GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





YS-11 Part.8 Name:Takafumi HIROE Date:2014/10/08(Wed) 08:09 No.12259   
ちょっとだけ民航機にコーヒーブレイク。

1980年12月16日、(当時の)千歳基地で撮影したTDAのYS-11 JA8757。
前日15日とこの日の二日間、航空自衛隊千歳基地を訪問した時の撮影ですが、
↓の撮影は車で連れて行っていただいた僅かに除雪してあるR/W36Rの滑走路脇。
この場所での狙いは地元F-104/F-4EJと岐阜基地の滑走路工事が終えたためのAPW機帰投の離陸撮影。
おおよその見当でF-104Jのギアアップが撮れる場所をリクエストしたため、
YS-11の離陸では↓のような高いアングルとなってしまいました。
しかし幸いなことに、雪レフ板効果で下面がつぶれずに綺麗に出ました。

Re: YS-11 Part.8 Name:ELINT人 Date:2014/10/08(Wed) 09:45 No.12260
広江さん、皆さん、こんにちは。
1997年の入間基地航空祭で撮影しました。この時初めて、YS-11の編隊飛行を見たような気がします。
当時は飛行点検隊と一緒に仕事をする機会が多くて、フライトチェッカーには親しみを感じていました。
LLZの点検の時は、滑走路のセンターを低空で真っ直ぐ飛んでくるYSに、恐怖と腕の良さを感じました。


Re: YS-11 Part.8 Name:ET Date:2014/10/08(Wed) 10:13 No.12261
広江さん、皆さん、お早うございます、
1989年7月22日羽田空港でのエアーニッポンのYS-11A (JA8735, c/n2108)です。かっての羽田のお馴染の光景で、西側にレンズを向ければ必ずと言っても良いほど航空局の機体が背後に写っていました。この写真に中には合計5機のYS-11が写っています。プリントからスキャンしたので背後に写っている3機の航空局の機体のレジは判別不能でした。


Re: YS-11 Part.8 Name:A-330 Date:2014/10/08(Wed) 10:15 No.12262
広江さん、皆さんおはようございます。

70年頃の航空自衛隊YS-11運用飛行隊特定にあたり、自分が当時に撮影した写真に写っているクルー識別帽子についてC-46も含め5時間程再検索をしてみました。
その結果確認できたことは
1,ペガサス飛行安全褒賞インシグニアはスピナー赤色C-46にも書かれていたことから401飛行隊である。
2.70年撮影のC-46/402飛行隊クルーがかぶっていた識別帽子デザインは「上段にATW.下段に402」である。
以上のことから、桜マーク地色も加え三つの状態を確認できない機体は「飛行隊不明」と記述させていただきます。

>広江さん
飛行隊の表記ができない投稿カットが多く、ご迷惑をおかけし申し訳ありません。
>飛行浪人さん
誠に身勝手なお願いをしてしまいました。ハッと「他人にお願いするより先ず、自分で確認すべき」に気付き昨夜検索確認しました。(^_^; お忙しい中をポジ再確認をお願いしてしまいすみません。m(_ _)m

航空自衛隊YS-11,今日は8日ですので8号機を。

YS-11C 02-1158 飛行隊不明 1972年入間

飛行隊については、盛んに離着陸訓練を実施していたことから入間402飛行隊の可能性が限りなく高いのですが、当時は入間住人ではなかったため、この離着陸訓練を理由に402飛行隊所属と断定することには躊躇してしまいます。


Re: YS-11 Part.8 Name:THUD Date:2014/10/08(Wed) 12:26 No.12263
広江さんに続き私もコーヒーブレイク画像で、というか文字通りBreakしちゃってますが(笑)
以前にも紹介した年に何度か公開される所沢航空発祥記念館の格納庫(後方がそうです)公開時(2013年11月14日)に撮影したエア・ニッポン(JA8727)の輪切り状態にされた前部胴体です。JA8727は2000年2月に丘珠空港でオーバーラン事故を起こし、その後登録を抹消され胴体部分(前、後部を輪切り)が航空宇宙技術研究所で落下衝撃試験に使用されました。そして現在所沢航空発祥記念館に保管されています。
>飛行浪人さん
やはり展示姿は見当たりませんでしたか。どこかの空港から関係者でも乗せて来たのではないかなぁ、と想像しています。


Re: YS-11 Part.8 Name:PAPPY Date:2014/10/08(Wed) 13:33 No.12264
広江さん、皆さんこんにちは。
THUDさんに続いて私もコーヒーブレイク、厚木R/W01で離陸待ちをしている機体と着陸機を一緒に撮ろうと狙ったものです。
2013年2月5日着陸する 61空 YS-11M 9041 で離陸待ちはVFA-102 F/A-18 と NIPPI でFCFに向かう空自YS-11P
02-1158 で海自と空自のYS-11が一緒に写り込むのは珍しいかなと思います。


Re: YS-11 Part.8 Name:T.H Date:2014/10/08(Wed) 15:15 No.12265
午前中 YS−11を 撮りに 入間へ行って来ました。Part.1 最初の投稿よりも更に フ フ フ フレッシュ♪ なYS-11です(笑)
今日の午前、入間では YS-11FC 52-1151 と YS-11EA 12-1162 の2機がフライトを実施。 EAは2時間弱のローカルで1発降り。FCも2時間弱のローカルでしたが、こちらは複数回のT/Gを実施したので、R/W17 End の白ペイント照り返しを利用して機首アップを何度か撮影。これが今朝のBest機首アップです。
ちょうど No.12262で A-330さんが本日紹介されている↑画像の左下、地元では『雛壇』と呼ばれている 17AMの撮影ポイントです。今は植樹された木々が生い茂り、背景にはマンションが色々写り込んだりと 42年の歳月で景色の変わり様には驚きますネ〜

2014年10月8日 IRUMA AB  YS-11FC  52-1151 R/W17 飛行点検隊


Re: YS-11 Part.8 Name:航空反省官 Date:2014/10/08(Wed) 17:07 No.12266
広江さん、皆さん今日は、初投稿です。ハンドルネームから正体はばれてると思います。定年退職後、一度倒産して復活した(と思われる?)J社に再就職した際に購入したスキャナーをようやく使い始めました。手始めとして、既に紹介されていますが、現在羽田にて保管中と思われる航空局飛行点検機JA8610を以下のエピソードと共に投稿します。1986年7月、那覇のRWY36からの離陸を滑走路中央付近東側の高い場所からの撮影です。

この機体は用廃が決まった時点で、航空局から空自へ部品取用として無償で譲渡されることが決まりかけていましたが、以下のようないきさつでご破算となったそうです。
航空局:「それでは当方のパイロットがフェリーしますが、いつがよいでしょうか」
空自:「それでは予算上の定数を超えてしまうのでそれは困ります。解体し、部品として陸送して下さい」
航空局:「そのためには数百万円の経費が必要ですが、そちらで予算措置していただけますか」
空自:「ーーーーー」


Re: YS-11 Part.8 Name:geta-o Date:2014/10/08(Wed) 18:05 No.12267
広江さん、みなさんこんばんは
今日は昨日のVASPの影に広江さんが見つけたクルゼイロのYS-11A-202(PP-CTE c/n 2054)(今日紹介の機体は別の機体です)。これ以前のクルゼイロ向けの機体はJAナンバーで登録し無塗装(#12125のJA8683は上部にTOKIO—-の文字がありますがそれ以前は全く塗装なし)で輸出されましたがこのPP-CTEからブラジル籍で登録され塗装は胴体上部の文字を除き実施されました。尾翼には名前(Cruzeiro)にちなんで南十字星が書かれています。
このころマニアはそれほど多くなかったと思います。
1968/2/11 羽田整備場地区


Re: YS-11 Part.8 Name:TAKADA TENNTEKI Date:2014/10/08(Wed) 19:58 No.12269
 広江さん、皆さんこんばんは。今日から2号機、No.12109で紹介したJA8612に戻ります。TYさんからの頂きものが続きます。1963年4月小牧エプロンのJA8612で、垂直尾翼に毛糸を貼ってテスト中の様子です。写真では分り難いですが垂直尾翼の毛糸が見て取れます。この年の8月頃まで主翼、後部胴体にも取付が見られたようです。

Re: YS-11 Part.8 Name:Gulf4 Date:2014/10/08(Wed) 20:22 No.12270
鹿児島空港をベースとして運航していた、日本エアコミューターの旧塗装が紹介されていませんね。
主に鹿児島県の離島を結んで飛んでいたので、意外と撮るチャンスがなかった可能性もあります。
1990年11月26日、鹿児島空港で撮影した日本エアコミューターのYS-11A(JA8788/製造番号2176)。


Re: YS-11 Part.8 Name:飛行浪人 Date:2014/10/08(Wed) 20:29 No.12271
>広江さん、皆さんこんばんは。
南西航空を続けます。1978年7月4日、嘉手納遠征中でしたが独立記念日でフライトは無しと判断して石垣島へ転戦しました。勿論往復はYSー11でしたが、記録は残っていません。(涙)
この時今国会で話題になっているウチワの様な物(笑)が座席のポケットに入っていて、流石に南国だなーと感心したのを覚えています。
石垣空港ターミナル屋上の送迎デッキから撮りましたが、新空港開港前に再度訪問した際には屋上は閉鎖されていました。JA8794、ふくぎです。手前のひるぎはおまけ、当時の南西航空のYSー11には樹木の名前、DHCー6には鳥の名前が書いてありましたが、新塗装に変更された際は消されてしまい残念です。

>A330さん、お役にたてなくて残念です。サロンパスさんに連絡がとれれば当時の状況が判明すると思います。
>航空反省官さん、勿論バレバレですよ。(笑)これからも秘蔵の画像を放出して下さいね。
>Gulf4さん、DOC.Kさん、JA8821は通常のYSー11に比べると座席数が8席少ない56席だった様に記憶しています。前方貨物室が容積が少なく中途半端で使い勝手が良くなかったのか熊本の訓練所で訓練に使われることが多かった様です。なお地上での作業中はテイルスタンドを付けていた様にも記憶していますがはっきりしません。


Re: YS-11 Part.8 Name:N.SUZUKI Date:2014/10/08(Wed) 21:13 No.12272
広江さん 皆さんこんばんは
 JA8682 YS-11 (c/n 2043)  TOKIO—RIO DE JANEIRO NAMCO
 日航製の機体で、ブラジルへフェリーするため、羽田で準備中の1967年9月の撮影です。(JA登録67.8.28)。No12125のgeta-oさん紹介のJA8683の前号機です。
 この後、2年間クルゼイロ(PP-CTC )及びVASP(PP-SMX)でリース後、69年6月リースバック、帰国しJA8682として再登録されています。
 その後、69.7.25 KAL(HL5208)へリースされましたが、69.12.11ソウル近郊でハイジャックされ、北朝鮮の飛行場へ強制着陸した数奇な運命の機体でした。


Re: YS-11 Part.8 Name:Seagull Date:2014/10/08(Wed) 21:14 No.12273
広江さん、皆さんこんばんは。
1989年5月28日 美保基地航空祭に展示されました地元第403飛行隊のYS-11PC(82-1155)
岩国から美保基地まで当時片道4時間(高速/山陽道-中国道・一般国道)の道のりでした。
垂直尾翼のマークは「桜に3」となっています。


Re: YS-11 Part.8 Name:にがうり Date:2014/10/08(Wed) 22:06 No.12274
広江さん、皆さん こんばんは
私からも民間機コーヒーブレイクで今は成田航空科学博物館倉庫に眠るJA8711の機首部スケルトンです。この機体は昔の運輸省航空大学訓練機→飛行点検機→登録抹消後、喫茶店→成田航空科学博物館と流転して機首部の外販を剥がしたスケルトン展示機になったものです。


Re: YS-11 Part.8 Name:sugair Date:2014/10/08(Wed) 23:12 No.12276
広江さん、皆さん こんばんわ。

YS-11のSterway格納途中の写真です、上中下と3分割で折畳まれて行く様子です。Sterwayが上りきるとDoorが閉まりました。
YS-11A cn2084 JA8709 JCAB 2006年9月21日 CTS


Re: YS-11 Part.8 Name:TROUT Date:2014/10/08(Wed) 23:15 No.12277
広江さん、皆さんこんばんは。また少し出てきました。74年3月、羽田で撮影した東亜国内航空 JA8781です。この時は純粋に羽田撮影が目的だったようです。当時の羽田は機体も航空会社も多種で旅客機の宝石箱や〜でしたね(^O^)

Re: YS-11 Part.8 Name:うみ太郎 Date:2014/10/09(Thu) 00:48 No.12278
前回と同じ機体ですが、引退前に「ありがとう YS-11」の文字が入りました。
Nエリアは皆さんご存知と思いますが、読売新聞脇から見て目の前にいつもYS置いてあったのですが、いつ行ってもスターボードサイド側でなかなか見る事が出来ません。前回書きましたが動いてるのも滅多に見れないので何回か覗きに行ってやっと撮る事が出来ました。会社帰りなので夜景です。

2010年8月19日 羽田空港 YS-11A JA8701 ”ブルーイレブン”


Re: YS-11 Part.8 Name:Stranger Date:2014/10/09(Thu) 01:14 No.12279
広江さん、皆さん、こんばんは。
私もコーヒーブレイク。
2008年9月21日に開催された「米子空港まつり」にて撮影致しました403sq所属のYS-11P 02-1158 機内後部の写真です。
旅客仕様とは異なり、座席上部の荷物棚は折り畳み可能な網棚、エアコンの送風パイプは剥き出し、そして大型貨物扉、如何にも輸送機って感じです。
因みに大型貨物扉中央部に付いてます小型扉から物料投下が出来るそうです。


Re: YS-11 Part.8 Name:Takafumi HIROE Date:2014/10/09(Thu) 07:27 No.12280
>ELINT人さん
私が入間基地航空祭に行ったのは1993年(?)が最後ですが、その時もYS-11FCが2機飛んだような???。
その画像が見つかりませんが、航空祭以外でも2機でオーバーヘッドするシーンを見たことがあります。
紹介のような2機あるいは2機以上の編隊飛行シーンは珍しいのかもしれませんね。
「LLZ」が何かと調べたら「Localiser」のことですね。勉強になりました。

>ETさん
紹介画像の背景は私にも記憶があります。撮影画像を探せば背景にYS-11が写っているかもしれませんね。
当時の航空局は6機のYS-11を運用していたと思うのですが、3機はお出かけまたは整備中ですかね。
厚木NIPPIでのYS-11の整備状況をこれまでにも話題にしてきましたが、航空局のYS-11は見たことがありません。
当時の航空局のYS-11は名古屋で整備していたのでしょうかね。

>A-330さん
下面が銀ピカ時代のYS-11は綺麗ですねぇ〜。
日付と空自YS-11の番号が順番どおり進んでいたのですネ(笑)。それは分りやすいです。
この後T.Hさんから左下に写る雛壇についてコメントされてますが、1972年当時はスッキリしてますね。
何やら人影が見えますが、マニアですかね。しかし、この光の当たり具合では完全に逆光なのに・・・。
追伸.
輸送航空団の飛行隊が特定できないのは今回のYS-11では仕方のないことです。全く気にしないで下さいネ。 

>THUDさん
文字通りBreak・・・(笑)
後方に写る格納庫は不定期で公開されるのですか。何か面白そうなモノはありそうかな???。
私の頭の中では、所沢航空発祥記念館のJA8732とJA8727がごっちゃになってました。
JA8727はBBS IIでは未紹介だったのですね。と言うことは・・・(謎)

>PAPPYさん
多種の日米のヒコーキを写り込むことのできる厚木基地ならではのシーンですネ。
現在YS-11が駐留している基地は、美保基地、入間基地、厚木基地の三箇所になってしまいましたが、
間もなく厚木基地61空からYS-11M/M-Aが姿を消すことになると思います。
今は何気なく感じる紹介画像ですが、将来、貴重さが増すことは間違いないでしょう。
追伸.
Gallery化では、ちゃんと2機とも組み込みましたよ(笑)

>T.Hさん
Part.1より約10時間ほど(?)短縮された超フレッシュ画像ですネ。それも今旬な空自60周年ロゴマーク入り。
仕入れのための展開(?)ありがとうございます。バイクも今が一番快適な季節にもなりましたしね。
今回の話題で私は1980年代の雛壇から撮影したYS-11画像もありましたが、スッキリしない背景です。
今は、更にマンションなどの建物も加わり、ヒコーキ写真としてはかなり好ましくなさそうですね。
しかし長い年月を経ると、そのうるささが貴重と感じるようになるのが写真の不思議なところでしょう。

>航空反省官さん
はじめまして(笑)、ようやくスキャンを始められたようですね。今後の楽しみが増えました。
最初の画像は、機体自体は皆さんから紹介されてますが、そのようなことは気にしないて下さい。
アングルは新鮮に映りますし、エピソードも大変に面白く読ませていただきました。
部品取り用の「無償」というのを、受け手側は呆れてしまうほどの勘違いをされてますね。
当人達が気づかないのが不思議。込み込みで無償なら、私だって貰い受けたいですヨ(笑)

>geta-oさん
タイトルなどの一部が抜けているとはいえ、輸出先のレジ姿が、やはり見てしっくりきます。
これでモヤモヤ感なしにGallery化ができます(笑)
「Cruzeiro do Sul」はポルトガル語の南十字星のことなのですね。
当時としては、シックなセンスの良いデザインと感じます。

>TAKADA TENNTEKIさん
今日から2号機 JA8612の紹介がスタートですネ。どのような変遷が拝見できるのか楽しみです。
撮影時期が不明の場合は、記事番号で並び順を指摘下さい。
垂直尾翼や後部胴体および主翼などの各所に取り付けられた毛糸は、
操縦性の安定性向上のための測定、あるいは小改造後のチェック用ですかね。
私の体験した左右の横滑りは、やはり機体特有の癖だったのかなぁ〜。

>Gulf4さん
今回は『何を今さら』を通り越して、皆さんから怒られるか呆れられるかを覚悟して白状します(^_^;
紹介の日本エアコミューターの旧塗装は全く知りませんでした。
仕事が忙しくなり軍民問わず一時的にヒコーキ撮影から遠ざかった時期があるのですが、
その頃は、仕事でヒコーキでの移動が多く、各地の空港には行っていたのですが、
この塗装を見かけた記憶すらありません。いや本当に驚いてます。
採用された期間は短かったのでしょうか。

>飛行浪人さん
石垣空港ターミナル屋上からは機体が真横から撮れるのですネ。この駐機方法は他にも多かったのかな。
スポットには自力で出入りする運用方法なのでしょうかね。
飛行浪人さんのYS-11に対する知識と記憶力には脱帽です。ウチワの様な物の記憶はタイムリーです(笑)
しかしその分、搭乗記録を残さなかったのは、ご自身でも残念でならないと思います。

>N.SUZUKIさん
geta-oさんNo.12125紹介JA8683/PP-CTD (c/n 2044)の前号機JA8682/PP-CTC (c/n 2043)の紹介ですネ。
気になって調べたら、JA8680/PP-CTA (c/n 2041)、JA8681/PP-CTB (c/n 2042)と続いてますね。
PP-CTE以降はYS-11Aですが、レジの順番の途中でVASPが入ってるので機数は数えませんでした。

>Seagulさん
第403飛行隊の「桜に3」のマークは初紹介です。
私がNo.12215で紹介した「2を象った鷲」の第402飛行隊のマーク同様、約10年ほどの使用期間だと思います。
Seagullさんお住まいの岩国から美保基地までは意外と距離もあり時間がかかるのですね。

>にがうりさん
機首レドームが、かろうじて元航空局飛行点検機と分ります。
さて、コーヒーブレイク画像とはいえ、撮影日は必ず補足下さい。流転の旅の機体なら、なおさら必要です。
何度となくお願いしてますが、Gallery化の途中経過を見てご理解下さい。

>sugairさん
折りたたみ途中では結構かさばるようにも見えるのですが、完全に収納すると意外とコンパクトらしい・・・。
私も、ここから搭乗したことがあるのですが、格納後にその様子を確認すれば良かったのですが、
あちこち機内をうろついていて、そこまで気が回りませんでした。
また搭乗できる機会があればイイのですが・・・。

>TROUTさん
純粋に羽田に行かれたのは数えるほどでしょうか・・・。まさか片手?(笑)
航空会社が吸収合併され塗装も共通化された一時期は羽田に行く気が起きませんでしたが、
このところ新たな航空会社やLCCなども加わりカラフルで楽しい羽田になりましたネ。
特に国際線も日中でも撮れるようになったのは楽しさ倍増です。
しかし、D滑走路の運用が始まってからは、外撮りでの成果が半減。
ターミナルに行く習慣のない私は、再び羽田が遠のいてしまいました。

>うみ太郎さん
夜景と分るのに少々時間を要しました。
白い機体の多い民間機は、夜景が撮り易そうで意外と白飛びに注意が必要と聞いたことがあるような・・・。
私は三脚を空母の上に忘れてきて以来、夜景を撮影から遠のいてます。
仕事帰りを含めて夜景を撮る機会の多いうみ太郎さんに同行し、そのテクニックを少し盗みたいものです(笑)

>Strangerさん
旅客仕様とは異なるこの雰囲気に乗るのが、またイイのですよねぇ〜(笑)
細かい部分は覚えてませんが、海自のYS-11M/M-Aの機内後部も、このような雰囲気だったと思います。
やはり目立つのは貨物扉ですよね。これだけ見ると本当に輸送機という雰囲気です。





YS-11 Part.7 Name:Takafumi HIROE Date:2014/10/07(Tue) 07:31 No.12236   
海自(YS-11M, YS-11T-A)、空自、海保と続けた1号機シリーズですが、もう1機残ってました。
既に紹介されてますが、航空局で採用されたYS-11 1号機 JA8610、1982年11月18日、名古屋(小牧)にて撮影。

厚木基地の飛行検査は空自YS-11またはU-125が行うため、私には航空局のYS-11は縁のないヒコーキでしたが、
小牧基地に撮影に出かけたこの日、偶然、撮影することができ喜んでいたところ、
午前中から午後にかけて延々とフライトチェックを行い、途中で飽きて撮らずに見上げる贅沢さでした(笑)
後部胴体JAレジの下に確認できるのは航空局YS-11独自の装備のAPU排気口だと思います。

Re: YS-11 Part.7 Name:T.H Date:2014/10/07(Tue) 07:44 No.12237
今回の YS-11 第2回開催 では 意外な事にまだ出ていないので 昨日 台風が通り過ぎる間にポジを捜索 &Scan してみました。
空自40周年記念塗装なので、もう20年前に成りますが やはり百里基地での記念イベント(航空観閲式?)が開催された時に撮影したものなので たぶん広江さんんも近くにいらっしゃっただろうと思います。
40周年記念の年は、やたらと派手・賑やか・鏡文字 等 ??な塗装が多く 本当にセンスを疑ってしまう物が色々な機種で写っています(苦笑)


1994年10月1日 百里基地 YS-11P 02-1159 第402飛行隊


Re: YS-11 Part.7 Name:A-330 Date:2014/10/07(Tue) 09:11 No.12238
広江さん、皆さんおはようございます。

航空自衛隊YS-11を日付と同じに紹介すると、10月13日までかかってしまいますね。
Part.14まで進めて頂いたとしても、未紹介機(といっても尾翼マーク違いですが)や、お気に入りショットをUPできるチャンスは多くはないようです。

今日は7日ですので空自7号機を。
YS-11C 92-1157 飛行隊不明 1970年頃百里

>広江さん
>飛行浪人さん
Strangerさんからのご教示のおかげで、当時のYS-11尾翼マークは「青地に白の桜」は第401飛行隊と第402飛行隊で、「赤地に白の桜」は教育飛行隊と確認されました。
私は「赤字に白の桜」を見た(撮影した)記憶がありませんので、紹介したNo.12193の#155は教育飛行隊を除く部隊となります。残念ながらペガサスインシグニアは機体左側のため飛行隊特定までたどりつけませんでした。m(__)m
今日紹介の#157については、ドアにはペガサスが書き込まれていませんので402飛行隊ではないかと推察されます。
写真に「飛行群」と書かれた識別帽をかぶった乗員が2名写っています。
飛行浪人さんから、当時の入間402飛行隊識別帽情報を頂けたらビンゴなのですが(^_^;


Re: YS-11 Part.7 Name:PAPPY Date:2014/10/07(Tue) 10:25 No.12239
広江さん、皆さんおはようございます。
空自の159はレインボウカラーのものしかまだ出ていないのでノーマル塗装を一枚。
1972年8月28日千歳基地に着陸する YS-11P 02-1159 (s/n2151)ですが桜マークの地色が分からず所属部隊不明です。
YSは妻の実家の秋田に行く時によく乗りましたが、席は前から3,4番目のペラのちょっと前がお気に入りでした。音は多少うるさかった気がしますが振動はこんなものかなぁの印象です。搭乗機も写真を撮っていました。
最近帰省する時は車が多くなり、2日間くらい自分だけ抜け出して三沢に遠征に出かけるのを楽しみに妻に付き合っています。


Re: YS-11 Part.7 Name:Det.H Date:2014/10/07(Tue) 10:30 No.12240
広江さん 皆さん おはようございます
きょうの東京は台風一過、秋らしいすばらしい天気になりましたね

>広江さん
望んでいた機体の紹介がおまけで撮っていた不束者で失礼しました (笑)
この時のNASNは過去BBSUで紹介したマリンコのA-4,EA-6,RF-4等で大賑わいだったので・・・・・(^^;

きょうも昨日と同じ時に撮っていたSWAL “そてつ“です もともと撮った記憶すら無かったので、なぜポートサイド側が撮れていたのかは??? 
これで私の民航YSは撃ち止めです 


Re: YS-11 Part.7 Name:geta-o Date:2014/10/07(Tue) 12:33 No.12241
広江さん、みなさんこんにちは。
YAも大分佳境に入ってきたようですが私は南米向け輸出機続けます。
今日は今は運航を停止し破産したVASP(Viação Aérea São Paulo)のYS-11-A211(JA8692 後PP-SMI c/n 2059)
この機体は1972/4/12にブラジルで墜落したようです。
1968/5/1羽田整備場地区


Re: YS-11 Part.7 Name:Cranberry01 Date:2014/10/07(Tue) 16:38 No.12242
広江さん、皆さん、こんにちは。

>N.SUZUKIさん、日本航空YS-11についての補足説明ありがとうございました。ご説明の様に、書類上と実際の運用とが非常に複雑で、簡単に記述したつもりでした。ドライ・リース、ウェット・リースやら共同運送、共同運航やら、何ともまあ複雑です。
運行委託、運送の委託、委託運送、などは一般には余り使用されていない言葉だと理解し、又、それらの運行に関わった全ての人達は日本航空の制服を着用していたので、あえてあの様に記述しました。
お役所と航空会社の複雑さは理解に苦しむところで、ややこしい事は省略させて頂いた次第です。
このあたりの表現には難しさを感じます。

航空局のYS-11(JA-8700)、1967年8月。




Re: YS-11 Part.7 Name:にがうり Date:2014/10/07(Tue) 18:01 No.12243
広江さん、皆さん こんにちは
遅まきながらYS-11NT(92-1156)機体上部のADFとセンス・アンテナがよく見えるショットです。当時NT装備の内容をよく知らない私は通常,機体下部にあるADFとセンス・アンテナが機体上部にもあるのでハテ?なぜ?と思いながら撮ったもので2005.8.6 千歳基地航空祭です。それと61空は少ない機数でよく頑張ってます。早いC-130R 配備が望まれますね。


Re: YS-11 Part.7 Name:waka Date:2014/10/07(Tue) 18:44 No.12244
広江さん、皆さんこんばんは。
昨日に続いて、翌日の1971年3月19日に名古屋空港(小牧)で撮影したギリシャのOlympic Airways向けのYS-11A-500 SX-BBQ (c/n 2155)です。
きれいな紺色の胴体の帯と尾翼になぜか6つの輪を描いています。少し退色しているポジフィルムがありましたがレジがすべて写っているモノクロを選びました。
資料によると1972年10月21日に海上に墜落する事故を起こし失われています。


Re: YS-11 Part.7 Name:THUD Date:2014/10/07(Tue) 19:03 No.12245
1968年10月入間で開催されていた東京航空宇宙ショーの会場を後にする全日空のJA8668「オリンピア」。
しかし、この機体が展示されていた記憶が全く無く、他のコマで背景にでも写ってないかと捜してみましたがありませんでした。私のおぼろげな記憶を探ってみたのですが会場とは反対側に置かれていたような・・・記憶違いかな?


Re: YS-11 Part.7 Name:ET Date:2014/10/07(Tue) 19:37 No.12246
広江さん、皆さん、こんばんは、
機体全面白+機首&垂直尾翼が蛍光オレンジ塗装のJA8610です。No.12227と同じ1992年8月14日京浜島からの撮影です。
私が撮った航空局のYS-11の塗装は3種類しかなく、残念ながらNo.12188のTroutさんが投稿された塗装の機体にはお目にかかれませんでした。この塗装はどのくらいの期間存在したものなのでしょうか。どなたか航空局のYSの塗装の変遷に関してご教示頂ければ幸いです。


Re: YS-11 Part.7 Name:TAKADA TENNTEKI Date:2014/10/07(Tue) 19:44 No.12247
 広江さん、皆さんこんばんは。JA8714 の最後で1969年4月小牧です。TYさんの頂きものですがHL5206としてKALの塗装に変わり、間もなく引渡しと言うところだと思います。
 広江さん失礼しました。Part.5のレスを拝見し、Galleryの表示順も適正だったのでそのままにしておりました。今日のKAL塗装が最後になると思っております。工場出荷前と思いますので・・・・。
質問です。今回は大繁盛でフォローが大変だと思いますが、今後の予定を教えていただけませんか。小牧優先でやってますが今後何枚投稿できるかによって作戦を立ててみようと思ってます。


Re: YS-11 Part.7 Name:Gulf4 Date:2014/10/07(Tue) 21:26 No.12248
最初にNo.12232でStrangerさんから、「赤地に桜」の部隊名に関する回答ありがとうございました。
築城という撮影場所から、地理的に近い美保の所属と思っていましたが、自信がありませんでした。

さて、今日は1979年5月12日、大阪国際空港(伊丹)で撮ったYS-11A(JA8821/製造番号2128)。
コートジボアールのAir Afrique(TU-LPJ)とAir Ivorie(TU-TIE)で使われた機体を全日空が購入しました。
Air Ivorieの塗装を残して、タイトルなどを消した状態でフェリーされています。
全日空の当時に乗りましたが、ステアーが後方にあるため、乗る時は前方席から、降機時は後方席から順番に
そんなアナウンスがあったと思います。



Re: YS-11 Part.7 Name:飛行浪人 Date:2014/10/07(Tue) 22:03 No.12249
>広江さん、皆さんこんばんは。
今日は久しぶりに飛行場へ出かけました。
Det.Hさんが撮った場所を思い出せる画像を用意しました、JA8778です。
1973年8月27日の那覇、18のエンド、滑走路の東側です。当時の那覇は瀬長島は弾薬庫だったので瀬長島への道路は途中までしかいけませんでした。従って左側は18の着陸しか撮れませんでした。
>Aー330さん、入間の402飛行隊は碓かグリーンの帽子に402と書いてあったと記憶しています。
飛行群の帽子は紺色で美保だった様に記憶していますが40年以上前なのではっきりしません。
ポジを再度確認してみます。
>THUDさん、1968年の入間は全日空のYSー11とJALのCV880が入間に来ています、私も着陸の画像はありますが、展示状態のは見当たりません。


Re: YS-11 Part.7 Name:DOC.K Date:2014/10/07(Tue) 22:09 No.12250
>広江さま、皆さま今晩は、今回は1980年頃熊本空港のR/W07にアプローチするJA8821で当時ここには全日空の訓練所があり日がな一日’エイトエイトツーワン’で飛んでいました、珍しく大雪の日で下面まで陽が回りました。

Re: YS-11 Part.7 Name:N.SUZUKI Date:2014/10/07(Tue) 22:26 No.12251
広江さん 皆さんこんばんは
1966年9月、羽田ターミナル前に並んだ日本国内航空のYS-11-100型 JA8643 (c/n 2007) 黒耀とJA8656 (c/n 2020) サファイアで、手前はYS-11の設計時の参考にしたとされているCV240 JA5125 陸中です。
 なお、JDAは、当初受領したYS-11は、初号機の「真珠」(JA8640)を初め、すべて宝石名を付けていましたが、68年7月に、すべて地名への名称変更を行い、「黒耀」は「ひだか」に、「サファイア」は「あかし」に変わっています。



Re: YS-11 Part.7 Name:Seagull Date:2014/10/07(Tue) 22:28 No.12252
広江さん、皆さん、こんばんは。
2010年2月12日 岩国基地R/W02から着陸する第205教育航空隊のYS-11T-A(6904)。
この撮影ポイントは滑走路対岸の門前町地区から撮影するものでデジカメの普及で「02下り」をする機体を湾岸道路から難なく撮れるようになった場所です。銀えん時代は、潮の干満を利用して「潮干狩り」ならぬ熊手をカメラに持ち替えて「02狩り」を長ぐつ履いて何回かチャレンジした覚えがあります。結果は(>_<)!

広江さん
205航、P-2Jが居ましたね。TBでした。ありがとうございました。


Re: YS-11 Part.7 Name:D-men Date:2014/10/07(Tue) 23:04 No.12253
広江さん、皆さん、こんばんは。

2007年7月26日に厚木で撮影した千歳航空基地のYS-11A(JA8782)「おじろ」です。
サハリンで大火傷の重症を負った少年を北海道まで搬送したのも同機です。以前テレビなど取り上げられていましたね。 2009年12月で退役し、その後は下総基地で部品取りになったようです。


Re: YS-11 Part.7 Name:Stranger Date:2014/10/07(Tue) 23:33 No.12254
広江さん、皆さん、こんばんは。
本日は2014年4月15日に美保で撮影致しました電子飛行測定隊のYS-11EB 82-1155です。
滑走路が2500mに延長した際に造られた防音土塁壁の上から撮影しました。
写真の機体上部コブは2個ですが、当初は1個だったと思います。


Re: YS-11 Part.7 Name:しか太郎 Date:2014/10/07(Tue) 23:43 No.12255
広江さん、皆さんこんばんは。
今年の5月25日海自大村航空祭での展示機だった9043のお帰りです。基地の対岸長崎空港からの撮影でかなりトリミングしています。まったりとしたローカル航空祭で時間はたっぷりあったのでこれで見納めと普段あまり撮らない細部写真をずいぶん撮りました。


Re: YS-11 Part.7 Name:怪鳥 Date:2014/10/07(Tue) 23:52 No.12256
広江さん、皆さん今晩は
何時もながら、皆さんの貴重な画像を楽しませて頂いてます。YSにこんな沢山のバリエーションがあったとは知りませんでした。
広江さんのオープニングと同じ海自61空の赤鼻YS−11M、9041で、1972年5月下総基地航空祭での撮影です。


Re: YS-11 Part.7 Name:うみ太郎 Date:2014/10/08(Wed) 00:03 No.12257
今回は羽田空港ベースのJA8701です。まだこの塗装の横からの画像が出ていなかったので1枚。
羽田に行けばかなりの確立で置いてあるのが見れた機体です。しかし動いてるのはほとんど撮ってませんでした。2011年1月20日に登録抹消されていますが、この画像を撮影したのが2009年12月なので約1年動いてるのを見ずに終了。海保YSの生きてる姿はこの時が最後になってしまいました。
広江さん>
ラストのキーワードには反応が大きいですね。マスコミが煽るのも問題ですがANA747の時は凄い事になってました。

2009年12月18日 羽田空港 YS-11A JA8701 ”ブルーイレブン” 早朝なので露出無く後ろがブレています。


Re: YS-11 Part.7 Name:Takafumi HIROE Date:2014/10/08(Wed) 08:07 No.12258
>T.Hさん
1994年の空自40周年記念塗装機の中には、呆れてしまうデザインが多かったですねぇ〜。
なんといっても私が一番嫌いなのは鏡文字、これはもう見たくもないです(笑)
中にはペガサスを胴体後部から垂直尾翼にかけて大書きした401SQのC-130Hはセンスの良い部類でしたネ。
しかし、この機体の右側を私は撮影してませんが、まさか・・・(笑)
その撮影の日は私も何処かに居ましたね。2日間行きましたが、天気が良くなく消化不良気味でした。

>A-330さん
「赤地に白の桜」は皆さん大発見ですよね。Gulf4さんとStrangerさんには感謝感謝ですね。
そのせいもあり、以降、モノクロ画像の垂直尾翼の桜のマークを見ると私は日の丸の明度と比べてしまいます(笑)
しかし紹介の#157は残念ながら飛行隊の表記はできませんね。

>PAPPYさん
なるほど〜、秋田に行く理由はそれでしたか。私が嫁さんの実家の山形に帰省するのと同じですネ。
更に、私は山越えで松島に行きますが、それもPAPPYさんと全く同じです(笑)
お互い、嫁さんよりもヒコーキとの付き合いの方が長いですからネ(笑)
紹介の#159も、残念ながらGallery化では飛行隊の表記ができません。

>Det.Hさん
おまけでSWALのYS-11が撮れるDet.Hさんが憎たらしい(笑)
まあ私の当時も同じようなものでしょう。私も今回の話題で撮影コマを捜索した結果ですから。
しかし、いつもながらこのような話題で当時と今の価値観の違いに悔しい思いをさせられてしまいます。

>geta-oさん
この頃は輸出向けのYS-11を多く見かけることができたのですね。
geta-oさんはもちろんのこと、当時としては多くのマニアが集まったのではないでしょうか。
なんせ撮影は輸出前の期間限定だったでしょぅから。
このBBS IIで「Viação Aérea São Paulo」が表示できるのですネ。別な発見です(笑)
ところで後ろに写る垂直尾翼は???、どことなく記憶があるような・・・。

>Cranberry01さん
紹介画像は、地上に写るB727とCV-880?に目が行ってしまいます。時代を捉えた貴重なショットです。
当時の運行はコメントされているだけでも複雑で私の頭では理解するのには、かなりの時間を要します。
つれない返事で失礼かとは思いますが、私は、または多くの方は外観重視ではないでしょうかね。
現在のリースでの運行も私はある程度は承知してます。しかし同様の理由で、あくまでも外観だけを捉えてます。

>にがうりさん
私もYS-11NTの存在を知るようになったのは最近のことです。
確かに目立つアンテナは見て撮って分ってはいましたが、それが何であるのかまでは考えてもいませんでした。
このYS-11NTの後継機は存在してませんが、#156の退役予定はいつ頃になるのでしょうかね。
退役後は、どうするのかが気になります。

>wakaさん
二日続けてYS-11輸出機が撮れるとはラッキーなのか、比較的多かったことなのか分りませんが、
当時の名古屋/小牧は多種多彩なヒコーキが撮れた魅力的な場所だったのですね。
しかし1971年当時の私は、米海軍機/米海兵隊機を追回していましたので、遠征する考えすらありませんでした。

>THUDさん
1968年10月の入間で開催された東京航空宇宙ショーでの撮影ですか・・・。
撮影されたTHUDさんでさえ、おぼろげな記憶とのことですから、私に記憶があるはずもありません。
まあしかし、このBBS IIでは何度も味わいましたが、もう驚かず悔しがらず後悔せず、と開き直ります(笑)

>ETさん
ETさんでさえTROUTさんNo.12188紹介の塗装デザインを見たことがありませんでしたか。
No.12188紹介の塗装デザインの使用時期は、最終形のデザインがさかのぼって紹介されていけば、
ある程度の絞込みはできそうな気がしますが、皆さんの協力が必要不可欠ともなりますね。

>TAKADA TENNTEKIさん
失礼いたしました。JA8714はGallery化の途中経過の並び順で、今のところはOKですね。
今回のKAL塗装が、今のところはJA8714の最後の姿と思われるのですネ。
1機の変遷を捉えることのできる貴重な紹介に感謝いたします。
現段階では最終章の目安が立ちません。しかし最長でも集中力の限界を感じるPart.14で終えます。
その場合、次のPart.8から最終章まだに紹介できる画像は、MAXで11コマとなります。

>Gulf4さん
またまた変り種の紹介ですね。YS-11の奥の深さ(何を今さら笑い)に痛感し追回されます(笑)
これまでには輸出前の姿が紹介されてましたが、今度は逆輸入後の姿。
Gallery化では機体に書かれるJAレジ順としてますが、どことなく違和感を持ちながら作業してます。
限られたスペース(文字数)のため、仕方ないのかな、とは思ってますが・・・。

>飛行浪人さん
さすが沖縄によく行かれる皆さんだけあって、南西航空機が続々と紹介されますね。
撮影当時の瀬長島は、撮影条件が限られるようですが、それでも隙を突いたアングルが有るとか無いとか(^_^;
まあ噂だけで、私は実際にその画像を見たことはありませんが・・・。
1968年10月の入間で開催された東京航空宇宙ショーにはCV-880も来てますか。
民間機も華やかに展示された「航空宇宙ショー」らしい光景だったでしょうね。

>DOC.Kさん
直前のGulf4さんNo.12248紹介の、その後の姿ではないですか。
Air Ivoireから逆輸入し1979年4月にフェリーされ、その直後の姿をGulf4さんが紹介されてます。
DOC.Kさんの撮影は全日空塗装が施され、乗員あるいは機体のテストフライトも兼ねていたのかな???。
数が多いので見るのは大変だとは思いますが、さらっとでも皆さんの画像とコメントに目を通して下さいね。
DOC.Kさんのコメントにも幅が広がると思いますので。

>N.SUZUKIさん
一瞬『えっ?』と思いましたが、一番手前はCV-240で納得(笑)
JDAが当初は宝石名を機首に書き入れていたとは全く知りませんでした。
しかし『黒耀』と書かれても、私は(私だけ?(笑))ピン!ときません。地名の方が似合ってると感じます。

>Seagullさん
銀塩時代には想像すらできなかった02降りのショットですね。
しかし銀塩時代でも誰でも思いつき一度は試してみる02降りの撮影にチャレンジ。
噂では聞いたことがありましたが、長ぐつ履いての「02狩り」でしたか。
以前、岩国から厚木に撮影に来られた方々を私の車で01/19エンドをご案内し離着陸を撮影した時、
ある方の『両側で撮れるのは羨ましいけど、逆にどちらを撮るかの悩みともなる』の言葉が忘れられません。

>D-menさん
あらっ、JCGのJA8782は初紹介ですね。気づきませんでした。
これでレジ的にはJCG機のコンプリートですが、あとは塗装の変遷の解明の手がかりとなる紹介を待ちます。
サハリンで大火傷の重症を負った少年を北海道まで搬送したのは紹介のJA8782でしたか。
私もTVでは見ましたが機体の特定はノーチェックでした。

>Strangerさん
以前コメントされた場所からの撮影ですネ。
滑走路末端の白いストライプからの反射が得られそうですが、YS-11EBの迷彩では目立ちにくいかな。
私が2003年2月に撮影した#155は高い離陸のため、胴体中央上部のコブの有無が確認できません。
その後の撮影は2007年2月ですが、この時は既に紹介された画像と同じ上2下2でした。

>しか太郎さん
長崎空港から見た大村基地の風景ですネ。何となく私にも記憶があります。
コメントされてるように、これはかなり遠いですよね。
鉄道写真を撮られる方の風景シーンのようですが、見慣れぬ景色は魅力ありますね。

>怪鳥さん
1971年12月に61空がYS-11Mを運用開始した約半年後の姿ですね。
この頃は9042か9043が205空にいた可能性もあるので、ひょっとすると現在と同じ2機体制かもしれません。
この画像からも、現在まで61空のYS-11が飛んでいるのは、本当に長寿機だと感じますね。

>うみ太郎さん
羽田に行く回数の少ない私でさえ海保のYS-11の姿はよく見かけたと思います。
ただ動く姿に限ってみれば、私は一度だけ雨の降る日に見た(撮った)ことがあります。
それよりも、ここでも紹介されてますが私達は厚木NIPPIの整備関連で見かけることの方が多い機体でした。





YS-11 Part.6 Name:Takafumi HIROE Date:2014/10/06(Mon) 07:23 No.12215   
まだ何方からも第402飛行隊の旧マークの紹介がありませんので、
1号機シリーズの中で、いったんはボツにした空自#151を復活し紹介します。
第402飛行隊YS-11P 52-1151、1980年3月15日、入間基地にて撮影。

StrangerさんがNo.12203で詳細を記述されているように、
1978年3月の輸送航空団改編時に402SQで採用されたマークですが、10年ほどで現在のマークに変更されました。
ちょうど私が空自基地の外撮りが多かった頃とも重なり、私は↓のマークの方が馴染み深いです。
しかし考えてみれば、現在のマークは既に約25年も使用され続けているのですね。

Re: YS-11 Part.6 Name:T.H Date:2014/10/06(Mon) 07:35 No.12216
今朝は日本で最後まで民航運用された JAC = Japan Air Commuter のYS-11です。翌年9月末で引退が決まり 胴体に大きく惜別のメッセージが描かれたので、12月上旬に空自新田原航空祭と合わせて鹿児島空港へ YS-11を撮影に行き、正規ルートで取材許可を取り ランプでスポットインから撮影させて頂きました。 乗客がすっかり降りた後、ランプに駐機している姿です。
私にとっては、デジタルで撮影した数少ない民航のYS-11でもあります。

2005年12月9日 鹿児島空港 YS-11A-500  JA8717 Japan Air Commuter 


Re: YS-11 Part.6 Name:A-330 Date:2014/10/06(Mon) 08:46 No.12217
広江さん、皆さんおはようございます。

Strangerさんから、航空自衛隊YS-11運用について詳しく解説くださったおかげで、昨日紹介#155にて記述した部隊名は403sqではなく教育飛行隊が正しい表現だったと気付くことができました。Strangerさん有難うございます。
本文は加筆訂正させていただきました。

今日も引続き、航空自衛隊YS-11で6号機を。
#156といえば唯一のNTタイプとして知れ渡っていますが、飛行浪人さん紹介に続いてCタイプで活躍していた頃の姿です。
連日の俯角ショットでは食傷気味ではと思い、可能な限りのローアングルで(笑)

YS-11C 92-1156 401stTAS 1970年頃 百里
ペガサスインシグニアのおかげで401thTASと特定することができました。


Re: YS-11 Part.6 Name:Cranberry01 Date:2014/10/06(Mon) 09:29 No.12218
広江さん、皆さん、おはようございます。
関東地方はまもなく台風の暴風圏に入りそうですね。十分に注意しましょう。

航空大学校のYS-11(JA-8711)。1968年1月、福岡空港。
普通は見ているだけのYS-11でしたが、近くになって何か違いに気づいて、あわててカメラを向けました。殆ど情報の無い当時の事、ビックリしました。まさか?、航大でもYS-11を使用していました。(宮崎空港以外では殆ど目にすることは無かったようです。)
こんなにお金のかかる飛行機を訓練で飛ばせていたなんて。(宮崎空港では普通にT&Gをしていたそうです。)卒業までに訓練生にYS-11のratingを取らせていた様です。広江さんも海上保安庁のお金の使い方について記述されていますが、全く同感です。今も同様ですが国のすることには理解ができません。(私も辛口で、スミマセン。)


Re: YS-11 Part.6 Name:geta-o Date:2014/10/06(Mon) 14:00 No.12219
広江さん、みなさんこんにちは。
台風一過いい天気になりましたが皆さん今回の台風どうでしたか。私のところは特に何もありませんでした。
広江さん
ピ−ドモントのYS-11 JA8685は通算50号機(c/n 2050)です。この製造番号に含まれない地上試験機が2機(01,02)ありますがこれは飛びませんでした。YS-11Aは先日のレスでも書いたようにYS-11-100型の内部の諸装置を実績のある米国製等に変更し信頼性の向上したものです。この号機以降海自向けの#9042(c/n 2058)を除きYS-11Aとなりました。
今日も輸出機 ペルーのLANSA向けYS-11-120 OB-R-895(c/n 2040)
1967/6/25羽田整備場地区


Re: YS-11 Part.6 Name:sugair Date:2014/10/06(Mon) 14:16 No.12220
広江さん、皆さん こんにちわ。

久々の参加です。那覇空港taxi中の機内から撮った海保の那覇航空基地です。
外に駐機していたのはJA8780 LA780、ハンガーにもう1機のYS-11(JA8791?)とBeech200T(JA8811/8813?)2機が入っていて一応那覇基地の固定翼全機が写っています。
機首の愛称「しゅれい」は未だ書かれていません、91年5月から「しゅれい1号」となったようです。
1989年12月8日 YS-11A c/n2164 JA8780 十一管那覇航空基地所属


Re: YS-11 Part.6 Name:N.SUZUKI Date:2014/10/06(Mon) 14:42 No.12221

広江さん 皆さんこんにちは
 YS-11A-200 JA8717 (c/n 2092)「あそ」、1969.2.19に日本国内航空が受領、その直後の羽田整備場での撮影です。
 塗装から分かるように、日本航空が69.4.1から開始する福岡−釜山路線に使用するための、JAL塗装となっていますが、4月のJAL便が開始される前に、No.12199でCranberry01さんが紹介したように、機首に書かれていたJDAのマークは消され日本航空塗装となっています。
また、No12216でT.Hさんが紹介したJACが2006年9月のYS-11最終フライトまで使用した機体の製造時の姿です。
 念の為ですが、日本航空がYS-11を一定期間(1年間)等リースし、自社で運航していたことは無く、あくまでも、国際線のJALのみが運航可能であった福岡- 釜山線に使用するために、JDAとのウェットリース契約に基づき、機材、乗員、整備込みで、JDAに、当該路線を運航委託したものであって、最後に飛行していたJAC機としての使用形態(JAS、後にJALの所有機をJACへリース)とは明らかに異なります。
従って、当該機を当該路線以外の空いている時間帯にJDAが羽田で自社便に使用したり、また、以前からJALが運航していた夜間のオーロラ便やムーンライト便、夜間の郵便専用便、羽田-伊丹-福岡線等が、JALのDC-6が退役したためにJAD便になったこと等で、JDAは、YS-11を、これらの路線に使用していたと聞いています。
他社機をウェットチャーターして、自社の特定路線に使用することは良くあることですが、同様な例では、以前にJALのオーストラリア路線で自社機が足りず、QANTASの747をJAL塗装にしてウエットリ−スしていたことがありますが、JALでは使用したことがないEngineであり、機首にQANTAS名が記入され、JAL機とは扱わなかったと思います。


Re: YS-11 Part.6 Name:PAPPY Date:2014/10/06(Mon) 17:58 No.12222
広江さん、皆さんこんにちは。
東亜国内航空の赤緑塗装のカラーが出ていないので一枚。
1978年5月1日秋田市の海岸沿いにあった旧秋田空港に駐機する東亜国内航空の YS-11A JA8805 (c/n2055) いぶすきです。行きもYS-11でしたが搭乗機はこの機体ではなくANAのJA8761でYSはよく利用させてもらいました。


Re: YS-11 Part.6 Name:waka Date:2014/10/06(Mon) 18:09 No.12223
広江さん、皆さんこんばんは。
今日は、1971年3月18日に名古屋空港(小牧)で撮影したBouraq Indonesia AirlinesのYS-11A PK-IYS (c/n 2147)です。
YS-11の製造は、最終組み立てを三菱重工の小牧工場で行われたため、当時、名古屋空港では試験や整備のためのYS-11の飛行が頻繁に行われていました。ややポジフィルムが退色しているのか、尾翼・胴体の緑色はもっと鮮やかだったと記憶しています。


Re: YS-11 Part.6 Name:Gulf4 Date:2014/10/06(Mon) 19:14 No.12224
今日は予定を変更して航空自衛隊のYS-11です。No.12203でStrangerさんが書いている「赤地に桜」マークですね。
YS-11C(92-1157/製造番号2125)、1975年11月の築城基地航空祭での撮影で、残念ながら所属部隊は不明です。
もし色で所属部隊を識別しているのなら、どなたか部隊名を解説していただけると嬉しいです。
同じ機体がSeagullさんが1977年9月に撮ったNo.12139の時は「青地に桜」になっていますね。
この企画のお陰で、今まで何気なく保存していた古い画像が、疑問だらけになりました。


Re: YS-11 Part.6 Name:TAKADA TENNTEKI Date:2014/10/06(Mon) 20:11 No.12225
広江さん、皆様こんばんは。国際デモ機JA8714を続けます。TYさんからの頂きものです。デモから帰った後の1968年11月小牧ですが、こんなに緑っぽかったかな、と言う感じです。綺麗な写真ではありませんが色付きと言うことで・・・・。

Re: YS-11 Part.6 Name:ET Date:2014/10/06(Mon) 21:02 No.12227
広江さん、皆さん、こんばんは、
No.12218でCranberry01さんが出されたJA8711 (YS-11-115, c/n 2048)の航空局時代の姿で、1992年8月14日夏真っ盛りの京浜島での撮影です。航空大学校時代の写真は貴重ではないでしょうか。


Re: YS-11 Part.6 Name:ELINT人 Date:2014/10/06(Mon) 21:04 No.12228
広江さん、皆さん、こんにちは。
フィルム時代に、けっこう撮っていたと思ったのですが、そうでもなかったです。
2007年8月24日那覇空港で撮影した海保機です。那覇空港の展望デッキも、撮りにくくなり残念です。


Re: YS-11 Part.6 Name:飛行浪人 Date:2014/10/06(Mon) 21:12 No.12229
>広江さん、皆さんこんばんは。
今日も空自のYS、なかなか空自から抜け出せません。(笑)
1979年12月2日、新田原航空祭からのお帰り401飛行隊の12−1161、No.12213の空と鉄さんの27年前の姿です。デリバリーされたのが1971年5月、それから43年人生でいえば働き盛ですが、飛行機でいえば私と同じ高齢者の部に入ります、私も負けてはいられません。(笑)


Re: YS-11 Part.6 Name:Det.H Date:2014/10/06(Mon) 22:48 No.12230
広江さん 皆さん こんばんは

>広江さん
YSの乗り心地、そうですね もし今乗ったら心地好いかも、です ただあの頃は仕事の移動手段として乗っていたので楽しむと言うよりこのひこーき大丈夫かいな?という気持ちだったような(^^;

きょうは飛行浪人さんが空自機から抜け出せないうちにお先に撮った事を完全に忘れていたSWALの“ばしょう”です
飛行浪人さんに指摘して頂き、民航スライドファイルを見たら あら、ありましたね (笑)
沖縄返還後の73年4月に例の那覇海側で、星印と一緒におまけで撮っていました しかし、今となっては撮っていてよかった〜! ですね (^_^)V


Re: YS-11 Part.6 Name:D-men Date:2014/10/06(Mon) 22:58 No.12231
広江さん、皆さん、こんばんは。

航空局のYS-11A(JA8709)です。2007年2月27日羽田の航空局エリアで撮影。うみ太郎さんがNo.12212で紹介されている場所と同じスポットです。2006年12月で退役し、しばらくの間このエリアに駐機していたと記憶しています。 


Re: YS-11 Part.6 Name:Stranger Date:2014/10/06(Mon) 23:49 No.12232
広江さん、皆さん、こんばんは。

先ずはNo.12203に書き込み致しました空自YSの垂直尾翼マークの件での訂正です。
本日知人に確認致しましたら、「青地に白の桜」は第401飛行隊(1972年7月23日 美保から小牧に移動)と第402飛行隊(入間)で、「赤地に白の桜」は教育飛行隊(美保、現403飛行隊)でした。
No.12203の書き込みを訂正させて頂き、お詫び致します。

>A-330さん
初めまして。いつも貴重なお写真を拝見させて頂いて居ります。
此方こそお役に立てて光栄です。今後とも宜しくお願い致します。

>Gulf4さん
初めまして。いつも貴重なお写真を拝見させて頂いて居ります。
お写真の「赤地に桜」マークは、美保基地に所在してました輸送航空団の教育飛行隊が附けていたそうです。

本日は未出の海自YS-11を紹介します。
2006年11月27日 美保基地に飛来した下総航空基地 第205教育航空隊 YS-11T-A 6902 です。
美保基地にはYS-11のフライトシミュレーターがあるので、第205教育航空隊のYSはよく飛来してました。


Re: YS-11 Part.6 Name:うみ太郎 Date:2014/10/06(Mon) 23:49 No.12233
T.HさんのNo.12216の画像を見て羽田へのフェリーフライトの画像を引っ張り出しました。
JACの鹿児島での運行が9月末に終了し、翌日に羽田へフェリーされて来た時の画像です。
あいにくの天気でしたが、マニアは結構居た様な記憶があります。
2006年10月1日 15:20 羽田空港 R/W34L JA8766


Re: YS-11 Part.6 Name:にがうり Date:2014/10/07(Tue) 05:26 No.12234
広江さん、皆さん おはようございます。厚木ではよく見ていた9042ですが、鹿屋で厚木に帰投する姿には一種の仲間意識もあって思わず手を振りました。この9042もすでにリタイヤしてしまい寂しいものです。撮影は2012.4.30 エアメモリアル in かのやです。

Re: YS-11 Part.6 Name:Takafumi HIROE Date:2014/10/07(Tue) 07:29 No.12235
>T.Hさん
できる限り有効的な遠征をしようとのT.Hさんらしい事前のセッティングには、いつもながら脱帽です。
その甲斐あって紹介の好天下の機影を捉えられたのは、最高の成果として残るお宝画像でしょう。
もっとも、お宝画像は他にも沢山有るでしょうけど・・・(笑)
私はデジタルで撮影した民航YS-11は1枚もありません(^_^;

>A-330さん
可能な限りのローアングル・・・手前のエプロン(?)がボケボケで最高です!。
出発シーンですよね?。と言うことは、機内からA-330さんが丸見えと言うことにもなりますネ(笑)
教育飛行隊所属とGallery化で表記したいので、確証のある画像の紹介を期待したいところです。

>Cranberry01さん
航空大学校のYS-11の存在は知っていましたが、今回の話題の中で紹介されるかは期待薄でした。
宮崎空港を定置場として航空大学校のYS-11 2機は、1967年から実質的には5年に満たない活動期間でしょうか。
この条件下では撮影された方も少ないと思い、諦めかけていた中の紹介に感謝です。
お金がかかると言うことは、お金が流れていく所もあるわけで、その方面の必要性の意見もあるでしょう(笑)

>geta-oさん
「LANSA」も聞いたことはありますが、YS-11Aの画像として見るのは初めてです。
胴体に書かれる「Lineas Aereas Nacionales S.A.」の略が「LANSA」であることも同時に初めて知りました。
ピ−ドモントのYS-11 JA8685はYS-11Aですね。ありがとうございます。

>sugairさん
ご無沙汰です。「JSDF Jet Trainers」以来の参加ですネ。
実は私は海上保安庁機の塗装変更と「JCG」への変更の前後関係が分りませんでした。
しかしその不明部分が紹介の画像で解明できました。
胴体にはまだ「海上保安庁」と書かれてますので「JCG」以前に塗装変更がされていたのですね。
あとは、この塗装への変更時期が解明できれば、私の頭の中もクリアーになります。

>N.SUZUKIさん
JA8717の36年間の最初(製造直後)と終わり(引退直前)の姿が揃いましたね。
途中の日本国内航空の姿も紹介されてますので、後は東亜国内航空の姿が紹介されれば、
かなり大まかですが、JA8717の歴史の要所は捉えられることになりますかね。
画像の撮影は、残雪から1969年3月の2回の大雪直後のような気がします。

>PAPPYさん
お仕事の関係でしょうか、紹介の秋田に行かれるなどYS-11はよく利用されたとか・・・。
YS-11の乗り心地は、Det.Hさんと私とで感想が異なるのですが、PAPPYさんは如何でしたか?。
羽田⇒秋田便のANAのレジJA8761を記録されてますが、ひょっとして搭乗記録を付けられてるとか?。
私は、基本的に記録を残してます(笑)。ただし、何処かに埋もれてしまってますが(笑)

>wakaさん
皆さんから、またまた『何を今さら』と言われてしまいますが、私は紹介の航空会社を初めて知りました(^_^;
私は名古屋/小牧に通ったのは、1980年代のホンの数年間のみ。
もちろん紹介のようなYS-11に遭遇することもありませんでした。
これまてのBBS IIの紹介で感じてはいましたが、改めてwakaさんの守備範囲の広さを再認識しました。

>Gulf4さん
まず最初にお詫びです。SeagullさんNo.12139紹介は402nd TASです。私のタイプ(コピペ)ミスですm(_ _)m
「赤地に白の桜」は1978年3月までの美保基地の教育飛行隊のようです。
Gallery化の際、「Training Squadron」表記か「Tactical Airlift Training Squadron」表記かで悩んでます。

>TAKADA TENNTEKIさん
Part.5 No.12214のTAKADA TENNTEKIさんへのレスをお読み下さい。そして、ご指示をいただけますか?。
レスでは質問する場合がありますので、さらっとでも目を通していただけるようお願いいたします。

>ETさん
航空局YS-11の紹介は少ないのですが、機体塗装が4種類あるようです。
私は、この次のPart.7冒頭に航空局JA8610を紹介する予定ですが、塗装は下面銀+機首&垂直尾翼が蛍光オレンジ。
この後の塗装が、今回ETさん紹介の機体全面白+機首&垂直尾翼が蛍光オレンジ。
その次が、TROUTさんNo.12188紹介。
そして最後がtu-kaさんNo.12137紹介。
こんな感じでよろしいのでしょうか?。

>ELINT人さん
沖縄の夏の太陽と背景の青い海、白い機体の海保機が映えますねぇ〜。
私は那覇空港の展望デッキから撮影したことがありません。紹介は、今は撮れなくなった?、撮り難くなった?。
基地・空港周辺の撮影ポイントではなく、空港ターミナル展望デッキでも制限が加わるようになりましたか。

>飛行浪人さん
私も意外と複雑な空自YS-11に手こずってます。番号と型式で、さくっと終わると思ったのですが(^_^;
空自YS-11の歩みと飛行浪人さんのマニア活動は同時進行してません?(笑)
YS-11同様、まだまだ頑張らなくてはネ。私もかな?(笑)

>Det.Hさん
これです!。垂直尾翼が日本航空マークの南西航空機が拝見したかったのです。
しかし私が望んでいたのが『おまけで撮っていました』とは・・・。初紹介されたのも意外な方ですし(笑)
私も仕事や撮影の遠征への移動手段でヒコーキを使ってましたよ。
ただ単に遊びだけで乗るなんて、そんな余裕のある私ではありません。
一日で、東京−大阪−四国−九州−東京、と移動した日もありましたが、結構、疲れるんですよね。
移動時ぐらいは、仕事の合間の息抜きとしてヒコーキを楽しんでいた、という意味です。
『このひこーき大丈夫かいな?』と思って乗るのも楽しみの一つですヨ(笑)

>D-menさん
航空局の「おつかれさま YS-11」の何機かのこのような姿を私も撮ってました。
紹介のJA8709はNエリアに移動した姿を2009年4月に撮影してます。
紹介の付近ではJA8720も写ってますが、引退後の各機のその後はどうなったのでしょうね。

>Strangerさん
「青地に白の桜」は401と402、「赤地に白の桜」は教育飛行隊ですね。クリアーになりました。
最終章までに、空自YS-11の型式と部隊マークがコンプリートできる目標ができました。
ようやく紹介されたYS-11T-Aの6902です。
皆さんからこれだけ多くが紹介されても、不思議なことに未出機があるのですよね。
空自#159も、今回はまだ何方からも紹介されてません。

>うみ太郎さん
『ラスト』というキーワードに日本中が大騒ぎとなった時でしょうか・・・(^_^;
マスコミ各社も『日本の空からYS-11の姿が消えます』と騒いでいたのを、呆れて見てました。
ほぼ同時にデビューしたYS-11と新幹線は、日本人にとって特別な存在なのかもしれませんね。

>にがうりさん
9042の引退時期(月日)を私は記録し忘れた、というより気づいたら引退してました。
年度末であるならば、今年3月末(?)なのですが、全く確証はありません。
先のレスにも書きましたが、頑張っている61空に、何か栄誉ある賞でも与えられないのですかね。
現在の61空は、本当に大変だと思います。あともう少しです、頑張れ!。

>albatross2さん
私個人への補足のためにレスをするのではなく、該当記事の中に補足の追記をお願いいたします。
あちこちを見ずに済むように、できる限り一つの記事を見て完結するのが見る側には良いかと思います。





YS-11 Part.5 Name:Takafumi HIROE Date:2014/10/05(Sun) 06:27 No.12190   
A-330さんNo.12173コメント、飛行浪人さんNo.12182画像紹介、の「青地に白の桜」のマーク。
これは輸送航空団のマークですので、写真からだけでは飛行隊は特定できません。
↓は取材申請で基地内に入った際に撮影したYS-11C 12-1163。
エスコートの方から『入間基地に駐留する部隊の所属』と聞いた記憶から第402飛行隊と判断してます。
この#163は後にYS-11Eに改造され、そして更にYS-11EAとなり、それぞれ皆さんから紹介されてますので、
#163の型式としては、YS-11C → YS-11E → YS-11EA が揃いました。

Re: YS-11 Part.5 Name:T.H Date:2014/10/05(Sun) 07:05 No.12191
今年始めに厚木基地隣接のNIPPIでの整備明けFCFから夕方戻って来たYS-11EBです。記録によれば10:35に離陸し15:54 L となっているので5時間強のフライト時間。YS-11の整備明けにはチェック項目が沢山有るのでしょうか。それとも八丈島付近迄の往復に時間を要するから飛行時間が長く成るだけ?
電子飛行測定隊(EB)、電子戦支援隊(EA)はグレイ迷彩になってからマークを書かなくなってしまったので、整備明けフライトでも、入間で普段撮っても同じ外見なので勝手知ったる厚木エンドだったので、入間では狙わないアングルから着陸を撮ってみました。
迷彩に成ってからの EB 4機の写真を見比べて見た所、この#157はコブが上:1、下:2。#155、#159 、 #161の3機は 上:2、下:2 と成っており 外観に違いが見つかりました。個体で受け持つミッション内容等に違いがあるのかなぁ〜?秘匿性が高い飛行隊なので、外野の我々には判らないでしょうね。(22:32に追記 加筆)

> 広江 さん、Stranger さん
#156の型式についてのコメントありがとうございます。背中のアンテナが撤去されたら、マニア的にはP型かC型にしか見えませんが、中身はまだNT型の機材が残っているのでしょうかね〜?

2014年1月16日 厚木基地  YS-11EB  92-1157  電子飛行測定隊


Re: YS-11 Part.5 Name:D-men Date:2014/10/05(Sun) 08:03 No.12192
広江さん、皆さん、おはようございます。
写真は2006年10月30日、厚木のR/W01に着陸する那覇航空基地所属のYS-11A(JA8791)「しゅれい」。
隣接するニッピのおかげで、さまざまなYSを撮影できる厚木は恵まれていますよね。


Re: YS-11 Part.5 Name:A-330 Date:2014/10/05(Sun) 08:15 No.12193
広江さん、皆さんおはようございます。
YS-11シリーズは今までのBBSU投稿カット数記録を更新しそうな勢いですね。

航空自衛隊YS-11シリーズ
昨日と同じく71年に撮影した、ちょっと高いポイントからの俯角ショットで今日は5号機を。

YS-11PC 82-1155 飛行隊不明 1971年百里

「輸送航空団」文字は通常胴体前部に書かれているのですが、#155は何故か胴体後方です。
運用飛行隊ですが、資料などを検索したものの特定まで至りませんでした。確率としては68年に最初に配備された教育飛行隊の可能性が高いと思います。

追伸です。(10月6日8:30)
運用飛行隊記述ですが、撮影した71年当時は403飛行隊はなく「教育飛行隊」と呼ばれていたことをStrangerさんの解説のおかげで気付きました。Strangerさん有難うございました。
本文を訂正させていただきます。


Re: YS-11 Part.5 Name:geta-o Date:2014/10/05(Sun) 08:35 No.12194
広江さん、みなさんおはようございます。
台風が接近中ということなのか朝から雨。木更津も館山もあきらめ家でゴロゴロ
今日はYS-11の歴史の中で忘れることのできない米国のピ−ドモント航空向けの1号機(JA8685/後N156P)
米国に向け羽田で待機していました。
ピードモント向けYS-11はその装備品を実績のある米国製に変え信頼性を高めその後のYS-11の輸出増大につながったとのことです。
1967/6/24 羽田整備場地区


Re: YS-11 Part.5 Name:DOC.K Date:2014/10/05(Sun) 10:13 No.12195
>広江さん、皆さまお早うございます、同じようなショットですみませんが1979頃熊本空港のR/W25に降りる旧全日空塗装のJA8660号機です、いゃ〜凄いお宝画像が出てきて感激しています。

Re: YS-11 Part.5 Name:Det.H Date:2014/10/05(Sun) 11:44 No.12196
広江さん 皆さん こんにちは
きょう展開を予定されていた方は多かったのではないでしょうか 残念な天気になってしまいましたね

>広江さん
昨日の投稿画像ですが、Rwy上の降りからエプロン上で停まる所まで6カット撮影していました 当時の状況をはっきりは覚えていないのですが、係りの人と降りて来るまで長く話をしていた記憶があるので、そこで許可を貰ったとか?(笑)

>飛行浪人さん
鋭いご指摘頂きありがとうございます はい、那覇での南西航空ありました! すっかり忘れてしまっていました (^^;
おかげ様で少し参加出来る回数が増えました m(_ _)m

きょうも昨日と同じ時の米子空港で このYS JA8722もクリアランスがでて搭乗準備が始まったところだったと思います たしか関西方面へ飛ぶ予定の機体だったかと 見難いですが、搭乗口奥に上が薄茶、スカートがエンジ?のCAさんが立っています
No.12107でA-330さんがドアヒンジの違いについて述べられていますが、民航YSはみんな右スライド式だったのでしょうか
過去この時を含めYS-11に乗った回数はかなりありました あのすごい振動は今でも記憶に残っています 2002年12月のJAC鹿児島―屋久島往復が最後の搭乗でした


Re: YS-11 Part.5 Name:N.SUZUKI Date:2014/10/05(Sun) 13:32 No.12197
広江さん 皆さんこんにちは。
 Part.5 製造番号順も、そろそろ品切れですので、明日からは未出機、重点で行きます。
 最後に、YS-11-100 JA8641(c/n 2005 量産3号機)、撮影は1971年11月羽田整備場です。
 JA8641は、1965年4月に東亜航空2号機とし引き渡され、No.12117でGulf4さんが紹介していますが、その後1971年TAWがJDAと合併、東亜国内航空(TDA)“みやじま“として塗装変更された直後の機体です。
なお、この合併当初のオレンジ色TDAの塗装は、わりと短期間でTDA標準の赤緑2色塗装となり、その後の日本エアシステム(JAS、88年に変更)に引き継がれています。
>Det.Hさん
 YS-11のドアヒンジの違いは、軍民の違いではありません。単に初期の機体が前方ヒンジ式だったことで強風時に開けにくい等の課題があり、後に後方スライド式に変わっただけで、この機体を含め、少なくても、私の紹介済みの5号機までは、すべて前方ドアヒンジ式です、内蔵タラップの有無にも関係有りません。


Re: YS-11 Part.5 Name:tu-ka Date:2014/10/05(Sun) 13:38 No.12198
広江さん、皆様、こんにちは。
羽田空港をタキシングするエアーニッポンのJA8744(YS-11A-213、c/n.2116)です。1996年4月26日の撮影です。このころは、羽田ベースで羽田−伊豆諸島間での運航でしたが、後に丘珠ベースへ移り、エアーニッポンのYS-11の最後まで残った3機(他はJA8761、JA8772)のうちの1機となっています(2003年5月末で運航終了)。
ファイナルに残ったせいか、他の2機とともに全日空商事のオフィシャルグッズのモデルにもなっている機体です。


Re: YS-11 Part.5 Name:Cranberry01 Date:2014/10/05(Sun) 13:58 No.12199
広江さん、皆さん、こんにちは。
>PAPPYさん、No.12153は懐かしい景色ですね〜。当時は何とも思わぬ光景でしたが、残念ながらターミナルの写真は一枚も撮っていませんでした。
日本航空塗装のYS-11は、福岡ー釜山の運用に適する機材がなく、2機を日本国内航空からリースしていたと聞きました。1969年から1970年にかけての約1年間だけでしたが(週2便位だったと記憶しています。)、パイロットは数名が日本航空に出向という形だったそうです。機材は羽田から福岡までが無駄になるので、その時だけは、ムーンライト便や夜間の羽田ー伊丹ー福岡に使用していたと後に聞きました。日本航空にはYS-11の写真は殆ど残っていませんでした。同じ頃CV-880とB-727も日本航空に運用を委託していました。
>WakaさんのNo.12178は貴重な画像ですね。当時はすでに日本国内航空は日本航空への吸収合併が規定路線として進んでいたので、尾翼を除いて、そのまま塗装を残したものだと思います。(後に、合併は一転白紙となりました。) 1969年3月、福岡空港。


Re: YS-11 Part.5 Name:PAPPY Date:2014/10/05(Sun) 14:25 No.12200
広江さん、皆さんこんにちは。
1973年5月11日羽田空港送迎デッキより撮影した海上保安庁羽田航空基地所属の YS-11A JA8702 です。
この頃のYSの機番表示には”LA”が付いていませんね、ちなみに現在のボンバルやサーブのターボプロップ機には”MA”、ファルコンやガルフのジェット機には”LAJ”になっていることに気付きました。


Re: YS-11 Part.5 Name:にがうり Date:2014/10/05(Sun) 15:15 No.12201
広江さん、皆さん こんにちは
海自YS-11M-A 9044 は2009.9.28 小月基地でオーバーランしその後解体されましたが、写真はその約1年前の2008.10.14 厚木の撮影です。この機体はYS生産最終号機であり、かつ私も体験搭乗したことのある機体でした。


Re: YS-11 Part.5 Name:THUD Date:2014/10/05(Sun) 17:23 No.12202
1969年5月着陸後羽田のスポットへ入る日本国内航空のJA8653「いず」。
1996年にAir Philippinesに売却されたようです。
>広江さん
No.12179の撮影年の訂正です。1968年と書きましたが69年でした。
自分のコメを再チェックしていて間違いに気づき、すぐに訂正しましたが広江さんの仕事?の速さに間に合わなかったようです (^^ゞ お手数かけてすみません。
今回のYSスレのレス画像は予想外でした?イメージチェンジです(意味不明)(笑)


Re: YS-11 Part.5 Name:Stranger Date:2014/10/05(Sun) 17:51 No.12203
広江さん、皆さん、こんばんは。

今回は2013年5月15日に撮影致しました403sq所属のYS-11P 02-1158です。
この日も航空祭事前訓練での「8の字」のバンクを撮影しました。

空自YSの垂直尾翼マークの件です。
1970年頃から1978年頃までは、No.12182で飛行浪人さんとNo.12190で広江さんが紹介された「青地に白の桜」と、まだ紹介されてませんが「赤地に白の桜」があったようです。
「青地に白の桜」は第401飛行隊(1972年7月23日 美保から小牧に移動)と第402飛行隊(入間)。
「赤地に白の桜」は教育飛行隊(美保、現403飛行隊)でした。

1978年3月31日の輸送航空団の改編に伴い、第1輸送航空隊(小牧)・第2輸送航空隊(入間)・第3輸送航空隊(美保)を新編した際、垂直尾翼のマークを第401飛行隊は「鯱」、第402飛行隊は「2を象った金色の鷲」、第403飛行隊は「青地の桜に3」と各輸送航空隊のマークに変更してます。
因みに同日、美保の「教育飛行隊」は「第403飛行隊」に改称。

その後、
402sqは1988年3月1日に現行のデザインに変更され、403sqは1991年5月1日に「箒に乗った魔女が3の軌跡」→1995年6月1日に現行のデザインに変更されました。

その他変わったところでは、
12-1161がCからELに改装された1982年頃と12-1163がEからEAに改装された1992年頃は、飛行開発実験団でテストを実施しているようなので、飛行開発実験団のマークを記していたと思います。


Re: YS-11 Part.5 Name:IRON WORKS Date:2014/10/05(Sun) 18:16 No.12204
>広江さん
2007.11.3 入間航空祭 YS-11FC 62-1154
入間航空祭では恒例の、フライトチェッカーによるデモフライトです。
もうそろそろ、フライトチェッカーの後継機U-125に交代するんでしょうね。


Re: YS-11 Part.5 Name:TAKADA TENNTEKI Date:2014/10/05(Sun) 19:08 No.12205
 広江さん、皆様こんばんは。国際デモ機JA8714を続けます。TYさんからの頂きものですが、1968年7月の小牧です。初飛行は6月ですがこの撮影時には胴体上面は白、下面は黄色のデモ機塗装になっております。但しこの塗装は不評を買いブルーに塗り替えてデモに出発した、と言うことの由です。

Re: YS-11 Part.5 Name:飛行浪人 Date:2014/10/05(Sun) 19:56 No.12206
>広江さん、皆さんこんばんは。
今日は1971年5月の入間基地での12−1160、変哲のないフライトチェックのYSー11に見えますがレドームは赤鼻、デリバリー当初はレーダーが装備されていなかった可能性があります。
なお胴体下面も今と違って無塗装のジュラ地でした。
>Strangerさん、成程そうでしたか。しかし1972年3月迄入間では赤地桜は見た記憶が有りません。


Re: YS-11 Part.5 Name:waka Date:2014/10/05(Sun) 20:27 No.12207
広江さん、皆さんこんばんは。
前回(No.12178)と同様、1971年1月7日の大阪国際空港での東亜航空のYS-11A-300 (c/n2105)JA8750です。資料によると300型で機体前方にカーゴドアを増設した旅客・貨物混載型です。前回の200型と同じアングルなので、前方の客席窓が無くなっているのが良く分かります。
>広江さん(No.12189のレスに対して)
当時は駆け出しの頃で、事情を知っている訳ではなく、追い回す等とんでもないです。その時の手帳にもJDA(SWAL?)と書いてありました。当時はガッツもあり、帰省の途中、小牧や伊丹に立ち寄って撮影していました。次回は小牧でのYS-11を紹介します。


Re: YS-11 Part.5 Name:Seagull Date:2014/10/05(Sun) 21:06 No.12208
広江さん、皆さん、こんばんは。
1977年8月26日 岩国基地R/W19から着陸する第205教育航空隊のYS-11T-A(6903)。
77年代も垂直尾翼に「TB」は書かれていません、いつ頃から記載されたのでしょうか?

広江さん
当時、カラーで撮って無い私にとって、BBSUはその時の思い出を一杯、よみがえらしてくれます。



Re: YS-11 Part.5 Name:Gulf4 Date:2014/10/05(Sun) 21:10 No.12209
No.12197でN.SUZUKIさんが東亜国内航空の旧塗装を紹介していますが、どなたからも現時点ではカラーでの紹介がないので
今日は東亜国内航空の旧塗装を選んでみました。1975年5月6日、鹿児島空港で撮影したYS-11A(JA8765/やしま)。
本来オレンジ色(?)なのでしょうが、塗料の質が悪いのか、退色あるいは変色で、次第に色が微妙に変化した気がします。


Re: YS-11 Part.5 Name:ET Date:2014/10/05(Sun) 21:14 No.12210
広江さん、皆さん、こんばんは、
1985年3月31日羽田でのモヒカンルックのYS-11A (JA8734, c/n2103)ですが、全日空機は創立30年の1982年から現在のトリトンブルーの塗装に変更されつつありました。この写真は塗装と機種の新旧交代の対比をねらって撮ったつもりでした。但しB767は導入時からトリトンブルーでしたが。
なお現在但馬空港でエアーニッポン塗装の本機が展示されているようです。

>92-1156についてコメントを下さった皆様ありがとうございました。勉強になりました。


Re: YS-11 Part.5 Name:albatross2 Date:2014/10/05(Sun) 22:15 No.12211
みなさまこんばんは。御無沙汰しています。Gulf4さんと同じ時期、場所でのJA8656です。皆様の貴重な画像を楽しませてもらってます。

Re: YS-11 Part.5 Name:うみ太郎 Date:2014/10/05(Sun) 23:11 No.12212
今回はD-menさんがNo.12192で貼られたJA8791”しゅれい”のその後の姿です。
JAサーチでは2009年11月16日に登録抹消、フィリピンへ売却となていますが、詳しくは判りません。
撮影は登録抹消の前ですが、レジ等すべて剥がされて羽田の航空局のエリアにしばらく駐機されていました。

2009年9月27日 羽田空港 JA8791


Re: YS-11 Part.5 Name:空と鉄と Date:2014/10/06(Mon) 04:27 No.12213
広江さん、皆さん おはようございます。
まだ出ていないYS-11EB 12-1161です。
写真は2006年10月30日、入間R/W35へ転がって来た時のものです。
この#161は不思議なことにこの後の撮影機会に恵まれず、この後約8年間目撃はしているものの撮影出来ていません、困った巡り合わせです。


Re: YS-11 Part.5 Name:Takafumi HIROE Date:2014/10/06(Mon) 07:19 No.12214
>T.Hさん
YS-11EBは4機(#155, #157, #159, #161)ですが、一応、私も厚木と入間で撮影してますが、
その4機はコブの数に相違があるのですね。全くノーチェックでした。
私の撮影した画像で改めて調べてみたら、#157だけが異なるようですね。
さて92-1156ですが、更に調べてみたら、ADFから他の航法システムでの訓練任務YS-11NTは健在のようです。

>D-menさん
厚木NIPPIのおかげで多彩なYS-11が撮れるのは確かに恵まれてますね。
飛来しない航空会社もありましたが、私も今回の話題では意外と自衛隊機以外の持ち駒がありました。
海保機も旧塗装から紹介の新塗装まで、全5機が撮影できてます。

>A-330さん
Part.4までに83枚の画像が紹介されてます。このままのペースで、仮にPart.14まで進むと280枚越え・・・。
これを考えると、2010年12月に開催したC-130 (USAF)の313枚って、ものすごいペースだったのですね(^_^;
「輸送航空団」が書かれる位置の相違については、全く気づいてませんでした。今回も新発見多しです。

>geta-oさん
民間機にうとい私でさえ、YS-11の輸出先ピ−ドモント航空の名前を知っています。
ただその程度なので、何機が引き渡されたのか等々の詳細は全く分かっていませんでした。
紹介いただいて調べてみたら、JA8685 (c/n 2050)はYS-11Aの1号機でしょうか。
生産50機目からがYS-11Aとの記述ですが、プロタイプ2機を含めるのかどうかで100%自信が持てません(^_^;

>DOC.Kさん
皆さんのハイピッチの紹介に、私は付いていくのが大変です(笑)
同時進行のGallery化に間違い(主にコピペ)があるのではないかと心配です。

>Det.Hさん
私はYS-11の振動が強い記憶として残ってないです〜。そんなに凄かったでしたっけ?。
最近では、3年ほど前に久々に乗りましたが、とても快適でしたよ。
私は「ヒコーキはこんなもの」の意識を持って常に楽しみ優先で乗るからかなぁ〜(^_^;

>N.SUZUKIさん
おっしゃるように、TDAの旧デザイン機としては初の紹介になりますね。
そもそもTDA自体の紹介が少ないことに気づきました。
というより、DOC.KさんNo.12120紹介の赤緑2色ストライプのJA8765に次ぐ2機目の紹介ですものね。
今回の話題は自衛隊機と民間機を分るべきでしたかね。皆さん幅が広すぎて的が絞りきれないようです。

>tu-kaさん
私は民間機を撮る機会が少ないので、どうしても自衛隊機が主となってしまいます。
逆の方もいらっしゃると思いますので、それぞれの役割分担として機能する良い機会と思います。
tu-kaさんのコメントを拝見すると、記録もしっかり取られてるようなので安心して甘えてしまいます(^_^;

>Cranberry01さん
今回の話題機YS-11を写真として撮られる機会は少ないと思ってました。
しかしひょっとして持ち球豊富なのでしょうか・・・。私は民間機は極僅かしか残ってません。
当時の状況にも詳しいCranberry01さんのようなので、この後の展開の楽しみが増えました。

>PAPPYさん
海上保安庁の任務は大事だし、従事される方々も私では想像もできないほど大変な仕事だとは思ってますが、
分類(してるのかな?)のために書き入れる方法については疑問視してます。
大きさ「L, M, S」、固定翼・回転翼「A, H」、ジェット機「J」で分類すること自体、
私は、たいした意味も持たないし(番号を)塗装する費用と手間、つまり「金」の無駄だと思うのですがねえ〜。
運用機種もたいして多くないし、JA番号があるのだから、それを利用すればOKなのではないでしょうか。
廃止することで発生すると思われる見えない支障を恐れるぐらいなら事なかれ的にと、
古い体質やしきたりを問題視を持たず継続しているだけだと思います。
と、バッサリと書いちゃいましたが、関係者の方、見てるかな?。

>にがうりさん
9044のオーバーラン事故、東日本大震災後の支援フライト、それに伴う9042の引退、
急遽導入を決めたC-130Rの配備の遅れ、61空も正念場ですが、もう少しの辛抱でしょうか。
61空には『本当にご苦労様です。もう少し頑張って下さい』の言葉しかかけられません。

>THUDさん
今回の話題でのTHUDさんの画像紹介には驚いてます。このJA8653も羽田で撮影された画像ですし・・・。
今までのBBS IIでの参加の様子で私が勘違いしていただけで、これがTHUDさんの撮影活動の主路線でしょうか。
これまでの話題の度に色々と新発見がありましたが、今回は別の新発見です(笑)

>Strangerさん
皆さんから紹介される「8の字」に改めて感激、私もとこかのタイミングでチャレンジ・・・できるかな?(笑)
空自YS-11の部隊マークについては、詳細は抜きにして、ある程度は私も認識してましたが、
今回の話題を機に、自分の撮影コマと併せて調べ始めたところでした。
コメントいただいた具体的な時期はとても参考になります。

>IRON WORKSさん
2007年の入間基地航空祭は天気があまり良くなかった年なのですね。
恒例のデモフライトとコメントされても、大変に失礼とは思いますが普通の着陸シーンにしか見えないです。
デモフライトのシチュエーション等々の補足説明が必要な画像紹介と思いますが如何でしょうか。
飛行点検隊は、YS-11FC 3機と1994年度までに調達されたU-125 3機、現状はこの6機のみです。
両機の任務別けは分りませんが、YS-11FCと交代するための機体は例えU-125であっても機数不足は必至です。
U-125以外の機種を調達しないとYS-11FCは引退できないのではないでしょうか。

>TAKADA TENNTEKIさん
モノクロで分らなかったのですが、胴体下面は黄色ですか。
なかなか奇抜とは思いますが、素人の私でも黄色よりブルーの方が良いと思います。
さて、国際デモ機JA8714シリーズですが、Gallery化で並べた時をイメージして下さい。
No.12164、No.12187、今回のNo.12205、並び順を補足願います。

>飛行浪人さん
コメントから気づきましたが、確かにレドームと機体が銀ピカであることが確認できます。
実は下面の銀塗装姿にずっと違和感がありました。無塗装ジュラ地は1970年代半ば頃まででしょうかね。
デリバリー直後の貴重な姿、それもカラーとは恐れ入りました。
別件ですが、「赤地に白の桜」は私も聞いたことがあります。画像は何処か(ネット)で見たような・・・。

>wakaさん
いやいや、あまりにもwakaさんのイメージとは異なる紹介ショットに驚いた次第です。失礼いたしました。
しかし今回も東亜航空のYS-11Aを紹介されてる。
まめに各地に立ち寄った成果がようやく日の目を見ることになったわけですね。
民航で旅客・貨物混載型を運行していたのは知りませんでした。運行方法が気になりますね。

>Seagullさん
205空の「TB」マークですが、1980年早々にはP-2J(4702だったかな?)で確認しています。
逆に1978年はP-2J/YS-11T-A共に部隊マークが書き入れられてません。
このことから、おそらく1979年に書かれ始めたと私は推測してますが、正確には分りません。

>Gulf4さん
紹介の東亜国内航空の旧デザインを私はカラーでは撮影してませんが記憶にはあります。
鮮やかなオレンジだったとの記憶ですが、ひょっとすると私の中で増幅されてるのかもしれません
紹介の画像は、垂直尾翼に描かれるマークと胴体のストライプの色が異なるようにも見えます。
元々違う色なのか同じ色なのか気になるところです。

>ETさん
ETさんの紹介された画像と同じ1980年代半ば頃、私も羽田のターミナル上から撮影していた時期があります。
工事中の背景、滑走路上とタキシング中の機影の対比、共に当時を思い出す懐かしいショットです。
全日空機の塗装デザインの変更は創立30年となる1982年からスタートしたのですね。
明確な時期の説明、ありがとうございます。

>albatross2さん
大変にご無沙汰しております。
早速で大変に申し訳ないのですが『Gulf4さんと同じ時期、場所でのJA8656です。』の1行だけでは、
わざわざ、その場に見に行かないと状況が全くつかめません。せめて記事番号ぐらいは書いて誘導して下さい。
ベストは、記事の中で完結できるよう、手を抜かずに記述して下さい。
同時進行するGallery化への作業は、該当の記事を見ながら全ての情報をHTMLとしてKB入力してますので、
皆様の一手間が有ると無いとでは、特に今回のように画像数が多くなると、かなりの作業効率の差となります。

>うみ太郎さん
JA8780と同時期に引退したJA8791の姿ですネ。
2機ともフィリピンに売却されたようですが、その後の姿はネットで探すと見つかるのかな。
行った先での部品調達等、飛ばすのには苦労があると思うのですが、
日本の基準とは異なる(?)ので登録上は飛ばすことができるのでしょうね。

>空と鉄とさん
個々の方がある特定の機体との巡り合わせは、このBBS IIでも度々話題になりますが、
空と鉄とさんにとっては、この12-1161が巡り合わせの悪い機体ですネ。
それとは関係ないとは思いますが、このBBS IIでも、不思議なことにこの#161は初紹介となりました。
これで空自13機が全て紹介されましたが、この後は、各機の型式や部隊マークの変遷の紹介に期待したいです。





YS-11 Part.4 Name:Takafumi HIROE Date:2014/10/04(Sat) 06:08 No.12170   
号機シリーズの紹介を終えましたので、この後は気の向くままの紹介になります。
空自YS-11では未だに第401飛行隊が未紹介なので、私から・・・。

第401飛行隊のYS-11の運用期間は、1969年から約20年間のようですので、
402, 403と比べると期間が短いのと時期的に皆さんの撮影チャンスが限られているのでしょうか。
確かに、厚木基地への401のYS-11の飛来は多くはなかったと思いますので、
当時、度々遠征した小牧基地で401飛行隊のYS-11が撮影できたのは大変に嬉しく感じてました。
↓は小牧基地R/W34に着陸するYS-11P 62-1154、1982年2月16日撮影。

この日は、第401飛行隊のC-1 7機が12フライト、YS-11 3機が3フライト。好天の一日を楽しみました。

Re: YS-11 Part.4 Name:T.H Date:2014/10/04(Sat) 06:45 No.12171
今朝も空自YS-11を続けます。2003年新田原航空祭からの帰投シーンです。
海に近い新田原は昼前後からR/W10運用に変わる事が多い様で、この日も10からの離陸で美保へ帰るYS-11NTの離陸が撮れ、奇麗な背景と供に1機しか存在しなかったNT型が撮影出来てラッキーでした。No.12162 ET さん投稿画像では背中中央部のアンテナが見えず、現在はP型 or C型?に再改造されているようです。

2003年 新田原航空祭  YS-11NT 92-1156 第403飛行隊


Re: YS-11 Part.4 Name:ET Date:2014/10/04(Sat) 14:21 No.12172
広江さん、皆さん、今日は、
1999年7月24日羽田の旧B滑走路に降りるエアーニッポンのYS-11A (JA8761, c/n 2133)です。分かり難いですが機体前方に見える25の数字は創立25周年記念のステッカーです。エアーニッポンの前身の日本近距離航空株式会社として1974年に設立されて以来この年創立25周年を迎えました。

>広江さん、お尋ねの92-1156のアンテナですがT.Hさんもコメントされているように背中にありません。当日の展示状態での写真で明確に認められません。実はNo.12162の説明文を書く際、多くの資料では本機はNT型となっているのにその特徴であるアンテナが無いこと、またあるサイトではP型と説明されているが再改造の時期が確認できなかった為敢えて型式には触れませんでした。


Re: YS-11 Part.4 Name:A-330 Date:2014/10/04(Sat) 14:25 No.12173
広江さん、皆さんこんにちは。

航空自衛隊YS-11、今日は4号機を。
1971年、百里基地をタキシアウトする#154のアップショットで、機体には黒い枠ラインに真っ赤な地に、純白のペガサスを描かれた鮮やかなインシグニア(といってもモノクロでは分かりませんネ(笑))の飛行安全褒賞マークが目立ちます。
最近の空自の小さな日の丸サイズ内と決められている尾翼の部隊マークより大きく見えてしまうのは私だけでしょうか。
お気づきかとは思いますが、機体に描かれた文字は、現行の「航空自衛隊」ではなく「輸送航空団」と表記されています。「航空自衛隊」へと変わった時期は1985年頃だったと記憶していますが確かではありません。
なお写っていない尾翼マークは青地に白の桜です。

YS-11P 62-1154 401sq 1971年百里

運用飛行隊ですが、ペガサス飛行安全褒賞インシグニアから401sqと判断しました。記述を間違えていましたらご指摘くださるとありがたいです。


Re: YS-11 Part.4 Name:Det.H Date:2014/10/04(Sat) 16:25 No.12174
広江さん 皆さん こんにちは
昔から民航空港にはわざわざ撮影に行く事が無かったので、あのYS-11と言えど残念ながらほとんど撮っていません (^^;
その中一度だけ撮影する機会がありました 山陰での料理取材が終わり米子から帰る当日、天候不良で帰れるかどうか? 一応飛び立ったようですが、日本海は厚い雲に覆われ雪も降って降りずに戻ってしまう可能性ありと しかし到着時に急に雲が切れ晴れ間が! その時の喜びは今でもはっきり憶えています なにしろ翌日また別の地方に行くスケジュールだったので  この写真は待合室からエプロンに出て撮った?のですが、昔は随分おおらかでしたね(^_^)
ところで、この通称モヒカン塗装はいつまでだったのでしょう? 翌82年に尾翼イッパイのANAに変わった画像を見ますが?


Re: YS-11 Part.4 Name:PAPPY Date:2014/10/04(Sat) 16:49 No.12175
広江さん、皆さんこんにちは。
羽田整備場地区で翼を休める航空局のフライトチェック機 YS-11 JA8700 で6機導入されたうちの2号機です。
撮影は1973年7月ですが特徴の機首と垂直尾翼の蛍光オレンジがだいぶ退色していますね。


Re: YS-11 Part.4 Name:geta-o Date:2014/10/04(Sat) 17:07 No.12176
広江さん、みなさんこんばんは
YS-11もだんだん面白くなってきましたね
今日は電子戦支援機YS-11E812-1162)
YS-11Cを改造してECM機としたものでいろいろな装置を付けたためかでっぱりがたくさんあります。支援機ということでハイビジのきれいな塗装でした。
総隊司令部飛行隊 電子戦支援隊に所属し戦競などの演習時参加していました。
1995/3/6 入間


Re: YS-11 Part.4 Name:空と鉄と Date:2014/10/04(Sat) 19:22 No.12177
広江さん、皆さんこんばんは。
geta-oさんが#162を出されたので続き番号のYS-11E 12-1163を。
撮影は2008年10月15日、入間のR/W35へ転がって来たところです。
今ではすっかり馴染んでしまいましたが、この頃はエンジン換装で音がP-2Jになり何となくYSらしくないような気がしていました。


Re: YS-11 Part.4 Name:waka Date:2014/10/04(Sat) 20:19 No.12178
広江さん、皆さんこんばんは。
日本国内航空のYS-11A-200 JA8717(あそ)です。この機体は、PAPPYさん紹介(No.12153)のように1969年から1970年、日本航空にリースされ、日本籍のYS-11としては唯一国際線で使用後、日本国内航空に返却されたものです。リース時には、日本航空の正式塗装をしていましたが、返却後は尾翼だけが日本国内航空の塗装に塗り替えられています。撮影は1971年1月7日の大阪国際空港です。1971年5月には、東亜航空と合併して東亜国内航空になったので、短期間の塗装に終わったようです。


Re: YS-11 Part.4 Name:THUD Date:2014/10/04(Sat) 20:43 No.12179
1969年8月羽田の送迎デッキから撮影した日本国内航空のJA8662「なると」です。
このJA8662は1988年1月の米子空港でのオーバーラン事故で解体処分されました。


Re: YS-11 Part.4 Name:N.SUZUKI Date:2014/10/04(Sat) 20:54 No.12180
広江さん 皆さんこんばんは、
 Part.4も 製造番号順ですので、YS-11-100 JA8639 (c/n 2004 量産2号機) 東亜航空の1号機で、撮影は1965年4月、羽田整備場、旧ターミナル前です。




Re: YS-11 Part.4 Name:Gulf4 Date:2014/10/04(Sat) 21:08 No.12181
No.12149で紹介したガボン政府機15年後の姿です。アラスカ州内を飛ぶリーブ・アリューシャン航空のYS-11A(N169RV)。
1988年8月8日、何と8並びの日にアンカレッジ国際空港で撮影しました。
図々しくも事務所まで行って、「写真が撮りたい」と交渉してエプロン内で撮った一枚です。
背景にはもう一機YS-11が見えますが、これを撮った記憶はありません。
なお、1980年2月にはN169RVとして登録されているので、ガボン政府での運用期間は短命でした。


Re: YS-11 Part.4 Name:飛行浪人 Date:2014/10/04(Sat) 21:37 No.12182
>広江さん、皆さんこんばんは。
今日は桜のマーク付き、62−1154です。残念ながら撮影日が未記入でしたが、1970年頃と思われます。場所は入間基地です。桜のマークは飛行隊では無く輸送航空団だった様に記憶していますが正確なところは?です。A330さんはご存知かな。
Det.Hさんは那覇では星のマーク以外にはシャッターを押さなかったのでしょうか、南西航空が飛んでいたはずですがね。
なおモヒカン塗装は1984年には未だ飛んでいました、全機塗替えは3〜4年かかったようです。


Re: YS-11 Part.4 Name:D-men Date:2014/10/04(Sat) 21:44 No.12183
広江さん、皆さん、こんばんは。
geta-oさんが紹介されている総隊のYS-11E(12-1162)の改修後の姿を紹介します。エンジンを改装しコブを撤去、型式はYS-11EAへと変更みたいですね。機体後部右側のみ、冷却装置を収めたフェアリングがあります。 この鮮やかな塗装が好きでしたが、現在はYS-11EBと同じグレーの2色迷彩に変更されてしまい、ちょっと残念です。2008年4月23日、入間基地にて撮影。

>広江さん
T.Hさん、ETさんと話のネタになっているYS-11P?NT?(92-1156)についてですが、2013年6月頃、日本飛行機でのIRAN明け後からアンテナ類の撤去された状態が確認されています。


Re: YS-11 Part.4 Name:うみ太郎 Date:2014/10/04(Sat) 22:27 No.12184
geta-oさんの紹介された162と姉妹機であるE型時代の163で行きます。
空と鉄とさんが紹介された改造前の姿です。やはり凸凹が付いてる方が電子戦仕様っぽいですね。
尾翼の色が反射で飛んでしまったのが残念。前後のカットがあったかは原版を探さないち判りません。

1981年11月2日 入間基地 YS-11E 12-1163


Re: YS-11 Part.4 Name:seagull Date:2014/10/04(Sat) 22:44 No.12185
2010年7月6日 岩国基地R/W20に第61航空隊のYS-11M(9043)
同年の5月29日から新滑走路が運用開始しました、新滑走面はコンクリート色(白)でレフ板状態、着陸する機体の下面を照らしてくれました。


Re: YS-11 Part.4 Name:Stranger Date:2014/10/04(Sat) 22:47 No.12186
広江さん、皆さん、こんばんは。

お尋ねの92-1156の仕様の件ですが、
昨年7月にIRANから戻ってきた際、胴体上部のADFアンテナとセンスアンテナが撤去されていたので、輸送用に改装されたのかと思い、中の知人に確認いたしましたらNTのままとの事でした。

今回の写真は403sq所属のYS-11NT 92-1156です。
2014年6月2日の航空祭事前訓練で、コンバットピッチを撮影しました。


Re: YS-11 Part.4 Name:TAKADA TENNTEKI Date:2014/10/04(Sat) 22:49 No.12187
 広江さん、皆さんこんばんは。昨日と同じJA8714ですが、機首のマークがないのでもう少し前の1968年7月頃ではないかと思います。今になっての受け売りですが、国際デモ機として6月に初飛行、8月末に東京発、東南アジア、中東、ヨーロッパを回り、9月にファーボロエアショーで展示&デモを行い、またヨーロッパ、中東、東南アジアを経て10月末に東京に帰着しました。その後韓国、フィリッピンを経てアメリカに渡った由です。資料を見ると随分な遍歴を重ねている機体もあり、今更ながら「ご苦労さん」と言いたくなります。
なおNo12164の撮影時期は10月を8月頃に訂正します。


Re: YS-11 Part.4 Name:TROUT Date:2014/10/04(Sat) 23:17 No.12188
広江さん、皆さんこんばんは。94年6月15日、小松で撮ったJA8610です。この機体がYS-11,1 号機とJCABが航空局と言うのを初めて知りました(^_^;) 航空局と言えば機首が蛍光オレンジと漢字の「航空局」とばかり思い込んでました。勉強になりますm(__)m この時は戦況を撮りに行って、たまたまJA8610が撮れたようです。

Re: YS-11 Part.4 Name:Takafumi HIROE Date:2014/10/05(Sun) 06:21 No.12189
>T.Hさん
空自#156は何年頃までYS-11NTで確認され、何年頃に再改造されたのか私は全く把握していません。
ただ、厚木で2012年7月に撮影した時点では背中のアンテナは残ってますが、名称は不確かです。
カーゴドアがあるので、もし名称変更しているならば、YS-11PCかなぁ〜とは思ってます。

>ETさん
NKA→ANKの25周年ですね。日本の航空会社の吸収合併(の言葉でイイのかな?)は私には難しすぎます(^_^;
羽田の旧B滑走路、思い出しました。京浜島から撮影すると現在より近かったのですよね。
92-1156の件ですが、私が2012年7月に撮影した画像ではアンテナは残ってました。

>A-330さん
ペガサス飛行安全褒賞インシグニアは第401飛行隊を表すのですね。垂直尾翼のマークは青地に白の桜?。
1974年に入間基地内で撮影した#163に描かれてるマークだとすると、私は402SQと思い込んでました。
初期時代の401, 402, 403の部隊マークを再捜索してみます。

>Det.Hさん
待合室からエプロンに出て撮った?・・・置き姿かと思ったら、エンジン回ってますね。
これが撮れたとのは当時のおおらかさでしょうか。果たして・・・(^_^;
私も民間機を多くは撮ってませんが、1982年には、まだモヒカン姿は健在でした。

>PAPPYさん
航空局運用YS-11の2号機と言われ、改めて調べてみて気づきました。
JA8700は前後JA8699とJA8701より数年早く航空局が先取り(笑)したのですね。
蛍光オレンジは退色が激しいので、パッと見では、既に引退して放置されているようにも見えてしまいすね。

>geta-oさん
YS-11Eがデビューした当時(1970年代末?)、いわゆる「コブ」の多さに私は興味を引かれました。
1980年代早々には入間基地で撮影でき、やや興奮しながら撮影し嬉しかった記憶が残ってます。
しかしYS-11EAに改造され音も姿も変わってしまい、興味はだいぶ薄れてしまいました(^_^;

>空と鉄とさん
YS-11Eからレドームを撤去しP-2Jのエンジンに換装しペラも3枚ブレードになったYS-11EAは、
姿は怪しさが全くなくなり音は全くYS-11らしくなく、姿格好は同じでも別機の印象を受けますね。
しかし、紹介のようなタキシングシーンは、私は文句など一切言わず最優先で撮ります(笑)

>wakaさん
民間機を撮るようになってから民間機を撮られる方から教わった言葉『ハイブリッド』ですね。
もちろん当時はこの言葉は無かったはずですが、短期間の限定塗装とはお分かりのはずですので、
最優先課題機として皆さん追回されたことが容易に想像できます。wakaさんも?(笑)

>THUDさん
フト、気づいたのですが、THUDさんは現在のところ民間機ばかりの紹介に、意外と感じ驚いてます。
『今でしょ!』の航空公園駅前のJA8732も瞬時に反応していただけたし・・・。
米子空港でオーバーラン事故で解体処分されたJA8662も、しっかり押えていたのですネ。

>N.SUZUKIさん
製造番号順の紹介でしたか・・・。スミマセンm(_ _)m気づいてませんでした。
1965年4月の撮影とは、ひょっとして東亜航空の受領直後ではないでしょうか。ひょっとして当日?。
機体の回りの車両からも時代を感じます。

>Gulf4さん
ガボン政府機撮影から15年後にc/n 2169と偶然出会うとは、Gulf4さんもさぞ驚かれたことでしょう。
まあ、たぶん撮影時は気づかれてなく、帰国後に調べていく中で気づかれたのでしょうね。
おそらくGulf4さんは日本国籍以外のYS-11を多くは撮られてないと思いますが、
この再開の確率は、宝くじに当たるより難しいのではないでしょうか(笑)

>飛行浪人さん
輸送航空団時代も含めると、YS-11の垂直尾翼に描かれたマークは意外と種類がありますね。
ただ紹介の「青地に白の桜」のマークでは飛行隊が特定できないのがマニア的には不満足です。
C-46時代のようにプロペラスピナーの色でも変えてもらえると少しは楽しめたと思うのですがね。

>D-menさん
YS-11EAの外見的に目立つ特徴は、D-menさん紹介画像でも捉えられてますが、
dragon88さんNo.12161紹介の平面形画像で一目で分る右主翼付け根後部の膨らみだけとなったこと。
寂しい姿になってしまったものです。
現在はグレー2色迷彩に変更されましたか。怪しさが少しは戻りましたね(笑)

>うみ太郎さん
何の用途だったか私は全く分かりませんが、よくもこれだけの凸凹を付けたものですよね。
しかしYS-11EA改造時に、システムの進化だとか言われてますが、またよくまも簡単に撤去したものです。
感心するやら呆れるやら。なんとも表現しがたいYS-11EとYS-11EAの差です。

>seagullさん
画像を拝見して、一瞬、雪レフ効果と思ったけど、それにしては冬の光ではないなぁ〜、
と思いつつ、コメントを拝見して新滑走面からの反射によるレフ板効果と納得しました。
これだけ反射が強いと操縦するコックピット側は防眩対策が必要ですね。まあサングラスかな(笑)

>Strangerさん
これだけ背中バックリだと、YS-11NTのアンテナの有無が一目瞭然です。
92-1156の前回のNIPPIでの整備は、記録を調べると2012年12月10日〜2013年7月2日です。
2013年7月2日に厚木を離陸して美保に戻る姿を私は撮り逃してしまいましたが、アンテナ撤去後の姿でした。

>TAKADA TENNTEKIさん
1968年のJA8714は多忙な営業活動で世界を飛び回ったのですね。
前回紹介のNo12164も含め、この場所での撮影も短期間だけだったようですね。
当時のTAKADA TENNTEKIさんは、この期間限定の貴重な機体と分って撮り続けたのだと推測しました。

>TROUTさん
皆さんへのレスには、まず画像を私のPCにいったんD/Lしながらお名前をレス用に下書きします。
今朝も、画像とお名前をさ〜っと流すように見た時、この紹介が一瞬何だか分らず手も目も止まりました(笑)
何処かの海外で撮られたYS-11かと思ったら、小松で撮影したJCAB機と分り驚きました。
と、このように私も同じです。今まで何度も皆さんから『何を今さら』と思われ続けてますから(笑)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -