GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





YS-11 Part.3 Name:Takafumi HIROE Date:2014/10/03(Fri) 06:23 No.12146   
1号機シリーズを続けますが、空自#151は皆さんから多くが紹介されてますので、とりあえず省略します。
既に紹介されてますが海保1号機 JA8701。1976年7月23日、厚木基地での撮影です。
このBBS IIでも度々話題にしてますが、NIPPIでの整備の関係で様々なYS-11が飛来してます。
海保YS-11も旧塗装から引退した新塗装まで数多くが飛来してます。
私の当時が無意識なのか意識的なのかの記憶はありませんが、レンズは必ず向けていたようです。
ひょっとしたら、T.Hさんではありませんが、私もYS-11は好きなヒコーキだったのかもしれません(笑)

Re: YS-11 Part.3 Name:T.H Date:2014/10/03(Fri) 06:48 No.12147
今朝も空自のP型です。10年前の航空自衛隊創設50周年記念(お祭りイヤー)では、各地各機種でとても大胆・派手な記念塗装機が出現して賑わいましたが、そんな中のYS-11P 。これも#158でした。この機体は お化粧のノリが良いのかな〜?
12月の新田原航空祭展示から 当日夕方帰投する離陸を この頃は滑走路南側を駐車場として開放していた場所からの撮影。
10年ひと昔と言いますが、空自航空祭も基地内への車乗り入れが 不可になった所がほとんどになり、展示機の当日帰投もたいぶ減ってしまい時代との流れを感じます。

2004年12月5日 新田原航空祭 YS-11P 02-1158  第403飛行隊


Re: YS-11 Part.3 Name:しか太郎 Date:2014/10/03(Fri) 08:38 No.12148
広江さん、皆さんおはようございます。
ちょっと出遅れましたが参加ささせていただきます。
97年5月23日入間のRW35に降りるANKのJA8732です。西武新宿線航空公園駅前で展示保存するため入間に飛来しました。この後機体は入間で切断分割され陸送されました。
あいにくの天候でしたが撮れて良かったです。当時は今以上に民間機を撮ることがなく、この機体が私にとって最初で最後の民間YSとなりました。


Re: YS-11 Part.3 Name:Gulf4 Date:2014/10/03(Fri) 09:21 No.12149
>広江さん
No.12135に対するコメント、まったく予想通りでした(笑)。
私自身も少しタイミングが遅ければ、右手の人物が邪魔になって、撮らなかった可能性が高かったです。
当時は広角レンズを持っていなったので、標準レンズでYS-11の全景を撮るのは至難の業でした。
特に皆さん記憶にあるとおり、この時は他にも撮りたい機体が、周囲に並んでいましたからね。

さて、今回も輸出機ですが、遠くガボン政府に売却されたYS-11A(TR-KIB/製造番号2169)。
フェリーフライト前日の1973年2月14日、名古屋空港での撮影です。
今回、改めて調べるとNo.12135で紹介した、製造番号では次の機体よりも初飛行が一年遅れています。
ちなみに今回のTR-KIBは初飛行が73年1月26日、次の製造番号2170は71年12月24日と記録にはあります。


Re: YS-11 Part.3 Name:にがうり Date:2014/10/03(Fri) 10:29 No.12150
広江さん、皆さん こんにちは。YS-11 試作2号機(JA8612)は1964年東京オリンピックの国内聖火輸送にANAがチャーターしてANA塗装のANA乗員により那覇から千歳まで途中寄港地で点火式を行いながら飛行しました。写真はその羽田出発式の前日に名古屋からフェリーされ羽田に到着した9月7日の撮影です。

Re: YS-11 Part.3 Name:DOC.K Date:2014/10/03(Fri) 10:51 No.12151
>広江さん、皆さまお早うございます、今回は1988年2月築城の松の木の上(今はもうありませんが)から撮りましたYS−11Eの12−1162号機です、今はエンジンが改修されていますね、丁度VF−132がDACTに来ていました。

Re: YS-11 Part.3 Name:A-330 Date:2014/10/03(Fri) 11:40 No.12152
広江さん、皆さんこんにちは。

航空自衛隊YS-11を1号機から順に紹介していますが、今日は3号機で昨日話題にしたVIP搭乗スナップを。

YS11P 62-1153 402sq 撮影日不明(1990年代です)入間

タイ軍四つ星VIPが搭乗前に儀仗隊栄誉礼を受けているところです。
赤じゅうたん設置基準については詳しくは知りませんが、タラップには昨日紹介したような赤じゅうたんが敷き詰められていません。
話題に乗せて写真を選択していたら1〜3号機まで撮影ポジションが同じことに気づきました。明日からは場所を変えたショットにしようかと思います。


Re: YS-11 Part.3 Name:PAPPY Date:2014/10/03(Fri) 17:18 No.12153
広江さん、皆さんこんにちは。
日本国内航空から日本航空へウェットリースされた YS-11 JA8717 で国際線の韓国釜山線に約1年くらい投入されました。
機首にはTDAの愛称”あそ”と搭乗口ドアにEXPO'70のロゴマークが貼られています。
羽田空港送迎デッキ撮影は1969年月日不明ですがJAL旧塗装のYS-11は多分これ一機ではないかと思います。


Re: YS-11 Part.3 Name:THUD Date:2014/10/03(Fri) 17:21 No.12154
実のところ↓は特にUPしないか、もっと後回しでUPしようと思っていましたが、ETさん(No.12133)しか太郎さん(No.12148)が話題にされましたので、タイムリーな内に折角なので最後の展示までいきますね(笑)
西武線の航空公園駅前ロータリーの歩道脇に展示というか置かれている(JA8732)です。
前後の搭乗口に人の列が見えますが、年に何回か機内が公開される日があり、この画像はちょうどそのときに(2013年5月18日)撮影したものです。私も何度か機内に入りましたが、良い状態で保存されており、シートに座っても窓から外さえ見なければ(笑)現役のYSに乗っている感じでした。


Re: YS-11 Part.3 Name:ELINT人 Date:2014/10/03(Fri) 18:53 No.12155
広江さん、こんにちは。南西航空の南国らしい塗装が、新鮮でした。1990年8月、JA8787、那覇空港での撮影です。

Re: YS-11 Part.3 Name:geta-o Date:2014/10/03(Fri) 18:57 No.12156
広江さん、みなさんこんばんは
広江さん、資料を調べるとき軍、民問わず日付等の不整合が多くみられますがこれはある程度しょうがないことと思います。
特にYS-11のように所有者、使用者が転々と変わった場合はその日付が所有日、登録日、前所有者の売却日、中間ブローカーの所有日等同じ時点を追及してもどれをとるかにより日付が左右します。
この日付も一度活字となるとあたかも真実のようになりこれが混乱のもとになっていると思います。(役所の書類が正しいとは限りません。届けた書類が正しくないと役所の書類は正しくなりません—特に所有日は税金の関係もあり複雑です)
グダグダすいませんでした。
今日は息抜き
海自のTS-11T(6901/205)の正面
何かかわいい顔に見えます。2002/5/25 下総航空祭でのスナップ


Re: YS-11 Part.3 Name:Seagull Date:2014/10/03(Fri) 19:06 No.12157
広江さん、皆さん、こんにちは。
1978年10月30日 沖縄県石垣空港で撮りました南西航空YS-11A(JA8696)。
那覇空港から石垣空港へ移動したときに乗った機体です(この時代、新婚旅行はみんな沖縄でした)。

広江さん
空自のYS-11、シリアル、飛行隊とも間違っていました。当時、美保基地所属の機体ですm(_ _)m。
アクセスロードでの撮影禁止、ホント残念です。



Re: YS-11 Part.3 Name:空と鉄と Date:2014/10/03(Fri) 19:49 No.12158
広江さん、皆さんこんばんは。
なかなか落ち着いてパソコンの前に座れず、通勤時に皆さんがご紹介されているのをスマホの小さな画面ですが楽しみに拝見しています。
少し時間が取れましたので大雪の残雪がまだまだあった今年2月12日、雪レフ効果期待で厚木へ出向いた際に撮影できた61空の9041です。
薄日逆光ながら期待通りに綺麗に下面ディティールが浮かび上がり良い思いでのひとコマになりそうです。


Re: YS-11 Part.3 Name:飛行浪人 Date:2014/10/03(Fri) 20:01 No.12159
>広江さん、皆さんこんばんは。
整理ができてないのでアットランダムに行きます。
今日は92−1156、1969年12月20日、入間基地です。下郷さんの記録によるとこの年の10月に
403飛行隊に配属とあるので外来機かも知れません。当時は飛行隊のマークは有りませんでした。
何故寒い12月に夜景を撮ったのか謎です。(笑)


Re: YS-11 Part.3 Name:N.SUZUKI Date:2014/10/03(Fri) 20:09 No.12160
広江さん 皆さんこんばんは。
 YS-11 Part.3 製造番号順番として、JA8610 (c/n 2003 量産1号機) 航空局フライトチェック1号機、撮影は1965年、羽田ターミナルビルからのB滑走路、今は使うことのない多摩川方向への離陸です。



Re: YS-11 Part.3 Name:dragon88 Date:2014/10/03(Fri) 20:24 No.12161
航空自衛隊のYS-11もいろいろな型に改造を繰り返し変貌を遂げてきましたが、これが最後の姿ですかね。
YS-11EA/12-1162 としてあえて下からの駒を、上下7個あったレドームが取りはらわれて右後方に冷却用の機材が入った膨らみだけになった姿です。 2012/10/19 T01 厚木基地での撮影


Re: YS-11 Part.3 Name:ET Date:2014/10/03(Fri) 21:11 No.12162
広江さん、皆さん、こんばんは、
飛行浪人さんに先を越されてしまいましたが今年2月23日小牧基地からお帰りの第403飛行隊(美保基地)所属の92-1156 (c/n 2124)です。私にとっては見慣れない部隊マークが印象的でした。


Re: YS-11 Part.3 Name:Stranger Date:2014/10/03(Fri) 21:28 No.12163
広江さん、皆さん、こんばんは。

美保でもYSの飛行展示は背中が撮れる「8の字」が人気があります。
航空祭当日は、滑走路を挟んで会場反対側の物料投下場横の臨時駐車場から撮影する人が多いです。
ココだと救難展示以外は一通り無難に撮れます。

今回は2011年1月13日に撮影致しました403sq所属のYS-11P 62-1153です。
この時は50cm位の積雪があり、雪レフ効果を狙って雪を掻き分けポイントに行きました。
撮り始めた時は背景が青空でしたが、次第に鉛色の雪雲が入って来たので良い感じで撮れました。


Re: YS-11 Part.3 Name:TAKADA TENNTEKI Date:2014/10/03(Fri) 21:37 No.12164
 広江さん、皆様こんばんは。工場内の国際デモ機 JA8714 です。1968年8月頃の撮影だと思います。当時は覗き見も自由でおおらかな時代でした。見慣れない塗装や機体を目にすると写真を撮っておりましたが、いかような機体かは知る由もありませんでした・・・・今もあまり変わりませんが・・・・。

Re: YS-11 Part.3 Name:Komatsu Date:2014/10/03(Fri) 21:43 No.12165

1967年5月、伊丹R/W32に着陸する東亜航空のJA8666です。
車が通っている道路が旧・伊丹街道(現在は地下化されています)で、午後の撮影ポイントでした。
その向こうに盛土(空港の拡張工事に伴う掘削土を仮置きしていたようです)が写っていますが、
この盛土に登ると、俯角の着陸やタキシングが撮れました。

>広江さん
ANAの、会社概要 > 会社沿革 > 年表詳細 で調べてみると、YS−11は1965年9月から
「大阪−高知線」に就航していたようです。したがって、No.12126 のYS−11は定期運行便だと思います。



Re: YS-11 Part.3 Name:TROUT Date:2014/10/03(Fri) 23:20 No.12166
広江さん、皆さんこんばんは。84年8月15日那覇、瀬長島から撮った南西航空JA8778です。前回のBlackBird最終章で投稿No.12075のSR-71の着陸S/Nを確認できなかった理由は、ここ那覇 瀬長島でマルヨンを狙っていたからです(^_^;) 羽田へ撮影目的で行ったのは片手も無いくらいですが、沖縄行きため搭乗受付待ちの時間つぶしで撮影した方が多いくらいです(^_^) 今回はYS-11個々の撮影記憶を辿るより、撮影で出来た場所の記憶を辿りネタ探ししています。
YS-11は機体によって癖があったんですね。パイロットの腕の見せ所でしょうか。疲れてしまうせっかくの窓際もYSの思い出でなんですね。DC-8の時にお話ししましたが窓の無い窓際よりましですよ!(^O^) P.SすいませんNo.12140の撮影年月は75年3月でした。訂正いたしましたのでよろしくお願いいたします。


Re: YS-11 Part.3 Name:うみ太郎 Date:2014/10/03(Fri) 23:57 No.12167
入間基地祭でのデモフライトで残り1機のFCです。
この年は8の字のもう一方の○の中心を狙って行ってみました。住宅街の中で視界の開けた場所を探して
右往左往していました。少し大きめの駐車場で巡光側が開けていたので狙ったのがこのカットです。この年
はバンク角が浅く迫力はイマイチでした。
この日は厚木にハリアーが居たので仲間のほとんどは厚木展開。自分は午後に用事があった為、午前中のみ
入間展開しておりました。時間があれば厚木に行きたかったのですが(笑)
広江さん>
アドバイスありがとうございます。自分はラボに居たので縦横比率はプリントのサイズで決めていました。
ネットで貼る時は横位置のピクセル数を決めて絵柄に合わせてトリムしています。本当はどういった形が
良いのでしょうかね?

2012年11月3日 YS-11FC 62-1154  


Re: YS-11 Part.3 Name:D-men Date:2014/10/04(Sat) 00:25 No.12168
広江さん、皆さん、こんばんは。

2009年10月11日、下総基地記念行事で撮影した第205教育航空隊のYS-11T-A(6904)です。YS-11は離陸が高めのため、こういったチャンスでないといいアングルの離陸ショットの撮影は難しいですね。この年は下総の公開と館山が被っており、この離陸を撮影した後、館山に移動しました。今週末も近場のイベントが重複していますが、日程調整はどうにかできないものなのでしょうか…。


Re: YS-11 Part.3 Name:Takafumi HIROE Date:2014/10/04(Sat) 06:06 No.12169
>T.Hさん
紹介の空自50周年記念塗装#158は厚木にも飛来し、私にも撮影チャンスがありました。
ところがたった一度のチャンスも、結果は離陸撮影では感心な時に足元がふらついてよろけてブレブレ。
新田原基地航空祭での滑走路南側の駐車スペースが廃止になったのは残念ですネ。
車の乗り入れ不可が多くなったのはデジ化と共にキャラリー数が激増したための一つの事象とも感じます。

>しか太郎さん
JA8732の最後のフライト、その生きた姿を撮る最後の着陸シーンとは大変に貴重なチャンスでしたね。
天候はともかくとして、それが無事記録できたことが最も大事なことだと感じます。
ETさんに続き、しか太郎さんにとって最初で最後の民航YS-11 JA8732は思い出深い機体となりましたね。

>Gulf4さん
私のレスは予想どおりでしたか(笑)
No.12135は幸運が重なって撮れた一コマですか。なにはともあれ、結果として残った画像はお宝ですね。
紹介のガボン政府機も、リース前だけが撮影チャンスとなったのではないでしょうか。
何かの理由があるのでしょうけど、TR-KIB/製造番号2169とPK-PYA/製造番号2170の初飛行年の差には驚きです。

>にがうりさん
JA8612の変遷が皆さんから徐々に紹介されてきましたが、あまりにも期間が短いのには驚きます。
にがうりさんの撮影から約1ヶ月後の姿のN.SUZUKIさんNo.12130で紹介は塗装が全く改められていますものね。
前回の話題No.123で紹介した姿の間には、まだまだ様々な変遷か続きそうと期待するところです。

>DOC.Kさん
この怪しさ満点の異様なコブ付きYS-11Eの姿は、紹介画像が私の最も大好きなアングルです(笑)
私にも紹介のYS-11EやYS-11EL/EA/EBを何度か撮影するチャンスがありましたが、
空を飛ぶシーン(離着陸)が多く、なかなか正面形を捉えるのが難しい機体でした。

>A-330さん
私達では、なかなか見ることのできない貴重なシーンの紹介ですネ。
タイ軍四つ星VIP来日は、何処の関係機関に公的記録が残ってないですかね。
もし広報に質問しても、20年以上前といえども特定秘密保護法に抵触してしまうのかなぁ〜(^_^;

>PAPPYさん
1969年当時の「羽田−韓国釜山」はYS-11が運行していたのですか。45年前、時代を感じます。
日本国内航空の「あそ」と「日本航空」は、おそらく貴重な組み合わせなのでしょうね。
日本航空ならではの垂直尾翼が写ってないのが、ちょっと惜しまれる画像です。

>THUDさん
もう古くなった言葉かもしれませんが、『今でしょ!』(笑)
ETさんの最新鋭時代、しか太郎さんのラストフライト、そしてTHUDさんの余生を送る姿。
このBBS IIでJA8732の45年間が凝縮されて(笑)紹介されましたネ。

>ELINT人さん
南国らしい南西航空の塗装、私は旧塗装はモノクロやポジでも撮影してますが、この塗装は未撮影です。
前回の話題でELINT人さんからだと思いますが、この塗装機が厚木NIPPI入りしたことを知りました。
私は新塗装機の厚木飛来自体を知りませんでしたので、やはり撮りたかったと悔しい思いをしました。

>geta-oさん
私もYS-11T-Aの正面形でのレドームが顔に見えるとずっと思い続けてました。愛嬌ありますよね(笑)
日付については私はこだわりがありますが、今回のYS-11は特に悩まされます。
所有者・使用者、その登録・抹消・売却、等々の日付が多すぎるのが、返って混乱の元とも感じてます。

>Seagullさん
紹介のJA8696は、NIPPIで整備を終えて運行に戻って間もない頃の撮影のようです。
新婚旅行先のブームは時代と共に、熱海→宮崎→沖縄→海外と代わっていったのでしょうかね。
熱海以降は、ヒコーキが身近にある場所というのは、私達マニアには好都合でしたネ(笑)

>空と鉄とさん
今年の2回の大雪には参りました。吹き溜まりとなった車の周りには1m近くの積雪。
引退間近い海自YS-11、私も撮り残したシチューエーションを撮影しなければ、とは思うのですが、
半日がかりで雪かきをした後は、とてもヒコーキを撮りに行く体力も気力もありませんでした(笑)

>飛行浪人さん
92-1156は、後にYS-11NTに改造されてますね。特徴ある胴体上下(?)のアンテナ姿を見たいですネ。
部隊マーク未記入時代はGallery化でも悩んでます。とりあえずGalleryでも「未記入」です(笑)
寒い12月に何ゆえ夜景撮影に挑まれたのですか?。ご本人も覚えてない?(笑)

>N.SUZUKIさん
当時のB滑走路は現在とは位置が異なってますよね。ターミナルビルからの撮影は現在より近い?遠い?。
どちらにしても、多摩川方向への離陸は私には大変に貴重に感じます。
前脚の引き込みタイミングが遅いのが惜しいですが、ギアアップ気味のアングルもとても良いですネ。

>dragon88さん
珍しいアングルで捉えましたね。レドームが撤去される前のYS-11Eだったら面白かったでしょうね。
12-1162は、YS-11Cで製造されYS-11Eに改造され、そして再改造で現在のYS-11EAとなってますが、
この先、周辺諸国との諸事情で「YS-11EA+ (注:私の仮称(笑))」となるかもしれませんよ(笑)

>ETさん
「因幡の白兎」は厚木でも貴重な存在です。現在ではYS-11を運用する唯一の部隊ともなりましたからね。
今回の話題のうち自衛隊機は機数も少ないので、必ず皆さんと重複するはずですので、
あまり、後先にこだわらぬようお願いいたしますネ。個人個人の話題(体験等)を重視したいと思います。
ところで、YS-11NTの背中のアンテナは確認できますか?。

>皆さんにお尋ねします。
YS-11NT 92-1156はT-400に航法訓練任務を譲ったのか特徴ある背中のアンテナが撤去されたように見えます。
現在の名称はYS-11NTのまま?、あるいはYS-11PCに戻された?、どちらでしょうか?。

>Strangerさん
今旬な「8の字」を知らないとは、マニア失格ですネ(笑)。
もうウン十年もYS-11のデモフライトを見てませんが、ひょっとして当時から「8の字」はあったのかな。
雪国に多く見られるような空模様、私は小松基地エンドで冬の雷を初めて体験て驚いたことがあります。

>TAKADA TENNTEKIさん
紹介の機体は何でしょう?、って質問の仕方が変ですネ(^_^;。初めて見て驚いてます。
文面からすると、YS-11Aの海外向けのデモ機ですね。フライトはしなかったのでしょうか。
機体色も気になります。何から何まで疑問づくしで申し訳ありません。

>Komatsuさん
私は1960年代半ば以降しか知りませんが、厚木基地に限らず伊丹空港の背景も、のどかな景色ですね。
反対側の盛土には、午前中の撮影ではよく利用されたのでしょう。
当時と今とを画像で比較したくなるようなショットです。
No.12126の件、当時の運行状況まで調べていただき、ありがとうございます。

>TROUTさん
羽田での画像は、私の想像していたとおりでした(笑)
私は沖縄に行くと、ほとんど嘉手納から動くことはありませんでした。普天間にすら覗きに行く程度。
今思えば、紹介の南西航空を含む民間機や自衛隊機も撮るべきだったのかなぁ〜とは思ってます。
松山−羽田で乗った窓のないB727の最後部席も、なかなか思い出深いですヨ(笑)

>うみ太郎さん
入間基地航空祭でのYS-11FCデモフライト、3機の紹介完了とは驚きました。
それだけ外撮りに燃え撮影ポイント探しをされたかと思うと本当に頭の下がる思いです。
私の自分自身の腕前の伴わない持論ですが、
先に枠を決めて、その中に被写体をどう収めるかが写真の基本だと思ってます。
トリミングにおいても縦横比率(私は、縦:横 = 1:1.5)で上下左右のバランスを考えながらトリミングします。
例えば大きくひねったYS-11の場合、画面上下に写りこむ主翼端を切るか切らないかの決断も必要になります。
縦横比率を決めないでトリミングすると、この場合、極論では四角形の画像になりますよ。
私はそんな真四角のような画像は、あまり好きではありません。
ラボでも、プリントのサイズで紙の大きさは決まってますよね。それと全く同じですよ。
まさか紙を真四角や自由なサイズに切るわけにはいかないでしょう〜(笑)
うみ太郎さんに限らず、Gallery化のサムネイル画像のために100x150に切る時に、いつも感じていることです。

>D-menさん
おっしゃるように、低い離陸の良いアンクルのショットですネ。
厚木でYS-11の離陸を撮る歳、たまに低い時がありますが、つい『おっ!低い』と言ってしまいます(笑)
しかしやはり前脚は主脚より後の格納になるのですネ(^_^;
このところ、週末に何処に行くか悩まされますね。





YS-11 Part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2014/10/02(Thu) 07:05 No.12123   
オープニングに続く海自YS-11の地味な姿。
↓は既に紹介されましたが、YS-11T-A 1号機6901。205空の部隊マークが描かれてない姿。1975年3月18日撮影。
味も素っ気も無い姿ですが、今思えばポジで撮っておいて良かったと思ってます。
空自で採用されたYS-11 13機は、その後、改造型となった機体が少なくありませんが、
海自で採用されたYS-11 10機は、最後まで改造されず採用当時の型のまま生涯を終え、または終えようとしています。

Re: YS-11 Part.2 Name:T.H Date:2014/10/02(Thu) 07:54 No.12124
今日も空自ネタで行きます。
美保基地50周年記念の2008年にT-400、C-1、YS-11の3機種が記念塗装にされた時のもので、JSDF Jet Trainers の時には同様のT-400を投稿しましたが、今回はYS-11Pの『ゲゲゲの鬼太郎』も尾翼に描かれた記念塗装機です。

2008年5月24日 MIHO AB  YS−11P 02-1158  第403飛行隊


Re: YS-11 Part.2 Name:geta-o Date:2014/10/02(Thu) 09:27 No.12125
今日は輸出YS-11
といっても羽田で輸出前の待機中の写真
JA8683
この機体は日本航空機製造がブラジルのCRUZEIRO DO SULにPP-CTDとしてリースした機体で2年間のリース返却後も海外の航空会社を転々としたようです。
1967/9/24(JA登録抹消は1967/9/19ですのでこの時点ではすでに抹消されています) 羽田


Re: YS-11 Part.2 Name:Komatsu Date:2014/10/02(Thu) 11:02 No.12126

昨日投稿したNo.12106と同じ日、1966年6月18日の撮影です。
R/W32に向けタキシーする全日空のJA8650です。
空自・民間とも、YS−11はこの日が初撮りでした。



Re: YS-11 Part.2 Name:A-330 Date:2014/10/02(Thu) 11:45 No.12127
広江さん、皆さんこんにちは。

昨日投稿した、航空自衛隊YS-11の1号機と3号機扉開閉システムの相違話題を続けます。
2号機も1号機と同じく前ヒンジ扉で前方開きで、3号機以降は後方スライドドア方式のようです。

YS-11P 52-1152 402sq 1992年頃 入間
VIP搭乗の為、タラップに赤じゅうたんが敷き詰められています。

>広江さん
自前タラップの折り畳みシーンを探してみましたが見つかりません。
収納後の機内出っぱりについてはコンパクトに折りたたまれていた為、搭乗後スペースに不便を感じたことはありませんでした。


Re: YS-11 Part.2 Name:THUD Date:2014/10/02(Thu) 12:19 No.12128
1967年7月立川で撮影したJDA(日本国内航空)のJA8651「聖火」。
このときは確かT/Gを行ったと記憶しています。当時YSがどのくらいの頻度で立川に飛来していたか憶えていませんが、私の場合民間機は珍しかったように思います。ちなみに「聖火」の愛称は1968年7月に「とわだ」に変更されています。


Re: YS-11 Part.2 Name:IRON WORKS Date:2014/10/02(Thu) 16:28 No.12129
>広江さん
2010.6.6 木更津航空祭 当日、地上展示するために舞い降りてきました。
YS-11T-A 6903
木更津の短い滑走路でも、離発着できるのに驚きました。


Re: YS-11 Part.2 Name:N.SUZUKI Date:2014/10/02(Thu) 17:20 No.12130
広江さん 皆さんこんばんは。
 Part.1に引き続き、YS-11 2号機(試作2号機、製造番号1002)JA8612で、撮影は1964年10月10日(東京オリンピック開会式当日)羽田整備場、旧ターミナル前です。
 この2号機は、型式証明試験では内装フル装備で実用試験が主だったこともあり、YS-11が直前の8月に型式証明を取得した以降も、売り込みの為の各種デモ飛行、短期リース等、様々に使われていました。
 この直前の9月には、全日空塗装の聖火空輸特別機として全日空にリースされており、この後、65.4.1 国内線初就航のYS-11となった時も、この経歴ゆえ、日本国内航空の聖火号として短期間リースされた等、塗装の変遷、経緯だけでも面白い特筆すべき機体です。
 (No.12128 のTHUDさん紹介のJA8651「聖火」は2代目、聖火号です)


Re: YS-11 Part.2 Name:PAPPY Date:2014/10/02(Thu) 17:35 No.12131
広江さん、皆さんこんにちは。
1966年11月27日羽田空港整備場でこれからフェリーされると思われる HAWAIIAN AIRLINES N1145H です。
リースだったか知りませんが1968年10月には日本に戻ってきてANA JA8706で使用されていたようです。


Re: YS-11 Part.2 Name:ELINT人 Date:2014/10/02(Thu) 18:28 No.12132
広江さん、皆さん、こんにちは。2009.2.28の体験搭乗時に撮影した9042号機です。海自のYSも風前の灯火ですね。

Re: YS-11 Part.2 Name:ET Date:2014/10/02(Thu) 19:46 No.12133
広江さん、皆さん、こんばんは。
久し振りに今回は少しは参加出来そうです。逆光で見難い写真で申し訳ありませんが私にとっては思い出深いJA8732 (cn2101)です。1969年6月女房と北海道旅行を終えて函館から羽田へ戻る時搭乗した機体で、出発準備をしているところです。機体には翌年の万博のステッカーが貼られています。皆さんご存じの通り本機は現在所沢発祥航空記念館で保存・展示されています。


Re: YS-11 Part.2 Name:飛行浪人 Date:2014/10/02(Thu) 20:02 No.12134
広江さん、皆さんこんばんは。
今日も空自機ですが5号機、82−1155、1969年5月25日の入間基地、35への着陸です。
154迄は旅客型でしたがこの機体は貨客混載型、前部に上開きの貨物扉が付いています。
空自としては使い勝手が良くなかった?のか156は貨物扉は後方に移されました。
もっともタイプは305PC(貨客混載)から402C(貨物)になっています。


Re: YS-11 Part.2 Name:Gulf4 Date:2014/10/02(Thu) 20:51 No.12135
1971年10月29日から11月3日まで、航空自衛隊小牧基地で開催された、国際航空宇宙ショーで展示されたYS-11です。
どうしてもブルーエンジェルスのF-4とハリアーなどが印象に残りますが、国産機YS-11も展示されていました。
インドネシアのPelita Air Service向けYS-11A(PK-PYA/製造番号2170)。
この時点では初飛行の一歩手前で、初飛行したのは12月24日だったと資料にはあります。
また、この登録記号はデリバリーされる時にはPK-PYVに変更されています。
その後1978年には日本に戻って、JA8806になって東亜国内航空で運航されました。


Re: YS-11 Part.2 Name:D-men Date:2014/10/02(Thu) 21:04 No.12136
広江さん、皆さん、こんばんは。

A-330さんの前部昇降扉の話に触発され、海自は?と思い調べてみました。
YS-11M/M-Aは9041〜9043までが後方スライドタイプ、YA-11T-Aの6901〜9604までも同様のようです。
YS-11M-A(9044)とYS-11T-A(6905.6906)は左前方の窓を4つ撤去して、大型のカーゴドアを追加しているので、前ヒンジ扉で前方開きです。後者はカーゴドアの中央に昇降扉を設けているため、格納式タラップはないようです。 YS-11M/M-Aは9041〜9043は格納式タラップを確認できましたが、YS-11T-Aについては調べてみましたが全機、格納式タラップは装備していないようです。
写真は2010年9月18日に八戸基地航空祭後、帰投準備をするYS-11T-A(6906)です。手ごろなタラップがなかったのか、手擦りすらないデンジャー(笑)なタラップを使用していました。


Re: YS-11 Part.2 Name:tu-ka Date:2014/10/02(Thu) 21:36 No.12137
広江さん、皆様、はじめまして。ハンドルネーム”tu-ka”と申します。どうぞ、よろしくお願いいたします。
2006年8月5日に新潟空港で撮影した国土交通省交通局(JCAB)のJA8709です。この機体は、YS-11A-212(c/n2084)で、ブラジルのVASPが発注し1969年1月から使用(PP-SMN)、1978年8月にTDAが購入し(JA8709、「よろん」)里帰りしました。その後、JASを経て1985年にJCABが購入し飛行検査機となったものです。撮影した年の12月に、僚機JA8720とともに退役しています。
さて、YS-11のバックに写っているのは、新潟救援隊のエプロンです。総員整列し何かの行事のようです。MU-2S(33-3227)、KV-107U(94-4849,04-4852)、U-125A(シリアル不明)の4機が確認できます。新潟救援隊へのU-125A配備開始が2006年7月ですので、機体の並べ方などからそれに関係する行事だったのかもしれません。


Re: YS-11 Part.2 Name:FOX Date:2014/10/02(Thu) 21:57 No.12138
久々に参加してみます。
--
画像は10年10月3日下総航空基地51周年で展示飛行を行うYS-11T-A 6905です。
下総で最後のお披露目とのことで行ってました。飛行内容はフツーでしたが、会場をパスする際、機体後方の窓を外して乗員が見てたのをビックリした記憶があります。YSだからできる芸当なんでしょうか・・・


Re: YS-11 Part.2 Name:Seagull Date:2014/10/02(Thu) 22:29 No.12139
広江さん、皆さん、こんばんは。
1977年9月23日 防府北基地航空祭に展示された第302飛行隊のYS-11C?(92-1187)
私の航空祭デビュー戦画像です。

広江さん
現在の東側端(アクセスロード)は、撮影禁止場所となっていて、航空機などにカメラを向ける事が出来ません。


Re: YS-11 Part.2 Name:TROUT Date:2014/10/02(Thu) 22:44 No.12140
広江さん、皆さんこんばんは。75年3月羽田、全日空JA8730です。新鋭トライスターをバックにモヒカンファミリー華やかしき時代でした。でも私はB727、B747、トライスターには乗ったことがありますが、プロップ旅客機未経験なんです(^_^;)、乗り心地はどんなだったんでしょう?

Re: YS-11 Part.2 Name:TAKADA TENNTEKI Date:2014/10/02(Thu) 23:03 No.12141
 広江さん皆様こんばんは。No12112と同様1971年10月名古屋国際航空ショーでの1号機JA8611で、誘導路をフライトに向かっているところです。この日は朝から場外の指定席(?)で一日中デモフライトを見ており、ブルーエンジェルズも堪能できました。

Re: YS-11 Part.2 Name:怪鳥 Date:2014/10/02(Thu) 23:44 No.12142
Gulf4さんの仰る通り、小牧の国際航空宇宙ショーではブルーズの印象が余りに鮮烈だったので、その他で記憶に残っているのはハリアとMi−6くらいなもので、実は私もYSを撮ったのは全く覚えていませんでした。
さて、2枚目は超劣勢な海保のYSをご紹介します。旧塗装のJA8702、LA702で木更津駐屯地の航空祭(1975年頃)での撮影です。


Re: YS-11 Part.2 Name:うみ太郎 Date:2014/10/03(Fri) 00:01 No.12143
前回に続いて入間基地航空祭でのデモフライトの画像です。
この年は天気がイマイチで空が白くなってしまいました。前回より若干バンク角が深くいい感じです。
この機体は航空自衛隊では一番古いYSになりますね。

広江さん
撮影場所は前回と同じで40D+500mmでほぼノートリです。
毎年外で撮る方が増えてます。

2011年11月3日 YS-11FC 52-1151  


Re: YS-11 Part.2 Name:Stranger Date:2014/10/03(Fri) 01:23 No.12144
広江さん、皆さん、こんばんは。
チョット出遅れましたが、JSDF Jet Trainers以来の投稿です。

先ずは地元機体、2013年4月12日に撮影致しました403sq所属のYS-11P 52-1152です。
この日は航空祭の初訓練だったのか、単機で「8の字」を繰り返し訓練してました。


Re: YS-11 Part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2014/10/03(Fri) 06:20 No.12145
>T.Hさん
美保基地50周年記念塗装「ゲゲゲの鬼太郎」シリーズ、YS-11P版ですネ。
この塗装の#158は、厚木には飛来しなかったようですね。私は楽しみに待っていたのですが。
待たずに撮りに行くのが、やはり鉄則でしょうかネ(^_^;

>geta-oさん
紹介は「TOKIO → RIO DE JANEIRO」のフェリー姿、ホンの僅かな期間限定塗装(?)でしょうか。
JA8693のレジは、登録・抹消・再登録を何度か繰り返し、最後は1970年に抹消された奇妙な運命の機体ですね。
その各々の日付が複数のサイトの記述に差があり、私には正誤が分らず悩んでます。

>Komatsuさん
No.12106紹介の新明和伊丹工場関係で駐機する空自YS-11P #153と同じ日の撮影とのことですが、
今回紹介の全日空YS-11 JA8650、これは伊丹空港離発着の定期運行便でしょうか。
Komatsuさんにとっての「YS-11初撮り」が、空自機と民間機(全日空)同時とは、思い出深い一日のようですね。

>A-330さん
なるほど、空自YS-11の前部胴体左側ドアは、2号機までと3号機以降、の2タイプに区分けされるのですネ。
タラップは、やはり自前のようですが、機内収納はコンパクトになる設計になっているのですネ。
そういえば海自YS-11Mへの乗り降りもこのタラップからだと思いますが、収納後の邪魔さは記憶に無いです

>THUDさん
PAPPYさんからNo.12108で(当時の)米軍立川基地に飛来した空自YS-11Pが紹介されてますが、
今度はTHUDさんからJDA(日本国内航空)YS-11、それもT/G実施の訓練とも思える飛来ですよね。
1960年代の立川基地には、ありとあらゆる軍民国籍問わずの機種か飛来していたと改めて驚かされます。

>IRON WORKSさん
木更津駐屯地の滑走路を侮ってはいけません。滑走路は米軍立川基地と同等(?)の1800メートル級だと思います。
YS-11は楽勝(?)、空自T-400やU-125系が離着陸する姿をIRON WORKSさんもご覧になっているはずです。
現在でも米海軍はKisarazu ALFで管理し、大型のA-3やA-6等が身軽な状態ですが、木更津から離陸してます。

>N.SUZUKIさん
初期時代のYS-11の姿、「YS-11 PROP-JET」の文字に引かれてるのかもしれませんが、美しいですネ。
姿自体はその後も変わらないはずなので、この初期時代を「美しい」と感じることが不思議です。
JA8612の歴史を語ったら大作となりそうですね。最後に時系列でまとめられるかな。

>PAPPYさん
お待ちしてました!。ようやく「Misc.2」で紹介できる画像です。
JA8706のレジで検索すると製造番号は2029、紹介の1966年のN1145Hから2年後には日本で新規登録でしょうかね?。
HAWAIIAN AIRLINESでの運用が実質的には2年弱とは興味深いですね。

>ELINT人さん
R/W01ダウンウインドレグからレフトターンしてベースレグに入るシーンでしょうか。
民間機も含め、私は乗るのが好きなヒコーキですが、61空から引退する前に乗るチャンスを夢見てます(笑)
B747からヘリまで飛行中のコックピット撮影ではストロボ使用を控えてましたが、許可を得ればOKそうですね。

>ETさん
ETさんにとってJA8732は一生忘れられない思い出ですね。現在でも保存状態が見れるとは奇跡的に恵まれてます。
1969年当時、函館→羽田間がYS-11で運行していたのには驚きました。
調べてみたらJA8732は1969年4月登録。その最新鋭機に乗るETさんの別の興奮ぶりも容易に想像できます(笑)

>飛行浪人さん
頭から太陽の光の当たる朝早い時間帯の撮影でしょうか。銀ピカが目立つ綺麗なショットですね。
自衛隊ならではの年度ごとの少数発注ゆえ、細かく仕様が異なるのは使い勝手の不便さを心配してしまいます。
そしてこの#155も他の機体と同様、YS-11PC → YS-11C → YS-11EB と変遷を重ねてますね。

>Gulf4さん
いやぁ〜、かなりショックを受ける画像の紹介です。私は全く記憶にありません(^_^;
右側後ろに写るVP-9のP-3Bの機体全景が撮れず、やむなく垂直尾翼のアップだけを撮ってます(笑)
しかもPK-PYAレジの姿はデリバリー時までの期間限定の貴重とは、今まで多々ある中で一番ショックです。

>D-menさん
海自YS-11の前部昇降扉についても私は全くのノーチェック。というより差があることすら知りませんでした。
今回の話題でYS-11の奥の深さを思い知らされ大変に勉強になりました。
紹介のデンジャラスなタラップ(笑)。YS-11T-Aは人員輸送用ではないので必要ないということですネ。

>tu-kaさん
はじめまして。BBS IIへの参加、ありがとうございますm(_ _)m
紹介のシーンは、コメントされているように新潟救難隊のMU-2S/U-125A関係(?)の式典かもしれないですね。
YS-11A-212 (c/n2084)は、VASPから戻った後、国内航空会社を複数経て最後の運用はJCAB、変遷を重ねてますね。
私は新潟空港から撮影した画像を初めて見ましたが、後ろに写る景色にも興味が尽きません。

>FOXさん
えっ?、後方の窓を外してる?。確かにクルーの手が外に出てますねぇ〜。驚きの一コマです。
いくら会場をパスする時とはいえ飛行速度はそこそこ・・・。少なくとも高速道路を走る車よりは速いですよね(笑)
そもそも窓を外して何をしていた、または、したかったのでしょう。だんだん気になってきました(笑)

>Seagullさん
92-1157はYS-11Cとして製造され、その後、皆さんの好きな(笑)電子戦機YS-11EL → YS-11EBの変遷です。
1977年が航空祭デビューとは、ちょっと遅咲き?。ずっとエンドに張り付いていたのでしょうね(笑)
アクセスロードが現在に至るまでには色々な経緯があったことでしょう。残念でなりません。
追伸.
タイプミスかな?、垂直尾翼に描かれているのは第403飛行隊の当初の部隊マークだと思います。

>TROUTさん
羽田にもよく行かれていたのですね。今回の話題でTROUTさんの別な意外な面の新発見です。
ひょっとして当時の最新鋭機トライスターの撮影目的でしょうか。
前スレでもコメントしてますが、私のYS-11に対する乗り心地の印象は、
名称が分りませんが、水平飛行中に機首(?)か尾部(?)または両方が左右に微妙に振れました。
ただ、それを感じた時と感じない時があるので、機体個々の特性かな?と思ってます。
その他には特筆するような乗り心地は覚えてません(^_^;
あっ!大事なことが。シートに座って外を見ようとすると窓の位置が低すぎます。
普通に座った状態で、首を曲げるか前かがみになるかで外の景色を見るので長時間は疲れます(笑)
前回の話題のNo.133で紹介した画像も、かなり前かがみになって撮ってます。

>TAKADA TENNTEKIさん
1971年10月の名古屋国際航空ショーでは私は場外で撮影しようとの発想は全くありませんでした。
当時の住まい(川崎)から東海道線の夜行鈍行(死語(笑))に乗って行くほどの貧乏な学生時代(笑)ですので、
会場内で色々と撮ろうとの思惑でしたが、Gulf4さんNo.12135紹介機は記憶すらないオチ付きです(笑)

>怪鳥さん
1971年の名古屋国際航空ショーはブルーエンジェルスが強烈過ぎましたよね。
私と同じ感覚と聞いてホッととしましたが、決定的な違いは、怪鳥さんはちゃんとYS-11を撮ってる(笑)
木更津駐屯地航空祭では海保のYS-11は常連だったのかな。今ではDHC-8になってしいましたね。

>うみ太郎さん
YS-11を銀塩800mm相当で撮るとは今の時代ならでは、銀塩時代に思いついた方は、ごくごく僅かでしょう。
年々外で撮るギャラリーが増えていくと、比例的に何か別の問題が起きるのでは?の心配があります。
ところで、No.12121との連続紹介で気づきましたが、横ピクセル固定のみのトリミングをされてませんか?。
機体に合わせたトリミングではなく、縦横比を固定してトリミングする習慣を付けたほうが良いと思います。

>Strangerさん
うみ太郎さんの入間基地でのYS-11FCのデモフライトの様子が続けて紹介されてますが、
その際の「8の字」はYS-11の定番、マニア間では常識的なキーワードのようですね(^_^;
やはり美保基地の航空祭でも、外で撮られる方が年々増えているのでしょうか。





YS-11 Name:Takafumi HIROE Date:2014/10/01(Wed) 05:37 No.12103   
私から最初に紹介する画像は、海自61空YS-11M 9041。撮影は1977年2月19日。
まだ「Caravan」の文字も「らくだのマーク」も書かれてなくレドームは蛍光オレンジ塗装。
61空が厚木基地に駐留を始めた正確な日付は記録していませんが、
第4航空群が下総基地から厚木基地に移動した1971年12月末(24日or25日)以降だと思います。
それ以来、約40年以上も厚木海自機の主的存在のYS-11も間もなく終焉を迎えようとしてるようです。


>皆様
今日から始まる話題は、皆さんに馴染み深いYS-11
2007年7月のBBS IIオープン当初で話題にしましたが、過去ログ入りしたため、リニューアル開催です。
当時は皆さんの書き込みテストを兼ねた開催でしたので投稿数も少なくPart.1のみで終えてます。
今回はリニューアルというより新規開催の意味合いが強いと思いますので、
改めて皆さんの軍民国籍問わずのYS-11に関わる話題と画像をお待ちします。

Re: YS-11 Name:T.H Date:2014/10/01(Wed) 06:22 No.12104
今回のお題『YS-11』は 私の大好きな機種なので、今でも厚木、入間で活動する自衛隊機は真面目に撮影しています。

今から約15時間前に撮影した フフフ フレッシュな1枚を最初に投稿します。

航空自衛隊創設60周年記念の大きなステッカーが機首に入ったばかりのYS-11FC。昨日は午前中お仕事に遠征して、午後陽射しがやや赤味を帯び始めた頃入間へ帰って来ました。15:20 L

2014年9月30日 IRUMA AB R/W35  YS-11FC  12-1160  飛行点検隊


Re: YS-11 Name:geta-o Date:2014/10/01(Wed) 09:51 No.12105
広江さん、みなさんおはようございます。
YS-11最初は何がいいかなと思いましたが広江さんが海自の#9041でしたので次の#9042
海自導入初期の205航空隊時代です。
日付けはわかりませんが1968年羽田の送迎デッキからの撮影です。


Re: YS-11 Name:Komatsu Date:2014/10/01(Wed) 10:21 No.12106

>広江さん、皆さんお早うございます。

1966年6月18日、新明和伊丹工場の出入り口前に駐機する空自の#62−1153です。
飛来目的が不明ですが、工場内にトーイングするための準備をしているようです。



Re: YS-11 Name:A-330 Date:2014/10/01(Wed) 10:36 No.12107
広江さん、皆さんこんにちは。

YS-11シリーズ始まりましたね。
広江さんから海上自衛隊1号機が紹介されましたので、航空自衛隊1号機を。

YS-11P 52-1151 402sq 1989年入間
手前に写る3号機とは、乗員搭乗扉のヒンジと開き方の違いが分かるカットを選んでみました。


Re: YS-11 Name:PAPPY Date:2014/10/01(Wed) 13:49 No.12108
広江さん、皆さんこんにちは。 空自のYS-11を見たのはこの時が初めてでした。 
1966年9月23日立川基地の砂川側エンドで着陸後しばらくしてランウエイバックして来てこれから離陸するところの 52-1151 です。今週立川防災航空祭へ行って来ましたがランウエイの位置は変わらなと思いますが周りの環境はまったく面影すら有りませんね。


Re: YS-11 Name:TAKADA TENNTEKI Date:2014/10/01(Wed) 19:39 No.12109
 広江さん、皆さんこんばんは。私にとってYS-11の事始めは、1967年5月小牧に赴任後に飛行場通いを始めた頃に撮ったこの写真です。手前の木を入れたかったのですが、あまりうまくゆきませんでした。この日は盛んにTGを繰り返していたJA8612で1967年9月頃の撮影だと思います。当時は機体の素性も知りませんでしたが、東京五輪聖火輸送に使われた機体と知りました。今後YS-11のどれ位がカバーされるか楽しみです。

Re: YS-11 Name:THUD Date:2014/10/01(Wed) 20:01 No.12110
広江さん、皆さんこんばんは。
YS-11シリーズ、まずは静かな立ち上がりでしょうか(笑)
スタートは自衛隊機が優勢?のようですので、1966年11月の入間で展示された航空局の(JA8610)量産1号機です。現在は羽田で保管中でしょうか。


Re: YS-11 Name:IRON WORKS Date:2014/10/01(Wed) 20:06 No.12111
>広江さん
海上保安庁のYS-11A JA8701 LA701 ブルーイレブンです。
2010.5.29観閲式で撮影しました。
翌年、退役になる機体で受閲飛行後船艇の訓練展示の合間を縫って観閲船隊に向けてパフォーマンスを披露してくれました。
結構いいバンクでしたね。



 


Re: YS-11 Name:怪鳥 Date:2014/10/01(Wed) 20:33 No.12112
広江さん、皆さん、今晩は
YSがいよいよ始まりましたね。今回は何枚か参加させて頂きます。
画像が粗いですが、最初は1971年の小牧国際航空ショーでの試作1号機、JA8611です。


Re: YS-11 Name:N.SUZUKI Date:2014/10/01(Wed) 20:48 No.12113
広江さん 皆さんこんばんは。
 YS-11が始まりましたが、最初に見たのが、この1964年3月の名古屋空港で、学生時代、空港ビルの脇から、雨の中を歩いて行った記憶があります。
 三菱の工場の外にいるのを見て、今考えても、学生服姿で良く行けたなと思います。
 YS-11 JA8611 1号機、型式証明前の試験飛行で最も忙しかった時期でした。
 この後YS-11は、1964.8.2に型式証明を取得(U.S.TCは65.9.7)、国内線就航は65.4.1からでした。



Re: YS-11 Name:waka Date:2014/10/01(Wed) 20:51 No.12114
広江さん、皆さんこんばんは。
YS-11T-A の1号機(6901)です。第205教育航空隊の所属で、1990年5月27日の下総航空基地「基地記念祭」での撮影です。当時の下総基地の体験搭乗は、このYS-11T-Aが使用されており、4機ほどで実施していました。この時のパンフレットによると300名を当日抽選するとあります。体験搭乗は午後になるので、基地の外柵越しの撮影です。つい先日の9月27日にも開設55周年記念行事があり、外周を廻ってみましたが、基地の内外とも草木の成長が著しく、撮影は困難な感じでした。


Re: YS-11 Name:D-men Date:2014/10/01(Wed) 21:31 No.12115
広江さん、皆さん、こんばんは。
久々に参加できるお題ですので、参加されていただきます。私は最近の画像しかありませんが、奥が深いYS-11だけに今後の展開が楽しみです。
既にA-330さん、PAPPYさんが紹介されている航空自衛隊初号機の52-1151ですが、YS-11Pとして納入され、後にYS-11FCに改造されています。
写真は2010年8月22日、横田フレンドシップフェスティバルで撮影したYS-11FC(52-1151)になります。


Re: YS-11 Name:飛行浪人 Date:2014/10/01(Wed) 21:44 No.12116
>広江さん、皆さんこんばんは。
私が初めて乗せてもらったYSー11は151か152どちらだったか記憶には有りません。
体験飛行と称して入間からの西行き定期便、小牧、板付、新田原、浜松、と1日乗り回しでした。当時の先任に感謝です。
Aー330さんが151、153のショットを出しているので隙間を狙って52−1152、1,969年5月25日の入間基地35エンドでした。


Re: YS-11 Name:Gulf4 Date:2014/10/01(Wed) 21:50 No.12117
YS-11は海外でも人気があるので、古いスライドなどから何枚か、この企画決定前にデジタル化してありました。
当時の国産リバーサルフィルムなので、退色も酷かったのですが、画像処理ソフトの恩恵で何とかなりました。
1970年5月16日、広島空港(現在の空港とは違います)で撮った、東亜航空のYS-11-101(JA8641/製造番号2005)。
この時は岩国の三軍記念日に行ったのですが、行く途中で広島空港にも立ち寄ったものです。


Re: YS-11 Name:TROUT Date:2014/10/01(Wed) 22:00 No.12118
広江さん、皆さんこんばんは。この手の機体にはめっぽう弱く、撮っているけどあまり記憶も無く(^_^;) たどたどしく参加させていただきます。一枚目は73年8月羽田、全日空のJA8743です。主役以上に目立ってしまうDC-8,CV880の尾翼、当時の羽田のありふれた光景です。金属音轟かせる当時のジェット旅客機郡の中で軽快なRRターボプロップの音が懐かしいです。

Re: YS-11 Name:Seagull Date:2014/10/01(Wed) 22:29 No.12119
広江さん、皆さん、こんばんは。
2003年6月20日 岩国基地R/W20から着陸する海自第205教育航空隊のYS-11T-A(6903)。
この日は終日、北側からの下りで午前中は、今津川河口から進入し左に捻りながら下りてくる機体が撮れる岩国でした。


Re: YS-11 Name:DOC.K Date:2014/10/01(Wed) 23:10 No.12120
>広江さん、皆さま今回は少し参加出来そうです、1985年頃熊本空港R/W25に降りるTDAのJA8765’やしま’でバックは雄大な阿蘇の外輪山でここのエンドが最近有名になりました夕日のポイントです。

Re: YS-11 Name:うみ太郎 Date:2014/10/02(Thu) 00:08 No.12121
広江さん、皆さん、こんばんは
すでにTHさんとD-menさんが貼られていますが飛行点検隊から行きます。
入間基地の航空祭では定番となっております。FCのデモフライトです。以前は正面からのタキシング狙いで
35エンドで撮影しておりましたが、最近数年は背中狙いで基地の外周から撮影してります。
今回の画像はここ数年で一番天気の良かった2010年の画像です。8字フライトの○の中心になる場所をマニア達はうろうろしており仲間内の情報を元に撮影場所を決めてます。この時はTHさんと一緒でした。
2010年11月3日 YS-11FC 12-1160  


Re: YS-11 Name:Takafumi HIROE Date:2014/10/02(Thu) 07:01 No.12122
>T.Hさん
『フフフ フレッシュ』(笑)
私がヒコーキとは無縁の地で過ごしたのと同じ日の新鮮画像を仕入れていただきありがとうございます。
厚木でもお馴染みのYC-11FC #160ですが、期間限定の空自60周年ステッカー付き姿は私は最優先課題です。

>geta-oさん
海自YS-11M/M-A 4機のうち、少なくともYS-11M 9041と9042は当初は205空で確認されていると思います。
私も厚木に飛来した205空 9042を1971年1月に撮影してます。
YS-11M-Aの9043と9044が61空に直接配備されたのかどうかが、この話題の中で解明できることを期待してます。

>Komatsuさん
ネットなどの資料によると、紹介の#153は1966年3月末までに空自に納入されたようです。
その新車同然の姿が新明和伊丹工場で捉えられていたのは大変に興味深いです。
新明和伊丹工場でYS-11の整備は行っていなかったと思いますが、内装改修等の飛来目的でしょうかね。

>A-330さん
#151と#153の前部胴体左側ドアの開き方が異なるのは知りませんでした。
製造年も近く同じYS-11Pでも仕様が異なるのは、不思議に感じます。
このタラップは自前なんでしょうか・・・。機内に格納すると、かなりかさばるような気がします。

>PAPPYさん
撮影の1966年当時は空自YS-11は新鋭機、立川基地への飛来は珍しかったのかな???。
米軍立川基地時代と現在の陸自立川駐屯地では、滑走路の位置も長さも異なります。
距離的には分りませんが、米軍時代の滑走路から西側の方向に現在の滑走路が建設されたはずです。

>TAKADA TENNTEKIさん
1964年東京オリンピック聖火輸送機YS-11は私にも当時のニュース映像で見た記憶があります。
ただ、具体的な機番(JA番号)を知ることになったのは、私もかなりの年月が経過してからだと思います。
紹介画像の胴体ストライプは、日本国内航空のような???。リースから戻った直後の姿かな。

>THUDさん
1号機 JA8611、2号機 JA8612に続く3号機(量産1号機)のJA8610には、ずっと不思議に思ってました。
YS-11は厚木NIPPIで整備を行っていたので私を含め厚木マニアには馴染み深いなのですが、
航空局(通称JCAB)の機体だけは、厚木に飛来することがなく貴重な存在でした。

>RON WORKSさん
2010年5月29日は、海上保安庁の観閲式・総合訓練ですよね。
JA8701の「ブルーイレブン」は、羽田航空基地配備機の愛称とは、実は最近になって知りました。
私は海上保安庁のYS-11全体の愛称と思い込んでました(^_^;

>怪鳥さん
私は航空祭や基地祭で紹介される姿に、自分で行っておきながら気づいてないことが多々あります。
それは、このBBS IIで何度も思い知らされてますが、紹介のJA8611も同じです。
その数年後に厚木でJA8611を撮影でき貴重と感じてましたが、実は1971年に撮り逃していたのてすね(^_^;

>N.SUZUKIさん
胴体に書かれる「YS-11 PROP-JET」の文字が、YS-11試作テスト機の象徴と私には感じられます。
製造側のレシプロエンジン時代からターボプロップエンジン時代への幕開けとしてのアピールですね。
テスト段階の姿が、私にはとても新鮮に映ります。

>wakaさん
現像からプリントまでを丁寧に処理するwakaさんらしい、綺麗なモノクロ画像ですね。
約24年半ぶりに訪れた下総基地外周は、撮影に大きく影響があるほど様変わりしてましたか。
厚木基地もA-1/D-1タキシーウェイを転がる姿が撮れなくなって、もう何年経ちましたかねぇ〜。 

>D-menさん
わずか13機の空自YS-11ですが、個別に調べていくと意外と改造された機体が多いのに気づきます。
紹介の#151は、まもなく機齢50歳を迎える長寿機ですが、27年間がYS-11P、そして23年間がYS-11FC。
約半々とも言えますが、厚木の皆さんにはYS-11FCの方が圧倒的に馴染み深いことでしょう。

>飛行浪人さん
1日中YS-11で飛び続けた(乗り続けた)とは、なんとも貴重な体験で羨ましいです。
私は民間機と海自機ですが、数えたことがありませんが何度か乗ってます。
機体ごとの特性なのか、乗り心地が個々で異なるような印象が残ってます。

>Gulf4さん
国産であれコダック社であれ、カラーで撮影していたことは、間違いなく貴重な証となります。
紹介の東亜航空は1971年日本国内航空に吸収合併され社名が消失してますから、この画像は本当に貴重です。
岩国基地三軍記念日に向かう途中で(当時の)広島空港に立ち寄ったのは大正解でしたネ。

>TROUTさん
確かに、主役が霞んでしまうような後ろに写る機影群ですネ。
当時は何気に撮っておいて、その後何十年も経ってから貴重さが分るショットとなった顕著な例でしょう。
要は「なんでも撮っておくべし!」なんですが、その時点時点では、つい意識が薄らいでしまいますね。

>Seagullさん
岩国基地ならではのR/W20着陸を午前中側から捉えたショットですね。今津川河口から進入とは驚きです。
今では色々な理由から撮りに行くことはできなくなったのでしょぅか・・・。残念ですね。
厚木でもショートアプローチで見かける紹介の姿ですが、YS-11には似合わないと感じるのは私だけ?(笑)

>DOC.Kさん
熊本空港の「夕日ポイント」は行った事のない私でさえ名を知る有名な撮影ポイントとなりましたね。
私は1990年代に熊本空港を利用したことがありましたが、残念ながら景色を覚えてません。
山並みを背景にした紹介のような画像は、平野部で生まれ育った私には本当に新鮮に映ります。

>うみ太郎さん
デモフライトのコースから基地の外の撮影場所を捜し求めるとは、かなり難しいことではないでしょうか。
YS-11クラスの大きさなら、レンズ選択はテレコン不要で無理しなくても撮れるのですかね。
デジ化以降に目立ち始めた撮影の楽しみ方の一つかもしれませんね。





Black Birds Final Name:Takafumi HIROE Date:2014/09/16(Tue) 06:30 No.12067   
今のところ、厚木基地Wings1993で展示された↓の姿が皆様から紹介されませんので、
荒れた画像となって申し訳ありませんが、画像を切り取って紹介します。
皆様の綺麗な画像の紹介をお待ちいたします。


厚木基地Wingsで展示されたU-2のうち、ポジを見つけることができたのは1993年と1999年だけでした。
とりあえずは機体全景は押さえることができましたが、↑で紹介した肝心な機首アップを撮らずに、
番号屋の性か垂直尾翼のアップを押さえているのには、自分でも笑うしかありません。

Wings1993 U-2R 80-1071/BB。


Wings1999 U-2S 80-1085/BB "5RS"


今考えるとU-2が第一の目的ではなかったたためポジの管理がおろそかになっていると自分でも認めます。
もう私がU-2の姿を見ることができないかもしれないと思うと、全く本当に情けない話しです。

Re: Black Birds Final Name:A-330 Date:2014/09/16(Tue) 09:02 No.12068
広江さん、皆さんおはようございます。

Black Birds Finalは、広江さんが紹介された厚木基地Wings1993でのU-2Rを3枚。
アライバルフライパス後、厚木に降り立ったU-2Rは、R/W上で左翼にだけ補助輪ポゴを装着。
左右ウエイトバランスの為クルーが一名、翼端に腰かけたままの状態でスポットへと転がっているところです。

U-2R BB 80-1071 Det2/9thWG 1993年4月23日厚木


Re: Black Birds Final Name:A-330 Date:2014/09/16(Tue) 09:03 No.12069
2枚目は、スポットイン後のスナップです。
見え辛いですが、特徴あるスーツを着たパイロットが垣間見えます。
機体下面のパネルが外されていますが、詳細は覚えていません。

U-2R BB 80-1071 Det2/9thWG 1993年4月23日厚木


Re: Black Birds Final Name:A-330 Date:2014/09/16(Tue) 09:04 No.12070
最後は、翌早朝ハンガーの奥まで日差しが差し込む中、翼を休めているところです。
武装した兵隊さんが一名、付っきりで警備をされていました。

U-2R BB 80-1071 Det2/9thWG 1993年4月24日厚木


Re: Black Birds Final Name:Cranberry01 Date:2014/09/16(Tue) 15:23 No.12071
広江さん、皆さん、こんにちは。
久しぶりに天気が安定し、SR-71/U-2に後ろ髪を引かれながら、連休は山に登っていました。
もう最終回になってしまいましたか。
>T.Hさん、そうなんです。あれがHABUの住処です。ひとつに1機がピッタリと納まり、扉は中折れで上に開きます。向こう側から入って、手前の方に出て行く構造です。10〜12棟つながっていたように記憶しています。写真で見ると嘉手納にあったのも同様でした。それにしてもNo.12045はチョッとびっくりですが、貴重な記録ですね。
>つばどんさん、公開であんなに撮れていたとは知りませんでした。Beal AFBには6度ほど行きましたが、機数が少ないこともあって、全く飛ばないこともありました。
例の扇風機は、私も付いている機体とそうではない機体があるように思えます。ところがあれは人間用ではなく、高高度でのCanopyの曇り止めだそうです。そうするとぜんぶに付いていることになります。
>飛行浪人さん、ご旅行でしたか。夏ばてかな?と心配していました。

SR-71A(61-7967)の空中給油です。 Oct.1980
1、後方下のほうからゆっくりとTankerに近づいてきます。同高度で近づいてくるのではなく、下の方から徐々に高度上げて近寄ってきます。Boomはまだ半分ほどしか下げていません。
2、Boomをいっぱいに下げます。
3、Boomに繋がった状態です。
4、約15分で満タンになり、タンクの圧力が70psiを超えると、Boomは自動的に外れますが、この時、大量と思われるほどの燃料がboomから出て翼の上に流れる感じです。

KC-135Qは全てが9thSRWのもとで35機が運用され、世界中に散らばって待機/給油を行っていました。その為、全てTDYでした。KC-135の中でもユニークであったため、"Q"と付けられたとか。ユニクロより先ですね。
KC-135Qは最高速度のほぼMach0.9の速度で給油するため、High Speed Boomも他のKC-135とは異なっています。
KC-135Qのcrewはradio silent rendezvousの資格を必要とし、BoomerはHABUに給油の資格を持つものだけが可能でした。暗号式のARC-50無線機を搭載して、そのつどSR-71/KC=135Qの両者に与えられたcodeでのみで通信可能でした。UHFを使用して約300mile通信可能でしたが、rendezvous pointでは給油中も含めて、殆ど通話はされなかったそうです。Hook-upすると両方のintercomで自由に話すことは可能ですが、他の場合と違って、驚くほど交信は少なかったです。
KC-135QはJP-7を搭載していますが、緊急の場合は自分のJP-4も給油可能でした。その場合はHABUは最高速度をMach1.5に制限されました。緊急着陸をした場合には、直ぐに近くにいるKC-135Qが飛んで行き、搭載のJP-7を地上で給油しています。
HABUの隠密性を維持するため、やや離れた場所でKC-135Qを飛ばし、給油の状況を作り出すこともあった様です。


Re: Black Birds Final Name:Cranberry01 Date:2014/09/16(Tue) 15:51 No.12072
>A-330さん、No.12069は珍しいショットですね。Q-bayと呼ばれる長焦点レンズやその他の偵察機器を入れるところの様ですが、様子から察すると、中は空で私物を入れてきたようですね。
はっきりはしませんが、レンズが凍らないように、ここは気密、温度が一定に保たれているようです。

それで、こんな嘘の様な逸話が残っています。
1970年後半の事、Osan ABのDe-2には”Oscar"(Osanの"O")と呼ばれた雄の黒猫がペットとして飼われていました。あるときそのOscarに高高度を体験させてやろうと、空いている器材スペースに入れて飛んだそうです。着陸後Oscarは荒々しく狂ったようになって、以来どうしてもおとなしくならなかったそうです。そこで悲しいかなOscarは去勢手術をされました。かわいそうなOscarですが、その取られたOscarのタ○タ○は瓶に入れられて、Det-2 Officeに飾られていたそうです。
”オスカーの○○、 U-2で70,000ftを体験”と書かれていました。
さらに話は続きます。
後日、OsanにdivertしたHABUのクルーが、日曜日であったので、それをこっそり嘉手納に持ち帰ったそうです。(途中省略)後にDet-2に戻されるのですが、そこには"オスカーの○○ーMach3+を体験”と書かれてありました。
信じますか?本当の話だそうです。お互いの落書きやらもこういった事の一つだったのでしょうね。


U-2は翼幅が胴体よりも長く、エンジン付のGlider の様です。flame out時のGlide Ratioは驚くべき、23:1です。高度1万メートルでエンジンが止まっても、230kmも飛ぶことが可能ということです。(直線で東京駅から浜松あたり。)
しかし、70,000ft付近ではU-2のnever exceed speed(制限最高速度)とstall speed(失速速度)にはわずか10kntしかありません。。失速するか、機体がバラバラになるかの速度差がわずか10kntとは如何に操縦に気を使うかの一例です。

見ている限りでは、速度も遅く、戦闘機等よりも操縦しやすそうですが、着陸にはもっとも気を使うそうです。着陸においてはGround Effectにより、機体は飛び続け様とします。翼が完全に失速しないと、接地しません。
Mobile Control Vehicleに乗せてもらいましたが、追突するのではという程でした。排気口の真後ろから追跡しながら、高度を読み上げていきます。地上20cm位のところでエンジンを殆ど絞って失速させる事で、接地します。
横風には非常に弱く、しかも視界も非常に限られており、Mobile controlから見ていると、バランス棒を持った綱渡りのようです。車輪はTandem式で、主輪の方はCockpitの後方にありますが、着陸角度が少しでも深く、こちらを先に接地すると、機体はバウンドして危険な状態に陥ります。Taildragger(尾輪式)と同じように両方同時か、尾輪を先に接地させます。そしてこれもTaildragger と同じく、尾輪がRudderと連動しています。これは最初に広江さんがTowingの事を説明されていました。

Apr.1980 Beal AFB
RWYのThresholdの所で待機して、U-2が頭上を越えると、直ぐにchaseしていきます。



Re: Black Birds Final Name:Cranberry01 Date:2014/09/16(Tue) 16:14 No.12073
U-2R(68-10339) 99th SRS, 9th SRW Beal AFB, May 1985
Mobile Control Vehicleは後ろにVHF/UHFと思われるアンテナを付けています。乗り心地、加速は抜群でした
このU-2Rは、かってはU-2EP-Xでもありました。

今回はいろいろと珍しい機体や珍しい場面を数多く見せていただき、新たな発見もありました。
嘉手納での1枚1枚は、貴重な日本人マニアによる記録だと思います。
皆さん、ありがとうございました。
お邪魔な私の雑記にスペースを下さって感謝しております。失礼な記述が多々ありました事は、どうぞお許し下さい。


Re: Black Birds Final Name:TROUT Date:2014/09/16(Tue) 18:18 No.12074
広江さん、皆さんこんばんは。2週間のロングランだった「Black Birds 」もラストですね。私的にはSRがほとんどだったのマッハ3じゃないですがあっという間でした(^_^) 怪しいと言われながら目立った機体、皆さんの貴重な記録も拝見でき大変見応えありました。ただ私は皆さんに比べ、嘉手納23の転がりやマーク入りに出会うことが少なかったのが再認識しました(^_^;)
最後は広江さんが見たことが無いというSRの離陸シーンを。先ずは1986年7月、嘉手納05Rの離陸です。沖縄の蒼い空に突き刺さるような離陸でした。S/N 不明。この機体の着陸転がりを狙い、当時料金を入れ上がれた中古屋さんの屋上で待ちましたがエコーまでは来ず、その手前デルタで曲がってしまいまいた。その転がりを証拠写真に撮っていますが陽炎のせいでS/Nは解読出来ず、ここでもロービジに悩まされました(^_^;)


Re: Black Birds Final Name:TROUT Date:2014/09/16(Tue) 18:32 No.12075
そして2枚目の離陸、84年8月 同じく嘉手納05Rの離陸です。この機体も離陸後那覇へ行ってしまったのでS/N不明ですm(__)m
嘉手納05から離陸後右バンクしながら成層圏へまっしぐら! 圧巻だったのは一回だけ遭遇したナイトの離陸。日没後撤収しようとしたときKC−135Qが離陸、それじゃぁ待ってみましょうと・・・暮れなずむサンパウロの丘で、バーナー輝かせ薄暗い藍色の空へ突き刺さるSRを見たことがありました!いつものように右バンクを取りながらいつまでもバーナーの灯りを放ち、まるで恒星になったかのようでした。残念ながら写真は撮ったけど・・・ぶれぶれでした(^^ゞ


Re: Black Birds Final Name:TROUT Date:2014/09/16(Tue) 18:51 No.12076
「Black Birds」最後は89年嘉手納公開の最後に撮った61-9762 夕方、寝床へとトーイング準備中の光景です。私にとって日本、嘉手納で撮った最後のSRの写真です。
>広江さん、No.11898, No.11915で紹介した61-7972が初めて撮ったSR、そしてエドワーズで最後に撮ったのも同じ♯972でした。今は飛行場への足が遠のいてしまいましたが、SR-71のようなカッコ良い且つ貴重な機体を撮れた時代を体験できたことは非常にラッキーだったと思います。ほとんど撮りっぱなしの私ですが、皆さんの記録と広江さんのコメントでいろんな発見、昔話でも凄く新鮮に楽しませていただきました。今回も資料調べ解説とご苦労に頭が上がりませんm(__)m また参加できる機会がありしたら遊ばせてください!!お疲れ様でしたm(__)m


Re: Black Birds Final Name:N.SUZUKI Date:2014/09/16(Tue) 18:54 No.12077
広江さん 皆さんこんばんは、
SR-71A  17960 撮影は78年2月 No11980で紹介したタラップ車が随伴していた機体の正面ショットです。
>広江さん SR-71はフェリーでもフォローミーが付いたのを見ていないとのことなので、間違いなくフォローミーで随伴ではありません。 なお、No12041のSR-71の着陸は23Lです。私がカデナで見た10回以上のSR-71の離着陸は、すべて05Rまたは23Lで、手前、北側のR/Wは使わないと思っています。


Re: Black Birds Final Name:T.H Date:2014/09/16(Tue) 20:11 No.12078
いよいよ Black Birds Final となりましたね。今日の1枚目は 最初で最後となった SR-71のHome Baseを訪問した’80年に 偶然撮れた USAFが運用していたRS-71B 61-7956 です。
昨日 紹介した NASA831もこの機体なので、17年振りにエドワーズで再会したという事になります。Beale AFBで撮影した時も残念ながら逆光だったので、白黒で撮影しています。

> Cranberry01 さん
はのハンガーは やはりSR-71 HABU のアジトでしたか!解説ありがとうございました。 私もちゃんとBeale AFB でもう1度撮影してみたかったです。場所柄 複数回行かれるのには 相当の気力・体力・執着心等が必要だったのではないでしょうか? しかし、KC-135Qからの空撮までされていたとは 驚き・桃の木・山椒の木です。

1980年7月15日 BEALE AFB  SR-71B 61-7956  1 SRS 9 SRW


Re: Black Birds Final Name:T.H Date:2014/09/16(Tue) 20:11 No.12079
今の所、私が最後に撮った SR-71Aはコレです。ワシントン・ダレス国際空港に隣接する博物館、スミソニアンの別館というの通称になっているようですが、本当の名称は恐ろしく長く Smithsonian National Air and Space Museum Steven F, Udvar-Hazy Center ( スティーブン F. ウドヴァ ー ヘイジー・センター)だそうです。ヤレヤレ
入館無料で とても奇麗で広い展示スペースに歴史的な航空機がてんこ盛りでした。日本人にはちょっと辛い B-29 エノラ・ゲイ号もここに展示されています。
SRの尾翼にはスカンクのマークとシリアル、そしてエアフォース・ロジスティック・コマンドのワッペンが記入されています。

> TROUT さん
想い出の#972はココに展示されていますので、いつか会いに行ってみては?成田からダレス直行便で行けば、12時間ほどで着きまっせ〜(笑)


2011年5月10日  Smithsonian National Air and Space Museum Steven F, Udvar-Hazy Center SR-71A 61-7972


Re: Black Birds Final Name:T.H Date:2014/09/16(Tue) 20:12 No.12080
最後の1枚は 英国で最初に TR-1A を撮った想い出の RAF Alconbury で T/Gを繰り返していたのを良い事に、次第にこんなカットまで撮ってしまった贅沢な1日より。

> 広江 さん
今回も様々な謎が解けたり、皆さんの秘蔵画像を持ち寄る事によって、参加していない方々にも きっと新たな知識が増えたでしょうね。
2週間たいへんお疲れ様でした。私も N.Suzuki さん同様に、嘉手納でのSR-71A運用は、R/W05R-23L (TAC側)限定運用だと 後の:ニコラス編集長や黒ヘルメットの空撮の神様から現地で教えられた記憶があります。そっちの滑走路にはエレクトロニクスの何かが埋め込まれているとか聞いたような気もします。
 
1988年6月14日 RAF ALCONBURY   TR-1A  80-1078  95 RS 17 RW


Re: Black Birds Final Name:Gulf4 Date:2014/09/16(Tue) 20:40 No.12081
No.11937でDet.Hさんが紹介した時も、そして今回も後ろ姿だけを見せているSR-71A(61-7980)です。
1983年7月22日にRAF Greenham Commonで撮影しました。
飛行浪人さんと現地で合流して出かけた航空ショー(IAT-83)の展示のため飛来したものです。
今まで嘉手納で撮った分は所属を省略しましたが、これはDet.4/9SRWの所属になりますね。
この時は家族同伴で行ったので、月曜日の出発には行きませんでしたが、展示中に落書きされたとか
新聞記事で見た記憶があります。部隊間の交流とかではなく、悪意のある落書きだったと思います。

今回の企画で改めて、魅力あるSR-71を改めて楽しませていただきました。
また会計年度の件も再認識できました。奇しくも海外のメーリングリストでも会計年度の件が話題に
なっていましたが、やはり結論としては61年度が正解の様です。
先月、嘉手納に行きましたが、もし「道の駅」が80年代にあったなら、あの赤いドラックシュートも
撮れたのにと思ってしまいました。


Re: Black Birds Final Name:すっかいうおりゃ Date:2014/09/16(Tue) 21:06 No.12082
広江さん 皆さんこんばんは!
いよいよファイナルですか・・あっと言う間の感じがしますね。(広江さんの苦労も知らず申し訳ありません)
さて 私の最後は、何にしようかと迷った挙句 やはり好きなU-2の正面系で終わりたいと思います。厚木 横田で数は撮っても 「タキシング大好き人間」の私のとっては消化不良、OSANは、そのところを満たしてくれました。正面系の写真は、真横よりもシャッターを切ってしまいます。Cranberry01さんのご質問もありましたので コックピット周りの拡大写真も挿入いたします。お教え頂いたとおりの装着状況ですね。

2011/10/30 Demo-flight U-2S 80-1069/BB 5th RS/9th RW


Re: Black Birds Final Name:すっかいうおりゃ Date:2014/09/16(Tue) 21:18 No.12083
翌年は、人を入れて撮る様に意識して正面系を狙いました。真正面より若干斜めの方が好きな為 この画像を選びました。デモフライト後は、このままロープ前に駐機して展示機となります。ブラックキャットの絵柄は、台湾のU-2パイロット陳中尉にて考案されたものと聞いておりますが 台湾では、今の中正国際空港のすぐ隣(ほぼ平行)して存在した桃園空軍基地がU-2本拠地でした。彼は大陸で撃墜されて亡き人となりましたが 彼の考案した黒猫は、今でも使い続けられていますね。でもタマなし黒猫になってしまうとは・・

U-2S demo-flight 80-1084/BB 5th RS/9th RW


Re: Black Birds Final Name:すっかいうおりゃ Date:2014/09/16(Tue) 21:33 No.12084
最後は、2012年のU-2S ミッションお帰りの際の正面系です。こうして見て初めて私は知ったのですが トゲトゲ(各種アンテナ)は、胴体だけでなくスーパーポッドにも沢山付いていたんですね。飛行をアシストする2台のカマロは、この後 機体後部の位置から離脱して行きます。カマロも黒塗りのブラックキャットのマーク付きだともっと凄いのですが ちょっとそれではくどいですか・・・
2012/10/20 U-2S Mission-flight 68-10337/BB "9 OG" 5th RS/9th RW



広江さん> 広江さんも尾翼のアップ写真とか撮られるのですね!私も基地公開での展示機は、全体像がなかなかうまく撮れないので 尾翼コレクションとなっています。

Cranberry01さん>詳しい解説は、毎回勉強となります。書き込みも大変でしょうが これからも楽しみにしておりますので 宜しくお願いいたします。スポイラーの件も書き込みいただけなければ気にも留めなかった事項でした。


Re: Black Birds Final Name:waka Date:2014/09/16(Tue) 21:39 No.12085
最後になりましたが、No.11951で出した1日前の1981年8月5日のSR-71A 9SRW/Det.1 61-7975です。
R/W23の離陸に向かってタキシングしているところをエンドの土手で待ち受けました。
これだとSR-71Aの特異な形態が良く分かります。尾翼には”Black Cat”が書かれていますが、この角度だと何だか分かりません。
手前の車の進入阻止のためのポールとチェーンが邪魔ですが、今見ると懐かしいです。

>広江さん
No.12061,12062の滑走路運用の件、確かに、私も使用R/Wは23だったと思うのですが、広江さんのレスで疑問が解決しました。
広江さんの推測のとおりだと思います。現在、ILSは05L/23Rに設置されていますが、当時のことや、その他の理由があるのかも知れませんね。
ところで、その機体別の展開履歴のサイトをこそっと教えて頂けませんか?


Re: Black Birds Final Name:飛行浪人 Date:2014/09/16(Tue) 22:54 No.12086
>広江さん、皆さんこんばんは。
今日は所用でかえりがおそくなり、先ほど帰宅しました。
最後はブラックバード連発、まずは1978年11月2日、エドワーズでハンガー内で展示されたNASAの
YFー12A、60−6935。この機体は屋内だったので気がつかなかった人もいたようです。


Re: Black Birds Final Name:飛行浪人 Date:2014/09/16(Tue) 23:04 No.12087
>2枚目はSRー71の3点セット、随伴車が3台画面に入っているカットが有りました。
1980年頃の嘉手納、23エンド、松ノ木の上からです。この松の木はいつの間にか松クイ虫に食われ枯れてしまいました。どのみち道路拡幅により撤去される運命にあったようで畑はフェンスの内側に取り込まれてしまいました。又23RとLのあいだにあったバス停、エリヤホーも利用者はマニアに限られ?その後レンタカー普及により利用者が無くなった為か今はバスは走っているものの廃止されたようです。
今ではエリヤホーと聞いても?と思う人がほとんどでしょうね。AREA4のなまった発音だったと知ったのは随分後でした。


Re: Black Birds Final Name:飛行浪人 Date:2014/09/16(Tue) 23:17 No.12088
>最後は前後のコマから判断して嘉手納05Lをローパスする離陸側での61−7980、1982年9月の
撮影です。
TROUTさんが見られた夜の離陸のバーナー、私はホテル大蔵(知ってる人は懐かしいですね)の屋上から
見ました。戦闘機は遅くてもエンド付近でバーナーはオフでしたが、SRー71はかなり長く高い高度までバーナーが見えましたね。嘉手納のSRハンガー今ではHHー60が住人の様です。
それではまたいつかお会いできる日を楽しみにしています、さようなら。


Re: Black Birds Final Name:Det.H Date:2014/09/17(Wed) 00:32 No.12089
広江さん 皆さん こんばんは
2日ほどお休みしていたら、ファイナルになってしまいましたね
ただ、私も残弾3カットでしたので、丁度よかった?
>広江さん
もう前姿、真ん中、後姿を出したくてもありません (^^; (笑)

>Gulf4さん
61-7980をエゲレスでゲットされていましたか しかし#978はもう出てこないかな?

で、現役時代は前回で撃ち尽くしてしまったので最後は展示機を
N.SUZUKIさんにはお馴染みだったシアトル近郊のBoeing Fieldにある、その名もずばり航空博物館“THE MUSEUM OF FLIGHT”に展示されているSRの兄貴分?M-21 (60-6940)です
背中にD-21B Droneを背負っていますが、このM-21、計2機?作られたようですが、もう一機の60-6941は1966年の発射実験でD-21がMother21の垂直尾翼に激突して、Lostしたようです その後M-21でのD-21運用計画は中止となり、母機をB-52に変えてテストが続けられたようです このD-21は見た目もまさしくBlackbird母ちゃんの子供と言う感じですね
Aug.30,2010


Re: Black Birds Final Name:Det.H Date:2014/09/17(Wed) 00:33 No.12090
2枚目はパームデールにある、こちらもズバリ“Blackbird Airpark”に展示してあるA-12の初号機(60-6924)です 今春CAからYUMAに3人で10時間かけて行く途中、フリーウエイの道路標識にPalmdaleの名を見つけ、丁度私がドライブしていてToksans氏がお休みになっているのを幸いに(彼は余り死んだ機体?はお気に召さないようで)途中下車?
隣に併設されている“Joe Davies Heritage Airpark”共々なつかしの機体のオンパレードでした
Apr.17,2014


Re: Black Birds Final Name:Det.H Date:2014/09/17(Wed) 00:33 No.12091
ラストは↑に紹介した右A-12と左SR-71A (61-7973)、この機体は87年7月にRAF Mildenhallでデモ中に事故ったようです それと真ん中後姿はU-2D (56-6721)です 隣のJ.D.H.A.は柵も無く、自由に撮影出来ますが、B.A.は柵に囲まれ、Openは金土日のみでしたのでこのようなカットしか撮影出来ませんでした おまけ囲みカットの尾翼(広江さんの真似をしたわけではありません(笑))は隣のJ.D.H.A.に尾翼とラダーのみ展示されていたOsanにいたU-2R (80-1098) 新たに無数のアンテナが先端に!(笑) この機体は皆さん94年厚木Wingsで撮られていましたね 事故時燃えたと書かれていますが、尾部は残ったのですね

>広江さん
今回も専門外のUSAF、それも隠密でご苦労様でした 皆さんのSRビックリ!おお〜!!画像の連続で、80年代にも撮りに行けばよかったなあ、と今頃言っています (笑)
では、また次回もよろしくお願いいたします
Apr.17,2014


Re: Black Birds Final Name:つばどん Date:2014/09/17(Wed) 03:19 No.12092
広江さん、皆さんこんばんは。
こんな遅くの書き込みでスミマセン。

>広江さん
はい、SR-71Aが一旦退役していた時期ですが、すぐに復活できる状態で保管されている機体がいるとと聞いていたので、僅かな期待を持っていました。Beale AFBではなかったようですが・・・。
U-2R(T)はもう1機、80-1064も撮れましたが、やはりハンガー内で変わり映えしないので画像は遠慮しておきます(笑)
ゲートが丘の向こうというのはよく考えると方向違いだったような気もするんですが、でもエプロンまでは遠かったです!

>Cranberry01さん
ハンガー内の機体が撮れたのは、全くの想定外でした。変わり映えしない画像の連続ですがね(笑)
扇風機は曇り止めですか?驚きました!乗用車でもそんな仕様はないですよね(笑)

この画像は私が撮った現役SR-71A最後の一コマかもしれない画像です。しかもフィルムの最後の一コマです(--;)
F-5Eやシャワーを浴びに来るF-15Cを撮っていたら降りてきたもので、なぜか離陸の画像は見つからず撮っていないようです。
1985年3月22日頃の撮影で、s/nは判読できませんでした。


Re: Black Birds Final Name:つばどん Date:2014/09/17(Wed) 03:20 No.12093
機体に光が当たらず、沸き立つ雲をバックに見事なシルエットになってしまったSR-71Aです。
1983年の嘉手納の公開へ行った際、前日に撮れた物ですが、残念ながら公開には展示されませんでした。
1983年9月2日の撮影で、こちらもデジ化してもs/n判読できませんでした。


Re: Black Birds Final Name:つばどん Date:2014/09/17(Wed) 03:21 No.12094
こちらは、Beale AFB公開で一般客の憩いの場になっていた SR-71A 61-7963 です。
場所は移っているようですが、今でもBeale AFBで展示されているようです。


Re: Black Birds Final Name:つばどん Date:2014/09/17(Wed) 03:22 No.12095
最後におまけでもらった一コマを(笑)
飛行中の背中の見える画像がなかったようなので、紹介します。
既に紹介している機体ですが、Castle AFB の公開でデモフライトしてバンクをとって背中を見せる、U-2R 99RS 9RW 80-1087 です。
1991年10月12日の撮影です。

広江さん、皆さん、長丁場お疲れ様でした。皆さんのすばらしい画像やお話、大変楽しめました。次のお題も期待しております!


Re: Black Birds Final Name:Takafumi HIROE Date:2014/09/17(Wed) 08:06 No.12096
一昨日と昨日、連日遅い帰宅となりましたので、レスは早くとも今晩、あるいはのんびりと明朝になりそうです。
何かお忘れ物がありましたら、多少のことなら目をつぶりますヨ(笑)

Re: Black Birds Final Name:T.H Date:2014/09/17(Wed) 09:09 No.12097
マスターからの誘い水につられて 長めのロス・タイム枠で もう少し(笑)

NASAのER-2 未出の もう1機 #709 ( 80-1097 ) です。翼のPODも毒キノコも付いていない グライダー状の味気ない姿ですが、Ames Research Center 所属のようです。
かつて NAVYの P-3 オライオンのPAC本拠地だった頃のモフェット・フィールド公開での展示。

1992年10月17日  NAS MOFFETT FIELD  ER-2  NASA 709  N709NA ( AF 80-1097 )


Re: Black Birds Final Name:T.H Date:2014/09/17(Wed) 09:11 No.12098
SR-71A 61-7975 嘉手納時代のハイビジ姿が皆さんから投稿されていますが、 白文字廃止後の味気ない姿になってからを1枚。
’86年8月カナダのアボッツフォード・インターナショナル・エアショーに参加した時の姿です。この時はデモフライトもあったのですが、写真が見つかりませんでしたので大きなトラクターでのトーイング姿で失礼。カナダでSRを撮ったのはこの時が最初で最後になりました。

1986年8月8日 ABBOTSFORD , Canada  SR-71A  61-7975  1 SRS 9 SRW


Re: Black Birds Final Name:Takafumi HIROE Date:2014/09/17(Wed) 21:47 No.12099
>A-330さん
厚木基地Wings1993展示のために飛来した80-1071の到着時の様子は大変に興味深く拝見しました。
ポゴが左翼のみというのには驚きました。
No.12069の前部胴体下面の開けられたパネル内にはパイロットの私物等を入れてきたのですかね。
これも興味深いシーンです。
No.12070は早朝ですか?。私とは入れ違いだったのでしょうか・・・(笑)

>Cranberry01さん
さすがCranberry01さんならではの大変に興味深い記事と画像の三連発はじっくり拝見させていただきました。
SR-71Aの給油シーンは大変に貴重な体験ではないでしょうか。よほどのリクエストをしても無理なのでは?。
KC-135「Q」の名称となった理由は「ユニーク」ですか。面白いです。
『オスカーの○○ーMach3+を体験』は面白すぎます。しかし彼らのこの類のセンスは私には理解不能(笑)
話しは全く別ですが、VFA-27に木彫りのLT Duckが居て、あらゆる部隊や機種に乗った正式なフライトログがあります。
これも何度か説明を受けたのですが、とうとう理解することができませんでした(^_^;
制限最高速度と失速速度の差が10kntというのは記事で読んだことがありますが、その話題をお待ちしてました。
Mobile Control Vehicleの搭乗体験も貴重ですね。
No.12037では過激なレスをして大変に申し訳ありませんでした。
お気を悪くされたと思いますが、図々しいお願いですが、今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

>TROUTさん
No.12074の引くベイパーを見ると、急角度で離陸していく様子が伺えます。
ナイトの離陸はNo.12075のコメントを拝見するだけで、もうたまりません。身震いします。
画像こそ残らなかったものの、TROUTさんには一生に一度の大変に貴重な体験として残るでしょう。
遠い嘉手納基地という場所柄でしょうか、個人個人の遠征する時期が大きく異なるせいもあるのか、
今回の話題のSR-71Aほど皆さん個々に体験が大きく異なる機種は今までなかったように思います。
特殊なミッションと個性ある姿と飛びっぷり、他の方の画像の全てが皆さんにとっては新鮮に映るでしょう。
もちろん私も同じです。皆さんの話題と画像に全く飽きることなく拝見し続けました。
残念ながら私にはU-2の遭遇機会が少なすぎましたが、これも色々な話題と画像を楽しめました。
ラストに相応しいNo.12076、先の2枚が動ならこれは静。旨にジーンときます。
素晴らしいラストシーンをありがとうございました。

>N.SUZUKIさん
フェリーで到着時のフォローミートラックの有無は、単に私の記憶がないだけだと思います。
機影を追いかけるのに夢中になり、他の情景を含める撮影センスが私に欠けているせいです(^_^;
No.12041は、やはりR/W23Lの着陸シーンですね。下に写る木々の記憶が蘇りました。
SR-71Aの離着陸R/Wは私の曖昧な記憶が多いと思います。No.12048の三連発も手帳にはR/Wが記録されてませんが、
言われてみれば、05R/23Lでの離着陸だったような記憶もあります。
皆さんやN.SUZUKIさんを混乱させて大変に申し訳ありません。

>T.Hさん
Finalは変化ある3コマの紹介ですね。
奇妙な格好のSR-71とU-2の副座型が紹介されたのはGaller化でもワンポイントとなる変化がつきました。
改造型の好きな私は一度は見たかった機体ですが、それは叶わぬ夢と終わってしまいました。
私の馴染みある#976と#979は何処かの地で余生を送ってるようですが、会いにいけるかな(笑)
贅沢な一日は、まだまだ色々なアングルがありそうですね。
私も嘉手納で比較的SR-71Aには多く出会えたと今回の話題の画像発掘で気がつきましたが、
当時は他のアングルで撮ろうとする余裕など全く無かったのかなぁ〜と思ってます。
『05R/23Lには何かが埋め込まれている・・・』、思い出しました。ご指摘ありがとうございます。
私個人的に確証を得てませんが、人伝で聞いた話しでは・・・、
05R/23LにはSR-71用の板状(?)のバリアーが設置され、
着陸すると自動的に起きあがり、速やかな減速のために使用されるそうです。
ただし、作動しないことも良くあるらしいとも聞いてます(笑)
また、T/Gを何回か実施後に23Rに着陸した(何らかの理由で着陸してしまった?)事実もあるそうです。
これでSR-71Aの05R/23L運用については解決しました。
しかし、R/W23運用にも関わらずフェリー時に05R降りが多い(?)謎が残ります。
お忘れ物はもう無いですか?(笑)。ありがとうございます。

>Gulf4さん
ドラッグシュートのカバーが開いて前脚が左に曲がってますが、まさかエンジンは回ってるのでしょうか。
しかし、もしこのまま左に曲がり続けていたら撮影していたGulf4さんからコメントがありますよね(笑)
61-7980は、最初は希少番号と思われましたが、Det.Hさん、飛行浪人さんに続く3コマ目の紹介。
しかし全て送り気味&後ろ姿なのは、希少種=恥ずかしがりやなのか(笑)
当時の嘉手納基地の撮影撮影ポイントとカメラ機材&気力で皆さん本当によく撮られてますよね。

>すっかいうおりゃさん
横田基地を拠点に撮影活動をされるマニアの方々は、タキシング好きな方が多いですよネ。
まあ育った撮影環境の差もあるのでしょうけど・・・。
ということで、締めはU-2の転がり三連発ですね。
それもコックピット内のパイロットの雰囲気を加えたのは面白いアイデアです。
コメントとキャプションで『???』と思いましたが、2010年〜2012年としてGallery化します。
『タマなし黒猫』とはダイレクトに言いましたネ(笑)
サポートカーはカマロですか。私の世代の懐かしさとは、ちょっぴり異なります(笑)
尾翼のアップは、航空祭の地上展示では私のお決まりの行動パターンです。
そのため、現像が仕上がって機体全景を撮ってないと気づくことが多々あります(笑)

>wakaさん
紹介のアングルで撮れる土手はずっと以前からありましたっけ?。
道路からフェンス沿いを奥まで進んで金網にへばり付いて撮った記憶のある付近かなぁ〜。
時々KC-135系にお尻を向けられた時に、少し下がって(降りて)ブラストを避けた所かな。
R/W23運用でSR-71Aのフェリーフライト機がR/W05Rで降りるのは、話題の終盤で気づきました。
その理由は、もう解決できず謎のまま残ってしまいそうです。
ヒントめいたことは、上のT.Hさんのレスに含まれるような気もするのですが、頭の中が整理できてません。
もし10年後あたりに「Black Birds Renewal」が開催されたら、その時には解決できるとイイですネ(笑)
直接URLを書けないので、「u2sr71patches.co.uk/sr71production.htm」で検索して下さい。

>飛行浪人さん
保存展示状態のYF-12Aが皆さんから紹介されると思ってましたが、最後になってようやくの登場です。
YF-12AのSR-71Aとの外見的に目立つ特徴の差は、後部胴体下部の安定板と機首部分のチャインの切り欠き形状。
紹介画像と機首方向からの撮影カットもほしいところです。
60-6935は撮影時点ではフライアブルな現役だったようですね。
1979年11月7日にラストフライトでNational Museum/Wright-Patterson AFB入りしてますが、
片側5車線(?)計10車線(?)の道路を封鎖して、車の目の前を着陸する60-6935の画像がネットで見つかります。
No.12087は機体をアップで撮らずに見える全景ですね。雰囲気たっぷりです。
『エリヤホー』ネ(笑)。発音は違うけど懐かしいです。
「ホテル大蔵」の名を今まで私は伏せてましたが、いつもお世話になった宿です。
私の遠征は7月の真夏。
毎日、朝から出かけ夕方の帰宅後は洗濯機を借りて汗びしょの衣類を洗濯し、
「ロータリーレストラン」(だったかな?)で夕食するのが日課でした。
おばちゃんから『毎日暑い中出かけて馬鹿になるよ』と言われましたが、元々お馬鹿者でした(笑)

>Det.Hさん
私も基本的には置いてある姿はあまり好みません。
しかし、このような話題の時には画像を並べた時には変化ある一コマとして重要な役割となります。
ですので、Finalでの三連発は面白いアイデアとDet.Hさんらしからぬ紹介(失礼m(_ _)m)に感心しました。
M-21は、今考えれば危険極まりない発想ですが、当時としては真剣に考えたアイデアだったのでしょうね。
No.12091小写真のU-2R 80-1098の垂直尾翼は、他の機体のモノからの塗り替えですかね。
さて、結果の発表です(笑)
wakaさん撮影#974とDet.Hさん撮影#978が希少種チャンピオンです。共に事故損失機とは必然的ですね。
保存機を含めるのならば、No.12091の61-7973をバシッと全景を捉えていれば100%トップだったでしょう(笑)
しかし画像から見る限り、後ろのU-2Dを含む3機の置き方では無理そうですね。

>つばどんさん
SR-71Aを最後に撮ったのが、フィルムの最後の1枚というのは、さぞ悔しいでしょう。
その悔しさもあり、SR-71A復活の期待を持ってのBeale AFBへの遠征ですね。納得です。
No.12093はS/No.が分らなくても、夏の沖縄の空を背景にしたSR-71Aの姿は良き思い出として残る一コマでしょう。
No.12094の雰囲気は憩いの場の表現にピッタリ!。何故このような状況になるのでしょう(笑)
#963は1990年からBeale AFBに保存展示されているようです。
左隣にはD-21 drone (#539)が1997年から追加展示されているようですが、
つばとんさんの紹介された画像から、1991年と1992年にBeale AFBに遠征されてますが、
そのどちらかの年の撮影だとすると、D-21 drone (#539)の姿は無かったのですネ。
+一コマの紹介、ありがとうございます(笑)。誰もが憧れる背中です。

>皆様
私の判断ミスで少し引っ張りすぎた感があります。申し訳ありません。
しかし、皆様からこれほどまでのBlack Birdsの話題と画像が紹介されたことに感謝いたします。
ありがとうございました。
次のお題につきましては、別途アナウンスします。





Black Birds 13 Name:Takafumi HIROE Date:2014/09/15(Mon) 06:22 No.12048   
1976年7月12日〜7月15日の4日間でSR-71Aが延べ5機撮影できた話題をしましたが、その三連発です。
7月15日(木)に嘉手納へフェリーフライトしてきた#972はNo.11986で紹介済みです。

61-7961 1976年7月12日(月)


61-7963 1976年7月13日(火)


61-7979 1976年7月14日(水)


いずれもR/W23への着陸シーン。これらもまた、サンパウロの丘の前を転がって離陸しました。
4日間で延べ5機というのは3枚目で紹介した#979が、7月13日午後にもフライトしてます。
前スレPart.11でも話題にした#976と同様、#979も私にとっては馴染み深い機体です。
今回の話題で判明したマークもミッションスコアも書かれてない味気なさですが、
当時私は夢中で撮影したはずで、今振り返ると夢のような4日間だったかもしれません。
このようなシーンには二度と遭遇できないと思うと寂しい気もしますが、
この本当に素晴らしい体験は私にとっての宝となってます。

Re: Black Birds 13 Name:T.H Date:2014/09/15(Mon) 10:02 No.12049
いよいよラス前という事で 再び SR-71に戻ります。今日は SR運用末期 NASAが使用していた機体で NASA831 貴重なB型(61-7956)。1997年10月のエドワーズエアショーでの撮影。この年はチャック・イェーガーが Bell X-1で人類初の音速突破を記録して50周年に当たるという事で、例年になくなく盛大なエアショーが開催され、NASA831が土日供にDEMOを実施。土曜日は遥か上空で音速突破まで披露してくれ、衝撃波による「ド〜ン、ド〜ン」という音も体験できました。

1枚目は 19(日)にバーナー ON で高速パスを見せるSR-71B。エドワーズは会場からは終日逆光になりますが、晴れれば(大抵快晴)砂漠の照り返しが天然のレフ板効果を発揮してくれるので、普通のショーサイトの逆光よりはかなりマシです。

1997年10月19日 EDWARDS AFB  SR-71B NASA#831 (61-7956)


Re: Black Birds 13 Name:T.H Date:2014/09/15(Mon) 10:02 No.12050
土曜日のDEMOフライトを終えて着陸後、会場前に向けてタキシングするSR-71B。エドワーズでSRのデモやタキシングが撮れるなんて想像もしていなかったので、この時は気合いを入れてシャッターを切りまくったのが懐かしいです。
’97年は4月のネリス Golden Air Tattoo でもSR-71A (61-7971) のDEMOがあり( A-330さんが紹介済)、引退前にSRの姿を捉えられた最後の当たり年。Air Force運用のSRもこの頃は、エドワーズから運用されていたのは、このBBS II でお題として取り上げて頂いて 初めて知りました。BB レターの機体は地上展示されていたのに 今更ながら合点が行きました。

1997年10月18日 EDWARDS AFB  SR-71B NASA#831 (61-7956)


Re: Black Birds 13 Name:T.H Date:2014/09/15(Mon) 10:03 No.12051
コントレイルを曵いて遥か上空で音速突破を披露するSR-71B。地上から発見し易いよう燃料投棄をしていたんだと思います。
左上:上空高くまで舞い上がった為か、耐圧スーツ(宇宙服)姿でのフライト:土曜日。
右下:日曜日は上空まで上がらなかったので 通常のフライトスーツ&ヘルメット姿に見えます。

1997年10月18日・19日 EDWARDS AFB  SR-71B NASA#831 (61-7956)


Re: Black Birds 13 Name:つばどん Date:2014/09/15(Mon) 17:14 No.12052
広江さん、皆さんこんにちは。

>広江さん
私も複座型が展示されたのは予想外でしたが、僅かに期待していたSR-71Aはハズレました。タワー脇の芝生の中で、一般客の憩いの場になっていました(笑)
パーソナルマークもネットで検索すると、80-1094などはこの年の半ば頃までは尾翼に残っていたようで、直前に消されたと思うと残念でなりません(-_-;)
チャンスがあるならまた行ってみたい気持ちは富士山を越えるくらいあるんですがねぇ〜(笑)

複座を出したら恐縮されたので、ついでにもう1機(笑)
展示ではなくハンガーの中にいた、U-2R(T) 99RS 9RW 80-1065 です。この機体も、TU-2S に改造されて現役のようですね。
ちなみに、隠れて撮ったわけではないですよ。セキュリティーから見えるところでカメラを向けても何も言われなかったので、端から頂きました(^_^)v
1992年11月14日 Beale AFB での撮影です。


Re: Black Birds 13 Name:つばどん Date:2014/09/15(Mon) 17:16 No.12053
続いてもハンガー内にいた、U-2R 99RS 9RW 80-1076 。
ハンガーにいた機体では、この機体のみノーズにセンサーらしき物が付いていました。
差し込みの画像は、この機体を撮った位置から会場側を写した物。ご覧のようにハンガーの向かいが外来の展示エリアで、E-3の向こうに F-15、FA-18、以前紹介したOV-10Dなどが並んでいました。
余談ですが、以前Beale AFB の広さが話題になっていましたが、シャッターの開いている向こうに丘が見えますが、ゲートはあの丘を越えてさらに向こうだったと思います。


Re: Black Birds 13 Name:つばどん Date:2014/09/15(Mon) 17:18 No.12054
ラス前なので、私の数少ない SR-71A で。
R/W-23 へタキシングする SR-71A 9SRW Det.1 61-7964 、初めての嘉手納で初めて撮ったときの物です。
エンドの金網越しに爆装のF-4S のアーミングを撮っていたら、SRの音がすると言われて見た先に2枚の尾翼が! 手の震えを押さえながら撮りました(笑)
この頃は飛行回数が減って撮れない時もあると聞かされていたので、うれしかったですね。
広江さんの、白文字の機体が一度の遠征で5機も撮れたなんて話は、うらやましすぎますよぉ〜(笑)
1983年7月15日撮影で、wakaさんの12043で紹介された2週間ほど前になります。


Re: Black Birds 13 Name:A-330 Date:2014/09/15(Mon) 17:55 No.12055
広江さん、皆さんこんばんは。

SR-71Aが復活してBBレターを書き込んだ#967と#971の2機は、97年GATで#971がデモフライト、#967は地上展示でお披露目されました。
地上展示機#967のアライバル着陸シーンはT.Hさんから斜め前カットが紹介されていますので、斜め後ろの姿を。

SR-71A BB 61-7967 Det2/9thRW 1997年4月24日ネリス


Re: Black Birds 13 Name:A-330 Date:2014/09/15(Mon) 17:56 No.12056
復活SR-71A/#971のデモフライトシーンです。
まだ紹介されていない斜め前からショットを。

SR-71A BB 61-7971 Det2/9thRW 1997年4月ネリスGAT


Re: Black Birds 13 Name:Gulf4 Date:2014/09/15(Mon) 20:43 No.12057
今回はSR-71から路線をシフトしてみました。
プリントからスキャンしたので、画質が悪い点はお許しください。飛行浪人さんには、悪夢としか言いようがない(笑)
1987年7月にRAF Fairfordで開催された、IAT-87に展示のため着陸する95RS所属TR-1A(80-1078)。
撮影はアライバルの時ですから、1987年7月12日になります。
この年のIATは太陽に恵まれず、連日曇りや時には雨が降って、この様な黒い機体にとっては最悪の条件でした。



Re: Black Birds 13 Name:飛行浪人 Date:2014/09/15(Mon) 21:04 No.12058
>広江さん、皆さんこんばんは。
ネガ、ポジが見つからずプリントスキャンで失礼します。
私の初撮り、Uー2、68−10338、1979年頃のミルデンホールの着陸です。


Re: Black Birds 13 Name:飛行浪人 Date:2014/09/15(Mon) 21:07 No.12059
>続いては着陸後のハンガーイン時の同機です。200mmぐらいで撮ったように記憶しています。

Re: Black Birds 13 Name:飛行浪人 Date:2014/09/15(Mon) 21:11 No.12060
>次は1990年頃にアルコンバリーで撮れたTRー1、こちらはシリアル不明です。タッチアンドゴーをしていたように記憶しています。

Re: Black Birds 13 Name:waka Date:2014/09/15(Mon) 21:23 No.12061
広江さん、皆さんこんばんは。
Black Birdsもラスト近くになってきましたね。今回は、私が初めて撮ったSR-71Aを紹介します。
広江さんのBlack Birds Part 13トップ(No.12048)の嘉手納での3連発の写真の約1週間後、嘉手納基地で初めて2機のSR-71を撮ることができました。
同じ1976年7月20日の撮影です。最初の1機はR/W05で着陸しR/W23エンドで誘導路へ入るSR-71A 9SRW/Det.1 61-7976です。


Re: Black Birds 13 Name:waka Date:2014/09/15(Mon) 21:24 No.12062
次の写真は、同じく1976年7月20日、R/W23の離陸に向かってタキシングしているSR-71A 9SRW/Det.1 61-7979です。
手元にこの2枚の写真しかないので当日の滑走路の運用は不明です。手帳によると、この機体はその日の内に着陸しています。
私の最初のSR-71が1日で2機も撮れていたというのは、今回、調べて初めてわかりました。
当時は26TFTSのT-38Aが飛来し、嘉手納で訓練を始めていたので、同じ初めてでもそっちの方に興奮していたようです。


Re: Black Birds 13 Name:TROUT Date:2014/09/15(Mon) 22:16 No.12063
広江さん、皆さんこんばんは。秘匿性の高い機体がこれだけ記録されているなんて、海外のマニアには信じられないことでしょうね。まして広江さんのように4日でs/nで5機だなんて私でも羨ましい!今だったらSR目当てに来日する海外のマニアもいたかもですね!ラス前ですね、残弾を紹介させていただきます。77年7月、R/W05Rを離陸する61-7976です。サンパウロの丘より無理やり撮影、s/nが読めるようにトリミングしています。

Re: Black Birds 13 Name:TROUT Date:2014/09/15(Mon) 22:24 No.12064
そして私が最後に撮ったSR、89年11月エドワーズ公開で撮った61-7972です。スカンクのマーク入りです。地上展示後のデモフライトですが、展示方法が最悪、順光側は入れずロープが近すぎ全景撮れず(+_+)、デモフライトは遠く(+_+) 嘉手納の23の転がりを思うと萌えませんでした(^O^) しかしこの♯972は私が最初に撮ったSR、そして最後に撮ったのもこの♯972 でした。何かの縁でしたかね〜(^_^)

Re: Black Birds 13 Name:うみ太郎 Date:2014/09/15(Mon) 23:56 No.12065
持ち駒がもうありません。
最後になりますが、横田で使われていたU-2にポゴを付ける車をからめて画像です。
No.11971で貼った画像ですが、真横は完全にはみ出たため、待機していた車を撮ってみました。
下の画像は着陸したU-2を追っかけてるシーンです。U-2は着陸後に車で追っかけて主翼が地面に
着く前にポゴを付けると勝手に思ってましたが、見てると完全に停止して地面に主翼が付いたのを
クルーが持ち上げて取り付けてました。こんな事思ってたのは自分だけ?
2005年8月19日 80-1089


Re: Black Birds 13 Name:Takafumi HIROE Date:2014/09/16(Tue) 06:26 No.12066
>T.Hさん
NASA831、貴重なSR-71Bの変化に富んだ三連発のアイデアは見応えあります。
色々なシチューエーションを漏れなく撮影したT.Hさんならではの成果ですね。
バーナーONでの高速パスの速さを想像しますが、それよりもバーナーの長さには驚きです。
高空での音速突破でもも、日本では見ることができないですよね。
広大なEdwards AFBだからこそできるデモシーンでしょうね。
二日間のパイロットスーツ&ヘルメットの相違を表す差し込みの画像も良いアイデアです。
それにしても、1997年は本当にSR-71の当たり年だったようてすね。

>つばどんさん
1992年11月14日では、SR-71Aはいったん現役を退いた時期でしょうか。
『僅かに期待していた・・・』の文面からも、つばどんさん自信も承知の上での遠征だったようですね。
SR-71Aにこだわった理由がNo.12054で納得できました。
しかし、U-2R(T) 2機か撮影できたのは良かったですねぇ〜。日本では見ることかできませんからね。
ハンガーに光が入り込む時間まで居たのが幸いしましたね(笑)。人それぞれ羨むポイントは異なります(笑)
No.12053の差し込み画像、面白いアイデアですね。
そのU-2の後ろに見える丘の更に向こうがゲートとは・・・。その広大さには唖然とします。

>A-330さん
上でT.Hさんもコメントされてますが、復活したSR-71A 2機 #967, #971が撮れた1997年4月は当たりですね。
様々なアングルが紹介されていることからも、それが伺えるし、
何よりも、A-330さんが久々のSR-71Aの姿に興奮されながら撮影されたと容易に想像できます。

>Gulf4さん
撮影条件が限られる今回の話題Black Birdsですが、意外にも悪天候時の紹介は少ないですね。
それは紹介例のように、あまりにもスキャン&加工でも厳しいコマなので紹介を控えたのかな。
1987年のIATは遠路行かれて天気の悪い日が多かったとは、残念で悔しかったと思います。
下に写るKC-135群が凄いですね。何やらマーク類も確認できます。
当時のUSAFEのKC-135系も魅力ある部隊だったと思います。

>飛行浪人さん
撮影場所から、100%断定することはできませんが、RAF Alconbury駐留の95th RS/17th RW所属機でしょうね。
No.12058とNo.12060は、なんも贅沢な撮り方(アングル)ですが、当時はU-2/TR-1を数多く撮れたのでしょうか。
それとも、手持ちレンズの関係で横のアングルは機首アップになってしまったとか?。
しかし、U-2の特徴である長い主翼が強調されてるので、ある意味、良いアングルとも言えるかもしれません。
No.12059は、200mmの近さでよく撮影てきましたね。

>wakaさん
少なくとも、1976年当時のSR-71Aは通常3機で運用していたと思われており、
No.12061紹介#976は私が撮影した3機以外の機体なので機体別の展開履歴のサイトで調べたところ、
#976は、この日1976年7月20日に本国から嘉手納基地にフェリーフライトされてます。
私のPart.8 No.11986紹介#972が1976年7月15日に嘉手納基地にフェリーフライトした時、
R/W23運用にもかかわらず、着陸はOpposite R/W05Rでした。
紹介の1976年7月20日が、もしR/W23運用にも関わらずフェリーフライトの#976が05Rで着陸したとすると、
これは単なる偶然なのか、または規定等の何かの必要性でのことなのか、と何やら興味大となりました。
関連性の有無は分りませんが、05R/23LのILS設置状況等々も調べる必要があるかもしれません。
(9/16 22:10 R/W表記訂正)

>TROUTさん
私はSR-71Aの離陸を見たことがありません。No.12063はR/W05Rとは、ちょっと残念でしたネ。
しかし離陸していく雰囲気は、私はとても新鮮に映ります。
1974年8月に撮影されたNo.11898, No.11915紹介の#972が初めて撮影されたSR-71Aでしょうか。
最後に撮影されたNo.12064も離陸ショットというのも何かの縁と言えそうです。
しかしスカンクのマーク付きの#972の地上展示姿は、撮りたかったでしょうね。

>うみ太郎さん
U-2の厚木基地や横田基地への飛来時の様子か気になってましたが、事前にポゴを持ち込んでいるのですかね。
それとも、U-2のミッション上で緊急着陸に指定されている基地には1機分は常備しているとか。
ポゴの取り付けるタイミングは、着陸後の滑走中はふらつく機体ゆえ危険なので無理でしょう〜(笑)
撮影時に機体全景がはみだしたことが幸いした貴重なショットですネ。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -