GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





H-47 Chinook Part.3 Name:Takafumi HIROE Date:2013/06/14(Fri) 06:32 No.8362   
2008年洞爺湖サミットに参加する当時のジョージ・W・ブッシュ大統領の警護等の支援のため、
韓国からCH-47D 4機(88-00073, 88-00081, 88-00094, 88-00095)が厚木経由で北海道に向かいました。
↓は6月30日の往路“Innkeeper11”のリーダー88-00073。撮影時間は17:15。
さてこの部隊は"Blackcats"だとは思いますが、機首正面には矢印が見え???状態です。
所属は3-2nd AVN (3rd Battalion, 2nd Aviation Regiment)ではないかと思いますが、
どなたか、明解な解説をいただけることを期待しています。

さて私の日米のチヌークは、これで出尽くしました(笑)。後は撮影日&番号違いだけです。

>皆様
引き続き皆様の“チヌーク”の話題をお待ちします。

Re: H-47 Chinook Part.3 Name:飛行浪人 Date:2013/06/14(Fri) 07:10 No.8363
>広江さん、皆さんおはようございます。
今日もお互いに早起きですね。(笑)
駐韓米陸軍の話題が出てきたので便乗します。
2011年10月30日の烏山エアパワーデイに展示された、80091です。
部隊は正面についている矢印からすると広江さんのNO.8362と同じと思われます。
現在農作業に忙しく部隊検索まで手が回らなく申し訳ありません。


Re: H-47 Chinook Part.3 Name:geta-o Date:2013/06/14(Fri) 08:14 No.8364
広江さん、皆さんおはようございます。
チヌークも佳境に入ってきましたね。
皆さんで自衛隊以外チヌークが沢山出てきていますので私も一枚
2011年のAIR DAYでAIR POWER DEMO(陸自の言う 立体模擬戦)に参加したオランダ空軍(Royal Netherlands Air Force)289sqのCH-47D 'Blizzard' (D-663/c/n M3663/NL003)。この機体は元カナダ軍の#147005とのことです。
2011.09.16 LEEUWARDEN


Re: H-47 Chinook Part.3 Name:A-330 Date:2013/06/14(Fri) 09:10 No.8365
広江さん、皆さんおはようございます。
朝から雨模様のため愛犬散歩はお休み。おかげで朝一からパソコンに向かっています(笑)

入間ヘリコプター空輸隊チヌーク2機目は、ユネスコ世界遺産に登録されることがほぼ確実になった富士山がらみのショットを。CH-47J 37-4484 撮影日不明(90年代)
C-130+富士山で以前紹介した定番ポイントからの撮影です。CH-47は通常この場所まで移動してのホバリングは行わない(90年代は)ため富士山をからめた写真は諦めていたのですが、ある朝ヘリ隊長自らPhotoMissionとしてカメラ横で無線片手にパイロットにホバリングポイントを指示してくれるという有り難いご協力のお蔭で撮れた思い出深いショットです。隊長有難うございました。


Re: H-47 Chinook Part.3 Name:ET Date:2013/06/14(Fri) 10:05 No.8366
広江さん、皆さん、お早うございます。
2008年5月30日Berlin Schoenefeld空港でのILA2008で撮影した英空軍のBoeing Chinook HC.2 ZA705(cnMA017/B835/M7030)(CH-47D)です。デモフライトは遠すぎて撮れませんでしたが展示場所に戻る時目の前を通って行きました。この機体はFairford等各地でフライトしているので撮られた方も多いのではないでしょうか。
<広江さん>No.8352の機体はご指摘のとおり第15飛行隊です。機体前方にXVHと表示されています。


Re: H-47 Chinook Part.3 Name:ITAZUKE-1 Date:2013/06/14(Fri) 11:18 No.8367
広江さん 皆さん おはようございます。
2013年6月5日 ヘリパッドデルタに着陸後誘導路ボラボ-を2輪走行でエプロンへ戻る CH-47JA 春日ヘリ空輸隊 17-4500です。
コ-ルサインは当然クレ○○-00 救難航空団司令官機 などと米軍機ご無沙汰のつぶやきでした。


Re: H-47 Chinook Part.3 Name:Det.H Date:2013/06/14(Fri) 14:40 No.8368
広江さん 皆さん こんにちは
きのうでもう出すものが無いと思っていましたが、昨年の入間AS前日に行った折に撮っていた、JASDFがありました ペラを回してみようとスロウシャッターを切っていた為、ほとんどのカットがボツ! かろうじて一枚残りました 皆さんの傑作写真と比べるとドウトイウコトナイ画像ですが (^^;
これで多分もう無いかと
CH-47JA 27-4488(cn.5065) HAS/ARW JASDF   02,Nov.2012 Iruma AB


Re: H-47 Chinook Part.3 Name:PAPPY Date:2013/06/14(Fri) 15:37 No.8369
広江さん、皆さんこんにちは。
2011年9月4日三沢航空祭で消火バケツを懸吊して散水する航空救難団三沢ヘリ輸送隊の CH-47J 97-4498 です。
航空救難団マークの下の小さな白枠の中に所属が書いてありますがデジでも判読が困難なものが多く難儀します。


Re: H-47 Chinook Part.3 Name:cdr-god Date:2013/06/14(Fri) 16:22 No.8370 ホームページ
広江さん 皆さん こんにちは。Part.3になったら急に陸自機が寂しくなりました(笑)。
今日も元気に続投で5号機です。解りづらいと思いますので、所属は第12ヘリ隊第2飛行隊、相馬原の機体です。日付からも推測できるよう東日本大震災直後の北宇都宮駐屯地を経由して支援活動を実施中の機体です。
同活動中第12ヘリ隊はJビレッジに拠点を置き、福島の復興支援を担任した第12旅団と原発周辺の警戒監視を実施した中央即応集団(CRF)の支援飛行を第1ヘリ団とともに実施していました。


Re: H-47 Chinook Part.3 Name:N.SUZUKI Date:2013/06/14(Fri) 17:23 No.8371
広江さん、皆さんこんにちは。
 広江さん、No8362で紹介のCH-47D 88-0073の以前の姿、CH-47B 66-19122(B-380)です。
 撮影は、1986年7月 EverettのPain Field( Washington Army Reserve)で、尾部を拡大し、辛うじてTailNo 19122の数字が確認できました。CH-47BとA(初期型)とCH-47C型以降の機体との外観上の相違は、機首前方に突き出ている2本(又は1本)のピトー管が無く、機首上部(頭)の小さなピトー管の違いと思います。
 オリーブドラブ塗装は新しく見えますが、右手の機体で色の違いを見ますと、色あせて古く見えるよりも、塗料の規格の差のようにも見えます。今後も課題です。


Re: H-47 Chinook Part.3 Name:LUCHO Date:2013/06/14(Fri) 20:57 No.8372
広江さん、皆さん、こんばんは。
No.8362のCH-47Dですが、明野上空を4機で通過していきました。exifを見ると時刻は15:50です。
「あの↑のマーキングは何だ?」と検索して辿り着いたのがこの[GO NAVY]でした。

UH-60もそうなんですが自衛隊機は飛行中は窓を閉めている(ドアポケットに入れていた書類が窓から吸い出された事が有るらしい)んですが、米軍は開けて飛んでますね。


Re: H-47 Chinook Part.3 Name:うみ太郎 Date:2013/06/15(Sat) 02:02 No.8373
広江さん、皆さん、こんばんは。

今回もスペシャルマーキングで行きます。航空自衛隊50執念記念マーキングの入間ヘリ輸送隊のCH-47Jです。
入間基地で行われた50周年記念式典で石破防衛庁長官を乗せて来ました。現在の防衛大臣搭乗を示すVIPプレートが付いています。茶色バックの5つ桜

2004年6月27日 入間基地にて撮影 27-4481


Re: H-47 Chinook Part.3 Name:Takafumi HIROE Date:2013/06/15(Sat) 06:16 No.8374
>飛行浪人さん
お忙しい中、此処に朝一番に参加いただく生活習慣に感謝です。
私も朝早くレスして飛行浪人さんのペース乱さないように心がけなくてはなりませんネ。
紹介の88-00091は直前の私のNo.8362紹介88-00073と同じ部隊のようです。
鼻に書かれる矢印がスッキリ見えて、私のモヤモヤ感も取れてスッキリしました(笑)
Part.2 No.8346についての補足です。
A15-005(米軍S/No.73-21974)は1993年9月にアメリカに戻り米陸軍CH-47D(93-0928)に改造され未だ現役です。

>geta-oさん
同様なデモが陸自にもあるようですが、より実戦に近いシナリオでのデモに感じてしまうのは先入観念かな。
まあ何度もこだわりますが(笑)、機体の迷彩も徹底してますしね。
紹介のオランダのCH-47Dは米軍のCH-47Dとは異なり(?)、陸自のCH-47JAのようなレドーム付ですネ。

>A-330さん
最高の撮影環境をセッティングしていただけたのですね。イイですねぇ〜。
もちろん、大きく伸ばしてフレーム付で部隊と隊長の交代式典に合わせて進呈したのですよネ?(笑)
しかし入間より厚木の方が富士山に近いはずなのに、このように綺麗に撮れないのは私の腕のせいかな(笑)

>ETさん
チヌークもイギリス特有の外観に進化していくようですね。このゴツゴツ感は最高です。
紹介のZA705の部隊を調べていくうちに、飛行浪人さんNo.8334紹介と同じ部隊またはWingと分り、
更に新たな疑問が湧いて調べていったら無事解決。特有の2桁レター“AN”が後部上端に書かれてますね。

>ITAZUKE-1さん
私も『〜00』にピクッ!と反応してしまいますヨ(笑)
前輪を浮かせてタキシングするのは前回の話題H-46/KV-107と同じなのですネ。
しかし何となく重厚感たっぷりのチヌークでは様にならないと感じるのは私だけかな?。
チヌークは四輪を大地につけて転がる様が似合うと思うのですが・・・(笑)

>Det.Hさん
おや、想定外に登場していただきましたね。
Det.Hさんにはかなり馴染みのないチヌークというのも、なんとも奇妙にも思えますが、
今の日本では自衛隊機以外を見ることのできる可能性が低いので仕方のないことですかね。

>PAPPYさん
今では航空救難団マークの下に基地名が書いてあるので所属が分るようになりましたね。
しかしその反面、見ようとすると小さな文字で判読できないのが歯がゆいですよネ。
マニア的にはレター方式にしてもらうと、大変にありがたく嬉しいのですがね(笑)

>cdr-godさん
ひょっとしてcdr-godさんは陸自チヌークを全機制覇?(笑)
今回の話題は私としては楽しくもあり苦しくもある予想外の展開で進んでます。
ですので、陸自チヌークは是非ともcdr-godさんの奮闘が必要になりそうです。
今ではどのようになっているのか分りませんが、当時のJビレッジでの撮影は可能だったのでしょうか。

>N.SUZUKIさん
米陸軍チヌークは数が多くて撮影チャンスが少ない、ましてや厚木に飛来したのは希少、
そんな組み合わせの中でNo.8362紹介88-00073の改造元66-19122が紹介されるとはビックリ!です。
実は、私はCH-47A〜C、そしてCH-47D、各型の外見上の相違点を見出せてません。
コメントを拝見し納得できましたが、まだ他にないかと探してみます(笑)
オリーブドラブの色は答えの出ない会話になりそうな気配です。
何かの書籍で読んだ記憶では赤外線を反射を低減する材質を含有する塗料だとか???。

>LUCHOさん
あらっ!、2008年6月30日のCH-47D 4機は明野基地の上を通過しましたか。
明野から厚木まで1時間45分・・・。まあ、そんなものですネ(笑)
私のNo.8362は言葉足らずでしたが、確か韓国から岩国経由で厚木に来たと思います。
厚木を翌7月1日に離陸して、三沢経由で北海道入りだったかな???。復路は、また別の機会に。
私は米軍ヘリを見慣れているので、ドア・窓を開けたまま飛ぶ姿に違和感はありません(笑)

>うみ太郎さん
KV-107IIAと同じ50周年記念塗装のデザインかと思ったら、微妙に異なってるのですね。
色使いを含む全体的なデザインは数ある記念塗装の中では私の好きな部類です。
しかし、石破防衛庁長官は楽しそうに乗っていたのでしょうねぇ〜(笑)

>皆様
ここはクローズし新たにPart.4を立てます。





H-47 Chinook Part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2013/06/13(Thu) 06:11 No.8345   
横浜で開催されたJA2008(Japan Aerospace 2008)では空自チヌークが放水デモを2回実施しました。
海水のくみ上げは、1回目は銀鉛120mm相当の近さのためダウンウォッシユの海水でずぶ濡れ(笑)
さすがに指示でもあったのか、2回目(↓の画像)は銀鉛200mm相当に離れたため安心して撮影できました。
横浜らしいショットを得るため、皆さん思い思いのイメージを描いた場所で撮影し、
デモ終了後に寄り集まった皆さんとお互いの画像を見比べました(笑)


>皆様
引き続き皆様の“チヌーク”の話題をお待ちします。

Re: H-47 Chinook Part.2 Name:飛行浪人 Date:2013/06/13(Thu) 07:09 No.8346
>広江さん、皆さんおはようございます。
昨日は一足出遅れてしまいました、今朝はエイヤッと起きました。(笑)
今日のチヌークはオーストラリア陸軍のA15−005です。
整理が悪くてはっきりしませんが1990年頃のリッチモンドでの航空ショーです。

>広江さん、失礼しました。追加しておきました。

>Aー330さん、取り込みが間に合わないので後ほど。


Re: H-47 Chinook Part.2 Name:A-330 Date:2013/06/13(Thu) 09:44 No.8347
広江さん、皆さんおはようございます。

皆さんの1号機紹介話題に乗せて航空自衛隊チヌーク1号機を。
CH-47J 67-4471 入間ヘリコプター空輸隊 1989年12月、百里で実施された第2回航空訓練展示にて。
誘導路をホバリング移動した時には強烈なダウンウォッシュのため多量の枯れた芝生がエプロン一面に飛び散ってしまい、グランドスイーパー車が大活躍していました。
部隊発足当初から熱心に撮影していた1号機をはじめ8号機までがすでに用廃機となっていることを最近知り、自分も年をとったんだな〜と感じさせられます。

>広江さん
在韓米軍"BlackCats"胴体側面に書かれている白文字69の意味については検索するもビンゴヒットまでたどり着けませんでしたm(_ _)m


Re: H-47 Chinook Part.2 Name:geta-o Date:2013/06/13(Thu) 11:29 No.8348
広江さん、皆さんこんにちは
飛行浪人さん早起きですね。
今日のチヌークは私が見た最初のチヌーク。横田の石播側のヘリスポットを使用して訓練をしていました。午後で逆光でしたので字が見えるところまで修正しました。
このころの状況よく知りませんが記憶では在韓米軍に配属するチヌークを横田まで空輸しそこで組み立て飛行試験後韓国へもっていったような話を聞いたような気がします。
69-17117  CH-47C US ARMY 1971.05.14 横田


Re: H-47 Chinook Part.2 Name:cdr-god Date:2013/06/13(Thu) 12:09 No.8349 ホームページ
広江さん、皆さんこんにちは。ものぐさな私はデジタル化後の陸自機と空自機をメインに参加させていただきます。早速昨日の続きで4号機。(笑)
陸自第1ヘリ団の機体は、中央即応集団編成により部隊名が変更されましたが、使用している部隊のエンブレムはほぼ同じ、しかし、このTH-1のエンブレムは現在ロービジとなってしまいました。
広江さん、今回の自衛隊は全機制覇の可能性「大」ですね。楽しみにしています。


Re: H-47 Chinook Part.2 Name:Det.H Date:2013/06/13(Thu) 12:46 No.8350
広江さん 皆さん こんにちは
US.ARMYの機体が皆さんから紹介されていますね 日本ではショー以外では見られないと思っていました 板付にも来ていたとは 恐るべしITAZUKE!
A-330さん、Straight Wingsさんからもう紹介されていますが、もうこれしか無いもんで 1976年10月の入間に展示された74-22278です
私もこの“69”を調べてみましたが、判りませんでした
>非行老人さん、ん?あれ? さすが○寄りは早起きですね (笑)
変換ミス 失礼致しました m(_ _)m

では次回参加できるのはいつの事か?

CH-47C 74-22278(B-697) 213ASHC/19AB/17AG/8thARMY 23,Oct.1976 Iruma AB


Re: H-47 Chinook Part.2 Name:PAPPY Date:2013/06/13(Thu) 13:10 No.8351
広江さん、皆さんこんにちは。
2012年10月13日の木更津航空祭で格納庫に収まる第1ヘリ団 104Avn CH-47J 52927 です。
壁面に立て掛けてある穴の開いたサーフボード?でかいスノボー?様の橇で左が前脚用右が後脚用と思われます、色も赤と黒が有るようですね。
現役復帰はデジ化も一つですがGO! NAVY BBSとの出会いが最大要因かも・・・(笑)


Re: H-47 Chinook Part.2 Name:ET Date:2013/06/13(Thu) 14:22 No.8352
広江さん、皆さん、こんにちは。
2か月前(4月16日)JTAの特別塗装の機体を一網打尽にすべく那覇空港のデッキで撮影中進入してきたCH-47J (52971)です。撮影中は人の姿には気が付きませんでした。


Re: H-47 Chinook Part.2 Name:N.SUZUKI Date:2013/06/13(Thu) 19:56 No.8353
広江さん、皆さん、こんばんは。
 CH-47A 64-13159(製造番号B-131)で、撮影は1982年5月、EverettのPaine Fieldです。 
 CH-47Aの大多数がベトナムへ派遣されており、この機体も66年ごろから72年までベトナム、その後本国に戻り、このWASHINGTON ARMY RESERVE(92nd Aviation Company,6th ARMY)で、1985年にD型(86-01638)に改修されるまでこのリザーブに所属していました。
 広江さん、U S ARMYのオリーブドラブの色は難しく、この写真は午後の8時過ぎに撮っていますが、ワシントン州の5月の日没は10時過ぎであり、それなりの色と思います、左手後方に前回No8342で紹介したのと同じ塗装機もいますので、異なる2種類の塗装の比較もできると思います。


Re: H-47 Chinook Part.2 Name:LUCHO Date:2013/06/13(Thu) 20:42 No.8354
No.8339に続いて[教育支援飛行隊]です。

CH-47J SD #931。後ろは #951 です。
10/01/06 明野にて。


Re: H-47 Chinook Part.2 Name:Dragon88 Date:2013/06/13(Thu) 20:47 No.8355
広江さん、皆さん、こんばんは。
 いつも変な画像ばかりを投稿していて申し訳なく思っております。
たまたま寒い中、01END/Wで狙っていたらCH-47Jが富士での練習帰りに立ち寄り通過していったらなんとSKIを履いておりました。でも・・・  
SNOWBOARDみたいな、どでかいやつだったので"なんだなんだ"と少人数ではありましたが驚いてシャッターを切っていました。私もSKIを履いたものは聞くには聞いていましたが初でしたので驚きました。
やはり、冬支度の仕様はSKIですね。深雪や新雪にはSKIが安全です。チヌークは重いから・・・


Re: H-47 Chinook Part.2 Name:ITAZUKE-1 Date:2013/06/13(Thu) 21:16 No.8356
広江さん 皆さん こんばんは
1976年4月6日 No.8343と同じCH-47C 74-22274です。が小型のクレ-ンをぶら下げて飛んできました。
空軍では使用しない機材のようでしたので これも訓練の一部と考えます。


Re: H-47 Chinook Part.2 Name:T.H Date:2013/06/13(Thu) 21:20 No.8357
> 広江 さん
現用機種のわりに、やや低調気味かと感じましたので、お礼を兼ねてやって参りました〜 (笑)
でも 詳細が判らないものデスよ〜調べて下さいマセ!

OSAN AB 2012年10月19日 CH-47 ROKAF 19-081


Re: H-47 Chinook Part.2 Name:Straight Wings Date:2013/06/13(Thu) 22:14 No.8358
>広江さん
確かに米陸軍のオリーブドラブは難しい色ですね。古いカラー写真のデジタル化で色が微妙でどうしてもわからないときは、しょうがないのでほかのモノの色合いで判断しますが、特に人肌の再現はひとつの基準になります。
これは、元がデジタル。空自のCH-47J 87-4486、2006/5/14 静浜航空祭での帰投です。人出が少なくのんびりと草原に陣取って見物していた古きよき時代(!)の静浜です。


Re: H-47 Chinook Part.2 Name:BATMAN Date:2013/06/13(Thu) 22:34 No.8359
>広江さん、皆様 こんばんわ。H-46に比べて自衛隊を含め各国のH-47は塗装にバリエーションが少なく今ひとつですね。まずUS ArmyはS/Nも読み辛く実戦に徹した塗装と思います。昨年シアトルのBAのデモの時に前座でスペシャル・フォースの敵地進入をシミュレートしたCH-47D(と思いますが)S/N0-00185です。所属はタコマ近郊の1st Battalion,52nd Aviation Regiment,16th Combat Aviation Brigade,7th Infantry Div.と推測します。

Re: H-47 Chinook Part.2 Name:うみ太郎 Date:2013/06/14(Fri) 00:54 No.8360
広江さん 皆さん こんばんは。
遅ればせながら参加させて頂きます。Straight Wingsさんの貼られてるのと同じ機体ですが
救難50周年記念塗装をほどこし、隊員の方が記念撮影をしたいました。
博物館の目の前でやっていたので後ろから撮らせてもらいました。カメラマンが黄色の台に
乗って撮影してました。

2008年5月13日 CH-47J 87-4486


Re: H-47 Chinook Part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2013/06/14(Fri) 06:31 No.8361
>皆様
GO! NAVYが、早起きや各地への展開で皆様の健康の秘訣の一つの要因となれば私も大変に嬉しく思います(笑)

>飛行浪人さん
イギリスの次はオーストラリアですか・・・。飛行浪人さんの戦略(笑)の今後が楽しみです。
S/Noが明確にコメントいただいたので、この後の部隊の調査はスムーズに進むかな?。
私の性格として、調べるのは楽しみなのですが、また苦でもありますが・・・(笑)

>A-330さん
空自チヌークの配備が、ちょうどA-330さんの居場所(笑)とタイミングが合ったのでしょうか。
那覇時代の様々な画像と同様、入間での貴重なショットが拝見できるかと楽しみです。
それにしても、#471〜#478が既に用廃になっていたとは私も初めて知り歳を感じてます(笑)

>geta-oさん
撮影の当時、米陸軍チヌークが横田に現われていたとは初めて知りました。
雑誌等のニュースで見た記憶もありません・・・。
直接、韓国に空輸できるはすですので、当時語り継がれていたことが不思議にも思えます。
それにしても私にとっては今回もまた大きな新発見です。

>cdr-godさん
陸自チヌークの部隊は今までの話題の陸自ヘリよりは部隊数が少ないので気持ちの上では楽です(笑)
自衛隊機の全機制覇って、陸空合わせて92機?。Partはどこまで進むのでしょう・・・。
とりあえず、次は52904でお待ちしてよろしいのでしょうか?(笑)

>Det.Hさん
米陸軍機が数多く紹介されているのには私も想定外。驚いてます。
続いては74-22278ですか。Det.Hさんの撮られたチヌークが入間での2機とは偶然にしても面白い結果ですネ。
変換ミス?(笑)。次の登場が当分先なので意図的にしか思えません(笑)

>PAPPYさん
紹介の機体よりもコメントにある壁に立てかけられているサーフボード?でかいスノボー?に興味大。
よくよくコメントを拝見して前後の車輪の冬季用のソリと理解できました。
この冬、厚木にILS訓練で飛来したソリ付きチヌークを私はミスミス見ながら撮り逃したことがあります。
その後、飛来のたびにレンズを向けましたが未だに姿を見ることができません。

>ETさん
思わぬところで意図せず撮った画像が日の目を見ることになり嬉しく思います。
ましてやETさんも、このお題のために探した画像で後部に人影発見!(笑)
ところで画像から判別しずらいのてすが、那覇&マークから第15飛行隊(XV)と判断してよろしいですか?

>N.SUZUKIさん
貴重な予備役部隊の紹介ですが、いやぁ〜本当に米陸軍の部隊は分りません。外見上も分らないけど。
この機体のオリーブドラブは色が異なるというより、色が褪せたように見えなくもない・・・。
胴体膨らみ(バルジ?)に書かれる文字周辺が元々の色のような気もします。

>LUCHOさん
CH-47JとCH-47JAの正面形から、機首レーダーと側面の膨らみ(スポンソン?バルジ?)の差が容易に分りますね。
ところで申し訳ありません、画像から分からない部分(番号や部隊)の補足コメントは大変にありがたいのですが、
撮影時のシチュエーションやLUCHOさんの感想等、何か簡単なコメントがほしいのですが・・・。
この正面形の紹介も、CH-47JとCH-47JAの相違を表現する意図なのでは?。
胴体の膨らみのようにレスコメントも膨らませたいので(笑)

>Dragon88さん
上から順にレスしてきてDragon88さんの番になったビックリ!。
PAPPYさんへのレスコメントで悔しい思いをした日の機体52928ではないですかぁ〜。
少人数が撮ったのは、私が目視して『スキー履いてる』って叫んだので皆さんカメラを手にしたのですヨ。
で、私のカメラはバックの中でレンズも組まれてない状態で間に合わず(>_<)
悔しい思い出が目の当たりにした画像で蘇えったヨ(笑)

>ITAZUKE-1さん
クレ-ンを吊り下げた姿は貴重ですが、何処から来たのでしょう。まさか海越えではないですよね(笑)
米陸軍と陸上自衛隊との共同訓練、あるいは陸上自衛隊へのチヌークの売り込みデモとか???。
No.8343と機体も同じで日付も近いことから、何処か付近に居続けていたのでは?。

>T.Hさん
お礼をいただいた、というより強制的な宿題を与えられた、の表現の方が正しいのでは?(笑)
韓国のS/No.は、米軍からのお下がりの流用と、それとは無縁の附番規則があるので難しいのですヨ。
在韓米陸軍部隊でアップアップして未解決の状況の中、飛行浪人さんのオーストラリアに続く宿題です(笑)
とはいえ、画像そのものは貴重ですよね。あまり世に広まっていないような気がします。

>Straight Wingsさん
紹介画像は硬くなくやんわりとした感じがイイですネ。
静浜には、もう40年ほど行ってませんが、のんびりとした記憶は残ってます。
私は根がいい加減なタイプで、発色も調整途中で『もうコレでいいや』と終えてしまいます(^_^;
と言いつつ、実はこだわりもある相反する部分をも持つ支離滅裂タイプかな(笑)
オープニングのNo.8332は、何度トライしても納得できる色にはなりませんでした。
モニターのキャリブレーションも、正しいかの自信もないので、色について語る資格もないのですが・・・。

>BATMANさん
前回の話題KV-107の時に、私は何度も陸自機の迷彩塗装についてケチをつけてきましたが、
法的な問題があるのでしたら、それをクリアーとようとしない中途半端な姿勢が納得できないのです。
やるならやるで、紹介のような米陸軍機を参考にして、徹底的にやってほしいですよね。
それにしても、またまたオリーブドラブの色が・・・(笑)。
まあ、これがキットではなく実機だという現実、私はこの色が好きです(笑)

>うみ太郎さん
私のNo.8345紹介47-4485と同じデザインですが、何機に施されたのでしょうか。
紹介のようなシチュエーションは、私も経験したことがあります。
全体としては良いのですが、一人一人のとしては小さくて絵本の“〜を探せ”状態となりました(笑)
ところで、コメントを何度も読み返しましたが、場所が書かれてませんよ(笑)
まあ、博物館というキーワードから想像はできますが・・・。

>皆様
ここはクローズし新たにPart.3を立てます。





H-47 Chinook Name:Takafumi HIROE Date:2013/06/12(Wed) 06:06 No.8332   
陸自CH-47J/JAは厚木にILS訓練で飛来することが多く意外と馴染みある機種です。
しかし残念ながら、私個人的な恒例(笑)ともいえる1号機の画像は見つかりませんでした。
↓は陸自2号機52902、第1ヘリコプター隊第2飛行隊時代の姿です。


>皆様
2週間以上のリフレッシュ休暇をいただきました。ありがとうございます。
今日からスタートする話題は“Boeing H-47 Chinook”。
日本では馴染み深い陸自・空自機以外に本家米陸軍機を時々見かけますが、撮影チャンスは希少。
したがいまして、混乱を覚悟のうえで軍民国籍を区分けせず話題を進めます。
私にとっては再びアウェイ(笑)となり、どこまでレスできるか・・・。

それでは皆様からの“チヌーク”の話題をお待ちします。

Re: H-47 Chinook Name:geta-o Date:2013/06/12(Wed) 09:14 No.8333
広江さん、皆さんおはようございます。
梅雨に台風ということでどこへも行かないので写真の整理が進みます。
広江さんが陸自の#01がないとのことなので相馬が原のXIIH所属の52901
2007.05.20北宇都宮での撮影です。


Re: H-47 Chinook Name:飛行浪人 Date:2013/06/12(Wed) 09:15 No.8334
>広江さん、皆さんこんばんは。
またまた始まりましたね、私が初めてチヌークを見たのは1971年6月7日、入間ですが画像の準備が出来ていないのでまた後で。
今日はRAFのチヌーク、2011年7月16日のエアタットーです。
久しぶりに行きましたがフライトの数は昔に比べると減っていました。
そんな中RAFのチヌークは大型ヘリでここまでやるのかという動きを見せてくれ感動しました。
北宇都宮の公開でも陸自のヘリはかなり良い動きをしていましたがここまでは無理でしょうね。
なおレジはZH895/HJでした。


Re: H-47 Chinook Name:A-330 Date:2013/06/12(Wed) 09:49 No.8335
広江さん、皆さんおはようございます。

チヌーク滑り出し好調ですね。
入間で行われた1976年国際航空宇宙ショーで展示された在韓米陸軍 CH-47C 74-22278"Blackcats"のお帰りシーンです。撮影日は確か10月25日だったと思います。

>飛行浪人さん
朝の9時の投稿挨拶から推察するに海外からのUPでしょうか。1971年6月7日に入間で撮影されたチヌークに興味津々是非紹介をお願いします。


Re: H-47 Chinook Name:Det.H Date:2013/06/12(Wed) 09:54 No.8336
広江さん 皆さん こんにちは
ついこの間までの爽やかな飛行場日和とうって変わって、昨日今日と梅雨らしい天気になりましたね tailwatcher?としては悶々としています (笑)
久しぶりに参加出来る話題になりました が 明日で弾切れか?
1973年10月、入間で行われた国際航空宇宙ショー?に展示されたUS.ARMYチヌークです このBBSVで取り上げられなかったら多分一生日の目を見る事もなかった写真です
US.ARMYの部隊について過去聴いた記憶も調べた事もありませんでしたが、今回この機体に書かれていた猫のシルエットを頼りに調べてみました
Camp Humphreys, Koreaをベースにしていた8th ARMY 17th Aviation Group 19th Aviation Battalion 213th Assult Support Helicopter Company “Black Cats” と言う事が判りました 陸軍は随分長ったらしいですね 間違い等がありましたら、ご指摘よろしくお願い致します
>広江さん
ありがとうございます m(_ _)m

PM15:00 追記
この機体のインテークを見ると防?カバーがないようですが、こういうのも普通だったのでしょうか

CH-47C 67-18515(B-485) 213ASHC/19AB/17AG/8thARMY 10,Oct.1973 Iruma AB


Re: H-47 Chinook Name:cdr-god Date:2013/06/12(Wed) 14:12 No.8337 ホームページ
皆さん梅雨の合間にストックを備蓄されていたようですね。私も今回は少し参加できる余地がありそうです。
陸自チヌーク、1・2号機が登場しましたので、今回は3号機から。撮影は2003年当初ですが、この頃からデジタル化を開始したため、フィルムとの混合が半年くらい続きました。
今回のような時に関係する画像をすぐに呼び出せるのもデジタル化最大の利点ですね。


Re: H-47 Chinook Name:PAPPY Date:2013/06/12(Wed) 16:10 No.8338
広江さん、皆さんこんにちは。
空自のスポンソンタンク大型化と気象レーダー装備機の1号機の CH-47J 27-4487 航空救難団那覇ヘリコプター空輸隊で2011年1月23日の那覇航空祭に展示されたものです。


Re: H-47 Chinook Name:LUCHO Date:2013/06/12(Wed) 20:00 No.8339
広江さん、皆さんこんにちは。今回は参加できそうです。

[JA]の1号機です。
CH-47JA SD #951
10/01/08、明野駐屯地飛行初めにて。


Re: H-47 Chinook Name:Straight Wings Date:2013/06/12(Wed) 21:23 No.8340
広江さん、皆さん、こんばんは
A330さんが#8335で紹介されたCH-47C 74-22278の展示中の姿です。1976/10/22 入間での撮影です。エンジンの排気パイプが金色に輝いています。


Re: H-47 Chinook Name:N.SUZUKI Date:2013/06/12(Wed) 21:46 No.8342
広江さん、皆さんこんばんは。
 Chinook 最初はCH-47A 64-13135(B-107)で、撮影は1986年6月 シアトルのボーイングフィールドでのエアショー展示機です。外観上は自衛隊等でなじみのD型以降等との違いは目立ちませんが、エンジンパワー等は大きく異なる機体です(3500HPと2200HP等)。 シアトルの近くではボーイングのエべレット工場があるPaine Field空港にARMYの基地がありChinookuが配備されていました。なお、この機体(B-107)はこの直後にエンジン、ローターの変更、胴体の補強等を行いCH-47Dに改修(86.9.24日)され、登録も86-01676に変更されているようです。


Re: H-47 Chinook Name:ITAZUKE-1 Date:2013/06/12(Wed) 22:11 No.8343
広江さん 皆さん こんばんは
1976年3月30日 板付へ北側から着陸するCH-47C 501AR 74-22274です。 当時は同じ機体が数回見ていますので航法訓練に飛来していたと思われます。
74-22274についてはURLを参照してください。
http://www.chinook-helicopter.com/history/aircraft/C_Models/74-22274/74-22274.html


Re: H-47 Chinook Name:Takafumi HIROE Date:2013/06/13(Thu) 06:10 No.8344
>geta-oさん
52901紹介ありがとうございます。
XIIHは関東地方では撮影チャンスが多くはないと思っていたのですが、
ある特定の機体がこちらに来ているのか、または機体の交換でXIIHが残ったものなのかは分りませんが、
陸自チヌークに遭遇チャンスの多くはない私でも厚木や木更津で何度か見かけてます。

>飛行浪人さん
オープニングから超変化球を投げてきましたねぇ〜(笑)
コメントのように、かなりダイナミックなデモフライトを行ったようですね。
コックピットのパイロット以外、機内に乗るロードマスター等は恐怖を感じないのかなぁ〜。
ところで紹介は思いっきりのアウェイ、型式・番号・部隊等、画像からも判別できません。
私なりに調べたところ、RAFチヌーク30周年塗装Chinook HC.2 (or HC.2A) ZH895/HJと結果が出ました(笑)
スミマセン、以降はできる限り補足を下さい。

>A-330さん
本家米陸軍のチヌークは、1976年10月の国際航空宇宙ショーにも展示されたのですネ。
毎度のことですが、1976年はF-14A vs TF-15A(当時の名称)の対決だけが記憶に残っちゃってます(笑)
米陸軍ヘリは部隊内に機数が多く識別困難なのかS/No.の末尾を目立つ白で書くケースが多いようですが、
胴体窓の内側(?)に小さく白で書かれる“69”の文字は何かな???。

>Det.Hさん
米陸軍の部隊は私には難しすぎて、さっぱり分りません。
BBS II化の際には、Det.Hさんの調査結果をそのまま流用させていただきますネ。
インテークの防塵(?)カバーの有無は私は分りませんが、ヘリに多く見かける理由があるのでしょうね。
明日で弾切れ?、また長い沈黙に入るのでしょうか・・・(笑)。

>cdr-godさん
ヘリの離着陸シーンで見かけるゴミの多さ、このショットはまた格別に多いですネ。
この後も陸自と接する機会の多いcdr-godさんならではの貴重なショットに期待します。
私のデジ化スタートは2004年6月。わずか4ヵ月後の10月には100%デジ化しました。
画像データ管理の命名ルールは当初は試行錯誤しましたが、今では確定し管理が楽になりました。

>PAPPYさん
デジ化の話題とつながりますが、PAPPYさんの休眠からの復活はデジ化が起因しているのでしょうか。
その後は休眠前と同様に各地に精力的にお出かけのようですね。
空自チヌークの17号機以降をCH-47J(LR)と区分けすることがあるようですが、正式名称ではないようですね。

>LUCHOさん
明野をホームベースとして活動されているLUCHOさんも数々の貴重なショットがあるかと楽しみです。
ところで、実は私も紹介と似た腹気味のCH-47JAのショットを用意してました。
CH-47JAならではの外見的な大きな特徴と思ってますが、それにしても重量感たっぷりですネ。

>Straight Wingsさん
1976年10月ねぇ〜・・・。左端に写る区分けの案内標識しか記憶にありません(笑)
物置の奥のほうにしまいこんだパンフレットを後で捜して見ます。
ところで、米陸軍のオリーブドラブ(?)の発色は難しいですねぇ〜。
塗料の質が違うのか、赤外線吸収塗料なのか、現在はN.SUZUKIさんNo.8342紹介に近いような。
しかし私の化石の頭の中は、Det.HさんNo.8336紹介の色で止まったままです(笑)
もっとも、オープニングで紹介したNo.8332も変な色に仕上がってますが・・・。

>N.SUZUKIさん
本家米陸軍チヌーク初期型CH-47Aの紹介、さらに撮影が1986年とは驚きの連発です。
1982年から多くのCH-47A/B/CがCH-47Dに改造されましたが、紹介の64-13135 (B-107)は
86-01676 (M.3181)に改造されたので、製造番号から181機目のCH-47Dでしょうか・・・。
それにしても、やはり本家のチヌークは番号すら読み取れない完璧なロービジです。

>ITAZUKE-1さん
韓国から板付に航法訓練で米陸軍チヌークが飛来していたとは初めて知りました。
米陸軍ヘリ部隊にうとい私でも、紹介の矢印マークは記憶にあります。
最近も見かけたような???。しかし名称変更が多いようで、変遷が全くつながりません。

>皆様
ここはクローズし新たにPart.2を立てます。





V-107II/KV-107II 最終章 Name:Takafumi HIROE Date:2013/05/24(Fri) 06:28 No.8315   
>皆様
突然で申し訳ありません。この先を無理せず最終章とします。
参加される方が少ないと予想されますので、お手持ちから5枚以内で紹介下さい。
それでは皆様からV-107II/KV-107IIの最後の話題をお待ちします。

Re: V-107II/KV-107II 最終章 Name:飛行浪人 Date:2013/05/24(Fri) 06:53 No.8316
>広江さん、皆さんおはようございます。
やはり民間型は機数が少なくて話題が続かないのは残念ですね。
スウエーデンへ輸出されたバートルを求めて彼の地へ行ったのですが空軍の航空ショーには展示されませんでした。
さて最終章は物輸現場から1981年8月24日の九度山、背景は紀の川と橋本市です。


Re: V-107II/KV-107II 最終章 Name:飛行浪人 Date:2013/05/24(Fri) 06:55 No.8317
>続いては同じ現場の鉄塔部材を吊り下げた状態、長吊りと言われていました。

Re: V-107II/KV-107II 最終章 Name:飛行浪人 Date:2013/05/24(Fri) 07:03 No.8318
>1981年10月26日は百里航空祭の翌日、栃木の山奥湯西川方面へ、物輸のヘリを求めてGulf4さんと
山の中をあちこち走り回りました。
そんななかJA9555/美濃が生コン輸送(通称生コン打ち)をしているところに出会いました。
このバケットは他の機種とは形状が違います。


Re: V-107II/KV-107II 最終章 Name:飛行浪人 Date:2013/05/24(Fri) 07:06 No.8319
>生コンを降ろしてヘリポートへ戻ってきたところ、バケットの底が開いています。
それでは次のチヌークでお会いしましょう。


Re: V-107II/KV-107II 最終章 Name:geta-o Date:2013/05/24(Fri) 20:17 No.8320
広江さん、皆さんこんばんは
長かったH-46/V-107も最終回ですね。
といっても変わったものはありません。
最初は昨日のJA8555の後ろにいたJA9509(長良) 1997.10.25岐阜


Re: V-107II/KV-107II 最終章 Name:geta-o Date:2013/05/24(Fri) 20:23 No.8322
2枚目もJA8509ですが1970. 7.26岐阜航空祭での展示飛行。このころは飛行場地区でなく補給処地区で実施されていました。

Re: V-107II/KV-107II 最終章 Name:geta-o Date:2013/05/24(Fri) 20:24 No.8323
最後にGulf4さんがUPした警視庁のJA9511(おおぞら) 1993.08.24東ヘリ
それでは次のお題まで。


Re: V-107II/KV-107II 最終章 Name:Gulf4 Date:2013/05/24(Fri) 21:26 No.8324 ホームページ
飛行浪人さんの写真を見ていると、一緒に行ったことが多いだけに自分の写真を見ている気が(笑)。
ところで最終章になったので、サウジアラビア向けの残り2種類を紹介します。
KV-107UA-SM-2(15/JQ4140)、これは救難タイプとのことでした。前回と同じく1984年5月31日の名古屋港。
GCDA(General Civil Defence Agency)所属、MOI(Ministry of Interior)に数字を加えMOI-15が正式S/Nとか?


Re: V-107II/KV-107II 最終章 Name:Gulf4 Date:2013/05/24(Fri) 21:44 No.8325 ホームページ
1984年5月31日はサウジアラビア向け最後のロットが船積みされ、その数は3機で残るはこの
VIPタイプのKV-107UA-SM-3(16/JQ4141)。機首にウェザーレーダーを装備しています。
このロットでは残る救急タイプがなかったので、結局は撮ることができませんでした。

飛行浪人さんから要望(?)のあった、カナダの黄色いCH-113は発掘できませんでした。

JA9511とJA9512のカラーリングですが、共に本来の警察や消防目的ではなく、東京都の行政ヘリ
として導入された経緯から、同じ配色になったと聞いた記憶があります。


Re: V-107II/KV-107II 最終章 Name:N.SUZUKI Date:2013/05/24(Fri) 23:20 No.8326
広江さん、皆さんこんばんは。
 最終章、JA9503 KV-107U-3 (c/n 4004)です。
 最初は、1970年厚木 R/W01付近で撮ったニッピ杉田から厚木へ輸送されるA-4です。No8302,8303で Kakatsukaさんが1965年当時のを紹介していますが、その後も続いていました。A-4の整備も細かく見ると大分変更されており、この前部胴体では、塗装も含めほぼ完成されているような状態です。


Re: V-107II/KV-107II 最終章 Name:N.SUZUKI Date:2013/05/24(Fri) 23:23 No.8327
2枚目も、同じ日何度か往復した、別のA-4機の搬送です。

Re: V-107II/KV-107II 最終章 Name:N.SUZUKI Date:2013/05/25(Sat) 00:23 No.8328
3枚目は、同じ機体ですが、それ以前、1964年5月、羽田空港整備場を離陸する関汽エアラインズ所属当時の姿で、No8294でgeta-oさんが紹介していたのと同じ頃のものです。
 広江さん、JA9511警視庁の機体は、旅客輸送を目的とした国際基準(ICAO)に合致する形態から、当時軍用型向けに開発されていた後部ローデングランプ、500galスポンソンタンク等を装備したものです。警視庁の使用目的に合致し、有償の旅客輸送はないことから、改めて型式証明等の手続きはとらずに耐空証明のみで飛行している機体です。海上保安庁で使用していたS-58も同様で、三菱がシコルスキーからキットで購入していた海兵隊向けの軍用輸送型 HUS-1形態そのもので、S-58と扱われていたものです。厚木で飛行しているハンターも同様にNナンバーの民間機ですが、民間型でない軍用型式であり、他に、NASAが使用しているP-3等も民間型のL-188 エレクトラではない軍用機を改造して使用している事例等があります。


Re: V-107II/KV-107II 最終章 Name:Takafumi HIROE Date:2013/05/25(Sat) 13:18 No.8331
>皆様
朝早くから用事があったためレスが遅れましたm(_ _)m

>飛行浪人さん
スウェーデンのバートルに出会えなかったのは、飛行浪人さんはもちろん私たちも残念です。
しかし遠路まで出かけられた飛行浪人さんにはお疲れさまですm(_ _)m
物輸現場から働くバートルの姿、どれも本当のバートルの姿、大変に貴重な記録ですね。
Gulf4さんとご一緒に山の中を走り回った成果、このように拝見できるのに感謝です。
私のNo.8290とNo8301も後から気づいたのですが、胴体後部の荷物室は取り外しているようですね。

>geta-oさん
No.8304紹介JA9555の隣に並んでいたのはJA9509でしたか。モヤモヤがすっきり取れました(笑)
1970年当時の岐阜基地の公開が補給処地区で行われていたのも初めて知りました。
No.8322のシーンは標準レンズでの撮影ですかね?。近い場所から撮れるクリーンな画像が良いですネ。
警視庁のJA9511も青空に映える綺麗な塗装&画像が素晴らしいです。

>Gulf4さん
飛行浪人さんが代行で紹介された画像。当時が懐かしく感じられる気持ちは私にも似たシーンでよく分ります。
サウジアラビア向けバートルには数タイプあるようですが、私には個々に理解できてませんでした。
また、“GCDA”とS/No.の“MOI”もチンプンカンプンでしたが、共にスッキリできました。
タイプ別の画像紹介とコメントには感謝いたします。
加えて、JA9511とJA9512のカラーリングの意味、東京都の行政ヘリとして導入された経緯とのこと、
これもスッキリと解決、Gulf4さんの的確なコメントにはいつも感謝いたします。

>N.SUZUKIさん
杉田NIPPIから厚木NIPPIへの空輸にKV-107IIは時々見かけられた光景でしたか。
それも私が既にエンドに出没していた時代にも行われていたことを初めて知り驚いてます。
このシリーズ第一弾“米軍H-46シリーズ”では私から画像を紹介しませんでしたが、
岩国から厚木に向かう途中に墜落した民間籍T-34B N7881Cを空輸するUH-46Dなども確認してます。
JA9511の件ですが、私は型式証明と耐空証明の区分けをしておらず混乱してました。
根本的な私の知識不足と認識の誤りです。スッキリしました。ありがとうございます。

さて、恐縮なお願いで申し訳ありません。
エンドでお会いした時にも説明しましたが、投稿時に新たなパスワードを再入力し、
以降は、その値でコメントの訂正や削除はN.SUZUKIさんご自信でお願いします。
私の削除はN.SUZUKIさんが投稿されてから約12時間後となりました。
『貼ったらまずいかなぁ〜』と感じたら、最初から投稿せぬようお願いします。
ネットに一度でも出たら、それはもう取り返すことのできないことになります。
誰かがダウンロードしていたら、あっという間に広がるのを防ぐことは不可能です。
ネットはエンドでの世間話しとは全く違うということを再認識下さい。

>皆様
短期決戦ながら、貴重な民間型KV-107IIのあらゆるシーンが皆様から紹介されました。
皆様のアクティブな活動の成果と画像保存&捜索には心より感謝いたします。
本当にありがとうございました。

さて、次の話題は“Boeing CH-47 Chinook”。
日本では陸自・空自で現役の馴染み深い機種。
本家米軍では輸送型から特殊戦型までバラエティー富む機種ですが、日本では馴染み薄。
Hughes H-6の時と同様に混乱覚悟で軍民国籍を区分けせず話題を進めます。
スタートは、しばしの休養後6月12日(水)を予定します。





V-107II/KV-107II part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2013/05/23(Thu) 06:25 No.8301   
私の手持ちのポジは↓で終わりです。モノクロは、あるべきところに無い・・・。
North PHANTOMさんNo.8296紹介と同じ川重のJA9509。
ちなみに、背景の機首と尾部に写り込んでいるのはヒコーキ雲です。


>皆様
スミマセン、この先が全く予測できません。
皆様の手持ちのコマ数も分りませんが、このスレッドから3枚紹介OKで進めます。
その際、残数をお知らせ下さい。

Re: V-107II/KV-107II part.2 Name:K.akatsuka Date:2013/05/23(Thu) 07:33 No.8302
1965年12月27日、CVW-11(NH)機フライインの午前中、厚木Rwy01に進入するKV-107U(JA9503)です。
カワサキのKV-107がA-4を吊ってニッピへ運ぶのを見たのはこの日だけでした。


Re: V-107II/KV-107II part.2 Name:K.akatsuka Date:2013/05/23(Thu) 07:46 No.8303
CVW-11機のフライインが終わった後に再びA-4を運び込みます。



Re: V-107II/KV-107II part.2 Name:geta-o Date:2013/05/23(Thu) 07:53 No.8304
広江さん、皆さんおはようございます。
画像は沢山ありますが何せ被写体の数が少ないので既出でないものはこれしかありません。
JA9555 1997.10.25岐阜(川重エプロン)


Re: V-107II/KV-107II part.2 Name:PAPPY Date:2013/05/23(Thu) 09:06 No.8305
広江さん、皆さんおはようございます。
1976年10月17日の入間基地で行われた第5回国際航空宇宙ショーに展示された川崎重工業の KV-107II JA9509 です。
第2回までが東京でそれ以降国際になったようです。
胴体後部の荷物室が引き出しのように開くのですね初めて知りました、民間バートルはこれにてネタ切れです。


Re: V-107II/KV-107II part.2 Name:N.SUZUKI Date:2013/05/23(Thu) 11:57 No.8307
広江さん、皆さんこんにちは。
 part1No8297で紹介したJA9508 京都淀川河川敷での残り2枚を背景が気に入っているので紹介します。
広江さん、民間型のバートル機の水上試験は、川崎岐阜ではオーバーホール後等の試験飛行では、犬山市の明治村近くにある入鹿池(いるか池)で社内試験をしていたと聞いています。なお、Galf4さんが紹介している警視庁のJA9511(KV-107UA-17)は民間機ではありますが、民間型でなく型式証明は取得していません。以前紹介した海上保安庁が使用したS-58等(UH-34)と同じ扱いです。



Re: V-107II/KV-107II part.2 Name:N.SUZUKI Date:2013/05/23(Thu) 12:00 No.8308
残りのJA9508 風景です。

Re: V-107II/KV-107II part.2 Name:Gulf4 Date:2013/05/23(Thu) 21:30 No.8309 ホームページ
やはり輸出機は名古屋マニアの「専売特許」ですかね。二度目となった名古屋勤務の直後に
サウジアラビア向けKV-107を運良く撮ることができました。
テストフライトも岐阜で一回だけ撮りましたが、運良く船積みの情報を得て撮りに行きました。
1984年5月31日、当時の住居から自転車で行けた名古屋港の通称「バナナ埠頭」で撮った一枚。
サウジアラビア向けは4タイプありましたが、これは消防タイプのKV-107UA-SM-1(14/JQ4139)。
船積みするためにテストフライト時に装備していた、消火装置は外してありました。
なおJQ4139は製造番号なので、サウジアラビアでは単に14だけが登録記号なのでしょう。

ところで広江さん
東京消防庁のSA330ですが、成田の博物館にある機体(JA9512)を思い出してください。
警視庁のKV-107と赤、白、青、3色の配色が同じです。消防カラーではありません。


Re: V-107II/KV-107II part.2 Name:飛行浪人 Date:2013/05/23(Thu) 22:07 No.8310
>広江さん、皆さんこんばんは。
広江さん、失礼しました。私のPCでは何故か変換候補に出ていて確認しないままキーを押してしまいました。
さて今日は予定を変更してGulf4さんのサウジバートルの8年後の姿です。1989年4月2日岐阜、オーバーホール後のテストフライトでしょう。サウジバートルはこの時一度だけしか出会えませんでした。
私の残り画像は物輸現場の木曽、美濃だけです。


Re: V-107II/KV-107II part.2 Name:飛行浪人 Date:2013/05/23(Thu) 22:16 No.8311
>続いてはカナダ国防軍レスキューのバートル、残念ながら白黒なので派手な黄色い塗装が見られませんが、Gulf4さんが出してくるかな。
1980年8月のアボッツフォードエアショーです。機番は804。
N.SUZUKIさんは角さんが乗り込む所は撮ってないでしょうか、私のは画像が縮小出来ません。


Re: V-107II/KV-107II part.2 Name:Straight Wings Date:2013/05/23(Thu) 22:42 No.8312
広江さん、みなさん、こんばんは。
今回の2枚で打ち止めです。KV-107U JA9509「長良」、1970/5/18 羽田での撮影です。某新聞社格納庫の屋根上からの眺めで、当時は本当によくお世話になっていました。


Re: V-107II/KV-107II part.2 Name:Straight Wings Date:2013/05/23(Thu) 22:45 No.8313
同じJA9509が頭を上げて離陸しようとしています。尾端にかけて右に大きく曲がっているのが興味深いですね。

Re: V-107II/KV-107II part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2013/05/24(Fri) 06:27 No.8314
>K.akatsukaさん
厚木NIPPIへの搬送に民間型KV-107IIが使用されていたとは驚きました。
紹介の1回限りだったのかどうかは当時のマニアの少なさからは答えは出そうもないですかね。
チェース機(?)として(HC-1?)UH-2が付き添って飛ぶ姿はさらに貴重な記録写真ですね。

>geta-oさん
紹介画像は、JAレジでは最後に登録された機体ですね。
撮影の1997年時点ではJA9555は抹消されてないようですが、2006年4月12日抹消は書類上の日付?。
JA9555がいつ頃まで飛んでいたのか気になるところです。レジが分りませんが隣りの機体も同様でしょうか。

>PAPPYさん
航空宇宙ショーの頭に付くキーワード東京と国際の違い、初めて知りました。
ご指摘、ありがとうございます。
航空宇宙ショーでは少なくとも民間型2機のKV-107IIが展示されたのですネ。
少ない機数ですが、航空宇宙ショーには欠かせない展示機かもしれませんね。

>N.SUZUKIさん
カラーとモノクロのせいか、No.8307とNo.8308が同時期の撮影とは思えません。
それはたぶん、No.8308の背景の民家の様子からかもしれません(笑)
No.8307の後ろに写るB204系(?)は随行者あるいは警備要員を乗せてきたのですかね。
『民間型でなく型式証明は取得していません。以前紹介した海上保安庁が使用したS-58等(UH-34)と同じ扱いです。』
↑の意味ですが、同じ扱いとは???。
H-34/S-58のN.SUZUKIさんのコメントを見返したのですが私は正しく理解できません。
スミマセン、もうちょっと具体的に名称を挙げて差を説明していただけないでしょうかm(_ _)m
※訂正や削除等は画面一番下で対応願います。

>Gulf4さん
この第三弾では、サウジアラビア向けKV-107IIの紹介を期待してました。
おっしゃるように、名古屋地区以外に住む方々には、撮影チャンスは少なかったでしょうね。
JQ4139が製造番号4139からとは初めて知りました。
サウジアラビア向けKV-107IIを調べたら全てがJQに続く番号は製造番号でした。
その際に、JQ4139の型式はKV-107IIA-SM-1との表示を見つけました。
赤、白、青の3色の東京消防庁のSA330ですね。はい理解してます。
No.8298共々、消防カラーではないところが理解不能という意味です(笑)

>飛行浪人さん
いえ、笑える洒落だと思ってました(笑)
意外に思われるかもしれませんが、私は岐阜や小牧にはちょくちょく行ってました。
密かにサウジバートルも期待していたのですが、一度も出会えませんでした。
当時は現地の情報も知人もなく当てもなく行っていたので、当然の結果かな(笑)
独自な名称をつけるカナダ国防軍のバートルの名称はCH-113、
あとはスウェーデンのHKP-4、これはバートル社製V-107IIと川崎重工製KV-107IIを運用してましたね。

>Straight Wingsさん
先日、Straight Wingsさんがお世話になった某新聞社格納庫付近に行ってきました。
工事が始まった直後に行き、その後のことは聞いてましたが、ほとんど更地になってました。
立ち入り禁止のロープのはるか向こうのフェンス沿いがNo.8312の撮影場所なのかな?。
H-46/V107のテイル部のそり具合は40年以上前にキットを作った時に実感しました(笑)

>皆様
ここはクローズし新たに立てるPart.3を最終章とします。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -