GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





A-3 Skywarrior 6 Name:Takafumi HIROE Date:2014/12/15(Mon) 06:35 No.12956   
EKA-3B/KA-3B運用部隊は、新編および改編でVAQ-129〜VAQ-135の7個部隊が誕生しました。
↓はVAQ-130の1つのDETから1969年5月に部隊として新編されたVAQ-135。
EKA-3Bの運用は1974年で終え、その後、EA-6Bに機種改編し更に現在のEA-18G部隊として有名ですネ。
↓はVAQ-135での初実戦クルーズ(1969年9月〜1970年7月)時の味も素っ気も無い姿。
以降はNo.268で紹介したEA-6Bや現在のEA-18Gにも用いられるマークになりました。

(KA-3B 138928/NL-610, VAQ-135, USS Coral Sea (CVA 43)、1969年10月13日、厚木基地R/W01着陸)

Re: A-3 Skywarrior 6 Name:geta-o Date:2014/12/15(Mon) 08:24 No.12957
広江さん、皆さんおはようございます。
今日もA-3B続けます。太平洋の艦隊は偶数番号のVAH部隊が多く配属されていたので今日は昨日のVAH-2の次はVAH-4
A-3B(142244/VAH-4/ZB-4) タイコンデロガ搭載のCVG-5所属機で日付不明ですが1963年の厚木での撮影です。


Re: A-3 Skywarrior 6 Name:PAPPY Date:2014/12/15(Mon) 08:48 No.12958
広江さん、皆さんおはようございます。
7機編隊スッキリしました、リーダー機の尻尾をよく見たら丸みの有る銃座あとのようなのでTA-3Bで当確ですね、黒いのが気になりますが。
1974年10月10日厚木に着陸する TA-3B VQ-1 PR-00 144860 です。
PRのA-3としてはこの頃垂直尾翼にフルカラーの帯地に電光、電子の環柄をまとった蝙蝠のマーキングになっており、胴体にも一本帯が入ってます。 残念ながら色はまったく覚えていません、何方かカラーで撮られているでしょうか。


Re: A-3 Skywarrior 6 Name:DOC.K Date:2014/12/15(Mon) 10:50 No.12959
>広江さん、皆さまA−3を楽しませて頂いています、私も一度だけ1980年5月3日の岩国FSDでPR−004(156459)のEA−3Bに出会う事が出来ました、展示を終えてト―イングされて行くところのショットを送ります。

Re: A-3 Skywarrior 6 Name:A-330 Date:2014/12/15(Mon) 16:01 No.12960
広江さん、皆さんこんにちは。

厚木で撮影したVQ-1を一休みして、今日は那覇へ飛来した機体です。
真近かで大きな黒いレドームのA-3転がりを見た時には迫力を感じました。

TA-3B PR-00 144860 VQ-1 1973年那覇


Re: A-3 Skywarrior 6 Name:waka Date:2014/12/15(Mon) 16:17 No.12961
広江さん、皆さんこんにちは。
前回の投稿の続きとして、EKA-3Bの側面のアンテナフェアリングを取り去りさった後のEKA-3Bの写真です。
EKA-3B VAQ-135 DET.5 NP-616(142661) USS HANCOCK搭載
1973年8月、HANCOCKの横須賀入港の折の厚木基地での撮影です。胴体後方のテイルコーンが色分けされていますが、同時期のNP-614と同じ赤かどうかは分かりません。
側面のアンテナフェアリングを取り去りさった跡がうっすらと見えますが、手術跡のようで、何か痛々しそうな感じがします。


Re: A-3 Skywarrior 6 Name:MACH3 Date:2014/12/15(Mon) 16:25 No.12962
1970の空母ボノムリチャード最後の極東航海ではVAQ-130はDet.31を派遣し、VAQ-130のインシグニアのドラゴンの愛称(Robbie)と空母ボノムリチャードの愛称"Bonnie"とA-3の愛称”Whale:クジラ”をデザインしたエンブレムを書いていました。

VMCJ-1も"Super Whale"と呼ばれるEF-10Bを1968年2月から1969年10月までダナンで運用していました。
こちらのクジラはとうとうお目にかかる事はありませんでしたが。


Re: A-3 Skywarrior 6 Name:toksans Date:2014/12/15(Mon) 18:58 No.12963
1973年10月27日、ポイントマグーで撮影した何の変哲もないVAQ-130のKA-3B 138953ですが、お尻に書かれているのは”DEEP THROAT II”。若い人でおっと言われる方は少ないかと思いますが、何でも開放的だった1970年代の有名なポルノ映画の題名。こう言うのが書かれていたのもある意味で開放的だったと思いますが、映画はグロテスクなものでした。

Re: A-3 Skywarrior 6 Name:N.SUZUKI Date:2014/12/15(Mon) 21:49 No.12964
広江さん 皆さんこんばんは、
 予定を変え、EA-3B PR-16 ヒゲロクで、広江さんのリクエストの側面です。
 撮影日は不確かですが、71年5月の厚木三軍時に撮れたPR-16は、上部のブレードアンテナは装備されていません。


Re: A-3 Skywarrior 6 Name:Cranberry01 Date:2014/12/15(Mon) 22:05 No.12965
広江さん、皆さん、こんばんは。

>広江さんの記述で、A-3の座席はejection seatではない事を初めて知りました。姉妹機のB-66には装備されているのに、なぜUSNは装備しなかったのでしょうか。これが1980年代までも運用を続けていたとは。初期を除いて直接戦闘には当たらなくなったのがその理由でしょうかね?
初期の型の乗員は3名だったので、、A3D→All 3(Three) Dead と揶揄されていたそうです。考えてみると恐ろしい飛行機ですね。チャンスがあっても、搭乗したくない飛行機の筆頭です。(笑)空撮も出来ませんし。

>BATMANさんのNo.12952のアホウドリはMIDWAYに着陸した印ではないかと察します。拡大画像を見たいです。
Midway Islansのいくつかの島は1996年までNAF MIDWAYの管轄にありました。 最大の島Sand Islandには立派なRWYが管理され、閉鎖されるまでは各種の航空機が飛来しています。
またMidway Islandsは太平洋で最大級のAlbatrosの生息地で、Albatros と言えばMidway、Midwayと言えばAlbatrosと言われるほどです。NAF MIDWAY のinsignia にもAlbatrosが描かれていました。
緊急着陸したUSAFの機体にもこのAlbatrosが描かれた事がありました。

↓は上の話とは全く関係はありませんが、普通のEKA-3B(147648) VR-25 1968年2月


Re: A-3 Skywarrior 6 Name:Takafumi HIROE Date:2014/12/16(Tue) 06:15 No.12966
>geta-oさん
純正の攻撃機A-3を運用する部隊はVAH (Heavy Attack Squadron)。
おっしゃるように、LANTがVAH-1, 3(FRS), 5, 7, 9, 11、PACがVAH-2, 4, 6, 8, 10でしたね。
名称こそ“VA”ですが攻撃部隊も“Heavy”と“Light”に別れていた時代に、
なお大型のA-3を運用するVAHを配備するとは、空母上も所狭しで大変だったでしょうね。
紹介のZB-4は、ウィットな感覚では隊長機と言えそうですネ(笑)

>PAPPYさん
VQ-1機も小さなワンポイントのパーソナルマーク的なものはいくつかありますが、
まさか怪しい部隊のVQ-1が、時々、派手な塗装を施すことがあります。
紹介の塗装の基調色はライトブルーです。垂直尾翼は黄色の電光と黒のコウモリです。
最終章までに何方からも紹介がなければ、私からポジをスキャンして紹介します。

>DOC.Kさん
私、この時のPR-004の機内に乗せてもらいました。
もちろんクルーと一緒ですが、機内の撮影はNGと聞いていたので、楽しみにして乗り込んだのですが、
なんとキャビンECMコンパートメントの偵察機器等々は一切装備されてない、まるで輸送機の客室。
と言っても、窓の無い機体左側の前後に細長いテーブルに向かって座るカウンター席のようでした(笑)
偵察機器等のコンソールは規格化されフレキシブルに入れ替えることができるそうですが、
まさか全て持ち出されていたとは本当に驚きました。

>A-330さん
これほど大きなレドームが胴体色とは異なる黒で塗られると迫力ありますよねぇ〜。
A-6も似た大きさで同様な感覚でしたが、A-6は黒の他にレドーム専用塗料のクリーム色姿もありました。
しかしA-3は終始黒、または胴体と同じ色でしたね。
那覇編の始まりでしょうか。これは楽しみです。

>wakaさん
CVW-21/USS Hancockの組み合わせでは1968年のクルーズからEKA-3Bの搭載を始めましたが、
VAH-10やVAQ-129は、CVW-21独特の伝統的なチェックとシェブロンを書き入れた他、
胴体の電光やラダーなど、各所に各機別々の色(赤・黄・青)を施してました。
紹介のVAQ-135のテイルコーンも同様に、1号機〜3号機を順に赤・黄・青で塗ってました。
したがって紹介のNP-616は3号機ですのでテイルコーンの色は青(ダークブルー)だと思います。
胴体側面から撤去したアンテナフェアリングの手術跡(笑)、
これがまたマニア心をくすぐられる魅力的な跡なんですよ〜(笑)

>MACH3さん
“Bonnie Robbies”とはそのような意味だったのですか。初めて知りました。
そのクルーズ時のEKA-3BはいつものVAQ-130のインシグニアとは異なるので、ずっと悩んでました。
クルーズ末期の1970年10月にDET.31はDET.3に改称しましたが、そのマークの“1”だけ消したのかな(笑)

>toksansさん
“DEEP THROAT II”、また随分と過激な・・・。今なら間違いなくアウトでしょうネ(笑)
しかしコレを思いついたクルーは偉い!。ある意味、天才的な発想でしょう。
私は時々書きますが、メイン画像と組み込み小写真を逆にしたほうが良いかも・・・。
ちなみに、タイトルは有名ですが私は実際に観てません(笑)
ここまで書くとコレを知らない方は、ネットで検索しまくってるかもしれませんよ(笑)

>N.SUZUKIさん
Prt.5 No.12951に続く側面形の紹介ありがとうございます。
1971年5月の三軍記念日のショットは既にNo.255で紹介してますが、背中の4本アンテナは無く、
1972年末頃には背中の4本アンテナが有りますが、お尻は銃座型テイルコーンです。
背中の4本アンテナが1960年代に有ったかどうかは私は全く記憶に無く記録もありませんが、
紹介の姿は1971年末頃から1972年半ば頃までの間の姿のような気がしてなりません。
それとも、背中の4本アンテナは任務によって脱着可能なのかな???。
MACH3さん、146449のこの姿の時期を推測できますか?。

>Cranberry01さん
昔のA-3のクルーの写真を眺めていると、どれも笑顔の写真ばかりです。
事故とは直接関係ありませんが、A-3の恐ろしさを知った上での笑顔と思えてなりません。
直接戦闘には参加しなくても、通常のミッションでも事故の多い機種ですので、
どの機種も事故の悲惨さは変わりないとは思っても、心の中ではA-3の悲惨さは本当に心が痛みます。
特に空母からローンチした直後の事故は脱出などする余裕もないでしょうからね。
さて、些細なことですが重要なことでもあります。紹介のVAW-13所属機は、ようやくの初紹介です。
EKA-3Bの最初の実戦参加は1967年11月からです。
最初の配備先はVAW-13の7個分遣隊ですが、1968年10月1日にはVAQ-130に改称されてますので、
“VAW-13”と書かれたEKA-3Bの撮影チャンスは決して多くなく貴重な存在です。





A-3 Skywarrior 5 Name:Takafumi HIROE Date:2014/12/14(Sun) 07:32 No.12942   
Part.3 No.12929で紹介した翌年のVAQ-133のKA-3B。
USS Kitty Hawkに搭載され1970年11月〜1971年7月、ベトナム戦クルーズに参加。
結局、VAQ-133でのEKA-3B/KA-3BはNo.12929紹介とこのクルーズの2回のみ。
1971年8月から1年間の部隊一時活動休止を経て1972年8月に活動再開しEA-6Bへの転換を開始しました。
ちなみに↓のクルーズでは垂直尾翼の前縁と胴体との境目に大きな矢印状のマークを書き入れてましたが、
撮影したKA-3Bは味も素っ気もない姿でガッカリでした。

(KA-3B 138966/NH-611, VAQ-133, USS Kitty Hawk (CVA 63)、1971年5月17日、岩国基地R/W(当時)19着陸)

Re: A-3 Skywarrior 5 Name:geta-o Date:2014/12/14(Sun) 08:59 No.12943
広江さん、皆さんおはようございます。
EA-3BのBu.No.を特定するのに苦労しましたね。このためこれを読むためにに6×7を購入する人もいたようですね。
広江さんの整理したギャラリー前のA-3に本来のA-3Bが少ないようなのでA-3B(147650/VAH-2/NL-601)
1963年の撮影(月日不明)ですがが本来のテールコード“ZA”でなくこの時はコーラルシー搭載のCVG-15と同じ”NL”でした。


Re: A-3 Skywarrior 5 Name:PAPPY Date:2014/12/14(Sun) 10:17 No.12944
広江さん、皆さんおはようございます。
広江さんのリクでNo.253の1970年10月9日の厚木基地上空でのA-3x7機編隊の画像分析結果です。
この日はR/W19運用でUSS Americaの艦載機が多数訓練飛行しており、私のこの撮影位置は墓場でしたが離陸のために前を通過したVQ-1機はフィルムセーブの為か撮っていません。ですが KA-3B VAQ-132 NG-611 142649 と EA-3B PR-4 146459 は2機で上がったので7機の内に含まれるでしょう。 先頭のリーダー機は色が黒っぽくてスターマークが小さいことから迷彩のRA-3Bで、向かって左端は帯と給油口が確認できるのでNG-611でしょう、他はすべてEA-3BですがModexは確認できませんでした。
この画像はノーカウントでお願いしますね(笑)。


Re: A-3 Skywarrior 5 Name:PAPPY Date:2014/12/14(Sun) 10:18 No.12945
今日の画像としては
1970年8月5日厚木を離陸するUSS Bon Hmme Richard搭載の EKA-3B VAQ-130 DET.31 NF-615 142661 です。


Re: A-3 Skywarrior 5 Name:toksans Date:2014/12/14(Sun) 10:30 No.12946
広江さん、皆さんお早うございます。

1966年2月14日の夕方に降りてきたRVAH-3のTA-3B 144865。航空雑誌の表紙に出てたこともあるRVAH-3のA-3ですが、厚木で撮れるとはその頃は思ってもいませんでした。

>geta-oさん、古い写真の整理とデジタル化に苦労していますが、geta-oさんの古い写真は何時も綺麗ですね。保存方法や現像手法に何かコツでもあるのですか?今度エンドでお会いした時にいろいろ教えてください。


Re: A-3 Skywarrior 5 Name:Komatsu Date:2014/12/14(Sun) 10:58 No.12947

1966年3月14日、厚木01エンドで撮ったVAP-61のRA-3B(SS-907 Bu.No.144842)です。

VAP-61/VAP-62の関連サイトに、『1966年6月13日に撃墜された』との記事がありました。



Re: A-3 Skywarrior 5 Name:MACH3 Date:2014/12/14(Sun) 16:45 No.12948
既に航空誌やネットで御存知かと思いますが、通称ヒゲロクの事を関係者はSeabrine Birdと愛称で呼んでいました。
旧ソ連が大陸弾道弾ミサイル発射実験に成功してから、アメリカ陸軍はミサイルの高高度での測定情報収集を感じ空軍に協力を申し出たが、陸軍と空軍との意見相違のため海軍が協力する事になりVQ-1はEA-3Bを提供する事になりました。
アメリカ陸軍は1961年からVQ-1のEA-3B(146449[PR-9]:通称ヒゲロクと144854[PR-10])に乗ってアラスカ州アリューシャン列島のシェミア空軍基地からの旧ソ連の大陸間弾道ミサイルの発射実験を観測しました。
観測に使用したEA-3Bは2機で146449はアメリカに帰国し機首に観測アンテナ増設い、144854には光学機器と遠隔測定器が設置されました。
その後1964年に陸軍のSAD-1(Special Activities Detachment-1)が正式に発足し、このミッションは1972年まで続けられました。
1965年に146449の観測装置が更新された時にこのプロジェクトをSeabrineと名付け、そのEA-3BをSeabrine Birdと呼びました。
(詳細はAirCombat誌、coldwar.orgで)従ってヒゲロクをSeabrineと表記しましたが、広江さんギャラリー上不適切と思われましたら削除してください。

#12894 A-330の発艦用カタパルトワイヤーを引っかけるフックを出したEA-3Bと同様にSeabrineと呼ばれたEA-3B。


Re: A-3 Skywarrior 5 Name:A-330 Date:2014/12/14(Sun) 18:00 No.12949
広江さん、皆さんこんばんは。

広江さん、geta-oさん、MACH3さんの解説とネット情報提供のおかげで、SAD-1(Special Activities Detachment-1)とプロジェクト用改造機体を"Seabrine Bird"と呼んでいた事を改めて知りました。
VQ-1はもとより、隠れVQ-1?も任務内容等々の奥が深いですね、もっと知りたくなりました。

紹介は通常のVQ-1/PR-03の離陸です。
低い離陸のおかげで6x7/300mm(35ミリ/150mm相当)でも十分狙うことができた良き時代でした。

EA-3B PR-03 146452 VQ-1 撮影は1975年頃の厚木です。


Re: A-3 Skywarrior 5 Name:waka Date:2014/12/14(Sun) 20:06 No.12950
広江さん、皆さんこんばんは。
1970年の春から厚木に通い始めましたが、そのころには、A-3の本来の役割である重攻撃機としての任務は解かれ、空中給油や電子戦の機種になっていました。その中で、私にとっては、たぶん唯一撮影できたVAHの部隊のKA-3Bを投稿します。
写真は、1970年7月、USS SHANGRI-LAの横須賀入港にともない厚木基地で訓練中のKA-3B VAH-10 AJ-612(142401)です。
EKA-3Bに比べて、胴体側面がすっきりしていて、そこに部隊マークの剣を描くのはNAVYらしく素晴らしいセンスです。
EKA-3Bも後に側面のアンテナフェアリングを取り去り、KA-3Bとほぼ同じ側面になったものがありますが、今回までそのことを忘れていて、アンテナフェアリングのないのは全てKA-3Bと勘違いしていました。


Re: A-3 Skywarrior 5 Name:N.SUZUKI Date:2014/12/14(Sun) 21:03 No.12951
広江さん 皆さんこんばんは、
 EA-3B PR-16 ヒゲロクで、撮影は、1965年ごろ、厚木R/W01側です。
 VQ-1の中で、もっともミステリアスな機体で、出尽くされた感がありますが、未だ紹介されていない形態で、キャノピー後方に4枚組みのブレードアンテナが装備されています。


Re: A-3 Skywarrior 5 Name:BATMAN Date:2014/12/14(Sun) 21:10 No.12952
>広江さん、皆さん こんばんわ。
 厚木のA-3と言えば矢張りVQ-1のそれですね。1960年7月岩国から移転し1971年5月にグアムNAS Aganaに移駐するまでまず厚木の主を務めグアムに移転しても其処では仕事にならず結局は厚木Detを置いて以前と同じ活動をしていたので1980年代までA-3を拝む事が出来ましたね。何か今話題の沖縄海兵隊のグアム移転も同じ伝を踏みそうな・・・
 さて貼付の写真は1974年4月Rwy19に進入するPR-16 B/N 146449です。この頃から尾翼に色々描き込む様になりましたがこの機体にはPRピーター・ラビット(PLAYBOYのバニーでは有りません?)に因んでウサギを描きました。またパイロット窓の下に3羽のアホウ鳥が描かれています。


Re: A-3 Skywarrior 5 Name:Cranberry01 Date:2014/12/14(Sun) 23:22 No.12953
広江さん、皆さん、こんばんは。
昨日のNo.12938と同じ機体ですが、ヒゲの前方の改造部分の膨らみはかなりの厚さがあります。
ヒゲと空中給油パイプが重なって写り、型が異なるように見えますが、MACH3さんのNo.12948と同じ物です。


Re: A-3 Skywarrior 5 Name:BigMac Date:2014/12/15(Mon) 00:10 No.12954
広江さん、皆さんこんばんは。
ちょっとしつこくなりますが、最後にレターが入ったVA-3Bです。
この後数回撮影してますが、天気が良いのはこの時が最後でした。
VA-3B PR-111/142672 VQ-1 1984年8月5日 厚木


Re: A-3 Skywarrior 5 Name:Takafumi HIROE Date:2014/12/15(Mon) 06:32 No.12955
>geta-oさん
私の世代では純正A-3B(A3D-2)の姿を見る機会は無かったと思います。
ですのでgeta-oさんには不思議に思われますが、私は純正A-3Bのスッキリしたお腹に違和感があります(笑)
紹介のVAH-2は、CVW-15専属だったり他のCVWにDET派遣したりと、どことなく奇妙ですよね。
しかし皆さんにとってVAH-2と言われれば「ZA」レターのイメージが強いようですね。
EA-3Bの小さな文字で書かれるBu.No.の特定は、私は↓の手段を用いてました。
これは決して切り取った画像ではなく、トンネルの上から200mmで撮影した画像です。
T/Gを始めた時などは何度か撮影にチャレンジし多少ブレても何とか読み取れました。
ただ問題は2機以上でT/Gを始めると、Bu.No.と機体Modexとがリンクできなくなります(笑)


>PAPPYさん
1970年10月9日のA-3 7機編隊の内訳、ようやく分りました。
先頭は主翼下の国籍マークの大きさを再確認したら、RA-3BではなくTA-3Bだと思いますが、
他の6機は、No.284のEA-3B 5機とNo.265の142649/NG-611の編隊なのですね。
Part.4で紹介されたPR-2のBu.No.の件でNo.284のEA-3B 5機と7機編隊のショットが思い浮かび、
単なる思い付きで質問してよかったです。7年ぶりに解決しスッキリです(笑)
追伸.
No.12945は私と並んで撮っていたようです(笑)。撮影日は1970年8月10日ですね。

>toksansさん
RVAH-3のTA-3Bには私は非常に悔しい想いをしてます。
1967年8月25日、この日はR/W19でVMA-121のA-4C 2機などの着陸を撮影してましたが、
午後の時間は忘れましたが、何故かRVAH-3のTA-3Bが逆ラン(R/W01)で着陸しました。
トンネルの上からR/W01で降りてきたA-3を双眼鏡で眺めてましたが、
横を向いた瞬間、垂直尾翼の赤いストライプ2本が目に入り、一目でRVAH-3機と分りました。
私は後にも先にもRVAH-3のTA-3Bを見たのはこの日の1回限り。
この悔しさは一生忘れません。

>Komatsuさん
今回の話題でもGallery化では事故機を表示するようにしてますが、A-3は特に心が痛みます。
イジェクションシートを持たないA-3に何かトラブル等が発生すれば、
悲惨な結果となることが他の機種より多いのではないでしょうか。
紹介の144842/SS-907も、1966年6月13日、地上からの小火器による被弾で墜落した際、
搭乗していた3名のクルーが亡くなってます。
No.12935紹介はEA-3Bですから、1982年8月4日の墜落では6名のクルーが亡くなってます。

>MACH3さん
146449(Seabrine)の件、初めて聞くキーワードでしたが、ようやく納得できました。
これまでにも多々ありましたが、やはり知らなかったのは私だけのようですネ(笑)
ギャラリー上不適切???、う〜ん・・・、MACH3さんが心配されている対象が分りませんが、
私は問題意識を持ってないしギャラリー上に問題となるような表記は何もないはずです。

>A-330さん
以前のアドレスのSADのページは見ていたのですが、“Seabrine Bird”は全く気づいてませんでした。
何度もMACH3さんに質問してしまいましたが、よくMACH3さんに怒られなかったものです(^_^;
EA-3Bの離陸を35mm/150mm相当で紹介のアングルで撮れるのですねぇ〜。
A-3系の離陸は、私の記憶は馬鹿っ高いかベタ低かの両極端な印象しか残ってません。

>wakaさん
VAH-10の剣はVAQ-129と改称され、そして現在のEA-18Gになっても使用し続けられる由緒ある剣です(笑)
ちなみにA-3では胴体左側が空中給油の棒が剣に見立てたデザインなので、なお良しです。
また、一時期、剣の先が血に染まり下に血が数滴垂れているデザインの時期もありました。
でもこれはちょっと過激すぎると感じたのか、そう多くを見かけませんでした。
EKA-3Bの運用末期は、再改造等のBu.No.と外見が意外に混乱するほど難しくなりましたネ。
過去ログのNo.267で複雑なBu.No.、No.268でKA-3Bと見間違うEKA-3Bが紹介されてます。

>N.SUZUKIさん
背中の4枚のブレードアンテナを装備した姿は初紹介ですかね。
しかしその姿と背景の木々の景色や建物から、1965年頃の撮影ではなく、1970年代の撮影だと思います。
お尻の形状が見えないのが残念ですが、下でBATMANさんが紹介されているテイルコーンの形状ならば、
1972年頃から1974年頃の間の撮影と思われます。お尻の見えるカットはありませんか?。
146449を時系列で並べるなら、No.255以後は、No.12920、No.12951、No.12952 かな・・・。

>BATMANさん
人ではありませんが、VQ-1も適材適所の例えが通じるような気がしますよね。
グアムに移動を決めた1960年代末はVQ-1のテリトリーも広かったですからねぇ〜。
それなりに考えた上での決定でしょうけど、ベトナム戦争終結以降は、
厚木をベースとした偵察活動が主任務になってしまいましたからね。
垂直尾翼のバニーは“PR”レターに因む“Peter Rabbit”だったのですか・・・。
今までPLAYBOYバニーだとばかり思っていました。3羽のアホウ鳥も初めて知りました。

>Cranberry01さん
思い込みと現実との差に驚かされることは今までにも多々あり、皆さんも経験があるかと思います。
例えば今回のEA-3Bのお腹の下のフェアリング、紹介の機体の旧タイプは2段になってますが、
皆さんから紹介される正面形の画像から小さな方のフェアリングが意外と平たいのに驚きました。
撮影では機体を横から見るのが多いので、そのイメージで思い込んでしまうようです。
それを防ぐには、紹介のようにどんなアングルでも撮らないといけないということですネ。

>BigMacさん
紹介のVA-3B 142672に“PR”レターが1984年のいつ頃書き入れられたのか気になってましたが、
BigMacさんの前回の5月27日撮影と今回の8月5日撮影の間と、かなりの狭い範囲に絞り込めました。
これも私の長年の気になることでしたが、ほぼクリアーされスッキリしました。
エンドへの緊急展開のくだりですが、時効については分りませんが、以降はこの表現は絶対に避けて下さい。
難しいかもしれませんが、できうれば、このコメントも他の表現に訂正して下さい。





A-3 Skywarrior 4 Name:Takafumi HIROE Date:2014/12/13(Sat) 07:00 No.12929   
EKA-3Bの登場によりVAQ129〜VAQ-135が新編され後のEA-6B、現在のEA-18GのVAQ部隊の基礎が確立されました。
しかしVAQ-133とVAQ-134は一度解散し、その後の再編成となった部隊とは意外と知られてないようです。
↓のVAQ-133の当初のニックネームは“Golden Zappers”、EKA-3B運用終了に伴い“Wizards”に変更し、
EA-6Bの運用を開始しましたが1992年には解散。現在のVAQ-133は1996年に新編された部隊です。
しかし↓のEKA-3Bの機首には部隊インシグニアに書かれる黄色の電光を描いてます。
つまり部隊インシグニアと後期のニックネーム“Wizards”は現VAQ-133に受け継がれてます。

(KA-3B 142406/NK-610, VAQ-133, USS Constellation (CVA 64)、1970年3月14日、厚木基地R/W01着陸)

Re: A-3 Skywarrior 4 Name:PAPPY Date:2014/12/13(Sat) 07:34 No.12930
広江さん、皆さんおはようございます。
1970年8月6日厚木R/W01で着陸してきた EA-3B VQ-1 PR-2 Bu.No.不明です。 
この頃はVQ-1のA-3のBu.No.は読めない見えない結果無関心と言うか全く興味が無くなってしまいました。 
皆さんの研究熱心さには脱帽ですがこの際不明だったBu.No.が分かってくるのが楽しみです。 
見返すとドラッグシュートを引いているものもこれ一枚しか有りませんで、私としては超貴重部類です(笑)。


Re: A-3 Skywarrior 4 Name:geta-o Date:2014/12/13(Sat) 08:17 No.12931
広江さん、皆さんおはようございます。
A-3もだんだん佳境に入ってきましたね。今年中に終わるかな?
今日は少し話題になっているEA-3B(144854/PR-10)
日付不明ですが1963年の厚木での撮影です。
PR-9,-10,-16,-17等については
1-sad.org/Images/book.pdf
に何やら書かれていますので少しは参考になるかも


Re: A-3 Skywarrior 4 Name:toksans Date:2014/12/13(Sat) 10:04 No.12932
広江さん、皆さんお早うございます。

VQ-1で盛り上がっていますね。私はマイペースで1973年10月27日のポイントマグー公開で撮ったNMCのNRA-3B 144825です。この機体を見たときは”お〜っ”と思いましたが、やはり飛んでいるところを見たかったですね。


Re: A-3 Skywarrior 4 Name:MACH3 Date:2014/12/13(Sat) 10:05 No.12933
今回の私の疑問1970年1月に降りた旧タイプのEA-3Bの主脚格納庫内に書かれた"9"の文字から始まりました。
当時はVQ-1では当時モデックス9は使用していなかったため、しかもその9の書き方が違っていたのでVQ-2からのの外来機ではと思いました。
しかし広江さんのおかげで見向きもしなかった撮影した画像を調査する事により、おおよそ解明できたと思っています。

広江さんの質問にお答えします。
146454はPR-10と聞いていますが画像などでは確認していません、PR-10はその後144854になったと思っていました。
しかしgeta-oさんの1963年撮影の写真を見ると146454の存在が分からなくなってきました。
今回の件でスキャン済画像をチェックしましたが1967-69年代に撮ったNAVYの書かれていないEA-3Bは146449(ヒゲロク)だけでした。
当時はノーマークのEA-3Bはほとんど無視していたのが残念です。

『146449(Seabrine)』はギャラリー#252のBuNo.のことです。

そこで広江さんに新たな課題です。
PR-14の件ですが1968年にPR-14を撮っていますので1970年以前にもPR-14は存在していました。
しかしこれが1970年以降のPR-14と同一機かというと細かい点が若干違っていまが(右主翼下と水平尾翼上のレドーム上のアンテナが1970年以降撤去されている)、私が最後に撮影した1971年3月まではテイルコーンを除き水平尾翼上のレドームと胴体下のレドームは旧EA-3Bです。
そこで推測ですがPR-14は1970年以前も146452だったのではないでしょうか?
当時ノートは付けていなかったのですがPR-14は1973年4月に撮影したのが最後で、その後PR-03に変更されたのではないでしょうか。

EKA-3Bの件はUSN Historical Center のAircraft Losses in Vietnamにも該当する日付(1973/1/21&2/21)と該当BuNoは見つかりません。
オペレーション・ロス機は含まないとは考えられませんが、同一BuNoが何度もプリントされていたりで・・・イマイチ解読できない資料です。


Re: A-3 Skywarrior 4 Name:A-330 Date:2014/12/13(Sat) 10:11 No.12934
広江さん、皆さんおはようございます。

VQ-1予定を変更し、今日は別部隊紹介です。
PAPPYさんから懐かしい1969年5月18日三軍記念日でのVAQ-131 KA-3Bを紹介された時にお話が出ました胴体1本ラインを。
広江さんが仰るように私もレンズを向けると、怖い顔をした警備水兵に追い立てられながら撮影したことを思い出しました(笑)

KA-3B NH-611 138931 VAQ-131 1969年5月18日厚木


Re: A-3 Skywarrior 4 Name:Komatsu Date:2014/12/13(Sat) 11:47 No.12935

私が撮ったEA-3Bの内、唯一画像からBu.No.が読み取れた(この機体の離陸時の別ショットより)
PR-12(Bu.No.146450)です。1964年8月3日、厚木01エンドで撮影。

ネットで調べてみると、この機体はAug 4,1982にインド洋で墜落したようです。



Re: A-3 Skywarrior 4 Name:waka Date:2014/12/13(Sat) 21:41 No.12936
広江さん、皆さんこんばんは。
VAP-61が解散し、VQ-1に移動した後のRA-3Bの3色グレイまだら迷彩”42”です。
広江さんの撮られた1971年(No.287)と比べて機種にモデックス”42”が大きく描かれています。
撮影は、1972年10月30日の厚木基地でR/W19への着陸です。
Bu.No.は写真からは確認できませんが、資料によると144834です。
このRA-3Bは、その後、ガルグレイと白の標準塗装に戻されましたが、他のVQ-1のRA-3Bとともに1974年には所属を離れたということです。
VQ-1に移動して広江さんのテンションが下がった(笑)とありますが、私にとっては3色迷彩のRA-3Bだけで十分魅力的でした。


Re: A-3 Skywarrior 4 Name:N.SUZUKI Date:2014/12/13(Sat) 21:54 No.12937
広江さん 皆さんこんばんは。
 EA-3B PR-2 BuNo不明で、撮影は1965年ごろ厚木R/W01側A-1誘導路へ向かうところです。
 No.12930のPAPPYさんのPR-2と同一機か不明ですが、主翼端の下向きのアンテナは装備されていません。



Re: A-3 Skywarrior 4 Name:Cranberry01 Date:2014/12/13(Sat) 21:57 No.12938
広江さん、皆さん、こんばんは。
>広江さん、No.12925はやはりPR-14でした。画像を交換しようとしたのですが、上手くいきません。訂正方法を教えて下さい。

EA-3B 詳細不明機  1968年2月28日 板付  
Bu.No.は消えかかって判別不能でした。NAVYと書かれて入ないのはLangley とかARMYとのJoint Operationだったのではとも想像しますが・・。


Re: A-3 Skywarrior 4 Name:Takafumi HIROE Date:2014/12/14(Sun) 07:28 No.12941
>PAPPYさん
大きなドラッグシュートはA-3のトレードマークですね。
しかし撮影の機会は厚木では決して多くはなかったので、紹介の1コマだけというのも仕方ないかも。
前回の話題No.284紹介の1970年10月9日に撮影したVQ-1のEA-3B 5機が並ぶライン、
リニューアル用に全機のBu.No.を記して5箇所に表示するようにしました(笑)
今回の紹介の機体は、その中に含まれるPR-2と同じBu.No.146451です。
ちなみにNo.253で紹介された7機編隊(1xTA-3B + 6xEA-3B)のうち、残り2機のModex分りませんか?。

>geta-oさん
BBS II 初の年越し話題ですか(笑)。イイですねぇ〜、やってみますか(笑)
SADの件、ありがとうございます。
以前、目を付けていたのですが今回改めて見ようと思ったらアドレスが変わり行方不明となってました。
PDF記事内ではタンカー仕様のA-3Bについても触れてますね。やはり2機だったようです。
この後の整理に活用できそうです。

>toksansさん
NMC/PMTCで運用されたA-3系は同時期に全てが揃っていたわけではありませんが#70〜#79が確認されてます。
その中には紹介の#75の他にも#71や#79など奇妙な鼻を付けた姿も含まれてます。
各々が何かのレーダーテストまたは何かの機種のノーズをつけてのテストのようですが、
これらの飛ぶ姿を捉えるのはテストスケジュール次第なので意外と難しそうですネ。
でもやはり一度は飛ぶ姿を見たかったでしょうね。

>MACH3さん
謎の部分が核心に迫ってきましたね。もう一押しでしょうか。しつこくてスミマセン(^_^;
当時の教わった情報の中に“144851”と“146451”が混同した誤情報とも受け取れる部分があります。
私は146454も同様に、これは144854の間違いではないかとも思い始めてます。
つまり、VQ-1では146454は一度も存在しなかったとか???。
geta-oさんNo.12931紹介画像がその確実な裏付けとなったような気がします。
どちらにしても、諸先輩諸氏、MACH3さん、私、等々の厚木マニアにとってVQ-1は手強い奴です。
そして失礼ながら私も皆さんも記録が中途半端で、その都度その都度、寄り集まって突合せをせず、
何十年後にこのような話題となって初めて突合せをしている状況では解決への道のりは険しいでしょうね。

さて、新たに頂いた課題PR-14の件ですが、
私は前でコメントしてますように1969年以前のPR-14を全く認識していません。
存在すら知らなかったのですから、そのBu.Noを問われても全く答えようがありません。
ただ146452という観点からは、ネガ捜索が重要課題ですが、ノーマーク機としては認識してます。
しかし私の頭の中では、1969年以前のPR-14と146452が別機なのか同一機なのかさえ分りません。
1970年以降の146452/PR-14は、ほぼクリアーされてます。
1973年9月19日に144855/PR-3が墜落した後、1973年中なのか1974年になってからなのかは不明ですが、
少なくとも1974年には146452はPR-03で確認され、以降、PR-003と変遷してます。

スミマセン、もう一回m(_ _)m
私は該当機を質問しているのではなく『146449(Seabrine)』そのものの意味を質問してます。
146449(Seabrine)の意味合いを知りたいのです。そもそも(Seabrine)とは何を意味してるのでしょうか。
何故『146449(Seabrine)』と表記するのでしょうか。ひょっとして知らないのは私だけ?(^_^;

>A-330さん
やはりA-330さんも怖い顔をした警備水兵に追い立てられましたか(笑)
紹介のショットに、チラッとEA-3Bも写り込んでますが、この日は何機のA-3系が駐機していたのでしょう。
NH-611, NH-612のアングルを変えて撮ろうと動き回ったわりには全景を捉えたショットが1コマもありません。

>Komatsuさん
geta-oさんNo.12931紹介画像からもBu.No.が“144854”と読み取れますが、
Komatsuさんが1964年に撮影された時点でも、Bu.No.は他のA-3系と同様の大きさでBu.No.が書かれてたのですね。
何年頃から小さな文字になってしまったのでしょう。その小ささが今話題沸騰となる要因。
しかし、私達が混乱する結果になっているということは、秘匿する米海軍の目的は見事に達成してますネ(笑)

>wakaさん
失礼しましたm(_ _)m、三色迷彩機を忘れてました(^_^;
この迷彩機は、VAP-61からVQ-1に移動後はModexが書き入れられるようになりテンションは上がりました。
その後、グレー塗装に改められた時にテンションが・・・、いや、もう言うまい(笑)
しかし綺麗なカラーで撮られてますね。
私はVQ-1の三色迷彩RA-3Bは、とうとうカラー(ポジ)で撮ることができませんでした。

>N.SUZUKIさん
紹介のPR-2は、100%の断言はできませんが、PAPPYさんNo.12930紹介PR-2とは別機(Bu.No.)のはずです。
ただし、Bu.No.は1965年頃の記録がないので分りません。
この場所、A-1へ向かうタキシングは、私は特にA-3系が好きです。
しかし紹介のような好条件下で撮影する機会には、なかなか巡り合えませんでした。
イイですねぇ〜最高です。

>Cranberry01さん
紹介の機体は元祖『ヒゲ六』のBu.No.146449です。新『ヒゲ六』Bu.No.142673はお尻が異なります。
2機のお尻の相違はGallery化で確認できます。
EA-3Bのうち『ヒゲ六』は146449と142673の2機だけで、運用部隊というか運用組織は推測のとおりです。
『VQ-1以上に怪しい・・・』と書いたのは、その理由からです。
“SAD”の詳細は上でgeta-oさんが紹介されているページを見るとよく分ると思います。
大きなドラッグシュートを引く姿はA-3ならではですね。背景も含め全て最高です!。





A-3 Skywarrior 3 Name:Takafumi HIROE Date:2014/12/12(Fri) 06:24 No.12919   
VQ-1は別枠で開催すれば良かったのかなぁ〜と悩む展開になってます。

さて、今日は私とMACH3さんが長年悩み続けている話題 Part.2です。

↓のEKA-3B Bu.No.142634は、前回の話題No.270でMACH3さんが紹介されてます。
この142634は1973年1月21日に(当時)搭載空母USS Rangerからローンチ直後に海に墜落したとされてます。
出所は分りませんが著名な「TONKIN GULF YACHT CLUB」誌はじめ各所で明記されてます。
ところがMACH3さんがNo.270で紹介されているショットは1973年2月4日撮影。
このクルーズではBu.No.の確認できないNE-610が墜落したと私は読んでるのですがはてさて・・・。
MACH3さん、この件は解決しそうもないですかねぇ〜(^_^;

(EKA-3B 142634/NK-611, VAQ-130 DET.4, USS Enterprise (CVAN 65)、1971年7月6日、厚木基地R/W19着陸)

Re: A-3 Skywarrior 3 Name:A-330 Date:2014/12/12(Fri) 09:32 No.12920
広江さん、皆さんおはようございます。

途中経過を見ながら投稿写真を選択していますが次第に難しくなってきました(笑)。
既出機ですが着陸シーンが未紹介なので・・・(^_^;

EA-3B PR-16 146449 VQ-1 撮影日不明厚木


Re: A-3 Skywarrior 3 Name:toksans Date:2014/12/12(Fri) 10:28 No.12921
広江さん、皆さんお早うございます。

PCをリハビリに出しているため出遅れてしまいました。ノートPCからの投稿ですがデータのやり取りなど難義しました。あまり細かいことは聞かないでください。

KA-3Bの空中給油場面はめったに見れませんが、1973年10月27日のポイントマグーのエアショーではその空中給油演技を見せてくれました。最近のショーでは空中給油演技でも実際はホースを伸ばすだけですが、この時はちゃんと給油を行っていました。そう言えば同じショーで沖に向かってズーニーを発射するなど、結構過激な演技を行っていたのを思い出します。機体はVX-4所属のEKA-3B 142646です。


Re: A-3 Skywarrior 3 Name:PAPPY Date:2014/12/12(Fri) 10:35 No.12922
広江さん、皆さんおはようございます。
広江さんがPart 2 のオープニング画像で既に訓練中のものが紹介されていますが、1969年5月18日の厚木三軍記念日に北側エプロンに駐機していたUSS Kitty Hawk搭載のKA-3B VAQ-131 NH-612 138941 です。
ベトナム戦時、自機の給油母機が一目で識別できるように胴体に黒色の帯が巻かれたとされていますがこの機体は2本、後方の機体 NH-611 138931 は1本です。


Re: A-3 Skywarrior 3 Name:geta-o Date:2014/12/12(Fri) 13:52 No.12923
広江さん、皆さんこんにちは。
昨日の#12906はBu.No.違っていたので修正しておきました。
今日はA-3B(147656)VQ-1 PR-2の姿。1964/3/12厚木での撮影です。
爆弾倉に注意書きがありますが、何のためなのかわかりません。開けるときにタンクでも落ちてくるのですかね。
-Bu.No. 147655を147656に修正しました。(2014/12/25)-


Re: A-3 Skywarrior 3 Name:MACH3 Date:2014/12/12(Fri) 16:11 No.12924
144854の推測を含めての結論です。
144854は1968年当時にPR-10と確認されていて、その後PR-15, PR-10に変更となっている。
a.1969年9月6日撮影のPR-10(#12907)は銃座型テイルコーン。
b.1970年1月2日撮影のxx-9(#252)は、同じく銃座型テイルコーンでVQ-1では使用していなかったモデックス9なのでVQ-2へ貸出から戻ったと推測。(無謀かな?)
c.1970年1月14日撮影のPR-15(#12895)は機体の汚れ具合等から判断して上記xx-9と同一機。
1969年当時に銃座型テイルコーンのEA-3Bは146449(Seabrine)とPR-10、従ってBuNo.は144854が有力。
広江さんのコメント(#12918)はもう1機も銃座型テイルコーンでしょうか?

投稿の写真は1971年1月24日撮影で、PR-15 BuNo.144854
1970年撮影の機体と違う所
1.機首下のアンテナが長靴状
2.銃座型テイルコーンと垂直尾翼上部のアンテナは撤去
3.胴体下はカヌー型レドーム
以上、帰国し改造されたと思われます。

その後PR-10に変更になったとありますが、私が撮影した1977年以降のPR-10の機首下のアンテナは棒状に戻っています。
1977年10月のコンステレーション上のPR-010のBuNo.は画像確認し144854でした。

EKA-3B 142634は報告したドキュメントが間違っているんでしょうね。
当時は手書きのレポートをタイプライターで報告書を作成していたので記入ミスやタイプミスは結構あるので複数のドキュメントおよび写真で検証するのが正確な方法だと思いますがネタがない。


Re: A-3 Skywarrior 3 Name:Cranberry01 Date:2014/12/12(Fri) 16:54 No.12925
広江さん、皆さん、こんにちは。
>広江さん、MACH3さん、A-3はVQ-1だけで膨大な資料になりそうですね。この種の謎解きは私も大好きで、すでにVQ-1にのめりこみ始めました。しか〜し、頭がグチャグチャになりそうです。
私も分離されることを希望しているのですが・・・。今回を機に全ての謎を解き明かしましょう!
PR-1から順次はじめると、1,2,3・・・、指が足りません。(笑)

>geta-oさんのNo.12923の"Beware of bomb bay doors"について。
A-3に関しT/Oで確認したものではありませんが、主に私の知りうるUSAF機での一般的なものとご理解下さい。

Pneumatic System(ニューマティク・エアー)ー Jet 推進になって、エンジンの圧縮機から容易に高温高圧の空気が得られるようになり、機体の可動部分に使用されるようになりました。Bomb Bay Doorもその一つで、多くの機体で使用されています。強い力が働き、瞬間での作動が可能です。
F-102やF-106では”プッシュー”と言う音と空気とともに瞬間で開閉します。
1960年代はじめには、地上での整備中に誤って作動させ、Bom Bayに上半身を入れて作業中の整備員の人身事故が何件も発生しました。結果は想像するだけでもゾッとします。(後には作業中のプラカードやロックをする様になり改善されました。)USAFでは戦闘機でも使用されていますが、USNの現代艦載機でこの種のBomb Bayを使用するのはA-3以外には記憶にありません。geta-oさんのNo.12923は1964年ですが、USNではまだこの種の機体が珍しい時代なので、その為の注意書きだと推察します。(しかしなぜこの機体だけなのかは判りません。)

↓厚木でも時々こんなに低い離陸もありました。トンネルの上からです。EA-3B(PR-14) 1968年10月。
広江さんによると1967〜1969の間はPR-1〜PR12のみと解説されているのですが、この機体はどう見ても14に見えるのですが・・・・。


Re: A-3 Skywarrior 3 Name:N.SUZUKI Date:2014/12/12(Fri) 21:07 No.12926
広江さん 皆さんこんばんは。
 EA-3B PR-11 VQ-1でのBu No不明ですが、撮影は1965年2月12日 厚木のR/W01午前側での着陸です。 
下方の畑地は、今は公園になっていますが、学生時代の当時、収穫後捨ててあった落花生の枯れ葉茎を、焚き火に入れ、付いて残っていた落花生の香ばしい香りと熱々の味を今でも思い出されます。


Re: A-3 Skywarrior 3 Name:waka Date:2014/12/12(Fri) 22:20 No.12927
広江さん、皆さんこんばんは。
広江さんのA-3 Skywarrior 3(No.12919)の巻頭写真にならって、3ヶ月後の同隊のEKA-3Bを投稿します。
EKA-3BはA-3の各型のうち、私の一番好きな形態で、側面に張り出したアンテナフェアリングがマニア心をくすぐります。
このEKA-3B (142647) VAQ-130 DET.4 NK-613は、USS Enterprise搭載です。
撮影は、1971年10月の厚木基地で、広江さんの写真に比べて、レターとモデックスの白シャドーがありません。しかし、機種には四葉のクローバーが入っています。


Re: A-3 Skywarrior 3 Name:Takafumi HIROE Date:2014/12/13(Sat) 06:58 No.12928
>A-330さん
先にA-330さんの進む道をしっかり持たれ、途中経過は参考程度に留めて下さい。
先に途中経過を見て、それから紹介する画像を選択しようとすると迷路にはまります(笑)
厚木で最も馴染み深いEA-3Bは、この『ヒゲ六』でしょうね。
しかし私はその詳細が分かってません。何方かにビシッ!と教えていただきたいものです。

>toksansさん
KA-3B/EKA-3Bの空中給油デモは私は一度も見たことがありません。本場でも珍しいシーンなのですね。
沖に向かってズーニーを発射するデモも行われるとは、なんとも過激なデモですねぇ〜。
紹介の142646を調べていくうちに、このスレ冒頭の142634の墜落日の謎にたどり着きました。
と言っても直接的ではなく、142634が墜落事故で失われた後の補充機が142646でした。
1973年3月にはNE-614の姿でミッション中の画像が見つかりましたので、
少なくとも、142634の墜落日の謎は、それ以前に絞り込めてきました。

>PAPPYさん
紹介の三軍記念日1969年5月18日、VQ-1のラインに駐機するVAQ-131 KA-3B 2機はマニアの注目の的。
しかしこの場はVQ-1のラインなので如何にVAQ-131関係者でもVQ-1の許可が必要な場所。
カメラでの撮影においても、警備の水兵に『No!』と言われる場面も見ました。
私のネガにも怖い顔をした警備水兵が近寄ってくる姿が写り込んでます(笑)

>geta-oさん
VQ-1にもKA-3B(正式には当時はA-3B)が居ましたよね、って話題にしようと思っていたところでした。
当時のVQ-1ではタンカー仕様のA-3Bを何機運用していたのでしょうね。
確か1965年頃まで運用されていた画像を見かけた記憶がありますがModexまでは覚えてません。
爆弾倉の注意書きは、実際に厚木で起こった事故を聞いたことがありますが、その関係かな???。

>MACH3さん
詳細な分析と解説、ありがとうございます。144854については、ほぼクリアーになりました。
一時的な#9についても、私の推測はMACH3さんとほぼ同じです。
ただ一つだけ疑問が残り続けてます。

Cranberry01さん1968年7月撮影No.12910紹介の機体
これと同じ外見の機体は私も1968年8月に撮影してますが、どこにもModex #10は見当たりません。
Cranberry01さんへのレスにも書きましたが、私のノートには146454と記録してます。
これは後に『144854の誤り』と自分自身に言い聞かせているのが現時点での私の素直な考えです。
この機体は144854と判断するのでしょうか?。
それと、この当時に『146454』というBu.No.をMACH3さんは一度も聞いたことはないでしょうか?。

以降は144854とは離れた別件です。

MACH3さんの『もう1機も銃座型テイルコーンでしょうか?』への回答とそれに伴う別な疑問
1967年〜1969年に「NAVY」が書かれてないEA-3B 3機の存在をMACH3さんは把握されてますか?。
私の記録は、146449, 146452, 146454(144854) の3機です。
MACH3さんの質問は私の記録の146452に該当しますが、申し訳ありませんがネガが見つかりません。
銃座型テイルコーンであったかどうかの記憶もありません。
146452は1970年からはPR-14になってます。この1970年は#14〜#17が新たに加わった年だと思います。
146454の正誤および146452について、逆にMACH3さんの記憶を頼りたいと思います。

『146449(Seabrine)』の質問
Part.1 No.12904で質問したのですが、お答えいただけなかったので、改めてこの意味を教えて下さい。

EKA-3B 142634の件
墜落した機体(Bu.No.)が間違いなのか、墜落した機体(Bu.No.)は正しいが日付が間違いなのか、
このどちらかでも確証が得られれば別な捜索の道で活路が見出せるような気がするのですが。
上のtoksansさんへのレスで書きましたが、補充機の142646を調べていくと何かが得られるかもしれません。
私の単なる直感ですが、事故日は1973年2月21日のような気もするのですよねぇ〜。
USS RangerもOn Line Periodですし。

>Cranberry01さん
紹介のシーン、私は何度か体験してます。
何故か当時は皆さんトンネルの上が定位置でしたよね。
トンネルの上に置いた誰かの自転車、広げた新聞紙の上に置いた私のカメラバック、
これが紹介のようなシーンの直後にトンネル北側くぼ地に吹き飛ばされたことがあります。
もっとも、このシーンを私は双眼鏡で追い続けてましたが、
直前にやばいと察して『逃げろ!』と叫んで皆でトンネルから駆け下りてました(笑)
その時のアングル的には私の印象と記憶は、もっと低いと思ってます。
Bomb Bayの人身事故は厚木でも発生したと当時言い伝わってました。
さてModexですが、“14”ですか・・・、“4”の錯覚だ!と思いたい(笑)
1968年9月〜10月に私はPR-4とは何度か遭遇してます。
私は1968年にはPR-14と遭遇したことがない・・・、と思い込んでいるのかもしれません。
MACH3さんのレスでも触れてますが、私の記録の曖昧さを露呈してます。申し訳ありません。
たまたま146452が整備後等々でノーマークの時期ばかりを私が記録したのか、
はたまた別の機体(Bu.No.)なのか全く分りません。もうPart.4にして迷路に突入です。

>N.SUZUKIさん
画像のフレームの外でしょうか、右側が砂利道の中原街道ですよね。
私の記憶のある光景とは異なりますが、遠くの林の様子が何となく記憶の雰囲気と合いそうです。
このような景色を写し込んだショットには毎度ながら貴重な記録ショットと思い知らされ、
私のセンスの無さも痛感する次第です。
そういえば、私は焼き芋を食べた思い出はあります(笑)
Bu.No.ですが、1967年当時のPR-11は144855ですが撮影の1965年には断定することはできません。

>wakaさん
VAQ-130の基本的な塗装デザインは当初は垂直尾翼先端のマルーン(?)帯だけの寂しい塗装でした。
途中から紹介のようなダークブルー(?)2本の帯に変わりましたが、まだ統一性には欠けてました。
しかし塗装云々に影響されることなくEKA-3Bの人気度は高かったと思います。
もちろん私もですが、wakaさんもコメントされる胴体側面のアンテナフェアリングが魅力的ですよね。
しかし旧式なEA-1Fの後継としEA-6B登場までのEKA-3Bの運用期間は短かったですよね。
ある意味、ベトナム戦争の期間に見合った運用期間とも思えます。





A-3 Skywarrior 2 Name:Takafumi HIROE Date:2014/12/11(Thu) 07:41 No.12905   
垂直尾翼の青の細線と赤のマークは、つい最近見た記憶があるのではないでしょうか。
VAH-4から改称したVAQ-131は、EKA-3B, EA-6Bと運用しEA-18Gへの転換訓練に入りましたが、
最後のEA-6Bの記念塗装として用いられたのがVAH-4からVAQ-131に継承されるパッチのデザインです。
↓は45年も前の1968/12/30〜1969/9/4のUSS Kitty Hawkのクルーズ時の姿。
この時のVAQ-131は、KA-3B 2機(#611-#612), EKA-3B 3機(#614-#615)。
当初はModex下1桁の数字分だけ胴体にストライプが描かれてましたが、
クルーズ途中で、EKA-3Bは#614 1本、#615 2本、#616 3本、と寂しくなってしまいました。
↓のKA-3Bの#611 1本、#612 2本は終始変わりませんでした。

(KA-3B 138941/NH-612, VAQ-131、1969年5月26日、NAS Atsugi D-1 TWY)

Re: A-3 Skywarrior 2 Name:geta-o Date:2014/12/11(Thu) 10:07 No.12906
広江さん、皆さんおはようございます。
今日は昨日のPR-8と同じ日に撮影したVAH-6のA3D-2(A-3B)(147655/NG-5)
1961/11/3 厚木
A-3Bの尾部および機首レードームの改修(ソギアゲと当時のマニアは言っていました)は同時に行ったとの資料が時々見られますがこの機体は尾部のみ改修で機首は未改修です。
それからこの機体は爆弾倉に給油装置を載せているようですが当時はまだ給油機改修の呼称は有りませんでした。
Bu.No.修正しました。12/12


Re: A-3 Skywarrior 2 Name:MACH3 Date:2014/12/11(Thu) 10:10 No.12907
広江さん
文章力の無さお許しください。
●Air Combat誌No.1 P68にxx-9とそっくりな写真が掲載されていてキャプションがPR-10とありました。
  残念な事に編集者2名とも居ませんのでこのPR-10に関しての撮影時期の確認はできません。
●146449の件はギャラリーNo.252の件です。

お陰で、1970年に存在した銃座型テイルコーンのEA-3Bに関しやっと謎が解けたような気がします。
144854は少なくとも1969年9月6日までは(PR)-10だと思われます。
垂直尾翼の前縁は白ですが銃座型テイルコーンは当時他にはヒゲロクだかと思います。
広江さん、皆様、この場においての個人的な謎解きにお付き合いありがとうございました。


Re: A-3 Skywarrior 2 Name:A-330 Date:2014/12/11(Thu) 11:01 No.12908
広江さん、皆さんこんにちは。

VQ-1のA-3はBu.Noが書き込まれていない機体が多くて戸惑います。
MACH3さんから興味が尽きないBu.No特定への話題を提供くださいましたBu.No144854/PR-10をUPします。
肝心要の撮影日ですが、申し訳ありません不明ですm(_ _)m。

EA-3B PR-10 144854 撮影日不明厚木

追伸です(14:00)

>広江さん
昨日投稿した「PRレターの下の何かを消した跡」についてネガを詳細に調べてみました。
その結果は
@PRレターはオーバースプレー後に描かれている。
A尾翼中央と尾翼下部のBu.No位置にもオーバースプレーの跡がある。
Bスプレーされる前の文字や絵柄などは判別識別はできません。
残念ですが、以上の三点を確認出来ただけで何かにつながるような情報は得られませんでした。


Re: A-3 Skywarrior 2 Name:PAPPY Date:2014/12/11(Thu) 12:13 No.12909
広江さん、皆さんこんにちは。
1973年4月18日厚木に着陸する VQ-1 RA-3B PR-44 Bu.No.は不明です。
PRのレターの下に主翼に隠れて見えませんが何やらマークが描かれています、VQ-1のRA-3Bはあまり見たことが有りませんでした。


Re: A-3 Skywarrior 2 Name:Cranberry01 Date:2014/12/11(Thu) 15:24 No.12910
広江さん、皆さん、こんにちは。
1枚目は皆さん、やっぱりVQ-1でしたね。私だけが浮いちゃいました。

横田から厚木にお邪魔すると、お目当ての機体は鳴かず飛ばずで、一日いても収穫はEA-3Bのみと言う事が普通でした。それでもたまの事なのでちゃんと撮っていました。しかし気持ちは、なんだノーマークか、ガックリ。が本音でした。
なぜにこうもノーマークの機体が多いのでしょう?SEAでの作戦中は何か別の識別マークでもつけていたのですかね?

こうやって皆さんの記録を重ねてみると、俄然興味津々となります。
>広江さん、最後にはVQ-1のEA-3の変遷の様な物を期待しています。

1968年7月の撮影ですが、機体の情報は何も判りません。MACH3さんのNo.12907に似ていますが、細部が微妙に異なるようです。


Re: A-3 Skywarrior 2 Name:航空反省官 Date:2014/12/11(Thu) 18:04 No.12911
広江さん、皆さん今晩は。1969年からNAS Atsugi(当時)に通い始めた私にとってwakaさんと同様にA-3は「青春の思い出」の機種です。この頃は、他は何もなくともPRのA-3だけは撮れたということがよくありました。写真を見ていると当時の状況や一緒に撮っていた人たちを思い出します。まずTA-3B PR-0/144856 を投稿します。撮影は1971年だと思いますが定かではありません。この機体は、Warbird Registryによれば1990年代にアリゾナ州、Deer ValleyのThunderbird AviationでN160TBとして、その後ミサイルメーカーのRaytheonでN870RSとして運用され、2011年5月10日に登録が抹消されているようですが、こんなに長期間飛んでいたことに驚きます。

Re: A-3 Skywarrior 2 Name:Seagull Date:2014/12/11(Thu) 18:57 No.12912
広江さん、皆さん、こんばんは。
PAPPYさん、飛行浪人さんが紹介されているTA-3B(PR00/144860)を私も貼らせていただきます。
1979年11月8日(Thu) 岩国基地を離陸するVQ-1のTA-3Bです。モデックス、レターともシャドー付きとなっています。
離陸が撮れたのは、この一枚のみです。撮れそうで撮れなかった機体でした。

>広江さん
 77年12月6日〜9日の間、岩国でPR005を目視しておりませんが僚機として飛来していたかもしれません。


Re: A-3 Skywarrior 2 Name:空と鉄と Date:2014/12/11(Thu) 18:58 No.12913
広江さん、皆さん こんばんは。
今のところ最初で最後の環太平洋演習"PACEX89"に参加、遥々日本各地を移動しながら演習に飛び回っていたVAQ-33"Firebirds"のERA-3B GD101/146447で撮影は1989年10月9日、厚木のR/W01へ着陸するところです。
マーク&レターを消して参加していたVAQ-34機とは対照的にフルマーキングなのが嬉しかったですね。

>広江さん。
No.12902の#007のBu.Noですがローアプローチのみで着陸せず、排気のせいで読めずに何番なんだろね?とこの時居合わせた仲間と後日話した覚えはあるのですが、どのようにして#146452だろう、と落ち着いたのかが四半世紀も経ってしまい思い出せませんでした。


Re: A-3 Skywarrior 2 Name:N.SUZUKI Date:2014/12/11(Thu) 19:14 No.12914
広江さん 皆さんこんばんは。
 ご無沙汰していました。A-3が始まっていたようなので、最初は厚木の象徴的なシーンです。
 EA-3B PR-14ですが、VQ-1のご多分にもれずBu No等よく分かりません。
撮影日は不確実ですが、バックの用廃機B-26からも、1965年春頃の厚木01側です。



Re: A-3 Skywarrior 2 Name:waka Date:2014/12/11(Thu) 20:31 No.12915
広江さん、皆さんこんばんは。
1971年5月7日に厚木基地に着陸するRA-3B SS-910(142669)です。この時の所属はVAP-61ですが、部隊は2ヶ月後の7月には解隊されています。この機体は、その前の6月にMASDC(現AMARC?)に移動して保管されているようです。
>広江さん
No.12898で投稿したEA-3B PR-1のBu.No.について144848をネットで調べたら、No.12904の広江さんのレスのとおりでした。EA-3BのBu.No.の確認には難儀しますね。追記で、144849に訂正しておきます。


Re: A-3 Skywarrior 2 Name:すっかいうおりゃ Date:2014/12/11(Thu) 22:12 No.12916
広江さん 皆さんこんばんは!
1976年初めて厚木で写真を撮り始めて ネガカラーから白黒フィルムに切り替えた頃 厚木でタマに撮れるA-3は、私にとっては嬉しい存在でした。VQ-1のPRレターばかりでBu,Noも小さすぎて書かれていることも当時は知りませんでしたが 機首のモデックスが アルバムに1つ番号が増えるごとに喜んでおりました。そんな中 バイセンのラインが入ったこのTA-3Bは、地元の方は芋と言ってましたが 私にとっては貴重な存在。当時スライドで撮っていればもっと良かったのですが そんなお金もない貧乏学生でした。そんなことで1976年撮影 厚木R/W19 お墓からシグマ400mmで撮ったボロ写真ですが UPさせていただきます。


Re: A-3 Skywarrior 2 Name:BigMac Date:2014/12/12(Fri) 00:42 No.12917
広江さん、皆さん今晩は。
VA-3Bをもう一枚。1984年5月27日の撮影です。
この時はVAらしく三つ星のプレートがコックピット後ろに付いてました。
広江さんが撮っていないとは驚きですね。A-3がなかな飛来しない時代、自分はこの機体が最多撮影回数の機体でした。
VA-3B 111/142672 VQ-1


Re: A-3 Skywarrior 2 Name:Takafumi HIROE Date:2014/12/12(Fri) 06:21 No.12918
>geta-oさん
Part.1 No.12893で紹介されたEA-3B PR-8のショットがA-3の初期の典型的な姿ですが、
今回紹介の姿は鼻とお尻がアンバランスですね。『ソギアゲ』が前後別々に行われた証ですネ。
しかし初めて聞く言葉『ソギアゲ』、昔の方は本当に的を得た言葉を考え出す天才です(笑)
最初は分りませんが、1950年代にはタンカー仕様が確立されていたようです。
しかし正式に名称が定められたのは、KA-3Bが1967年4月7日、EKA-3Bが1967年2月16日 とのことです。

>MACH3さん
何やら自己解決されたようですが、明確に結論をコメントされてませんね。
ですので、私のNo.12904のレスコメントを含めて整理すると、
『No.252の#9、No.12895紹介の#15、そして今回No.12907で紹介された#10、全て144854と推測する』
でよろしいのですよね?。
Gallery化にも通じることですので、推測含みでも構わないのでバシッと結論をお願いしますネ。
ちなみに、私の長年の謎はMACH3さんと似てますが内容は一部異なります。
詳細は下のCranberry01さんとN.SUZUKIさんへのレスを参照下さい。
重要なポイントは、1967年〜1969年のノーマーク機の3機とBu.No.146454の件です。

>A-330さん
MACH3さんのフォローをいただきたいのですが、144854/PR-15は1970年〜1974年と私は記録してます。
1974年には144854/PR-10の姿で確認されてますので、A-330さんの撮影はそれ以降です。
しかし1977年頃からはModexの3桁化が始まりましたので、撮影日の範囲は広くはないと予想します。
それにしてもEA-3BのBu.No.の文字の小ささには苦労させられましたよね。
Part.1 No.12894画像の再チェック、ありがとうございます。
「PR」レターの下の消し跡が解せないのですが、やはり撮影日の特定には繋がりませんでしたm(_ _)m

>PAPPYさん
紹介の機体は144838/PR-44、垂直尾翼のマークの詳細は分りませんが、下に書かれる文字は“SAIGON”です。
“SS”レターのVAP-61が1971年7月1日付けで解散し、4機のRA-3BがVQ-1に移管され、1974年頃まで運用されました。
RA-3Bの4機は、PR-41 144831, PR-42 144834, PR-43 144840, PR-44 144838ですが、
紹介のPR-44 144838だけは他の3機に比べて撮影チャンスが異常に少なかったと記憶してます。
ですので私は紹介の機体だけは遭遇できませんでした。
マークの詳細は、MACH3さんがご存知かな?。

>Cranberry01さん
1968年7月〜8月、VQ-1のノーマークのEA-3B 2機が厚木基地に居ついてました。
2機とも特徴ある尾部で、1機は紹介の機体で当時の諸先輩からBu.No.146454と教わりました。
もう1機は機首にアンテナ6本が加わる『ヒゲ六』Bu.No.146449。
この2機は「NAVY」と書かれていないVQ-1以上(笑)に怪しい機体と教わりました。
146454は1970年頃からPR-15になったと記録してますが、どうやらそれは144854の間違いかもしれない???。
おそらくこれらのことからも今回のMACH3さんの疑問に繋がったのではないかと思ってます。
前置きが長かったですが、結論として、たぶん紹介の機体は144854と思われます。

>航空反省官さん
VQ-1のTA-3Bは基本的には144860/PR-00ですが、オーバーホール整備時に代替の機体が短期間運用されてます。
1回目は1970年から1971年にかけての144862/PR-0、そして2回目は1973年、紹介の144856/PR-0です。
当時の記録が見当たらず、具体的な運用月の範囲を紹介できないのが悔やまれます。
144856は、引退したRA-3B 144840の胴体を用いる大掛かりな修理を経て生き長らえた記録もあります。

>Seagullさん
私は岩国基地で一度だけA-3を撮影したことがありますが、それはR/W(当時)19着陸でした。
紹介のショットがどのような「岩国上がり」だったのかは分りませんが、一度は体験したかったです。
岩国と厚木、似たような機種や部隊が飛び交う基地ですが、やはり個々異なるのですね。
撮れそうで撮れなかったA-3が撮れてSeagullさんが喜んだ瞬間のショットと理解しました。

>空と鉄とさん
1989年10月9日は綺麗な空ですねぇ〜、翌10日は薄雲が出てしまいクリアーなショットは得られませんでした。
今何気にGallery途中経過を眺めたら、前回開催時は何故か寂しい塗装のVAQ-34機ばかりが紹介されてます。
この派手な「元祖FEWSG」VAQ-33が初紹介とは意外ですネ。
No.12902のBu.No.の件、了解しました。たぶん、144849だと思います。
私にも似たような後で見返して『何で???』という経験があります。不思議なことですよネ。

>N.SUZUKIさん
私はエンド展開し始めた1967年からVQ-1機のBu.No.を整理してますので1965年頃は全く分りません。
1967年〜1969年はPR-1〜PR-12までしか存在してませんでした。
そしてその間、146452, 146449, 146454(これは後に144854と訂正)の3機のノーマーク機が存在し、
これら3機は「NAVY」の文字の書かれてないVQ-1の中で別組織の怪しい運用機と思われてます。
1970年に146452はPR-14、146449はPR-16、144854はPR-15になりました。
紹介の機体は、一時的に1967年頃からノーマークとなった146452なのかなぁ〜・・・。
何方か、フォローをお願いいたしますm(_ _)m

>wakaさん
VAP-61は異様に大きい「SS」レターを書いてますが、派手が当然の当時としては色的に全く味気ない(笑)
しかし少なくとも私は、おそらくwakaさんも、そして他の方もVAP-61機は貴重な存在でしたよね。
これはRA-3Bの貴重さよりもVAP-61という部隊の貴重さが大きかったようで、
VQ-1に移管されてからのRA-3Bには、私のテンションは下がったように記憶してます(笑)

>すっかいうおりゃさん
当時のすっかいうおりゃさんの感激ぶりに水を差すようなことを言ったようでしたらお詫びしますm(_ _)m
確かにPR-00そのものは7th Fleet機として厚木に常駐してたので空気的な存在でしたが、
意外と塗装の変遷が多いのとバイセンティニアルマークもあり、そんな感覚だったとは???です。
お墓からシグマ400mmで撮影とは、何か転がりを期待していたのかな。

>BigMacさん
私とVA-3Bの相性が単に悪かったというより、意図的に避けられているという悪意さえ感じました(笑)
『A-3がなかな飛来しない時代』というのは、私は強烈な記憶として残ってます。
これまでにも話題になっていたように、VQ-1のEA-3Bが常に飛んでいた時代を過ごした私達世代には、
A-3がなかな飛来しない時代に飛来するEA-3Bはものすごく貴重な存在になったと気づいた時でした。
その時のその場に居合わせたギャラリーの雰囲気でそれを察知できました。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -