GO! NAVY Message Board II
Name
Title
Message
Picture (Less than 100Kb)
Password (4-8 Char)
Authorization Key (Input a following number Authorization Key
Message Color
[Please read the notice] [最初にご利用される方は必ずご覧下さい]
[Home] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ][管理用]





F-14 Tomcat Part.12 Name:Takafumi HIROE Date:2015/05/17(Sun) 09:20 No.14333   
うみ太郎さん、しか太郎さん、ハンズさんから1997年6月27日に撮影した画像が紹介されましたが、
その日の出来事について、私から少しだけ補足します。

厚木基地Wings1997は6月28日(土)と6月29日(日)の二日間開催されました。
初日は台風(?)のような天気、二日目は台風(?)一過のような好天だったと思います。

Wings前日1997年6月27日(金)は、展示機の到着とデモフライトの予行が行われました。
行われた予行は、おそらく・・・、
The Diamond of Diamonds、S-3BとEA-6Bの空中給油デモ、Tomcatのソロデモフライト、その他の編隊によるフライパス。

この日フライトしたCVW-5機は通常の訓練飛行を含む(?)、
VF-154 F-14Ax6, VFA-27 FA-18Cx3, VFA-191 FA-18Cx6, VFA-195 FA-18Cx5,
VAQ-136 EA-6Bx1, VS-21 S-3Bx2, VAW-115x2、計25機でした。

ちなみに展示のために飛来した外来機は、少なくとも、
VMA-311 AV-8Bx2, 18WG F-15Cx2、空自機はF-1, RF-4E, E-2C, C-130Hを確認してます。 

↓はTomcatソロのデモフライト、おそらく主翼を後退した姿でのハイスピードパス。
当時の銀塩300mmでR/W19の着陸を撮影する場所、北側公園の西側道路付近での撮影だと思います。
この低さ速さを基地内でなくエンドでも見れた(撮れた)今では考えられない状況でした。

(F-14A 161620/NF-102, VF-154, USS Kitty Hawk (CV 63), 1997年6月27日, 厚木基地R/W19)

Re: F-14 Tomcat Part.12 Name:MIDWAY世代 Date:2015/05/17(Sun) 10:21 No.14334
広江さん、皆さん おはようございます。
F-14は自分の写真休眠中の機体でして、、現役時代に写真を撮っていません、、。
F-8同様、生きていない展示機からの紹介となります。
この写真は 2014年3月 Joe Davies Heritage sir museum Edwardsで撮影した
F-14D # 164350 VF-31 103 との記述がある機体です。
垂直尾翼には"US NAVY'S LAST FIGHTER" "1970-2006"と書かれていました。


Re: F-14 Tomcat Part.12 Name:Seagull Date:2015/05/17(Sun) 11:40 No.14335
広江さん、皆さん、こんにちは。
1997年10月7日 11:15岩国基地に着陸するVF-154のF-14A(NF106/162594)
3機(#106.#115.#116)飛来、1時間ステイ後、離陸しました。
>広江さん
 午前様でレスは未確認でした、失礼しました。
 1996年7月に撮影しましたNF107でした。「楯」入りですね。西暦の訂正をお願い致します。


Re: F-14 Tomcat Part.12 Name:KICK Date:2015/05/17(Sun) 12:11 No.14336
広江さん、こんにちは。

リンクさせて頂いております。Tomcat Squadron Patch GalleryのKICKです。
Wings 2001で撮影したミレニアムマーキングのVF-154 CAG機 F-14A 161621です。
Wings 2000で展示されていた同機とは若干マーキングの違いが有り、またこの塗装機が紹介されておりませんでしたので投稿させて頂きました。
垂直尾翼だけで見るとコードレターとサイドナンバーの位置、BKRの追加と違いがあるようです。また、この画像では確認出来ませんが、機首のモヒカン塗装にも違いが有るようです。


Re: F-14 Tomcat Part.12 Name:グラコ Date:2015/05/17(Sun) 14:58 No.14337
広江さん皆さんこんにちは。
F-14は好きな飛行機でしたが、米軍機はここに参加されている皆さんの足元にも及ばないので、今回は記録の穴埋めに参加させて頂きます。
まだ出ていないようなので、1997年、松島基地航空祭に参加したNF-112を紹介します。
この年はNF-110とNF-112が参加していました。Bu.No.は記録していません。スイマセン。
航空祭に参加する米軍機は当日帰りが多く、厚木のエンドでは撮れない姿が見られて嬉しかったですね。

1997/07/28:NF-112(VF-154)


Re: F-14 Tomcat Part.12 Name:てらぞう Date:2015/05/17(Sun) 15:31 No.14338
>広江さん
たびたびの書き忘れ申し訳ありません。
90年代初頭でVF−211としか覚えていませんが、A+と書いているのを間違いなく覚えています。

93年のお盆休みに嘉手納に行きました。マリンの外来とかもありそこそこ楽しんで帰路に着こうと思ったときにNFが大挙してやってきました。いったんは諦めて14日の土曜日に帰りましたが移動訓練間違い無しなのでやはり諦めれずに15日に嘉手納に引き返しました。
そして嘉手納でNFを堪能しました。その頃はまだエコーの転がりが撮れたので嬉しかったです。#100も#200もいましたが色の無い頃とはいえそれも嬉しかったです。

そう言いながら貼らせていただくのは#204です。まだ嘉手納での写真が出てないと思うので…。
93年8月17日(18日かもしれません)VF−21、NF204、161292(リスト参照させていただきました)です。


Re: F-14 Tomcat Part.12 Name:PAPPY Date:2015/05/17(Sun) 17:16 No.14339
広江さん、皆さんこんにちは。
1997年6月29日の厚木Wings二日目は台風一過のドピーカンでしたね。 ダイヤモンド隊形でアレスティングを下ろして航過する
VF-154のF-14A です。リーダー機NF-114、左翼NF-110、後方NF-115、右翼NF-103でした。


Re: F-14 Tomcat Part.12 Name:空と鉄と Date:2015/05/17(Sun) 17:41 No.14340
1992年4月12日、Wings92で展示飛行の為に現在のVFA-102のライン辺り、西側CVW-5エプロン北端に集められたグランドスペアを含めた飛行予定機の中からタキシーアウトしてランウェイへ向かうF-14A VF-21 NF205/161279です。
No.14316でうみ太郎さんがコメントされているようにまだまだ苦労せずに場所の確保が出来ました。
ただここから見るとタキシーしている地面が波打つ感じで、バックの建物で垂直を出すと機体が傾いてしまいちょっと落ち着かない絵になり気になるところです。


Re: F-14 Tomcat Part.12 Name:Det.H Date:2015/05/17(Sun) 18:09 No.14341
広江さん 皆さん こんばんは

厚木で初見をした1977年から次に14を見たのは、その時から20年近く経った1995年NAS Miramarでした
前年のT.Birds三沢来訪で休眠から一時目覚め、今度はBluesを撮りたく初本土展開した時でした しかし、ご存知のようにMiramarのショーはド逆光で真っ黒け量産と相成りました (笑)

F-14A AD160/162591, 230/160692 VF-101 Aug.26,1995 NAS Miramar


Re: F-14 Tomcat Part.12 Name:geta-o Date:2015/05/17(Sun) 18:14 No.14342
広江さん、皆さんこんばんは。
広江さん2002/8/15の撮影記録を見ましたら確かにVF-154は沢山飛んでいますが他はVFA-195のF/A-18Cが2機とVMFA-212(WD)位が戦闘機ですね。フライトが少なかったのは終戦記念日の影響ですかね。
今日はF-14の退役後の保存機。かなり傷んでいます。
2012/10/12 MIDLAND TX.で撮った160403/VF-211/NG-101


Re: F-14 Tomcat Part.12 Name:Cranberry 01 Date:2015/05/17(Sun) 18:14 No.14343
広江さん、皆さん、こんばんは。
>広江さん、違和感を覚える割には、探してみると結構撮っていました。本当は気に入っていたのかな?(笑)

艦載機は空母での運用が第一に考えられているので、着陸の仕方は陸上機と若干異なります。
陸上機の多くは(特に空軍の戦闘機等)は着陸後、機首を上げて迎角を大きくし、機体全体をブレーキとして利用します。
一方、艦載機は着陸距離を短くするためにArresting Hoockを使うのはもちろんですが、touch down と共に下向きの重量が最大になるように機体を操作します。特に直ぐに機首を下げるのは、艦載機特有です。
F-14の場合は、touch down と共にSpoilerを上げて下向きの重量を大きくしてスピードを急激に落として機首を下げます。さらにStabilatorを最大限下向きにさせて、機体後部のAir Breakと共にブレーキの役目を果たしています。着陸後Spoilerを使用するなんて、旅客機や大型機輸送機以外では記憶にありません。。
海軍機の着陸を見ていると、時々脚が壊れるのではないかと思うときがあります。

F-14A(xxxxx) NK-211,VF-2 NAS Miramar Apr.1974


Re: F-14 Tomcat Part.12 Name:THUD Date:2015/05/17(Sun) 19:37 No.14344
2005年9月19日オシアナでデモのため離陸するF-14B(161860/VF-32/AC-101)F-14B(163216/VF-32/AC-105)。
手前の女性はホントいいタイミングの場所に立っててくれました(笑)。まぁご愛嬌ということで(笑)


Re: F-14 Tomcat Part.12 Name:つばどん Date:2015/05/17(Sun) 20:50 No.14345
広江さん、皆さんこんばんは。

>広江さん
あの時私が確認したVF-31の ガルグレー&フルカラー&ブラックノーズ機は、コメントした3機で、その他はモノトーンでした。
ただ尾翼の赤部分とブラックノーズをグレーの濃淡でほぼ表現していたので、後のさっぱりした塗装よりもかっこよかったと感じます(^_^)v

そして、こいつはブラックテールのはしりかな?
1990年9月20日 NAF EL Centro で訓練していた、F-14A VF-124 NJ-452 162590 。
たしか某雑誌で紹介されていて、こんなショーバードが撮れるわけないと思っていた機体です。
撮れるとしても、タキシングが撮れるとは思いもしませんでしたが(笑)
この時はすごい塗装をしたものだと驚きましたが、後のCAG機と比べたらまだ大人しいですよね(^^;)


Re: F-14 Tomcat Part.12 Name:waka Date:2015/05/17(Sun) 20:54 No.14346
広江さん、皆さんこんばんは。
ネタも切れてきたことから、本家のCVW-5からです。
F-14A 161616 NF-200 VF-21 USS INDEPENDENCE 1992年3月31日 厚木基地
今は撮影できないA1誘導路をタキシングしてR/W01へ向かうCAG機NF-200です。
VF-21のマーキングは、F-4時代から好きでしたが、CVW-5ではロービジの洗礼を受けて残念なものになりました。
それでも、CVW-5に配属直後は濃い配色だったのでNFのレターの書体に違和感がありますがシックな感じで良かったです。
その後は、レター・マーキングとも薄いグレーの非常に地味なものになりました。
VF-21は、なぜか他基地への飛来も少なく、今回のギャラリーでも圧倒的にVF-154が多いですね。


Re: F-14 Tomcat Part.12 Name:A-330 Date:2015/05/17(Sun) 21:00 No.14347
広江さん、皆さんこんばんは。

既出機で恐縮ですが、毎度ワンパターンスネークアイショットを。
お帰り前の機体チェックに現れたところをお願いして撮影させていただきました。
本当はパイロットとRIOが揃ったシーンをと狙ってはいたのですが、前席パイロット(CPT FINLEY)1名のみとなってしまいました。

F-14A NK-205 161601 VF-21 1987年7月26日 百里基地公開


Re: F-14 Tomcat Part.12 Name:T.H Date:2015/05/17(Sun) 21:19 No.14348
No.14328で BigMacさんが書いている「 FIGHTER TOWN USA が終わりかけている」それから遡る事11ヶ月’94年10月後半のカットを1枚。

90年代半ばにアメリカ軍は大規模な基地、組織、部隊の整理・縮小を断行した事は、皆さんご存知の通り。海軍はNAS MIRAMAR を海兵隊へ譲って全ての組織・飛行隊が出て行きました。NFWS "TOP GUN" が 確か’96年にFALLONへ引っ越してNSAWCに編入。 F-14も'96年中には全てOCEANAへ引っ越したと思います。昨日のNo.14324は'96年春のカットですが、この時 F-14がもうすぐミラマーを去るんだと思いながら撮っていた記憶があります。

今日の1枚半は、'94年秋ですが VF-124 「NJ」PACのF-14マザースコードロンがミラマーよりも早く'94年9月末に消滅し、当時は PACに D型、LANTにB型を集中的に配備していたので、VF-101 Det. MIRAMAR で F-14D の訓練が行われていました。ベントラルフィンには VF-101と書いてありますが、尾翼は NJ 時代のマークを残してあり、下部に小さく VF-124 1958-1994 とありグラブベーンには GRIM REAPERS DET. MIRAMAR の文字が記入されています。野球のグローブと一緒で、 アメリカでは グラブと彼等は発音します。同じ日に NAF EL CENTROでタキシング&着陸を お隣の MCAS YUMAで離陸が撮れた NJ (AD) #101でした。

> 広江さん
No.14324の下に写るのはミラマーの東側へF14の降りを求めて出かけた人なら、なんとな〜く見覚えがありそうな景色だろうと思います。
ミラマー外撮りは基本、R/W24の着陸だけでした。離陸のカットは基地内からの撮影です。NAS→MCASはおそらく'96秋 ’97会計年度の始まり辺りだろうと思います。MCAS MIRAMARになって、全く近寄らなくなってしまいました(笑)


NAF EL CENTRO / MCAS YUMA (小写真) Both Photos  25 OCT 1994  F-14D NJ #101 164343  VF-101 Det. MIRAMAR 


Re: F-14 Tomcat Part.12 Name:BigMac Date:2015/05/17(Sun) 22:00 No.14349
ミラマーに着陸するVF-211のF-14Aです。Bu.No.読めません。
個人的な思い出ですが、80年代になってから厚木で写真を撮り始めた私にとって、一番良く目にしたF-14の写真がPar.t6で広江さんが紹介しているVF-211の厚木の着陸でした。
そんな当時の思いはすっかり忘れていましたが、この写真のポジの仕上がりを見たとき、あの時の「F-14が撮りたい」と思うきっかけの一枚を思い出しました。

F-14A VF-211 NG-200  1995.09.13 NAS MIRAMAR


Re: F-14 Tomcat Part.12 Name:ハンズ Date:2015/05/17(Sun) 22:06 No.14350
広江さん、ここまで来たら皆勤賞を目指します!(笑)
2002年の横田公開、帰投のためRWY36をバックタキシーするNF102です。
この後、きっとバーナー全開で上がったと思うのですが、何故かその写真は無くて。。
恐らく色付き DC01 のために残弾を気にして撮ったんだと思います。

F-14A 161280/NF-102, VF-154, USS Kitty Hawk (CV 63), 2002年8月25日, 横田基地R/W36バックタキシー


Re: F-14 Tomcat Part.12 Name:うみ太郎 Date:2015/05/17(Sun) 23:34 No.14351
ハンズさんに続き横田基地の公開でのF-14です。
前年2001年の公開ですが、F-14ファイナルが2003年なので3年連続でF-14は横田の公開に来ていたのですね。
毎年の様に来ていた記憶がなかったので、この様な機会に見直すと発見がありますね。
画像はお帰りの準備シーンですが、グランドクルーが休みモードで私服姿が笑えます。パイロットの黒いつなぎが格好いいですね。

2001年7月1日 NF105/162592


Re: F-14 Tomcat Part.12 Name:TandHK Date:2015/05/18(Mon) 03:00 No.14352
日本に縁のあるドラ猫の一匹。この子はまだ出ていないようで。

この猫さん(Bu.No.160905)はVF-74、VF-11、VF-24を渡り歩き1996年2月29日に除籍、
エンジン等を撤去されハンドリング訓練機となり、キティホークと共に来日しました。
横須賀基地公開時の、影のスターでしたね。訓練用というと2003年に突如19エンドに現れた
通称ボロトムを思い出します(^_^;)よく消火訓練に使用され、水浴びをしてましたね。
懐かしい。もう10年以上前のお話になりました(笑)

以前BBSTでお話させて頂いたシミュレーターの件。とりあえず完成いたしました。
やっぱりトムキャットは格好良い!皆さんの素晴らしい写真を拝見しながら、再確認しております(笑)

2007/12/8 横須賀グランドイルミネーション F-14A/Bu.No.160905


Re: F-14 Tomcat Part.12 Name:Takafumi HIROE Date:2015/05/18(Mon) 06:50 No.14353
>MIDWAY世代さん
紹介のF-14D 164350は、2005年9月〜2006年3月のUSS Theodor Roosevelt搭載でラストクルーズ。
ラストクルーズ時はコメントされてるように、VF-31所属のAJ-103でした。
そして2006年9月のTomcat Sunset Ceremonyに地上展示された機体。
その後の2006年12月に、撮影されたJoe Davies Heritage Airparkにフェリーされてます。
Tomcatでは末期に生産された164350は1992年2月に米海軍に引き渡されてますので、
機齢14年10ヶ月で引退した若い機体のようです。

>Seagullさん
岩国基地には当時も頻繁に中継等でCVW-5機が頻繁に飛来していたようですね。
CVW-5の岩国基地への移駐が決まる、というよりその話題かなかった頃は、
厚木⇔岩国のフライトが減ったと思いますが、岩国移駐が決まった以降、
特にここ最近は、岩国にCVW-5機の飛来が増えたのではないでしょうか。
該当記事(No.14156)の撮影年の件、後ほど訂正をお願いいたします。

>KICKさん
厚木基地で開催された最後のWings、それもフライトは一切なしの寂しい最後となりましたね。
しかし展示機は米軍は地元CVW-5以外の陸空&海兵隊、日本からも海空自衛隊機が参加、
その展示機の数は、ざっと数えて45機〜50機弱の豪華な面々でした。
紹介の161621/NF-100は、おっしゃるように2000年と2001年は微妙に異なりますね。
リペイント後によくありがちなのですが、『間違い探し』程度の差かもしれませんネ(笑)

>グラコさん
松島基地航空祭でも展示されましたか。紹介画像がどこからの撮影か想像できます。
違った雰囲気の中に納まるTomcatも新鮮ですネ。
日本の各地(基地・空港)で展示されたTomcatの全容が、まだ解明できていません。
現段階で、三沢・松島・百里・入間・横田・厚木・横須賀・浜松・岩国・築城・新田原。
丘珠はフライバイなので含みませんでしたが、確か千歳で展示された記憶があります。
あと、1983年10月の岐阜基地で開催された国際航空ショーで展示され撮影した記憶があるのですが、
自分で撮影したポジも記録データも見つかりません(^_^;

>てらぞうさん
私はCVW-5にTomcatが配備されてからは嘉手納に行ってません。
厚木では撮ることのできないタキシング姿なので、この場所でのショットはイイですねぇ〜。
さて度々の再確認です。
紹介のNF-204のBu.No.161292は画像での確認でしょうか。
私のページでは1995年8月時点のNF-204はBu.No.162594と記録してますので、要修正となるのかの確認です。
コメントの冒頭では『1993年のお盆休みに・・・』と書かれてますので、
画像の撮影日は1995年8月ではなく、1993年8月の嘉手納遠征時の出来事でしょうか。
1990年代初頭で“F-14A+”ですか。ありがとうございます。
ちょいと調べたら、1991年5月1日付けで“F-14B”に改称された記述がありました。

>PAPPYさん
気になって調べたところ、Wings1997初日の悪天候は台風8号でした。
28日朝、長崎県西彼杵半島に上陸。
九州地方北部を横断し、瀬戸内海を通って28日夕方、岡山県に再上陸。
近畿地方北部から関東地方北部を通って29日早朝に三陸沖に進み温帯低気圧に変わってます。
ですので、二日目29日(日)は台風一過の晴天だったようたですね。
ちなみに6月27日(金)の予行時は、リーダーNF-114、左翼NF-110、後方NF-115、右翼NF-107でした。
時間も昼前後に行われたため、紹介のような良い光りの当たり具合ではありませんでした。

>空と鉄とさん
私は全く記憶の無いWings1992です。たぶん“Wings”の名の付いた最初の開催ではないでしょうか。
フライト状況は分りませんが、この年は通常の西側エプロン、
ただし北側に機体を集めたフライトラインからデモ機が出入りしたのですネ。
翌1993年からはデモフライト機は東側にエプロンから出入りするようになりましたね。
西側タキシーウェイはD-W TWYを過ぎた付近から微妙な上り坂になってます。
C-W TWY付近で北方向にレンズを向けて待ち構えているとタイヤが隠れるほどの坂です。
そのせいもあり、この付近のエプロンは全体的に西から東に向けて微妙な下り坂ともなってます。

>Det.Hさん
Tomcatを撮影したのは1976年と1977年、順調な滑り出し・・・と思いきや、次は1995年ですか。
私は行ったことのないMiramarですが、エアショー会場からは逆光になるのは誌面等で知ってました。
それでは撮っても納得できないものの、奮起することなく再び休眠してしまったのでしょうか。
Miramarで何故VF-101?、と思ったらVF-124は前1994年9月に解散してましたね。
今頃になって、BigMacさんPart.11 No.14328のコメントに納得した私です(笑)

>geta-oさん
Bu.No.160403はエイブルドッグさんがPart.2 No.14172で紹介されている元VF-154のNF-116。
解説されてるように、1981年8月19日にシドラ湾でリビアのSu-22を撃墜した機体です。
実は“160403”で保存展示されてるTomcatは2機存在しており、
最初、どちらか悩みましたが、紹介が本物の“160403”のようです。
偽者はBu.No.162592をSu-22撃墜時のVF-41 160403/AJ-101に塗装しRonald Regan Libraryに展示されてます。
ちなみに、偶然にも160403と162592は、元VF-154所属機です。

>Cranberry01さん
VX-4の画像紹介時の感想コメントと同じですが、
着陸後の大きな水平尾翼を最大限に下げる姿はTomcatというか艦載機の特徴で印象深いです。
そういえばTomcatの場合は主翼の大きなスポイラーも立ててましたね。
艦載機に慣れている私は、真っ直ぐ早い速度でアプローチする空自T-2/F-1にはビックリしました(笑)
脚は丈夫ですよ〜(笑)。着艦同様に『ドッスン!』と落とすように着陸しますからね。
FCLPのタッチ&ゴーも全然滑らかではありません。まあこれら海軍機の魅力にはまった私です。
しかし紹介画像の上のショット、Tomcatで唯一格好悪いと感じるアングルかもしれません。
Cranberry01さんが当初Tomcatに抱いた想い、何となく分る気がしてきました(^_^;

>THUDさん
う〜〜〜ん、このような方、たまに見かけますね。ご愛嬌では済まされませんよネ。
気配を察知して事前に移動することはできなかったのでしょうか・・・。
あとは離陸して浮く位置を事前確認しておくとかの回避策もあったかもしれませんね。
高い旅費をかけて行くわけですから、念には念を、事前の予習も必要だったのかな。

>つばどんさん
ブラックテールのはしりかどうかは分りませんが、この塗装は誌面で紹介され驚いた記憶はあります。
個人個人のマニア活動歴の長い方は、その時点時点で変わる環境下で価値観も変わりますよね。
ただ、いつ見ても良いものは良い。紹介はそんな塗装でしょうか。
現在のShow Bird塗装が何十年も経った未来、皆さんどのような捉え方をするのでしょうね(笑)
いつ見ても、ど派手な悪趣味は悪趣味?(笑)

>wakaさん
CVW-5にVF-21, VF-154が配備された当初はCAG機といえども色が全くない味気ない姿でしたね。
しかし今の観点から見ると、マークやレターの位置や書き方に個性があってイイですよね。
ただ薄いグレーで書くマークだけは、確かにいただけない感はありますが。
VF-21がCVW-5に所属していたのは僅か4年と3ヶ月。実質的にはもっと短いです。
それに比べてVF-154は、ちょうど12年、この差だと思いますが。

>A-330さん
昔のクルーの画像を見ると、紹介のようなヒゲが流行ってましたネ(笑)
ヒコーキもさることながら、人にも時代による差が見出せる一コマです。
Tomcatの後部席クルー“RIO”懐かしいです。

>T.Hさん
真っ先に画像と撮影日だけを確認したら頭の中が『???』状態となりました。
なるほど、VF-124の解散直後のため、その塗装を残したVF-101 DET.MIRAMARが運用していたのですネ。
ちょうどヒコーキと遠ざかっていた時期ですが、米海軍の大規模改革は把握してました。
しかしVF-124のF-14D自体には気づいてませんでしたが、当然、存在していたのですよね。
そのF-14DがVF-124解散と共にVF-101 DET.MIRAMARに移管された姿で逆に知るとは情けないことです。
ミラマー自体の景色も、本当は自分の目で見たかったのですがねぇ〜。
MIRAMARのNAS→MCASの時期は、もう少し調べさせて下さい。

>BigMacさん
NAS MIRAMARを訪れて、撮影したショットから自分が撮りたいと思った原点を思い出しましたか。
そんな良い思い出、私は羨ましいです。
私はなんだか無我夢中で撮り続けてきたような・・・。何か目標があったのだろうか・・・。
フト考えさせれらてしまうBigMacさんのコメントです。
スミマセン、本題のNG-100、垂直尾翼に小さく書かれてるマークは何?。
Bu.No.は調査中ですが、今のところ判明しません。

>ハンズさん
初の皆勤賞ですよね。あと二日、頑張って下さい(笑)。私も、どんな弾が出てくるかと楽しみです。
横田基地公開でVF-154 Tomcatが展示されたのは、私は2002年と2003年がごっちゃになってます。
アフターバーナー全開で離陸する画像を以前どこかで見かけましたが、2002年なんですね。
『残弾を気にして・・・』、懐かしいフレーズです。今では考える必要が生じることはないでしょう。
銀塩時代、複数機がまとめてタキシングしてきた時はボディ2台で頭の中でカウントしながら撮りました(笑)
本当に楽な時代になりましたね(笑)

>うみ太郎さん
私も横田基地の公開2001年〜2003年の連続で展示されていたのは把握してませんでした。
各々の年の帰投シーンも気になるところです。
グラウンド・クルーは横田の基地のクルーですよね。
厚木基地で見かけた通常の訓練飛行時は、電源車やスターターが必要なF-14AとEA-6Bは、
自前でエンジンスタートするFA-18系とは異なり、グラウンドクルーの多さに驚きます。
紹介は航空祭ゆえ、横田基地のクルーが忙しそうに動き回ったのでしょうね。

>TandHKさん
そういえば、Kitty Hawkの救難訓練等に用いられるTomcat“63”が居ましたネ。
今の空母では、この任務もFA-18系に交代してしまいました。
この何気なく紹介された機体、TandHKさん、Gallery化の表記方法考えました?。
私、ものすご〜く悩みましたよ。この話題の中で一番難しい機体でした(笑)





F-14 Tomcat Part.11 Name:Takafumi HIROE Date:2015/05/16(Sat) 07:47 No.14318   
1994年3月11日に横須賀にUSS Carl Vinsonが入港接岸しました。
この寄港時は一般公開は行われなかったので、TomcatのCAG機を紹介します。
と言っても垂直尾翼のアップだけ(笑)

VF-11のCAG機163904/NK-100はハンガー内に居ました。
ということでストロボを使用して垂直尾翼のアップだけを撮影しました。
(F-14D 163904/NK-100, VF-11, USS Carl Vinson (CVN 70), 1994年3月11日, 横須賀基地)

(F-14D 164340/NK-200, VF-31, USS Carl Vinson (CVN 70), 1994年3月11日, 横須賀基地)
VF-31のCAG機164340/NK-200はフライトデッキ上に居ましたが隣の機体との間隔が狭く、
確か、機体全景を撮れなかったような・・・。ということで、これも垂直尾翼のアップ。

共に、まだ質素なCAG機塗装ですネ(笑)

CVW内の第1飛行隊〜第5飛行隊カラーを表す本来の順番は“赤・黄・青・橙・緑”。
両機に塗装されている順番は同じですが本来の意味からすると正しくありません。
単にバランス感覚で上下から明るい明度の黄色を挟んだだけのようです。
ロービジ時代になってから、部隊カラーの規則そのものが崩壊してますしね。

Re: F-14 Tomcat Part.11 Name:geta-o Date:2015/05/16(Sat) 11:53 No.14319
広江さん、皆さんおはようございます。
そろそろ終わりを見ながら何か考えないといけませんね。
と言いながら今日は私も既出ですがVF-154の色付きを一枚。
161276/NF-101 2002/8/15 厚木


Re: F-14 Tomcat Part.11 Name:空と鉄と Date:2015/05/16(Sat) 13:04 No.14320
1992年2月10日、厚木R/W01にオーバーヘッドアプローチで訓練から帰ってきたF-14A VF-154 NF105/161168(TARPS)とVFA-195 F/A-18C NF407/163762で恐ろしくタイトなフォーメーションで突っ込んで来ました。
ここまでの密集隊形を見たのは後にも先にもこの時が唯一でした、元ブルーズの方でも乗っていたのでしょうか?
No.14313でハンズさんが触れられているグローブベーンもまだ作動しています。


Re: F-14 Tomcat Part.11 Name:Cranberry 01 Date:2015/05/16(Sat) 15:54 No.14321
広江さん、皆さん、こんにちは。
>広江さん、2つのCAG機の塗装は質素ですが我々年代にはグッときます。飛行隊カラーで何かすっきりされていないようですが・・・・。この順番は、これ虹の配色です。
>THUDさん、戦闘機たるもの・・・・、ご意見100%賛成です。Tomcatファンの皆さんに袋叩きに合うかもしれませんが、私個人はいまだに違和感を覚える機種の一つです。(すみません)

A-6から空中給油を受けるF-14A ,XF-41 NAS Pt,MuguのOpen Houseにて Sep. 1990


Re: F-14 Tomcat Part.11 Name:Det.H Date:2015/05/16(Sat) 16:10 No.14322
広江さん 皆さん こんにちは

きょうは横須賀で#14307を撮った翌週、コンステレーションの出港に伴い厚木を飛び去っていく、めちゃ高T/Oを
翼を広げ、尚且つ高〜いこの姿を見て、ああ、もうエンドでの撮影も終焉か と思ったものでした
入港に伴い14始めA-7など僅かな機数を厚木に降ろし、Part.6冒頭#14232で広江さんがNG107を出されていますが、他の機体も含め訓練飛行はよく行われていたのでしょうか この時の画像が他に出てきませんね 私はFly-Offまで一度もエンドに行っていませんでした。
>広江さん
このFly-Offで14はあとNG203を撮っていました(何故か201が無い!)ので、降ろした14は広江さん記録と合わせると、NG105,107,201,203の4機だけだったのでしょうかね?
組み写真シリーズ、面白がって頂き恐縮です ただこれは苦し紛れの作戦?で、1枚だけでは見せるに耐えられる画像が無く、こうする事でなんとかなるかなと (^^;
あとこのFly-Offの日付ですが、一度どなたかに教えて頂きましたが、失念!
すみません、ご存知の方がおいででしたらお教えください m(_ _)m

(追記 画像4枚を黒バックに貼り付けたので、ちょっと?な絵になってしまいました(^^;)

F-14A NG105/159626, 107/159622 VF-211 CVW-9 CV-64 Oct. 1977 NAF Atsugi


Re: F-14 Tomcat Part.11 Name:T.H Date:2015/05/16(Sat) 19:29 No.14324
Part.10まで来た所で 気が付けば " Fighter Town USA " NAS  MIRAMAR で撮影したカットを 私からはまだ紹介しておりません。

今回は、最低でもエンジンが始動しているものを選び、外撮りの背景が空だけとなる着陸カットは 自ら封印して 臨んでおり、かつ番号屋のマスターにも配慮してBu.No.が判るモノを優先しております。Tomcat のBu.No.は、写真判定となるとかなり厳しい位置に小さく書いてあるので、コレで除外され出番を得られず ベンチ でくすぶっているカット多数。
タイムリーに広江さんが、トムキャットのセクション T/O を話題にされているので Fighter Town USA をセクションで上がる "Black Lions" です。

> 広江 さん
Part.11冒頭で紹介された VF-11 & VF-31 両飛行隊のCAG機、このあと’97年ころまで頻繁にマークが変わり微妙に違うポジが多々あります。VF-31はやがてブラックテイルが定着しました。

NAS MIRAMAR R/W24R  18 MAR 1996 F-14A NH #115 / 161624 #116 / 161270  VF-213 / CVW-11
USS KITTY HAWK


Re: F-14 Tomcat Part.11 Name:Seagull Date:2015/05/16(Sat) 20:27 No.14325
広江さん 皆さん、こんばんは。
2003年6月13日 岩国基地に着陸するVF-154のF-14A(NF103/161293)
F-14の正面形は、主翼で垂直尾翼が隠れ、送り画像が「主」となりました。(500mm撮影)
僚機(111)と共に14:05に岩国上空に飛来したのですが、小画像のように燃料を・・・?
20分後には、#113と#105も飛来しましたが、そのような行為は行いませんでした。
 


Re: F-14 Tomcat Part.11 Name:THUD Date:2015/05/16(Sat) 21:00 No.14326
No.14243でSTOMPさんからも紹介がありましたが、2005年9月18日のオシアナで撮影したF-14B(161860/VF-32/AC-101)。ほとんどの機体は着陸後ランウェイエンドから戻ってくると、もっと手前でライトターンしてしまい、近い距離ではほとんど機体左側しか撮れませんでした。しかし↓はサービス満点でこちらの近くまで直進してきてくれました。おかげで機体右側(機首、キャノピー下)にいろいろ描かれている文字などある程度は撮ることができましたが判読するにはまだ厳しいアングルでした。
>Cranberry 01さん
私の妄言?にご賛同いただきありがとうございます。やはり戦闘機のスタイルは・・・ですよね〜。
とはいえ時代の流れには抗えず、私も現役復帰してからはすっかり慣らされてしまってます(笑)


Re: F-14 Tomcat Part.11 Name:つばどん Date:2015/05/16(Sat) 23:10 No.14327
広江さん、皆さんこんばんは。

全体画像の方が見苦しいので、広江さんのスタート画像に習って尾翼のみで(笑)
1990年9月23日、NAS Oceana の公開時に展示されていた、F-14D VX-4 XF-52 163415 と、F-14A VF-31 AE-201 161862 。
このほかに、F-14A VF-41 AJ-100、F-14A VF-101 AD-161 が展示されていましたが、機体全体を撮るには厳しい並びでした。
VF-31 ですが、この時残っていたガルグレーの機体にはフルカラー塗装をしていたのか、AE-203/204 も同様のフルカラーでブラックノーズでした。
AE-200は残念ながら見当たりませんでした(^^;)


Re: F-14 Tomcat Part.11 Name:BigMac Date:2015/05/16(Sat) 23:46 No.14328
NFWSのF-14をもう1機、ブルー系の迷彩です。尾翼のマークが剥がれていますが、お馴染のTOPGUNのマークが有ったようです。Bu.No.は読み取れませんでした。
1995年9月ミラマーでの撮影です。この時のミラマーにはVF-124の姿は無くVF-101が飛んでいました。F-14も飛んでいましたが、エルトロから海兵隊のF-18が移り住んでいて、FIGHTER TOWN USAが終わりかけている感じでした。

F-14A NFWS #30 NAS MIRAMAR 1995.09.12


Re: F-14 Tomcat Part.11 Name:うみ太郎 Date:2015/05/17(Sun) 00:02 No.14329
Wingsのデモフライトから1枚。
Wings99のフライトでダイヤモンド オブ ダイヤモンドの先頭の4機ダイヤモンドがF-14が4機ではなく3機+F18の時がありました。トラブルがあったのかわかりませんが、16機から4機毎に別れたパスの時に18が加わらずに3機でパスをした画像です。500mmで画面に調度良い大きさで飛び去って行く姿は格好良かったです。4機のダイヤモンド編隊より機体がきれいに見えて印象的でした。

1999年9月25日 Wings99 NF103/161293 NF113/162611 NF102/161280


Re: F-14 Tomcat Part.11 Name:ハンズ Date:2015/05/17(Sun) 00:28 No.14330
しか太郎さん(No.14314)撮影の1997年6月27日の話題に便乗して私も一枚。
広江さんも仰るように、この日は WINGS97 の予行が晴天下で行われ、北側エンドで撮影を堪能した1日でしたが、実は私は某所からの出張移動日。。。本来ならば少なくとも午後は会社に出社しなければならない状況なのに有る事無い事言ってエンドに居たため、当時は会社の人々には見せられない写真でした。 そろそろ時効かしら(苦笑)

>空と鉄とさん
No.14320のグローブベーンの写真、ありがとうございます☆ 私は見つけられませんでした。。。

F-14A NF-114/162610, NF-110/161617, NF-107/162597, VF-154, 1997年6月27日, NAF Atsugi


Re: F-14 Tomcat Part.11 Name:てらぞう Date:2015/05/17(Sun) 06:42 No.14331
ミラマーで見れた残りの部隊がVF−11でした。この後VF−11、VF−2のCAGなどが上がっていたのですがそこでポリさんに追い払われちゃんちゃんでした。週末までいる予定だったのに変更してネリスに行きました。あわてていたので週末マグーのオープンのことを忘れてしまい、週末は恐竜を見に行ってしまいました。

VF−11NK114(尾翼と番号が違いますが機首を優先)161166、F−14D(R)95年9月20日です。
これで一通りのタイプが貼れました。あとはF−14A+ですかね、実戦部隊で使われたのは?嘉手納に来た写真を見て悔しい思いをした機種でした。


Re: F-14 Tomcat Part.11 Name:Takafumi HIROE Date:2015/05/17(Sun) 09:14 No.14332
>geta-oさん
紹介の2002年8月15日は、好天下で撮影し、そのコマが残っている記憶しかありません。
しかし不思議なのはVF-154が何回かのフライトでTomcatが約10機ほどフライトしてますが、
他のCVW-5の固定翼部隊はVS-21のS-3Bが少数(2機?)フライトしただけ。
この日が何だったのか未だによく分りません。

>空と鉄とさん
グローブベーン作動してましたか。ありがとうございます。ハンズさん、失礼いたしました。
毎度のことですが、私の記憶が如何に曖昧であると、またまた指摘されてしまいましたm(_ _)m
CVW-5からF-14AもEA-6Bも、そしてS-3Bが姿を消した現在は、全てFA-18E/F, EA-18G化されました。
以前は、F-14とFA-18CあるいはEA-6Bの異機種フライトは珍しくはなかったですね。
ただ、タイトな編隊隊形であったかどうかまでは覚えてません。

>Cranberry01さん
今から見ると質素に感じるCAG機塗装がイイのです(笑)
『いまだに違和感を覚える』、う〜〜〜ん、困った正直な発言ですねぇ〜(笑)
私は話題の開始前に捜索した画像をあらためて眺めて、今回ほど感激した事はありませんでした。
撮影時に『このアングルは避けたい』と思う機種は多々あると思いますが、
Tomcatだけは、どのアングルで見ても格好イイと思うのは私だけではないようですよ。
紹介の画像も、スッキリした主翼とゴチャゴチャ感の胴体とのアンバランスが好きです(笑)

>Det.Hさん
紹介のFly offは何日でしょうね。Det.Hさんまで忘れてしまったとは、困りましたね(^_^;
先にもコメントしましたが、この1977年10月自体の記録ノートが行方不明。
加えてポジもVF-211が#107以外が行方不明。
正確には分りませんが、VF-24, VF-211 3機づつが厚木に飛来していた思っているのですが、
それはどこかで情報がねじれ曲がり、私の思い込み or 勘違いかもしれません。
#201は間違いなく飛来してます。私の撮影したポジがありますので。
そのようなことで、申し訳ありませんが訓練飛行の状況も全く分りませんm(_ _)m

>T.Hさん
紹介画像の下部に写り込むのは景色?。
コメントされているR/W24R離陸時の撮影環境が分りませんが、良い雰囲気のショットですね。
私もこのようなシーンを一度は見たかったですねぇ〜。
VF-31のCAG塗装機は、てらぞうさん、しか太郎さん、STOMPさんから紹介されてますが、
1997年以降はブラックテイル化されたのでしょうか。
Det.Hさんの提案がなくとも、私自身が部隊順で並べるべきと感じ始めてます。

>Seagullさん
被写体とレンズ選択と立ち居地、この組み合わせは個人個人の好みの差ともなってますね。
ただ、デジ化がほぼ100%となったヒコーキ撮影が身近になった今、
好みが決まらないままレンズの焦点距離と立ち居地がマッチしてない方が多いと感じます。
顕著な例は、アプローチする機影を遥か彼方からシャッターを押す方。
撮影結果から『コレがベスト= 自分好みの1コマ』が選べなくなると思うのですがね。

>Seagullさん(別件です)
No.14317のレスを見落とされたのでしょうか・・・。前の話題を持ち上げて申し訳ありません。
Part.1 No.14156紹介162597/NF-107についての疑問と再確認です。
162597のBu.No.順で並べて気づいたのですが、1997年7月ではなく1996年7月の撮影では?。
1997年にはNo.14156の塗装デザイン機は居なかったような気がするのです。
しか太郎さんNo.14314紹介162597/NF-107は私も撮影してますが、Bu.No.と撮影日は合ってます。

>THUDさん
STOMPさんNo.14243も大好き、それより焦点距離が少し短いレンズで撮影したTHUDさん紹介も大好き、
中望遠以上での圧縮効果で垂直尾翼が隠れないアングルが私は大好きです。
展示機もイイですが、やはりヒコーキは動いている姿がベストです。
2005年11月にはVFA-32に改称しFA-18F運用部隊となってしまいましたが、
紹介のVF-32末期の姿が撮れたのは行った甲斐あり、良かったですネ。
ちょっと気づいたのですが、右翼固定部に吊るされてるのは部隊カラーに塗装したLANTIRNですか?。
おしゃれで格好イイですね。

>つばどんさん
垂直尾翼アップは、型式も部隊も異なるつばどんさん紹介が一枚上手です(笑)
163415はNF-14Dに改称(改造?)された記述がありますが、紹介の撮影時点ではF-14Dですね?。
当時のVF-31は、CAG機CO機以外の通常機もガルグレー&フルカラー&ブラックノーズですか。
以前、ロービジ化の中でTomcatだけ異例の機体が多いとコメントしましたが、
VF-31ほど極端な例は珍しいかもしれませんね。

>BigMacさん
NFWSでは何機のTomcatを運用したのか、その数を私は把握してませんが、多彩な塗装が楽しそうです。
しかしこのクリーン形態は長い主脚ゆえ、貧弱に見えてしまうTomcatの外見的な特徴の一つですネ(笑)
可変翼部分がスッキリしているだけに、固定部分や胴体には何か吊るしている姿がお似合いです。
ところで、私はMiramarのNAS → MCASの時期をいつも忘れてしまいます(^_^;

>うみ太郎さん
紹介の3機は私も撮影してますが、何故3機なのかの記憶がありませんでした。
なるほど・・・、ダイヤモンド・オブ・ダイヤモンドの時はF-14A 3機 + FA-18Cでしたか。
紹介のショットは、最後のオーバーヘッドですかね。
会場内での立ち居地とレンズ選択で、皆さんの撮影コマのアングルが微妙に異なりますね。

>ハンズさん
う〜ん・・・、そういえばエンドで一目を気にして小さくなって撮影している方が居たなぁ〜(笑)
紹介画像は、ダイヤモンド・オブ・ダイヤモンドのフライパスを終えたあと、
先頭の4機がフックダウンでフライパスした時のショットですね。
写真には写ってませんが、後尾機は162611/NF-115です。
このような編隊でのパスは、何処で何mmで撮るか、皆さん悩んでましたよね。

>てらぞうさん
垂直尾翼のラダー交換で機首とModexが異なるのは、よくあるパターンですネ。
私、F-14A+からF-14Bに改称された時期を把握してません。
ですのでGallery化での『F-14B』表示には、正確には間違いがあるかもしれません。
てらぞうさんのおっしゃる嘉手納で悔しい想いをしたF-14A+は何年の部隊は何でしょうか?。
撮影日が書かれてないのですが、前レスにさかのぼるNo.14312と同じ1995年9月20日でしょうか?。
てらぞうさん、忘れるのを繰り返してますので、ご注意下さい。
あとで、この記事に追記して下さい。





F-14 Tomcat Part.10 Name:Takafumi HIROE Date:2015/05/15(Fri) 06:19 No.14302   
VF-103のニックネーム“Jolly Rogers”はVF-84から受け継いだことは話題になりましたが、
詳細を列記すると以下の3部隊が使用しています。
まあ私たちの世代にはVF-84, VF-103/VFA-103の2部隊しか馴染みがありませんネ。
 1943年〜1959年 : VF-17, VF-5B, VF-61 
 1959年〜1995年 : VF-84 
 1995年〜現在  : VF-103, VFA-103 

他にもVF-11/VFA-11の“Red Rippers”も、実は別部隊VF-11から受け継いでます。
 1927年〜1959年 : VF-5, VF-5S, VF-5B, VF-1B, VF-4, VF-41, VF-1A, VF-11
 1959年〜現在  : VF-11, VFA-11

そして今日話題にしたいのは“Sundowners”。
 1942年〜1959年 : VF-11, VF-11A, VF-111
 1959年〜1995年 : VA-156, VF-26, VF-111
 2006年〜現在  : VFC-111

私たち世代に馴染み深いのは、2代目「VA-156, VF-26, VF-111」の流れ。
F-8, F-4, F-14、どの機種で馴染み深いかは年齢によるでしょう(笑)
幸い(?)私は、この3機種を見てきました。
特徴ある機首のシャークマウスが一番似合うのはF-8であることは間違いないと思いますが、
F-4にしてもF-14にしても、よく↓のように描いてくれたと彼らに拍手と感謝ですね。

しかし現在のVFC-111だけは、私は心情的にもマニア的にも許せません。
WW II時代に生まれた“Sundowners”の由来と意味を分っているのだろうか・・・。
とはいえ、私はF-5が大好きです。目の前に現れれば夢中で撮ること間違いなし(笑)

(注)各々の横列の部隊は名称変更による同一部隊です。しかし縦列は名称が同じでも別部隊です。

Re: F-14 Tomcat Part.10 Name:T.H Date:2015/05/15(Fri) 06:49 No.14303
No.14289で Cranberry 01さんが紹介されたバニーマークのVandy-1 の後を継いだ D型のVandy-1です。
NAWS  POINT MUGUに置かれて居た VX-4と NAWS CHINA LAKE にあったVX-5が、統合され' 94年9月末
4 + 5 = VX-9 「XF」 となった後 の'96年春撮影。このカットでは尾翼の上部にある☆4つしか見えませんが、下部の帯内には☆が5つ描いてあり、前述のVX-4とVX-5の融合を表したものだと思われます。164604 Tomcat 最終号機。


NAF EL CENTRO  17 MAR 1996  F-14D XF #1 164604 VX-9  Det. Point Mugu  "Vampires"  


Re: F-14 Tomcat Part.10 Name:geta-o Date:2015/05/15(Fri) 07:37 No.14304
広江さん、皆さんおはようございます。
今日は昨日の続き
KITTY HAWK 公開時のWAKAさんが出しているもう一つF-14A部隊VF-51
160675/NL-1051979/10/14 横須賀 飛行甲板に上がるエレベータ上から撮影 安全柵が下がってから撮りたかったのですがエレベータ上からはすぐに出されてしまいました。
昨日のNL-205は電源車のわきを入って撮影しました。多分35mmの広角と思います。


Re: F-14 Tomcat Part.10 Name:DOC.K Date:2015/05/15(Fri) 11:13 No.14305
>広江さん、皆さまのお宝画像を楽しませて頂いています、私はF-14には数回しか会えませんでしたけど今では幸運だったと思っています、1996年11月24日新田原航空祭での展示を終え曇天の中バーナーを吹いて帰投するNF110(161612)です、持ち駒もありませんので今回は終了ですありがとうございました。

Re: F-14 Tomcat Part.10 Name:Cranberry 01 Date:2015/05/15(Fri) 13:19 No.14306
広江さん、皆さん、こんにちは。
NAS Pt.MuguのOpen Houseでの通常塗装のF-14Aです。
ここではOpen Houseの時に実弾発射が行われていましたが、この時はF-4のAIM-9でした。
Pt.Muguの沖合いには、LAXから北へ向かう民間航路も設定されており、LAX離陸後5分程で右手に基地が見えてきます。したがって実弾発射が予定されているときは、ずっと沖合いか内陸を通って北へ向かいます。更にもう少し北にはVandenberg AFBもあり、ここでは大型のミサイルも発射されます。
いくらきちんと管理されているとはいえ、日本では考えられない様な位置関係です。

F-14A, XF-32(158627)とXF-30(xxxxx), VX-4 Pt.Magu, Sep. 1979


Re: F-14 Tomcat Part.10 Name:Det.H Date:2015/05/15(Fri) 15:40 No.14307
広江さん 皆さん こんにちは

入間の次に14を見たのはその一年後、wakaさんからもご紹介があった77年10月の横須賀でした ただ過去にも書いたと思うのですが、格納庫まで入れたのですが、デッキには上がれず、皆さん外からの撮影となりましたね
この隊長機、Part.4 #14219でエイブルドッグさんが前月の三沢展示を出されていますが、格納庫内での展示は引きが無く尾翼のみの撮影となりました

>広江さん
・・・・・、ご無理なお願いを致しまして m(_ _)m
はは(^^; 私に作業ですか ちょっと能力を超えているようで

F-14A NG204/159621,NG200/159592,NG206/159625 VF-24 CVW-9 CV-64 Oct.16,1977 USFA Yokosuka


Re: F-14 Tomcat Part.10 Name:THUD Date:2015/05/15(Fri) 17:24 No.14308
2004年9月27日のオシアナでF-14B(161437/VF-11/AG207)です。
私もF-14の実機を見たのは1976年の入間でした。今でこそ恰好イイなどといっていますが、2枚の垂直尾翼、双発エンジンなど当時センチュリーシリーズなどを見慣れた目には少々奇異に感じたものです。しかしどういう訳か99年の厚木ウイングスでF-14に目覚めてしまいました(笑)
とはいえいまだに飛行機は垂直尾翼は一枚、単発でお願いしたいです。あ、あとフロントキャノピー前面に枠を入れて・・・(笑)以上私の妄言でした(笑)


Re: F-14 Tomcat Part.10 Name:にがうり Date:2015/05/15(Fri) 17:24 No.14309
広江さん、皆さんこんにちは
No.14273(NF101)続きのスナップです。F-14乗員の乗降はどうするのか疑問でしたが、目の前でしっかりと見ました。なんとステップとラダーの2種自前装備でした。それとこの時のNF101があのグランドの機体ですか。
F-14A VF-154(161617/NF110)1998/6/4 厚木


Re: F-14 Tomcat Part.10 Name:空と鉄と Date:2015/05/15(Fri) 18:00 No.14310
1990年3月8日朝に横田へ飛来し、3時間程で離陸したVF-51 F-14A NL114/162610です。
ガルグレーのF-14を見たのはこの機体で最後になりました。
ウイングマンはVF-111のNL205でNLレターのF-14とは横田と厚木のみですが他部隊よりも撮影機会があったようです。

>広江さん、No.14290のパスの後の記憶がカケラすら全くありません、南行パスの記憶、どこに消えてしまったのでしょう。
レスを読み、ん〜っと考えこんでおります。


Re: F-14 Tomcat Part.10 Name:waka Date:2015/05/15(Fri) 19:49 No.14311
広江さん、皆さんこんばんは。
昨日、今日のgeta-oさんや広江さんのNLつながりで、再度、1979年のKITTY HAWK公開時の艦外から撮ったVF-111のF-14です。
F-14A 160688 NL-213 VF-111 USS KITTY HAWK 1979年10月14日 横須賀基地
geta-oさんのNo.14304のクリアーな写真にはまたやられてしまいました。そういう手があったのですね。
今となっては、一枚一枚のショットが貴重です。


Re: F-14 Tomcat Part.10 Name:てらぞう Date:2015/05/15(Fri) 22:44 No.14312
またミラマーに戻ってVF−31CAGです。このアメリカ旅行ではいきなりカメラの感度調整リングが壊れて一応ISO100に固定して撮ったのでカラーで持っていっていたベルビアを使いませんでした。せっかっくの色つきなのにもったいなかったです。

しか太郎さんの貼られたNK200より少し前、1回クルーズに出る前の#200番です。

F−14D、163893VF−31#200です。95年9月20日ミラマー。


Re: F-14 Tomcat Part.10 Name:ハンズ Date:2015/05/15(Fri) 22:58 No.14313
悔しいことに DOWNERS ネタがありませんので、WINGS 1999 のナイフエッジ・パスでお茶を濁します。
ナイフエッジしながらVG翼を動かして見せる定番の演目でしたが、トムキャットならではで好きでした。
あとはグローブ・ベーンが出ている写真がなかったかな〜と思うのですが、出てきません。。。

F-14A 162610/NF-111, VF-154, 1999年9月25日, "Wings 1999", 厚木基地


Re: F-14 Tomcat Part.10 Name:しか太郎 Date:2015/05/15(Fri) 23:43 No.14314
広江さん、皆さんこんばんは。
97年6月27日に厚木で撮影したNF107です。
すみませんがNoは影でつぶれてしまい判読できませんでした。


Re: F-14 Tomcat Part.10 Name:BigMac Date:2015/05/16(Sat) 01:21 No.14315
ミラマーに着陸するNFWSのF-14Aです。
何時からF-14が配備になったか詳しい事は分かりませんが、イラン迷彩の機体が居る事はこの年のアメリカ出発前に聞かされ、巡り会えないかな〜と思ってミラマーに行ってみました。他のNFWSの機体は尾翼に小さなマークと機種にモデックスのみ、この機体はNFWSを示す塗装はなく、国籍マークもイラン軍でした。大事なBu/Noもありません。ブルー系の迷彩も居たと思いますが、この時は撮れなかったみたいです。

F-14A NFWS 1992.04.30 NAS MIRAMAR


Re: F-14 Tomcat Part.10 Name:うみ太郎 Date:2015/05/16(Sat) 01:29 No.14316
すでに紹介されてますがワンポイントの色付きでTinaRoseです。
Wingsのデモフライトに向かいクロスランウェイして来た所を斜め前から真横まで最高の条件で撮影出来ました。今みたいに場所取りもそれほど大変ではなかったと記憶してます。
それにしてもこの機体はやたらと汚れてますが、リバーサルプリントのスキャンですがこんな色してましたっけ?

2000年7月1日 NF101/161272


Re: F-14 Tomcat Part.10 Name:Takafumi HIROE Date:2015/05/16(Sat) 07:18 No.14317
>T.Hさん
F-4も含めTomcatにも“Vandy 1”が複数機(Bu.No.)存在するとは理解してましたが、
私はF-14Dのことをすっかり忘れてました。
部隊はVX-4とVX-5が統合されたVX-9、この部隊も合わせると意外と変遷は難しそうです。
垂直尾翼の上下の帯の中に星4ツと星5ツで“VX-9”、洒落てます。
真っ黒な機体の望遠でのアップを捉えたショットは迫力満点でイイですねぇ〜。

>geta-oさん
なるほど〜、エレベータの安全柵の下がるタイミングを狙ったのですか。
しかし相手(米海軍)は一枚上手で目論見がはずれてしまいましたね。
私の撮影したポジもアングル的には同じですが、手前の白っぽいロープと柵(?)は写ってません。
何故かな???。

>DOC.Kさん
新田原基地航空祭に参加したTomcatの、到着・展示・帰投、全てを捉えたのですね。
長い一日だったと思いますが、数少ないTomcatとの遭遇チャンスを無駄にしたくないですものね。
一足早い『サヨウナラ』画像ですか。
私には遠い九州地区と岩国の航空祭に参加したTomcatの様子が分りました。ありがとうございます。

>Cranberry01さん
思い出そうとしても思い出せないのですが、私はTomcatのセクション離陸を見た記憶がありません。
厚木の狭い滑走路では主翼幅の大きいTomcatではレギュレーション等の制限でもあるのかな。
Tomcatの最後の離陸を撮ってから既に現在で約11年と8ヶ月、その音さえ忘れてます。
もう一度聞きたいです。
オープンハウスで実弾発射が行われるのですか。
それだけでも驚きなのに、周囲の空域等との位置関係も信じられないですね。
まあ日本は意味も無く大騒ぎする傾向が強い人種のせいがあるのですかね。

>Det.Hさん
ここ最近のDet.Hさんの『今旬』となっている画像編集、さすが面白いです。
入間の次に見た横須賀でのTomcatのようですが、うち1機は入間で見た機体(Bu.No.)と同じですネ。
これがBu.No.別に並べた時に瞬時に分るメリットです(笑)
Bu.No.順で整理&管理し、次は目的に沿って分類するのがセオリーでしょうね。
部隊順で並べて塗装や空母の変遷も見たいのですがねぇ〜。
最終章で何コマ紹介されるか分りませんが、その数だけコピペすればできますよ。
作業は地道で大変ですが、難易度は、とても簡単な作業です。是非是非!(笑)

>THUDさん
双発エンジンはファントムで見慣れていたので違和感はありませんでしたが、
F-14とF-15の2枚の垂直尾翼には次世代の戦闘機を感じましたね。
その後はFA-18で慣れましたが、最近はF-22とF-35に再び次世代を感じてます(笑)
紹介はVF-11の末期、翌2005年4月にはVFA-11に改称されてしまいましたね。

>にがうりさん
狭い空母デッキ上で運用する艦載機ですからネ。自前のラダーとステップは必須です。
プラウラーも似たようなもので、エンジンインテーク脇のラダーとコックピット脇のステップです。
FA-18系のストレーキから下がるラダーも、皆さんよくご存知だと思います。
しかし、いずれも素人の私には恐そうな代物に見えます(笑)

>空と鉄とさん
ご自身でもコメントされてますが、VF-51とVF-111との相性はてとも良かったようですネ(笑)
私は全くの無縁でしたが、横田にまで行ってしまったことが、その要因の一つかも。
マリンコならともかく、米海軍ファイター、それも外来部隊が何故横田なのかとひがんでしまいます。
Part.9 No.14290は、南から北へ、北から南へ、左向き右向きのポジ2コマが手元にあります(笑)

>wakaさん
コメントを拝見していると、どうも紹介画像の日のwakaさんの動きの効率が悪そうな気がします。
皆さん知恵を絞っての粘り勝ちなのかもしれません。
となると、wakaさんは紹介画像のような外からクリアーに撮れる機体を探すのが主だったのかな。
私は逆に艦の外から撮影したコマが少ないです。
友人から『さっき下船したのに、また上がってきたの』と何度か言われてます。
つまり外から撮ろうとトライして諦めて艦上に、そしてまた同じ繰り返しです(笑)

>てらぞうさん
しか太郎さんNo.14272(一発で探せるように記事番号を書いて下さいネ)紹介と比較すると面白いです。
やはり、Gallery化ではDet.Hさんの提案の部隊順で並びが必要と感じるショットです。
カメラの感度調整リングなるものが私は分らないのですが、
シャッタースピードと絞り値を固定で撮れば全く問題にならないのでは?。
せっかく持って行ったカラーを使わなかった?使えなかった?、もったいなかったですねぇ〜。

>ハンズさん
厚木基地Wingsの中で、紹介の1999年のソロ演技が一番気合が入っていたように感じるのは気のせい?。
やはり当時のXOの操縦の腕前のせいですかね。
Tomcatの特徴の一つ、グローブ・ベーンについては私も見た記憶がありません。
思ったほどの効果もないため運用早々に廃止となったような気もしますが・・・。

>しか太郎さん
その日(1997年6月27日)はWings1997の前日金曜日、この大事なイベント日の補足を忘れてはいけません。
ここに登場する多くの方が展開されていたと思います。
とても梅雨の季節とは思えない雲一つない好天下で予行も行われましたね。
紹介のショットは全く私と同じ、好天すぎた(笑)のでしょうか、露出オーバーですね。
私には現像が上がってきたポジ数本を見てガッカリした記憶が残る1997年6月27日です(笑)

>BigMacさん
NFWSには、イラン空軍やブルー系や薄いグレー系(?)等々、様々な迷彩塗装機が居ましたネ。
もちろん私は実際に見たこともありませんが、雑誌の記事で私の頭にインプットされてます(笑)
しかしBigMacさんは実際にそれらを撮ろうとのアクションを起こされた。さすがです。
そして成果を得られたのは良かったですね。
Bu.No.は159607との説がありますが、裏付けとなる情報が少なすぎます。

>うみ太郎さん
この汚い#101には私も記憶があります(^_^;
Wings2000での撮影ですが、会場エプロンの北端での撮影ですよね。
コメントされているシーンと実際に得られる紹介のようなショットを得るベストポジション。
ただし転がり中心ですから、浮いたシーンを撮るには会場エプロン南端に行く必要がある。
皆さん、このあたりで悩んでの撮影場所決め。
わずか15年前ですが、コメントされてるように場所取りの苦はなかったですね。
やはり、2004年のデジ元年以降に様相が一変したのでしょう。

>Seagullさん
前の話題を持ち上げて申し訳ありません。
Part.1 No.14156紹介162597/NF-107についての疑問と再確認です。
162597のBu.No.順で並べて気づいたのですが、1997年7月ではなく1996年7月の撮影では?。
1997年にはNo.14156の塗装デザイン機は居なかったような気がするのです。
しか太郎さんNo.14314紹介162597/NF-107は私も撮影してますが、Bu.No.と撮影日は合ってます。





F-14 Tomcat Part.9 Name:Takafumi HIROE Date:2015/05/14(Thu) 07:25 No.14287   
触れたくなかった話題(笑)のTARPS (Tactical Airborne Reconnaissance Pod System)、
時間に余裕ができたので画像を探してみました。

Fly in時の私の大好きな正面形姿(笑)で吊るされているのが見つかりました。
えっ?、正面形じゃ分らん?。ということで下に画像を吊るしました(笑)
(F-14A 161280/NF-102, VF-154, USS Kitty Hawk (CV 63), 2001年6月9日, 厚木基地)

(F-14D(R) 161159/NK-201, VF-31, USS Carl Vinson (CVN 70), 1994年3月11日, 横須賀基地)
TARPSを吊るしていた↑のBu.No.161159はF-14Aから改造されたF-14D(R)1号機。
にも関わらず腹の下にもぐって撮ったTARPSの画像しかありません(笑)
しかし撮影から21年間、いつか来るこのBBS IIの話題のために待った甲斐あり(笑)かな?。

Re: F-14 Tomcat Part.9 Name:geta-o Date:2015/05/14(Thu) 17:32 No.14288
広江さん、皆さんこんばんは。
あれ今日は皆さん暑さでばてちゃったのかな。
今日は#13519のAV-8の時書きましたが午前中木更津で航空祭の展示機等を撮影し当時はアクアラインがなかったのでフェリーで川崎に渡りそこから横須賀に行ってKitty Hawk公開に行きました。
その時撮ったVF-111のF-14A(160676/NL-205)
1979/10/14 横須賀 シャークマウスがあまり似合う機体ではないようです。


Re: F-14 Tomcat Part.9 Name:Cranberry 01 Date:2015/05/14(Thu) 17:32 No.14289
広江さん、皆さん、こんにちは。
どなたかが投稿されると思っていましたがなかなか出ませんので、Tomcat"Black Bunny"を。
余り海軍基地は訪れていませんが、この機体だけは撮りたくて1990年のOpen Houseに行きました。残念ながらこの時は地上展示でした。
何だかシルエットみたいな画像になってしまいましたが、なぜかこの1枚しか撮っていませんでした。(やっぱり人ごみは好きではありません。)
F-14A(xxxxx) VX-4 NAS Pt. Mugu, 1990



Re: F-14 Tomcat Part.9 Name:空と鉄と Date:2015/05/14(Thu) 17:45 No.14290
広江さんが触れたくなかったと仰る(汗)TARPSの吊り下げられた姿の比較的分かりやすい写真が出てきましたので本日はこれを。
1984年12月9日、CVN-70 CARL VINSONの横須賀初入港を翌日に控え何か降りないかと淡い期待を持って厚木のR/W01へ行った時に飛来してパスを実施、オーバーヘッドにしては低いなぁと見送って、しばらくしてもブレイクせず飛び去ってしまい、厚木を撮影に来たのでは?と噂されたF-14A VF-111 NL210/161272(TARPS)です。
この機体も後にVF154の一員として91年に厚木に配備になりました。


Re: F-14 Tomcat Part.9 Name:Seagull Date:2015/05/14(Thu) 20:33 No.14291
広江さん、皆さん、こんばんは。
2002年7月31日 岩国を中継地として最終目的地に向け離陸するVF-154のF-14A(NF102/161280)。
4機(#102.#112.#111.#104)が10時過ぎに到着、その後南下して行きました。
レンズを右に回した分、機首が少し下がりぎみです(^^;
私の「岩国上がり」は、以上です。
>広江さん
 翼下の偵察ポッドなどが装着していますと気になりますよね。
 


Re: F-14 Tomcat Part.9 Name:waka Date:2015/05/14(Thu) 20:56 No.14292
広江さん、皆さんこんばんは。
No.14288でgeta-oさんが出されている同日のVF-51のF-14Aです。
F-14A 160683 NL-111 VF-51 USS KITTY HAWK 1979年10月14日 横須賀基地
この頃は横須賀の海軍記念日の公開と木更津駐屯地の公開が重なることが多かったですね。
私の写真には、geta-oさんのアングルのようなVF-111のF-14の写真はありませんでした。
広角レンズの賜物でしょうか?


Re: F-14 Tomcat Part.9 Name:Det.H Date:2015/05/14(Thu) 21:15 No.14293
広江さん 皆さん こんばんは

トムキャット! 彼等は丁度私の休眠時代と重なり、ほとんど見ることなく過ぎ去ってしまい、皆さんからの素晴らしい画像にため息、吐息、虫の息、で嫉妬のかたまりと化しています (笑)
初見は私と同世代の皆さん同様、76年の入間でした
この時は次にはコイツの時代がやって来るのかあ、とワクワクした気持ちで、その後の自身のフェードアウトも知らず?感慨に耽ったものでした (^^;
後一度、ちょろっと目覚めて初本土Air Showに行った1995〜7年に見たのが最後となってしまいました

皆さんがトム君 “命” となった厚木時代も全く知らず、この世界に復帰した時にはもうゲートガードしか残っていませんでした (笑)

私の撮影したホンの僅かの中から、広江さんがあまり記憶に残っていない?とおっしゃる76年入間でのデモフライトを絡めて日本初お披露目時の姿を
A-330さんが素晴らしい絵をイッパイ撮っていらっしゃいますが弾が無いものなので、まずはこの機体で遅ればせながら本日から参加させていただきます

>広江さん
たいした絵はありませんが、よろしく
それから一つ質問です 仮ギャラリーはB/No.順となっていますが、ギャラリー化の折も同じでしょうか?私としてはSqn.順が好きなのですが・・・・・

F-14A NK201/159625 VF-2 CVW-14 CVN-65 Oct.23,1976 Iruma AB


Re: F-14 Tomcat Part.9 Name:ハンズ Date:2015/05/14(Thu) 21:51 No.14294
こんばんは。 今夜も特に変哲の無い LANCE ですが、海自厚木ちびヤンって所がミソかと思いまして。
EAST 側で NF400,500 と共に展示されました。 私の記憶では F-14 のちびヤン展示はこの時だけではなかったかと思います。 そして申し訳ありませんが撮影日の記録が無く、94年としか分かりません。。大和まつりと連動していたとすると5月だと思うのですが、、、すみません。

F-14A 161600/NF-202, VF-21, 1994年, 海上自衛隊厚木航空基地 "ちびっこヤング大会"


Re: F-14 Tomcat Part.9 Name:T.H Date:2015/05/14(Thu) 21:53 No.14295
昨日の続きで2005年8月にデジで撮ったもう1つの飛行隊、夜行性だったVF-213 "Black Lions" のF-14Dです。

この時の FCLP 夜の部 ( NLPではありません)は、深夜12時前後に行われており、数機のTomcatがオシアナからフェントレスへ向い、T/Gを6〜7回実施して帰還。ランプでエンジンを止めずにクルーチェンジして 再びフェントレスへ。
そんな事が、毎夜繰り返されていました。この晩最後のクルーが乗ったTomcatがオシアナへ戻ってから、明日の為に Hot Pitで給油する所を待ち構えて撮らせて貰いました。午前3時頃まで飛行機を撮ったのは、今の所 最初で最後デス(苦笑)
デジタル1眼で撮影したものなのでデータが容易に確認出来、8月25日 02:50 AM  EOS-1D Mark II EF70-200mm (175mm)、 F.8、 25秒露光  三脚使用です。

NAS OCEANA  25 AUG 2005 F-14D AJ #207 161166 VF-213 / CVW-8  USS THEODORE ROOSEVELT   


Re: F-14 Tomcat Part.9 Name:BigMac Date:2015/05/14(Thu) 23:19 No.14297
Part.9トップ、広江さんの写真の前脚部分を見ていたら、映画TOPGUNの始まりでDangerZoneに乗って流れるシーンに出てくる前脚のアップがステアリングを切る所を思い出しました。
さっき見直したら、スローでフックがワイヤーを捕らえる所や、クルーがそのまねをする所、アフターバーナー全開で大きな水平尾翼を傾け発艦する所と、最初の部分だけで魅力満載でした。
そんな影響もあり、アメリカに撮影に行くようになった頃は、西海岸で行われる公開やショーを絡めて出かけてましたが、TOPGUNの機体も大きな目的の1つでした。
最初はTOPGUNの活動内容など「空中戦を勉強する所」位の感覚で、撮れればラッキー程度に思っていたのですが、ユマを訪れた時に次々と下りてくるTOPGUNのA-4、F-5、F-16、そして部隊が異なる5機のF-14に遭遇しました。
後で調べると、TOPGUNでの課目の進行が分かり、ユマ近くのレンジも良く使用している事が分かりました。写真を撮る時も予習・復習は大事と感じた出来事です。
その時の1機VF-103のF-14Bです。他は、VF-24、VF-211、VF-14、VF-32でした。

F-14B VF-103 AA-202/16---- MCAS YUMA 1989.06.14


Re: F-14 Tomcat Part.9 Name:てらぞう Date:2015/05/14(Thu) 23:20 No.14298
95年、ミラマーに行く前にユマに行ったのですが、その時やっと(渡米後3週間)トムキャットを撮ることが出来ました。
エマーのコールが入って何々って思って移動していたら1番機には間に合わず、エマーの張本人しか撮れませんでした。
しかし矢印のマーク、T.HさんがおっしゃっていられるようにVF−103は10月にはジョリーロジャーになることを聞いていたのでまさかスラッガーの塗装で撮れるとは思っていませんでした。撮影が9月18日なのでスラッガーズのほぼほぼ最後の姿と思います。
不謹慎ですがフックを下ろした所はエマーでもない限り撮れないのでこれも嬉しかったです。
こんなものでミラマーに行けばうはうは状態と思っていましたが2時間とは…というのが前のコメントが淡白だった理由でした。

95年9月18日MCASユマ VF−103、F−14B、163215です。


Re: F-14 Tomcat Part.9 Name:うみ太郎 Date:2015/05/14(Thu) 23:42 No.14299
今回はVF-154のCAG機の続きです。シンプルな赤黒のラインだけの塗装から一転して出て来たのは、伝統のかけらもないショーバード塗装でした。
まさかエンブレムのナイトを尾翼に書くとは思ってもいませんでしたので違和感バリバリでした。
翌年には空と鉄とさんがNo.14258紹介された2000年バージョンに変更されたので撮影チャンスは少なかった様に思います。一応尾翼内側のシェブロンとレターが見えるカットを選んで見ました。この機体にもパーソナルネーム「Jimmy」が入ってます。
話題になったので他にあったネームを判る範囲で「Pedro」「Duke」「Thumpe」「Reaper」「Badaeiows?」
「Tina Rose」「Best Friend Sue」「FidistdoU?」「MiEvy」「Strange Magic」こんなのがありましたが、?マーク付きははっきり読み取れませんでした。

1999年2月9日 厚木基地ランウェイ19着陸 NF100/161271


Re: F-14 Tomcat Part.9 Name:いいぐる Date:2015/05/15(Fri) 01:39 No.14300
広江さん 皆さんこんばんは。

2000年のオシアナエアショーにて、イブニングショーでフライトを行うF-14Aです。
デジカメ全盛の現在ならば、感度を上げて簡単に撮れることと思いますが、当時はフィルム全盛期という事で、
これを撮影する為にエクタクローム1600を持参、感度を3200に増感して撮影しています。
F-14のフレア散布パターンがどの様になっているかわかりませんが、ポッポッポッ、と散発的な撒き方で
もう少し派手に連続して撒いてくれたらより見栄えが良いのに、と思うと少し残念でしたが、
なかなか見られる光景でもないだけに、これもいい思い出です。
原画の粒子が粗く、前脚カバーの機番は読めません(^^;


Cranberry 01さん
No.14274の写真、この一瞬前を捉えていればベイパーコーンも全景が入りましたが、速さについていけなかったです。
このカットも撮った瞬間は外したな、と思い、帰国後ポジを見てギリギリピトー管が入っていて安心しました。

22 SEP 2000 NAS OCEANA F-14A AD??? VF-101


Re: F-14 Tomcat Part.9 Name:Takafumi HIROE Date:2015/05/15(Fri) 06:14 No.14301
>geta-oさん
1977年10月のUSS Constellation/CVW-9に続き、1979年10月はUSS Kitty Hawk/CVW-15、
皆さんアクティブに木更津から横須賀に駆けつけられてますね。
日曜日の航空祭がらみから他の基地・空港への転戦は、マニアとしては日常茶飯事かな(笑)
Tomcatのシャークマウスについては色々と意見がありますが、
コレをあまり良くないと感じる方は明らかにF-8世代、geta-oさんもそのお一人ですネ(笑)
えっ?、私?、全て受け入れます(笑)

>Cranberry01さん
見たこともない私からは紹介することができませんが、前スレッドのフェリス・カモフラージュと
この全面グロス・ブラック塗装の“Vandy 1”はTomcatの中で異質な存在、紹介をお待ちしてました。
“Vandy 1”には機体が異なるのか塗装が異なるのか分りませんが微妙な差がありますね。
紹介は垂直尾翼先端の編隊灯の下に“1”が見えるので、おそらく159853/XF-1のはずです。
この機体は生で見て是非飛ぶ姿を撮りたかったことでしょう。

>空と鉄とさん
TARPSの話題になったら、絶対にこの日のエピソードになると思ってたのですヨ(笑)
空と鉄とさんも私や皆さんと一緒に空を見上げて『ポカ〜ン』としたようですね。
コメントには追加があります。お忘れかな?。
この日は北風R/W01。
基地南側からオーバーヘッドのように飛んできたTomcat、紹介のコマですね。
この後しばらくしたら、今度は北から南に飛んできて、そのまま姿を消してしまいました。
あとはコメントどおり『撮影のために来たのかなぁ〜』で終わってしまいましたネ(笑)

>Seagullさん
ルート4離陸の場合、私も意識しておかないと送り気味のアングルだと機首か下がっちゃいます。
2002年7月31日は私もエンドに展開してます。
その4機は何処をどう周ったのか、午後、#102, #112, #111の3機の着陸の記録しかありません。
#104は何処に置き去りになったのか・・・。まあ、よくあるケースですがネ。

>wakaさん
実は私もgeta-oさんNo.14288紹介画像を拝見して『???』となりました。
私は木更津には行かずに朝から横須賀に居ましたが、No.14288のシーンは覚えてません。
改めてポジを調べなおしても160676/NL-205は見つかりませんでした。
デッキ上には周囲にロープを張った展示状態の各機が並べられてたので、
たぶんギャラリーが多くて撮らなかったのかもしれませんね。
wakaさん紹介160683/NL-111は右端にEA-3Bの鼻が写り込んだ同じアングルで私も撮ってます(笑)

>Det.Hさん
なかなか登場されなかったのですが、失礼ながら私の想像したとおりの理由でした。
しかし入間基地でのVF-2機のデモフライトの様子は未紹介でしたので、
それをまとめて編集した画像がこの話題最初の紹介とは、さすがDet.Hさんです。
Gallery化においてBu.No.順の画像の並べ方を変えるつもりはありません。
Bu.No.ごとに並べないと改造型や部隊間の移動が把握できなくなるからです。
もし部隊順にするならば、2013年に開催した「Vertol H-46」と同様に、
Bu.No.順と部隊順の二通りを作らなくてはなりません。
以前、舞台裏となる手作りHTMLをお見せしたと思いますが、そこまで手が回るか・・・。
参考のために、「Vertol H-46」を再度ご覧下さい。
もちろん私も部隊順の必要性は認め、頭の中では二通りかなぁ〜と悩んでるところでした。
まあ、終わった段階で検討させて下さい。
メモ帳で作業できるのですが、Det.Hさん、部隊順を作っていただけませんか?(笑)
コピペを「Bu.No.順⇒部隊順」に地道に地道に何度も何度も繰り返せばできますが・・・(^_^;

>ハンズさん
私の記録手帳には残念ながら1994年の厚木基地ちびヤンの記録はありませんが、
当時は家族と行っていたので、その年は行くの行かないのと悩んだ曖昧な記憶があるので、
1994年5月の天気を調べたら、雨の降った日曜日は15日だけでした。
ただし、5月開催と断言できるならば・・・の仮定の下での推測ですが。

>T.Hさん
午前3時頃までの撮影とは、更に驚かされ頭の下がる想いの『Tomcat命』の行動パターンです。
右側に写り込んでいる#203もHot Pit待ちですね。
私の夢の一つは、紹介のような動く姿の夜景を撮ることです。
深夜の空母上での撮影は三脚を使えず無残な結果となりましたので、
今度は地に足をつけて(笑)撮りたいと思ってますが、まあ実現できる可能性は無いでしょうネ(笑)

>BigMacさん
紹介のシーン、部隊が異なる5機のTomcat、聞いただけでもワクワクします。
地上でも見かけますが特に空母上では前脚がぐにゃぐにゃと左右にステアリングを切りますよね。
私は正面形で撮る場合、常にそれを捉えようと意識してます。写真としても動きが出ますしね。
映画TOPGUNに魅せられてTomcatが大好きになった方は少なくありません。
私も劇場で映画を見て、ビデオを買いそしてDVDも買いました。
空母で撮影する機会を得た時、オープニングシーンはイメージトレーニングに役立ちました(笑)
私は本場での撮影機会がありませんでしたが、予習・復習も体験したかったです(笑)

>てらぞうさん
1995年10月1日付けでVF-103は“Sluggers”から“Jolly Rogers”にニックネームを変更してますが、
日付は書類上のため、その前後に“Jolly Rogers”塗装に変更されることも考えられます。
しかし紹介のショットは、ほぼ間違いなく“Sluggers”塗装の末期でしょうね。
フック・ダウン状態も加わり貴重な一コマだと思います。
このように良い時もあれば悪い時もある、それがマニア活動の楽しさでしょう(笑)

>うみ太郎さん
そういわれてみれば、紹介の1999年に登場したCAG機がShow Birdの第一歩かもしれませんね。
垂直尾翼内側の後方下部に小さく書かれるCVW-5の5色のシェブロンがCAG機を表してます(笑)
空と鉄とさんNo.14258紹介までの短期間のデザインでしたね。
Part.8が終わった段階で、パーソナルネームはGallry化で分る範囲で表記してます。
そしてPart.8 No.14286で空と鉄とさんにレスしてますが、時期によって変わりますので、
詳細を調べていただき大変に感謝しておりますが、せっかくの作業が功を奏してません。
やはり、パーソナルネーム・Modex・年月、この3点セットが必要不可欠でしょう。
大変に申し訳ありませんが、パーソナルネームだけを列記されても有効活用ができません。
追伸.Bu.No.は161621ですよね?。

>いいぐるさん
ASA1600のフィルム持参でASA3200に感度して挑んだ撮影は、狙いどおりに撮れた一コマですね。
Tomcatのフレア散布パターンは事前に体験者に聞くなどして情報が得られなかったようですが、
考えてみれば、銀塩時代に飛んでいるTomcatを撮ろうとした方は居なかったのかな。
ある意味、恐いもの知らずの無謀なチャレンジとも言えるのかもしれませんネm(_ _)m
しかし、得られたショットは素晴らしい!。





F-14 Tomcat Part.8 Name:Takafumi HIROE Date:2015/05/13(Wed) 07:25 No.14270   
今日は部隊やマークとは別観点の話題です。

Tomcatは着艦(着陸)時に高迎え角による不安定な姿勢になる癖があり事故の起因ともなってました。
それを自動修正するシステムDFCS (Digital Flight Control System) が
1998年秋頃からVF-154機にインストール&改修が始まりました。
インストール後のテストの方法は驚きでした。

上の画像はR/W19アプローチの例。
アプローチのセンターコースから西側に外れてアプローチし、直前に修正する方法がとられました。
現在の北側公園の西側の南北の道路に立って構えると正面形のアプローチ姿。
撮影立ち居地直前で左に大きくバンクしセンターコースに軌道修正するので腹のアングルとなり、
そして更にタッチダウン寸前で右に大きくバンクした姿が紹介のショットです。
この後もひねり続け右主翼端が滑走路に擦れるのではないかと思うほどの身軽な機動でした。
主翼にエルロンの無いTomcat独特の上部スポイラーで右バンクする様子が見て取れます。
このテストの後は東側に外れてアプローチする逆パターンのテストも行われました。

下の画像はR/W01アプローチの例。
センターコースから東側、おそらく南側公園東側の南北道路が正面形となる???。
直前で左に大きくバンクし更にタッチダウン寸前で右に大きくバンクして着陸。
上の画像同様、この後は西側に外れてアプローチする逆パターンが行われました。

画像と文章だけでは伝わり難いですが、このテストを見た時は本当にビックリ!しました。


あっ!、Bu.No.162610は三連発だ(笑)

Re: F-14 Tomcat Part.8 Name:しか太郎 Date:2015/05/13(Wed) 10:43 No.14272
広江さん、皆さんおはようございます。
前回投稿と同じく97年4月27日エルトロ公開で撮影したVF31NK100です。拡大してみましたが、Noは下2桁がにじんでしまい確証できませんが154348と判断しました。
広江さんお勧めの斜め後ろです。といってもほぼ後ろですね。(笑)
置き場所が悪かったのか、初めて見るNF以外のF14それもカラフルなCAG機に興奮てしまったのか、尾翼を中心にアップのカットばかり撮影していて真横カットが1枚もありませんでした。なにやっていたんだろう?


Re: F-14 Tomcat Part.8 Name:にがうり Date:2015/05/13(Wed) 10:52 No.14273
広江さん、皆さん おはようございます。
これは1998年中東ペルシャ湾ミッションからホームベース厚木に帰還した時のものです。第1グループのVF-154編隊が着陸し、最初のNF101がSpot in 機体停止したところです。まだキャノピー・オープン前で乗員はまずはホッとしたところかと思います。この日は他の飛行隊も続いて着陸しています。なおNF100はハンガー内に見てるので居残り組だったようです。
F-14A VF-154(161141/NF101)1998/6/4 厚木


Re: F-14 Tomcat Part.8 Name:いいぐる Date:2015/05/13(Wed) 12:19 No.14274
広江さん 皆さんこんにちは。

2000年のオシアナエアショーにて、ハイスピードパスを行うVF-101のF-14Aです。
ハリケーンの影響で天気が悪く、おかげでこの様な盛大なショックコーンを撮る事が出来ました。
二日間行われたエアショーの二日目の撮影で、初日はフリートフライバイの編隊が航過直後に背後から迫るこの機の存在に気付くのが遅れただ見ているだけでした。文字通り”スニークパス”の意味を身をもって味わい、二日目は絶対に撮る、とフリートフライバイ編隊を深追いせずにこちらを狙ってとりあえずは押さえたはいいのですが、機体の速さについていけずピトー管が鼻切れギリギリです(汗

24 SEP 2000,NAS OCEANA F-14A VF-101 161866 / AD-153



Re: F-14 Tomcat Part.8 Name:Cranberry 01 Date:2015/05/13(Wed) 15:43 No.14275
広江さん、皆さん、こんにちは。
>広江さん、珍しいテストの画像ですが、Spoilerの動きが良く判ります。
>いいぐるさん、執念のすばらしいショットですね。もう一回り短いレンズでVapor cone全体が写れば完璧でしたね。

Red Flag Oct.78に参加していたF-14A。皆さんもご存知の様にUSAFで始まったRed Flagも回を重ねるに従い全軍が参加するようになって行きました。この時はUSN,USMC共に多数の部隊が参加していましたが、VX-4の様なテスト主体の部隊が参加していたのを見たのはこの時が初めてでした。

F-14A(xxxxx) XF-45, VX-4, Oct.1978 Nellis AFBにて。


Re: F-14 Tomcat Part.8 Name:空と鉄と Date:2015/05/13(Wed) 18:11 No.14276
No.14273でにがうりさんが紹介されたF-14A VF-154 NF101/161141(TARPS)"Best Friend Sue"で、半年後の1998年12月22日に横田へ飛来。
燃料補給後に離陸のためにこの時期としては珍しかったR/W18へ転がって来た時のものです。
CVW-5厚木展開25週年のマークが入り、CO機であるNF101にも尾翼のマークにはガルグレー時代の配色で赤が入っていました。
モデックス上のパーソナルネームもこの頃は入っている機体が何機か居たようです。


Re: F-14 Tomcat Part.8 Name:waka Date:2015/05/13(Wed) 18:15 No.14277
広江さん、皆さんこんばんは。
前回、苦しいネタばれ?をしたので気分転換です。
初めて目にしたF-14は、古くからの皆さんと同じ1976年入間基地での国際航空ショーです。
空軍のF-15も出ましたが、ショー向けの塗装、F-14はUSS ENTERPRISEの実戦塗装での飛来で、海軍機マニアの気持ちをつかみました。
写真は、展示飛行を終えてのタキシングと思います。
F-14A 159625 NK-201 VF-2 USS ENTERPRISE 1976年10月22日 入間基地


Re: F-14 Tomcat Part.8 Name:Seagull Date:2015/05/13(Wed) 18:55 No.14278
広江さん、皆さん、こんばんは。
2001年11月15日 憧れの地、厚木基地に初めて展開し撮影したVF-154のF-14A(NF111/162592)。
垂直尾翼のマークは薄目の塗装となっていました。
さて、厚木基地の感想としては、やはり撮影環境は、素晴らしかったです、そして驚いたのは「黒土色」の地面。(西日本の地面は明るい薄茶色)
>広江さん
 2日間、大変お世話になりました、また沢山のお心遣いを感謝いたします。
 DFCSのテストでF-14の色々なアングルが撮れたのですね。


Re: F-14 Tomcat Part.8 Name:geta-o Date:2015/05/13(Wed) 19:57 No.14279
広江さん、皆さんこんばんは。
今日は#14162で広江さんが解説している2003/4/2イラクで爆撃ミッションを行っているとき、エンジン不調により墜落(乗員はヘリにより救助)してにがうりさんが#14273で紹介のフライイン時かえってこれなかったNF-104(158620)
写真はちょっと古く2002/7/26


Re: F-14 Tomcat Part.8 Name:T.H Date:2015/05/13(Wed) 20:24 No.14280
そろそろ折り返し点に成る頃だと思いますので、Jolly Rogers ばかりに拘るのは止めて 10年前デジ一眼で撮った数少ないTomcatの中から。
前にも少し触れましたが、Tomcat の最後の空母航海へ出かける直前、2005年8月後半 自分としては生きたTomcatを最後に撮りに行った忘れがたい夏です。9月のオシアナエアショーを待たず9月上旬にはVF-31&VF-213の2個飛行隊が、ラスト・トムキャット・クルーズへ出ると6月頃に知り、その年のエアショーは諦めてバージニアビーチへ少し早く出かけました。日本の盆休み時期で航空券が一番高い時期の出発(泣)

8月15日に現地入りしたら、既に両飛行隊は FCLPを開始しており、VF-213は夜行性、VF-31は昼間と済み分けていたので、VF-213の昼間飛んでいる姿は撮れず。VF-31は、硫黄島ではなく(笑)近郊の NALF FENTRESS で連日 空母甲板に見立てた滑走路で T/G 訓練を実施中。

何度か FENTRESS へLSOに同行していき、背景のほとんどが緑の森に囲まれた のどかなタッチ&ゴー専用滑走路脇からTomを思いっきり撮らせてもらいました。レトロとまではいかないまでも 往年の塗装に近い 黒鼻、赤尾翼の AJ #101も運良くT/Gに来てくれて色々なアングルからタッチダウン、再度上昇する姿をEOS-1D Mark II でバリバリ撮りまくり とっても幸せな数日間でした。

> 広江さん
1997年9月のオシアナエアショー時に Jolly Rogers のF-14B と TORA TORA TORA の似非ゼロ戦 (T-6改造機) の編隊を空撮するという野望を抱いて 望んだのです。AIRLANTの許可も、トラトラトラの理解も得られて、プラクティスの日にカメラプレーンに後ろ向きで乗って僚機と2機でタキシーアウト、ホールディングポジションへ近づいたら、フリートフライバイの後、空撮に参加する予定だったXO操縦のF-14から「ランデブー地点が視界不良で会合出来そうに無い」と言って来たのでミッションキャンセルになり この時のF-14空撮は、正に『夢』と終わったのでした〜チャンチャン

>うみ太郎 さん
あの着艦カットへ辿り着くまでの Victory Road は、道無き 果てしなく遠い道のりなんですよ〜多くの 時間・予算・情熱・執念 を費やし そして運にも味方してもらわないとゴールへは辿り着けません。だから『夢』なんではないでしょうか

NALF FENTRESS  22 AGU 2005  F-14D AJ #101 164603 VF-31 / CVW-8 USS THEODORE ROOSEVELT


Re: F-14 Tomcat Part.8 Name:ハンズ Date:2015/05/13(Wed) 22:06 No.14281
広江さん、DFCSチェック懐かしいですね!
あまり撮影機会は無かったのですが、最初に見たときは何事かと思いました(笑) 
では私もトムキャット in action ! と言う事で、WINGS1999 から NF113 の Route-4 Dep を。 基地内で Route-4 Dep を撮った数少ない例です。 確か NF100 が先頭でこの子は4機目? 先行機へ追い付こうとするためか御覧のヒネリを見せました。 それにしてもタッチアップ跡が激しい機体ですね。 私は安くプリントできるネガを使っていたため、どれも粒子の粗い画像ですみません。。。

F-14A 162611/NF-113, VF-154, 1999年9月26日, NAF Atsugi "Wings 1999"


Re: F-14 Tomcat Part.8 Name:DOC.K Date:2015/05/13(Wed) 22:14 No.14282
>広江さん、もう1機の展示機のNF206は撮っていませんでした、NF105(161168)は珍しくカラーでも撮ってましたのでアップします、後ろに並ぶ機体が気になりますがDW05です、1991年9月22日岩国にて。
>Seagallさん、補足ありがとうございました、これからも宜しくです。


Re: F-14 Tomcat Part.8 Name:BigMac Date:2015/05/13(Wed) 23:46 No.14283
今回のお題で時々取り上げられているA1に向けタキシングするVF-21のF-14です。
この頃のA1付近は基地内の木が大きく育ち、斜め前は撮れないと思っていたのですが、ある日厚木の大先輩の方がフェンス際に寝そべってカメラを構えていました。近くに座って同じ方向を覗くと、地面近くは葉っぱが無く、木の幹の間から機体1機分の隙間がありました。
NFが飛んでいた5月の連休、朝A1に着くとその場所が開いていたので、ちょっとお借りして撮影した写真です。
公開や横田でタキシングを撮る度に、厚木もフェンス際からタキシングが撮れたらな〜と思ったものです。
機体の話になりますが、この頃はよくナスビを付けて飛んでいたようです。必ず落としてくる訳でもなく、そのまま戻ってくる機体も多かったと思います。
後、先日のNo.14267の撮影日が間違ってました。3日→1日です。訂正しました。すいません。

F-14A VF-21 NF-211/160389 NAF ATSUGI 1994.05.03


Re: F-14 Tomcat Part.8 Name:うみ太郎 Date:2015/05/14(Thu) 00:57 No.14284
今回も色付きで行きます。
ハンズさんがNo.14265で貼られた50周年ワンポイントマーク付きのCAG機の、次のCAG機は空と鉄とさんがNo.14276 で貼られたNF101のと同じ塗装のNF100があったと思います。その機体の画像がないので今回貼るのは、NF104の色付きで100、101とは赤黒の配色が逆になっており赤の部分が多いので派手に見えます。
なんで104に塗られてたのかは全く記憶にありません。Wings97では100が展示されており、この104はハンガー内で眠っていました。タンク無しなのでテストフライトだったのか?貧弱に見えますね。

THさん
空母で撮影までの道のりは遠く険しく大変なのは充分理解出来ますよ。その情熱には敬意を表します。

1997年6月27日 厚木基地ランウェイ19着陸 NF104/161272


Re: F-14 Tomcat Part.8 Name:STOMP Date:2015/05/14(Thu) 01:17 No.14285
広江さん皆様こんばんは。
今回は自分が撮影した最後のTOMCATでした。
思えば自分が5歳のときに入間でVF-2の衝撃的なDEMOを観てマニアの世界にはいりました。笑!!
そして翌年小学校1年生のときに授業中に教科書の端っこにTOMCATの絵を書いて学校の先生に怒られた記憶があります。苦
ものすごく自分にとって思い入れがありましたので最後に別れを告げに行きたいと今の嫁に話ました。
丁度2006年の9月1日に僕らは結婚しまして、この年のNAS OCEANA が新婚旅行となりました。
実は嫁は2004〜2006まで自分と3回NAS OCEANAに行っています。
でも嫁はTOMCATよりプラウラ-の方が好きみたいです。笑!!
紹介の画像はF-14D/AJ100 164342 VF-31/CVW-8 USS THEODORE ROOSEVELT 2006/9/10撮影です。


Re: F-14 Tomcat Part.8 Name:Takafumi HIROE Date:2015/05/14(Thu) 07:22 No.14286
>しか太郎さん
展示機の場合、置き方やロープ等々、やむをえない撮影となる場合があるのは充分に分ります。
ですのでギャラリーが写り込まないアングルを求め機体の周りをウロウロしちゃいますよね(笑)
紹介の機体は内側に“NK”レターも書かれ、かなり撮影アングルが限られそうです。
Bu.No.の確認お手数かけました。ありがとうございます。
“F-14D 164348”で検索すると同時期に撮影された紹介の164348/NK-100が見つかりました。

>にがうりさん
この機体(Bu.No.161141)は、1998年12月30日にラストフライトを終え、
機器やエンジン等々の中身を撤去し、1999年9月3日から厚木基地内で保存展示されてます。
メインゲートから基地内に入りロータリーを左に曲がると右手に置いてある姿は、
Wingsや現在の桜祭りでも見かけ撮影されている方も多いかと思います。
老婆心ながらm(_ _)m
Fly inや通常の訓練シーンでの撮影は地上のクルーを写し込む絶好の機会とも言えます。
極端なアップでの撮影以外は、グラウンドクルーの足は切らないほうが良いかと私は思います。
紹介画像上の空の部分が多くアンバランスで、数少ないチャンスなのに勿体無いですよ。

>いいぐるさん
これほどまでにも派手で大きなベイパー・コーンが出る湿気の多い天候だったのですネ。
Tomcatでは見たことがありませんが、私はFA-18系を洋上で何度か見たことがありますが、
こんなに派手には出ませんでした。もっとも出ても撮れなかった可能性大ですがネ(笑)
スニーク・パスって文字通り見え難い位置をパイロットは知っていて、
そこから突然現れるような見事な演出ですよね。私はまともに撮れたことはありません(笑)
まあとにかく、このショットを得られたとはさすがです!。

>Cranberry01さん
Tomcatらしい水平尾翼の大きな動きの姿がイイですねぇ〜。
1970年代半ば以降に登場したTomcatでも避けてとおれない話題『フェリス・カモフラージュ』、
正式には『Keith Ferris camouflage scheme』と言うべきかな。
テスト的に、VF-1 NK-100, VF-2 NK-200, VF-124 1機?, そしてVX-4数機に施されました。
裏付けを取りたい当時の記録ノートが見つかりませんが、たぶんBu.No.は159831だと思います。
撮影時点でVF-1/VF-2がクルーズ中のためVX-4機が視認性テストを兼ねて駆り出されたのかな。
エアクルーのヘルメットのマークが見えませんがVX-4所属ではないかもしれませんね。

>空と鉄とさん
上のにがうりさんにもレスしましたが、紹介の161141/NF-101はラストフライト8日前の姿です。
厚木基地に入る機会があったら、保存状態の機体にも“TARPS”の文字があるか確認して下さい(笑)
機首Modex上のパーソナルネームは1998年〜2000年頃(2001年も?)書かれてましたね。
タイムリーに整理してないので今となっては後追いで具体的な名前を整理できません。
『パーソナル』というだけあって、機体ではなくクルーに着いて回ります。
例えばCDR Randy "Gus" Kingの"Tina Rose"は、XO時代は161280/NF-102、
COC後スキッパーになると161272/NF-101に書かれてます。
他のクルーも部隊内の順位が上がりModexが若い番号に変わると該当の機体に書き換えられます。

>wakaさん
私のマニア活動の中でインパクトのあったのは小牧でのBlue Angels、そして入間でのTomcat、
これは甲乙付け難い相撲で例える西と東の両横綱です(笑)
このようなショットを拝見する度に当時の興奮を思い出します。
ただ一つ不思議なのは、私はデモフライトのシーンを撮ってないのかもしれません。
今回はモノクロネガを捜索してませんが、その中にあるかどうかの記憶もありません(笑)

>Seagullさん
2001年に垂直尾翼のマークが薄いグレーに変わりましたが、これは短期間で終わり、
2001年10月頃からgeta-oさんNo.14254紹介の全面濃いグレー地のマークに変わりました。
薄いグレーのマーク時代は撮影チャンスが多くないので、ある意味、貴重です。
初めて厚木に遠征された時のショットですか・・・。もう14年も前なのですネ。
一度もお会いしたことのないSeagullさんを羽田空港までお迎えに行きましたが、
お互い一発で分りましたよね。やはり日焼けした顔でマニアの匂いがするのか・・・(笑)

>geta-oさん
VF-154が2001年に上でSeagullさんが紹介する薄いグレーのマークとなったなか、
158620/NF-104が2001年11月に最初に紹介の新塗装のマークとなりました。
実は158620は機体交換で2001年7月4日に厚木に到着してますので、
裏を返せば、158620/NF-104の僅か3ヶ月間ほどの薄いグレーのマークの姿の方が貴重です。
新塗装の話題に戻すと、2002年に入って機体交換なども続いたこともあり、
全ての機体が新塗装化されたのは、ちょっと曖昧ですが2002年の半ば頃だったような記憶です。
この塗装はVF-154がCVW-5に所属していた期間中、私は最も良いデザインだと思います。
追伸.
158620/NF-104がFly in時に元ってこれなかったのはにがうりさんNo.14273紹介の日ではありません。
geta-oさんがPart.2 No.14162紹介の2003年5月1日です。
その私のレスNo.14177で、そのFly inの様子をURLで貼り付け紹介してます。

>T.Hさん
紹介は、まさしく『ドッスン』の雰囲気、イイですねぇ〜。
徹底した“Tomcat命!”の行動パターンですね。
そのためにかかった費用は度外視でしょうか。しかし残った成果は膨大な数でしょうね。
その最後の仕上げともいえる空撮の予定・・・、そんな経緯があったのですか。
T.Hさんのことだから関係機関(部署)に根回し&申請まで全てが整い、
タキシーアウトまでした末のキャンセルとは悔やんでも悔やみきれないでしょう。
『お疲れさまでした』としか声のかけようがありません。

>ハンズさん
Wings1999の紹介のシーンは全く覚えてません。何故かなぁ〜・・・。
ひょっとして私の立ち位置は、この後のことを考えて会場の南寄りに居たのかもしれません。
アングル的に、ハンズさんは会場北寄りではないでしょうか・・・。
離陸した順番は記憶にないぐらいだから全く分りませんが、この後の4機のダイアモンド編隊は、
リーダー161617/NF-110、左161293/NF-103、右162611/NF-113、最後尾161621/NF-100でした。
エンドで撮影していると、上面の汚さは分りませんよね。
以前、CVW-5の全CAG機を飛ばして富士山をからめた記念写真を撮る時、
VFA-195は#400が不調のためノーマル機(確か#406だったかな)を飛ばしました。
この#406、タッチアップで汚いので、スキッパーに『何故#406を飛ばしたの?』と尋ねたら、
『主翼上面が綺麗なんだよ』の答えが返ってきました。納得です(笑)

>DOC.Kさん
私、岩国の米軍側の公開に最後に行ったのは何年だろう・・・。思い出せません(笑)
紹介のショットの景色に何となく思い出があるような、ないような。
ひょっとして後ろに写るハンガーは新築または既存の場所に綺麗に建て替えました?。
このショットを撮影したタイミングが分りませんが、ギャラリーが少なくマッタリとしてますね。
CVW-5のTomcatは日本で最初の公開のはずなのに、人気薄???。

>BigMacさん
A-1TWY撮影ポイントに寝そべって撮る場所があったとは知りませんでした。
ということで、BigMacさんが見かけた方は私ではないでしょう。たぶん・・・(笑)
A-1TWY撮影ポイントは私もずいぶんとお世話になりました。
たぶん1980年代の半ば(?)以降は、とりずらくなって近寄らなくなりました。
本当に良い撮影ポイントでしたよね。まあしかしこれはマニアからの観点でしたネ。
私は通称“ナスビ”を吊るしたTomcatの姿は見た記憶はありません。
撮影は、ちょうどその訓練の時期にあたったようですね。

>うみ太郎さん
この日はエンドで一緒に撮影していたようですね。
実は私のCV-62/CVW-5のページにおけるBu.No.161272に関する記録が間違っている可能性があります。
紹介の姿は元色付きNF-101が機体交換(?)でNF-104になったと思っているのですが、
恥ずかしい話ですが、その思いというか記憶がCV-62/CVW-5のページのどこにも見当たりません。
全体的にUSS Independence時代のCVW-5機のBu.No.に抜けや間違いがあり混乱を来たしてます。
今回、直接的にうみ太郎さん、またその他大勢の方に申し訳ないと思ってます。
順次、整理&訂正および追記しますので、しばらくお待ち下さい。

>STOMPさん
Tomcatは、どこから見ても格好イイですねぇ〜。アフターバーナー全開のショット、最高です!。
撮影は“Tomcatters”がVFA-31に改称する本当に直前の姿だと思います。
STOMPさんならずとも、おそらく多くの方も最後のTomcatの撮影になったかもしれませんね。
しかしVF-31がVFA-31となって単座のFA-18E運用になるとは、どこか寂しい気持ちになりました。
1976年の入間基地の初Tomcatは5歳の時でしたか(笑)。いやぁ〜・・・さすがです(笑)
その後はマニア道まっしぐら、新婚旅行もNAS Oceanaとは恐れ入りましたm(_ _)m

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159]



Message No. Password

- Joyful Note -