GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





Sikorsky H-60 Part.4 Name:Takafumi HIROE Date:2013/11/16(Sat) 06:22 No.9562   
(横須賀を母港とする前の)USS Lassenがプロペラ修理(右)&交換(左)のため横須賀に3週間寄港し、
その間、厚木に降ろしたHSL-47のSH-60B 2機がローカルフライトを行った際に
ソノブイカバーに何やら書いてあるのを発見!、という事で早速確認に(笑)
164811/TY-71のアートは何やら意味深。
お尻の「6」と「DON'T TREAD ON ME」との意味合いは、まあ考えてみれば分らないでもない。
しかし彼らのこと、もっと深い意味があるのでは?とも思いましたが、怖くて聞けませんでした(笑)


ちなみにもう1機は162345/TY-61。アートは未確認ですが、なかったような???。
A-330さんがご一緒なら『おお〜っ!、何年ぶりの再会だ?』と言う事は間違いなかったでしょう(笑)

>皆様
引き続き、皆様から米軍&沿岸警備隊ロクマルの話題をお待ちします。

Re: Sikorsky H-60 Part.4 Name:toksans Date:2013/11/16(Sat) 08:32 No.9563
広江さん、皆様おはようございます。
今回は海軍航空100年記念Draw Back塗装のHSC-3のMH-60S 166323、2011年2月11日ノースアイランドです。


Re: Sikorsky H-60 Part.4 Name:AMC-700 Date:2013/11/16(Sat) 08:36 No.9564
広江さん 皆様こんにちわ。
やはりCAG機などのフルカラーのショーバードが大人気ですが個人的にはHS-14のCO機(NF620/164078)の塗装が一番好きでした。しかしこの撮影日だけは整備でドアを交換した直後だったのか2日間限定でCAG機(?)でした!数週間後 桜祭りで当時のCOにこの写真を見せたら「なんでCAGの名前が書いてあるんだ?合成か!?いつ撮ったんだ!?」と質問攻めに(笑)
ちなみにこの164078は解散してしまった元HS-75のNW610で2007年3月26日?に輸送機で横田に輸送されてきて 翌日にNW611/164080と共に横田から飛来しました。たしかその時の降りは一人で撮影した記憶が。

2010年3月17日撮影 HS-14 SH-60F(NF620/164078) NAF ATSUGI


Re: Sikorsky H-60 Part.4 Name:THUD Date:2013/11/16(Sat) 10:07 No.9565
やはりオシアナで2004年9月に撮影したMH-60S(166314 BR-43 HC-8)です。
>広江さん
No.9548もELIZABETH CITYです。


Re: Sikorsky H-60 Part.4 Name:A-330 Date:2013/11/16(Sat) 17:41 No.9566
広江さん、皆さんこんにちは。

>広江さん
TZ51 162345 HSL-45の撮影日を1989年と絞り込んだ経緯を説明させてください。
@HSL-45公文書によると、1989年1月deployd NAF AtsugiでDET7がUSS BUNKER HILL,DET8はUSS FIFEと記載されています。
A発売後すぐに使い始めたフィルムエクター25での撮影ですが、発売日が1998年11月21日、そして1989年11月6日に追加販売されたエクター100へと使用フィルムを全て切り替えるまでの1年間に撮影。
B同じネガには、茶色の芝生と全面真っ白に雪化粧した富士山が写っている。
以上の三点から1989年初頭ではないかと…(笑)

No.9557でSTOMPさんからすでに紹介された機体ですが、18年前の塗装が違う時期の姿です。
HH-60G 89-26210 厚木公開前日の1993年4月23日撮影です。


Re: Sikorsky H-60 Part.4 Name:North PHANTOM Date:2013/11/16(Sat) 20:24 No.9567
広江さん 皆さん 今晩は
 手持ちのUASRJ UH-60A 78Avnはすでに出ている番号のみでした。
 そのため未出番号から厚木Wings1999のデモフライト SH-60F 164459 HS-14 NF612です。1999年9月25日撮影
 No.9540の飛行浪人さんほど傾いてはいませんが、もしドアオープンの状態に自分がいたらパニックです。(恐)


Re: Sikorsky H-60 Part.4 Name:cdr-god Date:2013/11/16(Sat) 20:28 No.9568
広江さん、皆さん、こんばんわ。私にはあまり縁のない米軍機、しかし、何故か年に一度開催される陸自北宇都宮駐屯地記念行事には必ず在日米軍のロクマルが参加しています。多分米軍のロクマルが参加するようになったのは陸自ロクマル部隊が編成されてから、陸自第12ヘリ隊第1飛行隊創設当初のパイロットは在日米軍のパイロットと頻繁にコミニュケーションをとっていたようです。
本日紹介は、2008年5月18日、開設35周年記念に飛来したUSAJ 78AvnのUH-60A/24451、濃霧の中をGCAで到着でした。


Re: Sikorsky H-60 Part.4 Name:うみ太郎 Date:2013/11/16(Sat) 20:36 No.9569
AMC-700さんが書かれているHS-75のNW610/164078です。
2007年3月27日にチャーリーランプでの撮影です。NW611と共に前日到着し、この日の早朝に駐機を撮りに行きました。午後にエンテス後に夕方厚木に移動したと記憶してます。平日なのでフライトの撮影はしてません。
横田で本国のリザーブヘリ部隊の色付きが撮れるとは思ってもいませんでした。


Re: Sikorsky H-60 Part.4 Name:飛行浪人 Date:2013/11/16(Sat) 20:49 No.9570
>広江さん、皆さんこんばんは。
今日は2008年12月11日、嘉手納で撮影したHHー60です。嘉手納での05への着陸は高くてエンドで撮ると番号がなかなか読めません、この機体は26210らしいですが最後の数字がはっきりしません。
左側ドアにはミッションスコアらしきマークが50描いて有りました。


Re: Sikorsky H-60 Part.4 Name:STOMP Date:2013/11/16(Sat) 21:35 No.9571
広江さん皆様こんばんは。
少々悪ノリしているようでしたらご指摘ください。笑!!
普段は座間ホ−クがメインでVIPのトランスポートを行っておりますが、画像は今年10月に来日した国防長官搭乗機となりました、UASRJ UH-60A(86-24496)のドア−です。

やはり国防長官のミッションということもありまして現場はかなりピリピリしていて、正直撮っている最中でも恐怖感はありました。
だけどどうしてもこの板だけは持ち帰りたかったので…。汗!!
2013年10月4日 HARDY BARRACKS


Re: Sikorsky H-60 Part.4 Name:PAPPY Date:2013/11/16(Sat) 21:41 No.9572
広江さん、皆さんこんばんは。
1997年6月29日厚木Wings'97に展示された迷彩の 33RQS ZZ HH-60G 89-26211 です。
この時は珍しく 89-26210 と2機並べて展示されました。


Re: Sikorsky H-60 Part.4 Name:Gulf4 Date:2013/11/16(Sat) 22:24 No.9573
No.9513で広江さんが紹介しているHSL-51所属SH-60B(162212/TA-02)の反対側です。
1999年9月5日、丘珠航空ページェントが終了後に帰るところを撮影しました。


Re: Sikorsky H-60 Part.4 Name:ITAZUKE-1 Date:2013/11/16(Sat) 22:28 No.9574
広江さん 皆さん こんばんは
2008年7月28日 佐世保へ入港するCVN 76へパイロット(船の)を運ぶSH-60F NK(HS-4)-611 164074です。
空母上空警備飛行の時は撮影している上にも来たので大きすぎてあふれて腹もたっぷり見せていただきました。
この時一緒に入港したDDG-83の甲板にSH-60Bは見えず 博多港に入港したDDG-101の甲板にもSH-60Bの姿はなく
がっかりでした。
HSC-25でしょ 非常にむつかしい問題です。岩国の事情通も把握できていないようですが?? 


Re: Sikorsky H-60 Part.4 Name:Takafumi HIROE Date:2013/11/17(Sun) 07:27 No.9575
>toksansさん
この機体もCONAのヘリでは有名ですが、実は私はこの塗装の真意を知りません。
Draw Back塗装も初めて聞く言葉で、調べてはみたのですが、いまいち理解できません。
スミマセンが、そのあたりの解説をお願いできますか?。

>AMC-700さん
暫定CAG機(?)や暫定CO機(?)、はてはCOC用にわざわざModexを書き換えるなど、隠れた存在は多いですよね。
この#620を最初に見た時、「ン?、ずいぶんと汚れてタッチアップか?」と思った方も多かったとか(笑)
デザインはともかくとして、良い発想の塗装で私も大好きでした。
NW-610, NW-611が厚木に降りた日は、南風で厚木はR/W19。
横田を上がってそのまま来るかと待ち構えていたら、一旦海へ出たのか、まさかまさかのS-Wからのアプローチ。
そして超ショート降りの豆粒のような姿を見て泣いた人が多かったのではないでしょうか。
AMC-700さん独り占めの画像が見たいなぁ〜(笑)

>THUDさん
HSC-28に改称する直前の短期間(約1年半)に運用されたHC-8のMH-60Sは貴重です。
機体(166314)も、受領後まもない頃だと思うので汚れも少なく綺麗ですネ。
ただ惜しいのはDETが分るマークや文字類が全く見当たらないこと。
HSC-25でも話題になりましたが、交代で頻繁にフネにDET派遣されるので、
それと分る文字やマークをいちいち書かなくなったのが寂しいです。

>A-330さん
コメントいただきD/Lしたことを思い出し、HSL-45の1989年版を見ました。
詳細に記録されてますね。ただ、あまりにも詳細すぎて私の手には負えそうもありません(笑)
ヘリ部隊の展開履歴をページに仕上げるのは無謀と再認識しました(笑)
ところで紹介のヨーロピアン・ワン迷彩機にはレターが書かれてませんが、
三沢から来た39ARS所属機とみるのが妥当でしょうね。

>North PHANTOMさん
Wings1999でのHS-14のデモフライトは、25日が#612で26日は#617なのかな???。
私は二日間とも行ったはずですが紹介の#612の画像も記憶がありません。
何処かで飲んで食べて休憩していたのかな(笑)
#617の画像はあるのですが、ひょっとして2機で日米の国旗を吊り下げるデモの後ですかね。
画像を見て気がついたのですが、当時はModexの下1桁は鼻ではなく頭に書いてるのですネ。

>cdr-godさん
日米の部隊間では「シスター・スコードロン」関係を結ぶケースがあるので、
おそらく、78AVN/USARJと陸自12H1Fも、親交を深めているのではないでしょうか。
他の例でも、型式であったり名前であったり、と接点は多種多彩なようですが、
海自UH-60Jの73空と米海軍MH-60SのHSC-12は、ちょっと無理があると私は感じます(^^;)

>うみ太郎さん
上のAMC-700さんの話題の機体ですネ。
厚木で多くの人が悔しがったのに、何故かAMC-700さんは撮っているそうです(笑)
レター部分の書き方はイマイチですが、#610に剣が刺さるなど、グリーンを基調とした良いデザインです。
改めて見ると、撮れなかった悔しさが込み上げてきます(笑)

>飛行浪人さん
私は嘉手納には夏の梅雨明け直後、こちらは梅雨が真っ盛りの時期に行きました。
こちら本土も梅雨明けしてしまうと嘉手納はR/W05が多くなってしまいますからね。
R/W05降りは高いし道路事情からも撮りにくいし、とにかく中が見えませんしね。
紹介の機体は何のミッション・スコアを書いているのでしょうか。かなりの数ですね。

>STOMPさん
いえいえ、私もDVプレートが気になってますから大丈夫です。
以前、私が撮影した座間ホークのDVプレートの星の数でSTOMPさんに助けていただいたこともありますしね(笑)
しかし、いくら追い回したところで、厚木で撮るのは紹介のようにクリアーには撮れません。
このように撮れるなら、コレクションしたくなる気持ちは私なら充分に分ります(笑)

>PAPPYさん
Wings'97は、確か前日が台風のような大荒れの天気で、
本番当日も駄目かと諦めたら、奇跡的に天気が急速に回復した時でしたよね。
私は前日に意気消沈してしまったので、紹介のようなシーンは全く知りません(笑)
上のA-330さんNo.9566紹介のWings'93時代は三沢に39ARSが駐留してましたが、
Wings'97では、当然ながら嘉手納から飛来していたのですネ。

>Gulf4さん
当時としては初の派手派手な機体(笑)。「Show Bird」効果で各地で人気が高かったことでしょう。
もちろん地元私たちも追い回しましたが、当時の銀塩機材では、たいした成果は得られてません。
ですので、このような間近で見る動きのあるシーンは、やはりイイですね。
この時の展示のために、往路は前日4日朝7時に厚木を離陸し丘珠に向かいました。
帰路は丘珠を離陸し三沢で一泊。翌日は仙台空港で給油し、厚木には6日17:10に戻ってきました。
固定翼機は、前日昼過ぎに離陸し丘珠入り、当日は夜までに厚木に戻ってます。
やはり、ヘリでの遠路は大変ですね。

>ITAZUKE-1さん
フネのパイロットはヘリで移動ですか。羨ましいですねぇ〜。
チャネルガードのヘリは、空母の周りを旋回してフライトしている時、何かを見つけると近寄るのか、
私も、とある塔の上で入港を撮っていた時、クルーの顔が分るのでは?の近さに来ました。
しかしよく考えてみれば、私は望遠レンズ越しに覗いていたのですよね(笑)
随伴艦ですが、その時のDDG-101にはHSL-37DET.4が派遣されてますが、
博多に入港する前に何処かに降ろしたか、またはハンガー内だったのかな。

>皆様
ここはクローズし、新たにPart.5を立てます。





Sikorsky H-60 Part.3 Name:Takafumi HIROE Date:2013/11/15(Fri) 06:25 No.9543   
開始早々のPart.3で、一番早くクリアーできそうなUSARJ UH-60Aに寄り道です(笑)
厚木基地C-W TWYに着陸後、クォーター・デッキに向かうUASRJ UH-60A 86-24496。


>皆様
引き続き、皆様から米軍ロクマルの話題をお待ちします。

Re: Sikorsky H-60 Part.3 Name:geta-o Date:2013/11/15(Fri) 06:59 No.9544
広江さん、みなさんおはようございます。
飛行浪人さんが寝ているうちに一番乗りできるかな。
今日は皆さんのホームベース厚木で撮ったSH-60B(164814/TA-711) 2011/12/15
GAU-16/A 12.7mm 機関銃を付けています。この鉄砲は自衛隊が使用(現在も新規生産中)しているブローニングM2の近代化型で航空機搭載等を考慮して射撃反動を減らしているようです。
今日から数日PCを離れた旅に出ます。復帰は19日かな。
それまでしばしのお別れです。


Re: Sikorsky H-60 Part.3 Name:toksans Date:2013/11/15(Fri) 09:06 No.9545
広江さん、皆様おはようございます。
HS-5のSH-60F 164799です。2011年6月6日、ノーフォークでの撮影です。この機体も砂漠ですかね。
来週Det.H氏と、とある場所に挑戦するため西海岸に行ってきます。PCとファイルを2、3持っていきますので、参加は続けられると思います。


Re: Sikorsky H-60 Part.3 Name:ITAZUKE-1 Date:2013/11/15(Fri) 10:19 No.9546
広江さん 皆さん おはようございます。
2008年7月19日福岡空港を離陸する MH-60S RB(HSC-25 Det.6)-60 166309です。排気口にDET.6の文字
当時は佐世保-岩国の往復時に立ち寄っていたのですが 岩国へ向かうときはヘリスポットから滑走路横断して上がって行くので証拠写真も撮れず 何度涙をのんだことか! R/W16で佐世保へ行くときは何とか撮影できました。この時は一機のみの飛来でした。
この時期以降はDet.の表示はなくなり どの船に乗っているのかを機体で識別するのは不可能になったと思われます。 モデッスが50 60番から00 01 02 03番の表示になってからは福岡空港に立ち寄らなくダイレクトで佐世保(艦船)-岩国を往復しているようです。


Re: Sikorsky H-60 Part.3 Name:PAPPY Date:2013/11/15(Fri) 11:08 No.9547
広江さん、皆さんおはようございます。
2012年10月2日厚木R/W19付近を離陸する SH-60B 164857 HSL-51 TA-716 です。
特に変わり種ではありませんがヘルファイアの訓練弾を搭載しています、たまに見かけますが距離があったりでなかなか良いのが撮れません。


Re: Sikorsky H-60 Part.3 Name:THUD Date:2013/11/15(Fri) 14:26 No.9548
これもオシアナで2005年9月に撮影したものでUSCGのHH-60J(6009)です。
このとき撮影した画像を見ると、3ショットしか撮っていないのですが、私などは海外馴れしていないものですから、チーズ倉庫に放たれたネズミのごとく(笑)目移りして、地味目な機体は全景撮って終り!でした。
ですので帰ってから「もっといろいろ細部なども撮っておけば・・・」と後悔するハメになります。


Re: Sikorsky H-60 Part.3 Name:A-330 Date:2013/11/15(Fri) 14:48 No.9549
広江さん、皆さんこんにちは。

>North PHANTOMさん
78AVN/USARJのUH-60について「1986年2月20日夜C-5Aで横田に空輸、22日組み立て後のテストフライト、23日キャンプ座間へ」とのご教示有難うございます。
お陰様で横田ドライブインから見たUH-60A 85-24450は、2月22日(土)に撮影したものだと分かりました。

>広江さん
No.9529の撮影日は1986年2月22日です。本文は追記にて記載させていただきました。お手数ですがギャラリーの撮影日の変更をよろしくお願いします。m(__)m。

今日の紹介は使用したフィルムタイプから撮影日推測です(汗)。

横田ドライブインから撮影した SH-60B TZ51 162345 HSL-45
撮影は1989年だと思うのですが…。


Re: Sikorsky H-60 Part.3 Name:Komatsu Date:2013/11/15(Fri) 15:02 No.9550

Wings’92(4月12日)での撮影です。
モデックスが隠れてしまっていて見えませんが、TY60(Bu.No.162348)です。

>広江さん
HSL−49の分遣隊がある時期厚木に常駐していたということを知らなかったのですが、
このHSL−47はどうなのでしょうか?



Re: Sikorsky H-60 Part.3 Name:空と鉄と Date:2013/11/15(Fri) 18:51 No.9551
広江さん、皆さんこんばんは。
今回も立川防災航空祭に展示されていた中からHSL-51のSH-60F TA01(701)164081が帰投時のタキシングです。
最近増えている?タイヤ式の降着装置のヘリは、スキッド式のホバータキシーと違って"転がっている"の表現がしっくりしている気がします。
2008年10月26日 立川防災航空祭にて。


Re: Sikorsky H-60 Part.3 Name:T.H Date:2013/11/15(Fri) 20:35 No.9552
HSL-51 Det.11 でVIPトランスポートを担当していたSH-60F   TA#701と#702が、2機揃ってC-Eastから離陸。
おそらくブルーリッジへ向かったのだろうと思いますが、確証はありません。

2008年2月28日  NAF ATSUGI  SH-60F   TA #701& 702  HSL-51


Re: Sikorsky H-60 Part.3 Name:North PHANTOM Date:2013/11/15(Fri) 20:45 No.9553
広江さん 皆さん 今晩は
 A-330さん JAPANが記載される前どころか、組み立てられてすぐの写真素晴らしいです。
 たまたま記述が見つかったので、書かせて頂きました。(汗)
 UH-60Aで今日も行きます。
 横田の公開中に4つ星のプレート(大将?)を付けたC-40B 01-0015の関係でしょうか?
C-40B到着前に2機のUASRJ UH-60A 78Avn 84-23937と86-24496が降りてきましたが、未出の番号で84-23937です。撮影日2010年8月22日


Re: Sikorsky H-60 Part.3 Name:Gulf4 Date:2013/11/15(Fri) 21:12 No.9554
「座間ホーク」は仙台空港に飛来する回数が一番多い米軍機。航続距離の関係で、三沢の行き帰りに立ち寄ります。
仙台空港では陸上自衛隊エプロンに入りますが、燃料補給は民間のタンクローリーから受けています。
燃料屋さんの話によると、彼らは大手石油会社の給油カード持参で、それで支払っているとか。
「座間ホーク」は天気と光線状態によって、シリアルナンバーの判別すら難しいですね。
2007年3月21日、仙台空港で撮った78AVNのUH-60A(85-24451)。これは何とか識別できました。


Re: Sikorsky H-60 Part.3 Name:AMC-700 Date:2013/11/15(Fri) 21:50 No.9555
HSL-51 DET-4 2011
FFG-54 USS FORD(5月〜11月 クルーズ?で横須賀には7月8日と10月27日に寄港しているため この前後にTA706が派遣&FLYIN)
TA706 162981 7月?〜10月下旬


Re: Sikorsky H-60 Part.3 Name:飛行浪人 Date:2013/11/15(Fri) 22:09 No.9556
>広江さん、皆さんこんばんは。
今日も空軍機、ZZ29406、2011年1月31日の嘉手納です。
和蘭のサイトによるとZZは10機カウントされていますが、この前クラッシュした機体のコメントは見当たりません。


Re: Sikorsky H-60 Part.3 Name:STOMP Date:2013/11/15(Fri) 22:57 No.9557
広江さん皆様こんばんは。
2011年3月11日の東日本大震災でトモダチ作戦に参加したHH-60Gはしばしばハ−ディバラックスに飛来していました。
1日のパタ−ンを見ると当時展開していた横田→六本木→被災地→六本木→横田のル−トで動いていたような感じでした。
自分の憶測ではプレスや大使館関係者などの人員輸送もやっていたような気がしました。

2011年3月27日 HARDY BARRACKS HH-60G ZZ 26210


Re: Sikorsky H-60 Part.3 Name:すっかいうおりゃ Date:2013/11/15(Fri) 23:08 No.9558
広江さん 皆さんこんばんは!

オーサン基地に展示されていたUH-60、2011年撮影です。真横からのショットが見当たりません、展示用の机などがあって撮りにくかったように記憶しています。所属は、2nd Battalion 2nd Aviation Regiment,部隊名「Wild Cards」となっていました。尾翼には、8522か8622の機番がありますが読み取れません。すいません。


Re: Sikorsky H-60 Part.3 Name:うみ太郎 Date:2013/11/16(Sat) 00:04 No.9559
座間ホークをお付き合い致します。
すべて出ているシリアルしか手持ちがありません。
2011年10月23日 立川基地の公開で展示された85-24448です。
これだけ日当たりの良い座間ホークを撮るチャンスは滅多にありませんね。


Re: Sikorsky H-60 Part.3 Name:てらぞう Date:2013/11/16(Sat) 00:19 No.9560
番号が陸軍のものでしたのでこちらに。U.S.CUSTAMS本当はなんて機関か知りませんが直訳で税関。’016月ヒルAFB。UH-60A79−23297です。

Re: Sikorsky H-60 Part.3 Name:Takafumi HIROE Date:2013/11/16(Sat) 06:19 No.9561
>geta-oさん
銃を装備した姿は時々確認できますね。Black BeardのSH-60Fが装備した姿には驚かされました。
この銃については、geta-oさんが戻られてまだ話題が続いていたら、画像を紹介してみたいと思います。
追伸です。
No.9531のRB-60ですが、Bu.No.166308は、ずっとLANT部隊に居るようですし、
ITAZUKE-1さんNo.9546紹介の166309/RB-60が2008年9月に厚木でも確認されてますので、
帰宅後にでもBu.No.の再確認をお願いします。
濃いグレーからロービジに変更するのも考えにくいので、166308の可能性は捨て切れませんが。

>toksansさん
HS部隊で残るのはMH-60Sへの転換が遅れている紹介のHS-5と、当初の2014年転換予定のHS-11のみ。
ですので、紹介の164799/AG-610は今年も健在のようです。
FRS HS-10の解散後、SH-60Fは僅かながらMH-60SのFRS HSC-3でも運用しているようですが、
あともって1年か・・・。もう風前の灯でしょうね。

>ITAZUKE-1さん
毎度の感想になりますが、皆さん本当にヘリ撮影で泣かされたことが多々あるんですネ(笑)
撮れた時の喜びを知って続ける人も居れば、嫌気がさして諦める人も居る・・・。
前にもコメントしましたが、HSC-25の変遷を記録されている友人はいらっしゃいませんか?
厚木には飛来回数が少ないので、私はさっぱり分りません。
翌2009年にgeta-oさん撮影のNo.9531紹介RB-60のロービジ塗装機も私は謎に思ってます。

>PAPPYさん
ヘルファイア(訓練弾)を吊るした姿は珍しくはありませんが、確かに成果としては数が少ないですよね。
例えば、午前中に吊るしていて、午後の離陸で『よし!、いいアングルで上がってきたぞ!』、
と構えて撮ったら吊るしてなかった、なんてことも多々ありますしね。
撮るのも難しい、吊るし物姿も多くない、等々、ヘリ人気がイマイチ高まらない要因の一つかもしれませんね。

>THUDさん
チーズ倉庫に放たれたネズミのごとく(笑)。なるほど、的を得たTHUDさん語録に座布団三枚(笑)
正直なところ、やはりヘリよりファイター系ですよね。それは私も同じです。
ましてや展示機もフライト数も多い本場のエアショーでは仕方がないでしょうネ。
このような機会があって改めてヘリが見直され、当時の後悔が蘇えっていることでしょう。
ところで紹介の6009もCGAS Elizabeth Cityですか?。

>A-330さん
シープラの話題の時にも驚いたのですが、SH-60Bも同様に横田によく行っていたのかもしれませんね。
厚木で撮りにくいヘリが、横田で撮影した画像が紹介されると意外と言うか何と言うか・・・(笑)
今回紹介の162345/TZ-51は、撮影日は絞り込めません。
ただ1991年から1993年の間に確認されているので、当たらずとも・・・というところでしょうか。

>Komatsuさん
HSL-49の分遣隊は、HSL-51の機数不足を補う役割で、ある意味、恒久的なDETでした。
HSL-47が厚木に分遣隊を置いたかどうかは私は全く把握していませんが、
確かに紹介の162348/TY-60は当時の厚木で頻繁に確認されているようですね。
シープラ部隊と同様に、WestPacクルーズ中のフネの陸上拠点とするケースなのかな???。
しかしこの時は、HSL-47が後にHSM-77に改称されて厚木常駐になるとは夢にも思ってませんでしたネ。

>空と鉄とさん
ヘリでも、タイヤ式だと確かに「転がってる」雰囲気はありますよね。
しかし、航空祭などでのスキッド式ヘリの帰投シーンも、なかなか面白いものです(笑)
HSM-51もMH-60Rへの転換を終え、元運用していたSH-60B/Fは順次本国に運ばれつつあります。
紹介の164081/TA-701も、今年9月26日、62AWのC-17A 93-0601にTA-711と元に搭載され、
NAS North Islandまで運ばれ、引退せずMH-60SのFRS HSC-3に引渡されたはずです。
HSC-3では、どんな塗装となって飛ぶのか楽しみにしているところです。

>T.Hさん
紹介の2機は、出港したブルーリッジに向かう際、時々紹介のようなダイナミックな離陸をしましたね。
C7F主任務とする高官輸送のための特別塗装らしからぬ離陸は、離陸側で待つマニアの楽しみの一つでした。
ちなみに記録ノートを調べましたが、撮影の日のブルーリッジの出港は確認できませんでした。
しかし3月5日には「Key Resolve/Foal Eagle 2008」参加のために韓国沖に居る記事がありますので、
その日に出港したのは、ほぼ間違いないとは思いますが、やはり断定できません。

>North PHANTOMさん
高官&ヘリマニアの方々は、高官輸送任務のヘリが何であるのか楽しみにしているようです(笑)
最優先での期待候補は、厚木の以前はHSL-51、現在はHSC-12のBlack Beardですが、
USARJのUH-60Aが高官輸送の任に就くことも決して少なくはなく、
厚木に高官座乗のC-37A/Bが飛来した際、わざわざ座間からUH-60Aが飛来することも多いですネ。
これで確認済みの5機が出揃いました。あとは6機目以降があるのかと楽しみです。

>Gulf4さん
『座間ホーク』は国内共通語ですネ(笑)
厚木と座間は近いので共通だと思いますが、西行きと北行きの中継地は、ほぼ決まってますね。
今回の話題ではない航続距離の長いヘリは直行が多いので、中継地のマニア泣かせとも聞きます。
給油の際のカードは米軍機の必須アイテムかもしれませんね(笑)
座間ホークの番号特定は、私の場合は下2桁が判読できるよう、狙ったアングル以降も連写です(笑)
そして帰宅後の画像加工時に判読できたら、必要なコマ以外は廃棄します(笑)

>AMC-700さん
私がHSL-51 DET.4のページで行き詰っている原因は搭載艦艇の変遷。
まさか途中にUSS Ford (FFG 54)が絡んでいるとは全くの予想外でした。
調べたところ、USS Fordは母港Everettを2011年5月9日に出港し11月17日に帰港してます。
その間の日本への寄港日付は特定できませんでしたが、
AMC-700さんのHSL-51DET.4の派遣期間7月〜10月は、ほぼ間違いないと思います。
DET.4ページ作成に活用させていただきます。

>飛行浪人さん
10機ですか・・・。某サイトは私も見てます(笑)。
在日米軍の部隊については、信頼ができる部分と全く信頼的ない部分の差が大きいので要注意です。
例えば、HSL-51やCVW-5関連、そして岩国基地関連、共に信頼できない部分が多いですネ。
まあ遠い日本の国のことなので、誰か確実な情報を送らないといけないのかもしれませんね。
しかし日本で彼らに通用する米ミリタリー系のスポッターは何人居ることか・・・(笑)

>STOMPさん
HH-60Gのトモダチ作戦の参加の前方拠点は横田基地でしょうかね。
厚木周辺で飛ぶ姿は時々確認されてました。もちろん私も音や遠くを飛ぶ豆粒姿は見てます(笑)
厚木に来る必要が全くないのは、STOMPさんのコメントされる飛行ルートでよく分りました。
直接支援と間接支援の二通りでは、私が厚木で撮れないはずですよね(笑)
それにしても、格好良いショットは羨ましい〜(笑)

>すっかいうおりゃさん
USARJ以外の初登場、と思ったら、またまた難題多しの在韓米陸軍ですか・・・(笑)
喉元すぎれば何とやらで、今までの話題で調べてきた関連情報が、すっかり頭から抜けてます(笑)
USARJのUH-60Aとはミサイル警報装置等々、外見も異なりますね。
型式と番号の絞込みから部隊まで・・・、スミマセンm(_ _)m少し調べる時間を下さい。

>うみ太郎さん
数は少ないけど、全員に共通で馴染み深いのは「座間ホーク」なんですよね。今さらですが・・・。
北へ西へ、そして航空祭や防災訓練などにも一番多く参加してますものね。
それだけ皆さんに多く撮られるチャンスがあっても紹介される機体番号が同じということは、
今まで紹介された5機以外には存在しないのでしょうかね。

>てらぞうさん
現在は米軍と沿岸警備隊の話題ですので、これは第二部で紹介されるべき画像ですねぇ〜。
番号ではなく組織です。
例えば、テスト部隊でNレジのS-70でもあれば、ここでお受けします。
TV CMではありませんが、疑問に思ったらまず検索することをお勧めします。
まあとりあえず、ここでお受けし、第二部のBBS II Galleryに追加編集します。
それと再確認ですが、2001年6月の撮影という事ですか?

>皆様
いやぁ〜、急に忙しくなりました(笑)。
ここはクローズし、新たにPart.4を立てます。





Sikorsky H-60 Part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2013/11/14(Thu) 06:22 No.9528   
1994年7月に厚木に到着し、1994年10月からはCVW-5の仲間入りしたHS-14、↓は1999年当時の色付きCAG機。
テイル部にはHS-14のライトニングとCVW-5の5色のシェブロン、胴体は白頭鷲。
今のような派手派手しさのない当時のアメリカらしいデザインは、やっぱりイイですねぇ〜(笑)
ちなみに、今年2月(?)にSan Diegoに帰国したHS-14ですが、
MH-60S装備のHSC-14に改称し、相変わらず『Lightning 6xx』で飛んでるようです(笑)。
CVWが決まらない現在のレターが気になる・・・。「RH」レターって本当?。


>皆様
引き続き、皆様から米軍ロクマルの話題をお待ちします。

Re: Sikorsky H-60 Part.2 Name:A-330 Date:2013/11/14(Thu) 09:31 No.9529
広江さん、皆さんおはようございます。

A-330が紹介する写真は撮影日不明のショットが多くご迷惑をおかけします。

1986年C-5に積まれて横田基地に来日、横田にてテストフライトを実施していたUH-60Aで機体にはまだJAPANの文字が書き込まれていません。

UH-60A 85-24450 ARMY 1986年2〜3月横田

撮影日は、芝生上に大量の雪がまだ残っていますので2月もしくは3月だと思います(1986年関東地方の大雪は2月18〜19日に20cm、3月23日には9cmの積雪が記録されています)。

>広江さん
昨日UPしたTA04の撮影日の絞り込みですが、同じネガに飛点隊Muフライトシーンが写っていたおかげです(笑)。

*追記です
North PHANTOMさんのご教示のおかげで撮影日は1986年2月22日と判明しました。
North PHANTOMさんありがとうございました。



Re: Sikorsky H-60 Part.2 Name:toksans Date:2013/11/14(Thu) 09:32 No.9530
広江さん、皆様おはようございます。
164073は墓場行きですか、寂しいですね。同じHS-10のSH-60F 164087ですが、この機体もちょうど1年前にノースアイランドに行った時にはほこりにまみれて片隅に置かれていました。撮影は2011年の2月11日です。


Re: Sikorsky H-60 Part.2 Name:geta-o Date:2013/11/14(Thu) 13:24 No.9531
広江さん、みなさんこんにちは。
沢山ありすぎるのも難しいですね。
今日は今は厚木でもいつも見ることのできるMH-60S
岩国の公開に行くとよく展示されていたHSC-25ですが飛んでいるところは岩国のエンドにあまり行かなかったので少ないです。
その中で色付きマークのMH-60S(166309/RB-60/HSC-25 DET 6)
公開の翌々日2009.05.07岩国
Bu.No.166308を16639に訂正しました。(2013/11/19)


Re: Sikorsky H-60 Part.2 Name:THUD Date:2013/11/14(Thu) 14:24 No.9532
2003年9月オシアナで撮影したUSCGのHH-60J(6026)インテーク前の文字はELIZABETH CITY。
会場の隅のほうに置かれていました。
機体の塗装は皆さんそれぞれ好みがあるかと思いますが、私はUSCGの塗装はH-60の機体フォルムとよくマッチして、かっこいいと感じます。頭が黒いところがイイです(笑)
>PAPPYさん
日付間違いご指摘ありがとうございます。久しぶりに出て来て早速ポカやりました。う〜ん、へこむ(笑)


Re: Sikorsky H-60 Part.2 Name:Komatsu Date:2013/11/14(Thu) 14:56 No.9533

1995年のお盆休みは、「インディの出港近し」ということもあって毎日のように厚木へ通いました。
そのおかげで、HSL−49のSH−60B(TX107 Bu.No.162338)が撮れました。
8月15日の厚木19エンドです。



Re: Sikorsky H-60 Part.2 Name:PAPPY Date:2013/11/14(Thu) 15:45 No.9534
広江さん、皆さんこんにちは。
2011年1月24日嘉手納の 33RS ZZ HH-60G 89-26207 です。
前日には那覇航空祭が晴天の下に行われブルーインパルスが1000回目の展示飛行を達成した日でした。
たまたま嘉手納にAKのF-22やAGRのF-16が展開していたことと、もう一本のR/Wが工事中で05L-23R運用だったので行くことにしました。


Re: Sikorsky H-60 Part.2 Name:ITAZUKE-1 Date:2013/11/14(Thu) 18:03 No.9535
博多港に入港した USS Princeton CG 59 艦上のSH-60B HSL-49Det.2 TX-106 162980 2008年2月11日佐世保でNIMITZ撮影後福岡の戻って博多港に撮影に行ったようです。
岸壁には近づけず 並行する道路から脚立に上がって撮影しましたが、手前に建設機械置き場があり邪魔になりました。 佐世保に空母が入ると取材陣を運ぶC-2Aは福岡に 随伴艦は博多港に入港するでうれしい限りでした。


Re: Sikorsky H-60 Part.2 Name:North PHANTOM Date:2013/11/14(Thu) 20:54 No.9536
広江さん 皆さん 今晩は
 A-330さんから素晴らしい横田のテストフライトの写真が出ましたので、調べてみました。 
 手持ち資料の航空ファン別冊No.35のアメリカ軍用機1945〜1987海軍/陸軍編にその記載がありました。
 1986年2月20日夜にC-5Aで横田に空輸され、22日に組み立て後のテストフライトを行い、23日にはキャンプ座間へ飛んで
 いました。その年の横田公開が一般の初お披露目との事です。1987年時点で3機+UH-1で運用となっています が、その後の運用機数は判りませんでした。
 丘珠公開のNo.9520ではすでにJAPANの文字は入っていました。
 身近に感じている78Avnですが、以外に撮っておらず1994年4月23日の厚木のWings94からUH-60A 24450です。
 ただ私は白文字の機体はこの時意外に撮ってはいませんでした。


Re: Sikorsky H-60 Part.2 Name:Gulf4 Date:2013/11/14(Thu) 21:08 No.9537
陸軍のH-60は仙台空港で馴染みの機種ですが、空軍機となると話は違います。震災後の「トモダチ作戦」で
仙台空港に展開した33RSのHH-60G(91-26403/製造番号70-1736)。
2011年3月25日、仙台空港で撮影しましたが、当時は仙台空港と言うより、SENDAI AIR BASEの雰囲気でした。
オリジナル画像で見ると、機内から「あいつ何をしている」的な視線が感じられます。

>広江さん
VH-60Nですが、あまりにもきれいなので、同じH-60シリーズに入るとの認識が欠けていました。


Re: Sikorsky H-60 Part.2 Name:LUCHO Date:2013/11/14(Thu) 21:27 No.9538
広江さん、みなさん、こんばんは。

もう1枚も陸軍です。
No.9520 の25年後の姿です。
この年の-60系外来は SH-60K VS-21 8425/UH-60J 救難教育隊 4575 でした。

UH-60A 78Avn. 24448
2011/10/30、明野航空祭にて。


Re: Sikorsky H-60 Part.2 Name:D-men Date:2013/11/14(Thu) 21:30 No.9539
約3年前、2010年8月29日に行われた神奈川県・座間市合同総合防災訓練に参加したSH-60B(164815/TA-700)HSL-51。身近な厚木市と座間市を跨ぐ座依橋脇のグランドで行われたため、仕事中にロケハンしたの思い出しました。笑 
現在、写真の背景の森付近には圏央道が建設され、今後同じ場所で開催したとしてもこのバックがクリアな条件では撮れなくなってしまいました。

>広江さん
HSL-51は確かに画期的なことをしますよネ。ナンバープレートもよく考えてものと関心してしまいます。笑


Re: Sikorsky H-60 Part.2 Name:飛行浪人 Date:2013/11/14(Thu) 21:50 No.9540
>広江さん、皆さんこんばんは。
今回は朝が辛くなったので夜の参加です、といっても米軍関係はあまり撮っていません。
画像は2011年10月30日のオーサン、前日とはうって変わって晴天でした。
コンバットレスキューで上空をグルグル回っていたZZ26209です。
90度近いバンクですがドアサイドに腰掛けている人達は平気なのでしょうか。


Re: Sikorsky H-60 Part.2 Name:うみ太郎 Date:2013/11/14(Thu) 23:18 No.9541
私もVH-60Nで行きます。皆さんも撮影してると思われますが厚木を離陸するカットです。
2010年11月14日 APECで来日していたオバマ大統領が鎌倉へ移動する為に使用された
Nighthawk1&2 BuNo.163266 BuNo.163263 です。
プレジデンシャルプレートが入ってるのが撮れたのが良かったです。


Re: Sikorsky H-60 Part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2013/11/15(Fri) 06:23 No.9542
>A-330さん
今回はA-330さん紹介画像の撮影時期が絞り込まれていたことにより、
USARJのUH-60Aの運用開始時期が特定できたのが、今回の大きな成果になりました。
感謝感謝、本当にありがとうございます。
あとは、機数(S/No.)の特定ですネ。それにしても、85-24450は未だに座間に居る息の長い機体です。

>toksansさん
米海軍では、SH-60BとSH-60Fは引退が進み、ごく一部の部隊で運用されているのみです。
いつもながらですが、気がついた時には既に末期で、あれこれ撮り逃しを悔やむのみです。
紹介の164087/RA-10も、昨年のほこりまみれ状態のまま、今年2013年2月13日にAMARC入りしました。

>geta-oさん
そうなんです・・・、あまりにも幅が広すぎて的を絞りきれません。もう少し細分化すべきでしたかね。
MH-60Sは厚木にHSC-12が常駐化するまでは貴重な機種でした。
まあ部隊という意味では、HSC-25は未だに外来機として厚木にはたまに飛来する程度です。
USS ESSEX (LHD 2)、USS BON HOMME RICHARD (LHD 6)搭載のHSC-25DET.6所属機ですが、
機体(Modex)の入れ替えが頻繁なようで、私は全く整理できていません。
岩国の方が時系列で変遷を記録されていることを期待しているのですが・・・。

>THUDさん
USCG機が紹介され、これで今回の話題の全軍が揃いました。(USCGは軍とは呼べないのは承知してます)
機体の塗装デザインですが、私はUSCG機と割り切って捉えてます(笑)
そもそも厚木に根を生やす私には貴重な機体ですから、何も文句は言わず来れば撮ります(笑)
といっても、来る可能性は限りなくZEROに近いのですが・・・(笑)

>Komatsuさん
今では厚木では『Red Stinger』は貴重な部隊となってしまいました。
厚木に分遣隊として2機(?)常駐していた頃は、目にする機会も多かったのですがねぇ〜。
といっても、今のデジ機材とは異なり、やはりヘリの撮影は難しかったためか、
結果としての私の成果(ポジ)は、極僅かしかありません。

>PAPPYさん
空中給油ブーム装備の米空軍HH-60Gは、塗装色も加わり、凄味のある機体ですよね。
三沢基地から撤退した今では沖縄以外ではなかなかお目にかかれない貴重な機種ともなりました。
ファイター系を追い回していると、地元ヘリとして見過ごされそうな雰囲気も感じますが、
撮影のプライオリティは、ファイター系と同等として追い回すべきなのでしょうかね。

>ITAZUKE-1さん
コメントを拝見し、撮影には大変苦労されたようですが、その価値はある貴重な機体ですよね。
胴体は「DON'T TREAD ON ME」ですか?。掲げる意味は要調査の宿題になります。
ところで私のHSL-49のページでは、2008年1月24日〜6月3日のHSL-49DET.2のModexが不明でした。
やはりこのような話題で皆さんから情報が集まるのは本当にありがたいことです。

>North PHANTOMさん
記事まで調べていただき、ありがとうございました。
いかに自分の頭の中に入っていないことを露呈してしまいましたネ。
そういえば、その別冊は私の後ろの本棚にあり、時々見てました(^^;)
今回の話題でUSARJ UH-60Aのポジは未捜索ですが、私は白時代を何機撮っていることやら・・・。
Wings1994で展示されたこと自体も覚えてませんし(^^;)

>Gulf4さん
ロービジでの「ZZ」レターのHH-60Gは格好イイですよね。
同じ機種でも部隊や塗装で貴重さが大きく変わるマニアの価値観って不思議ですよネ(笑)
もちろん私も同じです。米空軍HH-60Gは「トモダチ作戦」で横田に展開していたようで、
時々厚木上空にも来るのですが、天気が悪く雲に隠れて見えないことが多かったです。
しかし、1回だけ(?)ひょっこり厚木に降りましたが、私はその場に居ませんでした。

>LUCHOさん
USARJ UH-60Aのスタブウイングに装備する燃料タンク姿は厚木でも時々見かけますが、
日によって、場合によっては二日間で有りと無しの姿を見ることもあります。
近場で運用しているにも関わらず装備する目的は分りませんが、
少なくとも座間から明野に遠征する時は必要な装備なんでしょうね。
この「タンク有り」の姿は格好イイですが「タンク無し」の姿はとても貧弱に見えます。

>D-menさん
ヘリ撮影の魅力のお手本となるようなショットですね。
#700が防災訓練に参加するのが定番なのに、私が行った上瀬谷に来なかった悔しさを思い出しました(笑)
「彼女」が手がけたヘリ部隊の中でHSL-51は初期の頃ではないでしょうかね。
ソノブイカバーアートはSH-2時代からの伝統ですが、「絵皿」はHSL-51以外にもあったのかな。
まあしかし画期的なのはイイのですが、デザインとしては???ですね。
ここ最近の近くで見ないと(撮らないと)分らないような凝ったデザインよりはマシですが(笑)

>飛行浪人さん
紹介の89-26209は、geta-oさんNo.9519紹介39ARS時代から約20年後の姿。
39ARSが三沢から撤退した時に、嘉手納の(当時の名称)33ARSに移管したようですね。
画像を改めてみたら足が外に出てる・・・。飛行浪人さんの心配の言葉が理解できました(笑)
バンクがかかっているから、たぶんお尻は機内の床に押し付けられているはずです。
ヘリではありませんが、C-2Aに乗ってオーバーヘッドした時、
両手で片足の太ももを持ち上げようとしましたが、床から足が離れませんでした(笑)
とはいえ、紹介のような状態では、絶対に乗りたくないです(笑)

>うみ太郎さん
「Nighthawk」ですか・・・、正真正銘の「Marine One」ではないのですね?。
当時のオバマ大統領の行動を全く覚えてないのですが、鎌倉にお迎えに行くシーンということかな?
どちらに座乗するか秘匿する意味でプレジデンシャルプレートは両機に掲げているのですよね。
しかし、厚木からの離陸シーンというのが、思い出すたびに悔しさが蘇えります(笑)

>皆様
ここはクローズし、新たにPart.3を立てます。





Sikorsky H-60 Name:Takafumi HIROE Date:2013/11/13(Wed) 07:16 No.9513   
HSL-51の初代“Show Bird”162112/TA-02。
当時としては画期的なことで、この年の早々(または前年1998年末?)にお披露目。
しかしこの後、各部隊が競い合うようになるとは、この時点では全く想像もしませんでした。


>皆様
今回の話題で厚木の主といえばHSM-51(HSL-51)。
この部隊、マニア的な観点ではとても複雑。ある意味、整理のし甲斐があります。
しかしGO! NAVYでは未だに作業途中というか原型のページがあり、最終形と完成時期が見えません(笑)
http://www.gonavy.jp/hsm51/AC.html
http://www.gonavy.jp/hsm51/DET1.html
http://www.gonavy.jp/hsm51/DET2.html
http://www.gonavy.jp/hsm51/DET3.html
(DET.4以降は原型すらできてません)
参考になるかもしれませんし、抜けが多いとの不満もあるかもしれません。
もし抜け部分で補足がありましたら、是非、この機会に話題として取り上げて下さい。
そのためにも、初参加の方も大歓迎です。

なお、2010年3月6日〜2010年3月17日に開催したHSL-51の話題のうち、
H-60系の画像も合わせてGallery化しますが、皆様は当時を気にせず参加下さい。
もし当時投稿された方が同じ画像で参加いただいた場合は、今回の画像を優先します。
とりあえず、以下の途中経過を参照下さい。
http://www.gonavy.jp/bbs2-h601.html

それでは皆様からの米軍および沿岸警備隊のH-60系の話題をお待ちします。
いつもながらのお願いですが、画像からは読み取れない番号等は、できる限り補足下さい。

Re: Sikorsky H-60 Name:T.H Date:2013/11/13(Wed) 07:45 No.9514
本家 米軍のH-60シリーズの中で 米軍機ファンにとっては、一番撮りたいVH-60N。今から約10年前の2003年ジョージ W.ブッシュ大統領来日で1機が空輸され、日本では使う予定が無かったようで、バックアップは無し。緊急事態が発生した場合の大統領移動に備えたようだ。赤坂の星条旗新聞脇のヘリポートに止め置かれ10月18日大統領がAir Force One で9:15頃羽田を離陸した後、赤坂から横田基地へ向けて移動に離陸したシーン。
羽田のAF1は34Rから離陸が撮れる良いスケジュールだったので、どちらを撮るか?迷ったが、VH-60Nの方が撮影チャンスが少ないのでこの時はAF1を諦めてMarine One ならぬ Night Hawk の離陸を選択した。

2003年10月18日  HARDY BARRACKS  VH-60N  163262 (701170 )   HMX-1   USMC


Re: Sikorsky H-60 Name:Komatsu Date:2013/11/13(Wed) 08:43 No.9515

>広江さん 皆さんお早うございます。

トップの広江さんのBu.No.162112の4年前の姿です。
1995年2月17日、厚木19エンドです。GCAでLow App.を繰り返していました。

冒頭の広江さんの膨大な資料を見て参加するのを一瞬ためらいましたが、???部分の穴埋めができそうです。

追記 胴体上部に USS BUNKER HILL CG−52 と書かれています。




Re: Sikorsky H-60 Name:A-330 Date:2013/11/13(Wed) 09:34 No.9516
広江さん、皆さんおはようございます。

広江さんのHSM-51資料ページを拝見していて、Komatsuさんと同じくBuNo.16xxxxのxxxx部分の穴埋めになるかもしれないと思いUPします。

相も変わらず入間でのデジ化画像です。撮影は飛行点検隊のMu-2Jがまだ飛んでいた頃ですので1994年以前ですが特定には至りませんでした。

SH-60B TA04 162991 HSL-51 90年代前半入間


Re: Sikorsky H-60 Name:toksans Date:2013/11/13(Wed) 09:43 No.9517
広江さん、ご無沙汰しています。今回は参加できそうです。

米海軍のヘリコプター飛行隊再編成の中で解散してしまったHS-10のSH-60F 164073です。名誉勲章を受領した元HC-7 Det104 C.E.Lassenに捧げられた機体です。2011年2月11日、米海軍航空100周年祭でノースアイランドで展示された時のものです。


Re: Sikorsky H-60 Name:空と鉄と Date:2013/11/13(Wed) 17:08 No.9518
広江さん、皆さんこんばんは。
今年の立川公開では非参加だったHSL-51から2010年の公開に持って来てくれたTZレターのSH-60B 163594です。
確か補充機として来たばかりの時期だったと思います。
ほとんどノーマークの機体ながら辛うじてレターが入っていて、久しぶりのTZレターにショーバードと同等?のテンションで撮影していました。
2010年10月9日 立川防災航空祭にて撮影。


Re: Sikorsky H-60 Name:geta-o Date:2013/11/13(Wed) 17:53 No.9519
広江さん、みなさんこんばんは。
H-60も最後というかHシリーズも最後ですね。
皆さんはやはりNAVYですが私はAFから
1992/9/13の三沢航空祭の時展示されていたHH-60G(89-26209)。まだテールコード書かれていませんが多分39ARSの所属と思います。


Re: Sikorsky H-60 Name:North PHANTOM Date:2013/11/13(Wed) 19:51 No.9520
広江さん 皆さん 今晩は
 話題豊富なH-60の米軍編始まりましたね。
 また色々なバリエーションを楽しませて頂ける事が楽しみです。
 まずは私が初めて撮ったUH-60A 85-24448 US ARMYの78Avnで丘珠公開でのお帰りです。
 撮影日は1986年9月7日ですので、第78航空大隊発足の年に早くも北海道まで来ています。


Re: Sikorsky H-60 Name:THUD Date:2013/11/13(Wed) 20:28 No.9521
広江さん、皆さんこんばんは。
だいぶご無沙汰していましたが忘れていた訳ではありません(笑)今回は多少参加出来そうです。
2010年10月12日PAPPYさんと嘉手納へ遠征したときに撮影したHH-60G(ZZ 91−26402)です。
PAPPYさんに紹介される前に貼ります(笑)


Re: Sikorsky H-60 Name:LUCHO Date:2013/11/13(Wed) 20:33 No.9522
広江さん、みなさん、こんばんは。

僅かながら参加させて頂きます。
航空祭からの帰投です。
SH-60K VS-21 8409/UH-60J 救難教育隊 4572 と3機並んで展示されました。
UH-60JA は[スペースが足らなかった]そうで別の場所で展示していました。

UH60A 78Avn. 24451
2010/11/03、明野航空祭にて。


Re: Sikorsky H-60 Name:ITAZUKE-1 Date:2013/11/13(Wed) 20:51 No.9523
広江さん 皆さん こんばんは
2008年2月11日 佐世保に入港するUSS NINITZのSH-60F NH(HS-6)-613です。
空母甲板上にはSH-60F/HH-60Hが多数見えましたが、後部を折りたたんだり ほかの機体の陰になったりで全体が見える機体はありませんでした。




Re: Sikorsky H-60 Name:Gulf4 Date:2013/11/13(Wed) 21:31 No.9524
これを撮ったことを忘れていましたが、No.9514にあるT.Hさんの写真を見て、急に掲載する予定を変更しました。
1992年1月7日、大阪国際空港(伊丹)を最初の訪問地に来日したジョージH・Wブッシュ大統領が、その日の内に
アメリカの玩具店トイザらスが出店する、奈良県の橿原市をヘリコプターで訪問しています。
伊丹で「Air Force-1」を撮ってから、地元の人の車に乗せてもらって、現地のヘリポートまで行ってみました。
関西流の警備というか、「かまへんで」的なところがあって、この大統領専用ヘリも標準レンズで撮れました。
1992年1月7日、奈良県橿原市で撮ったHMX-1のVH-60N(163266/製造番号70-1211)。


Re: Sikorsky H-60 Name:PAPPY Date:2013/11/13(Wed) 22:00 No.9526
広江さん、皆さんこんばんは。
2010年10月12日嘉手納で見られた 33RQS ZZ HH-60G 91-26354 です。
THUDさんに先を越されましたがこの時は2機編隊で飛んでいたので後続機をアップします。


Re: Sikorsky H-60 Name:Takafumi HIROE Date:2013/11/14(Thu) 06:21 No.9527
>T.Hさん
AF1より、このVH-60Nの撮影に挑んだ決断は大正解ですね。
私はVH-60Nには悔しい思い出しか残ってません。
今回の話題では避けて通れない道と覚悟していましたが、オープニング早々の先制パンチです(笑)。
2003年というと、私はエンドには復活してましたので、このようなショットを撮りに行くべきでした。
しかしアメリカ大統領来日時の警備ぶりは、今の私の足では気が重いのですよねぇ〜。

>Komatsuさん
冒頭で紹介したように、私のHSL-51の未完成なページは、HSM-51となっても完成予定は未定(笑)
紹介の162112は、私の記録の少ないTA-12時代とTA-02時代の間隔が縮まりました。
USS Bunker Hillは、1994年10月のクルーズ後ドック入り、1995年4月からはCV-62BGでクルーズ。
撮影時期からは、どちらのクルーズで搭載されたのか判断するのが微妙です。

>A-330さん
早速、新たな発見の一こまです。しかし発見と共に別な疑問が発生です(笑)
手がかりはA-330さんの在任期間からの『1994年以前』のコメント。
162991/TT-22/HSL-43はHSL-51新編と共に日本に来てTA-04になったようです。
しかし、1995年には162991はTA-06の姿で確認されてますので、
裏を返せば、 HSL-51新編時のTA-06のBu.No.不明という新たな謎が生まれました(笑)

>toksansさん
日本でも馴染み深いUSS Lassen (DDG 82)の艦名の元となったLT Clyde E. Lassenに捧ぐ機体、
様々なCONAスペシャル塗装機の中では、このデザインはシンプルで良い部類だと私は思います。
しかし、この機体は紹介の姿で2011年12月6日のラストフライトで直接AMARC "Boneyard" 入りました。
164073にとっては最後の花道を飾る良いデザインとなったようです。

>空と鉄とさん
163594/TZ-56は2010年2月(?)に空輸(横田着?)されHSL-51に補充されましたが、
4月頃から(?)レター「TZ」を残し、機首右側には消えかかった「56」が残ったまま飛び続けてました。
ちょうど161564/TA-700が引退し色付き機不在の時期で、一時『700』を宣言して飛んだような???。
いつ塗装するのかと思っていたら、NIPPIから整備明けで出てきた元#712の164815が新#700となり、
結局、163594は164815と交代に#712となりました。
立川には、貴重なタイミングでの展示。右側から撮れば消えかかった「56」は撮れたはずです(笑)

>geta-oさん
米空軍HH-60Gの厚木への飛来は数回、片手以内?。私は未だに厚木で遭遇したことがありません。
三沢基地公開の1992年か1993年に撮影した曖昧な記憶はあります。
気になって調べてみたら、39ARSの三沢基地の配備期間は1992年〜1994年のようですから、
「MJ」レターのHH-60Gを1993年に撮っているのかもしれません。

>North PHANTOMさん
1986年の撮影という事は、新車で座間から丘珠に行ったのですネ。
実は私は、UASRJでUH-60Aが何年から運用が始まったのか把握していませんでした。
つまり、この紹介画像で初めて知った次第です。
私はUSARJのUH-60Aを5機(84-23937, 85-24448, 85-24450, 85-24451, 86-24496)撮影してますが、
全部で何機運用されているのかも知りません。この話題でクリアーとなる事を期待してます。

>THUDさん
ご無沙汰してます。もちろん忘れ去られているとは私も思っていません。ご安心を。
PAPPYさんと嘉手納遠征の成果ですね。エンドでは様々な珍道中が繰り広げられたのかな?(笑)
今回の話題の中で私には縁のないトリオ(USAF, USMC, USCG)、貴重です。
しかしよく考えたら、撮っているのはUSNとUSARのみでした(笑)

>LUCHOさん
ひょっとして、明野駐屯地は、多種多彩なロクマルの撮れる場所と思えてきました。
確か以前もコメントしたような記憶が蘇えってきましたが、
陸海空自衛隊と在日米軍の陸海空の全てをラインナップするイベントでもないですかねぇ〜。
型式だけでも10種は越えそうですから、スペースが足らない明野駐屯地での開催は無理そうですネ(笑)

>ITAZUKE-1さん
一瞬、CVW-5のHS-14かと思ったら、CVW-11のHS-6でしたか。背景が新鮮でイイですねぇ〜。
この時の佐世保に寄港した際の搭載機のBu.No.をリポートいただき、ページも作成してますが、
CVW-11所属機の中でBu.No.不明機は、VMFA-232の#311とHS-6の#612, #613、計3機だけ・・・。
残念さが増す画像の紹介です〜(笑)。
たぶん、2009年にAMARC入りした163287らしいのですが、下2桁は読み取れませんか?。

>Gulf4さん
ええ〜っ・・・、私には超貴重な存在のVH-60Nの撮ったことを忘れていた?。
それも標準での好条件での撮影を忘れていたとは信じられませんなぁ〜(呆)
今ではさすがに「かまへんで」的な警備体制は無いでしょうから、このショットは本当にお宝ですよ。
環境はどうであれ、やっぱり撮るための努力を惜しんではいけないとの私への戒めですね。

>PAPPYさん
2機編隊で飛んでいたのですか・・・。良かったですねぇ〜。心配しましたヨ(笑)
それにしても、33RSで運用するHH-60Gは、それほど多くはないのでは?、と言おうと思いましたが、
念のために調べたら、10機程度も運用しているのに驚いてます。
2013年8月5日に墜落した機体(S/No.)が不明ですので、話題が終えるまでに判明するのを期待してます。

>皆様
順調なスタートとなりました。ここはクローズし、新たにPart.2を立てます。





H-60/S-70 最終章 Name:Takafumi HIROE Date:2013/11/09(Sat) 07:41 No.9504   
>皆様
厳しいお題となってます。最終章の判断を見誤りましたm(_ _)m
皆様からの各国軍民H-60/S-70シリーズの最後のお題をお待ちします。

Re: H-60/S-70 最終章 Name:飛行浪人 Date:2013/11/09(Sat) 09:25 No.9505
>広江さん、皆さんこんにちは。
今日は出遅れましたが、未だどなたも出勤していないようですね。(笑)
今日は南国、微笑みの国からまずは海軍、2008年1月12日のウタパオ、展示エリア外にいたSー70/
3203です。残念ながら正面からしか撮れませんでした。手前のUHー1は海軍機、おまけです。(笑)
>広江さん、失礼しました、再度見直したら26316でした。
>すっかいうおりゃさん、失礼しました。訂正しておきました。


Re: H-60/S-70 最終章 Name:飛行浪人 Date:2013/11/09(Sat) 09:43 No.9506
>続いては2012年7月2日にドンムアンの空軍100周年に展示された海軍のMHー60?/3208、
Buナンバーは88035と読めます。
世界の流れロービジ化しても文字や国籍マークははっきりしていて嬉しいのですが、型式やBuナンバーは薄々です、何故なのかな?


Re: H-60/S-70 最終章 Name:飛行浪人 Date:2013/11/09(Sat) 09:49 No.9507
>最後は同じく空軍100周年で展示飛行を実施した陸軍のUHー60/7002、6月29日撮影。
陸軍唯一の展示飛行、随分張り切って飛び回っていました。かなり低いところを旋回していたので見ている方がハラハラドキドキでした。
次のパート3はあまり参加できそうもありません。


Re: H-60/S-70 最終章 Name:T.H Date:2013/11/09(Sat) 14:23 No.9508
10月25-27日に韓国中部、清州(チョンジュ)国際空港 / 基地で行われたソウルエアショー2013で CSAR ( Combat Search And Rescue ) DEMOを見せた韓国空軍のHH-60P。2機のKF-16C/Dおよび KA-1 x 2機によるエアカバーを受けて、敵テリトリーに取り残された友軍を捜索・回収するシナリオのデモンストレーション。同様のデモが米軍機によってオーサンABの公開 Air Power Dayで例年実施されていますが、韓国空軍版は初めて見ました。米軍版はF-16CとOA-10 & ある年はAH-64D / CH-47、また別の年はZZのHH-60G x 2機 だったりヘリの機種が異なっていました。 
航空自衛隊の航空祭では、救難航空隊のU-125AとUH-60Jの連携による同様のデモが見られますが、Combatが 頭に付くか否かの違いでしょうか 臨場感が全く違います。

2013年10月25日  Cheongju INTL / Seoul Air show   HH-60P  01-619、01-772  233CSRS ROKAF


Re: H-60/S-70 最終章 Name:T.H Date:2013/11/09(Sat) 14:25 No.9509
同じくチョンジュ・ソウルエアショーの空港側カーゴ地区の展示会場に地上展示された地元所属のHH-60P。

>広江 さん
推測ですが、陸軍用に配備されたUH-60Pの何機かが、広江さんの仰るように1999年以降空軍に移管されてUH → HH に改造されたのではないでしょうか?チョンジュに展示された↓の機体前看板には HH-60P と間違いなく書いてありました。

2013年10月25日  Cheongju INTL / Seoul Air show   HH-60P  01-760  233CSRS ROKAF


Re: H-60/S-70 最終章 Name:T.H Date:2013/11/09(Sat) 14:28 No.9510
最終章なのに投稿が少ないようなので、賑やかしにもう1枚。展示機の前に居たクルーと整備員?等に集まってもらい記念写真を撮らせてもらいました。HH-60Pはチョンジュ以外にも配備されているような話しまでは聞けましたが、前述したように 詳細は・・・でした。

2013年10月25日  Cheongju INTL / Seoul Air show   HH-60P Crew's  233CSRS ROKAF


Re: H-60/S-70 最終章 Name:飛行浪人 Date:2013/11/09(Sat) 20:26 No.9511
>投稿数が少ないようなので掟破りの4枚目。
台湾空軍のSー70シリーズ最新バージョン、7015、2007年6月16日の新竹公開です。機首周りに出っ張りが増えていますね。
残念ながら7004以前の画像は見つかりませんでした。


Re: H-60/S-70 最終章 Name:Takafumi HIROE Date:2013/11/10(Sun) 06:54 No.9512
>飛行浪人さん
No.9505のS-70B-7 3203は、No.9507のMH-60Sと同じU-Tapaoをベースとする海軍機なんですね。
尾輪がダブルタイヤになっていることで海軍H-60系と気づきました。
No.9506は撮影の前年(2011年)10月にタイに引渡された新車ですね。今のところ3207と2機だけのようです。
No.9507は画像からもハラハラドキドキですねぇ〜。張り切るのもほどほどにしてほしいですよね。
機体はUH-60Lで6927〜6929, 7002〜7003, 7025〜7026の7機が確認されてます。
いずれも、米軍のFMSによるS/No.の下4桁を使用しているため、妙に飛び番となってます。
さて、番号が分って新たな疑問が湧くNo.9493です。
機体はUH-60L 90-26316ですね。
韓国のH-60系は、これまで皆さんから紹介されてきた機体は全て製造番号をS/No.にしてます。
しかし、26316で疑問が湧いて90-26316と分ったのですが、確かに韓国籍で“26316”で登録されてました。
在韓米陸軍から韓国陸軍に引渡された機体が何機存在するのか、またまた新たな疑問です。
No.9511の追加紹介、ありがとうございます。さすが、この地域に頻繁に行かれる飛行浪人さんならではです。
S-70C-6は、今まで自衛隊UH-60Jコメントしていましたが、よく見たら、機首はだいぶ異なりますね。
エンジン排気口の形状もIR避けに改良されているようですね。
ちなみに、紹介いただいて改めて調べたら、S-70C-6の4機(7015〜7018)は「Super Bluehawk」だそうです。
まあ次から次へと「Hawk」シリーズに色々な名前を思いつくものだと感心してしまいます(笑)

>T.Hさん
微妙な朝鮮半島情勢から韓国軍は実戦に近いシナリオをいくつも持っているでしょうから、
No.9508のようなデモは、米軍と同様に臨場感のあるデモシーンと想像できます。
やはり、CSARとSARの違いは明確ですかね。
韓国陸軍のUH-60P 140機は、T.HさんNo.9487紹介の製造番号からS/No.としている純然たるUH-60Pと、
飛行浪人さんNo.9493紹介の元米陸軍UH-60Lの2種類を合わせた機数かもしれません。
どちらにしても、近くて遠い・・・緊張する休戦状態の韓国ゆえ、明らかにならない謎多しです。
ですので、No.9509が元々空軍向けに配備された機体かどうかも全く分りません。
このあたりを明確にできる人は、公的には居ないでしょうネ。
あまり触れたくない韓国軍ですが、No.9510のようなシーンを見ると、何故か心がホッとします。

>皆様
大変に厳しいお題となり申し訳ありませんでした。
しかし気づいてなかったことが見えてきたりとの新発見も多い充実した話題となりました。
いつもながら皆様には感謝いたします。本当にありがとうございました。

さて次は、ロクマルシリーズの最後、および昨年から続いた米軍ヘリHシリーズの最後となります。
米軍・沿岸警備隊H-60シリーズ”です。
短期休養後の来週11月13日(水)スタートを予定します。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -