GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





YS-11 Final-2 Name:geta-o Date:2014/10/14(Tue) 19:15 No.12451   
広江さん、みなさんこんばんは
YS-11の最終
何かいいもの考えたのですが何もなし。
ということで家から一番近い飛行場 下総にいたYS-11Tであまり皆さんが出していないものを3つ選びました。
最初はYS-11T-A(6902)
2006/1/12 厚木


Re: YS-11 Final-2 Name:geta-o Date:2014/10/14(Tue) 19:15 No.12452
次はYS-11T-A(6905)
2006/10/28 下総


Re: YS-11 Final-2 Name:geta-o Date:2014/10/14(Tue) 19:16 No.12453
最後はYS-11T-A(6906)
2009/10/23下総

それでは次のお題まで


Re: YS-11 Final-2 Name:CJ Date:2014/10/14(Tue) 19:47 No.12454
No.131と同じ画像です。スキャンしなおしました。
駐機してるんじゃなくて、ブリザードの後の誘導路をゆっくりタキシングしています。日本一降雪量の多い空港である丘珠らしいショットです。

YS-11A JA8772 (c/n 2146) Air Nippon (Feb.17, 2003)


Re: YS-11 Final-2 Name:CJ Date:2014/10/14(Tue) 19:50 No.12455
これまた丘珠からの一枚で、朝方、デアイシングをしている場面です。
YSファイナルが近いとはいえ、寒い中、朝からよく撮影したもんだと思います(汗

YS-11A JA8761 (c/n 2133) Air Nippon (Feb.22, 2003)


Re: YS-11 Final-2 Name:CJ Date:2014/10/14(Tue) 19:56 No.12456
最後ということで色々考えたのですが、2003年9月1日、エアーニッポンの北海道での運行を終えて新千歳空港から羽田へフェリーする場面の画像をご紹介します。以前HSBでご紹介したような気もしますがパイロットがギャラリーに手を振ってくれています。撮影場所は現在では国際線ターミナルになっています。

>広江さん
千歳基地(自衛隊側)、新千歳空港(民間側)で合わせて4本の滑走路がありますが、一番西側にある18R/36L(自衛隊側)を、18R-WEST 36L-WESTと特に区別しているようです。理由はよく分かりませんが。

YS-11A JA8772 (c/n 2146) Air Nippon (Sep.1, 2003)


Re: YS-11 Final-2 Name:ELINT人 Date:2014/10/14(Tue) 20:00 No.12457
広江さん、皆さん、こんにちは。
いよいよ終わりですね。
まずは千歳で撮影した、東亜国内航空のJA8676。1983年11月1日の撮影です。


Re: YS-11 Final-2 Name:ELINT人 Date:2014/10/14(Tue) 20:05 No.12458
次は2010年7月17日に下総基地で撮影した、YS-11T 6904の機内です。とても狭いです。

Re: YS-11 Final-2 Name:ELINT人 Date:2014/10/14(Tue) 20:07 No.12459
最後はいつもの61空9041号機です。最後まで無事故で引退してほしいです。
2011年3月5日厚木基地での撮影。ではでは。


Re: YS-11 Final-2 Name:Seagull Date:2014/10/14(Tue) 20:08 No.12460
広江さん、皆さん、こんばんは。
2003年10月4日 小月基地航空祭で撮影しました第205教育航空隊のYS-11T-A(6904)。

広江さん
小月基地の滑走路、エプロンは周囲より低い位置に飛行場があります。基地内にはエプロン側にせり出た丘が有りますのでそこから俯瞰画像を撮影しました。干潟ですが下関市の木屋川河口(周防灘)が写り込んでいます。


Re: YS-11 Final-2 Name:Seagull Date:2014/10/14(Tue) 20:11 No.12461
二枚目は
私の見た最後のYS-11M-A(9044)の姿です(2009年10月11日小月基地にて撮影)。


Re: YS-11 Final-2 Name:N.SUZUKI Date:2014/10/14(Tue) 20:40 No.12462
広江さん 皆さんこんばんは。
JA8706 YS-11-100 c/n2029 ANAで、撮影は1971年7月名古屋空港で、三菱T-2の初飛行時に滑走路脇で待機中に撮ったものです。
 この機体は、66年にHawaiian Air(N1145H)へリース、68年リースバック後はANA、この直後の71年12月からはインドネシアのメルパチ(PK-MYA)へ、その後も日本近距離航空、エア日本、95年にはフイリッピンのアボイテス(RP-C3207)と転々としていた機体です。


Re: YS-11 Final-2 Name:N.SUZUKI Date:2014/10/14(Tue) 20:41 No.12463
2枚目、YS-11-100 型、JA8711(c/n2048)と.JA8712(c/n2049)航空大学校所属で、撮影は配備直後でもあった1968年の羽田空港です。 
 2機は67年11月に完成、その後72年5月には両機とも、後方に見えるJA8610と同じ航空局飛行検査機に改修されました。


Re: YS-11 Final-2 Name:N.SUZUKI Date:2014/10/14(Tue) 20:42 No.12464
3枚目、最後は70年代、入間の航空宇宙ショーでの展示飛行と記憶していますが、YS-11P 62-1153の片肺ローパスです。

Re: YS-11 Final-2 Name:Gulf4 Date:2014/10/14(Tue) 21:03 No.12465
1980年を中心とした時期に、大阪国際空港(伊丹)で海外航空会社のYS-11を多数見ることができました。
「出戻り」もあれば、国内退役機の輸出と、外来機の少ない空港なので、楽しみの一つでした。
これは「出戻り」で、インドネシアのMerpati Nusantara AirlinesのYS-11-102(PK-MYP/製造番号2010)。
この後は元々の運航会社である全日空に戻り、JA8644として再登録され運航されています。


Re: YS-11 Final-2 Name:TAKADA TENNTEKI Date:2014/10/14(Tue) 21:04 No.12466
 広江さん、皆さんこんばんは。最後はTYさんからの頂きものの3枚です。
1967年4月小牧のC/N2036です。事情は分かりませんがこういう銀ピカも飛んでおりました。本機はクロゼイロ向けに生産されたものの採用されず、ピードモントの訓練に使用されたのちTAW (JA8672)で使用され、その後も紆余曲折があったようです。
 広江さん、私のコメントは下郷さんやヒコーキ雲の受け売りですので、言葉足らず申し訳ありません。本業との兼ね合いでの参加で申し訳ありませんが・・・・ご容赦ください。


Re: YS-11 Final-2 Name:TAKADA TENNTEKI Date:2014/10/14(Tue) 21:14 No.12467
 次は1967年4月小牧の JA8668 (C/N2034)で、NAMCで飛行試験を半年ほど実施したのちANAに納入されました。

Re: YS-11 Final-2 Name:飛行浪人 Date:2014/10/14(Tue) 21:18 No.12468
>広江さん、皆さんこんばんは。
今日は予定を変更して、前スレッドでN.SUZUKIさんが離陸を撮ったJA8780の見送り風景が発掘できました。毎度お馴染みの1枚で二度美味しい画像です。(笑)
撮影は1974年11月30日の大阪国際空港、国際線貨物地区、手前がNo.1、YSー11がNo.2スポットです。私はこの後安全パイの転がりへ行きました。


Re: YS-11 Final-2 Name:飛行浪人 Date:2014/10/14(Tue) 21:23 No.12469
>2枚目は入間基地で撮影した全日空のYSー11、JA8761。
1972年2月15日、横田へ行けずゴロゴロしていたら飛行場地区から爆音が聞こえたので行ってみたらタッチアンドゴーをしていました。まさかこの後このYSー11を間近に見るなんて思ってもいませんでした。


Re: YS-11 Final-2 Name:TAKADA TENNTEKI Date:2014/10/14(Tue) 21:25 No.12470
 最後は1968年2月の小牧です。ピードモントの塗装ですがC/N(20)56だけが記入されてます。本機はJA8690で登録されてからFF後半年ほどのちピードモンドに納入されました(N169P)。
 今回は自衛隊、海保まで手が回らなかったのが心残りですが、それ以上に素晴らしい写真とその人ならではのコメントを楽しませていただきまして有難うございました。


Re: YS-11 Final-2 Name:飛行浪人 Date:2014/10/14(Tue) 21:30 No.12471
>最後は入間基地で始まったので入間基地でシメたいと思います。
私が初めて行った1963年11月3日の入間航空祭の目玉はビジランでした。写真では見ていましたが大きさには圧倒されたのを覚えています。おっと横道にそれましたが、この年はYSー11が初飛行してから約1年半、初めての一般公開ではないかと思います、展示機はJA8612、入間基地もこの時点ではまさか住人になるとは思っていませんでした。それではさようなら。


Re: YS-11 Final-2 Name:Takafumi HIROE Date:2014/10/15(Wed) 18:47 No.12486
>geta-oさん
意外性の205空YS-11T-Aの三連発。しかし良いアイデアですね。
これだけ大盛況の話題となったにも関わらず、個々の機体(番号)にはかなりの偏りが生じてます。
そこを見抜いたgeta-oさんには感謝です。

>CJさん
No.12454はタキシング中の姿ですか。タイヤの跡もなく驚きのシーンです。(No.131の件、了解しました)
No.12455のシーンはTV等では見ることはありますが、実際に写真で見るのは初めてです。
なかなか貴重なシーンを捉えてますが、たぶん極寒、よく撮影に行かれましたね。
千歳基地自衛隊側の滑走路の呼び名『18R-WEST/36L-WEST』理解できました。ありがとうございます。
新千歳空港の滑走路が運用開始した直後に私は羽田便で利用したことがありますが、
まだ新千歳のターミナルが未完成だったのか、到着も出発も旧ターミナルから延々とタキシングしてました。
No.12456は、まさしく『サヨナラ』ですネ。

>ELINT人さん
61空も、あともう少しの踏んばりでしょぅか。頑張れ!の声援しか送れません。
以前、61空の方とお話した時に、205空から引退したYS-11T-Aは61空で使えないのか?と尋ねたところ、
YS-11T-Aには与圧システムが無いので人員輸送も任務とする61空では使えないとの返事でした。
まさか・・・と思ったのですが、おそらく間違いのないことだと思い続けてました。
No.12458画像から、改めてYS-11T-Aの運用が根本的に異なると充分に感じられます。
しかし搭乗していたクルーや訓練生にとっては過酷な条件だったでしょうね。

>Seagullさん
小月基地の滑走路とエプロンの地形の様子、理解できました。納得です。ありがとうございます。
No.12460は、またずいぶんと近いところをタキシングしていったのですネ。
このシーンの後の風と匂いが想像できますが、私は大好きです(笑)
No.12461は大変に貴重なショットですネ。Gallery化で並べて表示するのには必要不可欠な画像です。

>N.SUZUKIさん
No.12462は素晴らしいショットだなぁ〜と思い、コメントを拝見して納得できました。
偶然とはいえ、絶好の撮影チャンスを得ましたね。羨ましいショットです。
No.12463の航空大学校所属2機の並ぶシーンも大変に貴重です。
No.12464のデモシーンと共に、全てがGallery化では大事な役割となるショットですね。

>Gulf4さん
YS-11の輸出に関わる時代は、見慣れない航空会社や今で言うハイブリッド等々、
マニアにとっては楽しくてしかたない時代だったでしょうね。
No.12465は「出戻り」直後ということは、1978年頃の撮影では?と思っているのですが、如何でしょうか。
とりあえずGallery化は来週の定例更新で正式アップしますので、それまでにメールにてお知らせ下さい。

>TAKADA TENNTEKIさん
上のGulf4さんへのレスで輸出に関わる羽田や伊丹などでのマニアの楽しみ方を実感しましたが、
大元製造工場でのYS-11の様々な姿、特に期間限定とも言える姿も大変に貴重ですネ。
派手な塗装に比べればテスト中の姿は、ひょっとして当時は面白くないと感じて撮られたかもしれませんが、
このように長い年月を経て時代を捉えていくと貴重さが増しますね。
自衛隊機や海保機に手が回らず心残りのTAKADA TENNTEKIさんのようですが、
私たちから見れば、このような時代を捉えた貴重な数々の紹介には、本当に感謝しております。

>飛行浪人さん
入間基地で始まり入間基地で終わる、飛行浪人さんらしい良いアイデアですm(_ _)m
しかしNo.12471を撮影した当時は、入間基地住人になるとは夢にも思ってませんでしたか(笑)
しかし住人になれられたからこそ数々のショットを得て、それが拝見できたのは私達も嬉しく思ってます。
No.12468てN.SUZUKIさんNo.12403の撮影日が特定でましたね。ありがとうございます。





YS-11 Final Name:Takafumi HIROE Date:2014/10/14(Tue) 07:33 No.12428   
今回の話題のオープニング画像は厚木基地で撮影した海自YS-11M 9041でしたので、
最終章も、頑張っている61空に敬意と応援の意味を込めて、厚木で撮影した9042〜9044、
それも私の大好きな離陸ショットを、と思って画像を探したのですが・・・。

2012年8月23日、厚木基地R/W19から離陸する61空YS-11M 9042。
近年R/W19離陸撮影は、使用機材・撮影目的機種・天候、等々で撮影ポイントが思い思いに分かれます。
「R/W19 = 暖かい = 陽炎の心配あり」の図式ですから、被写体と距離が離れるのも問題多しですが、
YS-11の離陸は、低さを望むか陽炎の影響を少なくするか、その妥協点が難しいところです。


2007年3月29日、厚木基地R/W19から離陸する61空YS-11M-A 9043。
上のR/W19午前中の離陸と同様に、午後の離陸↓も悩みどころですが、
午前中側の撮影より午後側の撮影の方がレンズ焦点距離が短くて済むのが幸いしてます。


さて、問題は9044。
先のレスでもコメントしましたが、
2009年9月28日に小月基地でオーバーラン事故を起こし、厚木に戻ることなく抹消された9044ですが、
僅か数年間の差しかないにも関わらず、不思議なことに絶対的に撮影画像数が少ない。
離陸ショットも、低いアングルながら曇天下での撮影コマしかありませんでした。
ということで、9041紹介の原点に立ち返りました。
「Caravan」の文字も「らくだのマーク」も書かれてなくレドームは蛍光オレンジ塗装の9044。
1981年5月30日、厚木基地にて撮影。

Re: YS-11 Final Name:Stranger Date:2014/10/14(Tue) 08:03 No.12429
広江さん、皆さんおはようございます。

先ずは空自YS-11P型(人員輸送型)の内装の件です。
ご存知とは思いますが、P型として製造された機体は・52-1151・52-1152・62-1153・62-1154の4機。
そのうちVIP仕様として製造されたのは52-1151と52-1152の2機で、62-1153と62-1154は旅客と同じ仕様で製造されましたが、1993年 52-1151がFCに改造されため、62-1153がVIP仕様に改装されました。
02-1158は現在P型となってますが、元は機体側面に大型貨物扉があるC型ですのでNo.12279で紹介致しましたような内装です。

YS-11もいよいよ最終章ですね。色々悩みましたが、地元403sqの記念塗装機と直近に撮影致しました写真で〆ようと思います。
1枚目、航空自衛隊50周年塗装機YS-11P 02-1158です。塗装後初めてフライトした2004年4月22日に撮影しました。
ショートアプローチでしたのでイイ感じのヒネリが撮れました。


Re: YS-11 Final Name:Stranger Date:2014/10/14(Tue) 08:04 No.12430
2枚目、美保基地50周年記念塗装機YS-11P 02-1158です。T-400の時にも紹介致しましたが、垂直尾翼に某漫画キャラクターが貼られていない時の写真です。塗装後初めてフライトした2008年5月7日に撮影しました。

Re: YS-11 Final Name:Stranger Date:2014/10/14(Tue) 08:05 No.12431
最後は、2014年9月29日に撮影致しました機首に航空自衛隊60周年記念のロゴステッカーを貼ったYS-11NT 92-1156です。

この度のYS-11、参加させて頂き有難う御座いました。
広江さんや皆さんの貴重な写真を拝見出来ました事を御礼申し上げます。


Re: YS-11 Final Name:T.H Date:2014/10/14(Tue) 08:41 No.12432
YS-11 もFinal となりましたので、今日はアプローチ中のFinal 姿で3枚 まとめてみます。

今年は悪天候で出かけませんでしたが、2年前の木更津駐屯地祭 当日朝 厚木から到着した61空のYS-11M。
地元厚木でもほとんど撮った事が無い 富士山入りカットが、駐車場から撮れました。東京湾越しの富士山は ちょと遠く、撮影場所からYS-11までの距離も遠いです。
EOS-1D IV +500mm =650mm 相当。富士山が黒いのが残念です。

2012年10月13日 CAMP KISARAZU  YS-11M 9042 第61航空隊


Re: YS-11 Final Name:T.H Date:2014/10/14(Tue) 08:42 No.12433
今日まで 海自のYS-11を投稿していなかったので、もう1枚 Caravan を
昨年秋に厚木基地ローカルフライトで戻ってから T/G を何度か実施していたので、位置取りを色々替えて撮った中の1枚。
ファイナルでちょうど姿勢を変化させて頭がクイっと下がった感じになった瞬間。

2013年9月12日 ATUSGI AB R/W19 YS-11M-A  9043  第61航空隊


Re: YS-11 Final Name:T.H Date:2014/10/14(Tue) 08:43 No.12434

最後は鹿児島空港のR/W34 End 付近 アプローチライトの付近から撮った1枚。
鹿児島へ展開した初日はあまり天気が良く無かったので、平凡なアングルから離れて 着陸の正面と真後ろを撮ってみたうちの1コマ。
伊丹程ではないですが、鹿児島空港R/W34は、着陸機がけっこう低く(大きく)見られるロケーションですね。

2004年4月27日  鹿児島空港 R/W34 YS-11A  JA8771 JAC


Re: YS-11 Final Name:ET Date:2014/10/14(Tue) 09:43 No.12435
広江さん、皆さん、お早うございます。
1978年5月14日厚木の公開の最中上がって行った02-1159です。時期的にはPAPPYさんとT.Hさんが撮られた中間です。デモフライトではありませんでした。子供連れで気が付くのが慌ててシャッターを切った覚えがあります。


Re: YS-11 Final Name:ET Date:2014/10/14(Tue) 09:44 No.12436
2枚目です。1999年11月14日運良く入間でのYS-11の体験飛行の抽選に当り62-1153に乗ることが出来ました。写真は我々の前のグループのフライトから戻ってタラップを下すところです。機内で搭乗員が手を上の方に触れていますがこの辺りにタラップを操作する機器があるのでしょうか。またコックピットを飛行中に見学できましたが思った以上に狭いのに驚かされました。パイロットは大変だったのではないでしょうか。

Re: YS-11 Final Name:ET Date:2014/10/14(Tue) 09:45 No.12437
最後は2010年10月3日下総の公開で編隊飛行をする第205教育隊のYS-11T-A 6905及び6906です。この年限りでYS-11Tが退役するということで撮りに行かれた方も多かったのではないでしょうか。
>広江さん、7年前の8月京浜島であの時偶然お会いしていなければGoNavyに投稿することもなかったかもしれません。人の出会いは不思議なものですね。
ところで今回のお題大いに楽しませて頂きました。過去に多くのYS-11に関する本・雑誌またはブログがありますがそれらより範囲も広く内容の濃い内容になっていると思います。お疲れ様でした。


Re: YS-11 Final Name:A-330 Date:2014/10/14(Tue) 09:54 No.12438
広江さん、皆さんおはようございます。

最終章となりました。
最後の3枚選択にあたって、@大雪をモチーフ、A滑走路末端標識白ラインをモチーフ、B富士山をモチーフ、Cお気に入り順、のどれにしようか大いに迷いましたが、結局最終章に相応しいのはやはりBという結論に達しました(大げさな前フリ失礼しました(笑))

富士山カットの中から同一ポイント撮影+飛行点検隊使用3機に的を絞り、それぞれ富士山絡み三情景で締めさせていただきます。
撮影ポイントは5m程の小高い土盛りの上からですが、それでも通常の西側誘導路を転がる機体を富士山絡みで狙うと丁度低い下り坂に差し掛かるため、車輪が半分ほど手前の地表面に削られてしまいます。
そんな状況の下、西側誘導路工事があり、期間中はR/WバックまたはR/Wクロスして東側誘導路を使用していました。
1枚目は、そんな時期にR/W35離陸のためR/Wバックする#154です。

YS-11FC 62-1154(c/n2019) Flight Check Squadron 1998年入間


Re: YS-11 Final Name:A-330 Date:2014/10/14(Tue) 09:55 No.12439
2枚目は、#160を含め航空自衛隊YS-11で採用されたカラフル3種3機を一堂に。

YS-11FC 12-1160(c/n2159) Flight Check Squadron 1995年入間


Re: YS-11 Final Name:A-330 Date:2014/10/14(Tue) 09:56 No.12440
最後は、地元入間基地の点検フライトを実施中の#151です。

YS-11FC 52-1151(c/n2008) Flight Check Squadron 1998年入間

>広江さん、皆さん
二週間の長きにわたり、数多くの貴重な写真と楽しいエピソード等解説、そしてレスメッセージ有難うございました。


Re: YS-11 Final Name:航空反省官 Date:2014/10/14(Tue) 11:49 No.12441
広江さん、皆さんこんにちは。最終章では元の職場の所属機を2枚紹介します。1枚目は、那覇空港気象観測タワーから1988年7月に撮影したJA8712です。当然のことながら、側面よりも上面のオレンジの褪色が激しいですね。飛行検査(自衛隊では「飛行点検」でしょうか)は、管制官にとって頭の痛い事項の一つでした。まず、検査項目は事前に決まっているため使用滑走路と反方位のことも良くありました。例えば、夏場に那覇のRWY36、ILSの検査を行う場合はまず間違いなく反方位でした。しかし、ILSなどの機器は3ヶ月に一回の精度検査が規定されているため避けがたいことでした。到着機は空中待機、出発機は地上待機させ一度検査のためのローアプローチを実施したら今度は検査機を15分から20分ほど待機させて到着、出発機を処理し、これを繰り返していました。またもう一つの問題は、飛行検査のブリーフィンが9時から開始され、どんなに早くとも検査の開始は10時頃でした。つまり、本土からの第一便の到着、自衛隊が活発に動く時間帯に開始されるわけです。ただし、現在ではもう少し速く始めているようです。それと、当時は嘉手納がアプローチ業務を担当していたため、こことの調整も大変でした。でも、今となって見れば古き、良き思い出です。

Re: YS-11 Final Name:航空反省官 Date:2014/10/14(Tue) 11:50 No.12442
次は飛行検査機(登録記号不明)から見た成田のRWY16(現在はRWY16R)で、撮影は1998年2月です。この時は強い北からの背風を受け、なおかつ起伏のある空港北側の地形のため激しく揺れ、同乗した4人の内最後まで元気だったのは私だけでした。画面中央からやや左下に見えるのはヒルトン成田(当時は、成田リーガロイヤルホテル)です。これが出来たためにRWY34Lの最低離陸気象条件が厳しくなったという航空関係者にはあまりありがたくないホテルです。ただし、高さを規制する法規がない為いかんともしがたい状況だったようです。悪天候時にRWY34Lから離陸できず、背風であるにも関わらずRWY16Rから離陸させたこともありました。まあ、天気が悪いときは大体風は弱いと決まっていますから。最後に一言。日本では飛行検査は通常「Flight check」ですが、欧米では「Flight inspection」と呼ばれています。このため外国人パイロットには前者は通じないこともありました。また型式YS-11もほとんど判ってもらえないため「Twin turboprop」と説明していました。
長々と乱筆ご容赦ください。皆様の投稿を楽しく、かつ興味深く拝見しました。ありがとうございました。


Re: YS-11 Final Name:PAPPY Date:2014/10/14(Tue) 12:32 No.12443
広江さん、皆さんこんにちは。
1972年8月28日千歳基地に着陸する ANA モヒカン塗装の JA8698 です。
馴染み深い長寿機YS-11でしたが、いろいろ昔を思い出しながら参加させて頂きありがとうございました、また沢山のレスコメントお疲れ様でした。


Re: YS-11 Final Name:PAPPY Date:2014/10/14(Tue) 12:33 No.12444
二枚目は1970年4月6日羽田送迎デッキから未出レジで 日本国内航空(JDA)の JA8680 さど です。
この塗装は黒覆面と呼ばれていたのですね、なるほどです。


Re: YS-11 Final Name:PAPPY Date:2014/10/14(Tue) 12:34 No.12445
最後も1967年3月21日羽田送迎デッキからですが日本国内航空(JDA)が当初機体に付けていた宝石の愛称のものです。
N.SUZUKIさんがNo.12251で頭だけちょこっと見えているのが紹介されていますが JA8656 サファイア です。
ではまた次のお題を楽しみにしています。


Re: YS-11 Final Name:空と鉄と Date:2014/10/14(Tue) 17:56 No.12446
広江さん、皆さんこんばんは。
今回のYS-11シリーズ最後は、入間R/W35着陸で自分の撮影した中で現在までベストの光線だったYS-11EB 82-1155
です。
撮影は2007年11月22日、通常より少し低く降りてきた為に前で撮影していた方が写り込んでいます。


Re: YS-11 Final Name:空と鉄と Date:2014/10/14(Tue) 17:57 No.12447
2枚目は2007年12月10日、厚木R/W19にショート気味で降りてきた61空の9044でちょいヒネリしています。
この時のコマが9044を撮影した中では一番良い感じのショットでした。
皆さんの貴重な写真やエピソードを楽しく見せていただきありがとうございました、お疲れ様でした。


Re: YS-11 Final Name:THUD Date:2014/10/14(Tue) 18:37 No.12449
私の最後は、恒例の“次のお題へ向けてのテイク・オフ!”シリーズで一枚だけ。(勝手にシリーズ化してますが(笑))
今年2014年2月17日残雪が沢山あった厚木で撮影したYS-11M(9043)です。普段こういう撮り方はしませんが、このときはお腹ばかり狙ってみました(笑)


Re: YS-11 Final Name:Takafumi HIROE Date:2014/10/15(Wed) 18:46 No.12485
>Strangerさん
地元YS-11の三連発はStrangerさんとしては最後に相応しい話題ですネ。
度々話題にする空自50周年記念塗装機が厚木に飛来しなかったのは残念でなりません。
美保基地50周年記念塗装機も同様ですが・・・。
YS-11PのVIP仕様の解説ありがとうございました。最後に納得できました。
この後は、BBS IIで未だ話題にしてない空自C-1にStrangerさんが期待するところでしょうか。

>T.Hさん
アプローチ中のFinal姿の三連発とは恐れ入りました。
木更津基地周辺から富士山が見えるとは聞いてはいましたが、実際に意外と大きく写りこむのですネ。
冠雪の白い富士山を望むには、木更津基地公開が真冬の開催となるよう基地に交渉せねば(笑)
厚木基地でT/Gを繰り返すYS-11に遊び心を抱いて撮ることはありますが、なかなか良い絵は撮れません。
鹿児島空港R/W34へのタッチダウン前の姿は、厚木基地R/W01より断然に良い環境ですネ。

>ETさん
1978年5月14日の厚木基地公開中に離陸した空自YS-11は記憶にない・・・。あれっ?行ってない年かな?(笑)
私にも身に覚えがありますが、子供連れで厚木や横田の公開に私もよく行ったものです。
写真半分・ヒコーキ半分、そんな時代もヒコーキ撮影活動の中の一つの思い出ですネ。
空自の体験搭乗には、私が抽選に当たった時は既にYS-11は引退してました。残念無念です。
京浜島で偶然お会いしたのは2007年の真夏、もう7年も前なのですネ。本当にお会いできて良かったです。

>A-330さん
最後の話題には選択肢が4つもありましたか。いつも悩ませてしまい申し訳ありません。
しかしそれもまた楽しい悩みと思いながら画像選択されてると信じてます(笑)
富士山カット+同一ポイント撮影+飛行点検隊機、この三連発はA-330さんの豊富な画像数を表してますね。
No.12438の撮影ポイントの説明、反対側のフェンス外から撮る私には状況がよく理解できます。

>航空反省官さん
元の職場の所属機の二連発。今回のBBS IIデビューの最後の話題にピッタリですネ(笑)
厚木基地でもILSのチェックが始まると、ラインからタキシーアウトすらできない場合もあるようです。
管制官側・検査航空機側・他の航空機側、それぞれ大変なようです。
関係各所には事前に通達が回ってるはずですよね。
何もその日に時間に密な訓練スケジュールを組まなくても・・・と思う時もあります。
成田空港R/W16Rエンド東側のホテルは何かと制限アリですか。悪天候時の運用に支障があるとは驚きです。
「Flight Inspection」は理解し厚木基地でも用いてますが、つい『Flight Check』と言ってしまいます(笑)

>PAPPYさん
モノクロながら、1970年前後の民航機をよく撮り溜められたものと改めて感心してしまいます。
以前にも話題になりましたが、1960年代後半には私も羽田に行きましたが、まだ標準レンズのみ。
当然、ターミナルビル屋上からの撮影ですが、その頃のネガさえ行方不明となってぃる私です(^_^;

>空と鉄とさん
一年を通して冬になる手前の11月が空の色や空気の透き通り感が一番悪いと私は感じてます。
厚木基地に限ったことでなく、より内陸となる入間基地でも同様の現象かと思いますが、
No.12446の光の当たり具合は確かに最高ですね。色々な条件が重なった数少ない撮影チャンスだったでしょうね。
2007年12月10日は一緒に撮っていたようですね(笑)

>THUDさん
『次のお題へ向けてのテイク・オフ!』、『次のお題へ向けてのバーナー・オン!』、定番となりましたネ(笑)
この一枚を拝見すると『あっ、終わったんだな』と肩の荷が下ります(^_^;
次の話題の最後に『次のお題へ向けてのバーナー・オン!』は期待できますか?(笑)





YS-11 Part.13-3 Name:飛行浪人 Date:2014/10/13(Mon) 21:55 No.12412   
>緊急警告に驚いて投稿途中で消してしまったので再度入力し直します。
1976年9月頃、フィリピン航空局から政府に移管されたRPー77が改修整備のため大阪空港の全日空整備に飛来しました。この時は既にタイトルは消されていました、残念。


Re: YS-11 Part.13-3 Name:飛行浪人 Date:2014/10/13(Mon) 22:01 No.12413
>使い勝手がわからず失礼しました、続けます。
RPー77は多分2ヶ月後ぐらい後1976年末頃に新装なってドックアウト、聞いた話によるとイメルダ専用機として大阪国際空港からフェリーされて行きました。


Re: YS-11 Part.13-3 Name:飛行浪人 Date:2014/10/13(Mon) 22:07 No.12414
もう1枚は2012年1月のドンムアン空港、旧貨物地区で放置された元プーケット航空のYSー11。
国籍が消されていますが手前はHS-KVA(JA8761)奥がHS-KVO(JA8744)です。
今年の公開は反対側だったのでどうなっているかは判りません。


Re: YS-11 Part.13-3 Name:うみ太郎 Date:2014/10/13(Mon) 22:19 No.12415
最後はすでに出ているレジですがあまり見られない光景を貼ります。
JCABのエリアで夜中に機体を洗浄していました。勝手に想像していたイメージでは機械で洗ってると思ってましたが、ホースで水をかけて、洗剤付けてデッキブラシで洗ってました。

広江さん、飛行浪人さん>
画像を見直しましたが、位置が悪く判りにくいのですがRP-C2677の様です。大変失礼しました。

2000年5月10日 羽田空港 JA8711


Re: YS-11 Part.13-3 Name:うみ太郎 Date:2014/10/13(Mon) 22:39 No.12416
もう1枚も見慣れない光景です。
2010年3月18日の撮影ですが、2007年7月に引退したJA8709が突然海保YSの横に置いてありました。
現役時代にはこの場所に置いてあるのを見た事がなかったので貴重な2ショットになったと自分では思ってます。 JA8709 + JA8701 長時間露光で離陸する機体がバックにリボンの様に写ってます。


Re: YS-11 Part.13-3 Name:TAKADA TENNTEKI Date:2014/10/13(Mon) 23:21 No.12417
 広江さん、皆さんこんばんは。今日は未だ出ていない3枚を。1971年2月小牧のJA8712 航空大学です。JA8711と共に小牧でも時々TGを繰り返しておりました。ヒマな空港だったのだと思います。

Re: YS-11 Part.13-3 Name:TAKADA TENNTEKI Date:2014/10/13(Mon) 23:27 No.12418
 次は大阪空港のJA8641 1968年12月の撮影です。この時期東亜航空と全日空が共同運航しておりました。

Re: YS-11 Part.13-3 Name:TAKADA TENNTEKI Date:2014/10/13(Mon) 23:41 No.12419
 最後は未出Noで、JA8759 東亜国内航空”だいせつ”1987年5月の大阪空港です。大阪に帰省時には新明和を覗きに行ったりしておりましたが、あまり時間が取れなかったのが、いまにし思えば残念なことです。

Re: YS-11 Part.13-3 Name:怪鳥 Date:2014/10/14(Tue) 00:16 No.12420
広江さん、皆さん、今晩は
台風の接近でこちらは荒れ模様ですが、YS BBSは大盛況ですね。今まで「YSなんて」と思ってましたが、皆さんの貴重な画像を拝見して、こんなに色々バラエティーがあったのかと認識を新たにした次第です。
当時は民間機に関心が無かったとは言え、小牧の航空宇宙ショーでぺリタを見過ごしていたのが何とも残念だったのでポジを掘り返してみましたが、P‐3の後ろに赤白の尻尾が写っているだけでした。
発掘中に1号機JA8611の飛行中が出てきましたのでボケボケですが貼らせて頂きます。


Re: YS-11 Part.13-3 Name:怪鳥 Date:2014/10/14(Tue) 00:18 No.12421
ワタシの最後は外地で遭遇した唯一のYS、VASPのYS-11A-212 (C/N2084) PP-SMN, SAMURAIです。tu-kaさん達ご紹介の航空局JA8709の30年前の姿で、1976年2月サンパウロのCongonhas空港で撮ったものです。アルゼンチン、ブラジルを廻ってメキシコに戻る途中に寄った国内線の空港で、VARIGのエレクトラやTRANS BRASILのカラフルなB.727、BAC-111なんかが引っ切り無しに発着するのを一日中眺めておりました。

Re: YS-11 Part.13-3 Name:73400 Date:2014/10/14(Tue) 00:45 No.12422
広江さん、皆さん、こんばんは。
2枚とも、稚拙な画像で失礼します。
全日空のYS-11A・JA8769。1984年7月22日、仙台空港にて。
現在のターミナルビルからずっと西側にあった、旧ターミナルビルの送迎デッキからの撮影です。


Re: YS-11 Part.13-3 Name:73400 Date:2014/10/14(Tue) 00:47 No.12423
次は、上記から13年前の1971年8月ごろの仙台空港での同機・JA8769。
この時はまだ仙台空港はジェット化される前で、ターミナルビルも更にこじんまりしたものだったと思います。
整備作業風景も、はた目には、のんびりした雰囲気に見えます。
女子職員がバケツとやかん(?)を運んでいますが、このような情景は今の駐機エプロンで見られるのでしょうか。


Re: YS-11 Part.13-3 Name:しか太郎 Date:2014/10/14(Tue) 01:52 No.12424
広江さん、皆さん、こんばんは。
前々回の投稿と同じ入間RW17の午後ポイントで撮影した飛行点検隊の62−1154です。06年6月27日撮影。個人的にはRW35の正面転がりよりこちらの方が好みです。


Re: YS-11 Part.13-3 Name:しか太郎 Date:2014/10/14(Tue) 01:57 No.12425
2枚目も飛行点検隊の機体です。2013年11月1日航空祭の練習で撮影した12−1160です。以前は別の場所で撮影していましたがここ最近は本番もこのポイントで撮影しています。以前うみ太郎さんが紹介されていたのと同じ場所と思います。

Re: YS-11 Part.13-3 Name:しか太郎 Date:2014/10/14(Tue) 02:04 No.12426
3枚目は今年の5月25日海自大村基地航空祭で撮影した海自43号機のエンジンです。YSの運用も今年で最後ということと、単に時間がいっぱいあったので細部写真を撮っていて初めて気づきました。エンジンにロールスロイスのロゴが入っているのですね。
空自の機体にはなかったような・・・・。


Re: YS-11 Part.13-3 Name:Takafumi HIROE Date:2014/10/14(Tue) 07:28 No.12427
>飛行浪人さん
私のレスと重なり、ちょっとバタバタして申し訳ありませんでしたm(_ _)m
RP77について私は全く知らなかった機体なので調べました。
製造番号2179のYS-11A、元の所属は「Philippine Civil Aviation Administration」。
これがNo.12412でコメントされたフィリピン航空局のことですね。
ということは、No.12412とNo.12413は政府専用機ということになるのですね。
Gallery化の表記に悩んでの確認コメントです。整備の終えた後の姿は綺麗ですねぇ〜。
3枚目No.12414は2機とも引退後の姿ですネ。これまた要調査です。

>うみ太郎さん
夜景の見慣れないシーンの連発紹介。共に面白いですネ。うみ太郎さんならではのアイデアですね。
ヒコーキの手洗いでの洗機シーンはTVのバラエティ系の番組でも度々放映されてますし、
厚木基地の局地的なマニア間では「手洗い洗機」は常識的(あくまでも一部(笑))ともなってます。
2枚目No.12416のJA8701の上から斜め右上への線は何かなぁ〜と思ったら、離陸していく機体のライトですか。
一瞬、D-Backを思い出しましたが・・・(笑)

>TAKADA TENNTEKIさん
貴重な航空大学YS-11がコンプリートできましたね。ありがとうございます。
撮影の日はJA8711共々2機で名古屋に来ていたのですか。
まあ「ヒマ」が理由なのかは置いといて、ラッキーな日でしたネ。
「東亜航空」と「全日空」のタイトルが書き入れられていた機体は初の紹介になるのかな。
そもそも私は知りませんでしたが、特定の路線のみの共同運航ですか?。それとも全国規模?。
コメントからだと主語的なキーワードが抜けているので、ちょっと理解しずらいです。

>怪鳥さん
度々話題に出ますが、1971年の小牧航空宇宙ショーは「Blue Angels」が目立ちすぎでしたから(笑)
No.12420紹介の画像は、No.12112紹介の空港側をタキシングする姿の続きのショットですよね。
1976年に南米に行かれたのですか。今でも大変な南米行きですから、当時も大変だったでしょう。
それも、アルゼンチンからというのも凄いですねぇ〜。一日中眺めていた機影も羨ましすぎます。
VASPのYS-11の垂直尾翼の「SAMURAI」には苦笑いするしかありませんね。これは全機に書かれたのかな。

>73400さん
同じ地での同じ機体での13年の差を紹介するアイデアは面白いと思いますが、
コメントにはないのですが2コマの撮影場所は、位置的には全く別の離れた場所でしょうか。
旧ターミナルビルの上か下かの差の程度なのでしょうか。
まあそれはともかく、No.12423の風景は、のどか過ぎますネ(笑)

>しか太郎さん
個人個人、やはり自分でお気に入りの場所があるようですね。
撮りやすさ撮りにくさ、光の当たり具合、等々で、厚木基地でも同じようなことが言えますが、
ただ私の場合、決定的な違いはタキシングシーンを撮らないことですかね。
もっとも、南側で撮れる地上が写り込むシーンは、タキシングとは言いがたいですが(^_^;
「RR」ロゴは私の頭の中では、有るものだと思い込んでますが、あれっ?貼られてないのかな?。





YS-11 Part.13-2 Name:THUD Date:2014/10/13(Mon) 12:32 No.12385   
YS-11 Part.13が20レスを超えましたので新規にYS-11 Part.13-2を立てます。よろしくお願い致します。
2012年3月15日、2機揃って入間のR/W35へ向かうYS-11EA(12-1163)とYS-11EB(82-1155)です。
私にとってはちょっと珍しいシチュエーションでした。


Re: YS-11 Part.13-2 Name:THUD Date:2014/10/13(Mon) 12:42 No.12386
No.12154で紹介した航空公園駅前に置かれているJA8732ですが、↓はそのコックピットの様子です。
同日の2013年5月18日の撮影で、右側に足だけ写っているのは見学者に説明するためのボランティアの方です。


Re: YS-11 Part.13-2 Name:DOC.K Date:2014/10/13(Mon) 13:40 No.12387
>広江さん、皆さま今日は、少し投稿に手間取っていました、まだ出ていないJA8777’せとうち’で1986年熊本空港です、バックに車が見えますがここの道路が撮影ポイントです。
>飛行浪人さん、遅くなりましたがJA8821の解説ありがとうございました。


Re: YS-11 Part.13-2 Name:DOC.K Date:2014/10/13(Mon) 13:44 No.12388
もう1枚出ていないようですのでJA8723’きび’です、同じく1986年熊本空港です。

Re: YS-11 Part.13-2 Name:Stranger Date:2014/10/13(Mon) 14:02 No.12389
広江さん、皆さん、こんにちは。

本日は2010年9月26日に美保基地で行われた体験搭乗で撮影致しましたYS-11P 62-1153の室内を紹介致します。

先ずは1枚目、機体前部のVIPルームです。シートが前後対座で配置されその間にテーブルが設置されてます。
通路の反対側にも同様のシートとテーブルが設置されてます。


Re: YS-11 Part.13-2 Name:Stranger Date:2014/10/13(Mon) 14:04 No.12390
2枚目、VIPルーム後部(主翼の辺り)にあるラウンジです。ソファーシートが通路向きに設置されてます。
通路の反対側も同様の配置です。


Re: YS-11 Part.13-2 Name:Stranger Date:2014/10/13(Mon) 14:05 No.12391
3枚目、ラウンジ後部の随行者用の室内です。旅客タイプと同じ仕様ですね。

Re: YS-11 Part.13-2 Name:sugair Date:2014/10/13(Mon) 15:01 No.12392
広江さん、皆さん こんにちわ。
日本近距離航空のトリトンカラーYS-11A JA8727、真夏の千歳36R APPです。
No12336 ETさん、No12281広江さんの中間時期にあたります。
広江さんNo12335の前に出すべきでした。すみません。
YS-11A cn2095 JA8727 日本近距離航空 1988年8月 千歳空港36R


Re: YS-11 Part.13-2 Name:Det.H Date:2014/10/13(Mon) 15:31 No.12393
広江さん 皆さん こんにちは
空の様子が段々怪しくなりましたが、今は嵐の前の静けさです
皆さんのところは大丈夫でしたでしょうか 被害の少ないことを祈ります

さて、最終回のあすは参加出来ないのでこれが私の最後となります
1972年4月、返還前に訪ねた沖縄初日、那覇空港のターミナルからの撮影です
前日船で沖縄入りをし、当日友人を迎えに行きました

今回のYS、皆さんからの多種多彩の機体を見て、今更ながらもうちょっと民航、日の丸君もやっていればよかったかな?と思うきょうこの頃でした (^^;;
ではまた次のスレッドで


Re: YS-11 Part.13-2 Name:sugair Date:2014/10/13(Mon) 15:42 No.12394
JDAから変ったTDA初期の橙色「T字」とマークデザインは「マリーゴールド」花の色から来ていると聞きました。SW(今はCAと言っていますね)もミニの制服だったはず。
東亜国内航空 JA8678「おき」

YS-11 cn2038 JA8678 TDA 1974年頃 羽田空港


Re: YS-11 Part.13-2 Name:ET Date:2014/10/13(Mon) 15:43 No.12395
広江さん、皆さん、こんにちは、
台風19号大したことなく通り過ぎてほしいですね。今日は羽田での3枚を貼らせて頂きます。1枚目はその塗装から「黒覆面」という仇名があった日本国内航空時代のJA8667“むろと”で、1970年11月1日の撮影です。隣のDC-8や海上に埋め立ての準備と思える杭が間近に見える44年前の光景です


Re: YS-11 Part.13-2 Name:ET Date:2014/10/13(Mon) 15:44 No.12396
2枚目は未出のTDAのJA8648 “つがる”で、後ろに見えるのはANAのJA8722(これも未出と思いますが)で、1985年1月20日です。

Re: YS-11 Part.13-2 Name:ET Date:2014/10/13(Mon) 15:45 No.12397
3枚目は既出ですが1985年8月16日旧RW22に降りる海保のJA8780です。この頃は夏らしい写真が撮れたのですが最近は以前とは違うと思うのは私だけでしょうか。

Re: YS-11 Part.13-2 Name:Komatsu Date:2014/10/13(Mon) 17:21 No.12399

JA8678は、No.12394でsugairさんが東亜国内航空時代の「おき」を紹介されていますが、
 ↓ は、東亜航空が日本国内航空と合併する前、東亜航空で運用されていた頃の同機です。
1967年11月1日、伊丹での撮影です。



Re: YS-11 Part.13-2 Name:Komatsu Date:2014/10/13(Mon) 17:23 No.12400

1967年11月1日、伊丹R/W32にアプローチする日本国内航空のJA8640「真珠」です。
この頃、伊丹へはほとんど行かなくなっていたので、民間航空のYS−11を撮影した最後の機会となりました。



Re: YS-11 Part.13-2 Name:N.SUZUKI Date:2014/10/13(Mon) 17:34 No.12401
広江さん 皆さんこんばんは。
 YS-11-100 c/n 2027 PI-C964 FOA 、撮影は1966年10月羽田からのフェリー時と思います。 なお、この機体は、ネットで確認できる、75年のマニラでは、塗装はPAL、レジはRP-C964となっています。その後 はMID PCIFIC( N108MP)に売却されています。
>広江さん、
FOAのYS-11は、4機(PI-C962〜C965)が確認できますが、フィリッピンの機体では重整備を、日本で(羽田又は大阪)行う機会が多かったため、国内で見ることが出来ました。FOA所有機等を除き、海外を転々としている機体は、NAMC所有の機体を、期間を定めて海外へリースしている例が多いと思います。
 なお、後方の羽田空港ビル屋上に見えるYS-11は、1965年から約10年間展示されていたもので、元は強度試験用の02号機で、公開用に旅客機の内装、外部塗装(JA8611と同じ塗装)がして有りました。


Re: YS-11 Part.13-2 Name:N.SUZUKI Date:2014/10/13(Mon) 17:36 No.12402
2枚目は、1968年4月 羽田整備場に並ぶ、輸出向けのYS-11 JA8695、JA8692、 PP-CTGです。
 手前からJA8695、YS-11A-200 c/n 2062 PIEDMONT AIRLINS向け(N189P)です。
 次は、JA8692 YS-11A-200 c/n2059 VASP向け(PP-SMI)
 最後は、PP-CTG YS-11A-200 c/n2063 CRUZEIRO向けで、この機体は72年10月サンパウロの空港でオーバーラン事故で修理不能となっています。



Re: YS-11 Part.13-2 Name:N.SUZUKI Date:2014/10/13(Mon) 17:37 No.12403
3枚目は、JA8780 YS-11A-200 c/n2164 ANA 1974年11月伊丹からの離陸です。
後部胴体に UNDER CHARTER TO AIR NIUGINIの文字があるように、この日、ニューギニアのポートモレスビーへフェリーした時のものです。この日は、他に、ANAの F-27最後の売却機( AIR NIUGINI P2-BNF )機のフェリーフライトも同様、ポートモレスビーへ飛び立っています。
  なお、この機体は、ニューギニアでのフライトは短期間だったようで、帰国後、改修を行い、79年からは海上保安庁のYS-11A #3号機(しゆれい)として2009年まで使用されました。


Re: YS-11 Part.13-2 Name:Seagull Date:2014/10/13(Mon) 18:43 No.12404
広江さん 皆さん、こんばんは。
2003年10月4日 小月基地航空祭に飛来していた第205教育航空隊のYS-11T-A(6904)
海自・海保パイロットの初等を唯一養成する教育基地、小月。岩国から約2時間の道のりです。
基地内の丘から俯瞰で撮りました。


Re: YS-11 Part.13-2 Name:Gulf4 Date:2014/10/13(Mon) 21:18 No.12405
広江さん最初にNo.12357の撮影年に関して失礼しました。1970年でしたね、すでに訂正してあります。
今日も東亜航空のYS-11(JA8678/製造番号2038)、1970年5月15日、大阪国際空港(伊丹)で撮影しました。
No.12399でkomatsuさんが紹介していますが、塗装が変更されていますね。


Re: YS-11 Part.13-2 Name:Gulf4 Date:2014/10/13(Mon) 21:27 No.12406
No.12405と同じ日、1970年5月15日、大阪国際空港(伊丹)で撮った東亜航空のYS-11(JA8684/製造番号2045)。
この機体はAerolineas Argentinasから戻った機体で、その塗装が気に入って、そのまま使用したとか。
それに伴ってNo.12405のJA8678も塗装を変更して、東亜航空の新塗装とした様です。


Re: YS-11 Part.13-2 Name:Takafumi HIROE Date:2014/10/13(Mon) 21:51 No.12411
>THUDさん
新スレ立てありがとうございます。
YS-11EA, YS-11EBが2機揃ってのタキシングは珍しいのですね。
両機のミッション概要すら分りませんが、単に偶然2機が同時にラインを出てタキシングしてきたのか、
または2機のフライトでミッションに向かうのか、大変に興味のあるところです。
YS-11のコックピットは古風ゆえなのか意外とシンプルに感じます。

>DOC.Kさん
撮影ポイントが1枚目で紹介されてますが、ひょっとして、その場で撮ると2枚目のアングルとなるのでしょうか。
これまでに紹介されたのは、おそらくホンの一部でしょうから、
DOC.Kさんの熊本空港で撮り溜められた画像をもっと拝見したくなりますネ。

>Strangerさん
さすがYS-11P。旅客タイプ + VIPルームが備わってるのですネ。一度は座って国内旅行したいです(笑)
素朴な疑問ですが、#153に限らずYS-11PにはVIPルームが備わってるのですか?。
随行者というか一般の客室は旅客タイプと同じようですが、海自YS-11Mとは異なりますね。

>sugairさん
やはり、というか、当然NKAにトリトンカラー時代があるのですね。紹介順は全く気にする必要はありません。
逆に、このように紹介された方が『やはり・・・』となって楽しいし、Gallery化では撮影順で並ぶのでOKです。
TDA初期のデザイン、その表現に『なるほど』と納得、色は「マリーゴールド」ですか。ものすごく納得(笑)
しかし、SW(現CA)の制服のスカートの長さのコメントって必要?(笑)

>Det.Hさん
後悔が先に立たないのは誰も同じ、もちろん私もですヨ(笑)。これまでのBBS IIの話題で何度味わったことか。
最終章前にしてDet.Hさんのラストですね。ありがとうございました。
Gallery化のサムネイルは、150x100の作品の意図とは異なることをご容赦下さい。

>ETさん
3枚目No.12397を拝見し、ETさんと京浜島で初めてお会いしたのを思い出しました。何年前ですかねぇ〜。
主な撮影対象が軍民に分かれてますが、このような場で共に楽しめるのが良いところですネ。
しかしETさんも、もちろんのごとく羽田で多くを撮られてますよね〜。
JDAの「黒覆面」とは面白いニックネームを付けましたね。何処のマニアも名付けの天才です(笑)
R/W22で夏らしい写真が撮れなくなったのは、羽田に限ったことではないと私も感じてます。
ゼロとは言いませんが、澄んだ真夏の空に白いモクモク雲の条件が減りましたよね。

>Komatsuさん
今回の話題では、1960年代の貴重な民間機もよく撮られてると、失礼ながら感心してしまいました。
ただ、YS-11の初撮りが1966年6月18日、最後が1967年11月1日、と期間が短いのが残念かもしれません。
しかしその分、逆に厚木基地での撮影期間が長いのが幸いしてるかもしれませんネ。

>N.SUZUKIさん
FOAはYS-11の重整備を日本で行うために、見る(撮る)機会が多かったのですネ。納得できました。
羽田空港ビルの屋上にYS-11が展示されてましたねぇ〜。思い出しました。しかし撮影はしてません(^_^;
2枚目No.12402は、またGallery化のし甲斐のある画像です。しっかり組み込みました(笑)
3枚目No.12403は、格好イイですねぇ〜。伊丹空港のターミナル屋上から撮れるアングルですか?。
このようなアングルを一度は撮ってみたかったです。
しかしフェリーフライトに出発した日という非日常は、やはり日付までほしいところです。

>Seagullさん
小月基地航空祭で基地内の丘(?)から紹介のようなアングルが撮れるのですか・・・。
あまり見たことのないアングルですが、工事等々の期間限定?だったのでしょうか。
背景に写るのは干潮時の海?河口かな?。新鮮な絵ですね。

>Gulf4さん
東亜航空の塗装デザインが異なるのは、コメントされて気づき、調べてみました。
N.SUZUKIさんNo.12180紹介JA8639、KomatsuさんNo.12165紹介JA8666とNo.12399紹介JA8678、
この1967年までに撮影された3コマがGulf4さん紹介と異なりますね。
その後の塗装デザインは、1970年以降の撮影です。つまり、数年間の空白期間があります。
しかしNo.12406のコメントから、1970年初頭から新デザインに変更した可能性が高いようですね。





YS-11 Part.13 Name:Takafumi HIROE Date:2014/10/13(Mon) 07:13 No.12363   
空自YS-11電子戦型の初期の姿を三連発で紹介します。
いずれも本来のYS-11のエンジン音。やっぱりYS-11はこの音ですよねぇ〜。えっ?聞こえない?(笑)

当初のYS-11ELは2機が改造され、その後はYS-11EBとして改造された82-1155, 02-1159と共に、
YS-11EL 2機もYS-11EBに改造されて現在のYS-11EB 4機体制に至ってます。
1983年に改造されたYS-11ELの1号機はA-330さんからNo.12326で紹介された12-1161。
そして1号機改造から8年後の1991年に改造された2号機は↓の92-1157。
↓は初フライト直後で、空自に引き渡される前のNIPPIでのテストフライト時のシーンです。
実は、当時私は「YS-11EL」の名称を知らず、記録手帳には「YS-11E」と記述してます(^_^;
YS-11EL 92-1157、1991年4月15日、厚木基地にて撮影。


YS-11Eは12-1162と12-1163の2機が改造されました。↓は2号機として1979年に改造された12-1162。
残雪がシャーベット状または一部がアイスバーンとなった千歳基地エプロンからタキシーアウトする姿。
足元がつるつるで撮影は寒さよりも転んではいけないとの緊張感が先に立ちました。
この日は千歳基地からフライトしており、No.12259紹介TDA JA8757の撮影場所では、
後ろを振り返ってR/W36Lで着陸する姿を撮影しましたが、当然のことながら逆光。
背景に山々が写りこんで良いアングルでしたが、幸いなことに雪レフ板効果で逆光が救われました。
YS-11E 12-1162、1980年12月16日、千歳基地にて撮影。


YS-11E 1号機は1976年に改造された12-1163。
↓は「JSDF Jet Trainers」の話題で飛行教導隊「ドロドロ迷彩」T-2を撮影したのと同じ日の撮影。
この日は百里基地から2回(?)フライトしており、離陸・着陸・転がりと多彩に撮影できました。
YS-11E 12-1163、1989年1月25日、百里基地にて撮影。

YS-11E 2機もP-2Jのエンジンに換装したYS-11EAに再改造され現在に至ってます。

Re: YS-11 Part.13 Name:CJ Date:2014/10/13(Mon) 08:21 No.12364
今回は参加しないで様子見てようかと思ってたのですが、まだ出てないのがあったので貼っておきます。
JA8702の「おじろ1号」千歳18R-WESTの降りです。
No.12339でうみ太郎さんからあまり撮るチャンス無くとのコメントがありましたが、羽田(ブルーイレブン2号)と千歳双方に配備されていた時代があったからのようですね。最後は千歳で終えています。

YS-11A JA8702 (c/n 2175) Japan Coast Guard(CHITOSE Air Station) (Mar.14, 2005)


Re: YS-11 Part.13 Name:CJ Date:2014/10/13(Mon) 08:27 No.12365
あまり枚数が多くないのでJA8782も貼っておきます。これも千歳での撮影です。
2機が千歳基地に配備されている場合、海上保安庁の命名規則では番号の若いJA8702が「おじろ1号」で、JA8782が「おじろ2号」になると聞いています。

YS-11A JA8782 (c/n 2167) Japan Coast Guard(CHITOSE Air Station) (Apr.24, 2004)


Re: YS-11 Part.13 Name:CJ Date:2014/10/13(Mon) 08:36 No.12366
もう一枚おまけです。
今回のシリーズ、YS-11自体も貴重なショットが多いですが、その周囲や背景に写る機体にも目が行きます。
左隅にエアー北海道のDHC-6(JA8799)が写っていますが、ADKの稚内-利尻、礼文線の廃止直前に稚内空港で撮影したものです。

YS-11A JA8761 (c/n 2133) Air Nippon (Mar.30, 2003)


Re: YS-11 Part.13 Name:T.H Date:2014/10/13(Mon) 08:51 No.12367
全て既出機ですが ラス前の本日は、九州で撮ったYS-11 着陸ショットを3枚チョイスしました。

最初は ’95年新田原基地でフライトチェックのお仕事 R/W28へローアプローチ中 ファイナルの姿です。
新田原基地そのものを取材しに出かけた時に、たまたまフライトチェックのYS-11が飛来、飛行点検を実施していたので、地元機のトラフィックに多少影響が出て撮影の計画に若干遅れが生じた事もあったように思います。離陸前アーミングエリアでスタンバイ中の教導隊F-15DJが写り込んでいます。

1995年1月30日 NYUTABARU AB R/W28  YS-11FC 52-1151 飛行点検隊


Re: YS-11 Part.13 Name:T.H Date:2014/10/13(Mon) 08:52 No.12368
続いてもYS-11FCと九州で偶然出会ったもので、海自 鹿屋基地へ "エアメモ" 以外で唯一、普段撮りに出かけた時です。
まだ、P-3Cに 1空、7空 供 大きなマークが入っていた時期でした。R/W26 へのローアプローチだと思いますが、背景から08エンドより西側でP-3の離陸を狙っていた時に撮れたものではないかと思います。鹿屋を良く知る方には、この山が写り込んだカットなら 直ぐに あの辺りだと判るでしょうか。(笑)

1999年2月25日  KANOYA AB R/W26L  YS-11FC  62-1154  飛行点検隊


Re: YS-11 Part.13 Name:T.H Date:2014/10/13(Mon) 08:53 No.12369
3枚目は 先日投稿したのと同日・同レジ機の撮影なので、鹿児島空港から離島へ行って 折返してきた便の着陸だと思います。
鹿児島空港のR/W34 午前の着陸なら 桜島を写し込めると聞いていたので、何度かトライし 前年にも何枚か撮ってありましたが、天気・陽当たり・機体と山のバランス等で このカットがベターでした。翌年は午前側からの着陸 with 桜島カットは見当たらず。惜別のメッセージ入り機 + 桜島は撮れなかったようです。

2004年4月28日 鹿児島空港 R/W34  YS-11A JA8768  JAC


Re: YS-11 Part.13 Name:空と鉄と Date:2014/10/13(Mon) 09:44 No.12370
広江さん、皆さんおはようございます。
402飛行隊の黄色い鷲のマーク時代の写真が少ないようなのでモノクロにはまっていた頃のものを2点ほど。
一枚目は1985年2月21日、入間のR/W35へ転がって来た402飛行隊の52-1152です。
R/W上でホバー中のKV-107 44-4820が居ますが、バックの林がまだまだ現在よりも遥かに低く町並みがはっきり見えます。


Re: YS-11 Part.13 Name:空と鉄と Date:2014/10/13(Mon) 09:44 No.12371
2枚目は1987年11月3日の入間基地祭で展示されていた62-1154です。
まだまだ新車のCH-47Jを挟んだ隣には同マークのC-1 48-1004も見えます。
現在のパッチデザインのものよりもこちらの方が好きでした。


Re: YS-11 Part.13 Name:空と鉄と Date:2014/10/13(Mon) 09:53 No.12372
3枚目にはR/W35の最近の様子として、と言いながら7年も前ですが。
同じくR/W35へ転がって来た2007年11月26日撮影の403飛行隊の02-1158です。
この写真を貼る予定ではなかったのですがどうせなら比較にと急遽貼らせていただきました。


Re: YS-11 Part.13 Name:航空反省官 Date:2014/10/13(Mon) 10:15 No.12373
広江さん、皆さん、南の島でのショットを三枚紹介します。まずは、南西航空から日本トランスオーシャン航空への過渡期の塗装。JA8787、1993年7月に、前回の投稿と同様に気象庁の観測タワーから撮影したものです。垂直尾翼にマークがないため何となく間が抜けて見えますね。JTAは皆様ご存じのようにJALの系列会社で、優良会社でありずっと黒字を計上していました。JALが倒産寸前で青息吐息の時に、地元では、大株主である沖縄県を中心に「赤組を抜けて青組に入った方がよいのではないか」という意見があったそうです。ただし、様々な理由により実現せず、今日に至っています。

Re: YS-11 Part.13 Name:航空反省官 Date:2014/10/13(Mon) 10:17 No.12374
二枚目は、当時の国際スポットに駐機するP4-YSC(元JA8715)で、1989年4月、空港場外からの撮影です。那覇空港の場外からの撮影は、この場所と瀬長島しか経験がありません。当時は「中南米のどこかの国に売却される」という話しを聞いたのですが、それ以上興味を持つことはありませんでした。今回、投稿に当たって調べたところ、ベネズエラの沖合の島国、アルバでした。

Re: YS-11 Part.13 Name:航空反省官 Date:2014/10/13(Mon) 10:20 No.12375
三枚目です。空自の外来機用スポットのYS-11P、02-1158、撮影は1988年7月です。ここは通常、外来輸送機の定置場でYS-11、C-1、C-130がよく置かれていました。
ご存じの方も多いと思いますが、民間と自衛隊のYS-11の運用形態で最大の違いは航空機関士(Flight engineer /FE)の有無です。民間機にはいませんが、空,海ともにYS-11にはFEが乗務しています。参考ですが、政府専用機は基本的に747-400ですが、これも民間機にはいない航法士(Navigator) を自衛隊は乗務させています。軍用機の運航は特殊な面があるため民間機と同じようにはできないためと思われます。


Re: YS-11 Part.13 Name:A-330 Date:2014/10/13(Mon) 10:49 No.12376
広江さん、皆さんこんにちは。

ラス前ですね。
選択3枚は、広江さんスレッド「空自YS-11電子戦型」話題から、初マークと皆さんからの紹介が1枚だけの空自YS-11電子戦型を選択しました。
1枚目は日付ネタ、13日ですので13号機#163を飛行実験団マーク時のカットで。
これで航空自衛隊YS-11全てのマークコンプリートですね。

YS-11EA 12-1163 飛行実験団 1992年入間


Re: YS-11 Part.13 Name:PAPPY Date:2014/10/13(Mon) 10:49 No.12377
広江さん、皆さんおはようございます。
ラス前も羽田空港送迎デッキから未出のJAレジから選んでみました。
1970年4月6日の撮影で日本国内航空(JDA)時代の JA8665 あわじ です。


Re: YS-11 Part.13 Name:PAPPY Date:2014/10/13(Mon) 10:50 No.12378
二枚目は1973年5月11日の撮影の東亜国内航空(TDA)の JA8640 ましゅう です。


Re: YS-11 Part.13 Name:A-330 Date:2014/10/13(Mon) 10:51 No.12379
2枚目は、ついつい選んでしまう雪レフショットです。
大雪後に天気が回復した日は南風が吹いてくれるので光線状態は最高ですね。紹介は入間R/W17午後の降りです。

YS-11EL 92-1157 電子飛行測定隊 1998年1月入間


Re: YS-11 Part.13 Name:PAPPY Date:2014/10/13(Mon) 10:51 No.12380
三枚目も同じ1973年5月11日撮影の東亜国内航空(TDA)の JA8675 きりしま です。


Re: YS-11 Part.13 Name:A-330 Date:2014/10/13(Mon) 10:53 No.12381
3枚目はA-330投稿写真恒例(笑)、入間での富士山絡みショットです。
富士山を背景に入れての構図撮影にあたってはPLフィルターをフルに活用していました。
離陸滑走フル加速600m付近ですので機体速度は結構速く、腕の悪い私はパンしながら画面中央に富士山配置撮影に成功する確率は数%でした(^_^;

YS-11EB 82-1155 電子測定隊 1998年1月入間

>PAPPYさん
ごめんなさい、途中割り込みとなってしまいましたm(_ _)m


Re: YS-11 Part.13 Name:geta-o Date:2014/10/13(Mon) 11:33 No.12382
広江さん、みなさんこんにちは。
いよいよ最終コーナー。今日は何にしようかと迷いましたが最初はこのYS-11のBBSで最初のころ話題となったJAL塗装のYS-11(JA8787)
JALが込々でリースしたようですがJALが使用しないときJDAは国内線に使用していました。
1969/4/20 羽田


Re: YS-11 Part.13 Name:geta-o Date:2014/10/13(Mon) 11:34 No.12383
次はあまりうれしくない話ですがYS-11の最初の人命が関係した事故。1966/11/13松山沖で墜落したANAのJA8658。元気に飛んでいた20日ほど前の1966/10/24伊丹で撮影

Re: YS-11 Part.13 Name:geta-o Date:2014/10/13(Mon) 11:35 No.12384
次も事故関連TDAになってからの1971/7/3 函館空港の近くで墜落したJA8764”ばんだい”。
撮影は1971/4/11の羽田でのJDAですが事故時に塗装が変更されていたかわかりません。


Re: YS-11 Part.13 Name:Takafumi HIROE Date:2014/10/13(Mon) 17:09 No.12398
>CJさん
なるほど、現在の千歳と新千歳のR/Wの呼称の例は『18R-WEST』ですか。納得です。
海保YS-11の配備先(基地)および名称については気に留めてなく、Gallery化でも未記載ですが、
JA8702の例のように、こちらのマニアには遭遇機会の少ない時期があるのですね。
言われてみれば当然でしょうけど、これまた納得しました。
地上が写り込むショット、特に行ったことのない場所には、私はいつも興味津々で拝見してます。
追伸.
日付の表記、とても助かりますm(_ _)m。Gallery化作成時コピペ一発で済みます

>T.Hさん
九州の地で撮影されたYS-11の三連発、T.Hさんらしい面白いアイデアに脱帽ですm(_ _)m
何気ない機体でも、事前の調査もあり思い描いたカットが得られたことも素晴らしいです。
撮影された場所が写りこんだ付加価値により写真としての価値も増しますね。
それだけに、Gallery化では撮影地を記載してないことを大変に申し訳なく思います。

>空と鉄とさん
長い年月を経て撮影環境が変わった事を表現できるNo.12370とNo.12372は大変に興味深いです。
なんとなく頭の中の記憶として残っているイメージが、より具体化される2コマは的確なチョイスですね。
第402飛行隊のマークについては先の紹介で私も話題としてふれてますが、
当時の黄色い鷲のマーク、現在のデザイン、それぞれ撮影者の活動時期によって捉え方が異なります。
しかしこの後の年月を経ると、両者の捉え方も変化していくでしょうね。

>航空反省官さん
A-330さんと共にこの話題から参加された航空反省官さんの紹介画像は、
BBS IIを誌面と例えるなら、単調の中に変化が求められる構成上には必要不可欠な画像だと思います。
加えて、航空反省官さんならではの楽しい裏話しもありますしね(笑)
JTAが赤組を抜けて青組に入っていたら、今はどうなっていたのでしょうネ。
諸々の思惑や圧力(?)から実現されなかったことは、マニアとしては、ある意味残念です。
元JA8715のP4-YSCは、その後はどうなったのかな・・・。このレス後に調べてみます。
自衛隊機のFE搭乗は基本的なことですが、私は頭の中から完全に抜け落ちてました。
政府専用機B747も同様なのですね。

>A-330さん
この話題を進めるうちに、空自YS-11の機数以上のスレッドを立てねば、と思い始めました(笑)
しかしその思惑がなくとも、皆さんのパワーで必然的となり、Part.14まで進めることになりました。
ADTW機の紹介、ありがとうございます。これで空自YS-11の部隊マークがコンプリートしました。
今回は民航機以外の機体は機数も多くないのでコンプリートすると確信を持ってました。
途中で部隊マークのコンプリートにも欲が出ましたが、無事果たすことができました。
富士山絡みショットは恒例?(笑)。しかし主役が変わるごとに楽しむことができます。

>PAPPYさん
羽田の送迎デッキで多くを撮影された証の三連発ですね。
紹介はPAPPYさんのストックの一部でしょうけど、地道な撮影活動の大きな成果として表れてると思います。
背景に写る景色や機種が重要な役割となり、今振り返って見ると、当時が思い出されることでしょう。
ヒコーキだけではなく、このように地上が写りこんだ写真を撮り続けることが重要と思い知らされます。

>geta-oさん
数少ないJAL塗装機をカラーで撮られていたとは、さすがgeta-oさんですm(_ _)m
ここまで隠し玉として持ち堪えられてもカラー画像の初紹介となりましたものね。
松山沖で墜落したANAのJA8658、函館空港近くで墜落したJA8764”ばんだい”、共に記憶が蘇りました。
悲しい事故の機体を紹介されるのに躊躇があったかとは思いますが、記録としては大事なことと思います。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -