GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





H-46 (USN/USMC) Part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2013/04/04(Thu) 06:35 No.7851   
度々コメントのあるマリンコヘリのロービジ化ですが、それはおそらく1980年代を指しているものと思われます。
しかし1960年代〜1970年代のベトナム戦争時代の必然的なロービジ塗装は、あまり知られてないかもしれません。
↓は機体色がつや消しとなり文字類全てが黒で書かれ、国籍マークは何処に書かれてるのかさえ分りません。
なおNIPPIで整備明けの153377は元の綺麗な塗装に戻り、TROUTさんがNo.7846で紹介されてます。

さて、↑の“YK”レターのCH-46に疑問を抱かれた人は、マリンコヘリ通です(笑)
“YK”レター時代のHMM-364は1971年4月に活動停止してます。
そして1984年10月に活動再開した現在のHMM-364はニックネーム“Purple Foxes”から“PF”レターとなりました。
ちなみに“YK”レターは1984年11月に新編されたHMH-466が使用してます。

>皆様
引き続き皆様のUSN/USMC H-46系の話題をお待ちします。

Re: H-46 (USN/USMC) Part.2 Name:T.H Date:2013/04/04(Thu) 06:58 No.7852
Part.1には出遅れてしまいましたが MARINE RESERVE HMM-774の CH-46E MQ #438 / 154847 を紹介いたします。
2年前の2011年5月13日、 かつてはCH-46のマザースコードロン、実戦部隊で賑わっていた MCAS NEW RIVER での撮影。
この時点で既に東海岸のレギュラー飛行隊は全てVMM化(MV−22B)されておりバージニア州NAS NORFOLK に残っていたHMM-774が飛来してエアショーに展示されたもの。今はHMX-1しか本土で46を運用していないのかな?


Re: H-46 (USN/USMC) Part.2 Name:geta-o Date:2013/04/04(Thu) 08:27 No.7853
広江さんありがとうございます。トータル624機ですね。捕捉率下がってしまいました。
CUBIの件もありがとうございました。
ベトナム戦争にほーり込まれたH-46はあまり色がないので少しは色つき
1990年の岩国公開で救難展示した基地隊のCH-46D(150961) 1990.05.05岩国
機上員は開けたドアの上でホイストワイヤーを案内しておりあまり合理的な設計でなかったようですね。


Re: H-46 (USN/USMC) Part.2 Name:MACH3 Date:2013/04/04(Thu) 09:17 No.7854
>広江さん
153377私の記録ではYK-19となっていて入力ミスかなと思いましたが、尾翼をよく見ると19を17にしたような感じの"7"ですね。
YK-17(153996)は1969年11月26日に損失しているので、YK-20が17に割り当てられたのかも知れませんね。
1970年4月からYK-17は154807が記録されていますので来日の時期的には合っているような気がします。
そうするとYK-19のBuNoはと謎が増えました。

↓のYK-10のコクピット後ろには Three Dog Night'sのヒット曲"Mama Told Me Not To Come"と書かれています。(この曲は反戦歌だったとか)


Re: H-46 (USN/USMC) Part.2 Name:A-330 Date:2013/04/04(Thu) 09:31 No.7855
広江さん、皆さんおはようございます。

>広江さん
詳細な解説をありがとうございます。152499は横田で撮影した84年の2月にRB-00でしたか、レター入りで撮れたら嬉しさ倍増だったことでしょう。

N.SUZUKIさんがNo.7845で日飛ハンガー裏に並んだH-46を紹介されましたが、こちらは73年那覇外来エプロンでのCH-46です。
手前からCH-46D YT13 154812 HMM-164/YW(YT)1 154792 HMM-165/YT15 154828 HMM-164/154789 HMM-165の4機です。
一番向こう側に写る154789はN.SUZUKIさんが撮影された時はEG4 HMM-263だったのですね。


Re: H-46 (USN/USMC) Part.2 Name:Komatsu Date:2013/04/04(Thu) 09:38 No.7856

No.7853 で geta−o さんが基地隊の“すこしは色つき”を紹介されていますが、
若い頃は“もっとど派手な色つき”でしたね。
1974年5月6日の岩国基地開放日に撮影した CH−46D(Bu.No.153358)です。

1971年の夏から1991年の春までが私の休眠期間ですが、その間一度だけ眼を覚ましました。
それがこの日です。しかし、全く気合が入っていなかったようで、この写真の他にはQEのP−3Bと
CFのA−4Eがそれぞれ数枚ずつ残っているだけです。



Re: H-46 (USN/USMC) Part.2 Name:toksans Date:2013/04/04(Thu) 10:30 No.7857
遅ればせながら参加します。A-4を日飛に移送中のHC-1のUH-46(恐らくUP-72)。

>N.SUZUKIさん
#7845は1971年5月9日です。ご一緒に木に登った記憶と写真があります。


Re: H-46 (USN/USMC) Part.2 Name:N.SUZUKI Date:2013/04/04(Thu) 12:55 No.7858
広江さん、皆さんこんにちは。
 CH-46D 154030 YT-5(HMM-164 Knightriders)で撮影は、1972年10月 沖縄の読谷です。
この年の5月に沖縄の本土復帰があり、10月にグアムからの台風避難で嘉手納に150機のB-52が降りたことを聞き、急遽、初めて沖縄へ行った時のものです。当時の読谷飛行場跡地は立ち入りも自由で軍のエアロクラブのパイパーカブ等が置いてありましたが、その後行った時も含め、CH-46、CH53等の離着陸を間近く撮れるポイントでもありました。HMM-164は当時普天間にいましたが、ベトナムにも参加しており、Kightridersのマークより機首正面のカエルのマークが目だっていました。
 tokusansさんNo7845の撮影日の確認有難うございました。日飛裏のCH46で部隊の異なる4機の勢ぞろいは,
そんなに無かったと思います。


Re: H-46 (USN/USMC) Part.2 Name:PAPPY Date:2013/04/04(Thu) 19:21 No.7859
広江さん、皆さんこんばんは。
1970年8月の厚木ですがNIPPI修理あけのテスト飛行でしょうか CH-46A 151957 YW-16 HMM-165 綺麗な機体でした。
NIPPIの裏の話は聞いたことがありましたがN.SUZUKIさんとtoksansさんがつるんで木の上に登っている姿を想像すると何かおかしいです。


Re: H-46 (USN/USMC) Part.2 Name:TROUT Date:2013/04/04(Thu) 21:22 No.7860
広江さん、皆さんこんばんは。96年4月30日厚木19をGCAで進入する、RB00 HC-5 DET5 のCH-46D  150957です。もうこの時期のバートルは皆ロービジになっていて、こんなフルカラーの機体がいるなんて知りませんでした。前日も厚木に行きこのRB00が居ることを知り、気になって翌日も厚木に行きました。確か横田にはE-4がいて上がったような・・・E-4を捨てRB00に賭けて大正解!!曇り空でしたが2回ほどGCAでやってくれました。

Re: H-46 (USN/USMC) Part.2 Name:Gulf4 Date:2013/04/04(Thu) 22:05 No.7861 ホームページ
No.7856でKomatsuさんが紹介されたのとは番号違いですが岩国ベースフライト(?)のCH-46D(153380)。
さて、これの撮影日はKomatsuさんと同じ1974年、あるいは1975年の岩国基地公開と思っていますが
皆さんと違って整理が悪く年が特定できません。
同じ時に撮ったF-4とA-4の展開時期を調べましたが、どちらの年も該当して・・・。
この機会にどなたかお助けを(笑)。


Re: H-46 (USN/USMC) Part.2 Name:飛行浪人 Date:2013/04/04(Thu) 23:00 No.7862
>広江さん、皆さんこんばんは。
N.SUZUKIさんとtoksansさんが登ったニッピ裏の木、私も一度だけ登りました。(笑)
マウントには1972年3月と書いてありました。

>広江さん、マリンコのヘリのロービジはベトナム戦争が絡んでいたのですね、その後正規塗装に戻ったのが了解出来ました。


Re: H-46 (USN/USMC) Part.2 Name:North PHANTOM Date:2013/04/04(Thu) 23:20 No.7863
広江さん、皆さん今晩は。
 geta-oさん、Komatsuさん、Gulf4さんからも紹介されていますが、岩国の公開日からHH-46A 152528 1978年
5月5日の展示で、赤く塗った機体がとてもきれいでした。
 広江さんもこの時、行かれていたような?
 展示機にはA-4M VMA-214 WE466やF-4J VFMA-251 DW2、AV-8A VMA-513DET B WB03等々一日楽しんだ事を
 思い出しました。


Re: H-46 (USN/USMC) Part.2 Name:つばどん Date:2013/04/05(Fri) 00:24 No.7864
広江さん、皆さんこんばんは。
久々に参加します・・・、と言うより参加不可能でした(^_^;)

皆さん比較的古い物から出されているようですが、まめにROMしておらず準備ができていないので、比較的最近のものから。
嘉手納のR/W-23Rへ進入中の CH-46E HMM-262 ET-04 156440 で、2011年5月20日撮影です。
これがマリンコバートルのほぼ最終形態でしょうか。
・・・H-46を昔から”バートル”と呼んでいましたが、一部のローカルマニア?だけでしょうか(笑)


Re: H-46 (USN/USMC) Part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2013/04/05(Fri) 06:42 No.7865
PAPPYさんがNo.7859で151954/YW-16を紹介されてますが、↓の151939/2と共にNIPPI入りで飛来しました。
これもPart.2 No.7851で紹介したベトナム戦での必然的なロービジの一種。
私は↓のパターンが渋くて好きです(笑)


>T.Hさん
やはり私は予備役部隊が憧れです。
ファイター系なら日本でも撮影チャンスがあり、事実、厚木に飛来したこともありますが、
さすがヘリ部隊となると、極東の地、日本での撮影は不可能に近いですものね。
現在、CH-46Eを見る事のできるのは、東海岸では確かに紹介の予備役HMM-774のみですが、
西海岸ではラストディプロイメント中のHMM-364のFly inが、まさしくラストチャンスでしょうね。

>geta-oさん
CH-46Aの開発時には救難ヘリとしての設計思想はなかったと思いますし、
当時はマルチミッション思想もなく、救難型としても紹介のような不便さはあるでしょうね。
スミマセン、紹介の画像では判読し難いのですが、“HH-46D”ですか?。
確かに外見的には“D”後期型あるいは“E”のようにも見えます。
ちなみに私が前年(1989年4月17日)に撮影したときは“HH-46A”でした。

>MACH3さん
手元にあった46系のBu.No.ごとの部隊変遷ノートが行方不明になってしまったので
MACH3さんの疑問に対し、私自身も気になり、とても歯がゆい思いをしてます。
このような話題のたびに、故西村氏と調べ続けたノートが二度と復元出来ないと思うと悲しく思います。
"Mama Told Me Not To Come"は反戦歌だったのですか・・・。
当時は内部からも反戦運動が高まる奇妙とも思える時代でしたネ。

>A-330さん
当時の那覇で見る事のできたヘリは、私には宝の山でしょうネ(笑)。
紹介のようなラインに立ち、日々のBu.No.の部隊変遷の記録をしたかったですねぇ〜。
154812, 154792, 154828, 154789 どれも私には馴染み深い機体ですが、
翌1974年には、部隊やSide No.が異なってます。

>Komatsuさん
マリンコのフィールドグリーンに、これほど差があるのか、と思われる色を見かけますが、
春霞の天候の下では、よりグリーンが褪せたような明るい色に見える機体を岩国で撮ってます。
Komatsuさん紹介のこの機体を拝見し、私だけではなかったと思いました。
撮影場所と時期が重なった季節柄なのでしょうかねぇ〜。

>toksansさん
ベトナム戦で傷ついた機体、特にA-4は前後に分けてH-46系で運んでくるシーンは時々見かけましたね。
この撮影の日も、数往復していたと思われますが撮られてませんか?。
胴体後部だと、A-4の部隊とBu.No.が判読できるので、私としても楽しいのですが(笑)
スミマセン、月日までとは言いませんが、少なくとも撮影年は必ず補足下さい。

>N.SUZUKIさん
なんとも撮影に恵まれた場所だったのですね。まあもっとも当時はCamp Fujiものどかでしたが(笑)
CH-46系ならまだしも、CH-53系の着陸時のダウンウォッシュは強烈だったでしょう。
私も痛い思いをしたことがあります(笑)
ところで未だに持つ素朴な疑問なのですが、何故カエルのマークが前部の頭に書かれてるのでしょうネ。

>PAPPYさん
紹介画像は、おそらく1970年8月6日(木)の撮影だと思います。
HMM-165所属のCH-46A 2機(151957/YW-16, 151939/2)がNIPPI入りで厚木に飛来してます。
この日の午前中にはVC-5のA-4Eが初飛来してます。ネガを探してみて下さい。
ちなみに、HC-7のCH-46A 151949/VH-57もこの日に撮影できたはずです。
一日に当時としては珍しくCH-46Aが3機も撮れた記憶に残る日のはずです。

>TROUTさん
う〜ん・・・、避けて通れない話題が早々に出てきました・・・。
私にまつわる七不思議の一つ(実は八っつ以上あるのですが(笑))、『RBの46とは縁がない』。
紹介の150957/RB-00は、ちょうど仕事が超多忙な時期と重なっていたこともあるのですが、
以降のグレーのロービジ機も私は、ほとんど遭遇できませんでした。
たま〜に遭遇できても、高かったり小回りされて降りられたり、と良い思い出はありません(笑)
しかし昔も今もヘリの撮影には難儀し皆さん悲喜交々ですね。撮りたかったぁ〜。
ところでスミマセン、型式は“HH-46D”ですか?。

>Gulf4さん
100%の確証が持てないのですが、『どちらの年?』と聞かれると『1974年では?』が私の答え。
1975年は153380は地上展示されず救難デモフライトを実施したような・・・。
決め手の一つに忘れてならないのは、岩国にローテーション展開していた米海軍P-3部隊。
1974年はVP-40[QE]のP-3B、1975年はVP-46[RC]のP-3Bです。
ところで細かいことで申し訳ありませんが、Bu.No.の上に書かれているのは“CH-46D”では?。

>飛行浪人さん
場所が明らかになりつつありますが、今は無きポイント?、それとも行かないから不明?。
当時はマニア数が少なく、木の上の場所の取り合い?奪い合い?(笑)にはならなかったようですね。
木の上の場所取りでもめたのは一度だけD-1の転がり撮影ポイントで見たことはあります(笑)
スミマセン、皆さんに相次ぐ再確認ですm(_ _)m
H-46系は事故or戦闘損失が多く、どれが正しい情報か分らなくなってきてます。
一応・・・の情報として、154796は1971年12月20日事故損失との情報が出回ってます。
部隊の変遷の観点からも1971年早々はHMM-164[YT]、1971年12月20日墜落時はHMM-165[YW]。
この情報が正しいと仮定すると、紹介の画像の撮影日『1972年3月』は???となります。
断言できませんが、1971年3月ではないですよね?。

>North PHANTOMさん
紹介の152528は、派手な機体ですが最大のポイントは、
機体色がマリンコのフィールドグリーンではなく、米海軍のエンジングレイということですネ。
救難型HH-46シリーズはマリンコ機といえども今後はエンジングレイ色になるんだなぁ〜、と思っていたら、
その後、フィールドグリーンに再塗装されたオチ付きでした(笑)

>つばどんさん
CH-46Eで最後に追加改造された外見上で判別できるのはワイヤーカッターでしょうかね。
しかし素人の私には、これが本当に効果があるのか疑問を持ち続けてます(笑)
HMM-262[ET]も、いよいよ今年9月末までにはMV-22B運用のVMM-262となる予定です。
長年慣れ親しんだ『バートル』も見納め(撮り納め)となるのは悲しいですネ。
長寿機の末期となる2011年3月11日の東日本大震災以降に脚光を浴びる事となったのは皮肉なものです。

>皆様
暖気運転も終えも、順調に走り始めましたね(笑)
ここはクローズし、新たにPart.3を立てます。





H-46 (USN/USMC) Name:Takafumi HIROE Date:2013/04/03(Wed) 06:41 No.7836   
最初に紹介するのは、やはり厚木の主“HC-7”。
Bu.No.150966は、USS Marsに搭載されるHC-1DET.47所属UP-61でWestPacクルーズ艦艇への補給任務に就いてましたが、
1967年9月のHC-7新編により、HC-1から任務を移管されHC-7DET.102所属機となりました。
スポンソンのマークは白/緑だったような記憶が残ってますが、定かではありません。

現在のH-46シリーズを知る方には↑の外見に違和感を感じませんか?
後部パイロンが大型化(後方に延長)される前の姿です。

>皆様
今日からスタートするのは“Vertol H-46 Sea Knight”。
ヘリシリーズ最大の山場になるものと推測し、三部に分けて進める予定です。
 ・米海軍/海兵隊機
 ・陸海空自衛隊機
 ・上記以外
したがいまして、今回の第一部は米海軍/海兵隊機の話題とします。

初飛行から半世紀を越え、終焉間近とはいえ現役として飛ぶ長寿機。
しかし日本への初飛来は何年?、その場所(基地)は何処?、等々、意外に知られてないような気がします。
そのあたりがクリアーになる事を期待し、皆様のH-46 (USN/USMC)に関わる話題をお待ちします。
現役機ですから新旧入り乱れるのを覚悟してます(笑)ので、ROMせず遠慮なく新規参加下さい。

追伸.
米陸軍で評価試験に用いられた少数機(3機?)も今回の話題に含みます。

Re: H-46 (USN/USMC) Name:Komatsu Date:2013/04/03(Wed) 08:12 No.7837

広江さん、皆さん、おはようございます。

1967年7月25日、厚木01エンドにて。
HC−1のUH−46D(UP72 Bu.No.153410)です。

この日、Intrepid の所属機がフライオフしました。



Re: H-46 (USN/USMC) Name:PAPPY Date:2013/04/03(Wed) 08:53 No.7838
広江さん、皆さんおはようございます。
CH-46も昨年の厚木基地の春祭りに展示とデモが見られて良い思い出になりました。
1978年5月14日の厚木三軍記念日の非展示機 CH-46D 154825 SA-11HC-3DET-106 でUSS White Plains搭載です。
同艦にはCH-46が2機搭載できますが僚機SA-12もエプロンに展示されました。


Re: H-46 (USN/USMC) Name:飛行浪人 Date:2013/04/03(Wed) 09:32 No.7839
>広江さん、皆さんこんにちは。
今日も朝から雨ですね。という事で雨の日のCHー46です。(笑)
1970年5月の厚木の公開と書いてありました。私がCHー46を初めて見た時だったと思います。
MARINESの文字が黒くなっていたのは何故でしょうか?この後見かけた機体では白文字もあり、まだロービジ化は進んでいなかったように思います。


Re: H-46 (USN/USMC) Name:geta-o Date:2013/04/03(Wed) 09:52 No.7840
おはようございます。
いよいよシーナイトが始まりましたね。
私の撮った写真のデータベースをチェックしましたら72機ありました。524機作られたので撮影率13.7%はあまり高くありませんね。
最初は私が撮った中で一番若いBu.No.の機体です。
撮影は最初に撮った時より15年くらいあとの1981年ですがUSN/MC向けの107Mモデルの8号機です。
当初はHRB-1でしたが統一名称でCH-46Aになりこれが改造されHH-46Aになったようです。
HH-46A(150271/c/n 2008)部隊は尾部にマーク書いてあります。HC-5と思うのですが私は良くわかりません。1981.10.12厚木


Re: H-46 (USN/USMC) Name:A-330 Date:2013/04/03(Wed) 14:51 No.7841
広江さん、皆さんこんにちは。

1984年に横田で撮影したH-46ですが、残念なことに所属を判断するものが何も表記されていません。
ネット検索によると同年10月1日に修理不能なダメージによりWrittenOffとなったと記載されていいます。
HH-46A 152499 84年横田


Re: H-46 (USN/USMC) Name:THUD Date:2013/04/03(Wed) 14:56 No.7842
広江さん、皆さんこんにちは。
オープニングで広江さんが紹介されている機体と同じですが、1966年11月の入間で撮ったショットでHC-1所属時の姿です。


Re: H-46 (USN/USMC) Name:Dragon88 Date:2013/04/03(Wed) 15:22 No.7843
当時のことはあまり覚えていませんが、休日を取る場合はできるだけ飛行のある時期を狙って撮影に行くようにしていましたが、この日はあまり飛行していなかったと記憶しています。
そんな中、暗い物体が飛行したのでダメもとで撮影したのだと思います。プリントアウトした画像は出てこなかったから。"USS TARAWA" に搭載されていたET3とET5だけ写っていました。
1984.12.8 153373/CH-46E HMM-262 ET3


Re: H-46 (USN/USMC) Name:N.SUZUKI Date:2013/04/03(Wed) 19:31 No.7845
広江さん、皆さんこんばんは。
CH-46シリーズの最初は、総花的な紹介として、厚木の日飛ハンガー裏で整備待ちをする各種 CH-46Dです。
 撮影は1970年頃(多分71年)で、当時ベトナム戦最盛期であり、現在は行けませんが木に登る撮影ポイントに登ると、整備待ちのCH-46の何機かはいつも見られました。手前の機体は、CH-46D 154029 ET(HMM-262 FLING TIGERS)です。その後は、YK-21(HMM-364 152574)、EG-4(HMM-263 154789)、YT-7(HMM-164 154804)です。すべて最前線から戻ったばかりで塗装は汚れたままですが、すべて部隊マーク(虎、狐、鳥、カエル)があり面白かったです。


Re: H-46 (USN/USMC) Name:TROUT Date:2013/04/03(Wed) 20:54 No.7846
広江さん皆さんこんばんは。久々に参加できるお題がやってきました(^^) また遊ばせてください。 H-46と言えば私には"WX"
が一番なじみ深かったです。75年3月撮影WX-1 153377、当時横田には毎日のように飛来していてC-141やT-39 と同じような存在でした。以前にもお話ししましたが、長巻きフィルムの最初の捨てコマや新規レンズの練習台の餌食でした(^o^)


Re: H-46 (USN/USMC) Name:Gulf4 Date:2013/04/03(Wed) 21:12 No.7847 ホームページ
いろいろと出て来そうな予感のするスタートですね。あまり撮る機会はありませんでしたが、1970年5月の
岩国基地三軍記念日で展示されたCH-46A(152567/HMM-164/YT-9)。
ロービジ化される前なので、文字は白で記入されていますが、N.SuzukiさんのNo7845を見ると、この部隊
だけ白文字ですね。


Re: H-46 (USN/USMC) Name:MACH3 Date:2013/04/03(Wed) 22:37 No.7848
みなさん、こんばんは。
ニッピでCH-46の修理をするようになり、ベトナムからCH-46A/Dが多く飛来するようになりました。
N.SUZUKIのご紹介のように、お陰で余り見ることのない部隊のヘリが多く飛来するようになりました。

修理完了機を普天間までに運ぶためH&MS-36 SUB UNIT-2が厚木に展開。
WXのCH-46もお馴染となりました。

↓ニッピ入りするHMM-161のCH-46Dです。
ベトナム戦で傷ついたか?胴体後部の扉横が開いていたり、後ろの丸窓ガラスは割れているようです。


Re: H-46 (USN/USMC) Name:North PHANTOM Date:2013/04/03(Wed) 23:27 No.7849
広江さん、皆さん今晩は
 私もやっと参加できる機種になりましたので、参加させて頂きます。
 早速ですが70年代CAMP FUJIに耐寒訓練に沖縄から飛来し、2週間位いたと記憶しています。
機種もCH-46F、CH-53E、UH-1E、SH-1Jとバラエティに富んでました。
 厚木からも皆さん撮りにいかれた方が多いと存じますが諸先輩を差し置いて申し訳ありません。m(__)m
 皆様ももっと素敵な写真をお持ちと思いますが、富士をバックのCH-46F HMM-262 ET6で1977年2月27日
 です。 (この時は3回ほど取りに行っていました)


Re: H-46 (USN/USMC) Name:Takafumi HIROE Date:2013/04/04(Thu) 06:34 No.7850
KomatsuさんがNo.7837で紹介されているUH-46D 153410/UP-72も、HC-7新編と共に移管されました。
R/W19でGCA訓練中、機首アップを撮ろうと待ち構えていたら、逆に撮られてしまいました(笑)


>Komatsuさん
HC-1のUH-46Dはオープニングで紹介したUH-46Aより遅れて配備されており、
153410は1967年2月に米海軍に配備され、紹介のUP-72を経てHC-7のVH-61に移管されました。
更にHC-3に移管された後、1970年3月26日San Diego沖のUSS Camdenのミッション中に海上に墜落しました。
私はHC-3時代を撮影してませんが、機首右側にパーソナルマークが書かれていたような???。

>PAPPYさん
この年の三軍記念日では、皆さん紹介の154825/SA-11を撮られてることでしょう。
HC-3 DET.106所属には、153389/SA-12(1977年〜1978年)、154000/SA-11(1981年〜1982年)、
154031/SA-13(1976年)などにもマクドナルドの“M”マーク(?)が書かれてます。
USS White Plains (AFS 4) はファストフード店なのかなぁ〜(笑)

>飛行浪人さん
1970年5月17日(日)の厚木基地三軍記念日のCH-46Aですね。私は行ってないので記録がありません(笑)
部隊は普天間をベースにしているH&MS-36ですが、まだ厚木のSub Unitが編成される前かな?。
マリンコのヘリは、ファイター系のようなロービジ化の年代の区切りが不明確です。
ベトナム戦に投入され必然的にロービジ化され、パターンも何種類かあります。

>geta-oさん
古い機体ですねぇ〜。曖昧な記憶ですが、マリンコCH-46A 150271は1960年代末に厚木に飛来してます。
しかし私は、初期ロット150265〜150278の機体は1機も撮影してません。
尾翼のマークは、フィリピン名物“やもり(Gecko)”の「Gecko Airways」を表していると思います。
C-117Dなどにも書かれていて、所属はNAS Cubi Pointのベースフライト(SAR)任務機。
当時はNIPPIでの整備に米海軍のHH-46Aも厚木に飛来してました。
ちなみに、旧HC-5は1972年3月にHSL-31に改称され、H-2の話題にも登場してます。
そして現在のHC-5は、1984年2月に新編成されてます。
生産機数は624機をタイプミス?。撮影率は11.5%に下がってしまいますね。

>A-330さん
日本に来たH-46系は、私はだいたい頭の中に入っているつもりでしたが、紹介の152499は記憶薄です(笑)
NAS JacksonvilleのSARヘリ4機(150938, 151911, 151932, 152499)が1980年7月25日付けで他に移管され、
152499は途中経過不明ですが、1984年2月のHC-5新編後にRB-00で確認されてます。
そして1984年11月1日付けで、グアムでWritten Offとなってますので、HC-5所属では短命です。
紹介画像はノーマーク機ですが、1984年2月〜10月の間のHC-5所属機と推測できます。

>THUDさん
HC-1時代の150966ですね。残念ながらHC-1時代はDET表記がないので寂しい感アリですね。
当時は厚木基地にHC-1 DET-Atsugiとして数機(少なくとも4機以上)のUH-46Aが配備され、
必要に応じてUSS Mars搭載のDET.47、USS Sacrament搭載のDET.49が派遣されてました。
しかし紹介画像の撮影時期はHC-1 DET-Atsugiと判断すべきかもしれません。

>Dragon88さん
その日は隣りで撮っていたのでしたっけ?(笑)。紹介の153373/ET-3と、もう1機は154011/ET-5ですよね。
HMM-262(C)/31MEUは、1984年11月19日にUSS New Orleans (LPH 11)からUSS Tarawaにスワップしましたが、
USS Tarawaは11月21日〜12月12日の間、横須賀で整備中でした。
31MAU配下のGCEはCamp Fujiに展開し、ACEは厚木とCamp Fujiとの間を行き来していたようです。
詳しいことは↓の該当年をご覧下さい。ちなみに、当時はCH-46Dではなく既にCH-46Eに改造されてました。
http://www.gonavy.jp/meuA01f.html

>N.SUZUKIさん
1970年前後のNIPPIの懐かしい光景ですネ。
NIPPI入りヘリの撮影は今以上に難儀し、番号確認の意味もあり、この場所にはよく行きました(笑)
4機が揃った時期は残念ながら特定できませんが、1971年ではなく1970年のような気がします。
手前の154029のSide No.は“5.5”ですか?。なんとなく“5.5”に記憶があるのですが資料が見つかりません。

>TROUTさん
厚木基地をベースにしていたH&MS-36 SUB UNIT-2所属機は横田でも常連でしたか(笑)
フィールド・グリーンの綺麗な機体だったこともあり、チャンスがある時は私は必ず撮ってました。
コックピット直後のレスキュー矢印の下に“SUB UNIT-2”と書かれてましたが、撮影の時期は未記入?。
このBu.No.153377は部隊を代え私には馴染み深い機体でした。

>Gulf4さん
紹介の前年に普天間に戻った後は、白文字&国籍マークも平時の塗装に戻りましたが、
ベトナムの地に展開していた頃はレターが小さかったり文字が黒だったりと、様々な塗装がありました。
上で飛行浪人さんにもレスしましたが、マリンコヘリのロービジ化のタイミングは不明確です。
しかし整理すると、大まかな変遷は見出すことができそうです。

>MACH3さん
ベトナム戦争時代、NIPPIで整備されたH-46系は何機なのでしょう・・・。
何個部隊が来たのでしょう・・・。と様々な疑問が湧いてきます。
そして当時のロービジ塗装も決まりがあるわけではなく、何種類か見受けられますね。
当時の厚木はある意味でH-46系は華やかでしたが、撮影結果を見るとその逆(笑)
とにかく今以上に撮りずらかったですね。

>North PHANTOMさん
紹介の時の“ET”ヘリ軍団は機数も多く機種も多彩で本当に豪華でしたねぇ〜。
富士山バックの撮影チャンスには、なかなか恵まれず右往左往したような記憶が残ってます。
UH-1N, AH-1J、そして今回のCH-46Fの紹介で、次はCH-53Dの開催待ちですネ(笑)
しかし現在のこの場所は、時として警備上、撮影に難儀する場合があります。
オスプレイが来た時は、どうなるのかなぁ〜。

>皆様
まずは様子見のような平穏なスタート(笑)
ここはクローズし、新たにPart.2を立てます。





H-43 Huskie 最終章 Name:Takafumi HIROE Date:2013/03/22(Fri) 06:19 No.7805   
厚木R/W01にGCA訓練でアプローチするHH-43B 62-4561。
Part.2でPAPPYさんがNo.7793で紹介されているのと似たアングルですネ。
実は私はハスキーはHH-43Bしか撮ったことがなく、乾いた軽いエンジン音と独特なローター音の記憶しかなく、
UH-43C/OH-43Dのエンジンがレシプロとは、今回の話題でgeta-oさんから指摘されるまで気づきませんでした。
しかし排気ダクト等、外見上も異なるので疑問に思えば、すぐ解決することですね。


>皆様
“H-43 Huskie”最後の話題をお待ちします。
紹介枚数を基本は3枚以内とさせていただきますが、ある程度の掟破りは目をつぶります(笑)
さすがにベトナム迷彩塗装のHH-43B/Fは日本には来てないですよネ?(笑)

Re: H-43 Huskie 最終章 Name:Komatsu Date:2013/03/22(Fri) 09:02 No.7806

1964年3月17日、新明和伊丹工場のフェンス外側より撮影。
UH−43C(USMC Bu.No.146316)です。
先輩から、「海兵隊はHOK−1、NAVYはHUK−1」と聞いていたので、
海兵隊のUH−43C(HUK−1)を見て、少し驚いた記憶があります。

>広江さん
新明和でのMCとNAVYのH−43の整備機数は、H−34系とは比較にならない位少なかったと思います。
なお、空軍のHH−43Bを伊丹で見かけたことはありませんでした。



Re: H-43 Huskie 最終章 Name:Komatsu Date:2013/03/22(Fri) 09:06 No.7807

2枚目(最後)です。
1962年12月28日、撮影場所は同じです。
OH−43D(USMC Bu.No.139987)です。
当日のネガから推定すると、日没直前にようやくホバリングテストを始めたようです。



Re: H-43 Huskie 最終章 Name:A-330 Date:2013/03/22(Fri) 10:17 No.7808
広江さん、皆さんおはようございます。

昨日に続き三沢ハスキーです。
記念となった日本を飛行する最後のフライトミッションを偶然百里で撮影できたことは幸運でした。本当は三沢基地で黒いアスファルトに描かれた白いサークル上に駐機しているところを撮影したかったのですが、71年夏に訪れた時にはRA-3Bが利用していました。
Cranberry 01さんが解説なさっている、もう1機の514と526のツーショットを。
HH-43B 62-4514+62-4526 71年5月百里


Re: H-43 Huskie 最終章 Name:A-330 Date:2013/03/22(Fri) 10:17 No.7809
最後は"ハスキーさん長い間の日本でのお役目お疲れ様でした"の意味も込めまして、日本でのラストフライトシーンで百里を後に横田に向かうHH-43B 62-4514です。

Re: H-43 Huskie 最終章 Name:DET−A Date:2013/03/22(Fri) 11:19 No.7810
1963年5月12日、厚木三軍記念日でデモフライトを行ったUH−43Cです。
前年までの三軍記念日の公開は、現在のお祭り広場として使われているグランド東側の路上で展示公開されるだけで、デモ飛行が行われる空軍基地と比べると寂しいものでした。
この年からエプロンまで観客を入れ、F−6やF−8などのデモ飛行を取り入れるなど、他の基地の賑やかさにヒケをとらない公開となりました。雨は降らずに持ってくれましたが、1日中曇り空だったのが残念でした。


Re: H-43 Huskie 最終章 Name:DET−A Date:2013/03/22(Fri) 11:57 No.7813
同じく63年厚木三軍でのUH−43Cの演技です。4機で行っていましたが、1機は画面から外れました。
#7810がBu.No146323,3機のうち手前の一機が146317で向こう2機は読めません。

>広江さん
マリンコのH−43とO−1はフィールドグリーンでしたよ。


Re: H-43 Huskie 最終章 Name:geta-o Date:2013/03/22(Fri) 18:46 No.7814
最終章は既出かもしれませんがVMO-2のおH-43Dを3枚
最初はVS-6(139967)1962年 立川


Re: H-43 Huskie 最終章 Name:geta-o Date:2013/03/22(Fri) 18:47 No.7815
2枚目はVS-8(129824) 1962年 厚木

Re: H-43 Huskie 最終章 Name:geta-o Date:2013/03/22(Fri) 18:48 No.7816
最後はVS-14(139988) 1964.03.30厚木
それでは次のお題まで


Re: H-43 Huskie 最終章 Name:ハッチ (DET-K) Date:2013/03/22(Fri) 19:57 No.7817
記録保存的な写真ではなく、当時の厚木エンドの参考写真でスミマセン。
1963年8月13日 厚木19エンド東側を通過し海兵隊エリアへ向かうVMO-2、OH-43D

この当時エンドでマニアさんに会うことはまれでした。
フェンスの柵も木で粗末な当時の様相ですが、いつもこの辺りで撮っていましたね。
友達も居ないなか、このヘリが飛んでくると、あー!出目金だ・・・と一人寂しく
つぶやいていたことを思い出しました。


Re: H-43 Huskie 最終章 Name:ハッチ (DET-K) Date:2013/03/22(Fri) 20:02 No.7818
1965年4月6日 厚木へ着陸するVMO-2、VS13、ぶれ+スキャナが悪いのでしょうBu,不明 (><)

Re: H-43 Huskie 最終章 Name:ハッチ (DET-K) Date:2013/03/22(Fri) 20:06 No.7819
1965年12月 厚木へ飛来したHH-43B 62-4563

Re: H-43 Huskie 最終章 Name:Cranberry 01 Date:2013/03/22(Fri) 20:18 No.7820
広江さん、皆さん、こんばんは。
小生のNo.7776とNo.7791の記述が誤っておりました。申し訳ありませんでした。
1967年,1968年時点はPARRC(Pacific Aerospace Rescue and Recovery Center) Det.8が正しい所属でした。HH-43Bが最初に配属されたのが36th ARSだったので、最後までHC-130と同一所属と思い込んでいました。HH-43は1965年に既に36th ARSを離れて、PARRC直轄になっていた様です。
1965年以降はHH-43は日本本土、沖縄、韓国で同一指揮系統のDetachment配属になっていました。親部隊の名称は変わっていきますが、最後まで三沢がDet.7 ,横田がDet.8でした。同じ基地で同じRescue で異なった指揮系統とは思いもよりませんでした。
HH-43Bの所属部隊。
1965 Jul.〜1966 Jan. MAC, PARC(Pacific Air Recovery Center)
1966 Jan.〜1969 Feb. MAC, PARRC(Pacific Aerospace Rescue and Recovery Center)
1969 Feb.〜1970 Jun. MAC, 41 ARRW(Aerospace Rescue and Recovery Wing)
1970 Jun.〜1971 Jul. MAC, 47 ARRS,41ARRW

最後にRotor Bladeについて。geta-oさんのNo.7777(ゾロ目のLucky-7。)、A-330さんのNo.7788,No.7808を拝見して、他のヘリコプターのブレードと何か違和感を感じて、調べまくりました。(停止状態でのローターのしなり具合。そしてよく見るとブレードの前縁の一部が異材質で強化されて、昔の木製プロペラと同様に見えます。)なんとHH-43のRotor Bladeは木製だったのですね。理由までは解りませんでしたが、あの時代にとは驚きました。みなさんご存知でしたか?(知らなかったのは小生だけだったのでしょうか?)

HH-43はLBR(Local Base Rescue)ではありましたが、最初にViet Nam に入ったSAR Chopperであり、最後に撤退したSAR Chopperでした。飛行機ファンにとっては派手な機体ではありませんでしたが、もっとも勇敢なものの一つだったそうです。
次のような言葉が残っています。
Rotor Blades were made of woods,the men who flew on it were made of steel.

今回も十分に楽しませて頂きました。満腹です。毎回、長々と失礼しました。
s/n 62-4562,1969年。


Re: H-43 Huskie 最終章 Name:飛行浪人 Date:2013/03/22(Fri) 21:17 No.7821
>広江さん、皆さんこんばんは。
ハスキーにNAVY、マリンコバージョンがあったとは初めて知りました。
これもBBSUのおかげです。
私も横田では何回かお目にかかったのですがネガが見つかりません。
かろうじて見つかったのは1970年秋、三沢の航空祭(空自主催)で展示というかレスキュースタンバイのものです。番号は4514です。
手前の棒、ローターブレードのチェックに使用する物のように見えますが確証はありません、考えると夜も眠れません。(笑)ご存知の方がいたらご教示ください。
もう1枚、水戸射爆場での画像があったのですがサイズダウン出来ずオクラ入りです。


Re: H-43 Huskie 最終章 Name:BATMAN Date:2013/03/22(Fri) 21:24 No.7822
>広江さま、皆さん
 何時ものパターンで申し訳有りません。管理人さんのご好意に甘えて資料で参加させて頂きます。40年前に集めた資料の中からH-43関係の資料を探しましたところ米空軍最後のH-43のフライトの新聞記事が有りましたので貼らせて頂きます。新聞は当時ウドン王立タイ空軍基地に駐留していた432TRWのEASY FLYER紙1975年9月12日号です。記事ではUdornのDET.5,40ARRS,41ARRWのHH−43Fが米空軍で最後の同機の運用部隊になったとの記事です。ネット検索すると実際に9月20日にHH-43F(S/N 64-17559)が最後のフライトを行ったとの事です。Cranberry01さんの深い調査資料にもある通りHH-43はLBR(基地周辺での救助)専用機でしたがヴェトナム戦では実際にはラオスや北ヴェトナムでの被撃墜機の搭乗員救助に度々出動し多くのパイロット救出に成功しました。行動半径が75miles(120km)で航法システムが貧弱な同機をサポートしたのがCIAのエア・アメリカがラオス各地に作った簡易着陸場だったとの事です。
 皆さん素晴らしい記録を有難う御座いました。


Re: H-43 Huskie 最終章 Name:N.SUZUKI Date:2013/03/22(Fri) 21:28 No.7823
広江さん、皆さんこんばんは。
 最終章は、出番が少なかったものとして、横田の65年5月 三軍記念日での展示 HH-43B 24563で、No7786でgeta-oさんのカラーと同じときのものです。


Re: H-43 Huskie 最終章 Name:N.SUZUKI Date:2013/03/22(Fri) 21:38 No.7826
2枚目は、同じHH-43B 24563ですが、RESCUE 文字の入る前の旧塗装、64年ごろの撮影で、カラーがNo7785でgeta-oさんが紹介しているものと同じ、別の角度です。

Re: H-43 Huskie 最終章 Name:N.SUZUKI Date:2013/03/22(Fri) 21:49 No.7827
3枚目は、1968年1月 羽田空港スポットでの HH-43B 24562です。当時、羽田には、到着した軍関係者の送迎等で、いろいろな機種が良く来ていました。このHH-43以外にも、H-19、CH-46,T-39等見る機会がありました。

Re: H-43 Huskie 最終章 Name:N.SUZUKI Date:2013/03/22(Fri) 21:55 No.7828
最後は、おまけの4枚目、同じHH-43B 24562でVIP待ちの状況です。一部既出のものですが、表情が気にいっているものです。

Re: H-43 Huskie 最終章 Name:Straight Wings Date:2013/03/22(Fri) 22:04 No.7829
広江さん、みなさん、こんばんは。
Cranberry 01さんが指摘されたブレードが木製であることには驚きました。確かに静止時のたれ方がどこか違う感じです。それにしてもなぜ木なのか、ちょろっと検索したぐらいではわからず、気になります。
A330さんの#7788の左脚間の細長い出っ張りもほかの機体には見られないもので、気になります。
写真は1970/5/16 横田三軍でのHH-43B 62-4561です。オリジナルのフジのスライドは変退色がひどくて仕上げに難儀しましたが、たった一枚の手持ちのカラーが今となっては大事な記録になりました。
ハスキー君、面白みがないと勝手に決め付けていたのが申し訳なく思うほど味のあるヘリだったんですね。ありがとうございました。


Re: H-43 Huskie 最終章 Name:det.H Date:2013/03/22(Fri) 22:30 No.7830
広江さん 皆さん こんばんは
最終章になってカラー画像がドドッとでてきましたが、デジ画像は未だだと思いますので(^_^; 
一昨年NASNIで行われたCONA Kick-Off、ハンガー内に展示してあったOH-43Dです 何かあるのかな?と入ったハンガーでしたが、これ1機だけ置いてあり、その時は“おお〜、なつかしいじゃん”ぐらいの気持ちでたった一枚シャッターを押しただけでした が、今考えると細部を色々撮っておけばここで披露できたな〜(笑)と思っています 
では、また次回参加できればと
>広江さん ちょっとヘリコからどこか寄り道してみません? (笑)


Re: H-43 Huskie 最終章 Name:Cranberry 01 Date:2013/03/22(Fri) 23:15 No.7832
画像なしで申し訳ありません。
>飛行浪人さん、日本国内でこの画像が出てくるとは思いませんでした。
これは先に説明したFSKを吊り上げる時に使用するもので、FSK Hookup Positioner と呼ばれるもので、文字通り位置決めの為の目視棒です。上部2Ftがゴムで出来ています。ゴムの部分のすぐ下にもう一本棒が出ていてY字の形になっています。キットを地上から釣り上げる場合は9.5Ft, 写真のようなPlatform(台車)に乗せられたキットを釣り上げる場合は11.5Ftに長さをセットします。タンクの中心が吊り上げのHookの位置になりますから、そこから前方9FT,中心線から2.5Ft右側にこのPositionerをセットします。それを目視ゲージとして、FSKを正確に吊るす位置に機体を上昇させます。機体が上昇したら、Ground CrewがHookを掛けて吊り上げ開始です。
ちょうどSUZUKIさんのNo.7828の画像に機体下部のHookが見えています。

ゆっくりお休みください。

Re: H-43 Huskie 最終章 Name:THUD Date:2013/03/22(Fri) 23:20 No.7833
1969年5月横田で撮影した(62−4562)です。ちょっと見づらいですが吊り下げているのは何でしょうかね。ドラムカンのようにも見えますが、これもCranberry 01さんがコメントされているような消火用設備の一種かもしれません。

Re: H-43 Huskie 最終章 Name:Takafumi HIROE Date:2013/03/23(Sat) 06:36 No.7834
>Komatsuさん
HOK-1/HUK-1の名称は1950年代の名残と私は推測しています。
F4H-1(ファントム)の場合など、Bu.No.の上にNAVY/MARINESと書いた時代もあったような・・・。
いずれは両軍で行き来するので、海軍/海兵隊で分ける事自体、私はナンセンスと考えます。
しかし海兵隊で運用されたHUK-1はあまり多くはないようなので、No.7806は貴重だと思います。
新明和でのハスキーの整備は、レシプロエンジン型のみだったと言えるような気がしますね。

>A-330さん
ラストフライトのシーンに遭遇できたことはA-330さんにとってラッキーだった事といえるし、
その貴重な画像がこのように拝見できることは、私たちにとっても大変にラッキーと言えます。
今回の話題は変化に欠しいかな?と思っていましたが、ある意味、今まで以上に変化アリ。
おおいに楽しむことができました。

>DET-Aさん
奇妙な外見のUH-43Cのデモフライトを堪能できた1963年5月の厚木基地三軍記念日、
紹介のUH-43Cはもちろん、他の地上展示やデモフライトの様子も気になります。
私のくすぶっている課題は、厚木基地三軍記念日の各年ごとに画像&資料をまとめること。
この画像を拝見し、いつかは叶えたいと思います。しかしもちろん、皆様の協力なしではできませんが。

>geta-oさん
VMO-2機が意外に身近な存在だった思えてくるような画像三連発。
しかしおそらくCamp Fujiから飛来していたと推測すると、撮影チャンスは決して多くはなかったのかな。
偶然、この最終章の日に厚木エンドでお会いしたgeta-oさんと交わした会話、
『今日はインパクトのある目玉はなかったねぇ〜』と言える日も多かったのですよね(笑)

>ハッチ (DET-K)さん
親父に連れられて初めて厚木基地の相鉄側のエンドに行った幼少時代(笑)、おそらく1960年早々の頃。
その時の丸太&バラ線の低いフェンス(?)の記憶は、まさしくNo.7817のようだったと思います。
しかし一人で望遠レンズを持ってエンドに行き始めた1967年当時のフェンスの記憶はありません。
ただ覚えているのは、南側01エンドの中原街道が砂利道だったこと(笑)
しかしいつもながら、景色を写し込んだ写真が撮れなかった自分が情けなく思えます(笑)

>Cranberry01さん
H-21系の木製ローターブレードは気づいてましたが、今回のハスキーも、とは気づいてませんでした。
確かに、地上に置かれてる姿のしなり具合に違和感は感じてました。
しかしそれ以上の疑問は湧かず、調べずじまいとなってます。驚きました。ありがとうございます。
部隊についてですが、1969年頃の私のノートには41ARRW DET.8と記入されてます。
当時、何処でどう仕入れた情報なのか分りませんが、幸いにも間違ってなかったと今になって分りました(笑)
しかし今回の話題では、Cranberry01さんのコメント以前は自信がなく隠してました(笑)
今回も大変に勉強になりました。ありがとうございます。
彼らに残った一言は名言ですネ。
追伸ですが、ベトナム戦争時代のHH-43B/F、密かに期待してました(笑)

>飛行浪人さん
62-4514はA-330さんが撮影され、Cranberry 01さんからもコメントいただいたように、
まさしく、ホームベースである三沢基地に駐機する姿、貴重な一こまだと思います。
脇に置かれている物は、Cranberry 01さんがNo.7791でコメントされているFSKでしょうか。
手前の棒の正体はCranberry01さんが別途(No.7832)レスされ解明できましたね。
時既に遅しですが、FSKも棒も撮っておくべきでしたね。

>BATMANさん
ベトナム戦争時代(08 FEB 1969 - 01 JUL 1971)のハスキー部隊の資料を見つけましたが、
私は↓の正誤を見出す知識が全くありません。
http://www.h43-huskie.info/HH43-SEA-Feb69-71.htm
しかしベトナム戦争時代のニュース記事の中でハスキーの活躍ぶりを見て、
CSAR任務に耐えられるのか疑問に思ってました。
それはCranberry01さんNo.7820のコメントにある勇敢な彼らだったと改めて思い知り、
BATMANさんの説明で、更に裏づけが取れたと思いました。
Cranberry01さん+BATMANさんの最強コンビ、加えて他の皆様のコメントには本当に頭が下がります。
とりあえずBBS II Galleryで画像を残す手立てはスタートしてますが、
コメントまでをも・・・と考えると、良いシステムが頭に浮かばず長い保留状態が続いてます。
良いアイデア(システム)が思いつき、そしてHTMLに長けるアシストが必要です。
追伸.
BBS IIは話題&画像の場と考えてますので、BATMANさんの裏づけ資料のコメントには感謝してます。

>N.SUZUKIさん
また変化に富む画像の紹介ですが、羽田での一こまには驚きです。
現在の横田のUH-1N、座間のUH-60A、厚木のBalck Beard、等と同様の任務なのでしょうか。
それが羽田に降りたというのが、いくら当時とはいえ、本当に驚きです。
現在もこの運用が継続していたら、私はより羽田に行く機会が増えるのは間違いないでしょう(笑)
特にNo.7828のようなシーンを是非撮りたいです。

>Straight Wingsさん
今日も厚木エンドでお会いした当時を知る方々と話題になったのですが、
やはり記憶していたとおり、ハスキーは厚木にGCA訓練で度々飛来していたようです。
しかし私もStraight Wingsさんと同じ考えで、飛来してもレンズを向けることは少なかったです。
それは今回の話題で画像を捜索した結果の少ない枚数でも表れてます。
機数も少なく地味で面白味のないヘリと、今回の話題が始まるまでも思い続けてました。
しかし始まってみたら、なんと変化に飛んだ味わい深い機種だと驚いてます。
本当にいつもながらの反省、私もカラーで撮っておくべきだった・・・(>_<)

>det.Hさん
この話題で初のデジ撮影画像ですネ。しかしシャッター1回だけとは・・・。
HH-43Bとは外見的に大きく異なるOH-43Dの細部を見たかったなぁ〜(笑)
比べれば比べるほど、だんだん別機に見えてきましたもの。
寄り道?、何処に?、次に控える46を前にして敵前逃亡はできませんよ〜(笑)
ヘリが終わったら“B”シリーズに進もうと思っているのですが・・・。
しかしその前に『ロシアヘリは?』の声に、どう応えるかの悩みもあるし・・・(笑)

>Cranberry01さん(No.7832)
棒の正体、よ〜く解る解説、ありがとうございます。
今度は、それを実際に使用してFSKを吊るす動画が見たくなる欲望に駆られます(笑)

>THUDさん
う〜ん、何でしょうねぇ〜。
Cranberry01さんの補足レスの直後に書き込まれたのはタイミングが悪いです。
もう上でレスされた後、お休みになっていることでしょう(笑)
私は単に廃棄物を空輸しているようにも見えます(笑)

>皆様
今回の話題、地味・・・と侮ってました。
これまで以上に何から何まで新発見の連続。この話題を始めて良かったと心から思えます。
しかしそれはひとえに皆様の画像と知識の賜物。本当にありがとうございます。

さて次の話題は、いよいよヘリシリーズ最大の山場、H-46/V-107シリーズです。
エンドで会う皆さんから『どうやって進めるの?』と質問が出るほど話題になってます(笑)
私の頭の中では、米軍、自衛隊、それ以外、の3部作で進めようと考えてます。

という事で第一部は“米軍H-46シリーズ”。
私個人の心の準備(笑)も含め、4月3日(水)スタートを予定します。





H-43 Huskie Part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2013/03/21(Thu) 06:23 No.7780   
Straight WingsさんからNo.7771で紹介されてますが、同じ1969年5月17日の横田基地三軍記念日での一こま。
しかし私はStraight Wingsさんのようにデモと分るシーンを撮ってませんでした。


>皆様
引き続き皆様からの“H-43 Huskie”の話題をお待ちします。
米空軍HH-43Bは62-4561, 62-4562の2機以外には確認されてないのでしょうか・・・。
引っ張りすぎると急に失速しそうな気配が感じられるので、次のPart.3を最終章といたします。
したがいまして、このPart.2と最終章は、紹介枚数を3枚以内で進めさせていただきます。

Re: H-43 Huskie Part.2 Name:det.H Date:2013/03/21(Thu) 09:15 No.7781
広江さん 皆さん おはようございます
ハスキー、高校入学前の春休み、初めて行った厚木エンドでもう一機だけ撮っていたOH-43Dです 証拠写真程度の画像で、お見苦しいですが続けて貼ります


Re: H-43 Huskie Part.2 Name:det.H Date:2013/03/21(Thu) 09:15 No.7782
N.SUZUKIさんが書かれていたようにこの年1965年の6月にUH-1Eに交代したようなので、この後夏休みに行った時にはもう見ることが出来ませんでした

Re: H-43 Huskie Part.2 Name:det.H Date:2013/03/21(Thu) 09:16 No.7783
この機体は左側にホイスト装置が付いていました VMO-2は何機厚木に居たのでしょう

Re: H-43 Huskie Part.2 Name:geta-o Date:2013/03/21(Thu) 09:17 No.7784
広江さんおはようございます。
少しエンジンに誤解があるのでは
NAVY,MCのハスキーは統合名称ではC,Dを付けていますがAFのB型よりかなり古くエンジンはB型のタービンエンジンT-53と異なりC,D型はかの有名なR-1340WASPを使用しています。
今日はラス前ということですがNAVYのUH-43C(146317/ ATSUGI) 1963.05.18  3軍記念日で会場上空からの写真撮影に使用していました。こののちUH-43C 4機によるフォーメーションがあるのですがネガ行方不明です。


Re: H-43 Huskie Part.2 Name:geta-o Date:2013/03/21(Thu) 09:20 No.7785
2枚目からは空軍機(まだ出ていないシリアルかな)
横田に配属当初はこんな塗装でした。
HH-43B(62-4563) 1964年 立川


Re: H-43 Huskie Part.2 Name:geta-o Date:2013/03/21(Thu) 09:21 No.7786
3枚目は上の機体の蛍光塗装も落とされおとなしくなった62-4563
1965.05.16 横田 3軍での撮影です。


Re: H-43 Huskie Part.2 Name:A-330 Date:2013/03/21(Thu) 09:58 No.7787
広江さん、皆さんおはようございます。

Cranberry 01さんからハスキーの特徴を分かりやすく説明してくださいましたので、関連した場面を。
1枚目は、ローターの取り付け角度がわかる画像です。
機体側面上部に大きく書かれた「止まれ、進入は前から」海軍と海兵隊機、「注意、進入は前から」空軍機の文字。
約25度相互傾斜角をもつローター回転中の地上安全高の低さを物語っています。救助される人が近づく際に注意を呼びかけるためにスピーカーが必要となったのかもしれませんね。パイロットも特に傾斜地でのホバリングには神経を使っただろうと推察されます。
HH-43B 62-4526


Re: H-43 Huskie Part.2 Name:A-330 Date:2013/03/21(Thu) 10:00 No.7788
2枚目はローターブレードの迎角を変化させるためのサーボフラップがよくわかるショット。
撮影は2枚とも71年5月で場所は百里基地です。乗員のワッペンにはMISAWAの文字が書かれていました。
ネット資料によると5月18日から21日の間に横田基地で分解され、その後本国へ渡ったと書かれています。
おそらく三沢を離陸後、松島、百里経由で横田基地までフライトしたのでしょう。


Re: H-43 Huskie Part.2 Name:THUD Date:2013/03/21(Thu) 12:54 No.7789
1968年7月に撮影した横田誘導路上の(62−4562)です。このときの記憶は無いのですが、ヘリを近距離で撮影出来たチャンスは私にはあまりありませんでしたので、ラッキーなことだったと思います。しかしあらためて見てみると、煙突のようなエグゾーストパイプなど、なんというかスゴイですね(笑)

Re: H-43 Huskie Part.2 Name:Cranberry 01 Date:2013/03/21(Thu) 13:51 No.7790
広江さん、皆さん、こんにちは。
Part.2はお宝映像てんこ盛りで、ワクワクして見入っています。(笑)
>det-Hさん、ちゃんと押させるところは押さえてありますね。port sideにHoistとは珍しいですね。何か特別の理由でもあったのですかね?No.7781はまるでWWllのドイツ機のようです。
>やはり、geta-oさんに登場していただかねば、解決しない部分があります。記録では立川の36th ARSに62-4561,62-4562 にやや遅れて、62-4563が配属されていました。この機体はその後1966年始めに嘉手納に移動したことになっています。百聞は一見にしかずの貴重な1枚を見せていただきました。
>A-330さん、ショットも素晴らしいですが、こちらも又、疑問が解決しました。USAFの日本本土配布は立川→横田と三沢のみで、配備開始時期には板付には飛行部隊は存在せず、こちらには配属されませんでした。AFHRAの資料では三沢には62-4514,62-4526,62-4563の3機が1965年に配属になっています。1966年末からは三沢でも4514,4526の2機体制となっています。三沢、横田両基地とも1971年夏までで運用で終えていますので、No.7788は、まさに最後の貴重なショットなのだと思います。
(ご存知の方も多いと思いますが、USAFの記録資料についてはMaxwell AFBが最終的に全てを管理しており、Air Force Historical Research Agency の資料は一般的には一番信頼性の高いものです。もちろん、実際に我々が日本近辺で確認したものからも解るように、疑問を挟む資料も多く存在します。移動等については書類上での日付と実際の日付には大きな違いがあるのが実態です。そう言った意味からも広江さんのこのBBSは大きな意味を持つものであると思っています。マニアの証拠写真の力は凄いものですね。)
画像は広江さんのNo.7769と同じ時です。


Re: H-43 Huskie Part.2 Name:Cranberry 01 Date:2013/03/21(Thu) 14:07 No.7791
HH-43B(s/n 62-4561,36th ARRS)1968年6月。
FSK(Fire Suppression Kit)を吊るしています。これは基地周辺を含めて、事故の際に化学消防車よりも速く現場に到着するためにHH-43B用に開発されたものです。(ちなみに車輪についているSkidも未舗装の所に着陸することを想定しての為。)
泡沫消火キットはMB-1 Trailer Chassisに搭載されています。前方の丸い容器が窒素ガス、真ん中の大きな丸い容器には分別された水と泡沫が、一番後ろの部分がホースです。
FSKを搭載するときは、2名の消防士が防火服に身を包んで搭乗しています。
事故現場に到着するとこのキットを降ろして、消防士がホースを引き出して鎮火に当たりますが、同時にHH-43も上空でホバリング状態でダウン・ウォッシュを利用する手順です。
ヴェトナムでは1分で離陸できるように各基地で常にアラートに付いていたそうです。
横田などでは、恐らく弾薬類を搭載した輸送機の到着時に待機していたものだと思います。
見にくいですが、キャビンには防火服を着た消防士が搭乗しています。
横田では何度か目にすることはありましたが、撮影できたのはこれ一度きりでした。


Re: H-43 Huskie Part.2 Name:Cranberry 01 Date:2013/03/21(Thu) 14:39 No.7792
>THUDさんがあまり撮られていないとは意外です。
当時を振り返ってみると、いつも見ているのに三軍記念日以外は撮れる機会は余りありませんでしたよね。

昨日街中を歩いていたら、ビルの壁からゴーと音がしていました。見上げると"PEDRO"のExhaust Pipe が見えました。エッ、なんで!! よく見たらラーメン屋の換気扇のパイプでした。
当BBSllの虜になり過ぎている様です。みなさんもご注意を!!


Re: H-43 Huskie Part.2 Name:PAPPY Date:2013/03/21(Thu) 15:43 No.7793
1970年10月9日厚木のランウェイへアプローチする HH-43B 62-4561 です。
横田では飛行中のまともな姿を撮ることができませんでしたがランウェイへアプローチするのも見たことが有りませんでした。
皆さんの画像を見ていたら垂直安定板?って角度をつけて動くのですね新発見でした。


Re: H-43 Huskie Part.2 Name:DET−A Date:2013/03/21(Thu) 19:06 No.7794
>N.SUZUKIさん
このOH−43DとO−1Bの編隊は1965年2月15日にRwy01で撮影したものです。
ひょっとしたら、これが日本におけるOH−43Dの最後のフライトだったかも知れませんね。


Re: H-43 Huskie Part.2 Name:DET−A Date:2013/03/21(Thu) 19:11 No.7795
O−1Bとの編隊を見たのも初めてでした。

Re: H-43 Huskie Part.2 Name:Komatsu Date:2013/03/21(Thu) 19:26 No.7796

1963年7月25日、新明和伊丹工場のフェンス外側より撮影。
フライトテストのため離陸する、UH−43C(NAVY Bu.No.146321)です。
NAVYの H−43は、この時しか撮っていません。

背景は、いつもの“よろずやさん”状態で、KWAJALEIN のHU−16D(Bu.No.141283)が写っています。



Re: H-43 Huskie Part.2 Name:Straight Wings Date:2013/03/21(Thu) 22:03 No.7797
広江さん、みなさん、こんばんは
No.7791のCranberry 01さんと同じような消化キットをぶら下げた姿がありました。HH-43B 62-4562、1969/10/10横田での撮影です。確かに白い防火服を着たクルーが乗っていますね。


Re: H-43 Huskie Part.2 Name:Straight Wings Date:2013/03/21(Thu) 22:14 No.7798
HH-43Bは良く見ると面白い形をしていますね。太い排気パイプ、胴体後部のパノラマウインドウ(!)、尾翼まわりなど、皆さんのレスを読んでいるうちに不思議な魅力が感じられるようになってきました。尾翼周りはどうなっているのでしょうか。ブームの間の水平安定板の後ろに、垂直安定板が固定された長細いエレベーター?があり、その中央部の後端がさらに上下に可動する?となっているのでしょうか。HH-43B 62-4561 1971/5/13 横田での撮影です。

Re: H-43 Huskie Part.2 Name:Straight Wings Date:2013/03/21(Thu) 22:17 No.7799
No.7798の続きのコマです。

Re: H-43 Huskie Part.2 Name:N.SUZUKI Date:2013/03/21(Thu) 22:56 No.7800
広江さん、みなさんこんばんは、
 OH-43D VS-2 (Bu No129815) 所属であるVMO-2の記入はありませんが、1965年初め頃の厚木で撮影した、OH-43Dレシプロエンジンヘリコプターの最後のころのものです。


Re: H-43 Huskie Part.2 Name:N.SUZUKI Date:2013/03/21(Thu) 23:08 No.7802
2枚目は、1965年ごろ、横田東側誘導路上で吊り上げの救助訓練をするHH-43B 24561です。

Re: H-43 Huskie Part.2 Name:N.SUZUKI Date:2013/03/21(Thu) 23:11 No.7803
3枚目は、同じくHH-43B 24562です。

Re: H-43 Huskie Part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2013/03/22(Fri) 06:18 No.7804
>det.Hさん
VMO-2所属のH-43系は、当時の厚木で度々目撃されていたと初めて知りました。
N.SUZUKIさんコメントのVMO-2 SUB UNIT所属機のようですが、何機いたのか気になります。
No.7783は垂直尾翼?(垂直安定版?)に大きく書かれた数字は“13”のように見えます。

>geta-oさん
ご指摘ありがとうございます。私はHH-43Bしか見て(撮って)音を聞いたことがなく、
H-43系の全てがタービンエンジン装備だと思い込んでました。
N.SUZUKIさんには大変に失礼なレスをしてしまいました。
横田基地所属時代の62-4563、塗装の異なるカラー画像は貴重ですね。
厚木基地三軍記念日でのUH-43Cx4機の編隊飛行のシーンは私も写真では見たことがあります。

>A-330さん
三沢基地から横田基地に向かう途中のHH-43Bの姿とは歴史に残る貴重な画像ではないでしょうか。
そしてNo.7787のショットは、HH-43Bの特徴ある姿を捉えてますが、
頭から2本出る姿は、なにやらアニメにでも登場しそうな姿。本当に奇抜なスタイルですネ。
しかし偶然なのか必然なのか分りませんが、よくワンチャンスを捉えたものだと感心させられます。

>THUDさん
あまり見慣れない(と言うか、私はハスキーをほとんど見てないのですが(笑))ショットに興味大です。
キャビン後部からの出入りのために、排気を後方に逃がすエグゾーストパイプなんでしょうね。
ネットが見えますが、後部のドアが外されてる?。
しかし何処から見ても奇妙な外見のヘリと、改めて感じます(笑)

>Cranberry01さん
一時的に横田に配備された62-4563の画像も貴重だと感じますが、
Cranberry01さんの観点での裏づけのある解説は、いつも本当に勉強になります。
FSKを吊るし臨戦態勢ともいえる防火服に身を包んだ消防士の姿は貴重な記録ショットでしょうね。
その運用の裏話しも大変に興味深く感じます。
ラーメン屋の換気扇のパイプ・・・、ありえますネ(笑)

>PAPPYさん
1970年10月9日(金)は私も厚木エンドに展開してます。しかし、62-4561の記録すら残ってません。
ひょっとしてD-1の転がりを撮りに行っている時にGCA訓練で来たのかな?。
正直なところ、当時の私の中では人気は低い部類でしたので、撮らなかったのかもしれません。
またしても『後の祭り』かもしれません。残念!。

>DET-Aさん
N.SUZUKIさん撮影(No.7778)から12日後のシーンですね。
O-1Bとの編隊飛行の様子からも、VMO-2でのOH-43Dのラストフライトのシーンでしょうかね。
いくらO-1Bとはいえ、フラップを下げてOH-43Dと速度を合わせてるようです。
ところでめ素朴な疑問、この機体もマリンコのフィールドグリーンなのでしょうか。

>Komatsuさん
基本的なことの確認を忘れましたが、新明和伊丹工場ではH-43系の整備を行っていたのですネ。
となると日本各地、例えばCranberry01さんのコメントにもある横田基地以外のHH-43B、
そして厚木や岩国、あるいは普天間、等々、H-34系同様、その数は多いのでしょうか。
年代をさかのぼって新明和伊丹工場の特集でもあると大変に興味深いと思いますが・・・。
しかし50年前とは思えない綺麗な画像ですねぇ〜。ここまで仕上げるご苦労をお察しします。

>Straight Wingsさん
Straight Wingsさんも 消化キット + 防火服を着た消防士 を撮られているのですネ。
次から次へと皆様からのお宝画像に本当に驚きます。
日本で確認されたHH-43Bは機数も少なく地味なヘリだと思っていたら、意外にも変化球多しなんですね。
私も、こんなに奇抜な格好のヘリだったんだぁ〜、と改めて思い知りました。
Cranberry01さんのコメントのように元ドイツ軍の設計者と納得できます(笑)

>N.SUZUKIさん
昨日のPart.2では大変に失礼なレスをしてしまい申し訳ありませんでしたm(_ _)m
当時のVMO-2はUH-43C/OH-43Dを15機以上+O-1Bのを10機弱運用する大所帯だったようですが、
厚木にも両機がSub Unitとして展開していたようですが、何機ぐらいが居たのでしょう。
石播側(東側)タキシーウエイのヘリパッドでは様々なヘリが記録されてるようですね。

>皆様
このスレッドはここでクローズし、新たに最終章を立てます。





Kaman H-43 Huskie Name:Takafumi HIROE Date:2013/03/20(Wed) 07:08 No.7769   
私はH-43 Huskieを撮っていると思っていたものの、意外と撮影コマはありませんでした。
その姿よりも特徴ある音(か弱い?ローター音)が記憶に残っています。
↓は1968年5月18日の横田基地三軍記念日での救難デモの一こま。


>皆様
今日からスタートする話題は“Kaman H-43 Huskie
地味ながら、横田基地の救難ヘリとして皆さんと遭遇した機会は多いと思います。
しかし横田に何機が居たのか?、他の米空軍基地にも所属していたのか?、
何年頃まで日本の空を富んでいたのか?、等々、私は全く分っていません。
そのあたり、今回もまた新発見があるのかと期待します。
それでは皆様の“Huskie”にまつわる話題をお待ちします。

Re: Kaman H-43 Huskie Name:A-330 Date:2013/03/20(Wed) 09:35 No.7770
広江さん、皆さんおはようございます。

広江さん紹介のオープニングショットに続いて1番違いの横田救難ハスキーです。
石播側ヘリポイントでのピンポイントホイスト訓練に励んでいるところで、画面下に写っているのは16号線沿いにあったセメント工場の一部です。撮影は確かではありませんが71年冬だったと思います。
HH-43B 62-4562
ネットで経歴を調べてみると、71年の6月10日に561とともに本国へ移送されたと書かれています。



Re: Kaman H-43 Huskie Name:Straight Wings Date:2013/03/20(Wed) 10:30 No.7771
広江さん、皆さん、おはようございます。
1969年の横田三軍で救難デモを見せるHH-43B 62-4561。1969/5/17の撮影です。雨模様の公開日でした。


Re: Kaman H-43 Huskie Name:THUD Date:2013/03/20(Wed) 11:08 No.7772
広江さん、皆さんこんにちは。
1966年11月の入間航空祭で撮影した(62−4561)です。たぶん展示後の帰投時だと思います。ハスキーは横田で結構見た記憶があるのですが、当時のカメラ機材ゆえ撮影を見送っていたのか枚数は多くありませんでした。


Re: Kaman H-43 Huskie Name:PAPPY Date:2013/03/20(Wed) 11:33 No.7773
広江さん、皆さんおはようございます。
シャングリラの艦載機を撮りに行った1970年7月の厚木のランウエイにアプローチする HH-43B 62-4562 ですがそんなには来ていないと思うので撮影日が特定できると嬉しいです。
ハスキーは横田のもう一機の62-4561の2機しか見ることができませんでした。


Re: Kaman H-43 Huskie Name:det.H Date:2013/03/20(Wed) 12:23 No.7774
広江さん 皆さん こんにちは
やっとっこさ少し参加出来る機種がまわってきました 私も皆さんと同じ62-4561で
この機体もまともな写真がありませんでした


Re: Kaman H-43 Huskie Name:Komatsu Date:2013/03/20(Wed) 15:00 No.7775

1963年4月3日、新明和伊丹工場のフェンス外側より撮影。
ヘリパッドがフェンスに近かったので、45mmのレンズシャッターカメラでもこのように撮れました。
OH−43D(USMC Bu.No.139984)です。

フィルムの残数が気になっていたようで、この日のOH−43Dはこの1枚しか撮っていません。
したがって、離陸か着陸か、ホバリングテストだったのかは不明です。

戦後駐留米軍が使っていたという2階建ての宿舎が、画面右下に写っています。



Re: Kaman H-43 Huskie Name:Cranberry 01 Date:2013/03/20(Wed) 16:37 No.7776
広江さん,皆さんこんにちは。
>前回のテーマ、CH-37は撮りたかったです。
 
36th ARRS 所属のHH-43B(s/n 62-4561)1967年横田。
1963年末に立川に配属された後、1964年に横田に移動。私もs/n 62-4562 と共に1970年までは撮っていました。その後アメリカに戻り、現在はHill Aerospace Museum に展示されています。
種々の空飛物体を見てきましたが(空飛ぶ円盤は未だですが。)、今だに信じられないことが2つあります。
1つは主に旧日本軍機とドイツ軍機の機首の機銃弾がプロペラの間を縫って発射される事。
もう一つはHH-43のこのローターがお互いに絡み合わない事。(笑)
何せ機械のこと、そんな事故は無かったのかな〜?
HH-43は愛嬌があって、好きなChopperです。
旧ドイツ機に似たようなものがあったと色々調べてみると、原型は旧ドイツ軍のFlettner Fl282 "Kolibri"だったのですね。設計者も同じAnton Flettnerだったとは。後にKaman社のチーフ・エンジニアとなっています。
独特のアイデアはInter-Meshing Contra-Roatating Twin-Rotor(交差反転ローター)で、これによりトルクを制御するTail Rotorが不要なことです。相互角度は約25度。もう一つ 興味深いのは他社にはないservo-flapsを使用してBladeの迎角を変化させることです。(どの画像でもローターの先端にフラップが写っています。)この方式はKaman社独自のもので、他のヘリコプターのようなBladeの付け根にpitch-rinkがありません。同じKaman 社製のH-2もServo-Flaps 操縦方式です。
ローターの取り付け角度がわかる様な画像を探したのですが、何せ小さな機体、これが精一杯でした。


Re: Kaman H-43 Huskie Name:geta-o Date:2013/03/20(Wed) 18:55 No.7777
前回のモハービは残念ながらめぐり合えませんでしたが今回のハスキーは参加できます。
最初はNAVYのHUK-1(UH-43C)( 146320/ATSUGI) 1962/11/4 厚木海軍記念日公開
マリンコのHOK-1(UH-43D)と何が違うのかわかりません。


Re: Kaman H-43 Huskie Name:N.SUZUKI Date:2013/03/20(Wed) 21:54 No.7778
広江さん、みなさんこんばんは
 1965年2月3日 厚木のR/W19にApprouchする OH-43D(HOK-1) VS -14 139988です。
 VMO-2のHOK-1は当時、普天間にいましたが、65年4月には解散し、Camp-Fuji の支援のために厚木で見られたVMO-2 Sub-Unit1の、この機体も、まもなく見ることが出来なくなりました。
ネット(Kamanの社内誌1965年8月号)で見ると、この後まもなく、 Navy-Marineを通したレシプロエンジンヘリコプターの最後のフライトが、船積みされる木更津まで行われた(VS-12 他)、ことがでていました


Re: Kaman H-43 Huskie Name:Takafumi HIROE Date:2013/03/21(Thu) 06:22 No.7779
>A-330さん
これまで石播側のヘリパッドでのショットが度々紹介されてますが、
この62-4562のショットも撮影には近くて良いシーンですネ。
しかし、やはり62-4561以外の機体もあったのですねぇ〜。
H-19の時と同様、私は横田はもちろん厚木で撮っても、いつも62-4561でした(笑)

>Straight Wingsさん
当時の三軍記念日は、隔年で天気が悪かったような・・・。
私も1969年5月17日(土)の横田基地三軍記念日に行きました。
朝は曇り空でしたが、のち雨が降りだし早々に撤収しました。
ここに登場する皆さん(私も)、紹介のシーンを並んで撮っていたのですネ。

>THUDさん
持ちレンズの焦点距離もさることながら、いつでも撮れるハスキーを私も見送っていたのか、
今回の話題で画像捜索しましたが、数コマしかありませんでした。
当時の高いフィルムでは、なかなかレンズを向けなかったのでしょうね(言い訳(笑))

>PAPPYさん
厚木基地には横田からGCA訓練で飛来する機体は意外と多かったように記憶してます。
もっとも、紹介のHH-43Bや“GT”レターのC-130Bが多く、なかなかレンズは向けませんでした(^^;)
WC-135BやRB-57Fはレンズを向けましたが、その厚木への飛来回数は多くなかったような・・・。
という事で、紹介のHH-43B 62-4562は1970年7月の何日だったのか特定できません。

>det.Hさん
紹介の1965年12月時点では、機首にスピーカーが付いてない?、それとも形が違う?
皆さんと同じ番号ながら、時代の変遷を捉えたショットですネ。
ところで、ちょっと調べて気づいたのですが、当時の36ARSは5AF直轄のようですね。
私は41ARRW所属下だと思い込んでました。

>Komatsuさん
マリンコのOH-43Dの存在は私も知っていましたが、その部隊等の詳細は私は分りません。
当時、厚木基地にも配備されていましたが、岩国基地にも配備されていたのでしょうか・・・。
それにしても、この綺麗な姿の撮影が1コマだけとは勿体無いです。
まあ当時は豊富な第一線機に隠れた支援機にはレンズを向けることは少なかったですネ。

>Cranberry 01さん
詳細な解説、大変に興味深く拝読しました。紹介画像からメインローターの取り付け角度が分ります。
初めて聞くFlettner Fl282、調べました(笑)。WW II時代のドイツ機は変り種が多いですネ。
H-2シースプライトでは、メインローターのServo-Flapsも気になりませんでした。
今回のヘリシリーズの話題には勉強になることが多いです。

>geta-oさん
厚木基地に配備されていたハスキーは、たぶん私は見たことがないと思います。
『たぶん・・・』は、1965年5月9日の片隅に置かれていたUH-25Bも紹介されて思い出したので(笑)
当時の命名規則が明確ではないのですが、陸海空+海兵で運用する名称を分けてましたね。
後に話題となるマリンコのCH-46A/Dと海軍のUH-46A/Dも、その一例かと思います。

>N.SUZUKIさん
最初『VS-14』のキーワードにビックリしましたが、マリンコ第一線部隊VMO-2所属機ですね。
ちょうどVMO-2がUH-43C/OH-43DからUH-1Eに機種改編直前の頃ですネ。
ちなみに、VMO-2の解散は1974年(だったかな???)なので、ちょっと意味合いが異なるような?。
それとハスキーのエンジンはレシプロではないのでは?。
まあ細かいことは置いといて、このVMO-2機の紹介には驚きです。

>皆様
このスレッドはここでクローズし、新たにPart.2を立てます。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -