GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





H-47 Chinook Part.8 Name:Takafumi HIROE Date:2013/06/19(Wed) 06:19 No.8428   
ウン十年ぶりに行った入間エンド。私には新鮮に感じる機種ばかりでした。
それまでは時々見ていた空自チヌークですが、↓はもっとも身近に感じた瞬間でした(笑)

蛇足ですが、地図を見ずに(もちろんカーナビもなし)行くことができました。
途中道が整備されて多少の迷いが生じましたが、ウン十年経っても体は覚えてるものですネ(笑)

>皆様
引き続き皆様の“チヌーク”の話題をお待ちします。

Re: H-47 Chinook Part.8 Name:飛行浪人 Date:2013/06/19(Wed) 06:43 No.8429
>広江さん、皆さんおはようございます。
今日の広江さんはまた早起きですね、私もお付き合いをします。(笑)
今日はARMYに戻ってAー330さんのリクエストにお応えして1971年6月7日に入間で撮影した
17117です。日付から見るとPART1でgeta-oさんが横田で撮影した後になります。
機内からは制服私服の自衛隊関係者がゾロゾロ降りてきたので売り込みのデモフライトだったようです。
この時は初めて見るチヌークに興奮したのかネオパンFで1本撮ってしまいました。
空自の迷彩については私も同じ意見です。RFー4、Cー1、Fー1等、評価採用した担当者に聞いてみたいところです。Cー130にしてもイラク派遣では逆に目立って仕方なかったと思うのですが、Cー2もこの色が好きなようですね。


Re: H-47 Chinook Part.8 Name:geta-o Date:2013/06/19(Wed) 09:17 No.8430
広江さん、皆さんおはようございます。
飛行浪人さんの早起きには勝てません。
今日は陸自の隙間狙いで木更津の滑走路から離陸する#52929(HGPIII) を上方から。これも2011.01.05 木更津での年初飛行時の撮影です。


Re: H-47 Chinook Part.8 Name:A-330 Date:2013/06/19(Wed) 09:53 No.8431
広江さん、皆さんおはようございます。

紹介できるカットは残すところ7枚。控える40枚、私にとって辛い取捨選択となります。過去に"つばどん"さんから発せられた名言を私も『捨てられませ〜〜ん』(笑)。BBSUとしては未登場機を、自分としては既出Noだけれどお披露目したいショットを、どちらにすべきか葛藤中です。

つまらぬ前置きはこの辺で終わりにして、入間ヘリコプター空輸隊未登場機 CH-47J 17-4480 90年代入間基地ヘリスポットにて。
ホイストピックアップ訓練はアッパードアオープンで行われますが、膝上15cmぐらいと低い開口部は身を乗り出しての動作には適しているかもしれません、空撮時には撮影しやすい反面ちょっぴり神経を使いました。
下側も開けた状態でのピックアップショットも用意しましたが紹介はまたの機会に。

>飛行浪人さん
楽しみにしていた71年ARMYチヌーク紹介有難うございます。飛点隊ヨンロクを絡めたナイスショットですね。ネオパンFで一本、私もそこにいたら二本以上だったかも。機体ナンバーが決まってます。イイナ、イチバン、イイナ!
 
>広江さん
空撮写真は最後の締めにと待機中です。最終章では掟破りをしてしまいそうな悪い予感が…(汗)。


Re: H-47 Chinook Part.8 Name:cdr-god Date:2013/06/19(Wed) 12:37 No.8432 ホームページ
広江さん、皆さんこんにちわ。私は亀です、この期に及んでまだ順番にこだわり紹介です(笑)。
本日紹介の機体は2012年、木更津初飛行訓練終了後スポットに向かう#912号です。
以前の木更津初飛行は快晴の確率が高かったような気がしますが、最近は視程が良くない場合が多いようです。
No.8425でPAPPYさんが紹介しているCH-47JA#977ですが、排気口の形状変更は同機からのようで、同形状の機体はNo.8364でgeta-oさんが紹介しているオランダ空軍のものと同形状のようですね。陸自機も予算により順次改修のようです。
広江さん、私の知る限りでは当時のRAFチヌーク No.7Sqnの上位組織はNo.1 GROUP-STRIKE COMMANDとなっています。RAF Odihamをベースに240 OCUとともに展開していたようですが、どうでしょうか。
次回のPart.9からは私もA-330さん同様悪い予感がします(笑)。


Re: H-47 Chinook Part.8 Name:PAPPY Date:2013/06/19(Wed) 13:26 No.8433
広江さん、皆さんこんにちは。
A330さんと被りますが空自の CH-47J 17-4480 です、No.つぶしにしようかと思ったのですがスポンソンに”航空自衛隊”の文字がマークされており他にはNo.8382のETさんの紹介写真しかなかったのでこれにしました。
はっきり分かりませんがざっと見て1995年〜1997年頃のものには書かれていたかもしれません。
1997年6月29日の厚木Wings'97でのもので所属ははっきりしませんが入間ではないでしょうか。


Re: H-47 Chinook Part.8 Name:Straight Wings Date:2013/06/19(Wed) 16:17 No.8434
広江さん、皆さん、こんにちは。
No.8378でA330さんが紹介された、CH-47J 87-4473 "ANNIVERSARY"機ですが、40 が書き足されています。1994/10/1 百里で行われた航空観閲式予行日に撮りました。左側面にも 40 ANNIVERSARY が書かれています。


Re: H-47 Chinook Part.8 Name:LUCHO Date:2013/06/19(Wed) 20:38 No.8435
広江さん、みなさん、こんばんは。
[LR]になって気象レーダーが装備された為にバックミラーが取り付けられなくなりました。吊下した荷物を見る事が出来なくなったのでカメラが装備されました。[JA]のFLIRとは形状が違います。

明野に空自CHが飛来するのは年に数回あるかどうかですね。UH-60Jなら訓練の帰りに立ち寄る事もあるんですが。http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN4/tuho/cgi/html/2013/250374.html

CH-47J 入間空輸隊 #491
13/02/20、明野にて


Re: H-47 Chinook Part.8 Name:73400 Date:2013/06/20(Thu) 00:14 No.8436
広江さん、みなさん、こんばんは。
陸自・明野駐屯地祭で地上展示された霞ヶ浦校のCH-47J・52918/SK。
2008年11月9日の撮影。
本機は確か木更津・第1ヘリ団・THー1所属期間が長く、SK所属は短期間?。


Re: H-47 Chinook Part.8 Name:ITAZUKE-1 Date:2013/06/20(Thu) 00:24 No.8437
広江さん 皆さん こんばんは
2008年9月20日航空記念日行事で春日基地板付地区エプロンに展示された CH-47J 春日ヘリ空輸隊 37-4483です。年に一度の春日基地板付地区公開でしたが 何処からか自粛要請があり? 国際線北側エプロンで民間機と一緒に展示されるようになりました。当然機数も減りました。


Re: H-47 Chinook Part.8 Name:つばどん Date:2013/06/20(Thu) 00:46 No.8438
広江さん、皆さんこんばんは。
出遅れて最終章間近になってしまいました(笑)
前回同様、皆さんの画像に感心するばかりで・・・(^^ゞ

とりあえず、こいつだけは紹介せねばと思っていた画像で。
1991年10月16日、Edwards AFB のオープンで展示されていた、JCH-47D 84-24159 です。
CH-47A 64-13125 から改造された機体で、改造後はEdwards AFB にいたようです。
手元のシリアル本では、所属はAAEFAとなっています。
胴体に付いている赤いパイプは、Helicopter Icing Splay System(HISS) と言う物だそうで、低空でも雲?を発生することができ、後続のヘリがその中を飛ぶ事で防氷装置の評価をするための物のようですが、私の語学では自信がありません。どなたかフォローして頂ければうれしい限りです(^_^;)


Re: H-47 Chinook Part.8 Name:Takafumi HIROE Date:2013/06/20(Thu) 06:00 No.8439
>飛行浪人さん
A-330さんから『イイナ、イチバン、イイナ!』と言われてますヨ(笑)
横田で撮影されたgeta-oさんNo.8348画像は、紹介の入間でのショットにつながるのですか。
geta-oさんのNo.8348でのコメントに、私は『なぜ、横田から韓国に?』と疑問を持ちましたが、
韓国に配備する数機を横田で降ろし組み立て後、入間で自衛隊への売り込みデモを行ったのですネ。
おそらく今と変わらず、ヘリ単機での日本から韓国へのフェリーは禁止されていると思いますので、
横田で複数機を見て、当時の方は、小さな勘違いをされたのかもしれませんね。納得できました。

>geta-oさん
上から見下ろすアングルのショット。何処から撮られたのかと疑問が・・・。
皆さん飛行始めに乗られてますが、私は未だに未体験です。そしてその他の体験搭乗も(笑)
カメラマンが多いと場所の譲り合い?または取り合い(笑)?になる可能性大かと思いますので、
ゆったりと乗りたいとは思いますが、それよりも乗れることの方が先決ですネ。
重複しますが、No.8348の件は上記に私見をコメントしました。
私の勘違いでの失礼がありましたらお詫びします。

>A-330さん
未登場番号よりもA-330さんご自身で納得できる皆さんへのお披露目画像を優先すべきだと思います。
BBS IIへのご協力の気持ちは感謝いたしますが、A-330さんの本当の目的を見失わないようにして下さい。
限られた誌面、そしてここBBS IIでも取捨選択は必要不可欠なこととなります。申し訳ありませんm(_ _)m
ちょいボケ画像でも全体のバランスから必要となることもあるでしょうし、
既出の番号でも『これは絶対に必要だな』という画像もあると思います。
番号集め、機体や塗装の変遷、写真本来のベストショット、コーヒーブレイク、等々、全てが同レベルです。
最終章の掟破り???。前もって聞かなかったことにします(笑)

>cdr-godさん
この期に及んで・・・(笑)。cdr-godさんの収束の仕方に期待しちゃいます(笑)
エンジン排気口の形状変更はPAPPYさんNo.8425紹介52977からでしたか。ありがとうございます。
geta-oさんPart.3 No.8364紹介のオランダ空軍機の形状と同じ(?)とは気づきませんでした。
外見上の相違に気づいたら、今度は形状変更の意図が何であるのかが気になり始めました。
1987年当時のRAF Chinook HC.1 No.7Sqnの上位組織の件、ありがとうございます。
しかし自分自身で納得できる答えを未だに見出せません。
参考となる記事(URL)がありましたらメールにて教えて下さいm(_ _)m

>PAPPYさん
“航空自衛隊”の文字が書かれていた時代があったのですね。初めて知りました。
これなら『山岳救助隊のヘリが救助に来ました』などと間違った報道をされる心配はないですネ。
『この姿を復活すればよかった』 by 空飛ぶ広報室・・・(笑)
ところで“航空自衛隊”と書かれた時期は、A-330さんならお分りになるかな?。

>Straight Wingsさん
あらっ、“40”には気がつきませんでした。
A-330さんからNo.8378で紹介されたので、私の画像はお蔵入りかと思いましたが、調べたら私にも“40”が。
まあそれは当然ですネ。私もStraight Wingsさんと同じ10月1日と2日に通いましたから(笑)
となると、このあと“40”が消された姿がA-330さんNo.8378画像という事になりますネ。
いやぁ〜・・・、久々の小さな新発見(笑)

>LUCHOさん
なるほど・・・、CH-47JとCH-47J(LR)のバックミラーの有無の差は全く気づいてませんでした。
ですので、No.8423紹介のTVカメラ装備となったのですね。
皆さんから今さら・・・、と言われそうですが、本当に初めて知りました(笑)
空自チヌークが明野に飛来することは、あまり多くないという事は、
レーダー装備のCH-47J(LR)とCH-47JAが並ぶ紹介のショットは貴重なタイミングなのですね。

>73400さん
遠路、明野まで行かれるのですネ。お疲れさまでした。
前回の話題KV-107IIの時からも感じていたのですが、機体(番号)ごとの変遷を記録されてるようですが、
その大変さは私もよく理解できます。同好の志はいらっしゃらないのでしょうか。
皆さんで情報を寄り集め、精度を高められるとイイですね。

>ITAZUKE-1さん
春日基地の板付地区と司令部が置かれる地区の二箇所は距離的には別地区となるのでしょうか。
スミマセン、どうもそのあたりを私は理解できてません。
基地の公開も、それぞれの地区で行われるのかの疑問もあります。
福岡空港内の板付地区ですので、軍用色の濃いイベントはNGというお達しがあったのでしょうね。
その意味は理解できないでもありませんが、ITAZUKE-1さん的には寂しい感アリですね。

>つばどんさん
出遅れて『これだけは・・・』の想いで紹介されたJCH-47D、ただただコメントを読むばかり。
ただでさえ難儀する米陸軍チヌークにも関わらず超難問な機種を紹介いただけるとは、
心より感謝申し上げます(笑)
真面目な話し、キーワードは全ていただいているようですし、調べ易いかもしれませんね。

>皆様
ここはクローズしラス前となるPart.9を立てます。





H-47 Chinook Part.7 Name:Takafumi HIROE Date:2013/06/18(Tue) 06:42 No.8417   
No.8416画像の続き、2002年11月10日、入間ヘリ空輸隊CH-47J(17-4479)の体験搭乗での一こま。
当時のBBS Oで紹介したところ、その後、一時的に↓のようなショットが流行りました(笑)
撮影は胴体右側の最後部のバブルウインドウに頭を真横に入れて17mmで撮影(当時はフィルム)。
飛行中の揺れは激しくはなかったのですが、頭をバブルウインドウに着けると機体の振動で撮影できず、
バブルウインドウ内で頭がフラフラ揺れながら撮りました(笑)
ですので、機体が左旋回しているのか私の撮影で水平が保てなかったのか今になっては分りません(笑)
当時はデジと異なり撮影後の画像確認ができないので、何枚もシャッターを切り回転するローターブレードを写し込みました。

この時は家族全員が乗れ、子供たちは未だに楽しい記憶として残っているそうです。
ちなみに子供達が小学校を卒業するぐらいまでは、色々とヒコーキと接する機会を作りました。
その子供達の楽しさのランク付けは、【入間の体験搭乗 > 横田基地友好祭 > 厚木ちびヤン】。
なんと、厚木WingsとCVW-5 Fly Inはランク外となりました。私としては、とても悲しい〜(笑)

>皆様
エンドレスで進めるのも、アリかなとは思いますが、やはり緊張感は保てないので、
Part.10=最終章と決めます。Part.9と最終章は3枚以内OKとしますので、残りの紹介画像を調整して下さい。
引き続き皆様の“チヌーク”の話題をお待ちします。

Re: H-47 Chinook Part.7 Name:飛行浪人 Date:2013/06/18(Tue) 08:18 No.8418
>広江さん、皆さんおはようございます。
昨日は手違ってもたもたしているうちにcdr-godさんに先を越されてしまいました。
今日はさらに早起きしてこちらの開店を待っていたのですがなかなか開店せずに焦りました。(笑)
予定ではUS ARMYでしたがたまたま1998年のソウルエアショーを見返していたら機番は同じ085でも白文字だった頃(ハングルなので?)のポジが出てきたので急遽取り込みました。10月31日撮影。
塗装も若干違っているような?


Re: H-47 Chinook Part.7 Name:A-330 Date:2013/06/18(Tue) 08:46 No.8419
広江さん、皆さんおはようございます。

geta-oさんに続き広江さんからもチヌーク搭乗機内からの写真紹介がありましたので、私も搭乗便乗(笑)
入間ヘリコプター空輸隊 未登場機 CH-47J 07-4477 撮影日、場所とも記録がなく不明です(90年代であることだけは間違いありません(汗))
ご存知かとは思いますが、空自CH-47の主たる任務は、サイトとの人員物資等の輸送です(付加任務としてボイヤントスリングでの救助活動等もありますが)。カーゴスリング訓練は不時落下事故を考慮して実施されるため、実施できる場所はおのずと限定されます。紹介したショットも某サイト離発着場に用意された訓練用タンクを使用してのフライト中の一コマです。


Re: H-47 Chinook Part.7 Name:cdr-god Date:2013/06/18(Tue) 13:20 No.8421 ホームページ
皆さん、こんにちは。広江さん、アドバイスありがとうございます。どこまでコンプリートできるかわかりませんが、皆さん紹介の機体は最新の機体が多いため、少しでも若い機番を順次紹介したいと思います。
本日紹介の機体は多分広江さんも撮影された2011年の木更津航空祭での撮影です。
陸自機の塗装が綺麗だという広江さんのコメントがありましたが、これは塗料の特性により汚れが付着しにくい塗装のようです。演習等でかなり汚れても水洗いだけですぐに汚れが落ちるようです。また、海自艦艇により海外派遣もありましたが、塩分の付着にも強いようでした。唯一の泣き所は、各種外反の結合部に塩害対策を実施していないので、内部からのイロージョンに弱いようです。


Re: H-47 Chinook Part.7 Name:geta-o Date:2013/06/18(Tue) 13:33 No.8422
広江さん、皆さんこんにちは
広江さん 昨日は天気はスカットしませんでしたが色付きがほとんど飛びましたのでよしとします。
チヌークは木更津で模擬戦を行うときキャリバーCH(部隊内名:国際任務対応機(エンジン吸気部に大型フィルターを取り付け等砂漠・戦地での運用が可能になっているため))がUH-60JAと一緒にキャリバー50の空砲をバリバリ打ちます。この時の火炎を撮影することは運任せですがたまにはヒットすることがあります。
CH-47JA(52967(13-06-23 52963を訂正)/HGPIII) 2009.10.04木更津。左下の小写真は全体ではわかりにくい後部のキャリバー50の地上展示時の写真(これは機番52956 2010.06.06 木更津での撮影です)


Re: H-47 Chinook Part.7 Name:LUCHO Date:2013/06/18(Tue) 20:17 No.8423
広江さん、みなさん、こんばんは。
既出の機番ですが空自CHのお腹です。
機首下にはTVカメラ(FLIRではありません)を付けています。
CH-47J(LR) 入間空輸隊 #498
09/07/16 明野にて。

# yy/mm/dd です。


Re: H-47 Chinook Part.7 Name:Gulf4 Date:2013/06/18(Tue) 21:24 No.8424 ホームページ
難解なアメリカ陸軍機をパスして、説明が簡単なイギリス空軍にしました。飛行浪人さんには苦い思い出のある(笑)
1987年7月にRAF Fairfordで開催された、International Air Tattooで撮ったChinook HC.1(ZA717/EM)。
イギリス軍の機体命名方式も独特で、同じ機体が細部を改造される毎に変化します。なお所属部隊は7SQです。
今回スキャンするまで気付きませんでしたが、後ろから二番目の窓にスヌーピー(?)が置いてありました。
またランプドアにはワニの形をした怪しげな物まで・・・・。


Re: H-47 Chinook Part.7 Name:PAPPY Date:2013/06/18(Tue) 22:02 No.8425
広江さん、皆さんこんばんは。
陸自のNo.つぶしになりますが2013年5月12日今年の木更津航空祭での第1ヘリ団104Avnの CH-47JA 52977 です、部隊マークは付いていません。
まだCH-47としては生産が続いていますが納入ベースでは最新機番と思われ、排気ノズルが他機と少し違います。
チャフディスペンサ−装備でエンジン吸気部は大型フィルターではありませんが尾部にキャリバー50を装備しています。


Re: H-47 Chinook Part.7 Name:73400 Date:2013/06/19(Wed) 00:03 No.8426
広江さん、みなさん、こんばんは。
こちらは陸自・第1ヘリ団・1ヘリ・2飛時代のCH-47J・52927/TH−2 です。
1997年4月20日、霞目駐屯地祭での撮影。
同駐屯地祭には、木更津からCH-47が飛行・地上展示や地上滑走体験搭乗に、ほぼ毎年来ます。
どの号機が来るのか楽しみでもあります。

この52927は確か1H−2所属期間が長く、その後継承されたHGPWにそのままスライドして配属されたと思います。
ここ最近、特にJA型が、木更津、相馬原、高遊原、那覇、あるいは、明野の間でかなり頻繁に移動している気がします。
そんな中で、本機のようなケースは、珍しい?。


Re: H-47 Chinook Part.7 Name:Takafumi HIROE Date:2013/06/19(Wed) 06:18 No.8427
>飛行浪人さん
No.8406紹介とは明らかに異なる米空軍のヨーロピアン・ワン迷彩のようですね。
あまり見かけない迷彩色に私は一番の興味をひかれます。
しかしこのお国でさえ迷彩効果に反する国籍マークと文字では、自衛隊の事を言えません(笑)

>A-330さん
A-330さんなら〜〜搭乗が多いかと期待していたのですが・・・(笑)
某サイトが何処かは私は分りませんが、わざわざカーゴスリング訓練のために出かけるのですね。
ところで山林の多い日本の地に、この迷彩色(C-1と同じ色?)効果の有無は微妙な感アリですね。
一応、評価テストは行ったとは思うのですが、採用基準が疑問です。

>cdr-godさん
陸自にしても空自にしても、私は若い機番の方が多いです。
しかしcdr-godさんのような素晴らしいショットは1枚もありません(笑)
陸自機に汚れが目立たないのには、ちゃんとした理由があるのですね。初めて知りました。
しかし陸自機の内部からの塩害による腐食までは想定外でしょうね。

>geta-oさん
木更津での模擬戦は久々に行った私も見ましたが、その時の外見上の違いに???でした。
うみ太郎さんからPart.5 No.8401でコメントいただいて気づいたのですが、
チャフ・フレアディスペンサーまたはミサイル警報装置なのかと、いまいち頭の中でスッキリしてません(笑)
空砲とはいえ発射の瞬間は火炎が出るのですね。偶然かとは思いますが見事に捉えてますね。

>LUCHOさん
機首下はTVカメラ?。新聞社ヘリの搭載する高性能カメラと同等のスペックなのでしょうか。初めて見ました。
しかしLUCHOさんから空自チヌークが紹介されるのは違和感がありますが、明野への飛来は珍しいのでしょうか。
yy/mm/dd、再確認失礼いたしました。ありがとうござます。

>Gulf4さん
以前にも話題になりましたが、何やらお二人で楽しげな珍道中。今思えば良い思い出のようですね。
私にとっては、米陸軍もイギリス空軍も、同等な難しさがあります(笑)
特に、共に撮影当時の所属(呼び方や略号も含む)やベースを見出すのが難しい。
紹介の7sqもChinook HC.1以降の運用のタイムラインは見つけられましたが、部隊史を見つけ出せない。
ですので上位組織が不明(当時はJSFAWではなかった)、ベースもOdihamとしてよいのか悩んでます。

>PAPPYさん
そうでした。このところのヘリシリーズにはない、まだ生産の続いている現役機でしたね。
それにしても、ひょっとして紹介の52977は納車直後の新車では?(笑)。調べてみたい気もします。
エンジン排気ノズルの形状は、たしかに以前はもっとスッキリした筒状ですよね。
何号機から、この形状になっているのかも興味が湧きます。

>73400さん
私は陸自機のS/No.の変遷を記録していないのですが、米海軍Bu.No.のように記録すると面白そうですネ。
コメントされている内容も、とてもよく理解でき、興味大です。
73400さんがお近くに居住されているならば、記録ノートを拝見しに行ってしまいそうです(笑)

>皆様
ここはクローズし新たにPart.8を立てます。





H-47 Chinook Part.6 Name:Takafumi HIROE Date:2013/06/17(Mon) 06:01 No.8403   

1993年11月3日、入間基地航空祭でのワンシーン。
デモフライト終了後、目の前を転がるCH-47J 97-4476の入間ヘリコプター空輸隊の隊旗をアップで撮りました。
Part.5 No.8391でA-330さんがコメントされてますが、1993年はまだオレンジのフライトスーツですね。

スミマセン、アップ画像を小写真として埋め込めなかったので、画像2枚の紹介になりましたm(_ _)m

>皆様
さすが現役機、エンドレスで延々と続きそうです。最終章のPart番号はをいくつに設定しましょうか。
しかし緊張感の保てる最長でも、Part.10=最終章でしょうか。
皆様の手持ち、特に海外勢を是非拝見したいので最終章とラス前を3枚づつと仮定し、ご意見をお聞かせ下さい。
引き続き皆様の“チヌーク”の話題をお待ちします。

Re: H-47 Chinook Part.6 Name:cdr-god Date:2013/06/17(Mon) 06:34 No.8404 ホームページ
広江さん、皆さん、おはようございます。今日はサマータイムで登場です(笑)。
エンドレスとなりそうな話題でも趣旨に沿って?紹介させていただきます。機体は、昨年の北宇都宮駐屯地記念行事総合予行支援のため飛来後、先発のAH-1SとOH-1編隊に続き離陸するCH-47Jです。
Part.5で紹介の#907小写真は広江さんコメントのとおり同機の機内です。記念の落書きが一杯でした。


Re: H-47 Chinook Part.6 Name:飛行浪人 Date:2013/06/17(Mon) 06:58 No.8406
>広江さん、皆さんおはようございます。
今日で海外シリーズは御終いです、オランダは撮ったはずですが出てきませんがgeta-oさんが出しているのでパス出来ますね。
今日はお隣りのでんでん太鼓、2009年10月24日、ソウルエアショーに展示された235SRSの
HHー47D(085)です。
明日からはARMYに変針します。


Re: H-47 Chinook Part.6 Name:ITAZUKE-1 Date:2013/06/17(Mon) 07:47 No.8407
広江さん 皆さん おはようございます。
2012年9月21日 離陸前のホバリングチェック中のCH-47JA 春日ヘリ空輸隊 57-4494です。
朝は逆光なのですがくるりっと回ってくれますので順光で撮影できました。


Re: H-47 Chinook Part.6 Name:A-330 Date:2013/06/17(Mon) 09:49 No.8408
広江さん、皆さんおはようございます。
今日も皆さん早起きでお元気そうで何よりですね。

cdr-godさんに追随して、隙間狙いの航空自衛隊4号機です。
入間ヘリコプター空輸隊は一休み、今日は三沢ヘリコプター空輸隊所属(当時) CH-47J 87-4474 入間基地に飛来した時ですが撮影日は不明(90年代)です。

>広江さん
フライトスーツカラーが変更された時期から撮影日を絞り込もうとネット検索すること3時間。ダメでした(汗)


Re: H-47 Chinook Part.6 Name:PAPPY Date:2013/06/17(Mon) 09:55 No.8409
広江さん、皆さんおはようございます。
2012年10月13日の木更津航空祭で展示された第1ヘリ団104Avnの CH-47JA 52969 です。
部隊マークは白色の羽を広げたフクロウとその右横に104AVN AZUMAと書かれています。
この先は自衛隊機のNo.つぶしには参加できると思います。


Re: H-47 Chinook Part.6 Name:geta-o Date:2013/06/17(Mon) 18:41 No.8410
広江さん、皆さんこんばんは
今日は梅雨の晴れ間を狙って厚木に行ってきましたので遅くなりました。
今日も趣向を変えてCH-47Jの操縦席。機体は陸自の52925(HGPVI)。操縦席に貼られているプレートには”RADIO CALL JG-925”と書かれています。2011.01.05 木更津での年初飛行時の撮影です。


Re: H-47 Chinook Part.6 Name:T.H Date:2013/06/17(Mon) 19:27 No.8411
梅雨の晴れ間を利用して、GO! NAVY BBS II の為に チヌークの最新画像を撮りに出かけて参りましたぁ(嘘)
なんの変哲もない入間ヘリ隊の77-4497ですが、滑走路東側のNo.4ヘリパッドに着陸後、ホバータキシーして17 午前側の撮影場所付近までやって来て、ちょうど雲が太陽を隠している時で逆光もそれほどキツくならず。

2013年6月17日 入間基地 CH−47J (LR) 入間ヘリコプター輸送隊 77-4497


Re: H-47 Chinook Part.6 Name:LUCHO Date:2013/06/17(Mon) 20:47 No.8412
広江さん、皆さん、こんばんは。
No.8394はスリングの写真でしたが今回はそのリリースです。
[WH]ですがこの時期は管理替えで[SD]が用いていたようです。
CH-47JA WH #964
10/11/03、明野航空祭にて。

No.8381は09/11/16の明野です。


Re: H-47 Chinook Part.6 Name:73400 Date:2013/06/17(Mon) 20:58 No.8413
広江さん、みなさん、こんばんは。
こちらは陸自・霞ヶ浦校のCH-47J・52930/SK。
2007年6月27日、霞目駐屯地にて。
霞ヶ浦の機体が霞目に飛来するのは非常に珍しいことです。しかも、航空学校所属機には記されることが多い白文字ナンバーもついていません。

トンビも、珍しいのか、すぐ脇に”着陸”してしばらく眺めていました。う〜ん、このトンビ、ただ者ではない(^^;)。しかし、そのあと、一足先に”離陸”してしまいました(^^)。




Re: H-47 Chinook Part.6 Name:Gulf4 Date:2013/06/17(Mon) 21:51 No.8414 ホームページ
まだ出ていない陸上自衛隊のCH-47JA(52953/UH)です。2006年9月25日、仙台空港で撮影しました。
陸将補のプレートがありますが、EC225LPの引き渡し式典のためVIPが搭乗してきたはずです。
午前中に霞目飛行場で撮って、仙台空港に移動したらまた撮れた機体です。
それにしても陸上自衛隊の機体命名方式、CH-47JAとは、UH-60JAもありますが・・・。

>広江さん
No.8345を撮った時点は「IRUMA」でも正解では? 私の画像を拡大すると「MISAWA」と読めます。
元々配備された機数が少ないだけに、部隊間の移動は多い様な気がします。


Re: H-47 Chinook Part.6 Name:うみ太郎 Date:2013/06/18(Tue) 00:30 No.8415
番号の穴埋めで参加します。
三沢ヘリ空輸隊のCH-47J(47-4490)です。 バックがきれいだったので撮影しました。
2008年4月2日 三沢基地にて


Re: H-47 Chinook Part.6 Name:Takafumi HIROE Date:2013/06/18(Tue) 06:37 No.8416
>cdr-godさん
サマータイム導入は日本では賛否両論ですネ(笑)
紹介は綺麗な気体ですね。私の思い込みかもしれませんが、汚れた陸自チヌークを見かけないような???。
まああまりにも綺麗過ぎるのは軍用機らしくないと感じてしまいます。
なんせ私達に身近な相手はタッチアップやら何やらで汚い機体ばかりですから(笑)
ところでマイペースで進められるのは構わないのですが、時間切れを意識して、
後ろの方の番号に紹介したい機体があったのに〜、と後悔せぬよう願います。

>飛行浪人さん
韓国のHH-46Dは、陸自チヌークと似たような迷彩と今気づきました。国籍マークがカラーなのも同じ(笑)
窓内側に機体を特定できるS/No.の一部を表示するのは米軍と同じなんですネ。
各国のチヌーク楽しませていただきました。米陸軍機は私にとっては更に難儀しそうです。

>ITAZUKE-1さん
ヘリのホバーチェックで、くるっと回るのを期待してじっとカメラを構え続けた経験、私もあります。
そして『なぁ〜んだ、もう行っちゃうのか・・・』と悔しい思いをした経験もあります(笑)
パイロットは視力の良い人が多いので、目が合ったなと感じた時は、手で回る合図をしたこともあります(笑)
ヘリの撮影は、場所が変われど一喜一憂。ひょっとして世界共通かもしれませんよ(笑)

>A-330さん
3時間の奮闘、お疲れさまでした(笑)。
A-330さんがA-330さんがNo.8378で紹介されている1994年11月撮影の空自40周年記念塗装機、
そしてETさんからNo.8382で紹介された1995年11月撮影もオレンジ色のフライトスーツ。
少しですが、変更された時期に近づいてきたような・・・。
まあもっとも、私も米海軍パイロットのオレンジ色のフライトスーツがいつ変わったのか分りません(笑)

>PAPPYさん
1H2F時代からのマークを継承しているようですね。
現在はフクロウと分りますが、1H2F時代はアップで撮らないと分らない色とデザインで描かれてました。
しかし今の陸自機は部隊記号以外に部隊マークを書き入れるようになったのはマニア的にも嬉しいですネ。

>geta-oさん
厚木は成果ありましたか?。
CH-47Jのコックピットは、実は私も用意し、紹介のタイミングを計っていました。
私の↓は入間ヘリ空輸隊のCH-47J 17-4479。比べてみると微妙に異なりますね。
一番目立つ相違点はクルー二人の間のセンターコンソールの幅。陸自機は空自機の1.5倍ですね。


>T.Hさん
以前、T.Hさんが入間に頻繁に行かれるのに触発されて私も入間エンドにウン十年ぶりに行きました(笑)
浦島太郎が最初に驚いたのは、T-33の代わりにT-4(笑)。そして次に新鮮に感じたのはCH-47J。
その他には正面形でエンジンの大きさが目立つU-4も新鮮でした。
しかし紹介のような絵や未だに課題のEC-1狙いで、また入間に行ってみようかな・・・。

>LUCHOさん
牽引ワイヤーが外れた瞬間のショットですね。リリースした瞬間の反動もあるでしょうね。
そこはパイロットの日々の訓練の成果の見せ所ということでしょうか。
※年月日表記についての再確認です。
世の中には、年/月/日、日/月/年、月/日/年、と様々な表記があり、一瞬悩むときがあります。
以前も確認させていただきましたが、改めて、LUCHOさんは年/月/日表記と理解してよろしいのですね?。
20世紀は瞬間的に理解できますが、2001年以降は紛らわしくて(笑)

>73400さん
そんなに距離の離れてない霞ヶ浦と霞目ですが、飛来頻度は距離の問題ではなく運用上の理由ですものね。
ただ航法訓練で他の基地に行くことは、ヘリの場合でも必要なことと思うのですが、違うのかな?。
根性の居座ったトンビ・・・(笑)。のどかですネ。しかし身変わってほしい(笑)

>Gulf4さん
陸自機のDVプレートは左右共に表示するのでしょうか。乗降口側だけかと思ってました。
霞目飛行場で撮って、仙台空港に移動したら、また撮れた・・・。私も似た経験あります。
横田で“DT”の離陸を撮って厚木に移動途中に頭上通過で厚木に降り、厚木で再び離陸撮影(笑)
自衛隊の機体命名方式は、米軍に慣れ親しんだ私には???ですが、理解はできます(笑)
最初の型、米軍でしたらA型とするところを、自衛隊では表記なし。
そして改良・性能向上型、米軍でしたらB型とするところを、自衛隊では、そこで初めてAを用いる。
海上自衛隊のUS-1→US-1Aも同様。ですので、P-1が将来進化した時にP-1Aとなるでしょう(笑)
まあどちらにしても、自衛隊には命名規則は無いに等しいですネ。
陸自にCH-47JAを先に使われた空自はCH-47J(LR)ですからネ(笑)
No.8345の件、ありがとうございます。拡大して再確認したら確かに“IRUMA”でした。

>うみ太郎さん
厚木や横田では見慣れない綺麗な山並みの景色に、思わずシャッターを押されたようですね。
まあしいて難を挙げれば、工事用なのか盛られた砂利(笑)。これさえ無ければ完璧だったでしょう。
右の建物と機体の真後ろに砂利が入らないように微妙に立ち位置を選んだものと推測します。
お疲れさまでした。

>皆様
ここはクローズし新たにPart.7を立てます。





H-47 Chinook Part.5 Name:Takafumi HIROE Date:2013/06/16(Sun) 07:35 No.8388   
2008年洞爺湖サミットに展開した“Innkeeper11”を厚木で撮影できたチャンスは4回。
往路の6月30日到着、7月1日出発。帰路は7月12日到着、7月13日出発。
↓は支援を終えて帰路の途中厚木に立ち寄った時。撮影時刻は12:52。
厚木到着時刻が読めない中、仙台上空通過の連絡が入りエンドは沸き立ちました。
そして『Innkeeper11』と聞こえると、どのようなコースで降りるかと皆さん右往左往(笑)

胴体の物々しいアンテナのない右側は、なにやらスッキリしちゃってますネ。

>皆様
さて、そろそろ先を見据える時期でしょうか・・・。
引き続き皆様の“チヌーク”の話題をお待ちします。

Re: H-47 Chinook Part.5 Name:飛行浪人 Date:2013/06/16(Sun) 08:12 No.8389
>広江さん、皆さんおはようございます。
今日は定時にアクセスしましたがフェイントをかけられてしまいましたね。(笑)
海外シリーズ、今日は泰陸軍、ロップブリ陸軍基地の公開、2012年1月です。
General Suport Aviation Battalion とありますが詳しいことは?です。
こちらの迷彩は色があせたのかそれともベトナム迷彩を赤土が多い地形に合わせたのか一味違いますね。
台湾陸軍の所属に関しては詳しいことが判りませんが機会があったら聞いてみます。


Re: H-47 Chinook Part.5 Name:geta-o Date:2013/06/16(Sun) 08:35 No.8390
広江さん、皆さんおはようございます。
今日も浪人さんの早起きにはかないませんでした。
今日のチヌークは番号追いかけはちょっと置いておいてその機動性
第1ヘリコプタ団 第1ヘリコプタ隊の木更津航空祭(2006.02.12)でのデモ 52909と52906です。


Re: H-47 Chinook Part.5 Name:A-330 Date:2013/06/16(Sun) 09:32 No.8391
広江さん、皆さんおはようございます。
引き続き三番手の紹介です(笑)

今日の入間ヘリコプター隊は2号機を CH-47J 77-4472 撮影日不明ですが乗員ユニフォームカラーがオレンジから現在のカラーへと変わって間もない時期だったと思います。


Re: H-47 Chinook Part.5 Name:PAPPY Date:2013/06/16(Sun) 09:48 No.8392
広江さん、皆さんおはようございます。今日もほぼ同じの並びになってしまったような(笑)
2012年10月13日の木更津航空祭で駐機する外来と思われるWHマークの西部方面ヘリコプター隊3AvnのCH-47JA 52970 で、海賊のカギ付義手に黒のカワセミがとまっている絵柄の下にKINGFISHERSと書かれた部隊マークを付けています。


Re: H-47 Chinook Part.5 Name:Straight Wings Date:2013/06/16(Sun) 10:29 No.8393
広江さん、皆さん、おはようございます。
#8386と同じCH-47D 86-1670が猛烈なダウンウオッシュで枯れ草を舞い上げながら接近中。この埃にまみれたど迫力、嫌いじゃありません。1993/5/29 テキサスのBreckenridge Airshowでの撮影です。田舎テキサス州のさらに田舎の飛行場で、周辺の道端ではアルマジロやスカンクが散歩しています。


Re: H-47 Chinook Part.5 Name:LUCHO Date:2013/06/16(Sun) 10:58 No.8394
広江さん、皆さん、こんにちは。
総火演の画像が未だ出ていないようなので貼っておきます。
09/08/29の教育演習です。
CH-47J HGPV #908


Re: H-47 Chinook Part.5 Name:T.H Date:2013/06/16(Sun) 12:54 No.8395
すき間狙いで マイナーな改造型チヌークMH-47を1枚。H−6 シリーズの時と同様に海兵隊の基地ユマで 演習時にマリンコヘリと合同フライトしていた姿を追いかけ、 固定翼機を犠牲にして 狙い なんとか撮れたものです。

似たような光景を 最近厚木で見かけるような気がします(笑)

MCAS YUMA 28 MAR 1996 MH-47E 91-00500 2-160 SOAR ( MED LI ) 手元にあるシリアル本にはこう書いてありますが・・・


Re: H-47 Chinook Part.5 Name:cdr-god Date:2013/06/16(Sun) 13:51 No.8396 ホームページ
今日は早々geta-oさんが909号、UDHOさんが908号を紹介してくれていますので、私はその隙間の(笑)907号を紹介します。陸自チヌークの引退は空自よりそのスピードが遅く、現在までに確認できているのは901号と本日紹介する907号の2機?。901号は朝霞の輸送学校?で搭載訓練の教材に、この907号は中央即応連隊所管となり、隊員の搭乗・御下訓練に使用する教材となっているようですが、どちらも一般に公開していません。
尚、同機の生涯はS63.9.22〜H23.7.11、総飛行時間5500hとなっており、最後は同駐屯地に着陸後、用途廃止作業が行われたようです。空自チヌークの用廃機はどうなっているのでしょうね。
※昨日紹介した#906の海自艦番号に誤りがありましたので訂正します。LST4006→4003。
広江さん、次回はスキップできそうです(笑)。


Re: H-47 Chinook Part.5 Name:ITAZUKE-1 Date:2013/06/16(Sun) 17:26 No.8397
広江さん 皆さん こんばんは
2013年4月4日 春日ヘリ空輸隊ハンガ-前に駐機する手前67-4495と77-4497です。KASUGAの文字はありませんが春日ヘリ空輸隊所属です。
ここに航空自衛隊の施設ができるときに 大きなハンガ-ができていたので もしかしてF-2かF-15用のハンガ-かもと言って友人と想像をめぐらしていましたがCH-47Jのハンガ-とはだれも思いつきませんでした。今になって思えば戦闘機に飢えていたと思われます。


Re: H-47 Chinook Part.5 Name:Gulf4 Date:2013/06/16(Sun) 21:43 No.8398 ホームページ
どこでの飛行場でもヘリコプターを撮るのは苦労しますね。もちろんこれを撮った三沢基地も同様で
通常はなかなかヘリコプターは撮れません。もちろん固定翼機を捨てれば撮れますが・・・。
2009年1月27日、雪レフを期待して三沢に撮りに行きました。もちろん狙いはF-2、F-16でしたがね。
その時、GCAの訓練でアプローチしてきた三沢ヘリコプター空輸隊のCH-47J(47-4485)です。


Re: H-47 Chinook Part.5 Name:73400 Date:2013/06/16(Sun) 21:49 No.8399
広江さん、みなさん、こんばんは。
稚拙な画像ながら、今回も参加させていただきます。
2003年7月5日、霞目駐屯地にて。
陸自・木更津・第1ヘリ団・第2ヘリ隊・1飛のCH-47J/JAです。
見づらいですが手前からJA#958、J#934、J#930、J#913、J#910。

木更津の機体が北方への演習などの中継で霞目に降りるのはそう珍しいことではありません。
しかし、V-107時代と比べて大量に来ることはあまりなくなりました。単機での飛来も多く、5機というのも少なくなりました。
・・・しかし、このあと、2008年6月14日の岩手・宮城内陸地震、そして、2011年3月11日の東日本大震災の災害派遣で、木更津ばかりでなく、相馬原、九州・高遊原からもCH-47が大量に飛来し、しかも、長期間滞在することになります・・・。

[No.8385]のGulf4さんの、12ヘリ隊のCH-47は、前日14日の地震発生当日の夜には飛来し、5〜6機が霞目に降りたと記憶しています。


Re: H-47 Chinook Part.5 Name:N.SUZUKI Date:2013/06/16(Sun) 22:06 No.8400
広江さん、皆さん今晩は。
 未だ出ていないようなので、CH-47J JG-2925 AKAGIの天狗マーク付きです。撮影は2006年ごろの、毎年の秋の防災訓練で晴海埠頭わきの駐車場です。
 広江さん、Everettのボーイングフライトラインの件ですが、ボーイング社の撮影禁止は徹底しており、或る意味では通常の基地内での撮影よりも困難です。ボーイング敷地内のあるツアーセンターでも、撮影は制限されていると聞いています。ARNYリザーブのある空港地区では撮影に関して特に問題はありません、ボーイングのテスト機等でも道路等の敷地外から撮ることは可能です。
ボーイングフィールドのMUSEUM等では、当然撮影の制限はありません、注意(要は撮影が禁止されている私有地内)が必要です。


Re: H-47 Chinook Part.5 Name:うみ太郎 Date:2013/06/17(Mon) 00:55 No.8401
広江さん、みなさん、こんばんは。
今回は陸自で参加します。広江さんが紹介された米陸軍のチヌークが2008年洞爺湖サミットに展開した時に、陸自のチヌークも北海道に展開していました。Gulf4さんに改造型のチヌークが霞目経由で北へ向かったと教えて頂いてたので、7月12日に帰路の立ち寄りを狙って撮影して来ました。
改造型はキャリバーCHと呼ばれてるそうで、JA型のエンジンに防塵フィルター装着、自機防御装置(チャフ・フレアディスペンサーおよびミサイル警報装置)他を追加、後部ランプドア、前方のキャビンドアと非常脱出ドアにガンを搭載することが可能となっているそうです。No8380でPAPYさんが貼ってるのがこのタイプです。
5機の内、2機がこのキャリバーCHでした。

2008年7月12日霞目飛行場  第105飛行隊 JG2965


Re: H-47 Chinook Part.5 Name:Takafumi HIROE Date:2013/06/17(Mon) 05:55 No.8402
>飛行浪人さん
スミマセン、今日は少し寝坊しました(笑)
私たちには懐かしい(通称)ベトナム迷彩ですね。しかし、おっしゃるように、少し違うような???。
尾部のタイの国旗の色を見ると、褪せた感じがしないでもないですネ。
台湾陸軍の所属、何か分りましたら教えて下さい。

>geta-oさん
1機でも分る機動性の表現ですが、望遠での圧縮効果とはいえ、2機の接近感には驚きです。
私はウン十年ぶりに2011年に木更津基地航空祭に行ったので詳しいことは全く分りませんが、
毎年のデモには変化があるものなのでしょうか。となると、毎年行く必要もあるのでしょうか。
もっとも私のように、たまに行って楽しむのも良しですネ。

>A-330さん
昨日と同じ、ワン・ツー・スリー(笑)
紹介画像は南端東側(?)、外からは撮れない貴重なショット。私たちには新鮮な絵ですネ。
航空自衛隊のフライトスーツの色は、何年頃にオレンジから今の色(何色?)に変わったのでしょうか。

>PAPPYさん
打順はほぼ変わりません(笑)
西部方面ヘリコプター隊“WH”の紹介は初めてですね。
関東地方ではなかなか巡り合わない“WH”ですが、確か2011年に行った時にも見かけたような???。
カワセミがとまっているのは鈎爪義手?、私的には真っ先にフック船長が思い浮かびます(笑)

>Straight Wingsさん
Part.4 No.8386とは一日違いでの撮影ですが、この場所では二日間のエアショーだったのですね。
デモフライトの一環での撮影かとは思いますが、かなり近くから撮影できた迫力あるシーンですね。
このショットの後は、ダウンウォッシュ&埃まみれになって背を向けたのでは?(笑)

>LUCHOさん
定番ともいえる総火演の画像も意外にも初紹介になりましたネ。
天気に恵まれないことの多い(?)総火演だと思いますが、その際の撮影には皆さん難儀されたことと思います。
私は一度も行ったことがないのですが、シナリオに基づくデモは見ていて楽しそうに思えます。
※お願いがあります。
部隊の異なる52906が複数紹介されましたので、Part.4 No.8381の撮影年月をお知らせ下さい。

>T.Hさん
MH-47Eは厚木にも一度だけ飛来したことがありましたが、確か夜の飛来だったかと?。
私が度々紹介している洞爺湖サミットでの支援ではCH-47Dの飛来にガッカリしました。
とはいえ、コメントしているように、来たら来たで最優先で追い回しましたがね。
それは、最近の厚木でのHSC-12&HSM-77機を追い回すのと同じです(笑)

>cdr-godさん
隙間狙い、ありがとうございます。さすが、cdr-godさんですネ(笑)
空自チヌークの用廃についてはA-330さんよりコメントをいただいてますが、陸自チヌークについては初めてですね。
現段階では、まだ2機というのは意外でした。
52907の生涯が小さく書かれてますが、全体画像からは見えないので、内部に書かれてるのですかね。

>ITAZUKE-1さん
大きなハンガーの居住者が分るまでの間、皆さんワクワクしながら色々と考えを巡らせていたようですね。
管轄としては福岡空港の一角にある板付地区(?)という事になるのでしょうか・・・。
やはり期待されていたF-2またはF-15は難しいかもしれませんね。

>Gulf4さん
三沢基地でのヘリのアプローチコースを私は全く知りませんが、距離的に撮影は厚木より難しそうです。
しかし雪レフ期待で遠征され、航空救難団50周年記念塗装機の綺麗な絵が撮れて良しでしょう。
私だったら、この天気だったら何が撮れても嬉しいですけどネ(笑)
ところで、私のNo.8345で紹介した47-4485を“入間”と表記したのは間違いなのかな・・・。

>73400さん
機種が変わると運用も変わるというのは、有りがちな事かもしれませんね。
KV-107IIの話題の時には、北方への演習時に霞目に立ち寄る話題もされてましたね。
私はマリンコヘリの演習がらみの飛来しか体験したことがありませんが、
それと似た紹介のようなシチュエーションでは、地元の皆さんは楽しみに待ち構えていると察します。

>N.SUZUKIさん
限られたベースに配備されている陸自チヌークですが、飛行隊レベルで数えると意外と多く感じます。
レスとGallery化の途中経過を作るのに追われてましたが、確かにIIH-1Fは初紹介になりますネ。
あと何が未紹介かとチェックしたいのですが、旧・新で更に数が多くなり頭の中は混乱してます(笑)
しかし、また凄い場所まで撮影に出かけられましたね。相変わらずのフットワークの良さに脱帽です。
ところで年代的にデジカメでの撮影だと思いますが、画像のプロパティを見れば撮影日が分るのでは?。

>うみ太郎さん
“キャリバーCH”という呼び名をコメントを拝見して思い出しました。
具体的な改造点についても理解する事ができました。
より実戦に近い、まあ陸上自衛隊の場合は、海外派遣を想定しての事だと思いますが、
となると、ますます迷彩についても一考を要すると誰か気づいてほしいものですネ。

>皆様
ここはクローズし新たにPart.6を立てます。





H-47 Chinook Part.4 Name:Takafumi HIROE Date:2013/06/15(Sat) 06:16 No.8375   
1993年9月12日の三沢基地公開でのワンシーン。
パワーを見せつける三沢ヘリコプター空輸隊のCH-47J 07-4478。
ところで、この1個の重さをどなたかご存知ですか?。


>皆様
引き続き皆様の“チヌーク”の話題をお待ちします。

Re: H-47 Chinook Part.4 Name:飛行浪人 Date:2013/06/15(Sat) 06:55 No.8376
>広江さん、皆さんおはようございます。
今日も相変わらず早起きですね。(笑)
海外シリーズ、今日はおとなり台湾陸軍のチヌーク、CHー47SDです。オランダのサイトによると9機しか在籍しないそうで陸軍航空訓練センターの所属になっています。2007年6月18日、新竹基地公開です。
なおオーストラリアはリースしていたのでしょうか、同じサイトによると現在はタウンスビルにいるようですが20年ぐらい前の撮影当時は不明です。


Re: H-47 Chinook Part.4 Name:geta-o Date:2013/06/15(Sat) 07:53 No.8377
広江さん、皆さんおはようございます。
浪人さんの早起きにはかないません。
今日は空自のチヌークのロービジ試験塗装機#475
1995.09.10三沢航空祭での撮影です。広江さんの写真と違い2つしか荷物はありません。
それにしても日の丸は目立ちますね。


Re: H-47 Chinook Part.4 Name:A-330 Date:2013/06/15(Sat) 08:28 No.8378
広江さん、皆さんおはようございます。
だんだんと皆さん早起きになられて昨日に続いてUPされる順番が同じですね(笑)。

入間ヘリコプター空輸隊続けます。うみ太郎さんから航空自衛隊50周年記念塗装機が紹介されましたので10年前にさかのぼり40周年記念機を CH-47J 87-4473 94年入間です。

>広江さん
在勤当時入ヘリ隊で壁に飾られていた全紙パネルはすべて手掛けさせていただいていました。といっても5〜6枚ですが、その中の一枚が昨日紹介した富士山です(笑)


Re: H-47 Chinook Part.4 Name:ITAZUKE-1 Date:2013/06/15(Sat) 10:15 No.8379
広江さん 皆さん おはようございます。
2013年5月31日 ヘリパッドへ降りた後C6誘導路をエプロンへ戻る CH-47JA 97-4498です。 所属はIRUMAと書いてありますが 春日ヘリ空輸隊は所属を書き直ししませんので はがして所属不明?になるか 元のまま使用する為に応援なのか配属されたのかは不明です。 継続観察中です。


Re: H-47 Chinook Part.4 Name:PAPPY Date:2013/06/15(Sat) 10:37 No.8380
広江さん、皆さんおはようございます。
自衛隊機以外は入間展示のU.S.ARMYしか見たことが有りませんので陸上自衛隊機を。
2012年10月13日の木更津航空祭で模擬地上制圧をしている CH-47JA 52956 第1ヘリ団103Avn 稲妻に1を配したマークの香取隊機で機首両側と後部に機関銃を武装して発砲していますがなかなか当たりを撮るのは難しいです。


Re: H-47 Chinook Part.4 Name:LUCHO Date:2013/06/15(Sat) 15:16 No.8381
広江さん、皆さん、こんにちは。
cdr-godさんに続いて #906 です。手持ちの中では最も若い機番です。
他の部隊に所属していた時期の画像も有るンですが白番号付きを貼っておきます。

CH-47J SK #906。明野にて。


Re: H-47 Chinook Part.4 Name:ET Date:2013/06/15(Sat) 16:43 No.8382
広江さん、皆さん、こんにちは。
既出の番号ですが本日の広江さん、geta-oさんの写真に関連して。1995年11月3日入間航空祭での入間ヘリ輸送隊のCH-47J(47-4485)で、外しているところです。迅速に作業している雰囲気が感じられます。


Re: H-47 Chinook Part.4 Name:cdr-god Date:2013/06/15(Sat) 20:13 No.8383 ホームページ
広江さん、皆さん、こんばんわ。皆さん素晴らしいストックばかりで感激ですね。
Part.3 No.8364 geta-oさんのオランダ空軍のチヌークはその中でも機体の迫力を感じますね。ITAZUKE-1さんの空自#500のウイリーも見せてくれますね。今日は昨日に続き陸自6号機の予定でしたが、登場が遅かったため、LUCHOさんに先陣を切られてしまいました(笑)、しかし、所属が異なるため敢えて紹介です。
今日、日米共同訓練で米海兵隊のオスプレイが海自護衛艦「ひゅうが」に初の着艦を公開しましたが、本日紹介する写真はその基礎となったチヌークの海自輸送艦着艦初公開時のものです。
宮城県石巻港に停泊した「くにさき」に霞目を離陸したチヌークが着艦、海自隊員がタイダウン後、離艦を3度ほど実施しています。(それまでにも各種艦艇での着艦を試行していましたが、自信がついたので公開したのでしょう)(笑)
広江さん、Jビレッジ展開は完全に外部を隔離しての運用で、放射能除染も伴っていたため部隊以外のメディアはヘリポート地区の撮影はできなかったようです。
現在自衛隊のチヌークは陸自が34機+28機、空自が31機?(用廃機を含)の93機ですから、その所属が異なることも想定すると・・・(笑)。広江さんの健闘を期待します。


Re: H-47 Chinook Part.4 Name:N.SUZUKI Date:2013/06/15(Sat) 21:18 No.8384
広江さん、皆さんこんばんは。
 CH-47A 65-07991(B-163)で撮影は1982年5月 Paine Field、その後86年にD型(86-01679)となった機体です。
 後方に見えるのはボーイングのエベレット工場で、デリバリー前の747やボーイングのハンガー上にある私設コントロールタワーが見えます。最近は、ボーイング工場見学用のツアーセンター等も出来、行かれる人も多いと思いますが、この、ARMYリザーブ基地のエリアは、長い滑走路の両端の位置関係となっています。
 正面の位置からは、A、B型の特徴である、機首上部(頭)のピトー管の位置がよく見えますが、最近の機体で、ほぼ同じ位置(やや下方)にピトーと見間違え易いILSのアンテナが装備されているのがよくあります。


Re: H-47 Chinook Part.4 Name:Gulf4 Date:2013/06/15(Sat) 21:36 No.8385 ホームページ
CH-47のスタートを一週間間違っていました(笑)。今日から丁度5年前の2008年6月15日、霞目飛行場で撮った
第12ヘリコプター隊のCH-47J(52901/]UH)。
前の日に発生した岩手・宮城内陸地震のため、災害派遣で派遣された多数のCH-47の一機です。
この陸上自衛隊の一号機は、アメリカ民間登録記号(N7425H)を持ち、商社によって輸入された機体。


Re: H-47 Chinook Part.4 Name:Straight Wings Date:2013/06/15(Sat) 21:55 No.8386
広江さん、皆さん、こんばんは。
U.S.ArmyのCH-47D 86-1670です。前後の何枚のショットからシリアル判読を試みた結果、確定はできないもののかなりの確率で86-1670であると判断しました。1993/5/30 テキサス州のBreckenridgeで行われた大戦機メインのAirshowでの撮影です。


Re: H-47 Chinook Part.4 Name:Takafumi HIROE Date:2013/06/16(Sun) 07:34 No.8387
>飛行浪人さん
海外シリーズが続きますねえ〜。飛行浪人さんならではですね。次は何かと楽しみにしてます。
9機が採用されている台湾のチヌークですが、所属は“Aviation Training Center”のようですね。
他にチヌークを運用している部隊もなく、何ゆえ訓練組織に配備されているのか???です。
ヘリそのものではなく、ヘリがらみの何かの戦術を教育する役割なのでしょうかね。

>geta-oさん
空自チヌークにもロービジ試験塗装が施されたのですネ。
ロービジ見慣れてるので、なにやらこちらの方が格好良く見えてくる自分の感性が怖い(笑)
説明不足でしたが、私のNo.8375は各々の牽引ロープ(ワイヤ?)の長さを変えてます。
しかし空に上がった時に3本がブラブラ揺れるので、見ていてちょっと怖そうでした。
geta-oさん紹介の2本は同じ長さですネ。振り子のように揺れてお互いがぶつかりそうです。

>A-330さん
紹介の航空自衛隊40周年記念塗装CH-47Jのことを、すっかり忘れてました。
百里に二日間通って撮ったのですが、そのまま分類してないので、今回スキャンし忘れてます。
各地の部隊の壁にはA-330さんの作品が飾られているのではないでしょうか?。
見に行きたいなぁ〜(笑)

>ITAZUKE-1さん
当然、部隊間の移管はあるでしょうね。各地の単独な部隊なら、マークを書き換えることになるでしょうけど、
航空救難団の例えるならDET(分遣隊)間を渡り歩くので、あまり経費はかけたくないのは当然かもね。
全く別の例ですが、米海軍のC-2AはDET間を渡り歩くことが多いので、最近、レターを書かなくなりました(笑)

>PAPPYさん
木更津に久々に行った私も紹介のシチュエーションを撮りましたが、硝煙ばかりが写ってました(笑)
この例に限らず、いわゆる発射シーンを撮る機会が意外に多いのですが、なかなか絵として残りません。
やはり究極は、写真を撮るのではなく、自分の眼でしっかり見て脳に記憶させることかもしれません(笑)

>LUCHOさん
身近に見続けていると色々と細かい点の変遷があるのでしょうね。私たちの厚木でも似たようなものかも。
それと地道な作業かもしれませんが、機体交換等による番号の移動も記録し続けているのでしょうか。
あの番号はあそこの部隊に移動したね、とか、あの番号は整備に入ったね、とかの会話があるのかな(笑)

>ETさん
チヌークのデモの定番のようですね(笑)
ホバリングは画像から推測すると胴体後部で3m弱程度でしょうか・・・。
その真下での隊員はダウンウォッシュ+圧迫感(恐怖感)を感じながらの作業でしょうかね。
訓練を重ねてるとは思いますが、やはり敏速に作業を終える必要があるのでしょう。

>cdr-godさん
ごまかしの“護衛艦ひゅうが”の表現は海外には通用しないようですネ(笑)
今回は素晴らしいショットなので、拝見する価値大なのでOKですが、次からは柔軟にスキップして下さい。
“93機”にご協力を!(笑)
Jビレッジ・・・、やはり無理でしたか。当時の状況は、いつか将来、公的な発表を待つ以外ないですかね。

>N.SUZUKIさん
ひょっとして、紹介の時期はボーイング関係でお仕事中だったのでしょうか・・・。
ラインに並ぶ機体を丁寧に全て撮られているのではないかとも思えてきました。
しかし、滑走路両端が基地エリア、機種によって駐機が異なるのかな。何やら不便そうです。

>Gulf4さん
なかなか登場されないので、お忙しいのかなぁ〜と思っていましたが、開始日を間違えましたか(笑)
強制するわけにもいかないので、じっとお待ちしておりました。
紹介のXIIHは、偶然、この地域にいたのでしょうか。それとも翌日には飛んできたのでしょうか。
どちらにしても2008年6月14日の地震後の自衛隊の対応は早かったようですね。

>Straight Wingsさん
座間から厚木に時々飛来する米陸軍UH-60AのS/No.を判読するのも難儀します。
しかし、なんとか判読できた時、妙な喜びを感じます(笑)
紹介もそれと似たシチュエーションのようですが、決定的な違いはポジフィルム。
私も経験しているので判読のための難儀さはデジの比でないことは容易に察することができます。
運用側も苦労しているのか、頭にS/No.の末尾2桁を白で書いてますが、他にも似た例はありますネ。

>皆様
ここはクローズし新たにPart.5を立てます。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -