GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





Black Birds 7 Name:Takafumi HIROE Date:2014/09/09(Tue) 07:08 No.11974   
コーヒーブレイク画像のままで終わらしてはいけないので、支援を受けた#979を紹介します(笑)
前日の#976(No.11934紹介)と二日続けてのサンパウロの丘の前のタキシングショットです。
しかしNo.11934紹介#976と空模様も背景との位置関係もほとんど同じ。
えっ?、連続カット?と思われても仕方のない自分でも情けないほど変化のないアングルです(^_^;
SR-71Aは、7/11, 7/12と二日続けてフライトし7/13はお休みし、7/14, 7/15に#979がここを転がりました。

Re: Black Birds 7 Name:A-330 Date:2014/09/09(Tue) 10:00 No.11975
広江さん、皆さんおはようございます。

1972年沖縄返還に伴い、同年から勤務した那覇ではフェンスの内側から米海軍、海兵隊機の撮影に追われる贅沢三昧の日々を送っていました。
そんな中の10月B-52嘉手納大挙飛来時に、土曜日半ドン勤務を終えて那覇からタクシーに飛び乗り嘉手納へ直行。
初めて訪れた嘉手納基地では、本土から空路駆けつけた顔なじみのマニアの皆さんとご一緒にB-52撮影に夢中にになっている時、たまたま降りてきたSR-71を撮ったネガポジが手元に残っています。
73年のある週末、気合を入れ嘉手納へ空軍機を撮影に行こう!と那覇ゲートを出ようとした時、上空をF-8がオーバーヘッドで進入するではありませんか。大急ぎでエプロンまでUターン、慌てていた為に途中6x7+200mmを落としながらも、かろうじて転がりシーン撮影に間に合うことができました。
この一件以来、那覇への外来機飛来が気になってしまい、とうとう沖縄1年半の在勤中に嘉手納を訪れたのは、B-52騒動時のたった1回だけという結果に(苦笑)。
今日の紹介も「たまたま降りてきたので撮れた」ショットです。

SR-71A 61-7971 9thSRW/OL-KA 1972年10月嘉手納


Re: Black Birds 7 Name:geta-o Date:2014/09/09(Tue) 16:14 No.11976
広江さん、みなさんこんにちは。
台風が南を通過したためかいい天気になりましたね。
今日はどういうわけか未出のU-2S(80-1073/9RW)2000/6/30 厚木WINGS前日の飛来ちょうど昼ごろで光線状態はトップでした。


Re: Black Birds 7 Name:すっかいうおりゃ Date:2014/09/09(Tue) 17:18 No.11977
広江さん 皆さんこんにちは!
再び某国からの発信です。オーサンOHにて撮影したU-2S(80-1084)9RW。
Cranbberyさんが詳しく紹介されているシーンのフライト終了後の様子。お膳立てに使う道具類は、同じものですね。2012/10/20

Geta-oさん>
そのBB-073 相模大塚の駅からダッシュして撮ろうとしたのですが 間に合わず悔しい思い出があります。(笑)


Re: Black Birds 7 Name:Cranberry01 Date:2014/09/09(Tue) 17:55 No.11978
広江さん、皆さん、こんばんは。
>広江さん、新しい方たちも加わって、Blackbirdsは加速中ですね。Mach3+で止められなくなって来ました。自分だけでは分からなかった事実も出てきて、益々面白くなってきました。これはSR-71/U-2研究者(?)にとっては第一級の資料です。きっと世界中のマニアが見ていますね。Visitorが増えているのではないですか?スライドを探さざるを得なくなりましたね。撮影位置が同じとかは贅沢です。撮っているだけで貴重種なのです。(笑)

>Gulf4さんも、2機並んだのを目撃されていましたか。ウラヤマシ〜です。是非見せてください。

>T.Hさん、TR-1について補足です。この機体の製作が発表された時は、TR-1はヨーロッパでの使用を目的としたTactical Reconnaissanceであるとされました。しかし実際はイギリスでの使用に配慮した名称だったと考えます。そこに至ったと察せられる画像は、後日紹介いたします。
公表ではU-2Cに変わる、Atand Off Survailance機が必要となり、U-2Rの一部機材を戦術使用に変更したものだとなっていました。(外見からはほぼ判別不能)しかし、機体自体は全く同じものであり、機材はどうにでも変更は可能です。実際にU-2Rでは任務によって変更されています。
その辺りは、実際に聞いたところでもそのようなニュアンスでした。後にはU-2R/TR-1Aとの表記が増えてきます。
USAFの資料では1979年度ですでにU-2RとTR-1を同じ様に記述しています。1983年から18機をRAF Alconburyに配備すると発表していましたが、なぜか所属はUSAFEではなくSACでした。後にはU-2Rに統一されています。

SR-71A(61-xxxx) 1st SRS,9thSRW May 1985, Beal AFB
後ろに見えるのは、U-2用のハンガーです。そこから左手にU-2用とSR-71用のハンガーが別々にズラッと並んでいます。ハンガーも写し込もうとして撮ったのですが、真っ黒になったバックに真っ黒の機体で最悪です。
HABU用のハンガーは専用の作りで、ガレージと同じ様なドアーが付いています。(そこでの写真は取らせてもらえませんでした。)エンジン始動はハンガー内で始まり、到着時もハンガーにそのまま入っていきます。
これは衛星からの赤外線による熱感知を避けるものだと、聞いていました。(実際に飛行機がいないのにゴーストみたいに機影が映っている写真を見た事があります。)更に、この多数並んだハンガーのドアーはHABUが居る居ないには関係なくランダムに開けられて、上空の衛星を含め、何処から見ても何機のHABUがいるのかを分からなくしています。沖縄でも全く同じものが同じ様に運用されていた様です。
時代は冷戦のさなか、SR-71/U-2に関しては偽装も含め、何から何まで徹底していた様です。


Re: Black Birds 7 Name:TROUT Date:2014/09/09(Tue) 19:50 No.11979
広江さん、皆さんこんばんは。>広江さん、No.11943の機体s/nですが、私も広江さんのご想像通り再確認してました。しかし残念ながらNo.11962の次のカットも機首アップで、ポジマウントナンバー36で終了してました(^_^;) このチャンスとばかりに連写で弾が尽きてしまったようです(^o^) またNo.11943は400ミリで撮影、直ぐ200ミリに付け替え斜め正面を撮影してありそのカットでs/nが写っているモノと信じていましたが、全遊動式の尾翼はタキシングステアリング時も連動して動くようで
機体はレフトターン斜めを向いていても尾翼はほぼ正面の状態でs/nは解読不能でした。
さて今日もSRで、未出s/nとちょっと違うアングルで。75年3月、05の58号線を嘉手納ロータリーに向かい右カーブする辺り基地内の高台でエンテスしていた61-7963です。エンテス前後は不明ですがこの機体の着陸を撮影することが出来ました。この後89年まで数回嘉手納を訪れていますが、ここでSRを見かけることはありませんでした。SR-71A 75年3月 61-7963


Re: Black Birds 7 Name:N.SUZUKI Date:2014/09/09(Tue) 20:40 No.11980
広江さん みなさんこんばんは、
 SR-71A 17960 撮影は78年2月 カデナでR/W05に着陸後、戻るところです。
 支援として、パイロットの緊急脱出に備えたタラップ車が付いています。


Re: Black Birds 7 Name:Gulf4 Date:2014/09/09(Tue) 21:19 No.11981
すでに皆さんから何枚か出ているSR-71A(61-7979)ですが、No.11942でCranberry01さんが撮ったのと同じマーク付きですね。
1980年6月2日に嘉手納で撮った一枚ですが、嘉手納に行った回数の割りにSR-71のマーク付とは縁があった気がします。


Re: Black Birds 7 Name:T.H Date:2014/09/09(Tue) 23:51 No.11982
遅い時間になってしまい申し訳ありません。
昨日の No.11964から約6週間後、同じく英国のRAFレイクンヒースでF-111を撮影していたらTR-1が緊急着陸してきました。
普段は秘匿性の高い機種なのにレイクンヒースの着陸が良く撮れるR/W24エンド付近、外柵沿いから撮れてしまう場所にTR-1Aが留め置かれて、たしか1泊して翌日に上がって行ったと思います。一部の北東地区シェルターから出て24エンドに来るF-111Fのタキシングが撮れた場所で、TR-1Aが撮れてしまったのには驚きました。トレーラーやら間に合わせの支援機材でなんとか遣繰りして飛ばしたのが判るでしょうか。

>広江 さん
TR-1Aは FY80で再生産した時に名称変更しておきながら、再び U-2R/Sに成ってしまったという訳ですか。
個人的印象ではTR-1Aはなんとなく凄みに欠ける感じがしてU-2の方が「らしい」気が漂っているように思います。

>Cranberry01 さん
昨夜は帰宅が遅く成り、広江さんからの前スレへのレスしか読まずに投稿してしまいました。TR-1Aの謎解き補足をして頂きありがとうございます。おぼろげに欧州へ配備する U-2と同等機材をTR-1Aと呼んでいたのかなぁ〜と自分なりに理解していました。空軍機のシリアルは NAVYマニアとして育った身には難解なので、英国へ出かけるようになってからMach III PLUS のシリアル本を買って利用して来ました。熱心に調べているイギリス人スポッターでさえ、時々誤解等はありますね。今回も Beale AFB 他でご自身が取材された大変貴重なカット、お話の数々 皆さんにも 大いに役立っていると思います。感謝いたします。

1988年7月27日 RAF LAKENHEATH  TR-1A  80-1088  95RS 17RW


Re: Black Birds 7 Name:うみ太郎 Date:2014/09/10(Wed) 00:18 No.11983
今回は嘉手納で撮影したU-2Sです。
よし吉さんがNo.11891で紹介しているのと同じ機体です。この時はたしかオーサンがクローズで、よし吉さんが撮影されたもう1機の80-1083と嘉手納から2機のU-2がミッションをやっていたと思います。このコブは自分達はシニアスパンと呼んでました。これを撮りたくてこの時は嘉手納へ展開しました。2機とも基地祭では見れないミッション形態のノーズと、下部にアンテナが沢山付いているのが魅力的です。
広江さん>この時も撮影位置を誤りギリギリ画面に入った状況です。機体の大きさメモってるのは流石ですね。
2003年11月20日 嘉手納基地 ランウェイ05レフトへの着陸です。 U-2S 80-1093


Re: Black Birds 7 Name:しか太郎 Date:2014/09/10(Wed) 01:06 No.11984
広江さん、皆さんこんばんは。
遅ればせながら参加させていただきます。2010年6月22日に嘉手納で撮影したU2(68−329)です。機番はよくルールがわからないので尾翼の数字をそのまま記載しました。被りますが角度が違うのでご容赦を。この形態を撮ったのも嘉手納でU2に遭遇したのもこのときが初めてでとても興奮しました。
私が嘉手納に行くようになった頃にはSR71は当の昔に退役していて撮ることがかなわなかったので皆さんのお宝画像を楽しませていただいています。


Re: Black Birds 7 Name:Takafumi HIROE Date:2014/09/10(Wed) 07:27 No.11985
>A-330さん
沖縄に1年半在勤中に嘉手納に行ったのは、この1回だけですか。驚きを通り越しました(笑)
しかしその根底となった理由が「米空軍機 < 米海軍機」とは、私よりも極端な価値観です(笑)
カメラ&レンズを落としながらも撮影したF-8は、次々回のF-8リニューアル版でお待ちします。

>geta-oさん
突然、台風が発生したので驚きました(笑)
あらっ・・・、またまたgeta-oさんの紹介で私のポジ管理の乱雑さの露呈です。
Wings2000では紹介のU-2S 80-1073/BBが展示されましたっけ?。記憶もないです(^_^;
そもそも、私は前日の6/30(金)にエンドに行ってますが、その日の記録も乱雑なメモ書き程度。
なんだか自分自身の情けなさを思うより、開き直ったかのように、ただただ呆れ返ってます。
現在までに整理できた厚木基地Wingsで展示されたU-2は、
1992 : 80-1068
1993 : 80-1071/BB
1995 : 68-10331
1999 : 80-1085/BB
2000 : 80-1073/BB
2001 : 80-1085/BB

>すっかいうおりゃさん
(旧)DET.2、(現)5RS の本拠地の様子の初紹介画像ですね。実は、ずっと気になってました。
紹介のU-2Sは、パイロットが見えないので分りませんが、デモフライト?、通常のミッションフライト?。
お国柄、撮影に厳しいと聞いてますが、このようなシーンも撮れることに驚いてます。
遠いアメリカ本土に行かなくても、この国で撮れるのはイイですね。

>Cranberry01さん
詳細な解説、いつもありがとうございます。誌面を見ているより面白いです。
得意とする米空軍の中から何かの主題を決めて、誌面で記事を書かれたら如何でしょうか。
HABUの居場所を分らなくするための運用は本当に面白いです。
TR-1Aの記述の中で『イギリスでの使用に配慮した・・・』は、私は全く知りませんでした。
何を配慮したのでしょうか?。そのあたり、もう少し詳細に教えていただけないでしょうか。
ハンガーのドアが開いて真っ暗な背景に真っ黒い機体は、私もPart.5 No.11946で感じました(笑)
「NAF ATSUGI」と書かれたハンガーから出し入れするため、意図的に写しこんだのですが、
現像が仕上がってきたポジを見て参りました(笑)
最初のありがたいお言葉、自分が少し救われました。
ところが、上のgeta-oさんの紹介画像で更に行方不明のU-2ポジが増え捜索対象範囲が拡大しました(笑)
もうギブアップ状態に近いです。

>TROUTさん
失礼しました。やはり、No.11962後にはS/No.記録にトライはされていたのですね。
しかし、頭の中の残カウントをも忘れてしまうほどの興奮状態での撮影だったようですね。
更にNo.11943後のS/No.記録の撮影の結果を、大変に失礼ながら笑ってしまいました。
今回の紹介のショット、地理的に全く分りませんが、ひょっとしてHabu Hill付近でしょうかね。
位置関係はともかくとして、SR-71Aのエンジンテストシーンというのは珍しいのではないでしょうか。

>N.SUZUKIさん
右端に私が気になるモノが写ってますねぇ〜(笑)
手前のタラップ車(?)はタキシングする#960に常に随伴していたのでしょうか。
私はSR-71Aの着陸後のタキシングシーンを一度しか見てませんが、その時は、随伴車両は見当たりませんでした。
本国からのフェリーフライトだったのですが、宇宙服のようなフライトスーツは着用してないのかな???。
それとも、N.SUZUKIさん撮影の#960に随伴する理由でもあったのかな???。
普通のヒコーキとは異なるSR-71Aの場合は、何から何まで色々と考えさせられてしまいます。

>Gulf4さん
皆さんの画像を拝見すると、同じ機体(S/No.)でも私が撮る時だけマークが書き入れられてません。
それが今回の話題で分った一番の新発見となることは間違いありません(笑)
同じ9SRWのエンブレムが貼られているCranberry01さんPart.4 No.11942紹介61-7958は1980年4月撮影。
Gulf4さん紹介61-7979は1980年6月撮影。近い時期に何か意味でもあるのかと思ってしまいます。

>T.Hさん
どのような緊急状況に陥って降りてきたのか分りませんが、
ひょっとしてR/W06で降りてそのままR/W24エンドでに止まってしまったのでしょうか?。
本来の外来置き場に駐機せず、このようなR/W24エンドのホールド場所に置くとは謎ですね。
パイロットは宇宙服のようなフライトスーツではなく単なる訓練飛行だったのですかね。
それも気になりますよね。

>うみ太郎さん
よし吉さんも書かれてましたが、やっぱり正式な『シニアスパン』と呼んでましたか。納得しました。
この話題を始めた最初のうちは分らなかったのですが、
ミッションに応じて、機首・主翼偵察ポッド・シニアスパン・各部のアンテナ、これらを交換するそうですね。
長い機首レドームに納得できました。今さらですが・・・(^_^;

>しか太郎さん
話すと長くなるので結論だけ、紹介の機体のS/No.は68-13329です。
Gallery化の途中経過も眺めていただいたうえで『ピン!』ときて下さい(笑)。
異様な形の背中のアンテナ『シニアスパン』、異様に長い機首ノーズ、胴体下のアンテナ、これだけで怪しさ満点。
あとは余裕があれば主翼の長さ等の分るアングルでも撮れればいいのですが、
コメントを拝見した限りでは、興奮されていたしか太郎さんには無理な状況のようですネ。
もちろん私もその場に居合わせれば同じことになってます(笑)





Black Birds 6 Name:Takafumi HIROE Date:2014/09/08(Mon) 06:10 No.11959   
コーヒーブレイクです。

嘉手納基地でSR-71Aがミッションで離陸する場合、特徴的なのはタンカーKC-135Qと支援車両の存在。
この二つの姿から皆さんSR-71Aの離陸を察知されていたと思います。
↓はサンパウロの丘の前で待機する支援車両。
白いバンの窓の内側のカーテン(?)に書かれているのはSR-71Aのシルエットと「PSD」の文字
PSDとは、9SRW直轄(?)と思われるPhysiological Support Divisionの略。
医療知識を持つクルーも所属し、ミッションを行うエアクルーの生理的全般を支援する部門。
SR-71AとU-2は高空での長時間の特殊なミッションのため、
ミッションの前日からエアクルーの食事管理から血液調整管理なども担っているようです。
前スレッドのすっかいうおりゃさんへのレスとも関連しますが、
この部門もDET.1/9SRW所属下として嘉手納基地に派遣されていると私は思ってます。
ちなみに他の支援車両がPSDかどうかは分りません。

なお、画像に「SR-71A 61-7979, 9th SRW Det.1」と表記してますが、画像内にSR-71Aは居ません(笑)

Re: Black Birds 6 Name:A-330 Date:2014/09/08(Mon) 10:26 No.11960
広江さん、皆さんおはようございます。

>広江さん
嘉手納DET.1機体配備期間リストが乗っているサイトご教示を有難うございます。
早速、手持ち写真の撮影日特定に繋がる大切な資料としてブックマークに追加させていただきました。
仰るように、1975年〜1985年の空白期間がはっきりしませんが、広江さんはじめ、皆さんが紹介下さった作品と照合しながら、特定判断の助けとなる資料として活用させていただきます。
加えまして「虫食い」改造時期について、皆さんへ形状再確認補足依頼まで呼びかけをくださり感謝申し上げます。

お題の"BlackBirds"ですが、持ち駒は紹介済みNoばかりとなりました。
重複してしまいますが、お話に出ました話題便乗で参加です(笑)

SR-71A XX-XXXX 1985年7月嘉手納

このシーンは偵察ミッションでの離陸ではなく、通常訓練とおもわれるT/G時のもので、RWエンド撮影にしては高度が抑えられているようです。機体下面が分かるようにソフトでシャドー部を明るく修正したカットも考えましたが、やはりブラックバードを見た時の印象はこんな感じだったということで…。
s/nについては、広江さんから教えて頂いた資料から、958,964,968,972のどれかまで絞り込めました。



Re: Black Birds 6 Name:Det.H Date:2014/09/08(Mon) 12:55 No.11961
広江さん 皆さん こんにちは

>Cranberry01さん
おっしゃるようにこの72年は南方は凄まじいことになっていった時でしたね ラインバッカーTが始まる前の4月でしたが、KCの飛びっぷりは半端じゃあなかったです

では、私も広江さんにお付き合いして、コーヒーブレークを (^^)
この時が砂辺の海岸から先輩から聞いたサンパウロの丘に、初めておっかなびっくりで行った日でした なんと基地の中が丸見え、そして今まで遠くから撮っていたKCがすぐ目の前でタキシングが撮れる場所に興奮しました しかしまだ返還前! ちょっと怖かったですね そんな時SRが転がってくるではないですか 一時喜んだのですが、彼と二人で撮るのをやめようか?それとも撮ったら一目散で逃げようか?とドキドキしながら待っていたら、なんと途中から曲がってしまい心配も杞憂に終わりました(笑)ハブM.S.付の968でしたので転がってきたならバッチシ撮れた?
その時のカットですが、右側の随伴車はパイロットの乗降用なのか、翼上面点検用なのか前にステップが付いている様に見えます そして今回気付いたのですが、黄色のボードに描いてある図は蛇がとぐろを巻いているように見えるのは私だけ? (^^; 

それから機首の虫食いですが、72年時の機体は総てありませんでした その後81年8月に撮った61-7975は欠けているように見えます この機体は次回


Re: Black Birds 6 Name:TROUT Date:2014/09/08(Mon) 14:14 No.11962
広江さん、皆さんこんにちは。>広江さん、疑問解決のお題をいただきましたので、早速確認できそうなカットをスキャンしてみました。No.11943で紹介しました83年4月撮影の続きのカットです。200ミリでアップしたものを更に拡大してみましたが、広江さんおっしゃるようにやはり「虫食いはありました」それと、ドラッグシューのほうも参考になる画像がありますので掟破りの2枚貼り付けお許しください。


Re: Black Birds 6 Name:TROUT Date:2014/09/08(Mon) 14:41 No.11963
続きましてドラッグシュートについて、私も何回かドラッグを広く姿を目撃していますが、SR場合前輪が接地したと同時に切り離してしまうようでした。ちょうどDet.HさんがNo.11950のシーン直後にはランウェイ上で切り離してしまい、Det.Hさんが紹介の↑No.1196に登場したHABUを描いたはしご車?が改修するようです。SRが離陸する時は広江さん紹介のように支援車が多数随伴してきますが、着陸時ははしご車が必ずランウェイ再度で待機しています。そのはしご車の用途は紹介回する画像が物語っています。毎度おなじみの83年4月、着陸後ドラッグの切り離しがうまくいかずそのままRW05R上で停止、直ぐに待機中のはしご車が機体に横付けグランドクルーが機体に飛び乗り手動?で切り離しに成功、何事も無かったようにEchoタキシーウェイを進入してきました。グランドクルーが作業してるシーンは何故か撮ってない!!貴重なシーンだけに後悔してます(^_^;)
>Det.Hさん、はしご車のボードに描かれてるのはとぐろを巻き鎌首をもたげた「HABU」で間違いありません。58号線沿いやサンパウロの丘から基地内道路を走る「HABU」のボードを掲げたはしご車を度々目撃しております。
2枚貼り付け失礼しましたm(__)m


Re: Black Birds 6 Name:T.H Date:2014/09/08(Mon) 15:59 No.11964
本日も SR-71人気は衰えませんね〜SRの紹介は一休みして Dragon Lady の応援に回ります。

'88年初夏、自身初めて訪れたヨーロッパで 英国 RAF Alconbury に当時配備されていた TR-1A を撮る事ができました。
R/W12-30 9,000 x 200 1本を持つ同基地ですが、初めて訪れた日は生憎 R/W12 運用でした。しかし、流石は10機程度が配備されていた基地 TR-1A 数機が Touch & Go を繰り返しており、12End 付近は土地が開けていたので 着陸のカットだけは色々なアングルから撮る事ができました。厚木や横田で公開の展示に飛来した外来だったらこんな贅沢なマネをする勇気は持てません。
ミッションから戻って1回で降りてしまう機体には、胴体他に多数のアンテナが付いていました。タキシングが撮れるR/W30側での撮影に至るには あと2年強を要しました。

しかし、どうみてもU-2と同じ機種なのに、欧州の RAF Alconbury , UK & RAF Akrotiri , Cyprus に配備されていた機体をTR-1と改名していたのでしょうか? ご存知の方がいらしたらご教示願います。

>広江 さん
外見上は U-2 = TR-1 に見えますが、一応当時のTR-1A ホームベースまで出かけて撮ったカットなので 本物だと思います(笑)


1988年6月14日 RAF ALCONBURY   TR-1A  80-1081   95RS  17RW 


Re: Black Birds 6 Name:すっかいうおりゃ Date:2014/09/08(Mon) 18:26 No.11965
広江さん 皆さんこんにちは!
SRのネタも切れてしまいましたので U-2の在庫を探してUPいたします。
2009年3月10日 嘉手納R/W05 Leftに着陸するU-2R(80-1084)です。9th RW"BB-084"。背中に衛星通信用のドームをつけたのは、この時初めて遭遇しました。BBのレターを撮るのも大事ですが レードームがしっかり見える写真の方が絵になるかな・・なんて考えています。U-2Rらしい不気味なシルエットが好きです。No,11891のよし吉さんの写真のように両方ともばっちり写り込むと良いんですが 高さもあってそうはいきませんでした。

広江さん>
自分でHPの作成をして初めてわかるのですが かなり大変な作業量と思います。身体をいたわってください。さて 解説いただき感謝です。今まであまり深く考えなかった事もこうした機会に勉強させていただき皆さんに感謝です。SRの虫食い形状の件ですが 1977〜1979/8の間に撮影した3機のSR共に虫に食われ・・違う・・「虫食い形状」、私の写真で見る限りそうでした。

Cranbbery01さん>
非常に明解な解説をいただき 疑問が解けました。有難うございました。これで今晩は、熟睡できます(笑)。明日 某国に戻りますので ネットが不調でない限りまた参加させていただきます。 


Re: Black Birds 6 Name:geta-o Date:2014/09/08(Mon) 18:44 No.11966
広江さん、みなさんこんばんは。
広江さん、ベトナム戦争終結後しばらくお休みの時期がありましたのでSR-71は昨日の撮影が唯一です。
今日は新規ネタもありませんので2010/5/5の岩国FSDで上空パスをしたU-2S(80-1069/9RW/9RS)
の通り過ぎたあとを後ろから。


Re: Black Birds 6 Name:Cranberry01 Date:2014/09/08(Mon) 18:47 No.11967
広江さん、皆さん、こんばんは。
>広江さん、HABUばかりで、申し訳ありません。
今日のSupport Vehicleはよく撮られていましたね。この手のものははTROUTさんの仰るように、見ているだけで全く撮っていません。
最初のバンがMaintenance Crew用で、白いバンが仰るようにPSDのものです。

大きな基地にはPysiological Training Unit があって、全ての航空機乗務員はそこにあるChamberの中で急減圧"Rapid Decompression"の訓練と、身体検査を受けます。。航空医学の専門の士官(Maj,Lt. Col等の専門家で、全て医学博士の資格を持っています。)がいて、彼らはよく"Doc"と呼ばれています。全ての乗務員ははそこで定期的に訓練を受ける事が義務付けられています。。私もある基地で2日間講義と試験を受けた事があります。Altitude ChamberでのRapid Decompressionは良い経験でした。

9th SRWのPilotは、ほぼNASAの宇宙飛行士達と同様のものなので、それを支援するのがPSDです。(Det-1の人員もBeal からのTDYでした)。毎回、FLT準備の段階から"Doc"が付き添っています。そのため他の戦闘機部隊等と比べ、仲間内みたいな関係があるそうです。 他の部署と異なり、任務中は白い制服です。

>Det-H,あの機体はあそこから上がったのですか?まさか?
>TROUTさんの仰るように、私が見た時も常に滑走路上で切り離していました。これを正面から撮りたくて
、Bealで希望したのですが、かないませんでした。(今でも心残りです。)
>T.Hさん、そんなに沢山撮れたのですか、ウラヤマシイです。
>すっかいうおりゃさん、こうなると初期のU-2とは違うものですね。私は見た事がありません。この手の飛行機の最中に、某国とはますます怪しい雰囲気です! お元気で。

画像はU-2RのPre-Fltの様子です。U-2R(68-10337) 99th SRS,9th SRW Beal AFB, Apr.1980
1、ETD1時間ほど前に外回り、Cockpit内のPre-Flt C'Kは全てBack-Up Pilotによって行われます。しかし他の人間がC'Kした飛行機を、全てを任せてそのまま飛ぶというのは、相当勇気がいるものです。これも仲間内での信頼関係が厚くなければできません。。
2、Cockpit C'Kを行っているところ。手前の緑の被いは、搭載カメラ。
3、任務に付くPilotが乗り込むところ。白い制服でPortable Coolerを持っているのがPSDのスタッフ。広江さん紹介のバンが機体の直ぐ下までつれて来ます。すでに2時間くらいこの状態です。
4、与圧服やライフサポート類のホースやらベルトを繋いでいますが、Pilotは殆ど出来ません。
下でオレンジのFlt Suitを着ているのが、Buck-Up Pilotです。右腕に99th SRSのパッチが付いています。この後、彼はMobile Vehicleに載って、RWYまで随伴します。そして車でRWYをC'KしてOKを出します。


Re: Black Birds 6 Name:Komatsu Date:2014/09/08(Mon) 21:10 No.11968
>広江さん、皆さん今晩は。

Wings1995 に飛来したU−2がまだアップされていないようなので、1枚参加させてください。

1995年6月2日、19エンドで撮ったU−2R(68−10331)です。
バックに“ ソラ ”しか写っていないので、厚木で撮ったという証拠はありませんが・・・。

パイロットがサービス満点で、2回ローアプローチした後3回目に着陸しました。



Re: Black Birds 6 Name:Gulf4 Date:2014/09/08(Mon) 21:23 No.11969
三沢基地航空祭に出かけていました。さて、No.11930で掲載された、すっかいうおりゃさんと同じ状況を私も見ています。
1979年5月、SR-71A(61-7960)が最終点検を受けているシーンですが、駐機方向が通常と違っているはずです。
この機体と機首を向かい合わせる形で、もう一機(61-7967)が同じく最終点検を受けて、連続して離陸しました。
この時は「サンパウロの丘」下の方まで行って、金網に小口径のレンズを押し着けて撮りました。
もちろんSR-71Aが二機も並ぶ、この珍しいシーンに基地内道路はもちろん、外周道路も見物の車と人で大混雑。
午後の遅い時間帯だったので、光線状態も良い感じで撮れました。


Re: Black Birds 6 Name:waka Date:2014/09/08(Mon) 21:47 No.11970
広江さん、皆さんこんばんは。
>広江さん
SR-71Aの機首の虫食い形状について確認せよとのことで、引き伸してある20数枚の写真をルーペで見ましたが、ほとんど真横の写真で良く分りませんでした。何となくこれではというのもありましたが、混乱を招きかねないので分からないという結論です。
1976年から10年余り、毎年、夏には嘉手納に出かけていた私ですが、お役に立てず申し訳ありません。

今回の写真は、まだ出ていないマークの入ったSR-71Aです。
撮影は1988年7月12日、嘉手納基地、9SRW/Det.1 61-7974です。
この機体の垂直尾翼には、赤で”1”に蛇の巻き付いた絵柄に加えて、前下方に半月刀の交差した絵が付ています。
某資料によると、同機は湾岸地域でミッションを行ったとの記録があり、そのために付いたマークと思われます。


Re: Black Birds 6 Name:うみ太郎 Date:2014/09/09(Tue) 00:43 No.11971
今回は横田に降りたU-2で行きます。
No.11914で空と鉄とさんが貼られている80-1089の着陸です。
横田でU-2の着陸を撮るのが初めてだったので、レンズ選択を誤り真横がはみ出てしまいました。
通常の飛行機なら斜め前か後ろで全体が入るのですが、主翼が長すぎる為、斜め前でも主翼が切れてしまい
変な構図になっています。この画像もぎりぎり入らない状態です。
離陸は空と鉄とさんと動揺に仲間は外でタキシング撮ってバックリでしたが、自分は売店の仕事があったので
中から見送り。遠くのタキシングとはるか彼方から離陸して来た姿を見てがっかりしたのを思い出しました。
2005年8月19日 横田基地の18への着陸です。


Re: Black Birds 6 Name:MIDWAY世代 Date:2014/09/09(Tue) 01:01 No.11972
広江さん、皆さん こんばんは。
U2の数が少ないので、今日も少しだけ貢献したいです。
まだ、出ていない機体です。
2012年9月8日に、Sacrament Mather Airport, California Capital Airshow 
にて展示されていました U-2S 80-070 を上げさせて頂きます。 ちょっとくたびれた機体でしたが
間近で見る事が出来た喜びを思い出します。


Re: Black Birds 6 Name:Takafumi HIROE Date:2014/09/09(Tue) 07:06 No.11973
>A-330さん
撮影された時のA-330さんの感想は分りませんが、私だったら間違いなく『腹のになっちゃったよ〜』です(笑)
無駄とも思えるような当時のショットが、何十年も経つと貴重と感じ始めるのが不思議です。
要は言葉が良くないかもしれませんが、貪欲に何でも撮らなくては駄目だということですね。
まあ私自身も分ってはいるのですが、なかなか・・・(^_^;
SR-71Aは生産機数が少ない上に事故損失機も多いのでS/No.の重複はやむを得ないので全く気にしないで下さい。

>Det.Hさん
サンパウロの丘でSR-71A初撮りとおもったらインターセクションですか、残念でしたネ。
支援車両のステップはミッション中止等の異常時にエアクルーが降りるためのものかもしれませんね。
機体から降りたエアクルーは、私が冒頭で紹介している白いバンに乗り込んで戻るのでしょう。
黄色のボードに描かれているのは確かに蛇がとぐろを巻いているように見えます。
機首の虫食いですが、前レスや上でも書いたように、少なくとも1978年までは未改造です。
1983年には改造された姿が確認されてますので、1979年〜1982年が要チェックです。

>TROUTさん
No.11962は確かに「虫食い」が確認できますネ。
ドラッグシュートは前輪が設置後にR/W上で切り離してしまうのですか。
まあこの大きさでは、タキシーウェイまでズルズルと引っ張っていくわけには行かないのでしょうね。
ところで、S/No.不明の機体のNo.11963, No.11943, No.11962の順と捉えてよろしいのですか?。
No.11943の続きで紹介のアングルを撮ったのなら、そのまま尾部を撮ればS/No.が分るのに・・・。
SR-71Aではありませんが、ロービジ時代の機種には私はよくこの手を使いました。
Det.HさんNo.11961紹介は離陸前ですので、はしご車は離着陸時のオールマイティですね(笑)

>T.Hさん
贅沢なアングルで撮れたとは羨ましいです。
名称ですが、FY1956発注U-2A/D、FY1968発注U-2Rが生産され、いったん生産は終了したとも思えますが、
その後FY1980発注で再生産(?)される際に『もう雑用機の型式記号じゃ隠し切れないだろう』、
の意見が出たかどうかは分りませんが(笑)、戦術偵察機の記号TR-1A/Bが与えられました。
しかし私に言わせれば、まだ隠そうとしている(笑)。正しくは戦略偵察機SR-1A/Bでしょう(笑)
ところが元々のU-2AをU-2Rに改造して運用していた時期でもあったため、
TR-1A/Bは1991年10月にU-2R/U-2R(T)に改称しましたが、
その後も、U-2A→U-2R→U-2S、TR-1A→U-2R→U-2S、と名称の混乱が続きます(笑)
結論として簡単に言えば、FY1980機は1991年9月まではTR-1A、1991年10月以降はU-2RまたはU-2Sです。

>すっかいうおりゃさん
背中の異様に大きいレドームですが、中央翼でスパンもあるので、ちょっと撮りにくいようですね。
私は雑誌のニュース記事でしか見たことがありませんが、この怪しい姿は撮りたかったですね。
しかし未だにマニア間の当時のニックネームが思い出せません(笑)
紹介画像はU-2Rから改造されU-2Sとなった姿。上のT.Hさんにレスした「TR-1A→U-2R→U-2S」の変遷です。

>geta-oさん
なるほど、geta-oさんにも休眠期間があったのですね。
それは知りませんでしたが、それが分って、ちょっと距離が縮まって身近に感じるようになりました(笑)
U-2は普通に真横を撮るだけでなく、色々なアングルでも絵になる面白い機体ですね。

>Cranberry01さん
冒頭の支援車両の画像は、先日のSR-71A画像の再捜索時にポジ箱の中に1枚だけ紛れ込んでました(笑)
未だ見つからないのが、Wingsに展示されたU-2とサンパウロの丘で撮った(かもしれない)SR-71Aの正面形。
ポジ箱にマジックで書いた管理番号(連番)に抜けがあるので、まだどこかに何かが潜んでるのですがねぇ〜。
厚木飛来時にパスするように通過した真下からの画像とWingsの画像は間違いなく見た記憶もあるのですが・・・。
プリフライトチェックからパイロットが乗り込むまでの一連の流れは大変に興味深いです。
ミッションのパイロットが3の段階で乗り込むのは知りませんでした。
分厚い与圧服のため、狭いコックピットに乗り込んだ後のホースやらベルトの接続は自分ではできず、
PSDのサポートを受ける必要があると何かで読んだことがありますが、3と4の画像で納得できました。

>Komatsuさん
私は何年のWingsに行って何年のWingsに行ってないのか自分自身でも分らなくなってきてます。
しかし紹介の1995年飛来時のローアプローチの記憶がないので、おそらく行ってないはず・・・。
前回のOV-1と同様、話題が終えるまでには各開催年のU-2の状況が整理できることを期待してるところです。
それにしても、やはりU-2は(も)独特な姿ですねぇ〜。本当に今回の「Black Birds」は面白いヒコーキです。

>Gulf4さん
珍しいシーンに基地内外の道路が見物のための車で混雑するというぐらいですので、
回数は多くはないと思いますが、皆さんSR-71Aが2機出てきて離陸していくシーンを見られてるのですね。
1機でさえテンションが上がるのに、2機出てきたとなるとGulf4さんも興奮気味で撮られたことでしょう。
大型機の場合、私はサンパウロの丘から降りて金網にレンズを押し付けて撮ってましたが、
SR-71Aでは、今回の捜索で丘の上から撮ったショットしかありませんでした。
午後遅くなった光線状態が綺麗ですネ。

>wakaさん
これだけ皆さんからSR-71Aが紹介されていても、ひょっこりと未出番号61-7974機が出てくるのですね。
皆さんとの巡り合わせの良くない番号だったのかもしれませんね。
加えて、61-7974は撮影された翌1989年4月21日に南シナ海に墜落してます。
小さなワンポイントマークは中東地域で見られる半月刀ですね。
ロービジ化された機体の垂直尾翼だけにマーク類が集中して描かれるのは撮影に良いのか悪いのか・・・。

>うみ太郎さん
横田基地R/W18の午後の時間帯の着陸は、背景がごちゃごちゃするので、これはこれで良かったのでは?。
まあ確かに、主翼端が微妙に切れているのは残念な気もしますが、事前に全長を調べておかなくては。
私の記録ノートの最後の方には、軍民問わずで必ず全長が書いてあります。
ただし、U-2は書いてありませんが(笑)

>MIDWAY世代さん
まあ確かにFY1980の機体ですので機齢は約30歳ほど(笑)。無人偵察機への交代も視野に入っていることでしょう。
とはいえ、U-2は話題に上がることのできない状況下でまだ現役ですので、
MIDWAY世代さんのように撮れるうちに撮れて良かったと思える時が、やがては来ると思います。
ここ最近、日本では地上展示されずに上空をパスするのみの飛行展示ばかりですからね。





Black Birds 5 Name:Takafumi HIROE Date:2014/09/07(Sun) 06:33 No.11946   
皆さん、U-2のトーイング方法に疑問を持ちませんか?。答えはPAPPYさんNo.11910紹介画像で出てますネ(笑)
厚木基地Wingsに展示のため飛来したU-2は、夜間は常にハンガーに入れます。
前日あるいは初日の展示が終わるとト−イング・トラクターで引っ張ってお尻からハンガーに入れます。
そして翌日は↓のようにト−イング・トラクターで押してエプロンに出し展示エリアに並べます。

Re: Black Birds 5 Name:T.H Date:2014/09/07(Sun) 09:30 No.11947
今日もしつこく61-7967の SR-71Aです。ヨーロッパへ出かけるようになって2年目 USAFEの中継地 RAFミルデンホールの一般公開に出かけてみましたが、残念ながらDet.4のSR-71によるデモフライトは前年’88まで、自分が行った年は地上展示のみでした。
噂に聞いた話では、ミルデンホールの SRデモはかなり派手に飛んでいたらしいので期待していた分 ガッカリでした。

> 広江 さん
そろそろ ER-2やTR-1の画像を出せ!と催促デスね。"967" の嘉手納画像は Cranberry01さん、すっかいうおりゃ さん から既に投稿がありますので、明日から方向転換いたします。実は私、SR-71は ”967” 1機しか撮っていないもんで・・・(嘘)2週間の長丁場になれば、SRの隠し球も出せるかも?です。大きく水が空いてしまったので ドラゴン・レディーの応援に回ります。

1989年5月28日  RAF MILDENHALL Air Fete '89  SR-71A 61-7967 1 SRS Det.4  9SRW 


Re: Black Birds 5 Name:A-330 Date:2014/09/07(Sun) 09:59 No.11948
広江さん、皆さんおはようございます。

>Cranberry01さん
機首周りチャインの虫食い窪みは、ECM機器を埋め込んだものとのご教示有難うございます。
ECM機器を埋め込んだ時期については、皆さんからの紹介作品により、かなり絞り込むことができると期待しています。

>広江さん
嘉手納DET.1機の機体(S/No.)別の配備期間リストを見つけられたそうですね。
私もネット検索を試みてはいるのですが、全くたどり着くことができません(汗)
撮影日記録をメモっていない関係で、あいまいな記憶でのA-330投稿写真撮影日記述に矛盾、疑問な点等がありましたら是非ご指摘くださると有り難いです。

このカット撮影日は1972年10月と思うのですが…。

SR-71A 61-7968 1972年頃嘉手納

機首周りチャインはなめらかです。
昨日コメントしましたA-12チャインについての記述ですが、SR-71Aはチャインの幅がA-12と比較して横に広がった形状で、同じRラインを描いていないことも今回ネット検索をしていて知りました。


Re: Black Birds 5 Name:すっかいうおりゃ Date:2014/09/07(Sun) 10:56 No.11949
広江さん 皆さんお早うございます!
広江さんは、スレッドをまとめられる際に朝何時に起きられて作業を進められるのですか?毎回 朝早くには、皆さんの投稿に対する細かなコメントをすべて対応され しかも調べ物もあるでしょうから 大変な作業になるかと存じます。こうして 楽しく拝見させていただけるのも ひとえに早朝または、深夜作業に徹してまとめていただけるお陰ですね!頭の下がる思いです。(ちょっと ごますりも入りました)笑。
 さて T.Hさんのコメントに続く形で しかもNo,11899のBBレターの貴重なSRにあやかって 私も”967”の写真で参加します。1979年8月61-7975と共に嘉手納でフライトしていた61-7967です。この日は、朝からT/Gを繰り返してました。この大きな機体が切れの良い旋回をして降りてきます。当時200oの短焦点レンズで撮っていましたので 如何に急激な旋回かご理解いただけると存じます。これを見て速いだけが取り柄の飛行機ではない”すごい”とダブルの感激を味わいました。尾翼に”1”が赤で書き込んであります。

広江さん>
いや〜実は、Cranberry01さんのNo,11908のご解説を拝見して 「1971年以降SRはすべて1stSRS所属になった」とありましたので この1stを取ったのかと思った次第です。ここでド素人の質問をいたして申し訳ないのですが 1stSOS=det-1なのでしょうか?Detというのは、あくまで同一部隊の中の分遣隊と理解していましたので 9thSRW傘下の独立した飛行隊1stSRSであれば detは、使わないのかなぁ・・なんて悩みました。それとも その後再び部隊の再編があったのでしょうか。あぁ〜今晩も眠れなくなっちゃう・・少々古いですか(笑)

Crannberry01さんへ>折角のご解説を私の方ではき違えて理解しているかもしれません。


Re: Black Birds 5 Name:Det.H Date:2014/09/07(Sun) 11:45 No.11950
広江さん 皆さん こんにちは
さすがにきょうは皆さん三沢にお出かけのようで出足が悪いですね
天気も今は晴れているようでなによりです

広江さんが仰るように、#11937の61-7980はテストフライトの可能性がありますね この日72年4月17日は3機のSRを撮っていましたが、61-7968は離陸に向かってのTaxing、そして↓のバニー君が着陸でした ドラッグシュートの色の記憶がありませんでしたが、飛行浪人さんのブログには真っ赤なドラッグを引いている画像がありますね

>飛行浪人さん
お帰りなさい お疲れのところ恐れ入りますが、こちらにも嘉手納の傑作をお願い致しますね 期待しています (^^)

それからITAZUKE-1さんが今回参加されていないですが、SRを撮られていますよね


Re: Black Birds 5 Name:waka Date:2014/09/07(Sun) 18:36 No.11951
広江さん、皆さんこんばんは。
私にとっては敷居の高い空軍機ですが、嘉手納で撮ったSR-71Aの写真を投稿します。
広江さんのBlack Birds Part4のタイトル写真(No.11934)と寸分と違わない構図のサンパウロの丘からの撮影です。
SR-71は、今になって思えば、もっと色々なアングルで撮れば良かったのですが、当時はNAVY、MARINESの機体の追いかけに夢中になっていて、SR-71は二の次でした。
撮影は1981年8月6日、嘉手納基地、9SRW/Det.1 61-7975です。
この機体の尾翼には、当時、U-2で韓国に展開していたと思われる現9RW/5RSのシンボル”Black Cats”のマークが描かれています。
描かれた経緯とか、同じマークのSR-71が他にいるかは分かりません。


Re: Black Birds 5 Name:Cranberry01 Date:2014/09/07(Sun) 19:53 No.11952
広江さん、皆さん、こんばんは。

>広江さん、Det-Hさん、HABUが1972年の4月から特に飛んでいたのは、"Operation Linebacker"と関係ありです。この年の3月30日に北ヴェトナム正規軍がDMZを超えて南下を始めました。ニクソン大統領は北爆の再開を許可して、まもなくB-52による北ヴェトナム、ラオス、カンボジアの爆撃が始まります。
5月からはUSAF,USNによる大規模な"Operation Linebacker"が始まりますが、HABUはその爆撃目標選定(主にB-52)のため、活動が盛んになっていきます。戦略偵察です。
当時はSR-71の嘉手納での活動は余り話題の中心ではなかったような。沖縄に行く目的は皆さんそれぞれ、別の機体が目標だったのではないですか。どちらかと言うと、SR-71はおまけ?

>すっかいうおりゃさん、あの1は1st SRSの1です。アメリカ本国やヨーロッパでもあの1に絡んだマークを付けた機体が飛行していました。

Det-1はSR-71の支援部隊ですが、組織上では、1st SRSのDet-1では無く、9th SRWのDet-1です。
それはあくまでもOperating Locationにいる時の事であって、TDYが終わってBeal AFBに戻れば1st SRS所属に戻ります。Det-1所属と言うより、Det-1に展開すると言った事のほうがわかりやすいかも知れません。
USAFでは、SquadronがDet.を持つ事は殆どありません。Det.には機体のやりくりはまちまちですが、人員は短期間でのTDY派遣が殆どで、Wing 全てのSquadronから派遣されることが通常です。

9th SRWの下部の文字がDET-1 9thSRWと書かかれた9th SRWのパッチがあります。
初期のOsan ABのU-2は Det-2,9SRWで パッチにもDET2-9SRWと書いてあります。
彼らはお互いをSister Squadronと呼び、緊急着陸などでは相互に助け合っていました。それでそれらの機体に落書きがされると言うわけです。
また、KC-135QのBoom Operaterでさえ別の資格を必要とする程、特殊な飛行機であったため、9th SRWの人員は在籍が長く、部隊内での雰囲気はとてもよかったそうです。

1970年半ばから、1980年代の組織は;

9th SRW --1st SRS SR-71
--99th SRS U-2
--4029th SRTS SR-71B,U-2CT,TR-1B,T-38A(スライド捜索中に部隊の看板を見つけました。)


SR-71A(61-7964) 1st SRS, 9th SRW Beal AFB, Oct.1977 挿入画像は 1st SRSの建物の入り口にあった看板です。この1が尾翼のマーキングの1と同じ字体です。



Re: Black Birds 5 Name:TROUT Date:2014/09/07(Sun) 19:59 No.11953
広江さん、皆さんこんばんは。89年の公開時に展示された17962。この年でSRも終わりと聞いて出かけましたが、それ以来嘉手納を訪れてはいません。 Cranberry01さんの面白い落書きのお話を聞き、あの時の尾翼を思い出しスキャンしてみましたが、思ってたよりかなり薄く残ってる程度でした^_^; 猫のような薄いライン見て取れるでしょうか?>広江さん、ロービジになった機体の隅々を大きく拡大してみても尾翼以外にs/nに当たるような文字は無いですね〜。

Re: Black Birds 5 Name:geta-o Date:2014/09/07(Sun) 21:18 No.11954
広江さん、みなさんこんばんは。
今日は三沢に行って残念ながら地上展示だけでしたがイエロージャケットを見てきました。
今日のブラック・バードは私が撮ったただ一回のSR-71A
嘉手納に台風避難でB-52が103機飛来した時撮影したものです。
SR-71A(61-7971/9SRW)1972/10/29


Re: Black Birds 5 Name:つばどん Date:2014/09/07(Sun) 21:33 No.11955
広江さん、皆さんこんばんは。
私事色々あって、いつも通りに出遅れました・・・(^^;)

とりあえずは、既に嘉手納での画像が紹介されてる機体ですが、SR-71A NASA 61-7971 。
この機体の奥が売店エリアで人が多く、頭の上に主翼の先端が来るようなロープの張り方で、機体全体は撮れませんでした。
この後、あまりの暑さに売店で生ビールを購入、一気に飲んだら気分が悪くなりハンガーの中で暫く寝る羽目に・・・。
一気飲みはいけませんよね(笑)
1991年10月13日 Edwards AFB の公開での撮影です。


Re: Black Birds 5 Name:うみ太郎 Date:2014/09/07(Sun) 23:44 No.11956
広江さん 皆さん こんばんは。
前回に続き横田基地でのフライバイ画像です。
空と鉄とさんが No.11924 で貼られたのと同じ時の画像です。自分は基地外の18エンドで待ってました。
オーバーヘッド後に通常の横田の運用とは逆のトラフィックパターンで進入して来た為、高度が高い事も
あって腹バックリになってしまいました。イメージとしては背中バックリだったのですが・・・
胴体より長い、主翼の長さが良く判るカットとなりました。

2012年8月19日 U-2S 68-10337 "9OG"


Re: Black Birds 5 Name:MIDWAY世代 Date:2014/09/08(Mon) 01:47 No.11957
広江さん、皆さん、こんばんは。 Black birdsのお題ですが、、白い機体を提供します。
微力ながら貢献できる画像として、NASA ER-2 806号機の画像を上げさせてください。 撮影は約半年前の 2014年3月 LAエアショーでのデモフライトです。
ゆっくりと侵入してきた後のフルパワー加速での加速力が思ったより力強かったのが印象的でした。


Re: Black Birds 5 Name:Takafumi HIROE Date:2014/09/08(Mon) 06:08 No.11958
>T.Hさん
いえ、T.Hさんお一人に言ったわけではありません。まあしかし数%は意味を込めてるかな(笑)
動く姿は撮ってないけど保存機は撮ってる、という方の参加の期待を込めてます。
紹介はRAF Mildenhallの本元DET.4ですね。しかし、何ゆえT.Hさんは#967との巡り会わせがイイのでしょう。
この話題、「US LOUs」のように2週間の長丁場になるとは予想もしていないのですが、どうなることやら。
もしそうなったら、私はポジの大捜索が必要になってしまいます(^_^;

>A-330さん
「u2sr71patches.co.uk/sr71production.htm」で検索して下さい。
ただし、「正しいかどうか、全てが記録されているかどうか」を注意点として付け加えます。
なお展開期間の年については明らかに間違いと分る箇所がありますので、その点は要注意です。
61-7968をご覧いただくと・・・、
1971年6月10日〜1972年8月19日、1973年6月12日〜1974年8月14日、1985年7月3日〜1987年5月14日、
この3回のDET.1展開記録がされてますが、Det.HさんNo.11931、A-330さんNo.11948、TROUTさんNo.11929、
いずれもこの範囲内ですので、この点には間違いなさそうですが、
1975年〜1985年の空白期間が、記録モレなのか正しいのかの判断がつきません。
「虫食い」についてですが、私は1980年頃(以降?前後?)に改造スタートと予測しました。
TROUTさんが1983年に撮影されたNo.11943では改造されているようにも見えますが確証は得られません。

>すっかいうおりゃさん
T.Hさんさん紹介61-7967と、今日は二歩近づきましたネ(笑)。
私は嘉手納基地でSR-71Aの通常訓練と分るようなシーンには遭遇したことがありません。
ましてやT/Gを繰り返す姿は想像もしていませんでした。是非、生で見て撮りたかったですねぇ〜。
No.11940でのすっかいうおりゃさんの「1」に関する受け止め方、理解できました。
まず「1」についてですが、1SRSの「1」とDET.1の「1」と二通りあると推測してます。
1SRSとDET.1それぞれのパッチに「1」が描かれてますが、紛らわしいといえば紛らわしいのですが(笑)
次に嘉手納の展開部隊が1SOSのDET.1では?の疑問ですが、私個人的には9SRWのDET.1と思ってます。
SR-71AやU-2の特殊な運用のためには9SRW直轄の部門も必要不可欠で、
戦闘機部隊が部隊内の航空要員・整備要員を選抜して機動性良くDET派遣するのとは性質が異なり、
「1SOS + Wing」の組み合わせの小さな単位で展開しなければならない必要性があると思ってます。
このあたりは、米海軍ばかり見ている私の間違った解釈もあるかもしれませんが、
次のPart.6の冒頭で関連する話題と画像を紹介します。
追伸.
BBS II開催中は、多少睡眠時間が削られる程度なので特に問題とは感じてません。
それよりも、仕事・GO!NAVY本体の通常業務・BBS II、この3JOBの時間配分が大変です(笑)
もしエンド展開でもしようものなら、その日はBBS II以外の全ての作業を捨てます(笑) 

>Det.Hさん
私はSR-71Aの着陸はアプローチの撮影ポイントに居ましたので、ドラッグシュートを引く姿は撮ってません。
もちろんこのような姿も見たことはありませんが、直径はSR-71Aの半分程度でしょうか。
この大きなドラッグシュートを引いてタキシーウエイに入る姿をどなたか撮られているのでしょうか。
もっとも、見たことのない私は、ドラックシュートを切り離すタイミングを知りませんが・・・。
皆さんから紹介されるSR-71Aの色々なアングルは、やはり私には魅力的です。

>wakaさん
私も嘉手納に遠征する最大の目的はUSN/USMC機でしたが、
米空軍機も、撮影チャンスの少ない「ZZ」レターのF-4、そして何よりもSR-71Aの撮影が最重要課題でした。
しかし私のセンスの無さ・・・。皆さんのように色々なアングルで撮れなかったのが悔やまれます。
U-2の専売特許の"Black Cats"がSR-71Aに書かれたのは珍しいと思いますが、
この後、皆さんからの紹介などで真相が明かされることを期待したいです。

>Cranberry01さん
そういわれれば、SR-71Aが慌しく活動したのは1972年5月のOperation Linebackerの直前ですが、
機密性の高いSR-71Aの偵察活動は、当時は公にもされませんでしたので私の頭の中からも抜けてました。
ベトナム戦争後も、SR-71AやU-2の偵察活動は未だに謎のままですしね。
DET.1/9SRWの組織体系統等も謎多しですが、ある程度は想像できるようになりました。
もっとも私の素人考えに他なりませんが(笑)

>TROUTさん
単純に思っていた「1」ですが、だんだん深みにはまってきました。
「1」のみなら1SRS、「1」にHABUが巻きつくとDET.1/9SRW、と安易に考えることにしてます(笑)
この61-7962は、このままの塗装(?)で保存展示されている姿がTAKADA TENNTEKIさんから紹介されてますが、
HABUが巻きついたままRAF MildenhallのDet.4/9th SRWに展開したとなると、また悩みが生じてしまいます(笑)

>geta-oさん
えっ?、『ただ一回のSR-71A』?。この61-7971?、それともSR-71A自体のことですか?。
各地でありとあらゆる機種を撮られているgeta-oさんは、ひょっとしてSR-71Aとは縁がなかったのでしょうか。
あまりにも意外なコメントなので大変に驚いてます。

>つばどんさん
61-7971がNASA Drydenに到着したのは1990年3月19日。しかし1995年1月12日には米空軍に戻されました。
その間、NASA832が与えられたはずなのですが、実際に書かれた時期が特定できませんし、
そもそも1990年〜1995年の間、NASAクルーは61-7971で一度もフライトしてません。
実際にNASAクルーが最初に61-7971のフライトをしたのは1995年1月12日のDrydenからPalmdaleへのフェリーフライト。
その後、SR-71A復活プログラムのためにNASAクルーが1995年6月までテストフライトをしてます。
正式に米空軍で復活後の姿はA-330さんからNo.11923で紹介されてます。
何とも不思議な機体です。

>うみ太郎さん
なるほど・・・、『背中バックリ』をイメージしての撮影ポイントを決めたのですね。
相手あっての私達の趣味ですから、思惑どおりにならないことが常とはいえ、気持ちとしては残念だったと思います。
2007年からこのBBS IIを始めてから感じるようになったのですが、
撮影した当時はいわゆる「捨て駒」的な画像も、今見ると結構斬新に感じたり価値があったりする画像があります。
この私の例とは異質ですが、紹介の主翼の幅が分るU-2の特徴を捉えたショットも良しでしょうネ。
しかし、マニアとしての心情は、まずは普通に押さえて、余裕かあったらこのようなカットですよネ(笑)

>MIDWAY世代さん
「Black Birds」は総称ですから、このER-2は白い機体と分った上でお願いしてます。
Gallery化では、黒い機体ばかりの中の白の機体は紅一点の例えはおかしいですが、とにかく映えますね。
この機体、たぶんレジはN806NAで登録したはずなのですが、ここ最近のNASA機は「NASA806」の表記になるのかな?。
米空軍のS/No.は80-1063ですが、一度も米空軍では使用されずER-2としてNASAに引き渡された?。
お願いしておきながら、分らないことだらけが露呈してます(^_^;
ちなみに、現在は「S」仕様に改造されているようですね。

>MACH3さん、Cranberry01さん、うみ太郎さん、すっかいうおりゃさん、wakaさん、TROUTさん
1979年頃〜1983年頃に撮影され既に紹介された画像の機首周りチャインの「虫食い」形状について再確認のうえ補足下さい。





Black Birds 4 Name:Takafumi HIROE Date:2014/09/06(Sat) 06:39 No.11934   
皆さんのコメントから、↓のシーンとの遭遇チャンスは意外と少なかったのかな?と思えてきました。
当時の嘉手納に行った方なら誰でも知っているサンパウロの丘からの撮影です。
SR-71の真横のアングルはまとまりが悪くて撮り難いというN.SUZUKIさんの意見には私も同感ですが、
僅かながらも上から見下ろすようなアングルだと少しはマシなのではないでしょうか(笑)
この場所でP-3もよく撮りましたが、SR-71AはそのP-3より僅か5.5m短いだけの大型機(?)。
おそらく当時使っていた28-135mmでの撮影。この場所は絶好の撮影ポイントでしたね。

今まで↑が撮れただけで喜んでいたのですが、Gulf4さんのNo.11928画像を見てガックリ。
撮影から37年後に分った悲しい現実です(笑)

Re: Black Birds 4 Name:N.SUZUKI Date:2014/09/06(Sat) 08:12 No.11935
広江さん みなさんおはようございます。
SR-71A 17976の左尾翼アップです。
当時ズームレンズ等の無い時代、地上タキシング中のターンで一瞬見え、右サイドには無かっ為がっくりしました。SR-71Aの特徴である全遊動式の垂直尾翼が良く分かります。
尾翼マークのスカンクは、撮影した1974年当時、同じ頃トライスターの検査でロッキードのパームデールに行った時に滑走路の反対側に、このSkunk Worksのエリアがあり、SR-71のランアップや、U-2の離陸等を見たことが思い出されました。



Re: Black Birds 4 Name:A-330 Date:2014/09/06(Sat) 09:59 No.11936
広江さん、皆さんおはようございます。

SR-71Aの形状について、BBSUで解明されることを期待して(自分で解決までたどり着けなかったので、皆さんのお力添えにすがる…が本音です(汗))この話題を提起させていただきます。
疑問点は、機首付近チャインの形状についてです。
Det.Hさんがコメントされた「機首に葉っぱみたいな窪み」解りやすく表現するとしたら「虫食い葉っぱ」形状へと変更されたのは何時頃からだったのでしょう?。そして虫食い窪みは何のため?
皆さんの紹介された作品を拝見すると、後期SR-71Aは虫食い葉っぱ、前期SR-71AはA-12と同じ?なめらかで虫食いのないチャイン形状です。

紹介は1972年撮影と思われる(ゴメンナサイ確証はありません)なめらかで虫食いのないチャインのSR-71Aです。

SR-71A 61-7972 9thSRW 1972年頃 嘉手納


Re: Black Birds 4 Name:Det.H Date:2014/09/06(Sat) 12:46 No.11937
広江さん 皆さん こんにちは
きょうは皆さん、横田訪問、三沢への移動等でお忙しいようですね
私も横田訪問を画策していましたが、昨日の撮影の疲れ(アシが休んだ為、久しぶりの機材運び、それも4階まで3往復!)、天気もイマイチなので(と思っていたら今いい日差しが出ている〜!)キャンセル(;;) 
皆さんの良い成果をお祈りしています (^_^)

>広江さん
すみません 只でさえお忙しいレスなのに、勝手記号?を書いてしまう悪い癖で無駄な時間をとらせてしまいました (^^; m(_ _)m
ハブM.S. (笑)ですが、残り61-7979, 7980はポートサイドをまともに撮れていない為、描かれていたかどうか判りませんでした
それからミッションですが、SRを撮れた5日間の内訳は前に書いた4機が
9日(7968、7979)、12日(7968)、13日(7978)、17日(7968、7978、7980)、
18日(7979)と飛んでいました この頃は南が忙しかったのでしょうね

>Cranberry01さん
OKINAWA突撃撮影の先輩はK.Kさんでしたっけ? 色々教えてもらったのにどなただったか記憶が・・・・(^^;; いかんです

>A-330さん
そうなんですよ 私の72年の画像では気付かなかった窪み、A-330さんの#11903の画像を拝見して、初めて知った次第 で改めて見返しても虫食いがないのですよね やはり途中で変更されていたのですね 納得 (^_^)V
しかし、いつ頃変わったかは残念ながら私はわかりません (^^;

未だ出てきていなかったS/N 61-7980です このS/Nはこのカットしか撮っていませんでした


Re: Black Birds 4 Name:T.H Date:2014/09/06(Sat) 17:09 No.11938
U-2とSR-71 現在ダブルスコア程の差が開いてしまいましたが、やはり嘉手納に配備されていた + ルックスのカッコ良さからSR人気が高いのでしょうかね?
そろそろ U-2 /TR-1A に加勢したい所ですが、もう少し 61-7967 で続けます。
昨日投稿した No.11921の撮影から1ヶ月ちょっと溯り '89年6月正確な日付は判らなくなってしまいましたが、Paris ル・ブルージェ国際航空宇宙ショーに、何故だか姿を現した SR-71A も やはり "967" でした。 この当時は 無論英国のミルデンホール Det.4に配備されていた機体ですね。

つづく

1989年6月  LE BOURGET  SR-71A  61-7967   1 SRS Det.4  9SRW 


Re: Black Birds 4 Name:geta-o Date:2014/09/06(Sat) 17:16 No.11939
広江さん、みなさんこんばんは。
今日は展示内容があまり魅力的でないので家でゴロゴロしていました。
広江さん。U-2の補助輪が外れたのを撮れたのは偶然です。写真ができて後でわかりました。
Det.Hさんありがとうございます。反射でなく氷ですか、見えるときと見えない時があるわけですね。

U-2も飽きてきたので今日は趣向を変えてSR-71の元祖A-12。
New Yorkのハドソン川に係留されているUSS Intrepid 艦上の展示機で,全長が長いためこんな写真しか撮れませんでした。
A-12(60-6925/Article 122) 2008/11/12


Re: Black Birds 4 Name:すっかいうおりゃ Date:2014/09/06(Sat) 18:56 No.11940
広江さん、皆さんこんにちは!!
今日は、横田展開された方も多いと思います。私も参戦しましたが 暑さに年が付いていけません・・
駐機エプロンから水を買い出しに行くだけでダウンしそうになりました。
さて 尾翼のマーキングの話題のありましたので 1979年7月嘉手納R/W23で離陸に向かうSRの写真をUPします。1977〜1979までの3年間で4回ほど遠征した中で 唯一この場所で撮れました。No,11929でTROUTさんが紹介されている所とおそらくほぼ同じ場所で 同じように金網越しにとりました。尾翼の”1”の数字にHABUが絡みついています。この時期にもう一機確認した61-7967も”1”の数字だけは入っていました。但しHABUは絡んでいません。私も先輩からDet-1の”1”と教えていただいたような記憶がありずっとそう思っていました・・1979年7月 61-7975

広江さん>言われてみれば 本当の機体交換だったのかもしれませんね、でなければ多くのスタッフがエンドで整列して敬礼で見送るなんてことは無いかもしれません。もう一つの可能性としては、どなたかえらい方のラストフライトだったのかもです。いずれにせよ こうしたシーンは、1度しか見れませんでした。

PAPPYさん>本日は、横田展開お疲れ様でした、初めてお会いでき嬉しかったです。今後ともよろしくお願いいたします。


Re: Black Birds 4 Name:空と鉄と Date:2014/09/06(Sat) 19:38 No.11941
広江さん、皆さんこんばんは。
No.11914のレスで広江さんがコメントされている『U-2の到着は遅れてるらしい』で闇夜のカラスとなった機体です。
自分も多摩川を渡り、軽い熱中症で頭痛のためノロノロとチャリを漕いでいる中、あと数分で自宅という所でエアバンから聞こえてきたU-2のコールサインに益々足取りが重くなりました。

写真は2006年8月19日の横田友好祭で展示されていた9RW/5RSのU-2S 68-10331です。


Re: Black Birds 4 Name:Cranberry01 Date:2014/09/06(Sat) 20:29 No.11942
>広江さん、皆さん、こんばんは。

まずはアメリカの会計年度(Fiscal Year)について、お詫びと訂正をさせて頂きます。Det-Hさんのご指摘どおりで、私の知識不足による誤りでした。
株式市場を見始めたのが1980年に入ってからでしたが、決算が9月締めだったので当然ずっと以前から、FYは10月〜9月と思い込んでいました。
探してみますと、1960年代のAlmanacでも、出来事の記述が7月から翌年の6月までとなっていました。当時は不思議だな?と思っていた事を思い出しました。因みに1965年9月の号にはすでにSR-71(17950)の写真が載っています。
Det-Hさん、ご指摘ありがとうございました。これもこのBBSUのおかげです。これからも誤りにはご指摘をお願いいたします。

Det-Hさんご指摘の、氷結/水滴は民間旅客機でも時々見る事が出来る現象です。気象条件にもよりますが、40,000ft前後を飛行する時、しばしば翼の上面に同じ現象が起こります。翼上面が水で濡らした様になる事もあれば、うっすらと霜状のものが付く事があります。霜はもちろん高度を下げると直ぐになくなりますが、濡れた状態は、地上に降りてもそのままの事もあります。-60℃前後ですから、よく冷えています。

>広江さん、4日間で4機ですか?是非スライドを探してください。未知との遭遇、経験したかったデス。
>Det-Hさんも4機ですか。私の初回は2機のみ、MIssion Scoreboardも見ていません。返す返すも残念です。反対側を撮りたかったデス。金○さんです。
>A-330さん、機首Chineの切り込みはECM機器を埋め込んだ為です。時期は定かではありません。
>すっかいうおりゃさん、ありがとうございます。No.11930は非常に珍しいのではないでしょうか。ウラヤマシイです。きっと何かのセレモニーだったのでしょうね。TXI WYを左に曲がり05Lに入るところの部分はかなり広く、まさにあそこがHABU hillと呼ばれたところです。交代の時はDet-1の沢山の人間が出迎え、見送りをしたそうです。因みに、嘉手納では全てのFLTがhotだったそうです。

またまた、昨日までの話の続きになりますが、機体交代が同じ日になった事が2度あったそうです。
その時はあらかじめ時間をセットしておいて、北太平洋上空ですれ違ったそうです。高度差5000ftでMACH6以上でのhead-on pass。想像するだけで、ワクワクします。
もう一度はウラジオストック付近のソ連邦沿岸上空で、まさに地上では”ドッカ〜ン”だったのでは。
当時、我々もこの様な事情を知っていれば、もっと楽しめたでしょうネ。(彼らの行きつけのお店が基地の外にあったらしいです。知っていれば・・)

SR-71A(61-7958) 1st SRS,9th SRW Beal AFB, Apr.1980
尾翼に9th SRWのemblemが描かれていますが、他にも何機かありました。Bunny やその他のカラーのマーキングはペイントによるものですが、一部はチョークで描かれています。N.SUZUKIさんのN0.11935もそうではないかと思います。
嘉手納からBeal AFBに戻る時は、機体のあちこちにチョークで落書きやメッセージを書いて送り出し、待ち受け側では毎回それを楽しみにしていたそうです。意外と消えにくく、オーバーホールに向かう前に、なんとJP-7を使って、消したとのこと。それとBeal到着時のサプライズ飛行が慣例として行われ、皆がランプに出て、楽しみに待っていたそうです。(Beal AFBでは1日のFLTは非常に少ないです。)それら落書きの写真を嘉手納で撮影された方はいらっしゃいませんかね〜。



Re: Black Birds 4 Name:TROUT Date:2014/09/06(Sat) 21:20 No.11943
広江さん、皆さんこんばんは。広江さん、チャンスがもっとあったら23の転がりは取りあえずサンパウロの丘からのアングルを押さえておきたかったです。完全な真横より全然絵になってますよね!アーミング中を下から撮った真横は図面のようで絵になりませんでした(^_^;) すっかいうおりゃさんのようにハイビジ時代に23の転がりを撮りたかった! >Cranberry01さん、私も78年10月に一日に2機上がったのに遭遇したことがあります。時間差の上がりで一機は帰ってきませんでした。また、89年公開時に展示されたS/N61-7962はハブが絡みついた赤い1が描かれていましたが、その下にはチョークで描かれた猫のようなものがうっすらと残っていました。今度紹介させていただきます。いつも興味深いお話しありがとうございます。
今日のはまた正面形で、83年4月エコータキシーウェイを入ってきたところです。S/N不明です。小さな赤い数字、ロービジになって順光横からのアングルじゃないとS/Nの識別が難しくなりました(^_^;)


Re: Black Birds 4 Name:うみ太郎 Date:2014/09/06(Sat) 23:42 No.11944
今年の横田公開でのU-2は望めそうもありませんので、過去の画像を紹介します。
2009年8月2日 横田友好祭でのフライバイの撮影です。2回パスして帰って行きました。
本当は降りてほしいですが、聞いた話しだと降りて上がれなくなると機数が足りずに問題になる為
パスして帰ると言ってました。最近はパスだけで帰ってしまうのは寂しいです。
この時はそれほど高くなかったので絵になりました。
U-2S 80-1094 横田基地のランウェイ18からのパス 


Re: Black Birds 4 Name:Takafumi HIROE Date:2014/09/07(Sun) 06:27 No.11945
>N.SUZUKIさん
私の悔しさ倍増(笑)のアップ画像紹介ですね。心より感謝申し上げます(笑)
全遊動式の垂直尾翼もSR-71Aの特徴の一つでしたネ。すっかり忘れてました。
Part.3 No.11927紹介の離陸前のチェックでは、各舵翼をグリグリと動かす姿が見れたのでしょうか。
私も何度か離陸前のホールド中の姿を撮りましたが、その記憶が残ってません。

>A-330さん
実は私も「虫食い」が気になってました。
皆さんから紹介された画像からは、少なくとも1978年頃までは虫食い状態ではない滑らかなラインです。
今のところ1980年前後に撮影された画像が全くありませんが、おそらくこの時期に改造が始まった?。
そこで悩まされるのがMACH3さんが1979年7月に撮影された61-7972(No.11907紹介)。
画像からは、はっきりと判別できないのですが、改造時期特定の微妙な分かれ道のような気がします。

>MACH3さん
No.11907紹介61-7972のオリジナル画像で機首の形状「虫食い」が判別できますか?。

>Det.Hさん
ベトナム戦争中のSR-71Aが最も活動的だった1972年は、1機多い4機が派遣されていた時期もあるようです。
その証とも言えるのがDet.Hさんの記録された5日間。4機はOL-KA移動日には当たってないようです。
しかし驚いたのは、毎日ではないとしても1日に2機3機が撮れた日があるのですね。
ミッション以外に通常の訓練飛行、あるいは整備後のテストフライトがあったかもしれませんね。
紹介の61-7980は17日の1回限りというのも、整備明けの雰囲気を感じます。
そして更に、この61-7980は嘉手納において皆さんとの遭遇チャンスが少なかったような気もします。
追伸ですが、私の撮影したSR-71Aにも虫食いはありませんでした。

>T.Hさん
61-7967を、1997年撮影の「BB」レター入りから機体の歴史をさかのぼっていくストーリー展開ですね。
1977年8月〜1979年8月に嘉手納のDET.1に所属していた記録があるようなので、もうちょいですネ。
1989年3月〜1990年1月にDET.4に所属していた記録もあるので、No.11921とNo.11938は、その範囲内です。

>geta-oさん
Intrepid Sea, Air & Space Museumには空母とは全く関係ない、それも米軍以外の機体も並んでますね。
まあ空母とは思わず、単に展示スペースと捉えればよいのでしょうけど、
空母の限られたデッキ上に30mほどのA-12が展示されると、撮影には厳しい条件となりますね。
機数や時期は調べきれてませんが、A-12は嘉手納からミッションを行った実績があるようです。
しかしこの60-6925はシステム&フライトのテスト機だったのか、実戦歴は見つかりませんでした。

>すっかいうおりゃさん
皆さん、マーク付きのSR-71Aを撮られていて羨ましい限りです。私は1機も遭遇できませんでした。
逆に、これほどまでにもツキの無い人は他にいらっしゃらないのではないでしょうか(笑)
コメントに???ですが、私も「1」はDET.1の「1」だと思ってますが・・・。
パッチにも中央に赤字の「1」が描かれてますが、違うのですか?(^_^;
さてNo.11930の出来事の件の続きです。上のT.Hさんのレスで気づきました。
61-7967が1977年8月〜1979年8月にDET.1に所属していた記録を見つけました。
これが正しいと仮定すると、No.11930は帰国のシーンではないようです。
となると、すっかいうおりゃさんの推測は、ひょっとすると当たっているかもしれませんね。

>空と鉄とさん
到着が遅れた「闇夜のカラス事件」(笑)は2006年8月18日でしたか。
多摩川を越える橋の上で運転しながらチラ見した幅の広い主翼は今でも悔しさが込み上げてきます(笑)
記録ノートを見返したら私にとっての最大の成果はVAQ-130のAC-500が撮れたことでした。
この日の米軍機の飛来状況は、今年とは雲泥の差ですネ(^_^;
それにしてもFY1968機だったとは・・・。撮り逃したのはやっぱり悔しいです。

>Cranberry01さん
本家本元のSR-71Aの初紹介です。垂直尾翼の9SRWのエンブレムが眩しすぎます。
同日の機体交換で北太平洋上空でMACH3同士がすれ違うとは、本当に面白いことを思いつきますね。
今回の話題で調べていくうちに、嘉手納DET.1機の機体(S/No.)別の配備期間リストを見つけました。
それが正しいとするならば、SR-71Aが最も活動的だった1972年の8月の機体交換は激しいですね。
10日間で、4機が到着し3機が帰国してます。
ベトナムやラオス上空の監視活動が多いので、クルーの交代が多かったのですかね。
追伸です。
4日連続のポジを再確認したところ、延べで5機(7/12 #961、7/13 #963, #979、7/14 #979、7/15 #972)でした。
しかしいずれも何の変哲もないアングルです。

>TROUTさん
撮影したコマの中で自分で撮ってないアングルに憧れる。私とTROUTさんの場合が一番良い例かもしれません(笑)
地元機ならともかく、遠征先ではアングルに優先順位を付けるので仕方がないことかもしれませんね。
各機に施された1980年代半ば頃からのロービジは、このSR-71Aの場合は最悪かもしれませんね。
他の機種のように前脚カバー等々でS/No.が特定できませんものね。

>うみ太郎さん
今年の横田基地友好祭でのU-2のフライバイは無さそうですか。この話題にリンクできるのを期待してましたが残念です。
紹介の2009年は比較的低い高度でのパスだったのですね。
キャノピー下にクルー名(?)やら何やらが書かれてるようなので、やはりアップを撮りたいところですが、
トラブルで上がれなくなるのを防ぐために降りないとは、U-2も運用の限界に近づきつつあると感じます。





Black Birds 3 Name:Takafumi HIROE Date:2014/09/05(Fri) 06:28 No.11920   
私が嘉手納で撮影したSR-71Aは何の変哲もない着陸とタキシングのアングルばかり。
意外と撮影チャンスは多かったはずなので、もっと色々なアングルで撮ればよかったと後悔してます。
それと嘉手納の夏らしいモクモク雲が写り込んだショットが不思議なことに少ないです。
↓のように晴れているか曇っているかのどちらか。もう一度撮れたらなぁ〜(笑)

Re: Black Birds 3 Name:T.H Date:2014/09/05(Fri) 07:09 No.11921
沖縄 嘉手納基地に Det配備されていただけに SR-71の方が優勢ですネ。今日もSRの967です。

私が初めて出かけた International Air Tattoo で、DEMOを実施ライトターンした時に運良く機体下面に光が回り、普段は真っ黒に潰れてしまう部分が少し垣間みられるカットが撮れました。

1989年7月23日(日) RAF FAIRFORD  IAT'89  SR-71A  61-7967  1 SRS Det.4  9SRW 


Re: Black Birds 3 Name:geta-o Date:2014/09/05(Fri) 09:22 No.11922
広江さん、みなさんおはようございます。
今日もU-2。
今日はU-2S(80-1076(BB-9RW/5RS)
1995/7/23 横田
#11896のPAPPYさんがUPした後の帰投時の撮影です。離陸加速中に翼下の補助輪がはずれ後方に置いていきます。


Re: Black Birds 3 Name:A-330 Date:2014/09/05(Fri) 09:45 No.11923
広江さん、皆さんおはようございます。

コピペの連続で失礼します。
Cranberry01さんが解説くださった
「一旦終了していたUSAFでのSR-71の運用が再開される事になり、1995年4月#17967と #17971の2機が飛行を再開、まもなく尾翼にBBのtail codeとs/nが標準記入されました。61-7967,61-7971でした」
の2機のうちの1機をT.Hさんが紹介されましたので、残る飛行再開機61-7971を、USAF 50周年記念エアショーGolden Air Tattooでの目玉メニューとして話題のバーナーONハイスピードパスデモフライトシーンで。

SR-71A BB 61-7971 9thRW Det2 1997年4月ネリス

この時、会場ギャラリーからは歓声とどよめきが上がっていました。
トリミングでお見苦しいですが、カモノハシのくちばしのような特徴ある機首形状を捉えていることに加えバーナーの迫力が相まっていて小生お気に入りの一枚です。
カモノハシのくちばしのような特徴ある機首形状については
「機首側面のチャインはレーダー反射面積を減少させるとともに、カナードのような働きもする。 これによって超音速飛行時にはトリム抵抗が減少されて方向安定性が向上したのに加え、低速飛行時にはチャインから発生する渦流によって垂直尾翼の効きの低下を防いでいる」
との記述が公開されていました。


Re: Black Birds 3 Name:空と鉄と Date:2014/09/05(Fri) 19:39 No.11924
広江さん、皆さんこんばんは。

2012年8月19日、横田の友好祭でフライバイを行った9RW/5RSのU-2S 68-10337 "9OG"マークキング機です。
この機体、調べてみるとRからの改造機であり40年以上飛行している間に事故暦がいくつかがあるようで、それでも現役で使い続けているというのは凄いことですね。


Re: Black Birds 3 Name:Cranberry01 Date:2014/09/05(Fri) 19:57 No.11925
広江さん、皆さん、こんばんは。
>広江さん、今日のトップのコメント。一字一句同感です。着陸の時に限って雲に覆われる事がたびたびでした。
他の方のコメントを読んでいても、似たような感じで、少し自分を慰めています。HABU老人クラブ回想録が出来そうですね。(笑)

>広江さんをはじめ、皆さんのようなU-2は日本で目にすることはありませんでした。話だけは聞いていたのですが、色々と飛来していたのですね。その頃から、混雑したところが億劫になっていました。今考えると行っておくべきでした。

>N.SUZUKIさん、ん〜〜、嘉手納でこのアングルを撮られていましたか。
>Gulf4さん、そうそう、砂辺でしたね。そうですか、そんなに変わっているのですか。40年の歳月ですね。
>Det-Hさん、私もKさんから沖縄の撮影の事を色々と聞いていました。
s/n 61-7978の事故後の写真は見たところただの胴体着陸のようで全く異常なさそうですが、修復不可能な状態だったそうです。尾翼にはBunnyも描いてあります。
Rapid Rabbitはlooneytunesに出てくるキャラクターですが、車や飛行機などの速い物につけられる事が多いようです。B-29,B-58にも同じニックネームを付けた機体がありました。Bunny(ウサギ)を描き、速い飛行機であることと言葉のゴロが良いので"Rapid Rabbit"と付けたと解釈しています。

SR-71は他に類を見ない飛行機であった事や機密性の高い飛行と言うことで注目を浴びていただけに、後年になって沢山の情報が出ました。今では各機の詳細な記録さえ出回っていますが、当時は全く判らない事だらけでした。

昨日に続き、KADENA OPERATIONについて小話を。
OL-8でのSR-71は3機体制がとられていましたが、1968年3月にはまず974,976,978配備されました。1970年〜1974年の間はヴェトナムの戦況により4機体制が取られます。

機体は10〜12ヶ月毎にBeal AFBに戻り、更にLockheed Palmdale Plant 42でオーバーホールを受けていました。その間の飛行時間は各機約300時間位を記録していました。

通常は3機で月に10〜12回のFlt。これは週に約3回と言うことで、1機が週に1回飛ぶかどうかということです。嘉手納には常に3組のCombat Ready のCrewがいて、1組がFltに付くと、もう一組がBuck-Up Crewとなり、その組はmobile dutyも兼ねます。最後の組は休日か他の仕事についていました。これをCrewはFlying "Ladder"と呼んでいました。梯子、つまり、仕事の内容を順番にこなしていくと言う具合です。(どなたかが、3日いれば撮れたと書かれていましたが、まさにその様でした。)

CrewはBeal AFBより6週間毎のTDY Rotationを組んでいましたが、僅かなPCS(permanently stationd)(Commanderと若干の基幹要員)を除き、KC-135QやGround Crewを含め殆どの要員は同じくTDYベースでした。
1970年後半からは、地上要員は家族を含め多くがPCSとなっています。

Beal AFBと嘉手納の往復には全員が自前のKC-135Qを使用していましたが、民間機とほぼ同じルートになり約15時間のFLTです。
一方SR-71だと僅か約5時間。Beal AFB離陸後とアリューシャンの南で給油を受けるのみです。そのため"GLOWING HEAT"と呼ばれたSR-71の交代FLTは希望ベースでしたが、その日にちが発表されると、Crewは順番取りにSQ Commanderのオフィスの前に並んだそうです。
ピーク時の要員は約300人ほどで、部隊の規模としては異例で、Commanderは1度を除き、全てColonel(大佐)でした。又他の部隊と若干異なるのはLockheedを含めた民間の技術者が多い事があげられます。

尾翼に何か描いてあるかも知れないので、真横を撮る事が多かったですが、余り様にならなかったです。
前か後ろからが特徴が出ますね。 61-7976   1976年7月、嘉手納


Re: Black Birds 3 Name:TAKADA TENNTEKI Date:2014/09/05(Fri) 20:19 No.11926
 広江さん、皆様こんばんは。今日も2007年7月 IWM Duxfordです。SR-71A 61-17962 で、米国外唯一の展示だそうです。全景は逆光の正面しか取れませんので、マークの見える後ろからの写真にしました。皆様の投稿を見ていると、U-2はともかくSR-71は無理してでも沖縄に行き一度は見ておくべきだったと後悔しきりです。
 今回はこれで品切れです。今後もあまり出る幕はなさそうですが、機会があれば単発的にでも投稿させていただき、もっぱら鑑賞側で楽しませていただきます。


Re: Black Birds 3 Name:N.SUZUKI Date:2014/09/05(Fri) 20:45 No.11927
広江さん 皆さんこんばんは。
SR-71A 17976 1974年カデナでの離陸前点検です。
Cranberry01さんの言う、尾翼に何か書いてあることを期待しましたが何もありませんでした。但し、この機体、反対側の左尾翼のみに、Lockheed Skunk Worksのスカンクの絵のみが残っています。


Re: Black Birds 3 Name:Gulf4 Date:2014/09/05(Fri) 20:54 No.11928
No.11925でCranberry01さんが紹介しているSR-71A(61-7976)ですが、スカンクと思われるワンポイントマークが
尾翼に記入されています。上にある N.Suzukiさんのコメントを読むと左側だけにあったのですね。
撮影は77年4月、嘉手納23Rの着陸ですが、ここの道も二車線になり、横断するタイミングも難しくなりました。

>広江さん
確かにビーチで長玉を振り回すのは疑惑を招きますね。それにしても砂辺地区の変貌には驚きました。


Re: Black Birds 3 Name:TROUT Date:2014/09/05(Fri) 21:37 No.11929
広江さん、皆さんこんばんは。なかなか巡り会えないSRの23の転がり。たった1度だけ撮れたショットです。最初の頃は上がるタイミングは待つばかりでしたが、いつしかKC-135Qが30分くらい前(だったかな?)に上がることが分かり、この時もRW23で9SRWのKCが上がるじゃありませんか!!半信半疑で待ってると支援車ぞろぞろ従えSRご一行様が転がって来ました〜(^_^)アーミングエリア付近で金網越しの撮影でした。61-7968 85年9月5日です。広江さん、何回も23の転がりを撮られてるなんて羨まし限りです。正面景は確かガードボックス前と呼んでいたEchoの転がり、すっかいうおりゃさんが紹介されている場所でも撮れました。

Re: Black Birds 3 Name:すっかいうおりゃ Date:2014/09/05(Fri) 21:45 No.11930
広江さん 皆さんこんばんは。
SR-71の皆さんの写真 本当に懐かしく拝見させていただいております。
毎回のことながら Cranberry01さんの詳しい解説も楽しみです。
さて 1977年8月嘉手納R/W05 leftで2機のSR-71がランウェイに並びました。その後 2機とも離陸しました。見送りのスタッフらしき大勢がエンドで整列してましたので 本国との機体交換かな?もしかして 違う番号が交代で飛来すれば儲け物・・などと期待しましたが 2機ともにしばらくしたら降りてきました。ド素人の空喜びでした・・・右が61-7967、左手が61-7960です。

広江さん>図星です。m(_ _;)m 帰国してパソコン開いて もうスレッド-2! あわててUPいたしました。


Re: Black Birds 3 Name:Det.H Date:2014/09/05(Fri) 23:50 No.11931
広江さん 皆さん こんばんは

皆さんのSRを大胆に撮られた写真を拝見し、午睡していた事が悔やまれます
あの頃はホント、怖かったです (^^;

>Cranberry01さん
嘉手納でのSR、雑誌等ですっかり初めからDET.1だとばかり思っていました ありがとうございます さて、画像クレジットを訂正して差し替えなくては (笑)
それからもう一つ、仄聞ですが
米会計年度の話ですが、現在は前年10月1日〜当該年09月30日までとなっていますが、これは1977年会計年度からで、(1976年7月1日〜9月30日までの移行四半期を経て)1976年会計年度までは前年7月1日〜当該年6月30日でありました だからって3ヶ月増えたから、開発が進んだか?って言われると (^^;
>geta-oさん
No.11909の翼下面の白っぽいのは高空から降りて来た為の結氷(水滴?)ではないでしょうか? KC135スレでその様な事を聞いたような?

では同時期のハブマーク?付をもう1機 こちらは8個でした 今回初めてwebでハブM.S.を見ましたが、出来ればTXIでUPを撮りたかったですね


Re: Black Birds 3 Name:うみ太郎 Date:2014/09/06(Sat) 00:51 No.11932
広江さん、皆さん、こんばんは。
今日は横田基地のアライバルに行って来ましたが、展示機も寂しく残念な結果となってしまいました。
また今回のお題のU-2でもパスをしに来てくれれば盛り上がるのですが?
今回は厚木のU-2で行きます。広江さんがNo.11902で書き込まれている80-1085のアライバルです。
撮影日は1999年9月24日ですが時間は不明です。光線状態から19のトップ時間帯と思われます。
それと、前回のSR-71画像の撮影は05L着陸を国道から撮影したものです。


Re: Black Birds 3 Name:Takafumi HIROE Date:2014/09/06(Sat) 06:36 No.11933
>T.Hさん
今回の話題は、フワフワと飛ぶ雰囲気のU-2とダイナミックに飛ぶ雰囲気のSR-71と、
同じ怪しいヒコーキながらも全く印象の異なる兄弟ですネ(笑)
紹介の画像は、SR-71のダイナミックさが伝わってくるようなカット。
普段目に付かないお腹の様子も見事に捉えられてます。

>geta-oさん
U-2離陸時の補助輪が外れる瞬間を見事に捉えられた貴重なショットですね。
補助輪のことは頭の中に入っていたとは思いますが、特に狙ったわけではないですよね?。
おそらく撮った瞬間に『やった!』と思ったのではないかと想像できます。
ちなみにこの補助輪は、後に誰かが韓国まで運んだのですよね?(笑)

>A-330さん
上のT.Hさん同様、SR-71のダイナミックさを捉えたショットですね。
私はSR-71の離陸もDEMOも見たことがないのですが、このようなシーンは是非体感したかったです。
カモノハシのくちばしのような機首の形状は、今まで全く気づかなかったです。
皆さんから紹介された画像でも、また自分で撮った画像からも、このような特徴は見えません。
おそらく、この紹介画像のようなアングルのみで特徴が目立つのでしょうね。

>空と鉄とさん
68-10337の事故歴は、1975年の「Damaged」と1988年の「Crashed」の被害の程度がよく分らないのですが、
2000年には20,000飛行時間を達成したようですので、まあよくも復活したものだと感心させられますね。
紹介の横田基地友好祭でのフライバイは、かなりの低速なのでしょうか。
私はU-2の離着陸時の様子(音も含め)の記憶は全く残ってないので、もう一度見てみたいです。

>Cranberry01さん
機密性が高かったSR-71ゆえの反動か、現在ではありとあらゆる情報がネットで出回ってますね。
おそらく今までBBS IIで話題にした機種の中で一番の情報量の多さと感じます。
SR-71Aの運用については、私はDet.1/9th SRWの時代しか知りませんが、
例えば1976年の7月12日〜7月14日には#961, #963, #979が連続でフライトしてます。
そして7月15日には、上がってもない機体#972が降りてきました。これは機体交換での飛来なのかな。
つまり、4日間で異なる4機が撮影できました。
もちろんこの日以外も連続ではありませんが、何度かフライトには遭遇してます。
私は、これが嘉手納でのSR-71Aの日常的な動きと姿と今の今まで思ってましたが、
ひょっとしてこの4日間は異例なことで、私はかなりの高確率で撮影できたのでしょうか(^_^;

>TAKADA TENNTEKIさん
Imperial War Museumにはアメリカ本土以外で唯一のSR-71Aが保存展示されてるのですね。
紹介の#962は私は嘉手納では遭遇でませんでしたが、「1」の塗装は他の方は撮影されてると思います。
ご自身でもおっしゃってますか、一度は嘉手納でのSR-71Aを見ておくべきだったかもしれませんね。
今回はネタ切れのようですが、次回以降も参加できるチャンスはあると思います。
その時をお待ちしています。

>N.SUZUKIさん
No.11911の続きのショット、R/W23Rでホールディング中の姿ですね。
私はこの姿は何度か撮ってますが、サンパウロの丘から長玉を使って正面形を撮る発想がなかったようです。
垂直尾翼のマークは、私は一度も見たことがありませんが、この時代から存在していたのですね。

>Gulf4さん
私が1977年7月に#976を撮影した時点では、左側の垂直尾翼は消された跡が残ってました。
Gulf4さんの撮影から僅か3ヵ月後のことです(涙)
R/W23側の道路も片側2車線になり、当時と比べると撮影は難儀するようになりましたね。
そしてR/W23RとR/W23Lの間の基地フェンス沿いの草地は今はどうなったのでしょう・・・。

>TROUTさん
KC-135Q、支援車、お膳立てが揃った後の主役の登場ですね。
背景の黒雲、離陸していく2機の機影、これらが迫力ある正面形を引き立たせる重要な役割。
全体としても素晴らしいショットですネ。いやぁ〜驚きました。
今までとは全く別の観点で、やっぱり当時に戻ってもう一度SR-71Aを撮りなおしたい(笑)

>すっかいうおりゃさん
『あっ!寝坊した』のと同様に大慌てで書き込まれる姿が目に浮かびましたヨ(笑)
紹介の画像は、本当は帰国しようとしていたのかもしれませんよ。
何かのトラブルで戻ってくることは、おそらく他の機種では何度も体験しているのでは?(^_^;
しかしもし機体交換とするならば、先に本国から来て、その後に嘉手納から帰国するパターンだと思いますが。
それにしても、SR-71Aが2機並ぶ姿が捉えられた例は他にあるのでしょうか。
私は大変に貴重と感じますが、はたして???。

>Det.Hさん
1972年当時は全3機(?)ハブマークが描かれていたのでしょうかね。
垂直尾翼のマークといい、私には全くの無縁でした。
geta-oさんNo.11909紹介画像の主翼下の光具合、結氷or水滴、そのような話題を思い出しました。
時々、Det.Hさんの記憶力に『ハッ!』とさせられることがあります(笑)
もう一つ、時々、Det.Hさん流の略号に理解不能となることがあります(笑)。
ハブM.S.を理解するのに、だいぶ時間を要しました(^_^;

>うみ太郎さん
厚木基地Wings1999で展示された80-1085の飛来は、やはり前日でしたか。
展示機の到着狙いで行かなかったのは、この頃から混雑を嫌うようになったからかな???(笑)
今年の横田基地公開でU-2のフライパスがあれば、超ホットな画像紹介が期待できますね。
No.11918はR/W05Lの午後側からの撮影でしたか。失礼いたしました。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -