908+8906 館山基地の第211教育航空隊所属 67年11月5日 小牧基地
68年に勤務したパイロットのお話によるとS-55Aはクラッチのトラブルで三浦半島に不時着したとかで飛行停止となり、以前にも同様のトラブル等があった為そのまま用途廃止になったとのことです。


Re: H-19/S-55 Part.3 Name:A-330 Date:2013/01/11(Fri) 15:04 No.7546
3枚まで連貼りOKとのことですので同日に撮影した別機を
S-55A 8910 第211教育航空隊所属 67年11月5日 小牧基地


Re: H-19/S-55 Part.3 Name:A-330 Date:2013/01/11(Fri) 15:06 No.7547
S-55A 8903 第211教育航空隊所属 67年11月5日 小牧基地


Re: H-19/S-55 Part.3 Name:cdr-god Date:2013/01/11(Fri) 19:15 No.7548 ホームページ
Part3冒頭の広江さんが紹介した岐阜基地内に保存展示されていたH-19C (S-55C) 11-4721の約20年後の姿です。2003年11月9日、岐阜基地航空祭当日の朝の撮影ですが見るも無残な姿となっており、多分翌年には他の機体は化粧直しにより継続展示されていましたが、本機の姿はありませんでした。
さすがに私も今回は残弾が不足してきました(笑)。最後のひとコマは最終章にて。


Re: H-19/S-55 Part.3 Name:N.SUZUKI Date:2013/01/11(Fri) 20:11 No.7549
広江さん、皆さんこんばんは。
 空軍機3機です。最初は64.5.17日、立川三軍記念日で見ることができたH-19 53-4410で、未紹介機です。


Re: H-19/S-55 Part.3 Name:N.SUZUKI Date:2013/01/11(Fri) 20:18 No.7550
次は、既に皆さんが紹介しているH-19 51-3947です。但し、撮影は、66年ごろの羽田空港フィンガーからです。当時、唯一の国際空港である羽田は、軍のVIP等の送迎で各種の連絡機、ヘリ等が良く来ていました。

Re: H-19/S-55 Part.3 Name:N.SUZUKI Date:2013/01/11(Fri) 20:28 No.7551
最後は、HH-19 53-4410で撮影は、63年又は64年の立川三軍記念日です。全景のネガが無く確認できませんが、No7520でETさんが63年立川三軍で紹介した機体と思います。MATS所属であるRESCUE塗装の黄色の帯は他に撮っていませんでした。

Re: H-19/S-55 Part.3 Name:THUD Date:2013/01/11(Fri) 21:44 No.7552
毎度おなじみの(笑)(27480)と(13947)ですが、1967年7月,
2機が立川のエプロンに並んでいました。
私がこういうシチュエーションを見たのはこのときだけだったと思いますので結構珍しかったかも。


Re: H-19/S-55 Part.3 Name:THUD Date:2013/01/11(Fri) 22:02 No.7553
No.7533でcdr-godさんが紹介されている1969年の立川3軍の(27480)による救難デモの様子です。
ランウェイ上で行われたため少々遠かったです。
しかしH-19はよく見た記憶があったのでいろいろ撮った気になっていましたが、
今回の捜索で撮影した機体は同じものばかり(当時シリアルなどはぜんぜん気にしていませんでした)という悲劇に見舞われております(笑)結局一息つくどころか青息吐息でした(笑)


Re: H-19/S-55 Part.3 Name:Straight Wings Date:2013/01/11(Fri) 22:07 No.7554
広江さん、皆さん、こんばんは
No.7537でgeta-oさんご紹介の全日空のS-55CのJA7055のその後の姿、1966/7/29 丘珠飛行場での撮影です。並んでいるピラタス ポーターも少数派でしたが、ともにレアな2機が並んでいるのはまったくの偶然ではなく、空中磁気探査関係かとも思われます。両機とも1960年代に空中磁気探査のプラットフォームとして使われたようです。なお、JA7055はこの翌年に事故で失われました。


Re: H-19/S-55 Part.3 Name:Straight Wings Date:2013/01/11(Fri) 22:11 No.7555
二、三枚目は話題のH-55C 52-7480を追っかけてみました。まず1970/3/17 横田での姿。

Re: H-19/S-55 Part.3 Name:Straight Wings Date:2013/01/11(Fri) 22:14 No.7556
そして、1971/1/7の横田での姿。私のフィルムに残るUSAF H-19Cはこれが最後です。

Re: H-19/S-55 Part.3 Name:Takafumi HIROE Date:2013/01/12(Sat) 07:11 No.7557
>geta-oさん
No.7537は素晴らしいショットですね。49年前の画像とは思えません。
私の疑問にわざわざお答えいただき、ありがとうえございます。
海上保安庁のS-55 3機説の真相も、ようやく理解できました。
在日米陸軍ヘリの運用の変遷を整理している方は誰かいらっしゃいませんかねぇ〜。

>PAPPYさん
No.7540は主役H-19よりも右端に写るCV-240系?に驚きです(笑)
航空会社の中大型機も展示さていた当時の写真は、今見ると新鮮です。
海上保安庁S-55は全て函館航空基地所属のようなので、貴重なタイミングの撮影だったようですね。
しかしPAPPYさんも、当時の軍民をよく撮られてますね。

>ETさん
No.7543は航空自衛隊航空救難隊にKV-107IIが配備される前の現役時代ですネ。
私も1990年代初頭に伊丹に何度か行きましたが、移動時間に忙しく屋上へは上がりませんでした。
このような機体があったと後に知り、とても残念に思った記憶が蘇えりました(笑)
11-4720の現在はどうなっているのか気になりますネ。

>A-330さん
1967年(昭和42年)11月5日の観艦式では艦艇43隻・航空機75機が参加したとの記事を見つけました。
今回の話題のS-55Aは4機が小牧基地からフライトしたのですか。他の航空機も気になりますネ。
No.7547では、今回の話題のH-19/S-55の一番奇妙な姿が特徴よく捉えられてますネ。

>cdr-godさん
No.7536から20年後の姿は、見るに耐えられない無残な姿ですねぇ〜。
そして、翌2004年には姿がないという事は、撤去&廃棄処分でしょうか・・・。
あまりにも残念なこと、何とかならなかったのですかねぇ〜。

>N.SUZUKIさん
高官輸送にヘリが直接羽田に乗り入れるとは・・・、今では考えられないことですネ。
No.7551ですが、スーツ姿の人に隠れている機首正面に書かれるS/No.下4桁ですが、
拡大して見ると、最後の一文字は上の横棒だけ見えるので“0”ではなく“5”のような気がします。
ネガオリジナルでスキャンすればコッコピット下に書かれるS/No.が判読できそうなのですが・・・。

>THUDさん
青息吐息ですか・・・。気づかぬまま&知らぬままの方が良かったですか?。
埋もれたままにならず世に出て皆さんと共感できた意義の方が私は大きいと思いますヨ。
なんせ人気の無いヘリですからねぇ〜(笑)
No.7552、No.7553、共に歴史の記録となる貴重な一コマではないでしょうか。

>Straight Wingsさん
のどかな光景のNo.7554は左端の車と共に(笑)時代を感じるショットです。
No.7555も縦横比を無視して縮小したような特徴ある外見ですネ(笑)
1971年1月撮影は、ひょっとして末期中の末期でしょうか。
ところで伊藤忠のピラタス ポーターですが、私も何処かで撮ったような記憶が・・・。
間に駐機しているのは、同じ伊藤忠のエアロコマンダー?。ひょっとして両機とも調布かなぁ〜?。





H-19/S-55 Part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2013/01/10(Thu) 06:26 No.7524   
飛行浪人さんが霞の目で陸自H-19C 40031(No. 7511)を撮られた前日、
私は松島基地で空自H-19C 81-4706を撮り、霞の目に立ち寄らず帰宅しました。残念無念(笑)


>皆様
予想以上のスタートダッシュに驚いてます。
しかし皆さんの持ち駒数にバラツキがあるのが先々のクローズ判断に悩むところです。
最長でも前回の話題“H-13”シリーズと同じPart.4 = 最終章、または届かないか・・・。
まあその前に私の画像は尽きます(笑)
それでは引き続き、皆様からH-19/S-55の話題をお待ちします。

Re: H-19/S-55 Part.2 Name:PAPPY Date:2013/01/10(Thu) 08:28 No.7525
広江さん、皆さんおはようございます。
1967年11月3日入間航空祭に前年と同じように在日米空軍の UH-19B 51-3947 がやって来ました。
私の見た米空軍のH-19は52-7480とこの2機のみですが他の機体があれば楽しみです。
この年はこの先のお題のHH-43Bも飛来し、展示するではなくしばらくして飛んで帰りましたので人員輸送ではないでしょうか。


Re: H-19/S-55 Part.2 Name:geta-o Date:2013/01/10(Thu) 09:02 No.7526
広江さん
ご心配ありがとうございます。だんだん回復してきていますのでそのうちエンドでお会いできると思います。
今日は先日陸でしたので海
私の経験では初めてエプロンでの厚木の公開となった1962年の海軍記念日。残念ながら土砂降りの雨。観客はほとんどいませんでした。
機体は名称統合前ですのでまだHRS-3の表示です。
HRS-3(CH-19E)(130175/ ATSUGI) 1962.11.04厚木


Re: H-19/S-55 Part.2 Name:A-330 Date:2013/01/10(Thu) 10:05 No.7527
広江さん、皆さんおはようございます。
昨日紹介した搭乗叶わなかった空自機に代わり、今日は陸自機です。
陸上自衛隊H-19が退役間近かと知り、霞ヶ浦へ撮影に行った時のスナップです。
基地内での撮影ですが、順光側は芝生のホバリングエリアのため移動することができず、光線状態を考えるとフェンスの外からの方がよかったとその時になって気付く悔しい思い出が。ロケハンもせずにぶっつけ本番ではよい写真は撮れない教訓を得た1枚となりました。
H-19C MH 40026 75年 霞ヶ浦駐屯地にて


Re: H-19/S-55 Part.2 Name:N.SUZUKI Date:2013/01/10(Thu) 11:44 No.7528
広江さん、皆さんこんにちは、
 海自 S-55C(H-19C) 211-8909です。所沢の航空学園で撮影で64年前後と思います。H-19の海自での現役時代は、64年ごろ八戸基地で見たのが最後でネガは見つかりません。後方は西武線で、車窓から見た人も多いと思いますが何時ごろまでここに有ったか不明です。広江さん、海上保安庁での使用機はJA7152のみ撮影確認していますが、他は分かりません。米国のサイトからは、JA7151,52,53の3機と出ています。


Re: H-19/S-55 Part.2 Name:ET Date:2013/01/10(Thu) 13:18 No.7529
広江さん、皆さん。こんにちは。
<広江さん>たまたま撮れた1枚が睡眠導入剤になったとのことで嬉しいです。
1960年9月18日旧羽田空港で開催された「民間航空50周年記念ページェント」で展示された海上保安庁のS-55C(JA7152)でN.SUZUKIさんが触れておられた機体です。函館が定置所だったようです。
お題に関係ありませんが機体の右奥に霞んでいますがかっての羽田空港の見学者用建物と全日空のバイカウントが写っています。


Re: H-19/S-55 Part.2 Name:Cranberry 01 Date:2013/01/10(Thu) 15:49 No.7530
広江さん、皆さん、こんにちは。
広江さんのNo.7523の時はどういう訳か1枚も撮っていませんでした。後悔しています。
私が撮影していたのも全て、既に出ている2機のみです。最後に撮影したのは'70年10月でしたが、s/n 52-7480には5th AFのエンブレムはついていませんでした。


Re: H-19/S-55 Part.2 Name:toksans Date:2013/01/10(Thu) 17:05 No.7531
広江さん、

ありましたH-19がもう一枚。1961年の8月に、当時あった航空情報友の会主催の浜松基地訪問で撮ったH-19 01-4711です。当時14歳だった私を一人で浜松まで行かせてくれた母に感謝した記憶があります。


Re: H-19/S-55 Part.2 Name:THUD Date:2013/01/10(Thu) 17:06 No.7532
これもすでに皆様から何度も紹介されている(51-3947)ですが、一応カラーで撮ったものがありましたので。
とはいえBBSUの宿命?(笑)ともいえる退色、カビ、ゴミのためお見苦しいのはご容赦ください。
1968年5月の立川3軍にて。


Re: H-19/S-55 Part.2 Name:cdr-god Date:2013/01/10(Thu) 21:41 No.7533 ホームページ
1969年立川の三軍記念日に救難展示のデモ飛行を行った機体で、私が見た最初で最後の飛行する米軍H-19機となりました。当時の配備先、所属等については不明です。御存知の方はサポートをお願いします。また、その時は既出のH-19/0-13947は地上展示で公開されていました。

Re: H-19/S-55 Part.2 Name:Straight Wings Date:2013/01/10(Thu) 22:29 No.7534
広江さん、みなさん、こんばんは
仙台の霞目飛行場の脇に住んでいたことがありました。ちょうどH-19の後継としてUH-1Bの増備が進んでいた時期だったので、これ幸いとH-19を狙って撮っていました。飛行浪人さんがPart1で紹介された40031は最終号機で最後まで飛んでいたようですが、若番の40010をとったのはこのときが最後でした。1973/6/19 霞目を離陸する東北方面飛行隊のH-19C 40010 です。


Re: H-19/S-55 Part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2013/01/11(Fri) 06:23 No.7535
>PAPPYさん
私のNo.7523以降、皆さんから51-3947も続々と紹介され始めましたね。
51-3947, 52-7480 の両機撮られている皆さんが羨ましいです。
それにしてものどかな光景、当時の人の少なさか機体の人気の無さか・・・(笑)

>geta-oさん
旧名称機の登場に驚きです。厚木救難ヘリにも使用されていたのですネ。
後ろに写るHUK-1(1962年UH-43Cに改称)も厚木所属のでしょうか・・・。
ひょっとして、当時はHUP-2/3も存在していたのでしょうか。周りに写る機体全てが貴重です。

>A-330さん
飛行浪人さんNo.7511同様、陸自H-19の引退直前の1975年の撮影ですネ。
1975年は私は厚木からは離れられず、このような消え行く機体を追い回すことができませんでした。
ホバリング中のパイロットに合図して機体を回転してもらえなかったのですか?(笑)

>N.SUZUKIさん
私は当時を生で体験してないので、その後の記事でしか情報を得てませんが、
海上自衛隊では、S-55(逆V字水平尾翼)/S-55Aの名称で運用したとの記事ばかりです。
それらが事実なら、紹介の8909はS-55Aということになります。

>ETさん
この話題で疑問に思っているのは、高い位置のコックピットには機内からは上がることができず、
紹介画像のように、機外のステップを利用しないと上がれないのでしょうかね。
周囲の子供の服装が時代を感じる(笑)。日の丸の前に立つ帽子をかぶった少年が私の世代かも(笑)

>Cranberry01さん
文面からの推測では、米空軍H-19が日本から姿を消したのは1970年末頃???。
51-3947, 52-7480 共に、5AFのマークが書かれた(貼られた)のは短期間だったのでしょうか。
私の当時の意識が多少曖昧ですが、よくよく思い起こすとH-19については意図的に撮ったのかも。

>toksansさん
私も・・・ですが、今回の話題では撮ったことすら忘れているコマが多いです。
ですので、記録ノートを1行1行チェックしていく難作業の結果、ネガを見つける事ができました(笑)
ところで、コメントから年齢がバレバレですヨ(笑)

>THUDさん
機体からも周りのギャラリーからも時代を感じます。
当時は撮影時に邪魔だと思う周囲のギャラリーも、後々は味わい深く感じますネ(笑)
特に、この時代のカラー画像というのも貴重です。

>cdr-godさん
『最初で最後の飛行する米軍H-19』とおっしゃるcdr-godさんからの紹介も52-7480。
これほどまで多くの皆さんに撮られている52-7480に私は一度も出会えなかった謎が今回の新発見です(笑)
所属部隊はCranberry01さんがコメントされてるように、1971年以前の6100th Support Wingだと思います。

>Straight Wingsさん
意外や意外、霞目飛行場の脇に住んでらっしゃったのですか。それがヒコーキ道に進むきっかけでしょうか。
今回のH-19も含め、当時の陸自機の貴重な画像がたくさん紹介されそうですね。
現在の霞目飛行場には行かれましたか?。現在と比較したくなるような背景ですネ。

>皆様
ここはクローズし、新たにPart.3を立てます。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -