GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





Harrier Part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2015/02/12(Thu) 06:39 No.13404   
AV-8A初の海外駐留部隊となったVMA-513は、
運用していたAV-8A 22機中の16機を1974年7月24日に出港したUSS Tripoli (LPH 10)に搭載し、
8月13日に岩国基地沖でオフロードし岩国基地への駐留が始まりました。
本国に残った6機はVMA-513 DET.Bとして1974年9月からUSS Guam (LPH 9)に搭載され、
1975年3月まで地中海クルーズを行った後、6機は本隊に戻ることなく他の部隊に移管されました。
すなわち岩国基地への配備は16機体制で1976年11月まで続きました。

私が始めてAV-8Aを撮影したのは1975年5月5日の岩国基地三軍記念日でした。
おそらく飛行浪人さんPart.1 No.13398紹介に続くショットだと思います。
Part.1 No.13386と比較してお分かりだと思いますが、
1976年春頃から垂直尾翼ラダーにマークを書き入れ始め、夏には全機がマーク入りとなりました。

(AV-8A 158976/WF-5, VMA-513、1975年5月5日、岩国基地三軍記念日)

Re: Harrier Part.2 Name:geta-o Date:2015/02/12(Thu) 07:55 No.13405
広江さん、皆さんおはようございます。
今日は教えていただきたいことがあります。
AV-8AをAV-8Bができるまでのつなぎとして改造したAV-8CとAV-8Aの外観の相違があれば教えていただきたいのですが。
ということで今日はイントレピット上に展示されているAV-8C(159232/VMA-231/NM-601) ルーズベルトと書かれていますが本当かどうかわかりません。2008/11/12 撮影


Re: Harrier Part.2 Name:toksans Date:2015/02/12(Thu) 09:51 No.13406
広江さん、皆さんおはようございます、

すっかいうおりゃさんが#13402で海兵隊航空100周年のエンブレムを付けたVMA-231のAV-8Bを紹介されていますので、2011年2月11日にノースアイランドで行われた海軍航空100周年祭の時のVMA-214のAV-8B WE01 165421です。VMA-214といったらこの人、と言われる“Pappy”Boyington少佐の名前が描かれています。
当日Det.H氏と早めに会場に入ったのはよかったのですが、人がほとんどいないため会場がどこだかわからず基地内をうろうろするはめに。そのうちこの機体とVP-6のレトロ塗装のP-3Cを発見。何だ展示の機体が少ないね、と言いながら中に入ろうとしたらゲートは閉じたまま。近くにいたVFA-122のお姉さんに中に入りたいのだけれども、と言って許可をもらってしばらく撮影。そのうち式典の管理者が来てここは会場ではないので外に出るようにとの指示。えっ、と思いましたがどうやらここは外来機置き場で、結局このAV-8は展示されることはありませんでした。怪我の功名というやつですね。

>飛行浪人さん、
ミノルタDimage Scan 5400はうちに眠っていますのでお送りしますよ。Det.H氏か飛行少年さんがメールアドレスをご存じなので連絡ください。XP以降の動作が確認できていないことと今はケンコーのアダプターを使ってスキャンしているので不要となっています。


Re: Harrier Part.2 Name:A-330 Date:2015/02/12(Thu) 12:20 No.13407
広江さん、皆さんこんにちは。

>広江さん
昨日紹介WF-3/159230が事故で失われたことを「途中経過ギャラリー」を拝見して知りました。
亡くなられたパイロットには、4歳の長女がおられたことを知り心が痛みます。

広江さんが撮影された画面に写り込んでいる邪魔者は、どうやら私のようです。
撮影にあたってはギャラリーの皆さんに迷惑とならぬポジションを選んでいた…つもりでしたが(汗)
メール送信の件ですが、ご多忙中の中を小生のために時間を割いて頂くなんてとんでもございません、お気持ちだけ有り難く頂戴させていただきます。

PAPPYさんから、ダイナミックなデモフライトシーンを紹介されたWF-11ですが、百里航空祭時にリクエストしたパイロット記念撮影ショットを。
手前に立っているのが当日飛来したWF-3に搭乗していたパイロットですが、翌年に事故で亡くなられたCAPT. DONALD P. KALTENBAUGH氏ご本人とは確認出来ていません。ヘルメットの形状タイプが違うことに今気づきました。

AV-8A WF-11 158966 VMA-513 1975年10月10日百里


Re: Harrier Part.2 Name:DOC.K Date:2015/02/12(Thu) 14:54 No.13408
>広江さん、すみません(158966)でした、他のショットを送ります、この時はもう1機WF−05も一緒でしたがこちらは番号は確認できませんでした、1979.10.21芦屋にて。

Re: Harrier Part.2 Name:Det.H Date:2015/02/12(Thu) 15:04 No.13409
広江さん 皆さん こんにちは
サスガハリアー! 初っ端から怒涛の勢いですね 皆さんの熱い気持ちが伝わってきます この勢いに若手の皆さんも参加していただけたら凄いですね 怖い(笑) 広江さん、寝る間もないかも? (^^;

>T.Hさん
機体がリモコンになる(笑)前にLFAに行きたいのですが・・・

では、#13389の続きで組み立て2日後に行われたテストフライトの模様です
初めは一枚でと思いましたが、少しでもその時の雰囲気が伝わるよう、また組み写真にして見ました 横田と分かるのはタワーとファントムぐらいですね (^^; 地元基地関係者も大勢見に来ていました
この後小牧のデモフライトの様子は皆さんから語られていますが、お帰りは又横田から運ばれたのでしょうか?どうもそのあたりの記憶がありません(^^;
このGR.1 XW919、部隊に戻ってからの後の運命が結構波乱万丈だったようです 詳しくは皆さんご自分で調べてね (^^;

Harrier GR.1 XW919 No.1SQN RAF Oct.27,1971 Yokota AB


Re: Harrier Part.2 Name:Cranberry01 Date:2015/02/12(Thu) 15:22 No.13410
広江さん、皆さん、こんにちは。
ハリアーは機体は小さい上に飛び方も尋常ではなく、どなたも撮るのに苦労されたようですね。
しかしこの体ですが、音も尋常ならぬ程の騒音でした。

嘉手納ではタキシングを除くと、殆どゴマ粒サイズにしか撮れませんでした。大きく地上を入れないと、まさにネガに写るゴミでした。

AV-8A(158960) WF-15 1976年


Re: Harrier Part.2 Name:T.H Date:2015/02/12(Thu) 17:34 No.13411
これも2009年7月にデジ化した後に撮影したスペイン海軍のハリアーEAV-8B+です。英海軍航空基地としては規模が大きく、おそらく一番名前も知らている ヨービルトンでのエアショーへ参加する アライバル時の撮影です。
米海軍航空より2年早い2009年が、Royal Navy Aviation 100周年記念だった為、この年のヨービルトン・エアショーは例年に増して海外からの参加機が多かったようです。

> Det.H さん
思い立ったが吉日、計画を立てれば行けますよ(笑) しかし、デスバレーよりも気象条件が過酷で、自力で急な坂を機材担いで昇って行かねば成りませんけれど。

RNAS YEOVILTON  10 JUL 2009  EAV-8B+ VA.1B-36 01-924  9Escuadrilla / ROTA AB 所属


Re: Harrier Part.2 Name:Gulf4 Date:2015/02/12(Thu) 17:56 No.13412
1980年8月7日、カナダのアボッツフォード空港で撮ったVMA-513のAV-8A(159254/WF-24)。
翌日からの航空ショーのために飛来したものです。飛行浪人さんもご一緒しましたね。
VMA-513は国内各地の航空祭でも展示されていたので、「外国まで来てWFかよ」でした。
ただ、光線状態が良かったのが救いでしょうか。


Re: Harrier Part.2 Name:空と鉄と Date:2015/02/12(Thu) 18:50 No.13413
広江さん、皆さんこんばんは。
USS TARAWA の艦載機が富士と厚木に展開した時の撮影で、確かハリアーのみが厚木に居て連日ローカルフライトをしていたかと思います。
どなただったか忘れてしまいましたがAV-8Cの日本初飛来だと教えていただきました。

撮影は記憶が間違いでなければ1984年12月10日で、厚木R/W01 VMA-513 AV-8C WF55/159241(機首には映画グレムリンのキャラクター、ギズモの凶暴化時の姿が記入されています)この時のコールサインは今になってみるとマリンコが好んで使っている印象のマジックでした。


Re: Harrier Part.2 Name:Seagull Date:2015/02/12(Thu) 19:19 No.13414
広江さん、皆さん、こんばんは。
1989年7月14日 岩国基地に降りるVMA-331のAV-8B(VL06/162731)
同年6月10日、14機のB型がMCAS岩国基地に到着、配備されました。
KC-10×2、C-9B(NAVY/JV)が支援にあたりました。
6月13日 A-4M(CF)スカイホークが本国へ帰還、A-4の幕が閉じました。

>広江さん
 A型の追跡は当時の私には不可能でした。当時のノートに書かれている78.2.26×5(CG)、78.7.20×4(WF)、79.2.19×5(WH)飛来。広江さんが言われるように遠征地?からの帰投のようです。


Re: Harrier Part.2 Name:N.SUZUKI Date:2015/02/12(Thu) 20:03 No.13415
広江さん 皆さんこんばんは、
AV-8B VMA-513 WF03 165575、 WF04 165584
2009.10.18 横田R/W18からの離陸で、この日が忘れられないのは、三沢基地航空祭の当日で、同じ頃、三沢をパスしたグアムからのB-52が厚木タカン経由の帰投であることを知り、上空を見上げて見えないかと、探し回った思い出があったからです。 



Re: Harrier Part.2 Name:TAKADA TENNTEKI Date:2015/02/12(Thu) 20:09 No.13416
 広江さん、皆様こんばんは。延命策のためあまり良い写真ではありませんが・・・・。昨日に続き1971年10月名古屋エアーショーのGR.1 XW919 です。ハリアーの手前には何故か人がよくいたので良い写真はなかなか撮れませんでした。

Re: Harrier Part.2 Name:THUD Date:2015/02/12(Thu) 20:19 No.13417
No.13408でDOC.Kさんから芦屋での姿が紹介されましたが、1978年7月の横田で展示された同じAV-8A(158966 VMA-513 WF-04)です。Harrierは厚木では度々展示されていたと思いますが、横田でのHarrierの展示はあまり機会がなかったように記憶しています。

Re: Harrier Part.2 Name:PAPPY Date:2015/02/12(Thu) 20:20 No.13418
広江さん、皆さんこんばんは。
1979年11月18日入間の国際航空宇宙ショーに展示された AV-8A VMA-513 WF-01 159233 です。
ハリアーは撮りに行かなくては撮れない、撮りに行っても撮れないと言う感じのヒコーキですね、航空ショーでは他に撮る機体が多いのであまり多くは撮っていませんでした。
>toksansさん 私のハンドルネームと同じ"PAPPY"のAV-8Bのプリントをdet.Hさんから頂き、大切にしています。


Re: Harrier Part.2 Name:すっかいうおりゃ Date:2015/02/12(Thu) 20:57 No.13419
広江さん 皆さんこんばんは!
スレッド冒頭でいきなりgeta-o さんから C型が出ちゃいましたね。中盤あたりからかな・・と想像してました。ご質問の件ですが Cranberry01さんから詳しい解説がいただけるかもしれませんが 私の浅知恵の範囲でご説明しますと 機首下の小さなアンテナ AN/APR-43 と尾翼のコーンの先端にあるレーダー警戒装置ALR-45だけだと思います。こんな小さな違いだけなのに 1984年11月タラワから飛来したAV-8Cの着陸の際 空と鉄とさんも書かれているように 厚木のマニアのどなたかは「あ!C型が来た!初飛来だ!」と・・・すごい観察力で脱帽でした。1984/11 NAF Atsugi R/W01 VMA-513,WF-52 AV-8C USSTARAWA Bu,No,158701


Re: Harrier Part.2 Name:飛行浪人 Date:2015/02/12(Thu) 21:10 No.13420
>広江さん、皆さんこんばんは。
TROUTさんの指摘で横田で撮ったハリアーを思いだしました。1975年8月3日、18に降りるWF
10/158968です。
>広江さん、訂正しました。この時はN.SUZUKIさんと一緒に行ったように記憶しています、初岩国でした。
>toksansさん、お気遣いありがとうございます。こちらのも光源部を交換すれば動くと思うのですが、捨てるのは忍びないです。
>Gulf4さん、この時はガッカリでしたね。いくら光線状態が良くてもWFではねー。


Re: Harrier Part.2 Name:TROUT Date:2015/02/12(Thu) 21:11 No.13421
広江さん、皆さんこんばんは。配備当初は色気が無かったハリアーですがPart1で広江さんが紹介されたように、76年頃から尾翼ラダーが水色に、色気が出てきてました(^_^) 転がりも見てるだけでしたが、日が経つにつれたまにはエンドまで転がる事もありました。f6.3の400ミリ退色したネガカラーですが、76年8月横田、給水塔もバイセンで賑わう雰囲気を・・・36エンドまで来たWF6 BuNo.158974です。

Re: Harrier Part.2 Name:うみ太郎 Date:2015/02/13(Fri) 00:58 No.13422
広江さん、皆さんこんばんは。
ハリアーが始まってるの忘れてまして、遅ればせながら参加させて頂きます。
自分は若手と自負してますのでデジタル画像から一番最近関東で撮った画像で行きます。
厚木の19離陸ですが、どなたかのアドバイスか反対側にバックリひねられてしまいました(笑)
建物な屋根が入ってるので低さが判ると思います。これがこちら側にひねれば最高だったのですが・・・

2014年6月20日 AV-8B+ VMA-542 WH-52 165354


Re: Harrier Part.2 Name:MIDWAY世代 Date:2015/02/13(Fri) 03:01 No.13424
広江さん、皆さんこんばんは。
若手ではないと自覚しておりますが、デジタル画像しか持ち合わせておりませんので、海外撮影分を中心に参加させて頂きます。 この写真は2014年10月にユマで撮影したAV-8B VMA-231 CG-04 165594 です。初めてのユマで爆装した機体がガンガン上がって行くのに興奮しました。


Re: Harrier Part.2 Name:Takafumi HIROE Date:2015/02/13(Fri) 06:22 No.13425
>geta-oさん
AV-8AとAV-8Cの外見上の見分け方ですが、機首と垂直尾翼の編隊灯の有無しか分りません。
本来のアップデートは、それだけではないはず・・・。兵装関係でしょうかね。
紹介の保存展示機は、1976年10月4日〜1977年4月21日、USS F.D. Roosevelt搭載CVW-19所属時の再現です。
クルーズ時はAV-8A 14機体制で実際のNM-601はBu.No.159240。
垂直尾翼の編隊灯の位置関係から「NM」の文字の大きさが実際と異なる程度の相違のような気がします。
まあなかなか良い再現だとは思います。

>toksansさん
この機体が非展示機だったとは最高の成果が得られましたね。
何やら知らずに迷い込んだのが幸いした良き思い出となったエピソードです(笑)
私も岩国基地で似た経験があります。
駐車場を探して車で走っていたら、降りてきてタキシングするKC-130Rとにらめっこ状態になりました(笑)

>A-330さん
1975年10月10日に撮影したWF-3のパイロットは1976年12月6日の事故で亡くなられたのですか。
それは驚きました。その前に、この記念写真をお送りしたかったでしょうね・・・。
亡くなられたパイロットのご冥福をお祈りするばかりです。
同日に撮られたWF-3とWF-11のパイロットのヘルメットの形状タイプが異なってますね。
私はこの類に疎いので全く分りませんが、分かる人にはすぐピンと来るのでしょうね。
あの・・・写りこんでいる方は私の位置からは邪魔にはなってません。ご安心を。

>DOC.Kさん
WF-04のBu.No.は158966ですね。安心しました。私の記録が間違っていたかと思いました。
しかしもう1機のWF-05のBu.No.は私のページ http://www.gonavy.jp/usmc04.html では空白です。
急ぎはしませんが、この後、もし判明したらメール等で連絡いただけると幸いです。
Part.1 No.13403のSeagullさんへのレスにも書きましたが、なんせ16年も更新できないのです(笑)

>Det.Hさん
再び編集加工画像での紹介に感謝です。本当に誌面を見ているようです。
横田と分るかは別にして、当時は物珍しさもあってメディアもDet.Hさんも夢中で撮られたのでしょう。
その雰囲気が伝わってくる画像です。
横田に運ばれてきたことさえ知らなかった私ですが、そういえば帰国時はどうしたのでしょう・・・。
当時の航空雑誌に記事があるのかと、家捜ししなくてはならないのかな。
手っ取り早く何方かに補足のコメントをいただけると有りがたいですネ。

>Cranberry01さん
私はAV-8Aを嘉手納基地では着陸とタキシングしか撮影してません。
この小さな機体が嘉手納の長い滑走路から離陸するシーンが想像もできなかったのですが、
紹介の、おそらくサンパウロの丘からの撮影では意外と低いのですネ。
ハリアーの着陸時のエンジン音は今でも騒音です(笑)。遅い速度でノズルは下に向いてますからね。
しかし基地の外に居て、聞こえてくるタキシング中などの甲高いエンジン音は心地良く感じます。
離陸時は、あまりの速さに音を聞いている余裕は全くありません(笑)

>T.Hさん
天気が悪い?、小雨模様?。ハリアー独特の水しぶきを上げるような着陸シーンはイイですねぇ〜。
ワンポイントのように色が付いた国籍マークが新鮮です。
実はスペイン海軍のハリアーが紹介されるかと期待と不安が入り混じってました。
その期待に応えていただき、ありがとうございます。しかし不安は的中です(笑)。
S/No.はVA.1B-36、テイルコードに相当するのが01-924。
私の方式では本来なら「01-924/VA.1B-36」と表記すべきなのでしょうか・・・。
しかし何処となく奇妙です(笑)

>Gulf4さん
確かに『外国まで来てWFかよ』は私もよく分ります(笑)。
私もウン十年ぶりに行った嘉手納基地で最初に押したシャッターがVFA-102のFA-18Fでしたからね(笑)
贅沢を言ってはいけない・・・の気持ちはあれど、思わず発してしまう言葉ですよネ。
しかしコメントされてるように良い天気で光線状態も良いのは大きな成果と言えるでしょう。
機首部分の後方に写りこんでいるのはCF-101でしょうか。
これをもっと強調するアングルでも良かったかもしれませんね。

>空と鉄とさん
AV-8C、来ましたよねぇ〜。当時、驚いたのですが『AV-8Aと何処が違うの?』でした(笑)
紹介はAV-8Cの日本初飛来というか私は少なくとも厚木にはこの1985年以外に記憶がありません。
所属は、上位から下位に向けて列記すると「31st MAU/HMM-262(C)/VMA-513 DET.B」です。
実は搭載艦がUSS New Orleans (LPH 11)からUSS Tarawa (LHA 1)へ日本でスワップしました。
そのことを含めAV-8C飛来に関わる当時の状況は・・・、
 USS New Orleans (LPH 11)からACE(航空部隊)の厚木基地着は1984年11月19日
 USS New Orleans (LPH 11)からGCE(陸上部隊)の沼津経由でキャンプ富士着は1984年11月19日
 USS Tarawa (LHA 1)は横須賀で11月21日〜12月17日の間、整備作業
 GCE(陸上部隊)のキャンプ富士発&沼津経由でのUSS Tarawa (LHA 1)への搭載は12月18日
 ACE(航空部隊)の厚木基地発&USS Tarawa (LHA 1)への搭載は12月18日
と、かなりややこしい動きをしてます。

>Seagullさん
1974年にVMA-513のAV-8Aが配備された時、そして1989年にVMA-331のAV-8Bが配備されA-4Mが終焉となった時、
この2回は時代が大きく変わった時と、私はマニア活動の中で強い印象として残ってます。
特に「VL」レターのハリアーが大変に珍しかったことも記憶に残る要因ともなってます。
しかし結局、VMA-331「VL」のAV-8Bの日本への配備はこの1回だけとなりましたね。
ところでSeagullさんの紹介でAV-8Bが3枚目です。
紹介の162731を改造しAV-8B+(R)として生まれ変わった姿がtoksansさんNo.13406紹介165421です。
たった3コマで旧&新が紹介されたとは何たる偶然でしょう。

>N.SUZUKIさん
紹介の2009年10月18日(日)は、私はVP-45のP-3C 158564/LN-564目当てに厚木に展開してます。
そう言われてみれば、横田にVMA-513のAV-8Bが居たのを思い出すような・・・。
それよりも三沢基地航空祭でパスしたB-52が『厚木に来る』との噂が出たのを思い出しました。
VORTACなどで基地のキーワードが出ると、その場に行くと思い込む方がいらっしゃるようで(笑)
私は上空を見渡したかなぁ〜・・・(笑)

>TAKADA TENNTEKIさん
Part.1 No.13399とは周囲の装備品も異なりますが、撮影日が違うのでしょうか。
写り込むBlue Angelsとの位置関係も異なるような・・・。
私はXW919の記憶が全くないので画像以外にも当時の動きが気になるのです。

>THUDさん
紹介の日のハリアーは私も覚えてます。もちろん撮影してますがポジは未捜索です。
言われてみれば、確かに厚木ではAV-8A時代からAV-8B時代になっても基地祭で展示されてますが、
横田基地の公開では、あまり記憶に残ってません。
まあもっとも私は横田基地の公開に毎年行っていたわけではないかもしれませんが。

>PAPPYさん
1979年11月の入間基地国際航空宇宙ショーは私は確か雨が土砂降りの日に行ったような・・・。
紹介のアングルは覚えてませんが、横から見た姿をアンダー気味となるポジでは撮った記憶はあります。
ハリアーの斜め前からのアングルでは大きいインテーク内のファンが見えるのが特徴の一つですね。
これがグルグル回っているタキシングの正面形が格好イイですよね。

>すっかいうおりゃさん
AV-8AとAV-8Cの外見上の相違点ですが、機首の下部(コックピット真下付近)の小さなアンテナは、
ひょっとして・・・とは思いつつ断定できる比較可能な画像を持ち合わせてませんでした。
やはり、それは一つの決め手とはなるのですね。
胴体最後部のコーン先端にあるレーダー警戒装置には気づいてませんでした。
これらは外見上の相違ですが、中身はどうなんでしょうね。
当時は観察力ではなく、AV-8Cが装備されているのは事前に知っていたうえでのことだと思います。

>飛行浪人さん
やはり1975年頃は厚木基地より横田基地への飛来か多かったと実感させられる紹介です。
R/W18降りにしては高いアプローチのようですが、オーバーヘッド後の着陸ですかね。
小回りやら高いやら数機での飛来時のマニアの方々の右往左往が目に浮かびます。
『この時はガッカリでしたね。いくら光線状態が良くてもWFではねー。』と未だに呟きますか(笑)

>TROUTさん
1976年は何から何まで、ゴミ箱でさえバイセンティニアルカラーで塗られてましたネ(笑)
ところで紹介の158974/WF-5は、1976年8月30日、岩国基地へのアプローチ中にガス欠で墜落してます。
まさか紹介ショットは、その日の岩国への帰投時の撮影ではないでしょうね。

>うみ太郎さん
まさしく喜怒哀楽、まあホンの僅かなことでの一喜一憂とも言うべきなのかな(笑)。
この話題に相応しいエピソードと画像の紹介です。
私はその日は展開してませんが、後ほどこの件について聞きました。
離陸時間は午後の時間帯?、太陽光線を気にすることのない曇り空?。
これらのことが重なって捻ったのかもしれませんが、その理由は推測はできても断言してはいけませんね。
まあ理由はどうあれ、撮影側からすればガックリというか(怒)に近い感情かもしれませんね(笑)

>MIDWAY世代さん
デジ画像しか持ち合わせがなければ、立派な若い方、胸を張ってよろしいですヨ(笑)
私はユマに行った事がないので分りませんが、低くて迫力ある離陸ショットが撮れるのですネ。
もちろん爆装している姿も迫力満点です。
ユマでの撮影の環境、レンズ選択等々、コメントいただけると、拝見してより楽しさが増すと思います。
追伸.
画像の差し替えのために別レスで投稿するのではなく、該当記事の訂正で画像を差し替えて下さい。
もしくは、元の記事を削除して下さい。そのまま放置するのは如何なものかと・・・。
元のNo.13423は私が削除しました。

-----【 2月13(金) 12:50 追伸 】-----
>空と鉄とさん、すっかいうおりゃさん
上記の私からお二人へのレスには矛盾があることに気づきました。申し訳ありませんm(_ _)m
日本でのUSS New Orleans (LPH 11)とUSS Tarawa (LHA 1)のスワップは空と鉄とさんにレスしたとおり1984年です。
お二人の撮影は1985年11月でしたね。
USS Tarawa (LHA 1)はSan Diegoを10月18日に出港しVMA-513DET.Bを載せ来日した1984年だと思い込んでました。
というのはスワップ時にハワイから載せてきた“ET”レターのHMM-262等が厚木に飛来していたからです。
しかもUSS Tarawa (LHA 1)は1985年9月〜12月はSan DiegoでSelected Restricted Availability (SRA)中です。
これらのことから、私は1984年と思い込んでました。
となると、お二人の撮られたVMA-513DET.のAV-8Cが、1985年にどのように日本に来たのか調べる必要が生じました。
これらの疑問はクリアーできてませんが、とりあえずの追伸です。





Harrier Name:Takafumi HIROE Date:2015/02/11(Wed) 06:00 No.13386   
沖縄特有のスコール明け(?)の黒い雲が残る嘉手納基地での撮影。
この1976年7月の嘉手納基地への遠征時はVMA-513のAV-8Aが7〜8機が岩国基地から展開しており、
連日のように実弾(?)を装備して訓練飛行を行ってました。

(AV-8A 158977/WF-4, VMA-513、1976年7月13日、嘉手納基地R/W23R着陸)


さて今回は私は基本的にはポジ、すなわち私のデジ化2004年以前の話題を中心に紹介する予定です。
2005年以降のデジ画像は若い(笑)皆さんからの紹介のために門戸を開いてお待ちします。
初参加を躊躇されている方、喜怒哀楽の話題と共に遠慮なく参加いただけると大変に嬉しく思います。
とにかく「最初の一歩」を踏み出すことが大事です。
誤解されるといけませんので補足します。ご年配の方(笑)のデジ化以降の話題も遠慮なく参加下さい。

Re: Harrier Name:T.H Date:2015/02/11(Wed) 07:29 No.13387
英国 Wales の Low Flying Area 7 ( LFA-7) 通称 " Mac Loop " で捉えた Royal Air Force の Harrier GR9A。飛行場から遠く離れた場所、低空飛行訓練エリアなので 撮影対象の飛行機が来るか、スカか ギャンブル性の高い場所。そしてお天気がとても不安定(悪い方が多い?)な地区なので 1日じっと獲物を待って 山あいを高速ですり抜けて行く機体が撮れた時には満足感満点です。

Low Flying Area 7    -8 JUL 2009   Harrier GR.9A  ZD346  1SQ / RAF   


Re: Harrier Name:geta-o Date:2015/02/11(Wed) 07:40 No.13388
広江さん、皆さんおはようございます。
ハリアーが始まりましたね。
最初は何にしようかと迷いましたが私もT.Hさんと同様2010/7/10のヨービルトンのエアデーで展示飛行を実施したHarrier GR9イギリス空軍(RAF)の4(R)sqの色付き(ZG858)
イギリスからは米国より先にハリアーは退役してしまいましたがその退役時にあった機体のほとんど(75機)を米国に部品取りのため譲渡したとのことです。
マリンコのAV-8Bにもイギリス ハリアーの部品が使われているようです。


Re: Harrier Name:Det.H Date:2015/02/11(Wed) 09:25 No.13389
広江さん 皆さん おはようございます
素晴らしい天気の旗日となりましたね

きょうからいよいよハリアーが始まりますが、この機体、BBSUの穴でしたね 
1970年代から現在も飛び続けていますので、若手の皆さんも参加しやすいでしょうね
初めは私もRAFハリアーから
1971年秋、小牧で行われた国際航空宇宙ショーに参加する為Short Belfastに積まれ、71年10月25日横田基地に日本初飛来(笑)したNo.1SQN.のGR.1です
当時KJ誌にいらしたF氏に同行させて頂き、横田の格納庫内での組み立て作業を撮影しました たしかToksans氏の身代わりだったと記憶していますが
そしてテスト飛行は翌々日の27日に行われましたが、それは明日に

Harrier GR.1 XW919 RAF No.1SQN. Oct.25,27,1971 Yokota AB


Re: Harrier Name:toksans Date:2015/02/11(Wed) 09:49 No.13390
広江さん、皆さんおはようございます、

1973年10月22日のリモア公開の時に撮ったVMA-542 のAV-8A WH-24 158966。胴体に描かれたスコアは、聞くのを忘れたか、聞いた答えを忘れたかのどちらかですが、どうも後者のようで悔いが残ります。
ハリアーのフィルム写真はその後休眠期に入ったのであまり撮っていませんが、若い人に門戸を開くと言う広江さんの趣旨に賛同しますので、デジタルの方もなるべく皆さんとかぶらないものを出していこうと思います。


Re: Harrier Name:A-330 Date:2015/02/11(Wed) 09:59 No.13391
広江さん、皆さんおはようございます。

今回の"Harrier"は持ち駒が少なく皆勤参加はできませんが、広江さん皆様の作品並びにコメントを拝見しながら話題と知識を得られることがとても楽しみです。

広江さんからスレッドにて紹介された部隊と同じで恐縮ですが、百里航空祭で撮影したAV-8Aです。
当日は2機(WF-3&WF-11)が展示されました。
WF-11は、翌76年の入間航空宇宙ショーでも展示されましたね。

AV-8A WF-3 159230 VMA-513 1975年10月10日百里


Re: Harrier Name:Cranberry01 Date:2015/02/11(Wed) 10:26 No.13392
広江さん、皆さん、おはようございます。
>広江さん、若い方々への広いお心はスバラシイ、感動。(笑)。大いに賛同いたします。
>Det.Hさん、私も他の飛行機で梱包状態を見たことがありますが、プラモの組み立てと全く同じですね。

Det.Hさん紹介のHarrier GR.1 (XW919) 小牧でのデモは光線具合のため外から撮っていた様です。1971年11月。


Re: Harrier Name:怪鳥 Date:2015/02/11(Wed) 15:55 No.13393
広江さん、皆さん、こんにちは

オープニングからDet.Hさんの超貴重画像の登場には吃驚です。この先どんな展開になるのか・・・・想像もつきません。
最初から既出ですが、矢張りこの機体は外せないと言う事で小牧のGR.1(XW919)です。撮影は1971年10月31日、デモフライトも撮ったんですが200mmでは小さ過ぎて絵になりませんでした。


Re: Harrier Name:PAPPY Date:2015/02/11(Wed) 16:36 No.13394
広江さん、皆さんこんにちは。
1976年10月17日入間の国際航空宇宙ショーで展示とデモ飛行を行った AV-8A VMA-513 WF-11 158966 です。
会場に向かってお辞儀をしたり初めて見るハリアーのVTOLは新鮮でした。
ToksansさんがNo.13390で紹介されているリモア公開時のVMA-542 のAV-8A WH-24 と同じ機体ですね。


Re: Harrier Name:Seagull Date:2015/02/11(Wed) 17:58 No.13395
広江さん、皆さん、こんにちは。
1978年3月2日(木)岩国基地に着陸するVMA-231detのAV-8A(CG3/158954)
ノートに同年2月26日に5機到着とメモっています。
このコーナーは最後まで参加出来そうです(笑)



Re: Harrier Name:THUD Date:2015/02/11(Wed) 19:08 No.13396
広江さん、皆さんこんばんは。
1979年5月に岩国で撮影したAV-8A(159248 VMA-231 CG5)です。パイロットなどが集まっていますが何だったかは記憶にありません。わかりにくいですが増槽に“GOOD TANK”の落書きがありました。
Harrierは撮ってはいますが、ほとんど公開時のものなので今後どうしようか検討中です(笑)


Re: Harrier Name:TROUT Date:2015/02/11(Wed) 19:10 No.13397
広江さん、皆さんこんばんは。海兵隊のハリアーは岩国配備直後から横田には頻繁に飛来してました。しかし!オーバーヘッドの着陸ではえらいショートカット!フェンスの内側で小回り、上がりはインターセクション当たり前、色は黒くてよほどの順光じゃ無いとBuNo.モデックスが解りません(^_^;) 最初の頃は良く来るのに撮るのが難しいハリアーでした。明るい曇天とか夕方の順光でなんとかBuNo.が読めました。75年6月頃、横田18に着陸するAV-8A WF09 BuNo.158970です。

Re: Harrier Name:飛行浪人 Date:2015/02/11(Wed) 19:32 No.13398
>広江さん、皆さんこんばんは。
日本で最初に見られたハリアーという事で名古屋航空ショー関連が多いですが、私はパスして多分最初に日本で公開された星マークのハリアーから行きます。
1975年5月5日の岩国公開、WF5、158986です。
スキャナーの電源部が故障してこの先スキャン不能になりました。サポート先に聞いたところサポート終了パーツの在庫無しとの事、トホホです。カバーを外しても光源部は電球ではありませんでした。どなたか解決法がありましたらご教授ください。コニカミノルタエリート5400Uです。


Re: Harrier Name:TAKADA TENNTEKI Date:2015/02/11(Wed) 19:39 No.13399
 広江さん、皆様こんばんは。ハリアーが始まりましたが数回は参加できそうです。まずは初見参 小牧1971年10月国際航空ショーの GR.1 XW919 です。飛行中の写真は全て逆光の影絵でした。初めて目の前で見るV/STOLに目を見張りました。滑走路上の低空高速飛行は印象的でした。ケストレル以来長期にわたる開発を経て実用化にこぎつけたのはさすが英国と感心もしました。

Re: Harrier Name:Gulf4 Date:2015/02/11(Wed) 21:34 No.13400
これを書いている時点で4枚も出ているイギリス空軍のHarrier GR.1(XW919)です。もちろん撮影は1971年10月の小牧基地。
この時はVTOLとしての印象よりも、初めて見たイギリス空軍機の方が、国籍マークを含め印象に残っています。
この十数年後イギリス空軍のHarrierは何機も撮るのですが、残念ながらデジタル化していません。
したがって次は海兵隊のAV-8になるでしょう。


Re: Harrier Name:DOC.K Date:2015/02/11(Wed) 22:35 No.13401
>広江さん、皆さま今回のお題は少し参加できそうです、1979年10月21日の芦屋基地祭でのWF−04(158965)です、バックにはT−1とその奥には海も見えますが現在は建物が立って全く見えなくなりました、皆さまのお宝画像を楽しみにしています。

Re: Harrier Name:すっかいうおりゃ Date:2015/02/12(Thu) 00:32 No.13402
広江さん、皆さんこんばんは!
待望のハリアー始まりましたね、早速 年配の皆さんのお宝画像を拝見して楽しんでおります。
しかし 英国空軍と70年代のA型からのページスタートですと 若手の方が出しづらいかもしれませんね。そこで 不肖私めが時代を一気に40年針を戻して 先週の写真からUPさせていただきます。これで 若手の皆さんも参加しやすくなりましたら幸いです。先輩の皆さんは、マイペースで進めていただければと存じます。どちらも楽しみですから・・撮影日 2015年2月6日 嘉手納基地R/W05 right VMA-231 CG-01,AV-8B+、Bu,No、164562
 ここ最近嘉手納では見放されっぱなしだったハリアーに久々出会えました。この週は、CG-01.02.03.05の4機がいましたが まともに撮れたのは、2機だけ。ハリアーパッドに直行されたら 高すぎて手を振って見送るしかありません。機首には、「MARINE AVIATION 1912-2012」と書かれています。


Re: Harrier Name:Takafumi HIROE Date:2015/02/12(Thu) 06:36 No.13403
>T.Hさん
基地や空港で撮影するのとは異なり、来るか来ないか分らないギャンブル性の高い撮影スポット。
行ったことのない私でも名前を聞いたことのある“Mac Loop”でのショットですね。
しかし紹介のようなショットが得られればコメントされてるように大満足でしょう。
これに味をしめて病みつきになる世界各国のマニアが増えているとか???。
日本からも遠征している方もいらっしゃるようですね。

>geta-oさん
なかなか低い離陸のようなアングルがイイですネ。
垂直尾翼はインテーク後ろに描かれる4(R)sqのインシグニアのデザインを採用しているようです。
米軍で例えるなら隊長機なのでしょうかね。
4(R)sqは撮影の直前2010年3月に4sqを改称し予備役部隊?訓練部隊?となりましたが2011年1月には解散。
そして2011年11月にBAE Hawk運用の訓練部隊19(R)sqとして再編成されてるようです。
紹介のショットは名称として短命の4(R)sqを捉えた貴重なショットとなるのでしょうか。
コメントのようにZG858もT.Hさん紹介ZD346と共にAMARCで管理されてます。

>Det.Hさん
おお〜っ、このような貴重で素晴らしいショットを撮られていたのですか。
私は記憶にありませんが、これらのショットは当時の航空雑誌で紹介されたのでしょうか・・・。
そもそも横田基地に運ばれてきたことも知りませんし、横田で飛んだことも知りませんでした。
しかし、Short Belfastの横田基地への飛来は誌面等で見た記憶があります(笑)
いやぁ〜・・・、オープニング早々、本当に驚きです。
誌面のような画像の加工編集、素晴らしいです。ありがとうございます。

>toksansさん
インテークに書かれるスコアはF-4?のシルエットですかね。ACMで撃墜したのかな?。
垂直尾翼の小さなマークはVMA-542の虎ですかね。
『若い』と言えるかどうかは、AV-8A初期の“WF”や“WH”レターに違和感を抱いたかどうかが分岐点。
ですので直前までのF-4B Phantom II時代を知る私もtoksansさんも、決して若いとは言えませんネ(笑)
しかしtoksansさんならではの本国で撮られた最新のAV-8B等の紹介は大歓迎です。
それと、かぶりは全く気にしないで下さい。toksansさんの話題が主です。

>A-330さん
やはり・・・と言うか、この画像がA-330さんから紹介されるかも?とは予想してました。
A-330さんが先か私が先かの覚悟を持ってました(笑)が、真っ先の紹介とはちょいと驚き。
私のショットはロープに制限された一般公開エリアからの撮影なので、これほど正面形とはなってません。
ライトターンしラインに入ろうとするアングルには、機首方向に膝まづいて撮られる方が写り込んでます。
ひょっとして???。もしご希望ならA-330さんにメールでお送りしましょうか?(笑)

>Cranberry01さん
いえ、私もCranberry01さんも、そして皆さんも若いですヨ。気持ちだけはネ(笑)
話しは更に外れますが、整備中のEA-6Bの各パネルや部品等々がシートの上に並べられている状況を見て、
私も思わず『プラモの組み立てと同じだなぁ〜』と呟いたことがあります(笑)
さて本題(笑)、小牧でのハリアーのデモフライトの件、
先日もエンドでお会いした方々にお話しましたが、私は全く記憶にありません(^_^;
本当に私はBlue Angelsだけが目当てだったようです。いつもながらの後の祭りです(笑)

>怪鳥さん
私のお目当てというよりコレ一本に的を絞ったBlue Angelsが後方に見えます(^_^;
この駐機位置からデモフライトを行ったのでしょうかね。
その日(10月31日)に撮影した私のポジは機種別に分類してしまったので分りませんが、
モノクロネガを改めて見直したところ、ハリアーが写ってました(^_^;
上のCranberry01さんーのレスで『全く記憶にない』と間違ったことを書いてしまいました。

>PAPPYさん
機首が下がりエンジン排気煙が斜め下に吹いている状況で、そのデモのシーンが想像できます。
私もとても新鮮に感じましたが、ハリアーのデモフライト時のおじぎ(機首下げ)は定番でしたね。
入間基地の公開エリアから見える背景がどの付近なのか全く分りません。
というのも、1971年の小牧基地同様、この1976年の入間基地でのデモシーンの記憶がありません(^_^;
この時は「F-14A vs TF-15A(当時の名称)」を見て私は他のシーンを忘れてしまったようです。
ちなみに、1976年の国際航空宇宙ショーは10月16日〜10月24日開催だったと思います。

>Seagullさん
今回の話題ハリアーは、Seagullさんならではの話題で楽しませていただけそうです。
1974年8月から始まったVMA-513の駐留ですが、1976年11月からは6機の分遣隊のUDPに変わりました。
しかし私はローテーション部隊は把握しているものの、それぞれの交代時期の記録が曖昧です。
分かる範囲でSeagullさんからご指摘いただければ私のページの精度が上がるかもしれません。
http://www.gonavy.jp/usmc04.html (なんせ、16年も更新されてないページです)
例えば紹介のVMA-231DET(たぶん当時はDET.B)はVMA-542DETと1977年11月に交代したと記録してます。
また機体はVMA-542DETから全6機が移管され、紹介の158954も、WH-24からCG-3になった記録です。
想像ですが、1978年2月26日の5機は遠征先からの帰還ではないでしょうか???。
これらを再確認させていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

>THUDさん
この日(1979年5月5日)のVMA-231DET機は、少なくとも地上展示機とデモフライト機が撮影できました。
ただ今回のポジ捜索では、紹介の159248/CG-5が保管用のファイルにありませんでした。
おそらくポジ箱の中に何枚ものカットがあるはずです。
紹介のシーンの前後関係が気になりますし、燃料タンクの“GOOD TANK”の文字も撮ってるかな。
これらの確認のためにポジ箱の捜索をせぬばなりません。
今後のことはTHUDさんに委ねるしかありませんが、あまりお気になさらず!。

>TROUTさん
今と変わらず当時からハリアーの撮影は難儀していたのですネ。
特に当時は、レンズ焦点距離、悪天候でも何とかなるデジデータ、これらが今とは大きく違いますしね。
デジ化となった今も厚木基地に度々飛来しますが、離陸時は特に緊張します。
紹介はR/W18降り、午後の遅い時間帯、横からの光の当たり具合がバッチリですね。

>飛行浪人さん
コニカミノルタエリート5400IIが壊れましたか・・・。困りましたねぇ〜。
私も使ってますが、先日フィルムホルダーが壊れメーカーに問い合わせましたが、やはり在庫なし。
今は買い溜めておいた最後の1個を使ってますが、これが壊れたらアウト。
私もそろそろPC&スキャナを一新することを考えなくてはならない時期になりました。
紹介の158976/WF-5(Bu.No.訂正願います)は、何やら私と近くで撮影していたような・・・(笑)

>TAKADA TENNTEKIさん
そういえば、開発当初はケストレルでしたね。思い出しました。
1971年の撮影当時は今のようにPCで容易に動画を見ることのできる環境ではありませんでしたから、
頭で分っていても実際にV/STOLを見た時は本当に驚きましたね。
それと小柄なハリアーですから、ハイスピードパスの速さにも驚かされましたね。

>Gulf4さん
当時、特異な存在として誰もがハリアーに注目したのでしょうね。私は忘れてましたが(^_^;
確かにイギリス空軍の迷彩塗装も新鮮でしたね。
しかしこの年から米海兵隊VMA-513の配備が始まった時、イギリス空軍と同じ迷彩塗装に私はガッカリ。
このことから如何に最新で特異な存在にも関わらず紹介のハリアーを私が忘れていた要因が分ります(笑)
当時は米軍機以外にはあまり目が行かなかったようです。

>DOC.Kさん
岩国基地駐留時代のAV-8Aは日本各地の自衛隊基地航空祭に展示で参加していたようですね。
このところの31stMEU派遣のための分遣隊も見習ってほしいものですよね。
まあでも、AV-8A時代とは任務も異なりフネに乗ってクルーズに出る忙しさもあり無理ですかね。
ところで申し訳ありません、Bu.No.の件でお願いです。
158965か158966のどちらか、別アングルショット等で再確認をお願いできますか?m(_ _)m

>すっかいうおりゃさん
お気遣いありがとうございます。
限られた期間内の開催ですので、できる限り若手の方々にも頑張っていただきたいと願ってます。
31seMEU派遣の現在のハリアーの分遣隊は、6ヶ月の間にフネに載る前の訓練から任務が始まり、
そして実際にフネに載ってクルーズに出てしまうので、実質的な撮影チャンスは短く手強い奴です。
ねらい目は、クルーズを終えて帰国するまでの“暇”と思われる期間(笑)
このときには厚木にも飛来してほしいと願い続けているのですが、はたして今回の“CG”は・・・。





C-121/Lxx49 Final-2 Name:PAPPY Date:2015/01/23(Fri) 15:14 No.13359   
広江さん、皆さんこんにちは。
もう大したものは有りませんが北朝鮮機に撃墜された EC-121M VQ-1 PR-21 135749 です。
1967年厚木月日不明ですがR/W01で着陸してきたものを相鉄線トンネル上から撮ったもので私としては唯一のPR-21です。


Re: C-121/Lxx49 Final-2 Name:PAPPY Date:2015/01/23(Fri) 15:16 No.13360
二枚目も同じような画像ですが1970年7月21日厚木R/W19降りの EC-121M VQ-1 PR-27 143186 で墓場からの撮影です。


Re: C-121/Lxx49 Final-2 Name:PAPPY Date:2015/01/23(Fri) 15:17 No.13361
最後は1970年7月23日厚木R/W19降りを相鉄線トンネル上からアップで撮った C-121J VW-1 TE-00 131654 です。
多分T/Gか何かで何回も飛んでいたものと思います。
今回も楽しく拝見させて頂き有難うございました、また次の話題を楽しみにしています。


Re: C-121/Lxx49 Final-2 Name:waka Date:2015/01/23(Fri) 17:00 No.13362
広江さん、皆さん、こんにちは。
今回のC-121では、手持ちの写真/ポジを探したのですが、WC-121Nが見当たりません。
手帳の記入や一部引っ張り出したネガでは見つかりましたがスキャンをしている時間がありません。
そこで、手持ちのVW-1 C-121J(131654)の変遷を同じアングルで進歩がありませんが、3枚続けます。
1枚目は、C-121J 131654 TE-00 VW-1 1971年3月8日、厚木基地の着陸です。


Re: C-121/Lxx49 Final-2 Name:waka Date:2015/01/23(Fri) 17:01 No.13363
続いて2枚目は、1枚目の2ヶ月後のVQ-1になったC-121Jです。
C-121J 131654 PR-50 VQ-1 1971年5月14日、厚木基地
しかし、VW-1が解散して、WC-121NがVQ-1に移管されたのは、同年7月1日のはずです。
C-121Jだけは、早めに移管されたのでしょうか?


Re: C-121/Lxx49 Final-2 Name:waka Date:2015/01/23(Fri) 17:02 No.13364
3枚目は1974年の撮影で、その頃VQ-1で流行った、バニーのマークが尾翼に追加されています。
C-121J 131654 PR-50 VQ-1 1974年8月 厚木基地
昨年からBBS IIに参加させていただいたことを機に過去のフィルムや記録の整理を始めました。
次回のC-121のリ・リニューアル(笑)までは、何とか新しい写真を探し出して投稿したいものです?
今回は、先輩諸氏の投稿で、これだけ多彩なC-121が日本に飛来していたことに驚きました。
広江さん、皆さん、多くの写真や記事で楽しませていただきありがとうございました。


Re: C-121/Lxx49 Final-2 Name:geta-o Date:2015/01/23(Fri) 19:00 No.13366
広江さん、皆さんこんばんは。
広江さんご苦労様でした。
121の最後ははじめと同じく立川で撮ったMATS NAV.AIR TRANS WING PACのC-121Gを3つ続けます。
シリアル順で最初はC-121G (54-4053/City of Agana)1963年


Re: C-121/Lxx49 Final-2 Name:geta-o Date:2015/01/23(Fri) 19:01 No.13367
2枚目はC-121G (54-4060/City of Sacramento)1962/3/10

Re: C-121/Lxx49 Final-2 Name:geta-o Date:2015/01/23(Fri) 19:02 No.13368
3枚目はC-121G (54-4065/City of San Francisco)1961/9/23
それでは次のお題まで


Re: C-121/Lxx49 Final-2 Name:ITAZUKE-1 Date:2015/01/23(Fri) 19:19 No.13369
広江さん みなさん こんばんは
1970年11月1日板付でEC-121Tを初めて撮影した画像です。552AEW&CW 55-0122
右側の看板には 上段 COLLEGE EYE TASKFORCE
        真ん中 ADC EC-121  552AEW&CW の絵
        下段 NORTHEN OPRETIONAL LOCATION
と書かれていました。


Re: C-121/Lxx49 Final-2 Name:ITAZUKE-1 Date:2015/01/23(Fri) 19:25 No.13370
1970年12月31日板付R/W34から離陸した EC-121D 552AEW&CW 53-0555 寒さに負けて逃げ込んだ?空港タ-ミナルビル送迎デッキからの撮影です。

Re: C-121/Lxx49 Final-2 Name:ITAZUKE-1 Date:2015/01/23(Fri) 19:34 No.13371
1971年1月10日板付R/W34から上がった EC-121D 552AEW&CW 53-0548です。
R/W34から離陸するときは エンドのオ−バ-ランでUタ−ンして 3000mフルに使って上がっていました。

>広江さん みなさん 貴重な画像たくさん 楽しませていただきました、 ありがとうございました。


Re: C-121/Lxx49 Final-2 Name:A-330 Date:2015/01/23(Fri) 19:42 No.13372
広江さん、皆さんこんばんは。
最終章も既出機で失礼します。
1枚目はPart.1にてお正月気分で紹介予定だった富士山がらみです。
撮影日については、wakaさんから紹介されました作品と横田R/Wに残る残雪から1972年2月と推察しました。

C-121J PR-50 131654 VQ-1 1972年2月横田


Re: C-121/Lxx49 Final-2 Name:A-330 Date:2015/01/23(Fri) 19:43 No.13373
2枚目は同機が那覇で、P-3用エンジンを積み込んでいるところです。

C-121J PR-50 131654 VQ-1 1973年那覇


Re: C-121/Lxx49 Final-2 Name:A-330 Date:2015/01/23(Fri) 19:43 No.13374
最後はNo.13268にて紹介した正面離陸のセカンドショットです。
「次のお題までさようなら」の意味を込めてこのカットを選びました。

>広江さん、皆さん
数多くの貴重なお宝映像紹介並びにコメントを有難うございました。

WC-121N TE-11 141331 VW-1 1970年頃厚木

これで紹介画像15レス目となります。


Re: C-121/Lxx49 Final-2 Name:THUD Date:2015/01/23(Fri) 21:09 No.13375
1967年8月立川を離陸するフライングタイガーA.SのL1049H(N173W)“CITY OF SAIGON”ですが、やはりこの時代この都市名は外せないと思いUPしました。しかしこの(N173W)はDet.HさんがNo13313で1967年5月に撮影した画像を詳しく紹介されてますが、都市名は“CITY OF ANGELES”。この間で描き換えたのかな?まぁ気のせいか画像で見る限りでは新しくてきれいに見えますが・・・(^^ゞ

Re: C-121/Lxx49 Final-2 Name:THUD Date:2015/01/23(Fri) 21:18 No.13376
1966年3月立川を離陸するWEST VIRGINIA ANGのC-121G(54-4070)。私がチャンスがなかったのかもしれませんが撮影出来たのはこのときぐらいだったでしょうか。WVの立川飛来は珍しかったかも。

Re: C-121/Lxx49 Final-2 Name:THUD Date:2015/01/23(Fri) 21:23 No.13377
最後は残った?FAAで1966年3月横田を離陸するFAAのL749A(N65)です。
どうもお疲れ様でした。次回を楽しみにしています。


Re: C-121/Lxx49 Final-2 Name:N.SUZUKI Date:2015/01/23(Fri) 21:34 No.13378
広江さん 皆さんこんばんは。
C-121の最終章は、未だ紹介されていない機体を選びます。
最初は、L-1049G N4903C CAPITOL International AIRWAYS (PEACE TO MANKIND)1967年11月9日羽田の整備地区です


Re: C-121/Lxx49 Final-2 Name:N.SUZUKI Date:2015/01/23(Fri) 21:36 No.13379
次は、L-1049G(cn7830)N6937C 1957年製造後SLICK ARWAYSに引き渡された機体で 1966年5月 羽田国際線地区での撮影です。
この機体は、その後何社か転々としましたが、1985年カンサスシチィのAirline History Museum“The Save A Connie Foundation” で動態保存されTWA機としてレドームやチップタンク付きに改修され、極く、最近まで飛んでいる機体です(2005年 Van Nuysでの飛行写真が出ていました)


Re: C-121/Lxx49 Final-2 Name:N.SUZUKI Date:2015/01/23(Fri) 21:37 No.13380
最後は、L-1649A (cn1019) N7317C TWAで1957年から1967年まで使用されており、1960年にはall-cargoに改造された機体ですが、1969年3月羽田に立ち寄った際の撮影です。

Re: C-121/Lxx49 Final-2 Name:Det.H Date:2015/01/23(Fri) 23:53 No.13381
>THUDさん フラタイのN173W、主役がニコラス・ケイジ、メグ・ライアン(スペルが一文字違いますが)から本田美奈子に代わっていたとは!驚きです!!(笑)何故なんでしょう? #13234の都市名は読めなくともおおよそ字数からこの67年3月はANGELES(広江さん、Eが入ります)ですよね?
それとFAAのコニー、N65とN121が同時期日本(東南アジア?)の空を飛んでいたのですね 考えればあの忙しかった時代に、広い地域をレシプロ機1機では無理がありますね
WV.ANG、ありがとうございます 同じ機体でした
>広江さん 邪魔でしたら削除お願いいたします

Re: C-121/Lxx49 Final-2 Name:Takafumi HIROE Date:2015/01/24(Sat) 07:46 No.13383
>PAPPYさん
やはりVQ-1機との相性というか遭遇機会は個人個人でバラツキがあるとの一つの例のようです。
それにしてもPAPPYさんがPR-21と遭遇したのはNo.13359の一度限りというのも意外で驚きです。
D-1 TWY撮影ポイントからR/W19降りのワンツーワンは、皆さんから多くが紹介されてますね。
No.13360の日は北側に展開したものの7月にも関わらず北風だったため、
仕方なく、CVW-8機のローカルフライトの戻りをその場で撮影されていたのでしょう。
そして翌々日に無事晴天下でR/W19の降りを撮ることができたようですね。

>wakaさん
C-121J 131654の三連発、私もフト考えました(笑)
それと比較すると、wakaさんのVW-1 EC/WC-121系の撮影チャンスは多くはなかったようですね。
VW-1 EC/WC-121系はあくまでも外来機ですから、時の運もありますしね。
131654がVW-1からVQ-1に移管された月日が特定できそうなNo.13363画像ですね。
そう思って少し調べてみたのですが、具体的な日付を見つけることはできませんでした。
VQ-1機のバニーマークは、どの機種も1974年に確認されてますね。
C-121のリ・リニューアル、お互い頑張りましょう(笑)

>geta-oさん
MATS/Naval Air Transport Wing Pacificの三連発。geta-oさんの独壇場、さすがです。
選択も変化のある3コマ、持ちコマ豊富なgeta-oさんならではでしょうか。
立川基地のアプローチの低さはNo.13367でも表現されてますね。
これは多彩な撮り方ができて楽しそうです。
No.13368も目の前を転がるワンツーワンを短焦点での撮影でしょうか。
当時の撮影環境は本当に恵まれていて色々な撮り方ができたようですね。

>ITAZUKE-1さん
板付基地で撮影されたEC-121D/Tの三連発ですネ。
当時の板付基地の華やかさは関東地方に住むマニアには憧れの地でした。
EC-121D/Tだけに限りませんが、私の撮影したいとの夢はとうとう叶いませんでした。
No.13370とNo.13371、共に雪山が写り込むのはイイですねぇ〜。
なんと言っても私の大好きな離陸ショットとの組み合わせは、もう本当に最高!。
ところで、No.13371はEC-121Tでよろしいのですよね?。

>A-330さん
富士山がらみのショットはイイですねぇ〜。海外の方々に受けるのは間違いないでしょう(笑)
厚木ではなかなか撮れないアングルには、やはり憧れです。
No.13373の現場の雰囲気の分るショットも、外から撮る私達には興味深いシーンです。
地上高の高いワンツーワンの荷降ろしは大変だったのではないかと常々想像してましたが、
フォークリフトが2台待ち構えているのは、その荷降ろしのためでしょぅかね。
あと興味深いのは主翼上面が見えること。
排気の汚れ、右翼上面の“50”と“PR”の文字。これはなかなか見ることができませんね。
『次のお題までさようなら』、またお会いしましょう。

>THUDさん
N173Wの都市名変更の早業、民間機にもこのような例があるのですネ。とても興味深いです。
WV ANG機はDet.Hさんからの紹介を期待していたのですが・・・(^_^;
さすがTHUDさん、私の隠れANGファンをご存知で(笑)
これでワンツーワンの主だったANG機は紹介されたことになりそうです。
N65は1966年8月15日に着陸時の事故で抹消された記録があります。
Det.HさんがNo.13353で、N65は1966年にN121と交代?とコメントされてます。
このことから、No.13377の撮影日について再確認の上、メールにてお知らせ下さい。

>N.SUZUKIさん
民間機コニーの三連発、いかにもN.SUZUKIさんらしい選択と感じます。
CAPITOLは、昔誌面等で見た記憶が蘇るような気がします。
同様ですが、SLICKは、あれっ?こんな塗装デザインだったのかな?とも思います。
MATSのチャーター便、国際線の民航便、当時コニーが全盛だった時代を垣間見ることができます。
No.13380のN7317Cのオーナーは、BBS IIではWillair Internationalで処理します。
もし異なるようでしたらメールにてお知らせ下さい。

>皆様
ワンツーワン&コニーのリニューアルも大盛況で終わることができました。
46コマの2007年版から短期決戦で228コマに一気に増えました。
いつもながら皆様の豊富な画像の保存と紹介に感謝いたします。
ありがとうございました。





C-121/Lxx49 Final Name:Takafumi HIROE Date:2015/01/23(Fri) 06:36 No.13343   
話題に脈絡はありませんが、VQ-1で始めたのでVQ-1で締めます。

1968年11月17日頃、VQ-1の初のグレー塗装で確認されたEC-121M 135749。
ノーマーク状態故から“PR-21”が書き入れられると、物珍しさから追い回すことになりました。
↓はT/G後にややショート気味でアプローチするPR-21。
この時点で、翌1969年4月15日に北朝鮮機に撃墜されるとは思いもしませんでした。

(EC-121M, 135749/PR-21, VQ-1、1968年12月28日、厚木基地R/W01着陸)

R/W01上で離陸前のエンジンランナップ中のEC-121K 143209/PR-22。
No.13267でR/W01にランウエイバックするWC-121N 145934/TE-2を紹介しましたが、
↓のPR-22もA-W TWYからA-E TWYに行くことなくR/W01にランウエイバック。
A-1 TWYを転がるワンツーワンを見た記憶があるのですが、私の撮影コマにはありませんでした。
ひょっとして私の記憶違いなのかなぁ〜。

(EC-121K, 143209/PR-22, VQ-1、1969年10月17日、厚木基地R/W01離陸)

D-1 TWY撮影ポイントから撮影したR/W19に着陸するEC-121M 145927/PR-26。
何故、この場から撮ったのかは実はF-8 Crusaderの話題の中に理由があります。
No.12674紹介F-8B 145497/UE-7のアフターバーナーを撮りに行った時に降りてしまいました。
アングル的に2007年版No.179紹介VC-121J 128443よりやや前気味ですが、
共に、大和市街の建物等が何も写り込んでません。
この場で撮った今と47年前の↓の景色を比べてみたいものです。

(EC-121M, 145927/PR-26, VQ-1、1968年11月16日、厚木基地R/W19着陸)

Re: C-121/Lxx49 Final Name:飛行浪人 Date:2015/01/23(Fri) 08:19 No.13344
>広江さん、皆さんおはようございます。
今日は私事で参加は無理かなと思いましたがなんとか滑り込みます。
まずは1970年頃の厚木、19に降りるPR24、墓場からの低い降りです。
>広江さん、失礼しました。No.13256の空軍のECー121Dと同じ日ですが、日にちは特定出来ません。


Re: C-121/Lxx49 Final Name:飛行浪人 Date:2015/01/23(Fri) 08:22 No.13345
>2枚目は1971年8月14日か15日の厚木、相鉄線のトンネルの上からのPR52/143205です。
121は横からの姿も良いですが、私は正面形の方が好きです。


Re: C-121/Lxx49 Final Name:飛行浪人 Date:2015/01/23(Fri) 08:27 No.13346
>ラストは私が最後に見た現役の121、GD12/141292(NCー121K)。
1977年3月のホノルルです。
今回も沢山の画像で楽しませていただきました。
それでは次の参加は難しいかもしれませんが、121の後ろ姿でサヨナラ、サヨナラです。


Re: C-121/Lxx49 Final Name:toksans Date:2015/01/23(Fri) 09:44 No.13347
広江さん、皆さんおはようございます、

いよいよコニーともお別れですね。1967年3月11日厚木で撮影のVC-121J 128443。機体の右側にも“静静的走快點”の文字が書かれ、機首と垂直尾翼の三ツ星の階級章が書かれていました。垂直尾翼の階級章の上の文字は“COMNAVAIRPAC”でした。


Re: C-121/Lxx49 Final Name:toksans Date:2015/01/23(Fri) 09:45 No.13348
1973年10月23日ポイントマグーでのPacific Missile RangeのEC-121K 141304です。

Re: C-121/Lxx49 Final Name:toksans Date:2015/01/23(Fri) 09:45 No.13349
同じくPMRのEC-121K 145926ですが、このB/Nどこか見覚えありません?この時のポイントマグーにはEC-121Kが4機、137890・141304・141309・141311・145626、居ました。

>広江さん、
今回もいろいろご苦労様でした。次回も貢献できるよう頑張ります。


Re: C-121/Lxx49 Final Name:Cranberry01 Date:2015/01/23(Fri) 11:07 No.13350
広江さん、皆さん、おはようございます。
>広江さん、初めの頃に仰っていましたが、VQ-1のEC-121はやはり黒っぽい塗装が似合いますね。
約半世紀後の今見返すと、地上の景色が写っている画像を見ていると、カタログ的な機体だけよりも、いっそう当時に帰った自分がいます。  JB-444とGD-11の詳細解説ありがとうございました。
>飛行浪人さん、EC-121Dの離陸はかなり撮影しましたが、脚の引き込みは殆ど同調していたことが無く、様にならない写真ばかりです。同じ様な機体は沢山あるのになぜでしょうかね?
>N.SUZUKIさん、No.13321のショットにはグッときましたね。そしてElvisの宣伝ショットかと思いました。左下に写っているメカニックは似ていませんか?(笑)エンジンの解説、ありがとうございました。

ワンツーワンの特徴をもっとも現しているが正面ショット。EC-121(53-537) 552nd AEW&CW,1969年7月。



Re: C-121/Lxx49 Final Name:Cranberry01 Date:2015/01/23(Fri) 11:09 No.13351
FOLLOW ME.  EC-121D(55-135)

Re: C-121/Lxx49 Final Name:Cranberry01 Date:2015/01/23(Fri) 11:11 No.13352
もうおしまい、ゴ〜ン、ゴ〜ンと飛び去って行くワンツーワンでありました。(お粗末でした。笑。)EC-121D(53-3399)1970年3月
いや〜、四発エンジンってほんとカッコイイですね。サヨナラ、サヨナラ。

ワンツーワンも今日で終わりですか。民間型の画像の多さには驚きました。一方軍用型は意外に少なかったと感じました。
皆さん、お宝画像、ありがとうございました。
広江さん、沢山の解説とコメントご苦労様でした。


Re: C-121/Lxx49 Final Name:Det.H Date:2015/01/23(Fri) 13:00 No.13353
広江さん 皆さん こんにちは
今朝は明け方の天気からうって変わって素晴らしい天気になりましたね
洗濯物も乾きそうです (笑)

さて第2回ワンツーワンもきょうでラストですね 皆さんの最後の切り札が楽しみです

>広江さん
フラタイ型式No.納得できました Accident Databaseまでは気付きませんでした アラスカ航空ですが、エスキモーの横顔及び広江さんお気に入りディズニーのスキムでお馴染みのALASKA AIRLINESで、昔も今も同じでFLY ALASKAは機体に書かれたロゴ(モットー? キャンペーン?)だと思います

>Cranberry01さん
EC-121Hの解説ありがとうございます 機体外観に大きな違いがあったのですね 検索した所背中のレドーム前部にコブが一つ付いているフォトを見つけました この機体も一度見てみたかったですね そのフォト(AIRLINERS.NET)の説明文ではこのS/N53-0551は1969年9月にアイスランド、レイキャビック空港での撮影で、近くのKeflavikに配属され、Tにコンバートされることなく1978年10月4日に離れるまで居た と書かれていますが、551AEW&CWは69年に活動停止しているので変ですね?
あ、それからFAAのコニーですが、忘れてはいませんよ しかし、取捨選択で落ちてしまいました カラーだったら絶対に貼っていたのですが(^^;

>もいちど広江さん FAAのL749AはあとN65も飛んでいました 怪鳥さんが出されたN119は、私が撮りだした頃にはもういなかったと思います N65とN121ですが、N65は66年7月に立川撮影、N121は同じ年66年10月立川から、68年5月厚木撮影までネガがありましたので、66年に機体交換したのかな? どなたかよろしく 広江さん、厚木で撮っていませんでした?

では最後の3連発はやはりNAVYでしょう (笑)
一枚目 60年代の立川通いはあまり風向きに関係なく砂川側に行ったり、青梅線側(こちらの方が駅から歩いていけたので多かったかな? 砂川側は立川バス、停留所砂川四番(郵便局脇))に行ったりしていましたが、この日は南風RWY19でしたが、青梅線側へ、 そこに降りてきたのがこのJB313でした この時降り側で撮られた方はいたのかな?


Re: C-121/Lxx49 Final Name:Det.H Date:2015/01/23(Fri) 13:01 No.13354
二枚目 VW-1 WC-121Nのノーズアート組写真(笑)です
このノーズアート、描かれていた時期がはっきり分かりません 広江さんおっしゃるようにTWYでアップで撮りたかったですね

TE-1 145935, WC-121N, "W.W.I Ace (Snoopy)"...CO's plane.
TE-2 145934, WC-121N, "Draggin' Lady"........XO's plane.
TE-3 145933, WC-121N, "City of Hong Kong"
TE-4 145932, WC-121N, "City of Naminoue"
TE-5 145931, WC-121N, "City of Cavite (Outhouse)"/"Andy Capp"
TE-6 145930, EC-121K, "The A-Team", later "F-Troop"
TE-7 145928, WC-121N, "Road Runner"
TE-8 145938, WC-121N, "I'm so Sweet (Skunk) Nobody Loves Me"
TE-9 145939, EC-121K, "Malfunction Junction"


Re: C-121/Lxx49 Final Name:Det.H Date:2015/01/23(Fri) 13:01 No.13355
ラストは残念ながら未だノーズアートを描きこむ前のTEの2番、このA-1 TWYでの121は2,3度しか撮っていませんでした 飛行浪人さん、Cranberry01さんがおっしゃるようにEC,WC-121は正面がかっこいいですね
わたしもお付き合いさせて頂きます (笑) じゃまだった草もこうして見るといいアクセントになっていますね
皆さん 今回もタップリ!堪能させていただきました
広江さん お疲れ様でした (あ、まだ終わっていませんね(^^;))
ありがとうございます
では次のお題(なんでしたっけ?)まで ごきげんよう さようなら

注 これで広江さん画像込みで15レス目となります


Re: C-121/Lxx49 Final Name:Cranberry01 Date:2015/01/23(Fri) 13:55 No.13356
>Det.Hさん、551stが解散した後は、552ndが各地に飛んでいます。KeflavikにはDet.がありました。

Re: C-121/Lxx49 Final Name:ET Date:2015/01/23(Fri) 14:28 No.13357
広江さん、皆さん、こんにちは、
エールフランスの機体を続けます。羽田で撮ったL-1649A-98-II, F-BHBQ (cn1033)です。エールフランスは1960年からJALとの北周りの共同運航便を開始しましたが機体後部にJALのロゴが写っていないので撮影時期は1959年頃かと思われます。
>広江さん、No.13319は1958年4月27日です。No.13320の機体はブラジルのレアル航空です


Re: C-121/Lxx49 Final Name:ET Date:2015/01/23(Fri) 14:32 No.13358
最後もエールフランス機です。
L-1049G (F-BHML, cn4671)の出発風景です。本機はその後Air Fretという会社でも使用され、現在ミュンヘン空港に近いMünchen Flughafen Besucherpark でD-ALEMのレジを付けて展示されています。しかし、この”D-ALEM”はルフトハンザが1955年6月8日ハンブルグからニューヨークまでの初の長距離飛行を行った同型機のレジでそれを記念して本機に付けられているとのことです。また、本機はD-ADAMというレジでもDusseldorfの博物館で展示されていたことがあるそうです。撮影は羽田で1959年頃と記憶しています。
今回のお題は休眠状態で殆ど撮れなかった大好きなC-121/L-xx49でしたが皆さんの素晴らしい写真と知識に感嘆しながら拝見させて頂きました。広江さん、皆さんありがとうございました。


Re: C-121/Lxx49 Final Name:Det.H Date:2015/01/23(Fri) 17:08 No.13365
>Cranberry01さん ありがとうございます 552ndのPDFに551stの後、Icelandに派遣された文がありました

Re: C-121/Lxx49 Final Name:Takafumi HIROE Date:2015/01/24(Sat) 07:45 No.13382
>飛行浪人さん
前スレのNo.13305の件ですが、
PR-25は多くが紹介されてますので並び準を決めるために少なくとも年だけで構わないのです。
モノクロのNo.13305が、No.13276で解説されたポジのNo.13256と同じネガ、というのが疑問です。
もしNo.13256と同じ時期だとしても、白/グレー塗装のNo.13305は1969年1月には存在しません。
何処かに矛盾が生じてますが、とりあえずGallery化は1970年代で処理します。
もし年月等判明で進展がありましたらメールにてお知らせ下さいm(_ _)m
No.13344はひょっとしてPAPPYさんNo.13272紹介と同じ日(1970年8月6日)の撮影のように見えます。
EC-121の腹のレドームは平面形で大きさが分りますが、正面形では分厚さも強調されますね。
何処から見ても格好イイ機種であることは間違いないでしょう。
後ろ姿の『サヨナラ、サヨナラ』、またお会いしましょう。

>toksansさん
No.13347 VC-121J 128443は機首の3つ星プレートから、CMNAVAIRPACご本人が座乗されてるようですね。
2007年版No.179紹介と比べると内装はVIP仕様かもしれませんが外観は普通のC-121です。
No.179には見当たらない“静静的走快點”とは、どんな意味なんでしょう・・・(^_^;
PMRFのショットは好天下で綺麗ですねぇ〜。
名称こそEC-121Kのままですが、アンテナの数も減ってスッキリした姿になってますね。
145926は私が謎としている機体です。
紹介がEC-121Kですので、私がNo.13199で紹介している『145926?』は間違いの可能性大かもしれません。
当時、何処から『145926』との情報が出たのかは分りませんが、今となっては迷宮入りとなりました。

>Cranberry01さん
EC-121Dの三連発の締めはやはりCranberry01さんならではですね。
それも3コマの動きが全て異なるアングルの選択、手持ちの豊富さを改めて知りました。さすがです。
地上が写りこむのは私も好きですが、厚木基地での撮影にはどうしても寂しさがあります。
支援車両やクルーが写り込むショットは、フェンスの外からは撮る機会はまず無かったです。
背景がクリアーであったり山並みであったり、これらは本当に最高ですネ。
私の撮影したWC/EC-121系の離陸姿はなんとも中途半端のため紹介できませんでした。
どのように切ったらよいのか迷っているうちに離陸して行ってしまったようです。
やっぱり四発エンジンを主にして、あとは他を切れば良かったのかなぁ〜(^_^;
No.13352をお手本にして立ち居地を決めリベンジしたいのですが、相手が居ない・・・(笑)
『ゴ〜ン、ゴ〜ンと飛び去り、サヨナラ、サヨナラ』、またお会いしましょう。

>Det.Hさん
まず最初に、ALASKA AIRLINESとFLY ALASKAの件、ありがとうございます。納得できました。
THUDさんNo.13284紹介を訂正します。
No.13353は外観はピカピカの要人輸送用の機体のようですが型式はC-121Jのままなのですね。
No.13354で記述されたVW-1のノーズアートは、1機抜けてます。↓のTE-3を追加して下さい。
TE-3 145933, WC-121N, "City of Hong Kong"
全ての機体の命名は1967年5月なので、No.13555のTE-2は残念ながら書く前ですネ。
消された時期はまちまちで分りませんが、遅くとも1970年中には消されたと思って間違いないようです。
FAAのL749Aは、たぶん撮ってないと思います。あくまでも『たぶん・・・』ですが(笑)
A-1 TWYの邪魔だった草は・・・、う〜〜〜ん、やっぱり邪魔です(笑)

>ETさん
失礼しましたm(_ _)m、レスをしておきながらNo.13319のGallery化がモレてました。
当時の羽田ではエールフランスのコニーは全盛期だったのでしょうか。
1960年からJALとの北周り共同運航便でも飛び続けたのですね。
レシプロ機での空の旅は快適だったのでしょうか・・・。しかし一度は体験したいですネ。
ブラジルレアル航空の件、No.13341でお願いしたとおりGallery化での表記名を教えて下さい。
Gallery化で「ブラジルレアル航空」とは表記できません。
調べてはみたのですが、統廃合でブラジルレアル航空は現在なく分りませんでした。
加えて、No.13320画像でタイトルが読み取れないのです。
お手数ですがGallery化での表記名のヒントでも構わないのでメールにてお知らせ下さいm(_ _)m





C-121/Lxx49 Part.9 Name:Takafumi HIROE Date:2015/01/22(Thu) 07:58 No.13304   
今回の話題のために新たにネガを捜索しスキャンした時は全く気づいてなかったのですが、
Det.HさんがNo.13240で紹介されたのと同じ塗装、コレは米空軍C-121輸送型の塗装のような気がします。
この翌年(1970年)には白とグレーの塗り分けが米海軍C-121輸送型の仕様となってますね。

#2エンジンのプロペラがフェザリング状態となってます。
(C-121J, 131654, VW-1、1969年2月3日、厚木基地R/W01着陸)

VQ-1 EC-121系の白/グレーの塗り分けの位置(黒線)についてwakaさんからNo.13257でコメントされてますが、
その例が見つかりましたので↓に並べて紹介します。

(EC-121M, 145940/PR-25, VQ-1、1970年12月21日、厚木基地R/W01着陸)


(EC-121M, 145940/PR-25, VQ-1、1974年3月20日、厚木基地R/W01着陸)

145940/PR-25は皆さんからも多くが紹介されてますので、
並べてみると白/グレーの塗り分けの位置(黒線)の変更時期は1971年から1972年9月の間に絞り込めました。

Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:飛行浪人 Date:2015/01/22(Thu) 09:06 No.13305
>広江さん、皆さんおはようございます。
121、あまり撮っていないようでも昔のネガを見返していたらそこそこ撮っていました。
今日は横田で撮った121、NAVYの三連発です。(笑)
まずは空軍のECー121D、543を撮った同じネガに写っていたPR25です。
ローアプローチで36エンドで足を引き込みながら上昇中、この時は降りなかったようです。
ハイドロポンプの圧力が弱いのか左足は引き込んだのに右足は未だ下がっています。

>Det.Hさん、古い記憶を捜索、お手を煩わせました。
この場所は電線がかかるので正統派のマニアは行かなかったかも。
真面目な公務員だった私は流石に月曜日の晴天には行けませんでしたよ。(笑)
ユマでは残念ながらビープビープにはお目にもかからず声も聞けませんでした。
>THUDさん、そうでしたか。
まだらボケか、デパートの方は覚えているのですが、こちらの方はすっかり記憶から抜け落ちています。
立川は数える程しか行かず、この場所も一度だけだったようです。


Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:飛行浪人 Date:2015/01/22(Thu) 09:10 No.13306
>次は1969年1月25日ドライブイン前を転がるVWー1の131654。
モヤっていて天気が良くありませんでした。


Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:飛行浪人 Date:2015/01/22(Thu) 09:16 No.13307
>3枚目は同じ131654ですが1969年5月9日の撮影。
機首に00、尾翼にはTEのレターが入っています。


Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:geta-o Date:2015/01/22(Thu) 09:25 No.13308
広江さん、皆さんおはようございます。
121ラス前3枚は民間機
最初はL749
東京オリンピックの時アルゼンチンから乗馬用馬を運んできたAerotransportes Entre Rios L749-79-33(F)(LV-IGS c/n:2450) 1964/10/2 羽田整備地区


Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:geta-o Date:2015/01/22(Thu) 09:26 No.13309
2枚目はL1049
立川には当時のMATSチャーター便が多数飛来(フラタイもその一つ)していましたが先年活動を終了したWorld AirwaysもL1049でよく飛来していました。
L1049H/01-03(N1880 c/n:4820)1962/5/20 立川


Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:geta-o Date:2015/01/22(Thu) 09:28 No.13310
3枚目はL1649
DC-7に対抗してL1049を高性能化したL1649はわずか原型を含めて44機の製造に終わってしまいあまり見る機会は有りませんでした。現在ドイツで1機フライアブルな状態にレストア中とのことですので数年うちにはヨーロッパの航空ショーで見ることができるようになるかもしれません。
#13284 THUDさんのL1649はFly Alaskaでしたが今日は南アのTrek AirwaysのL1649A-98-17(ZS-DVJ c/n:1042)1967/3/15 羽田整備地区


Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:PAPPY Date:2015/01/22(Thu) 11:09 No.13311
広江さん、皆さんおはようございます。
geta-oさんのラス前3枚は民間機でいくよ、で嫌な予感がしながらスクロールしていくとビンゴになってしまいました(笑)。
1967年3月21日の羽田ですがgeta-oさん撮影の一週間くらい後の撮影になります、民間機はカラーが良いですね。
当時南アフリカのTrek Lugdiensで使用されていた2機の内の一機 L1649A ZS-DVJ です。


Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:PAPPY Date:2015/01/22(Thu) 11:10 No.13312
二枚目も同上Trek Lugdiensで使用されていた L1649A ZS-DVJ ですがどちらを先に撮ったかは覚えていません。


Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:Det.H Date:2015/01/22(Thu) 12:56 No.13313
広江さん 皆さん こんにちは
きょうはまたまた一段と寒い天気ですね 皆さんお風邪などをお引きならないようご自愛ください

>THUDさん
比較する人物が入ると、コニーが意外と大きかったのがわかりますね P-3よりちょっと長いだけですが、スマートな形、脚の長さで大きく見えるのでしょうね ご報告 N173Wの都市名が分かりました

残り6枚と言う事で、どうするか考えました ↓がその答 (笑)
前にフラタイ、Flying Tiger Air ServiceのCity Of 〜 をあまり撮っていなかったと書きましたが、S&Rしたところ結構撮っていました すっかり忘れていました(^^; 
THUDさん撮#13234のN173Wですが “City of ANGELES”と判明しました フィリッピン、Clack ABがあった町ですね Toksans氏が撮られたTAIPEIは見つかりませんでしたが、今回新たに発見?したことが一つ、N173W、N6917Cの前脚カバーに赤でそれぞれ2個ずつ絵が描かれていました 何のシルエットかよく分かりませんが、何かの上に立つ動物(タイガー?)のように見えるのですが?

一つ型式の疑問です N173W、N174Wは調べると1049Hではなく、Gと出てきます ただ、尾翼に堂々と“H”と書かれていますし、用途として貨客混合のHにコンバートしたと考えるのが妥当ですよね
どなたかこのカラクリをお分かりの方、いらっしゃいますでしょうか?

追記
機首前部にN173,4WともGの名残?の丸窓がありますが、その後の乗降用ドアが貨物ドアに改造されているので、H型コンバートで間違いないでしょう 多分ネット資料が違うのではと思いました



Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:Det.H Date:2015/01/22(Thu) 12:57 No.13314
立川でのコニー運用チャーター便はフラタイともう一つ、THUDさん#13284のAlaska Airlinesがありました 完全スキムはTHUDさんから紹介されていますので、不完全スキム?を このN8083Hは前の会社TWAから引き継いだのが1962年4月、68年11月には次の会社に移っていますので、多分このままだったのでしょうね
この機体も貴重な?L-1649Aです


Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:Det.H Date:2015/01/22(Thu) 12:57 No.13315
3枚目、このカットを選んだのは塗装もですが、斜め後ろからみた時の、コニーの曲線の美しさが出ていると思いました
N1880もこの時期ASが運用していましたが、このスキムは前の運用会社International Aerodyneのものだと思います geta-oさんH.P.に載っているN9714Cと同じですね このN1880、↑の#13309でgeta-oさんがWO運用時を紹介されています


Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:Cranberry01 Date:2015/01/22(Thu) 13:17 No.13316
広江さん、皆さん、こんにちは。
民間機の姿と塗装は、古きよき時代を感じます。イイデスネ〜。PAPPYさんがおっしゃる様にカラーだったら、楽しいでしょうね。

>Det.Hさん、一日でNRLのEC-121KとJBのNC-121Kですか?しかも周りには誰も・・・、飛び上がって、PAISANOみたいにBEEP,BEEPですね。(笑)

さて、本題のEC-121Hについて。残念ながら私は本物を見たことはありませんし、またそのs/nについては出回っているものについても確証が持てません。確定しているのは写真から判別した10機程です。
しかし、せっかくDet.Hさんからの難問、謎解きに挑みました。

まず、EC-121Hは1962年に35機のEC-121Dと7機のWV-2をupgradeさせて改造されました。外見的には胴体上部のレドームの前方にもう一つコブが付けられました。そしてそれらはEC-121Dに混じって全てOTIS AFBの551st AEW&CWに配属されました。この551st AEW&CWは Dec.1969に解散しています。したがってEC-121Hの就役期間は1962〜1969の僅か7年程でした。なぜEC-121Hが551st AEW&CWに移管されなかったのかは不明です。

さて、2機のEC-121についての考証です。
55-121は同じ日に私も撮っていましたが、(近くで撮っていたようです。)スキャンして確認したところ552nd AEW&CWのEC-121Dでした。
また、53-555は私も1970年に撮っていましたが、EC-121Dでした。
両機ともに元EC-121Hであったとすると、一度upgradeした機体をわざわざ古いD型に戻す事があるでしょうか? 私はその可能性はほぼゼロだと考えます。。
両機のs/nを調べてみると、確かにEC-121Hと記述した資料も存在しますが、残念ながら私の判定は両機ともEC-121Hには改造されていないと言うことになります。

EC-121Tについて。 EC-121Dから15機。EC-121Hから7機がEC-121Tに改造されています。EC-121Tが板付に飛来し始めたのは1970年後半からでした。そしてそれらのs/nは過去に日本で撮影されたことの無いものが殆どでした。これらの事から推察されるのは、1969年12月に解散した551st AEW&CWの機体からEC-121Tに改造したのではないかと言うことです。

残念ながら、EC-121Hを含め551stAEW&CWの機体の日本飛来は確認していません。今では、飛来していなかったと考えています。

皆さん、一つお忘れのようで。FAAのL749(N121) 1967年5月、横田。PAPPYさんのNo.168と同じ時のようです。


Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:Cranberry01 Date:2015/01/22(Thu) 13:18 No.13317
JB-444 1970年10月、横田。これは何型でしょうか? Bu.No.も不明です。

Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:Cranberry01 Date:2015/01/22(Thu) 13:20 No.13318
1974年10月 NC-121K、 詳細不明。アメリカ南部を移動中に、途中の飛行場で見つけて、機内から撮りました。N.SUZUKIさんのN0.13297と同じ部隊の様です。

Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:ET Date:2015/01/22(Thu) 14:07 No.13319
広江さん、皆さん、こんにちは、
No.140312と同じ1958年4月27日羽田空港でのエールフランスのL-1649A-98-II Starliner (F-BHBT, cn1045)です。北回り線の1番機で招待客の高松宮を皇太子殿下(今の天皇陛下)が見送りに来られていました。この日は帰国するレニングラード交響楽団の搭乗機であるアエロフロートのTu-104が目的でした。この機体はその後Air Afriqueで短期間使用されていたとのことです。後方に駐留していた米空軍のC-124が見えます。


Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:ET Date:2015/01/22(Thu) 14:08 No.13320
2枚目は、ブラジルREAL 航空のLockheed L-1049H Supper Constellation (PP-YSC, cn4837) で、1960年9月18日 羽田空港での民間航空50周年記念ページェントの最中に撮ったものです。REAL航空はこの年の7月Rio de Janeiro – Los Angeles – Honolulu – Tokyo路線を開設したが翌年財政破綻から Varigに買収され、この路線は廃止されてしまいました。なお、機首に書かれている“Brasilia 1”が命名された時点では未だ現在の首都ブラジリアは建設中であったとのことです。

Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:N.SUZUKI Date:2015/01/22(Thu) 14:33 No.13321
広江さん、皆さんこんにちは。
Cranbery01さんが、C-121のエンジン、ライトR-3350 ダブル・サイクロンエンジン、ターボコンパウンドエンジンを話題にされましたので、その関連です。
No13288で紹介した.1964年立川でのL-1049H N6924Cの左側エンジンのアップです。
C-121のエンジンは、B-29に使用された二重星型18気筒エンジンをベースに、出力及び燃焼効率を上げるために、排気タービンを追加し、タービンからの出力を直接プロペラ出力軸に加えられる様にしたことで、大幅なパワーアップとなった、ターボコンパウンドエンジンです。
通常、エンジンのパワーアップにはシリンダー数を追加することが基本であり、当時大型エンジンの双璧ともなっていた、プラットのR-4360四重星型28気筒 ワスプメジャーエンジン(B-50、C-124、C-97、C-119の初期型等に装備)と比べても、軽く高性能のエンジンでしたが、この複雑な構造が災いし、飛行中のエンジン停止率が高く、同一エンジンのDC-7シリーズ機とともに、比較的早くリタイアーした要因となったエンジンです。
結局このターボコンパウンド・エンジンは、その後主流となったターボプロップエンジンをミックスした様な設計であり、複雑な構造故信頼性が低く、あまり普及しませんでした


Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:N.SUZUKI Date:2015/01/22(Thu) 14:36 No.13322
次は、1967年8月 羽田を離陸するL-1649A(1037)Air Korea HL-4003 ですが、#3エンジン、フェアザリング状態での、3エンジンフェリーフライトの様子です。
No13304の広江さんの、C-121Jの着陸もエンジン停止中ですが、修理を諦め、実際に3発エンジンでの離陸を見たのはこのときが唯一であり、最後の手段でありよほどのことでした。
4発のジェットでも3エンジンでの離陸は可能ですが、プロペラが無いため停止状態でも、外観からは分かりません。



Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:N.SUZUKI Date:2015/01/22(Thu) 14:37 No.13323
最後に、同じ機体(L-1649A HL-4003)ですが、スポットイン中も、このエンジンだけがフェザリング状態であったたため、気になっていました。
なおこのHL-4003 Air Koreaは、2005年函館経由で、韓国へフェリーしたC-121A(MATS N494TW 749-2601)が、その後チェジュ島(静石飛行場)で展示するために再塗装(HL-4003 韓国航空)された際の元になった機体です。このAir Koreaは現在の大韓航空の元になった歴史的な会社であり、北朝鮮のAir Korea (高麗航空)とは関連はありません。


Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:A-330 Date:2015/01/22(Thu) 15:12 No.13324
ラス前三連投稿はN.SUZUKIさんから、驚き+初見の#3エンジン停止で離陸するという貴重なシーンの後で恐縮ですが、
話題に出ました、後にチェジュ島で展示するために再塗装された際の元になった機体を、1997年ネリスで撮影した三形態紹介です。
最初はまだ紹介されていないシチュエーションの着陸ショットを。

L749 N494TW (exVC-121A ex48-0609)1997年4月ネリス


Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:A-330 Date:2015/01/22(Thu) 15:14 No.13325
2枚目はショーでフルパワーエンジン音がたまらなく魅力だった離陸です。

L749 N494TW (exVC-121A ex48-0609)1997年4月ネリス


Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:A-330 Date:2015/01/22(Thu) 15:14 No.13326
最後はフラップを収納してのフライパスです。

L749 N494TW (exVC-121A ex48-0609)1997年4月ネリス


Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:toksans Date:2015/01/22(Thu) 16:51 No.13327
広江さん、皆さんこんにちは、

何の脈絡もない3枚を投稿します。最初は1966年3月24日厚木で撮影のEC-121K VQ-1 PR23 135752。当時使っていた200mmではC-121の上りはどれもこの角度で、次は胴体があふれ、最後に送り、という感じでしたね。後ろに下がらなかったのか下がれなかったのかは今となっては判りません。

>PAPPYさん、
撮影日の特定にお役に立てて光栄です。私もこの掲示板のおかげで撮影日が特定できた経験からスッキリ感はよく判ります。


Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:toksans Date:2015/01/22(Thu) 16:51 No.13328
1967年1月4日立川で撮影のFTASのL1049H N6918Cです。前々からこの帯の色が普通と違うと思っていましたがTHUDさんの#13258まで青のツートンカラーだとは判りませんでした。でもさらに調べたらDet.H氏が1回目の#209で紹介されていましたね。

Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:toksans Date:2015/01/22(Thu) 16:52 No.13329
1968年1月24日厚木で撮影のC-121J VW-1 131654、おなじみの機体です。

Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:waka Date:2015/01/22(Thu) 17:42 No.13330
広江さん、皆さんこんばんは。
広江さんのC-121/Lxx49 Part.9(No.13304)の冒頭にEC-121の胴体の上、下の塗り分けの話がありましたが、NAVYのC-121系の塗装と塗り分けは、胴体の濃いシープレーングレイに狭めの胴体上面の白塗装が一番凄みがあっていいですね。
その塗装のEC-121M 143186 PR-27 VQ-1 1970年の厚木基地の着陸です。


Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:waka Date:2015/01/22(Thu) 17:43 No.13331
2枚目は、続けて同じPR-27のEC-121M 143186 PR-27 VQ-1 1970年の厚木基地の着陸です。
珍しく、機体左側の前部のアップですが、 VQ-1なので残念ながらノーズアートはありません。
VW-1の機体と間違えたわけではなく、単に気づくのが遅く機首アップとなったと思います。


Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:waka Date:2015/01/22(Thu) 17:44 No.13332
3枚目は、白とライトグレイ塗装になった1972年のPR-27(EC-121M)です。
塗り分け線も後期のスタイルになっています。
EC-121M 143186 PR-27 VQ-1 1972年6月1日 厚木基地、R/W19の着陸


Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:Gulf4 Date:2015/01/22(Thu) 18:14 No.13333
皆さん方の様に素晴らしい「正統派121」を撮るチャンスが、残念ながら一回しかありませんでした。
しかし、民間タイプなら何機か撮っています。デジタル化したものが少ないので、参加はこれで終わると思います。
No.169でALPSさんが紹介していますが、今回は不思議なことに誰も紹介していませんね。
しかも良く調べるとNo.13236のA330さんが撮った機体の17年後の姿でした。
1987年11月から12月まで、名古屋空港にマグロを運んでいたWorld Fish and AgricultureのC-121J(N4247K)。
1987年11月24日、名古屋空港に着陸するところです。


Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:ITAZUKE-1 Date:2015/01/22(Thu) 20:00 No.13334
広江さん みなさん こんばんは
1970年12月13日板付西側エプロンに駐機する WC-121N TE-4 145932です。
垂直尾翼後方に解体されたTF-102A PKの姿が見えます。


Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:ITAZUKE-1 Date:2015/01/22(Thu) 20:08 No.13335
1969年11月9日板付R/W16に入るC-121J NAS Agana-659 131659です。
この画像はわたくしが取り逃がした機体でおいちゃんの画像です。了解もらっています。


Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:ITAZUKE-1 Date:2015/01/22(Thu) 20:15 No.13336
1970年11月23日板付西側エプロンに駐機する NC-121K JB-925 145925です。
別の画像には右側エンジン付近に足場が置いてありましたので エンジンの不調か何かあったのかもしれません


Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:Komatsu Date:2015/01/22(Thu) 21:25 No.13337

新明和伊丹工場空港側出入り口前で一旦停止中のPR-23です。1963年7月18日の撮影。
この後、工場に入る時に機体尾部を撮影していました。
スキャンしましたが大いにブレていて、Bu.No.135752がなんとか確認できるのみ。
肝心の機体名称は文字数すら判然としません。ということで、K型かM型かは不明です。

私に、『PRの4機(#21〜#24)はM型だよ』と教えてくれた友人に、その根拠を聞いてみましたが、
『エライことに首突っ込んじゃったね』で、明快な説明はありませんでした。
ということで、M型の根拠を失いましたのでギャラリー化に際しての機体名称は広江さんにお任せします。


Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:THUD Date:2015/01/22(Thu) 22:03 No.13338
ラス前は比較的少ない民間にしようと考えていましたが、皆さん怒涛の民間型で・・・(笑)
そこで予定を変更してANG3枚と思いましたがスレッドが長くなっているのでこれまた予定変更で1枚だけ(^^ゞ
No.13186でgeta-oさんがMATS時代の画像を紹介されていますが、1968年5月立川に飛来したNGB(NationalGuard Bureau 州兵総局)のVC-121C(54-0168)です。


Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:怪鳥 Date:2015/01/22(Thu) 23:37 No.13339
121コニーもいよいよラス前ですね、次から次へと出てくる皆さんの貴重画像に只々感激です。特にフラタイAIr Servicesは存在すら知りませんでしたので衝撃的でした。何時かプラモで再現したいと思っています。
コニーの写真がもう1枚あったのを思い出しましたので、最後に紹介させてください。
FAAのL749A、N119で1960年代の立川三軍記念日での撮影です。調べてみましたらこの機体は2機作られたPO−1Wの1機(Bu.No.124437, C/N 2612)で1959年にFAAへ売却され、その後1966年には空軍に移管されたそうです。


Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:Takafumi HIROE Date:2015/01/23(Fri) 06:27 No.13340
>飛行浪人さん
No.13305ですが『空軍のEC-121D 543を撮った同じネガ』とおっしゃらず、具体的な年も記述下さい。
該当の画像を探し出すのが、結構大変なのですヨ。と探しましたが該当画像はありません。
コメントの『EC-121D 543』が違うのかな???、併せてお知らせ下さい。
私の私のNo.13304紹介(1969年2月3日撮影)と飛行浪人さんNo.13307紹介(1969年5月9日撮影)を並べると
VW-1 131654に“TE-00”が書き入れられた時期がかなり絞り込めましたね。


>geta-oさん
民間機コニーの三連発とはgeta-oさんの幅広い撮影活動を思い知らされます。
それも特徴を捉えるL749, L1049, L1649を選ばれるとは本当に恐れ入りましたm(_ _)m
ただNo.13308紹介のL749は機首ノーズはオリジナルではなくL1649タイプに交換???。
(当時の)MATSチャーター便がレシプロ機全盛の時代は撮影が本当に楽しそうです。
と、コレは今の私の感覚ですネ(^_^;
L1649Aが44機の生産で終わったのはDC-7Cとの競合のせいでしょうか・・・。


>PAPPYさん
投稿しようとした直前がgeta-oさんとは・・・(^_^;
geta-oさんの幅広い撮影活動からの予測で、Part.8以前の投稿が良かったのかな。
まあしかし、PAPPYさんならではの撮影時の思いがありますから、これはこれで良しです。
No.13312はどのように撮られたのか分りませんが、この一コマもGallery化での変化につながります。


>Det.Hさん
N173WとN174Wは私もL1049G?と悩みました。
しかし、N173WとN174Wの事故時の資料にL1049Hと記されていることと、
Flying Tiger Air ServicesのリストにN173WとN174WがL1049Hと記されていることで、
疑問を残しつつもGallery化ではL1049Hとしました。
大作No.13313、お手数かけました。ありがとうございます。
ところで素朴な疑問・・・。
THUDさんNo.13284紹介はFly Alaskaと記されてますが、Det.HさんのAlaska Airlinesは同じなのでしょうか?。
スミマセン、数が多いので24時間サイクルでの調査&Gallery化ができません。
とりあえず、各々の会社名を別表記してますので補足または指摘下さい。
No.13315は本当にセクシーという言葉がピッタリですネ(笑)

Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:Takafumi HIROE Date:2015/01/23(Fri) 06:28 No.13341
>Cranberry01さん
EC-121D/Hに関わる実績を伴う分析は説得力がありますネ。
度々話題になるネットに溢れる情報の取捨選択に一考を要する何よりの事実かと思います。
また私はEC-121Tも疑問に思ってましたが、こちらもだいぶクリアーになりました。
詳しい解説ありがとうございます。

No.13317
VXN-8所属のNC-121J(NC-121Nとの説もあり) Bu.No.128444、部隊内の愛称は『Cripple Four』。
 1965年7月1日 : OASU (Oceanographic Air Survey Unit) 編成
 1967年7月1日 : VX-8 (Air Test and Evaluation Squadron EIGHT) に改称
 1969年1月1日 : VXN-8 (Oceanographic Development Squadron EIGHT) に改称
上記部隊は4機のNC-121Jを運用しました。(131655はgeta-oさんからNo.13247で紹介済み)
Blue Eagle I 131627, Blue Eagle II 128444, Blue Eagle III 131641, Blue Eagle VI 131655
(何故IVとVが存在しないのかは分かりません)
1965年10月から“Project Jenny”の基、上記4機が常にベトナム上空を飛び、
AFVN (American Forces Vietnam Network)、後にはTHVN TVも加わる中継機の役割でした。
その任務も1970年9月30日が最後のミッションとなり順次本国に帰還しました。
時期的にNo.13317は本国への帰還時の横田への立ち寄りと推測します。

No.13318
VAQ-33は2機のNC-121K 141292と141300を運用しました。
紹介のBu.No.は読み取れませんが、機首レドームの後ろに書かれる機首番号は“11”でしょうかね。
このことから、機体はN.SUZUKIさん紹介No.13297と同じ141292と推測しました。
No.13297はGD-12ですが、1974年末頃〜1975年の短期間一時的にGD-11で飛んでます。


>ETさん
後方に当時駐留していた米空軍C-124が写りこむNo.13319は貴重な当時の記録ショットですね。
1958年ということでしょうか、それともコニーということが起因しているのでしょうか、
地上の多数の支援機材や車両の古さ等々も、本当に貴重だと感じます。
1960年の羽田を捉えたNo.13320もレシプロ機ばかり。これも時代を感じます。
そして迫力ある近い位置をタキシングする姿、素晴らしいショットですネ。
ところで、REAL航空とはブラジルレアル航空でしょうか?。
スミマセンm(_ _)mが、タイトルが読み取れないので、Gallery化での表記名を教えて下さい。
上のDet.Hさんへのお願いと同じ理由です。
数が多いのと難しいのが重なり24時間サイクルが回らないので、できる限り補足を下さい。


>N.SUZUKIさん
No.13321のメカニカルなショットも興味津々です。
ターボコンパウンドエンジンの複雑さと信頼性の低さの記事は読んだことがあります。
私は全くの素人ですが、このエンジンで飛ばすのには相当なマンパワーが必要だったのでしょうね。
No.13322とNo.13322の#3エンジンを止めプロペラフェアザリングで離陸したとは驚きです。
飛行中のトラブル発生で3発エンジンで着陸するシーンは度々見かけましたが、
最初から3発エンジンで離陸したとは前代未聞の出来事でしょうね。

Re: C-121/Lxx49 Part.9 Name:Takafumi HIROE Date:2015/01/23(Fri) 06:29 No.13342
>A-330さん
N494TWの三連発(三形態)とは考えましたね。それだけA-330さんがN494TWに魅せられた証でしょうか。
それはコニーの美しさ加えてN494TWの綺麗な塗装デザイン、そして最大の要因はNo.13325。
私は厚木基地で何度となく聞いたワンツーワンの離陸音ですが記憶が薄れてます。
今、動画で離陸時の姿と音を聞くことができますが、生には到底敵いません。
No.13325のシーンと音、No.13326の軽やかなようで重々しい音、これらをもう一度聞きたいです。


>toksansさん
toksansさんでさえ、ワンツーワンの離陸姿は真横で胴体は切れましたか。
私は多かったと言うよりほとんどが切れてますが、その前後は撮ってないのが不思議なんです。
その理由ですが、私は後ろに下がらなかった、のではないかと思ってます。
では何故、後ろに下がらなかったのか、ですが理由は全く覚えてません(^_^;
今見返すと、民間機の場合はどうしてもカラーリングが気になります。
まあ当時は高価なカラーフィルムは多用できなかったので仕方ないですが残念ではありますね。
VW-1 C-121J 131654は本当に馴染み深かった機体でしたね。


>wakaさん
PR-27の三連発とは奇抜なアイデアですね。
狭めの胴体上面の白塗装、確かにお似合いかも(笑)
ところで、これまでに『黒』と表現されてますが、正確には『ダークシープレーングレイ』のはずです。
一部には『エンジングレイ』の説もありますが、これは機体色ではないはず???。
ようやくの機体色を表すキーワードの登場にホッとしました(笑)
No.13331のコメント『単に気づくのが遅く・・・』、これって当時の皆さんの定位置は奇妙ですよね(笑)
R/W01午後は中原街道沿いの木のふもと付近、R/W19午後は相鉄トンネル西側端付近、
その場でアプローチしてくる機影を双眼鏡で確認して撮影位置まで移動。
気づくのが遅れるか、あるいは気づいていても移動が面倒、等々の理由で、
大型機のの場合は特にNo.13331のようなショットとなることが多かったですよネ(笑)


>Gulf4さん
紹介の機体は当時の誌面のニュース記事で見て驚きました。
残念なことに1987年は私は忙しくてヒコーキから少し遠のいていた時期。
しかし民間機にはまだ目覚めてなかった時期ながら興味は大でした。
その後の私でしたら、間違いなく撮りに行こうと思った機種であることは間違いありません(笑)


>ITAZUKE-1さん
板付基地で撮影された米海軍ワンツーワンの三連発ですネ。
紹介画像とコメントから板付基地では米海軍のC-121系は貴重だったのでしょうか。
NAS AganaのC-121Jを撮り逃されたこと、VXN-8 NC-121K 145925の飛来後の状況、
私が板付基地で撮影活動をしていたわけではありませんが、何かを感じさせられます。
米空軍EC-121D/Tの板付基地への展開とは相反する米海軍機だったのでしょうか。


>Komatsuさん
1960年からVQ-1に配備された135752ですが、その前年の1959年5月にEC-121Mに改造されてました。
ですのでKomatsuさんの知人のおっしゃっていることが正しいと思われます。
お騒がせして申し訳ありませんでした。Komatsuさんの知人にもお詫びして下さい。
Gallery化も全て訂正しました。


>THUDさん
お願いするのを忘れてしまったので、このスレッドは異様な長さになりました(^_^;
お気遣いありがとうございます。
ここまでくると、あと2コマ増えても大差ないですけどネ(笑)
そしてその1コマがまた難題なヒコーキ・・・(^_^;
調べたところ、VC-121C、HQ National Guard Bureau、共に確認できました。
コレはとても貴重な機体ではないでしょうか。


>怪鳥さん
他の話題の時には2機以上が必ず紹介されてきた日本で馴染み深いFAA機ですが、
今回はN121の1機だけなので不思議に思ってましたがようやくもう1機のN119が紹介されましたね。
L749Aがこの2機以外にも日本で見られたのかは私は当時を知らないので全く分りませんが、
数が少なくL749Aというタイプに私は貴重さを感じますが、当時はあまり目を向けられなかったのかな。
紹介のN119は元が米海軍PO-1W 124437とは驚きました。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -