GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





JSDF LOUs 3 Name:Takafumi HIROE Date:2014/07/11(Fri) 06:23 No.11378   
皆さんからの紹介には、どうしても偏りが出てしまうようなので、
管理人として、最初のうちは対象機種をとりあえず話題に乗せることに徹します(笑)

オープニングから陸海と続いたので、Part.3では空の「U」を紹介します。
ガルフ4なので「U-4」、この名称は安易ですよねぇ〜(笑)
一応U-4の1号機(笑)75-3251、2007年6月13日、入間基地にて。
この後のU-4の紹介は若い世代の方々にお任せします(笑)

南から来て入間基地R/W17にアプローチする機体は我が家の真上を通過します。
やはり南から来て厚木基地R/W19に降りるGCAコースとほぼ同じ。
ですので、我が家の上を通過するガルフの独特のエンジン音には一瞬ドキッとします(笑)

>皆様
引き続き「自衛隊LOU機」の話題をお待ちします。

Re: JSDF LOUs 3 Name:PAPPY Date:2014/07/11(Fri) 08:43 No.11379
広江さん、皆さんおはようございます。
1975年3月18日百里基地でMU-2Sを撮った同じ日ですが陸自の LM-1 21019 SU 航空学校宇都宮校 も撮れました。
こうして見ていると空自の百里基地にもよく陸自機が飛来していたことが分かりました。


Re: JSDF LOUs 3 Name:A-330 Date:2014/07/11(Fri) 09:22 No.11380
広江さん、皆さんおはようございます。

>広江さん
LR-1の12.7mm機銃についての記述ですが、ネット検索で得た知識をコピーしたもので詳しいことは私にもわかりません。
機銃装備やその後の機体形状との違いについても今回のお題で初めて知ったことが多い次第です。
あたかも知り尽くしてるかのごとくの記述をしてしまいご迷惑をおかけしました。

>Gulf4さん
仙台空港岩沼分校についてのご説明で、オレンジ色塗装はT-34とL-19だけで、LM-1は通常のオリーブドラブ色でオレンジ色塗装は施されなかった事を知りました。ありがとうございます。


今日は昨日紹介の陸上自衛隊LR-1初号機に続き、航空自衛隊MU-2S初号機を。

MU-2S 73-3201 所属救難部隊不明 1994年入間

*訂正とお詫び
撮影した年の記述が間違えていました。正しくは1994年です、お詫びして訂正します。(本文は訂正済みです)


Re: JSDF LOUs 3 Name:Cranberry01 Date:2014/07/11(Fri) 09:23 No.11381
広江さん、皆さん、おはようございます。
関東地方は台風の影響が殆ど無くホッとしましたが、東北方面にお住まいの方はこれからの様ですからご注意下さい。
>広江さん、持ち駒が多くて羨ましいです。私には2機種しかありません。
>ITAZUKE-1さん、広江さん、米軍機のs/nをここまではっきり記入しているとは知りませんでした。近くで隅々まで見ることは無い機種でした。(宝は近くにあるものなんですね。)
>GULF4さん、綺麗なオレンジのL-19A,初めて目にしました。
>Straight Wingsさん、全く同感です。1980年代でもアメリカではCessna 152,170は中古で150万円前後で買えました。L-19やL-5は欲しかったです。やはり軍用型ですね。

L-19A(11019) 1969年11月。翼上のなが〜いアンテナは同じ時期でも、付いているのと無いものがあるようですが?余り知識の無い自衛隊機で、どの画像も感動ものです。どなたか自衛隊機に詳しい方、その他色々自衛隊機に関しご教示いただければありがたいです。


Re: JSDF LOUs 3 Name:ET Date:2014/07/11(Fri) 10:39 No.11382
広江さん、皆さん、こんにちは。
今回は僅かですが参加させて頂きます。先ずは古いだけが取り柄の写真です。1958年10月1日かって江東区深川の埋立地にあった東雲飛行場でのL-19A(11101/S)です。
当日は自転車で自宅から月島まで都電の線路に沿って走りその後何とか辿り着きました。初めて見た自衛隊機でした。この頃は未だ胴体に「陸上自衛隊」の表示をしていなかったのでしょうか。東雲飛行場はこの時が最初で最後だったので自衛隊機がしばしば飛来していたのか、又何故飛来したのか分かりませんが、比較的近くにあった越中島の駐屯地と関係があったのでしょうか。
余談ですが1954年版航空年鑑によればこの飛行場の名称は東航で管理者はセスナ170を2機所有していた東京航空株式会社、滑走路は430×15m、展圧舗装でした。1980年閉鎖されたようです


Re: JSDF LOUs 3 Name:Komatsu Date:2014/07/11(Fri) 11:28 No.11383

1963年10月6日、大阪の八尾飛行場で開催された航空祭に展示されていたL−19A(11033)で、
所属部隊の表示は『 V 』です。

>広江さん
TAKADA TENNTEKIさんへのレスで、八尾の中部方面航空隊について記述されています。
私はその件に関し全く知識がありませんが、航空祭当日の八尾での撮影ネガに次のものが写っていました。
・ LM−1は、全機『 M 』表示。
・ H−19Cは、全機『 M 』表示。
・ H−13H 30119 は、『 V 』表示。
・ H−13H 30124 は、『 ](キャビン内に「第10飛行隊」のパネル)』表示。

以上、ご参考までに。今日もまた酢酸の臭いを吸い込んでしまいました。



Re: JSDF LOUs 3 Name:THUD Date:2014/07/11(Fri) 11:58 No.11384
広江さん、皆さんこんにちは。
この調子だとU-4あたりは相当後回しになるのではと思っていましたが、広江さんが誘い水を向けてくれましたので(笑)後は私ら若いモンにお任せください(ウソつけの野次が・・)(笑)
2012年3月1日の入間で撮影した総隊司令部飛行隊、支援飛行隊のU-4(95-3254)です。
このときは今年の大雪ほどではありませんでしたが、結構降雪があり雪レフ狙いで行きました。天気もよかったので多少効果はあったと思います。


Re: JSDF LOUs 3 Name:TAKADA TENNTEKI Date:2014/07/11(Fri) 13:14 No.11385
 広江さん、皆様こんにちは。私は飛行機の写真は撮っても部隊などは無関心でしたので、今では「ありきたりの教科書」を見乍ら投稿しております。L-19A の部隊について調べていただき有難うございます。LM-1 の撮影時期については自信はありませんが、No.11383では1963年の部隊表示が「V」になってますので、まんざらでもないかも、などと思ったり・・・・。
 今日は前出の看板で、1959年9月大阪国際空港航空祭の L-19A 11014 と手前の 11087 にぶら下げた看板です。看板などは写真の邪魔ものくらいにしか思ってませんでしたが、今となっては貴重な資料ですね。


Re: JSDF LOUs 3 Name:Det.H Date:2014/07/11(Fri) 13:45 No.11386
広江さん 皆さん こんにちは
きょうこちらは台風一過、真夏の天気になってきて、老体には堪えます (^^;
過去ポジしか頭に無く、最近のデジ画像をすっかり忘れていた事に、広江さんのユッフォを見て気付きました (^^;;
若いモンの先陣を切ってTHUDさまが出されたので、若輩者ですが私も勇気を振り絞ってユッフォを (笑)
復活後、入間航空ショーに2010年に続いて2度目の12年予行に行った時のユッフォ
この手の機体は流し撮りの練習には格好の標的です (笑)


Re: JSDF LOUs 3 Name:ITAZUKE-1 Date:2014/07/11(Fri) 16:46 No.11387
広江さん 皆さん こんにちは
1971年8月15日 目達原駐屯地滑走路をT&Gする L-19A 第4飛行隊 11050(51-4872)です。
外柵が鉄条網ですが 滑走路との間には見回り用外周道路だけだったと思います。 


Re: JSDF LOUs 3 Name:geta-o Date:2014/07/11(Fri) 17:00 No.11388
広江さん、みなさんこんにちは。
台風が過ぎ去ってそれほど天気は良くならないのに暑さだけはきましたね。
広江さん
LR-1の12.7mm機銃は胴体側面の張出部に収納し銃身の一部が外にむき出す構造でした。
したがってA-330さんの出した22001にもこのバルジはあります。
胴体前部下面の出っ張りははこの中に偵察用カメラを収納する場所で右側にしかありません。
LR-1はこのほかに後部胴体下部の両側にカメラJAK-30A(したがって2台)を載せることができたようです。

今日は陸自のL-21B(12045) 第13飛行隊(一部不明点があるのでC/N USシリアルを削除)
1962/7/21 滋賀飛行場付属木造格納庫内
滋賀飛行場といって現在はありません場所は現在もある琵琶湖に面した陸上自衛隊大津駐屯地の外の北西数百メーターのところにありました。
この機体現在は黄色の自衛隊塗装に塗られて河口湖自動車博物館に展示されています。


Re: JSDF LOUs 3 Name:73400 Date:2014/07/11(Fri) 18:07 No.11389
広江さん、みなさん、こんばんは。
こちらは霞目・東北方飛のL-19A・11038/NE。1972年7月23日、松島基地祭での撮影です。
(低質画像からは読めませんが、陸上自衛隊の文字の下に50-1603と記載。)
参考ですがこの一時期、霞目・東北方飛(NE)には2機のL-19Aが配備(本機11038と11057)。

霞目では同時期、L-19がよく見られました。山形・神町・6飛(Y)のL-19A(11016、11021、11030、11036、11061を確認)や青森・八戸・9飛(\)のL-19A(11009、11029、11043、11094を確認)がよく飛来していたからです。

それに加えて、全面オレンジ色の「SI」の記号を付けた岩沼分校(当時)のL-19E-1/-2も時々場周飛行をしていました。
当時、岩沼分校の存在を知らず、SI記号をつけ、番号も200番代や300番代、しかもオレンジ色。いったいどこから飛んでくるのだろうかと非常に謎な存在でした。
霞目から南の方角にわずか10kmばかりという、飛行機にとっては目と鼻の先の距離にある仙台空港の一角に陸自の分校があったことをずっと後で知り、そこで初めて納得。
そういえば、同じSI記号をつけたLM-1やT-34Aも霞目でよく見かけました。
No.11365でGulf4さんが言われるように、L-19EとT-34Aはオレンジ色でしたが、LM-1だけはなぜかOD色。その理由も私的に謎ではありました。


Re: JSDF LOUs 3 Name:Seagull Date:2014/07/11(Fri) 18:43 No.11390
広江さん、皆さん、こんばんは。
1999年7月14日 岩国基地R/W20から着陸する第81航空隊のU-36A(9204)
翼下のパイロンには、チャフ散布装置とECMポッド(ペンシル型)が装着されています。
自称、海自岩国ファンとして、吊下げ物が付いていると付いて無いとでは、撮影する気合もかなり違っていたことを思い出します。今は、撮影する機会が激減していますので、いつも気合入りです(^^;


Re: JSDF LOUs 3 Name:waka Date:2014/07/11(Fri) 19:56 No.11391
広江さん、皆さんこんばんは。
暑さの続く中、少し涼しい写真を投稿します。
今年の冬、相模原で56cmの積雪となった2度目の大雪の後、2014年2月17日に青空の厚木基地に着陸する第61航空隊のLC-90 9302 (c/n LJ-1248)です。雪レフ効果で主翼、胴体の下部のディテールがよく分かります。
その後は、晴天が少なく本命のCVW-5の艦載機で青空を背景に撮れたのは少なかったです。


Re: JSDF LOUs 3 Name:N.SUZUKI Date:2014/07/11(Fri) 20:40 No.11392
広江さん 皆さんこんばんは。
L-21B 12021 撮影は1966年ごろの羽田整備場、後方の全日空ハンガーで整備中の機体です。
なお、陸自使用のL-21Bは、この年、日本赤十字社がまとめて18機(JA3271からJA3288まで登録)購入していますが、実際に民間機として飛行したものは少なく5〜6機程度で、部品取り用が殆どでした。この機体もJA3274 PA-18-135(c/n18-2762)として登録、1971年には抹消されています。
>広江さん、胴体左操縦席脇には、Model L-21B US.NO53.3762との記入が読めました。米軍供与のL-21B 53-3738から53-3784(c/n 18-2738から18-2784)のロッド分、46機はすべて新造機で日本へ売却されており、航空再開直後の自衛隊で使われました。同じ供与のL-19Aは、シリアルNo50-xxx又は51-xxx等で、米軍中古機の寄せ集めバラバラのシリアルですが、一見古そうなL-21Bスーパーカブ(62年以降の名称はU-7A)の方が、より新しい新造機でした。


Re: JSDF LOUs 3 Name:Gulf4 Date:2014/07/11(Fri) 20:58 No.11393
Gulf4としてはU-4を紹介しなければならないのですが、広江さんから若い世代の方々に・・・、とありましたので(笑)。
意外にも誰からも紹介のなかったU-125Aを選んでみました。現役の機体なので、記念塗装機を選びました。
2012年10月4日、秋田空港で撮った秋田救難隊のU-125A(52-3002)。秋田救難隊の創設25周年記念塗装機です。
当然、秋田の「なまはげ」をデザインに含めていますね。
これだけが撮りたくて、一週間に二回も秋田に通って、二回目に撮れた一枚です。
秋田空港は背景がきれいなので、狙いが外れても民間機で楽しめましたが・・・・。


Re: JSDF LOUs 3 Name:うみ太郎 Date:2014/07/11(Fri) 21:43 No.11394
Gulf4さんの地元ですが、先に紹介してしまいます。(すいません)
単身赴任時代に松島基地で撮影した救難飛行隊50周年記念塗装機です。
他の機種もすべて同じ塗装でした。正直センスはイマイチかな(^^;

2008年5月9日 松島救難隊 U-125A 12-3016 



Re: JSDF LOUs 3 Name:怪鳥 Date:2014/07/11(Fri) 22:28 No.11395
広江さん、皆さん、今晩は

毎度 ニコタマ・ネタで申し訳ありませんけど、最初は1963年の二子玉川園の航空博からL-19A,11012(50-1538)です。
ニコタマ航空博にはL-21も展示されていたようなんですけど、写真も記憶も全くありません。このイベントは3ヶ月近く続いていたんで、多分途中で出し物が入れ替わったのかもしれません。


Re: JSDF LOUs 3 Name:North PHANTOM Date:2014/07/11(Fri) 22:42 No.11396
広江さん、皆さん 今晩は。
 L-5(No11354)とL-21B(No11371)はこの時以外見ていませんが、純朴な少年?には隊員の方に写真を撮って
 下さいと言えませんでした(笑)
 さて今日は1975年8月21日の入間基地で撮ったMU-2J 53-3271 飛行点検隊です。
 当時も今も下が写ると民家が入りますが、家も昔の作り?でしょうか。
 ※この日はRWY35の午後側の降りを撮る病院前の高台からエンド脇でRF-86Fの解体作業の写真も撮っていました。


Re: JSDF LOUs 3 Name:Straight Wings Date:2014/07/11(Fri) 23:13 No.11397
広江さん、皆さん、こんばんは
丘珠で1967/8/7に撮影した北部方面飛行隊の LM-1 21025、文字類が黄色の時期です。乗員の様子を見るとL-19の乗員がみな白いヘルメットを装着しているのに対し、LM-1/-2の乗員は帽子にヘッドセットですね。
>Cranberry01さん
もしUSで生まれ育っていたとしたら、Lシリーズの中古を買ってこつこつリストアして田舎のフライインに飛んでいったりしていたかも知れないなどと妄想しています。
>広江さん、No.11370修正しておきました。ご指摘ありがとうございます。


Re: JSDF LOUs 3 Name:Takafumi HIROE Date:2014/07/12(Sat) 06:21 No.11398
>PAPPYさん
陸自機目当てで撮影していないことが多いせいか、空自基地で遭遇する機会が意外に多いと私も感じてます。
おそらく当時は「外道」の扱いだったと思いますが、今このように見返すと撮っておいて良かったですよね。
私は今回の話題の中で、LM-1は離着陸等の動く姿は1コマも見つかりませんでした。

>A-330さん
入間基地R/W17にタッチダウン寸前の良いショットですねぇ〜。
73-3201は1993年4月に厚木基地に飛来してますが、垂直尾翼の救難隊のエンブレムはありませんでした。
1992年エンブレム有り⇒1993年エンブレム無し、となるのは撮影年的に不思議です。
ところで、この1号機 73-3201は、プロペラ警戒線の後ろの窓が無いのに気づかれてます?。
今回の話題の中で、どなたかにお尋ねしようかと思っているところです。

>Cranberry01さん
L-19に限らず、元米軍のS/No.はとても気になりますよね。
私も自分で撮っておきながらITAZUKE-1さんに指摘されて初めて気づいた次第です(笑)
紹介の11019も、オリジナルでは胴体の「自」の下に書かれているS/No.が判読できそうですが・・・。
なが〜いアンテナは米空軍O-1と類似した運用目的の装備かと思いますが、そのあたりご存知ないでしょうか。
私の素人考えではFACにおける地上との交信用のFM等のホイップアンテナ?、その必要性に応じているのかと。

>ETさん
時代を捉えた貴重で素晴らしいショットですね。
記念すべきL-19A 1号機の紹介に驚きです。元米軍のS/No.が気になりますが、判読は難しそうですネ(笑)
撮影の場所(東雲飛行場)に何故陸自L-19Aが居るのか私も不思議に思いました。
一瞬、防災訓練の何かかなぁ〜と考えたのですが、日付も異なるし防災の日の制定前でした。
次に考えたのは「都民の日」の一環の何かのイベント。
まあしかし、いずれにしてもこのようなのどかな光景が見れた良き時代と言えますね。

>Komatsuさん
私は1962年1月にLM-1は「III」から「M」に移管されたのかもしれない・・・の推測をしました。
その推測を元にTAKADA TENNTEKIさんNo.11367紹介LM-1 21013/IIIの撮影年を絞り込もうと思った次第です。
1963年10月6日に八尾飛行場で確認された機体のリストは貴重な手がかりの一つとなります。
ありがとうございます。

>THUDさん
お若い方々からのアシストに感謝です(笑)
降雪による天然レフ板効果が白い機体に映えますね。
私の大好きな機種の一つガルフ系ですが、空自U-4は私には貴重な存在です。
機数が多くなく、厚木にも滅多に来ませんからねぇ〜。
ところで私の勉強不足ですが、U-4は電子戦支援隊の管轄下で運用されているのでしょうか。
航空総隊司令部直轄だと思ってました。

>TAKADA TENNTEKIさん
1963年10月時点では「III」のLM-1は存在してないものと思われます。
中部方面航空隊の歴史を調べていく中で、1962年1月にLM-1は「III」から「M」に移管されたと推測しました。
しかし私は現地で生で見たわけでもないので、机上論での推測にほかなりません。
航空祭の地上展示機の前の看板は今まで撮影するうえでは100%邪魔な存在と思ってましたが、
これほどまでにも古い年代の画像では重要な手がかりになると痛感しました。

>Det.Hさん
次々とお若い方が登場され嬉しい限りです(爆笑)
垂直尾翼の2ATGマークのアップを小写真に加工したのは、私への注意喚起ですネ(笑)
私の撮影したU-4の画像に埋め込むADC HQの文字を全ての画像にコピペしちゃいました。
フト、No.11378が402ATS/2ATGと気づき、大慌てで画像とGallery化を修正しました。
お恥ずかしい限りです(^_^;
私も『台風一過、真夏の天気になってきて、老体には堪えます』の言葉を借ります(笑)

>ITAZUKE-1さん
機体のテカリ具合が不思議な印象を受けるショットですね。
トップ光線気味なのかな???。機体の色ともマッチするような、このテカリ具合、私好きです(笑)
厚木基地の外周フェンスも、その昔は鉄条網だけでした。
今では信じられないような基地の光景は、当時の日本の各地にもあったようですね。

>geta-oさん
L-21Bは1965年頃まで陸自で運用されていた、との記述がありますので、これは現役時の姿ですね。
撮影場所と共に本当に驚きの画像です。
第13飛行隊の詳しい歴史が分らないのですが、1962年に八尾から防府に移駐した記述は見つけました。
滋賀飛行場を調べたところ太平洋戦争時のものと、戦後のものとは別のようですね。
陸上自衛隊大津駐屯地の北西側に約1000m弱(?)程度の直線道路があるのですが、
これがgeta-oさんのコメントされている滋賀飛行場の痕跡かなぁ〜と思いました。
全てにおいて、時代を捉えた貴重な画像と理解しました。

>73400さん
東北方面を拠点とされている73400さんらしい各地の記録には、いつもながら脱帽です。
しかしこれだけ多くのL-19系が飛んでいたとの貴重な記録は大事に保存しなければなりませんね。
それはある意味、記録する方のプレッシャーともなることは私も充分に理解できます。
「SI」記号にまつわる逸話、とても楽しく拝見しましたが、当の73400さんには苦い思い出でしょうね。

>Seagullさん
私も日米問わず、吊るし物が有ると無いとでは気合の入れ方が違いますヨ(笑)
しかし実はPart.2 No.11358紹介9201の右主翼下の吊るし物が分らず、コメントでは逃げちゃいましたが(笑)
ECMポッドらしいなぁ〜とは思ったので、皆さんに質問すれば良かったですネ。
それにしても、吊るし物のよく分るアングル、R/W20降りですよね、良いのか悪いのか、微妙ですネ。

>wakaさん
何気なく見過ごしてしまうことの多い61空LC-90ですが、このようなショットは最高ですネ。
今年の冬は2度、それも続けての大雪には参りました。
私は車を出そうにも、吹き溜まりで車が雪ですっぽり埋まる約1mほどの積雪。
雪かきに半日かかり、その後はヘバって寝込みました(笑)
大雪の後、昔のように気合を入れて出かけられない歳になりました(笑)

>N.SUZUKIさん
L-21Bの現役時代の姿が続けて紹介され驚いてます。
米軍のS/No.を調べましたが、確かに新造機で日本に引き渡されたようですね。
全62機のS/No.は、コメントされている53-3738〜3784(47機)に加え53-4849〜4863(15機)で計62機です。
L-21Bが日本赤十字社に18機移管されたのは1965年から始まったという説があり、
JA3274の初期登録は1966年2月24日の記述を見つけました。
ひょっとして、撮影時点では陸自塗装ながら既にJA3274を取得して整備中の姿なのでしょうか。
それらの確認のためにも、紹介画像の撮影年が1965年または1966年かは確定できないでしょうか?。
微妙なタイミングの画像を紹介されるのが、何故か多いN.SUZUKIさんです。

>Gulf4さん
あっ!、失礼しましたm(_ _)m、Gulf4さんのことをすっかり忘れてました。
お若いので遠慮なく紹介いただきたかったなぁ〜。
そうすれば、THUDさん(笑)からDet.Hさん(爆笑)、そしてGulf4さん(大爆笑)とレスする楽しみがあったのに(笑)
U-125/U-125Aも管理人としての役割での紹介待ちになっており、Part.4でどちらかを紹介する予定でした。
これで私の役割も必要なくなりました。ありがとうございます。
紹介は、これまでにも話題になった秋田の「なまはげ」機ですね。
この1機のために秋田まで2回も遠征するとは恐れ入りました。他にも楽しめたので行った甲斐はあったようですね。

>うみ太郎さん
的が絞りにくいという意見もありそうですが、多彩な「LOU」が新旧入り乱れて楽しくなってきました。
空自の『○○周年記念塗装』のデザインセンスについては、もう私は言い尽くしたので何も語りません(笑)
それに期間限定なので単純に楽しむべき、とも思えますし、今年は空自60周年。
どんな塗装で楽しませてくれるのですかねぇ〜。

>怪鳥さん
1963年の二子玉川園で開催された航空博は約3ヶ月間のロングランでしたか。知りませんでした。
紹介のL-19A 11012は、当然かもしれませんが退役機?。であるならば番号的には貴重かもしれませんね。
全く記憶が残ってない、このニコタマの航空博、その様子が知りたくなってきました。

>North PHANTOMさん
純朴な少年でしたか・・・。失礼いたしました。今もその雰囲気が残ってますね。
この話題でMU-2Jも初紹介、機種が出揃ってきたので、この後、だんだん混乱してくるかもしれませんね(笑)
私は紹介の画像とは微妙に違う場所で撮っていたような???。どうも背景の写り具合が異なります。
まあ場所はともかくとして、1975年の景色は今と大きく異なるでしょう。
あっ、1975年で気づきました。紹介のMU-2Jは配備直後の新車同様の時期では?。
おそらくNorth PHANTOMさんも、それを分っていて撮影したのではないでしょうか。

>Straight Wingsさん
ヘルメット有無の違いは確か以前(?)にも話題になりましたが、時期的な規定による差のような気がします。
しかし、のどかな光景には紹介画像の姿がお似合いですネ。
高い建物が無く高い木々のある背景、手前の草むら、この光景はStraight Wingsさんの妄想にもピッタリです。

>皆様
ここはクローズしPart.4を立てます。





JSDF LOUs 2 Name:Takafumi HIROE Date:2014/07/10(Thu) 06:33 No.11358   
今回の話題の対象となる機種は、単に型式からでは瞬時に見つけにくいですね。
しかし海自機では唯一↓のU-36Aが型式からも該当することが分ります。
1991年7月21日の海上自衛隊岩国基地「ちびヤン」での一コマ、U-36A 1号機 9201。
画像からは判読しにくいのですが、2001年に91空が新編される以前なので撮影時の所属はまだ81空です。


>皆様
引き続き「自衛隊LOU機」の話題をお待ちします。
再度、該当機種を書きます。お間違えのないようにご注意下さい。
 JASDF : KAL-2, MU-2S/J, U-125/125A, U-4
 JGSDF : KAL-1/2, LM-1/2, L-5, L-19, L-21, LR-1, LR-2
 JMSDF : KAL-2, B-65P, LC-90, UC-90, U-36A

Re: JSDF LOUs 2 Name:ITAZUKE-1 Date:2014/07/10(Thu) 07:32 No.11359
広江さん みなさん おはようございます。
1967年11月19日芦屋基地公開で展示された L-19A 第4飛行隊 11061(50-1655)です。
この時期までは操縦席前方左側面に書いてありましたが 1970年頃から 広江さん紹介のNo.11343のように 胴体の陸上自衛隊の文字の下にS/Nだけ書いてあるのを見るようになりました。
時期 理由についてはわかりません。
撮影する方にとってはS/Nが読めるようになったので助かりました。ぶれていなければの話ですが??


Re: JSDF LOUs 2 Name:geta-o Date:2014/07/10(Thu) 07:37 No.11360
広江さん、みなさんおはようございます。
広江さん #11344のB65Pは調布の伊藤忠航空整備(当時)で整備というより航測機としての艤装工事及び試験を実施していた時と思います。しばらく(1年くらい)調布にいました。
今日は陸自のLR-1(22002/E 東部方面飛行隊)
LR-1は2号機まで胴体側面の左右に張出を付け12.7mm機銃が取り付けられるようになっていました。(残念ながら取り付けたところは見ていません。名古屋では付けて試験したと聞いていますのでどなたか写真ありましたらお願いします)
1971/5/16 下総


Re: JSDF LOUs 2 Name:PAPPY Date:2014/07/10(Thu) 09:22 No.11361
広江さん、皆さんおはようございます。
2010年4月10日厚木基地桜祭りの基地公開中に飛来した岩国の 91空 U-36A 9206 で非展示機です。
いつの頃からか胴体下のレドームが外されています。


Re: JSDF LOUs 2 Name:Cranberry01 Date:2014/07/10(Thu) 09:33 No.11362
広江さん、皆さん、おはようございます。
 
MU-2S(13-3209) 1968年10月 百里。前年の1967年10月には救難飛行隊はまだT-6で飛んでいました。初めての印象は、スマートで軽快な飛行機だと思いました。しかしサイズが中途半端で、機材を積んで、中で動き回ることは出来たのでしょうか?


Re: JSDF LOUs 2 Name:A-330 Date:2014/07/10(Thu) 10:47 No.11363
広江さん、皆さんこんにちは。

>広江さん
全面オレンジの陸自LM-1も存在していたのでしょうか、私も興味津々です。

今日はその昔百里にて撮影した陸自LR-1の1号機を。
機体中央部の窓には三つ桜プレートが見えます。
geta-oさんからご説明がありました「LR-1は2号機まで胴体側面の左右に張出を付け、12.7mm機銃が取り付けられるようになっていた」ですが、撮影した1号機には2号機に見られた取り付け用ふくらみは取り払われていたようで確認できませんでした。
チップタンクも装備されておらずノーズギアカバー形状も2号機とは違います。
撮影日ですが記憶では70年頃だと…。(残念ながら1号機は1971年5月10日に事故により失われています)

LR-1 22001 所属不明 撮影日1970年頃 百里


Re: JSDF LOUs 2 Name:Komatsu Date:2014/07/10(Thu) 11:15 No.11364

1966年6月18日、伊丹RW32手前でホールド中のLM−1(21009)です。
天気は非常に良いのですが、さほど遠くない背景の山並みが尋常でなく霞んでいます。
これは当時かなり酷い状況にあった大気汚染によるもので、スカイクリアな日はごく稀でした。

>広江さん
ビネガーシンドローム進行の最も大きいファクターはフィルムの種類だと思います。
一番酷いのはF社のFで、ストロー状になったのはもう既に過去のハナシ。最近は溶け始めています。
S社はあまり使っていませんがカールはまだ軽いです。
K社はモノクロネガ(Tri−X)、カラースライドとも異常ありません。
ただしF社のFでも、現像を依頼したDPE屋さん毎に進行状況は異なりますし、友人のネガは
まだ軽いカール状態ですので、フィルムの保管状態、現像処理技術等にも依存するようです。



Re: JSDF LOUs 2 Name:Gulf4 Date:2014/07/10(Thu) 11:39 No.11365
本当は一番最初に紹介すべき機体が、この陸上自衛隊岩沼分校所属のL-19E-1(11213/SI)でしたね。
仙台空港の西側に岩沼分校があったので、学生時代は一番身近な被写体となった自衛隊機でした。
毎年、夏に一般公開され、この写真も岩沼分校最後の夏、1972年8月に撮った一枚です。
最近の様に人出も多くはなく、一般公開にもかかわらず、背景には人影もありません。
なお、仙台空港にあった岩沼分校の敷地ですが、現在も岩沼訓練場として使われています。
時々飛来する自衛隊機や米軍機が当時のエプロンを使用しています。
それからオレンジ色の塗装はT-34とL-19だけで、LM-1は通常のOD色でした。

>広江さん
「くにかぜU」の文字は最初から記入されていたと思いますが、あの位置では分かりません。


Re: JSDF LOUs 2 Name:Det.H Date:2014/07/10(Thu) 13:59 No.11366
広江さん 皆さん こんにちは
台風の影響かちょっとムシムシしますね

今回のお題、航空ショーなどで撮っていたと思っていたのですが、ほとんど無しに等しかったです 今頃Tシリーズが見つかりましたが (^^;
よって百里展開時に撮っていたMU-2Sを一枚  もう少し捜索をしてみますがこれが今回の最初で最後かな?


Re: JSDF LOUs 2 Name:TAKADA TENNTEKI Date:2014/07/10(Thu) 14:25 No.11367
広江さん、皆様こんにちは。伊丹(大阪国際空港と言うべきですね)で1962年頃に撮った LM-1 JG-21013 です。既にNo.11345で紹介されてますが翼端の塗色と機首の文字が異なっております。この頃はまだ標準レンズですので小型機はどうしてもボケボケになりますが、記録として見ていただければと思います。

Re: JSDF LOUs 2 Name:N.SUZUKI Date:2014/07/10(Thu) 15:05 No.11368
広江さん 皆さんこんにちは。
B-65P 9101で撮影は1964年ごろの調布飛行場、伊藤忠航空整備(CIA)のハンガー前です。
元は56機製造された1960年型のビーチ 65クイーンエア製造番号 L-2で、国土地理院が購入し、徳島の202空で運航していました。
No11344でgeta-oさんが導入直後の塗装で、ほぼ同じ場所で撮っていますが、この塗装になり「くにかぜ」として、1983年にUC-90の「くにかぜ2」に交代するまで飛んでいました。なおこの機体は、今でもほぼこの塗装で、つくばの国土地理院で展示、公開しています。


Re: JSDF LOUs 2 Name:Seagull Date:2014/07/10(Thu) 18:29 No.11369
広江さん 皆さん、こんにちは。参加させていただきます。
初日より「間違い投稿」すいません。
1992年7月26日 海自岩国基地ちびっこヤング大会に展示されてた第81航空隊のLC-90(9304)。
誰一人写り込んでいません。特に意識して写していなかったのだけど・・・。
LC90の機首側の後ろの山は、沖合移設用土砂となり風景が大きく変わっています。


Re: JSDF LOUs 2 Name:Straight Wings Date:2014/07/10(Thu) 18:55 No.11370
広江さん、皆さん、こんばんは
楽しいテーマですね。軽視されがちなLiaisonですが、米機ではTaylorcraft, Piper, Aeronca, Stinsonなど地味かわいい飛行機が勢ぞろい。L-19もいいですね。どれでもいいから一機持っていて好きなときに飛べたらなと思います。
これは1967/8/1に丘珠飛行場で撮った第11飛行隊のL-19 11091。すごく長いアンテナが付いています。文字類は黄色です。


Re: JSDF LOUs 2 Name:North PHANTOM Date:2014/07/10(Thu) 19:32 No.11371
広江さん、皆さん 今晩は
 No11354のL-5の隣に展示してあったL-21B 12032です。木更津基地公開日 1973年5月13日
現在は所沢航空発祥記念館にて余生を送っていますので、ご覧になられた方も多いのではないでしょうか?
なお広江さんからNo11354のL-5のs/nを撮っていなかったのかとのご指摘ですが、ロープが張られておりこれ以上
近づく事は出来なかったと記憶しています。
※ルール無視の方がL-21Bに写っていますが、間違いないと記憶しています。


Re: JSDF LOUs 2 Name:73400 Date:2014/07/10(Thu) 20:26 No.11372
広江さん、みなさん、こんばんは。
今シリーズ、少しだけ参加させていただきます。

こちらは霞目駐屯地・東北方面飛行隊のLM-2・21052/NE。1974年7月28日、松島基地祭での撮影です。
1972年の時点では、霞目には2機のLM-1(21005,21010)がいましたが、翌73年にこの2機はいなくなり、換わって2機のLM-2(21051,21052)が配備されました。
陸自に導入された27機のLM-1のうち、次の3機がLM-2に改造されたようです。
・21016→LM-2・21051
・21026→LM-2・21052
・21024→LM-2・21053
私的には、LM-1の音は非常に好きでしたが、LM-2の音はやかましく、騒音にしか思えませんでした。しかし、それだけパワーがあったのでしょう。離陸後の上昇する様子がLM-1と格段にちがうことが素人目にもよくわかりました。

しかし、全国に3機しかないその高性能なLM-2がなぜ2機とも同時に霞目に、とも思ったものでした。


Re: JSDF LOUs 2 Name:DOC.K Date:2014/07/10(Thu) 21:45 No.11373
>広江さん、皆さまお久し振りです今回は参加できそうです、西方の参加は少ないと思いますので[飛のL−19、11202からS57年4月高遊原駐屯地祭でデモを終え帰って来たところです、軽くタコみたいでしたがキュートなヒコーキでした。

Re: JSDF LOUs 2 Name:waka Date:2014/07/10(Thu) 22:09 No.11374
広江さん、皆さんこんばんは。
陸上自衛隊第4飛行隊のL-19A(11074)です。米軍のシリアルNo.51-12577を胴体下方に書いてあります。撮影は、前回のJSDF Prop Trainersシリーズでも投稿した1974年5月12日の小月基地の公開で、外来として飛来したものです。


Re: JSDF LOUs 2 Name:しか太郎 Date:2014/07/10(Thu) 22:11 No.11375
広江さん、皆さんこんばんは。
前回は弾がなく参加できませんでしたが、今回のお題ならついていけます。新しい機体中心になりますが。
まずは一番持ち弾が少ないLR2から。2013年4月17日入間で撮影した23055です。
入間で撮影したのは2回目だったと思います。撮影日前後にも同じ機体が飛来していたようです。


Re: JSDF LOUs 2 Name:うみ太郎 Date:2014/07/11(Fri) 00:10 No.11376
嘉手納からの帰り、レンタカーを返す前に少し時間があったので瀬長島を覗きに行った時に撮影出来ました。
日が沈んだ後で厳しい条件ですが、那覇の基地祭の展示しか見た事なかった引退間近の沖縄塗装のLR-1が
撮れたのはうれしかったです。関東ではほとんど見れないので、これが最初で最後の撮影になりました。

2009年1月27日 那覇空港 22019(1B)第101飛行隊  (広江さん、シリアル了解しました)


Re: JSDF LOUs 2 Name:Takafumi HIROE Date:2014/07/11(Fri) 06:22 No.11377
>ITAZUKE-1さん
オープニングNo.11343のオリジナル画像を確認しました。幸いなことにブレてませんでした(笑)
No.11343画像に小写真を追加した画像に差し替えました。ありがとうございます。
操縦席前方左側面に書かれているよりは大きな文字で読みやすいので、
私もITAZUKE-1さんも、今後のL-19Aの画像紹介に期待してしまいますよね(笑)
ということで、皆さん、事前にチェックしてみて下さい。

>geta-oさん
LR-1の22001と22002に12.7mm機銃が装備可能とは知りませんでした。
私にとっては馴染みの薄い陸自LR-1ですので、撮影した一番古い番号を確認したら22005でした。
プロペラ警戒線付近の胴体側面と下部に膨らみが確認できますが、共に、その関係でしょうか。
私も名古屋でテスト中の姿を拝見したいです。

>PAPPYさん
この数年の厚木基地「桜祭り」は楽しみが多くなりましたネ。
しかし実は、私はまだ一度もその楽しさを味わったことがありません(笑)
通常では見れないようなシーンや、紹介の外来機等が撮れるのも最高ですネ。
胴体下のレドームを撤去し始めたのは、つい最近の2010年前後のような気がします。
紹介の9206は塗装が綺麗なので、撤去した直後の姿のような???。

>Cranberry01さん
短胴のMU-2は、とにかく小さいですよね。全長(外寸)で10mほどですから、キャビン内は狭いです。
地上に置いてある機内に乗ったことがありますが、ただ乗るだけの感じ。
救難捜索時の機内の装備は知りませんが、膝を抱えて座った狭い記憶しか残ってません。
現地に早く着き捜索開始するのが目的のような気がしてなりません。
しかしMU-2自体は傑作機の部類に入り、救難捜索任務のMU-2Sの存在意義は大きいと私は思います。

>A-330さん
紹介の22001のプロペラ警戒線にかかる胴体側面下部の膨らみは何でしょうか???。
geta-oさんNo.11360紹介22002のその膨らみの更に下の膨らみ部分は22001では見えないのですが、
この側面の膨らみ自体は22003以降の機体には見当たらないような気がするのですが・・・。
そもそも、私は12.7mm機銃が何処に取り付けられるのかが分ってないので、
geta-oさん、A-330さん、それぞれのコメントで疑問多しです。

>Komatsuさん
空のクリアーさは、私は1970年代半ば以降が最もクリアーで綺麗だったような気がします。
撮影がポジ100%の頃だったので、その思い込みかもしれませんが、
ここ最近、特にデジ化以降は、そのクリアーさが少なくなったようにも感じてます。
理由は、Komatsuさん紹介画像の大気汚染時代、そして今は近隣諸国からの汚染物質の飛来。
この二つが理由だとは思ってますが・・・。
ビネガーシンドロームの件、私は実質的な被害がないので、まだまだ勉強不足です。

>Gulf4さん
綺麗なオレンジカラーですねぇ〜。
A-330さん共々期待していた陸自オレンジカラー機ですが、今回の話題ではL-19だけですか。
他機の紹介のないことと、自分で撮れなかったこと、この二つが残念でなりません(笑)
それにしても、周囲に人影が全くなく、とても一般公開日とは思えません。
「くにかぜU」の文字の確認、諦めました(笑)

>Det.Hさん
Det.Hさんの『今回の最初で最後かな?』は、あまりアテにならない(笑)ので、気長に待ちます。
紹介の1972年8月16日撮影の他の機種は紹介されましたっけ???。
私では行かないようなお盆の時期に、よく行かれましたね。

>TAKADA TENNTEKIさん
No.11351紹介L-19Aの第3管区第3航空隊について、もう少し調べてみました。
八尾の第3航空隊と明野の第10航空隊が八尾の中部方面航空隊隷下となり「飛行隊」となったのは1962年1月。
1962年1月を境とした第3の機体に書かれる「III」に変化があるのか気になるところです。
LM-1 21013のKomatsuさんNo.11345紹介は中部方面航空隊「M」の姿。
ひょっとして、TAKADA TENNTEKIさん紹介「III」の姿は1961年以前かな???の疑問もあります。

>N.SUZUKIさん
岩国教育航空隊時代の9101がgeta-oさんからNo.11344で紹介されましたが、その時は全く気づきませんでした。
9101はN.SUZUKIさん紹介202空時代のグレー塗装に青ストライプでしたよね。
UC-90 9102のブルー系と勘違いして、No.11344では全く違和感がありませんでした。
geta-oさんも、反応がないのは変だなぁ〜と思われたことでしょうネ(笑)。スミマセンでした。

>Seagullさん
LC-90も今回の話題の対象機です。ちょっと混乱する分類ですが、この話題を見越してのことです。
5機と少ないLC-90は今は厚木基地の61空所属ですが、当初は岩国基地駐留部隊にも所属していましたね。
地味ですが、今回の話題で、その部隊の変遷が捉えられるといいなぁ〜と思ってます。
機首側の奥に写る山の姿は変貌してしまいましたか・・・。岩国には私は12年(?)も行ってません(^_^;

>Straight Wingsさん
地味な話題に面白いと感じる方とつまらないと感じる方が極端に別れる今回の話題です(笑)
この陸自L-19系が100機以上も飛んでいたのに気づかなかったぐらいですからね。
正直、今回の話題がなければ冒頭No.11343紹介のL-19Aの画像が世に出回ることは無かったと私は思ってます。
その昔、厚木の仲間と長いアンテナを撮影時に切るか切らないかで論議になったことがあります。
『機体の一部だ』という意見が今でも記憶に残ってます(笑)
追伸.丘珠の「XI」、第11飛行隊ですネ。

>North PHANTOMさん
L-5に続いてL-21の紹介には驚きです。この話題も賑わいます。ありがとうございます。
程度の良い状態で保管されていたために、手前側に立ち入り禁止のロープが張られていたのですね。
そういう時は『記録したい』と隊員の方に番号を確認してもらうかカメラを渡して撮影してもらいます。
このあたりのことは某紙にも書いたことがありますが・・・(笑)
ルール無視の方は撮影の邪魔にもなるので、その旨伝えた方が良かったと思います。

>73400さん
今回の話題の中で私はLM-2のことが大変に気になってました。早々の紹介に感謝いたします。
試作のLM-1エンジンパワーアップ型は結局、一部の仕様変更を経て海自にKM-2として採用され、
後に陸自でLM-1改造のLM-2として再び蘇って採用となったのでしょうか。
なんだかよく分らない経緯のようで私は正しく理解できてないの、気になっている一つの要因です。
実際のエンジン音の比較では、歴然とした差が感じられたようですね。
2枚ペラから3枚ペラに変わったのも、その差となったのかもしれませんね。
少ない機数ゆえ、運用管理の利便性から霞目に配備したのではないでしょうか。

>DOC.Kさん
L-19のデモフライトとは全く想像していませんでした。
しかし『軽くタコみたいでしたがキュートなヒコーキ』の表現で、バッチリとイメージできます。
ほぼ正面形のショットで、クルーとの大きさの比較で、その小ささもよく分ります。
L-19系は1986年までには全機が退役したようなので、撮影はL-19の運用末期とも言えそうですね。

>wakaさん
今回の話題の前にL-19の画像を捜索したところ、三沢基地と百里基地の公開で撮った数コマだけでした。
私はL-19自体との遭遇は多くなかったのか、それとも撮らなかったのか、定かではありませんが、
あまり展示機の姿に燃えない私ゆえ、撮らなかったのではないかとも思えてきました。
しかし、紹介のような綺麗な姿は、やはりイイですねぇ〜。

>しか太郎さん
最初のうちは、とりあえず対象機種を話題に乗せようとの私の役割分担が一つ減りました(笑)
LR-2は決して多くはありませんが、厚木基地にも何度か飛来してますが、入間基地も似た状況かな。
おそらく要人輸送が主任務とは思いますが、「LR」の型式で採用するとは陸自も『してやったり!』(笑)

>うみ太郎さん
UH-1, KV-107IIなどの時にも話題になりましたが、那覇基地「IB」のLR-1も異色の存在ですよね。
部隊間の移動も少なく、現地沖縄以外では見る(撮る)機会はZeroではなくとも皆無に近いでしょうね。
もちろん私も姿さえ見た事はありません。これは一度は遭遇して撮りたかったです。

>皆様
Part.2で突然エンジン全開となった感アリです。ここはクローズしPart.3を立てます





JSDF LOUs Name:Takafumi HIROE Date:2014/07/09(Wed) 06:13 No.11343   
BBS IIでは自衛隊機も米軍の型式に準じて話題を進めてきましたが、今回は必ずしも一致しません。
その中で、私が真っ先に思いついたのは陸自で使用されたL-19シリーズ。
キャンプ富士R/W19に着陸する第10飛行隊のL-19A 11068、1975年12月12日撮影。
この日、OH-6J 31019/Xと共に撮影してますが、明野駐屯地から一緒に飛んで来れるのかな?(笑)
それとも、当時、キャンプ富士に訓練等で遠征してたのかな???。

(小写真は元米軍S/No. 51-12130、胴体の「陸上自衛隊」文字の「自」の下に小さく書かれてます)

>皆様
今日からスタートする話題は、自衛隊で「L, O, U」の用途で採用された機種。
連絡機“Liaison”、観測機“Observation”、雑用機“Utility”。
思いつくのは・・・、
 JASDF : KAL-2, MU-2S/J, U-125/125A, U-4
 JGSDF : KAL-1/2, LM-1/2, L-19, LR-1, LR-2 (紹介されないと思われるLシリーズが他にもあります)
 JMSDF : KAL-2, B-65P, LC-90, UC-90, U-36A
かなり地味な機種のため、おそらく撮影にもバラツキが多いと予想されますが、
皆様からの可能な限り均等となるような紹介をお待ちします。

Re: JSDF LOUs Name:geta-o Date:2014/07/09(Wed) 08:43 No.11344
広江さん、みなさんおはようございます。
自衛隊のその他飛行機ですか。
何から始めようかと思ったのですが最初は私が最初に撮ったカラー写真。
富士のリバーサルでASA(現在のISOと同じ)10でしたので飛んでいる飛行機を撮ることは至難の業でした。
機体は前年の1960/3/8にJA5061で建設省が登録し同年10/20に自衛隊籍(9101)を得た海自のB65P(c/n L-2)。不思議と民間籍JA5061が抹消されたのは大分後の1966/11/12です。
所属はまだ教育集団ができる前なので岩国教育航空隊です。
1961/3/29 調布


Re: JSDF LOUs Name:Komatsu Date:2014/07/09(Wed) 11:57 No.11345

>広江さん、皆さんこんにちは。

1963年10月6日、大阪の八尾飛行場で開催された航空祭(イベント名は忘れました)での1コマ。
観客の目の前をタキシングするLM−1(JG−21013)です。

私が八尾飛行場へ行ったのは後にも先にもこの日の一回だけですが、当時としてはかなり大きな航空祭が
開催されたようです。
当時のネガを見ると、USAFのT−39AとT−33Aのダイヤモンド編隊、
空自のF−86Fの3機編隊とF−86Dの4機編隊、空自のT−34AとT−6Gの異機種編隊(タンデム)、
海自のS2F−1の3機編隊、ピラタス・ポーターPC−6の展示飛行 等が写っていました。
ネガのビネガーシンドローム進行が著しく、朝から酢酸の臭いをタップリ吸い込みました。



Re: JSDF LOUs Name:Cranberry01 Date:2014/07/09(Wed) 12:00 No.11346
広江さん、皆さん、こんにちは。

L-19A(11020) 1968年11月、百里の航空際で撮っていました。翼下に着いているのは識別弾用の懸架装置でしょうか?


Re: JSDF LOUs Name:A-330 Date:2014/07/09(Wed) 14:14 No.11347
広江さん、皆さんこんにちは。

>広江さん
US Jet Trainers投稿写真では、様々なご教示をいただき有難うございました。


その昔百里にて撮影したLM-1です。
肝心の撮影日があやふやで69年〜70年頃だと思うのですが…。
記憶力の悪さはCranberry01さんが紹介されました1968年11月の百里航空祭でのL-19A(11020)を拝見して再認識しています。なんと当時在勤ホームベースでの航空祭なのにまったく記憶がないなんて自分が信じられません(冷汗)

LM-1 SI 21002 + 21021 岩沼分校

モノクロで分かり辛いですが、向こう側に駐機する21002は文字が黄色で「陸上自衛隊」の文字も旧仕様表示となっています。丁度白色の仕様表示への変更時期の撮影と推察しています。


Re: JSDF LOUs Name:PAPPY Date:2014/07/09(Wed) 15:23 No.11348
広江さん、皆さんこんにちは。
やっと参加できるカテゴリーになりました、意外にもスタートは陸自が多いですね。
1975年3月18日百里基地の通称”くのいち”をタキシングする百里救難隊の MU-2S 93-3206 です。


Re: JSDF LOUs Name:Gulf4 Date:2014/07/09(Wed) 20:26 No.11349
前回のお題はいつの間にか終わってしまい、残念ながら参加のタイミングがありませんでした。
さて今回はNo.11344でgeta-oさんが紹介しているB65Pの後継機、二代目「くにかぜ」UC-90(9102)。
胴体に「くにかぜU」と記入されていますが、この位置はもちろん、着陸を撮っても見えません。
2007年1月11日、仙台空港で撮影しました。仙台には定期整備に来るため撮ることができます。
ところでUC-90も国土地理院が運航を海上自衛隊に委託した機体で、コールサインは「Focus02」。
UC-90が退役した後の「くにかぜV」は民間委託になり、セスナ208B(JA315G)を使用しています。


Re: JSDF LOUs Name:N.SUZUKI Date:2014/07/09(Wed) 20:34 No.11350
広江さん 皆さんこんばんは。
L-19E-2 11366 第10飛行隊(明野)の所属で、撮影は1972年浜松基地での展示機です。
L-19E-2は8機のみ作られた富士重工のライセンス生産機の最後の型で、複操縦装置付きが特徴、明野での訓練機として、当時、全面オレンジ塗装でした。


Re: JSDF LOUs Name:TAKADA TENNTEKI Date:2014/07/09(Wed) 21:14 No.11351
 広江さん、皆様こんばんは。久し振りに出番が来ました。古いところからボチボチ参加させて頂きます。
1959年9月大阪国際空港航空祭のL-19A 11014と11087です。所属は第3管区隊の看板が下げてありました。
1958年米軍から返還されて間なしで、まだまだ和やかなもので、新明和からの米軍機、新聞社の民間機などが展示されてました。


Re: JSDF LOUs Name:ITAZUKE-1 Date:2014/07/09(Wed) 21:53 No.11352
広江さん 皆さんこんばんは
1967年10月1日 板付基地にて 航空記念日の公開で展示された L-19A 第4飛行隊 目達原基地 
11062(US S/N 50-1730)です。
当時はUS S/Nにのぼせていましたので? L-19 S2F-1 UF-1などはしっかり撮影していたようです。 


Re: JSDF LOUs Name:North PHANTOM Date:2014/07/09(Wed) 23:06 No.11354
広江さん、皆さん今晩は
 US Jet Trainersはまったく手が出ませんでした。
 初回は1973年5月13日の木更津基地公開からL-5です。
 尾翼に薄く数字らしきものは見えますが、ネガカラーでの限界で読めませんでした。
 ネットの検索では1980年に木更津で保存されていた写真がありましたが、この時より手が加えられていました
 ので、同一機かどうかは?です。一応1980年の写真にはL-5-VE 10303となっていました。
 いきなり正体不明ですみません。m(_ _)m


Re: JSDF LOUs Name:TROUT Date:2014/07/09(Wed) 23:07 No.11355
広江さん、皆さんこんばんは。自衛隊機には疎くて撮っていても記憶にもない・・・(^_^;) 整理も出来ていない中、かすかな記憶を辿ってこんな変わり種グレー一色のMU-2Sを見つけました。94年6月14日小松救難隊 23-3226。戦況機のエンジンランナップ、302のF-4が転がりに混じって出てきました。

Re: JSDF LOUs Name:うみ太郎 Date:2014/07/09(Wed) 23:54 No.11356
広江さん 皆さんこんばんは
このシリーズは多少参加出来そうですが、最近の機種でしかお付き合い出来ません。
今回は撮影場所が珍しいと言う事で貼りますが、飛んでいて、空バックではどこでも一緒ですね(^^;

2008年9月19日 三沢基地に着陸するLR-1 JG-2016(SU) 宇都宮校所属です。



Re: JSDF LOUs Name:Takafumi HIROE Date:2014/07/10(Thu) 06:31 No.11357
>geta-oさん
以前(今年4月頃)開催した「JSDF Prop Trainers」の対象外の機種(UC-90も同様)ですね。
皆さんには混乱する分類で失礼しましたが、当時から今回の「JSDF LOUs」を見越した分類でした。
私が富士カラーのリバーサルを初めて使ったのは1968年でしたが、ASA(ISO)感度は既に100でした。
その後のコダクローム K-IIやK-MのASA(ISO)25の綺麗さには大変に驚きました。
調布飛行場での撮影の紹介のB65Pは、伊藤忠で整備中の姿でしょうか。「イ」は初めて見ました。

>Komatsuさん
1963年10月6日に八尾飛行場で開催された航空イベントで撮影された画像は他にもありましたが、
コメントにある米空軍機や航空自衛隊機の航過飛行の様子は見つかりませんでした。
何やら大きなイベントだったようなので、とても気になります。
「ビネガーシンドローム」が度々話題なりますが、今のところ私の手持ちネガでの被害はありません。
その原因が現像時なのか保管方法なのかは分りませんが、私も一応は対応策を調べてはいます。

>Cranberry01さん
主翼の上?コックピットの上?と呼び方に悩みますが、その透明パネルはL-19/O-1の特徴ですね。
固定武装を持たないL-19/O-1ですが、FAC等の識別弾は主翼下に装備可能ですので、
紹介の機体は、そのバイロン(と呼ばないのかな?)付きのようですね。

>A-330さん
またまた私の不得手(笑)な、特に陸自機は分らないことに加え新発見の多い話題です。
文字色の黄色から白への変更は私の頭の中にはありますが、その時期は把握していません。
それと機体色そのものにも興味大です。
「JSDF Prop Trainers」の話題で全面オレンジの陸自メンターに驚きましたが、
今回の話題でも少なくとも全面オレンジの陸自L-19の存在があるはず、と思ってます。
はたしてLM-1を含む他の陸自機にも存在し紹介されるのでは?と期待しているところです。

>PAPPYさん
MU-2S/Jは数が多くなく塗装の変遷も少ないので民間機も含め「MU-2」の単独開催も考えましたが、
今回の話題の中に含ませるために、自衛隊機のみに限定しました。
しかしMU-2Sは、主翼端の燃料タンクを大型化した型もあるので細かい点では面白いかもしれません。
一応、紹介の93-3206は小型の燃料タンクです。

>Gulf4さん
二代目「くにかぜ」UC-90 9102もB-65P 9101同様、今回のお題の仲間入りを想定してました。
私も何度か撮影したのことのある9102ですが、胴体に「くにかぜU」と書かれていたのは知りませんでした。
時期的なものではなく恒久的に書かれていたのでしょうか。
私の撮影画像では、やはりエンジンナセルに隠れて確認できませんでした。

>N.SUZUKIさん
A-330さんのレスで全面オレンジの陸自機の紹介を期待、と書いた途端にN.SUZUKIさんから紹介されました。
全面オレンジの陸自T-34Aが少なくても1973年まで確認されてましたが、
このL-19系も同時期まで確認されていた可能性があるかと思うと、再び悔しさが・・・(笑)
供与されたL-19Aに対し、富士重工でライセンス生産されたのがL-19E-1, L-19E-2ですね。

>TAKADA TENNTEKIさん
100機以上が供与&ライセンス生産され、陸上自衛隊固定翼機でL-19Aが主力時代のショットですね。
しかし1959年撮影というのが、私に難題となってます(笑)
看板の文字から調べたところ、中部方面航空隊に編入される前の八尾駐屯地の第3管区第3航空隊のようです。
私はようやく小学校に入学した頃です(笑)

>ITAZUKE-1さん
陸自L-19の人気が高いですねぇ〜。多種多様で進める話題では、機種によって差が出るのも面白いです。
L-19Aの元の米軍S/No.が気になってるのですが、何処に書かれてるのですか?。
私も地上展示されているS2F-1は、その箇所のアップをよく撮ったものです(笑)

>North PHANTOMさん
L-5やL-21などは冒頭で書いた該当機種一覧の中に含ませなかったのですが、
紹介はされないだろうなぁ〜と安易に考えてました。申し訳ありません。
ただ一つ、ご自身もコメントされてますが、番号不明というのは残念でなりません。
何故、番号の分る垂直尾翼やコックピットのアップなどを撮らなかったのでしょう。

>TROUTさん
私の小松で見た(撮った)迷彩MU-2Sかと思ったら、番号も塗装も違いました。
『グレー一色』と書かれてますが、胴体と燃料タンク下面の塗りわけから、グレー二色だと思います。
この後も皆さんからMU-2Sが紹介されると思いますが、単調と思っていたMU-2Sに楽しみができました。

>うみ太郎さん
『撮影場所が珍しい』という意味では、つい最近、私も厚木基地でLR-1を撮りました。
しかし、背景は空だけ・・・。うみ太郎さんのおっしゃるとおりです(笑)
意図的に背景を写し込む民間機を撮る方々の手法は参考にすべきと私の頭の中にもあるのですが、
主に離着陸しか撮らない私には、番号も分り背景も写る、その撮影ポイントがありません(笑)
追伸.
陸自機を『JG-xxxx』と表記しがちですが、S/No.は、この機体の場合は『22016』です。



>皆様
ここはクローズしPart.2を立てます。





US Jet Trainers Final Name:Takafumi HIROE Date:2014/06/30(Mon) 06:43 No.11320   
>皆様
今回の話題も、いよいよ最終章となりました。
皆様より「US Jet Trainers」の最後の話題をお待ちします。
画像は3枚以内紹介OKです。


>皆様へ
度々質問を受けますが、今回は「T-38」の話題ではありませんので、NASAのT-38系は除外します。
大変に申し訳ありません。

Re: US Jet Trainers Final Name:T.H Date:2014/06/30(Mon) 07:03 No.11321
数週間前に この日米練習機4部作の画像を捜索& Scan し始めて、ある程度の材料が揃い始めた頃から 最後はコレにしようと密かに決めておりました。US Jet Trainers が 始まった当初は出足好調でしたが、撮影機会はやはりサンパチの方が圧倒的に多いようで、途中から周回遅れ状態?に成って行ったサンナナでしたね。
Cranberry 01 さんから遅れる事10年後 、私も425 TFTSの F-5E/F LA と Willie の T-37 & T-38を撮影しに Williams AFB を訪れました。

訓練飛行に向けてランプで始動中のT-37B 60-0097 の まずは 後ろ姿から。

1987年4月28日 WILLIAMS AFB  T-37B 60-0097  96 FTS 82 FTW


Re: US Jet Trainers Final Name:T.H Date:2014/06/30(Mon) 07:04 No.11322

女性クルーチーフがカメラ目線をくれました(嘘)。そろそろタキシーさせるので、「あのジャップもう少し下がってくれないかしら〜」などと たぶん心配しながらこっちをちら見していたのでしょう。クルーチーフのボ○ンに目を奪われてないで、サンナナを良く見て下さいネ(笑)

1987年4月28日 WILLIAMS AFB  T-37B 60-0097  96 FTS 82 FTW


Re: US Jet Trainers Final Name:T.H Date:2014/06/30(Mon) 07:05 No.11323
チョークも外されてタキシーアウトを開始した 小さいけれどカン高いエンジン音が耳障りな T-37B。

1987年4月28日 WILLIAMS AFB  T-37B 60-0097  96 FTS 82 FTW


Re: US Jet Trainers Final Name:T.H Date:2014/06/30(Mon) 07:07 No.11324
最後なので掟破りの one more T-38デス
上のサンナナの前日、滑走路脇へ連れて行ってもらい降りて来たサンパチの中に 当時は白一色が多い中、ツートーンカラー機が混ざっていましたが、天気があまり冴えなかったので白黒で撮ってしまいました。非公式なテイルレター WL が入った T-38A 63-8221

1987年4月27日 WILLIAMS AFB  T-38A  WL  63-8221  97 FTS 82 FTW


Re: US Jet Trainers Final Name:toksans Date:2014/06/30(Mon) 09:23 No.11325
広江さん、皆さんお早うございます。

最終章向けの画像は特に残していませんでした。今回も新たな写真と色々な事実を楽しませていただきました。運営されるご苦労をいつも感謝しております。
と言うことで次回までのT-45C TW-2のフライオフの写真です。2014年4月22日のエルセントロでの撮影で、上がっていく先頭機から順番にB238、B280、B319、B211、B312、B320となっています。


Re: US Jet Trainers Final Name:Det.H Date:2014/06/30(Mon) 12:00 No.11326
広江さん 皆さん こんにちは
今回のお題もおおいに楽しませて頂きました 特に過去撮りっ放しだったポジを改めて見直す機会になり、また新たに色々知ることが出来ました
広江さん お疲れ様でした 皆さん ありがとうございます

>T.Hさん
組写真の並べ方がグッドですね〜
一枚目、おおっ? と思わせて、二枚目で おおおっ!! と(^_^V
私の#11276と大違い(―_―)  三枚目は余分でしたね (笑)

最終章はToksans氏に続いて今年4月のユマ、エルセンでのゴスホを
上がりは大抵高く、腹が多かったですが、降りは上手くするとこのような捻りが撮れる事もありました


Re: US Jet Trainers Final Name:Det.H Date:2014/06/30(Mon) 12:01 No.11327
背景はToksans氏が書かれていますので省略させていただきますが、一度にこんな沢山の45を撮ったのは当たり前ですが初めてでした ただ他の機体が目立っていた為ちょっとかすんでしまいましたが (笑)
しかし、ほかは国内で撮れる可能性が有りますが、これは本国でなければ撮れないですからね やっぱ貴重?? (^^;
なお、撮れた全13機中、両サイドともNAVYが4機、右側SB.S.がMARINESの機体が9機でした


Re: US Jet Trainers Final Name:Det.H Date:2014/06/30(Mon) 12:02 No.11328
Toksans氏#11325の続きカット、Rwy上に並んだところです
では、次のお題を楽しみにお待ちしています(参加出来る話題かな?)


Re: US Jet Trainers Final Name:Cranberry01 Date:2014/06/30(Mon) 16:30 No.11329
広江さん、皆さん、こんにちは。
T-38A(64-13297) 9th SRW Beal AFB, 1985年6月
SR-71運用の1st SRS, U-2運用の99th SRS双方で、パイロット慣熟、チェイスに使用されていました。T.HさんのNo.11155の後には、垂直尾翼に9th SRWの帯が描かれました。


Re: US Jet Trainers Final Name:Cranberry01 Date:2014/06/30(Mon) 16:37 No.11330
T-38A(70-1571) 3247th TS/3246th TW, Armament Development & Test Center, EglinAFB
AD&TCでは現役機材の全ての武器がテストされていました。Tail Code "AD"はArmament Deveropment, "ET"はEvaluation & Test, "OT"はOperational Test.
T-38は直接武器を使用しないので、チェイス機として使われていたようです。1978年10月。


Re: US Jet Trainers Final Name:Cranberry01 Date:2014/06/30(Mon) 16:43 No.11331
T-38A(68-8184) Thunderbirds #9 1974年5月。
前に投稿したハンガー内の画像と同じ時ですが、外には #7とこの#9がありました。新塗装が塗り替えたばかりだった事がお分かりだと思います。#9はまだThunderbirdsの塗装が決定する前に1974年の初頭から訓練に使用した塗装です。全機この塗装でしたが、約5ヶ月の短期間の非公式塗装でした。直ぐ近くには通常のSEA迷彩に塗り替えられたばかりの元ThunderbirdsのF-4Eが並んでいました。
この68-8184は引き続きThunderbirds に留まり、途中から#4になった様で、最後には悲劇を迎えました。
それは1982年1月18日、Indian Spring AFAFで起こりました。翌週末のD-M AFBでのAirshowに向けての訓練飛行中でした。four-plane line abreast loopを終えて、通常は100ftで引き起こされるのですが、4機編隊はそのまま地上に激突してしまいました。
"Diamond Crash"と呼ばれました。68-8156,-8175,-8176,-8184であったと発表されています。
最初は、パイロット・エラーと報道されましたが、後に、USAFは1番機のStabilizerが動かなくなったことにより、機体を上昇させられなくなり、他の機体も同時に墜落したと結論付けています。
編隊飛行では2,3,4番機は1番機の動くとおりに付いて行くので、計器は全くと言っていいほど見ていません。実際は1番機に何が起こったのかは、分かりませんが、2,3,4番機にとっては悲劇となりました。
訓練の様子は、映像記録班によって、毎回全て記録されています。2年後、なぜか当時のTAC司令官Gen.Creechは全てのビデオテープのコピーを破棄させ、オリジナルのものも最後の墜落部分は消し去りました。当時から色々噂も出て、謎の多いDiamond Crashでした。


Re: US Jet Trainers Final Name:Cranberry01 Date:2014/06/30(Mon) 16:47 No.11332
今回のお礼を忘れていました。
大いに楽しませていただき、又、参考にさせていただきました。
ありがとうございました。
手ぶらではなんですから・・・。


Re: US Jet Trainers Final Name:飛行浪人 Date:2014/06/30(Mon) 20:05 No.11333
>広江さん、皆さんこんばんは。
パート11では失礼しました。私の最終章はサンダーバーズ7、1978年11月12日のエドワーズ公開
です。ショー終了後のお帰り準備シーンです。それではサヨナラ、サヨナラ。


Re: US Jet Trainers Final Name:geta-o Date:2014/06/30(Mon) 20:12 No.11334
広江さん、みなさんこんばんは。
訂正を一つ
#11171のT-2Aの保管場所はYANKS AIR MUSEUMでなくPLANES OF FAME AIR MUSEUMでした。
修正しておきます。

最終章ですがあまりいい写真見つかりません。ということで趣向を変えて2011年にCHINOのPLANES OF FAME AIR MUSEUMで行われたAir Showに行ったとき隣接のYANKS AIR MUSEUMのヤードを館員に案内してもらいましたがその時見た修復待ちの機体を2機
最初はT-37B(58-1962) 2011/5/13


Re: US Jet Trainers Final Name:geta-o Date:2014/06/30(Mon) 20:14 No.11335
最後はT-38A(61-0908/XL)
それでは次のお題(何かな)まで


Re: US Jet Trainers Final Name:TROUT Date:2014/06/30(Mon) 22:49 No.11336
広江さん、皆さんこんばんは。嘉手納ではレアな機体でしたが、アメリカ本土ではどこに行っても見られた(ような)地味なT-38、息が長いせいもあるのでしょうか?なかなか奥深い事が分かりました。おかげさまでほとんど眠ったままのポジが息を吹き替す事が出来ました(^_^) 地味な機体故、資料も少なく広江さんのご苦労も今までの中でも上位に入るのではないでしょうか?お手数もおかけしましたが、存分に楽しませていただきありがとうございました! 最後に地味なT-38らしいまっ白なトレーナー姿を。89年10月29日ポイントマグー公開展示機、70ー5820 82FTW。フィンチップの文字はやはり「Willie」のようです。

Re: US Jet Trainers Final Name:TROUT Date:2014/06/30(Mon) 22:54 No.11337
そして3日後、ネリスで撮った68ー8159 82FTW  89年11月2日。こちらはインディアンのマークはなく黄色の帯です。やはり「Willie」のようです。それでは次のお題を楽しみにしております。

Re: US Jet Trainers Final Name:つばどん Date:2014/07/01(Tue) 01:39 No.11338
広江さん、皆さんこんばんは。
NAVYが出せなくてすみません(^^;) 最後もAir Forceで・・・。

TROUTさんに続いて 82FTW のタロンです
Castle AFB で展示された T-38A 82FTW 65-10447 。
この頃82FTWには、97FTSと99FTSがいたようですが、特定はできませんでした。
多数出ている 82FTW のタロンですが、どれともマーキングが違って"Willie"の文字も入っていません。
1991年10月12日の撮影です。


Re: US Jet Trainers Final Name:つばどん Date:2014/07/01(Tue) 01:40 No.11339
劣勢のT-37の飛んでる写真は、豆粒かおなかバックリ・・・、T-2も同様で・・・。
こちらもCastle AFB の公開で展示された T-37B 323FTW 455FTS NT 58-1906 。
後ろの巨大戦闘(爆撃)機と比べると、そのサイズが分かると思います。
1991年10月12日の撮影です。


Re: US Jet Trainers Final Name:つばどん Date:2014/07/01(Tue) 01:41 No.11340
胴体に黄色い帯と"BB"のレターが入った白いタロンがあったのですが、なぜか胴体の後ろ半分しか撮っていなかったので、最後は同じポジにあった前と同じ劣勢のT-37で。
Beale AFB の公開で展示された、T-37B 323FTW 455FTS NT 61-2499 。
1992年11月14日の撮影ですが、T/L、S/N 等の記入位置が違っています。なぜ違うのかまでは分かりませんでした(^^;)

思いの外(笑)ロングランとなったと思いますが、勉強になることもあり大変楽しめました。
それでは、次のお題も楽しみにしております!


Re: US Jet Trainers Final Name:Takafumi HIROE Date:2014/07/01(Tue) 06:26 No.11341
嘉手納で撮影された26TFTS/26TFTASのT-38Aが話題になりましたが、
調べたところT-38Aの運用期間は1975年から1980年までの5年間のようです。
その5年間のうち、少なくとも3機が事故損失等で抹消されてますが、
私の撮影した3機のうちの65-10391は、この話題の最後まで抹消にいたる状況が判明しませんでした。
 65-10391 : 1976年10月20日、Clark ABにて抹消
 S/No.不明 : 1977年3月30日にオーサンを離陸して黄海に墜落
 65-10443 : 1978年7月7日墜落

この撮影から3ヵ月後、65-10391に何が起きたのでしょう???。


>T.Hさん
ボ○ン、これ死語では?(笑)、私はNo.11321で真っ先に気づきましたヨ(笑)
エンジンスタートアップからタキシーアウトまでの一連の動き、やはりイイですねぇ〜。
本当は、クルーがラインに出てきてコックピットに乗り込むところから始まりますよね。
人と飛行機を絡めて撮るのには最高のシチュエーションですね。
F-16を初めて目の前で撮影した時に、あまりに高音なエンジン音に参った記憶が未だに残ってます。
耳障りなT-37のエンジン音も一度は体感したかったです。
No.11324のT-38Aは、過渡期の塗装でレターも公式に決まる前の「WL」?。
そういえば、82FTW機のレター入り機の紹介は初めてですネ。
 
>toksansさん
次のお題に向けての「Fly off」、ありがとうございます。
皆さんからのコメントから、T-45の離陸は相対的には高いと聞いてます。
タキシーウェイとランウェィとの距離感が画像からは見ることができませんが、
真ん中より手前で既に浮いている雰囲気でしょうか・・・。
厚木基地で見るFA-18E/Fは、ランウェィの1/3ほど、時として1/4ほどでリフトオフしますが・・・(笑)

>Det.Hさん
毎度のことですが、ポジ整理に僅かながらでもお役に立てて幸いに思います。
しかし今回はCoNAから今年撮影のホットな画像も登場したのは、いつもとは少しパターンが異なりますね。
アメリカ本国でしか撮れないT-45に遭遇できたDet.Hさんは、やはり私にとっては羨ましいです。

>Cranberry01さん
最後はFTW以外で運用されたT-38の三連発、さすがCranberry01さんならではです。
9SRWのタロンは、黒も良いですが紹介のシンプルな白のストライプ入りも綺麗で良いですねぇ〜。
3246TWのコメント中のTail Codeに興味が湧き調べてみたところ、
確かに「AD」レターのグレイ標準塗装のファントム等の画像が見つかりました。
No.11330紹介のT-38Aは、チェイス機のため、垂直尾翼にレターが書かれてないのですかね。
TROUTさんNo.11315紹介の6510TW機でも感じましたが、妙な所にインシグニアを貼っているのが興味深いです。
「Indian Springs Diamond Crash」についてはGallery化のリンク先で見ることができますが、
まだ全てを読んでなく詳細が分りませんが、事故後の米軍の対応は奇妙ですネ。
お礼の画像までいただき(笑)、ありがとうございます。

>飛行浪人さん
サンダーバーズは私の撮影活動中にも来日してますが、私は一度も姿を見たことがありません。
天気等の結果は別としても、劇混みが予想される場所には絶対に行きたくありません。
私がサンダーバーズに遭遇できる日は来るのだろうか・・・。
その日まで『サヨナラ、サヨナラ』(笑)

>geta-oさん
T-37B 58-1962の胴体国籍マークの後ろに書かれている「TE065」はAMARCの管理番号ですね。
T-38A 61-0908共々、2002年からこの場所に居るようですが、修復は全くの手付かずの状態のようです。
58-1962は、施設内で移動したようですが、同じ状態で2013年11月にも確認されてます。
61-0908も同様に2013年5月に確認されてます。
他にも手がけなければならない機体も多いのか、この2機が修復されるのは何年先になることか・・・。

>TROUTさん
筆記体で書かれてると「W」は見間違いますね。
嘉手納でT-38が撮影できたのはラッキーでしたが、アメリカ本国では当たりまえの機種でしょうね。
しかし今回話題にしなければ、地味な機体ゆえ眠ったままで終わってしまう画像が多いのも確かかな。
私も単純に考えていた特にタロンですが、本当に奥が深くてビックリしました。
BBS II最大の難題でしたが、終わってみれば、とても楽しい話題でした。
『最後に地味なT-38らしい・・・』、最後もTROUTさんらしい表現が楽しめました。

>つばどんさん
私にとって難しい米空軍部隊ですが、今回は訓練部隊ということもあり、特に難題でした。
82FTWの部隊(FTS)も、皆さんの画像が紹介され調べていくうちに2個から4個に増えてました(笑)
「NT」レターも今回の話題では初めて見たので調べてみたら、N.SUZUKIさんから紹介されてました。
私にとって米空軍部隊は、いつもこんな調子です(笑)

>皆様
今回は誰もが予想もできなかったBBS II始まって以来の最も難題となりました。
しかし皆様のおかげで、無事、乗り越えそして大盛況で終わることができました。
いつもながら皆様には心より感謝いたします。ありがとうございました。

さて、次のお題は別途アナウンスします。





US Jet Trainers 11 Name:Takafumi HIROE Date:2014/06/29(Sun) 06:32 No.11294   
>皆様
いよいよラス前となりました。画像は3枚以内紹介OKです。
引き続き「US Jet Trainers」の話題をお待ちします。


今回の話題で未だに紹介されないのは以下の4機種。
いずれも引退あるいは開発中止となった機種なので、見ることができるとしたら保存展示状態でしょうか。
最終章までに画像を拝見することはできるのかな・・・。
【米海軍】
 Lockheed T-1A (旧名称 T2V-1) Seastar
 Temco TT-1 Pinto
 Lockheed TV-1 Shooting Star
【米空軍】
 Fairchild T-46

Re: US Jet Trainers 11 Name:N.SUZUKI Date:2014/06/29(Sun) 07:56 No.11295
広江さん 皆さんおはようございます。
 迷っていましたが、広江さんの保存、展示までOKとのこと、No11171でCHINOのT-2Aが出されていますので紹介します、未だ現役、整備中です。
 最も古い機体、テムコTT-1 ピント 144427(c/n TE-5)で、撮影は、1974年2月 CA(アラメダ付近の飛行場)で見つけました。
テムコTT-1は、空軍の初等練習機として競争試作されましたが、セスナのT-37に破れたため、海軍が14機採用、海軍で始めてジェット機だけによるファーストソロ飛行訓練まで行った等、初等練習機としての問題は無かった機体でした。
しかし、メーカーの規模(テムコ社の量産体制)がネックで、14機だけの製造で終わり、1959年にはペンサコラで訓練の試験的運用が行われましたが、全機60年末には退役、その後、民間へ払い下げられています。
 民間へ移った以降にエンジンをパワーアップ、スーパーピントとしてCOIN機としての能力も追加した型に改造、フィリッピンAF等に売却を計ったが量産されることはありませんでした。
 この機体も、後にスーパーピントに改造 N8Kとして飛行しましたが、1987年にエンジンフレームアウトでクラッシュ、事故となっています、その際の記録では、黄色のNAVY塗装、144427となっているので、最後までこの塗装で飛んでいたと思われます。
広江さん> 米軍退役後、民間の博物館等で展示されている機体は、塗装が現役時代のままであっても(塗り替えた場合も含め)米軍所有ではありませんし、展示だけの目的だけでなく、再び飛ばす場合には、Nナンバーの登録、表示がなされると整理されます。
なお、実質的に米軍パイロットのみが飛ばしているNASA所属の機体、T-38N型等は、すべてNレジとして登録されており紹介はどうでしょうか。


Re: US Jet Trainers 11 Name:toksans Date:2014/06/29(Sun) 09:10 No.11297
広江さん、皆さんお早うございます。

今年の4月にWTI開催中のユマで撮影したTW-2のT-45C B320-167098です。この時は演習向けに110機以上(地元機を除く)の海兵隊機が集結していたため、確認できた12機のT-45Cは西側の民間機のエプロンに追いやられていました。2014年4月19日の撮影。


Re: US Jet Trainers 11 Name:toksans Date:2014/06/29(Sun) 09:11 No.11298
同じく2014年4月21日ユマで撮影の同じ機体T-45C B320-167098です。こういう角度の写真も面白いかな、と。

Re: US Jet Trainers 11 Name:Det.H Date:2014/06/29(Sun) 12:47 No.11299
広江さん 皆さん こんにちは
きょうはもう真夏!ですね 今からこの暑さでは今年の夏はどうなるやら

2011年2月、NAS Whidbey Islandで行われたCoNA Kick-offから
まず“Parade of Flight”から
先頭の機体はTW-1の隊長機で、胴体帯に所属基地があるMississippi州のシルエット、中にウイングマーク、NAS Meridian、とその場所が描かれています 
TW-1でP.S.にVT-7、S.S.にVT-9と所属SQN.が書かれています
B-327はTW-2(NAS Kingsville)ですが、SQN.はVT-21か22かは?
これら部隊は皆それぞれカッコイイ名前とINS.を持っていますね



Re: US Jet Trainers 11 Name:Det.H Date:2014/06/29(Sun) 12:49 No.11300
続いてTW-1のCoNA塗装を
Toksans氏が紹介されていますが別アングルで
Schemeは1939年代のEnterprise Air Group(CV6)の再現だそうですが
翼上面が全面黄色に赤いラインだったので、俯瞰で撮れたら綺麗だったでしょう


Re: US Jet Trainers 11 Name:Det.H Date:2014/06/29(Sun) 12:50 No.11301
ラストはTW-2
こちらもやはり1939年代のWasp Air Group(CV7)のschemeだそうです



Re: US Jet Trainers 11 Name:geta-o Date:2014/06/29(Sun) 14:29 No.11302
広江さん、みなさんこんにちは
ラス前ですが今日は1987/5/3 ネリスに展示されたWilliams AFB 82FTWの機体を2枚
1枚目はT-37B(68-7999)


Re: US Jet Trainers 11 Name:geta-o Date:2014/06/29(Sun) 14:30 No.11303
2枚目はT-38A(65-10440)

Re: US Jet Trainers 11 Name:T.H Date:2014/06/29(Sun) 19:42 No.11306
いよいよラス前となりましたので 私からは未投稿だったT-45を選びました。 9年前に成りますが、テキサス南部の NAS Kingsvilleを訪れた時に撮影したTW-2所属機を3枚まとめて紹介します。当時のTW-2には VT-21とVT-22の2飛行隊が所属していましたが、機体はフレキシブルな運用なのか? VT- の名称はほとんど未記入でした。

離陸の為にR/W31 End へと3機でタキシングして来る T-45A の正面形です。もうちょっと機数が多ければ Red Arrowsを彷彿させるシルエット(笑)

2005年8月29日 NAS KINGSVILLE  T-45A B #267 / 165067 #239 / 165058 #260 / 165060 TW-2 


Re: US Jet Trainers 11 Name:T.H Date:2014/06/29(Sun) 19:43 No.11307
上のカットの続きで、訓練弾 Mk.76を搭載し31 End まで出て来た3機のT-45Aは、離陸までの間少しホールディング中。
そこへ T/G していた別のT-45A B #278 が アプローチして来たので、もう1機画面に入れて。

2005年8月29日 NAS KINGSVILLE  T-45A B #267 / 165067 #239 / 165058 #260 / 165060 & #278 / 165078 TW-2


Re: US Jet Trainers 11 Name:T.H Date:2014/06/29(Sun) 19:43 No.11308
良く晴れた テキサス南部の暑い晩夏、遠くに入道雲が出来かかっていたので T/G 訓練をしていた機体と雲を絡めたショット。

Detachment 先の NAF EL CENTRO や NAS KEY WEST で まとまった数のT-45A/C に遭遇し 撮影した記憶はありますが、Training Command のホームベースを訪れて T-45をメインに撮影したのは、 この時一度きりです。

2005年8月29日 NAS KINGSVILLE  T-45A B #241 / 163641  TW-2


Re: US Jet Trainers 11 Name:飛行浪人 Date:2014/06/29(Sun) 21:11 No.11310
>次に出てきたのは”バックアイ”C型、158318、VTー10、1980年10月18日のセシール
フィールドの公開です。


Re: US Jet Trainers 11 Name:飛行浪人 Date:2014/06/29(Sun) 21:20 No.11311
>3枚目は1989年2月7日ネリスでのATー38B、63−38149です。
この時はランウエイ3Lへ降りられてしまいお腹バックりとなってしまいました。逆光だったのでカラーでは
撮れませんでした。(涙)


Re: US Jet Trainers 11 Name:Cranberry01 Date:2014/06/29(Sun) 21:28 No.11312
広江さん、皆さん、こんばんは。
>広江さん、なぜNASAの画像が出ないのか不思議に思っていました?注意力散漫ですね。
Hollomann AFBの479th TTWには色々な塗装のAT/T-38がいました。大きなHMもその一つです。

T-38A(60-0551) Sacramento ALC所属、 McClellan AFB 1981年。

ジャクリーン・コクラン(Jacqueline Cochran)は1961年に数々の飛行記録を作ったが、その際に使用したT-38がこのs/n 60-0551でした。もちろんその時は出来立ての新品で、当時の白色にDayglo Orangeの帯が入った普通の塗装。
日本では余り知られていないが、多くの飛行記録や賞を取った、世界航空史に名を残す女性飛行士。夫は世界10指に入る大富豪で(Atlas Corp.の創始者で RKOのCEO),彼女自身も化粧品会社を所有していた。WAACを創設指揮したのも彼女であり、"Hap" ArnoldやChuck Yeargerとも親交が深かった。Eisenhowerとも非常に親しく、政治への関与も大きかった。YeargerはGeneralになったが、その働きかけは彼女だったと言われている。飛行士として200以上の飛行記録を塗り替えたが、1953年5月にはCanadair Sabreに乗り100kmコースで652mphの世界スピード記録を作っている。
1961年8〜10月にかけてT-38A(60-0551)にて数々の記録を作っているが、この時はUSAFの機体を使用するため、Northrop Corp.のコンサルタントと言う肩書きであった。最終日の10月12日、このT-38Aで2個のFAI世界記録を打ち立てた。一つは水平飛行での高度記録55,252.625ft(16,841m)。もう一つはピークでの最高高度56,072.835ft(17,091m)。


Re: US Jet Trainers 11 Name:Cranberry01 Date:2014/06/29(Sun) 21:31 No.11313
"Top Gun" #16しか分かりません。1974年4月。

Re: US Jet Trainers 11 Name:Cranberry01 Date:2014/06/29(Sun) 21:33 No.11314
T-2C(156703) VT-19 1980年10月

Re: US Jet Trainers 11 Name:TROUT Date:2014/06/29(Sun) 22:43 No.11315
広江さん、皆さんこんばんは。ポジ捜索の中でこんなのもありました。エドワーズ公開で撮ったAT-38B 479TTWを紹介しましたが、当日公開会場への道中、通路の脇に置かれていた(というか通路はタキシーウェイで置き場はエプロンのようです)T-38A ? 63-8135です。89年11月エドワーズAFB。捜索まで気が付きませんでしたが、機首に計測用のプローブが着いているのでNT-38かと思いましたが調べきれませんでした(^_^;) 後方に並んでいる機体は通常のピトー管でした。部隊はNo.11252で紹介した6512FLTS/6510TWと同じと思います。
>広江さん、BaggagePodは今でもF-16、F-15,A-10等に使ってますね。


Re: US Jet Trainers 11 Name:すっかいうおりゃ Date:2014/06/30(Mon) 03:21 No.11316
広江さん 皆さんこんばんは!
ラストも近くなってきたのですね、私も弾が尽きかけています。
オクラホマ州バンスのT-38A 迷彩がまだ出てないようでしたのでUP致します。
オシアナにて撮影 例によって日付不明です。70-1565 25TFS?? 71TFW


Re: US Jet Trainers 11 Name:すっかいうおりゃ Date:2014/06/30(Mon) 03:37 No.11317
次は、同じ部隊を連張りしますが マーキングが異なります。THUDさんすでにNo,11226でUPされたT-38Cと同じ機体ですが 左側面です。多分 同じ年2003年オシアナでの撮影だと思います。尾翼のマークが左右で異なります。右側面尾翼のチップラインには、Black Eagles.左側面は、Black Knightsになっています。65-10425/MY 479th FTG


Re: US Jet Trainers 11 Name:すっかいうおりゃ Date:2014/06/30(Mon) 03:48 No.11318
多分 MY-125の右手においてあった同じ部隊の機体T-38C。マーキングが異なりますが 尾翼の左右は、同じように塗ってありました。70-1577/MY 479th FTG 2003年オシアナ。パッケージポッドには、Lt.Col Flounder Miller 49th FTS Commander Black knights と書かれてあります。 

Re: US Jet Trainers 11 Name:Takafumi HIROE Date:2014/06/30(Mon) 06:41 No.11319
>N.SUZUKIさん
驚きました!。T-1A (旧名称 T2V-1) Seastarより前にTT-1 Pintoが紹介されるとは。
基本的には軍の施設内で保存展示されている機体の紹介を私は期待してますが、
geta-oさんNo.11171紹介T-2Aや、このTT-1 ピントなど、線引きが曖昧となるのは仕方ないことです。
正直、TT-1 ピントは諦めてましたが、このような状態で残っていたのは驚きました。
T-37の後継機として開発提案したT-46も同様に採用されることはありませんでしたね。
冒頭でもお願いしてますが、NASA T-38は今回の対象外です。
退役機は仕方ないとしても、現役機は機種ではなく米軍部隊等で話題を集中していただきたいと考えてます。
ちなみに、Bu.No.は144227ですね。144427はF-8Aなので、ちょいと迷いました(笑)

>toksansさん
110機以上のマリンコ機の集結、想像すらできません。
ラインに並ぶ様子もさることながら、そのフライト状況も壮観でしょうねぇ〜。見て撮りたい!(笑)
No.11298は確かに面白いです。主脚格納部分の膨らみが興味深いです。
空母に離着艦する米海軍機の幅の広いタイヤならではですね。
構想だけで終わった陸上型T-45Bは、どうするつもりだったのでしょうね。

>Det.Hさん
CoNA T-45 三連発、変わり映えのないT-45の塗装ですが、さすがCoNA塗装は格好イイですネ。
No.11300とNo.11301は、No.11299のように主翼上面が見えたら最高でしょうね。
そしてそれぞれの意味合いも、とても参考になります。
WW II時代までは空母ごとのAir Groupでしたが、戦時においてはローテーションに無理が生じたのか、
後にCarrier Air Group(CVG)を経て現在のCarrier Air Wing(CVW)となったのは皆さんご存知のとおりです。

>geta-oさん
何かと話題の多い「WILLIE」ですね。2枚ともよく確認できます。
撮影の1987年5月当時は、96FTS T-37B, 97FTS T-38A の2個部隊だったのでしょうか・・・。
共に晴天下に映える白い機体で綺麗なのは良いのですが、
インシグニアを貼るか、または米海軍機のように部隊名を書き入れてほしいものですね。

>T.Hさん
T-45の劣勢挽回作戦の発令ですね(笑)
VT-21, VT-22だけの基地ゆえ、あまり撮影に行く方が少ないのでしょうか、
NAS Kingsvilleでの撮影画像は、T-45に限らず、あまり紹介されたことがないような???。
私の曖昧な記憶でしょうか、それとも私の思い込みかな。
画像からも新鮮な印象を受けたので、改めてNAS Kingsvilleを調べてみたら、
13L/31R, 13R/31L, 17L/35R, 17R/35L と滑走路が4本あるのには驚きました。
さすが広大なアメリカ、やはり日本の感覚とはスケールが違いますね。
8月の撮影も、私では想像もできない暑さだったのではないでしょうか。

>飛行浪人さん
S/No.の特定で悩まれたNo.11309は今回の話題からは対象外のA-37Bですよ。
日本でも馴染みがあったので、外見から一発で分ります。ということで削除させていただきました。
セシールフィールドの公開では何か裏話しがあるのですか?。意味深に書かれても誰もわかりません。
No.11311は間違いなくAT-38Bですね。皆さん、此処で勉強になったことと思います。

>Cranberry01さん
ジャクリーン・コクランの詳細については私は調べないと何一つ分っていませんでした。
数々の記録や「初」の出来事を記録したスピード狂の女性パイロットなのですね。
No.11312のT-38AはS/No.60-0551があるものの、異色の存在ですネ。
Part.3 No.11179のレス内で『TOPGUN初期に導入されたT-38Aは6機〜7機』と書いたのを覚えてますか?。
何故『6機〜7機』と書いたのかの理由の答えがNo.11313の画像です。
私はTOPGUN初期のT-38Aは、#11〜#15、それと#17の6機しか知りません。
#16は欠番なのかなぁ〜???と、ずっと思ってましたが、実在してましたか。
ということで、悔しいことにS/No.は私の手元にはないので調べてみました。
まあ大体の当たりは付けていたので、すぐ見つかりました。S/No.は59-1598のようです。

>TROUTさん
一見、確かにNT-38Aと思ってしまいますよね。
私も調べてみましたが、63-8135が「NT-38A」とは見出せませんでした。
空自APW/ADTW機と同様に、一時的に計測ブームと交換した単なるT-38Aの可能性が高いですネ。
ちなみに、63-8135は現在はT-38Cに改造されTPS #18で現役です。
このことからも、やはりT-38Aかもしれませんね。

>すっかいうおりゃさん
タロンに限らず米空軍の垂直尾翼のマークは、なかなか渋くて格好いいなぁ〜と気になってました。
発想を変えて、垂直尾翼アップの画像に全景が小写真の方が良いのかもしれないと思ってます(笑)
しかし、垂直尾翼のマークに着目したすっかいうおりゃさんの三連発に新たな悩みが生じました。
No.11317の65-10425とNo.11318の70-1577は、左側は49FTS、右側は435FTS、と左右が異なる新発見。
米海軍TW下のVT Sqn機同様、部隊固有ではなくWingで機体を管理しているのでしょうかね。

>皆様
ここはクローズし、最終章を立てます。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -