GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





C-17 Final Part-2 Name:空と鉄と Date:2015/03/20(Fri) 18:36 No.13908   
横田で大型輸送機の展示ではロープが張られずに機内公開されることも多いためにどうしても訪れた人々が集まり、機体のみをクリアーに撮影するのが困難なため簡単に全景を撮り、18WG/909ARSのKC135や961ACSのE-3、そしてC-17など、凝ったデザインのものが増えてきているエンジンのインテイクカバーを楽しみにするようになりました。

一枚目は2007年8月25日の横田公開時に展示されていた15AW/535AS C-17A 05-5147です。
機体のグレーに近い色にモノクロの15AWと154WGのワッペン、"Na Koa Lewa""Power from the Pacific"の文字が上下に書かれていました。


Re: C-17 Final Part-2 Name:空と鉄と Date:2015/03/20(Fri) 18:36 No.13909
二枚目は2014年9月7日の横田公開で展示されていた同じくハワイの15AW/535AS C-17A 05-5150でカバーがカラフルに進化していました。
こちらは"AMERICA'S AIRMEN""NA KOA LEWA"の文字とヘルメット状の防具でしょうか?が描かれていました。


Re: C-17 Final Part-2 Name:空と鉄と Date:2015/03/20(Fri) 18:37 No.13910
三枚目はやはり楽しみの一つとなっている夕焼けと横田トラフィクを自宅から狙うことで、機体のディティールは分からなくなってしまうのが難点でしょうか。
2013年9月17日の夕方、綺麗な夕焼けに染まった空をバックにR/W36へ着陸する62AW C-17A 90-0532で自宅より撮影したものです。
 
今回も皆さんの体験や写真を楽しく拝見し参加させていただきました、次のお題も楽しみにしています。



Re: C-17 Final Part-2 Name:THUD Date:2015/03/20(Fri) 19:00 No.13911
私が厚木で撮影した唯一のC-17 (98-0056/AK 3rdWG 176thWG)で2014年2月18日の撮影ですが、着陸でも離陸でもなく上空通過です(笑)次のお題までサヨウナラということで・・・というよりもNo13898でtoksansさんの紹介画像が私のど真ん中ストライクだったので、出てくるつもりはなかったのですが出て来てしまいました(笑)
>toksansさん
前述したように私にとってはど真ん中ストライクの画像でした。いや〜カッコいいですねぇ。最高です。


Re: C-17 Final Part-2 Name:waka Date:2015/03/20(Fri) 20:21 No.13912
広江さん、皆さんこんばんは。
前回(No.13884)の「スーパーボウル」の日のように、平日展開できるようになったのは、最近のことです。
それまでは、真面目なサラリーマンで平日に休むことなど頭になく、まったく気にかけていませんでした。
それでも、F-22が撮りたくて2009年に休暇を取って嘉手納に行った時に撮ったR/W05Lを離陸するC-17です。
C-17A 99-0169 AK 3rdWG PACAF/176thWG ANG 2009年7月11日 嘉手納基地
皆さんの投稿をみると、この機体は、ずいぶんと色々な部隊を渡り歩いていますね。
さて、次のお題は参加できるか疑問ですが、今回も楽しませて頂いてありがとうございました。


Re: C-17 Final Part-2 Name:A-330 Date:2015/03/20(Fri) 20:54 No.13913
広江さん、皆さんこんばんは。

最終章に既出No機でためらっていましたがA-330最後っ屁で参加させていただきます。
くっさ〜い一発で(汗)、サンライズマウンテンをバックに軽快なデモ飛行を行うグロマスを。

C-17A 95-0104 437thAW AMC (315thAW/AFRC)1997年4月ネリス


Re: C-17 Final Part-2 Name:Gulf4 Date:2015/03/20(Fri) 21:13 No.13914
震災後に被災地を訪問した、アメリカのバイデン副大統領が乗る車と、シークレットサービスを輸送するため仙台空港に
飛来した436th AW/512th AWのC-17A(07-7170)。この時はスラスト・リバーサーを使ってスポットアウトしました。
後ろに見えるのは緊急用の管制塔ですが、この頃すでに運用は終わっていたと思います。
「トモダチ作戦」でもオーストラリア空軍を含め、C-17は何度か仙台空港に飛来しましたが、撮れませんでした。
撮影日は2011年8月23日、仙台空港での撮影になります。すみません撮影日の記述を忘れていました。


Re: C-17 Final Part-2 Name:うみ太郎 Date:2015/03/20(Fri) 23:57 No.13915
最後の3枚ですが、もう珍しいのはありません。
まずタラビス基地のC-17です。機種変更前のC-141時代は毎日の様に見られたC-141のニックネームのイモの中でも一番見られたイモ部隊でしたが、C-17になってからはハワイANG、アラスカANGに変わられてあまり見れなくなっています。ニックネームがトラビスなので隊長機か?他に塗装の変化は無いので詳細はわかりません。

2014年3月28日 横田基地 21AS/60AMW AMC 07-7179 "SPIRIT OF TRAVIS"


Re: C-17 Final Part-2 Name:うみ太郎 Date:2015/03/21(Sat) 00:04 No.13916
2枚目もトラビスのC-17です。 初期の帯はC-141時代のものと同じ様なデザインでした。
つばどんさんがNo.13844で同じシリアルの機体を貼られていますが、前回に貼ったのと同じ帯で全面白ベースに変更されています。比較で2枚続けて貼っておきます。いつ変更されたのかは把握出来ておりません。
2009年6月26日 横田基地 21AS/60AMW AMC 06-6159 "Spirit of Golden Gate"


Re: C-17 Final Part-2 Name:うみ太郎 Date:2015/03/21(Sat) 00:18 No.13917
最後は何枚か出ていましたが、2009年の三沢基地航空祭でデモフライトを行うアラスカのC-17です。
ブルーインパルスを絡めてみましたが、ブルーとC-17が一緒に見れる可能性があるのは、この画像の三沢基地しかないかな?

広江さん>慣れない空軍輸送機のフォローお疲れ様でした。次回のお題も参加出来そうなので頑張ります。

2009年10月18日 三沢基地 517AS/3WG PACAF AK 00-0171 "Thunderbird #14"


Re: C-17 Final Part-2 Name:D-men Date:2015/03/21(Sat) 00:53 No.13918
未出機2枚と最後は離陸で締めます。
1枚目は2011年11月15日にR/W36に着陸する、62nd AW AMC(446th AW/AFRC)のC-17A(00-0180)。
この頃から横田に飛来し始めた?ワールドのB744Fを撮影しに行った時に撮影したものです。


Re: C-17 Final Part-2 Name:D-men Date:2015/03/21(Sat) 01:03 No.13919
2枚目は437th AW AMC(315th AW/AFRC)のC-17A(08-8190)。2012年9月17日撮影。
この日は朝の7時前から17時過ぎまでミッチリと展開。朝一のATI DC-8から始まり、RC-135S,E-4B,C-37A,AC-130と来日していた米国防長官も横田の多彩なトラフィックにビックリしたことでしょう。笑


Re: C-17 Final Part-2 Name:D-men Date:2015/03/21(Sat) 01:17 No.13920
既に紹介されている機体ですが、2013年1月12日に横田のR/W36を離陸する729th AS/452nd AMW AFRCのC-17A(05-5144)です。 離陸の角度、日当たり、部隊、自分が撮影したC-17Aの離陸で一番条件のいい写真です。



Re: C-17 Final Part-2 Name:PAPPY Date:2015/03/21(Sat) 21:54 No.13921
広江さん、皆さんこんばんは。
Finalの参加は諦めていたのですが帰宅して見たらまだ最終レスが未完了なので駆け込みでスミマセン。
2009年10月17日浜松基地航空祭でサンダーバーズが来ると言うので行って来ました。
演技開始直前から雨が本降りなり中止かと思いましたが何とか飛んでくれました。
バーズ支援に2機のC-17Aがあたったようで、その1機 C-17A 00-0171 ELMENDORF AK 3rd WG/176th WG です。


Re: C-17 Final Part-2 Name:PAPPY Date:2015/03/21(Sat) 21:55 No.13922
同じバーズ支援のもう1機 C-17A 05-5147 HH 15th AW/154WG "ThunderBird #15" です。


Re: C-17 Final Part-2 Name:PAPPY Date:2015/03/21(Sat) 21:57 No.13923
最後はTHUDさんと同じような状況ですが2013年4月22日厚木上空を01エンドからタワー方向に向かって通過する
C-17A 99-0059 McCHORD で機首のマークは確認できませんがD-menさんのNo.13839と変わっていなければ
62nd AW/446th AW です。 
また次のお題を楽しみにしています。


Re: C-17 Final Part-2 Name:Takafumi HIROE Date:2015/03/22(Sun) 08:46 No.13925
>空と鉄とさん
私は大型機の地上展示姿は、まず番号屋としての垂直尾翼(笑)、そして機首や部隊マークの撮影で終わり。
エンジンカバーまでは全く気づいてませんでした。
No.13908とNo.13909の紹介で、年と共に派手さが増すのが、他にもあると納得できますネ(笑)
しかし各々のニックネームなどの違い等々、確かに撮影の楽しみがあるとうなづけます。
自宅から三コマ目No.13910のシーンが見られるとは羨ましい住居環境ですネ。
最後を飾る雰囲気のショット、ありがとうございます。
おそらく次のお題も持ち駒豊富そうなので期待してます。

>THUDさん
結局、最新画像は得られなかったようですね。
ちょっぴり期待してましたが、THUDさんご自身も残念無念だったことと思います。
THUDさんが今回の話題C-17Aの持ち駒数が多くなかったのは、ちょっと意外でした。
しかし最後に登場していただき(笑)ありがとうございます。

>wakaさん
私は不真面目なサラリーマン時代を過ごしたので、wakaさんの言葉はズシリと重いです(笑)
しかしwakaさんの滅多にないヒコーキ撮影目的の休暇取得のお目当てがF-22とは意外ですねぇ〜。
もっと以前に何かの米海軍機目的での休暇があると思ってました。
紹介の99-0169は部隊の変遷の一部かもしれませんが、Gallery化で並べると面白いですネ。
大型機にも部隊間の移動があると改めて認識させられる1機です。

>A-330さん
期待していた三沢基地でのC-17Aのデモフライトの様子が紹介されまでんでしたが、
紹介のショットはサンライズマウンテンをバックに行うデモフライトの様子が分ります。
最初と最後に登場しないと、A-330さんも、そして私達も気がおさまりません(笑)
ありがとうございます。

>Gulf4さん
スミマセンが、撮影日を追記下さい。
以前も話題にしましたが、震災直後から復旧されていく状況をまとめるのも一つの大事な記録だと思います。
各地で当時の状況を捉えた方々のまとめを何方かが担っていただきたいと願い続けてます。
私の身近な厚木や横田で捉えられた機影の数々は、要コメントの間接的な記録の補足にしかならないでしょう。

>うみ太郎さん
C-141の愛称『イモ』を連発されてますが、C-17Aのことではないですよね?。
一コマ目07-7179はSeagullさんが紹介されてますし、私にはC-17自体が貴重ですのでネ(笑)
ところで、横田のマニアの皆さんにはC-17Aの愛称はないのでしょうか。
私の頭の中では曖昧だった“TRAVIS”の帯の違いは、具体的に紹介されて再認識しました。
“Thunderbird #14”は、この年が起源でしたね。
空と鉄とさんがPart.2 No.13784で紹介された2011年まで残り続けたのは、当人達の誇りの証でしょうかね。

>D-menさん
横田に展開された記録も大事にされているようですね。
長年経ち展開の回数も重ねると、記憶だけでは限界に達し曖昧となりますので記録の重要性がより増します。
今後も厚木はもちろんのこと、横田に展開した日の記録は続け下さい。
記録は、その時や直後は価値がないと感じますが、いつか役に立つことが絶対にあります。
三コマ目No.13920は真冬の早朝のR/W18離陸でしょうか・・・。
同じ部隊や機体を何度も撮って何が面白いのかのようなニュアンスの言葉をごく稀に聞きますが、
様々な条件下でのベストショットを追い続けることが大事と伝えるコメントと画像です。

>PAPPYさん
私は、ちょうど20日夕方〜22日朝にかけてレスできない状況となりましたので、
絶好のタイミンクの滑り込みセーフとなりましたね(笑)
2009年のサンダーバーズ来日は天気に泣かされたことが多かった時でしたよね。
浜松で撮影された2機(00-0171と05-5147/HH)は、Gallery化で並べて見ると面白いことに気づきました。
00-0171は、同日の横田基地で撮影された姿がPart.1 No.13765でGulf4さんが紹介され、
そして翌日に三沢基地で撮影された姿がFinal-2 No.13917でうみ太郎さんが紹介され、
“Thunderbird #14”の二日間の動きが皆さんで確認されました。
05-5147/HHは、前々日に千歳で確認された姿がsugairさんNo.13863、CJさんNo.13886で紹介され、
“Thunderbird #15”の当時の動きが目撃されてますね。

>つばどんさん
Part.8 No.13867紹介YC-17A 87-0025/EDの部隊表記を訂正して下さい。

>皆様
最終章は私事でレスが大変に遅くなった事をお詫びします。
今回は次のお題“US Cargos”の前段として開催しました。
正直なところ、これほどまでに大盛況となることは予想もしてませんでした。
そして開催前まではC-17Aがこれほどにも個性があって格好良いとも思ってませんでした。
しかし皆さんの紹介が進むにつれ、格好良さが発見できました。
また数々の勉強もさせていただきました。
上記これらは皆様のおかげです。ありがとうございました。


Gallery化の最終形は以下になりました。
http://www.gonavy.jp/bbs2-c17.html
次の定例更新(3/24夜予定)には正式にリンクしますので、間違い等がありましたら指摘下さい。





C-17 Final Name:Takafumi HIROE Date:2015/03/20(Fri) 08:06 No.13897   
最終章は厚木基地の話題の離陸三連発。しかし全て15AW/WGの「HH」(笑)。


Part.3 No.13786で紹介した05-5149/HHは、VFA-115第二陣の移動支援で2009年12月14日(月)に飛来。
翌12月15日(火)はVFA-115と交代に帰国するVFA-192の移動支援で本国に向かいました。
VFA-192 第一陣 FA-18C 6機は09:35頃に離陸。
VFA-192 第二陣 FA-18C 5機は10:10頃に離陸。
そして↓の15AWのC-17A 05-5149/HHが11:30頃離陸しました。
この時のTrans-PacはPart.8 No.13858でコメントしたVFA-195 FA-18Eの本国⇒日本の逆コース、
【 厚木 − ウェーク − ハワイ − NAS Lemoore 】でした。

(C-17A 05-5149/HH, 15th AW, 2009年12月15日、厚木基地R/W01離陸)


VFA-195が本国でFA-18CからFA-18Eへの機種転換訓練を終えた後の事はPart.8 No.13858で説明しました。
↓はその前の話し、つまり機種転換のために本国に向かう時のエピソードです。
05-5151/HHは2010年11月29日(月)厚木に飛来。
VFA-195のFA-18Cの出発は翌11月30日(火)。
VFA-195 第一陣 FA-18C 5機の離陸は06:40頃。ちなみに、この日の日の出は06:31。
VFA-195 第二陣 FA-18C 5機の離陸は07:20頃。
そして↓の15WGのC-17A 05-5151/HHが10:40頃離陸しました。
ちなみにVFA-195 第二陣 FA-18C 5機は何らかの理由で10:00頃に戻り、
翌12月1日(水)再び日の出とほぼ同じ時刻の06:30頃離陸しました。

(C-17A 05-5151/HH, 15th WG, 2010年11月30日、厚木基地R/W01離陸)


3枚目は謎のエピソード(笑)
2012年9月14日(金)20:00頃、15WGのC-17A 05-5152/HHが飛来。
この日は、沖縄に接近する台風16号からの台風非難でVMGR-152 KC-130J 6機が飛来した日。
しかしC-17Aは台風避難とは関係ないだろうと思ったものの、翌15日には動かず。
台風16号が沖縄から離れKC-130J 6機が離陸した9月17日(月)も05-5152/HHは動かず。
もう夜逃げされるな、と諦めてましたが、18日にも厚木に居る・・・。
そのうち私も皆さんも05-5152/HHが居ることすら意識しなくなりました(笑)
そして飛来から10日も経った9月24日(月)09:40頃離陸し、ホームベースに帰って行きました。
いったい何をしに来たのか、何故10日間も居続けたのか、全く分りません。
何かのトラブルで帰れなかったのかなぁ。それにしてはFCFもせず、あっさりと離陸しました。
そう、機体はPAPPYさんがPart.9 No.13875〜No.13877で紹介されているのと同じ機体。
FCFもせずに『Go for Broke!』と言って離陸したかどうかは定かではありません(笑)

(C-17A 05/5152/HH, 15th WG, 2012年9月24日、厚木基地R/W01離陸)

Re: C-17 Final Name:toksans Date:2015/03/20(Fri) 10:20 No.13898
広江さん、皆さんおはようございます、

いよいよ最終章ですね。皆さん比較的地味な機体に関わらず、いろいろな角度からC-17の特徴を捉えた良い写真を撮られていますね。
2012年3月23日、オアフ島北の海上で535AS/15WGのC-17A 05-5147(搭乗機)と密接編隊演習を行う517AS/3WGのC-17A 00-0174です。この機体は2011年3月20日にJessica Regni大尉の操縦で震災後初めて仙台空港に着陸したC-17Aです。353SOGの資料によると353SOGの特殊作戦戦術隊が仙台空港に入ったのが3月16日午前8時30分。9時には5,000ftの滑走路を確保して10時にはC-130の運用が可能であると宣言されました。当初1番機に予定されていたのは松島空港に降りていたMC-130Pでしたが、当日天候の悪化が予想されていたため悪天候に強いMC-130Hが選ばれることになりました。このため韓国大邱で演習中であったMC-130Hが急きょ呼び出され、横田経由で午後2時30分に仙台空港に着陸しました。機長のJustin Norton大尉に見せてもらったiPhonには着陸後目の前に迫った流出車両の山が映っていました。3月20日には9,500ftの滑走路が確保されC-17Aの着陸が可能となり、4月13日には民間航空機の運用が可能となりました。“カイハツシャ作戦”と呼ばれたこの作戦を指揮したJohn Trayler中佐は、被災者に希望をもたらす民間機運用を最大の目標として復旧作業を行ったと言っていました。


Re: C-17 Final Name:toksans Date:2015/03/20(Fri) 10:20 No.13899
2012年6月15日エルメンドルフ‐リチャードソン統合基地を離陸する535AS/15WGのC-17A 05-5151。

>広江さん、
空軍予備役とANGの違いは、前者が米国法典で定められている軍隊の一部として平時も連邦(空軍)の指揮下にあることです。第二次世界大戦後の予備役再編成の時から(この時初めてANGが空軍の予備役として位置づけられた)、幾度も予備役とANGの合体が議論されました。しかし米国独立戦争時代の民兵(militia)を起源とする州兵の廃止に各州が常に反対してきたため、今もって(これからも)実現していません。
海軍の予備役ですが、彼らもパートタイムのSelected ReserveとフルタイムのFull Time Supportを持っているので基本は同じだと思います。VFC-13の隊長と話した内容では、ファロンに常時いるのは少数のFTSで、Air Wing Fallonなどの大きな演習のある時にSRを招集して数を埋めると言っていました。


Re: C-17 Final Name:toksans Date:2015/03/20(Fri) 10:21 No.13900
#13899の続き写真で、次のテーマでまたお会いしましょう。

広江さん、今回もこういう機会を設けていただきありがとうございました。


Re: C-17 Final Name:geta-o Date:2015/03/20(Fri) 13:17 No.13901
C-17の最終章も特別なものは有りませんので未出のシリアルを3つ
#13878はすいませんでした。日付修正しておきました。
写真のシチュエーションは展示飛行のための離陸です。ネリスは逆光の撮影が多いので地面が飛んでしまいました。
1枚目は同じ日に地上展示された98-0053(AETC/97AMW/58AS) 2008/11/9 ネリス
尾翼に58ASと書かれていたので隊長機ですかね。


Re: C-17 Final Name:geta-o Date:2015/03/20(Fri) 13:18 No.13902
2枚目は
2007/9/2 三沢の航空祭で撮影した02-1102(62AW/446AW)
撮った写真はこれ1枚なので展示飛行をしたのかはわかりません。


Re: C-17 Final Name:geta-o Date:2015/03/20(Fri) 13:20 No.13903
3枚目は
2011/1/25 嘉手納で撮った同じ部隊の99-0165(62AW/446AW)
嘉手納展開中の「AK」のラプターを撮りに行ったついでに撮ったC-17

それでは次のお題まで


Re: C-17 Final Name:Seagull Date:2015/03/20(Fri) 18:10 No.13904
広江さん、皆さん、こんにちは。
オーラス3枚貼りを。1枚目
2012年6月17日 岩国基地を離陸する62ndAW(AMC)/446thAW(AFRC)のC-17A(09-9209)
新滑走路では、どちらからでも離陸するようになりました。


Re: C-17 Final Name:Seagull Date:2015/03/20(Fri) 18:14 No.13905
2枚目
2014年7月13日 岩国基地、誘導路を離陸位置に向けタキシングする62ndAW(AMC)/446thAW(AFRC)のC-17A(10-0219)



Re: C-17 Final Name:sugair Date:2015/03/20(Fri) 18:26 No.13906
広江さん、皆さん こんばんは。

最後は私が初めて撮ったC-17です、未出のシリアルです。
洞爺湖サミットの2日前、7月5日の朝、空港に到着した時には動き出していて、あわてて撮った 00-0176です。民航側のR/W 19R使用だったので何とかA-1をタキシングする後姿を貨物ビル横から撮る事が出来ました。
>広江さんNo13863 5147/HHはCJさんのNo13818 01-0196と同様、旧ターミナル地区に南向きに駐機していました。
今回も大変楽しませていただき有難うございました。

C-17A 00-0176 fsn50084/fuseF83 cnP76 62AW AMC 446AW AFRC McCHORD AFB
2008.7.05 CTS


Re: C-17 Final Name:Seagull Date:2015/03/20(Fri) 18:32 No.13907
3枚目
2010年7月16日 午前8時ごろ撮影した517thAS/3rdWG(PACAF)176thWG(AK ANG)のC-17A(99-0167)
この日は、VFA-94のUDPが終了、本国に向け1陣×6離陸(6:58)、2陣×6離陸(8:10)しましたが、1陣が3時間後に何かのトラブルで再び岩国に戻ってきました。この1陣は7/29に本国に向け離陸しました。
投稿画像は、VFA-94の機材輸送支援機として動く予定だったと推測するのですが、飛ばず仕舞だったのか?(追跡してません)

>広江さん
 今回も最後までお付き合いができました、お世話になりました。
 この12年間、ギャンブラー的な撮り方をしていたかもしれませんね(笑)そのような中で広江さんを始め多くの方達に出会い、一期一会を大切にして満喫おります。


Re: C-17 Final Name:Takafumi HIROE Date:2015/03/22(Sun) 08:45 No.13924
>toksansさん
BBS IIを開いて最初に目に飛び込んできた一コマ目No.13898の画像にはビックリしました。
三コマ目No.13900で過ぎて行く姿で締めくくられるのも最終章に相応しいですね。
もちろな二コマ目No.13899も、まず見ることのできないショット。全て素晴らしいです。
東日本大震災後の米軍による仙台空港の運用再開への短時間での復旧作業は聞いてはいましたが、
コメントの詳細な解説で本当の意味での状況を初めて知りました。
MC-130HとMC-130Pの運用の差も具体的で大変に興味あります。
USN/USAFの予備役とUSAFのANG/AFRCの違いの解説、これもイメージしていたものが具体的になりました。
以前からあった米海軍予備役は、CVWR-20とCVWR-30が編成された1970年に現実的に捉えられましたが、
当時の『Weekend Warriors』のキャッチコピーのイメージが強く残ったのが私の思い込みの要因です。
やはり、パートタイムとフルタイムがあるのですね。
ANGやUSN/USMCの予備役がWestPac展開した時の要員構成がずっと気になってました。
toksansさんならではの画像の紹介と解説、今回もまた大変に勉強になりました。ありがとうございます。

>geta-oさん
“58AS”と書かれる一コマ目No.13901は隊長機として分りやすいですネ。
この後のFinal Part-2 No.13917で、うみ太郎さんが三沢基地でデモフライトする・・・と紹介されますが、
その00-0171/AKであったのかどうかの記憶は私にはありません。
geta-oさんが二コマ目No.13902で紹介されたNo.13902であったのかどうかも分りません。
いずれにしても、三沢基地航空祭でデモフライトするC-17Aが紹介されなかったのは、ちょっと残念ですね。
三コマ目No.13903が『ついでに撮った』とは今回の主役に何と失礼な!。(笑)
Part.9 No.13878は地面は画像で確認できるのですが、高台の上から撮ったような雰囲気に感じました。
それで撮影状況(環境)が気になった次第です。

>Seagullさん
岩国基地の新滑走路運用開始後は、大型機の北向きR/W02離陸の運用が可能になったのに伴い、
出発方式に多少の変更があったのかは分りませんが、ひねる事には変わりがないようですね。
しかし二コマ目のような転がり姿が撮れるようになったのも変更点の一つでしょうか。
冒頭No.13897の二コマ目でVFA-195の帰国に向けた出発C-17Aの話題をお伝えしましたが、
第二陣の戻りと翌日の再出発に絡み、C-17A自体の動きに変化はなかったように記憶してます。
Seagullさんの三コマ目No.13907の状況が、移動がらみなのかC-17A自体の問題なのかは分りませんネ。

>sugairさん
大型機が滑走路に乗った時の後姿は、私は理由はないのですが何処となく魅力を感じてます。
紹介のアングルも背景がクリアーなので、その雰囲気があり、私の好きな絵的?旅情的?(笑)に好きです。
今回は、おそらくsugairさんには持ち駒の少ない厳しい話題だったと思いますが、
最終章までお付き合いいただき、ありがとうございました。
次の話題も、多い少ないは別にして、持ち駒があると期待してます。





C-17 Part.9-2 Name:D-men Date:2015/03/19(Thu) 21:35 No.13887   
前のスレッドが画像数を越えたようなので、新しいスレッドを立てさせていただきます。

TRAVISの未出機から連番の2機を紹介します。
一枚目は21stAS 60thAMW/349thAMW(AFRC)のC-17A(06-6157)です。
2010年9月19日、三沢航空祭ーが終盤に差し掛かったころに飛来して会場とは逆側にエプロンに入っていきました。この年の航空祭は生憎の天気ながら、A-10のデモやB-52が展示されるなど内容の濃い年でした。


Re: C-17 Part.9-2 Name:D-men Date:2015/03/19(Thu) 21:46 No.13888
二枚目は21stAS 60thAMW/349thAMW(AFRC)のC-17A(06-6158)。
2014年8月16日、嘉手納で撮影です。天候が悪いため見にくいですが、機首にはレッツロールのマークと
「"We Answer The Call Of Others... So They May Prevail"」と書かれています。直訳すると、「我々は勝利のために誰の呼びかけにも応じる」みたいなニュアンスでしょうか。
同じく、TRAVS所属のKC-10にも書かれている機体があるようで、彼らのモットーでなのでしょうか。


Re: C-17 Part.9-2 Name:うみ太郎 Date:2015/03/19(Thu) 23:16 No.13889
No.13809で空と鉄とさんがコメントされていましたテネシーANGの"Memphis Bell"を紹介します。
紹介の機体は2013年にテネシーANGのC-17が横田基地に初飛来した時のもので、ホームベースがメンフィス空港にある為、尾翼の帯には"MEMPHIS"と入っています。メンフィスの機体としては代々引き継がれているメンフィスベルのアートが入っていました。両側で色が違うので3枚貼らせて頂きます。
"Memphis Bell"のニックネームは映画「メンフィス・ベル」に出て来たB-17に付いていたものとして有名です。両側の色と絵は基本的に同じで最後にXIが付くので11代目と思われます。この前の機種でC-5にも居ましたが"Memphis Bell X"とXが付いていたので10代目ですね。

2013年10月23日 C-17A TennesseeANG 164AW 93-0600 "MENMPHIS BELLE XI”


Re: C-17 Part.9-2 Name:うみ太郎 Date:2015/03/19(Thu) 23:19 No.13890
同じ機体の機首アップです。こちら側の絵の服は青です。
2013年10月23日 C-17A TennesseeANG 164AW 93-0600 "MENMPHIS BELLE XI”


Re: C-17 Part.9-2 Name:うみ太郎 Date:2015/03/19(Thu) 23:21 No.13891
こちら側の服はアップしましたが赤です。
この93-0600はC-17としては古い機体でチャールストン、マッコード、アルタスと渡り歩いている様です。

2013年10月23日 C-17A TennesseeANG 164AW 93-0600 "MENMPHIS BELLE XI”


Re: C-17 Part.9-2 Name:つばどん Date:2015/03/20(Fri) 00:32 No.13892
広江さん、皆さんこんばんは。

広江さん>余計な労力を使わせてしまい申し訳ありませんでした。
いつも言われている一手間が、広江さんの負荷を軽減できるんでしたね。
1991年10月13日時点では米空軍の組織大改変前でしたので、
AFSC(Air Force Systems Command)傘下 6517TS 6510TW の様です。
撮影時に認識していたか覚えていませんが、初飛行から1ヶ月程しか経っていなかったようです。

ポジをスキャンしている時間が無かったので、また手近な画像で(^^;)
バックがうるさい画像ですが、March AFB のC-17A AFRC 729AS 452AMW 05-5144 。
2014年8月3日、R/W-18にのるところです。
この日は買い物を済ませてから撮影しました(笑)


Re: C-17 Part.9-2 Name:つばどん Date:2015/03/20(Fri) 00:33 No.13893
連張りOKとのことなので、もう一コマ。
R/W-36から離陸する、C-17A 535AS 15WG "HH" 05-5147 。
朝一でR/W-36からの離陸が撮れると、何となく満足した気分になります(笑)
2014年6月28日の撮影です。


Re: C-17 Part.9-2 Name:ハンズ Date:2015/03/20(Fri) 00:36 No.13894
広江さん、皆さん、こんばんわ。
私の一枚はカナダのCC-177です。トロント空港に隣接する建物の2階でお昼を食べていたら窓の外でいつもと違う大きなエンジン音が、、、慌ててカバンからコンデジを取り出して窓越しに撮ったのですが、近すぎ・大きすぎで翼が切れました。 このTXYはメイン通りではないので普段は往来も殆どない所。 本当にラッキーな出張先での昼休みでした。

CC-177, 177701, 429TS, 2008年11月24日, Toronto - Lester Pearson Int.


Re: C-17 Part.9-2 Name:Takafumi HIROE Date:2015/03/20(Fri) 08:00 No.13896
>D-menさん
『We Answer The Call Of Others... So They May Prevail』
これは村岡花子に翻訳してもらいたいですネ(笑)
たぶん、AMC(Mobility Airmen)のモットー???。詳しいことは以下参照。
http://www.amc.af.mil/shared/media/document/AFD-120928-052.pdf
しかしD-menさんは本当に米空軍機もよく撮られてますねぇ〜。
Part.8のNo.13871でsugairさんにレスしましたが、
2013年までさかのぼって現在まで厚木に飛来したC-17Aは、たったの9回。それも夜降り&夜逃げ数回含み。
もう2012年以前を調べるのが嫌になりましたよ(笑)

>うみ太郎さん
このBBS IIでも度々話題になるTN ANGの“Memphis Bell”ですが、C-17Aにも書かれてるのですネ。
11代目とのコメントいただくと、やはり歴史を感じますねぇ〜。
初代はWW II時代のB-17Fですよね。そこから9代目までは話題に出ていたのかもしれませんが、
私の頭では思いつくことさえできません(笑)。たぶんC-141が入ってるのですよね(笑)
紹介の93-0600の“XI”は左右で服の色が違うとは、マニア的に難儀する機体でしょう。
常々感じてるのですが、大型輸送機は基地名、今の垂直尾翼の帯の中の名前で皆さん呼びますよね。
確かに『チャールストン、マッコード、アルタスと・・・』と誰でも言うとは思いますが、
文章の場合は、そこに少なくともWing名を具体的な補足の意味で入れていただきたいものです。

>つばどんさん
一コマ目No.13892の背景のゴルフ練習場のネット?、横田基地撮影での特徴といえば特徴ですが、
コレは、何年頃から現れたのでしたっけ。
まあ確かに背景が煩くなってしまいますが、この付近で撮ると仕方ないこととなってしまいますね。
二コマ目No.13893の朝一のR/W36離陸。満足した気分に至る何かの要因が潜んでるのかな?。
ひょっとして出勤前の撮影ということかな・(笑)
Part.8 No.13867の補足、ありがとうございます。答えを言われると『なるほど〜』となります。
しかし、自分の知識ではそこにたどり着くのに皆さんの何十倍もの時間がかかります(笑)

>ハンズさん
カナダのCC-177は諦めかけてましたが、食事をする時も気が抜けない救世主が現れた感です(笑)
コメントされてるように、何やら“裏道”のような所をタキシングする姿が面白いですネ。
それにしても、文字が読み取りにくい塗装ですねぇ〜。何か部隊のワンポイントマークはあるのかな。
よく考えてみれば、米軍機の垂直尾翼の帯がないと、こんな感じになるのですかね。
米軍機のカラフルな帯に感謝です(笑)

>皆様
ここはクローズし新たに最終章「Final」を立てます。





C-17 Part.9 Name:Takafumi HIROE Date:2015/03/19(Thu) 09:12 No.13872   
ラス前から離陸三連発(笑)

2011年8月、台風9号(ムイファー“Muifa”)が沖縄本島を暴風域に巻き込みました。
機数は把握してませんが、その時の横田基地への台風避難機の嘉手納への帰投を撮影しに行きました。
しかし離陸は7時過ぎからパラパラと上がり効率は全く良くありません。
その中、台風避難機ではないと思われる473AW C-17A 07-7183の離陸が撮影できました。
ちょうど12時頃の離陸なので、完全なトップ光線でした。

(C-17A 07-7183, 437th AW, 2011年8月7日、横田基地R/W18離陸)


↑を撮影後、午後側で離陸の撮れる撮影場所を求めて右往左往。
『転がり姿が憧れ』と言いつつ、離陸を撮ろうとする私の矛盾した思考回路です(笑)
そしてようやく見つけた場所で撮影したのは3WGのC-17A 99-0167/AK。
意外と低い離陸に『やっぱり離陸だなぁ〜』と一人つぶやきました(笑)
しかし、この13時頃の離陸を撮影した時点で横田基地西側からは真っ黒な雷雲が迫りつつあり、
RC-135系やE-3など本来の撮影目的を果たさず合羽を着て撤収。
帰路は土砂降りの雨&落雷との戦いとなりました。本当に怖かったです〜(笑)

(C-17A 99-0167/AK, 3rd WG, 2011年8月7日、横田基地R/W18離陸)


度々話題にしている2010年11月のAPECフィーバー(古い死語(笑))での厚木基地で撮影した一コマ。
この日(11月10日)は厚木基地にC-17Aが3機(00-0181/62AW, 00-0184/62AW, 04-4137/305AMW)飛来。
ローカルフライトのVMFA(AW)-225のFA-18D 4機の戻りを捨ててまでもC-17Aの離陸に賭けました。
↓の62AW 00-0181は9時過ぎに着陸し12時過ぎに離陸。
顔馴染みとなった農作業をするご夫婦からお茶をご馳走になり待った結果が↓のショットです(笑)
話しは外れますが、前述(No.13845)したヘリ空輸のAn-124が離陸した時もこの場所からの撮影。
上がってくることをご主人に伝えると、遠くで作業中の奥様を呼び寄せ、『でかいなぁ〜』と、お二人で眺めてました(笑)

(C-17A 00-0181, 62nd AW, 2010年11月10日、厚木基地R/W19離陸)

Re: C-17 Part.9 Name:toksans Date:2015/03/19(Thu) 10:15 No.13873
広江さん、皆さんおはようございます、

2014年3月19日ニューヨーク州、スチュワートで撮影したニューヨークANG137AS105AWのC-17A 95-0103です。後方の機体は手前から94-0067、01-0188です。


Re: C-17 Part.9 Name:toksans Date:2015/03/19(Thu) 10:15 No.13874
連張りもOKと言うことではめ込みにしようと思っていた85-0103の機首アップを別掲します。州兵はこのノーズアートのように週末だけ勤務する、と思いがちですが実際は複数の勤務形態があります。まず州兵の中にはフルタイムのActive Guard ReserveとパートタイムのTraditional Guardsmenがいます。前者は文字通り現役と同じ勤務形態で勤務地移動のある現役より地元で国に尽くしたい、という人たちです。後者は民間の仕事と両立させたいという人たちで月に1回の週末と年2週間の勤務が義務付けられています。ANGの中で最も多いのは実は国防省採用のフルタイムのTechnicianと呼ばれる人たちで全体の半数以上を占めます。この人たちは整備関係などで働き奨学金などの優遇措置を利用して次のキャリアアップを図る人たちが多く、実際ニュージャージーANGの177FWの整備をしていた友人はこの制度を使って最近任官しパイロット訓練を受けることになったそうです。
平時は州知事の下にある州兵は、大統領令によりFederalized(現役復帰)され連邦政府の指揮下に入りますが、これは具体的には米国法典第32編(州兵)だった人たちが第10編(軍隊)に移管されるということになります。当然これに伴って給与の支払元が変わりますが、面白いのは本土防空のためアラートについているANGパイロットで、彼らは地上を離れた瞬間に第10編パイロットになります。これは第10編が交戦権限を与えているためですが、こうした細かな職務変更で給与計算する経理は大変ですね、と聞いたところ正に一冊の本をかけるほど複雑だと言っていました。


Re: C-17 Part.9 Name:PAPPY Date:2015/03/19(Thu) 17:28 No.13875
広江さん皆さんこんにちは。
2012年8月19日の横田FDに展示された C-17A 05-5152 HH 15th WG/154th WG です。
機内公開は長蛇の列で、後方に展示されているラプターが見えます。


Re: C-17 Part.9 Name:PAPPY Date:2015/03/19(Thu) 17:29 No.13876
二枚目も同じ C-17A 05-5152 HH 15th WG/154th WG で、SPIRIT OF "Go for Broke"ですが空と鉄さん紹介No.13817の2006年より白影が無くなってますね。
ちなみに”一か八かやってみな”の意味があるような・・・。


Re: C-17 Part.9 Name:PAPPY Date:2015/03/19(Thu) 17:30 No.13877
同じ機体 C-17A 05-5152 HH 15th WG/154th WG で第一エンジンのカバーを開けていました。
P&W F117-PW-100 ターボファン 推力18,460Kg です。


Re: C-17 Part.9 Name:geta-o Date:2015/03/19(Thu) 17:46 No.13878
広江さん、皆さんこんばんは
C-17もラス前ですね
特に目面しいものではありませんが未出のシリアルを3つ
最初はAFRC/452AMWの05-5141 2008/11/9 ネリスでの撮影


Re: C-17 Part.9 Name:geta-o Date:2015/03/19(Thu) 17:47 No.13879
2枚目はAMC/62AW/446AW 01-0187 2009/8/21 横田

Re: C-17 Part.9 Name:geta-o Date:2015/03/19(Thu) 17:48 No.13880
3枚目はAMC/437AW/315AW 08-8204 2012/88/20 横田

Re: C-17 Part.9 Name:Seagull Date:2015/03/19(Thu) 18:09 No.13881
広江さん、皆さん、こんばんは。
ラス前3枚貼りを。
まずは新滑走路(2010年5月29日運用開始)で撮影した2枚。
1枚目
2011年7月26日 岩国基地を離陸する60thAMW(AMC)/349thAMW(AFRC)のC-17A(07-7179)
[Spirit of Travis]


Re: C-17 Part.9 Name:Seagull Date:2015/03/19(Thu) 18:14 No.13882
2枚目
2014年11月23日 新滑走路の誘導路を転がる183rdAS/172ndAW(MS ANG)のC-17A(03-3119)
[Spirit of G.V sonny montgomery]


Re: C-17 Part.9 Name:Seagull Date:2015/03/19(Thu) 18:29 No.13883
3枚目は機首アップを投稿します。
広江さんの提言により思案していた3枚目が確定しました(喜)
No13862投稿の729thAS/452ndAMW(AFRC/MARCH)のC-17A/05-5143[Spirit of Let'Roll 9.11]
このC-17Aの撮影日が違っておりましたので訂正をお願いします。
2007年6月2日⇒2007年5月2日。

>広江さん
 地元での私の撮り方は(1999年〜2011年3月)は、どの機体に対しても500mm又はテレコン付きで狙っていました。ファインダーからはみ出たら機首アップ又は尾翼のシリアルナンバーなどを中心に資料集めっぽい撮り方をしておりました。2011年4月から平日展開が出来なくなり、レンズ交換と立ち位置変更をするノーマル?な撮り方を変えています。


Re: C-17 Part.9 Name:waka Date:2015/03/19(Thu) 18:49 No.13884
広江さん、皆さんこんばんは。
今日は、2011年の嘉手納基地での写真です。
この年は、嘉手納基地で行われていたアラスカのF-16アグレッサー部隊(AK/18AGRS)の訓練を狙って、2月7日(月)展開しました。ところが、朝から全然飛びそうにありません。
なんと、「スーパーボウル」の日だったのです。諦めて午後は、那覇へ行ってしまいました。
その日の午前中は、C-20とこのC-17の高い離陸だけが撮影できました。
C-17A 05-5153 HH 15thWG PACAF/154thWG HI ANG 2011年2月7日 嘉手納基地
その後の火曜日と水曜日はアグレッサーや他の部隊も飛び、何とか撮影できました。アグレッサー部隊の訓練はこの年を最後にグアムで行うようになり、この時のF-16の写真は、私のお宝画像となっています。


Re: C-17 Part.9 Name:CJ Date:2015/03/19(Thu) 19:33 No.13885
探せばあるもんですね。
まずは2004年三沢の展示機を。

C-17A 02-1107 62nd AW AMC (446th AW/AFRC) (Sep.5, 2004) MISAWA


Re: C-17 Part.9 Name:CJ Date:2015/03/19(Thu) 19:35 No.13886
もう一枚sugairさんのNo.13863と同じ時の物ですがお帰りを。民間側使っていたんですね。

C-17A 05-5147/HH "Thunderbird #15" 535th AS/15th AW PACAF (154th WG/HI ANG)
(Oct.15, 2009) CHITOSE


Re: C-17 Part.9 Name:Takafumi HIROE Date:2015/03/20(Fri) 07:59 No.13895
>toksansさん
“Weekend Warrior”は米海軍でも馴染みのあるキーワードと私は認識してます。
ただ米空軍の予備役と米海軍の予備役の差は全く把握してません。
私の単なる想像ではコメントされている後者のパートタイムが米海軍予備役と今までは思ってました。
ところが、米空軍ANGの解説いただき、米海軍予備役にも両者があるのかとも思い始めてます。
ところで素朴な疑問なのですが、米空軍予備役と米空軍ANGの違い。
平時から米空軍組織下の予備役と平時は州組織下のANGの違いなのでしょうか。
どちらにしても、米海軍よりANGが一つ多い米空軍組織は本当に複雑で難しすぎます。

>PAPPYさん
前にもコメントしましたが、私はまだ一度も見たことのないC-17Aの紹介のような展示姿。
このように並んで機内に入った(もちろんC-17A以外(笑))のは、もうウン十年も前です(笑)
“Go for Broke”はPAPPYさんさんがコメントされてるギャンブルの意味合いと、
WW II時代の日系二世部隊の『当たって砕けろ』のモットーがありますが、
紹介の05-5152に書かれてる真意は、両者とも受け止められるような気もします。
厚木基地のヘリ部隊のDETパネルもしかり、彼らの真意は日本人には正しく理解しずらいですネ(笑)

>geta-oさん
一コマ目No.13878は撮影地はともかくとして、このシーンの状況は何でしょうか?。
離陸ですか?。何処から撮ったらこのようなアングルとなるのでしょうか?。
番号・部隊・撮影地、画像を見てコメントを読めば分ります。
画像からは分らない、これ以外の何か状況説明等のコメントをいただくと面白いと思うのですが。
加えて、『200/11/9』と年の末尾が欠けてるので撮影年が分りません。

>Seagullさん
ひょっとして、Seagullさんの撮影スタイルは“Go for Broke”だったのでしょうか(笑)
私の印象としては、岩国のマニアの方は同じスタイルの方が多いように感じてます。
新滑走路の運用開始から1年後には個人的な事情もあり、撮影スタイルを変えられたとのこと。
それがノーマルかどうかは、誰からも答えは出ないでしょうネ。
三コマ目No.13883、期待どおりでした。私もこのように大胆に撮りたいものです。
No.13862画像の撮影日の件、失礼いたしましたm(_ _)m。訂正しました。

>wakaさん
wakaさんもアメリカの祭事や一大イベントの日程を忘れて遠征されたことがあるのですね。
午前中はC-20と紹介のC-17A 05-5153/HHの2機しか撮影できなかったようですが、
皆さんから紹介されてるように左側の"Spirit of Kamehameha Imua"が撮れれば良かったのにね。
しかし翌火曜日から二日間、お目当てのF-16アグレッサー(AK/18AGRS)が撮れて行った甲斐ありでしたね。

>CJさん
一コマ目No.13885のC-17Aと並ぶC-21Aがカワイイですネ(笑)。この機体、次のお題で登場するのかな(笑)
sugairさんNo.13863紹介05-5147/HHの機首アップを紹介されたとき、撮影状況を伺おうと思ったのですが、
民間ターミナル側のカーゴエリア(?)に駐機したのかな。あのアップが撮れたことが納得できました。





C-17 Part.8 Name:Takafumi HIROE Date:2015/03/18(Wed) 07:41 No.13858   
今日は推測でのお話しですm(_ _)m

2011年5月5日、3WGのC-17A 99-0167/AKが12:15頃飛来し14:30頃離陸(↓の写真)しました。
翌5月6日、同じ機体が14:00過ぎに飛来し、同様に16:30頃離陸しました。
このフライトの目的は不明です。
24時間での太平洋上の島との往復は、クルーが同じかは不明ですが運用としては可能だと思います。

翌週5月11日、土砂降りの雨の中、機種転換を終えたVFA-195のFA-18E 11機が厚木に戻ってきました。
本国からのTrans-Pacは【 NAS Lemoore − ハワイ(2日) − ウェーク(1日) − 厚木 】、
それぞれ、6時間、5時間、5時間のフライトでした。

5/5と5/6に飛来したC-17A 99-0167/AKは、この移動の先遣とは無関係のような気がします。
ちなみに、5/11のVFA-195の移動支援で厚木に飛来したのは、
KC-135R 61-0290/HH, 60-0318/HH、C-17A 00-0174/AK、C-40A 166693でした。

これで3WGのAKレターのC-17Aが、99-0167〜00-0174の連番で8機が並びましたね。

(C-17A 99-0167/AK, 3rd WG, 2011年5月5日、厚木基地R/W01離陸)

Re: C-17 Part.8 Name:toksans Date:2015/03/18(Wed) 10:08 No.13859
広江さん、皆さんおはようございます、

2013年2月7日グアム、アンダーセンで撮影の535AS15AWのC-17A 05-5146 “SPIRIT OF HAWAII KE ALOHA”です。後方は167AS167AWのC-5A 70-0460ですが、C-17Aは全長でC-5より10m短いものの幅、高さの違いはわずか30pだそうです。


Re: C-17 Part.8 Name:PAPPY Date:2015/03/18(Wed) 16:05 No.13860
広江さん皆さんこんにちは。
HH所属機はコンプリートのようですが2011年9月4日三沢航空祭に展示された C-17A 05-5147 HH 15th WG/154th WG です。エンジンがスラストリバースの位置で展示されていて、逆噴射が斜め上前方へ吹き出すのがよく分かりました。


Re: C-17 Part.8 Name:geta-o Date:2015/03/18(Wed) 16:20 No.13861
広江さん、皆さんこんばんは
昨日のケアロハ toksansさんもUPしましたがハワイ語の意味は“愛”ということのようです。
フラダンスの定番のようですが詳しくは知りません。
今日はSPIRIT OF LOS ANGELES
97-0043(437AW/315AW)1999/8/12 横田
尾翼帯にはまだ文字は有りません。


Re: C-17 Part.8 Name:Seagull Date:2015/03/18(Wed) 18:13 No.13862
広江さん、皆さん、こんばんは。
Det,Hさん、いいぐるさん、toksansさん、うみ太郎さんからすでにご紹介があります[MARCH]のC-17AグローブマスターVを私も投稿します。
2007年6月2日 岩国基地R/W20に着陸する729thAS/452ndAMW(AFRC/MARCH)のC-17A(05-5143)。
マニア機材から機体情報など判明できますが、飛来機の部隊は、目視できるまでは不明。この目視するまでの間、色々な事を考えます、よく見るAMCなのか、ANGそれともリザーブ。この画像の時は、大当たり「リザーブ!」。でも撮った画像はフィンバンドが隠れ大失敗(大涙)
機首に「Let'Roll 9.11」が入っていて、救われました。

>広江さんが岩国マニアだったら・・・。


Re: C-17 Part.8 Name:sugair Date:2015/03/18(Wed) 19:22 No.13863
広江さん、皆さん こんばんは。
>広江さん、私にはコールサインはっきりとは聞き取れず、本場の英語とアサインR/W36Rでしたので、たぶん撤収用の貨物機だろうと・・・。飛んで来る機体は見るまで解りませんでした。
C-17が見えたときは嬉しかったです、サミットが初めてで、この後はサンダーバースの支援機2機を見ただけで今日までCTSでは見ていませんから。
一度2011年震災支援でオーストラリア機が来ていたと聞きましたが見ていません。
今日はそのサンダーバーズ支援機の1機です、既にNo13795 Gulf4さん、No13853 THUDさん、上でNo13860PAPPYさんが紹介されていますが、05-5147 HH の機首右側です。入り口後方に"15"の記入がありこれがソロ5番機と同じ様に"5"が逆さまになっていました。

C-17A 05-5147/HH fsn50155/F154 cnP147 535th AS/15th AW PACAF (154th WG/HI ANG) Hickam AFB 2009.10.15 CTS



Re: C-17 Part.8 Name:waka Date:2015/03/18(Wed) 20:01 No.13864
広江さん、皆さんこんばんは。
皆さんの投稿で、帯の色の価値が少しづつ分かってきました。
その中でも、一番多そうなCharlestonですが、一応見出のS/Nから。
C-17A 03-3123 437AW AMC/315AW AFRC 2006.07.17 RAF Fairford
RIAT(Royal International Air Tattoo)2006の終了の翌日の離陸です。この日の離陸は、8時半頃から16時頃まで参加機の大半の約200機が帰投のため離陸するマニアにとっては一番忙しい日です。


Re: C-17 Part.8 Name:つばどん Date:2015/03/19(Thu) 00:44 No.13867
広江さん、皆さんこんばんは。

まだ出てこない迷彩の機体を。
リザード迷彩に身を包んだ、C-17A 417TS "ED" 87-0025 。
1991年10月13日エドワーズの公開で展示されていた機体で、YC-17として作られたC-17の1号機です。
ご覧のように、全体をクリアーに撮ることは不可能でした(^^;)
この時がC-17とのファーストコンタクトで、横田ではこの3年半くらい後になります。


Re: C-17 Part.8 Name:うみ太郎 Date:2015/03/19(Thu) 00:46 No.13868
SeagullさんがNo.13862でマーチのLet'Roll入りを紹介されていますが、マッコードにも居ました。
C-17でも貴重なLet'Rollなので必死に追いかけてた様な気がします。最近は見ませんね。
小写真は同じマッコードの機体ですが、変わったネームの書き方でした。この2機とも現在はAKレターの3WGに移管されている様です。

2004年5月14日 62AW 00-0174 "Let'Roll" 小2004年6月10日 62AW 00-0185 "THE AMERICAN SPIRIT"


Re: C-17 Part.8 Name:Yuichi Kayano Date:2015/03/19(Thu) 08:44 No.13870
おはようございます!カヤノと申します。
昨日大阪国際空港の近くを通ったので、少し寄り道をするとC-17Aが駐機されていました。
ミシェル夫人が京都を訪れる際の専用車両の輸送のために飛来したとのこと。
幸運でした。

United States Air Force
Boeing C-17A Globemaster III

レジ:07-7174
部隊:436AW/3AS(Third but First)
製造番号(cn): P-174


Re: C-17 Part.8 Name:Takafumi HIROE Date:2015/03/19(Thu) 09:04 No.13871
>toksansさん
KE ALOHAとは、ハワイ語で「愛しいひと」という意味で、フラダンスの曲のタイトルにもなってるそうです。
geta-oさん、勉強の場をいただき、ありがとうございますm(_ _)m
ヒコーキ撮影は、一般的には機体全長で立ち居地やレンズ選択を決めるので全高は気にしてませんでした。
C-5に比べて全長が10mもの差がありながら全高は僅か30cm。
このことが、ずんぐりむっくりしたC-17Aの格好良さにつながるのだと再認識しました。

>PAPPYさん
Gulf4さんがPart.3 No.13795で紹介された05-5147/HHは、三沢基地公開前日の撮影と分りました。
私はスラストリバーサーの機構を間近で見たことがありません。
コメントから、単に前方に吹き出すのではなく、斜め上前方へ吹き出すとは初めて知りました。
紹介の展示された姿は大変に興味深いですネ。

>geta-oさん
上(No.13859)でtoksansさんが“SPIRIT OF HAWAII KE ALOHA”を紹介されたのでレスしました。
補足ありがとうございます。
垂直尾翼の帯にも若干ながら細かい変遷があるようですね。
このことから、1990年代には、このような帯が書き入れ始められたと理解しました。
本当はC-141B等の時代から時系列で並べると、より分りやすいのかもしれませんね。

>Seagullさん
先のレスでも書きましたが、岩国の方はレンズを換えずに撮影する方が多いと感じてます。
紹介のカットも、なんと大胆な撮り方なんでしょう。
レンズ交換&立ち居地変更が定番のような私にはどこをどう表現するのか分らないです(^_^;
ここまで撮ったのなら、当然、“Let's Roll”のアップを撮られてますよね?。
撮られてるならば、そちらの機首アップのカットを拝見したかったです・・・。

>sugairさん
千歳におけるC-17Aの貴重さがよく分りました。ありがとうございます。
厚木へのC-17の飛来は、波がありますが感覚的には年に数回程度・・・、
例えばここ3年間では10回に満たないですが、千歳の方に比べれば幸せと思わなくてはいけませんネ。
紹介のサンダーバード#15は、このアップで撮っても目立たない大きさとは、
着陸で機体全景を撮ったら絶対に判別できそうもないですね。

>wakaさん
前脚が浮いた直後の離陸シーン、動きがあって最高ですね。脚周りに背景も絡まないのも良い点です。
目の前を通り過ぎるエンジン音が聞こえてきそうです。
8時半頃から約8時間の間に約200機が離陸ですか・・・。大小、ジェット&ペラ、多種多彩なのですよね。
ざっと計算して撮影画像数は少なくとも1,000コマですよね。おそらく、それ以上ですよね。
帰宅後の画像現像&加工&整理等々、何ヶ月もかかるのではないでしょうか。

>つばどんさん
撮影の1991年の時点に立って、Squadron, Wing, Commandの名称は私は瞬時には分りません。
ですので、Gallery化作業が大変に難儀しました。
417TSは1991年時点では名称が行方不明・・・ということは改称前の名称を探す必要があり、
さらに412TWの旧名称も、そしてAFMCの1991年時点の名称の再確認、等々、
これ1機だけで、BBS II開催中の日課となる寝起きの後の朝飯前の作業とはならず、
時間切れのためGallery化では「87-0025/ED」だけに留め後ほど追記することにしました。
スミマセンが、レギュラー部隊ではないので、詳細な補足を書いていただけませんか?。
Gallery化でどのように表記しているか、私が米空軍が不得意なのか、もうお分かりだと思いますので。
機体としても紹介画像としても、とても貴重で価値あるものとは瞬時に理解できますが・・・。

>うみ太郎さん
そういえば、最近、“Let's Roll”を見ませんね・・・。
小写真で00-0185 "THE AMERICAN SPIRIT"を組み込んでいただきましたが、
大変に申し訳ありませんがGallery化には、ちょっと掲載できそうもないです。
Det.Hさんが時々加工するような手法だと堂々とGallery化できるのですがネ(笑)
さて、前回『EDの18』等々の表現を私が書き換え、その旨お伝えしました。
今回も一部を書き換えさせていただきました。
申し訳ありませんが、No.13857の私の独り言を読みましたか?。
私は堅苦しい表現をお願いしているわけではありません。
ただ単に、エンドでの会話言葉のコメント表現だけは絶対に避けて下さいネ。

>Yuichi Kayanoさん
はじめまして。初投稿ありがとうございます。
そして最初の投稿がホットな、それも大阪国際空港での駐機姿とは、大変に貴重な記録ショットです。
アメリカ オバマ大統領のファースト レディー ミシェル夫人の来日はニュースで報じられてましたが、
大阪や京都への訪問予定が組み込まれているようですね。
この後も、この話題『C-17の(笑)』に関するニュースのあることを期待してます。
一つだけお願いがあります。
コメントの訂正や画像の差し替えのために、削除&新規投稿は避けて下さい。
こちらのバックアップとGallery化の全てが再作業となってしまいます。
ですので、最初に書き込まれた該当記事での訂正(Edit)でコメント訂正や画像の差し替えをお願いいたします。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -