GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





JSDF LOUs 8 Name:Takafumi HIROE Date:2014/07/16(Wed) 22:36 No.11481   
1991年6月2日、小松基地航空祭で見かけた小松救難隊のMU-2S 13-3209。
TOUTさんNo.11355紹介の小松救難隊の23-3226とは異なる迷彩バターンですが、
MU-2Sの迷彩機は少なかったのでしょうか。それも小松救難隊だけに施された試験的な迷彩でしょうか。


>皆様
さてエンドレスになりそうな今回の話題ですが、7/21(月)に立てるPart.12 = 最終章とします。
このPart.8を含めて、紹介画像は9コマ以内に調整願います。ちょっと長いかな???。

引き続き「自衛隊LOU機」の話題をお待ちします。

Re: JSDF LOUs 8 Name:うみ太郎 Date:2014/07/16(Wed) 23:01 No.11482
今回は空自のMU-2Aです。
ノーマルですが、航空自衛隊50周年のステッカーが付いています。

2004年10月1日 MU-2A 73-3229 浜松救難隊)


Re: JSDF LOUs 8 Name:しか太郎 Date:2014/07/17(Thu) 03:08 No.11483
広江さん、皆さんこんばんは。

2007年1月9日に入間で撮影した飛行点検隊のU125です。2007年の飛行初めで点検隊の全機を撮ることができました。

>広江さん
浜松救難の記念塗装機はこちらでは初めての紹介です。撮影したのは2011年3月10日東日本大震災の前日でした。震災で記念機の話題も飛んでしまって記憶に薄いのではないでしょうか?


Re: JSDF LOUs 8 Name:ITAZUKE-1 Date:2014/07/17(Thu) 06:51 No.11484
広江さん 皆さん おはようございます。
1975年2月18日 高遊原分屯地を離陸?する L-19A 第8飛行隊 11052(50-1561)です。
後方ハンガ-の向かって左端にLR-1がいます。 ノ-トには LR-1 WA JG2005と書いてあります。
この日は飛ばなかったように思います。  


Re: JSDF LOUs 8 Name:PAPPY Date:2014/07/17(Thu) 07:53 No.11485
広江さん、皆さんおはようございます。
1967年5月21日の厚木三軍記念日にも記憶がなかったのですがL-19Aが展示されていました。
第12飛行隊 L-19A 11007 XII です。
このBBS II でも何回も紹介されていますが、この日はコニーの横須賀出港と重なりNK艦載機も展示された当たり年でした。


Re: JSDF LOUs 8 Name:A-330 Date:2014/07/17(Thu) 08:57 No.11486
広江さん、皆さんおはようございます。

今回のお題は範囲が広いことに加え、現用航空機も含まれるのでどこまで話題が続くやら、と思っていたら広江さんから「Part.8を含めて、紹介画像は9コマ以内に調整願います。ちょっと長いかな?」のアナウンス。
お披露目したいショットが豊富な私にとっては決して長くありません(笑)。
特に今回は皆さんのパワーで「全機制覇」を達成できそうな機種が含まれているからでしょうか。

今日もLR-1初期型のふくらみ話題を。
撮影日は81年か82年だったと記憶していますが入間に飛来した7号機です。
KRからのデジ化の為シャドー部再現に限界があり、細部の形状は識別できませんが機体右側にふくらみが。
今までの撮影カメラ用ふくらみと思われるものとは違うような。

LR-1 M 22007 1981〜82年 入間
機体色のODには不釣り合いな、派手派手チップタンクの組み合わせは違和感がありますね。


Re: JSDF LOUs 8 Name:DOC.K Date:2014/07/17(Thu) 09:56 No.11487
>広江さん、そうでしたか、次のコマを確認しましたらL−19も切れずに入ってましたWとJG−10XXまでは見えました・・・、すみませんでした。今回は1979年10月10日熊本空港を編隊で離陸する[飛の11202と11206です、ITAZUKE−1さんのおっしゃる通りロケーションはバツグンです特に冬場の夕日は最高です是非一度お出で下さい。

Re: JSDF LOUs 8 Name:73400 Date:2014/07/17(Thu) 12:29 No.11488
広江さん、みなさん、こんにちは。
1980年9月7日、三沢基地祭で地上展示された八戸第9飛行隊のL-19E-1・11214/\。E-1型の最終号機ですね。
用途廃止後の経過はもちろん知りませんが、2005年に福島県楢葉町のOLD CAR CENTERで保存・展示されているのを見ました。
その後、特に大震災後の状況もわかりません。


Re: JSDF LOUs 8 Name:TAKADA TENNTEKI Date:2014/07/17(Thu) 12:38 No.11489
 広江さん、皆様こんにちは。毎日素晴らしい写真を楽しませて頂いております。
今日はTGさんからの頂きものですが、マイノリティーを応援します。1957年4月宝塚交通博で動物園のプールに展示された L-5G 10402/V です。時期的に用廃後かと思います。間近に見た2番目の実機ですが、羽布張りのため期待した迫力は感じませんでした。ちなみに一番目は阪神パークのF-84E(?)で、1954年前後だったと思います。


Re: JSDF LOUs 8 Name:North PHANTOM Date:2014/07/17(Thu) 14:22 No.11490
広江さん、皆さんこんにちは
 再三ご迷惑をお掛けいたしました。m(_ _)m
 ※No11464のs/n 51-12118です。No.11464修正済み
L-19番号未出番号という事で1976年10月3日三沢基地公開から第9飛行隊 L-19 11042(s/n 50-1380)です。


Re: JSDF LOUs 8 Name:geta-o Date:2014/07/17(Thu) 15:01 No.11491
広江さん、みなさんこんにちは。
暑い日が続きますね。もう少しで梅雨明け、それからマニアが待ち望むCVW-5機の帰還も近づいてきたようですね。
空自のMU-2の名称はいかにも日本的曖昧さ(米国のようにマニアル化され画一化された呼称の付け方-最近このようなマニアル人間が増えて今後が心配-と違う)がこのような結果になっています。
MU-2SとMU-2Aの違いはご存じのように翼端タンクの大型化とエンジンのJ型並みへのパワーアップですが。制式名称を変更するには大臣承認(当時は長官承認)が必要になることから制式名称の変更は行わず、実質的に問題のないMU-2S(S:Search)のままとしましたが、これでは運用及び購入金額の算定に影響があることからMU-2A(A:Advance)と一般的に呼ぶようになりました。したがって正式型式MU-2Sの中に俗称MU-2SとMU-2Aが存在することになりました。
ちなみに技術革新が速くまた消耗品である誘導武器は最近制式化をしていないので毎年最新のものを購入できるようにしているそうです。
今日は陸自のL-19Aで連絡・偵察のデモをしているところです。
デモの内容はヘリが多数配置される前のL-19の主要任務通信筒の引き上げです。
2本のマストの間に貼られたケーブルを機上のカギ付きロープでひっかけ地上のケーブルにつけられた通信筒を回収します。
L-19A(11073/51-12526)1飛行隊 1972/11/3 入間航空祭


Re: JSDF LOUs 8 Name:Seagull Date:2014/07/17(Thu) 18:55 No.11497
広江さん、皆さん、こんにちは。
1977年9月23日 防府北基地祭で撮った陸自第13飛行隊のL-19(11366)。
L-19にA型とE型がある事をこのBBSUで知りました、皆様ありがとうございました。
私がマニア活動を始めて、初めて訪れた空自基地でした。展示している機体すべて新鮮だった事を今も思い出します、そして、岩国から約83kmの距離に防府北基地、その時代、遠い道のりでした。
>広江さん
 9202の事故、事故調査委員会で、最終的にパイロットの「非」となりました。私も残念です。
 事故当時、現場に居た私には、違う要因が有るように思えました・・・、悲しいです。


Re: JSDF LOUs 8 Name:N.SUZUKI Date:2014/07/17(Thu) 19:22 No.11498
広江さん 皆さんこんばんは。
LM-1の最終機 、LM-1 21027 / Mで八尾基地所属、撮影は1976年ごろの八尾空港です。
 このJG1027は、LM-1の最終生産機ですが、これ以前の機体から3機がエンジン、プロペラを換装し、LM-2へ改造さています。
 >広江さん、Part8を含めて、紹介画像9コマ以内、あまりに暑く家で暇をもてあまし、解釈を間違え失礼いたしました。


Re: JSDF LOUs 8 Name:LUCHO Date:2014/07/17(Thu) 20:12 No.11499
広江さん、みなさん、こんばんは。

LR-2 の未出部隊です。
LR-2は明野には降りられないらしく、02年に航空祭の祝賀飛行に参加した時もリモートでした。

LR-2 1HB 23052
05/10/23、八尾航空祭にて。


Re: JSDF LOUs 8 Name:Gulf4 Date:2014/07/17(Thu) 21:07 No.11500
実に危ないキーワードの一つ「コンプリート」ですが(笑)、これでLC-90もコンプリートになりました。
2006年7月26日、仙台空港をタキシングする第61航空隊のLC-90(9305)。

>広江さん
LR-2が装備しているポットに関して、後で書き足したのですが、レスの方が早かったですね。
胴体下部のカメラポットですが、どんな種類のカメラなのか興味あります。
最近は航空測量もデジタルカメラが主力ですが、これもデジタルカメラ?
>LUCHOさん
明野でLR-2が離発着出来るのか興味ありましたが、やはり難しい様ですね。


Re: JSDF LOUs 8 Name:Straight Wings Date:2014/07/17(Thu) 22:26 No.11501
広江さん、皆さん、こんばんは。
1970/8/9 千歳の基地祭で救難デモを見せるMU-2S 73-7202です。長ーいダブルスロッテッドフラップを下ろして飛びながら何かを投下したところのようです。この機体は1975夏には松島救難隊で撮っているので(No.11478)、新造機の千歳配備による玉突きで松島に行ったのでしょうか。なお千歳基地祭では206号機が地上展示されていました。


Re: JSDF LOUs 8 Name:tomodaka Date:2014/07/18(Fri) 00:16 No.11502
広江さん、みなさん、こんばんは。
1枚で2度おいしい写真を見つけましたので、U-125Aの未出機を。
2009年の松島基地航空祭予行時のカットです。なかなか気合の入った救難展示でした。
しかし、この写真の1年半後に・・・まさか両機とも津波被害に遭うとは・・・。

2009年8月19日 U-125A(02-3013,72-3025)松島基地にて


Re: JSDF LOUs 8 Name:Takafumi HIROE Date:2014/07/18(Fri) 05:23 No.11503
>うみ太郎さん
私のNo.11480のgeta-oさんへのレスは見ました?。
「MU-2S」か「MU-2A」か私も含め他にも悩んでいる方は多いはずです。
この話題の中で「MU-2A」と明確に記述したのは、geta-oさんに続きうみ太郎さんが二人目です。
当然、うみ太郎さんにも関連する「MU-2A」のキーワードには何かご意見や思い等ないのでしょうか?。
2004年10月1日は何処かの航空祭?、撮影は浜松基地?、それとも背景の景色から他の基地?。
この航空祭では何かのイベントがあったのですか?。
写真の説明にしても、情景にしても、うみ太郎さんの想いにしても、文章が短かすぎて状況が何も分りません。
紹介された写真を見るだけではなく、見て読んで楽しみたい、と思うのは私に限らず皆さんも同じだと思います。
キャプションを書く練習と思って下さい。
素晴らしい画像の紹介だけに、そのあたりが不足し少々残念に思います。

>しか太郎さん
一日で飛行点検隊U-125のコンプリート(笑)。まあ、確かに。
しかし考えてみれば、大小の定期整備等もなく100%稼動は、この日の意義的には大きいことですね。
浜松救難の記念塗装機の件・・・、Part.5のNo.11442のことですね。
多くの皆さんのことでも頭がいっぱいですし、だいぶ前のことなので具体的な記事番号を書いて下さいネ。
撮影は東日本大震災の前日でしたか・・・。納得しました。ありがとうございます。

>うみ太郎さん、しか太郎さん
BBS II開催中は深夜投稿分のレスとGallery化の作業のために普通の日より朝早起きしてます。
しかし、寝起きでまだ頭も回転せず半分寝ぼけながら(笑)の作業は結構しんどいです。
ですので、定例更新も含めて一週間に一度、一日休暇をいただいてます。
私の一日休暇のスレッドでは、皆さんが投稿するのには二日間の余裕がありますが、
通常の毎日のスレッドのように、私のレスする直前の深夜の投稿はできる限り避けて下さい。
お仕事の都合も充分に分りますが、以前もお願いしてますので、週一回はご協力いただけると助かります。
事前に察知しPart.8を、いつもとは異なるタイミングで立てたことで、その理由を察して下さい。

>ITAZUKE-1さん
スミマセンm(_ _)m、主題より先に「WA」に反応してしまいました(笑)
私のNo.11419紹介と同じ22005、時期的にも同1975年の2月、確認された範囲が少し広がりました。
これが一時的な「WA」だとするならば、どれだけ範囲が広がるか楽しみです。
すっかいうおりゃさんが落胆するかもしれませんが、やっぱり「Western Army」なのかなぁ〜(笑)

>PAPPYさん
あらっ!、私の最も思い出深い三軍記念日ではないですかぁ〜。
陸自L-19Aが展示されていたとは、思いっきり痛いところをつかれました。
地元で『知らない』と、さらっと流せませんからネ(笑)
よく見たら、左端には空自救難隊のT-34Aまで写っているし、本当に参りましたm(_ _)m(笑)
PAPPYさんも記憶がなかったようですが、よく探し出していただきました。ありがとうございます。

>A-330さん
すっかりLR-1の膨らみにはまりましたネ(笑)。私は肩の荷が下りた感です(笑)。
しかし、また異なる膨らみ形状を発見しましたか・・・。
今のところ、他の方からのアシストがありませんが最終章までにはある程度クリアーできるでしょうかね。
ちょっと心配になってきました。
まさかの「LR-1 膨らみ延長戦」突入(笑)、なんてことにならないように皆さんの応援よろしくお願いいたします。

>DOC.Kさん
Part.7では大変に申し訳ありませんでしたm(_ _)m
紹介のL-19Aの編隊離陸は、画像としても初めて見るので珍しいと感じますが、よくある光景なのでしょうか。
今までにも、この類での編隊離陸の話題はなかったような・・・。
熊本空港は私は一度だけしか利用したことがなく、カメラも持ってなかったので撮影は未体験です。
しかし、冬場の夕日のシーンは時々見聞きしてますので、いつか今度はカメラを持って(笑)訪れたいと思います。

>73400さん
紹介画像の撮影は、寒い寒い三沢基地の公開だった年だと思います。
こちらから軽装で行ったマニアが皆震え上がりました(^_^;
L-19E-1 11214のその後は、福島県楢葉町のOLD CAR CENTERですか。BBS IIでは有名になりました(笑)
その後どうなっているのか調べでみますが、いずれにしても再開してほしいものですね。

>TAKADA TENNTEKIさん
L-5の応援ありがとうございます。さすがに私はL-5は手も足も出ず拝見するだけです。
撮影が1957年の半世紀以上も前、それも多少退色しているとはいえカラー写真。
あまりの貴重さに、ただただ呆然と拝見するのみです。
『一番目は阪神パークのF-84E』のコメントは、この同じイベントの1954年前後のことですか?。
宝塚交通博というのは、ひょっとして公共の催し物なんでしょうか。
度々話題になりますが、1960年代初頭まではこのようなイベントが各地で催されていたのですね。

>North PHANTOMさん
私も三沢でIXのL-19Aを撮っているなぁ〜、と思ったら年が違いました。
三沢独特の黒いエプロン、晴れた空、陸自のL-19A、私の撮影したコマとものすごく類似してます。
右端に写り込んでいるのは、まさかAPWのC-1 401SQ #003ではないでしょうね(笑)
さて、No.11424紹介LR-2は機首部分が見えないので部隊記号の補足も忘れないで下さいネ。
その旨、私からもレスでお願いしたはすですが・・・。
LUCHOさんがNo.11499で画像紹介されたことにより「IHB」が明確になりました。
本当に一つ一つ丁寧にお願いします。

>geta-oさん
MU-2Aの呼び名になった詳細の経緯、ありがとうございます。よく理解できました。
Gallery化では私の独断と偏見ですが、「MU-2S (MU-2A)」の表示にします。
L-19Aのデモフライトの様子、画像とコメントは大変に興味深いです。
低空で飛んで2本のマスト間に張られたケーブルを引っ掛けるのですよね。イメージは分ります。
まさか「通信筒」を回収するデモフライト行われていたとは驚きました。

>Seagullさん
L-19Aは米軍より107機(11001〜11107)供与されましたが、
その後、富士重工でライセンス生産されたのがL-19E-1 14機(11201〜11214)とL-19E-2 8機(11361〜11366)。
すなわち、紹介画像はL-19E-2。全L-19系の最終号機です。
当時、約83kmが遠かった防府北基地に行ってこの成果が得られたのは良かったですネ。
U-36A 9202の事故以降、管制側は大型機の後方乱気流をやたら気にするようになりました。
つまり海自自信も責任の一環を認めている、ということと理解できますよね。
ひどい言葉の例えですが『死人に口なし』、パイロット一人に責任を押し付けるとは本当に腹が立ちます。
古い海自の体質は、いつまでたっても変わりませんネ。

>N.SUZUKIさん
いや本当に4連続貼り付けには焦りました。どうしちゃったのだろう・・・と(笑)
73400さんNo.11372のコメント中の記述によると、
LM-2 21051は元LM-1 21016、LM-2 21052は元LM-1 21026、LM-2 21053は元LM-1 21024
逆の裏付けとして、LM-1 21019はPAPPYさんが1975年3月18日に撮影された姿をNo.11379で紹介されてます。
LM-2の3機は1963年〜1964年に改造されたので、少なくともLM-2 21051はLM-1 21019からの改造ではありません。
N.SUZUKIさんの、LM-2 21052は元LM-1 21024、LM-2 21053は元LM-1 21026 も再調査願います。

>LUCHOさん
「IHB」はNorth PHANTOMさんNo.11424紹介を、後に部隊を追記されてます。
部隊記号にはふれられてませんでしたが、やはり紹介画像のように「IHB」が書かれてるのですね。
LR-2が明野に降りられないとは・・・。そういえば、1号機23051は「SU」でしたね。
明野「S」でテストできないので、こじつけの理由で宇都宮「SU」で評価テストを実施したのかな?。
私はLR-2に関して何度もブツブツ言ってますが、やっぱりLR-2の機種選定は、どこかおかしいですヨ。

>Gulf4さん
LC-90もコンプリートできました。ありがとうございます。事後なら安心して口にできますネ(笑)
馴染み深く見慣れた61空LC-90ですが、撮影場所が違うと格好良く見えるのが不思議です(笑)
失礼m(_ _)m、紹介の画像が格好良いのでしたネ。
No.11479紹介LR-2 23053/XVの胴体下はカメラポッドでしたか。納得です。
今の時代、まさか銀塩は使ってないでしょうね。でも「まさか」だったりして・・・(笑)

>Straight Wingsさん
落としたのは発炎筒のようなマーカーかな?。
そういえば、当時、MU-2では定番のデモシーンがあったはずなのですが、全て忘れてしまいました(^_^;
自衛隊機の部隊間の移動の記録をつけてないので確固たる裏付けの元ではありませんが、
米軍機よりも自衛隊機の部隊間の移動は短期間であちこち周るような気がします。
しかし周りまわって、また元の部隊に戻るケースも多いようなので、それを把握していないと混乱します。

>tomodakaさん
『一粒で二度おいしい』、tomodakaさん世代の方ではないのかな?(笑)
航空祭での救難展示はU-125A/UH-60Jペアのほか、紹介のようなU-125A 2機のデモも実施されたのですか。
なんせ私は「U-125A/SH-60Jペア」の世代ではないので全く分りません(^_^;
しかし、この2機は津波被害で抹消されたとは・・・。
その後、津波被害分を充当するために追加発注はされたのでしたっけ?。

>皆様
ここはクローズしPart.9を立てます。





JSDF LOUs 7 Name:Takafumi HIROE Date:2014/07/15(Tue) 07:24 No.11462   
これだけ種類が多いと何故だか劣勢で埋もれてしまいそうな機種ができてしまいます。
ということで、未だ1コマしか紹介されてないMU-2Jを応援します。
撮影は1989年1月25日の百里基地。
「JSDF Jet Trainers」で話題になったアグレッサーの「ドロドロ迷彩」を撮った日です。
しかし、何故↓のアングルとなったのかの記憶が全くありません。


>皆様
引き続き「自衛隊LOU機」の話題をお待ちします。

Re: JSDF LOUs 7 Name:PAPPY Date:2014/07/15(Tue) 07:53 No.11463
広江さん、皆さんおはようございます。
今日はオスプレイの厚木初飛来が報道されており、当然のことながら迎撃すべく展開するので早めにアップします。
今年の2回目の大雪後の晴天の2014年2月17日RW19上がりの 61空 LC-90 9303 です。
雪レフ狙いですが、LC-90の白色はとても綺麗でしたが露出補正が難しく翼下面が白とびしてしまいました。


Re: JSDF LOUs 7 Name:North PHANTOM Date:2014/07/15(Tue) 08:11 No.11464
広江さん、皆さんおはようございます。
 L-19を初め貴重な記録ともなる写真ですね。
 今日はL-19の未出Noというだけです。
 1977年10月2日百里基地公開から第1飛行隊の11070です。s/n 51-12118
※四国赴任時代は営業車で早めに移動し、松山空港、徳島空港、高知空港で撮影していました。
  高松空港は休日に行きましたが、時刻表にチャーター便の予定が記載されていましたので、助かりました。


Re: JSDF LOUs 7 Name:A-330 Date:2014/07/15(Tue) 08:43 No.11465
広江さん、皆さんおはようございます。

引き続きLR-1初期型の「ふくらみ話題」を。
4号機にも「ふくらみ」がありましたが、geta-oさんの解説にもありましたとおり、12,7mm機銃用?の大きなふくらみはついていません。

LR-1 N 22004 1974年入間

広江さん、すっかいうおりゃさんから5号機、N.SUZUKIさんから6号機が紹介されましたが、新たに7号機の右側にも「ふくらみ」が付いていることを発見しました。
N.SUZUKIさん紹介の6号機は、機体左側を撮影されたものですので右側がどうなっているのか気になります。
7号機「ふくらみ」写真は明後日にUP予定です。


Re: JSDF LOUs 7 Name:73400 Date:2014/07/15(Tue) 12:55 No.11468
広江さん、みなさん、こんにちは。
こちらは1982年8月8日、千歳航空祭で地上展示された丘珠・北部方面飛行隊のL-19E-1・11206/Nです。
海自US-1(9075)にフロートで頭を押さえつけられている、(ように見えるだけですね(^^))。

L-19E-1/-2というと、私的には岩沼分校のオレンジ色の機体のイメージが強いですが、それ以前の導入時はどんな部隊への配属だったのでしょうか。
岩沼分校には、E-1/E-2の22機のうちほとんどがいたと思います。そのあと宇都宮分校に移り、L-19での教育が終了したあとに各部隊に分散配備されたものと思います。OD色への変更は宇都宮分校時代でしょうか。
東北方面関連では、1980年代初頭に、山形・神町6飛(Y)に11210が、八戸9飛(\)に11214がいましたが、霞目NEには配備されなかったと思います。

それから、A型には装備されていませんでしたがE-1/E-2型にはアンチコリジョンライト(主脚取付け部のやや後方に赤色回転式)が装備されており夜間でも識別できました。


Re: JSDF LOUs 7 Name:geta-o Date:2014/07/15(Tue) 16:31 No.11469
広江さん、みなさんこんにちは。
今日は私は今回はパスしましたが皆さんオスプレイのお迎えに行かれたようで出足が悪いようですね。
今日はすでに出ていると思ったのですがまだなので救難飛行隊50周年塗装のMU-2A(63-3228/浜松救難隊)
2008/6/1 入間


Re: JSDF LOUs 7 Name:ET Date:2014/07/15(Tue) 19:23 No.11470
広江さん、皆さん、こんばんは、
2011年6月4日被災地のお見舞いに行かれる皇太子ご夫妻を乗せた空自U-4 (05-3255)の随伴機(85-3253)で、羽田の16Lからの離陸です。民間機はまだ震災からの日本復興の応援メッセージロゴをあしらっていますがこの「がんばろう!日本」はどの位の期間付けていたのでしょうか。


Re: JSDF LOUs 7 Name:TAKADA TENNTEKI Date:2014/07/15(Tue) 19:25 No.11471
 広江さん、皆様こんばんは。昨日のMU-2S 23-3214は、仰るように1972年頃の方が分り良いですね。今日も小牧の MU-2S 33-3215 ですが、これも領収前のテスト飛行だとすると1973年頃と言うことで・・・・。いつもあやふやな時期と下手な写真で申し訳ありません。

Re: JSDF LOUs 7 Name:すっかいうおりゃ Date:2014/07/15(Tue) 20:35 No.11472
広江さん 皆さんこんばんは!
ネガ、スライドは、現在一切某国には持ち込んでいませんので デジタル化に踏み込んだ後の時代のものに一気にワープして 2008年12月14日那覇航空祭でのLR-1(22019)をUP致します。1978年3月に那覇でこの塗装のLR-1を見せていただいた時は、色の違いにすごい新鮮さを感じましたが この塗装を選択したS二佐曰く「いくつかの案を作ってみましたが これが一番良いと思って採用しました」と採用されなかった他の案も見せてくれながら解説してくれたのを思い出しました。地元感情がまだ微妙な時期だけに「救難」を前面にアピールした塗装ではなかったのかと想像しています。塗装だけ見ても 本土とは大分状況の違いがありますね。

広江さん> 「WA」の問題は、スカイホーク好きの陸自隊員が「army」のAも加えて勝手に書き込んだ・・なんてオチには絶対にならないでしょうが(笑)私も是非真相が知りたいです。

うみ太郎さん> 2008年までLRがこの塗装を継承していたのは、驚きでした。LRには相当「緊急医療輸送」のイメージが定着していたのでしょうね。私もかっこいい着陸シーンを撮りたかったです。

A-330さん> LRに12.7ミリ機関銃を搭載する予定だったなんて知りませんでした。でも 標準装備化されていたら 陸自唯一の武装レシプロ偵察機として魅力・迫力も2倍3倍になったでしょうね。想像しただけでワクワクしてしまいます。


Re: JSDF LOUs 7 Name:Seagull Date:2014/07/15(Tue) 21:35 No.11473
広江さん 皆さん、こんばんは。
海自岩国所属機のU-36Aネタは第91航空隊「9202」で私の投稿は終わりです。9203は撮影しておりませんので、皆様よろしくお願いいたします。
海自唯一のジェット機と言われてきましたが「P1」の出現で、そのように表現する事もなくなりました、ジェット機らしい鼻の尖った風貌は、私は好きです。
画像は2002年1月7日 岩国に着陸するU-36A(9202)


Re: JSDF LOUs 7 Name:N.SUZUKI Date:2014/07/15(Tue) 22:29 No.11474
広江さん 皆さんこんばんは。
L-19A 11005 S 撮影は、1964年2月19日 江東区の東雲飛行場です。
 この当時、何度か行きましたが、陸自機はL-19、LM-1等、割りと見る機会が有りました。翌65年からは東雲は飛行場でなく場外離着陸場扱いとなったとされ、自衛隊機は羽田使用が主になっています。


Re: JSDF LOUs 7 Name:ITAZUKE-1 Date:2014/07/15(Tue) 23:27 No.11475
広江さん 皆さん こんばんは 
1975年2月18日 高遊原分屯地を離陸する LM-1 W 21001です。
角度によっては阿蘇山がバックに入りますので 絵になります。


Re: JSDF LOUs 7 Name:Cranberry01 Date:2014/07/16(Wed) 14:31 No.11477
広江さん、皆さん、こんにちは。
自衛隊機の機種名称に不慣れなことから、失敗をしてしまいました。申し訳ありません。

改めまして、1995年新田原でのMU-2S(33-3227) 。


Re: JSDF LOUs 7 Name:Straight Wings Date:2014/07/16(Wed) 16:34 No.11478
広江さん、みなさん、こんにちは
1975/7/27 松島基地祭でのMU-2S 73-3202です。松島救難隊の隊旗が立派です。建屋のたたずまいなどは時代を感じさせますね。 


Re: JSDF LOUs 7 Name:Gulf4 Date:2014/07/16(Wed) 22:07 No.11479
LR-2は新規輸入の通関作業から、その後の改修作業、そして定期整備と、仙台空港はLR-2と縁のある場所です。
LR-1の後継機選定に際し、陸上自衛隊で一番滑走路が短い、霞目飛行場でも離着陸可能なこと。
そんな要求項目があったと記憶していますが、実際は運用が難しいのか、要務飛行でも仙台空港に飛来します。
運用試験で霞目飛行場に一回は離着陸した様ですが、かなり燃料を少なくして離着陸したと聞いた記憶が・・・。
今回は2012年4月27日、仙台空港で定期整備後の社内フライトをする第15飛行隊のLR-2(23053/XV)。
部隊マークと共に「チバリョー東北」の文字が記入されています。
なお「チバリョー」は沖縄方言で「ガンバロー」の意味で、左側だけに記入されていました。
それから胴体下にはカメラポットを装備しています。


Re: JSDF LOUs 7 Name:Takafumi HIROE Date:2014/07/16(Wed) 22:30 No.11480
>PAPPYさん
白い機体は雪レフ効果は抜群ですよね。主翼下面が本当に綺麗です。
白飛びしたということですが、画像を見る限りでは、あまり感じられませんが・・・。
ポジ時代は、露出オーバーで何もないものからは何も得られないと、常にアンダー気味で撮りました。
デジもその理屈は同じですが、これほどまでにも雪レフ効果が強いと、確かに露出は難しいようですね。

>North PHANTOMさん
帰投に向けてのエンジンスタート直前のシーンでしょうかね。
航空祭での帰投シーンは、私はどうしてもこの種類より優先する機種ばかりを狙ってしまいました。
ですので、今回の話題では飛ぶ姿以外は、航空祭での動く姿は一コマもありません。
さて、スキャン後のオリジナル画像で「自」の下に書かれる元米軍S/No.をお知らせ下さい。
余分なお願い&回答のキャッチボールが続きましたので再度のお願いです。
何が必要であるかは充分にお分かりと思いますので、補足できることは必ず記事内に記述下さい。
よろしくお願いいたします。

>A-330さん
LR-1の胴体下面の膨らみについて、これほどまでにも話題が広がるとは思いもよりませんでした。
今回の話題でLR-1の奥深さを再認識してます。
この膨らみは右下面だけに見られるのでしょうか・・・。
今後の分析および皆さんからのコメントや画像紹介に期待します。
それにしても、この上から撮ったアングルは最高です。

>DOC.Kさん
投稿されたF-86Fの事故にまつわる話題については大変に貴重なので異議は全くありませんが、
片隅に小さく機体も切れて写るL-19の番号も分らないのでは、今回の話題には該当しないと判断しました。
せっかくの投稿に大変に申し訳ありませんが、No.11466, No.11467を削除させていただきました。
また皆さんにも常々お願いしていることですが、
新たなレス(No.11467)でコメントの訂正をするのではなく、該当記事(No.11466)を訂正して下さい。
ご理解ならびにご協力をお願いいたします。

>73400さん
US-1のフロートに押しつぶされちゃいますよ(笑)
L-19E-1, L-19E-2の運用形態、私はほとんど理解できてませんでしたが、コメントで明確になりました。
機体がオレンジ色に塗られていた理由も納得できました。
またその後の東北地方の部隊・方面隊への配備状況も、しっかりと記録されているのにも脱帽です。

>geta-oさん
このデザイン、私にも見覚えがあると思ったら、MU-2Sではなく2008年に撮影したCH-47Jでした。
鳥?のようなデザインは何をモチーフにしているのでしたっけ?。
さて、やはり避けて通れない道に当たりました。
MU-2Sの18号機(43-3218)以降を「MU-2A」と区別していたとの記述を多方面で見かけますが、
当時は私は「MU-2S」と記憶していて、後に「MU-2A」と区別するようになったのかな?と思ってます。
それともう一つ、これはgeta-oさんも周知のことですが、
当初開発された民間型の最初に生産された型式が「MU-2A」。「MU-2A」は少数生産で終わり、
以降はエンジンをギャレット・エアリサーチに変更した「MU-2B」に続いてます。
ですので、空自の「MU-2A」の呼び名は非公式かな?と思ってますが、如何でしょうか。

>ETさん
民航機で多く見かけた「がんばろう!日本」は空自機にも貼られたのですか。U-4だけですかね。
この時期、私は空自機はもちろん、民間機からも足が遠のき始めていたので初めて見ました。
私も貼られていた機体および期間について興味がありますので皆さんからのコメントに期待します。

>TAKADA TENNTEKIさん
S/No.の領収年だけで撮影年を特定するのには無理がありますが、
紹介の33-3315も見る限りピカピカの新車状態ですから、1973年の撮影でしょうかね。
しかし、後ろに写る機体が、No.11449は赤シャチF-86F、No.11471は5術T-33A、面白いですネ(笑)

>すっかいうおりゃさん
私の憧れの存在「IB」、イイですねぇ〜。こればかりは沖縄に行かないと撮れませんものね。
暑い沖縄では、機体上面を白に塗装することから始まり、加えて救難機をアピールしたのでしょうね。
「WA」問題、すっかいうおりゃさんの読みは的外れではないかも、と、思い始めてます(笑)

>Seagullさん
私もU-36Aは9203だけが未撮影です。
Seagullさんがこのシリーズを始められたのでU-36Aがコンプリートできるかと期待してました。
ですので、皆さんからの9203の紹介を私も期待したいです。
ところで9202の事故原因は、その後、パイロットの判断ミスのような記述を見かけます。
その記述ではUS-1Aの後方乱気流が充分に予測できたのに着陸進入したのが原因と書かれてますが、
パイロット独断の判断ではなく、あくまでも管制官の指示に従ったまでのことだと思います。
亡くなったクルーには、あまりにもひどい記述だと思わざるをえません。

>N.SUZUKIさん
さすがN.SUZUKIさん、 東雲飛行場にも行かれてるのですネ。本当に頭の下がる思いです。
この場所では紹介のL-19A以外にもLM-1等を見る機会が多かったということですので、
ETさんがNo.11382さん紹介画像は、決して一時的等の珍しい姿ではないのかもしれませんね。
時代を記録した貴重なショットです。

>ITAZUKE-1さん
遅ればせながらの登場のLM-1の1号機ですね。
高遊原分屯地と阿蘇山の位置関係を地図で確認しました(笑)。R/W07からの離陸でしょうか。
山々が背景に迫る基地(空港)は私の住む身近な所にはないので、紹介のショットはとても新鮮に映ります。
それにしてもITAZUKE-1さんは、九州内とはいえども距離的には遠い各地に精力的に遠征されていたのですネ。

>Cranberry01さん
『○○は難しい〜』の私の言葉を、今回の話題でCranberry01さんも身をもって実感されたことと思います(笑)
更に細かいことになりますが、紹介の機体もgeta-oさんNo.11469にて「MU-2A」と指摘を受けてますが、
もっか私のレスコメントで審議中(笑)となってます。
No.11427紹介#206、No.11362紹介#209と比べると主翼端の燃料タンクの長さが異なります。
まあとにかく、自衛隊機の名称ルールは、Cranberry01さんも私も、おかしいと感じてますものね(笑)

>Straight Wingsさん
画像はスキャンしてませんが、紹介の松島救難隊のシーンは私も撮ったような???。
隊旗や後ろに写る建屋で、おぼろげながらですが思い出しました。
もう何十年も前で現在は分りませんが、厚木基地海自の救難隊の建屋も同じ雰囲気です。
ハンガー等々、各基地の施設は同じ設計で作られているのか似た雰囲気が多いですよね。

>Gulf4さん
沖縄の(現)第15旅団の第15飛行隊は他の陸自部隊とは異なる固有の編成、
例えるならば、方面部隊的とナンバー飛行隊が合併したような規模のように思えます。
垂直尾翼にも部隊マークを書き入れるなど特異な存在ですネ。
このXVのLR-2も、こちら本土では極端に言えば仙台空港だけが撮影できる場所でしょうか。
雨の降る天候が悪いにも関わらず撮影するのは、それだけ貴重とも感じました。
胴体下面に見えるのは何かのレドーム?。洋上飛行の多いXVならではの装備でしょうか。

>皆様
ここはクローズしPart.8を立てます。





JSDF LOUs 6 Name:Takafumi HIROE Date:2014/07/14(Mon) 06:42 No.11444   
UC-90 9102、残念ながら「くにかぜU」はエンジンナセルで隠れてしまってます(笑)
↓は導入直後の51空でのテスト中の姿。1983年6月2日撮影。
機首の計測ブームは他機でも見かけますが、お尻の棒は何でしょう???。機首のブームとのバラスト?。
スミマセンが再び皆さんからの解説をお待ちします。(LR-1の「WA」記号の件もお願いいたします)



>皆様
引き続き「自衛隊LOU機」の話題をお待ちします。

Re: JSDF LOUs 6 Name:PAPPY Date:2014/07/14(Mon) 06:57 No.11445
広江さん、皆さんおはようございます。
今日はW杯の決勝観戦で早起きの方が多いのではないでしょうか。
2010年6月6日の木更津航空祭のヘリ大編隊と一緒に航過飛行後、展示エリアにタグされる連絡偵察飛行隊の LR-1 22018 LR です。
20機導入されたLR-1ですが退役が進んでおり最後の1機が今年の航空祭で見られるかどうかです。


Re: JSDF LOUs 6 Name:geta-o Date:2014/07/14(Mon) 07:33 No.11446
広江さん、みなさんおはようございます。
LR-2 #23050は「自衛隊での飛行機ではありません」は少し説明不足でしたね。
本機は購入時航空機の場合は予算上航空機として計上し国会での承認が必要です。この#23050は航空機購入費目には見当たらづ、多分教育用機材として購入したものと思います。したがって正式にはLR-2と呼ばずにBc350が正しい型式かもしれません。(自衛隊ではLR-2 整備実習教材と言っているようです。)ということで書類上は自衛隊の備品です。
ところでLR-2も#23057から胴体中央下部に偵察カメラ収納部がみられるようになりました。偵察機としては少し大きすぎるかな。ただし陸上自衛隊はヘリおよび無人機に偵察任務を付与していますのでこのLR-2は戦域での偵察というより災害時の状況偵察等の任務が主になると思います。
今日は既出ですがLR-1(22016/SU) 離陸の脚上げ状態 私はこのくらいの離陸が好きです。
2005/5/22 北宇都宮


Re: JSDF LOUs 6 Name:ITAZUKE-1 Date:2014/07/14(Mon) 08:19 No.11447
広江さん みなさん おはようございます。
1971年8月15日 目達原駐屯地を離陸する L-19A 第4飛行隊 11082(51-4648)です。
外柵が入らないように近づくと ズ-ムレンズがなかったので機体がはみ出てしまいました。 


Re: JSDF LOUs 6 Name:A-330 Date:2014/07/14(Mon) 10:30 No.11448
広江さん、皆さんこんにちは。

LR-1初期型にみられた胴体のふくらみについて今回のお題のおかげでネガを再探索してみました。その結果確認できたものを紹介させていただきます。

LR-1 IB 22003 101飛行隊 1973年那覇
LR-1の3号機でOD色でのフライトショットです。
沖縄塗装に化粧直ししたカットは機会があればUPします。
ふくらみは撮影用搭載カメラのためのようです。
1,2号機に見られる、もう一つの大きなふくらみですが、2号機写真から12.7mm機銃発射口パネルらしきものを確認できました。紹介チャンスがありましたらこのカットもUPさせていただくつもりです。



Re: JSDF LOUs 6 Name:TAKADA TENNTEKI Date:2014/07/14(Mon) 12:16 No.11449
広江さん、皆様こんにちは。今日は小牧のご当地ソング(?)MU-2S 23-3214 で1975年中ごろの撮影だと思います。三菱からのお出ましですが、今となっては背後の赤鯱が気になるところです。

Re: JSDF LOUs 6 Name:73400 Date:2014/07/14(Mon) 17:43 No.11450
広江さん、みなさん、こんばんは。
こちらは霞目・東北方面飛行隊のL-19A・11094/NE。1979年7月29日、松島基地祭での撮影。
低画質で失礼します。「自」の下によく記入されていた米陸軍時代のナンバーがありません。別のところに記入されていたのかもしれません。

この時期、数年のスパンで、NEと八戸9飛(\)との間で機体の移動がいくつかありました。
11029 \→NE
11057 NE→\
11094 \→NE

航空雑誌やネット、そして今回の皆さんの投稿から、W、W、[の間での移動の例もわかりました。
同じ方面隊内での機体のやり取りなどが行われていたのでしょう。

尚、八戸9飛のL-19Aが1967年12月に青森県七戸町に墜落したという記録がありますが、米軍のF-4Cと空中接触したようです。当時、三沢にF-4がいたのでしょうか。このL-19Aは11010でした。


Re: JSDF LOUs 6 Name:N.SUZUKI Date:2014/07/14(Mon) 18:09 No.11451
広江さん 皆さんこんにちは。
LR-1 22006 SU (スクール宇都宮分校)の所属ですが、撮影は、1975年ごろの八尾基地航空祭です。
すっかいうおりゃさん 「LRは良く出来ているが、懲りすぎていて使いつらい」とのことですが、当時三菱がライセンス生産していたF-104Jの主脚を流用し、このピカピカのスポーツカー的外観、私は最も好きな機体です。
陸自が運用するには問題があったかもわかりませんが、当時ビジネス機の使用を目的とした世界最高性能の機体で、700機以上も売れた傑作機であり、他にありません。
短い滑走路の陸自の明野基地や霞が浦に配備され、運用できたのはこの機体だけでした。
MU-2シリーズ何度か乗る機会がありましたが、最も印象深かったのは、着陸時、高翼機の低い位置の操縦席からのタッチダウン時の感覚が、慣れていたセスナ172が2倍以上の速度で、地面にタッチする感覚で、凄い迫力だったことを覚えています。



Re: JSDF LOUs 6 Name:seagull Date:2014/07/14(Mon) 20:23 No.11452
広江さん 皆さん、こんばんは。
しつこく海自岩国所属機を・・・。
2010年7月30日 岩国基地新滑走路R/W20に着陸する第91航空隊のU-36A(9201)
翼下には標的曳航装置(RM-30A)と超低高度曳航標的を装着しています。
標的の定めと言うますか、中には艦船の対空射撃により命中、脱落?している物もあるようです。
>広江さん
 標的についてですが、基地祭で「@高速曳航標的/反射型」「A高速曳航標的/標準型」「B超低高度曳航標的」などが展示されています。#11433画像の標的はAです。標的に黒いアンテナが付いています、無しが@。
 胴体下部、レドームについては、航法・気象レーダーと本に書かれていますが・・・??


Re: JSDF LOUs 6 Name:LUCHO Date:2014/07/14(Mon) 20:34 No.11453
広江さん、みなさん、こんばんは。

U-125Aは物資投下口が主脚収納庫内に有る為、投下時は脚を下げる必要が有ります。

U-125A 小松救難隊 32-3021
09/11/01、小松航空祭にて。


Re: JSDF LOUs 6 Name:tomodaka Date:2014/07/14(Mon) 21:06 No.11454
広江さん、みなさん、こんばんは。その節は大変お世話になりました。
さて、話題(笑)の「くにかぜU」・・・ぎりぎり見えますでしょうか。
まさかまさか(?)の松島基地RWY33ランディング時の画像です。
ちなみに、2008年6月に発生した岩手・宮城内陸地震の際は松島からミッションしておりました。

UC-90(9102) 2004年9月14日 松島基地(33エンド)にて


Re: JSDF LOUs 6 Name:Cranberry01 Date:2014/07/14(Mon) 22:08 No.11455
広江さん、皆さん、こんばんは。
>広江さん、益々、興味津々になってきました。
新しい飛行機が色々出てきますが、見たことが無いものばかりで、”昭和は古く成りにけり”の感有りです。(ん〜〜)
Learjetはアメリカでも民間会社がUS NAVYに同じ様な用途で使用されていたのを見たことがあります。

元は同じものですが、MU-2よりLR-1の方がカッコ良く見えます。特に迷彩は怪しい飛行機的で迫力満点です。
>SUZUKIさん、一度乗りたくなりました。正面や斜め前からのショットはイイデスネ〜。胴体断面はほぼ円形の様ですが、内部も側面や天井は同じ様に円形なのでしょうか?

少しずつネガを探して行くと、フィルムの最初や最後に今回のお題の機体が時々出てきます。(部分的に露光していたり、被ったりしています。)自分自身には撮った記憶は殆ど無いんですね〜。(笑)。
L-19A(11077)


Re: JSDF LOUs 6 Name:Straight Wings Date:2014/07/14(Mon) 22:41 No.11456
広江さん、みなさん、こんばんは。
霞目のR/W14を離陸する東北方面飛行隊のLM-2 21052。1974/2/1の雪晴れの朝、カメラを持って離陸側に向かったら翼下面を明るく照らされたLM-2があがってきました。


Re: JSDF LOUs 6 Name:North PHANTOM Date:2014/07/14(Mon) 23:00 No.11457
広江さん、皆さん今晩は
 No.11424では失礼致しました。
 LR-2は木更津基地の第1ヘリコプター団所属です。※No.11424も修正させて頂きました。
 今日は2004年1月15日の徳島基地から第91航空隊のLC-90 9303です。
 当時高松に単身赴任で、徳島基地に行って、リフレッシュしてました。
 ※スターマークの撮れない地区でしたので、この時から民間機にもレンズを向ける習慣が身につきました。(笑)


Re: JSDF LOUs 6 Name:すっかいうおりゃ Date:2014/07/14(Mon) 23:17 No.11458
広江さん 皆さんこんばんは!
本日は接待で白酒をたんまり飲まされたため 文面が正常にかけるか心配です。
それで無くとも 普段から誤字脱字が多いもんですから・・(==;)
前回のLR-1と同じ1977年8月に高遊原で撮影したLM-1(21022)です。フライトを終え給油した後 格納庫に
収められましたが 大きな航空用カメラを隊員が担いでいましたので 撮影任務でもしていたのでしょうね。
機首は、「W」の文字が入っています。

DOC−Kさん> ご無沙汰しています。これだけ長く交流させていただいているのに 一度もお会いしたことがありませんでしたね。是非一度おあいしたいですね。高遊原は当時親父が勤務(単身赴任)していた場所なので 遊びに行ったのですが小学生の頃一度転勤で熊本におりました。そのときは、まだ飛行場は、健軍に近いところだったですね。

N.SUZUKIさん> LR-1については、私も同感で大好きな機種の一つでした。しかし F-104の主脚を参考に作られたとは・・勉強になりました。そういえば 翼端のタンクと言え 高翼スタイルと言え なんとなくF-104と共通点がありますね(笑)。親父が使いづらいと言ったのは、どういう意味なのか その時は掘り下げて質問もしなかったのですが L-19、LM、LR、UHなどほぼ陸自の全機種のライセンスを持ってましたので 他の機種と比較して 何らかの面で不便さを感じていたのかもしれません。私も一度でよいので乗ってみたかったです。 


Re: JSDF LOUs 6 Name:うみ太郎 Date:2014/07/14(Mon) 23:54 No.11459
今回はあまり見れない真上からの画像です。
入間航空祭での点検隊のデモフライトで、毎年YS-11とペアでフライトしています。
会場からは腹になってしまうので、外周からの撮影です。軽快な飛行を見せてくれます。

2010年11月3日 入間基地 U-125 39-3042 飛行点検隊


Re: JSDF LOUs 6 Name:怪鳥 Date:2014/07/15(Tue) 01:12 No.11460
広江さん、皆さん、今晩は

何時もながら、皆さんの素晴らしい写真と貴重な情報。楽しませて頂いてます。
未出機番と言うだけの写真ですが、1975年11月9日入間航空祭でのLM−1、21020/E。お帰りの転がりです。


Re: JSDF LOUs 6 Name:Takafumi HIROE Date:2014/07/15(Tue) 07:22 No.11461
>PAPPYさん
今年の航空祭LR-1が見れるかどうか分かりませんが、あるとしたらチャンスは木更津基地航空祭でしょうか。
私は2011年10月2日に久々の木更津基地航空祭に行った時、LR-1 22020が展示してあるのを見て、
もう既に引退した機体が並べてあるのかと勘違いしてしまいました(笑)
なんせ、LR-1を見たのはウン十年ぶりでしたからネ(^_^;

>geta-oさん
LR-2 23050は、整備実習教材機の看板を掲げて展示されているようですね。
製造番号から調べたら、1990年製造の中古機のようですね。
23051以降のLR-2は、製造年によって各機の仕様が微妙に異なるようですので、教材としても難しそうです。
紹介のLR-1ですが、『このくらいの離陸が好きです』って、これ以上の良いショットは撮れるのですか?(笑)
LR-1を私は離陸を撮ったことがありませんので、このショットは最高です。

>ITAZUKE-1さん
近すぎるがゆえの苦肉のショットですね。しかし、元米軍S/No.がはっきり読み取れるのは幸いでしたね。
私は目達原駐屯地に行ったことがないので、Part.4 No.11403画像との位置関係を改めて調べたところ、
R/W22からの離陸を撮る東側からしか撮影できないようですね。
基地の外の道路を見ると、やはり近いことが確認できました。今も昔も変わってないということでしょうね。

>A-330さん
またまた新発見ですねぇ〜。私の撮影したLR-1の一番古い機体は22005。
この機体以降を再度見直しましたが、紹介の胴体下の膨らみはありませんでした。
那覇の1Bは正確にいうと、1972年10月〜1973年10月は臨時第1混成群、1973年10月以降が第1混成団のようです。
間に自衛隊特異な「臨時第1混成団準備本部」が入るようです。
紹介画像の撮影が1973年10月より以前か以後かで微妙に異なりますが、Gallery化では区別しません。

>TAKADA TENNTEKIさん
S/No.からして、ひょっとして撮影は1972年で、空自に引き渡し前の三菱でのテストフライトでは?。
私も小牧基地に行った時は、MU-2が空自側から出てきたか三菱側から出てきたか、気づいた限りでメモしてます。
そのメモを見直したら、新品ではありませんが、テストフライトと思われる機体を撮ってました。

>73400さん
方面飛行隊と方面航空隊所属下のナンバー飛行隊間での機体の移動の例は結構多いかもしれませんね。
自衛隊機のS/Noを整理されている方がいらっしゃると、より明確になるでしょうけど、
日本では番号を整理する方が少ないようですので、皆さん個々の身の回りだけの情報になってしまいますね。

>N.SUZUKIさん
すっかいうおりゃさんも『ピカイチの機体』とおっしゃってますし、私も前のレスで傑作機とコメントしてます。
MU-2は誰から見ても格好良いヒコーキで嫌いと言う方は居ないでしょうね。
ただ、あまりにも小型のビジネス機を自衛隊で運用するには不便さも多かったかもしれませんね。
紹介の画像も最高のショットです。

>seagullさん
標的3タイプの解説、ありがとうございます。
尾部の翼の形状の違いが真っ先に目に付きますが、あとは、じっくり見ないと分らないです・・・。
そもそも、これらの標的を公開時などで間近に見たことがないので、皆さんの画像から判断するのみ。
これでは詳細まで判別はできないです。やはり、何処かの航空祭などに行かなければ駄目ですネ。
胴体下部の航法・気象レーダーというのは見たことがあります。失礼いたしました。

>LUCHOさん
U-125Aは物資やマーカーを何処から投下するのかと思ったら、主脚収納庫内ですか。
実は私はU-125A/SH-60Jの救難デモを一度しか見たことがないような・・・(^_^;
その時でさえ、真面目に写真も撮らずに、ただボーっと眺めていただけでした。
このような話題が始まるとは想像もしていませんでした(笑)

>tomodakaさん
「くにかぜU」見えますねぇ〜。私のは見えません。悔しいなぁ〜(笑)
ストックしている他の撮影コマを再度捜索してみますが、はたして見えるコマが見つかるか・・・。
B-65P 9101とUC-90 9102は私は神出鬼没の印象があり、遠征先でひょっこり撮れる事がありました。
岩手・宮城内陸地震後のミッションは、私の撮影した時とは異なるミッションなのかもしれませんね。

>Cranberry01さん
最近は来なくなりましたが、以前、厚木にも米軍相手のリアジェットが何度か飛来したことがあります。
2006年12月からはATACのハンターが厚木に常駐化したので、その楽しみがなくなりました。
今回のお題が始まってからは、だいぶ想定外のことが多いのではないでしょうか(笑)
特に、LR-1の格好良さを初めて認識したようですね。たまには、このような話題も楽しいものです。

>Straight Wingsさん
不思議な印象を受ける画像と思いましたがコメントを拝見してその理由が分りました。
私は霞目に一度だけ行って何も飛ばないのですごすごと帰ったことしかないのですが、
短い滑走路ゆえ、R/W32エンドからでも、このような低い離陸が撮れるのでしょうか。
そういえば、私が行ったのもR/W32エンドだったような・・・。

>North PHANTOMさん
自衛隊機を撮影する場合、仕事が休みの日は自衛隊も休みの日ですので、
徳島基地では地元202空も飛ばないときは自然と民間機にもレンズを向けることになったのでしょうね。
その成果をこのBBS IIで紹介できるチャンスはあるのか?ないのか?(^_^;

>すっかいうおりゃさん
1977年8月の撮影時期に期待しましたが、機首に書かれていたのは「W」ですか。
1975年7月撮影LR-1 22005の「WA」についての説明をいただいてませんが、最終章までには解決したいです。
しかし、私的には当時米海兵隊で最も馴染み深かった「WA」レターが頭から離れません(笑)

>うみ太郎さん
救難隊のUH-60J/U-125Aのデモは意味が分りますが、点検隊もYS-11とU-125がペアでデモフライトですか。
それぞれ航空祭では定番だとは思うのですが、なんせ私はU-125/U-125A世代ではない(笑)
会場から腹、基地の外から背中、共に一度は見に行かなくてはなりませんネ。
しかし劇混みの入間基地航空祭は、腹の体験はできないかもしれません(笑)

>怪鳥さん
別のレスでも書きましたが、私はLM-1の動く姿を撮った記憶がありません。イコール、該当する画像もありません。
航空祭ではよく見かけてはいたのですが、紹介のような帰投時までは中に居なかったのかもしれません。
正直なところ、今回の話題の機種は航空祭でも撮影のプライオリティは他より低かったせいでしょう。
その場に居ながら撮れなかった悔しさがこみ上げる皆さんからの紹介画像です。

>皆様
ここはクローズしPart.7を立てます。





JSDF LOUs 5 Name:Takafumi HIROE Date:2014/07/13(Sun) 06:54 No.11419   
厚木基地に飛来した「WA」記号のLR-1 22005、1975年7月2日。
陸自方面航空隊/飛行隊は「N」、「NE」、「E」、「M」、「W」の5個だと思っていたのですが、
この「WA」は、時期的に高遊原の西部方面飛行隊だと思ってますが、
当時の西部方面ヘリコプター隊「WH」と区別するための「WA」記号なのでしょうか?。
スミマセンが、どなたか解説をお願いします。



>皆様
引き続き「自衛隊LOU機」の話題をお待ちします。

Re: JSDF LOUs 5 Name:ITAZUKE-1 Date:2014/07/13(Sun) 07:12 No.11420
広江さん みなさん おはようございます。
73400さんのNo.11409に反応して
1971年11月7日築城基地公開に展示された LM-2 W 21051です。
陸自機の基地に撮影に行くことはほとんどなく 基地公開で撮影するのがほとんどでしたので いつごろまで西部方面隊にいたのかは不明です。


Re: JSDF LOUs 5 Name:geta-o Date:2014/07/13(Sun) 08:08 No.11421
広江さん、みなさんおはようございます。
広江さん滋賀飛行場へは夏休みに関西方面に旅行した際、浜大津にいる関西航空の下駄履きセスナを撮りに行ったついでに立ち寄りました。
飛行場には垣根もなく留守番の隊員が1人いて親切に案内(といっても3機も入ればいっぱいの格納庫のなか)してくれました。
今日は邪道LR-2(23050/c/n FL-15/ex N25KB) SK
本機は霞ケ浦駐屯地で整備教材として使用するために輸入された機体で飛びません(自衛隊での飛行機ではありません)
2010/4/11 霞ケ浦 公開


Re: JSDF LOUs 5 Name:PAPPY Date:2014/07/13(Sun) 09:43 No.11422
広江さん、皆さんおはようございます。
1964年11月3日の入間航空祭に展示された L-19A 11072 I です。
その後何回か航空祭でL-19を見る機会が有りましたが、動いているところを見ることができなかったのが残念です。


Re: JSDF LOUs 5 Name:A-330 Date:2014/07/13(Sun) 09:53 No.11423
広江さん、皆さんおはようございます。

>広江さん
MU-2S 1号機と2号機の仕様の違いですか…。
写真を見て機体形状等の僅かな違いを発見される観察力の凄さに加え、いきさつなど納得できるまで追求される広江さんの探究心の強さに完全に脱帽です。
申し訳ありませんが、私は力不足でお役に立てないのが歯がゆいというか悔しい思いでいます。


今日紹介写真撮影日については、毎度自分が撮影時に記録したものではありませんがネット情報からかなり絞り込むことができました。

U-125 29-3041 (飛行実験団) + MU-2J 29-3041 飛行点検隊 1993年4月入間
得た情報によりますと、U-125初号機は1992年12月18日に航空自衛隊に納入され、飛行実験団が運用試験などを実施した後、93年7月2日正式に飛行点検隊所属機となり運用が開始されたようです。
撮影月特定については背景に写る桜が満開なので4月と判断しました。


Re: JSDF LOUs 5 Name:North PHANTOM Date:2014/07/13(Sun) 10:03 No.11424
広江さん、皆さん おはようございます。
 geta-oさんが紹介されましたNo.11421のLR-2で、恐縮ですが対比で見ていただければと思い、出しました。
 実は友人の大手民間会社の機長のお招きで、木更津の陸自CH-47Jのフライトをした際にLR-2の中にも乗せて頂きました。
 その時側面の丸窓には内側に小さな突起のハンドルが付いており、これを回すと無段階の偏光ガラスになっているので、
 遮光が出来る様なっていました。2004年8月22日 木更津基地 LR-2 23052 第1ヘリコプター団所属


Re: JSDF LOUs 5 Name:ahoya Date:2014/07/13(Sun) 11:14 No.11426
2012年7月28日 丘珠空港
丘珠ページェントでの撮影です。
前日のアライバルを空港ターミナルから撮影しました。
チョット上から目線でいい雰囲気でしたが、お天気がいまひとつでした。

今週末は2014のページェントです。
お天気予報は一昨年より更に一段悪くなっています。
また、テルテル坊主作らなきゃいけませんねぇ。


Re: JSDF LOUs 5 Name:Cranberry01 Date:2014/07/13(Sun) 11:41 No.11427
広江さん、皆さん、こんにちは。
今回のお題で、素朴で単純な疑問を持ちました。自衛隊ではアメリカの軍用機を買った場合と民間機を購入した場合とで呼称がバラバラなのですね。誰も統一された名称を考えなかったと言うことですかね? たとえば、Beachcraft B-65等と言うのが正式名称なのですか?製造会社名をとれば,B-65になりますが、誰も困らなかったのでしょうかね?一般的には、隊内ではなんと呼んでいるのでしょうか?
又、一時期は”栄光”だの”旭光”だの名称を付けていましたが、今はもう止めたのですか?
自衛隊さん、名称、呼称を統一/整理する必要がありますね。マニアは困っています。(笑)

>SUZUKIさん、Sはスクールの略だったのですか。(考えも及びませんでした。)それでSI、SUも理解できました。半世紀たって知りました。そこまでこだわっているくせに、呼称はバラバラ。陸自機は頭が???になりそうですが、皆さんのおかげで少しずつ理解でき始めました。

MU-2S(93-3206) 1968年10月、百里。まだあの頃は空気が澄んでいて、午前中は筑波山系の山々が綺麗でした。


Re: JSDF LOUs 5 Name:すっかいうおりゃ Date:2014/07/13(Sun) 11:49 No.11428
広江さん 皆さんこんにちは!
冒頭の広江さんの機体と同じLR-1です。1977年熊本高遊原で撮影。
広江さんの疑問の通り なぜLR-1だけが「WA」になっていて LMなどその他は、「W」なのか
よく分かりません。話は別ですが 当時 親父が言っていましたのは、「LRは、良く出来ているが 三菱の機体は、作りに凝りすぎている部分が多く使いつらい」との事でした。陸自の中でスタイル的には、ピカイチの機体ですがね。


Re: JSDF LOUs 5 Name:TAKADA TENNTEKI Date:2014/07/13(Sun) 12:56 No.11429
 広江さん、皆様こんにちは。1968年頃小牧の LM-1 21021 です。この頃は日曜日しか行けなかったこともあり、小牧ではこういう外来機にはあまりお目に掛かりませんでした。飛行中のものも含めて痕跡程度の写真はいくらかありますが・・・・。

Re: JSDF LOUs 5 Name:N.SUZUKI Date:2014/07/13(Sun) 14:02 No.11430
広江さん 皆さんこんにちは
川崎 KAL-2型 1号機で、撮影は1978年 徳島基地の航空祭のときです。
 1954年11月に初飛行し、翌年に海上自衛隊に引き渡されましたが、競争試作の富士重のLM-1に破れ、2機の試作のみで終わりました。
2号機は航空自衛隊に引き渡され、その後64年に陸上自衛隊に引き渡され翌年には退役しましたが、木更津のハンガー内で保管されていたこともあり、程度は良好で、現在でも所沢の博物館で見ることが出来ます。
この海上自衛隊の1号機は、教育支援隊に引き渡され 「タ-9001」として、しばらくは館山基地で飛んでいたようですが、最後は、この徳島基地での屋外展示で一生を終わり、現在はスクラップされて跡形も無いようです。
現役時代も含め、塗装はジェラ地のままであったため、屋外展示で腐食が進み、2号機とは大きな違いが出ました、残念なことです。


Re: JSDF LOUs 5 Name:ET Date:2014/07/13(Sun) 16:17 No.11431
広江さん、皆さん、こんにちは、
1963年4月14日二子玉川園航空博でのL-21B(12007/S, US No.53-3745, cn18-2745)です。US Noは写真から判読出来ました。
>広江さん、No.11382(東雲のL-19A)のUS No.残念ながらネガでも確認出来ませんでした。なお、番号は11001ではなく11101です。


Re: JSDF LOUs 5 Name:LUCHO Date:2014/07/13(Sun) 19:48 No.11432
広江さん、みなさん、こんばんは。
スタートに出遅れました。

飛行展示を終えてランプ・インするU-125です。
救難団50周年の記念マークが貼られてます。

U-125 救難教育隊 82-3007
08/10/04 小牧航空祭にて。


Re: JSDF LOUs 5 Name:Seagull Date:2014/07/13(Sun) 20:36 No.11433
広江さん、皆さん、こんばんは。
海自岩国ネタです。
2008年6月6日 岩国に着陸する第91航空隊のU-36A(9205)
胴体下の黒いフェアリングは08年度から取外されました。機内のレーダーなどが充実したのでしょね?
U-36Aは現在4機、9203が91.2.28に、9202が03.5.21に損失しました。9202の時は、エンド展開しておりました、基地内なので何も出来ず、展開を切上げました。
>広江さん 記録ですか、自分の物だけとなりそうです(^^;


Re: JSDF LOUs 5 Name:Gulf4 Date:2014/07/13(Sun) 21:12 No.11434
全機コンプリートの第一弾(笑)。飛行点検隊は全国の自衛隊飛行場を対象にしているので、航空祭では参加要請されると
「律儀」にも航空自衛隊以外の基地にも姿を見せますね。毎回、業務内容を説明したパンフレットを配っています。
その都度クルーにお願いするのは「今度はぜひYS-11を持って来てください」なのですが・・・・。
2011年9月4日、三沢基地航空祭に展示され、ホームベースに帰るU-125(39-3042)。
余談ですが背景に見えるモヤモヤは、この地方特有のシーフォッグで、幸いこの時は影響がありませんでした。
なお飛行点検隊のU-125は、下手なビジネス機よりもきれいなカラーリングだと思います。


Re: JSDF LOUs 5 Name:Det.H Date:2014/07/13(Sun) 21:57 No.11436
広江さん 皆さん こんばんは
今回は私から見るとヒジョ〜に“地味”なお題、と思っていましたが、皆さんからの写真を毎日拝見するたびに、これはちょっと侮れないぞ と (^_^;
それは “ヒコーキの素晴らしさ”の原点ともいえる写真の数々です  感謝!
そのような写真は残念ながら撮っていませんでしたが、多分撮っていた唯一のLR-1を一枚
1973年の入間国際航空宇宙ショー だったかな? に展示された機体です 
後ろのでっかい機体に目がいってしまいますが (^^;


Re: JSDF LOUs 5 Name:Straight Wings Date:2014/07/13(Sun) 21:59 No.11437
広江さん、皆さん、こんばんは。
地元丘珠の第7飛行隊のL-19 11044の離陸を見送るのは、旭川第2飛行隊のL-19 11103(51-12407)。1970/7/30ののどかな丘珠風景です。


Re: JSDF LOUs 5 Name:DOC.K Date:2014/07/13(Sun) 22:52 No.11438
>広江さん、お褒めの言葉ありがとうございます、>すっかいうおりあさん、高遊原にいらしていたとは・・・、いつの日かお会い出来るといいですね、WAは当地でありながら私は残念ながらみていません、今回は丁度40年前’74.11の築城基地祭での[飛の11084号機で開いたドアがブリキ板みたいです、私はこの日からどっぷりと写真に浸かって行く事になりました。

Re: JSDF LOUs 5 Name:73400 Date:2014/07/13(Sun) 22:59 No.11439
広江さん、みなさん、こんばんは。
こちらは霞目・東北方面飛行隊のLM-1・21010/NE。1972年7月23日、松島基地祭での撮影。

前述しましたように、この翌年の1973年にLM-2が2機配備さるまでこの21010と21005が霞目にいました。
また、短期間の所属だったと思いますが、1970年代の後期ごろ、21027もNE記号で見ています。

ところで、この21010、21005とも1973年以降の配属先は勿論わかりませんでしたが、全く思いもかけない”事件”で21005の配属先を知ることになったのです。
1973年6月に、宇都宮分校(当時)で自衛隊機乗り逃げという、考えられない事件が起きましたが、まさにこの21005が、その事件の遭遇機だったわけです。一般の新聞に、自衛隊機としては非常に珍しい思われる、機番まで明記されて報道されていました。

しかし、私は、この21005の写真を撮る機会は、霞目所属時でも全くありませんでした。


Re: JSDF LOUs 5 Name:albatross2 Date:2014/07/13(Sun) 23:19 No.11440
広江さん、皆様今晩は。
NO.11411のL-19A 11078は、51-12531です。オリジナルはエクタクロームで、逆光、変色も加わっていると思われます。今回も1970年代前半の、築城基地航空祭お帰り時のMU-2Sです。正門左手の、現在は高いコンクリート壁がある場所で、当時は鉄条網だけでTXを近くで撮れました。


Re: JSDF LOUs 5 Name:うみ太郎 Date:2014/07/14(Mon) 00:31 No.11441
今回もジェットで行きます。
昨年の陸自観閲式で久しぶりに見れたU-36です。前に撮影したのがいつだったか覚えてません。
厚木のWingsへの展示で飛来した時以来かな? 下部のフェアリング無しは初めてです。

2013年10月27日 U-36A 9205 9206 91FS


Re: JSDF LOUs 5 Name:しか太郎 Date:2014/07/14(Mon) 05:01 No.11442
広江さんのレスがまだされていないようなので駆け込みで。対象機種が多いので悩んいるうちに時間がすぎてしまいます。2011年3月10に浜松基地で撮影した浜松救難40周年記念塗装機82−3008です。UH60も同様の塗装をしていて両方確実に撮るには現地に行くしかないと出かけました。T4に比べフライトが少ないだろうから両方撮れるかな?と心配していたら複数回のフライトがあり満足して帰れました。

Re: JSDF LOUs 5 Name:Takafumi HIROE Date:2014/07/14(Mon) 06:38 No.11443
>ITAZUKE-1さん
73400さんのNo.11409の後にStraight WingsさんからもNo.11416でLM-2 21051が紹介されてます。
このあたりも投稿前に目を通すと、おおよそのことが分ってきます。
ITAZUKE-1さんはNo.11416から1年3ヵ月後の撮影ですので、配備されて間もない頃と推測できます。
その後は73400さんNo.11409のコメントにも書かれてますように、
1973年頃には東北方面飛行隊に配備されてますので、西部方面飛行隊では長くても約2年程度ですね。

>geta-oさん
geta-oさんには他にもありますが、滋賀飛行場も立ち寄ったのは本当に良かったですネ。
紹介の23050は把握していましたが、画像を見るのは初めてです。
『自衛隊での飛行機ではありません』ということは、書類上の管理は誰(企業?)なんでしょうか?。
23050が飛ばない教材とも把握していますが、どうも、このLR-2採用には私は納得できません。
No.11418のPAPPYさんへのレスではオブラートに包みましたが、本当はもっと書きたいことがあります。
でも、ヒコーキ(LR-2)そのものは大好きですヨ(笑)

>PAPPYさん
色々と撮られているPAPPYさんが、動くL-19系の姿を撮られてないとは意外です。
逆に、人それぞれ異なる運不運のような経験があるのたなぁ〜と納得もできました。
紹介は「I」第一飛行隊、これまでL-19Aの画像が数多く紹介されてますが、北と西方面ばかり。
意外にも、ようやく身近な「I」の登場です。

>A-330さん
私はこのBBS IIでは新発見が多く、そして皆さんに色々と教えていただくなど、学ぶことばかりです。
紹介画像のADTW時代のU-125は大変に貴重ですが、画像だけでは分からないコメントも大変に重要です。
それが面倒と感じるか否かは人それぞれ異なりますが、私はとても楽しいと思います。
ただ単に画像を紹介いただき、そして拝見するだけでさらっと流せない私の性格です(笑)

>North PHANTOMさん
LR-2のキャビンに乗せていただいたのですか。イイですねぇ〜。居心地が良さそうですネ。
各丸窓に偏光ガラスを回す遮光の仕組みがあるとは、もう本当に高官輸送機としか言えないですね(笑)
ところで、垂直尾翼のマークは何でしょうか?。調べれば分ることとは思いますが・・・。
いつものお願いですが、部隊と機首に書かれる部隊記号の補足は必ずお願いしますネ。

>ahoyaさん
厚木基地で見慣れた61空LC-90も、撮影場所が変わると新鮮に映ってイイですねぇ〜。
特に空港ターミナルから撮った上からのアングルが最高ですよねぇ〜。
私もこの場所から撮ったことがありますが、もう20年以上も前(笑)。今は変わったのかな???。
今年の航空ページェントには行かれるのですね。好天を祈ってます。

>Cranberry01さん
このBBS IIで自衛隊機の型式に私は常々『ブツブツ』つぶやいてます(笑)
Cranberry01さんも私も米軍に慣れ親しんでるので、自衛隊機の型式には???が多いのは同じですネ。
具体的に上げればキリがないので書きませんが、今回の話題で、より疑問が明確になったことでしょう(笑)
しかし、もうあれこれ言わず、ただ単純に受け入れるほかありません。

>すっかいうおりゃさん
全ての西部方面飛行隊所属機かどうかは分りませんが、私の撮影したコマではLR-1の「WA」は一時的です。
No.11419で紹介した機体以外、1980年代初めには「W」表記のLR-1を撮影してます。
逆に1975年頃にLM-1等が「WA」だったのかの疑問もあり、このスレ冒頭で皆さんに質問した次第です。
LR-1が凝り過ぎた作りで使いづらいとは、当時の開発した方々の思いが作り込まれているような気がします。

>TAKADA TENNTEKIさん
紹介は再確認の意味ですが「S」ですよね?。できる限り補足下さいね。
私が小牧基地に通った頃は、三菱重工の整備がらみの飛来が結構多かったのですが、
その中で、空自MU-2Sと陸自LR-1も、何度か遭遇できました。
しかし紹介のような純然たる外来機と思われる飛来には遭遇できませんでした。

>N.SUZUKIさん
今回の話題の対象機種のうちのKAL-1/2は、何年頃まで撮影できたのかが分らず紹介されるかが不安でした。
生産機数の少ないKAL-1/2ですが退役した1964年以降も保存機として確認することができたのですね。
確認ですが・・・、
 KAL-1は1機採用され、陸自に配備。
 KAL-2は2機採用され、空自⇒陸自の1機と、紹介の海自1機。
これでよろしいのでしょうか?。
スミマセンm(_ _)m、勉強不足の私の再確認です。

>ETさん
いやぁ〜、皆さん、二子玉川園航空博に行かれてるのですね。そして日付も記録されている。脱帽です。
しかし子供たちと一緒にヒコーキを真剣に撮る皆さんの姿を想像すると、ちょっと笑ってしまいます。
失礼m(_ _)m、その貴重な成果、それも綺麗な画像がここにあるのでしたね。
No.11382のL-19Aは11101でしたね。大変に失礼いたしましたm(_ _)m

>LUCHOさん
実は私は救難教育隊が明確に分るエンブレムを初めて見ました。
ARWのエンブレム下に書かれる基地名の位置に「TRAINING SQ」の文字で今更ですが納得できました。
空自に馴染み深い方々には当然のことだと思いますが、私は空自から離れてウン十年も経ってしまったので(笑)

>Seagullさん
U-36Aの胴体下面のレドームの撤去が始まった時期が明確になりました。ありがとうございます。
そもそも私はこのレドームの用途が分かってないのですが、主任務の標的曳航と関連してるのでしょうか。
それとも他の任務の必要がなくなったので撤去したのでしょうか。
このあたりを明確に解説する誌面やサイトが見当たらないので悩み続けてます。
さて、紹介画像の主役は主翼下の吊るし物では?(笑)
白い部分が標的曳航システムRM-30A、赤い部分が実際に装着されている標的。
この標的には複数タイプあるようですが、私はその数と見分け方を知りません。

>Gulf4さん
確かにU-125はこの話題最初のコンプリート機です(笑)
しかし危険ですので、これ以上、そのキーワードを口にしてはイケません(笑)
あらっ?、そういえば「JSDF Jet Trainers」で口火を切られた方は何処かにお出かけ中でしょうか・・・。
FC機は厚木基地にも頻繁に来ます。しかし来られると厄介なことになるので、あまり歓迎されません。
特にGWが横須賀に入港中でCVW-5機が厚木で盛んに訓練を行っている時期は、かなり混乱します。
しかしFC機あっての正常な基地運用ですから本当は感謝しなければならないのですがネ。

>Det.Hさん
いえ、私も始めるまでは「地味なお題」と思ってましたし、早々に終わるとも思ってました。
しかし始まってみれば、やっぱり皆さんのお力、次から次へと画像が紹介され、そして楽しい宿題あり(笑)
恒例の「一日休暇取得」も必至となり終わりが見えません(笑)
紹介画像は綺麗ですねぇ〜。多少カビが見えますが、この画像も日の目を見ることになって良かったですネ。

>Straight Wingsさん
また味わい深いショットの紹介ですねぇ〜。
まあシチュエーションあってのことでしょうけど、微妙なタイミングを捉えた素晴らしいショットですね。
北海道の7月30日の暑さが分りませんが、こちらで例えるイメージは、
「のどかな春の日、聞こえるのは雲雀(ひばり)の鳴き声と軽やかなL-19Aのエンジン音だけ」なんて情景です。

>DOC.Kさん
確かに、ドアは薄いブリキ板みたいですね。
まあこのヒコーキからして、このような軽量化の設計は各所にあるかもしれませんね。
DOC.Kさんは、この1974年の日よりもっと以前から撮影されていた印象があるのですが・・・。
それとも別の意味なのかな?。

>73400さん
2機しか存在しない「NE」LM-1のうち、21005との相性が悪いまま、霞目から何処かへ移動してしまったのですね。
何かの相性の悪さって私にもありますが、1/2の確率で撮れないまま姿を消されたのは残念でしたネ。
しかしそれが前代未聞の事件で行き先が分ったというのは驚きです。
エンジンスタートしタキシングして離陸する、この間に止められなかったのが不思議です。
それにしても、新聞記事で、よくぞ機体の番号まで書いてくれましたね。これも不思議が重なってます(笑)

>albatross2さん
No.11411の件、再調査ありがとうございます。
フィルムはエクタクロームでしたか。私のコダクローム系との色の微妙な違いが納得できました。
紹介の今では撮れなくなったタキシングの撮れる場所は絶好の撮影ポイントのようですね。
しかし背景の施設等々のことを考えると、高いコンクリート壁が設置されたのは仕方ないかもしれませんね。

>うみ太郎さん
U-36Aは、機数も少なく(現在4機)厚木に飛来する回数も以前に比べて激減してます。
デジ化世代の方々には意外にも貴重な存在となっているのかもしれません。
うみ太郎さんはポジ世代ですが、それでも厚木Wings以来とは意外です。

>しか太郎さん
浜松救難隊40周年記念塗装は、これまでのお題でも話題には出なかったのでしょうか・・・。
私は初めて見ると思うのですが、そもそも自分で撮ってなく種類も多いのでなかなか覚えられません。
やはり特別塗装機は待つよりも現地に行く方が確実性はありますよね。
天気も良く、とりあえず行った甲斐はありましたね。

>皆様
ここはクローズしPart.6を立てます。





JSDF LOUs 4 Name:Takafumi HIROE Date:2014/07/12(Sat) 06:22 No.11399   
A-330さんNo.11380紹介と同じMU-2S 1号機 73-3201。
厚木基地Wings1993への展示のために飛来した時のショットです。
この画像からは、Part.3のレスにも書きましたが疑問点が二つあります。
疑問の一つ目は、垂直尾翼に救難隊のエンブレムが無いこと。
疑問の二つ目は、プロペラ警戒線の後ろに窓が無いこと。冷却装置の排熱口のようなスリット状になってます。
何か補足がありましたら、よろしくお願いいたします。


>皆様
引き続き「自衛隊LOU機」の話題をお待ちします。

Re: JSDF LOUs 4 Name:A-330 Date:2014/07/12(Sat) 10:38 No.11400
広江さん、皆さんこんにちは。

>広江さん
コメントくださいました二つの疑問点についてですが。
「一つ目の垂直尾翼に救難隊のエンブレムが無いこと」
撮影した日付について再度確認したところ、6コマの中に1992年には存在しないU-125の042号機が数多く写っており(042が配備されたのは1993年12月)撮影時R/Wは17でU-125-042が盛んに完熟訓練を繰り返していた時のものと確認できました。
よってMU-2S-201号機撮影日を1994年と訂正します。撮影した日付を確実に記録されている広江さんをはじめ、皆様には大変ご迷惑をおかけし申し訳ありません。
「二つ目のプロペラ警戒線の後ろに窓が無く冷却装置の排熱口のようなスリット状になっている」
ご指摘を受けて初めて知り、他の撮影機体を調べてみましたところ、2号機も同様に窓が無く冷却装置の排熱口のようなスリット状になっていました。

MU-2S 73-3202 百里救難隊 1990年入間



Re: JSDF LOUs 4 Name:PAPPY Date:2014/07/12(Sat) 11:19 No.11401
広江さん、皆さんおはようございます。一通りに出揃ったみたいですね。
2013年5月26日北宇都宮航空祭でヘリの一斉離陸後、後を追うように離陸する LR-2 23051 SU 航空学校宇都宮校 機です。
LR-1に比べるとかなり大きくてデラックスになり要人輸送にも使えますね。


Re: JSDF LOUs 4 Name:DOC.K Date:2014/07/12(Sat) 14:04 No.11402
>広江さん、皆さまのお宝映像に驚嘆しています、西方飛のLR−1の22014号機で’82.1.6飛行初めでの撮影です、やはりコクピットは狭そうですね、事前に高遊原駐屯地に見学を申し込んでいました。

Re: JSDF LOUs 4 Name:ITAZUKE-1 Date:2014/07/12(Sat) 14:09 No.11403
広江さん 皆さん こんにちは
1971年8月15日 目達原駐屯地の誘導路か草地かわからないところをを転がる LM-1 W 21017です。
この時にLM-1はこの一機しか見かけませんでした。
板付が暇になって来た時期ではありますが何が来るかわからないのに よく思いっ切って行ったものだと思います。


Re: JSDF LOUs 4 Name:THUD Date:2014/07/12(Sat) 17:05 No.11404
No.11371でNorth PHANTOMさんが紹介されたL-21B(12032)ですが、North PHANTOMさんがコメントされているように現在航空発祥記念館に常設展示されています。主翼上面などに埃などが少々目立ちますが状態は良好です。
2013年6月15日の撮影。
>広江さん
No.11384は支援飛行隊に訂正しました m(__)m


Re: JSDF LOUs 4 Name:Cranberry01 Date:2014/07/12(Sat) 17:44 No.11405
広江さん、皆さん、こんにちは。
新旧入り乱れての、乱舞。実に面白いです。飛行機の形状に大きな時代差を感じます。
>広江さん、この企画は、二重丸ですね。知らない事や初めて見る画像の連続です。この手の飛行機の特集をやる本はなかなかありません。広江出版くらいでしょうか。(笑)
若い方々の投稿を期待したいです!!皆さん、勇気を持って参加しようではありませんか。(笑)

ヴェトナム戦時、アメリカ軍内ではUSAF機 とARMYでは無線機の互換性/共通性が無く、FAC機は交信に3種類の無線を使っていました。
FM Radio----Ground Force
UHF Radio---Fighter
VHF Radio---AF Tactical Control

で、あのなが〜いものは地上軍との交信用のFMアンテナで、広江さんのご指摘どおりです。更にアメリカ軍O-1は戦闘機との交信にUHF/VHFの大きなアンテナをつけていましたが、陸自のL-19には見当たりません。
軽観測機として導入されたO-1/L-19は、アメリカ軍ではFACへと発展していきましたが、陸自のL-19は連絡/観測以上には進化しなかった様です。自衛隊機もアメリカ軍と同じ使用法とばかり思っていました。今回、自衛隊機を調べて、初めて知りました。なが〜いアンテナが無い機体は、単に連絡機としての用途なのですかね?

皆さんのL-19の画像を見ていたら、TAKADAさんのNo.11351の機体だけ、ADFアンテナがフェアリングタイプではなく、ループ・アンテナでした。今回の画像を見る限りでは珍しいようですが、最初はみんなこの型だったのですかね?

>ETさん、尾輪機と芝生、絵になりますね〜。これ以上のマッチングは無いでしょう。
>geta-oさん、SUZUKIさん、初めて目にするものばかりです。
>Straight Wingsさん、同感です。田舎のFly-inに何度か飛んでいきましたが、他には何もいりません。

L-19A(11023) 1969年11月。


Re: JSDF LOUs 4 Name:waka Date:2014/07/12(Sat) 19:28 No.11406
広江さん、皆さんこんばんは。
70年代の第202教育航空隊B-65P 9101(c/nL-2)「くにかぜ」です。
No.11344のgeta-oさんの投稿で自衛隊に移籍して岩国教育航空隊の所属となり、あのような塗装をしていたとは初めて知りました。
撮影は、1974年11月25日下総航空基地でランウェイエンドへ向かってタキシングしているところです。
この撮影ポイントは誘導路まで非常に近く、標準レンズでP-2が溢れるほどでしたが、40年後の今はどうなっているか知りません。


Re: JSDF LOUs 4 Name:TAKADA TENNTEKI Date:2014/07/12(Sat) 19:35 No.11407
広江さん、皆様こんばんは。先の T シリーズといい、今回の L、O、U シリーズといい、普段はあまり(ほとんど)注目されない飛行機を主役にして素晴らしい写真のてんこ盛り、初めて知る飛行機もあり(単に不勉強なだけ・・・)奥深いコメントに惹きつけられたりで、これぞ飛行機マニアと素晴らしい企画に感謝しきりです。
 今日も1959年9月大阪国際空港航空祭の L-19A 11014 で、逆光の影絵ですが前出の隅っこに写っていた機体です。これで伊丹分はお仕舞です。


Re: JSDF LOUs 4 Name:geta-o Date:2014/07/12(Sat) 20:26 No.11408
広江さん、みなさんこんにちは。
今日は昨日に続き滋賀飛行場で撮影した陸自機 L-19A(11207/US ARMY 50-1565) 第13飛行隊

皆さんご存じと思いますが陸自機の機首部に書かれた飛行隊を表す文字(この機の場合はローマ数字 XIII)は師団に所属する飛行隊を表します。このほかに方面、機関は文字を多く使用します。
この第13飛行隊は1962/1/9に陸上自衛隊に第13師団(司令部 海田市)の発足に伴い八尾に新編された飛行隊で隊本部は1962/11に現在の防府に移動しています。


Re: JSDF LOUs 4 Name:73400 Date:2014/07/12(Sat) 20:41 No.11409
広江さん、みなさん、こんばんは。
こちらは霞目・東北方面飛行隊のLM-2・21051/NE。1982年10月24日、霞目駐屯地での撮影。
東北方面総監部創立記念祭で地上展示されたものです。
自由に触れさせていたことから見ると、既に用途廃止後だったのかもしれません。

No.11372で紹介したように、1973年ごろ、霞目に21052とともに本機が配属されましたが、配属当初の短期間、「W」の記号を付けていた記憶があります。西部方面飛行隊(高遊原?)からの転属だったのでしょう。
また、21052は八戸9飛(\)からの転属でした。5方面飛行隊編成後に、いわゆるナンバー飛行隊に所属していたLMというのも珍しいとも思いました。

その後、21052は霞目からいなくなりましたが、この21051は、1977年ごろ霞目に初めてLR-1(22008)が配属された後も、用途廃止まで活躍することになります。


Re: JSDF LOUs 4 Name:Gulf4 Date:2014/07/12(Sat) 21:51 No.11410
今日もまたU-125Aの記念塗装機になりますが、記念塗装機のデザインや色使いには、賛否両論があると思います。
しかし、いつでも見られる通常塗装機と「少し違う」、と言うことでご容赦下さい。
2012年6月10日、新潟空港、正確には航空自衛隊新潟分屯基地で撮ったU-125A(22-3019)。
もちろん新潟救難隊の所属で、創設50周年の記念塗装です。鳥の羽は朱鷺をイメージしたはずですが色が・・・。

>うみ太郎さん
No.11394で紹介された松島救難隊のU-125Aですが、これを見るまで撮影したことを完全に忘れていました。
2008年の画像データを探したら、ありましたよ何カットも。このBBSのおかげで記憶も戻りました。


Re: JSDF LOUs 4 Name:albatross2 Date:2014/07/12(Sat) 21:58 No.11411
皆様こんばんは。皆さんの貴重な映像に唸っています。
K社のスライドでかろうじて残っているデータを。
L-19 W1078 1970年代前半の新田原基地航空祭です。


Re: JSDF LOUs 4 Name:Seagull Date:2014/07/12(Sat) 22:24 No.11412
広江さん、皆さん、こんばんは。
海自岩国を投稿します。
2001年12月16日 岩国基地R/W20から着陸する第91航空隊のLC-90(9301)。
海自岩国基地にLC-90が正式に配備された日は定かではありませんが、メモ帳を見ますと
シリアル的に9304(92年〜99年?)→9303(99年〜00年)→9301(00年〜02年6)→9303(02年7〜05年4)と機体を入れ替えているようです。(配備年は、大まかなので信頼性は低いです)
>広江さん No11358のU-36,翼下にECMポッドが見えますね。


Re: JSDF LOUs 4 Name:N.SUZUKI Date:2014/07/12(Sat) 22:31 No.11413
広江さん 皆さんこんばんは。
L-21B 12025 1963年の二子多摩川園航空博です。
S/N 53-3766(c/n18-2766)と思いますがフィルムが不鮮明で確認できません、どなたか確認できたものがあれば訂正お願いします。
私が行った時は、JG2025とJG2007の2機のL-21Bが展示され、どちらもスクールのS、全面黄色の塗装でした。
>広江さん、L-21Bの退役は1965年ですので、この時は自衛隊が直接現役機を展示しています。前回No11392で紹介した1966年羽田でのJG2021は自衛隊退役後に日赤の依頼で整備中だったものと思います。日赤の新規登録は、18機すべてを、1966年2月にまとめて行っており、書類上の所有権の確認のみで、新造機であったことからもメーカーからの書類上も問題なく、すべてPA-18-135型として登録されました。なお、JANo等を記入して民間機として飛行させるための耐空証明の取得は全く別もので、申請されたものも18機中、順次程度の良い数機だけで、残りは、部品取り等にしていました。
なお、L-21B等の羽布貼機は数年毎に羽布の交換が必要で、その際に塗装の変更等は可能ですが、金属機のような塗装剥離は行えません。したがって写真の機体は、少なくとも、外観上は自衛隊機当時と全く変わりません。
 なお、現在見ることができる、所沢展示のJG2032は、展示前の整備で羽布交換等を行っているものと思いますが、陸上自衛隊の位置、JGxx表示の大きさ等、全く独自の塗装となっています。KAL-2等の例もあり、注意が必要です。



Re: JSDF LOUs 4 Name:North PHANTOM Date:2014/07/12(Sat) 23:21 No.11414
広江さん、皆さん 今晩は。
 先に紹介すべき写真を1枚飛ばしていました。
 木更津基地公開日で同じ1973年5月13日からL-19 11090です。
 ご覧のように本体エンジンカバーの一部や尾翼が別の機体からつけられたようで、色が異なっていました。
 滝ヶ原の航空学校にL-19が所属していた時期がありますので、所属は滝ヶ原のTでしょうか?
 ST-4と機首と尾翼に記入されています。


Re: JSDF LOUs 4 Name:怪鳥 Date:2014/07/12(Sat) 23:29 No.11415
広江さん、ニコタマ航空博については佐伯さんのインターネット航空雑誌「ヒコーキ雲」によれば3月16日から5月31日まで開催されたそうです。
L−21は12007と12018が紹介されていますが、N.SUZUKIさんの12025は出ていませんでした。やはり展示機は何度か入れ替えたようですね。
2枚目はA−330さん、広江さんと同じMU-2S、73-3201です。雨降りでボケボケ写真ですが、お二人とは反対側と言うことでご勘弁を。
1972年11月3日 入間基地祭での撮影です。


Re: JSDF LOUs 4 Name:Straight Wings Date:2014/07/12(Sat) 23:32 No.11416
広江さん、皆さん、こんばんは。
LM-2 21051は丘珠の北部方面飛行隊にいたことがありました。1970/8/5に標的を曳航して丘珠を離陸する21051です。地対空射撃の標的なんでしょうね。一連のネガを見ると帰投は撮っていないので使用後の標的をどこで切り落としたかは残念ながら不明です。


Re: JSDF LOUs 4 Name:うみ太郎 Date:2014/07/13(Sun) 00:05 No.11417
広江さん、皆さん、こんばんは。
陸自のプロペラ機が圧倒的になってますね。頑張って他のを探して行きます。
今回は飛行点検隊の空自50周年スペシャルです。
尾翼端の赤チェックを青に変え尾翼全体にし☆をちりばめたなかなか良い
塗装でした。
2004年6月22日 入間基地 U-125 49-3043 飛行点検隊


Re: JSDF LOUs 4 Name:Takafumi HIROE Date:2014/07/13(Sun) 06:48 No.11418
>A-330さん
私の疑問についての再調査は、だいぶお手数をおかけしたようで申し訳ありません。
U-125の#042号機が重要な手がかりとなったようですね。私もA-330さんもスッキリできました。
しかし一難去ってまた一難。MU-2S 1号機と2号機は、何か微妙に仕様が異なるようですね。
これを解決するのは、もう皆さんの力を借りるしかありません。
どなたかからの補足コメントを期待しましょう。
それにしても、紹介の#202の画像は素晴らしいですねぇ〜。

>PAPPYさん
LRは「Liaison and Reconnaissance」の略で命名されました。
LR-1は陸自の中では高速機なので、要人輸送任務も兼ねてましたが、とにかく機内は狭い。
要人の同行者の人数にも制限があり、兼ねてから利便性の高い機種を望んでいたはずです。
その経緯の中、LR-1の後継機として採用されたのがLR-2。
しかし本来の「 Liaison and Reconnaissance」任務は何処へやら・・・。
こんな綺麗な機体がきな臭い状況下で偵察活動する姿は想像すらできません。
まあ「LR」の名称を用いないと採用できない理由との気持ちは分りますがネ(^_^;

>DOC.Kさん
コックピットのクルー、キャビン内の人影、表情が分るようなショット、素晴らしい!。
無機質とも思えるヒコーキに人を絡めるのが良いと感じるようになったのは、実は私は最近のことです。
他にも景色を写しこんだりと色々な撮り方をウン十年前から実践すべきだったと後悔しきりです。
それにしても、やはりキャビンは狭そうですネ(笑)

>ITAZUKE-1さん
コメントどおりです。いったい何処をタキシングしているのか分りませんねぇ〜。
各基地(空港)には、その場所その場所で他にはない特徴があるはずですから、
この場所で撮り続けている方の記録画像でもあれば、その様子がもう少し分るかもしれませんね。
結果も考えずフラっと行くことは私にも若い頃はありました(笑)
今では欲が出て常に獲物と得られるであろう結果を求めて行くようになってしまいました。

>THUDさん
いつもながらですが、例えミュージアムであっても、近い環境にお住まいのTHUDさんが羨ましい。
私だったら、特に用事がなくとも気分転換にふらりと行ってしまいそうです。
屋内展示なので痛むことなく紹介のL-21Bも状態は良好のようですね。
しかし吊っているがために、掃除する回数が少ないのか、上面の埃が少し気になりますね。

>Cranberry01さん
浅知恵の私の想像ですので、米軍のFACと陸自の任務がごっちゃになっていました。
FACの根本を勉強する必要がありますが、それは次回のお題で・・・(笑)
陸自L-19Aの「なが〜いアンテナ」は、ひょっとして車に取り付けるアンテナと同じかなぁ〜と思ってます。
車にエアバン(固定機)を取り付けた方は、必要な時だけアンテナを取り付けますよね。
それと同じかな・・・と(笑)
ADFアンテナがフェアリングタイプかループ・アンテナか、以前、何かのお題で話題になりましたよね。
その時は、その差は何でしたっけ?(^_^;

>wakaさん
私は下総基地の外撮りを経験したことがありませんが、紹介の場所では標準(50mm相当)レンズでP-2が溢れますか。
航空祭などで中から撮っていても、なかなか体験できない近さではないでしょうか。
画像はちょうど40年前の撮影ですが、今はどうなっているのでしょうね。
この9101にも「くにかぜ」の文字が書かれてますね。
UC-90 9102の「くにかぜU」同様、私の撮影した着陸ショットでは全く見えません。

>TAKADA TENNTEKIさん
皆さん同じだと思うのですが、何かのきっかけでもない限り、どんな機種でも画像の整理はおっくうなものです。
私も今回のお題のために、あちこち画像を捜索し、『おっ!、こんなのがあった』状態です(笑)
そしてスキャンし画像を加工し、このように日の目を見ることになってます。
撮影からウン十年も経って世に出された画像も、さぞ喜んでいることでしょう(笑)
伊丹分がお仕舞いということは、次からは別シリーズですね。楽しみです。

>geta-oさん
陸自部隊は大まかには捉えることができてましたが、第13飛行隊だけは発足当時が曖昧で分りませんでした。
ですので、No.11388紹介1962年7月21日撮影L-21B 12045も駐屯地名を記述していませんでした。
ありがとうございます。紹介のL-19A 11027と共に追記します。
ところで素朴な疑問ですが、滋賀飛行場には何かのついでに立ち寄ったのでしょうか。
このような地を含め、日本各地に行かれているgeta-oさんには本当に頭の下がる思いです。

>73400さん
73400さんの詳細な記録から、たとえLM-2の3機中の2機とはいえ、
やはり、LM-2の運用末期は各地から霞目駐屯地「NE」に集めよとした意図が感じられます。
LM-1/2どちらか分りませんが、ラストフライトは1983年???。
紹介の機体は撮影年月日から73400さんの推測どおり既に用途廃止後の姿かもしれませんね。
LM-1/2の方面飛行隊とナンバー飛行隊との使い分け、なるほど・・・。いつも勉強になるコメントです。

>Gulf4さん
朱鷺をイメージした記念塗装機のデザインは、これまでのお題でも話題になりましたネ。
単なる個人の好みの賛否両論は無視して、単純に期間限定塗装を楽しもう、と私は方向転換しました(笑)
ただ一つ、記念塗装機は全体像と個々のアップを拝見したいと常々思ってます。
6年前の記念塗装機を撮ったことすら忘れるほど私も多くの記念塗装機を撮りたい!(笑)

>albatross2さん
1970年代前半のK社のポジとは日本の?、アメリカの?。
私のコダクロームとは色合いが微妙に違うのは保存状態にもよるのかな???。
私もそろそろ限界を感じ始めましたので、今の保存環境を見直そうかと考えているところです。
しかし量が多いので、それにかかる費用を考えると頭か痛いです(笑)
追伸.
「陸上自衛隊」の文字の「自」の下に書かれるS/No.をオリジナル画像で確認のうえ、お知らせ下さい。

>Seagullさん
大まかとはいえ、LC-90の残されている記録は貴重なデータです。
私は身近な機体、日米に限らず、このような支援機の記録は全くと言っていいほど記録していません。
どこかでタイミングを逃すと、そのままズルズルと未記録が続いてしまいます。
Seagullさんは米海兵隊MAG-12, MAG-15のUDP部隊のBu.No.も記録されてますが、
それゆえ、これらの貴重な記録を、今後、どのように残し続けていくのが課題ともなりますね。

>N.SUZUKIさん
二子多摩川園航空博に行かれ、ちゃんと撮影し(失礼m(_ _)m)綺麗な画像を保存されているとは脱帽ですm(_ _)m
私は当時は小学生でしたので、瀬田から歩いて坂を下りて遊びに行ったことしか覚えてません。
N.SUZUKIさんと私は、そんなに歳の差がありましたっけ?。ひょっとして成人前?(笑)
No.11392紹介L-21B 12021は、やはり想像どおり、陸自塗装ながら既にJA3274を取得して整備中の姿ですね。

>North PHANTOMさん
オリーブドラブも時期によって色が微妙に異なるという証拠となる画像のような気がします。
これまでに様々な陸自機のポジをスキャンしてますが、どうも色がよく分らない疑問を持ち続けてました。
しかし、この紹介画像で、その理由が分かったような気がしてきました。
といっても、正確な『これだ!』という色は分りませんが。
「ST」記号の件、私は全く分かりません。どなたから補足をいただきたいと思います。

>怪鳥さん
二子玉川遊園地で開催されたイベントは約2ヵ月半ですか。春休み時期スタートですね。
神奈川県川崎市の向ヶ丘遊園地で開催された似たようなイベントにも私は行きましたが、
この頃は各地で「防衛博」が開催されてましたね。
MU-2S #201, #202の左側には、通常どおりの窓がありますね。

>Straight Wingsさん
標的を曳航して離陸することが分っていてのレンズ選択の雰囲気ある良いショットですネ。
下に写りこむ民間等々の景色などからも当時を写しこんだ貴重な記録ショットともなるようです。
この標的曳航のロープは、離陸後はもっと長くなるのですよね。
この長さでは射撃訓練でKM-2自体にも当たりそうで怖いです。

>うみ太郎さん
このPart.4でもU-125が未紹介なら私から土俵に乗せようと思ってましたが、ようやく紹介されました。
2004年の空自50周年には様々な特別塗装機が出現しましたが、私はほとんど撮ってないので、
今このように紹介されても瞬時に思い出せません。考えたら10年前ですものね。私のデジ化元年でした。

>皆様
ここはクローズしPart.5を立てます。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -