GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





US Prop Bombers 5 Name:Takafumi HIROE Date:2014/02/05(Wed) 08:07 No.9904   
>皆様
大盛況となっております。ありがとうございます。
引き続き、皆様の“US Prop Bombers”の話題をお待ちします。

Re: US Prop Bombers 5 Name:Cranberry01 Date:2014/02/05(Wed) 08:32 No.9905
広江さん、皆さん、おはようございます。

PB4Y-2 Privateerはテーマから外れるのかな?と思っていたら、広江さんから話題が出ましたので、今回はこれを。
PB4Y-2は当初からの保有者Hawkins And Powers Aviationが現在でもAir Tankerとして3機を保有しているようです。
他にB-24系は3機が滞空証明を持ち、さらに2機がRestore中です。

↓はPB4Y-2(Tanker #123,N7620C) (ex.Bu.No.66260)
この機体はJul.17,2002にコロラド州Pinewood Springsで森林火災を消化中に主翼が折れて墜落しました。その1ヶ月前にカリフォルニアでもC-130Aも墜落しており(この映像は世界に流れましたのでご覧になった事があると思います。)(両機ともHawkins And Powers の所有機)、その後大型のAir Tankerは全て飛行停止となりました。調査の後、大型機の多くが使用を終了しました。現在USFSは大型機の契約を終結させており、消火活動はヘリコプターと、HH-43で使用していたような改良されたModularを搭載した軍用型C-130に限られています。

NTSBの報告書も出ていますので、興味のある方は読んでください。
http://www.ruudleeuw.com/crash-pb4y2-n7620c.htm こちらにはその時の映像が出ています。
この機体には縁があるようで、小さな飛行場の片隅で何度か再会をしていました。
1971年の時には、geta-oさんのNo.9887もいました。


Re: US Prop Bombers 5 Name:PAPPY Date:2014/02/05(Wed) 08:50 No.9906
広江さん、皆さんおはようございます。
1965年8月2日下総航空基地スクラップヤードの用廃機を片っ端から撮っておけば良かったと後悔しきりです。
現役のP2V-7とS2F-1がメインでしたから当時はフィルムがもったいないと思ったくらいです。

アベンジャーの中に1機だけネイビーブルーで垂直尾翼にRKレターの機体がありました。既に退役して4年経過しているので供与された20機の他に部品取り等で予備的に供与されていたものと考えています。
ネットで検索していたらウキペディアに1953年6月25日韓国上空を飛ぶ当該機らしいものが有りました。
これによると TBM-3R Bu.No.85905 transport squadron VR-23 のようです。
http://en.wikipedia.org/wiki/File:Grumman_TBM-3R_VR-23_over_Korea_1953.jpg


Re: US Prop Bombers 5 Name:toksans Date:2014/02/05(Wed) 13:29 No.9907
広江さん、皆さん今日は、

T.Hさんが#9851で紹介されたB-17G N3703Gの現役時代?の写真です。1973年10月28日カリフォルニア州チノでの撮影です。


Re: US Prop Bombers 5 Name:geta-o Date:2014/02/05(Wed) 16:47 No.9908
広江さん、皆さんこんにちは。
広江さん #9887のP4Yは離陸です。離陸して視界のかなた遠くで主綸は翼にしまわれました。B-24も同様ですので油圧のパワー(流量)の影響ですかね。
ところで今日は寒いですね。午前中雪レフ効果を期待して成田に行ってきましたので少し遅くなりました。
今日はSBDド−ントレスがミッドウエー海戦での主戦力なら坊ノ沖海戦での戦艦大和の攻撃はこのSB2Cヘルダイバーでした。
現在飛行可能なSB2Cは写真のSB2C-5(N92879/83589)が唯一とのことです。
2012/10/14 MIDLANDで撮影


Re: US Prop Bombers 5 Name:N.SUZUKI Date:2014/02/05(Wed) 19:29 No.9909
広江さん、皆さんこんばんは。
B-17G N17W(cn 42-29782/4892)、BOEING(Museum of Flight)所属で、撮影は86年6月シアトルのボーイングフィールドエアショウーの展示機です。
本機は、この後、迷彩塗装及び改修(ガン装備等)がなされ、イギリスでの89年の“Memphis Bell”の撮影(124299 /DF-X)に参加しました。 
現在は、Boeing Field のMuseumで屋外展示(Nose Artは “The Boeing Bee”)されています。 現在の形態と全く異なる、この当時の塗装は、以前使用されていたアリゾナでのFire Fighting使用によるものです。


Re: US Prop Bombers 5 Name:A-330 Date:2014/02/05(Wed) 19:46 No.9910
広江さん、皆さんこんばんは。

1997 Golden Air Tattooでのシーンも残すは2枚となりました。

B-17G N3509G USAAF 44-85778 1997年4月ネリス
この機体、デモフライトはなかったと思います。紹介カットはアライバル時の着陸シーンです。


Re: US Prop Bombers 5 Name:ET Date:2014/02/05(Wed) 20:05 No.9911
広江さん、皆さん、こんばんは。
1996年5月12日出張中たまたま地元のバーゼル空港開港50周年記念航空ショーに出会いました。当日は生憎の雨天にも拘わらず大勢の人が見物に来て写真を撮るのに苦労しました。
機体はTBM-3E Avenger (F-AZJA, cn2688)です。本機は1945年製造で同年3月にBuNo85869として米海軍に引き渡されました。1951年4月TBM-3Rに改修された後なんと厚木基地に配属され1953年8月までいたそうです。その後本国に戻り、1963年に民間に払い下げられました。一時は農薬散布用の機体として売却されたこともあったようです。1989年フランスのFoundation l’Association des Mecaniciens Pilotes d’Aeronefs Anciens (AMPAA)が購入、レジがF-AZJAとなりました。現在はLe Musée de l’Aviation de Melun-Villarocheという博物館の所有らしくヨーロッパ各地の航空ショーで飛んでいるようです。


Re: US Prop Bombers 5 Name:飛行浪人 Date:2014/02/05(Wed) 21:26 No.9912
>広江さん、皆さんこんばんは。
2012年8月10日のロシア空軍100周年航空ショーには当初米軍機もリストアップされていましたが現役機は姿をみせませんでした。しかし大戦機が姿を見せデモフライトを行いました。
水平尾翼下に小さく書いてあった文字はHBーADC、53319、TBMー3Rでした。しかしこの機体同じ塗装で2013年にはHBーRDGになったようです。


Re: US Prop Bombers 5 Name:Gulf4 Date:2014/02/05(Wed) 21:51 No.9913
もう一機だけ撮っていたB-25J(N3156G/45-8884)で、1979年8月9日バンクーバー国際空港で撮った一枚です。
飛行機が身近な存在の国だけに、旅客ターミナルは別として、ジェネラル・アビェーション側は立入り自由。
写真は撮り易い反面、邪魔物も多いので、撮るのは苦労します。結果的にこの様な写真しか撮れません。
撮った当時は分かりませんでしたが、今回の話題で調べるとカナダ国籍C-GCWJでも登録されていました。
カナダの登録抹消が1985年8月23日なので、カナダのオーナーが購入して、当地にいた可能性が高いです。
カナダからアメリカに戻りN5833Bの登録記号になり、画像を探すと見事なジュラルミン地で飛んでいました。
FAAデータベースによると、現在も飛んでいる様なので、前回と同様にいずれのB-25も長寿ですね。


Re: US Prop Bombers 5 Name:怪鳥 Date:2014/02/06(Thu) 00:32 No.9914
広江さん、皆さん、今晩は。

No.9883のPAPPYさんともろ被りますが、1963年3月二子玉川園の航空博覧会に展示されていた海自のTBM-32S, カ-2341/53746です。
この時は復元された飛燕目当てに行ったのですが、自衛隊機も色々展示されていたので記念に何枚か撮った中にあったのがこのアベンジャーです。


Re: US Prop Bombers 5 Name:MIDWAY世代 Date:2014/02/06(Thu) 00:50 No.9915
広江さん、失礼いたしました。
SBDのBo.No等が確認できるデータが消えていまして、、、。
今回は、しっかりと、、。
2012年のCleaveland air showでのデモフライト実施したB-17 (N3193G) 485829
です。 私にしては小学生の頃にプラモデルで作った機体に40年ぶりに本物に会ったので
感動したのを覚えています。


Re: US Prop Bombers 5 Name:Takafumi HIROE Date:2014/02/06(Thu) 07:47 No.9916
>Cranberry01さん
森林火災を消化中に主翼が折れて墜落したC-130の事故は動画サイトで見て私も知っていますが、
紹介の機体も、C-130の事故の1ヵ月後に同様な事故で墜落したのですか。
搭載水量から強度等の計算はされてなかったのでしょうかね。
つまり、この2機の事故により以降大型機の消火活動が終わったのですか。
大変に勉強になりました。

>PAPPYさん
TBM-3Rは、任務としてはCOD C-1A(TF-1)の前任機になりますね。
海自に引き渡されたTBM-3S2/TBM-3W2とは用途が全く異なるので、スペアパーツ用のようですね。
いったい何機が海自に引き渡されたのか気になりますが、その資料は見つかるかな・・・。

>toksansさん
N3703Gの本来の任務の現役時代の姿ですね。
胴体下面爆弾槽付近にさらに下に張り出しているのが水タンクでしょうかね。
燃料パイプのように地上に張り巡らされているのが水供給パイプのようですね。

>geta-oさん
ぼてっとした姿が好きで、某メーカー1/48を作って主翼の折りたたみを楽しんだことがあります(笑)
SBDドーントレスから任務を引き継いだ紹介のSB2CヘルダイバーはWW II後半の主力機で、
WW II後も雷撃部隊・爆撃部隊でTBM/TBFと共に数年間は空母部隊の主力に留まってました。
1機とはいえ、半世紀を過ぎてもフライアブル機が存在するとは、素晴らしいことですネ。

>N.SUZUKIさん
この機体も所有者等々の経歴が多そうですね。
映画「メンフィス・ベル」の撮影に使用されたB-17が何機なのか調べる必要が生じてきました。
同様に消火機ファイアー・ファイターに使用された機数も気になります。

>A-330さん
あまり見かけない着陸時のアングルですが、逆に新鮮にも感じます。
胴体下部の銃座を見ると、やはり映画「メンフィス・ベル」を思い出します。
主脚を手動で下ろすシーンがありますが、最初に見た時はタッチダウンまでハラハラドキドキでした。

>ETさん
出張中に偶然遭遇したとは何とも羨ましい(笑)
イギリス海軍機塗装なので、一瞬、機種見誤りました。部隊マーク等が書かれてないので意図不明ですね。
機体(Bu.No.85869)の経歴の詳細な説明ありがとうございます。厚木基地駐留のVR部隊は何かな・・・。

>飛行浪人さん
WW II時代の空母ごとの各部隊は垂直尾翼と主翼にオリジナルの共通マークを書き入れてました。
しかし私は当時の部隊は瞬時に答えが出ません(笑)。このマークはこの後の宿題です。
紹介の機体はTBM-3Rということは、キャノピー後部を銃座もどきに再改造しているようです。

>Gulf4さん
当時は何気なく撮影し、その後調べたらなかなか面白い・・・の事例のようですね。
つまり、その場にあるものはできる限り撮影する、がお手本となるようなシーンです。
このような機体が国を問わずゴロゴロ転がっているがのごとく撮れる環境は本当に羨ましいです。

>怪鳥さん
開催年は覚えてませんが、私も瀬田から坂を下って二子玉川園の航空博覧会に行きました。
カメラも持たずに行ったのですが、1963年以前にも開催されたのかなぁ〜。
場所は違いますが、向ヶ丘遊園地、これも住まいから徒歩で行きました(笑)
当時は航空あるいは防衛と名のつく博覧会が各地で開催されていたようですね。

>MIDWAY世代さん
各地で背中を見せてデモフライトする姿が紹介されてますが、飛び方、見せ方を心得てますよね。
MIDWAY世代さんはプラモデル以来(笑)の40年ぶりですか・・・。
私は、それに+α(笑)ですが、この姿この音を聞きたいですね。

>皆様
ここはクローズし、新たにPart.6を立てます。





US Prop Bombers 4 Name:Takafumi HIROE Date:2014/02/04(Tue) 06:37 No.9882   
>皆様
引き続き、皆様の“US Prop Bombers”の話題をお待ちします。
森林火災等の消火任務のPB4Y-2 Privateerは、もう退役してしまったのでしょうか・・・。

Re: US Prop Bombers 4 Name:PAPPY Date:2014/02/04(Tue) 09:16 No.9883
広江さん、皆さんおはようございます。
1965年8月2日下総航空基地のスクラップヤードを続けます。グラマンTBM-3S2アベンジャー 2341と 2343 です。
アベンジャーは5機くらいありましたがレーダー装備のTBM-3W2は1機も見ることはできませんでした。
他にはSNB-5が3機、SNJ(T-6)が8機とPV-2が2機有りました。


Re: US Prop Bombers 4 Name:N.SUZUKI Date:2014/02/04(Tue) 09:51 No.9884
広江さん、皆さんおはようございます。
B-25N N1042B (元USAF VB-25N s/n 44-30823)TALLMANTZ AVIATION INCで、撮影は76年11月California のOrange County Airportです。
Tallmantzは1962-85年までB-25の機首を改造し、3台のカメラによるシネラマ撮影等に使用していました。
 本機は86年に新オーナーに売却され、その後もイギリス、北ウエールズでの“Memphis Bell”(1989年)撮影時のCamerashipにも使われています。

>広江さん、この当時、殆どの航空映画に絡んでいたTALLMANTZですが、このORANGE COUNTY AIRPORTの格納庫には映画で使用された、多くのVintage機(ブレリオからヴェガ等)が有りました。機首には、世界地図と参加した映画のタイトル名が書かれています。ミッキーマウスは、この近くでもあったデズニーランド(LAX)で上映する全周映画を、特殊カメラを本機の爆弾槽から垂直に下げて撮影していました。


Re: US Prop Bombers 4 Name:A-330 Date:2014/02/04(Tue) 09:53 No.9885
広江さん、皆さんおはようございます。

Det.HさんがNo.9871で紹介された機体とかぶりますが、14年前のネリスショーではTB-25Nの名称が与えられていたようです。
ノーズアートの"Executive Sweet"ですが、数年後には同じネームながら絵柄が変わっていて、この手の機体の詳細については型式呼称に始まり意味不明なことばかりです。

TB-25N N30801 cn44-30801 1997年4月ネリス


Re: US Prop Bombers 4 Name:toksans Date:2014/02/04(Tue) 10:04 No.9886
広江さん、皆さんお早うございます。
#9870のWB-50D 48-095の続きのショットです。胴体上部に当時マニアが百葉箱と呼んでいた放射能の集塵ポッドが付いていますが、これ結構空気抵抗があったのではと思います。


Re: US Prop Bombers 4 Name:geta-o Date:2014/02/04(Tue) 10:30 No.9887
広江さん、皆さんおはようございます。
お尋ねのP4Y-2"プライベティアー"ですが写真の機体N2871Gは以前Hawkins and Powers Aviationが所有しタンカー(#121)として使用しましたが現在は4Y-2 LLCが保有し現役時代の塗装に少しずつ戻されているようです。他の機体がまだタンカーとして使用されているかわかりません。
この機体は元沿岸警備隊向けのPB4Y-2G(66302)として納入された機体です。
2013/5/5 撮影場所 CHINO


Re: US Prop Bombers 4 Name:ET Date:2014/02/04(Tue) 15:27 No.9888
広江さん、皆さん、こんにちは。
飛行浪人さんに先を越されてしまったので別のアングルで。2010年6月12日ベルリン航空ショーでのRed Bull (The Flying Bulls)のNorth American B-25J (N6123C, cn 108-47647)です。毎回会場に流れるB-25の説明では、1942年4月18日太平洋上の空母ホーネットから発進し東京を初空襲したことに触れていました。日本人にとってはB-29程ではありませんが忘れられない爆撃機ですね。
余談ですが初空襲の日たまたま浅草にお参りに行っていた私の母は上空にB-25の機影を見たそうです。


Re: US Prop Bombers 4 Name:Gulf4 Date:2014/02/04(Tue) 21:25 No.9889
爆撃機と言われるとB-17とかB-24、あるいはB-29を連想してしまい、どれも撮っていないので、今回は参加できないと
思っていましたが、双発機なら撮った記憶があったので探してみました。
1979年8月13日アンカレジ国際空港で撮ったB-25N(N8163H/44-86747)。FAAデータベースでは現在も登録されています。
ただネット検索してみると、機首が透明なタイプになって、塗装も変えて博物館に展示されている様ですね。


Re: US Prop Bombers 4 Name:T.H Date:2014/02/04(Tue) 21:30 No.9890
B-17のフライアブル機をもう1枚 紹介いたします。英国でウォーバーズが集う事で知られるダックスフォードで撮影したフランス "F" レジ登録のB-17G   " The  Pink Lady " ミーちゃん、 ケイちゃん どっち?

2009年7月12日  DUXFORD 、UK  B-17G  F-AZDX   44-8846


Re: US Prop Bombers 4 Name:飛行浪人 Date:2014/02/04(Tue) 22:17 No.9891
>広江さん、皆さんこんばんは。
今日も2005年のエアパワーデーから。
PBYー5A(GーPBYA)が飛んでくれました。ここは2回行ったのですが2回ともに午前中ピーカン、午後雷雨に見舞われたというマニアには厳しい場所でした。ただし背景は綺麗なところです。


Re: US Prop Bombers 4 Name:THUD Date:2014/02/04(Tue) 23:03 No.9892
ワシントン・ダレス国際空港近郊にある、スミソニアンの別館となるスティーブン・F・ウドヴァーヘイジー・センターに展示されているB-29“ENOLA GAY”(44-86292)で2004年9月の撮影です。
ここは建物がまだ新しくスペースも比較的広く撮影環境はまぁまぁでした。


Re: US Prop Bombers 4 Name:怪鳥 Date:2014/02/04(Tue) 23:27 No.9893
広江さん、皆さん、今晩は

インベーダのお次は混乱の相手方、マローダをご紹介します。
VIP用ビジネス機に改造されたB−26C(41-35071),N5546Nで1976年3月ハーリンジェンのコンフェデレートAFでの撮影です。

この機体は元々、練習機型AT−23B(後にTB−26Cに改称)としてロールアウトしたもので、1946年ユナイテッド航空に払い下げられた後、Allied Aircraft Companyの手に渡り1949年のベンディクス・エアレースにも出場していましたが、残念ながら完走はできませんでした。
1951年にThe Tennessee Gas Corporationが購入してVIP用に改造し、ビジネス機として使用していましたが1959年にメキシコに売られました。その後、主翼桁の腐食が進んで飛行不能となって1965年に米国に戻り、1967年レストアのためCAFが購入。長年の苦労の末1984年に387BGの”Carolyn”としてレストアが完了し20年ぶりに再飛行しました。

ワタシが見た時は未だレストア作業は始まっていなかったようで、脚カバーも無くかなり痛んでいましたが、良く飛行可能な状態まで復元したものだと感心してしまいます。


Re: US Prop Bombers 4 Name:グラコ Date:2014/02/04(Tue) 23:58 No.9894
広江さん、皆さん、こんばんは。

今日はPBY-5A Catalina (PH-PBY)。2009/09/19、オランダは「Den Helder」での撮影です。
いいぐるさん、飛行浪人さんがイギリス籍のアメリカ塗装なので、私はオランダ籍のオランダ塗装をご紹介。
「Den Helder」ですが、非常にマイナーな基地の公開なのでマッタリと楽しめました。
「へそ曲がり」もネタ切れです。


Re: US Prop Bombers 4 Name:BATMAN Date:2014/02/05(Wed) 00:17 No.9895
>広江さん、皆さん
 こんばんわ。カビが酷い写真で申し訳有りませんが一枚参加させて頂きます。1959年8月24日TACCの立川基地見学会で撮ったB-26C(44-35242)です。この時みた10数機のB-26は用廃機と説明されたと思いますが数年後にヴェトナムに送られた様ですね。


Re: US Prop Bombers 4 Name:しか太郎 Date:2014/02/05(Wed) 00:22 No.9896
広江さん、皆さんこんばんは。
相変わらず展開が速いですね。なんとか被らないネタが残っていました。SBDドーントレスです。91年チノのプレーンズオブフェイムでの撮影です。


Re: US Prop Bombers 4 Name:MIDWAY世代 Date:2014/02/05(Wed) 07:22 No.9900
広江さん、皆さんおはようございます。
いつも、拝見させているばかりではイケないので、少し持ち球を貼らせてください。
昨日訪れたMIDWAY博物館から SBDを


Re: US Prop Bombers 4 Name:Takafumi HIROE Date:2014/02/05(Wed) 08:06 No.9903
>PAPPYさん
スクラップヤードを片っ端から撮り続けたようですね。
海自アベンジャーの現役時代を知らない世代してみれば、貴重なラインですものね。
一応PV-2も今回のお題の範囲に含めます。

>N.SUZUKIさん
撮影用に改造された機首は見晴らしが良さそうですねぇ〜。
Vintage機ですか・・・。私の頭の中ではWW II時代までが境界線です(笑)
撮影した映画タイトルの機首のアートをアップで見たいですが、ありますか?。

>A-330さん
N.SUZUKIさんの機首のアートも同様ですが、この類は機体全景と各部のアップの撮影が必要ですね。
しかし所有者の入れ替わりが多いのが難点で、紹介のN30801もDet.HさんNo.9871紹介と異なってますしね。
塗装の違いは、銀ピカで派手なノーズアート入りが私は好きです。

>toksansさん
背中の放射能集塵ポッドはマニア間では『百葉箱』と呼ばれてましたか。
マニアは的を得た呼び名を付けるのが得意ですネ(笑)
確かに空気抵抗は大きそうですが、それを上回るエンジン馬力で、ほとんど気にしてなかったのかな。

>geta-oさん
PB4Y系は1951年にP4Y系に改称していたのですね。私の頭の中では古いままでした(笑)
撮影は2013年ですよね?。この格好いい機体が、またまだ現役とは撮影も楽しかったことでしょう。
これは離陸時のショットですよね。前脚の引き込みが速いのか主脚の引き込みが遅いのか・・・。

>ETさん
太平洋戦争中の米爆撃機は?と言われれば誰でもがB-29の名前を出すでしょうけど、
B-25の名前も出すのは、おそらくヒコーキマニアだけかもしませんよ(笑)
それと関係して私も余談です・・・。
ヒコーキ好きだった私の父は航空機エンジンの設計部門に従事してました。
戦時下でもヒコーキ好きな連中は敵味方機関係なく、ヒコーキ談義をしていたそうです。
B-25の初空襲の時も仲間と共に防空壕(?)から飛び出し、皆で『あれは何だ?』と叫ぶ中、
『ミッチェルだ!と言い当てたのは俺だけだ』と常々言い聞かされました(笑)
そんな父を持つ私ですから、成るようにして成ったわけです(笑)

>Gulf4さん
わざわざ捜索いただき、ありがとうございます。
米空軍Bシリーズに限らず米海軍機では単発機でも話題の範囲内の機種もあります。
紹介の機体の所有者は後に調べるとして、現在もFAAではフライアブルで生きているのですね。
展示されている状態が気になります。

>T.Hさん
ミーちゃんケイちゃん世代ですネ(笑)
ヨーロッパでは、やはりバトル・オブ・ブリテンのB-17の印象が強く残っているのでしょうね。
21世紀に入っても、紹介のB-17やその他の機種がなフライアブルで多く残り、
ダックスフォードで飛び交うシーンは、一度は見て撮って、そして聞きたいと思ってます。

>飛行浪人さん
台座の上に乗っかった主翼、箱型のキャノピー、異様で古めかしいカタリナは、ある意味、格好いいです。
カタリナに乗れるツァー(?)があるようで、機体後部のバブルウインドウは見晴らしが良さそうです。
レシプロエンジンの振動を一度は体感したいです。

>THUDさん
時代を超えた展示機の数々、撮影するというより、ゆっくりと見て周りたい博物館ですね。
“ENOLA GAY”は歴史を風化させることなく、このように記録として残し続けてほしいものです。
ただ、この機体に関わる説明が、どのようにされているのかも気になりますが・・・。

>怪鳥さん
紹介が“B-26”の本家でしょうね。
この機体の詳しい経歴のコメント、ありがとうございます。
WWIIから転々としてVIP仕様機になったのは驚きです。乗り心地はどうだったのでしょう。
そしてレストア後に再飛行したのも驚き。その作業は大変だったでしょうね。

>グラコさん
ライセンス生産も含め大量に生産されたカタリナは戦中戦後各国で使用されたようで、
民間型(旅客型)としても戦後しばらく飛び続けていたようなので、
紹介の機体PH-PBYの経歴も調べてみると面白そうです。
次からは順当な道ですか?(笑)

>BATMANさん
私の住む関東地方でB-26と言われるとジョンソン基地(現、入間基地)が思いつきます。
紹介画像はジョンソン基地に駐留していた機体でしょうかね。
ベトナム戦ではA-26Kとして南ベトナムに送られたのですか。
まさか改造は日本で?、南ベトナムに送られるまでの経緯が興味あります。

>しか太郎さん
スミマセン、レジの必ず補足いただけませんか?。
水平尾翼の下に小さく書かれてるようですが、縮小された画像では読み取れません。
この機体の経歴、フライアブルなのか?、等々の疑問を解消したいもので。
追伸ですが、画像の大きさ(横ピクセル数)は、もっと大きくて構いません。

>MIDWAY世代さん
レスでの再投稿、ありがとうございます。お手数をおかけしましたm(_ _)m
この機体も何かレジの分かる説明等々はありませんか?。
今回の話題について、どのようにBBS II Gallery化するかの時期や方法は未定ですが、
その際には、必ずレジが必要になってきますので。
なお現在は連貼り不可ですので、ご理解ご協力をお願いいたします。

>皆様
ここはクローズし、新たにPart.5を立てます。





US Prop Bombers 3 Name:Takafumi HIROE Date:2014/02/03(Mon) 06:26 No.9864   
>皆様
引き続き、皆様の“US Prop Bombers”の話題をお待ちします。
私からの紹介画像がなく、申し訳ありません。

Re: US Prop Bombers 3 Name:geta-o Date:2014/02/03(Mon) 08:20 No.9865
広江さん、皆さんおはようございます。
今日は昨日のKB-50Jに続いて私が飛行機の写真を撮り始めた当時行けば必ず撮影することのできたUEのUB-26J(JD-1)。Komatsuさんの伊丹緊着の写真にもありましたが厚木には当時VC-5の前身VU-5が居てF-8、UB-26等を毎日飛ばしていました。
あまり綺麗な写真ではありませんがカラーが少ないのですいません。
UB-26J(77146/UE-6)。撮影は1963年と思いますが日にちは不明です。


Re: US Prop Bombers 3 Name:PAPPY Date:2014/02/03(Mon) 08:32 No.9866
広江さん、皆さんおはようございます。
1965年8月2日下総航空基地の通称スクラップヤードに置かれていたグラマンTBM-3S2アベンジャー 2345 です。
レーダー装備のTBM-3W2とペアを組んで哨戒任務に就いていました。1954年に各10機ずつ供与されたようですが1957年からS2F-1の供与に伴い1961年には全機退役したようです。


Re: US Prop Bombers 3 Name:A-330 Date:2014/02/03(Mon) 09:55 No.9867
広江さん、皆さんおはようございます。

横田、厚木では、geta-oさんのお話にも出ました「行けば必ず撮影することのできた撮影された"Bシリーズ"」見ることも叶わなかった残念さと悔しさがひしひしと…(笑)
UEのUB-26Jの増装タンクはHU-16に装着されていたものと同じように見えますね。

1997 Golden Air Tattooでのシーン続けます。
A-26B N9682C USAAF 139230 1997年4月ネリス



Re: US Prop Bombers 3 Name:怪鳥 Date:2014/02/03(Mon) 10:47 No.9868
広江さん、皆さん、お早うございます。

インベーダがOKとの事なので、チョット変り種をご紹介します。
A−26B(41-39497、C/N 7210)からオン・マーク社で改造された民間型のマーケティア(N71Y)です。
1976年2月にメキシコからアルゼンチンに向かう途中、トランジットで寄ったボゴタのエルドラド空港で偶然見かけたものでB.707の客席から撮りました。
後で調べたら、この機体は70年台中ごろに麻薬密輸容疑で押収され、エルドラド空港にずっと拘留されていましたが1990年代にスクラップにされたそうです。


Re: US Prop Bombers 3 Name:N.SUZUKI Date:2014/02/03(Mon) 12:56 No.9869
広江さん、みなさんこんにちは
 NAVYのB-29である P2B-1S(B/No 84029)で1977年6月 オークランド空港で撮りました。
 機首の“FERTILE MYRTLE”ペリカンの絵で想像できるように、NACAで海軍のダグラスD-552-U スカイロケットの空中母機として使用され、元はUSAF B-29 45-21737です。
なお、本機はその後1980年公開のWalt Disney 映画 “The Last Flight of Noah’s Ark”の撮影用に整備されて1980年まで飛行(N29KX)しており、YouTubeでも、Rare Disney Filmとして、本機の飛行シーンを見ることが出来ます。 
現在は、前部胴体がフロリダのMuseum“Fantasy of Flight”で公開されて見ることが出来ます。


Re: US Prop Bombers 3 Name:toksans Date:2014/02/03(Mon) 13:27 No.9870
広江さん、皆さんこんにちは、

1965年3月26日横田で撮影のWB-50D 48-095です。昔の大型機は長い主翼に比較的細い胴体と言う特徴ある形をしていましたね。今でもその面影があるのはB-52だけになってしまいましたが。


Re: US Prop Bombers 3 Name:Det.H Date:2014/02/03(Mon) 18:52 No.9871
広江さん 皆さん こんばんは
ちょっと出遅れましたが、きょうから参加させて頂きます 
と言っても、横田のKB,WB−50はろくな写真が無く、厚木のUB-26はわずかなところで間に合いわず 本土のエアショーでの大戦機も皆さんとかぶりまくっているのですが、未だのようなB-25J N30801/43-0801 (cn108-34076)を 2011年10月のNASLでの撮影です


Re: US Prop Bombers 3 Name:THUD Date:2014/02/03(Mon) 19:47 No.9876
これもオシアナですが2005年9月に撮影したPBY-5A(N9521C)です。
この機体もフライトは無しでした。大戦機は好きなので飛んでいる姿を撮りたいのですが、どうも日頃の行いが良いのでチャンスに恵まれません(笑)


Re: US Prop Bombers 3 Name:飛行浪人 Date:2014/02/03(Mon) 21:50 No.9877
>広江さん、皆さんこんばんは。
すっかり出遅れましたが、この手の機体には横田、厚木では間に合いませんでした。
という事で最近の画像から、2005年のオーストリア、ツェルトベグのエアパワー2005に参加したBー25J(N6123C)、元のシリアルは44−86893だそうです。


Re: US Prop Bombers 3 Name:グラコ Date:2014/02/03(Mon) 23:36 No.9878
広江さん、皆さん、こんばんは。

「へそ曲がり」シリーズで、今日はインドネシア空軍のB-25J(M-458)。
2013/04/5、ジャカルタの国軍博物館での撮影です。
今回は動いていない機体で失礼します。


Re: US Prop Bombers 3 Name:Cranberry01 Date:2014/02/03(Mon) 23:39 No.9879
広江さん、皆さん、こんばんは。

Tanker #15(N5237V). B-17G(44-83868).
US NAVY PB-1W(Bu.No.77233)として引き渡された。現在はイギリスDuxfordにあるAmerican Air Museumに
B-17G"Mary Alice"として展示されています。撮影は1971年。
1970年代前半には、まだB-17/PB-1WやPB4Y-2がAir Tanker としてかなり飛んでいました。これらはその後、博物館などに売られて行きました。


Re: US Prop Bombers 3 Name:いいぐる Date:2014/02/04(Tue) 00:30 No.9880
広江さん 皆さんこんばんは

広江さん
先のNo9848で紹介したPBY-5Aのレジは(5B-PBY)でギリシャ国籍です。
Athenian Airlift Servicesなる団体?は他にもAn-2などを所有しているそうなのですが、如何なる団体なのかは調べきれていません。

再びPBY-5A(G-PBYA).
USAAF OA-10A 44-33915 塗装ですが、オリジナルはカナダ空軍向けの機体です。
2009年9月27日、イギリスSouthport Airshowにて。


Re: US Prop Bombers 3 Name:Takafumi HIROE Date:2014/02/04(Tue) 06:35 No.9881
>geta-oさん
同時のNAS Atsugiの主VU-5は機数は多くないものの現在のCVW-5同様、ほぼ毎日撮れたようですね。
しかし身近に感じるUB-26Jは厚木基地には常時3機程度だったかと思います。
私は現役のUB-26Jとは遭遇することなく、無残なスクラップ姿しか見たことがありません。

>PAPPYさん
海自のTBM-3W2/TBM-3S2は、S2F-1受領までの対潜任務の訓練等に用いられたのでしょうね。
この機体に限らず、草創期のクルーは大変だったのではないかと想像してますが、
車の例えでも似たように、メカニカルな機体は今振り返れば楽しい思い出も多かったと思います。

>A-330さん
UB-26Jの増装タンクは確かにHU-16装備と似てますね。F7F系にも似たのを吊るしていたような???。
紹介の機体の垂直尾翼に書かれる“139230”を安易に調べたら見つからず・・・。
普通に考えれば分かることなのですが、41-39230、機首の絵は“Lady Liberty”でしょうかね。

>怪鳥さん
No.9850でもコメントしましたが、インベーダーの型式は、ちょっとややこしいですね。
今回の“Bシリーズ”では悩める機種の一つです。
紹介の機体も改称されることなく旧名称のA-26B (S/No. 41-39497)のままスクラップになったようです。

>N.SUZUKIさん
まさか米海軍P2B-1Sが紹介されるとは予想外、驚きました。
しかし、機首のマークでわかるのでしょうけど、惜しいかな、米海軍機と分かる文字類がない。
“The Last Flight of Noah’s Ark”は見たことがありません。
Walt Disney 映画と聞いては、私も調べなくてはなりません(笑)

>toksansさん
何が来るか分からず、双眼鏡で覗いて機種を判断していた時代、私もtoksansも経験してますね。
B-50系のような特徴ある機影は、toksansはすぐ判断がついたのでしょうね。
しかしB-50系の飛ぶ姿を見たことのない私には、直前まで『???』となること間違いなしです(笑)

>Det.Hさん
ガル翼が特徴のB-25は格好イイですよね。双発機なのでお手軽に作れる(笑)ので私も大好きです。
紹介の機体はレストア機のように綺麗でなく、微妙に汚れていて実戦機らしい雰囲気がイイですネ。
ちなみに、元のS/No.は430801と書かれてますから、会計年度の下1桁から44-30801ですね。
B-25Jで生産されてTB-25Nに改造され、その後、民間に譲渡されてます。

>THUDさん
PBYカタリナも個性的な独特な外観がイイですよね。多種多彩に開発生産された時代がマニア的にも楽しいです。
大戦機が好きで撮りに行かれるのなら、geta-oさんからアドバイスを受けたほうがいいかもしれません。
私もお供をして一度は撮って、そしてエンジン音を聞きたいと思ってます(笑)

>飛行浪人さん
飛行浪人さんも横田や厚木の“Bシリーズ”は引退後で遭遇できませんでしたか。
Part.1オープニングの私の一コマは大事に大事にほかんせねばなりません。
紹介の機体は機齢60才、元気良く飛ぶ姿は、此処に登場する皆さんと同じくパワフルですネ(笑)

>グラコさん
グラコさんも、このお題での「へそ曲がり」シリーズをよく見つけてきますねぇ〜。感心してしまいます。
まだ、このレスの段階では何も調べてないので、この機体の遍歴が分かりませんが、
WW II以降にインドネシア空軍に引き渡された機体なのでしょうかね。調べるのが楽しみです。

>Cranberry01さん
P2B-1Sの次はPB-1Wですか、驚きです。やはり皆さん、コアに色々と撮られてるのですね。
しかし、お腹の大きなレドーム付姿を見たかったですが、元Air Tanker?には邪魔な代物ですものね(笑)
1970年代前半は、今よりも、もっともっと楽しめる機体が飛んでいたのですね。

>いいぐるさん
No9848のレジは5B-PBYでしたか。“5B”は惜しかったですネ。
そして今度の紹介はCanadian Vickers製造のOA-10A、本当に色々なWW II時代の機体が飛んでるのですね。
この機体G-PBYAの所有者(団体?企業?)のような存在は日本では悲しいかな育たないでしょうね。

>皆様
ここはクローズし、新たにPart.4を立てます。





US Prop Bombers 2 Name:Takafumi HIROE Date:2014/02/02(Sun) 09:41 No.9850   
>皆様
引き続き、皆様の“US Prop Bombers”の話題をお待ちします。
お忘れではないと思いますが、米海軍の旧名称JD-1 (米空軍の旧名称はA-26)、
この機体は1962年の名称統一で“B-26”となりました。
元々の“Martin B-26 Marauder”と混乱することとなってますね。

Re: US Prop Bombers 2 Name:T.H Date:2014/02/02(Sun) 09:59 No.9851
B-17 のフライアブル機を続けてみます。

映画『Memphis Belle』に登場するB-17G。第二次大戦当時の実機は F 型だったので、外見を一部改造して映画撮影に使用したようです。映画撮影の為にアメリカから欧州へ渡ったようで、大掛かりなプロジェクトが組まれて映画は撮られたようですね。


2007年4月29日  LANGLEY AFB  B-17G  N3703G  "MEMPHIS BELLE"


Re: US Prop Bombers 2 Name:geta-o Date:2014/02/02(Sun) 10:22 No.9852
広江さん、皆さんおはようございます。
レシプロボマーも色々ありますね。
今日は現役時代のKB-50J(48-119)。B-50Dで作られ給油機に改造されたようです。
純然たるレシプロでなく増速用のジェットが追加されています。
横田駐留の421ARSの所属機で撮影日は不明ですがPACAFマークが記入されているので1963年ごろと思います。横田のR/W18に着陸するところです。当時は標準(50mm)でこんな写真が撮れました。


Re: US Prop Bombers 2 Name:A-330 Date:2014/02/02(Sun) 10:27 No.9853
広江さん、皆さんおはようございます。

1960年代前半まで日本で見ることができた"Bシリーズ"写真紹介を拝見して思うことは「見て、触って、撮りたかったな〜」につきます。

1997 Golden Air Tattooで4発爆音を響かせ華麗なフライトを披露してくれたB-17です。
B-17G NL93012 fake USAAF 231909 1997年4月ネリス


Re: US Prop Bombers 2 Name:toksans Date:2014/02/02(Sun) 10:36 No.9854
広江さん、皆さんお早うございます、

KB-50とKC-97の関係ですが、私の理解ではKB-50の方が後だと思います。ご存じのように第2次世界大戦後に空中給油の需要が高まり、米空軍ではB-29を空中給油機にしたKB-29が登場します。しかし大型爆撃機への短時間での大量補給を必要とした戦略航空軍団(SAC)が、プローブ&ドローグ方式に代わる方式としてフライング・ブーム方式を採用し、これがKC-97の誕生に結びつきます。これ以前に少数のフライング・ブーム方式のKB-29Pと言う機体がありましたが、1950年に登場したKC-97がKC-135の登場までSACの主力空中給油機となります。一方B-47の登場で余剰となったB-50を戦術航空軍団(TAC)の空中給油機に改造したのがKB-50で、1956年から使われるようになりました。

1964年5月17日の横田三軍記念日で空中給油の模擬飛行をするKB-50(シリアル不明)です。


Re: US Prop Bombers 2 Name:PAPPY Date:2014/02/02(Sun) 11:03 No.9855
広江さん、皆さんおはようございます。
現役の機体はもう撮っていませんが、海自供与機で退役後下総航空基地のゲートガードとしてグラマンJRF-5グースと共に展示されていたグラマンTBM-3S2アベンジャー 2350 で最終の所属基地を示す”カ”か”ハ”は分かりません。
撮影は1965年8月2日ですが1機くらいは残しておいて鹿屋基地あたりで保存展示して欲しかったです。


Re: US Prop Bombers 2 Name:Straight Wings Date:2014/02/02(Sun) 11:49 No.9856
広江さん、皆さん ご無沙汰してました。
現役で見た最後のUS Prop BomberはWB-50とKB-50でした。あのB-29系列の飛行機が1960年代半ばになっても飛んでいることに不思議な印象を抱いた覚えがあります。横田に降りるWB-50D 49-0332、1965/3/29の撮影です。広角気味のオリンパスペンで一応撮れたのですからラッキー。なぜかというと最高シャッタースピード1/200秒のカメラでしたから。


Re: US Prop Bombers 2 Name:N.SUZUKI Date:2014/02/02(Sun) 11:59 No.9857
広江さん、皆さんこんにちは。
 >広江さん、1964年ごろの横田の列線が分かる写真として、引き続きRB-50F 47-0141の前方からの写真を紹介します。後方にはKB-50Jの列線が見えますが、当時横田配備も始まった多数のF-105等、また厚木にいる海軍機の全てに対しプローブ式の給油ミッションを行っていました。800機以上製造されたKC-97がKB-50の後継とするには、KC-97が当時、空軍が独自に開発したフライングブーム式の給油用であり、横田には、定期的に来ていたB-52の給油用で一緒に見ることが出来た程度でした。なお、横田にF-105に代わり配備されたF-4C以降は、空軍機は全て胴体上部のフライングブーム方式に変わっています。
 >ETさん、No9847の列線のWB-50D、2機目の機体には、普段余り装備することの無かった翼端に放射能測定等用の集塵ポットが装備されていますね、集塵ポットは後に配備されたWB-57Fでも装備することがありましたが、極く短期間でした。


Re: US Prop Bombers 2 Name:グラコ Date:2014/02/02(Sun) 13:09 No.9858
広江さん、皆さん、こんにちは。

私はへそ曲がりなのでアメリカ国籍ではない「B」を1枚貼らせて頂きます。
オランダ空軍のB-25N(#232511/N5-149)。大戦中はインドネシア方面で使われていたみたいですね。
2005/06/18、オランダはgilze-rijenでの撮影になります。


Re: US Prop Bombers 2 Name:Komatsu Date:2014/02/02(Sun) 15:10 No.9859

>広江さん、皆さんこんにちは。

伊丹にもJD−1(新名称に慣れていなくて当時はこう呼んでいました)が来たことがあるという
証拠写真です。
1963年1月15日、新明和伊丹工場前のUB−26J(UE3/VU−5 Bu.No.77218)です。

左下の小写真は着陸時のショットで、見事な“串刺し”状態です。写真では分かりませんが向こう側の
左プロペラが止まっていたので緊急着陸だったようです。

一緒に並んで撮っていた私の友人は、左プロペラが止まった前姿を撮っていて、直ぐにその写真を
某大新聞社に持ち込みました。
『 大阪“国際”空港に“緊急”着陸する“米軍”機 』ということで“ニュースバリュー”が
あったのでしょう。翌日の紙面を飾りました。今から51年前の出来事です。



Re: US Prop Bombers 2 Name:THUD Date:2014/02/02(Sun) 19:29 No.9860
2005年9月のオシアナで撮影したTBM-3E(NL7030C)です。
“Avenger”は好きな機体のひとつなので、見つけたときは喜んだのですが、結局このときはフライトなしでした。
しかも翼はご覧のように最後まで折り畳んだままで、胴体はほとんど隠れてしまい横から撮っても翼だけ(笑)
大いに失望しました。


Re: US Prop Bombers 2 Name:ET Date:2014/02/02(Sun) 19:58 No.9861
広江さん、皆さん、こんばんは。
No.9852のgeta-oさんの写真と同じ機体で、1963年5月19日横田の三軍記念日で展示されました。同日立川も公開されKB-50Jのデモフライトがありましたが標準レンズでは豆粒ほどしか写りませんでした。
>N.SUZUKIさん、ご教示ありがとうございます。ずっと補助のジェットエンジンの類ぐらいしか想像していませんでした。お陰様で54年目にして正体が分かりました。


Re: US Prop Bombers 2 Name:Cranberry01 Date:2014/02/02(Sun) 22:02 No.9862
広江さん、皆様、こんばんは。
ヘリコプター・シリーズは興味深く拝見させていただきました。
今回は久し振りに参加させていただきます。

現在、耐空証明を保有するB-17はアメリカに12機、イギリスに1機、フランスに1機、計14機存在しますが、全てG型です。

↓イギリスの"Sally B"は、現在はヨーロッパで唯一飛行しているB-17G(44-85784)です。
このB-17は国民からの寄付によって運営されており、子供まで知れ渡る程イギリスでは有名な機体です。これまで数々の映画やTVに登場していますが、映画"Memphis Belle"に登場してからは左側機首に"Sally B",右側機首に"Memphis Belle"を描いています。尾翼のs/nはMenphis Belleのものです。


Re: US Prop Bombers 2 Name:Takafumi HIROE Date:2014/02/03(Mon) 06:25 No.9863
>T.Hさん
顎の銃座の有無がB-17F/Gの簡単な見分け方ですが、紹介の機体はわざわざ銃座を撤去したのですね。
私は映画『Memphis Belle』のDVDを持ってますが、時々、見ます(笑)
何度見ても戦争の悲惨さに涙が出ます。来年で戦後60年を迎えますが、風化させてはなりませんね。

>geta-oさん
素晴らしいショットですネ。
横田基地R/W36降り午前側、R/W18降り午後側、カメラを持たずに行った小学生時代の思い出は残ってます。
おそらく、geta-oさんの紹介される画像の年または、その直前。
私の歳では、見て記憶するのが精一杯です(笑)

>A-330さん
皆さん年齢差があります。それぞれ見て感じることは、私も皆さんも同じですネ(笑)
加えて私は、紹介のようなシーンを見たことすらありません。
この姿、その時の音、これら全てが羨ましい限りです。ゥりませんが、紹介の機体の元となる部隊を調べてみます。

>toksansさん
なるほど、KB-50の開発(改造)の経緯を説明いただき納得できました。ありがとうございます。
私はKC-97とKB-50の運用終了時期で、やはり勘違いしてました。
現在のKC-130系同様、給油を受けるジェット機の姿は、どことなく違和感がありますが、
このようなデモを行うシーンを現代の日本でも継続してほしいものです。

>PAPPYさん
空母搭載のハンターTBM-3W2&キラーTBM-32Sの草分けですね。
後にAF-2W/Sを経て、単機で任務可能なS-2トラッカー、S-3バイキングに変わっていきましたね。
単発エンジンで大型のアベンジャーの飛ぶ姿を見たかったですね。

>Straight Wingsさん
私は直線翼の大型プロペラ機を下から広角であおって撮るのが好きです。
できうれば高翼機が私にはベストんのですが、中翼であってもB-50系は機体そのものが最高。
私はオープニングで紹介した一コマしかありませんが、B-29系列のWB-50Dには私も驚きました。

>N.SUZUKIさん
toksansさんNo.8954画像を拝見しているにも関わらず、
何気に気づかなかったのですが、KB-50はプローブ&ドローグ方式なのですね。
toksansさん、大変に失礼いたしました。
N.SUZUKIさんのコメントは当時の状況を捉えた的確なコメントです。

>グラコさん
「へそ曲がり」、大いに結構です(笑)、変化に富む話題なります。ありがとうございます。
WW IIのオランダ空軍機を再現した機体のようですが、N5-149レジに疑問を持ちました。
当時のNetherlands East Indies Air Force (NEIAF)はオーストラリア空軍の一部のようですね。
フライアブルの紹介の機体は、アメリカのN302SQレジのようで、当時の302SQの再現機ですね。
このような渋いかたちでの再現機はマニアとしても、なかなか楽しめます。 

>Komatsuさん
厚木マニアに最も(唯一)馴染み深い“Bシリーズ”といえば、VU-5のJD-1ですね。
1962年の三軍名称統一以降も、SNB(C-45系)とJD-1(UB-26J)は引退するまで皆さん旧名称でしたネ。
そのJD-1が伊丹に飛来していたとは驚きましたが、トラブル発生での緊急着陸でしたか。
その貴重なタイミングに居合わせたKomatsuさんはラッキーでしたネ。

>THUDさん
おっしゃるように私もガッカリする姿です。
写真を撮るという視点とは掛け離れた展示方法はよくあるパターンですね。
全体の入場数の何パーセントが写真撮影が目的かも分かりませんしね。
しかし、主翼を伸ばしたり畳んだりのデモがあっても良さそうなものです。

>ETさん
1965年頃までは、横田基地三軍記念日ではB-50系は常連だったようですね。
その展示されている姿は皆さんからも紹介されてますが、やはり大きいですねぇ〜。
エンジンの位置関係とプロペラの大きさも目立ちます。
機体全景を撮るのは難しかったと思いますが、ギャラリーが写り込んだショットは逆に貴重とも感じます。

>Cranberry01さん
素晴らしい空撮ですね。下はイギリスの田園風景でしょうか・・・。
フライアブルで現存するB-17Gが14機というのは、多いか少ないかではなく、環境そのものが羨ましいです。
敗戦国か戦勝国かも起因しているかもしれませんが、国民の航空そのものへの接し方の差を感じます。
“Sally B”の名前と絵は記憶にありませんが、胴体の“DF-A”はTVでよく見かけたような・・・。

>皆様
ここはクローズし、新たにPart.3を立てます。





US Prop Bombers Name:Takafumi HIROE Date:2014/02/01(Sat) 06:51 No.9838   
1965年5月9日、私が初めて一人で行った厚木基地三軍記念日。前年までは保護者同伴(笑)でした。
私の記録ノートには56th WRSのWB-50Jと記載されてますが、調べてみたらWB-50Dのようてすね。
この機体48-0127は1965年5月20日付けでAMARC入りした記録があります。
私は最後の最後でB-50系を見ることができたのかもしれません。


>皆様
今日から始まる話題は“US Prop Bombers”。
BBS IIでは初のキーワード「B」シリーズの第一弾、プロペラ爆撃機。

米空軍の「B シリーズ」は問題はありませんが、1962年の三軍名称統一以前の米海軍機は悩みどころです。
広義に、爆撃・攻撃・哨戒の型式名称を与えられている米海軍機もOKとしますが、
思いつくだけでも、PBY, PB4Y, SBD, SB2C, TBF/TBM, PV 等々と幅広く、混乱すること必至です。
もし疑問を感じられたら、その都度、相談しながら進めていきたいと思います。

米軍現役の姿を見る(撮る)機会は少ないと思いますが、民間籍や保存展示機は数多いと思います。
それら多種多彩な姿を話題と共に紹介下さい。

Re: US Prop Bombers Name:geta-o Date:2014/02/01(Sat) 08:12 No.9839
広江さん、皆さんおはようございます。
レシプロ爆撃機は現役時代のいい写真が少ないので最初は日本人として忘れられない機体B-29からいきます。
写真の機体N529B/44-62070"FiFi"はCommemorative Air Forceの所有する現在飛行可能な唯一のB-29です。
2014/10/14 MIDLAND


Re: US Prop Bombers Name:T.H Date:2014/02/01(Sat) 08:14 No.9840
アメリカ本土にはレストアされて飛行可能な "Bシリーズ "も健在ですが、比較的良く見る事ができるのB-17G を1枚紹介いたします。

2011年2月に NAS North Island で行われた CONA kick of Event のパレード オブ フライトに参加した N9323Z。
この機体を含む一部の機種は、メキシコ国境に近い Brown Field を拠点に、2月12日午後のパレードに参加。
このカットは、翌日 2月13日にブラウン・フィールドにて撮影したものです。

2011年2月13日  Brown  Field 、CA   B-17G  N9323Z  CAF Arizona Wing


Re: US Prop Bombers Name:PAPPY Date:2014/02/01(Sat) 08:41 No.9841
広江さん、皆さんこんにちは。
広江さんのオープニング画像と同じ WB-50D 49-0338 で1965年5月16日の横田三軍記念日に展示されたもので何とか現役機を見ることができました。この機体も翌月の6月30日付けでAMARC入りしたようです。
背中の箱状のダクトのようなものが面白いですね。


Re: US Prop Bombers Name:toksans Date:2014/02/01(Sat) 10:36 No.9842
広江さん、皆さんお早うございます。
最初は手堅く横田三軍記念日のKB-50J 48-0081です。1964年5月17日の撮影です。


Re: US Prop Bombers Name:怪鳥 Date:2014/02/01(Sat) 12:27 No.9843
広江さん、皆さん、今日は

ワタシは現役のプロペラ爆撃機を撮ったことがないので保存展示機で参加させて頂きます。
最初は有名なB-17F 41-24485 Memphis Belle。
メンフィスのテネシーNG本部のゲートに展示されていた時の姿です(1976年3月撮影)。リバーサル1本分撮ったんですが、雑誌に掲載するため貸し出したら、それっきり戻ってきませんで辛うじて手元に残っていたのがこの1枚です。
この当時は未だ原型をとどめていましたが、その後スーベニアハンターの餌食になってボロボロにされてしまったそうですが、現在はデイトンの空軍博物館でレストア中だそうです。


Re: US Prop Bombers Name:A-330 Date:2014/02/01(Sat) 14:27 No.9844
広江さん、皆さんこんにちは。

プロペラ爆撃機は現役時代にはお目にかかれませんでした。
このお題で紹介する写真はすべて最初で最後の海外撮影、1997 Golden Air Tattooでのピックアップです。

B-24J NX224J USAAF 44-44052 1997年4月ネリス


Re: US Prop Bombers Name:THUD Date:2014/02/01(Sat) 17:47 No.9845
広江さん、皆さんこんばんは。
2005年9月のオシアナで撮影したB-25J(N9079Z)です。
機首に描かれている“PANCHITO”はアニメのオンドリのキャラクターで、WWU当時の第7空軍、第396爆撃飛行隊所属機のパーソナルマークを復元したということです。


Re: US Prop Bombers Name:N.SUZUKI Date:2014/02/01(Sat) 19:18 No.9846
広江さん、皆さんこんばんは、
 オープニングのB-50シリ−ズに因んで、RB-50F 47-0141で1964年ごろ、横田の36側での撮影です。
当時、横田ではWB-50D,KB-50Jが多数見ることができましたが、このMATS所属のRB-50を見たのは一度だけでした。RB-50FはRB-50BにNAVIGATION RADER装備の改造をしたもので14機作られ、当時は第一線の偵察任務より訓練に使用していたとされています。


Re: US Prop Bombers Name:ET Date:2014/02/01(Sat) 21:58 No.9847
広江さん、皆さん、今晩は。
B-50シリーズに証拠写真程度ですが1枚。1960年5月21日横田の三軍記念日での光景で標準レンズで撮ったのをトリミングしています。機体は左からKB-50J (48-114), WB-50D (48-097), WB-50D (48-0xx)です。2機のWB-50Dの胴体上面にある四角い箱は放射能塵収集スクープ、分かり難いですが機首下面には黒いレーダー、また機体上面は無塗装ではなく、アルミニウムが塗られているなどの説明を以前読んだ記憶があります。


Re: US Prop Bombers Name:いいぐる Date:2014/02/02(Sun) 02:28 No.9848
広江さん 皆さんこんばんは

いきなりですが、悩みどころを投下します^^;
2005年9月18日 ギリシア空軍TANAGRA基地にて行われた、ARCHANGEL AIRSHOWにて撮影。
PBY-5A 31-P-5 Athenian Airlift Services.


Re: US Prop Bombers Name:Takafumi HIROE Date:2014/02/02(Sun) 09:40 No.9849
>geta-oさん
“FiFi”のデモフライトは、私たち日本人のヒコーキマニアにも心情的には複雑だと思います。
飛躍しますがゼロ戦とのデモや現VFC-111に“Sundowners”のニックネームを与えたことなども、
私は、ちょっと理解に苦しみます。
しかし紹介のようなWW II機をフライアブルまたは保存することは100%受け入れられます。

>T.Hさん
フライアブルな“Bシリーズ”は、B-17, B-24 そして B-25が多いように感じます。
アメリカにとっては、(対日の)太平洋戦争と広義なWW IIとは別の戦いではないかと思いますし、
主に対日戦任務のB-29より、ヨーロッパ戦線で戦ったB-17やB-24の人気が高いのかもしれませんね。

>PAPPYさん
WB-50Dが56th WRSから引退した時期を私は全く知りませんが、この機体49-0338も1965年引退ですか。
私は横田基地の三軍記念日デビューは厚木基地より数年も後になりましたので、
紹介のようなシーンを見た記憶はないので、おそらく1965年が最後でしょうかね。

>toksansさん
KB-50はKC-97より前に運用されていた機体と認識してますが、それは正しいのでしょうか?。
それともベトナム戦初期まで現役だったKC-97のイメージからの誤認識?。
横田基地の三軍記念日ではKC-50が空中給油デモを行っていたとも聞いています。

>怪鳥さん
“Memphis Belle”は誰でもが知っている有名な機体でしょうね。映画は泣けました(笑)
そんな有名な機体がボロボロにされてしまったとは、またまた泣ける情けないことですね。
“FiFi”のような恵まれた機体あり、“Memphis Belle”のような恵まれない機体あり、
おそらく、スポンサー等々の募金も含め、金次第なのかもしれませんね。

>A-330さん
現在残る四発爆撃機はT.Hさん紹介のB-17に並ぶB-24かもしれませんね。
私は見る機会が一度もありませんので、ただひたすら動画サイトで姿を見て音を聞いてます。
紹介の画像からも、その乾いた重々しいエンジン音が想像できます(笑)

>THUDさん
オープニングで、やはりB-17, B-24, B-29が紹介され、そしてやはりB-25の登場です。
B-25もフライアブルな機体が多く、有名なドーリットルの映画でも借り出されたようですね。
PANCHITOは私にとっては超有名な存在です(笑)。
元々ディズニーアニメのキャラクターで、今でもTDL/TDSに居ますよ(笑)

>N.SUZUKIさん
RB-50Fの存在そのものを私は知りませんでしたので、レスの後、調べごとの一つになりました。
機体そのものの貴重さ、そして背景左側はF-105の列線、背景右側はC-130とC-135?。
迷彩塗装機など存在しない時代を記録する貴重なショットですね。

>ETさん
横田基地でのB-50系の列線は聞いてはいましたが、実際に画像で見ると、それが実感できます。
タンカーの変遷は大まかに、KB-50からKC-97, KC-135, KC-10 へと変わっていったのでしょうか。
WB-50の後任は難しいですが大まかには、RB/WB-47, RB/WB-57, WB-135 でしょうか。
この変遷を見るだけでも、マニアにとってはB-50系に古き良き時代を感じます。

>いいぐるさん
私の冒頭のコメントでは“PBY”は想定内なのでご安心を(笑)
ただ私が悩んでいるのは以前の“Flying Boat/Seaplane”と“P-2 (P2V) Nptune”との重複。
幅を広げればターボプロップの“P-3 (P3V) Orion”まで行き着きます(笑)
ところで紹介の機体の国籍は?、レジは分かる範囲で必ず補足下さい。

>皆様
順調なスタートとなりました。ありがとうございます。
ここはクローズし、新たにPart.2を立てます。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -