GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





Harrier Final Name:Takafumi HIROE Date:2015/02/24(Tue) 09:22 No.13711   
最終章ということで、恒例の離陸三連発(笑)

先にもコメントしましたが、2002年のVMA-214DET.B機は厚木に頻繁に飛来しました。
当然、着陸にも離陸にも遭遇する機会も増え、皆さん大喜びでした。
↓は7月にも関わらず天候が悪くR/W01での離陸。そう“ルート4”離陸です。
当時はポジですので、500mm + x1.4での撮影。
しかしISO100のポジですので、撮影条件は現在のデジよりはかなり厳しかったです。
この日は164148/ET-55と共にやんわりとしたひねりでの離陸。
定番のローリング・ローリング・ゴーでしたが、2機なので慌てることなく撮れました(笑)

(AV-8B+(R) 165429/ET-53, VMA-214 DET.B/HMM-262(Rein)/31st MEU, 2002年7月28日、厚木基地R/W01離陸)

Part.11 冒頭No.13611で紹介した2003年6月20日に飛来したVMA-231DET 3機は翌6月21日に離陸しました。
そのうちの1機165594/CG-04は同スレ内No.13623でよし吉さんから紹介されてますが、
3機のローリング・ローリング・ゴー離陸の撮影は、ちょいと冷静さが必要でした。
リーダーは真っ直ぐ、2機目は手前、そして↓の3機目は2機目奥側に位置するデルタ隊形。
いずれも低い離陸だったため、どれに的を絞るかの瞬時の判断が必要となりました。
リーダーを深追い、または2機目を追うと↓のアングルは撮れなかったはずです(笑)
3機以上のローリング・ローリング・ゴー離陸は、やっぱり3機目が肝です。

(AV-8B+ 165002/CG-07, VMA-231 DET/HMM-265(Rein)/31st MEU, 2003年6月21日、厚木基地R/W19離陸)

Part.10 冒頭No.13592で紹介した2004年1月31日に飛来したVMA-211DET 2機は翌2月1日に離陸しました。
離陸はR/W19使用ですが、慌てふためいて撮影したかの記憶は残ってません。
確かなのは、ライトエシュロンのためかウイングマン164119/CF-13の離陸は、
かなり手前のコースのため、ややあおり気味のアングルとなってしまいました。
当時のR/W19離陸の午後の撮影は、中原街道から少し北に入った墓場付近で500mm + x1.4での撮影。
ですので、フレームの左右に余裕が少なく、鼻とお尻がフレームアウト続出でした(笑)
と、やはり私は離陸撮影の方が難しいと思うのですがねぇ〜(笑)

(AV-8B+(R) 165587/CF-09, VMA-211 DET/HMM-265(Rein)/31st MEU、2004年2月1日、厚木基地R/W19離陸)

Re: Harrier Final Name:toksans Date:2015/02/24(Tue) 10:00 No.13712
広江さん、皆さんおはようございます、

昨年秋のWTIではKC-130Jに乗る機会があり、AV-8BとEA-6Bへの空中給油を見ることができました。演習はTAC Airが一緒になって行う“Commons”で、ユマを発った3機のKC-130Jが密集編隊などの訓練を行いながら、カリフォルニア州オーエンズ湖上空に設定された給油ポイントに向かい、別の訓練項目を行ったF/A-18、AV-8、EA-6Bと合流して空中給油を行うものでした。
搭乗機は編隊の3番機で、1番、2番機の空中給油を撮った後に、この機体でも始まるよ、ということで外をのぞいた写真が最初のものです。撮影は2014年10月6日で、機体は手前からAV-8B VMA-223 WP06 165381とWP08 165001、後方がVMA-231のAV-8B CG09 165383とCG04 165594です。


Re: Harrier Final Name:toksans Date:2015/02/24(Tue) 10:00 No.13713
空中給油を受けるVMA-223のAV-8B WP06 165381。最初は逆光などを気にせず撮っていましたが、そのうち給油パターンがトラックパターンであるのに気が付き、後半は順光になってから撮る余裕も出ました。

Re: Harrier Final Name:toksans Date:2015/02/24(Tue) 10:01 No.13714
KC-130Jに並行して飛び次の給油を待つVMA-223のAV-8B WP08 165001。

>広江さん、
今回は多数の方が参加され大盛況でしたね。その分大変だったと思いますがいろいろ楽しませていただきました。こういう公共の場を提供されている広江さんには頭が下がります。
ありがとうございました。


Re: Harrier Final Name:T.H Date:2015/02/24(Tue) 10:12 No.13715
早いもので最終章になってしまいましたね、始めに 広江さん、参加された皆様 2週間の長丁場 たいへんお疲れさまでした。

今日はハリアーらしさを捉えた絵を2枚と Hawker Siddeley Harrier ファミリーが並んだ姿をチョイス。

最初は ホームベース MCAS Yuma から日本へのUDPに向けて旅立つシーン。広江さんが整理されているGO! NAVYの記述によれば この時の WF  VMA-513は、NOV '95〜 MAY '96まで MAG-12 傘下に配備されていたようです。
撮影は'95年10月29日で ユマの R/W03 R & L を彼等の言う " Do all " で ハリアー6機 + KC-10A 1機が離陸する所です。
短い 03Rから既に4機が、ハリアー独特の形態でエアボーンし、全長が長い03Lには、中間にハリアー2機が居て ローリング開始かな? Far end にはタンカー・パスファインダー役のKC-10の姿もあります。おそらくユマからハワイまで飛んで、アロハ〜に1〜2泊し、そこから岩国まで一気か、あるいは ウェークアイランド経由で 日本まで長旅の始まりでしょう。

MCAS YUMA  29 OCT 1995  AV-8B WF x 6 VMA-513 with  KC-10A 


Re: Harrier Final Name:T.H Date:2015/02/24(Tue) 10:13 No.13716
2枚目は Royal Navy Harrier ベースだった RNAS Yeovilton で スキージャンプ発進 のデモを披露する Sea Harrier FRS.1。
これを見た時にやはり感じた事は、イギリスのエアショーは観衆への見せ方を心得ているなぁ〜。一般市民レベルで 皆さん 飛行機の事をとても良く知っているし、国民と軍の距離感が我が国などとは全く違う次元なんだなと、イギリスへ数回出かけて実感しました。 滑走路をわざと外した地点でハリアーが T/Gのデモを見せたりする発想は、アメリカでは感じた事がなく、イギリスでは結構頻繁にやって見せる時期がありました。英米で相互開発、供に使用した姉妹機ですが、No.13524の例等も含めイギリスでは、 ハリアーらしさを度々見せてもらったな というのが私の感想です。アメリカのエアショーは FAAからの規制が厳しい事も原因なのかもしれませんが。

RNAS YEOVILTON  30 JUL 1988  Sea Harrier FRS.1 #712 XZ455 899Sqn / Royal Navy


Re: Harrier Final Name:T.H Date:2015/02/24(Tue) 10:13 No.13717
最後は、1989年ヨービルトンエアショーに地上展示されたハリアー・シスターズ 6機。
一番手前(小写真も)ハリアーの源型 HAWKER P1127 (XP980) この機体 P1127の5号機は、その時々で 無塗装、こうしたRoyal Navyカラー等何度か姿を変えながらヨービルトンのFleet Air Arm 博物館で保存・展示されているようです。2番目、 Harrier GR.1 (XV277)  3番目、 Harrier GR.3 (XZ970) 4番目、Sea Harrier FRS.1 #004 (XZ494) 801Sqn、 5番目、Harrier T.4N #720 (ZB604) 899Sqn、 6番目、Harrier GR.5 #16 (ZD376 ) こうした地上展示機の並べ方ひとつ とっても、イギリス人気質が感じられます。

RNAS YEOVILTON  29 JUL 1989   P1127、 GR.1、 GR.3、 FRS.1、 T.4N、 GR.5


Re: Harrier Final Name:Det.H Date:2015/02/24(Tue) 11:59 No.13718
広江さん 皆さん こんにちは
この2週間、あっという間に経ってしまいましたね では最終章の3枚を

やはり上がりは外せないでしょう、と言う事で昨秋のYUMAから
丁度↑でT.HさんがYuma Rwy03Rでのショットを出されていますので↓の情景がお分かりになるかと (笑)

AV-8B+(R) WE04/165573 (AV-8B 163192) VMA-214 Oct.15,2014 MCAS Yuma


Re: Harrier Final Name:Det.H Date:2015/02/24(Tue) 12:00 No.13719
二枚目は#13612でToksans氏が紹介されていますので解説は省略 (^^;
ただ今でもこのCoNA Kick-Offに無理をしてでも行って良かったと思っています 私の今までのヒコーキ人生三大感激!の一つとなりました

AV-8B+(R) WL01/165584(AV-8B 163664)
AV-8B+ WL06/164553 AV-8B(NA) 23/163874, 24/163883 VMA-311 Feb.12,2011 NAS Whidbey Island


Re: Harrier Final Name:Det.H Date:2015/02/24(Tue) 12:00 No.13720
ラストは恒例、バーナー・オン! と行きたい所ですがアフターバーナーが無いので同じオレンジと言う事で夕焼けを(笑)
日没直前までT/G訓練を繰り返していたハリアー、 Yumaの夕景は本当に綺麗です

広江さん
長丁場に加え今回は参加された方が多く、大、大盛況でしたね  
そして広江さんにとっても大変有意義なスレッドになられたのではないでしょうか
16年間手付かずだった?ページが少しでも埋まると良いですね(笑)
本当にお疲れ様でした m(_ _)m  V(^_^)
皆さん
大好きなハリアー、皆さんの数々の力作を大いに堪能させて頂きました ありがとうございます それにしても皆さんのパワーが集結すると凄い事になりますね (^_^)

では、次回グロマスU? でまた

AV-8B+(R) Oct.17,2014 MCAS Yuma


Re: Harrier Final Name:Takafumi HIROE Date:2015/02/24(Tue) 16:23 No.13733
>toksansさん
貴重な空中給油訓練に同乗されたとは素晴らしい体験をされましたね。
クルーの説明で最初に見た光景が1コマ目(No.13712)とは興奮度がピークとなったことでしょう。
そして夢中で撮影しているうちに、ふとしたタイミングで落着いて外を見ていると、
『そのうち給油パターンが〜後半は順光になってから撮る余裕も出ました』となり、
toksansさんでさえ、夢中で撮られていた様子が伝わります(笑)
非日常的な状況下の撮影で後半にフト冷静になる状況は私にも似た経験があります(笑)
2コマ目(No.13713)は空中給油シーンを捉えた素晴らしいショットですね。
もちろん機体全景を捉えた3コマ目(No.13714)も最高です。


>T.Hさん
1コマ目(No.13715)は偶然の遭遇でしょうか。まさしくその時を捉えた貴重な一コマ。
6機のハリアーの姿+タンカー&パスファインダー役のKC-10の姿を捉えた素晴らしいショットです。
この時のVMA-513のUDP配備はフルスコードロンですから定数は18機???20機???。
この日を含めて数日間にこのようなシーンが見れたかもしれませんね。
1995年当時のTrans-Pacのルートは、おそらく本国−ハワイ−日本かもしれませんね。
その後は本国−ハワイ−ウェークアイランド−日本が定着したと思ってます。
なんせハワイ−日本は約10時間前後のフライトになるようですから、
1時間弱に1回の給油は11回か12回程度???。加えて人間の生理的排出もありますからね(笑)
UDP配備期間は公式ニュースを見つけられない場合は、日本側での配備期間の記載となってしまいます。
ですので、このような出発時の両基地、帰還時の両基地、それぞれの情報がほしいところですが
現地特派員(笑)でもいない限り、情報を捉えるのは限りなく0%に近いです。
2コマ目(No.13716)はスキージャンプ台から発進した瞬間のショット、見事です。
このシーンやPart.7 No.13524の芝地でのタッチ&ゴーも英国ならではの見せ方なのですね。
お話しを聞く限り、イギリス一般市民のヒコーキに対する思いや接し方は羨ましいです。
日本はマスコミが負の方向に仰ぎたてて一般市民を誘導しているとしか思えません。
3コマ目(No.13717)のラインもこれもイギリス人気質の現れですか。
今回例外としたP.1127が含まれているので、ちょうど良い機会なのでGallery化に組み込みます。


>Det.Hさん
1コマ目(No.13718)は上のT.HさんNo.13715紹介に続くようなショットですね。
もちろん私はその場に行ったことがありませんが、伝わってくる雰囲気を満喫します。
吊るし物もあるし迫力満点のショットはイイですねぇ〜。
これが何機で上がってきたのかは分りませんが、この前後関係はどうなのかな?(笑)
CoNA Kick-Offのシーンはネットでも度々見かける機会がありますが、
Det.Hさんからは当時速報のように伝えていただいたことを思い出しました。
ご本人もおっしゃってますが、相当なインパクトのあったツァーとなったようですね。
拝見している私達にも、それがよく伝わってきます。
ヒコーキ人生三大感激の残りの二つは後ほど何かの機会に披露して下さい。
夕焼けシーンでの『また次の機会までサヨウナラ』、恒例ありがとうございます。





Harrier Part.13-4 Name:うみ太郎 Date:2015/02/23(Mon) 21:53 No.13701   
新スレッドHarrier Part.13-4を立ち上げます。
ラス前の3枚は唯一撮影しているアメリカ以外のハリアーで行きます。
1997年5月31日に晴海埠頭に入港したHMS Illustriousに搭載されていたイギリス海軍のSea Harrier FA.2
です。すでに展示の画像が紹介されていますが、多少動きのある入港シーンを3枚。
船マニアは広角で全景を。飛行機マニアは超望遠でハリアーとシーキングを撮影していました。
当時はマニアも少なく楽でしたが、今ならとんでもない事になりそうです。

1枚目 艦首でバグパイプを演奏しながらの入港です。
1997年5月31日 Sea HarrierFA.2 ZD610 L000 801NAS


Re: Harrier Part.13-4 Name:うみ太郎 Date:2015/02/23(Mon) 21:56 No.13702
2枚目 甲板の端に水兵?が整列。米軍でも見られる光景ですね。
Sea HarrierFA.2 ZH799 L004


Re: Harrier Part.13-4 Name:うみ太郎 Date:2015/02/23(Mon) 22:00 No.13703
3枚目 艦尾に2機居ました。
Sea HarrierFA.2 手前 ZE693 L001 奥 ZD614 L005


Re: Harrier Part.13-4 Name:MIDWAY世代 Date:2015/02/24(Tue) 01:34 No.13706
広江さん、皆さん こんばんは。
私は既に新Bu.Noのネタは無いので、本日が最後の参加となります。
そんな訳でハリアーの思い出ショットを貼らせて頂きます。
1枚目は、2014年10月 初めてデスバレー撮影に行った際に撮れたAV-8B VMA-223 WP-12 Bu不明です。
ここのポイントは通常左側上空から侵入してくるのですが、このハリアーは右側の谷底側から侵入してきたので、気がついた時には既に真横で捻っており、慌ててカメラを向けてギリギリ撮れた写真です。ズームも適切に調整できずにいたので、超トリミングの写真です。周囲の現地アメリカ人、イギリスからの遠征組の方々も撮れたのは1/3位の確率だったようです。


Re: Harrier Part.13-4 Name:MIDWAY世代 Date:2015/02/24(Tue) 01:41 No.13707
二枚目は、醜い写真で申し訳ありませんが、2014年3月にリムーアで撮影した、AV-8B VMA-211 CF-01 Bu不明です。 この日は離陸ポイントで撮影しておりましたが、オーバーヘッドで侵入してくるハリアーを発見。慌てて車を飛ばして着陸側のポイントに向かったのですが、残念ながら適正ポイントにはたどり着けず、遠くから500mmフルズーム(35mm換算で750mm相当)での撮影となりました。暑い日だったので陽炎もひどく、タッチアンドゴーも無く、、とりあえずの証拠写真程度の画像しか撮れませんでした。 ちょっと悔しい思い出です。

Re: Harrier Part.13-4 Name:MIDWAY世代 Date:2015/02/24(Tue) 01:53 No.13708
三枚目は、2014年10月4日 ミラマーのエアショーでナイトショーが始まり最初の展示飛行を実施したAV-8B VMA-214 WE-08 165577 です。 デモフライトで観客を楽しませてくれた後に滑走路から戻る際のショットです。観客サービスで手を振ってサムアップ! とてもいい感じの雰囲気で光線状態も良い感じで撮れた思い出です。
 今回は少し多めに参加できました、まだまだ知らない事が多く、諸先輩方々の豊富な知識には本当に頭が下がります。本当に勉強になります。 広江さんも、管理・コメントが大変かと思います、大変ご苦労様です!
体調管理をしっかりなさって無理はしないでくださいね。
 また、来月アメリカに出張してきます、今回は自由時間が限られていますが、少しはネタを仕込んできますのでまた参加させて下さいね。 では失礼します。


Re: Harrier Part.13-4 Name:すっかいうおりゃ Date:2015/02/24(Tue) 02:37 No.13709
広江さん 皆さんこんばんは!
写真加工のソフトがうまく動かなくなった為に 参加できる写真に限りができてしまいました。
この中の1枚 今回これだけ多くのハリアーがご紹介されていますが 意外とこの部隊のこのマーキングは、少ないことに気づきました。ハンズさんが出されていますね。
1999年5月 私としてはなんと20年ぶりに行った嘉手納基地 現地で懐かしい面々と久々にお会いできて感激に浸る中 事故でしばらく飛行停止になっていたAV-8Bが 到着のその日から飛行再開してくれました。盛んに飛んでくれたのは、サイドナンバーEP-51,52,55、56,57の5機でしたが EP-55、Bu、No,164117が、ブラックテールでした。
写真は、Kadena R/W23 VMA-311 AV-8B Bu,No,163876 HMM-265(Rein)


Re: Harrier Part.13-4 Name:Takafumi HIROE Date:2015/02/24(Tue) 09:17 No.13710
>うみ太郎さん
HMS Illustriousの入港シーン、とても貴重で紹介画像はどれも素晴らしいです!。
1コマ目(No.13701)の先頭に立つバグパイプを演奏するシーンには惚れ惚れしちゃいます。
2コマ目(No.13701)と3コマ目(No.13701)は今回の主役ハリアーが大きく捉えられてますが、
このようなショットは何mmのレンズで撮れるのでしょうか。
うみ太郎さんのチョイスらしい三連発、最高です。
ところで以前の投稿時から気になってたのですが“L”は何処に書かれてるのでしょうか。
おそらく米海軍のテイルコードとModexのような意味合いだとは思いますが、
明度の差の無いグレーの文字でどこかに書かれてるかと画像を拡大しても見つかりませんでした。
その点、教えて下さい。


>MIDWAY世代さん
1コマ目(No.13706)のシーンはネットの紹介などで私でも知ることとなった場所ですが、
私は行ったことがないので、MIDWAY世代さんの説明される状況がとても興味大です。
左手から来ると思い込んでいて右手から来る・・・。
見晴らしの良い場所と思われるのですが、やはり油断してしまうのですかね。
そんなドキドキ感を私も味わってみたいものです。
ちなみに、Bu.No.は100%の断定はできませんが164558と思われます。
2コマ目(No.13707)はPart.8からPart.9で私とDet.Hさんとの間で話題にした機体164553/CF-01です。
正確に言うとMIDWAY世代さんの撮影された2014年3月は未確認の機体ですが、
一応、Gallery化では164553/CF-01として処理します。
最終章を前にして参加終了とは寂しいです。お疲れさまでした。ありがとうございます。
3コマ目(No.13708)のシーン、最後に相応しい画像選択濯ですネ。


>すっかいうおりゃさん
紹介のマークの時代は私は厚木基地では1度(?)程度の遭遇チャンスしかありませんでした。
厚木基地西側を横田基地R/W36に降りていく姿を何度見たことか・・・(笑)
ハリアーが事故で一時飛行停止になったことがありましたね。すっかり忘れてました。
その中で20年ぶりに訪れた嘉手納基地で5機も撮影できたとは、なんとラッキーなことか。
その5機のうち、実は私は#57の存在を全く知りませんでした。Bu.No.をこっそり教えて下さい(笑)
と色々とレスしている途中で気づきました。
すっかいうおりゃさんさんはPart.13のNo.13666で一度登場いただいてますよね。
上のFinalで私の重要なお願いを読んで下さい。
既に消してしまいましたが、Part.13でもFinalと同じ文面のお願いをしてます。
そのお願いの理由により便宜的に“13”, “13-1”, “13-2”. “13-3”, “13-4”と別けられただけです。
各々で皆さんが再投稿されたら、“13-5”以降・・・と続き、Part.13が延々とエンドレスとなってしまいます(^_^;
便宜的に別けたのは私もその単位でレスがしやすいし、皆さんも見やすいと思います。
皆さんとの公平さも保たれないし私の作業も一向に終わらなくなってしまいますので、
ご理解とご協力をお願いします。


>飛行浪人さん
昨晩、Part.13-3のレスの下書きを終え実際にレスしようと“RES”ボタンを押したら、
うみ太郎さんに続く飛行浪人さんの投稿があり、再作成の時間的な余裕が無かったので削除しました。
そして再び“RES”ボタンを押したら、またまたお二人の投稿があり、これも削除しました。
うみ太郎さんは、その時点で気づかれ、新たにPart.13-4を立てて投稿いただきました。
ところが飛行浪人さんの再投稿がありません。投稿後の実際の記事を確認されてないのでしょうか・・・。





Harrier Part.13-3 Name:waka Date:2015/02/23(Mon) 19:21 No.13683   
新スレッドHarrier Part.13-3を立ち上げます。
ラス前の3枚ということで、イギリスのハリアーを三連発。
1枚目は、私の初めてのハリアーということで、皆さんとかぶりますが小牧の国際航空ショーで展示されたハリアーです。
Harrier GR.1 XW919 1Squadron Royal Air Force 1971年11月1日 小牧基地


Re: Harrier Part.13-3 Name:waka Date:2015/02/23(Mon) 19:22 No.13684
2枚目は、RIAT(Royal International Air Tattoo)2006に参加してデモを行うRAFのHarrierです。
Harrier GR.7 ZD406/35 20(R)Squadron Royal Air Force 14 Jul. 2006 RAF Fairford
N.SUZUKIさんのNo.13554で投稿されているHarrierと同じ部隊、マーキングです。


Re: Harrier Part.13-3 Name:waka Date:2015/02/23(Mon) 19:23 No.13685
3枚目は、同じくRIAT2006に参加してデモを行うFleet Air Arm のHarrierです。
Harrier GR.7A ZD431/43A 800 Naval Air Squadron Fleet Air Arm 15 Jul. 2006 RAF Fairford
この所属は、パンフレットの受け売りですが、Fleet Air Armが良く分かりません。Royal Navyの組織の一部のようです。


Re: Harrier Part.13-3 Name:N.SUZUKI Date:2015/02/23(Mon) 19:44 No.13686
広江さん 皆さんこんばんは。
ラス前3枚は、VMA-513のWF1.2.3でまとめました。このごろ、Bu.No、撮影日等、タイプミスが多く、気が付かれた方は、ご指摘くださればと思います。 
最初は、AV-8A 159233  WF1、1976年ごろの岩国公開時に着陸しましたが、デモフライトであったかどうかは覚えていません。
同じ機体を、PAPPYさんがNo 13418で、1979年に撮ったWF01を紹介していますが、それより前で、WF1の所属等は分かりません。


Re: Harrier Part.13-3 Name:N.SUZUKI Date:2015/02/23(Mon) 19:45 No.13687
次は、AV-8A 159231 WF2と他の2機です。1976年ごろのカデナで、着陸後のチェック(ロケットポット付き)待ちです。
同じ機体をNo.13519でgeta-oさんが、1979年にWF02として紹介されている機体ですが、WF2での所属 DET等は分かりませ


Re: Harrier Part.13-3 Name:N.SUZUKI Date:2015/02/23(Mon) 19:46 No.13688
最後は、AV-8A 159230 WF3 1976年ごろのカデナでの離陸ですが、爆撃用の訓練弾を搭載していました。A-330さんも紹介している、1975年の百里公開で展示され、この後にCrashした機体です。

Re: Harrier Part.13-3 Name:空と鉄と Date:2015/02/23(Mon) 19:49 No.13689
広江さん、皆さん、こんばんは。
本日は未出のS/N機を2機ほど。
1枚目は1992年4月19日横田のR/W18へ転がるAV-8B(NA) VMA-214 WE05/163865です。
この年のハリアーは給油プローブを外した機体が多かったように見受けられます。
VMA-223機も同様だったように思います。
F-14やF-18ではプローブのカバーを外している写真はよく紹介されていて理由も解説されていたので分かりますが、ハリアーのようにプローブごと外す場合の理由をご存知の方、ご教授願えれば幸いです。


Re: Harrier Part.13-3 Name:空と鉄と Date:2015/02/23(Mon) 19:49 No.13690
2枚目は同92年4月12日の厚木公開で展示されていた同じくVMA-214 AV-8B(NA) WE17/163880でこちらはカウンターシェード迷彩化されていますがやはりプローブが付いていません。

Re: Harrier Part.13-3 Name:PAPPY Date:2015/02/23(Mon) 21:20 No.13692
広江さん、皆さんこんばんは。
2014年6月20日厚木に前日飛来した AV-8B+ VMA-542 DET. WH-52 165354 のローカルフライトで時間帯の悪い正午のRW/19の離陸でした。
僚機のWH-50はマイナートラブルか上がって来ないので着陸側に移動してしばらくして上がったようでした。
着陸の様子はwakaさんがNo.13648で紹介されています。


Re: Harrier Part.13-3 Name:PAPPY Date:2015/02/23(Mon) 21:23 No.13693
二枚目はローカルフライトを終えて厚木エンドをオーバーヘッドするWH-50 165307とWH-52 165354でリーダー機はWH-52です。


Re: Harrier Part.13-3 Name:PAPPY Date:2015/02/23(Mon) 21:24 No.13695
三枚目は遅れて上がった僚機の AV-8B+ VMA-542 DET. WH-50 165307 のRW/19の着陸です。
ネタ切れで最後までお付合い出来ませんでしたが充分に楽しませて頂きました、そして沢山のレスお疲れ様でした、またのお題を楽しみにしています。


Re: Harrier Part.13-3 Name:Takafumi HIROE Date:2015/02/23(Mon) 22:43 No.13704
>wakaさん
ラス前でwakaさんから英国ハリアーの三連発とは大変に驚いてます。
しかし、考えてみればwakaさんは以前より精力的に日本各地に遠征に行かれていたので、
英国に行かれるのは、ごく自然の流れでしょうか・・・。驚いたなどの表現、失礼いたしました。
1コマ目(No.13683)のXW919は綺麗な発色ですねぇ〜。1971年というとコダクローム系でしょうか。
私はハリアーを忘れていたことは置いといて(笑)、この時はエクタクロームでの撮影でした。
当然、両者の色は違いますので、wakaさんもエクタクロームの色は分ると思います。
2コマ目(No.13684)と3コマ目(No.13685)は二日間での撮影のようですが、天気が良くて良かったですネ。
そしてNo.13685の私の好きなギアアップ途中の姿は最高です。
“Fleet Air Arm”は“Royal Navy”の航空組織の名称だと私は思ってますが、
私は通称Royal Navyで押し通しちゃってます(笑)。
米軍に慣れ親しんでいるので、どことなく取っ付き難くくて難しいとは感じてます。

>N.SUZUKIさん
1コマ目(No.13686)は岩国基地公開(三軍記念日)が間違いないのならば、1976年5月xx日。
2コマ目(No.13687)は、1976年の春以降です。
この2コマは垂直尾翼ラダーの色付きマークが日付特定の決め手です。
そのあたりは話題初期Part.1〜Part.2で説明してますので参照して下さい。
ということで、3コマ目(No.13688)は少なくとも1976年春以降ではありません。
N.SUZUKIさんが1975年あるいは1975年春より以前に嘉手納に行かれた事を思い出して下さい。
ちなみに、VMA-513およびAV-8AのVMA DETは以下のページをご覧下さい。
この点も、今までに何度も話題になってます。
http://www.gonavy.jp/usmc54.html
http://www.gonavy.jp/usmc04.html


>空と鉄とさん
私はAV-8Bの空中給油プローブの有無は全く気にしてませんでした。
と言うより、取り外し可能なだったこと自体を知りませんでした。
2コマ目(No.13690)の1992年4月12日・・・私はこの日は行ってませんでした。
その画像からは、その跡と取り付け部の付け根付近に丸く見える何か(笑)が確認できます。
この展示状態ですから、アップでは撮影しなかったのでしょうか・・・。
そんな私ですので、空と鉄とさんにお答えするどころか、一緒に皆さんからの補足を待ちたいです。


>PAPPYさん
あらっ?PAPPYさんが最終章を前にしてネタ切れですか・・・。
お疲れさまでした。ありがとうございます。
私は2014年6月20日と6月21日の両日、エンドに行かなかったので状況は分りませんでしたが、
これまでに、うみ太郎さん、wakaさん、Komatsuさん、そして今回PAPPYさんから紹介いただき、
おおよその状況を理解することができました。





Harrier Part.13-2 Name:CJ Date:2015/02/23(Mon) 12:38 No.13667   
No.13663でgeta-oさんも貼られていますがハリアーは千歳航空祭にも来ていました。
自分が撮影していたのは1993年の時だけ(汗)それも奥の機体は手付かず(大汗)
ネガプリントからのスキャンの上ピンボケしていて分かりにくいかもしれませんが(滝汗)レターは無し、機種の「05」尾翼の「64115」、部隊マークが確認できるのでVMA-211の164115/05と思われます。

AV-8B(NA) 164115/05 VMA-211 (Aug. 1993 CHITOSE)


Re: Harrier Part.13-2 Name:CJ Date:2015/02/23(Mon) 12:40 No.13668
もう一枚、2012年の航空ページェントの展示機を貼っておきますネ。

AV-8B+(R)
165312/WH-01 (ex. AV-8B Bu.No.162087)
166287/WH-04 (ex. AV-8B Bu.No.163668)
VMA-542 DET. HMM-262(R)/31st MEU USS Bon Homme Richard (LHD 6)
(Jul.29, 2012 SAPPORO AIR SHOW)


Re: Harrier Part.13-2 Name:DOC.K Date:2015/02/23(Mon) 15:20 No.13669
>広江さん、1989年11月26日新田原航空祭でデモを終えアプローチ中のVL−12(162737)のショットが出て来ましたのでアップします、ラスト前で凄い事になりそうですねレスも大変でしょうけど頑張って下さい。

Re: Harrier Part.13-2 Name:DOC.K Date:2015/02/23(Mon) 15:32 No.13670
>広江さん、最後にもう1枚1989年11月5日築城航空祭に展示されましたVL−02(162742)ですこの時は08,14と3機もいました、これから先のAV−8はまだ整理が出来ていませんのでいつの日か次の機会がありましたら宜しくです、皆さまの素晴らしい画像をありがとうございました。

Re: Harrier Part.13-2 Name:Det.H Date:2015/02/23(Mon) 15:54 No.13671
広江さん 皆さん こんにちは

ラス前3枚を決めていましたが、今朝の広江さんレスを読み、お答えすべく一度ボツになっていたカットを(笑)
2010年西海岸珍道中でのここワトソンビルの状況は#13537でToksans氏が書かれていますので省略、どなたかも書かれていましたが展示機を撮るのにこの次期?西海岸は午前中の人が少ない時間帯は霧が出てさえない天気、で好い光線状態になった時にはもう人混みで撮れなくなってしまいますね ショー終了間際にRTBの為トーイングされていく姿は上述Toksans氏撮、(この時がベストでした)その後RWYに載りましたが逆光、陽炎のダブルパンチ、折角の隊長さんでしたがよい結果が残せませんでした で“ボツ”でしたが、復活させて頂きました (笑)
広江さんお尋ねの機首のマークですが、ナイトメアのシンボル、フクロウの図案化です #13437、空と鉄とさん撮08年1月の時とは変わっていますね

AV-8B+ WF01/165006 VMA-513 Sep.05,2010 Watsonville M. AP


Re: Harrier Part.13-2 Name:Det.H Date:2015/02/23(Mon) 15:55 No.13672
上述ワトソンビルの後訪れたエルセントロです #13647と同じ時で、記念すべきエルセン初撮りカットです 事前に撮影ポイントをグーグルアースで探して初めに着いた場所は基地の西側 天の声を聞く手段がなかった為運用RWYも、中の様子も分からず、シーンと静まり返ったとんでもない暑さの中、脇に高く積み上げられた藁の日陰でグッタリしていました と、そこへ突然東側から2機のハリアーがオーバーヘッド! 慌てて構えた所2機目が真上でブレーク!辛うじて撮れた一枚でした (^^;
そう言えば何か慌てふためいて撮った記録ばっかり?(笑)

AV-8B+(R) WL03/165592 (AV-8B 162967) VMA-311 Sep.10,2010 NAF El Centro


Re: Harrier Part.13-2 Name:Det.H Date:2015/02/23(Mon) 15:56 No.13673
いろんな角度から撮る事が出来る(撮らざるを得ない?)YUMAですが、ハリアーを鱈腹撮れるのはやはりいいですね  現6中隊の半分3中隊がYUMAですが、昨年春秋2回のWTI中撮れなかったのはちょうどその期間DET.が岩国に来ていたVMA-542,WHのみでした 
#13633でMIDWAY世代さんが出されていますが、ナイトアタック仕様のUPです

AV-8B (NA) 23/164128 VMA-214 Oct.16,2014 MCAS Yuma


Re: Harrier Part.13-2 Name:TROUT Date:2015/02/23(Mon) 16:23 No.13674
広江さん、皆さんこんにちは。ラス前3枚貼りは久し振りの参加です(^_^;) 広江さんが悩ませてしまったという93年2月のWL VMA-311の飛来、私は全く気が付きませんでしたm(__)m WL24に付いていた肉球跡ですがWL21 BuNo.163867にも付いていました。着陸した翌日21日の撮影ですが、No.13646 で紹介したWL24はRW36エンドまで、このWL21はデルタより少しエンドよりまでバックタキシーしてくれました。もう1機のWL26は撮影できるところまで来なかったようです。Gulf4さんがおしゃってた、左機首の消し跡は3機ともありましたがつじつまの合わないことと関係しているのでしょうか?>広江さん、猫の肉球、ちょっと力を入れて押し広げるとニョキッと猫科の爪が出てくるのが楽しいです(^o^)

Re: Harrier Part.13-2 Name:TROUT Date:2015/02/23(Mon) 16:31 No.13675
そして広江さんが好きだというハリアーの正面景を。93年12月23日、横田RW36、デルタイーストへ向かってくるWF01 BuNo.163864とWF23 BuNo.163678です。でかい増槽をぶら下げたこの格好はカッコ良いですね!でもなんか”命”!って見えますね・・・私だけですか(^_^;)

Re: Harrier Part.13-2 Name:TROUT Date:2015/02/23(Mon) 16:37 No.13676
"命”!の次のカットです。WF01 BuNo.163864です。

Re: Harrier Part.13-2 Name:Seagull Date:2015/02/23(Mon) 18:28 No.13678
一発目
広江さん、皆さん、こんにちは。
Komatsuさんの離陸画像と類似している岩国の離陸を三連発させていただきます。
2005年5月11日 岩国を離陸するVMA-311のAV-8B+(R)WF09/165574
同年5月2日 VMA-513(WF)数機が飛来、岩国マニアはWFの配備と思っていたところ、航空機のみがWFで部隊はVMA-311(WL)と聞き?「えっ!」と狐につままれたようなUDPを体験しました。 


Re: Harrier Part.13-2 Name:Seagull Date:2015/02/23(Mon) 18:36 No.13679
二発目
2007年9月7日 岩国基地を離陸するVMA-214のAV-8B+(R)WE02/165421
同年1月13日 沖縄県に飛来、この日、岩国にはVMAQ-4(RM)が飛来、AV-8も飛来したら前代未聞のダブルUDPだったのですが・・・。


Re: Harrier Part.13-2 Name:香港01 Date:2015/02/23(Mon) 18:41 No.13680
>広江さん&皆さん、こんにちわ!
皆さんへのレスご苦労さまです。大変ですね!
すみません。13639 のシリアルは#ZH797でした。間違いでした。
パイロットのVサインは自衛隊もやりますが、エンジンの回転数の事で2000回転の事を示してるんだと思います。英国式もそうなんだな〜と思っただけです。

今日は95年のIATで4機ならんで展示された英国式ハリアーGR.7 が3機とT10が1機です。(ZG861、ZD329、ZD409、ZH654→T10)シリアルは未確認です!


Re: Harrier Part.13-2 Name:Seagull Date:2015/02/23(Mon) 18:49 No.13682
三発目です。
2009年3月28日 岩国基地を離陸するVMA-211のAV-8B+(R)CF05/165568
同年1月10日 8機(AV-8B(NA)×2,AV-8B+(R)×6)が無事に飛来到着しました。
久しぶりに、まとまっての飛来でした。

>広江さん
 半年間のUDP展開は、銀塩時代は厳しいものがありました、ある年は違う趣味に没頭していた時期もありエンド通いを疎かにすると、全くと言っていいほど撮れてない「年」があります。「通わないと撮れない」身に染みました。
>うみ太郎さん
 3人組で展開でしたね。もうひと昔になるのですね、またお会いしたいです。


Re: Harrier Part.13-2 Name:Takafumi HIROE Date:2015/02/23(Mon) 20:10 No.13691
>CJさん
千歳基地航空祭には、何度か(も?)ハリアーが展示されたと思いますが、私はその実態をしりません。
もっとも、私の地元である厚木基地の公開さえ整理できてなく即答できない(^_^;のですが、
いつかは三軍記念日からWings、そして最近の桜祭りor春祭りまでを整理しなければと思ってます。
私もCJさんも、そして他の基地を主として活動されている方による各基地の公開日の様子が分るように
それぞれ整理したいですね。コレは壮大な計画かもしれませんがね。
1コマ目(No.13667)はハリアーが2機並んでますが、当時は2機以上で展示されることが多かったですネ。
2コマ目(No.13668)のショットを拝見すると、やはり山形から北海道入りすべきでした(笑)


>DOC.Kさん
話題の多いAV-8B初配備のVMA-331ですが、DOC.Kさんは何度か遭遇されてるようで羨ましい限りです。
それも1機ではなく2コマ目(No.13670)の築城基地航空祭には3機も飛来とは何とも贅沢。
VMA-331は14機のAV-8Bで配備されましたが、うち何機が撮れたのか、ご自身でも気にされてますか?。
しかしエンドでの撮影活動でもよく同じ機体の飛来・・・、
1コマ目(No.13669)新田原基地航空祭で撮影された162737/VL-12は
No.13620で紹介された海上自衛隊岩国基地ちびヤンと同じ機体でしたね。
最終章を前にして今回で終了とのこと、お疲れさまでした。ありがとうございます。


>Det.Hさん
1コマ目(No.13671)でWF-01の機首のマークが分りました。ありがとうございます。
No.13637全景で見て『まさか米空軍似?』と思ったのは、やはり間違いでした(笑)
フクロウの羽、大きすぎですネ。
2コマ目(No.13672)はまさしくオーバーヘッドですね。
オーバーヘッド時の高度が厚木基地より低いのでしょうけど、見事に捉えてますね。
しかしDet.Hさんはハリアーの着陸に何故か慌てふためいているようですね(笑)
今は本場と厚木では異なるということで納得してますが、
今度、厚木にハリアーか飛来した時にDet.Hさんの姿を見かけたら、こっそり観察します(笑)
3コマ目(No.13673)は私は撮りたい気持ちはありますが、たぶん撮れません。
その理由の一つは貴重であること、二つ目は私は慌てふためくことは無いでしょう(笑)
しかし、私も3コマ目を撮れる余裕が持てるように、たらふく撮ってみたいです。


>TROUTさん
1993年2月20日飛来のVMA-311 3機は本当に謎です。
この3機について、当時の横田基地のマニアの方々の間で何も話題にならなかったのでしょうか。
横田・岩国、そして厚木のマニアの方々から“点”情報をかき集めたいです。
私は生まれた時から数え切れないほどの猫と一緒に育ちました(笑)
猫にも色々な性格があるものです。肉球を押すと喜ぶ猫、嫌がる猫、これを見分けないとネ(笑)
ハリアーの正面形は、撮れなかったので書きなのです(笑)。もちろん撮れても好きでしょう。
しかしやはり撮ったことがない私には“命”は全く想像もしていませんでした(笑)
またTTROUT語録に新語が追加されましたね。


>Seagullさん
やはりSeagullさんといえば、(通称)岩国上がりの三連発ですね。お待ちしておりました。
2005年は数ヶ月間の配備空白期間後の2005年5月からVAM-311DET.が配備されましたね。
その時、全6機がVMA-513で飛来したと聞き遠い地の私もビックリした記憶が蘇りましたが、
地元の皆さんはコメントどおり狐につままれた思いをされたことでしょう。
直後に“WL”レターに、そして更にHMM-262(R)の“ET”レターに書き換えられたと聞いてます。
1コマ目(No.13678)画像は、Gallery化では、どう表現したらよいのでしょう。困りました。
2007年1月13日は、2コマ目(No.13679)VMA-214DETとVMAQ-4のUDP展開の移動日でしたか。
それは岩国基地で初の(?)ダブルUDPを体験したかったでしょうね。
3コマ目(No.13682)VMA-211DETのハリアー8機の移動日(2009年1月10日)は興奮したでしょうね。
(基本)半年ごとのUDP部隊の交代ですが、半年なんてアッという間でしょう。
FA-18 2個部隊, AV-8, 加えてEA-6Bの展開時は、来日&離日が年に8回ある計算ですよね。
考えてみれば息が抜けない状況のような気がします。
それでは長いマニア活動歴の中では撮れない年、撮れる年、バラツキがあっても当然でしょうね。


>香港01さん
なるほど〜、パイロットのVサインはエンジンの回転数の事ですか・・・。恥ずかしい〜(^_^;
1995年のIATでは英国ハリアー4機も参加したとは何とも豪華な年だったようですね。
しかし紹介のショットを得るには良い展示方法(並び方)かもしれませんが、
1機1機を撮ろうとすると、かなりストレスの溜まる並び方のようですね。
開催側は何を主としているのか・・・、相手はマニアだけではないので仕方ありませんね。





Harrier Part.13 Name:Takafumi HIROE Date:2015/02/23(Mon) 06:38 No.13655   
ラス前なので取り留めなく未出Bu.No.を使用フィルム別(笑)に三連発。

度々紹介している1977年7月の嘉手納基地に遠征したときに撮影したVMA-542DET.BのAV-8A。
約2週間ほどの滞在時に、WH-22 158708, WH-24 158954, WH-25 159259, WH-26 159369が撮影できました。
撮影に使用したポジは、コダクロームのKM25?かな???。

(AV-8A 159369/WH-26, VMA-542 DET.B, 1977年7月9日、嘉手納基地R/W23R着陸)

1992年11月22日(日)、厚木基地R/W19離陸するVMA-231の162744/CG-06。この時は162741/01と共に離陸。
VMA-231は前任のVMA-223と交代した直後で機体はVMA-223から全20機を受領。
#01は“CG”レターはもちろん、部隊を表す文字は一切書かれてませんでした。
この日は前日に飛来したVMAQ-2 EA-6Bx2と米空軍35TFS[WP]のF-16 4機の離陸も期待したのですが、
私の撤収後にVMAQ-2のEA-6B 2機は離陸したそうです。
撮影に使用したポジは、コダクロームのKR64あるいはPKR64。
妙な発色や粒状の荒れがひどくなり始めた頃だったと思います。

(AV-8B 162744/CG-06, VMA-231, 1992年11月22日、厚木基地R/W19離陸)

Part.12 No.13636紹介と同じVMA-214 DET.B所属AV-8B+(R) 165417/ET-51。
この部隊は2002年7月〜2003年6月の異例な展開のためか厚木に頻繁に飛来しました。
撮影に使用したポジは、KR64/PKR64のひどさに閉口し1990年代末頃には手を切り、
↓はフジクロームプロビア RDP II。
ISO100の割には粒状は整って綺麗でしたが発色はやはり私はコダクロームが好きです。
私のポジ撮影は1970年代にISO25からスタートしISO64を経てISO100は2004年で終えました。
今ではISO感度をケースバイケースで自由に変えたデジ撮影になり、ずいぶんと楽になりました。
う〜ん、なんだか話題が本線から外れてる(^_^;

(AV-8B+(R) 165417/ET-51, VMA-214 DET.B, HMM-262(Rein)/31st MEU、2002年7月23日、厚木基地R/W19着陸)

Re: Harrier Part.13 Name:T.H Date:2015/02/23(Mon) 07:06 No.13656
ラス前の今日は 少しマニアックな話題、VMA-223は他の方にお任せして脇道を歩み たぶん広江さん好み?な話題を3枚を並べてみます。

私が最初に出会った AV-8B はこの機体で、1986年夏 カナダのアボッツフォードでした。XE #10-162721が1機のみ飛来して連日デモフライトを実施したので、短距離離陸、高速パス、そしてこのカットのホバーリング等 ポジ・白黒(テクパン)で 最初から B型ハリアーは好条件にて撮れました。

ABBOTSFORD , Canada  -8 AUG 1986  AV-8B XE #10 ー162721 VX-5


Re: Harrier Part.13 Name:T.H Date:2015/02/23(Mon) 07:06 No.13657

5年後、 よせば良いのに 真夏の Yuma へ出かけて 増殖していた Harrier II USMCのB型を 酷暑に負けず撮っていたら、R/W03L へPARアプローチして来た2機のハリアー。リーダーが 162721なのですが、この時はXEのテイルレター無し、Side No.は#88に成っています。ウイングマンは SDレターがあるので、 NAS Patuxent RiverのNAWC-AD所属かと思われます。

> 広江 さん
’91年 #88 ー162721 のハリアーは、NAWC-WD NAWS China Lake 所属だったのではないかと推測しますが、いかがでしょうか?


MCAS YUMA  -1 JUL 1991 AV-8B  #88 ー162721 NAWC-WD ?、 SD #620 ー161576 NAWC-AD Pax River 


Re: Harrier Part.13 Name:T.H Date:2015/02/23(Mon) 07:07 No.13658
そして 更に 4年後の秋、VX-9 XE のテイルレターを入れた 162721に 5度目の遭遇となりました。

'94年春( 小写真)と秋にも ユマで XE #45ー162721で撮影していましたが、'95秋には Side が #745になりテイルレターがカウンターシェードに変化しています。
VX-4 + VX-5 = VX-9 2個飛行隊合併 が 1993年だったと思いますので、'94、'95に出会ったときはSideが2ケタ→3ケタへの変化はあるものの供にVX-9所属。

謎は'91年撮影時 XE テイルレターが書かれていない、Sideが #88という 妙な番号の時期は何処の所属だったのかなぁ〜
もしかしたら Chain Lake の Weapon Test Squadrn " Dust Devils " かなぁ〜? 実戦部隊でない飛行隊だけに資料・記録が少ないです。

> 広江さん
2枚目の時期 どこの所属だったのか?大きな宿題デ〜ス(笑)
今日紹介の3枚は全て Kodachrome64での撮影。小写真だけ Ektachrome Panther 100での撮影です。PROVIA100へ移行よりも先に、'94年に一度 Ektachrome100を200本位使いました。粒状はVery good But、発色は・・・赤い!最初の方に投稿したスペインのAV-8S、TAV-8SもPanther100で撮影しています。原版はかなり赤いですが、取込んでからの補正での柔軟性はKodachromeの発色が悪いコマより自由度が高いと最近気が付きました!暗い曇天下、背景の方が明るい等 悪条件でのKodachromeポジからは、どう頑張っても色が出せないコマが結構あり デジ化では難儀しますよね(苦笑)


NAS FALLON  13 OCT 1995  AV-8B XE #745ー162721  VX-9


Re: Harrier Part.13 Name:Gulf4 Date:2015/02/23(Mon) 08:20 No.13659
No.13652のWL-26と同じ日、1993年2月20日、横田基地に着陸するVMA-311所属のAV-8B(163867/WL-21)です。
まだ登場していないBu.Noですが、さらに所属部隊の動きも謎ですね。
撮った当時は疑問にも思っていませんでしたが、資料が出回る様になった現在は疑問も増えます。


Re: Harrier Part.13 Name:toksans Date:2015/02/23(Mon) 09:27 No.13660
広江さん、皆さんおはようございます、

昨年の秋に行われた兵器戦術教官育成演習(WTI)の写真を紹介します。WTIはユマにあるMAWTS-1が主催し年2回実施されます。その目的は各部隊で訓練士官となる兵器戦術教官を育成することですが、同時に生徒は卒業後MAGTFにおける計画立案に携わることになります。
WTIはほぼ1週間ごとの6個のブロックによる積み木方式の教科課程から成り立っており、海兵隊のすべての分野の説明を受ける“Generics”、つづいて航空任務ごとの“Commons”に移り、ハリアー飛行隊はKC-130、F/A-18、UAV、EA-6Bが含まれる戦術航空を深く学ぶことになります。飛行前の最後の座学が“Specific”で、ここではハリアーの隊員はハリアー独自の戦術を深く学びます。
最初の機体はVMA-223のAV-8B WP00 165310。2014年10月7日の撮影です。


Re: Harrier Part.13 Name:toksans Date:2015/02/23(Mon) 09:28 No.13661
飛行訓練の第1週目は“Specific Fly”と呼ばれ、ここではハリアー飛行士はハリアーのみの飛行を行います。続いて“Commons”と呼ばれる段階に入りすべての戦術航空機が、空中給油、電子妨害、爆撃などの訓練を行います。これに続く最終週には参加者全員が一緒になって“Generics”と言う教科を行います。ここではMAGTFの戦闘部隊がすべて参加するMAGTFレベルの演習が、トウェンティーナイン・パーム訓練地域などで行われます。MIDWAY世代さんが#13424で紹介されているVMA-231のAV-8B CG04 165594ですが、実弾演習のためか地上員の数が普段より多いように見えます。機首左側面には爆弾5個のスコアが描かれています。撮影日は2014年10月7日。

Re: Harrier Part.13 Name:toksans Date:2015/02/23(Mon) 09:28 No.13662
飛行訓練に向かうVMA-231のAV-8B CG09 165383ですが、AV-8Bの低圧タイヤのせいか随分機体が重そうに見えます。WTIに参加する戦術航空機はユマ所属機を除きすべて南側のエプロンに集められますが、このエプロンが増設されたためにRWY03の午前のタキシングポイントが無くなってしまったそうです。撮影は2014年10月7日。

Re: Harrier Part.13 Name:geta-o Date:2015/02/23(Mon) 11:51 No.13663
広江さん、皆さんおはようございます。
ハリアーもラス前になりましたね。
特に変わったものではありませんが使用期間が短かったためかあまり出ていないVMA-331の未出Bu.No.を3つ。いずれも航空祭での撮影です。
最初はVL-01(162948)1989/8/6 千歳


Re: Harrier Part.13 Name:geta-o Date:2015/02/23(Mon) 11:52 No.13664
2枚目も同じく1989/8/6 千歳で撮影したVL-02(162742)

Re: Harrier Part.13 Name:geta-o Date:2015/02/23(Mon) 11:53 No.13665
3枚目は1989/11/12 小牧の航空祭で撮影したVL-14(162740)
広江さん
写真をよく見るとVL-14は162740のようですね。
修正しておきます。2015/2/23 22:00


Re: Harrier Part.13 Name:すっかいうおりゃ Date:2015/02/23(Mon) 12:11 No.13666
広江さん 皆さんこんにちは!
某国自宅CPで使っていたPhotoshop 5.5が、突然言うことを聞かなくなり 再インストールの必要あり しかし ソフトは、日本に置いたままであり せっかく持ってきた材料を加工できなくなりました。皆勤賞はまたも見逃し・・加工してあった数枚からラストまでの間 参加させていただきます。
 丁度 冒頭に広江さんが話題を振ってくれたので出しやすくなりましたVMA-542のAV-8Aです。1977年8月末は、WH-26のお姿はありませんでしたが WH-23がよく飛んでいました。
1977/8 Kadena AB R/W05 VMA-542 WH-23 Bu,No,158710 ネオパンSS ・・KR-25とは差があり過ぎます(^^;


Re: Harrier Part.13 Name:Takafumi HIROE Date:2015/02/23(Mon) 17:32 No.13677
>T.Hさん
特定の機体(AV-8B Bu.No.162721)、それもマニアックな部隊での変遷三連発、そして大きな宿題(笑)、
確かに私好み(笑)ですネ。ありがとうございます。
しかし最初に前置きが必要です。
Bu.No.162721は1999年8月30日にDeath Valleyで墜落してます。
最後の所属は“XE-745/VX-9”・・・、塗装までは分りませんが、No.13658撮影の4年後のことです。
T.Hさんにとって最初に出会ったAV-8B 162721、そして変遷を捉えていった162721、
この思い出深い機体が、よりいっそうT.Hさんの深い思い出として残り続けることでしょう。

さて2コマ目(No.13657)のリーダー162721が宿題でしたネ。
と言っても、先にT.Hさんが先に答えを出してます(笑)。BBS II Galleryでの表記は“88/162721, NAWC-WD”ですね。
先に調べていただき、助かりました。
しかし私はウイングマンの161576にも引っかかりました(笑)
飛行浪人さんがPart.11 No.13622で紹介された機体が同じ161576ですが、1989年5月当時はNAWC-WD所属。
T.Hさんが1991年7月に撮影された時はSD-620/162721, NAWC-AD。
1990年頃までNAWC-WDに所属していた161576が、NAWC-ADに移管されたのを初めて知りました。

3コマ目(No.13658)はT.Hさんにとって162721の最後の撮影となったのでしょうか。
小写真の#45時代を含めると、少なくともT.Hさんは162721と4回は遭遇しているようですね。
1996年から1999年の間に162721を撮影されているのかチェックする必要があるかもしれませんね。

Ektachrome Panther 100ってありましたね。ひょっとして私も試したコマがあるかもしれません。
Kodachromeポジの好天下撮影以外は本当に難儀してます。
スキャナで調整してもスキャン後に画像加工ソフトで調整しても、どうにもならないポジがたくさんあります。
どこかのメーカーでKodachromeポジ専用のスキャナを発売してほしいです(笑)
その点、PROVIA100は楽ですねぇ〜。ただ色合いがちょっとね。
これらのことを考えると今のデジは本当に楽です。機材のスペックに委ねる部分が多いのが私には難点ですが(笑)


>Gulf4さん
今日の紹介で1993年2月20日に横田基地に飛来した3機のBu.No.が判明しました。
ひとまずお礼です。ありがとうございます。

今のところ・・・の前置きで謎とされる機体は、163517/WL-26, 163690/WL-24, 163867/WL-21。
謎を解く手がかりは全く分りませんが、一つ推測できるのは私のページが間違っている可能性。
1992年11月〜1993年5月に展開したと記述したVMA-231が間違ってる???。

そこでBu.No.に注目してみます。
3機の撮影の前年1992年5月〜1992年11月に展開したVMA-223に3機のBu.Noは含まれてなく、
VMA-223は1992年11月に人員のみが帰国し運用していた全20機を次部隊に引き渡してます。
仮に次部隊がVMA-231は間違いでVMA-311が正解という論点で推測しても、
前任VMA-223自体に3機のBu.No.が存在しないのでは謎を解く手がかりとはなりません。
そしてもう一つ不思議なのは、3機とも1995年11月〜1996年5月に展開したVMA-513で運用されてます。
だから何?と問われても、続きのコメントは全く思いつきません(^_^;

キーポイントは今日紹介されたAV-8B(NA)163867/WL-21かもしれません。
色々な“点”を集めてはそれを眺め、そして何かが閃くことに期待するしか今のところ手立てがありません。


>toksansさん
兵器戦術教官育成演習(WTI)については紙面等で読んでますが、正直、詳細まで理解してませんでした。
エンドでヒコーキだけを追い求めては理解できない“人・物・金”の仕組みは大変に興味あります。
実戦に近い組織での実弾での演習時の2コマ目は人の動きの違いが垣間見えます。
トウェンティーナイン・パーム訓練地域の役割も理解できます。
細かく挙げたらキリがありませんが、toksansさんからの要所を捉え画像付きの解説は本当に勉強になります。
ありがとうございました。
3コマ目(No.13662)のように重たそうに見えるハリアーは本当に格好いいですネ


>geta-oさん
1989年6月〜12月に日本で初のAV-8B配備部隊となったVMA-331が日本各地で展示された話題が紹介されますが、
これまでに、新田原、木更津、横田、岩国、築城、芦屋、(他のモレがないかな?)での姿が紹介されてます。
そしてgeta-oさんから更に千歳と小牧が紹介されました。
1989年後半の航空祭シーズンには、各地で紹介されたことを改めて実感しました。
その年の厚木基地の公開は1989年5月21日、ちょうど部隊交代が間近だったことが起因してか、
前任A-4M装備のVMA-211の最後の姿もなく当然AV-8Bの姿もないタイミングの悪い時のVMA-331配備でした。
なお1コマ目(No.13663)ですが、私のリストが間違っていたようです。後ほど正しく訂正します。
ありがとうございました。
3コマ目(No.13665)ですが、最後の一文字を再確認願えますか?。
162740か162743かを再確認したいのです。お手数かけますm(_ _)m


>すっかいうおりゃさん
PCにただをこねられるとは・・・、あともう少しなので現状で持ち堪えてください。
私が嘉手納に遠征した1977年7月の翌8月にすっかいうおりゃさんが遠征され、
その話題が続き嘉手納の様子の変化がこれまでにも何度か紹介されたと思います。
相変わらずVMA-542DETは元気だったようですが、一部の機体が異なるようですね。
全てではないかもしれませんが、私の展開した7月は、あと#21と#23でコンプリートでした(笑)
翌8月に#23が確認されてますが、私はそこまで長期に滞在すれば良かったのかな(笑)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -