GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





Russian Heli Part.4 Name:Takafumi HIROE Date:2013/12/14(Sat) 06:31 No.9742   
>皆様
引き続き皆様からのロシア製ヘリの話題をお待ちいたします。

Re: Russian Heli Part.4 Name:ET Date:2013/12/14(Sat) 11:18 No.9743
広江さん、皆さん、お早うございます。
前半分にヘラジカ(?)の顔が描かれ、後部とメインローター及びテールローターがハンガリーの国旗を表す赤、緑、白に塗られたハンガリー空軍のMi-24V (714, c/n220714 ) です。垂直尾翼の紋章に見えるのはPhoenixの文字と鳥の絵です。2008年5月30日ベルリン航空ショーで撮影。ハンガリーでは鹿は身近な動物らしいですがこの塗装の意味は調べた限りでは分かりませんでした。


Re: Russian Heli Part.4 Name:グラコ Date:2013/12/14(Sat) 14:55 No.9744
広江さん、皆さん、こんにちは。
広江さん、Khodynkaフィールドのwikiでの紹介ありがとうございました。ただ、wikiの画像は2010年の様です。
私が行ったのは2012年なので、この時点(2010年)ではまだあったはずです。
この野っぱらを見ると消滅したと勘違いしてもおかしくないですよね。そんな感じの所です。
なかなか現役機にいけませんが、せっかくなのでKhodynkaフィールドからもう1枚。Mi-24A、ハインドの初期型です。
映画「エクスペンダブルズ2」では、このA型の飛んでいるシーンがあるのですが、まだ生きている国があるのでしょうか?撮ってみたい!!


Re: Russian Heli Part.4 Name:geta-o Date:2013/12/14(Sat) 17:59 No.9745
広江さん、皆さんこんばんは
飛行場へも行かず今日も写真の整理をしていました。
今日もカモフそれも既出。
広江さんがオープニングの9706でUPしたCCCP-26011
撮影日は数日早く1968/10/9 場所は当然入間です。
何か違いわかりますか。
後方キャビンが取り外されそこに薬剤散布装置が付いています。


Re: Russian Heli Part.4 Name:geta-o Date:2013/12/14(Sat) 18:00 No.9746
掟破りの2枚連貼りで地上でその散布装置の試運転をしているところです。
明日から数日旅に出ますのでまた来週の中ほどまで続いていたら参加します。
それでは


Re: Russian Heli Part.4 Name:North PHANTOM Date:2013/12/14(Sat) 18:48 No.9748
広江さん 皆さん 今晩は
 Geta-oさんがすでにNo.9723でご紹介されていますKamov Ka-32A11BC JA6955です。
 色々手を掛けている内にローターも回り始めたので、ずっと待っていましたがエンジンテストで終了でした。(悲)
 撮影日2009年2月6日 東京ヘリポート
 これで私は終了ですので、皆様のものを引き続き楽しみたいと思います。


Re: Russian Heli Part.4 Name:飛行浪人 Date:2013/12/14(Sat) 20:05 No.9749
>広江さん、皆さんこんばんは。
今日はミル8です。
旧東独のどこだったかな?日付は1992年頃だったような。
胴体両側の燃料タンク部にロケットポッドを付けていました。
本国ではどうか知りませんが東独駐留部隊は同一機種では基地(部隊)毎に色違いの2桁の番号を付けていたので色で部隊を識別していたようです。私は白、青、赤、オレンジを確認しています。


Re: Russian Heli Part.4 Name:Gulf4 Date:2013/12/14(Sat) 21:45 No.9750
昨日の機体と番号違いになりますが、チェコ空軍のMi-24V(0709)。1995年7月、RAF Fairfordで撮影したものです。
攻撃ヘリコプターに分類されますが、同時に兵員も運べるため、キャビン部分が異様に大きいですね。
良く見ると昨日の機体とは装備品が違います。


Re: Russian Heli Part.4 Name:N.SUZUKI Date:2013/12/14(Sat) 21:52 No.9751
広江さん、皆さんこんばんは。
 再び66.10.25 大阪空港のMi-6(CCCO-08174)です。 前回Mi-6は120名の乗客でギャレー装備が可能と言いましたが、この時後部ドアから覗いた限りでは、完全なカーゴ仕様であり、C-130などとほぼ同様な装備でした。コックさんが乗っていましたが、機内に招待者の食事用のテーブルがセッティングされていたのみで、ギャレー装備はなさそうでした。実際にも旅客型の仕様があったかどうかは分かりません。
なお、参考として、国内に4機も導入されたKa-26が余り活躍できなかった最大の要因は、搭乗者用のキャビンは乗ることができても、旅客としての仕様に合致せず、有償搭乗者として認められなかったことが原因でした。


Re: Russian Heli Part.4 Name:すっかいうおりゃ Date:2013/12/15(Sun) 00:26 No.9752
広江さん 皆さんこんばんは!
またまた 出遅れてしまいました。某国版Mi-8です。陸軍所属北京近郊で撮影。めったに飛ばないので撮影には苦労しましたが 80年代に輸入して以来大事に使っているようで まだまだ使われています。2012年4月撮影LH94741


Re: Russian Heli Part.4 Name:Takafumi HIROE Date:2013/12/15(Sun) 09:03 No.9753
>ETさん
これまたド派手なデザインですねぇ〜。これだけインパクトのあるデザインは撮り甲斐がありますね。
メインローターとテイルローターまでハンガリー国旗のカラーで塗られているとはお洒落です。
近年の米海軍のH-60シリーズのCAG機のデザインとは大違い(笑)。原点に返ってほしいものです。

>グラコさん
Khodynkaフィールドの画像の撮影年の件、失礼いたしました。
となると、2010年の野っぱらの後の2012年の撮影とは不思議・・・。単に置き場所の問題かな。
ハインドの初期型は私も調べていて気づきましたが、機首だけ見ると別機ですネ。

>geta-oさん
他のKa-26の紹介画像を拝見し、私のNo.9706のグレーの発色がおかしいのかと思ってましたが、
geta-oさんから同じCCCP-26011が紹介され納得できました。やはりグレーだったのですネ。
当然、水でしょうけど、散布装置の地上での試運転は見てみたいです。

>North PHANTOMさん
ローターが回り始めたら、上がるのか期待してしまいますよね。
エンジンテストとはいえ、独特の音だったと思いますが、どのように感じました?。
その感想は別の機会にでも・・・(笑)

>飛行浪人さん
いいですねぇ〜。普通の着陸(?)のショットですが、形・色・等、全てが魅力大です。
ベルリンの壁崩壊後、厚木基地のエンドでもロシア機撮影の話題になったのを思い出しました。
しかし、貴重な旧東独遠征でも場所を忘れてしまうほど、他にも出かけられたことが多かった?(笑)

>Gulf4さん
Mi-8を原型として開発されたそうですが、当時は他の小型ヘリでは開発できなかったのかな・・・。
攻撃ヘリながら兵員も運べるキャビンのあるアンバランスな設計思想が面白いですよね。
このような点も含めて、ロシア機の面白さに魅せられる方が多いのかもしれませんね。

>N.SUZUKIさん
Mi-6の乗客120名は、4x30席、それとも意外に幅があり6x20席でしょうかね。
Ka-26の件ですが、スミマセンm(_ _)m、旅客としての仕様???、有償搭乗者???、
お仕事柄の言葉ではなく、平たく説明いただけると明快に理解できます。

>すっかいうおりゃさん
某国でのロシアヘリがようやく登場しましたネ。この後も無難なところから紹介下さい。
紹介はMi-8のライセンス生産型でしょうか・・・。おそらく自国の名称があるのですよね。
塗装は、何故か私達に身近な存在の色と迷彩パターンが逆に奇妙に感じます(笑)

>皆様
ここはクローズし、Part.5を立てます。





Russian Heli Part.3 Name:Takafumi HIROE Date:2013/12/13(Fri) 11:54 No.9732   
>皆様
諸事情にてレスが遅くなり、申し訳ありませんm(_ _)m
引き続き皆様からのロシア製ヘリの話題をお待ちいたします。

Re: Russian Heli Part.3 Name:N.SUZUKI Date:2013/12/13(Fri) 13:48 No.9733
広江さん、皆さんこんにちは、
 広江さん、Mi-6の大きさのイメージが分かるショットで、少なくとも、ギャレーが装備でき,クルーとしてコックが搭乗出来る大きさです。66.10.25大阪空港でのMi-6(CCCP-08174)です


Re: Russian Heli Part.3 Name:ET Date:2013/12/13(Fri) 14:14 No.9734
広江さん、皆さん、こんにちは。
私もMi-6の大きさを示す写真です。No.9718で怪鳥さんが出されたMi-6 (CCCP-21136)ですが近くに人がいるので比較できるのではないかと思います。1973年入間でのショーで飛んだ機体も撮っていますが同じАЭРОФЛОТでも塗装が違いますね。1971年10月30日小牧にて。


Re: Russian Heli Part.3 Name:geta-o Date:2013/12/13(Fri) 16:06 No.9735
広江さん、皆さんこんばんは
入間や小牧の航空ショーで評判が良かったのか1974年にKamov KA-26Dが4機(JA7990/7993)輸入されました。
しかし輸入後の活躍はあまり聞きませんでした。
写真は調布でスタンバイしているJA7990 1974/5/18
この機体は現在成田の航空科学館に屋外展示されています。


Re: Russian Heli Part.3 Name:飛行浪人 Date:2013/12/13(Fri) 19:03 No.9736
>広江さん、皆さんこんばんは。
次のミル8に行く前にミル6をもう1枚、日にちははっきりしませんが1992年頃の旧東独、シュピレンブルグです。ここは輸送機とエリント機の基地でしたが、このミル6は輸送型のようですね。



Re: Russian Heli Part.3 Name:North PHANTOM Date:2013/12/13(Fri) 20:42 No.9737
広江さん 皆さん 今晩は
 もう皆さんから素晴らしいのが出ているのですが、怪鳥さんと同じ1973年の入間での国際航空宇宙ショーから
MIL-6 Aeroflot CCCP-13322です。(撮影日1973年10月6日)
エンジン整備用と思われるカバーがオープン状態でした。
 N.SUZUKIさんのように人と機体の大きさがはっきりではありませんが、比較になれば幸いです。
 ※あと手持ち1枚です。(汗)


Re: Russian Heli Part.3 Name:Gulf4 Date:2013/12/13(Fri) 21:34 No.9738
どなたか出されると思っていましたが、チェコ空軍の331Vrlt所属と資料にあったMi-24V(手前0702、奥0703)です。
1995年7月、RAF Fairfordで撮影しました。赤い星のMi-24は飛行浪人さんと一緒に行った、旧東独ロシア軍基地巡りで
地上にいたのを見ていますが、残念ながら撮れませんでした。


Re: Russian Heli Part.3 Name:いいぐる Date:2013/12/14(Sat) 00:54 No.9739
広江さん 皆さんこんばんは

広江さん
9729で紹介したMi-14は対潜型の機体です。もちろん現役機ですよ^^
実は私もこの時に初めてこの機体を見て、広江さんと同じ感想を持ちました。
ぜひとも飛んでいる姿を見たい、音を聞きたいと思うも、2008年、2011年7月とポーランド訪問した際には地上展示のみ、
3度目の正直とばかり、2011年8月に再びポーランドへ訪れた際に漸くフライトする姿が見れました。
天気が残念でしたが(^^;
ちなみに9729で紹介した機体は、グレーをベースとした特別塗装が施されてしまいました。

2011年8月25日撮影 Radom-Sadków Airport ポーランド海軍Mi-14PL 1005


Re: Russian Heli Part.3 Name:グラコ Date:2013/12/14(Sat) 01:10 No.9740
広江さん、皆さん、こんばんは。
現役機の前に、もう1つだけ。Mi-6が流行っているのでKhodynkaフィールドのMi-6を紹介します。2012/08/14撮影。
かつて飛行場だったKhodynkaフィールドは、2003年にその役目を終えた後は野外博物館となりましたが、現在はスクラップ置き場の様相を呈しています。
写真のように置いてある航空機は魅力的なものばかりなのですが悲惨な状態です。でも、入るのには300ルーブル取られました。
さらに、現在は消滅したとの話もあります。google-mapでは、まだ残っているのですが、どうなのでしょう?


Re: Russian Heli Part.3 Name:Takafumi HIROE Date:2013/12/14(Sat) 06:30 No.9741
>N.SUZUKIさん
コックが搭乗してギャレーで料理をしていたかもしれないのですネ。やっぱり奇抜です(笑)
大きさは窓の数で惑わされてしまいますが、全長は私に馴染み深いC-40A(B737-700)と同じですネ。
それは、やっぱり大きいですわ(笑)

>ETさん
下のNorth PHANTOMさんNo.9737紹介とは、やはり大きさに差を感じます。
主翼(?)の位置関係からエンジンがコックピット上近くに位置するのも大きさを感じる要因ですね。
しかし上で全長について触れましたが、純然たるキャビンは、その2/3程度でしょうか。

>geta-oさん
JAレジのKa-26が4機存在していたのは知りませんでした。
4機を調べたら事故と台風(?)被災を除くJA7990が13年、JA7993が10年と短命で抹消されてますね。
ロシア機を日本で運用する上で何か使い勝手の悪さがあるのでしょうかね。

>飛行浪人さん
Mi-6に電子戦任務型があるのですか・・・。
機内スペースには余裕があるとは思いますが、実際の運用成果がヘリで得られるのかは疑問ですネ。
電子戦にも様々な分野があるので、もうちょっと調べたいと思います。

>North PHANTOMさん
大型ヘリは間違いないとは思いますが、アングルによって大きさに差を感じる不思議な外観です(笑)
正面形は大きな主翼(?)と大き目のコッコピットの窓のせいか、胴体の大きさが目立たないようです。
やはり側面形が、このMi-6の大きさを表現していますね。

>Gulf4さん
Mi-24は西側AH-1コブラと同世代の攻撃ヘリでしょうか、東側のベストセラー機でしょうね。
しかし大きさはAH-1と比べたら大違い、なんせ兵員輸送も兼ねる、ある意味、汎用機ですよネ。
こんな大型機を攻撃ヘリとする(当時のロシアの)発想が、私、だんだん好きになってきました(笑)

>いいぐるさん
失礼いたしました、No.9729は対潜型ですか。外観からは、そう言われてみれば、確かにそう見えます(笑)
気づかなかったのですが、テイルスキッドの円盤はアンテナの一種?。やはり不思議が多いです。
この魅力にひかれ飛ぶ姿撮りたさに三度も訪れたとは恐れ入りましたm(_ _)m

>グラコさん
スクラップ置き場の様相を呈しているようですが、あくまでも入場料の取られる野外博物館なんですよね?。
保存環境も機体の状態も最悪ですネ。どの国にもマニア的に歯がゆい状態があるのですね。
Wikimediaで、2010年に撮影された左に写る4棟を正面から見る画像が紹介されてますが、原っぱです。
File:Khodynka Field 2010 01.jpg このキーワードで見つかります。

>皆様
ここはクローズし、Part.4を立てます。





Russian Heli Part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2013/12/12(Thu) 06:47 No.9720   
>皆様
引き続き皆様からのロシア製ヘリの話題をお待ちいたします。
しかし申し訳ありません。私から紹介する画像はありませんm(_ _)m

Re: Russian Heli Part.2 Name:Komatsu Date:2013/12/12(Thu) 07:22 No.9721

N.SUZUKIさんのNo.9715の左後方に写っているMil Mi−8(CCCP-11052)です。
撮影日はN.SUZUKIの前日で、1966年10月24日です。

>広江さん
この日は、Mi−4、Mi−6、Mi−8の3機が供用前の新滑走路に並べられていました。
また、Tu−134も飛来しました。これらはすべて「ソ連産業見本市」の関連だと思います。



Re: Russian Heli Part.2 Name:ET Date:2013/12/12(Thu) 09:39 No.9722
広江さん、皆さん、お早うございます。
1988年4月30日東ヘリでのヘリコプターショーで展示された朝日航洋のMi-8PA (JA9549, c/n26001)です。当初旅客輸送を考えた朝日航洋の特注の仕様でしたが当局の基準に合わず、重量物の輸送に使用されました。機体の輸入から実際の運用に関してソ連機ということで色々な苦労があったようです。現在所沢航空発祥記念館格納庫に保存されています。飛んでいる姿を撮影された方も少なからずおられるのではないでしょうか


Re: Russian Heli Part.2 Name:geta-o Date:2013/12/12(Thu) 18:01 No.9723
広江さん、皆さんこんばんは
今日は昨日の続きでアカギヘリコプターが所有しているKamov Ka-32A11BC(JA6955/c/n:9811) 2008/8/18東ヘリ
いつ飛ぶのかわからないヘリです。


Re: Russian Heli Part.2 Name:North PHANTOM Date:2013/12/12(Thu) 18:57 No.9724
広江さん 皆さん 今晩は
 すでにTHUDさん(入間基地)、Gulf4さん(小牧基地)で紹介済みの機体ですが、Aeroflot のKa-26 CCCP-26188のデモフライトです。(撮影日1973年10月9日)
 青い飛行服のパイロットの背が高いのか、目線より低くところしか見えていないように見えます。


Re: Russian Heli Part.2 Name:飛行浪人 Date:2013/12/12(Thu) 20:48 No.9725
>広江さん、皆さんこんばんは。
日本でも色々見られた露へりですが、私はあまり縁が有りませんでした。
という事で本場へ出撃しました。(笑)
ミル4は残念ながら現役では出会えませんでしたがミル6には間に合いました。
1989年11月のベルリンの壁崩壊後、東独で露の軍用機が撮り放題というヨーロッパマニア情報により1990年11月に初めて東独へ行きましたが、この時は状況が判らず飛んでいる姿はほとんど見ることが出来ず
1991年にリベンジに出かけました。
スホーイ17の基地、テンプリンで粘ったものの本命は飛ばず、外来でミル6が飛来、ボウズにならず澄んだ思いでがあります。
日付が特定できませんが5月頃と思います、なおレジは06018です。
>グラコさん、飛んでる姿が見られたとは羨ましいですね。


Re: Russian Heli Part.2 Name:N.SUZUKI Date:2013/12/12(Thu) 22:02 No.9726
広江さん、皆さんこんばんは。
 広江さん、66.12.25大坂空港の風景で、Mi-4(CCCP-48973)Mi-6(CCCP-06174) Mi-8(CCCP-11052)と、当時の代表的なソ連製ヘリ3機の揃い踏みでした。


Re: Russian Heli Part.2 Name:Gulf4 Date:2013/12/12(Thu) 22:45 No.9727
No.9722でETさんが紹介していますが、国内で唯一使われた朝日航洋のMi-8PA(JA9549)旧塗装当時の写真です。
1982年10月26日、三重県多気郡宮川村の山中で、尾鷲杉をロギング(木材搬出)している時に撮りました。
クルーと共に前日から泊まり、朝から山の中で撮りましたが、当時のメモによると標高1000m以上の場所です。
この時は長さ40mワイヤーによる「長吊り」でしたが、山の斜面を登ったので、機体は下を飛んでいました。
当日は3ヶ所でロギングして、これが最初の場所です。次はもっと良い場所、と思っていましたが、次の二つは
高い場所に登ることができず、ただ上を飛ぶ姿を見上げるだけで、ほとんど写真は撮れませんでした。
結果的に、これが最高の場所だったのですが、残るポイントへの期待が大きくて、撮ったカット数は少しです。
寒いところの生まれなので、気温が低いと元気になる、と言われていましたが、この時も気温が低くて、しかも
空気が希薄なのに、軽々と木材を吊っていました。
この日はロギングの実験的なフライトで、47回飛んで、37.7トンを運んだとメモしてあります。


Re: Russian Heli Part.2 Name:グラコ Date:2013/12/12(Thu) 23:56 No.9728
広江さん、皆さん、こんばんは。
そうですね、言いだしっぺなので頑張らないといけませんね。
今日も順番にMi-4です。しかし、飛んでいる所は見た事がありません。
2009/05/22、ブルガリアはプロブディフでの撮影になります。
Krumovo基地の敷地内に展示してあったものです。
プロブディフの空港は、映画「エクスペンダブルズ2」のロケ地になってましたね。


Re: Russian Heli Part.2 Name:いいぐる Date:2013/12/13(Fri) 00:15 No.9729
広江さん 皆さんこんばんは。

ポーランド海軍のMi-14PL 1001です。
No9717で紹介したMi-8同様、ポーランド空軍のMinsk Mazowiecki基地で2008年8月30日に行われた、
ポーランド空軍90周年エアショーで地上展示機されたものです。





Re: Russian Heli Part.2 Name:怪鳥 Date:2013/12/13(Fri) 00:51 No.9730
広江さん、皆さん、今晩は

PAPPYさん、North PHANTOMさんご紹介と同じ1973年入間の航空宇宙ショーでのMi−6 CCCP-13322ですが、飛んでるとこは撮っていなかったので地上での姿を。


Re: Russian Heli Part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2013/12/13(Fri) 11:53 No.9731
>Komatsuさん
「ソ連産業見本市」でヘリがわざわざ飛来したのは航空事業関連には公開したのでしょうかね。
当時は、おそらくまだ知名度が低いロシア機、一部だけの公開では効果のほどは???。
マニアに公開して広めて行った方が良かったのではないでしょうかね(笑)

>ETさん
あっ!、東ヘリでのヘリコプターショーでのロシア機というのがありましたね。
しかしポジ箱捜索は難儀するし、せっかく箱を見つけても撮っているかどうかは分らないです。
他の開催年でもロシア・ヘリは天子されたのでしょうか・・・。

>geta-oさん
数年前、おそらく紹介の機体だと思いますが、厚木基地の南側を西進した姿を見たことがあります。
当時話題になっていたので、姿を見るよりも先に独特の音が聞こえてきて瞬時に分りました。
一応、撮りましたが「豆粒」でした(笑)。

>North PHANTOMさん
クルーが大きいのか機体が小さいのか・・・(笑)
米軍のH-43 ハスキーのイメージしていましたが、もっと小型のヘリなんでしょうかね。
それにしても、ちょっとアングルを変えただけで、かなり違和感のある姿に見えるのが不思議です。

>飛行浪人さん
『虎穴に入らずんば〜』とはちょっと違うかな?。ひょっとして『猪突猛進』?(笑)
しかし飛行浪人さんならではのアクティブな決断&行動には脱帽ですm(_ _)m
期待とは裏腹だったようですが、得られた獲物と先駆けとしての意義は大きいと思います。

>N.SUZUKIさん
『当時の代表的なソ連製ヘリ3機の揃い踏み』にしては寂しい光景と感じるのは気のせい?
1966年当時の当たり前の景色の中に当たり前のように3機が写り込んでいるのが不思議(笑)
今のようなヒートアップは全くなかったのでしょうかね。もっとも此処に登場の方は撮られてますが(笑)

>Gulf4さん
いつもながらGulf4さんのその場の状況を含む詳細な記録には本当に恐れ入りましたm(_ _)m
ただ、次の2箇所のロケーションまでは事前に把握できなかったのは残念でしたね。
しかし、この一こまでけでも充分に素晴らしく貴重なショットだと思います。

>グラコさん
いや、変にプレッシャーとなってもイケませんネ(笑)。皆さんもいらっしゃるので気楽に!(笑)
Krumovo基地のミュージアムを調べたのですが、かなりの多数が保存展示されてるようですね。
以前、Flying Boat/Seaplaneの話題で紹介いただいたAr-196で、その一部が確認できます。

>いいぐるさん
変な表現ですが、また随分と綺麗な迷彩塗装ですが現役機ですよね?
救難ヘリとして運用されているものと推測しましたが、迷彩が必要ないような気がします。
軍用機らしからぬ姿ですが、やはり一度は見て撮って、そして音が聞きたいです(笑)

>怪鳥さん
遠景に写る人影でしか大きさを感じることができませんが、ひょっとして前脚は人の身長程度?。
怪鳥さんも、この大きなヘリの飛ぶ姿を見れなかったのは、ちょっと残念でしたネ。
それよりもなによりも、この姿さえ見れなかった私も大きな後悔です(笑)

>皆様
ここはクローズし、Part.3を立てます。





Russian Helicopters Name:Takafumi HIROE Date:2013/12/11(Wed) 06:25 No.9706   
>皆様
昨年から始まったヘリシリーズも終えましたが、特別に(笑)番外編&2013年BBS II最後の話題となる、
皆さんお待ちかね(笑)の“「露」シリーズ”の開催です。
しかし私は↓の1機、それもカラーネガで撮影した記憶しかありません。
是非、皆さんのロシア製ヘリの紹介をお待ちいたします。


ところで今回の話題はBBS II始まって以来の私にとっては超難題。
↑の機体も事前に調べたら多くの方から「Kamov Ka-18」と間違って伝えられているのには驚きました。
という事で、皆さんには型式・番号、これは必ず補足下さい。
大勢の方から難題を与えられると私はパニック状態に陥りますので・・・(笑)

Re: Russian Helicopters Name:Komatsu Date:2013/12/11(Wed) 07:02 No.9707

>広江さん、皆さんおはようございます。

1966年10月24日、伊丹で撮影したAeroflotの Mil Mi−6(CCCP-06174)です。
大阪市で開かれていた「ソ連産業見本市」の関連で飛来したようです。

東西冷戦の緊張がピークに達した1962年のキューバ危機から僅か数年後に、『ソ連』の飛行機が
伊丹で見られるとは思ってもみませんでした。
それにしても、当時世界最大のヘリと言われたMi−6の“デカさ”には本当に圧倒されました。
『世界航空機年鑑1963』(航空情報臨時増刊)によると、「最大120名の乗客を収容できる」そうです。



Re: Russian Helicopters Name:PAPPY Date:2013/12/11(Wed) 10:51 No.9708
広江さん、皆さんおはようございます。
露は縁がないのでお休みだなと思っていたら、広江さんのオープニング画像を見て思い出しました。
1973年10月6日入間で行われた第4回国際航空宇宙ショ−で展示飛行をする旧ソ連Aeroflotの Mil-6 CCCP-13322 です。
こんなにデカイヘリが飛ぶのかと驚いたものです。


Re: Russian Helicopters Name:geta-o Date:2013/12/11(Wed) 15:47 No.9709
広江さん、皆さんこんにちは
いよいよ今年最後のヘリシリーズ始まりましたね。
と言っても私はあまり好きになれないのでロシア製のヘリはほとんどありません。
ということで最初は民間のKamov Ka-32A11BC(C-GURI/ c/n::8810 元RA-31600) 所属はカナダのVIH LOGGING, Ltd 2001/10/15 東ヘリ
アカギヘリコプターが所有しているJA6955と同じ型式のヘリです。
カナダから台湾へのフェリー中に東ヘリに給油に立ち寄った時の撮影です。
台湾ではこの年大型台風に見舞われ森林で多くの倒木が発生しこの倒木の処理、搬出に使用するとのことでした。
カモフのヘリは2重反転のローターを持っているため下降流に旋回運動が少なく長尺のもの(風車のローターブレードなど)を空中搬送するのに回転しないで運べるので適しているといわれています。


Re: Russian Helicopters Name:ET Date:2013/12/11(Wed) 19:40 No.9710
広江さん、皆さん、こんばんは。
東京・晴海の国際見本市会場で開かれたソ連商工見本市で売り込み用のデモフライトをしたMil 4P (CCCP-19128, c/n03102) です。見本市会場に隣接した仮設のヘリポートで1961年8月18日の撮影です。日本が高度成長真っ盛りの時代で東京の空は汚く画面右側に写っている東京タワーも霞んでいました。


Re: Russian Helicopters Name:飛行浪人 Date:2013/12/11(Wed) 20:21 No.9711
>広江さん、皆さんこんばんは。
お待ちしていました。(笑)geta-oさんはあまり好きでは無い様ですが、私は何故か野暮ったい露の飛行機に
惹かれます。
日本とはあまり縁がなかったようなヘリコプターも随分昔から来日していたのですね。
1973年の入間に来ていたのはすっかり記憶に抜け落ちています。
カナダから台湾までカモフがフェリフライトしていたとはこちらも驚きですね。我が陸自のチヌークが比国迄
フェリーフライトでなく船に乗っかて行ったのですからね。木更津から飛べば1泊2日で行ける距離なのにね。
さて私の方はミル2から。
本当は赤い星を撮りたかったのですがうん十年前の機体、撮れただけでも良しですかね。
RFー00569、2009年8月19日、莫斯科エアショーにて。
通常ロシアの民間登録記号はRAですが、研究機関等はRFを使用していると聞いています。


Re: Russian Helicopters Name:グラコ Date:2013/12/11(Wed) 20:28 No.9712
広江さん、皆さん、こんばんは。
とうとう始まってしまいましたね。どこまで付いて行けるか分かりませんが、よろしくお願いします。
まずは、順番にスロバキア空軍のMi-2T(#3301)から。2010/5/28撮影。場所はスロバキアのピエシチャニ。
当日は、会場からは離れた位置でデモフライトのプラクティスを撮っていて、会場を移動するこのMi-2を見た時には、「やられた〜」と思いました。
豆粒くらいの大きさで証拠写真ですが、現役の動いているMi-2を撮れたのは嬉しかったですね。


Re: Russian Helicopters Name:THUD Date:2013/12/11(Wed) 20:54 No.9713
広江さん、皆さんこんばんは。
PAPPYさんと同じ1973年の国際航空宇宙ショーで撮影したKA‐26(CCCP-26188)です。
しかし、どういう訳か(いや、単に歳というだけですが(笑))PAPPYさんのMil-6の展示飛行はまったく記憶に残ってません。


Re: Russian Helicopters Name:Gulf4 Date:2013/12/11(Wed) 21:31 No.9714
THUDさんが↑で紹介しているのと同じ機体ですが、こちらは1971年10月に航空自衛隊小牧基地で開催された
東京航空宇宙ショーで撮影したKa-26(CCCP-26188/製造番号7101909)。
この時の主役は「ブルーエンジェルス」で、ロシア機は脇役的な存在でしたが、撮り忘れていませんでした。


Re: Russian Helicopters Name:N.SUZUKI Date:2013/12/11(Wed) 22:19 No.9715
広江さん、皆さんこんばんは。

Mi-4 CCCP-48973、撮影は、1966年10月25日大阪空港です。
 KomatsuさんがNo9707で紹介したMi-6と同じ時のもので、この時は、後ろに見えるMi-8と供に、当時大阪空港に出来上がったばかりで使用開始前のB滑走路上で、招待飛行を実施していました。 ETさん紹介のMi-4Pとは外形も違いますが、正確な型式名は判りません。


Re: Russian Helicopters Name:North PHANTOM Date:2013/12/11(Wed) 22:24 No.9716
広江さん 皆さん 今晩は
 PAPPYさんやTHUDさんと同じ1973年の国際航空宇宙ショーで10月6日のPAPPYさんの撮影の反対側のAeroflot Mil-6 CCCP-13322です。(撮影日は1973年10月6日)
 家捜ししたらこの時の入場券の半券が出てきました。


Re: Russian Helicopters Name:いいぐる Date:2013/12/12(Thu) 00:38 No.9717
広江さん、皆さんこんばんは。

ポーランド空軍のMi-8s 660(撮影当時は第36特殊輸送航空連隊所属),2008年8月30日の撮影です。
場所はポーランド空軍のMinsk Mazowiecki基地、ポーランド空軍90周年エアショーで地上展示されました。
冷戦時代を知る人間には”ワルシャワ機構”の枢軸国として、東側の国という印象が強いポーランド軍も、
F-16を装備するなど、ロシア製兵器が段々と減っていっております。
要人輸送用のこの機体も、国産のW-3ヘリコプターに取って変わられ、そう長くはないものと思われます。


Re: Russian Helicopters Name:怪鳥 Date:2013/12/12(Thu) 01:18 No.9718
広江さん、皆さん、今晩は

現用ヘリは守備範囲外なので暫くROMしてましたが、「露」はチョットだけ参加させて頂きます。
レジは写ってませんが、1971年10月30日小牧の国際航空ショーでのMi-6 CCCP−21136です。


Re: Russian Helicopters Name:Takafumi HIROE Date:2013/12/12(Thu) 06:47 No.9719
>Komatsuさん
1966年当時はロシア機が日本で見ることができたのは大変に珍しいことだったと思います。
それも異様な正面形のMi-6とは、その場に居合わせた方々もビックリしたことでしょう。
機体の大きさ、タイヤの大きさ(笑)、そして120名が乗れるとは本当に驚きです。

>PAPPYさん
あれ〜っ???、1973年10月6日の入間でMi-6ですか・・・。全く記憶がないのは何故?(^^;)
記録ノートを見直したら、記載すらされてない。あまりの情けなさと画像を見てショック大です。
飛ぶ姿もさることながら地上でクルーとからめたショットで大きさを見たいですネ。

>geta-oさん
好き嫌いはともかくとして、あまりにも見慣れない格好に、だんだん興味が湧いてきました。
紹介と同じアカギヘリコプターのJA6955も、是非、撮りたくなってきました(笑)
しかし定置場が調べて分ったとしても、実際に撮りにいけるかどうかは分りませんが・・・(笑)

>ETさん
Mi-4はシコルスキーS-55シリーズを真似た外見、独創的な機種もあり両極端です。
1961年の東京ですか・・・。当時の画像を見返すと当時は空も川も汚れてましたね。
某国が同じような道を歩んでますが、悪い前例の日本を参考にしないところが不思議です。

>飛行浪人さん
野暮ったいというか無骨というか、とにかく全く見慣れず想像もできない外見です(笑)
『どこから、この外見となる発想が生まれるのだろう』と興味津々です。
その中でも、紹介のMi-2は私はあまり違和感のない外見です。

>グラコさん
いわゆる「言い出しっぺ」ですネ(笑)
最初は内心『ええ〜っ』と思ったのが正直なところですが、始めて良かったです。
ただ皆さんのように貴重さがいまいち理解できず、申しわけなく思ってます。

>THUDさん
PAPPYさんNo.9708さん紹介Mi-6の記憶がないとは、お互い歳ですかね。
私はTHUDさん紹介のKa-26の記憶すらありません。
当時は正直なところ、ロシア機に興味がなかったのかもしれません。悔やむばかりです。

>Gulf4さん
あらら〜っ、1971年の小牧基地での国際航空ショーでもロシアヘリが展示されましたか。
私の記憶も記録もない画像が次から次へと紹介されるのが本当にショックです。
ここまでに8機が紹介されましたが、3機は撮り逃していることになります。

>N.SUZUKIさん
その時の大阪空港にはロシアのヘリが何機か集まったのですネ。
左端にも何やら写りこんでますが、Mi-8でしょうか???。
ロシア・ヘリの型式は私はさっぱり分りません。もっと馴染み深ければ見分けられるのかな。

>North PHANTOMさん
PAPPYさんに続く決定的な証拠となる画像ですネ。しかし私は何を見ていたのかなぁ〜。
1973年10月というと、厚木基地では数年間も米海軍機の飛来状況が寂しかった中、
4日はCVW-5の初Fly in、5日はMidwayの母港化とする横須賀への入港。ちょっと浮かれていたかな(笑)

>いいぐるさん
そうですね・・・、私はワルシャワ機構の国々の印象は強く残っている世代です。
その後、民間機を撮る中で、ロシア製の航空機を撮るときは未だに心の中で何かが違います(笑)
紹介の機体は同国のTu-154と同じデザイン、要人輸送機のデザインですかね。

>怪鳥さん
Gulf4さんNo.9714紹介Ka-26と同じ1971年の小牧基地での国際航空ショーでの展示機ですか。
もう次から次への紹介で、もう本当に自分が情けなくなってきました。
この大きなMi-6を2機も撮り逃しているのですよね・・・。

>皆様
順調な滑り出し、見ていても楽しいですねぇ〜。ここはクローズし、Part.2を立てます。





Sikorsky H-60 最終章 Name:Takafumi HIROE Date:2013/11/23(Sat) 07:20 No.9661   
空母の入出港時のチャネルガードの話題が出てますが、↓はその例です。
しかし、これだけの高さで飛んでいても、けっこう激しいダウンウォッシユには驚きです。


>皆様
それでは皆様から米軍&沿岸警備隊ロクマルの最後の話題をお待ちします。
画像の紹介は3枚までOKです。

Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:AMC-700 Date:2013/11/23(Sat) 07:25 No.9662
広江さん 皆様 おはようございます。お出掛け前に一枚貼らせていただきます!紹介する機体はUSS MUSTINに派遣されていたHSL-51 DET-6"SPARTANS"のソノブイパネルアート付き(TA711/164814)。
このソノブイパネルアート、日付は忘れてしまいましたが早朝にUSS MUSTINからFLY-INした際にご近所の方が目撃。その後中々撮影する事ができず 難儀していましたが今年の春頃はバーゲンセール状態でした。

あとの二枚は帰宅後に貼ります。

2013年5月9日 HSM-51(HSL-51) SH-60B(TA711/164814)


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:toksans Date:2013/11/23(Sat) 08:26 No.9663
広江さん、皆さんこんにちは。
今頃UA853の機上の人だったのが、何故か最終回に参加しています。SFO経由がフレスノ便の遅れでLAX経由に、UA32は787だからいいやと思って搭乗したEMBがアフタバーナーをふかして離陸するANGのF-15にビビったのかゲートに戻り、そのままUA32に接続できずLAXのWestinに逗留と言う次第です。すみません関係のない話で。

まずエルメンドルフで撮った210RQSのHH-60G 92-26466。2012年6月14日撮影。貨物室後部の燃料タンクとスキーがアラスカらしいです。


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:toksans Date:2013/11/23(Sat) 08:27 No.9664
動いている写真がないぞ、と言われそうなので飛んでいる写真を。サンディエゴの街並みをバックに訓練に向かうHSC-3のMH-60S SA-04 166292です。2012年12月10日撮影。

Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:toksans Date:2013/11/23(Sat) 08:28 No.9665
Heritage Print Projectの1機、Navy Crossを受賞したLtjg John Thorntonをたたえた機体。MH-60S HSC-2 HU-02 166294 ノーフォークでの撮影。胴体のペンギンは彼のパーソナル・マーキングかと思いましたが、これは旧HU-2時代に極地探検を支援した時のマークだそうです。

Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:ITAZUKE-1 Date:2013/11/23(Sat) 09:00 No.9666
広江さん 皆さん お早うございます。
2012年5月2日朝佐世保へT-AKE 6 USNS Amelia Earhartが入港してきましたが、甲板は空 ハンガ-のシャッタ-は閉まったまま いつものカラ振りと思っていると どれくらい時間がたったか覚えていませんが、沖の方から待ちに待った音が 2機で湾内へ T-AKE 6に着艦すると思っていたら一機戻ってきました。湾内や見えなくなるところまで飛んで行って1時間位飛んで戻ってきました。
MH-60S RB(HSC-26 Det.1)-05 166353です。 


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:ITAZUKE-1 Date:2013/11/23(Sat) 09:06 No.9667
続きです。
なぜ一機は降りないのか考えたら 甲板に2機は降りれないので RB-05を格納していたものと思われます。
後でわかりましたがこの2機は岩国を上がっていたそうです。
2機目 MH-60S RB(HSC-25 Det.1)-07 166367です。


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:ITAZUKE-1 Date:2013/11/23(Sat) 09:10 No.9668
2013年4月25日 岩国でT&Gの訓練をしていた MH-60S RB(HSC-25 Det.6)-03 167889です。

広江さん 皆さん 貴重な画像の数々楽しませていただきました。 ありがとうございました。


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:空と鉄と Date:2013/11/23(Sat) 09:46 No.9669
広江さん、皆さんおはようございます。
ギャラリーを見ていてここまで何故かHSM-77の機体が出てきていないことに気が付き、早速、今年の5月1日に厚木で撮影した同隊のMH-60RからNF701/167031です。


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:空と鉄と Date:2013/11/23(Sat) 09:47 No.9670
同5月1日撮影のNF705/167026です。

Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:空と鉄と Date:2013/11/23(Sat) 09:48 No.9671
最後に、厚木を去ったHS-14のNF613/164798で2011年5月4日厚木のR/W19で撮影です。
後部キャビンのクルーが膝立でこちらへ手を振っています。
膝立で頭と天井のクリアランスを見ると歴代の大統領が外遊でVH-3を使いたがるという噂を信じたくなります。


>広江さん、たぶん"アニキ"の発祥は横田マニアだと思います。いつの間にか使われていて自分の周りではアニキ=TA700となっていました。


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:LUCHO Date:2013/11/23(Sat) 13:47 No.9672
広江さん、みなさん、こんにちは。

最終章のコーヒーブレイク(?)、[ダース・ベイダー]の後頭部です。

UH-60A 78Avn. 24448
2008/11/09、明野航空祭にて。


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:PAPPY Date:2013/11/23(Sat) 16:03 No.9673
広江さん、皆さんこんにちは。
もう厚木で撮ったノーマル機しかないのですが、ローター前部のスライドカバーに Modex 707 をマーキングしているのがありました、2012年1月18日厚木 HSL-51 SH-60B 162985 TA-707 。
よくよく見ると部隊記号やBu.No.のマーク位置も不統一のところがありますね。


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:PAPPY Date:2013/11/23(Sat) 16:05 No.9674
2012年11月11日立川防災航空祭からお帰りのUSARJ 78AVN UA-60A 85-24448 、派手な箱乗りで敬礼をしながらサヨナラをするダースベイダーさんです。
いろいろお勉強させていただき、ありがとうございました。


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:AMC-700 Date:2013/11/23(Sat) 17:13 No.9675
とれたて新鮮ぴっちぴちのネタです(笑)本日 東京都総合防災訓練があきる野市他で行われたのでちょっと出掛けてきました。
他にもHSM-51のMH-60R(TA07/167021)や自衛隊、警察、消防ヘリも飛来しました。

2013年11月23日 78AVN/USARJ UH-60A(84-23937) 都立秋留台公園


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:つばどん Date:2013/11/23(Sat) 17:13 No.9676
広江さん、皆さんこんにちは。
最終章駆け込みです(笑)
現在現役で長年使われているだけあって皆さん色々撮られていて、いつもの事ながら感心するばかりです!

関係ないですが、ヘリシリーズ最終(?)の今日は朝から報道関係、警視庁、消防庁、陸自?のロクマル、空自のチヌークとヘリがにぎやかに飛んでいたので、事件か事故かと思ったのですが、近隣の市の道路脇に防災訓練で交通規制有りの看板が出ていたのを思い出しました。公園に特設ヘリパッドを設けてやっていたようなので、撮りに行けば良かった(^_^;)

前置きが長くなりましたが、画像は何の変哲もない(と思います) SH-60B HSL-45 TZ-55 です。
Bubフ下一桁が読みづらく、161551 に見えたのですがSH-60には存在しない番号で、手元の資料に Bu161554 と言うのがありましたので、こちらが正解だと思います。
1992年11月 NAS ミラマーにて撮影。


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:AMC-700 Date:2013/11/23(Sat) 17:13 No.9677
今年からCVN-73、CG-54に搭載されているHSM-77の(NF703/167035)。本機は6月25日〜8月22日までNF702と共にUSS ANTIETAMにDET派遣されていたため「USS ANTIETAM 」の文字が記入されています。(11月現在はNF702とNF706がCG-54搭載???)

よく色々なブログ等を見ているとHSL-51が帰国する為 HSM-77か来日した となんも調べずにデタラメばかり書いてる方が居ますがHSM-51は帰国しませんよ!(笑)

2013年9月5日 HSM-77 MH-60R(NF703/167035) NAF ATSUGI


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:つばどん Date:2013/11/23(Sat) 17:15 No.9678
2枚目は、USARJ の UH-60A 85-24451 。
座閭zークはやっぱりこの塗装がいいですね。
1992年10月の木更津の公開でのお帰りシーンです。


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:つばどん Date:2013/11/23(Sat) 17:24 No.9679
AMC-700さんごめんなさい。書き込みが同時で飛び飛びになってしまいましたね。
朝のロクマルは座閭zークでしたか・・・、あそこのグラウンドは少し高い位置から撮れますよね・・・、残念(^_^;)

最後の3枚目は、ARMYのUH-60Aだと思いますが、シリアルが読めないと言うかテールに書いていないような感じです。
1991年10月13日エドワーズAFBの公開の展示機ですが、反対側を撮っていれば機首の計測ブーム(?)意外に何かヒントがあったのかも知れません。
NETで、シリアル 77-22716 とメインローターシャフトのテストのようなキーワードがありましたが、よく分かりませんでした。
最後に難題になったらこめんなさい(^^ゞ

長かったヘリシリーズ、大変お疲れ様でした。
昨年12月の仙台出張中にはすでにOH-6をやっていて、遠くに飛んでいる霞目のOH-6を眺めていたのを思い出しました。
本当に長かったですね!
それでは次のお題も楽しみにしております。


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:AMC-700 Date:2013/11/23(Sat) 17:32 No.9680
最後に規定違反?のオマケを貼らさせていただきます。本当にお疲れ様でした。広江さん本当にありがとうございました。

ラストにふさわしい夕焼けショットで締めさせていただきます。

2010年10月27日 HSL-51 SH-60B NAF ATSUGI"SUN DOWN"


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:N.SUZUKI Date:2013/11/23(Sat) 18:07 No.9681
広江さん 皆さんこんばんは。
H-60シリーズ始まってからは、初回に参加しただけで、ただただ見せて頂いただけでしたが、最終回とのことで、紹介の少なかったもので、参加させてください。
 最初は、SH-60B 161563 HSL-41 TS-10で、撮影は1986年7月 シアトル、ボーイングフィールドでのエアショー展示機です。HSL-41はSH-60Bの最初の配備部隊らしいですが、その後は既に紹介されているHSM-41となり、ソノブイ等とは縁のない部隊となりました。なお、この機体は、現在でもハワイのカネオヘ基地のゲートガードとして展示されており、見ることができますが、塗総等は分かりません。


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:N.SUZUKI Date:2013/11/23(Sat) 18:08 No.9682
2枚目は、Gulf4さんも紹介している、92年1月ブッシュ大統領が訪日した際、奈良のトイザラス駐車場に降りた VH-60N 163266(HMX-1)です。この時だけは、真近で見ることができ、ヘリのクルーも全員、普段見ることのない海兵隊の正装姿でした。



Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:N.SUZUKI Date:2013/11/23(Sat) 18:09 No.9683
3枚目は、既に紹介されている、USARJの UH-60A(No不明)ですが、土浦武器学校(霞ヶ浦)の公開で、桜の咲くグランドで2000.4.9の撮影です。 最近は、消えているようで見難いですが、機首右ドアに、部隊マークの星と富士山がありました。



Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:cdr-god Date:2013/11/23(Sat) 18:54 No.9684
広江さん、皆さんこんばんは。
遂にこのシリーズも最終章を迎えましたね。一向に変わり映えのしない私の紹介する機体はやはり陸軍機。
2004年5月22日開催の北宇都宮駐屯地記念行事に飛来したUH-60A/24451/78Avnです。
機首両側面のコックピットドアには在日米軍を表示する星と富士山のマークを消した跡がまだ残っています。
滑走路に着陸した同機は管制官のホバータキシーで駐機位置に移動を、グラスエリアをグランドタキシーで横断、多量の枯れ草をまきあげ誘導路の段差を超えるため最後に少しホバリング、結果は想像通り最悪となりました(笑)。


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:cdr-god Date:2013/11/23(Sat) 19:00 No.9685
2枚目は2004年9月5日、三沢基地公開時に展示された米柿軍の機体。
SH-60B/164857 TA-20/HSL-51です。私が機首にターレット式センサーを装着した機体を間近で見たのはこの時、一瞬最新型に機種変更かと思った程です。スタブウイングのヘルファイアが新鮮でしたね。


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:cdr-god Date:2013/11/23(Sat) 19:10 No.9686
最後はやはり陸軍機で〆(笑)。飛行浪人さんが紹介した在韓米軍機に記入されている黄色の帯、DMZストライプですか。この機体は空自50周年を記念して来日したサンダーバーズのレスキュー用に韓国から急遽飛来した機体とか。シリアルは末尾2桁が・・・57しか判読できませんでした。
同機は同じストライプを記入した3機が飛来、バーズフライト時は一切飛ばず、バーズが三沢から浜松に移動後三沢を後にしました。2004年10月1日、他のカメラマンは前日夜大半が浜松に移動、しかし、私は晴天が見込まれる三沢の離陸を撮影しようと三沢に残った成果?でした。もちろんバーズの離陸も快晴の中撮影できましたよ。
今回のHシリーズ、長丁場お疲れ様でした。次回のお題で協力できれば幸いです。


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:飛行浪人 Date:2013/11/23(Sat) 20:20 No.9687
>広江さん、皆さんこんばんは。
私が出会った数少ない海軍機、嘉手納で2010年2月25日に撮影したNF6/HSー14です。
この時はNF7と2機でヘルファイアーの実射をしたようで帰って来た時には付いていませんでした。


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:飛行浪人 Date:2013/11/23(Sat) 20:28 No.9688
>最後は2009年7月4日の嘉手納公開、この時のHHー60の画像はこれ1枚だけで全体は撮っていませんでした。(涙)機内公開をしていたので撮らなかったのでしょう、残念。
この隊長機はNo9631のcdr-godさんとは番号が違いますね。
>cdr-godさん、その時は私はいなかったと思います。三沢では残って正解だったようですね。
それでは次回を楽しみにしています。


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:geta-o Date:2013/11/23(Sat) 21:23 No.9689
広江さん、みなさんこんばんは。
いよいよヘリシリーズも終わりですね。
ネタがありませんのでここでいいのかわかりませんが12.7mm機銃の話
9660の鉄砲は9544のものと同じタイプのM2改良型のGAU-16/Aと思います。
近代化改修と言っても性能的には自衛隊が使用しているM2とさほど変わりません。M2の最大の欠点連射時の銃身変形による命中性能の低下はは銃身の冷却方法を改善することにより少しは改善されているのかもしれません(これも銃手の技量のほうが命中確率に対する影響は高いと思います。
参考までに自衛隊が使用するM2の写真です。銃身の外見が違うように見えます。


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:geta-o Date:2013/11/23(Sat) 21:24 No.9690
最後にAMC-700さんと同じですが今日秋留台公園で行われた防災訓練に援助物資を運んできたARMYのUH-60A(84-23937)
それでは次のお題(ロシアヘリ?)まで


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:North PHANTOM Date:2013/11/23(Sat) 21:55 No.9691
広江さん 皆さん 今晩は
 本当に長丁場だったH-60シリーズお疲れ様でした。
 また大変楽しませて頂きました。
 まだ未出の番号ありましたので、出させて下さい。2010年5月21日厚木 SH-60F 164101 HS-14 NF622 


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:North PHANTOM Date:2013/11/23(Sat) 21:58 No.9692
 最後は自分で好きな一枚から2007年12月20日の厚木 SH-60B 161564 HSL-51 TA700です。

 ※広江さんTZ43どうしても判読出来ませんでした。m(_ _)m


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:STOMP Date:2013/11/23(Sat) 22:01 No.9693
広江さん皆様こんばんは。
私も今日はあきる野台公園の防災訓練に行ってきました。
お目当てのヘリは、紅葉をバックに一番光線状態の良い時間に降りて来てくれました。
自分を含め行かれた皆様は大変満足な結果だったのではないかと思います。
2013年11/23 MH-60R TA-07 167021 あきる野台公園 防災訓練


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:Gulf4 Date:2013/11/23(Sat) 22:10 No.9694
本当は一番出したかったのが、No.9686でcdr-godさんが掲載した機体です。三沢を離陸した3機は仙台空港を経由しました。
デジタル化が間に合わなかったので、残念ながら今回は掲載できません。代わりにcdr-godさんが出したので一安心(笑)。
最後に出すのは1988年8月7日、エレメンドルフAFBの公開で飛んだUH-60A(85-24747)です。
陸上自衛隊の時に話題となった「スノーシュー」あるいは「スキー」を装備していますね。
所属はアラスカ州陸軍のはずですが、詳しい部隊名となると???

>広江さん
確かに皆さんの撮った最新の画像を見ると、「座間ホーク」も細部に変化が見られますね。
良く考えると「トモダチ作戦」以降、仙台空港では「座間ホーク」を撮ってません。

それでは皆さん、次のお題まで


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:STOMP Date:2013/11/23(Sat) 23:12 No.9695
やはり最終章の板シリ−ズは米軍トップの統合参謀本部議長かな…っと思いました。笑
実際に見ると青の部分がかなり薄く水色のような感じでした。
一見何が書いてあるか分からずなので、もっと濃い青で書いてもらえると良かったのですが…。汗
板の連発にお付き合い頂きまして有難うございました。笑!
機体はUH-60A(85-24448)です。
2011年7月16日  HARDY BARRACKS




Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:D-men Date:2013/11/23(Sat) 23:36 No.9696
広江さん、皆さんこんばんは。

最終章にぎりぎり間に合いました。汗
2008年8月2日、横須賀サマーフェスティバル?で撮影したHSL-49`SCORPIONS`のSH-60B(163596/TX-100)です。
HSL-49 DET-5`THE Warriors`WESTPAC2008のソノブイアート付きです。搭載艦は忘れましたが、恐らくUSS THACHです(patchが手元にあるため)。少なくとも1年前までは赤のテールでリアルな蠍が書いてあった機体ですが、この時はすでにノーマルに…。この時某マニアと悔しさを分かち合いました、笑


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:D-men Date:2013/11/23(Sat) 23:45 No.9698
2010年1月21日撮影のHSL-43`Battle Cats`のSH-60B(TT-25/164464)です。No.9619で紹介したTT-24の相方です。この時はTT-24が機首のターレットをつけて飛来、厚木LCL時は2機が取替えながら使用していたと記憶しています。なおこの写真はA-1かB-1への着陸。広江さんから質問があったNo.9619のTT-24はC-EからのS-WDEPです。

Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:STOMP Date:2013/11/24(Sun) 00:26 No.9699
ミサイル接近警報センサ−改造後のUH-60A(86-24496)です。
すいません小写真の貼り付けかたが分からず中途半端な報告になってしまいましたけど。。。笑
84-23937は今日、秋留台公園の防災訓練に参加しました。
それと85-24450は前回の静岡県田子の浦の防災訓練参加で確認が取れました。
なので、全ての機体が改造されたかと思っております。
また、この機体には星条旗の板が付いていますが初めて自分が確認できたのがトモダチ作戦から帰還した直後でした。
おそらく救援活動の為に付けられたのでは…と思っていますが真相は分りません。。。笑

2013年5月10日 HARDY BARRACKS

  


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:Det.H Date:2013/11/24(Sun) 02:28 No.9700
広江さん 皆さん こんにちは
早引けして又戻ってきました (笑)只今FATで搭乗待ちです Toksans氏は前日帰った筈なのにこの時間まだロスにいるようで なにしていたのかな?? (笑)
美味しい所はToksans氏に出されてしまいましたので落穂ひろいで
グアム HSC-21のShowbird ですこれもT/Lが無いですね それと細かすぎて全体を撮ったらよく分りませんね


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:Det.H Date:2013/11/24(Sun) 02:35 No.9701
続けてNASWIのSARです
画像にクレジットを入れる時間が無かったので 
2010年9月2日 NASWI MH-60S 165753 (FW) SAR HSC-21


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:Det.H Date:2013/11/24(Sun) 02:40 No.9702
最後は↑の普通版?
MH-60S 165769 FW  同日2010年9月2日です

では


Re: Sikorsky H-60 最終章 Name:Takafumi HIROE Date:2013/11/24(Sun) 07:21 No.9703
HSC-25 MH-60Sは皆さんから紹介されてますが、特筆すべき1機を紹介します。

厚木基地で2006年9月20日に撮影されたHSC-25DET.6所属166292/RB-64。
エンジンカバーに書かれるのは搭載艦USS ESSEXのニックネーム「IRON GATOR」。
DET名や搭載艦名を書くことの少ないHSC-25では珍しい存在かと思います。
当時のDET.6のもう1機は「IRON GATOR」と「SAR」の消し跡がある165774/RB-56。
当然、皆さん追い回す相手がRB-64となったのは言うまでもありません(笑)


>AMC-700さん
では最終章もレスは順番に(笑)
(No.9662)
「SPARTANS」は、ここ最近で撮り逃して最も悔しかった1機です(笑)
ヘリ撮影、特にパネルのアップ撮影は、撮影位置取りよりも経験と勘のコース読みが大事ですものね。
(No.9675)
順番からいくと、PAPPYさんに次ぎますが「(死語)ワイルドだろ〜」とパイロットが言ってます(笑)
ヘリ大好きAMC-700さんならではのショットです。TA-07は、どなたかに委ねました?(笑)
(No.9677)
「USS ANTIETAM」の書かれたもう1機#702は、ランチェン直後の降りで皆さん悔しかったと思います。
9月17日からクルーズ中の"702と#706のFly inがリベンジの勝負ですネ(笑)
私も似た者ですが、手軽にできるブログでの間違いの多さには、ちょいと困りものですネ。
(No.9680)
ブラボーの終焉ですね。お疲れさまでした。ありがとうございます。←皆様への意味も込めてます。

>toksansさん
あらっ、予期せぬトラブルに巻き込まれたようですね。
朝の書き込みにビックリしましたが、おかげで、延長戦を楽しませていただきました。
スキー板は陸自ロクマルとはタイプが同じ?異なる?、ちょっと見分けがつきません。
サンディエゴの街並みをバックに飛ぶ姿は私には新鮮なショット。
やはり一度は行ってみたいです(笑)
166294/HU-02は渋さの中の派手さアリ。私の一番大好きなパターンです(笑)
帰国後、No.9665の撮影年月をお知らせ下さい。

>ITAZUKE-1さん
Part.9 No.9647&No.9648のその後はDET.6のRB-01&RB-03で立証できそうですね。
厚木からSH-60B/Rが艦艇に向かう時に遭遇することが時々ありますが、
フネでの着艦&格納のため、2機が厚木を同時に離陸していくことは、まずありません。
2機で離陸するのは、USS Blue Ridgeに向かう時ぐらいですかね。
T.HさんNo.9552紹介はおそらく南風でのS-W Dep、↓は北風でのS-W Dep。


>空と鉄とさん
そうなんです、HSM-77が未紹介だったのです。
これだけ皆さんから多くが紹介されている中での未紹介は、何か人気のない理由がありそう(笑)
正直、私の中でも「MH-60R < MH-60S」必然的に「HSM-77 < HSC-12」となってしまいます(^^;)
ロクマル系のキャビン内の室内高は本当に低くて、長時間のフライトは辛そうです。
車で高速道を走っていても、2時間ぐらいしたら、外で背伸びしたくなりますものね(笑)
何で「アニキ」なのか不思議に思ってるので、今度、誰かに聞いて下さい(笑)
No.9671は桜祭りでの撮影?。撮影年月日をお知らせ下さい。

>LUCHOさん
最終章でのコーヒーブレイク、ありがとうございます。
皆さんへのレスへの休憩ができました(笑)
BBS Iのダース・ベイダーも、その後が続いてます。

>PAPPYさん
HSL-51は#707が最初に頭にModexを書いた異端児です(笑)
おっ!、これから変わるのかな?と期待していたら、異端児に同調したのは#700だけでした(笑)
なぜ#707だけが頭に書いたのか未だに謎です。
No.9674のクルーは(死語)ワイルドですねぇ〜(笑)。彼ららしい航空祭での帰投シーンですネ。

>つばどんさん
何気なく撮り慣れ親したしんでいるロクマルですが、意外と長寿機なんですよね。
ですので新旧幅広すぎて、そして全軍で運用されているので皆さん的を絞りづらかったようです。
しかしそこは皆さんのおかげでロングランを乗り切れました。
私的には、やはり悩まされたのが米海軍ロクマルのBu.No.(笑)
やればできるtoksansさんNo.9665紹介のように書いてほしいものですよね。
迫力ある姿も好きですが、やっぱり「座間ホーク」はNo.9678時代が良かったですネ。
滑り込みで登場しての超難題の置き土産No.9679、心よりの感謝です(笑)

>N.SUZUKIさん
米海軍SH-60BのマザースコードロンHSL-41、当時は時代が変わったことを実感しました。
私は悔しい思い出しかないVH-60Nを間近に撮れたとは、なんとも羨ましいですねぇ〜。
左側の特徴ある窓の大きさと配置が分るショット、ありがとうございます。
ロービジとなった「座間ホーク」にも機首に星と富士山のマークが書かれてましたね。
私のNo.9543紹介86-24496に書かれてますが、見難いので別の機体で紹介します。
マークは機体の左右は同じですが、複数の機体を確認したら、反転したのと2タイプありました。


>cdr-godさん
No.9684は滑走路に着陸してグラスエリアをホバータキシーですか。
舗装タキシーウエイは無いのですか?、ちょっと信じられない移動です。
厚木では、グラスエリアでのホバーワークでさえNGです。
No.9685はHSL-51の2桁Modexの末期、その機体は2ヶ月後にはTA-716となりました。
DMZストライプは全機ではなく、一部の機体だけに塗られているようです。
キーワードはともかくとして、おそらく、その意味のストライプと私は思ってます。
No.9686の外見からUH-60Lの初期型?、S/No.は97-26757?、安易すぎますね。
残念ながら、GalleryではS/No.不明で処理させていただきます。

>飛行浪人さん
HS-14は定期的に嘉手納で実弾訓練を行っていました。
しかし、その実態をネット等で公開されることが少なく、私は把握することもできませんでした。
おそらく嘉手納でもヘリの撮影が難しいものと想像はしていましたが、
No.9687の時の飛行浪人の目撃と画像の紹介は貴重です。
写真を撮られる方の個々の基準というか価値観が異なるのは承知のうえですが、
私はNo.9688のカットで充分に満足できます(笑)
全景&部分アップを理想とする方が多い中、やっぱり私は少数派かな?(笑)

>geta-oさん
No.9689の件、ありがとうございます。
私はこの類の装備品に関しては全く疎く、その違いが分りませんので勉強になります。
後ほどNo.9660とNo.9689の画像を二つ並べて比較して見ます。
今日の東京都総合防災訓練でのTA-07画像は、geta-oさんも誰かに委ねましたか?(笑)
次のお題は内緒です、バレバレですが(笑)

>North PHANTOMさん
HS-14は、2007年3月27日に2機、4月21日に2機、計4機が増強され12機体制となりました。
紹介の164101/NF-622は、4月21日に到着したFRS HS-10所属の164101/RA-20。
同日に到着した164447/RA-15はマークを落とさずFCFし、その後NF-623となりました。
TA-700の水平尾翼の隈取(くまどり)?がチラっと見えますが、この撮影も難儀しましたネ。
今の新たな課題は、MH-60R TA-51の水平尾翼に描かれる「泳ぐ鯉」(笑)ですネ。 

>STOMPさん
AMC-700さんからもgeta-oさんからも紹介されないので???と思ってましたが、
お二人はSTOMPさんに委ねたのでしょうか。現地で協議のうえ?(笑)
HSM-51の防災訓練等への参加は、とうとうMH-60Rになってしまいましたね。
今後はHSC-12のMH-60Sも参加してほしいですが、#615または#616が絶対条件ですネ(笑)
最後は、やはり「板」ですネ(笑)
以前、某氏が某誌別冊で(笑)組んだ板の特集ページを見て興味が湧きましたが、
紹介のように板のアップが撮れないので、各板の階級等をなかなか覚えられません。
誰か何処かで板サイトでも作ってくれないですかねぇ〜(笑)
小写真は、簡単なのは共に一旦BMPファイルで作成し、画像を貼り合わせた後、JPGにします。
星条旗の「板」は全機ではありませんが、確かに「トモダチ作戦」以降かもしれませんね。

>Gulf4さん
No.9686は3機のうちの1機ですか。Gulf4さんのお宝画像も拝見したかったです〜。
紹介の「スノーシュー」あるいは「スキー」、ここでも何と呼んだらよいのか悩みます。
木々の背景が写り込むと薬散を思い出しますが(笑)、やはり新鮮で良いショットですネ。
所属はAK ARNGとは思いますが、撮影の1988年時点の部隊の再確認はGallery化までに終えるかな。
仙台空港への「座間ホーク」飛来回数は減りましたか。
何かの機会に飛来し最新の外見を撮る事ができるよう祈ってます。

>D-menさん
他の部隊と比べて、HSL-49の色付き機「TX-100」は意外と私たちに身近ですネ。
しかしこの時は色無しとは・・・、それは皆さん撮れて喜びTX-100と知って落胆ですね。
ところで私の部隊ごとの履歴のページを見てますか?
特にヘリのHSL部隊は調べても不明点が多くとても難儀しています。
紹介のHSL-49DET.5は時期と艦名は判明してますが、機体163596/TX-100は追記対象です。
2010年1月に飛来したTT-24, TT-25の2機はFLIRを交換しながらフライトしたのですか。
そこまで見ていませんでした。私はまだまだ修行が足りません(笑)
No.9619はC-EからのS-W DEP・・・、なるほど〜(笑)

>Det.Hさん
お二人の帰国はバラバラなんですネ(笑)
No.9700は、彼女の作風が変わってきたなぁ〜と感じる1機です。
インパクト大の主題無しまたは多し、懲りすぎ、自己満足、等々、本来の目的を見失ってますね。
大きな顔を描く民間航空会社のラップ機を見習って原点に戻ってほしいものです。
ベースフライトとして一番最初にMH-60Sを運用し始めたのは、確かNASWIだったかと・・・。
No.9702の165769はNo.9626で紹介したお腹に女性二人を描いた元HSC-25所属機です。
普通版というより、受領直後なのでデイグロウを塗る前かと思います。
ところで素朴な疑問、NAS Whidbey Island SARは何故「FW」レターなんでしょうか。
ご存知なら教えて下さい。

>皆様
ヘリシリーズの最後でしたので、ロングランとなるまで引っ張ってしまいましたが、
皆様からの数々の話題と画像の紹介で大盛況で終わることができました。
昨年10月から始まったヘリシリーズも、これで終わります。
長い間お付き合いいただき、心より感謝いたします。
お疲れさまでした、そして、本当にありがとうございますm(_ _)m
なお、次の「露」については、休養した12月になりますが、その前に別途アナウンスします。

私からの最後の画像は、個人的に色々とお付き合いさせていただいたHS-14の最後の画像。

CVW-5/CVN-73の2012年8月20日〜11月20日のクルーズ中、
新たな部隊HSC-12, HSM-77の先遣要員が厚木に到着し、部隊の受け入れ準備を行うため、
HS-14はVAW-115と共に東側ハンガーから厚木基地の西側ハンガー「Tip of The Sword」に移動しました。
Fly inは新ハンガー、そして約3ヶ月弱を「Tip of The Sword」ハンガーで過ごし彼らは帰国しました。
↓は、その最後の記録となる私にとっても貴重な画像となりました。

補足ですが、「Tip of The Sword」はNAF Atsugiのモットー、CVW-5のモットーは「Tip of The Spear」。
混同して勘違いしている方がいらっしゃるような気がします。
あれっ?、私が勘違いかな???。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -