GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





Harrier Part.12 Name:Takafumi HIROE Date:2015/02/22(Sun) 09:13 No.13636   
Part.10から厚木基地に飛来したAV-8Bの話題をお伝えしてますが、Part.12はVMA-214の番です。

通常6ヶ月ローテーションのVMA各分遣隊ですが、展開部隊不在や展開期間にイレギュラーも生じてます。
その一例が、2002年7月〜2003年6月の11ヶ月展開したVMA-214DET.B。
主な要因は2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ後の“Operation Enduring Freedom”に、
様々な部隊が展開したことにより、部隊のローテーションが行き詰ったと考えられます。

このVMA-214DET.Bのもう一つの特徴は、11ヶ月の展開中、Side No.を3回変更したことです。
例えば↓の165571は、ET-54→WE-11→WE-54→ET-54と変遷してます。
これは当初は6ヶ月展開で終える予定で一旦はVMA-214本来のSide No.に戻しましたが、
急遽延期が決まり再びフネに載るMEU用の50番台に変更したと推測されてます。

そしてもう一つ異例なのはマニアにとって嬉しいこと、厚木に頻繁に飛来しました。
しかし半年間の展開で頻繁に飛来した2002年のVMA-542DETには負けます(笑)

(AV-8B+(R) 165571/ET-54, VMA-214 DET.B, HMM-262(Rein)/31st MEU、2002年8月17日、厚木基地R/W01着陸)

Re: Harrier Part.12 Name:toksans Date:2015/02/22(Sun) 09:49 No.13637
広江さん、皆さんおはようございます、

2010年にDet.H氏と初めて西海岸珍道中を行いました。前の週にウィドビーアイランドを訪問し、週末にフレスノのDet.H氏の親せきの家にお邪魔することになりました。SFOからFATまで飛行機という手もあったのですが、Det.H氏が週末にワトソンビルと言う所でエアショーがあるのに気が付き、急きょ車で移動することになりました。この空港はいわゆるローカル空港で、ショーの座席は藁の束、駐機場は草むらの中といたってのんびりしたところでした。それでもこのVMA-513のAV-8B WF01 165006やキャンプペンデルトンからHMM-268のCH-46等が展示され、結構楽しいところでした。撮影日は2010年9月5日でした。


Re: Harrier Part.12 Name:T.H Date:2015/02/22(Sun) 09:59 No.13638
ちょうどHarrier が第一世代から第二世代へと移り変わる時期に英国へ撮影に行き始めた事もあり、私が Harrier を思う存分撮ったという印象は 英国になり 気が付けば ここまでアメリカ の Harrier は2枚しか投稿していませんので、今日もすき間 & 複座をチョイス。
MCAS Cherry Pointから Yumaへ移動訓練で展開し、Mk.76 (通称:ナスビ)を装備して 爆撃訓練を行っていた VMAT-203のTAV-8B。
No.13450のWEと同時期の撮影で、この時期 ラッキーな事に Yumaは2本在る03-21が シングルランウエー運用だったので、離着陸の高い低いは別にして、殆どの機体を狙えました。TAV-8Bにはコクピット前の風向計が、前席・後席用に 2個付いていることを 今回初めてしりましたぁ〜

>広江 さん
すき間産業を自認する 私としては、他の方からの投稿が無い部分をめざとく狙って、埋めて行くのはゲーム感覚で 後半戦に入り より愉しいデスよ(笑) 準備していたコマでは補えずに 再度ポジの捜索・Scan、デジDataの見直しなどで デジタル化された Harrierの画像が増えました。
あと6枚は何を選ぶか? 日々考えが変わり、デスクトップ上で 画像を置き換えて 試行錯誤です。

MCAS YUMA  15 FEB 2011  TAV-8B KD #06 163196  VMAT-203


Re: Harrier Part.12 Name:香港01 Date:2015/02/22(Sun) 10:08 No.13639
皆さん、こんにちわ!
今日はSeaHarrier FA2で行きたいと思います。ミルデンホ―ルでデモの為エンジンを吹かす
(SeaHarrier F/A.2 #ZH767 716・VL 899NASq 1997 RAF MILDENHALL)
イギリスのパイロットもエンジンの回転数をXサインで表すのですね!
ミルデンホールのデモを行う飛行機は観客へ向かってタクシーアウトします。私はこの場所が好きでした!




Re: Harrier Part.12 Name:CJ Date:2015/02/22(Sun) 10:41 No.13640
>広江さん
No.13616ですが丘珠到着時でした。それと日時間違えていましたので修正いたします(汗
2012年、2014年の航空ページェントは7月開催でした。
ご希望通り(なぜこれを投稿すると気づいていたのでしょうか…汗)WL-51のお帰りの画像です。

AV-8B+(R) 165397/WL-51 (ex. AV-8B Bu.No.161580) VMA-311 DET. HMM-265(R)/31st MEU USS Essex (LHD 2)
(Sep.11, 2006)


Re: Harrier Part.12 Name:Seagull Date:2015/02/22(Sun) 10:57 No.13641
広江さん、皆さん、こんにちは。
2004年8月11日 岩国基地を離陸するHMM-265(R)のAV-8B(NA)EP56/164119[VMA-211/CF]
VMA-211は、この年の1月5日に飛来、その月末には、順次HMM派遣の[EP]レターに書き換えられいきました。その後、交替時期の7月になっても、そのまま岩国に駐留し04年8月中旬、強襲揚陸艦エセックスに派遣され某国へ・・・。
派遣移動は同年8月14日、午後に6機が南下しました。

>広江さん
 お手数をお掛けしております。
 


Re: Harrier Part.12 Name:geta-o Date:2015/02/22(Sun) 11:17 No.13642
広江さん、皆さんおはようございます。
今日はちょっとお遊び。といっても以前より何か喉に引っかかっていたもの。
昨日と同じ2010/5/5の岩国航空祭で展示飛行をしたAV-8B(165569/ VMA-311/WL-02)のグランドクルーのヘルメットの後ろに書かれた中国人風の顔。何かのキャラクターですか教えていただければすっきりするのですが。


Re: Harrier Part.12 Name:PAPPY Date:2015/02/22(Sun) 14:18 No.13643
広江さん、皆さんこんにちは。
厚木でも中々撮れないハリアーですので2012年10月20日厚木R/W19初ローリング・ゴーx4機上がり体験ではシャカリキになってシャッターを押してました。わずか10秒くらいですが紹介に4日も掛かってしまいましたが最初に全体像をコメントするべきでしたね。2列目右翼の4番機 AV-8B+ VMA-542DET. WH-07 165593 で何とか4機撮れました。(汗)
広江さんに離陸ポジションまでコメントいただきましたが1番機WH-08(Part.9 No.13607紹介)、2番機WH-03(Part.10 No.13607紹介)、3番機WH-04(Part.11 No.13627紹介)にややずれるような感じで上がってきました。


Re: Harrier Part.12 Name:A-330 Date:2015/02/22(Sun) 14:29 No.13644
広江さん、皆さんこんにちは。

>広江さん
「1990年6月頃、あるいはもう既にVMA-231での運用が始まった当初かもしれない」
この疑問にお答えするのに不可欠なのが撮影日ですが…、大切な撮影日メモを録らなかった悔しさがまたふつふつと湧いてきました。

A-330にとって今日が最終章紹介となりました。
すっかいうおりゃさんから、クリアで発色が素敵なKR-64フィルム撮影された90年のVMA-542を紹介されコメントされていますように、この頃はBu,Noが書かれていないか、薄くて判読できない機体が多かったです。
ということで、今日紹介はBu,Noが読み取ることができて嬉しさと安どの気持ちにさせてくれたVMA-542です。エクター100ネガフィルム撮影で、コダクロームのような色再現にならず残念です。

AV-8B WH-12 162973 VMA-542 1990年頃横田


Re: Harrier Part.12 Name:D-men Date:2015/02/22(Sun) 17:28 No.13645
広江さん、皆さん、こんにちは。

>広江さん
今朝は、微妙なタイミングで書き込んでしまい、大変失礼いたしました。汗


自分の在庫で、まだ未出の番号がありました。
AV-8B+(165309/WP-07) VMA-223DET, 24 Mar 2014, Kadena AB

この時は、演習帰りのLA ANGのF-15Cを狙いに行った時の副産物です。ローカルを期待しましたが、あっさりと隣国へ逃げられてしまいました。笑 本機以外にWP-01(165384),WP-04(165307),WP-09(165354)が確認できました。


Re: Harrier Part.12 Name:TROUT Date:2015/02/22(Sun) 17:57 No.13646
広江さん、みなさんこんばんは。あと7枚ですね。未出BuNo.優先で93年2月21日横田RW36より離陸するWL24 BuNo.163690です。機首には猫の肉球足跡が描いてありました。前日20日にWL21、24,26の3機で飛来してこの日3機仲良くお帰りになられました。

Re: Harrier Part.12 Name:Det.H Date:2015/02/22(Sun) 18:06 No.13647
広江さん 皆さん こんばんは

#13581でToksans氏が出されたWLと同じ時にエルセンに訓練に来ていたもう一つの部隊、VMA-514です この時が初のエルセン訪問で、外撮りがしやすいのに驚きました ただ陽炎はハンパ無かったですね (^^;
この機体B/N165591はWL01で08年2月時点の姿を香港01さんが#13576で紹介されています その後12年9月CF08の時にアフガンで破壊されてしまいましたね
広江さんがレスで書かれてくれたように(労作ありがとうございます!)、ハリアーの部隊間の移動はほんとに凄いです それだけ海兵隊の仕事がいかに大変かということが分かるような気がします

AV-8B+(R) WF10/165591 (AV-8B 162742) VMA-513 Sep.10,2010 NAF El Centro


Re: Harrier Part.12 Name:waka Date:2015/02/22(Sun) 18:29 No.13648
広江さん、皆さんこんばんは。
私のホームベースの厚木基地での写真を出していないので、最近のものから。
この時は、前日に2機のAV-8B+が飛来しており、翌日2014年6月20日のローカルフライトからの帰りの写真です。
AV-8B+ 165354 WH-52 VMA-542 厚木基地 R/W19の着陸 2014年6月20日(もう1機はWH-50/165307)
12時過ぎに離陸したもののなかなか帰って来ず、やきもきしていましたが、ちょうど良い時間に降りてくれました。
ところが、ドラマはその後でした。長時間の飛行で次のローカルはないだろうと高をくくって着陸側にいたら、まさかの2回目のローカルフライト。その離陸は、AV-8として、今まで、いや今後もないだろうと思われるほどの低空、超捻り離陸でした。昼の離陸が高い離陸だったので油断もしました。今でも思い出しては後悔しています。


Re: Harrier Part.12 Name:N.SUZUKI Date:2015/02/22(Sun) 18:47 No.13649
広江さん 皆さんこんばんは。
忙しい引越し等があり、少し休みましたが、残り分に参加します。
AV-8B 164119 VMA-311 WL-56 で、撮影日は不確実で、多少前後するかもしれませんが、1997年のカデナ独立記念日の公開展示機です。
 タンクにTOMCATS名、ミサイル装備で珍しかったことを覚えています。



Re: Harrier Part.12 Name:飛行浪人 Date:2015/02/22(Sun) 19:30 No.13650
>広江さん、皆さんこんばんは。
今日は1992年7月7日の三沢で撮影したWP01、Buナンバーは不明です。
今時の01だったら、色付きでしょうが、当時は薄々のロービジ塗装でした。
>広江さん、海軍兵装テストセンター所属だったのですね、ハチロクには綺麗なマークが入っていました。


Re: Harrier Part.12 Name:Komatsu Date:2015/02/22(Sun) 19:36 No.13651
広江さん、皆さん今晩は。

No.13648のwakaさんが後悔されているというのはこの時のことですね。
wakaさん、思い出させてしまってゴメンナサイ。

2014年6月20日、01エンドにて。165354/WH-52です。
エンドから奥に向かう時間が無くて、県道から北に入って直ぐの枠組足場(所有者の許可を得ています)の上で
撮りました。ドロップタンク以外は不満ありません。
因みに、2番機はアタマとシッポが切れました。



Re: Harrier Part.12 Name:Gulf4 Date:2015/02/22(Sun) 22:21 No.13652
No.13643でTROUTさんが紹介されたのと同じ時、ただし到着した1993年2月20日に横田基地で撮った一枚です。
VMA-311のAV-8B(163517/WL-26)ですが、「肉球」はなくて何やら消した後だけが見えますね。
また疑問も出てきました。広江さんの資料によると、この当時は岩国に展開していたのはVMA-231ですね。
この時のVMA311はどこから来たのでしょうか?


Re: Harrier Part.12 Name:うみ太郎 Date:2015/02/23(Mon) 00:05 No.13653
広江さん、皆さんこんばんは。
今回のはNo.13636の広江さんのと同じ時期の画像となります。
初めて岩国基地に遠征した時のものでSeagullさんともお会いしました。
Seagullさん>色々と教えて頂きありがとうございました。
その後も岩国には行けてないので貴重な思い出となってます。
広江さん>No.13632はご指摘通りN.SUZUKIさんNo.13463紹介の前のシーンです。

2002年7月25日 AV-8B+ HMM262 ET-53 165429


Re: Harrier Part.12 Name:Takafumi HIROE Date:2015/02/23(Mon) 06:27 No.13654
>toksansさん
2010年のDet.Hさんとの西海岸珍道中は楽しく聞かせていただきました(笑)
あっ、失礼、その成果も楽しく拝見させていただきましたネ。
紹介の165006/WF-01は空と鉄とさんがNo.13437で紹介されている機体と同じですネ。
このように数年間、同じ機体があれば、これまで話題になった短期間で変遷する機体もある。
まあどちらが例外だかわかりせんが、そのあたりも今回は面白い話題となってます。
よく見るとNo.13437紹介の2008年の時と機首のマークが何やら異なってますね。

>T.Hさん
T.Hさんにとってのハリアーは、強い印象として残っているのは英国機ですか。
これまでに英国機が多く紹介されてるのはそれが無意識に働いていたようですね。
そこでフト気がつかれてのTAV-8Bの紹介は、この話題の変化となってありがたいことです。
そのあたりを楽しまれているとは持ち駒の豊富さの余裕ですネ(笑)
紹介はMCAS Yumaの2本の滑走路のうち1本のみの運用に当たるとはラッキーでしたね。
TAV-8Bの後席用の風向計があることは初めて知りました。

>香港01さん
紹介のエンジンスタートアップのシーンは私も大好きです。
パイロットと地上クルーとの意思疎通などの動き、それに何といってもエンジン音。
これら最高ですよね。それらを捉えている紹介のショットもイイですねぇ〜。
パイロットの“Vサイン”って、エンジン回転が正常だよ的な意味ですか。知りませんでした(^_^;
スタートアップ時のエンジン番号の確認だと思ってましたが、ハリアーはシングルエンジン(笑)
Part.11 No.13635のレス、主語は『ゲテ物感のあるハリアーの複座型』ですが、
英国ハリアーの紹介に対するレスでは混乱しますねm(_ _)m
米海兵隊TAV-8BがUDP配備の中で1機混じって来てほしいとの意味です。
香港01さん同様に私も複座型ハリアーが大好きなので日本でも見たいというお馬鹿な願望です。
ところでコメントのレジ“ZH767”ですが、調べたらNorthrop Chukar D2、米軍名BQM-74シリーズです。
紹介画像を拡大して判読にチャレンジしましたが分りませんでした。
ネットでRAF Mildenhall 1997でSea Harrier F/A.2 899NASのZD608/VL717の画像は見つかりましたが、
RAF Mildenhall 1997では他のレジのSea Harrier F/A.2は見つけることができませんでした。
ちょいと難儀してます。レジを再調査のうえ、お知らせ下さい。

>CJさん
やはり紹介のWL-51の丘珠からの帰投シーンも撮られてますよね。私の強い願いが実現すると信じてました(笑)
そして、このアングルは本当に何度見ても素晴らしいと思います。
私は丘珠には1990年代に1度しか行ったことがありませんが、このシーンはなんとなく想像できます。
No.13616は2012年7月28日でしたか。どうりで・・・、記憶に無いのが納得できました。
その頃、私はヒコーキとは無縁の山形に居たので全く情報が入ってこなかったのです。
しかしよく考えたら、山形−札幌(新千歳)便で行けばよかった・・・(笑)

>Seagullさん
岩国基地のR/W02離陸の独特のアングルですが、これもまた良しと納得ですネ。
このスレッド冒頭No.13636で話題にした異例の展開は紹介のVMA-211にも該当しますね。
2004年1月から岩国基地に展開したVMA-211DETは、公式には2005年2月7日にMCAS Yumaに帰還してます。
しかし実際に岩国で撮影だった時期は、もっと短かったでしょうね。
USS Essexのクルーズは、2004年4月23日〜2004年6月15日、これはWestPac。
そして長期の2004年8月22日〜2005年4月6日、これはWestPac & Persian Gulf。
このクルーズ途中の2005年2月7日にVMA-211DETはMCAS Yumaに帰還してます。
(通常)半年間UDP展開のハリアーが、その期間内で撮れるとは限らない顕著な例でしょうね。

>geta-oさん
いやぁ〜・・・、そのクレーニョに書かれる絵は何だか分らないですねぇ〜。
私は米海軍CVW所属部隊のクレーニョに書かれる文字の意味合いしか気にしたことがないのですが、
米海兵隊では、このようなユニークな絵もアリなんですね。それだけで私は驚きです(笑)
この話題もあと2スレッドですが、その間に解明すると私もスッキリします。

>PAPPYさん
ローリング・ローリング・ゴーでの離陸は、とにかく考えてる余裕なんてありませんよね。
PAPPYさんの『シャカリキになってシャッターを押す』という状況はよく分りますし、私も同じです(笑)
4機の場合は、通常は2機+2機のフライトですね。
紹介の2012年10月20日は、お話しから、おそらくライトエシュロンの2機+2機での離陸と思われます。
その際、おそらく3番機が前機のブラストを避け左側のコースで追いつこうと加速するので、
結果的に前の2番機と左側に並行するようなコースとなったと思われます。
エシュロンがレフトかライトはともかく、4機のローリング・ローリング・ゴーは3番機が肝でしょうね。
そのため空と鉄とさんPart.3 No.13437紹介WF-01が3番機だったので、そのレスで熱く語ったのです(笑)
まあしかし、PAPPYさんはR/W19の午前中側の最も撮り難い環境で、よく4機を撮影できたと感心してます。
それは拍手ものだと思います(笑)

>A-330さん
いや申し訳ないです。Part.11 No.13635のレスは追求するつもりはありません。
単に“WH”レターの書かれてない理由の2つの推測で解決の糸口になるかと思っただけです。
『悔しさがまたふつふつと・・・』と気になさらないで下さいm(_ _)m
この迷彩塗装のBu.No.判読には、本当にご苦労されたようですね。
それがこの紹介画像ではスッキリと読み取れたとのこと。私も安心しました。
これが最後の紹介画像ですか?。お疲れさまでした。ありがとうございます。

>D-menさん
私、VMA-223[WP]とは縁がないんですよねぇ〜。
考えてみれば、UDP配備は2008年7月〜2008年1月と2013年11月〜2014年5月の2回だけなので、
部隊ごとに相性があるのは分ってはいるのですが、このVMA-223[WP]との相性は最悪です。
やはりアクティブに撮りに行くべきか・・・(笑)
朝の微妙なタイミングでの投稿は何度かあります。
遅刻しそうなタイミングなので迷わず削除し、後に事情を説明して再投稿していただいてます。
D-menさんのPart.11 No.13634は、ちょうど良い機会なので反面教師になっていただきましたm(_ _)m

>TROUTさん
猫の肉球、プニュプニュしてて触ってて癒されるんですよねぇ〜。3機とも書いてあったのでしょうか。
ところでスミマセン、紹介の1993年2月21日に撮影された163690/WL-24がさっぱり分りません。
その時期はVMA-231が展開中でVMA-311は1994年5月からの展開なのです。
なおかつ、Bu.No.163690が1993年当時は未確認のBu.No.です。私は混乱し推測さえできません。

>Det.Hさん
上でtoksansさんがNo.13637で紹介されているWF-01の機首に書かれてるマークが気になってましたが、
Det.Hさんの紹介されているWF-10の機首に書かれてるのと同じですネ。
と、そこまでは分ったのですが、何であるのかが分りません(^_^;
Det.Hさん、オリジナルを拡大して見たら何だか分りますか?。

>wakaさん
私はこの日はエンドに行くことができず、後から離陸の状況を聞いて大変に悔しい思いをしました。
しかし紹介の着陸シーンは聞いてませんでしたが、光の当たり具合が最高のショットですね。
つまり、紹介の着陸と問題の離陸、私はこのダブルパンチを食らったと分り、悔しさ倍増です。

>N.SUZUKIさん
『1976年の〜』とコメントされてますが、『1996年の〜』と入力したかったのですよね?。
だとするならば、何度もコメントしてますが毎回のタイプミスです。
このところちょいと激しくなってきてるのが大変に気になります。
この話題の事はおいといて、普段の生活や車の運転等々、本当に気をつけて下さいね。
しかしもし『1976年』と信じてのことなら安心ですが(笑)
そして撮影年ですが、部隊の配備期間とBu.No.から、1998年か1999年のどちらかのはずです。
もしどちらかの年に沖縄に行かれた記憶があるならお知らせ下さい。

>飛行浪人さん
私は三沢基地航空祭で、紹介のようなアングルとなる展示機の帰投シーンを撮ったことがありますが、
紹介のハリアーを撮影した1992年7月7日は三沢基地の航空祭なのでしょうか?。
日付と撮影場所だけではなく、そのあたりの補足も加えていただけると見る側も理解でき楽しめます。
ちなみに、Bu.No.は162086です。

>Komatsuさん
う〜ん・・・、紹介の画像を見て影で泣いている者も居ることをお忘れなく(笑)
私はちょうど忙しくなり始めで、撮影のために時間を割くテクニック(笑)が身についてませんでした。
撮影場所がコメントから何処だか分りました。その場でこのショットが得られたとは信じられません。
もし私が展開していて時間的に間に合って私のいつもの場所だと、たぶん撮れなかった可能性大ですね。
その場にいてガックリくるか、このショットを見てガックリくるか・・・(笑)
う〜ん、やっぱりその場でとりあえずはチャレンジしたかったです。

>Gulf4さん
上のTROUTさんが紹介された画像とコメントの前日飛来時の紹介ですが、
Gulf4さんご自身も『???』と気づかれたようですね。
紹介のWL-26のBu.No.からもレスまでの限られた時間内では解決の糸口が見つかりません。
補充機かな?と思ったのですが、主翼下のAAMのラックからフェリーフライトではないと思います。
となると、当時の11MEU, 13MEU, 15MEU搭載のフネからの飛来を想定したのですが、
今のところ日本近海を航行していたMEUは見つかりません。ただ15MEUは要調査の課題アリです。
というこで、結論の出るまで、いましばらくお待ち下さい。

>うみ太郎さん
皆さんにとって全く興味のない些細なことかもしれませんが、私は思わず『おっ!』と小さな驚き(笑)
直前でGulf4さんが紹介されている163517をAV-8B+(R)に改造した姿がうみ太郎さん紹介165429です。
このような状況、前回もありましたが、その時もうみ太郎さんがらみだったかな???(笑)
紹介の165429/ET-53は、7月21日〜7月23日と7月27日〜7月28日は厚木に飛来しフライトしてます。
うみ太郎さんは、その合間の岩国基地でのフライトを撮影されてます。忙しく動き回る機体ですね。
追伸.
上のwakaさんとKomatsuさんのコメントをまとめると、
Part.2 No.13422で紹介されているシーンは2014年6月20日ではなく2014年6月21日との結論に達しました。





Harrier Part.11 Name:Takafumi HIROE Date:2015/02/21(Sat) 10:15 No.13611   
今日は遅い時間のスレ立てm(_ _)m
このところの寝不足がたたってか、昨晩22時過ぎには何もせぬままバタンキュー ← 死語(笑)
今朝も久々の遅い時間の起床となりました。

岩国基地にUDP展開する現AV-8B系は、厚木に飛来することが稀な貴重な存在。
まあでも稀か頻繁かではなく、ハリアーそのものが貴重であることは絶対に間違いありません。
その点、2012年のVMA-542DET.が頻繁に飛来したのは厚木では今までに経験のないことでした。

もう一つ、地味ですが異例中の異例は、2003年6月〜2003年12月展開のVMA-231DET。

VMA-231DETのAV-8B 6機がTrans-Pacで岩国基地に到着したのは6月12日。
そして岩国に到着直後の6月20日に3機が厚木に16:10頃飛来しました。
後に聞くところによると、その日の午前中に岩国で訓練飛行が始まった日の午後に厚木に来たようです。
その時の電話での状況確認のお相手は、そうSeagullさんです。覚えてらっしゃいます?(笑)
これまで岩国到着後の訓練飛行が始まった日に厚木に来た部隊はハリアーに限らず記憶がありません。
加えてLANT部隊VMA-231の極東配備は約10年ぶりとなる貴重な部隊のため、その飛来に皆さん大喜び。
幸先良いスタートとこの後を期待したものの、結局、VMA-231が厚木に来たのはこの6月20日のみ。
Part.10冒頭No.13592で紹介したVMA-211DETと同様にチャンスは一度だけでした。

ちなみに、3機(165594/CG-04, 165002/CG-07, 165596/CG-09)はオーバーヘッド後の着陸。
当時は相鉄線路北側沿いの道路で300mmで撮影ですが、この時も多少の前後で無事撮影できてます(笑)
彼らは日本では品行方正なのかなぁ〜(笑)

(AV-8B+ 165002/CG-07, VMA-231 DET, HMM-265(Rein)/31st MEU、2003年6月20日、厚木基地R/W19着陸)

Re: Harrier Part.11 Name:toksans Date:2015/02/21(Sat) 10:41 No.13612
広江さん、皆さんおはようございます、

2011年2月12日にノースアイランドで行われた海軍航空100周年の“Parade of Flight”に参加したVMA311のAV-8B。B/Nは確認できませんが先頭からWL01、WL24、WL06、WL23です。CVW-9所属の40機近い大編隊で終わるこの飛行展示は、海軍、海兵隊、沿岸警備隊のすべての現有機が次々とフライパスする盛大なパレードでした。


Re: Harrier Part.11 Name:T.H Date:2015/02/21(Sat) 10:58 No.13613
すき間がだいぶ無くなって来ましたが、複座型の投稿が極端に少ないので 今日は Royal Navy の 2シーター Harrier T.4Nです。

前の年に続き2回目の訪問となった RNAS Yeoviltonで エアショー開催直前、R/W09-27 南側に位置する基地隣接の牧場主に入場料を支払っての撮影。牛の糞があちこちに在る、緩やかな斜面にて 順光側からR/W27インターセクションから上がったT.4Nを撮ったもの。 エアショーの直前から見物人・スポッターを当てにして 牧場主が ◎ポンドのサインボードを出して、私有地へ有料で入れてくれました。臨時有料駐車場ならば 何処でも良くある光景ですが、その場から撮影も出来るのは 天気が変わり易いイギリスにおいては大変有り難い事です。

RNAS YEOVILTON  27 JUL 1989  Harrier T.4N  #722 ZB605 899Sqn / Royal Navy


Re: Harrier Part.11 Name:香港01 Date:2015/02/21(Sat) 11:33 No.13614
皆さん、こんにちは!
今回は英国空軍のT10です。まだ でてないようなので、RIAT97で出会ったブサイクハリアーです。RAF Fairfordです。
T10複座はカッコ悪いですが、僕はすきなんです。(BAE Systems Harrier T10, #ZH658)


Re: Harrier Part.11 Name:A-330 Date:2015/02/21(Sat) 11:44 No.13615
広江さん、皆さんこんにちは。

広江さん、皆さんから紹介くださる作品とメッセージ、そして広江さんからの丁寧なレス文を何度も読ませていただきながら、日々勉強しながら楽しい毎日を過ごしています。
今回のお題では「ローリング・ローリング・ゴー!」「キャノピーとステップの連動」、そして今朝は広江さんレスメッセージのおかげで「海兵隊はSide No、海軍はModex Noと呼称する」ことを初めて知ることができました。
60年代頃から厚木や横田エンドで撮影の合間に、先輩マニアの皆さんとお話して様々な知識を得ていたら…。そして一番後悔している「撮影したらメモを録ること」も実践していただろうと思うと、ついタイムマシンがあったら乗りたい衝動に駆られます。

今日は、PAPPYさんがNo.13434で紹介されましたWH-26と同機と思われる、遡ること5年ほど前の機体塗装が違うカットで失礼します。
この機体も垂直尾翼に書かれている、MARINES上部分のBu.Noが写真からは全く判読できません。
記述にあたっては判明しているSide No-08から、昨日に続いて広江さんホームページ資料に助けていただきました。

AV-8B WH-08 (162964 写真判読不能の為広江さんHPデータより転載です) VMA-542 1990年頃横田


Re: Harrier Part.11 Name:CJ Date:2015/02/21(Sat) 11:59 No.13616
2006年のVMA-311のWL-51は珍しかったんですね。
お帰りの画像にしようかと思ったのですが、広江さんが2012年のVMA-542につ触れていますのでその年の航空ページェントの展示機をご紹介いたします。(投稿者注:丘珠到着時)

AV-8B+(R) 166287/WH-04 (ex. AV-8B Bu.No.163668) VMA-542 DET. HMM-262(R)/31st MEU USS Bon Homme Richard (LHD 6)
(Jul.28, 2012)


Re: Harrier Part.11 Name:Det.H Date:2015/02/21(Sat) 12:46 No.13617
広江さん 皆さん こんにちは
きょうも穏やかな天気で、春がすぐ近くまで来ているのを感じますね

>広江さん
レスされる事自体大変なのに、私の知識不足からくる疑問にお答え頂きありがとうございます そのせいでお疲れ? m(_ _)m
隊長機等、塗装変更サイクルの早さへの私の疑問は、おそらく広江さんの見解で正しいのではないでしょうか 海軍と違って機体スワップの頻度の多さ、そして私が思うに塗り替える時は前と同じデザインで描くより新しいデザインにしようと思うのが普通ですね そして結果新旧塗装が入り混じる? (^^; 

このシリーズも残り少なくなってきましたが、きょうはまた昨年秋のYUMAから #13478のMIDWAY世代さんと同じ時、WP04の前に上がってきたWP06です この時は木陰で彼と談笑していると突然轟音が聞こえ慌ててカメラを構えるも前横は追っかけきれず!やっとこの後ろ姿をファインダーに捉える事が出来ました(^^; 続くWP04はしっかりおさえる事が出来ました(^_^)
このB/N165381、2年前は#13559のPAPPYさん撮のWH06でしたね

>広江さん Toksansさん
#13612のCoNAパレードのB/Nですが、最終章に貼りますのでお待ちください
とすると広江さんが大変でしょうから、以下に (笑) 
AV-8B+(R) WL01/165584(AV-8B 163664) 2012年2月に百里に来たWL51と同じ
AV-8B+ WL06/164553         #13496での前年2010年秋と同じ
AV-8B(NA) 23/163874 24/163883


AV-8B+(R) WP06/165381 (AV-8B 162088) VMA-223 Oct.18,2014 MCAS Yuma


Re: Harrier Part.11 Name:TROUT Date:2015/02/21(Sat) 16:56 No.13618
広江さん、皆さんこんにちは。94年10月23日、横田RW36に向かうAV-8B ET50 BuNo.164115です。部隊名は書き込まれていません。広江さんのリストからでVMA-311Det.HMM-262(C)/31stMEULHA-3 BELLEAU WOODでよろしいのでしょうか?Gulf4さんからも紹介されてますが 当時この場所でハリアーの転がりが良く撮れました!

Re: Harrier Part.11 Name:DOC.K Date:2015/02/21(Sat) 17:26 No.13620
>広江さん、TAKADA TENNTEKIさん、コメント有難うございました、喜んで頂いて何よりでした。
>wakaさん、あの日のニュータは私もいました、VL−12がデモフライトしましたね、今ショットを探しています。
1989年7月23日の岩国チビヤンでト―イングされて行くVL−12(162737)です。


Re: Harrier Part.11 Name:geta-o Date:2015/02/21(Sat) 17:35 No.13621
広江さん、皆さんこんにばんは。
大詰めが近づいてきますが特に意味もなく少し違うようですがtoksansさんの編隊の先頭の塗装機 2010/5/5 岩国の公開で撮ったAV-8B(165572/VMA-311/WL-01)


Re: Harrier Part.11 Name:飛行浪人 Date:2015/02/21(Sat) 17:53 No.13622
>広江さん、皆さんこんばんは。
A型がやっと終わり、今日からはB型です。
私が初めてB型に出会ったのは1989年5月20日のチャイナレークのオープンハウス。
どんな機体が撮れるやらと相棒のM君と勇んで行ったのですが、展示会場はエプロンでは無く、チェッ駐車場かでした。(笑)
展示された機体もロービジのオンパレード、唯一まともだったのは後ろに見える司令官機?のハチロクでした。勿論フライトは無し、さっさと引き上げました。
ハリアーはサイドナンバー08/161576、尾翼にうっすらと何かのマークが入っています。
>広江さん、またまた失礼しました。訂正しました。


Re: Harrier Part.11 Name:よし吉 Date:2015/02/21(Sat) 18:44 No.13623
広江さん 皆さん こんばんは

Part.11スタートで広江さんご紹介内容で喜んだうちのひとりです。
私は翌6月21日に厚木基地に向かい離陸の時を待ち、皆さんで並んで撮りました。
この日は『二兎を追いなんとか一兎を得られた!!』日でした(笑)

2003年6月21日 厚木基地 AV-8B VMA-231 CG-04 165594


Re: Harrier Part.11 Name:waka Date:2015/02/21(Sat) 20:24 No.13624
広江さん、皆さんこんばんは。
タキシングモノクロ写真ばかりから今日は、カラーデジタルでの飛んでいる写真です。
AV-8B(NA) 164134 CF-57 VMA-211 2011年4月29日 岩国基地 新滑走路R/W20の着陸
米海兵隊の岩国基地のAV-8は、半年のUDP期間があっても、強襲揚陸艦に乗っていることや、嘉手納基地に行っていることが多く、岩国基地でも撮影には苦労していると思います。当日は、祝日で多くのマニアでにぎわっていましたが、運良くR/W20で3機のAV-8Bの着陸を撮ることができました。他の2機はAV-8B+ CF-51/165419、AV-8B+ CF-54/165583(これのみ旧塗装)です。


Re: Harrier Part.11 Name:すっかいうおりゃ Date:2015/02/21(Sat) 21:25 No.13625
広江さん 皆さんこんばんは!
AV-8Bが日本に配備されるようになって 2番目に来た部隊がVMA-542だったと思います。1990年の上半期は、この部隊のハリアーが岩国 厚木にも展示されました。尾翼のタイガーマークと機首に虎のシルエットを入れていることから 航空祭では人気者だったはずです。厚木には3機も並べましたね。この時期の写真は、A-330さんが1枚だけ出されていますが 意外と少ないのでUPいたします。KR-64時代の写真です。
 写真は、岩国航空祭の時にランウェイの片隅においてあった2機のAV-8B、WH-10とWH-07ですが 両機ともにBu,No、書かれていないか 薄いかで判読できませんでした。1990/5 MCAS IWAKUNI、VMA-542 AV-8B


Re: Harrier Part.11 Name:空と鉄と Date:2015/02/21(Sat) 21:27 No.13626
広江さん、皆さん、こんばんは。
1993年10月16日、横田のデルタイーストでホールドしているVMA-211のAV-8B CF25/163664でパイロット氏が後続で転がってきたKC-10を気にしています。
このプリントを見ているうちに、上面ダークグレー、下面ライトグレー時代のKC-10がシャチの模様に似ていることからノーズアートにもあった"SHAMU"とクルーが言っていたのを思い出しまして。
ハリアーのシルエットがだんだんと魚に見えてきて、まるでシャチ追い立てられている小魚のように見えてきました(笑)


Re: Harrier Part.11 Name:PAPPY Date:2015/02/21(Sat) 21:31 No.13627
広江さん、皆さんこんばんは。
またまた昨日の続きになりますが2012年10月20日厚木R/W19上がりでのローリングGo2列目の3番機で
AV-8B+ VMA-542DET. WH-04 166287 です。
さすが直近後続機の撮影はこのアングルが一枚目になってしまいました。


Re: Harrier Part.11 Name:エイブルドッグ Date:2015/02/21(Sat) 21:55 No.13628
広江さん、皆さん、こんばんは

特に変わったものもないのですが、番号つぶしのお手伝いが出来ればと思って出て来ました。
1995年11月19日は快晴の日曜日。そこへWFのハリアー4機が飛行雲を引いて厚木上空に到着、ハリアーの飛行機雲を見たのはこの時だけです。写真はR/W19に降りるVMA-513のAV-8B 03/164123です。


Re: Harrier Part.11 Name:Gulf4 Date:2015/02/21(Sat) 21:57 No.13629
Part.11だけで複座型の3機目です。1993年7月17日、RNAS YEOVILTONで撮ったNo.899Sqn所属のHarrier T.4(XW268)。
No.13606のSea Harrierと同じく、No.899Sqnの50周年記念塗装機です。
不思議なことに私が投稿した機体には事故機が多いですね。これも1994年6月27日に着陸時の事故で失われました。


Re: Harrier Part.11 Name:てらぞう Date:2015/02/21(Sat) 22:25 No.13630
VLのAV-8Bがはじめてみたハリアーだったのですがなぜか全く記憶にありません。最初は記憶に残ってるものなのですが…。

でもB+のときは鮮明に覚えています。ユマで地元機を撮ってるとCGのコールが入ってきて上空を見ると明らかにノーズの長いことに気付き、撮れた時はやった!って感じでした。今では主流の機体になりましたが私の見た20年前には未だ日本に来ていなかったのでホント嬉しかったです。

AV−8B+/CG30/164560。95年9月MCASユマです。


Re: Harrier Part.11 Name:Seagull Date:2015/02/21(Sat) 22:52 No.13631
2013年3月2日 岩国基地を離陸するVMA-513のAV-8B+(R)WF01/165580。
機首には、世界大戦Uで使われていたと思われるエンブレムを記載しています。

>広江さん
03年6月20日(金)の出来事、覚えております。
CGが配備されて後、6/20朝に初2フライトし、午後の3フライト目が関東方面でしたので・・・。



Re: Harrier Part.11 Name:うみ太郎 Date:2015/02/21(Sat) 23:56 No.13632
デジタル化した画像の手持ちが無くなったので、すでに出てる機体ですが広江さんの好きな正面形を。
横田は近くでタキシンが撮れるのが厚木に無い魅力ですね。
2009年12月20日 AV-8B+ VMA-513 WF-04 165584


Re: Harrier Part.11 Name:MIDWAY世代 Date:2015/02/22(Sun) 01:16 No.13633
広江さん、皆さんこんばんは。
かなり持ちネタがなくなてきました。最後までたどり着けるか、、、。

今回もYUMAで2014.10.16に撮影したAV-8B 164128 です。機首に23の文字がありますが、部隊を記述したものはありません。ネットや他の写真の機首マークから類推すると MA-214 ではないかと思います。



Re: Harrier Part.11 Name:D-men Date:2015/02/22(Sun) 08:41 No.13634
広江さん、皆様、おはようございます。

先月末は、BBS2での画像習得のため嘉手納まで遠征してきました(笑)
写真は嘉手納のR/W05Rに着陸する、CG-06。伊計島で離着陸訓練をおこなっていたのか、2時間を越えるフライトでした。

AV-8B+ (164556/CG-06) VMA-231 DET, 24 Jan 2015, Kadena AB


Re: Harrier Part.11 Name:Takafumi HIROE Date:2015/02/22(Sun) 09:06 No.13635
>toksansさん
機体の個々を捉えるショットもイイですが、紹介の全体を捉えたショットも最高です。
特にBBS II Galleryでは変化に富む一コマとなるのは間違いないでしょう。
でもリーダーのWL-01は、1機を大きく捉えたいですネ(笑)
追伸.
紹介画像の4機のBu.No.はT.Hさんのメールと下のDet.Hさん書き込みNo.13617より補足をいただきました。
T.Hさん、Det.Hさん、ありがとうございますm(_ _)m

>T.Hさん
複座型の紹介は各国とも少ないようですが、機数の少ないスペインとタイが先に紹介されたのは驚きです。
それも共にT.Hさんからの紹介ですものね。
牛の糞があちこちにある臨時有料私有地から撮るショットは、支払う甲斐ありですね。
何と言ってもR/W09-27の南側というのが最高の条件です。
さて、隙間をぬう画像選択、T.Hさんの持ち駒豊富さが伺えます。ありがとうございます。
今後も脇道表道(笑)問わずT.Hさんならではのショットに期待します。
プレッシャー?(笑)

>香港01さん
私個人的にちょいとゲテ物感のあるハリアーの複座型ですが、私も好きですヨ。
なんせ、まだ一度も見たことがありませんからね。
以前のレスにも書きましたが、UDP配備部隊に1機混じってきてほしいと願い続けてますが実現しません(笑)
なお上のT.Hさんに続く英国複座型の紹介ですが、2機とも事故損失となってます。

>A-330さん
この3色迷彩姿をまともに撮るには太陽光線の条件が、かなり厳しかったですよね。
私は紹介のような姿を撮ることはできませんでした。それにしても低い離陸姿がイイですね。
ところで紹介のBu.No.162964ですが、“WH”レターが消されてる姿から推測できる撮影時期は、
次部隊VMA-231と交代した1990年6月頃あるいは既にVMA-231での運用が始まった当初かもしれません。
しかし太陽光線が冬の雰囲気を感じるので、ちょいと腑に落ちませんが・・・。

>CJさん
丘珠の紹介のシーンは何度見ても憧れてしまいます。WL-51のお帰りの画像も拝見したいです。
紹介のシーン2012年6月28日(木)は丘珠への到着時?、それとも帰投時?。
6月は紹介の166287/WH-04を含むVMA-542DET機が何度も厚木に飛来したので調べてみたら、
WH-02, WH-03, WH-04の3機が6月29日(金)17:40頃厚木に飛来し翌30日(土)に離陸してました。

>Det.Hさん
何を談笑していたことやら・・・(笑)。
まあ何とか撮れたから良かったものの、撮れなかった時はWP-04画像紹介の裏話しとなったでしょう(笑)
私も皆さんも、きっと後者のエピソードの方が楽しめて良かったと言われるはずです(笑)
それにしても本場でしか撮れない(見れない)吊るし物姿は最高ですネ。
コメントされてますが、2013年6月に165581はVMA-542からVMA-223に移管されてます。
“06”は偶然なのか、または何かの条件が重なったのか、気になるところですが、本当に変遷が激しいですね。
追伸1.紹介画像の縦横比の関係でGallery用サムネイル画像は尾部をカットしましたm(_ _)m
追伸2.Det.Hさん向けの別レスがあります。下のgeta-oさんへのレスをご覧下さい(笑)

>TROUTさん
『当時この場所でハリアーの転がりが良く撮れました!』←私は遭遇チャンスさえありませんでした(笑)
部隊はコメントされているとおりだと思います。
1993年のVMA-211から1996年のVMA-513はフルスコードロン展開で、うち6機程度が31MEU配備の分遣隊でした。
↑の期間内で一部の部隊は未確認ですが・・・。
そして1996年5月以降は6機〜8機の分遣隊のみのUDP配備に変わり現在に至ってます。
AV-8B初配備の1989年のVMA-331から1996年5月までのAV-8Bの機数は一部の部隊を除き20機が定数。
現在の3倍程度の数で、しかもフネに載らない機体もあるので、撮影チャンスが多かったのもうなづけますね。

>DOC.Kさん
当時の(ひょっとして今でもかな?)の岩国チビヤンはギャラリーも少なくのんびりとした雰囲気でしたね。
私も何度か行きましたが、紹介のような目の前をトーイングする姿も見かけましたし、
普通の航空祭とは異なり人も少ないので撮影にも支障なく楽しむことができました。
新田原基地航空祭でデモフライトを行ったハリアーのショットが見つかるとイイですね。

>geta-oさん
思い出しました。私はその日に行ってませんが、フルカラーのWL-01が展示されましたね。
細かいことですが、このWL-01はUDP配備上のOIC機WL-01なのかVMA-311のCO機なのか興味あるところです。
ところで、toksansさんNo.13612紹介の編隊リーダーWL-01のBu.No.は165584。紹介画像と機体が異なります。
というのは、撮影された翌月に165572はWL-01からWL-05に変更。
同時期、元WL-05の165584はWL-01に変更。これがtoksansさんNo.13612紹介の姿につながるわけです。
もっと混乱するのは紹介の165572。その変遷の一部を整理すると・・・、
(年月のFrom〜Toは単なる確認年月。つまり所属年月ではありません)
2009/08〜2009/09 WL-15 (本国)
 濃いグレーの新塗装に変更 
 2010/01〜2010/06 WL-01 (岩国UDP(DET))
 2010/06〜2010/07 WL-05 (岩国UDP(DET))
 2010/07〜2010/09 未確認
 2010/10〜2010/12 CF-14 (本国)
 2011/01〜2011/01 CF-14 (岩国UDP(DET))
 2011/02〜2011/05 CF-55 (岩国UDP(DET))
 2011/06〜2011/07 未確認
 2011/08〜2011/12 CF-11 (本国)
 2012/01〜2012/03 未確認
 2012/04〜2012/xx CF-09 (アフガニスタン)
 2012/xx〜2012/11 CF-02 (アフガニスタン)
 2012/11〜2013/10 CF-02 (本国)
これではDet.Hさんも混乱&悩み疑問を持つはずですネ(笑)
↑はgeta-oさんにはあまり興味のないことですかね。Det.Hさん向けということで失礼しましたm(_ _)m

>飛行浪人さん
Naval Air Weapons Station China LakeベースのNaval Air Warfare Center Weapons Division (NAWCWD)所属。
垂直尾翼にうっすらと見えるのは白頭鷲がAIM-7とAIM-9を持つNAWCWDのマーク。
“MARINES”と書かれてるように、米海兵隊向けに生産された機体、8号機ですが生産型としては4号機。
機首の“08”が8号機の意味なのかNAWCWD運用のModexなのかは分りませんが、たぶん前者を兼ねてるかと・・・。
NAWCWDでAV-8Bの兵装テストを行っていた頃の画像はBBS II Galleryにとっても大変に貴重なショットです。

>よし吉さん
紹介の2003年6月21日は、私も並んで撮影しましたよね。
CG-04, CG-09, CG-07の順で離陸しましたから、紹介のCG-04は3機の中で一番撮り易かったはずです。
2番機CG-09は1番機CG-04(紹介画像)の右側、つまり撮影者から見て手前をかっ飛んできて焦りました(^_^;
そして3番機CG-07は1番機CG-04の左かつ2番機CG-09と平行で飛ぶような位置。
つまりローリング・ローリング・ゴーでデルタ隊形のように離陸したようなものです。
私は機影を見て2番機は斜め前だけ撮って即捨て3番機を追いました。
二兎を追うというよりは、瞬時の状況判断で一兎に集中しなければならなかったはず。
飛来時の彼らの品行方正さは一日しか持たず、離陸では本来の姿に戻ったようです(笑)

>wakaさん
厚木で紹介のようなショットが撮れたのかな???と思ったら、コメントで納得。
岩国基地R/W20降りの綺麗なショットですねぇ〜。
コメントを拝見して更に納得できたのは『運良くR/W20で・・・』とのこと。
地元岩国のマニアの皆さんでも、嘉手納への遠征やフネに載るなど、ハリアーの撮影は難儀されてるなか、
他の成果は分りませんが、このような好天下でハリアーが3機も撮れただけでも遠征した甲斐アリですね。

>すっかいうおりゃさん
コメントされてるように、VMA-331の次に1989年12月〜1990年6月にUDP配備されたVMA-542ですが、
私の手帳を調べた限りでは、どうも私とは遭遇チャンスは一度もなかったようです。
このとき以外の虎模様のVMA-542には遭遇しているのですがねぇ〜。
厚木基地の公開で3機展示された状況の記憶というか日付すら覚えてません(^_^;
その様子が紹介のようなショットとなっているのか大変に気になるところです。

>空と鉄とさん
シャチ追い立てられている小魚・・・確かにそのように見えます(笑)。的を得た表現です。
“SHAMU”はつい最近HSC-15の迷彩塗装MH-60Sの愛称と知ったばかり。
昔からこのような表現があったと、改めて彼らの感性は面白いと感じます。
紹介の場所で撮るハリアー、一度でいいから撮りたかったです。
イイ絵ですネ。

>PAPPYさん
2012年10月20日のVMA-542DETの3機の厚木R/W19上がりを整理すると、
1番機WH-08(Part.9 No.13607紹介)、2番機WH-03(Part.10 No.13607紹介)は1番機の右側、
そして紹介の3番機WH-04は1番機の左側でかつ2番機に遅れてはいるものの、やや並行気味に離陸。
上のよし吉さんのレスと似たデルタ隊形気味で離陸したということですネ。
スミマセンが、『昨日の』と言われても投稿される数が多いので私も皆さんも瞬時に分りません。
先にも他の方にお願いしてますが、記事番号も明記していただくとGallery化の際にコピペで便利なのです。
わざわざ昨日の記事を探しに行く手間を軽減させて下さい。

>エイブルドッグさん
快晴の日の日曜日にハリアー4機の飛来、週末だけに展開される方々は大喜びだったでしょう。
私も当時は“週末族”と言われてましたが、この日は、おそらく家庭サービスだったのかな?。
私には似合わないキーワードと言われてしまいそうですが(笑)
エイブルドッグさんが初めて見たハリアーの飛行機雲、良いショットが得られた良い日曜日となりましたね。

>Gulf4さん
No.13606紹介ZA175と同じデザインのイギリス海軍No.899SQの50周年記念塗装機でしょうか。
この記念塗装は複数機に施されたのですが、各々どこか微妙にデザインが違うのかな?。
私は米軍の事故損失に囚われてたのですが、改めて今回の話題で本家英国ハリアーの事故損失も知りました。
Gulf4さんが遭遇された英国ハリアーに事故損失が多いのは偶然でしょうか・・・。
今回の話題での不思議に何故かGulf4さんが関わってます(笑)

>てらぞうさん
何やら贅沢なことをおっしゃってますねぇ〜(笑)
VMA-331は初のAV-8B、紹介は初のAV-8B+、天秤にかけて初のAV-8Bを忘れるとは何たること!(笑)
撮影の1995年9月は、確かに日本ではAV-8B+の姿を見ることのできなかった時期ですネ。
ではそこで、AV-8B+の日本初飛来は何年の部隊は何でしょう?。
てらぞうさんへの宿題です(笑)

>Seagullさん
WW II時代のインシグニア等のマークを書き入れるのは以前も米海軍/米海兵隊部隊に稀にありましたが、
CoNA以来、特に多くなったように感じます。
紹介の165580/WF-01は2013年4月4日の一度だけ厚木基地に飛来しましたが着陸も離陸も右側の撮影でしたので、
このマークの有無さえ私は全く気づいてませんでした。
その代わり、右側機首にはVMA-211のフルカラーのインシグニアが貼られてました。
キャノピーフレームは2013年7月にDeactivatedしたVMA-513の最後の隊長の名前、
“L.T.COL SAMUEL "DIRTY" SMITH”が垂直尾翼ラダーの“NIGHTMARES”と同じ色使いで書かれてました。
追伸.文面を一部訂正しましたm(_ _)m

>うみ太郎さん
そうです、厚木では撮ることのできない私にとってのハリアーの憧れのアングルです(笑)
時系列でみると、N.SUZUKIさんNo.13463紹介の前のシーン?でしょうか。
横田で撮れるこのようなショットは本当にイイですね。
しかし脚立が必須ともいえる横田、それが私の最大の問題です(笑)
さて、今後ですが、何とか最終章まで登場できるようコマを探して下さいm(_ _)m

>MIDWAY世代さん
コメントされてるように、部隊を示すものは機首のVMA-214のインシグニアだけですね。
これは他の部隊からVMA-214に移管された姿と推測するのが妥当かもしれませんが、
VMA-214から他の部隊に移管する過渡期であるかもしれないことも否定できませんね。
今回が難しい話題となる一例とも言えるでしょう。
今後ですが、MIDWAY世代さんも何とか持ち堪えて最終章まで登場いただけることを願ってます。

>D-menさん
レスの下書きを終え、さあレスとボタンを押したらD-menさんが・・・。仕切りなおしとなりました。
朝のこの時間は新スレ立ですから、勘弁してくださいよ〜(笑)。
しかしせっかくのBBS IIのための遠征とその収穫の紹介ですから、ここは私がぐっと耐えます(笑)
VMA-231は冒頭で紹介した2003年以来、約10年ぶりに2013年11月からUDP展開し現在に至ってますが、
今回のローテーションでは、まだ一度も厚木には姿を現してませんよね。
やはり待ってるのではなく、アクティブに嘉手納あるいは岩国に遠征しないと駄目ですネ。
天気の良い中の良いショット、イイですねぇ〜。





Harrier Part.10 Name:Takafumi HIROE Date:2015/02/20(Fri) 06:42 No.13592   
厚木基地R/W01に着陸するVMA-211DET AV-8B(NA) 164119/CF-13。

当時(銀塩時代)、ファイター系は厚木の標準レンズと言われる300mmで撮影している方が多く、
その撮影場所は中原街道の南側、現在のように公園など整備もされてない野原(?)牧草地(?)でした。
その後デジ化されると共にレンズ焦点距離が長くなり現在の中原街道北側が主流となりました。
カメラ機材が銀塩からデジに変わると撮影場所も必然的に変わってくるものですネ。

ちなみに、この日の飛来はAV-8B+(R) 165587/CF-09がリーダーでAV-8B(NA) 164119/CF-13がウイングマン。
オーバーヘッド後に着陸しましたが、立ち居地を多少は前後したものの、特に右往左往せず撮影できました(笑)

(AV-8B(NA) 164119/CF-13, VMA-211 DET, HMM-265(Rein)/31st MEU、2004年1月31日、厚木基地R/W01着陸)

Re: Harrier Part.10 Name:すっかいうおりゃ Date:2015/02/20(Fri) 10:42 No.13593
広江さん 皆さんお早うございます。
沖縄嘉手納でのハリアーの離陸は、高くてあまり絵になることがありません。R/W05の場合 皆さんご存知のように林の木々から飛び出してくる機体を一瞬で捕らえてフォーカス内に収める必要から 長玉で最初の頭出しの機体に注視して追いかけると 写真を撮り終えた後に横にぴったりもう1機が寄り添っていたのを後で気づくという間抜けな結果になったこともあります。「ありゃ〜!編隊離陸だったのね」・・こんな間抜けは、私だけかもしれませんが(笑)添付の写真は、最初からきれいなセクションで出てきてくれたため 間抜な結果にならずに済んだ事例です、しかも 珍しく低い上がりでした。
嘉手納R/W05  2011/4/6 VMA-211 CF-55 Bu,No,165572&CF-52 Bu,No,165428 


Re: Harrier Part.10 Name:香港01 Date:2015/02/20(Fri) 10:49 No.13594
2008年2月です。エルセントロにて・・・中に入れて貰って、ランウエイ・エンドです。
あとはF18Eが一杯いました。CFに付き合います。

>すっかいうおりゃさんご無沙汰いたしております。

(AV8B CF04 #165002 VMA211)


Re: Harrier Part.10 Name:A-330 Date:2015/02/20(Fri) 10:51 No.13595
広江さん、皆さんおはようございます。

残弾の中から、未出No落穂ひろいカットで失礼します。
この機体、垂直尾翼に書かれているMARINES上部分のBu.Noが消したような痕跡があり判読できません。
ここでBu.No特定及び確認等でいつも助けて頂いている、広江さんホームページの膨大な資料の一部である
MAG-12/MCAS Iwakuni Unit Deployment Program AV-8B(Aug. 1976 - May 1996)
から推測させていただきました。

AV-8B WH-06 (162944.写真判読不能の為広江さんHPデータより転載です) VMA-542 1990年頃横田


Re: Harrier Part.10 Name:Det.H Date:2015/02/20(Fri) 11:58 No.13596
広江さん 皆さん こんにちは
きょうは絶好のヒコーキ日和になりましたね その事を感じさせるきょうの立ち上がり (笑)
私は残念ながら自宅で仕事 (^^;

きょうはCF,WEと来たのでWPと思いましたが、CGも飛ばしてWL、VMA-311を ギャラリーを拝見すると意外とWLは少ないですね?
今回ハリアーの画像を見てあらためて気付いた事ですが、海兵隊は海軍と比べるとスキムの変遷サイクルが早いですね きょうの “Tomcats”も私が最初に撮った2010年から昨年14年までの間でも何度も変わっています そして同時期に違うスキムが混在しています
機体色自体も+(R)同士でも(NA)同士でも違っていますね(これはハリアー全部隊に共通)
特に隊長さんはその時に撮らないともう次には変わっている事が多い様です
人事ネタは疎いので分かりませんが、たとえばコマンダーが変わると変えるとか? このWLでも11〜14年で分かっているだけで3回変わっています
で、きょう紹介のスキムですが、昨年春のYUMAで出会った2種類です メインカットの方はこのMdx03一機だけでしたが、調べるとどうもMdx01(Bn.164571)と同じ様です 彼等の創立(Dec.01,1942)からの使用機材のシルエット、時代順に下からTexan, Corsair, Shooting Star, Panther, Cougar, Skyhawk, そして現在のHarrierと描かれています このスキムは以前、岩国UDP時の画像を見たような記憶があるような?それから今回分った事ですが、ポートサイド側は違うスキムで大きくコルセアの絵が描かれています 残念ながら昨年春にはP.S.側は見ていませんでした 
囲み画像は昨日#13590でMIDWAY世代さんが「手書き・・・」と書かれていましたが、立派な標準塗装です しかし、この時の165585は他のサイトで見るとやはり手書きっぽく見えますね Mdx03以外はこちらでした

AV-8B+(R) WL03/165425 (AV-8B163663) VMA-311 Apr.18,2014 MCAS Yuma
AV-8B(NA) WL22/164545 VMA-311 Apr.22,2014 MCAS Yuma


Re: Harrier Part.10 Name:TROUT Date:2015/02/20(Fri) 13:35 No.13597
広江さん、皆さんこんにちは。私もそろそろA型の在庫も尽きてきました。ハリアーの離陸は低くて早い!初飛来当初からこんな印象でした。75年6月頃、WF7 Bu No.158973 横田RW36からの離陸をドライブインからの撮影です。小さい上もの凄く早い!腕も無く小さくてピンぼけネガ、お蔵入りでしたが改めてスキャンし当時の雰囲気を思い出してます。BBS Uのおかけでネガを見直す機会が出来、2度楽しませていただいております。皆さんへのレスのご苦労と共に感謝致しますm(__)m

Re: Harrier Part.10 Name:T.H Date:2015/02/20(Fri) 13:39 No.13598
折り返し点を過ぎて 広江さんからのご希望にも沿うよう 手薄な所を 今日も行きます。

Royal Air Force の Harrier 第二世代 初期型 GR.5が、まだ出ていないので 今日は GR.5 ポジの中から1枚。
前の週末は Fairford のIAT'93に参加していた2機 (ZD322、ZD347)が、そのまま翌週末へ流れたのだと ファイルしてあるポジを見て判りました。夏場の英国では毎週末何処かでエアショーがあるので、こうした事には度々出くわしました。
'93の7月後半はあまりよい天気に当たらず GR.5で採用になったと思われる 単色塗装が、今ひとつ再現出来ず 実機を見た事の無い方には色のイメージが湧き難いかと思います。



RAF LEEMING  1993年7月31日  Harrier GR.5 ZD322 "A" 20(R)Sqn / RAF


Re: Harrier Part.10 Name:toksans Date:2015/02/20(Fri) 14:42 No.13599
広江さん、皆さん今日は、

成田便搭乗30分前ですが取り急ぎ。WFはF-4時代から塗装はぱっとせず、AV-8になっても皆さんから”又か”と大事にされずにいましたが、その後あっという間に部隊がなくなってしまいましたね。2011年2月10日エルセントロで撮影したVMA-513のAV-8B WF06 165427です。


Re: Harrier Part.10 Name:geta-o Date:2015/02/20(Fri) 15:37 No.13600
広江さん、皆さんこんにちは。
今日は朝早く起きて毒蛇退治に百里に行ってきましたが厚木でよく見かける方々来られ飛んだ飛行機の何倍かのギャラリーがいました。
#13577でCJさんが2006年の丘珠展示を出されましたがちょっと古く1992/9/6の丘珠展示機。
AV-8B(163425/ VMA-223 WP-08)
この時はのお帰りは観衆をかき分けてエンジンをエプロン内で始動し自走でランプアウトしました。


Re: Harrier Part.10 Name:Seagull Date:2015/02/20(Fri) 16:34 No.13601
広江さん、皆さん、こんにちは。
私も2004年のCFを。
2004年6月23日 岩国基地を離陸するHMM-265(Rein)のAV-8B+(R) EP-51/165595[VMA-211/CF]
同部隊は正月明けの2004年1月5日に飛来してきました。
画像のBuNo165595は前任のVMA-231/CG00(51)を譲り受けました。
胴体側面に「竜」の文字が書かれ、部隊の意気込みを感じました。

>広江さん
 04年のCFは、1月末には、厚木基地に飛来したのですね。
 最終章でリーダー機のブレークサインを投稿します。


Re: Harrier Part.10 Name:CJ Date:2015/02/20(Fri) 19:17 No.13602
丘珠のハリアー最近のしか分からなくて申し訳ないですが、2004年以降では、
2006年:AV-8B+(R) 165397/WL-51&165430/WL-52 VMA-311
2012年:AV-8B+(R) 165312/WH-01&166287/WH-04 VMA-542
だけのようです。
今回はNo.13577に引き続き2006年の航空ページェント参加機、丘珠飛来時の画像を貼っておきます。

AV-8B+(R) 165397/WL-51 (ex. AV-8B Bu.No.161580) VMA-311 DET. HMM-265(R)/31st MEU USS Essex (LHD 2)
(Sep.9, 2006 OKADAMA)


Re: Harrier Part.10 Name:waka Date:2015/02/20(Fri) 19:33 No.13603
広江さん、皆さんこんばんは。
今日も、自衛隊航空祭の展示に飛来したAV-8Bです。
写真は、1989年新田原基地航空祭の当日朝早く飛来して展示エリアへ移動中のAV-8Bです。
AV-8B 162954 VL-11 VMA-331 1989年11月26日 新田原基地
もう1機のVL-12(Bu.No.読み取れず)と一緒に飛来して、VL-12はデモフライトを行いました。
当時の新田原基地は基地内の滑走路南側に臨時駐車場があり、順光の上、滑走路に非常に近く撮影には最適でした。
当然、他の展示機とともに、このAV-8Bの帰投(2機編隊離陸)まで撮影することができました。


Re: Harrier Part.10 Name:TAKADA TENNTEKI Date:2015/02/20(Fri) 19:52 No.13604
 広江さん、皆様こんばんは。ハリアーも今日で最後になりました。2005年3月ヨービルトンFAA博物館の シーハリアー FRS.1 XZ493/001 No.801NASです。フォークランド前のペンギン塗装でスキージャンプ状態で展示されております。フォークランドへはダークグレーに塗装されて参戦した由です。全姿は左後方からの通り一遍の写真になりますので、この写真を選びました。主翼とキャノピの間の胴体は非常に複雑な形状をしておりますが、No13433 DOC.Kさんの写真は大変分り易い貴重品で、もっと早く見たかったです。
 怪鳥さん ご指摘ありがとうございます。RIATの冊子を見て記載しておりました。NETで見ると仰るとおりでした。戸籍や履歴調べは苦手なもので、広江さんには迷惑の掛けっ放しで、申し仕訳ありませんでした。


Re: Harrier Part.10 Name:飛行浪人 Date:2015/02/20(Fri) 20:57 No.13605
>広江さん、皆さんこんばんは。
今日の毒蛇退治に参加した方々は悲喜交々だったようですね。
さて今日のハリアーでA型は御終いです。1978年11月2日のエドワーズ公開ではチェッ、またWFだ(笑)のWF7/158964が飛びました。
今回番号を再確認すると以前築城航空祭でデモフライトをした機体でした。機首番号は13から7に変わっていますが、あまり嬉しくない再会でした。(苦笑)

>wakaさん、今日は遠くからお疲れさんでした。意外と早いお帰りだったようですね。


Re: Harrier Part.10 Name:Gulf4 Date:2015/02/20(Fri) 21:21 No.13606
撮った中に事故で失われた機体が多い。調べて初めて分かることが多いです。これもBBSUの面白いところですね。
今回は撮った回数が少ない、シー・ハリアーを選んでみました。
1993年7月17日、ヨービルトン基地で撮ったイギリス海軍No.899SQの50周年記念塗装機、シー・ハリアーFRS.1(ZA175)。


Re: Harrier Part.10 Name:PAPPY Date:2015/02/20(Fri) 22:28 No.13607
広江さん、皆さんこんばんは。
ネタが少ないので昨日の続きで2012年10月20日厚木R/W19上がりでのローリングGo2番機の AV-8B+ VMA-542DET.
WH-03 165003 です、曇り空での午前中のR/W19上がり撮影はあまり好きではありませんが午後側の選択肢も有りますね。


Re: Harrier Part.10 Name:うみ太郎 Date:2015/02/21(Sat) 00:27 No.13608
広江さん、皆さんこんばんは。
今回の画像は迷彩からグレーへ変更時期の画像です。
12月に横田基地内でクリスマス向けの商品の展示即売のイベントがハンガー15で実施されており、当時は基地内のDPショップを担当していた為に出店していました。ハンガー15は公開のメイン会場となっているハンガーで、目の前に外来機の駐機エプロンがあり入り口から撮影したものです。店番してるとエンジンが掛かった音がしたので同僚に店をまかせて撮影して来ました。結構見てる人が居て軍人に撮影して大丈夫か聞いたらOKと言ったので撮影しましたが、今思えばやばかったかな?と思います。もう20年以上前なので時効ですね(^^;
この後、WE12は目の前をタキシング。残り2機はインターセクションに行ったのでまともに撮影出来ませんでした。この画像も今回の企画で日の目を見ました。
1991年11月 VMA-214 WE-12 163876  WE-04 163864   奥は番号不明です。


Re: Harrier Part.10 Name:D-men Date:2015/02/21(Sat) 00:31 No.13609
広江さん、皆さんこんばんは。

AV-8B NA (164117/WL-22) VMA-311, 23 Dec 2006, NAF Atsugi
この時は、リーダー機のWL-57と飛来していたようです。ナイトアタックはこれ以降撮影できていません。



Re: Harrier Part.10 Name:Takafumi HIROE Date:2015/02/21(Sat) 10:10 No.13610
>すっかいうおりゃさん
私はセクション離陸の場合、リーダー追い続けウイングマンがファインダー内に入り込むのを待ちます。
しかし相手次第なので、なかなか思い描くようなショットが得られるのは難しいのですが、
紹介画像は低い離陸で新旧塗装もを捉え貴重なショットとなりましたね。天気だけは仕方ありませんね。
コメントの逸話、厚木でも度々見かけますよ。
1機目(と思い込んで)を撮り終え、2機目が来ると信じて飛び出す方向にレンズを向け構えている方に、
後ろから肩をポンとたたいて過ぎ去っていく2機の方向に指差すことが何度かありました(笑)
まあこれがジェットならともかく、ヘリでも一度だけその光景見たことがあります(笑)
大丈夫、エンドは何処も同じ、すっかいうおりゃさんだけではありません(笑)

>香港01さん
当時のエルセントロでの訓練シーン、部隊や規模等々、が全く分りませんが、
紹介の機体を撮影した時は、ハリアーのほかコメントされているFA-18E系も撮れたのでしょうか。
そのあたりもコメントいただくと、画像の裏に潜む光景を思い浮かべ楽しむことができると思います。

>A-330さん
この迷彩塗装はダーク系の色の部分に黒でBu.No.が書かれてるので、本当に番号屋泣かせでした(笑)
今のデジデータなら加工ソフトを何とか駆使すると6桁でなくとも下2桁あるいは下3桁が判読可能でしょうね。
しかし当時の銀塩フィルムでは、どう拡大しても判読できなかったことが多かったです。
Bu.Noは私のページから引用とのこと、間違ってたらゴメンナサイm(_ _)m

>Det.Hさん
『スキム』ということで拝読していくと、部隊あるいは特定の機体の一般的に『マーク』のことですね。
私は『スキム』と言われると、機種の機体全体の塗装色を思い浮かべてしまいました。
さてDet.Hさんの疑問ですが、私は個々の知識もなく撮影もしてないのでお答えすることはできません。
変更が多いことに至る原因を私の個人的な見解で総論をお話しします。ちょっと長くなりますm(_ _)m

まずハリアーは他の機種に比べ、部隊内・部隊間の移動が多いことが特筆できると思います。
その理由の一つは6機のMEU派遣が必須であること。部隊内あるいは時として他の部隊からMEU派遣機を選びます。
当然、派遣されるMEUのACEへのレターとSide No.(米海兵隊はModexとは一般的に言いません)に変更されます。
またもう一つの理由はUDP派遣のために6機〜8機DETを編成すること。
かつUDP派遣は人員のみの交代で、機体は前任または後任の部隊を渡り歩くことが多くなります。
例えば、機体を後任に引き渡し人員のみで帰国すると、本国の後任部隊から、その機数分を受領します。
この二つの理由(他にもあるかもしれませんが)により、部隊間そして部隊内の移動が多くなっているようです。
移動が多ければ必然的にBu.No.もSide No.も変わる、それは隊長機であっても分け隔てなく多々あります。
『“Tomcats”も私が最初に撮った2010年から昨年14年までの間・・・』の疑問も、
上記二つを頭に入れ、具体的に個々の移動を調べていくと、何らかの推測あるいは答えが出そうです。
申し訳ありませんが、私にはその調査・分析のための時間はありません(^_^;

米海兵隊MEU配備機(ヘリ&ハリアー)の機体色は、カウンターシェードになる前のグリーン・グレー系の3色迷彩、
そしてカウンターシェードの後の現在の濃いグレー塗装、この二つは米海軍ファイター系よりは多いですね。
ですので頻繁に変更しているとDet.Hさんが感じてしまうのは当然のことでしょう。

164545はAV-8B(NA)でしたね。ご指摘、ありがとうございますm(_ _)m

>TROUTさん
低い!速い!、紹介画像から充分に伝わってきます。背景を大きく捉えているのも最高ですネ。
R/W36離陸をドライブイン屋上から撮ってこの低さとは驚きです。
1969年頃に560FTSのF-4Dの離陸が低かったのを今でも覚えてますが、それ以上の低さと感じます。
ネガを改めて見返すと、当時はボツにした画像も今ではデビューできる価値を見出すことがありますネ。
まさしく紹介のショットも、そうではないでしょうか。 

>T.Hさん
英国の本家ハリアーは身近ではない(を理由にしている(笑))ため、なかなか頭の中に入りません。
Harrier GR.5は米軍で例えるとAV-8Bの初期型に相当するのでしょうか。
米軍がAV-8B → AV-8B(NA) → AV-8B+ の変遷をたどったのと似た型式が本家にあるのかと要勉強です。
イギリス独特の良くない天気でしょうか、その中を離陸していくであろう姿は何とも言えない雰囲気です。

>toksansさん
成田便搭乗30分前の投稿、ありがとうございます。今のネット環境は本当に便利になりましたネ。
何を今さら・・・(笑)
VMA-513は2013年7月にDeactivated、日本での2012年12月〜2013年6月が彼らの最後の活動となりました。
その配備期間中の2013年4月4日に2機(165573/WF-04, 165580/WF-01)が厚木に飛来しました。
離陸は翌5日の18:00頃。『これがWFを見る最後のチャンスだろうなぁ〜』と寂しく感じた瞬間でした。

>geta-oさん
紹介の1992年の帰投時はコメントからすると、かなり大胆な方法でタキシーアウトしたのですね。
私もその場にいたかったですねぇ〜。心地良いエンジン音を間近で聞きたいですからね(笑)
ひしめき合うギャラリーが写り込む標準レンズで撮影したショットは臨場感たっぷりです。
皆さん意外と気づいてませんが、VMA-223 AV-8Bフルスコードロンの日本への配備は紹介の1992年のみ。
その後の6機〜8機のDET配備も2008年7月〜2009年1月と2013年11月〜2014年5月の2回のみ。
相性が悪く、まだ1度も遭遇してない方がいらっしゃるような気がしてます。

>Seagullさん
このスレッド冒頭No.13592はMEU派遣の塗装に変更前でした。
2004年1月下旬or2004年2月上旬からのクルーズのために、後に“EP-56”に書き換えられたはずです。
紹介の165595は前任VMA-231DETのCG-01から移管され“CF”レターを書くことなく“EP-51”になりましたね。
米海兵隊でも分遣隊長はOIC“Officer In Charge”と言うのかな?、シックで良いデザインですね。
厚木でも撮りたかったけど、VMA-211DET自体がスレッド冒頭No.13592で紹介した2機しか飛来しませんでした。

>CJさん
てらぞうさんNo.13510紹介の補充で飛来した165397/WL-02を岩国配備VMA-311DETの分遣隊長機に仕上げたのですね。
この塗装機が丘珠の航空ページェントに参加したことは厚木基地のマニア間でも大きな話題となりました。
結局、私は見ることもできなかった憧れの機体。
このようなショットは本当に素晴らしく、そして本当に羨ましいです。
北の地のCJさんにもお宝となる画像ですネ。

>wakaさん
AV-8Bの初配備となったVMA-331は日本各地の航空祭などでも初披露されたようですね。
その中でも紹介の新田原基地航空祭での紹介のシーンは、最高の部類に入るショットが得られたようですね。
当時の新田原基地航空祭の駐車場も撮影には最高の場所だったのではないでしょうか。
私はそれを体験することなくその環境もなくなってしまったようですね。

>TAKADA TENNTEKIさん
紹介画像の選定、DOC.KさんNo13433紹介画像に対する捉え方、TAKADA TENNTEKIらしいと感じます。
いわゆるヒコーキ写真屋とヒコーキ模型屋(失礼な表現だったらゴメンナサイm(_ _)m)、
ヒコーキに対する捉え方、写真としての表現方法、コメント、等々異なる場合があると感じてます。
しかしこのような場では変化が富み両者両立てきるとも思ってます。
これで最後のコマとのこと、お疲れさまでした。ありがとうございます。
追伸.
ヒコーキに関する戸籍や履歴調べは慣れの問題です。私も皆さんも過去と今とでは大きく違います。
つまり、あまり気にされる必要はありません。

>飛行浪人さん
Part.10の朝の立ち上がりが遅かったので、皆さん毒蛇退治に行かれたなぁ〜と思ってました。
『チェッ、またWFだ(笑)』、『あまり嬉しくない再会でした。(苦笑)』、まあ認めましょう(笑)
しかし番号屋の私にとっては貴重だということもお忘れなく(笑)
1974年8月から始まったVMA-513は、1976年11月からは6機の分遣隊配備に変わりました。
その間の機体(Bu.No.)の動きは、一部の変更時期が不明でまだ100%完了してません。
紹介の158964も分遣隊配備に変わるタイミングでWF-13からWF-7に変更され帰国した後の姿です。
↑のコメントでお分かりのように、飛行浪人さんのコメント“158694”は間違い、正しくは“158964”です。
ご自身でPart.3 No.13440で、『迫力満点』とコメントされたのと同じ機体です。
ハリアーのBu.No.は似た番号が多いので要注意ですヨ(笑)

>Gulf4さん
899SQの50周年記念塗装、これも現在とは異なりシックなデザインでも決して地味ではない。
この時代の記念塗装の方が私は好きですねぇ〜。
現在の世界各国(日本を含む)の軍用機とは思えない様々な記念塗装は頭の中に受け入れがたいです。
しかし目の前に来れば夢中で撮影することは間違いないでしょう(笑)
ハンズさんがNo.13537で紹介されたうちの1機がZA175、青春時代に撮られた貴重なSea Harrier。
Gulf4さんが紹介されるZA175、ご本人にとって遭遇機会の少なかったSea Harrier。
現在Galler化では保存展示機を含めるSea Harrierが10コマ紹介されてます。
そのコマのうち、ZA175が並んで紹介されるのは限りなく確率の低いことではないでしょうか。
何とも不思議な縁を感じ、そしてとても面白いことだとも感じます。

>PAPPYさん
ケースバイケースの臨機応変な撮影ポイント選びも必要ではないかと思います。
特に先のレス(No.13591)でも書きましたが、晴れている時のR/W19離陸の午前側からの撮影は、
私の場合、ファイター系は何か特別な獲物でもない限り撮影に挑むプライオリティはかなり低いです。
しかしPAPPYさんのPart.9 No.13580も今回紹介も、よく撮れてますね。
逆にハリアーでこのように撮れたことが驚きでもあります。

>うみ太郎さん
何やら役得のエピソードですね。
おそらくうみ太郎さんも当初は置き姿でも撮れればいいかな、程度だったと思うのですが、
紹介のショット、そしてタキシーアウト姿まで撮れたとは羨ましい限りです。
米空軍基地は警備が厳しくヒコーキの写真撮影は、おそらく紹介のシーンでは本来無理かもしれませんね。
時効となればイイのですが・・・(笑)
この3機の塗装の違いは、Det.Hさんの疑問に対する私のレスでの説明の一例となります。

>D-menさん
良い離陸ショット、クリスマスイブ前日の撮影、マニアの皆さんへの一日早いクリスマスプレゼントですね。
163868/WL-57, 164117/WL-22のフライトは妙なSide No.の組み合わせで『???』と思われる方も多いでしょう。
翌2007年1月18日にVMA-311DETは次部隊VMA-214DETに任務を交代して帰国しましたので、
撮影の時期はSide No.をHMM-265/31MEUの50番台からVMA-311オリジナルに戻している過渡期ですネ。
紹介の164117も元はWL-58でした。これもDet.Hさんの疑問に対する私のレスでの説明の一例です。





Harrier Part.9 Name:Takafumi HIROE Date:2015/02/19(Thu) 06:36 No.13567   
折り返し点を過ぎてるので、遅まきながら(ポジ撮影)B型の話題に転じます。

厚木基地Wings1993(4月24日, 25日開催)の展示のために前日4月23日(金)に飛来したVMA-231のAV-8B。
飛来した2機は↓の163659/CG-14と162955/CG-11(A-330さん Part.8 No.13546紹介)。

(AV-8B 163659/CG-14, VMA-231、1993年4月23日、厚木基地R/W19着陸)

この日に展示のために飛来した数は多く、米軍だけでも簡単に列記すると・・・、
 VP-17 P-3C, VQ-1 EP-3E, VQ-5 ES-3A, VRC-50 C-2A
 VMAQ-2 EA-6B, VMFA(AW)-225 FA-18Dx2, VMA-231 AV-8Bx2
 ZZのF-15CとKC-135RとHH-60G
前日とこの日の夜等の飛来日時未確認は・・・
 米空軍のC-5B, C-9A, C-21A, C-141B, UH-1N, F-16C, A-10Ax2, E-3C, U-2R
 米陸軍のOV-1D, UH-60A, RC-12H
そしてこの日は空自・海自・陸自の外来機も多数飛来。
加えてデモフライトのプラクティスもこの日に行われてます。

これらの他に地元米軍(CVW-5, HSL-51, ベースフライト)と海自の全部隊も加わり地上展示されます。
記録ノートに記載されているのは、展示は米軍35機+自衛隊21機=計56機、デモフライトは日米20機越え。
こんなビッグイベントが厚木基地で開催されていたなんて今では信じられませんね。

Re: Harrier Part.9 Name:geta-o Date:2015/02/19(Thu) 07:50 No.13568
広江さん、皆さんおはようございます。
広江さん、私が確認できた木更津での展示ハリアーは以下です。
1979/10/14 VMA-513 AV-8A 159254/WF-02 159231/WF-05
1989/10/8 VMA-331 AV-8B 162731/VL-06 162080/VL-09
1992/10/11 VMA-223 AV-8B 162084/WP-00 162086/WP-01

すっかいうおりゃさん 私はBWのフィルムを長く使いましたがこの当時はパナトミックXです。

丘珠の展示もありますが今日は浜松
1995/12/3の航空祭に参加した機体のお帰りです。この年は南基地公開でした。
VMA-513のVA-8B 2機(WF-07,WF-24)が展示されましたがこの時期の日没は早くマニアはやきもきしながらタクシーアウトを待っていました。
写真は夕日を受けて南側の誘導路をタキシングする163668/WF-24


Re: Harrier Part.9 Name:T.H Date:2015/02/19(Thu) 08:22 No.13569
残り 最大10枚になり 日々の投稿状況を確認しつつ、今朝も 脇道をそ〜っと歩いて行きます(笑)

3度目のアメリカ行き2週間のツアー最後の訪問地だったモフェットフィールドの公開で展示された NASAの YAV-8B NASA #704です。
AV-8Aから改造されたMD Harrier II の源型機のようです。この時のモフェットにはNASAから他にも多くの機種が地上展示され、MV-22の源型 Bell XV-15A なども後方に写っています。
霧の街サンフランシスコに近いエリアゆえ、朝は霧が出ていて このような陰った時の撮影ですが、人が少ない時間帯でないと機体全体をクリアに撮れないのは昔も今も変わりません。昼前には急速に晴れて来るのですが、その頃はデモフライトに備えて同行の友人とロープ最前列で場所取り。そして展示機は人だかりで全景をクリアには撮れず・・・(苦笑)

> 広江 さん
残り少なく成って来たので、今後の方向性で どっちへ行こうかなぁ〜?と迷いが生じています。
1)USMCのマイナー 路線
2)投稿の少ない RAF / RN 路線
3)番号屋マスターが 喜びそうな 企画

ご希望があれば 誘導灯を灯してくださいマセ

NAS MOFFETT FEILD  16 AUG 1986   YAV-8B  N704NA  NASA ( Ex.158394/ AV-8A )


Re: Harrier Part.9 Name:A-330 Date:2015/02/19(Thu) 10:13 No.13570
広江さん、皆さんおはようございます。

>広江さん
No.13546で紹介した、CG-11のBu.Noは162955です。タイプミスでご迷惑をおかけし申し訳ありません、本文は訂正させていただきました。
ステップ出っ放しコメントについても、空と鉄とさんからご教示を賜り、私の勘違いと気付きお恥ずかしい限りです。
Wings'93では、海自救難隊エリアでご一緒だったようですね。でも小生はお茶をご馳走には…(笑)

>空と鉄とさん
ハリアーステップについて「キャノピー連動で出し入れしていた」と、ご自身が目撃された事柄と写真を併記されてのご教示をいただき有難うございます。
A-330がF-4BとRF-8Gで体験したステップに絡んだ体験からの思い込みでコメントしてしまいましたが、お陰様で勘違いに気が付くことができ感謝申し上げます。

今日から落穂ひろいショットでの参加ですが未出機なので。
AV-8B WF-08 162969 VMA-513 1991年頃横田


Re: Harrier Part.9 Name:Det.H Date:2015/02/19(Thu) 14:18 No.13571
広江さん 皆さん こんにちは

>広江さん
CF01、そうでしたね その前の赤があまりに印象が強烈だった為、うっかりトリコロールカラーになっているのを忘れていました 今年は出会えるかなあ?

昨年のYuma撮、春はToksans氏、秋はMIDWAY世代さんに先を越されていますが、めげずに行きます (^^;
MIDWAY世代さん#13565と同じ状況下です、カメラ時計を見ると約4分の間に4機、同じRWYに降りるのに立ち居地の左、右と来ますのでハリアーは上がりの方が撮り易いですね (笑)

>MIDWAY世代さん
日付が違っていますよ 一瞬別の日かと (笑)

AV-8B+(R) WE09/165582 (AV-8B 163519) VMA-214 Oct.16,2014 MCAS Yuma


Re: Harrier Part.9 Name:DOC.K Date:2015/02/19(Thu) 14:36 No.13572
>広江さん、VL−14やWFの2機にあんな運命が待っていたとは、詳しい解説ありがとうございました、皆さまの素晴らしい画像に驚嘆しています、今日は1992年7月26日の岩国チビヤンで展示されましたWP−16(163200)で傍らでパイロットと何やら話しこんでいる方は該当する人がいるかもです。

Re: Harrier Part.9 Name:Det.H Date:2015/02/19(Thu) 18:16 No.13573
広江さん 皆さん こんばんは
今GO! NAVY BBS1の表紙を開いたところ、なんと6000000 !!
広江さん 六百万達成 おめでとうございます!!

BBSUの話題ではないですが、おめでたい事なので貼らして頂きました


Re: Harrier Part.9 Name:空と鉄と Date:2015/02/19(Thu) 19:17 No.13574
広江さん、皆さん、こんばんは。
まだ出てきていないのでチョット毛並みの違う機体です。
1990〜91年の配備時に横田へ飛来したVMA-513機の中で1機だけ迷彩の色違い試験機と思われる機体が居ました。
当時の通常迷彩のダークグリーン部分をライトグレー化していて、全機これになれば幾らか撮りやすくなると喜びましたが、実際の新標準迷彩は皆さんご存知のものになりました。
確かこの後にVMA-231が湾岸地域へ岩国から派遣された時にこのようなグレー2色迷彩に塗り替えていたように記憶していますので間に合わせの仮採用だったのでしょうか?
写真は横田R/W36Dインターから離陸するVMA-513 AV-8B WF15/163677 1991年5月12日です。

>広江さん、No.13413のAV-8Cの日付はフィルム探し出し確認したら1984年12月10日となっていました。
No.13413の撮影日の修正をしました、お手数おかけしますがよろしくお願いします。


Re: Harrier Part.9 Name:Seagull Date:2015/02/19(Thu) 19:18 No.13575
広江さん 皆さん こんばんは。
オーバーヘッド・アプローチをもう1枚
2009年12月2日 9時14分に4機が離陸、その後16時25分に岩国基地上空に帰投したVMA-513のAV-8B+と+(R) WF00/164571+.02/165579+(R).03/165575+(R).05/165419+(R)濃いグレイ塗装

>広江さん
 02側の撮影ポイントは、滑走路からの距離、飛行高度などの関係から編隊飛行を撮るのに都合の良い位置でした。デジカメの成せる技もありますが・・・。現在でも私は、大型機を狙う場所としています。
#13555の2.3.4番機のパイロットはリーダー機を目視し、左腕、挙手によるブレイク・サインを待っている画像となっています。


Re: Harrier Part.9 Name:香港01 Date:2015/02/19(Thu) 19:32 No.13576
みなさんの素晴らしい写真の数々に怖気づいてきましたが・・・おもい切って投稿します。

MCASユマの2008年2月エアショウ―にて捕獲したものです。(AV8B+ WL01 #165591)
すべて文字が赤で書いてあるので!飛べるかどうか分かりませんが・・・派手でした
パイロットネームの所に(反対側です)“Sen・John Glenn”と書いてありました。
グレンは朝鮮戦争にはVMA311に所属していたみたいです! 


Re: Harrier Part.9 Name:CJ Date:2015/02/19(Thu) 19:33 No.13577
パソコンがお亡くなりになられたらしく出遅れました(汗
まだ出てない機体ということで、2006航空ページェントの展示機です。

AV-8B+ 165430/WL52 VMA-311 DET. (Sep.10, 2006 SAPPORO AIR SHOW)


Re: Harrier Part.9 Name:TCY Date:2015/02/19(Thu) 19:52 No.13578
 広江さん,皆さんこんばんは。
 この機種ならなんとか参加できそうなので,投稿させてください。
 Rwy02で着陸後,B-4を転がったハリアーと直後に降りたANAの737が重なりました。UDPならではの光景と一人ニヤニヤしてます笑
 2014/07/30 MCAS Iwakuni AV-8B+ 166288/WH-55 VMA-542det


Re: Harrier Part.9 Name:飛行浪人 Date:2015/02/19(Thu) 20:12 No.13579
>広江さん、皆さんこんばんは。
今日は天気予報が良い方に外れたので、急遽毒蛇退治に出かけました。が海上の天気が宜しくなかったのか、
蛇退治のハンターが多いのに恐れをなしたのか巣から出てきませんでした。(涙)
さてハリアーはパート8の続きで嘉手納1978年7月5日、WF01/158705です。


Re: Harrier Part.9 Name:PAPPY Date:2015/02/19(Thu) 20:41 No.13580
広江さん、皆さんこんばんは。
2012年10月20日厚木R/W19上がりで初めての”ローリングGo"の洗礼を受けた時のもので、深追いしてしまったリーダー機の AV-8B+ VMA-542DET. WH-08 165001です。


Re: Harrier Part.9 Name:toksans Date:2015/02/19(Thu) 20:44 No.13581
皆さん今晩は、

2010年9月10日、エルセントロでのVMA-311のAV-8B WL06 164553。AN/AAQ-28装備です。

>Det.Hさん
この時も一緒でしたよね?


Re: Harrier Part.9 Name:N.SUZUKI Date:2015/02/19(Thu) 20:58 No.13582
広江さん 皆さんこんばんは。
AV-8A 158964 WF13で、1975年11月 築城航空祭でのデモフライトです。
No.13440で飛行浪人さんが、言っているように、このときのデモフライトが過去見たうちで、もっとも近く迫力満点でした。


Re: Harrier Part.9 Name:TAKADA TENNTEKI Date:2015/02/19(Thu) 21:02 No.13583
 広江さん、皆様こんばんは。今日は2007年7月ヘンドンのRAF Museumです。明るいモダンな新館に展示されている GR.3 XZ997 No.4 Sqn. です。N013430で怪鳥さんが紹介されてますが、当時は暗い本館(WWT当時の格納庫)だったと思います。

Re: Harrier Part.9 Name:TROUT Date:2015/02/19(Thu) 21:09 No.13584
広江さん、皆さんこんばんは。広江さんも尖ったハリアーからB型に乗り換えましたが、飛行浪人さんN.SUZUKIさんに続いて私も尖ったハリアーで、AV-8C WF52 BuNo.158701 84年11月30日厚木です。この時は横田にもNKC-135が来てて、厚木と横田も賑わった演習でしたね。C型とは聞いてましたが、今回の皆さんの紹介と解説で改めて違いを知りました!

Re: Harrier Part.9 Name:Gulf4 Date:2015/02/19(Thu) 21:24 No.13585
また海兵隊に戻ります。1993年1月17日、横田基地で撮ったVMA-231のAV-8B(163177/CG-12)です。
No.13556で空と鉄さんが紹介したのと同じ機体ですが、所属部隊が違っています。
途中経過で広江さんが加えたコメントを見ると事故で失われた機体でした。
そして奇しくもNo.13560で私が紹介したイギリス空軍のZD462も事故で失われているのですね。
改めてBBSUのために調べると、様々なことが分かりるのも面白いです。


Re: Harrier Part.9 Name:うみ太郎 Date:2015/02/19(Thu) 22:46 No.13586
BuNoの穴埋めで前回の画像と同じ時に撮影したVMA-211です。
尾翼の斜めのラインが入っていないと、間が抜けた感じになってしまいます。
1996年8月14日 AV-8B CF-20 VMA-211 162959 ネリス基地


Re: Harrier Part.9 Name:すっかいうおりゃ Date:2015/02/19(Thu) 23:37 No.13587
広江さん 皆さんこんばんは!
写真は、嘉手納R/W05 Right ローリング×2=Goで 後から離陸したWH-00がランウェイ上で先行して離陸したWH-?を追い抜いて行った時のものです。少なくともランウェイ上は、追い抜き禁止?じゃないですかね・・(笑)
嘉手納AB 2010/8/25 VMA-542 WH-00 Bu,No、165307.WH-? Bu,No,166288(Modex= WH-06?)


広江さん>こちらにデータがないため 調べてお答えできないのですが 当時広江さんのメモの状況通りでしたので 日付は私の記載間違えと思います。84年に訂正ありがとうございます。

香港01さん>ご無沙汰しています。お元気そうで何よりです。この赤いWL塗装初めて見ました。貴重ですね!


Re: Harrier Part.9 Name:michi Date:2015/02/20(Fri) 00:39 No.13588
遅ればせながら参加させていただきます。
たしかまだ出ていなかったWINGS95の参加機から
ET-53 164119 小写真は僚機のET-52 163883の尾翼です。
レターのみのほぼノーマークですが船の名前が書いてあって嬉しかった思い出があります。



Re: Harrier Part.9 Name:怪鳥 Date:2015/02/20(Fri) 01:05 No.13589
広江さん、600万ヒットお目出とうございます。記念すべき600万切り番GETのDet.Hさんお目出とうございます。(このところ老眼が進んで下一桁の0が8に見えたもんで・・・失礼しました)

No.13394 PAPPYさんと同じ、1976年10月の入間国際航空ショーでのデモフライト、VMA-513のBuNo.158966, WF-11です。この年はF-14とF-15のバトルしか記憶に残ってませんけれど、ハリアーも一応撮っていました、ピンボケですが色付ということでご勘弁を。

TKADA TENTEKIさん>No.13533/13557のZG480/70は2007年7月撮影とのことなので、この時点ではGR.9になっています。また、所属もNo.4 Sqnではなく海軍のNSW (Naval Strike Wing)です。
ちょっと細かくなりますが、この機体はGR.7として生産され、当初RAFのNo.4 Sqnに配属されましたがF/A.2の退役に伴い海軍のNo.800 Sqnに移管されました。その後2006年8月にGR.9に改造され、2007年3月にはNo.800 SqnはNo.801 Sqnと統合されNSWとなっています。
尚、マークナンバーの後ろのAはペガサス107を装備した機体を示す記号ですが、ZG480がペガサス107に換装した記録は見つかりませんでした。


Re: Harrier Part.9 Name:MIDWAY世代 Date:2015/02/20(Fri) 01:46 No.13590
広江さん、皆さん、こんばんは。 今日はミラマーのエアショーの駐機場に置かれていた
AV-8B 165585 (WL-0 ??)です。 ラダーには"TOMCATS" と手書きで書かれています。もう少し上手に書けないかなー?? って言うぐらい下手な字でした。
撮影日は2014年10月5日です。

Det-Hさん:失礼しました、No.13565 の撮影日はご指摘の通り 14.10.16で正しいです。


Re: Harrier Part.9 Name:Takafumi HIROE Date:2015/02/20(Fri) 06:39 No.13591
>geta-oさん
木更津駐屯地の公開で展示されたハリアーの補足ありがとうございます。
もう1回あるらしいのですが私は全てを知らないので定かではありません。
紹介の展示を終えて帰投に向けてのタキシングシーンは浜松南基地らしいショットですね。
12月ですから日没時間との競争、皆さんヤキモキしたことと思います。
良いショットで記録できて良かったですネ。

>T.Hさん
撮影の1986年当時のNAS Moffett Fieldには、まだP-3部隊のホームベースだったと思うのですが、
画像とコメントからはその気配はなく、Edwards AFBの雰囲気さえ感じます(笑)
YAV-8BはAV-8Aから2機改造され、1号機は紹介の158394、2号機は158395ですが、
2号機の158395は1979年2月19日に初飛行し、エンジントラブルで1979年11月15日に墜落してますので
1986年では唯一見る(撮る)ことのできた機体なので貴重、Gallery化も変化に富みます。
機首周りとキャノピーはA型のままなので主翼のOutrigger Gearの格納部しか識別点はないですね。
今後の方向性ですが、私個人の希望は2)、1)、3)の順です。
しかしこれはあくまでも私の希望なので、最終的にはT.Hさんの決断に委ねます。

>A-330さん
いや、イイのですヨ。私なんて勘違い等々による新発見が数知れず(笑)
ハリアーのステップの件も、私はつい数年前に指摘を受けて知ったぐらいですから(笑)
紹介画像は横田基地R/W18への着陸シーンですよね。
低いアプローチ、太陽光の当たり具合、綺麗な機体、シンプルなマーク、この組み合わせ最高です!。

>Det.Hさん
トリコロールカラーのCF-01、思い出しましたネ(笑)。意外性があって私は好きです。
MIDWAY世代さんNo.13565紹介と同じWE-09の撮影は二日違いなのですね。
まるで厚木基地などのエンドでの撮影リポートのような印象です。時代は変わりましたね(笑)
4分間の4機に右往左往させられましたか。
状況はよ〜く分りました!。結論!、ハリアーは上がりも降りも撮り難い!(笑)

>DOC.Kさん
残念ながら私ではありません(笑)
この1992年5月〜1992年11月に岩国基地にUDP配備されたVMA-223のAV-8B(NA)は、
DOC.Kさんも含め皆さんから現在7コマが紹介されてますが私との遭遇チャンスは恵まれてませんでした。
唯一、横田基地の公開でWP-14とWP-15が展示され撮影しましたが紹介には至らずお蔵入りです。
気にしてみると、個人個人で部隊との相性は意外にあるものです。

>6000000ゲットのDet.Hさん
私も気にはなってたのですヨ。おめでとうございます。
大盛況のハリアーの話題に華を添えていただけました。これは記念品を贈呈せねばなりませんネ(笑)
皆様のおかげでここまで来れました。ありがとうございます。

>空と鉄とさん
コメントで毛並みの違いを説明されましたが、一瞬、理解できませんでした。
通常の迷彩パターンと見比べてみたら、反転しているような印象でしょうか。
確かにダークグリーンが無くなれば撮影側にはありがたいことですね。
米海軍機のロービジ(グレー3色)、米海兵隊機の迷彩、米空軍機のヨーロピアン・ワン迷彩、
これら写真が撮り難い時期を通り越した今は、だいぶ撮り易くなったと言えますね。

>Seagullさん
岩国基地南側R/W02エンドの撮影ポイントには私は行ったことがありませんが、その遠さは聞いてます。
銀塩時代には考えられなかった撮影がデジ化と共に可能となったのは嬉しいことですネ。
オーバーヘッドを横から見たことはありませんが、セクション離陸のパイロットの様子に似てますね。
2機のパイロットの様子をアップで切り取れると面白い絵となりそうです。

>香港01さん
撮影は2008年2月23日ですよね?。
その時の展示機のリストを見るとAV-8B 165591/WL-01が確かに記載されてます。
胴体の塗装の色があまりにも綺麗すぎて保存展示機のようにも見えますが、一応、現役機のようです。
しかし、どうもオモチャ的に見えて仕方ありませんネ。

>CJさん
PCが不調とは災難でしたね。
丘珠の航空ページェントに米海軍機/海兵隊機が展示あるいはフライパスなどで参加することは有名ですが、
具体的な状況はその場に居合わせてないので整理もできず、実際には分らないことだらけです。
その中で少なくともハリアーの状況をコメントいただけると幸いです。

>TCYさん
私が岩国に最後に行ったのは2002年だったかな???。既に13年も前のことです。
この13年の間に岩国基地の環境は大きく変わったようですね。
まだ実際に自分の目で見てないので、その変わり具合が実感できません。紹介のシーンも、その一つです。
ですので、いつか見に行かねばなりませんネ(笑)

>飛行浪人さん
1978年のVMA-513DETの配備機の番号(Bu.Bo.)は私のリスト上は不明だらけでした。
しかし今回の話題が始まり判明した機体が4機にまで増えました。
あと1機〜2機かな、とおもいきや紹介の158705/WF-01で判明機が再び5機にまで増えました。あと少しです(笑)
現在判明しているのは紹介も含め、#01, #03, #04, #05, #07。
これ以外の機首番号とBu.No.をご存知でしたら教えて下さい。

>PAPPYさん
R/W19離陸を午前中側で撮るのは、厚木で離陸を撮る4パターンの中で一番難しい条件下になります。
ですので、紹介のような曇り空の時は私は時間に関係なく迷わず午後側から撮ります。
紹介の日(2012年10月20日)は離陸撮影のチャンスは午前11時頃と午後14時頃の2回でした。
結局、私は上の理由で2回とも機影は右向き、すなわち午後側からの撮影でしたが、
曇り空という難点を除き、なかなか良い結果が得られました。

>toksansさん
お出かけ先からの投稿ありがとうございます。
Bu.No.順に整理しているGallery化のAV-8B+の紹介は、164545から連続でtoksansさんから紹介されてます。
偶然とはいえ、何故このような偏りとなるのか不思議です。

>N.SUZUKIさん
1978年の築城基地航空祭でのハリアーのデモは、コメントされている近さもさることながら、
タキシーウェイからそのまま離陸したというのが何よりの驚きです。
追伸.
前スレでもお願いしましたが、このところタイプミスが多すぎます。
英国レジは不得手ですが、Bu.No.ならタイプミスでも見分けられますが(笑)
何事も慎重に行動されて下さい。お気をつけた方がよろしいかとm(_ _)m

>TAKADA TENNTEKIさん
怪鳥さんがNo.13430で紹介されているショットは暗〜〜〜い雰囲気の中での展示のように感じます。
その点、今回の新館での展示は確かに明るい雰囲気を感じます。
床に置かれてるのは搭載エンジンでしょうか・・。
説明板が見当たりませんが、下に写っているTVモニターで確認するのかな。
と、色々興味&疑問が生じてしまいます(笑)

>TROUTさん
上(No.13574)で空と鉄とさんがAV-8Cの撮影日の特定がされたとコメントされてます。
そしてTROUTさんも日付が確定してます。
これでAV-8Cの厚木飛来の年月がほぼ確定できたといっても過言ではないようです。
AV-8AとAV-8Cの外見上の相違点は、何といっても機首と垂直尾翼の編隊灯の有無ですネ。
そういえば、横田のNKC-135目当てか厚木のAV-8C目当てかで悩む方が多かったような・・・。

>Gulf4さん
No.13556で空と鉄さんが紹介したVMA-223は運用するAV-8B 全て20機をVMA-231に引渡し人員のみ帰国。
VMA-231は人員のみが岩国に到着し、VMA-223のAV-8B 20機を受領してます。
そして半年後に展開を終えたVMA-231は、20機のAV-8BをTrans-Pacで帰国、
その後、紹介の163177/CG-12が墜落しました。
リンクされているASNのページで“VMA-223”の記述がありますが、それはおそらく間違いです。
紹介の機体が帰国して墜落したと思われますが、情報が多くて正誤の判断が難しいです。
ちなみにPart.9ですからGulf4さんは9コマ紹介されてますが、うち3機は墜落してます。
それが偶然なのか?、ハリアーの事故の多さなのか?・・・。

>うみ太郎さん
ハリアーの部隊は国内外でも同じなので、紹介されたCF-20を日本のUDPローテーションで探そうとして、
よくコメントを見たらネリスでの撮影と気づきました(笑)。ちょいと頭の中が疲れてきてます(笑)。
ネリスで離陸が撮影できる環境&機材が私には全く分りませんが、
普通、つまり高くはない離陸のアングルで撮れるのですネ。
ちょっと疲れてきたのでお願いがあります。
『前回の画像と同じ時』と言われても、投稿される画像が多いので私の頭の中で瞬時に答えが出ません。
おそらくご覧の皆さんも、その場に見に行かないと話しの流れが結びつかないと思います。
このようなお一人お一人の些細なことでも積み重なると私には結構な負担となります。
ですので記事番号等、ある程度は話しの流れが分るように具体的にコメントして下さい。

>すっかいうおりゃさん
先行の機体がパワーを落としてるのか、後続の機体がパワーを上げてるのか分りませんが、
これと似たような状況は厚木でも見たことがあります。このような時は2機の姿勢が異なりますよね。
追い抜き?追い越し?確かに禁止でしょう(笑)
とても興味深いシーンを捉えた貴重な画像ですネ。
2機はMEU用に機首番号(Side No.)を書き換えている過渡期なので混乱しますが、
本来は、リーダーが166288/WH-52、ウイングマンが165307/WH-50となります。

>michiさん
私はWings1995に行ったのか行かなかったのか・・・その記憶すら定かではありません(笑)
しかし一時期の搭載艦名を書いた姿は撮ってます。
如何にロービジとはいえ、書くべきものは紹介のようにしっかりと書いてほしいものです。
と、レスしながら念のために色々と調べてみたら、私が撮ってるのが納得できました。
紹介はWings1995ではなくWings1994です。撮影日は4月23日(土)か4月24日(日)のどちらかでしょう。
VMFA-122のFA-18A 4機やVMAQ-4のEA-6Bが何処かに写っているはずです。
今後のためにも、画像?(データ?)にWings1994と記録しておいて下さい。
ちなみに、部隊はVMA-513 DETです。

>怪鳥さん
ありがとうございます。上でDet.Hさんさんがコメントと共に画像を紹介してますが・・・(^_^;
皆さんの投稿を見ずにトップのレスボタンを押され、かつ、投稿後もご覧になってないようで・・・(^_^;
デモフライトを毎日行わなかったかもしれない紹介のハリアーのデモフライト。
おかげで、私はその姿を見てません(笑)
TAKADA TENNTEKIさんNo.13533とNo.13557で紹介されているZG480/70の件、私にも大いに影響ありです。
コメントからすると、Gallery化では“United Kingdomyal (Royal Navy)”に移動すべきなのですね?。
とりあえず、RNからRAFに移動しますが、そのあたり、的確に指摘下さい。
追伸.
“0”と“8”の見間違いでしたネ。上の私のレス文、大変に失礼いたしましたm(_ _)m 

>MIDWAY世代さん
『 (WL-0 ??)』と書かれてるので確認しようと、「AV-8B 165585」で検索したらトップで画像が見つかります。
そしてその展示されている姿は、少なくとも左側はVMA-311と分る文字類は一切ありません。
まあラダーに手書きの“TOMCATS”ぐらいでしょうか。
検索の二番目にはエアショー前の2014年8月撮影の姿も見つかりますが、確かにVMA-311のWL-04でした。
このことをふまえたうえでのGallery化になりますが、これは検索すればすく分ったことでした。
この検索は私のために、というより疑問を持つMIDWAY世代さんご自身のために検索が必要なことと思うのですが。
この結果はGallery化で確認して下さい。
それからDet-Hさんへの日付のコメントですが、それは私も関係してますよね。
No.13565の日付を訂正しました。
それと、該当記事を見て分る(完結)するよう今までの記事の追記訂正もお願いします。





Harrier Part.8 Name:Takafumi HIROE Date:2015/02/18(Wed) 08:45 No.13543   
Part.7はイレギュラー、再びA型に戻ります(笑)

1976年11月からのAV-8Aの分遣隊は「WF」⇒「WH」⇒「CG」の順でローテーションしてましたが、
最後はイラギュラーとなり「WF」の代わりに「WH」の展開となり、
その「WH」が1981年8月(?)に帰国したことにより、日本でAV-8Aを二度と見る事はできませんでした。
イレギュラーな展開のためNo.13495紹介に続き翌1981年の岩国基地三軍記念日も「WH」となりました。
ポジを探していて気づいた不思議・・・。
1980年も1981年もデモフライトシーン(飛ぶ姿)がファイリングされてません。
ひょっとしてポジ箱で眠らざるおえないような結果だったのだろうか・・・(^_^;

(AV-8A 158696/WH-03, VMA-542 DET.B、1981年5月5日、岩国基地三軍記念日)

Re: Harrier Part.8 Name:飛行浪人 Date:2015/02/18(Wed) 10:12 No.13545
>広江さん、皆さんこんにちは。
今日は朝から雨で久しぶりの休日です。
私は未だ1970年代から抜け出せません、1978年7月5日、当時みなさんがよく屯していたNAVY
ゲート前から撮影したWF05/158389です。尾翼にマークが入ってますが不明です。
当時ランウエイ23でもハリアーはエンド迄出てくる事はなかったと思います。エプロンを見ていて出てきそうな時はサンパウロの丘からNAVY ゲートまで駆けつけたように記憶しています。
この時もインターセクションからの上がりでした。


Re: Harrier Part.8 Name:A-330 Date:2015/02/18(Wed) 10:18 No.13546
広江さん、皆さんおはようございます。

>広江さん
スレッド紹介の嘉手納WH-3は昇降ステップが出っぱなしですね。
はるか昔に誘導路エンドで体験した出来事を思い出して、つい駆け寄って教えたい衝動に駆られましたがフェンスの外側からでは無理ですね(笑)。
厚木Wings'91/No.13523画像ですが、私の記憶違いでなければ5月17日(金曜日)の午後だったと思います。
明日からの展示準備に追われるエプロンにお邪魔させていただいての撮影でした。
18,19日の一般の方が入場される時間帯は、R/Wを挟んで反対側の海自救難ヘリエプロン地区にたむろしていましたが、VMA-513のもう1機、WF-02がデモフライトを行なったシーンを撮影した記憶が全くありません(大汗)
離陸した翌5月20日(月)は勤務で厚木へは行けず悔しい思いをしたことだけは不思議に覚えています(笑)。

今日もWingsでの公開準備中続編で、Wings'93の撮影です。
この角度からローアングルを狙うと機首部分が主翼に隠れてしまい、絵にならないので仕方なくこの構図となりました(笑).
公開翌日には展示機の離陸を撮影出来たものの、ハリアーとU-2等をフィルムに収めることは叶いませんでした。

AV-8B CG-11 162955 VMA-231 1993年4月23日厚木

追記です(2/19.10:00)
ハリアーステップは、キャノピーと連動して自動的に出し入れできる構造になっていると「空と鉄と」さんからご教示いただきました。「空と鉄と」さん有難うございました。


Re: Harrier Part.8 Name:エイブルドッグ Date:2015/02/18(Wed) 10:20 No.13547
広江さん、皆さん、おはようございます。

1989年8月19日、横田の公開に初展示されたVLのAV-8B 04/162075です。その後VLに厚木で当たったことはなく、また早々に解散してしまったため、私にとってはこれが最初で最後のVMA-331のハリアーとなりました。

>Gulf4さん
WHの機首の文字は漢字か梵字かの違いはあっても、意味はnaminamiさんがパイロットから聞かれた「虎」でいいと思いますのでご安眠下さい(笑)

>naminamiさん
いえ、naminamiさんの聞き違いではなく、アメリカ人は漢字と梵字の違いなんてわかりませんからチャイニーズ・キャラクターと言っただけで、意味は「虎」で正解だと思いますよ。


Re: Harrier Part.8 Name:T.H Date:2015/02/18(Wed) 11:00 No.13548
昨日紹介したものの翌日は、当時のRAF Harrier GR.3、GR.5、T.4のホームベースだった RAF Witteringへ撮影に出かけました。

写真でお判りのようにイギリスにしてはとてもラッキーなスッキリした晴れで、暗い迷彩塗装のハリアーもkodachromeで奇麗に残す事が出来ました。すき間産業を自認する私は今日もマイナーな機種をチョイス(笑)

No. 233 OCU ( Operational Conversion Unit ) に配備されていた Harrier T.4。ハリアー第一世代 単座のGR.3 に準ずる複座トレーナー型で 機首にはLRMTS=レーザーノーズ、テイル部も前重の重心調整で延長されていて、前後合わせて3m以上全長が延びている。小ぶりなハリアーを撮影する側からは、3m大きいのは有り難いですね。

当時のポジを色々見返して気付いたのですが、英空海軍のハリアーは編隊離陸時 USMCのハリアーとは異なり、通常の飛行機と同じような間隔で同時滑走して離陸しているようです。IATに参加して帰投する際のハリアーも2機〜3機編隊で普通に離陸しているシーンが多々写っていました。
ウイッタリングで訓練中の GR.3、T.4も2機編隊で普通に同時滑走離陸する姿が 複数写っています。

RAF WITTERING  13 JUN 1988  Harrier T.4 XW269 "X" 233 OCU / RAF 


Re: Harrier Part.8 Name:すっかいうおりゃ Date:2015/02/18(Wed) 14:03 No.13549
広江さん 皆さんこんにちは!
某国 全国的に今日から休みです。これまで白黒の色気なし写真が多かったので 私のKR-64(リバーサルフィルム)時代を飛び越してデジタル時代の写真を一枚。2007年12月那覇の公開にあわせ嘉手納を訪れるギャラリーの多い時期です。私も最後のコダックKR-64を持って那覇・嘉手納へ この年がKR-64国内最後の年になったはずです。フィルムを消化し予備で持っていったデジカメが主力になりましたが この時、滞在最終日に それまで撮れなかったWE-01が飛行。あわせてデジタル迷彩のVW-00もこの時飛んでいましたが なんと2機のお帰りが重なってしまいました。
 WE-01がゆっくり05-Rightに周り込んできます。同時に上空をオーバーヘッドしたVW-の4機が ランウェイの左右に振り分けて降りようとしています。なんと VW-00は、05-Leftに向かっているではないですか、WE-01は、「そんなにうまい汁は吸わせないよ・・」と言わんばかりにゆっくりとしたアプローチ、何とか猛ダッシュでVW-00も撮れましたが あの道を学生時代に戻ったように走ってしまいました。Geta-Oさんもいらして 確かダッシュされていたと思います(笑)。2007/12/10 VMA-214 WE-01 Bu,No,165398

広江さん>ご指摘のとおりVMA-231 Det-Bだと思います。

Geta-oさん>↓木更津のハリアー フィルムは何をお使いだったにのですか、テクニカル-Pですか。粒子が細かいですね。NO,13519の木更津ハリアーもそうですが 1979年ですから・・もしかして6×7ですか?素晴らしい!


Re: Harrier Part.8 Name:geta-o Date:2015/02/18(Wed) 14:22 No.13550
広江さん、皆さんこんにちは。
寒いですね。それに天気が悪い。厚木がにぎやかなようですが家でブラブラしています。
今日は昨日に続いて木更津のハリアー。今日は1989/10/8の航空祭に展示のため飛来しランプインするVMA-331のAV-8B(162080/VL-09)
ハリアーが木更津航空祭に参加した回数はわかりませんがこのほかに私が見たのはPart4の#13454ですっかいうおりゃさんがUPした1992年のWPが最後でした


Re: Harrier Part.8 Name:Det.H Date:2015/02/18(Wed) 14:37 No.13551
広江さん 皆さん こんにちは

きょうからデジ移行以降の画像で行こうと思います 遺功を立てた威光有るVMA-211 CF です(笑) 昨年初めて訪れたユマでの撮影です この部隊のニックネームですが今は単に垂直尾翼先端に小さく書かれている“Avengers”だけなのでしょうか? それともやはり正式には “Wake Island Avengers”なのかな? A-4時代は多分海兵隊スカイホークでは一番馴染みがあった部隊でした 残念なのはA-4時代には描かれていたInsigniaやライオン?が無くなって、旧米軍ラウンデルに変わってしまった事ですね 01隊長機は今でも赤尾翼なのでしょうか 一度拝んで見たいですね

AV-8B+(R) CF00/165583 (AV-8B 163690) VMA-211 Apr.18,2014 MCAS Yuma


Re: Harrier Part.8 Name:DOC.K Date:2015/02/18(Wed) 16:27 No.13552
>広江さん、お一人お一人にレスは大変でしょうけど楽しみにしていますこれからも宜しくです、1993年11月28日に新田原航空祭に参加したもう1機のWF−27(163681)でこちらには尾翼にマーク入りです。

Re: Harrier Part.8 Name:toksans Date:2015/02/18(Wed) 17:26 No.13553
広江さん、皆さんおはようございます、

昨年のユマ航空ショウでのAV-8B VMA-211 CF55 164134です。この日はガスト20の強風が吹いていましたが、AV-8な難なく垂直着陸を実施、F-35の方は垂直着陸の演技を急きょ中止しました。初期作戦能力取得前で無理をしたくなかったのでしょうね。
P.S.今グアムです。CN参加のVAQはVAQ-135でした。


Re: Harrier Part.8 Name:N.SUZUKI Date:2015/02/18(Wed) 17:47 No.13554
広江さん 皆さんこんばんは。
RAF Harrier GR.7 ZD354 2000年6月初め ロンドン郊外のBiggin Hillです。
 No.13509で紹介した Sea Harrier ZH800と同じ時に撮ったもので、飛行場はBiggin Hillであったと分かりました。
Biggin Hillは、ロンドン郊外の戦時中に首都防衛の拠点となっていた飛行場で、2000年はBattle of Britain 60周年記念行事で、エアショーが盛大に行われました。
 今年は6月13日の予定で75周年記念のエアショーを予定しているようなので、イギリスへ行かれる方には、ぜひお勧めします。大戦機(第一次及び第二次)ファンには、ブレリオからスピットまで多彩ですが、現用ジェットも出ます(2000.年にはレッドアロー、トーネド等で、ベルギーのF-16はリモートでした)。
この後、次の週末ごろにダックスフォート、その後ファーンボロとエアショーが続きますので、行きにくい時期ですが是非お勧めします。


Re: Harrier Part.8 Name:Seagull Date:2015/02/18(Wed) 18:46 No.13555
広江さん 皆さんこんばんは。
2007年3月12日 エシュロン隊形で岩国上空を通過するVMA-214のAV-8B+(R)×4(01/165398.05/165380.06/165592.07/165422)
4機の離陸を確認して、R/W02側に移動、お帰りを撮るものです。4機編隊になって帰るかは、「賭け」となります。

>広江さん
 前回、文章は削除しました。失礼しました。
 No13543、私もほぼ同じ画像を撮っています、5m以内に居たと思います。
「過激画像(ニアミス・爆装)を封印します」


Re: Harrier Part.8 Name:空と鉄と Date:2015/02/18(Wed) 19:32 No.13556
広江さん、皆さん、こんばんは。
1992年6月5日、珍しく2機揃って横田のR/W18はA(1992年当時)インターセクションから離陸したVMA-223のAV-8B WP12/163177とWP04/162729で、ホールドライン手前でなにやら打ち合わせ中です。

>A330さん、インテイク下のステップですがあれはA型時代からキャノピー連動で出し入れしていたと記憶していますがどうでしょうか?
何年の公開かは忘れてしまいましたが、B型は見学に来た自衛隊の方に見せるためキャノピーロック解除するとステップが少しぴょこっと飛び出し、パイロット氏が引っ張るとキャノピーもガラガラと開くのを横田の公開で目撃しました。
ですのでタキシング中でもキャノピー開=ステップ出だと自分は信じています。


Re: Harrier Part.8 Name:TAKADA TENNTEKI Date:2015/02/18(Wed) 20:02 No.13557
 広江さん、皆様こんばんは。昨日の機種名は GR.9 の間違いでしたので訂正しておきました。
今日も2007年7月RIATで展示された GR.9 ZG480/70 の右側です。所属はNSWでした。本機のFly inとoutの飛行が私の見た唯一のハリアーの飛行でしたが、ディスプレイではなかったのでごく愛想のないものでした。
それから P.1127 もOKでしょうか?


Re: Harrier Part.8 Name:waka Date:2015/02/18(Wed) 21:04 No.13558
広江さん、皆さんこんばんは。
今日は、航空自衛隊小松基地航空祭の展示に飛来したAV-8Bです。
1990年の小松基地航空祭は何かの記念で9月22日(土)、23(日)と2日間の開催でした。
22日(土)の基地の開門でもらったパンフレットには、「米軍 A-6 F-16 FA-18」となっていましたが、航空自衛隊の飛行が始まってから、米軍の展示機が続々と到着しました。その中身は、FA-18 2機、F-16 1機、A-6 2機、EA-6 1機、AV-8 2機でした。
米軍の展示エリアは大混雑になり、後からきた機体は、絶好の撮影ポイントでそのまま待たされたりで、マニアは驚喜しました。
写真は、最後に着陸したAV-8B 152962 CG-07 VMA-231 1990年9月22日の撮影です。
キャノピーを開けて、どこへ行けばいいのかと戸惑っているパイロットの表情が見て取れます。
結局、機体を前後や斜めに並べて展示されましたが、最近の航空祭では、米軍機の参加も少なくなり寂しいものです。


Re: Harrier Part.8 Name:PAPPY Date:2015/02/18(Wed) 21:08 No.13559
広江さん、皆さんこんばんは。
皆さんの素晴らしい画像に怖気づいてきましたが、めげずに昨日の続きの2012年6月17日の厚木からです。
WH-01はインターセクションからでしたがWH-06はランウエイバックで01エンドまで来ましたが曇りのせいか陽炎は少な目でなんとか助かりました。 AV-8B+ VMA-542DET. WH-06 165381 です。


Re: Harrier Part.8 Name:Gulf4 Date:2015/02/18(Wed) 21:13 No.13560
今日は少しばかり路線を変更して、イギリス空軍(RAF)の機体をデジタル化してみました。
1993年7月17日、RNAS Yeoviltonで撮ったNo.1Sq所属のHarrier GR.7(ZD462)ですが、すでに紹介された機体とは
迷彩の色が違いますね。 この塗装が1990年代には標準塗装だったと思います。

>エイブルドッグさん、「虎」と分かり、疑問も解消しました。ナイトアタックで「夜」とばかり思っていました。


Re: Harrier Part.8 Name:TROUT Date:2015/02/18(Wed) 22:02 No.13561
広江さん、皆さんこんばんは。私ももう少しA型で。B型ではよく見かける翼下にでかい増槽、引きずるようにタキシングする姿はカッコ良いですね!A型でもでかいのをぶら下げてるのを見かけたはずですが、あまり出てきません。やっと見つけ出しましたがBuNo.が増えませんm(__)m 75年6月頃横田RW36に着陸するWF9 158970です。B型と比べるとパイロン形状が違いますね。>広江さん、以前紹介のGALを手前に写したのは、C-5 GAL・・・です(^_^)

Re: Harrier Part.8 Name:うみ太郎 Date:2015/02/18(Wed) 22:43 No.13562
広江さん、皆さんこんばんは。
今回もVMA-311繋がり自分が撮影した中で一番珍しいと思うのがこの機体です。ネリス基地のエアウォーリア演習にVMA-211が参加していたのですが、その中に1機混じっていました。VMA-311と思い撮影したのですがレターが何か変?フィルム時代なので撮影してる時に画像の確認が出来ないので現像して初めてYQと判りました。
今の様にネットで調べる事も出来ないのでこんなレターがあるんだと喜んだ次第です。今回のハリアー画像の発掘でやっと日の目を見ました(笑)

1996年8月14日 AV-8B YQ-24 HMM268 163675


Re: Harrier Part.8 Name:You2 Date:2015/02/18(Wed) 23:57 No.13563
広江さん、みなさんこんばんは。

>広江さん
 青春18きっぷはご無沙汰です。最近は車で神戸⇔関東を行き来しております。
 Part7での紹介は、R/W02 T&Gです。

今日の紹介はVMA-214 WE04/165560です。
12月4日から会社のご褒美旅行で同僚と沖縄へ行っていました。
当然、嘉手納は自分の中のプランに入っており、事前の調査で「即応訓練?」と
当たっていてナントモラッキーな展開。
しかし、現実は厳しく2日間は同僚と観光に費やし3日目の朝、とうとう一人行動
那覇のホテルを抜け出しバスで嘉手納へ短時間勝負!

すると、バスが降りのポイントに近づくと、ハリアーが降りてくるのがみえてしまいました...
慌ててバス停からダッシュすると、神様は見捨てていませんでしたヨ。
T&Gを繰り返すハリアーに遭遇し、なんとかGETできました。
しかしながら、初めての嘉手納でR/Lとどっちに降りるかわからず
右往左往した記憶があります。

本機は4本タンクで、この前にも後にも撮った事はありません。


2007年12月7日の撮影 嘉手納 R/W05L AV-8B+ WE/165560


Re: Harrier Part.8 Name:ハンズ Date:2015/02/19(Thu) 00:25 No.13564
連日お邪魔します☆
今夜のセレクトはうみ太郎さんとPAPPYさんが紹介された97年のWL-52、その数ヵ月後にETレターになって厚木に再来したET-52です。むむむ、尾翼のマーキングが変わってる!と当時嬉しかった一枚です。


>広江さん、No.13537の奥の機体について補足しますと、、、
Sea Harrier FRS1 ZA175 713 899 Naval Air Squadron, Breitscheid(EDGB), W.Germany, 19.Aug 1988
となります。 あと機種名(FRS1)と撮影日(1988年)を直して頂けると、、お手数をお掛けしてすみません。

AV-8B(NA) 163876/ET-52, VMA-311 DET.HMM-262(Rein)/31st MEU, Oct.10, 1997 厚木基地R/W19着陸


Re: Harrier Part.8 Name:MIDWAY世代 Date:2015/02/19(Thu) 01:33 No.13565
広江さん,みなさん こんばんは。
毎回のコメントありがとうございます。諸先輩方と広江さんのやり取りを拝見させて頂いているだけで、毎日勉強になっています。皆さんの豊富な知識には感嘆するばかりです。
 昨日のミラマー博物館のWF-4 撮影日は2014年1月26日でした、失礼いたしました。展示機後部にはAV-8Aと記されていましたので、そのまま記述してしまいました。

さて、今日は2014年10月18日にYUMAで撮影した VMA-214 WE-09 165582 AV-8B です。
ランディングのアプローチによってかなり捻る機体があるので、微小に異なるアングル違いが撮れて楽しいですね。


Re: Harrier Part.8 Name:Takafumi HIROE Date:2015/02/19(Thu) 06:31 No.13566
>飛行浪人さん
私はこの配備時期のVMA-513を撮ってませんが、垂直尾翼のマークはVMA-513のインシグニアだと思います。
サンパウロの丘から(通称)NAVYゲートまでは結構な距離がありましたよね?。
私も何度も往復してますが、被写体を追うのに夢中なので暑さも距離も覚えてません(笑)
私はサンパウロの丘からR/W23Rエンドに向かうハリアーのタキシング姿を何度か撮ってますが、
SR-71Aの話題の時と同様に、皆さんとの遭遇チャンスは少なかったのでしょうか・・・。

>A-330さん
紹介のショットは到着日の撮影ですね。
Bu.No.ですが、着陸を撮った私には162955と読めました。
近くで撮られたA-330さんからの確証を得たいのでお手数ですが再確認のうえお知らせ下さい。
もし162955なら日本での展開を終えた帰国直後に事故損失となってます。
私も公開日(24日と25日の両日)で撮ってるはずなのですが、ポジがファイリングされてないもので(^_^;
Part.7 No.13526紹介のWF-02のデモフライトの記憶がないとか・・・。
私は海自救難隊内のソファーでお茶してくつろいだ経験がありますが、ひょっとして?(笑)

>エイブルドッグさん
横田基地の公開らしいショットですね。
VMA-331はLANTでの活動が多かったので日本では馴染みの薄い部隊でしたね。
1980年末にUDPで(当時)A-4Mが岩国に配備された時は、とても新鮮で私は最優先で追い回しました。
黒い垂直尾翼に黄色のVLレターも、とても格好良かったです。
A-4Mではその後1982年にもUDP配備されましたがAV-8Bは1989年の1回のみ。
1992年には解散してしまったVMA-331の撮影画像は今ではとても貴重な存在です。

>T.Hさん
すき間産業(笑)、T.Hさんの自主的な分担には本当に感謝です。ありがとうございます。
胴体前後の延長の意味は尾部の重心調整も含まれてるのですか。
小型のハリアーが長くなるのは撮影にはありがたいですが、格好としてはアンバランスですネ(笑)
ローリング・ローリング・ゴー!は米海兵隊の戦術的な要素があるかもしれませんね。
アメリカとイギリスの差も初めて知りました。勉強になります。

>すっかいうおりゃさん
紹介のWE-01の速度の遅いアプローチと反対側(R/W05L)にアプローチデジ迷彩VW-00とのエピソード・・・(笑)
あの道(歩道)をダッシュですか。geta-oさん共々、お若いですネ(笑)
2007年がすっかいうおりゃさんにとっての「KR引退の年」ですか。随分と辛抱強く使い続けましたね。
それもデジカメが予備とは・・・(^_^;。
2004年6月にVMFA-112“Cowboys”が厚木に飛来した時、私がデジカメからポジのカメラに変えて撮影したら、
一緒に撮影していた既にデジカメがメインになっていた方に怒らた(笑)記憶が蘇りました。

>geta-oさん
木更津駐屯地の公開で展示されたハリアーは、これまでに3回紹介されてますね。
 1979年・・・geta-oさんNo.13519紹介AV-8A 159231/WF-05と159254/WF-02
 1989年・・・geta-oさんNo.13550紹介AV-8B 162080/VL-09
 1992年・・・すっかいうおりゃさんNo.13454紹介AV-8B 162084/WP-00と162086/WP-01
すっかいうおりゃさんがNo.13454でコメントされてますので、この年以外にもあるようですね。
あと話しは外れますが、丘珠駐屯地でもハリアーが展示されたようですが、それも気になってます。
そういえば、三沢基地での話題も出てきませんね。

>Det.Hさん
「MCAS」を背景にしたビックリする画像ですネ。
このところ部隊の移動や解散が多いですが、A-4で馴染み深いVMA-211やVMA-311が残り続けているのは、
ある意味、当時を知る私達の世代は『ホッ』とさせられますよね(笑)
VMA-211公式ページで“Wake Island Avengers”は用いられてますが、所々で“Avengers”の表記もあります。
なお、隊長機は「AV-8B 164553」で検索すると出てきます。垂直尾翼は赤くないけどビックリしますよ。
今までにはない斬新(?)なデザインです。たぶんDet.Hさんも、そう感じるはず???。

>DOC.Kさん
レスの件ありがとうございます。あと1週間です(笑)
垂直尾翼の大きなマークはGulf4さんPart.5 No.13487紹介WF-00でけではなかったのですネ。
MAG-12司令官機ではなかったと納得できました。
やっぱり、ロービジで書かれる大きなマークは、私はある意味、軍用機らしくて格好イイと思います。
軍用機は派手な色使いではなく、紹介のような色がなくともシックなデザインがお似合いと感じます。
ちなみに、1993年11月28日に新田原基地で撮影された2機(WF-20とWF-27)は、後に事故で失われてます。

>toksansさん
おお〜っ、私の大好きな格好イイ正面形。
私はハリアーでは、まだ撮ってないと言うべき(笑)この姿と今後遭遇できるチャンスはあるかな。
F-35と交代するまで猶予はありそうですが、油断しているとアッというまに過ぎてしまいそうです。
デモフライトを中止したのはF-35Bですよね。まだVMFA-121でもIOCを取得してないのですか。
これなら、まだ大丈夫かな(笑)

>N.SUZUKIさん
レジはZD534ではなくZD354ですね。Gallery化前の調査でひっかかりますので間違いなく記載願います。
ちなみに「Harrier GR.7 ZD354」で検索したら、同じマークの20(R)SQの画像がすぐ見つかりました。
Battle of Britain 75周年記念行事は面白そうですね。
私は英国機の場合に限っては、現用機よりもWW II機に興味があります(笑)
と言っても、行きたくとも行かれないので、皆さんからのリポートを待ちます。今から予約(笑)

>Seagullさん
岩国基地のオーバーヘッド、と言ってもいいのかな?、厚木基地とは異なり格好イイですよね。
厚木でも撮りたいと常々思ってるのですが、コースと高度が違うのか、未だ実現しません(笑)
コメントのようにR/W02側、すなわち遠い距離から撮影するので紹介のようなアングルになるのでしょうか。
厚木でも実現したいところですが、そのためには着陸の撮影を全て諦めなくてはなりません。
No.13543はSeagullさんとほぼ並んでの撮影ですか・・・。お話しするチャンスを逃しました(笑)

>空と鉄とさん
何を打ち合わせしているのか想像もできませんが、例えばローリングのタイミンクですかね(^_^;
しかし面白可笑しく吹き出しで別の言葉でも入れたくなります(笑)
1992年のカレンダーを確認したら撮影の6月5日は金曜日。
クロスカントリーで横田経由で韓国にでも向かうところでしょうか・・・。
『この間行ったあの店、また行こうぜ!』とかね(笑)

>TAKADA TENNTEKIさん
私はGR.7系やGR-9系の相違は全く分りません(^_^;、投稿いただいた方の指示どおりにGallery化します。
実は部隊が気になってたのですが、部隊を示すマークが機体に書かれてなくお手上げ状態でした。
4SQとのこと、これもまた指示どおりにGallery化させていただきます。
これ以上の混乱を避けさせていただくために、スミマセンがP1127とXV-6系は除外させて下さい。

>wakaさん
画像からは読み取れなかったのですが、そんな裏事情があったのですか。
確かに、パイロットは『俺は何処に行けばいいのだ?』と呆れ顔で待っている様子に見えます(笑)
このハリアーは予定外に飛来したのでしょうか。よく受け入れ側(小松基地)から断られなかったですね。
もしそうならば、彼ららしいといえば彼ららしい。グッズ販売にでも来たのかな(笑)

>PAPPYさん
Part.7 No.13525紹介のリーダーWH-01に続いたのはWH-04, WH-06の順番でしたよね。
ということは紹介のWH-06の前にWH-04も同じようなコースでランウエイバックしたのかな。
リーダーが色付きのWH-01だったとはアンラッキーとしか言いようがありませんね。
ちなみに離陸側にいた私には、WH-01はややあおり気味、WH-04は背中バックリ、紹介のWH-06は頭の真上。
やはり離陸するコースはバラバラです(笑)

>Gulf4さん
私は英国機には全く疎いのですが、紹介の黒に近いような塗装は誌面等で見た記憶があります。
機体色が世界的にグレー系になる前は米軍と似たダーク系の色使いなんですね。
この塗装も米軍のヨーロピアン・ワン迷彩のように太陽光線の位置関係で撮り難かったことと思います。
しかし撮影の難儀さを度外視すると、迫力さはグレー系より紹介の方が上ですね。

>TROUTさん
撮影数は少ないけど、AV-8A/Cでも紹介のA-4やA-6との共通燃料タンクを吊るした姿はありましたね。
逆にAV-8Bでは、紹介の燃料タンク以外を吊るした姿を少なくとも私は見たことがありません。
こちらのタンクの方が、断然格好良いですよね。
AV-8Aの小さい燃料タンクだと、迷彩塗装からも英国ハリアーに見えてしまいます。
あっ!、“C-5 GAL”ネ。そこに引っかけてたのですか・・・。スミマセン、鈍くて(^_^;

>うみ太郎さん
珍しいというより私達に馴染みが薄いレターなので、もし私でも撮影時は大興奮です(笑)
身近な31st MEUのHMM/VMM-262(R)の「ET」とHMM/VMM-265(R)の「EP」のハリアーとは別格ですね。
フィルムの現像が仕上がるまでドキドキ&ワクワクだったと思います(笑)
「YQ」はUSS Peleliu (LHA 5)搭載HMM-268(R)/15th MEUで1995年11月〜1996年5月クルーズの名残り。
クルーズ時は、おそらくYQ-55あるいはYQ-56。その消し跡が確認できますね。
追伸.AV-8B+(R)に改造された姿は直後でYou2さんが紹介されているBu.No.165580です。

>You2さん
思惑が外れた2日間は残念でしたネ。その間の嘉手納の様子は知らない方がよいでしょう(笑)
ようやく3日目にして単独行動で嘉手納に展開できて良かったですネ。
その最初が紹介のショットですか。この重々しい4本タンクの姿は私は見たことがありません。
AV-8BのTrans-Pacでは有りえる姿なのでしょうかね。
というのも、VMA-214DET.の5機(紹介の#04含む)は撮影後にTrans-Pacで帰国してます。
ですので、嘉手納に展開したのは、ひょっとしたら微妙なタイミングだったかもしれません。
追伸1.Bu.No.は165580です。(165560はAH-1Wです(^_^;)
追伸2.AV-8B+(R)への改造前の姿は直前でうみ太郎さんが紹介されてるBu.No.163675です。

>ハンズさん
当時1997年7月頃に31st MEUへの派遣はHMM-265(R)からHMM-262(R)に交代しました。
派遣された時は基本的にHMMのテイルコードに変更するのですが、
時々、自分(VMA)のテイルコードを押し通す(笑)ことがあります。特に最近、その傾向が強いです。
ちょっとややこしいのですが、撮る側にしてみれば楽しいことですネ。
No.13537の型式と撮影年の件、失礼いたしました。修正します。
しかし、ものすごくクリアーになりました。
実はXZ455は1996年2月14日に墜落してます。ところが間違えていた撮影年が1998年。
あれれ〜っ???でしたが、1988年に修正してクリアーになりました(^_^;

>MIDWAY世代さん
各々を細かく分類してないので間違っているかもしれませんが、
印象としては、MIDWAY世代さんの2014年10月は仕事とヒコーキ撮影を見事に両立しているような(笑)
仕事柄で出張が多いのは私も過去に嫌というほど体験(笑)してますので、その苦労も分りますが、
その合間にストレス発散する場があるのは仕事も良い結果につながると思います。
ハリアーは本場Yumaでもアプローチコースが異なり楽しめるようですね。

>すっかいうおりゃさん&空と鉄とさん
どうしても気になり(^_^;、記憶を頼りに埃にまみれてメモ書きを大捜索しました(笑)
そして1984年11月に厚木に飛来したHMM-262(C)/31st MAU機のリストを見つけ出しました。
AV-8Cは6機、158698/WF-51, 158701/WF-52, 158958/WF-53, 159240/WF-54, 159241/WF-55, 158392/WF-56
ヘリのBu.Noは省略しますが、CH-46E 11機, CH-53D 4機, AH-1T 4機, UH-1N 2機, USS TarawaのUH-1N 1機。
USS New Orleans (LPH 11)とUSS Tarawa (LHA 1)のスワップはPart.2 No.13425で記述したとおりです。
そしてそのレスの最下部の【追伸】で記したとおり、1985年11月はUSS Tarawaはドック作業SRA中です。
私は1985年11月に厚木にAV-8Cが飛来した記録は持ってないので、本来は肯定も否定もできないのですが、
単刀直入に申し上げると、お二人がPart.2で紹介されている画像は『1984年11月撮影』だと推測しました。
お二人の周辺では何処かのタイミンクで『1985年11月』と間違って伝わっていったのではないでしょうか。
Gallery化も1984年に訂正しますが、再調査の結果、もし1985年であるならばお知らせ下さいm(_ _)m

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -