GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





Sikorsky H-53 Part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2013/08/02(Fri) 05:52 No.8618   
MH-53Eの本家米海軍HM部隊機が厚木で撮れるとは夢にも思ってませんでした。
HM-14DET.1として2機のMH-53Eが岩国に配備され、厚木には2007年11月頃から度々飛来。
何度か撮影した北風のS-W Depを↓の日は相鉄踏切南側の交差点信号付近に立ち居地を変えました。
思っていたイメージとは多少異なりますが、まずまずのショットが得られました。
まあしいて難を言うなら『天気が・・・』。13:30頃の良い時間帯だったのですがねぇ〜。


>皆様
引き続きスタリオンの話題をお待ちします。

Re: Sikorsky H-53 Part.2 Name:飛行浪人 Date:2013/08/02(Fri) 06:49 No.8619
>広江さん、皆さんおはようございます。
危ない危ない、今日は随分早いですね。(笑)
今日は1977年2月28日、アラメダで撮ったスタリオン。
HMH769、153301レターはMSです。機首にはバイセン記念らしきステッカーが貼ってありました。ゴールデンブリッジかアラメダから見えるベイブリッジかは聞いていませんでした。


Re: Sikorsky H-53 Part.2 Name:Komatsu Date:2013/08/02(Fri) 08:20 No.8620

1995年6月2日( Wings’95の前日 )、厚木19エンドにて。
HMH−465のCH−53E(YJ17 Bu.No.164779)で、この日2機飛来した内の1機目です。
ランウェイを使って真っ直ぐ降りてきました。
ヘリもこれぐらいお行儀よく降りてきてくれるといいのですが・・・。

>広江さん
No.8612のYF20のBu.No.に関しヒントを有難うございました。
もう一度原版を見直してみました。164781、164784、164791のいずれかではないかと
思います。でも、「唯一これだ」と特定できない限りモヤモヤは晴れませんね。



Re: Sikorsky H-53 Part.2 Name:toksans Date:2013/08/02(Fri) 10:15 No.8621
皆様おはようございます。

早速広江さんに訂正してもらったHMH-361のCH-53Aです。1973年10月27日のNASポイントマグーです。


Re: Sikorsky H-53 Part.2 Name:PAPPY Date:2013/08/02(Fri) 10:36 No.8622
広江さん、皆さんおはようございます。
1973年10月10日入間で行われた第4回国際航空宇宙ショーに展示された CH-53D 157145 HMH-462 YF-19 です。
このくらいはっきりマーキングが見えると助かるんですけどね。


Re: Sikorsky H-53 Part.2 Name:geta-o Date:2013/08/02(Fri) 12:42 No.8623
広江さん、みなさんこんにちは
皆さん早起きですね。
スタリオンは機体が大きく全体を撮った写真ではBu.No.が小さくなりさらにロービジとなると写真からは読むことができません。
今日はそのような写真を1枚
2003.05.05の岩国フレンドシップデーで飛行したHMH-363のCH-53D/YZ-18。
記録性の高いScrambleでもこの機体のBu.No.は・・・です。


Re: Sikorsky H-53 Part.2 Name:YUSA Date:2013/08/02(Fri) 19:10 No.8624
>広江さん、皆さんこんばんは

こちらの参加もすっかりご無沙汰になってしましました。
2011.03.27三沢です。震災の支援で三沢に展開中の撮影です。
記録として撮ってましたが、封印してました。

支援していただいた、方々に感謝しております。
m(_ _)m

HM-14,BuNo16479です。小画像追加して張替えましたm(__)m


Re: Sikorsky H-53 Part.2 Name:Gulf4 Date:2013/08/02(Fri) 20:25 No.8625 ホームページ
広江さんからのコメントに誘われ(笑)、予定を少し早めてドイツ陸軍のCH-53G(84+84)をアップしました。
1995年7月、RAF Fairfordで開催されたIAT-95に展示機として飛来した時の撮影です。
当時の所属部隊は陸軍のHFIR 15、と資料にはありました。この84+84は昨年から空軍に移管された様です。


Re: Sikorsky H-53 Part.2 Name:空と鉄と Date:2013/08/02(Fri) 20:42 No.8626 ホームページ
広江さん 皆さんこんばんは。
空軍機は意外とあまり出てこないですねぇ。
写真は厚木のWings2000に展示されたとってもスパルタンなMH-53J Pave low 68-10367です。
右側にはノーズアートがあったと思いますが残念ながら別のフィルムで行き方知れずになってしまいました。


Re: Sikorsky H-53 Part.2 Name:LUCHO Date:2013/08/02(Fri) 20:46 No.8627
広江さん、皆さん、こんばんは。

平成23年度機雷戦訓練(伊勢湾)で 111空 が明野に展開しました。
http://www.mod.go.jp/msdf/formal/info/news/201201/012401.pdf
H-53を撮ったのはこの時だけです。

MH-53E HM-111 #8623
12/02/01、明野にて。
#8621 も確認できました。


Re: Sikorsky H-53 Part.2 Name:N.SUZUKI Date:2013/08/02(Fri) 20:49 No.8628
広江さん、皆さんこんばんは。
 前回(No8607)に続き79年読谷のHMH361の666です。
 HMH361は当時、前線基地である韓国に配備されており、toksansさんがNo8621で紹介されている73年本国で撮った白文字時代のときのような、YNレター機首のFLYING TIGERSのマーク等の記入はありませんでしたが、ネット検索でYN-666 C/N65-225 Bu/No 157132であることは判りました。 この当時の黒文字塗装の機体では、最も多く見ることが出来た普天間のHMH462(YF)の黒文字の機体を確認しても、テールにレターを記入しているものは少なく、胴横にYFレターのみ、または、HMH462の部隊名のみの記入が殆どでした。



Re: Sikorsky H-53 Part.2 Name:A-330 Date:2013/08/02(Fri) 21:14 No.8629
広江さん、皆さんこんばんは。

BuNoが判読できても所属となる資料がない機体、所属は分かってもBuNoが判読できない等々、H-53投稿には一苦労です。ましてやA-330は撮影記録をメモっていなかったため絞り込むこともできずフーフー言いながらの紹介です(笑)
No8622でPAPPYさんがUPされた、73年入間航空宇宙ショーで展示された機体と同ナンバーですが所属を示すモノが見つかりません。
CH-53D 157145 1985年頃の横田です。


Re: Sikorsky H-53 Part.2 Name:Straight Wings Date:2013/08/02(Fri) 22:18 No.8630
広江さん、皆さん、こんばんは
H-53はでかくて迫力があり音も良いので好きなヘリです。本国で撮ったものをメインにいくつかご紹介します。まずはMH-53E 162905/HM-15 TB-03、1988/4/17 LemooreのOpen Houseでの撮影です。全面半つや消しの黒でどえらい迫力です。なのになぜ一枚しか撮っていないのだろう…


Re: Sikorsky H-53 Part.2 Name:Det.H Date:2013/08/02(Fri) 23:08 No.8631
広江さん 皆さん こんばんは
昨日はネット環境の無い場所にいたため参加できず一日乗り遅れてしまいましたが、今晩から少ない画像ですがお邪魔いたします
皆さんからの画像の数々、私にとっては新鮮そのものです 特に 
>空と鉄とさん
VC-5にスタリオンがいたことを初めて知りました あの派手なChecker Tailsがなんとも無残な色気でびっくりです

では、一番皆さんがお撮りになっていたであろうYFを 1971年の小牧に展示されていた機体です 


Re: Sikorsky H-53 Part.2 Name:THUD Date:2013/08/02(Fri) 23:28 No.8632
広江さん、皆さんこんばんは。
相変わらずなけなしの手持ちで、乾いた雑巾を絞って一枚(笑)
2004年9月のオシアナで撮影したMH-53E(163067 BJ556 HM-14)です。


Re: Sikorsky H-53 Part.2 Name:TROUT Date:2013/08/02(Fri) 23:36 No.8633
広江さん皆さんこんばんは。Part1で紹介いたしました嘉手納33ARRSのHH-53Cを続けて68-10357、同じ78年10月撮影です。
この機体はMACのインシグニアを付けてます。>広江さん,33ARRSのHH-53Cの運用は短いと言っても、75年中期から80年代初めくらいまではいたと思います。


Re: Sikorsky H-53 Part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2013/08/03(Sat) 06:28 No.8634
>飛行浪人さん
危ない危ない?(笑)。寒くてトイレで目覚めたら05:00でしたので、そのままPCに向かいました(笑)
明日は、ゆっくりできるかな?(笑)
紹介は米海兵隊予備役部隊ですネ。HMH-769 → HMH-772 DET.A → HMH-769と、ちょいとややこしい部隊です。
コメントのレターを“MS”に修正しましたが、次の紹介画像はHMT-301“SU”レターですか?(笑)

>Komatsuさん
今回の話題で画像を捜索した中で、HMH-465が見つかりませんでした。Wings1995は行ってないのかな???。
特に珍しい部隊というわけではないと思うのですが、私には巡り会わせの悪い部隊と判明しました。
紹介の164779/YJ-17は、レターやBu.No.が読み取れる綺麗な機体ですネ。
No.8612もこのぐらい綺麗だったら、Bu.No.推測に苦労しモヤモヤ感もなくスッキリできたのにネ(笑)

>toksansさん
CH-53Aが貴重といっても、外見的にはCH-53Dとの違いは私は分らず、単に私特有の数字遊びです。
しかしCH-53系はH-46系に比べると改造型が少なく、Bu.No.だけで型式が特定でき面白味に欠けます(笑)
極東に配備されるスタリオンはロービジが多いのですが、紹介はレターも大書きされハイビジでイイですねぇ〜。
私のNo.8617のレスの補足ですが、現役部隊の中でHMH-361は一番最後にCH-53Dに機種転換した部隊です。

>PAPPYさん
1971年の小牧、そして紹介の1973年の入間、いずれも当時は当然のハイビジ塗装。
当時はスタリオンといえばHMH-462[YF]、一番馴染み深い部隊となりましたね。
普天間に配備当初は、ベトナム戦時下の必然的なロービジ塗装のためBu.No.判読に苦労しましたネ。
しかし、紹介のように綺麗だと軍用機らしくないので、私はあまり好きではありませんが・・・(笑)

>geta-oさん
ホンとにスタリオンBu.No.の判読には難儀しますね。今回の話題で捜索した私の画像でもBu.No.不明がたくさんあります。
ところで、紹介のYZ-18のBu.No.は↓のページの【HMH from MAG-24 (Feb.2002 - Present)】をクリックして下さいませ〜。
せっかく作っているので活用して下さいネ。もっとも、間違いも時々ありますが(^_^;
極東配備部隊の機体のBu.No.はScrambleを間違いなく越えてますヨ(笑)。空白箇所も次の定例更新で埋めます。
http://www.gonavy.jp/usmcindex.html

>YUSAさん
HM-14DET.1はは岩国から韓国Pohangに移動(時期未把握)した後は厚木に飛来せず活動が不明となりましたが、
東日本大震災の支援活動に加わっていたのですね。記録を残していただき、ありがとうございます。
ところで、紹介画像では判読できませんがBu.No.は164793ですか?。↓はBJ-552のようです。
http://english.yonhapnews.co.kr/national/2012/06/29/66/0301000000AEN20120629008200315F.HTML

>Gulf4さん
お誘いをしたものの、私には超難題です(笑)。
このあと、調べなくては・・・、と思ったら詳細な補足をいただき感謝感謝。
しかし、まずは自分で分っていないHFIR15のキーワードを調べたのですが、HFIR15? HFR15?、どちらでしょう?。
即紹介されるとは、さすがです。話題に変化をつけていただけましたm(_ _)m

>空と鉄とさん
MH-53Jを見た記憶は私の地元の厚木だったとは・・・(笑)
1990年代半ば以降は、管理方法がものぐさとなり、ポジはスリーブのまま保存しているので、
国籍・軍・部隊・機種別・等々のストックのファイルや保存箱を探しても見つからなかったはずです。
ところで、この頃のMH-53Jの所属部隊は何でしたっけ?(^_^;。調べなくては(笑)

>LUCHOさん
LUCHOさんにとって海自MH-53Eが馴染みが薄いとは意外でした。
自分の周辺だけを捉えていてはいけませんね。失礼な発言でしたm(_ _)m
もっとも、LUCHOさんから見れば私の陸自機の撮影状況に似た感覚をお持ちかもしれませんね。
紹介の掃海訓練の規模は大きそうですが、今後も行われるとイイですね。

>N.SUZUKIさん
機首横に書かれる三角形のマーク、気になるのですがまだ調べてません。アップ画像ありませんか?。
スタリオンの塗装は、極東配備当初はベトナム戦時下のロービジ、その後、No.8621のような標準塗装、
そして、H-46の話題で生まれた『究極のロービジ』時代に突入した姿が、この紹介の画像ですね。
ところでHMH-361は、1969年10月〜1979年6月まで普天間に恒久配備されたHMH-462と交代に、
スタリオンにとって初のUDPローテーションで普天間に配備された部隊で、
1979年6月〜1979年12月の半年間は普天間に駐留してました。
それと、この間にHMH-361に所属したBu.No.157132はYN-664です。
ネット検索されてヒットした157132/YN-666は別の年月かもしれません。その年月は分りますか?。

>A-330さん
上のN.SUZUKIさんへのレスにも書きましたが、1979年6月から普天間へのHMH部隊のUDPが始まりました。
1980年代後半までは、HMH-361[YN]、HMH-363[YZ]、HMH-462[YF]の3部隊でローテーション。
撮影時期が1985年で間違いないのなら、前半はHMH-462[YF]、後半はHMH-361[YN]です。
といっても、部隊の交代は人員のみで機体は全て普天間に置きっ放しとなりました。
ですので機体には紹介画像のように“HMH”としか書かれてなく、レターもない場合がほとんどで、
特に1980年代半ば頃は、撮影しても全く面白味のない『スタリオン暗黒時代』でした。
部隊で書き換えてないのなら、胴体には“654”のSide No.が書かれているかもしれません。

>Straight Wingsさん
私はヘリの中ではスタリオンが一番好きです。姿・音、どれをとっても私は満点を付けます(笑)
特に、スタリオンの中でもMH-53Eの迫力ある姿は最高ですよね。
しかしこのMH-53Eの塗装色、私のNo.8618紹介とも異なるようにも見えますが『Black Stallion』ですかね。
つや消しのようで、どこか微妙にてかる。どんな光線状態がベストなのか悩む色です。
なぜ1枚しか???。私にも自分自身で理解できないことが多々あります(笑)

>Det.Hさん
1969年10月、HMH-462所属機はベトナムから普天間に移駐してきた当初はベトナム戦のロービジ。
私やPAPPYさんからも紹介されたように翌1970年にもその姿が確認されてますが、
順次、当時の標準塗装に塗り替えられたのが、Det.Hさんから紹介された姿です。
塗りたてで汚れもなく、博物館の保存展示機のような雰囲気が漂い味気なささえ感じてしまいます。
ミリタリーマニアとは、汚れてれば不満を言い、また綺麗過ぎても不満を言う・・・。
あっ、これは私だけのことかな(笑)

>THUDさん
これまでの話題の中で横田に降りる姿を意外に感じていた私ですが、
今回のスタリオンは、私としては米海軍/海兵隊機の横田への飛来状況が気になってます。
というのは、厚木から横田に降りていく姿を何度か見かけているもので。
そのあたりを期待していたのですが、乾いた雑巾を絞って一枚ですかぁ〜・・・。
しかし話は変わって、このHM部隊のMH-53Eの色は、ますます分らなくなってきました(笑)

>TROUTさん
とりあえず私も米空軍スタリオンを急遽捜索しました(笑)。
ところが撮影年は違えど、機体は68-10357と68-10363の2機のみ。
HH-53Cが何機運用されていたのか分りませんが、私とめぐり合わせの悪い機体がいると感じました(笑)。
もう一つ気づいたのは、TROUTさん紹介画像でよく分る燃料タンク後部の安定板。
マリンコCH-53Eは真横に伸びる単なる板に見えますがHH-53Cの安定板は後退翼のようです。
しかし、これどこかで見たことあるような・・・。あれっ?センチューリーシリーズかな?(笑)

>皆様
ここはクローズしPart.3を立てます。





Sikorsky H-53 Name:Takafumi HIROE Date:2013/08/01(Thu) 06:19 No.8605   
マリンコのスタリオンが極東(普天間)に配備されたのはニュース記事では1969年10月(?)と思います。
私のノートには厚木初飛来の記録がなく、はっきりとした日付は分りませんが、おそらく1970年4月または6月。
飛来したと聞き展開した↓の日、157132/YF-4, 157134/YF-6, 157139/YF-10の3機がフライトし、
私にとっての“初スタリオン”の記念すべき日となりました。
この日は日曜日にも関わらず、VMO-6[WB]のOV-10Ax4機とHMM-263[EG]のCH-46D(BBS II No.7962)、
そして厚木初飛来VC-1[UA]所属機のDP-2E 128347/UA-30(BBS II No.2227, No.2229)なども撮れ、私は全てが“初”。
この日厚木に展開された方々にとっても記憶に残る一日となっていることと思います。


>皆様
長い夏休みをいただきましたm(_ _)m
今日からスタートするのは“Sikorsky H-53”。
正しい名称ではありませんが、マニアからは『ゴーサン』あるいは『スタリオン』と呼ばれ、
海自機『グリフィン』と米海兵隊&海軍機が私達には馴染み深いと思います。
40年以上も飛ぶ未だ現役のH-53シリーズ、進み具合が予測できませんが、軍民国籍問わずで進めます。
皆様からの新旧様々の話題と画像をお待ちします。

度々のお願いですが、現役機ゆえ、初参加の方に期待します。

Re: Sikorsky H-53 Name:飛行浪人 Date:2013/08/01(Thu) 06:46 No.8606
>広江さん、皆さんおはようございます。
待ちくたびれて体調を崩してしまいました。(笑)
最初は1978年9月26日、今はなきハンビーで撮影したスタリオン、655/157746です。
所属のHMH462は判読できますがレターの方はテイルローターの影で判読できません。


Re: Sikorsky H-53 Name:N.SUZUKI Date:2013/08/01(Thu) 08:31 No.8607
広江さん、皆さんおはようございます。
 飛行浪人さんのハンビーのスタリオンHMH462とは出会うことは出来ませんでしたが、1979.09.24読谷で撮ったCH-53D HMH361 666です。
テールのレター及びシリアルNoは記入されているのかどうかも含め不明ですが、機首右側に何やら意味ありげな666の三角マークがあります。
読谷へ行く機会は少なく、この時も、カデナで撮影中に読谷の方へ飛んでいくのを見て、急遽駆けつけ撮れました。当時の読谷は滑走路跡地であり、自由に立ち入りは出来、旧滑走路には車の暴走を防ぐ凹凸があった程度と思います。
 写真は、標準レンズでの撮影で何回か離着陸をしていましたが、どこに降りるのか判らず、撮り辛かったことを覚えています。


Re: Sikorsky H-53 Name:PAPPY Date:2013/08/01(Thu) 08:41 No.8608
広江さん、皆さんおはようございます。
スタリオンの厚木初飛来は1970年4月or6月ですか、このBBS IIで明らかになるといいですね。
私の初スタリオンは7月16日ですが広江さんが撮られた頃からしばらく厚木に居ついていたのでしょうか。
この日はYF-4とYF-6の2機が飛んでましたがコースが悪く見上げるようにして撮った CH-53D YF-4 HMH-462 でBu.No.は分かりません。


Re: Sikorsky H-53 Name:A-330 Date:2013/08/01(Thu) 09:06 No.8609
広江さん、皆さんおはようございます。
厚木、ハンビー、読谷でのスタリオンが紹介されましたので、入間でのショットを。
1976年10月の航空宇宙ショーに展示された
CH-53D YF-13 157148 HMH-462
紹介した写真はショー終了翌日のお帰り準備風景です。


Re: Sikorsky H-53 Name:geta-o Date:2013/08/01(Thu) 09:34 No.8610
広江さん、皆さんおはようございます。
H-53が始まりましたね。皆さんがマリンコのスタリオンを出されていますので私のオープニングは海自のMH-53E(#21)
2007.09.09 岩国公開時の撮影です。.


Re: Sikorsky H-53 Name:toksans Date:2013/08/01(Thu) 09:40 No.8611
広江さん、皆様おはようございます。

ここ暫くはいろいろ雑用があって参加できませんでしたが、今回はお付き合いできそうです。
最初の機体はCH-53D HMH-361 YN-6 151690の機首アップで1973年10月27日ポイントマグーでの撮影です。全体像は次回に。


Re: Sikorsky H-53 Name:Komatsu Date:2013/08/01(Thu) 10:36 No.8612
広江さん、皆さん、こんにちは。

1994年6月4日、厚木19エンドで撮ったHMH−462のCH−53E(YF20 Bu.No.不明)です。
約20年間、長〜い休眠をしていましたので、この日が初めてのスタリオンでした。


Re: Sikorsky H-53 Name:空と鉄と Date:2013/08/01(Thu) 20:34 No.8613 ホームページ
広江さん、皆さん、こんばんは

撮影日不詳で申し訳ありません。
三沢へ向け厚木01を離陸していくVC-5のCH-53E UE21 " EXTRA STRONG E"です。
ロービジのマーキング故Bu/No等ほとんどわかりませんが、ベントラルフィン?部に巻かれたチェッカー塗装からVC-5所属とわかるくらいでした。


Re: Sikorsky H-53 Name:Gulf4 Date:2013/08/01(Thu) 21:34 No.8614 ホームページ
私の「初スタリオン」は1970年5月の岩国基地三軍記念日での展示機CH-53D(156970/HMH-462/YF-7)。
で、この時が最初で最後となったマリンコのスタリオン。とにかく海上自衛隊も含めて縁のない機種。
あと何回参加できるか分かりませんが、少しずつ古い写真を探してみます。


Re: Sikorsky H-53 Name:TROUT Date:2013/08/01(Thu) 22:13 No.8615
広江さん、皆さんこんばんは。ご無沙汰しておりますm(__)m 久しぶりに参加させていただきます。マリンのスタリオンは少しは撮っていましたが、どれもBu Noが判読できるような物が無くて・・・(^_^;) S/Nが読めた空軍33ARRSの HH-53Cを、78年10月嘉手納にて68ー8286です。H-3で紹介しました”ジョリグレー”に変わって配備されましたが割と短期間でHH-3Eに戻ってしまいました。

Re: Sikorsky H-53 Name:CJ Date:2013/08/02(Fri) 02:28 No.8616
自分からは昨年の航空ページェントで(2012.7.29)撮影した海上自衛隊111空のMH-53E(8631)です。
H-53を撮影するのはこれが最初で最後の機会になりそうな感じです。


Re: Sikorsky H-53 Name:Takafumi HIROE Date:2013/08/02(Fri) 05:51 No.8617
>飛行浪人さん
お待たせしましたm(_ _)m(笑)。このあとのスタリオンの嵐を乗り切るための体力を整えてました(笑)
皆さんから度々紹介される当時のハンビーですが、私は那覇から嘉手納に向かう途中、
中をチェックはするものの、ヘリが駐機していた記憶はほとんどありません。
もっとも私の気持ちは嘉手納に向かっているため、見過ごしたのかもしれません(笑)
今思うと大変に勿体ないことをしたと後悔しきりです。

>N.SUZUKIさん
以前、別のヘリの話題でもコメントしましたが、当時の撮影環境はおおらかでしたよネ。
紹介の読谷滑走路跡地のショットは今では撮れない貴重な画像となりますね。
ところで、私もキャンプ富士でスタリオンの降りを標準レンズ撮ったことがありますが、
ダウンウォッシュの強烈な風と飛んでくるゴミ等で顔が痛かったでしょう(笑)
ちなみに、紹介の#666、私の別の日に撮った画像ではBu.No.は1571xxとしか読み取れません。

>PAPPYさん
1970年7月16日(木)ですね。その日は私も北側R/W19エンドに展開してますよ(笑)。
横須賀に寄港中の空母SHANGRI-LA搭載のCVW-8機が厚木でローカルフライトを始めてましたからね。
1969年10月から普天間に駐留したHMH-462ですが、撮影当時、厚木をベースに富士で演習していたような???。
ちなみに、初期のHMH-462のSide.Noは前ゼロがないのでYF-4とYF-6ですね。紹介のYF-4のBu.No.は157132です。

>A-330さん
入間の雰囲気の出る空自EC-46Dとの絡みがイイですねぇ〜。
1976年10月の航空宇宙ショーでは私は全てポジで撮ったのですが、何故かスタリオンのコマが残ってません。
当時は保存方法が自分で確立してなく、カビにやられて処分しちゃったのかも・・・。
現在のデジ移行環境では、カビやキズはある程度修復できるかと思うと、当時処分したのは勿体なかったです。

>geta-oさん
実は私、海自MH-53Eの転がりのシーンを見た(撮った)ことがない???。たぶん・・・(笑)
スタリオンシリーズの中でもMH-53Eは紹介のようなショットは迫力満点ですよね。
このように数機の正面形が撮れるのは岩国基地の公開ならではでしょうか。鹿屋でも撮れるかな?。
マニアも当事者も、MCH-101よりイイと思っている人は多いはずだと思うのですがネ。

>toksansさん
オスプレイ第二陣到着で今旬のVMM-262と同じニックネーム“Flying Tigers”ですね。
ところでBu.No.151690はCH-53A。1973年当時ではCH-53Aは希少種と思い調べてみたところ、
HMH-361はCH-53AからCH-53Dに機種転換した一番最後の部隊で1977年までCH-53Aを運用してます。
HMH-462は普天間に移駐した1969年10月当時はCH-53A/Dの混成でしたが、私はCH-53Aを撮ったことがありません。

>Komatsuさん
マリンコのスタリオンほどBu.No.判読に難儀する機体はありませんよねぇ〜。
紹介は、他のHMH-462に所属する機体と合わせて推測すると、16478xまたは16479xのような気がします。
排気で汚れる部分に書かれるBu.No.は“3”と“8”と“9”の見分けのつかないことが多いですからね。
“16x7xx”を読み取れますので、私は164776〜164791内の機体ではないか?と推測しました。

>空と鉄とさん
VC-5のCH-53Eのことをすっかり忘れてました。“EXTRA STRONG E”とは的を得てますネ。
1987年早々から解散した1992年まで運用していたのかなぁ〜。
2機運用していたのは確かだと思うのですが、Bu.No.は全く記録していません。
紹介の画像の撮影年月どころか、厚木に飛来していた記録にも記憶にもありません。
自分自身、困ったものだと呆れ果ててます。

>Gulf4さん
1970年5月の岩国基地公開が、おそらくマニアがスタリオンを初めて身近に見ることのできた日かもしれませんね。
おそらく、その前後に厚木にも飛来しているはすですが、冒頭のコメントのように日付を記録していません。
このような記録モレを繰り返すことウン十年、今にも至ってます。
Gulf4さんの活動範囲ではスタリオンは縁のない機種でしたか・・・。気がつきませんでした。
アメリカ本国や海外(ドイツ機)等では思い当たりませんか?。

>TROUTさん
私も嘉手納でHH-53Cを撮っていたのを思い出しました。ついついマリンコばかりに気を取られてました。
33ARRSでのHH-53Cの配備期間は短かったのですか・・・。となると私が撮影できたのはラッキーだったのかな。
そういえば米空軍機は横田基地の公開ではMH-53(J?)も撮ったような記憶があるようなないような(^_^;
ここでの紹介はBu.No.やS/Noが分るかどうかは最重要要素ではないと思うのですが・・・。
私があまりにも確認するからかな?。スミマセンm(_ _)m
分る場合にコメントがない時に確認しているつもりです。分らない場合は推測するのも楽しいですから(笑)

>CJさん
111空MH-53Eは掃海訓練で大湊基地には度々行ってるようですが、それより北には行くことは少ないのですネ。
コメントいただいて納得できますが、言われなければ気づかなかったです、スミマセン。
丘珠で開催される航空ページェントは、2012年に復活されたようですが以降はまた未定なのでしょうか。
東日本大震災復興に向けての再開で、支援活動で飛んだ航空機として111空MH-53Eも展示したのでしょうね。

>皆様
オープニングは、まずまずのスタートです。ここはクローズしPart.2を立てます。





H-52/S-62 最終章 Name:Takafumi HIROE Date:2013/07/07(Sun) 07:13 No.8589   
空自S-62Aの飛ぶ姿を撮ったのは、確かな記憶はありませんが、画像からは↓の1回だけのようです。
撮影は1977年11月20日、小牧基地の航空祭。
しゃちほこ8SQのF-86Fが翌1978年に三沢に移動する前にホームベース小牧での姿を撮りに行きました。
この年は空自側エプロンが工事中(?)だったのか、西側エプロンで開催され、
ANA B727など定期便のタキシングなども撮れ、いつもとは異なる航空祭の画像と記憶が残ってます。


>皆様
皆様からのH-52/S-62の最後の話題をお待ちします。
なお最終章に参加できない方がいらっしゃるようなので、レスでの締めは明後日7/9(火)朝を予定します。

Re: H-52/S-62 最終章 Name:飛行浪人 Date:2013/07/07(Sun) 07:50 No.8590
>広江さん、皆さんおはようございます。
いよいよラスト、海自1号機モ21ですが撮影月日は1960年中頃です。


Re: H-52/S-62 最終章 Name:飛行浪人 Date:2013/07/07(Sun) 07:52 No.8591
>続いてはツ8922、こちらも月日不明、小月にて。

Re: H-52/S-62 最終章 Name:飛行浪人 Date:2013/07/07(Sun) 07:54 No.8592
>ラストはト23、1976年5月26日、徳島です。取り急ぎ。

Re: H-52/S-62 最終章 Name:Straight Wings Date:2013/07/07(Sun) 10:40 No.8593
広江さん、皆さん、おはようございます。
S-62は特に格好がいいというわけでもなくなんだか地味なヘリでしたが、これだけ出てくると面白いですね。レアな民間所属機の姿はとても興味深かったです。S-62A JA9000には有明という愛称が付いていました。前身の富士航空時代からそのまま引き継いだようです。テイルブームのJAPAN DOMESTIC AIRLINES の下にFUJI AIR LINESを消した痕があります。1964/7/15 羽田整備場地区での撮影です。
>広江さん、千歳のS-62は二機とも1967年の撮影です。訂正しておきました。


Re: H-52/S-62 最終章 Name:Straight Wings Date:2013/07/07(Sun) 10:46 No.8594
2枚目はS-62 43-4773、1970/7/26 松島基地祭での陸海空の並びです。フジのポジからなので色を再現し切れません。Gulf4さんが紹介されたNo.8542と同じ時の撮影ではないかと思います。
では、また次のシリーズで!


Re: H-52/S-62 最終章 Name:怪鳥 Date:2013/07/08(Mon) 00:49 No.8595 ホームページ
広江さん、皆さん、今晩は
S-62はキットが出ていないのに我々オモチャ師仲間では「片目のジャック」として結構人気がありましたが、実機にお目にかかれたのは空自と海自だけでした。
数少ない持ち弾の中から最初は1971年小牧の国際航空宇宙ショーの前日(10月28日)に見学した浜松基地で撮った53-4775です。


Re: H-52/S-62 最終章 Name:怪鳥 Date:2013/07/08(Mon) 00:59 No.8596 ホームページ
お次はNo.8562と同じく下総航空際でのモ-8925です。塗装が違うのでgeta-oさんのNo.8577より後の撮影と思います。

Re: H-52/S-62 最終章 Name:怪鳥 Date:2013/07/08(Mon) 01:11 No.8597 ホームページ
最後はETさんのNo.8584と同じ1971年小牧の33-4771です。初日はプラモ業界のツアーで行きましたが、東京に戻った後、2日後の31日に単独で行った時に撮ったものと思います。何せ初日はブルーズばかり追いかけて片目のジャックには目もくれなかった筈ですから。

Re: H-52/S-62 最終章 Name:飛行浪人 Date:2013/07/08(Mon) 06:32 No.8598
>広江さん、皆さんおはようございます。
昨日は地区の作業で取り急ぎ貼り付けましたが、画像を見直してみるとモツトの順でした。
という事でもっと?と勝手に解釈して掟破りのもう1枚です。1984年4月22日の徳島公開では豪華2機編隊もありました。
>広江さん、入間救難隊は7空団の入間から百里への移動により百里救難隊に改編されたものと思われます。
1970年頃は入間の南端が定位置でした。
ではまた、次回のお題でまたお目にかかれるかな?


Re: H-52/S-62 最終章 Name:N.SUZUKI Date:2013/07/08(Mon) 08:08 No.8599
広江さん、皆さんおはようございます。
 最終章までに、空自、海自、JANoとも出尽くしたようなので、余り紹介されていない角度を主体に紹介します。
最初は、撮影日不確かですが、70年代後半ごろの、岐阜基地公開での S-62J 63-477です。
最近では珍しくなった、縄梯子による救助訓練です。


Re: H-52/S-62 最終章 Name:N.SUZUKI Date:2013/07/08(Mon) 08:19 No.8600
2枚目は、S-62J 43-4773の救助訓練です。撮影日は不確かですが、75年前後のころの名古屋空港で、確か航空日の記念イベントで、民間側エプロンの端を公開し、小牧基地側から救難訓練部隊のこの機体が来て見せてくれました。広江さん、ひょっとするとNo8589の機体と同じなので、同じ時なのか確信はもてません。

Re: H-52/S-62 最終章 Name:N.SUZUKI Date:2013/07/08(Mon) 08:22 No.8601
3枚目は、S-62J モ-8925で、68年6月の下総基地の公開でのシーンです。

Re: H-52/S-62 最終章 Name:N.SUZUKI Date:2013/07/08(Mon) 08:29 No.8602
掟破りの4枚目、参考に紹介しておきます。
 1973年サンフランシスコ国際空港離陸時に撮影した、サンフランシスコのコーストガード基地です。
 HC-130の他に、HH-52も配備されている2機が確認できます。アシアナ事故のニュースを見て思いつきました。


Re: H-52/S-62 最終章 Name:Det.H Date:2013/07/08(Mon) 12:32 No.8603
広江さん 皆さん こんにちは
全くと言っていいほど撮っていなかったS-62でしたが、皆さんからの傑作の数々を拝見して、改めてほんの少しコーカイ (^_^;
素晴らしい写真の後になんですが、別ソーサクでみつかったポジがありましたので、最後に貼らして頂きます 1982年5月の厚木オープンハウス、名称は何だったかな? なぜ突然この年に行ったのかもまるで憶えていません

>広江さん
では、次回何が始まるか、楽しみにお待ちしています


Re: H-52/S-62 最終章 Name:Takafumi HIROE Date:2013/07/09(Tue) 06:06 No.8604
>飛行浪人さん
いつもより遅い私のスレ立てとなりましたが、時間的に厳しくなかったですか?。
初紹介の8921、生きている8922、共に最終章に相応しい画像選択です。ありがとうございます。
ト-8923のエンジンスタート時の消火器のノズルは、その後のHSS-2系でも使用できそうですね。
ハンガー内の姿、グランドクルー合図の元のエンジンスタートの様子、良いショットです。
今回の話題S-62では私はこのようなシーンを撮ることができず残念でなりません。

>Straight Wingsさん
H-52/S-62系は人気が薄かったのかなぁ〜、と自分の手元の画像でも感じてます。
H-3/S-61系と外見が似て格別に格好悪いとは思わないのですが、機数が少なく馴染みがなかったのかな。
JA9000は富士航空・日東航空・北日本航空と合併して日本国内航空になった直後の撮影ですネ。
しかし4年後の1968年08月6日に長野県で墜落したことを今調べて分りました。
No.8594は、これまでに話題になった機種とのスリーショット(笑)
手前の41543、奥は番号が見えませんが、撮影日が確かなようなので、
Gulf4さん、No.8542紹介の撮影日を訂正させていただきます。

>怪鳥さん
「片目のジャック」というキーワードは初めて聞きました。人気があったのですね。
私の身の回りでは特に愛称がなかった印象です。つまり、地味で可哀想だったかと・・・。
怪鳥さんも1971年の小牧基地で開催された国際航空宇宙ショーに泣いた一人ですネ。
No.8596は、今回の話題で撮影日が1971年5月以降〜1977年11月以前に絞り込めましたね。
厚木がらみでは1974年頃に機体の入れ替えが多かったようなので、8925も同時期の移動かもしれません。

>飛行浪人さん(No.8598)
『モツト』、よく気づきましたねぇ〜(笑)。送り気味の編隊パスが『では次のお題まで〜』と言ってます(笑)
入間救難隊の件、第7空団の入間から百里への移動と同時期の可能性があるのですネ。
すっかり忘れてました。そのキーワードで、ちょっと調べてみたところ、
1967年に7空団が百里に移動後、入間救難隊は1968年9月末で閉隊したとの記事も見つけました。
という事は、入間で撮影されたS-62Jが時期によっては入間所属か百里所属かの判断は微妙になります。

>N.SUZUKIさん
縄梯子による救助訓練デモは以前にも話題になりましたが、当時はよく見かける光景だったのですね。
No.8589撮影の日は、航空祭のように航空自衛隊機の地上展示は豊富でした。
しゃちほこのF-86FとT-33AはもちろんのことT-1やT-34?、あと銀ピカC-1、等々。
これらを撮った記憶がN.SUZUKIさんに残っていれば、同じ日です。
N.SUZUKIさん撮影の海自S-62Jの違和感の元は機体上下の色の明度が反転していること。
イエローフィルターですネ。
No.8602は興味深い画像です。
飛行艇用のすべりが2箇所残ってますね。奥のハンガーの“FLYING TIGER LINE”も面白いです(笑)
アシアナ航空214便はR/W28L着陸時の事故ですが、画像に滑走路の補足コメントがないのが残念です。
奥に川か運河が見えるので、R/W28Rの離陸シーンかなぁ〜?との推測の域から出ません。

>Det.Hさん
まさか、最後の最後でその画像が紹介されるとは。
私のオープニング&クロージングでのオチとして考えていたストーリー画像が・・・(笑)
三軍記念日の名称で開催された1982年5月23日(日)。忘れている記憶は以下のリストで思い出せるかな???。
---[USN]---
153835/NF-200 (F-4S) VF-151
160731/NF-301 (A-7E) VA-93
159328/QE-10 (P-3C) VP-40
161198/8A (UC-12B) Atsugi
---[USMC]---
50835/835 Iwakuni ← BBS II SWITCH BOXさんNo.1000紹介
---[USAF]---
78-0544/ZZ "44" F-15C 44TFS
63-7859 (C-130E) 345TAS
66-0198 (C-141B) 63MAW ← BBS II 広江No.4796紹介
69-6645 (UH-1N) 475ABW
---[USARMY]---
70-15503 (OH-58A) Zama
---[JMSDF]---
4765 (P-2J) 3FS ← BBS II 広江No.2309紹介
5001 (P-3) 51FS ← BBS II 広江No.2675紹介
9077 (US-1) 71FS
9042 (YS-11M) 61FS
---[JASDF]---
68-1015 (C-1) 401SQ
69-5118 (T-2) 22SQ
---[JGSDF]---
51704/IIH (KV-107II-4)
---[CIVIL]---
JA3680 (FA-200-180)
---[Demo-Flight Display]---
JA3753 (Pitts S-2A)
8928 (S-62J) Atsugi ← Det.Hさんの紹介はこの機体です(笑)。
51737/IH (KV-107II-4) ← BBS II 広江No.8225紹介
---[Flight Line (not Static Display)]---
154027 (CH-46D) USN ← BBS II BATMANさんNo.7901紹介
150518/PR-44 (P-3A) VQ-1
1xxxx (C-1A) Misawa

>皆様
また私の判断ミスで突然の最終章宣言でご迷惑をおかけしました。申し訳ありませんm(_ _)m
今回の話題H-52/S-62は機数が少なかったせいがあるのかもしれませんが、
意外と人気がなかった事がわかったのが新発見でした。
しかしやはり皆様からは数々の話題と画像を紹介いただき、大盛況で終わることができました。
ありがとうございました。

さて、次の話題は“Sikorsky H-53”。
進み具合が予測不能ですが、国籍軍民問わずで進める覚悟を決めました(笑)
準備期間と休養を含め、キリのよい8月1日(木)スタートを予定します。

ちなみに、米軍のHシリーズの番号順で進めてますので、H-53の後は・・・、

Sikorsky H-54/S-64
Hughes H-55/269
Bell H-57/H-58/H-67/206シリーズ

ここまでが確定候補。以下は悩んでいる候補(笑)。

Sikorsky H-60/S-70
MD/Boeing AH-64
Eurocopter H-65/AS365
Agusta H-68/A109
Eurocopter H-72/EC145/BK117C-2





H-52/S-62 Part.4 Name:Takafumi HIROE Date:2013/07/06(Sat) 06:06 No.8570   
米海軍から海上自衛隊に任務が引き継がれた厚木基地の救難ヘリは、
東側エプロン、現在のVRC-30DET.5のすぐ北側のハンガーがオフィスでした。
そしていつでも飛び立てるよう、2機のS-62Aがタキシーウエイから滑走路寄りのヘリパッド↓と、

もう1箇所はタキシーウエイと滑走路の間にあるヘリパッド↓に駐機してました。


>皆様
油断して、ちょっと引っ張り過ぎてしまったようです。
このPart.4をラス前とし、次のPart.5=最終章とさせていただきます。共に3枚まで紹介OKです。
それでは引き続き、H-52/S-62の話題をお待ちします。

Re: H-52/S-62 Part.4 Name:飛行浪人 Date:2013/07/06(Sat) 06:36 No.8571
>広江さん、皆さんおはようございます。
あらもうラスト前ですか、これは厳しい選択になりそうです。
まずは撮った存在を忘れていた民間機、朝日ヘリのSー62(JA9010)、1964年頃東海村の原研へ行った時に見かけました。この時は朝日ヘリのアルエット2、KHー4もいましたが何をしていたのかは不明です。


Re: H-52/S-62 Part.4 Name:飛行浪人 Date:2013/07/06(Sat) 06:40 No.8572
>続いてはAー330さんにお応えして飛んでる姿を、残念ながら空撮ではありません。
1977年6月の岐阜基地南、木曽川河原です、小牧救難教育隊と思われます。


Re: H-52/S-62 Part.4 Name:飛行浪人 Date:2013/07/06(Sat) 06:59 No.8574
>3枚目は同じく木曽川河原で潅木の中での救助訓練です。
本来はお気に入りの斜め前ショットを紹介したかったのですが、容量が落とせないので見苦しいですが、プリントをスキャンしたものからです。今でもこの付近でやっているなら行ってみたいロケーションです。
ラストは参加できるか微妙になってきましたが、海自のモ、ト、ツを予定しています。


Re: H-52/S-62 Part.4 Name:geta-o Date:2013/07/06(Sat) 08:22 No.8576
広江さん、皆さんおはようございます。
ラス前ですか。
明日の最終にはたぶん参加できないので今日手持ちの3枚を
最初はまだ出ていない空自の#4775
1967.11.03入間


Re: H-52/S-62 Part.4 Name:geta-o Date:2013/07/06(Sat) 08:24 No.8577
次は海自の下総でタワー下のスポットで待機中のモ-8925
1971.05.16下総


Re: H-52/S-62 Part.4 Name:geta-o Date:2013/07/06(Sat) 08:25 No.8578
最後はこれも出ていない民間機で中日本のJA9005。三菱製の1号機です。
1963.10.20名古屋
それではちょっと早いですが次のお題まで


Re: H-52/S-62 Part.4 Name:Straight Wings Date:2013/07/06(Sat) 08:42 No.8579
広江さん、みなさん、おはようございます。
1967夏の千歳にはもう一機いました。S-62J 73-4779、1967/8/6 千歳基地祭での撮影です。


Re: H-52/S-62 Part.4 Name:Straight Wings Date:2013/07/06(Sat) 08:46 No.8580
もう一機、S-62J 53-4775は1968秋も入間にいました。1968/10/12、入間の国際航空宇宙ショーでの撮影です。

Re: H-52/S-62 Part.4 Name:PAPPY Date:2013/07/06(Sat) 10:40 No.8581
広江さん、皆さんおはようございます。
geta-oさんがNo.8576で紹介されましたが同じ1967年11月3日の入間航空祭で救難展示を行うところの 53-4775 です。
入間救難隊かは分かりませんがこの時の航空祭でのフィルムにはH-19は有りませんでした。


Re: H-52/S-62 Part.4 Name:PAPPY Date:2013/07/06(Sat) 10:42 No.8582
広江さんが今日のヘッドで綺麗なカラーで紹介されていますが、同じ年の1978年5月14日の厚木公開でのア-8927です。
この頃の公開の呼び名は何って呼んでいたのでしょう?三軍?オープンハウス?Wings?
この時は家族を連れて行ったので時間の制約があり人が少なくなるまで待てない状況でした。


Re: H-52/S-62 Part.4 Name:PAPPY Date:2013/07/06(Sat) 10:43 No.8583
1967年9月導入半年目の海上保安庁 S-62A JA9156 です。
羽田航空基地の格納庫内で撮影させて頂きました。
あとは目新しいものがないので明日はROMにします、次回またお世話になります。


Re: H-52/S-62 Part.4 Name:ET Date:2013/07/06(Sat) 10:57 No.8584
広江さん、皆さん、お早うございます。
未だ色付きが出ていない空自の4771です。と偉そうなことを言っても土砂降りの中での撮影でぱっとしませんが。1971年10月30日小牧での国際航空宇宙ショーです。


Re: H-52/S-62 Part.4 Name:N.SUZUKI Date:2013/07/06(Sat) 11:41 No.8585
広江さん、みなさんこんにちは。
 未だ出ていない機体とのことで、S-62J モ-8923です。 撮影は1968年6月2日の下総基地公開の時で、この頃は、他に、モ-8924、モ-8925の3機が運用されていました。


Re: H-52/S-62 Part.4 Name:N.SUZUKI Date:2013/07/06(Sat) 11:53 No.8586
次は、同じ S-62Jですが、その後、徳島基地所属となった S-62J ト-8923です。1975年ごろの、毎年春に行われる航空際での撮影で、後方は徳島タワーです。このころは、ト-8924も下総から所属変項したものも撮れました。

Re: H-52/S-62 Part.4 Name:N.SUZUKI Date:2013/07/06(Sat) 12:15 No.8587
3枚目は、米国ロングビーチ空港の シコルスキー S-62A N54516 (c/n62-079)です。撮影は1976年11月でCatalina Airlinesの所属となっていますが、この頃のカタリナエアラインは、ロングビーチ空港のターミナルから、グラマングースを使用した多くの便数を沖合いのカタリナ諸島まで運行していました。
この機体は、77年の1月から運行したされていますが、78年にはデッチングしたとされています。


Re: H-52/S-62 Part.4 Name:Takafumi HIROE Date:2013/07/07(Sun) 07:13 No.8588
海自S-62Jの未出機は、現在のところ8921, 8926の2機。私の手持ちで埋められるのは↓の8926だけです。
撮影ノートを調べたら1974年にはア-8926の撮影記録がありました。
しかし具体的に厚木にいつ頃からS-62Aが配備されたのか、私のノートからでは全く分りません。


>飛行浪人さん
ラス前の一つ前のスレッドでアナウンスしなければなりませんね。慌しくて申し訳ありません。
撮ったことを忘れられていたJA9010、日の目を見ることになって良かったですネ。
3機ものヘリは何の目的で居たのか今になっては分らないことになってしまったのかな・・・。
KV-107IIの話題でも紹介された木曽川河原のシーンは、本当にとても良いロケーションですね。
しかしもし現在も行われているとしたら、大勢のギャラリーが詰めかけるのではないでしょうか。

>geta-oさん
未出の空自#775と中日本航空のJA9005、そして紹介の少ない「モ」の選択、ありがとうございます。
まだまだ手持ちは豊富とは思いますが、全体のバランスで最終章を決めました。申し訳ありません。
シコルスキーのc/n62-017を持つ三菱製の1号機JA9005(c/n M62-001)の表示名は“S-62A”で進めます。
待機中のモ-8925の支援車両は私のNo.8570紹介ア-8927と同じようですが、随分と古風ですネ。

>Straight Wingsさん
No.8579の#779の紹介により、空自S-62A 全9機のコンプリートです。ありがとうございます。
No.8580の#775は直前のgeta-oさんとかぶってしまいましたが、
わざわざ捜索いただいたようでお手数かけました。ありがとうございます。
これだけ皆さんから紹介されてますが、機体によって皆さんとの遭遇チャンスがあると改めて感じます。
※No.8566とNo.8579の撮影年は1967年?1976年?、再確認をお願いします。 

>PAPPYさん
私は入間に救難ヘリが居たとの記憶が曖昧なままGallery化し大変に申し訳ありません。
1978年5月は私も行きました。当時はまだ「三軍記念日」の名称での公開だったと記憶してます。
確か1980年代初頭の岩国基地も、まだ三軍記念日だったような・・・。
当時の羽田の海上保安庁には、度々訪問し撮影され、貴重な記録が残っているでしょうね。

>ETさん
1971年の小牧基地で開催された国際航空宇宙ショーには皆さん一喜一憂されたことでしょう。
まずは紹介の日のような天気に泣いた人が多かったですよね。
私は当時は金欠の学生。大垣行きの夜行普通電車で再び小牧まで行きました(笑)
そして#771の機首の後ろに垂直尾翼の見える“Blue Angels”。これまた話題多しですよネ。
とにかくこの1971年の小牧は、皆さんの記憶に色々と残っていることでしょう。

>N.SUZUKIさん
海自S-62J 9機は、不思議なことに皆さんとの遭遇チャンスにバラツキがあるようです。
厚木基地にS-62Jが配備される前、時々下総から飛来し撮影しましたが、何故か8924ばかりでした。
その8924が、N.SUZUKIさんのコメントから、徳島に移管される前までだったことが分りました。
Nレジの機体は初紹介ですが、この機体もUSCG同様、スポンソンに浮き袋的(?)な装置が装備されてますね。
海に囲まれた日本で運用された機体に未装備なのが不思議です。

>皆様
ここはクローズし、最終章を立てます。





H-52/S-62 Part.3 Name:Takafumi HIROE Date:2013/07/05(Fri) 06:18 No.8558   
米海軍機Modexに慣れ親しんだ私は、↓のような#777に過剰反応してしまいます(笑)
私は1970年代半ばから自衛隊基地に行くようになりましたが、
F-86Fの#777, #999, #000、T-33Aの#222, #333、T-2の#111、等々のぞろ目が結構多いですネ。
そういえば、百里でF-15DJの#888やT-4の#777も撮ったような記憶が・・・(笑)

ちなみに、↑は浜松南での撮影ですが、何処の基地の救難隊所属かは私は分りませんが、
A-330さんのNo.8553での解説によると小牧基地から飛来した可能性が高いと捉えてイイのかな?。

>皆様
引き続き、H-52/S-62の話題をお待ちします。

Re: H-52/S-62 Part.3 Name:飛行浪人 Date:2013/07/05(Fri) 06:57 No.8559
>広江さん、皆さんおはようございます。
さて今日はどうかな?
最後のUSCGです。撮影月日が不明、アボッツフォードのショーに展示されたHHー52です。
こちらでは押してますが、日本では引っ張っていたような記憶があります。
昨日AHSのHPを偶然見たら日本のヘリの歴史が出ていました。
その中にNo.8539のKomatsuさんの日東航空についての記述がありました。それによると伊丹ー市内朝日ヘリポート間を1964.1.4から8.20まで飛んでいたそうです。詳しくはAHSのHPを見てください。
>Det.Hさん、私はこのカットをすっかり忘れていました、たまたまみラマーの箱を見返していたら出てきました。運はもう使い果たしてしまいましたよ。(笑)
Sー62の前に写っているマニアは私の知っている関西のS氏に似ていますが、わかる人はいるでしょうか。


Re: H-52/S-62 Part.3 Name:N.SUZUKI Date:2013/07/05(Fri) 07:53 No.8560
広江さん、みなさんおはようございます。
 広江さん、ゾロ目がでましたので、民間機のゾロ目、JA9000シコルキーS-62A(c/n 62-013)、撮影は1964年10月10日羽田空港整備地区です。 この日は、あの有名な晴天の東京オリンピック開会式の日であり、この後は、会場近くの新宿駅西口へ行き、開会式のブルーインパルスの五輪マークを撮ることができました。羽田へ行ったのは、オリンピック選手団のチャーター機が多数来ており、後方にも見えている、L749,ブリタニア等が撮れました。
Komatsuさん、63年に伊丹で撮ったJA9001(c/n 62-015)は日東航空でしたが、JA9000も富士航空が輸入、この年、64年に日本国内航空が発足し、新塗装となった直後です。
広江さん、三菱 S-62A JA9156(c/n M62-014)は三菱製で、シコルスキーの製造番 c/n 62-014は、全く別のNナンバー機として本国で別に居ます。参考です。


Re: H-52/S-62 Part.3 Name:PAPPY Date:2013/07/05(Fri) 10:08 No.8561
広江さん、皆さんおはようございます。
N.SUZUKIさんがNo.8560で紹介と同じ日本国内航空の S-62A JA9000 で1967年4月29日羽田整備場地区での撮影ですが塗装、マーキングが変更されています。

JAレジは原則JAxxx1〜から付番されますが、この機体はJA9000でぞろ目だと喜んではいられません(笑)、と言うのは
KomatsuさんがNo.8539で紹介の日東航空のJA9001は機体の到着が遅れても番号だけは1番のりをと先に登録申請をしたらしい、日本国内航空合併前の富士航空側は現物を先に入手したのはこちらだから当然9001番はこちらのものと頑張った。
間に立って困った航空局では日東航空は先に申請したのだから1番、しかし0番なら1より前になるので0番を使わない手はないとアッサリ富士航空に9000番を与えたという逸話が有り、番号争いは一件落着しました。


Re: H-52/S-62 Part.3 Name:怪鳥 Date:2013/07/05(Fri) 15:18 No.8562 ホームページ
広江さん、皆さん、今日は
CH-47は殆ど撮ってなかったのでROMしてましたが、S-62は細々と参加させて下さい。
オープニングの広江さんの機体と同じ8924ですが、所属は厚木のアではなく下総のモ、1970年台前半下総航空祭での撮影です。
でも、何で下総のシではないんでしょうね?


Re: H-52/S-62 Part.3 Name:ET Date:2013/07/05(Fri) 16:49 No.8563
広江さん、皆さん、こんにちは。
改修前のイントレピッド上のUSCG1429で1993年1月17日の撮影です。gata-oさん(早速追記ありがとうございました)の写真と若干違いがあります。出張の合間に小型カメラでの撮影で見難いですがご容赦下さい。
違いは左右のフロートの外側に袋(?)状のものが付いていることです。インターネットで見るとある時期まではこの物が付いた状態で展示されていました。この物(正式名称は分かりません)は着水時浮力を増すための補助的な装置と書いたサイトがありましたが専門家の方の解説お願い致します。


Re: H-52/S-62 Part.3 Name:A-330 Date:2013/07/05(Fri) 20:52 No.8564
広江さん、皆さんこんばんは。
持ち駒Noは出尽くしたのでUPを遠慮していたのですが、最後に既出Noローアングルショットを一枚。
ITAZUKE-1さんから67年福岡空港公開で撮影された芦屋救難隊の53-4774紹介に続いて、浜松救難教育隊時代の同機です。といっても機体に所属部隊が書き込まれてはいないので代わり映えしませんが(笑)。
S-62J 53-4774 浜松救難教育隊 70年8月 浜松南基地

>広江さん
KV-107UとH-19Cの同居シーンを見ることは出来ませんでした。浜松救難教育隊は教育に加え、有事の航空救難活動待機も兼ねた任務上機体数が多かったように記憶しています。
長丁場ヘリシリーズの後は“B”シリーズに行くか“T”シリーズに行くか悩みどころですか、いずれも参加楽しみです。Bシリーズはボンバーではなく、B-65とかB747でしょうか(笑)

>飛行浪人さん
空自S-62Jの素晴らしいフライトシーンショットの数々を是非紹介お願いします。当方は残念ながら空撮は地上目標撮影のみで終わったため、飛んでるシーンは1カットも撮れませんでした。


Re: H-52/S-62 Part.3 Name:Gulf4 Date:2013/07/05(Fri) 21:34 No.8565 ホームページ
海上自衛隊は一回だけの撮影だったと思います。まだ出ていない部隊記号「カ」鹿屋救難飛行隊のS-62(8925)。
新田原基地航空祭で撮影したもので、時期は1977年11月だったと思いますが、例によって断言は・・・。


Re: H-52/S-62 Part.3 Name:Straight Wings Date:2013/07/05(Fri) 23:41 No.8566
広江さん、皆さん、こんばんは
何とか参加に間に合いました。
まずは千歳のぞろ目、S-62J 63-4777、1967/8/6 千歳基地祭での撮影です。遠い昔で撮ったことすら覚えていないのが悔しい感じです。


Re: H-52/S-62 Part.3 Name:73400 Date:2013/07/06(Sat) 00:09 No.8567
広江さん、皆さん、こんばんは。
非常に見づらい画像ですが、空自S-62Jの飛行中の姿を。既出の53-4774です。
1982年6月6日、小牧基地祭にて。
ところで、この774号機には、松島救難隊所属時の1969年11月20日、宮城県内で不時着、小破という記録があるようです。
[No.8544]ITAZUKE−1さんの1967年10月の芦屋所属、[No.8564]A−330さんの1970年8月の浜松所属と、その間の松島所属と、めまぐるしく動いていたようです。しかも、事故復帰ですぐに浜松で稼働していたとは。


Re: H-52/S-62 Part.3 Name:geta-o Date:2013/07/06(Sat) 02:54 No.8568
広江さん、皆さんこんばんは。
いま出先からです。
きょうは空自の#4771
1972.11.15浜松での撮影ですが所属は?


Re: H-52/S-62 Part.3 Name:Takafumi HIROE Date:2013/07/06(Sat) 06:05 No.8569
>飛行浪人さん
機体の牽引方法の差は、その道のプロの方に聞きたいです(笑)
日東航空のS-62Aについて、AHSのHPで確認しました。
7ヶ月ちょっとの運行で終わったようですが、平均すると1便あたり約4.6人が利用。
定員10席のS-62Aで片道\2,000円。当時の価格でも妥当な運賃かもしれませんが、
やはり日本では需要が少なく、あえなく運行を中止したのでしょうかね。残念です。

>N.SUZUKIさん
CH-46Dの話題で154000を紹介したとき同様、ピクッ!と反応する人が多いでしょう(笑)
主役のS-62Aもさることながら、そこに写る情景がその時を表す貴重なショットですね。
オリンピックの開会式当日に、ヒコーキを中心に動き回るN.SUZUKIさんは真のヒコーキマニアですm(_ _)m
M62-001〜M62-003の3機は三菱でのノックダウンで、それぞれシコルスキーの62-017〜62-019のc/nがあり、
M62-004〜M62-025は三菱でのライセンス生産機と私は捉えています。
ですので、海上保安庁JA9156 M62-014とシコルスキーのc/n 62-014は別機と理解してます。
JA9156は本来はS-62Jなのかなぁ〜と思ってますが、型式登録はS-62Aなのでしょうか?。
話しが飛びますが、JA9005 M62-001 62-017、JA9006 M62-002 62-018、JA9010 M62-003 62-019
このシコルスキーのc/nを持つ3機は、S-62Aと解釈してます。

>PAPPYさん
どちらが後先で“JA9001”を取得するかで一悶着あったのですか。
第三者の私にすれば、さほど大きな問題とは感じないのですが、当事者には重要な問題なんでしょうね。
おそらく一般の人も“JA9001”の意味に気づかないかとが大多数かと・・・。
当事者も今だからこそ笑える話題になっていることと信じます。航空局の采配に『アッパレ!』(笑)

>怪鳥さん
ようやく初登場の「モ」ですネ。テイルの後部が蛍光オレンジに塗られてないのに初めて気づきました。
厚木に近いからなのか、または機体の交換からなのか、厚木にも時々「モ」は飛来しました。
しかし、最後まで皆さんから紹介がなかったら、モノクロネガを捜索しようと思ってました。
私の想像ですが「シ」は「死」と発音が同じだから?。意外にもありえる理由だと思いません?(笑)

>ETさん
紹介はgeta-oさんNo.8549の15年前、飛行浪人さんNo.8547の現役時代から15年後、
つまりお二人が捉えた姿のちょうど中間点ですね。といっても特に意味はありませんが(笑)
外見的には、No.8547でも確認できるH-3/S-61と似たスポンソンの浮き袋的(?)な装置でしょうか。
皆さんの画像を見返してみると、USCG機には装備されてますが、日本の機体では未装備ですネ。
話は変わりますが、空母上に“Thunderjet”の姿は、なんとも受け入れ難いと思うのは私だけ?(笑)

>A-330さん
なにしろ空自S-62Jは9機しか採用されなかったので、配備基地は限られていたはずと思いますが、
No.8553紹介のように少なくとも3機が同時に浜松に居たのには理由があったのずね。
救難教育隊自体を私は初めて知りましたが、略すとARSならぬARTSとなるのでしょうか。
前々回のKV-107を含め、Gallery化で留意する必要があると思いまして・・・。
“T”シリーズに悩みアリ。T-1とT-2は日米で別機、分けて開催しなければならない(笑)
“B”シリーズにも悩みアリ。スタートは何番?(笑)
さらに、『B707, B727, B737と終わってるのにB747はどうしたの?』の問い合わせも確かにあります(笑)
B65は“U”シリーズを始めれば、どこかに含まれますネ。

>Gulf4さん
「カ」も初登場です。S-62Jは、あと何処の基地に配備されたのか私は分りません。
八戸「ハ」には居たと思うのですが、硫黄島「イ」はどうかなぁ〜・・・。
当時はカタカナ表記にかなりの違和感がありましたが、
今このように皆さんと話題にすると、懐かしく、そして何となく貴重にも思えてきました(笑)
つまり、好き嫌いに関係なく、目の前の機体を大事に撮り貯めないといけないということですネ。

>Straight Wingsさん
各地で撮られた姿が紹介されてきましたが、ようやく北海道・千歳基地での姿も捉えられてましたか。
9機のS-62Jは、持ち回りのように各地を転々としていたことが分ってきました。
しかし機体そのものには所属を示すマーク類が一切書かれてないのが残念ですが(笑)
Straight Wingsさんに限らずですが、空海自衛隊のS-62Jって、何やら人気がなかったように感じます。

>73400さん
53-4774の事故記録は気づきませんでした。しかし軽微な損傷だったのでしょうかね。
事故後約9ヶ月で現場復帰した姿がA-330さんから紹介されてますしね。
それにしても忙しく各地に所属していたかもしれない9機の機体ごとの履歴があると面白そうです。

>geta-oさん
ようやく空自S-62Jの1号機の紹介。残る未紹介は#775と#779の2機のみとなりました。
少ない機数のせいかは分りませんが、私は空自S-62Jでの救難訓練姿を見たのは1回しかありません。
私が各地の基地祭に行くようになった1970年代半ばはKV-107IIの数がS-62Jを上回っていたのかもしれませんが。
お出かけ中?どこか海外でしょうか?。いつもながら出先からの参加に感謝です。ありがとうございます。 

>皆様
ここはクローズし、Part.4を立てます。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -